議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成19年 12月 定例会(第6回) 12月03日−01号




平成19年 12月 定例会(第6回) − 12月03日−01号







平成19年 12月 定例会(第6回)



南砺市告示第132号

          南砺市議会12月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成19年第6回南砺市議会12月定例会を、次のとおり招集する。

 平成19年11月13日

                            南砺市長 溝口 進

                    記

         1 期日   平成19年12月3日(月)

         2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                 平成19年12月3日(月)午後2時30分開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 常任委員の所属変更の件

日程第4 広報特別委員選任の件

日程第5 議会運営委員選任の件

日程第6 選挙第2号 砺波地方衛生施設組合議会議員の補欠選挙について

     選挙第3号 砺波地方介護保険組合議会議員の補欠選挙について

     選挙第4号 砺波地区老人福祉施設組合議会議員の補欠選挙について

日程第7 推薦第1号 南砺市農業委員の推薦について

日程第8 議案第103号 平成19年度南砺市一般会計補正予算(第3号)

     議案第104号 平成19年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第105号 平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第106号 平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第107号 平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第108号 平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第109号 平成19年度南砺市病院事業会計補正予算(第1号)

     議案第110号 平成19年度南砺市水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第111号 平成19年度南砺市下水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第112号 南砺市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について

     議案第113号 南砺市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の制定について

     議案第114号 南砺市税外収入金の督促手数料及び延滞金徴収条例の制定について

     議案第115号 南砺市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例の制定について

     議案第116号 南砺市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について

     議案第117号 南砺市福野農産加工研修展示施設条例の全部改正について

     議案第118号 南砺市コミュニティセンター条例等の一部改正について

     議案第119号 南砺市職員の育児休業等に関する条例及び南砺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

     議案第120号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について

     議案第121号 南砺市積立基金条例の一部改正について

     議案第122号 南砺市桂湖レクリエーション施設条例の一部改正について

     議案第123号 南砺市賃貸住宅条例の一部改正について

     議案第124号 南砺市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

     議案第125号 砺波地区老人福祉施設組合の解散について

     議案第126号 砺波地区老人福祉施設組合の解散に伴う財産処分について

     議案第127号 砺波地方介護保険組合規約の変更について

     議案第128号 字の区域の変更及び廃止について

     議案第129号 字の区域の変更及び廃止について

     報告第5号 専決処分の報告について

     同意第5号 南砺市監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第2まで議事日程に同じ

 追加日程第1 議長辞職の件

 追加日程第2 議長の選挙

 追加日程第3 副議長辞職の件

 追加日程第4 副議長の選挙

 日程第3から日程第8まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(33人)

      1番  田中幹夫議員        2番  山瀬悦朗議員

      3番  齊藤光一議員        4番  向川静孝議員

      5番  池田庄平議員        6番  高田龍司郎議員

      7番  長尾益勇議員        8番  川辺邦明議員

      9番  堀 豊次議員       10番  生田長範議員

     11番  大島 孝議員       12番  高橋 猛議員

     13番  山田 勉議員       14番  岩崎 誠議員

     15番  石崎俊彦議員       16番  前田美好議員

     17番  才川昌一議員       18番  蓮沼晃一議員

     19番  浅田裕二議員       20番  吉田 清議員

     22番  片岸 博議員       23番  西井秀治議員

     24番  香川俊光議員       25番  中川邦宏議員

     26番  中島洋三議員       27番  水木 猛議員

     28番  中田勝治議員       29番  城岸一明議員

     30番  且見公順議員       31番  島田勝由議員

     32番  倉 一雄議員       33番  大西正隆議員

     34番  嶋 信一議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       溝口 進      副市長      清都邦夫

 収入役      山本勝徳      教育長      梧桐角也

 代表監査委員   伊東 浩      教育委員長    小林敏夫

 市長政策室長   中山繁實      総務部長     大家信二

 民生部長     上田一郎      医療局長     重原一雄

 産業経済部長   細川 哲      建設部長     畑 清一

 市長政策室次長  松田泰彦      総務部次長    下田正佳

 総務部次長    上坂吉明      教育次長     仲筋武智

 民生部次長    石村悦朗      民生部次長    森田清樹

 産業経済部次長  池田祐昇      産業経済部次長  新谷一明

 建設部次長    小西正信      建設部次長    奥野伸一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     平本和雄               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後2時30分



