議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成19年  3月 定例会(第2回) 03月01日−01号




平成19年  3月 定例会(第2回) − 03月01日−01号







平成19年  3月 定例会(第2回)



南砺市告示第16号

          南砺市議会3月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成19年第2回南砺市議会3月定例会を、次のとおり招集する。

 平成19年2月8日

                              南砺市長 溝口 進

                   記

        1 期日   平成19年3月1日(木)

        2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                    平成19年3月1日(木)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第1号 平成19年度南砺市一般会計予算

     議案第2号 平成19年度南砺市バス事業特別会計予算

     議案第3号 平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計予算

     議案第4号 平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第5号 平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算

     議案第6号 平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計予算

     議案第7号 平成19年度南砺市温泉事業特別会計予算

     議案第8号 平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算

     議案第9号 平成19年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算

     議案第10号 平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計予算

     議案第11号 平成19年度南砺市病院事業会計予算

     議案第12号 平成19年度南砺市水道事業会計予算

     議案第13号 平成19年度南砺市下水道事業会計予算

     議案第14号 平成18年度南砺市一般会計補正予算(第4号)

     議案第15号 平成18年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第16号 平成18年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第17号 平成18年度南砺市スキー場事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第18号 平成18年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第19号 平成18年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第20号 平成18年度南砺市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第21号 平成18年度南砺市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第22号 平成18年度南砺市林業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第23号 平成18年度南砺市個別合併浄化槽設置事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第24号 平成18年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第25号 平成18年度南砺市病院事業会計補正予算(第1号)

     議案第26号 平成18年度南砺市下水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第27号 南砺市副市長定数条例の制定について

     議案第28号 南砺市積立基金条例の制定について

     議案第29号 南砺市果実運用基金条例の制定について

     議案第30号 南砺市定額運用基金条例の制定について

     議案第31号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

     議案第32号 南砺市営バスの設置等に関する条例の一部改正について

     議案第33号 南砺市コミュニティセンター条例の一部改正について

     議案第34号 南砺市職員定数条例の一部改正について

     議案第35号 南砺市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

     議案第36号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について

     議案第37号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

     議案第38号 南砺市特別会計条例の一部改正について

     議案第39号 南砺市税条例の一部改正について

     議案第40号 南砺市学校教育施設使用条例及び南砺市体育施設条例の一部改正について

     議案第41号 南砺市立図書館条例の一部改正について

     議案第42号 南砺市城端勤労青少年ホーム条例の一部改正について

     議案第43号 南砺市立福光美術館条例の一部改正について

     議案第44号 南砺市棟方志功記念館愛染苑条例の一部改正について

     議案第45号 南砺市介護福祉支援センター条例の一部改正について

     議案第46号 南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」条例の一部改正について

     議案第47号 南砺市起業家支援センター条例の一部改正について

     議案第48号 南砺市城端伝統芸能会館条例の一部改正について

     議案第49号 南砺市桂湖レクリエーション施設条例の一部改正について

     議案第50号 南砺市下水道条例の一部改正について

     議案第51号 南砺市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正について

     議案第52号 南砺市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について

     議案第53号 南砺市公共下水道事業受益者分担に関する条例の一部改正について

     議案第54号 富山県市町村総合事務組合規約の変更について

     議案第55号 富山県市町村会館管理組合規約の変更について

     議案第56号 砺波広域圏事務組合規約の変更について

     議案第57号 砺波地区老人福祉施設組合規約の変更について

     議案第58号 砺波地方衛生施設組合規約の変更について

     議案第59号 砺波地方介護保険組合規約の変更について

     議案第60号 辺地総合整備計画の変更について

     議案第61号 市道路線の認定について

     議案第62号 市道路線の変更について

     議案第63号 市道路線の廃止について

     議案第64号 南砺市利賀埋蔵文化財等展示保存学習施設の指定管理者の指定について

     議案第65号 南砺市城端西部体育館等の指定管理者の指定について

     議案第66号 南砺市五箇山民俗館及び南砺市塩硝の館の指定管理者の指定について

     議案第67号 南砺市民謡の里の指定管理者の指定について

     議案第68号 南砺市桂湖レクリエーション施設(艇庫)の指定管理者の指定について

     議案第69号 南砺市利賀みどりの一里塚サービスステーションの指定管理者の指定について

     議案第70号 南砺市世界遺産菅沼合掌造り集落展望広場の指定管理者の指定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(32人)

