議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 小矢部市

平成19年 12月 定例会 12月07日−01号




平成19年 12月 定例会 − 12月07日−01号







平成19年 12月 定例会



          平成19年12月小矢部市議会定例会会議録(第1号)

平成19年12月7日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           平成19年12月7日(金)

           午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第1号

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 継続審査事項の報告について

第4 認定第1号 平成18年度小矢部市一般会計歳入歳出決算から認定第8号 平成18年度小矢部市水道事業会計決算の認定について

   (委員長報告・質疑・討論・表決)

第5 議案第53号 平成19年度小矢部市一般会計補正予算(第4号)から議案第70号 砺波地区老人福祉施設組合の解散に伴う財産処分について

   (市長の提案理由説明)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 継続審査事項の報告について

日程第4 認定第1号 平成18年度小矢部市一般会計歳入歳出決算から認定第8号 平成18年度小矢部市水道事業会計決算の認定について

     (委員長報告・質疑・討論・表決)

日程第5 議案第53号 平成19年度小矢部市一般会計補正予算(第4号)から議案第70号 砺波地区老人福祉施設組合の解散に伴う財産処分について

     (市長の提案理由説明)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(16名)

   1番    山本精一

   2番    須加清治

   3番    中田正樹

   4番    石田義弘

   5番    高橋庸佳

   6番    嶋田幸恵

   7番    中村重樹

   8番    沼田信良

   9番    多田 勲

  10番    尾山喜次

  11番    中西正史

  12番    高橋佐多史

  13番    石尾太八

  15番    砂田喜昭

  16番    宮西佐作

  17番    野村博司

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

  市長       桜井森夫

  副市長      高畠進一

  教育長      西川康夫

  総務部長     福江一夫

  産業建設部長

  兼農業委員会   義浦喜久夫

  事務局長

  民生部長     日光久悦

  企画室長     中嶋幹博

  産業建設部

  理事兼      福江清徳

  都市計画課長

  民生部次長兼

           森下博幸

  健康福祉課長

  会計管理者兼

           上田信夫

  会計室長

  教育次長兼

           堤 知吉

  教育総務課長

  消防長      松原忠正

  財政課長     松本信明

  教育委員長    宮永あきい

  代表監査委員   古村庄一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     下川 章

  局長補佐     貝淵 稔

  主査       坂田 力

  書記       田川邦之

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

           午前10時00分 開会



○議長(多田勲君) 

 ただいまから平成19年12月小矢部市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

           午前10時00分 開議



○議長(多田勲君) 

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△出席議員数の報告



○議長(多田勲君) 

 ただいまの出席議員は16名で定足数に達しておりますので、会議は成立しております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(多田勲君) 

 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 地方自治法第121条の規定に基づき、桜井市長ほか関係者の出席を求めてあります。

 次に、監査委員から8月分の例月出納検査のほか8件の報告書が議長に提出されておりますので、ご報告いたします。

 なお、その写しは既にお配りしてありますので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(多田勲君) 

 本日の議事日程は、お手元にお配りしてありますので、朗読を省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(多田勲君) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定に基づき、議長から指名いたします。

  2番  須加清治君

  3番  中田正樹君

 以上2名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(多田勲君) 

 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から12月19日までの13日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(多田勲君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は13日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△継続審査事項の報告



○議長(多田勲君) 

 日程第3 継続審査事項の報告についてを議題といたします。

 9月定例会において、閉会中の継続審査事項となっていた所管事務の調査については、各委員長から調査の報告書が提出されております。

 その写しをお手元にお配りしてありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△認定第1号から認定第8号について



○議長(多田勲君) 

 日程第4 9月定例会において閉会中の継続審査となっておりました認定第1号 平成18年度小矢部市一般会計歳入歳出決算から認定第8号 平成18年度小矢部市水道事業会計決算の認定についてまでの、平成18年度分に係る各会計歳入歳出決算の認定議案8件を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(多田勲君) 