△開会及び開議の宣告



○議長(大西正隆議員) ただいまから平成19年第6回南砺市議会12月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(大西正隆議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に23番西井秀治議員、24番香川俊光議員、25番中川邦宏議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(大西正隆議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月20日までの18日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(大西正隆議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は18日間と決定いたしました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時31分

  −−−−−−−−−−−−−



△再開 午後2時34分



○副議長(城岸一明議員) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職について



○副議長(城岸一明議員) 休憩中に議長 大西正隆議員から、議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(城岸一明議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 議長辞職の件を議題といたします。まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(平本和雄) それでは朗読いたします。

 辞職願。南砺市議会副議長 城岸一明殿。今般、一身上の都合により議長を辞職いたしたいので許可されますよう願い出ます。平成19年12月3日 南砺市議会議長 大西正隆。

 以上でございます。



○副議長(城岸一明議員) お諮りいたします。大西正隆議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(城岸一明議員) ご異議なしと認めます。

 よって、大西正隆議員の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ただいま大西正隆議員から発言を求めてられておりますので、これを許します。

   〔33番 大西正隆議員登壇〕



◆33番(大西正隆議員) 議長退任に当たりまして一言御礼のごあいさつを申し上げたいと存じます。

 早いもので、あっという間の1年でございました。その間、溝口市長をはじめ市当局、そして行政関係の皆さん方に本当にお世話になり、つつがなく終らせていただきました。本当にありがとうございました。

 私事で恐縮でありますが、昨年の12月1日、12月定例会の初日でございました。それから今日まで4回の定例会の初日の議場でございます。実は朝必ず風呂に入って、水をかぶって身を清め、みそぎをして、この本会議場に入らせていただきました。この議長職というのは全責任が議長にあるというふうに思っております。

 また、この議場で600数十億といわれる予算を我々の意思決定をしながら、6万弱の市民の福祉向上、生活のために、この場で決めるわけでございます。私は、大変神聖な場所だと思ってそのようにしてまいりました。議場の運営その他は議長が取り仕切るわけでございますが、議場はもとより外でも議長職というのは、どんなことが起こるやら、機関に等々どう対応していいのか、どう対処すべきかということを、ふと我に返ったときに思って気の休まることがなかったような気がいたしております。

 ただ、議員各位、市当局の皆様方のおかげさまを持ちまして、本当に大過なく終らせていただくことができました。本当にありがたいことだと心から感謝申し上げる次第でございます。

 合併して3年を過ぎましたが、いろいろ難問が山積しております。私は外へ出て感じるわけでございますが、まだまだ町村議会、町村議員の域を出ていないのではないかなというような感じがしてならないわけでございます。真の市議会、真の市議会議員を目指して微力ではございますが、これから皆さん方とともに一生懸命頑張ってまいりたいなという思いをいたしております。

 本当に1年間、皆様方のおかげをもちまして、無事終らせていただきましたことに心から重ねて御礼申し上げ、感謝の言葉といたします。ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○副議長(城岸一明議員) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(城岸一明議員) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖いたします。

   〔議場閉鎖〕



○副議長(城岸一明議員) ただいまの出席議員は、33人であります。

 お諮りいたします。会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、13番山田勉議員、14番岩崎誠議員を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(城岸一明議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 投票用紙を配付いたします。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

   〔投票用紙配付〕



○副議長(城岸一明議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○副議長(城岸一明議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

   〔投票箱点検〕



○副議長(城岸一明議員) 異状なしと認めます。

 これより投票に移ります。事務局長の点呼に応じて、順次投票を願います。

 それでは点呼いたします。

   〔事務局長点呼・投票〕



○副議長(城岸一明議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○副議長(城岸一明議員) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。

 開票を行います。

 山田議員、岩崎議員の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○副議長(城岸一明議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数 33票