      1番  田中幹夫議員        2番  山瀬悦朗議員

      3番  齊藤光一議員        4番  向川静孝議員

      5番  池田庄平議員        6番  高田龍司郎議員

      7番  長尾益勇議員        8番  川辺邦明議員

      9番  堀 豊次議員       10番  生田長範議員

     11番  大島 孝議員       12番  高橋 猛議員

     13番  山田 勉議員       14番  岩崎 誠議員

     15番  石崎俊彦議員       16番  前田美好議員

     18番  蓮沼晃一議員       19番  浅田裕二議員

     20番  吉田 清議員       22番  片岸 博議員

     23番  西井秀治議員       24番  香川俊光議員

     25番  中川邦宏議員       26番  中島洋三議員

     27番  水木 猛議員       28番  中田勝治議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

     31番  島田勝由議員       32番  倉 一雄議員

     33番  大西正隆議員       34番  嶋 信一議員

欠席議員 17番  才川昌一議員

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       溝口 進      収入役      山本勝徳

 教育長      梧桐角也      代表監査委員   伊東 浩

 教育委員長    小林敏夫      市長政策室長   中山繁實

 総務部長     大家信二      民生部長     向川正憲

 医療局長     西村勝三      産業経済部長   堀 和男

 建設部長     畑 清一      市長政策室次長  重原一雄

 総務部次長    三谷直樹      総務部次長    下田正佳

 教育次長     仲筋武智      民生部次長    斉藤清志

 民生部次長    上田一郎      産業経済部次長  細川 哲

 建設部次長    小西正信      建設部次長    奥野伸一

 総務課長     山畔勝博

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

 事務局長     平本和雄      主幹議事調査係長 吉田鈴代

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(大西正隆議員) ただいまから平成19年第2回南砺市議会3月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(大西正隆議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に10番生田長範議員、11番大島孝議員、12番高橋猛議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(大西正隆議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から3月23日までの23日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(大西正隆議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は23日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号から議案第70号の上程、説明



○議長(大西正隆議員) 次に、日程第3、議案第1号 平成19年度南砺市一般会計予算から議案第70号 南砺市世界遺産菅沼合掌造り集落展望広場の指定管理者の指定についてまで、以上70議案を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 溝口市長。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) 本日ここに、平成19年3月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の情勢や市政に対する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 今年は、昨年と打って変わって穏やかな冬となりました。人の営みは自然の動きに大きく左右されるものであり、様々な状況を想定しながら行政を運営する必要があると痛感させられた次第であります。

 昨年は、国道の通行止めなど、豪雪により市民の日常生活、経済活動に大きな打撃を受けましたが、今年は雪不足で、西日本バイアスロン大会が中止になるなど、スキー場の営業期間の短縮を余儀なくされた年になりました。

 そのなかで、南砺市誕生以前からの懸案でありました第56回全国高校スキー大会−−インターハイが、2月2日から6日までの5日間、たいらスキー場、イオックス・アローザスキー場の両会場を中心に開催されました。雪不足が心配されましたが、南砺総合高校など県下の高校生、地元スキー協会はじめ多くのボランティアの大きなお力添えがあり、競技コースの整備、大会運営ともに大成功のうちに幕を閉じ、たいへん嬉しく思っております。改めて、関係各位のご尽力に深く感謝申し上げる次第であります。

 また、この大会をはじめ、秋田わか杉国体、全国中学校スキー大会、全日本学生選手権など全国レベルの各スキー大会でも南砺市関係選手の活躍には目を見張るものがあり、お祝いを申し上げるとともに、さらなる精進を期待いたしたいと思います。とくに、全国制覇を成し遂げられた水口かおり、水口雄太の両選手、ならびに、野原敏樹、西田真、中島拓哉、永井秀篤、4人の中学生リレー選手に喝采を送り、その栄誉をたたえたいと存じます。

 次に、東海北陸自動車道で掘削工事が進められております飛騨トンネルが1月13日に貫通いたしました。貫通まで9年4カ月を要した大工事でありましたが、貫通を祝うとともに、平成19年度末までの全線開通に向けた取り組みについて、思いを新たにしているところであります。