 以上の各案件については、閉会中の継続審査を終わり、決算特別委員長から議長に報告書が提出されております。

 決算特別委員会の審査結果の報告を求めます。

 決算特別委員会委員長 中西正史君。

 〔決算特別委員会委員長 中西正史君登壇〕



◆決算特別委員会委員長(中西正史君) 

 決算特別委員会の報告をいたします。

 9月定例会におきまして、当決算特別委員会に付託され継続審査となっておりました平成18年度に係る決算認定案件につきましては、去る11月13日から15日の3日間にわたり、各会計の決算書に基づき関係部課長から詳細な説明を受け、予算が適正かつ効率的に執行されたか、また、行政効果が十分得られたかどうかにつき主眼を置き、関係諸帳簿及び証拠書類等について慎重に審査いたしました結果を報告させていただきます。

 認定第1号 平成18年度小矢部市一般会計歳入歳出決算、認定第2号 平成18年度小矢部市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成18年度小矢部市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成18年度小矢部市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算、認定第5号 平成18年度小矢部市下水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成18年度小矢部市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成18年度小矢部市ケーブルテレビ事業特別会計歳入歳出決算、認定第8号 平成18年度小矢部市水道事業会計決算、以上8議案については、全会一致で認定すべきものと決定をいたしました。

 なお、審査の過程において、次の点について十分配慮されるよう3点の意見がありましたので申し述べます。

 第1に、指定管理者制度の活用についてであります。平成15年の地方自治法の改正により、民間事業者等による公共施設の管理が制度化され、公共施設の性質や管理方針等を検証し、民間事業者等のノウハウを活用することで市民サービスの向上を図る。効果的かつ効率的な運営や、市民協働型の運営が期待される施設を中心に本制度を導入してきたところであります。

 国の三位一体改革の推進により、大変厳しい行財政運営を強いられる中ではありますが、経費の面だけでなく、市民の立場からの利便性や利用実態など、さまざまな視点から検証した上での導入を検討していただきたいというふうに思います。

 第2に、市が所有する遊休地の処分についてであります。不用な普通財産だけでなく、行政財産としての活用、目的等がなくなった土地をも含め、早急に売却を検討されたい。

 第3に、一般会計の歳出において、多額の不用額が生じているものが散見されました。特に福祉関連予算の不用額は、各種施策の実施に取り組む姿勢を問われる問題でもあり、執行に当たっては、できる限り有効活用されるよう積極的に取り組んでいただきたい。

 最後に、国の三位一体改革により地方交付税が減額され、さらに行財政運営が苦しくなってまいります。今後、小矢部市がさらに進展するために、一層の効率的かつ安定的な行財政運営に努められるよう申し添えまして、当決算特別委員会からの報告といたします。



○議長(多田勲君) 

 以上で、決算特別委員会の審査結果の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑・討論・表決



○議長(多田勲君) 

 これより委員長報告に対する質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告がありませんので、質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 15番 砂田喜昭君。

 〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 私は、決算認定案件のうち、一般会計と下水道会計の2件の認定に反対いたします。

 第1は、一般会計であります。

 今、私たちの暮らしは、原油高騰のあおりを受けて灯油やガソリンが大変値上がりし、自民党政治のもとで格差社会が拡大、多くの庶民は収入が減るのに物価が上がり、暮らしが大変だという状況に陥っております。農家にとりましても、米価は下がるのに経費はかかる、大変厳しい状況であります。こういう状況の中で、地方自治体は、住民の暮らしを支えるという役割をいよいよ本格的に発揮しなければならない時期だと考えます。

 ところが、市は最近、今後7年間49億円の財源不足に陥るという推計を発表し、市民のいろんな要望実現に当たっては、予算がないと盛んに言いわけをしております。この最大の原因が、今ほどの報告にもありました三位一体の改革という名で行われた、国が本来小矢部市に渡すべき地方交付税を44億円も削減しようとしていることにあるわけであります。

 地方交付税は本来、地方の固有財源でありまして、国はかわって集めて配分をするんですけれども、これは地方の固有財源なんです。これを国の補助金のように使っているということは極めて間違いでありまして、これは正す必要がどうしてもあります。