  有効投票 31票

  無効投票  2票

  有効投票中、水木猛議員 31票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8.25票であります。

 よって、水木猛議員が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の就任あいさつ



○副議長(城岸一明議員) ただいま議長に当選されました水木猛議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 それでは、議長に当選されました水木猛議員からごあいさつがあります。

 水木猛議員。

   〔27番 水木 猛議員登壇〕



◆27番(水木猛議員) 一言、議長就任のごあいさつを申し上げます。

 このたび不肖私が、議員の皆様方のご推挙をいただき、南砺市議会議長の要職に就任させていただくことになりましたことは、身に余る光栄に存じます。ありがとうございました。

 私は議員経験も浅く、また浅学非才でありまして、その器でないことは自分が一番承知いたしておりますが、ここに皆様のご推挙を受けました上は、身を挺してそのご厚情に対しお報いするよう覚悟を新たにいたしておる次第であります。

 議会運営につきましては、議会運営委員会の意見を尊重しながら、不偏不党、公正無私を旨とし、言論をもととして市議会が円満に運営されますよう誠心誠意努力する所存であります。

 議員各位におけれましては、今後より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 次に、当局の皆様に申し上げます。我々議会といたしましては、いたずらに摩擦を起こすことは避けなければなりませんが、だからといって安易な妥協も許されるものではありません。多様化する市民のニーズの応えるよう、執行機関と議会が一体となって、本市の発展と住民福祉を目指し、職務を全うする覚悟であります。重ねて皆様方のご支援、ご協力をお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。(拍手)



○副議長(城岸一明議員) 暫時休憩いたします。

 3時から会議を再開いたします。



△休憩 午後2時54分

  −−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時00分



○議長(水木猛議員) 会議を再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長辞職について



○議長(水木猛議員) 休憩中に副議長 城岸一明議員から、副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 副議長辞職の件を議題といたします。まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(平本和雄) それでは朗読いたします。

 辞職願。南砺市議会議長殿。今般、一身上の都合により副議長を辞職いたしたいので許可されますよう願い出ます。平成19年12月3日 南砺市議会副議長 城岸一明。

 以上であります。



○議長(水木猛議員) お諮りいたします。城岸一明議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、城岸一明議員の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ただいま城岸一明議員から発言を求めておられますので、これを許可します。城岸一明議員。

   〔29番 城岸一明議員登壇〕



◆29番(城岸一明議員) 副議長を辞職させていただくに当たりまして、一言御礼の言葉を申し上げさせていただきます。

 まさに不躾千万、不肖の身でありながら、昨年の12月定例会におきまして、議員各位のご推挙を賜り副議長の要職に就かせていただきました。爾来、我が身にそれなりにむち打ちながら1年間歩んでまいったわけでございまして、小過ありしも大過なく時を刻むことができました。これもひとえに皆さんのご指導ご鞭撻のたまものと厚く感謝を申し上げる次第でございます。

 今は少し安堵の気持ちで胸をなで下ろしながら、万感の感謝の思いをいたしているところでございます。今後、議員の一員といたしまして、「さきがけて 緑の里から 世界へ」、その合言葉、シュプレヒコールを繰り返しながら、南砺市政のさらなる発展のために惜しみなく、惜しみなく努力を傾注してまいりたい、その思いでございます。

 今後とも皆様方のご指導ご支援を賜りますことを切にお願い申し上げ、御礼の言葉とさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(水木猛議員) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖します。

   〔議場閉鎖〕



○議長(水木猛議員) ただいまの出席議員は、33人であります。

 お諮りいたします。会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、15番石崎俊彦議員、16番前田美好議員を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 投票用紙を配付いたします。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

   〔投票用紙配付〕



○議長(水木猛議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

   〔投票箱点検〕



○議長(水木猛議員) 異状なしと認めます。

 これより投票に移ります。事務局長の点呼に応じて、順次投票願います。

 点呼いたします。

   〔事務局長点呼・投票〕



○議長(水木猛議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。

 開票を行います。

 石崎議員、前田議員の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○議長(水木猛議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数 33票

  有効投票 33票

  無効投票 なし

  有効投票中、且見公順議員 33票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8.25票であります。

 よって、且見公順議員が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の就任あいさつ



○議長(水木猛議員) ただいま副議長に当選されました且見公順議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 それでは、副議長に当選されました且見公順議員からごあいさつがあります。