 南砺市としても、この経済波及効果を最大限に取り込む戦略をたてなければならないと思っております。まずは、観光産業にどのようにして結びつけるか、金沢はもとより、高岡、氷見、能登を視野に入れた取り組みをさらに強化してまいりたいと存じます。

 また、この時季、ふくの歳の大市、雪国祭アイスフェス、南砺利賀そば祭り、南砺ふくみつ雪あかり祭り、四季の五箇山雪あかり、ザ・雪合戦なんとinじょうはな、こきりこ味まつり、城端つごもり大市など、それぞれの地域で思い入れの強いイベントが開催されましたが、地域の元気の源であるとともに貴重な観光資源でもあり、市としても応援してまいりたいと思っております。

 市政運営につきましては、各地域でそれぞれ実施されておりました中学生の海外派遣、受け入れ事業などを一括して推進するため、南砺市中学生国際交流協議会が昨年の12月5日に設立されました。国内外を含めた派遣事業や交流事業に公平性と積極性の確保につきまして、設立予定の南砺市友好交流協会を含めまして、民間の知恵とお力添えをいただきたいと思っております。

 大きな課題でありました福光地域の斎場改築につきましても、昨年の12月6日に地元の同意をいただき、平成20年の完成を目指すことができることとなりました。意見を取りまとめていただきました関係者のご労苦に深く感謝申し上げます。

 また、12月8日には、保育園の統合や民営化などについて審議をいただくため、第1回目の南砺市立保育園審議会を開催いたしました。2月16日には大門きらら保育園を視察していただいており、3月6日には2回目の審議会を開き、さらに議論を進めていただく予定にしております。

 2月1日には福野行政センターの自動交付機が稼動し、時間外や休日の利便を図ることになりました。利用は順調であり、3月末までには福光、城端、井波の各行政センターでも稼動させ、市民の利便性をさらに向上させたいと思っております。

 次に、本日から公立南砺中央病院において産科を再開いたしました。本日の再開に先立ち、2月27日に一足早く産声が聞かれ、たいへんうれしく思っております。市民待望の朗報であり、今後とも医療、子育て、教育、福祉など多方面にわたり、安心して子供が産め、また、育てられる環境づくりに努めてまいりたいと決意を新たにいたしております。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第1号から議案第13号までは、13の会計について平成19年度当初予算を調製し、議会の議決をいただこうとするものであります。

 平成19年度は総合計画の初年度であり、予算にメリハリをつけるとともに積極性をもたせました。また、下水道事業を企業会計に一本化し、将来の独立採算に向けてレールを敷くことといたしました。予算編成を終えて感じましたことは、一般財源の不足が今後も続く状況にあり、なお一層の行政改革を断行しなければ収支の均衡がとれないということであります。さらに、来年度以降、総合計画に盛り込んだ事業の本格化により予算規模が拡大することも予測されますので、予算の執行に当たりましては、より厳正に審査し、事業の必要性の確認とコスト意識の徹底を図りたいと思います。

 予算編成にあたり、重点としたことについて申し上げます。

 第1には、総合計画に合致し、事業実施に移せる事業については積極的に予算化することといたしました。また、基本調査や実施設計の段階に入る事業につきましても、その調査費や設計委託料を計上し、次年度以降、合併特例債など有利な財源を期限内に計画的に活用できるように配慮しました。

 第2には、行政改革の一層の推進を図るため、公的医療体制の再編、行政センターの合理化、図書館の再編、指定管理の推進、職員の削減などを行うことといたしました。

 第3には、東海北陸自動車道の全面開通を視野に入れ、特別観光キャンペーン、インターチェンジ設置促進事業を行うとともに、いなみ国際木彫刻キャンプなどを開催し、元気な市を目指すことに意を用いました。

 第4には、外郭団体の独立を支援し、民間活力を発揮することができるよう自前の事務所設置を進めることとしました。

 第5には、南砺市の豊かな自然を生かすため、里山再生整備事業、農地・水・環境保全向上活動支援交付金などを利用して、森林の維持や農村環境保全のための政策を取り入れることとしております。