 国の間違った政策を改めさせるということはどうしても必要でありますが、それまでの間、現在の財源の中でやりくりをしなければならないことも仕方がないことであります。そのためには、市がこれまで取り組んできた事業で効果が見込めないものは中止するという英断が求められると思います。

 滋賀県で新幹線栗東駅の建設中止を決断したことはその一例で、私は、そのような決断を高く評価するものであります。

 さて、私はかねてから綾子河川公園の事業を見直すということを要求してまいりました。これが見直すべき第1の事業ではないかと考えております。計画では1日500人の利用が見込めるということでありますけれども、現にクロスランドのパターゴルフやオアシスハウス、タワーなどの利用者数は2006年度で1日208人余りでありまして、500人に届かない、そういうところにもう一つ公園をつくってどうして500人も利用が見込めるんでしょうか。成功の見込みのないものに漫然と4,897万7千円も支出したことは認められるものではありません。

 見直すべき第2の事業は、駅南土地区画整理事業であります。これが市の将来の活性化につながると市は主張していますけれども、新幹線が高架で横切っていくその下に、人がどんどん寄ってきて家が建っていくでしょうか。駅周辺のにぎわいをつくり出すことになるんでしょうか。

 今の予測だけでも、下水道の工事費を含めますと、国と県、市から私たちが納めた税金を40億円もつぎ込むことになります。

 さらに、地権者の皆さんには自分の持っている土地の35%を無償で提供し、提供する土地のない人には清算金を納めてもらう、こうやってさらに7億円の事業費を生み出すということを見込んでいるわけであります。この見込みが違って、保留地が売れず、事業費に不足が生じた場合はどうなるのか。土地区画整理法では、その場合には組合員や後でその土地を買った人から新たに追加の賦課金をかけるということが決められているわけであります。

 市の財政にも地権者にも莫大な負担を強いる土地区画整理事業を推進するために、1,645万5千円を支出したことも認めるわけにはいきません。

 第2に、下水道事業会計に関してですが、早く市内全域水洗化を目指す計画を明確にして、散居村には市設置型の浄化槽事業を取り入れるようにすべきであります。

 現在、公共下水道認可区域を毎年5億円余りもの莫大な税金を投入して整備しておりますが、下水道だけで借金が140億円という大変な事態になっております。しかも、現在のやり方を真剣に見直さないならば、今、下水道を利用している人に、将来べらぼうに高い下水道使用料への引き上げにつながるという懸念があるわけであります。

 18年度決算で見ましても、使用料の収入は2億1千万円なのに対しまして、維持管理費と支払い利息だけで6億円もかかっているわけであります。収支バランスをとろうとすれば、使用料収入を2.8倍に引き上げなければならない。

 一方、散居村に住む市民にとっては、いつまでも下水道の恩恵にあずかれないという問題が残されているわけであります。この矛盾を解決するためには、散居村では市営浄化槽方式に切りかえて、計画的に整備を進めることであります。繰り返しこの方向で検討すると言いながら、いまだに具体化されていない、これがこの下水道会計の認定に反対する理由でございます。

 以上で、反対討論を終わります。



○議長(多田勲君) 

 11番 中西正史君。

 〔11番 中西正史君登壇〕



◆11番(中西正史君) 

 私は、全認定議案に賛成する立場で申し上げさせていただきたいというふうに思います。

 ただいまの反対の中には、認定第1号と認定第5号についての反対の意見であったかというふうに思いますが、その中にございました三位一体改革の厳しさというものは、先ほど申し上げましたように、私ども理解はしておるつもりでございます。しかし、これは国策でございまして、考え方からいきますと、根本的なものが底にあるように思われてなりません。

 申すまでもなく、18年度の予算というものを議会で議決をさせていただき、そして、その金の使い道あるいは事業に正確に使われていたかどうかということを、今ほど委員長報告で申し上げましたとおり、慎重に審査をさせていただきました。あくまでもこれは決算の認定でございます。当委員会は審査の過程においてその意見を添え、それはすなわち、次の予算なりいろいろな編成、事業の展開等に考慮してほしいということを申し上げてまで、自信を持って決算の認定をさせていただいたということでございますので、何とぞご理解をいただきたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(多田勲君) 