   〔30番 且見公順議員登壇〕



◆30番(且見公順議員) ただいまは、議員の皆さんの満票という大変な票をいただきました。ここに副議長という重責をこの1年間、担わせていただくということになりました。本当にありがとうございます。

 もとより、私自身、前町議会のときに言われました。お前は馬車馬だと。どこへ行くかわからんと。手綱も握れんという、こんな男が本当に水木議長のもとで、うまく水木議長に手綱を握っていただき、あるいは前議長、前副議長の皆さんに携えていただきながら、この職務を1年うまく乗りこなしていきたいなということを思っております。

 人・世間・愛欲の中に一人生まれ、一人死に、一人去り、一人来る、苦楽の地にあたりて変わるものなしと。いついかなるときに、どのような判断を取らなければならないのか。皆さんとともに考えることもございましょうし、あるいは議長の判断を仰ぐ、あるいは私自身の判断を議長に申し上げなければならない、このようなことがあるかと思います。そんな中で、皆さんにこうしていただきました票の重みをしっかりと我が身に当てながら、私のスタンスは変わらないスタンスで、このままの私の考え方、私の行動の仕方でこの1年間、頑張ってまいりたいと思います。皆さん、何とぞよろしくお願いをいたします。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の所属変更



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、常任委員の所属変更の件を議題といたします。12月2日付けをもって総務文教常任委員 田中幹夫議員ほか29人から、それぞれ常任委員会の所属を変更されたい旨の申し出があります。

 お諮りいたします。お手元に配布してあります常任委員会所属変更申し出一覧表(末尾参照)のとおり、当該委員の申し出により、それぞれ常任委員会の所属を変更することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、それぞれ常任委員会の所属を変更することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△広報特別委員の選任



○議長(水木猛議員) 次に、日程第4、広報特別委員選任の件を議題といたします。

 蓮沼晃一議員ほか6人から、広報特別委員の辞任願が提出され、委員会条例第13条の規定により、これを許可しました。

 お諮りいたします。広報特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、19番浅田裕二議員、17番才川昌一議員、15番石崎俊彦議員、14番岩崎誠議員、10番生田長範議員、4番向川静孝議員、3番齊藤光一議員、以上7人を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、以上7人を広報特別委員に選任することに決定いたしました。

 この際、各常任委員会及び広報特別委員会の委員長及び副委員長を互選するため、委員会条例第8条第2項の規定により、直ちに各委員会をそれぞれ招集いたします。

 暫時休憩いたします。

 3時35分から会議を再開いたします。



△休憩 午後3時21分

  −−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時35分



○議長(水木猛議員) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会及び広報特別委員会の委員長及び副委員長互選結果の報告



○議長(水木猛議員) 報告事項を申し上げます。

 休憩中に各委員会が開催され、委員長及び副委員長の互選が行われましたところ、

 総務文教常任委員長に 蓮沼晃一議員

     同副委員長に 岩崎 誠議員

 民生病院常任委員長に 西井秀治議員

     同副委員長に 山田 勉議員

 産業建設常任委員長に 浅田裕二議員

     同副委員長に 石崎俊彦議員

 広報特別委員長に   才川昌一議員

     同副委員長に 生田長範議員

が互選されましたのでご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任



○議長(水木猛議員) 次に、日程第5、議会運営委員選任の件を議題といたします。

 中島洋三議員ほか4人から、議会運営委員の辞任願が提出され、委員会条例第13条の規定により、これを許可しました。

 お諮りをいたします。議会運営委員には、委員会条例第7条第1項の規定により、33番大西正隆議員、29番城岸一明議員、24番香川俊光議員、23番西井秀治議員、18番蓮沼晃一議員、以上5人を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、以上5人を議会運営委員に選任することに決定いたしました。