 第6には、道路、下水道、土地改良など社会資本の充実に引き続き力を注ぎ、産業基盤の整備と生活の利便化に配慮いたしました。

 次に、予算編成にあたり留意した事項について申し上げます。

 まず、総合計画実施計画の素案との一致に留意しました。実施計画は、10カ年の起債事業などを見通したうえで、3カ年単位とし、毎年ローリング方式で見直すこととしております。

 次に、今後の厳しい財政状況に備えて市債残高を減らすとともに、新たな起債につきましては、後年度、元利償還金が地方交付税に算入されるものを厳選いたしました。

 また、道路などの社会資本の整備にあたっては、継続事業について重点的に予算を配分して供用開始を早めることといたしました。

 医療、福祉にかかる予算は、必要額を確保し、住民に安心感を持ってもらえるよう配慮いたしました。

 なお、予算査定にあたっては、厳しい財政状況を踏まえて、投資的経費は一般財源ベースで10%、経常経費は5%の削減を原則としたところであります。

 以上の方針に基づいて編成いたしました平成19年度予算の規模は、一般会計325億7,700万円、特別会計137億310万円、企業会計162億6,480万4,000円、合計625億4,490万4,000円となり、平成18年度当初予算と比較して、一般会計では2.1ポイント減、特別会計で23.0ポイント減、企業会計で39.4ポイント増、予算総額では0.3ポイントの減となるものであります。

 昨年度に比較して、特別会計が減となり、逆に企業会計が大幅に増となっておりますのは、下水道事業会計を整理し、企業会計に一本化したことによるものであります。

 一般会計についてその概要を申し上げます。

 一般会計の目的別歳出の状況では、議会費は3億949万6,000円、総務費は33億2,958万7,000円、民生費は62億9,242万3,000円、衛生費は34億8,664万3,000円、労働費は44,09万3,000円、農林水産業費は23億689万4,000円、商工費は21億6,737万9,000円、土木費は47億3,282万3,000円、消防費は9億9,048万3,000円、教育費は27億8,468万4,000円、公債費58億3,838万5,000円等となっております。ハード事業による増減を除きますと、病院事業繰出金の増により衛生費が増えていること、公債費は昨年とほぼ同額ではありますが、平成18年度実施した10億3,143万4,000円の繰り上げ償還の減少分と合併推進債及び合併特例債の元金償還の増加分が見合いになっていることに留意しなければなりません。

 また、性質別状況をみますと、行政改革や経費節減により人件費、物件費、維持補修費が前年度より減額となる一方で、普通建設費、災害復旧費の投資的経費は前年度なみに確保しましたが、これは、補助事業及び県営事業で減った分を合併特例債を活用した単独事業でカバーし、総合計画の実現を図ることとした結果であります。

 歳入の状況では、市税は76億4,558万7,000円と対前年度比6億4,069万3,000円、9.1ポイント増の額を計上しておりますが、三位一体改革に伴う税源移譲、定率減税の廃止などの影響によるものであります。見積もりに当たりましては、国の経済見通しや地方財政計画、市内企業の収益動向を勘案し、現時点で見込み得る額を計上しております。

 これに対し、所得譲与税、税源移譲特例交付金を合わせて5億7,600万円減額するとともに、地方交付税についても4億円減額いたしました。

 また、実施する事業に基づき、国庫支出金、県支出金、起債などについて調整を行い、なお足りない17億3,100万円につきましては財政調整基金を取り崩すことにいたしました。

 特別会計につきましては、コミュニティバス実証実験などの結果を踏まえて市民の足の確保を図るため、市営バス事業の充実を図ることといたしました。国民宿舎事業では、屋根の防水工事を緊急に実施する経費2,300万円を計上したほか、施設のリニューアル設計委託料を計上いたしました。その他については、大きな事業は予定せず、健全な運営に必要な経費を盛り込みました。

 企業会計につきましては、下水道事業において管渠建設が完了に近づいていることから投資的経費が大きく減額となり、また、病院事業、水道事業においても施設整備関連では通常ベースの予算といたしました。

 なお、企業会計では、収益収支の改善に向け、長期的視野に立って種々の方策を検討することといたしております。

 議案第14号から議案第26号までは、13の会計の平成18年度補正予算について、議会の議決をいただこうとするものであります。

 今回の補正では、国・県支出金の決定に伴うもの、年度末を迎え予算に過不足が生じたもの、下水道事業の企業会計への移行準備、基金の廃止に伴う経理処理、病院事業の営業運転資金の調達などについて調整したものであります。