 以上で、通告による討論は終わりました。

 これをもって討論を終わります。

 それでは、上程議案について採決いたします。

 議案のうち、認定第1号 平成18年度小矢部市一般会計歳入歳出決算、認定第5号 平成18年度小矢部市下水道事業特別会計歳入歳出決算、以上の2議案に対する委員長の報告は認定であります。

 本案は、委員長報告のとおり認定することに賛成する諸君の起立を求めます。

 〔起立多数〕



○議長(多田勲君) 

 起立多数であります。

 よって、認定第1号、認定第5号の2議案については、これを認定することに決定いたしました。

 次に、認定第2号 平成18年度小矢部市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成18年度小矢部市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成18年度小矢部市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成18年度小矢部市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成18年度小矢部市ケーブルテレビ事業特別会計歳入歳出決算及び認定第8号 平成18年度小矢部市水道事業会計決算、以上の認定についてを採決いたします。

 以上の6議案に対する委員長の報告は認定であります。

 本案は、委員長報告のとおり認定することに賛成する諸君の起立を求めます。

 〔全員起立〕



○議長(多田勲君) 

 全員起立であります。

 よって、認定第2号から認定第4号及び認定第6号から認定第8号までの6議案については、これを認定することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第53号から議案第70号について



○議長(多田勲君) 

 日程第5 議案第53号 平成19年度小矢部市一般会計補正予算(第4号)から議案第70号 砺波地区老人福祉施設組合の解散に伴う財産処分についてまでの議案18件を一括して議題といたします。

 議案はお手元にお配りしてありますので、朗読を省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



○議長(多田勲君) 

 提案理由の説明を求めます。

 市長 桜井森夫君。

 〔市長 桜井森夫君登壇〕



◎市長(桜井森夫君) 

 皆さん、おはようございます。

 平成19年12月小矢部市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとご多用にもかかわりませずご出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 今回提出いたしました議案について、その概要を申し上げたいと存じます。

 議案第53号は、平成19年度小矢部市一般会計補正予算(第4号)であります。

 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ3,558万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ125億6,483万3千円とするものであります。

 補正の主なものは、議会運営費の減額及び地域包括支援センター運営事業費、保育所運営費、企業立地対策費、公園施設管理費、消防署運営費の増額並びに職員の給与費等の精査であります。

 まず、歳出予算を各款ごとにご説明申し上げます。

 第1款議会費480万3千円の減額は、議会運営費の減額及び給与費の精査であります。

 第2款総務費1,477万3千円の増額は、津沢コミュニティプラザ管理運営費の増額及び給与費の精査であります。

 第3款民生費2,723万5千円の減額は、地域包括支援センター運営事業費及び保育所運営費の増額並びに給与費の精査であります。

 第4款衛生費715万3千円の減額は、給与費の精査であります。

 第6款農林水産業費31万9千円の増額は、給与費の精査であります。

 第7款商工費4,811万1千円の増額は、企業立地対策費及び公園施設管理費の増額並びに給与費の精査であります。

 第8款土木費160万円の減額は、給与費の精査であります。

 第9款消防費824万3千円の増額は、消防署運営費の増額及び給与費の精査であります。

 第10款教育費493万円の増額は、給与費の精査であります。

 以上が、今回補正いたします歳出予算の概要であります。

 これらの財源といたしましては、県支出金1,190万円、繰越金2,367万7千円及び諸収入8千円の増額により措置しようとするものであります。

 第2条は、債務負担行為の補正であります。

 議案第54号は、平成19年度小矢部市水道事業会計補正予算(第1号)であります。

 今回補正いたします額は、収益的支出を375万5千円増額し、資本的支出を25万円減額しようとするものであります。

 補正の内容につきましては、それぞれ給与費の精査によるものであります。

 議案第55号は、小矢部市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定についてであります。

 これは、地方公務員法の一部改正に伴い、自発的な大学などの課程の履修または国際貢献活動を希望する職員に対し、市職員としての身分を保有したまま職務に従事しないことを認める休業制度を創設するものであります。