 この際、議会運営委員長及び副委員長を互選するため、委員会条例第8条第2項の規定により、議会運営委員会を直ちに招集いたします。

 暫時休憩いたします。

 3時45分から会議を再開いたします。



△休憩 午後3時37分

  −−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時45分



○議長(水木猛議員) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長及び副委員長の互選結果の報告



○議長(水木猛議員) 報告事項を申し上げます。休憩中に議会運営委員会が開催され、委員長及び副委員長の互選が行われましたところ、

 議会運営委員長に 大西正隆議員

   同副委員長に 香川俊光議員

が互選されましたので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙第2号から選挙第4号について



○議長(水木猛議員) 次に、日程第6、選挙第2号 砺波地方衛生施設組合議会議員の補欠選挙について、選挙第3号 砺波地方介護保険組合議会議員の補欠選挙について、及び選挙第4号 砺波地区老人福祉施設組合議会議員の補欠選挙について、以上3件の補欠選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 まず砺波地方衛生施設組合議会議員に、中川邦宏議員、前田美好議員、池田庄平議員を、砺波地方介護保険組合議会議員に、水木猛、西井秀治議員、才川昌一議員、堀豊次議員を、砺波地区老人福祉施設組合議会議員に、水木猛、中島洋三議員、山田勉議員、高田龍司郎議員をそれぞれ指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました各議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました各議員がそれぞれ当選されました。

 ただいま当選されました各議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△農業委員の推薦について



○議長(水木猛議員) 次に日程第7、推薦第1号 南砺市農業委員の推薦についてを議題といたします。

 お諮りします。推薦の方法につきましては、議長において指名推薦といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 南砺市農業委員に、中島洋三議員、香川俊光議員、吉田清議員、川辺邦明議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました各議員を南砺市農業委員として推薦することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました各議員を南砺市農業委員として推薦することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第103号から同意第5号の上程、説明



○議長(水木猛議員) 次に、日程第8、議案第103号 平成19年度南砺市一般会計補正予算(第3号)から同意第5号 南砺市監査委員の選任についてまで、以上29案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 溝口市長。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) 本日ここに、12月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には年末何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 今ほどは、議長、副議長をはじめ議会役員の改選、一部事務組合議員の選挙などを無事終えられましてまことにおめでとうございます。

 退任されました大西前議長には、南砺市となって3年目の議会にあって、そのルールの確立と改善に並々ならぬご苦労があったことと推察いたします。心から敬意を表しますとともに感謝申し上げる次第であります。他の役員各位におかれましても同様であり、議会の運営に尽くされた1年間のご労苦に、心からお礼申し上げたいと存じます。

 また、新しくご就任なさいました水木議長をはじめ新役員の皆様には、ご活躍を期待いたしますとともに、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の市をとりまく情勢や市政に対する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 去る11月22日に、武蔵野市の市長、市議会議長にご出席をいただき、武蔵野市と友好都市提携の調印式を行いました。旧利賀村から引き継ぎ、全市域に広まりつつある友好関係を確認し、さらに交流から連携に発展させていくことを誓約いたしました。子供からお年寄りまで、滞在交流、市民バスツアーなどを通じて、都市と地方の自然や文化の違いを肌で感じ、お互いの良いところを伸ばすことができる知恵を身につけるとともに、アンテナショップをはじめとする物販など、産業の発展につながる協力体制の展開にも努めてまいりたいと思います。

 次に、南砺市が発足して3周年を迎えた11月1日には、市功労表彰式を挙行し、15名1団体を表彰いたしました。各分野で市の発展にご尽力いただきましたことに感謝申し上げ、これからもご協力を賜りますよう改めてお願い申し上げる次第であります。

 11月20日には、東京都において地方自治法施行60周年記念式典が、天皇、皇后両陛下ご臨席のもとに開催され、南砺市が総務大臣表彰の栄に浴しました。これは、合併して3年間、市民の真摯な努力により地方自治の発展向上に寄与したことが認められたものであり、誠にご同慶のいたりであります。今後も、この表彰に恥じないよう努力してまいりたいと存じます。

 次に、近年医師不足に悩まされておりました福野病院につきましては、南砺市民病院付属の、外来を中心とした家庭・地域医療センターに転換するともに、休止しておりました療養病床部分を特別養護老人ホームに転用することに決定いたしました。特別養護老人ホームへの転用につきましては、現在、隣接する特別養護老人ホーム福寿園の改築計画が進められており、そのスケジュールもにらみながら態勢を整えてまいりたいと考えております。