 補正予算の規模は、一般会計6億1,208万6,000円の増額、特別会計5億8,286万3,000円の増額、企業会計4,821万7,000円の減額となりました。

 まず、一般会計歳出予算について、主なものを申し上げます。

 国の補正予算により、緑資源機構分収造林事業委託料5,206万3,000円、県道砺波福光線埋蔵文化財調査費2,625万円を計上いたしましたが、これらは平成19年度に繰り越して執行することになります。下水道事業の企業会計移行準備金として4特別会計合わせて3億円、病院事業への長期貸付金として3億5,700万円、楽寿荘増改築工事分担金3億1,560万円、公共用として供用開始済みの土地の土地開発基金からの購入費6,481万9,000円、除雪対策費3,020万円などを増額し、道路災害復旧費1億5,367万7,000円、小学校整備工事請負費4,018万5,000円、小学校整備設計監理委託料1,123万9,000円などを減額いたしました。

 これに対する歳入につきましては、所得割8,500万円、法人税割2億7,900万円などの好調な市民税、普通交付税3億7,141万6,000円、繰越金2億6,259万3,000円を増額し、財政調整基金の取り崩しを4億円縮小しました。また、事業費の増減により、国・県支出金の減額、市債の増額など所要の調整を行いました。

 国民健康保険事業特別会計では、出産一時金が現物給付になっており、高額療養費も4月から現物給付になることから、これらの貸付金基金を廃止し、財政調整基金に積むために歳入歳出予算の補正を行いました。

 また、下水道事業の4特別会計におきましては、企業会計移行準備としまして、一般会計からの繰出金を受け入れるとともに、特別会計でもっておりました財政調整基金及び減債基金につきましても廃止の上、歳入予算で受け入れ、予備費で歳出を計上することといたしました。

 最後に、予算以外の議案について申し上げます。

 議案第27号の南砺市副市長定数条例の制定につきましては、地方自治法の改正により、4月1日から助役制度から副市長制度になり、副市長の定数を条例で定める必要があることから、副市長の定数を1人としようとするものであります。

 議案第28号の南砺市積立基金条例の制定から議案第30号の南砺市定額運用基金条例の制定までにつきましては、現在、基金は設置目的ごとに22の条例で規定しておりますが、該当する基金条例が分かりにくいこと、積立てまたは取り崩しにより、規定されている金額と実際の金額とにかい離が生じていること、下水道事業の企業会計への移行などから廃止する必要のある基金があることから、すべての基金について、性質ごとに積立基金、果実運用基金、定額運用基金に整理しようとするものであります。

 議案第31号の地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきましては、地方自治法の改正により、関係する8条例について、助役とあるものは副市長に改め、収入役とあるものは削除し、附則において、収入役の在職期間中については、改正後の規定にかかわらず、なお従前のとおりと規定するものであります。

 議案第32号の南砺市営バスの設置等に関する条例の一部改正につきましては、コミュニティバス実証実験などの結果を踏まえ、4月1日以降の市営バスの運行について、運行路線、運休日、定期券の額を変更しようとするものであります。

 議案第33号の南砺市コミュニティセンター条例の一部改正につきましては、上梨コミュニティセンターについて使用料を定めようとするものであります。

 議案第34号の南砺市職員定数条例の一部改正につきましては、職員の配置変更、職員削減等により職員定数を見直そうとするものであります。

 議案第35号の南砺市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正につきましては、社会教育指導員、公民館長、公民館主事及び公民館指導員の報酬について明文化するものであります。

 議案第36号の南砺市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、管理職手当支給割合の限度を規定し、扶養手当の第3子以降の子等に係る支給月額を引き上げるものであります。

 議案第37号の南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につきましては、特殊現場業務に従事する職員の特殊勤務手当を廃止しようとするものであります。

 議案第38号の南砺市特別会計条例の一部改正につきましては、平成19年度から、スキー場事業特別会計を一般会計に、また、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、林業集落排水事業特別会計及び個別合併浄化槽設置事業特別会計を企業会計に組み込み、あわせて企業会計についても条例で明文化しようとするものであります。