 議案第56号は、小矢部市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定についてであります。

 これは、現在、一定規模以上の工場立地において、周辺環境の保全を図るため、敷地面積に対して一定の緑地及び環境施設の配置が義務づけられておりますが、本市における企業立地、設備投資等を促進するため、本年7月に国が同意した企業立地重点区域を対象として、緑地及び環境施設の面積割合を緩和する特例措置を規定するものであります。

 議案第57号は、小矢部市ケーブルテレビネットワーク施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。

 これは、小矢部市ケーブルテレビネットワーク施設に指定管理者制度を導入するに当たり、小矢部市ケーブルテレビネットワーク施設の設置及び管理に関する条例施行規則に定める利用時間、休館日等の規定について条例化すること等、所要の改正を行うものであります。

 議案第58号は、小矢部市職員の給与に関する条例の一部改正についてであります。

 これは、平成19年度人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じ、所要の改正を行うものであります。

 内容につきましては、給料表の改定及び扶養手当・勤勉手当の引き上げであります。

 議案第59号は、小矢部市職員の育児休業等に関する条例及び小矢部市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてであります。

 これは、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、長期間にわたる育児と仕事の両立を支援するために、育児のための短時間勤務制度を導入するものであります。

 議案第60号は、小矢部市保育所条例の一部改正についてであります。

 これは、平成20年4月からの石動西部保育所の民営化及び岩尾滝保育所の廃止に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第61号は、小矢部市立学校設置条例の一部改正についてであります。

 これは、平成20年4月から岩尾滝小学校を廃止し、石動小学校に統合するため、所要の改正を行うものであります。

 議案第62号は、小矢部市体育施設条例の一部改正についてであります。

 これは、小矢部市体育施設のうち、新たにグラウンド夜間照明施設に指定管理者制度を導入することについて、所要の改正を行うものであります。

 議案第63号は、小矢部市文化スポーツセンター条例の一部改正についてであります。

 これは、小矢部市文化スポーツセンターに指定管理者制度を導入するに当たり、小矢部市文化スポーツセンター条例施行規則に定める利用時間、休館日等の規定について条例化することなど、所要の改正を行うものであります。

 議案第64号は、小矢部市火災予防条例の一部改正についてであります。

 これは、建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律の施行に伴い、引用する条項に移動が生じたことについて、所要の改正を行うものであります。

 議案第65号は、小矢部市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてであります。

 これは、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い所要の改正を行うとともに、地方公務員法の一部改正により自己啓発等休業制度が新設されたことに伴い、当該休業の承認を受けた職員の給与の取り扱いについて新たに規定するものであります。

 議案第66号及び議案第67号は、小矢部市総合会館及び小矢部市勤労青少年ホームの指定管理者の指定についてであります。

 これは、小矢部市総合会館及び小矢部市勤労青少年ホームについて、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会の議決を得て指定管理者の指定を行うものであります。

 議案第68号は、砺波地方介護保険組合規約の変更についてであります。

 これは、小矢部市、砺波市及び南砺市で構成する砺波地区老人福祉施設組合を砺波地方介護保険組合に統合することに伴い、砺波地方介護保険組合規約の変更を行うものであります。

 議案第69号は、砺波地区老人福祉施設組合の解散についてであります。

 これは、砺波地区老人福祉施設組合を砺波地方介護保険組合に統合することに伴い、砺波地区老人福祉施設組合を解散するものであります。

 議案第70号は、砺波地区老人福祉施設組合の解散に伴う財産処分についてであります。

 これは、砺波地区老人福祉施設組合の解散に伴い、砺波地区老人福祉施設組合の財産をすべて砺波地方介護保険組合に帰属させるものであります。

 以上をもちまして、今回提出いたしました諸案件の説明とさせていただきます。

 何とぞ慎重なご審議の上、議決をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(多田勲君) 

 提案理由の説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(多田勲君) 

 お諮りいたします。

 12月10日は、議案調査のため休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(多田勲君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、12月10日は休会することに決定いたしました。

 なお、12月11日午前10時から本会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(多田勲君) 

 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           午前10時34分 散会