 また、昨年来地元に協議をお願いいたしておりました平、上平地域の小、中学校のあり方につきまして、11月19日に、両地域の地域審議会から答申をいただきました。答申では、小中学校をそれぞれ統合し、小学校を皆葎地区で、中学校を下梨地区で建設することとしております。今後は、校舎の詳細な位置を決定するなど検討を進め、早期に実現を図りたいと考えております。提案について真剣に討議していただきました地元の皆様、そして意見の集約にご尽力をいただきました関係各位に深く感謝申し上げる次第であります。

 11月22日には、小学校6年生と中学校3年生を対象に4月に実施いたしました全国学力テストについて、市内小中学校の結果を公表いたしました。テストの結果は、小学生は全国平均を上回っているが県平均を下回っており、中学生は全国平均、県平均とも上回っている結果となっております。小学生はのびのびと学習しており、中学生はしっかり学力をつけているということかと思います。この結果を踏まえ、各学校において、教育方法の改善に役立てていただければよいと考えております。

 秋は、文化、スポーツ、芸術の季節でありますが、今年も各分野において、市民のすばらしい活躍がありました。

 まず、11月14日から静岡市で開かれました第7回国際アビリンピックの木彫種目において、日本代表として出場された英伸二さんが特別賞を受賞されました。

 秋田わか杉国体では、福光高校の中野翔太選手が少年男子ライフル種目で優勝、舘明日香選手が少年女子ビームライフル種目で準優勝の成績を収めました。

 また、11月19日に開かれた第54回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクールで、井波高校の高瀬直己君が全国人権擁護委員連合会長賞を受賞いたしました。

 なお、連覇はならなかったものの、県中学駅伝競走大会、県駅伝競走大会での健闘は賞賛に値するものだと思っております。

 次に、10月29日、全国椿サミット南砺大会実行委員会の設立総会がいのくち椿館で開催されました。大会の日程は平成21年3月でありますが、平成20年11月に開催が決定されている全国菊花連盟全国大会南砺大会ともども、万全の態勢で成功させたいと考えております。市民の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 南砺市、富山市、飛騨市でつくる飛越国際観光都市連合は、10月19日から22日にかけて、伝統芸能ソウル公演のため韓国を訪問しました。南砺市からも麦屋節などを披露するとともに、観光情報や特産品を紹介し、現地旅行会社と商談会を開いてまいりました。韓国訪問は昨年に引き続くものであり、観光客誘致に手ごたえを感じておりますが、出来上がりました韓国語にも対応する観光PR用DVDなどを活用し、継続的に誘致活動を進めることが大切であると考えております。なお、このDVDは、韓国語のほか英語、中国語、台湾語にも対応しており、積極的に活用してまいりたいと考えております。

 市政の運営につきましては、市政懇談会を9月28日から10月19日まで、地域審議会を11月13日から20日まで、いずれも旧8町村の単位で行いました。市政懇談会には延べ935名の方々に参加いただき、104件にわたる貴重なご意見やご要望をいただきました。また、地域審議会では、行政改革の実施状況や後期高齢者医療制度の概要などを説明し、それに対し多くのご意見等をいただきました。これらのご意見やご要望は、市政に反映できるよう職員に周知を図り、予算編成などに活かしてまいりたいと考えております。

 現在、平成20年度の予算編成に着手しております。厳しい財政状況の下ではありますが、総合計画の実施が本格化し、元気のある市を予算面でもアピールする段階に入っていると考えております。各課には知恵を絞り、元気の出る案を提案するよう指示しているところであります。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第103号から議案第111号までは、一般会計、5特別会計及び3企業会計について、補正予算を調整し、議会の議決を求めるものであります。

 今回は、人件費の調整、緊急な修繕、補助事業の調整、公的資金の繰上償還、福野病院の改革と特別養護老人ホームへの転換準備、年度の終盤に向けて必要となった事業などに要する経費を補正しようとするものであります。