 議案第39号の南砺市税条例の一部改正につきましては、入湯税の課税免除の規定を追加するものであります。

 議案第40号の南砺市学校教育施設使用条例及び南砺市体育施設条例の一部改正につきましては、平プール、上平プール、井口プール、城端グラウンド、平グラウンド及び井口テニスコートの体育施設を学校教育施設に移行するため、所要の改正を行うものであります。

 議案第41号の南砺市立図書館条例の一部改正につきましては、図書館体制の再編により、図書館の名称及び位置を変更しようとするものであります。

 議案第42号の南砺市城端勤労青少年ホーム条例の一部改正につきましては、使用料及び使用料の減免規定などを設け、また、字句の整理を行おうとするものであります。

 議案第43号の南砺市福光美術館条例の一部改正につきましては、小・中学生の観覧料をすべて無料にするとともに、棟方志功記念館愛染苑との共通観覧料及び施設使用料の規定を追加し、また、字句の整理を行おうとするものであります。

 議案第44号の南砺市棟方志功記念館愛染苑条例の一部改正につきましては、小・中学生の観覧料をすべて無料にするとともに、福光美術館との共通観覧料の規定を追加し、また、字句の整理を行おうとするものであります。

 議案第45号の南砺市介護福祉支援センター条例の一部改正につきましては、現在2事業所で展開している訪問看護ステーションを1事業所に統合して行うため、事業所の名称を変更しようとするものであります。

 議案第46号の南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」条例の一部改正につきましては、平成19年4月1日からの指定管理者制度へ移行ができないことから、市長による管理規定を設けようとするものであります。

 議案第47号の南砺市起業家支援センター条例の一部改正につきましては、1階予備室を改修して事務室3を新設し、利用料金を規定しようとするものであります。

 議案第48号の南砺市城端伝統芸能会館条例の一部改正につきましては、会館使用料について字句の整理を行うとともに、付属設備等の使用料について改正しようとするものであります。

 議案第49号の南砺市桂湖レクリエーション施設条例の一部改正につきましては、施設に艇庫を加えるとともに、湖面艇の利用料金を規定しようとするものであります。

 議案第50号の南砺市下水道条例の一部改正につきましては、下水道法施行令の改正により、除害施設の設置等の規定を変更するものであります。

 議案第51号の南砺市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正につきましては、下水道事業の企業会計一本化に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第52号の南砺市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正及び議案第53号の南砺市公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正につきましては、下水道事業の受益者負担金及び分担金の納期を一元化しようとするものであります。

 議案第54号の富山県市町村総合事務組合規約の変更につきましては、消防組織法の改正に伴い引用条項を整理し、また、地方自治法の改正により「収入役」にかかる規定を「会計管理者」に改めるものであります。

 議案第55号の富山県市町村管理組合規約の変更及び議案第56号の砺波広域圏事務組合規約の変更につきましては、地方自治法の改正により「収入役」にかかる規定を「会計管理者」に改めるものであります。

 議案第57号の砺波地区老人福祉施設組合規約の変更及び議案第58号の砺波地方衛生施設組合規約の変更につきましては、地方自治法の改正により「助役」及び「収入役」にかかる規定を「副管理者」及び「会計管理者」に改めるものであります。

 議案第59号の砺波地方介護保険組合規約の変更につきましては、地方自治法の改正により「会計長」及び「吏員」にかかる規定を「会計管理者」及び「職員」に改めるものであります。

 議案第60号の辺地総合整備計画の変更につきましては、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特例措置等に関する法律の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第61号の市道路線の認定から議案第63号の市道路線の廃止までにつきましては、宅地造成の開発行為等により、市道路線の認定、変更及び廃止を行おうとするものであります。

 議案第64号から議案第70号までは、4月1日から指定管理者制度への移行を予定しております15の公の施設の指定管理者の指定について、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上、平成19年度における市政運営の基本方針及び本定例会に提案いたしました議案について提案理由を説明申し上げましたが、何卒、慎重ご審議のうえ、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(大西正隆議員) 次にお諮りいたします。議案調査のため、3月2日並びに5日から7日までの4日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(大西正隆議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(大西正隆議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、3月8日午前10時に再開し、市政一般に対する質問並びに提出議案に対する質疑を行います。

 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでございました。



△散会 午前10時40分