 議案第103号の一般会計補正予算(第3号)について、補正のうち人件費以外の主なものを申し上げます。

 総務費においては、普通財産解体工事費増額分600万円、自主防災組織資機材整備補助金177万9,000円などを計上いたしました。

 民生費では、高齢者等あんしん生活支援事業委託金155万6,000円、地域防災力向上支援事業費201万円、特別養護老人ホーム福寿園改築仮設事業費910万円、保育園臨時職員賃金等1,920万円などを計上いたしました。

 衛生費では、福野病院病床部分の特別養護老人ホーム転換に伴う繰出金4億1,476万4,000円などを計上するともに、福野病院への繰出金療養型病床分3,000万円を減額いたしました。

 農林水産業費では、地域農業担い手育成事業補助金810万円、農畜産物直売施設需要量調査委託費100万円、福光南部橋梁工事費2,300万円などを計上いたしました。

 商工費では、がんばる商店街支援事業補助金265万円などを計上いたしました。

 土木費では、東海北陸自動車道全線開通記念「歓喜の夕べ」事業補助金150万円、道路維持費700万円、県街路事業負担金1,500万円などを計上するとともに、道路新設改良費7,000万円、都市計画街路費2,185万8,000円などの減額を行いました。

 消防費では、消防団員福祉共済の年度切り替え負担金282万4,000円などを計上いたしました。

 教育費では、中学校給食室修繕料130万円、中学校給食用備品購入費400万円、体育協会補助金300万円、スポーツ大会派遣補助金120万円などを計上するとともに、世界遺産関係費1,160万円を減額いたしました。

 公債費では、繰上償還に対応するため、償還元金977万8,000円を計上いたしました。

 諸支出金では、電源立地交付金基金を設置することとし、その積立金3,300万円を計上いたしました。

 これら補正予算の財源は、地方交付税、国県支出金、寄付金、繰越金などをもって充当することとしております。

 今回の補正総額は3億4,638万4,000円となり、この結果、平成19年度一般会計予算の累計額は343億1,458万9,000円となるのであります。

 議案第104号は、バス事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。JRバスとの清算費61万6,000円、車両管理費69万2,000円などを補正するものであり、予算の累計額は1億1,089万円となるのであります。

 議案第105号は、国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。直営診療勘定において給与費260万3,000円を補正するものであり、直営診療勘定の予算の累計額は2億2,831万1,000円となるのであります。

 議案第106号は、介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。給与費2,646万8,000円、つつじ荘冷暖房機器修繕料58万1,000円などを補正するものであり、予算の累計額は4億2,611万7,000円となるのであります。

 議案第107号は、国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。給与費99万7,000円を補正するものであり、予算の累計額は1億8,059万7,000円となるのであります。

 議案第108号は、簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。簡易水道施設修繕料107万円、配水管移設工事費290万円、繰上償還に対応するための償還元金6,603万2,000円などを増額するとともに、配水管敷設替事業費3,601万2,000円を減額するものであり、予算の累計額は4億8,343万1,000円となるのであります。

 議案第109号は、病院事業会計補正予算(第1号)についてであります。収益的支出については、医療局給与費293万円を計上するとともに、福野病院の診療所化に伴い、人件費を南砺市民病院と調整のうえ1億1,908万8,000円、医薬材料費等9,773万7,000円を減額するものであります。資本的支出については、開業医との連携を図るためのウェブ型電子カルテシステム導入費588万8,000円、繰上償還に対応するための償還元金1億4,153万9,000円、福野病院の特別養護老人ホーム転換に伴う繰上償還金4億1,476万4,000円を増額するものであります。

 議案第110号は、水道事業会計補正予算(第2号)についてであります。収益的支出について、給与費1,031万4,000円を増額し、資本的支出についても、繰上償還に対応するための償還元金2億1,741万1,000円などを増額するものであります。

 議案第111号は、下水道事業会計補正予算(第2号)についてであります。収益的支出について、消費税630万5,000円を増額するとともに、給与費927万5,000円を減額し、資本的支出について、繰上償還に対応するための償還元金13億4,266万4,000円を増額するものであります。

 議案第112号以下は予算以外の議案であります。

 まず、議案第112号の南砺市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定につきましては、職員に対して、大学等課程の履修及び国際貢献活動について、3年以内の休業を可能とする制度を設けようとするものであります。

 議案第113号の南砺市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の制定につきましては、同法の規定に基づいて固定資産税を免除するための規定を整備するものであります。

 議案第114号の南砺市税外収入金の督促手数料及び延滞金徴収条例の制定につきましては、税外収入全般にわたって督促手数料、延滞金の徴収に関して必要な事項を定めるとともに、個別に督促手数料、延滞金に関する規定のある条例について、当該規定を削除するものであります。

 議案第115号の南砺市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例の制定につきましては、国の品目横断的経営安定対策の支援措置として創設された事業について、分担金の徴収に関する規定を整備するものであります。

 議案第116号の南砺市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定につきましては、同法第7条第1項に規定する同意基本計画において重点促進区域として定められた区域の緑地及び環境施設の敷地面積に対する割合の緩和を行おうとするものであります。

 議案第117号の南砺市福野農産加工研修展示施設条例の全部改正につきましては、指定管理者制度への移行に向け所要の改正を行おうとするものであります。

 議案第118号の南砺市コミュニティセンター条例等の一部改正につきましては、公の施設の使用料について、使用時間帯の区分、金額等が不均一な状態となっておりましたので、これらを是正し、平準化するとともに、割増し、減免等の規定につきましても統一を図ろうとするものであり、58件の条例を一括して改正するものであります。

 議案第119号の南砺市職員の育児休業等に関する条例及び南砺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正につきましては、長期間にわたる育児と仕事の両立が可能となるよう短時間勤務制度を導入するため、関係規定を整備しようとするものであります。

 議案第120号の南砺市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、人事院勧告及び富山県人事委員会の給与等に関する報告・勧告に準じ、扶養手当の金額、勤勉手当の支給率及び給与表を改定しようとするものであります。

 議案第121号の南砺市積立基金条例の一部改正につきましては、電源立地地域対策交付金事業計画書に記載された事業を実施するための資金を積み立てるため、電源立地交付金基金を設置しようとするものであります。

 議案第122号の南砺市桂湖レクリエーション施設条例の一部改正につきましては、桂湖野外活動施設が富山県から南砺市に移管されることとなりましたので、移管される施設を追加するとともに、利用に関する規定の整備を行うものであります。

 議案第123号の南砺市賃貸住宅条例の一部改正につきましては、老朽化した北川住宅を廃止するものであります。

 議案第124号の南砺市病院事業の設置等に関する条例の一部改正につきましては、南砺市立福野病院を南砺市民病院附属診療所「南砺市家庭・地域医療センター福野」に転換しようとするものであり、名称を引用する条例の一部改正を併せて行うものであります。

 議案第125号から議案第127号までは、養護老人ホーム「楽寿荘」の経営を砺波地区老人福祉施設組合から砺波地方介護保険組合に移管することで協議が整いましたので、砺波地区老人福祉施設組合を解散し、その所有する財産を砺波地方介護保険組合に帰属させること及び砺波地方介護保険組合規約の一部を改正することについて、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第128号及び議案第129号は、字の区域の変更及び廃止について、それぞれ土地改良事業の換地変更調書のとおり手続きを行おうとするものであります。

 報告第5号は、100万円以内の損害賠償に係る損害賠償額の決定及び和解について専決を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定により、これを報告するものであります。

 同意第5号は、監査委員の選任について同意を求めるものであります。行政について豊富な経験と優れた見識をお持ちの島田勝由氏を選任いたしたいと存じます。前監査委員の中田勝治氏には、的確なご指導ご助言を賜りましたことに深く感謝申し上げます。

 以上、本定例会に提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第5号の採決



○議長(水木猛議員) お諮りいたします。ただいま議題となっております同意第5号につきましては、事案の性質上、この際直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。

 これより採決いたします。同意第5号 南砺市監査委員の選任についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(水木猛議員) 議案調査のため、12月4日から7日までの4日間は休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(水木猛議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、12月10日午前10時から再開し、市政一般に対する質問並びに提出案件の質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後4時20分