議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 小矢部市

平成22年 12月 定例会 12月15日−03号




平成22年 12月 定例会 − 12月15日−03号







平成22年 12月 定例会



     平成22年12月小矢部市議会定例会会議録(第3号)

平成22年12月15日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                     平成22年12月15日(水)

                     午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      議事日程第3号

第1 議案第40号 平成22年度小矢部市一般会計補正予算(第3号)から議案第50号 高岡地区広域圏事務組合規約の変更についてまでの質疑、並びに市政に対する一般質問

   (委員会付託)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      本日の会議に付した事件

日程第1 議案第40号 平成22年度小矢部市一般会計補正予算(第3号)から議案第50号 高岡地区広域圏事務組合規約の変更についてまでの質疑、並びに市政に対する一般質問

     (委員会付託)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(16名)

   1番    義浦英昭

   2番    吉田康弘

   3番    藤本雅明

   4番    白井 中

   5番    福島正力

   6番    島田一朗

   7番    中田正樹

   8番    石田義弘

   9番    嶋田幸恵

  10番    中村重樹

  11番    沼田信良

  12番    中西正史

  13番    多田 勲

  14番    尾山喜次

  15番    砂田喜昭

  16番    宮西佐作

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

  市長           桜井森夫

  副市長          高畠進一

  教育長          日光久悦

  総務部長         森下博幸

  産業建設部長兼農業委員会事務局長

               槻尾賢治

  民生部長         松本信明

  企画室長         青島和夫

  産業建設部理事兼農林課長 沼田市郎

  会計管理者兼会計室長   前田 実

  教育次長兼教育総務課長  野澤敏夫

  消防長          福田隆雄

  総務課長         舟本 勇

  財政課長         林 和宏

  教育委員長        福田總一郎

  代表監査委員       古村庄一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長         中嶋幹博

  局長補佐         間ヶ数昌浩

  主査           野澤正幸

  書記           田川邦之

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

                        午前10時00分 再開



○議長(中村重樹君) 

 ただいまから平成22年12月小矢部市議会定例会を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△出席議員数の報告



○議長(中村重樹君) 

 ただいまの出席議員は16名で定足数に達しておりますので、会議は成立いたしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(中村重樹君) 

 日程に入る前に諸般の報告をいたします。

 地方自治法第121条の規定に基づき、桜井市長ほか関係者の出席を求めてあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(中村重樹君) 

 本日の議事日程は、お手元にお配りしてありますので、朗読を省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する質疑並びに市政に対する一般質問



○議長(中村重樹君) 

 日程第1 議案第40号 平成22年度小矢部市一般会計補正予算(第3号)から議案第50号 高岡地区広域圏事務組合規約の変更についてまでの質疑、並びに市政に対する一般質問を議題といたします。

 議長に発言通告書が提出されておりますので、順次発言を許します。

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 おはようございます。

 まず最初に、TPPの問題について質問をしたいと思います。

 市長には、ぜひここで、「日本はTPPに参加するな」と、このことを明言していただきたいわけであります。この議会にJAからもTPPへの参加そのものに断固反対という陳情が出されております。全国の農林業・漁業者、それから、北海道を初めとする自治体、「こんなものには参加するな」と、強い意思表明が出されております。小矢部市としてぜひはっきりさせていただきたいわけであります。

 実はきのうの市長答弁を聞いておりまして、正確かどうかわかりませんが、大体概略ですね、「国の自給率向上、農業振興対策の提示を求めて、経済連携に耐えられる対策を見きわめた上で、参加・不参加を慎重に検討するように求めたい」というような答弁だったんです。私は、これを聞いてちょっとがっかりしたんですが、つまり国が対策を万全にとればTPPに参加してもいいかなと、それを認めるかのような答弁に聞こえたものですから、これでは私は納得できないわけで、もう一度答弁をお願いしたいと思います。



○議長(中村重樹君) 

 市長 桜井森夫君。

     〔市長 桜井森夫君登壇〕



◎市長(桜井森夫君) 

 おはようございます。

 砂田議員ご質問のTPP参加に関する件についてお答えをいたします。

 議員ご承知のとおり、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加につきましては、関係機関・団体から反対の声も強く、本市においても、今月7日にJAいなばから、「TPP交渉参加反対に関する陳情書」が提出されております。交渉への参加・不参加につきましては、農業分野において経済連携に耐えられる対策を確立した上で、慎重に議論されるよう、市長会などを通じて国及び関係機関に対して働きかけてまいりたいと考えております。

 輸出企業を中心の経済界からは、TPPにつきましては、産業分野の輸出メリットを強調されておりますが、大きな痛みを強いられるのは農業であります。農林水産省の試算によりますと、国内農業生産額が約4兆円に半減をし、食料自給率が14%に低下するとされており、個人農家が中心の日本の農業は、価格競争力に勝る海外産品に太刀打ちはできず、関税が撤廃されることによって、麦、乳製品、砂糖、でん粉等の加工分野にまで影響が及ぶとされております。

 そこで市としましては、TPPに関する正確な情報を入手することが最も大事であり、このTPPに関する情報を関係機関と協力の上、情報収集に努め、また、市民の皆様にもお知らせをさせていただきたいと思っております。

 以上です。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 菅首相も実はこのTPPの参加と日本農業の再生を両立させるんだということを盛んに言っておるわけなんです。しかし、今ほど市長さんおっしゃったように、日本の農業に壊滅的な打撃を与えるというのがこのTPPなわけで、もちろん情報収集し、どういう影響があるかということを市民の皆さんに知らせるというのは非常に大事なことなんですが、参加すること自体が極めて問題だということで、とにかく、どういう前提をつけようが参加はしたらだめだということ明言していただきたいなと思うんです。

 TPPといってもよくわからない人もおられるかもしれませんけれども、太平洋を取り巻く9つの国で関税を「例外なくゼロにしよう」という話し合いが行われておるわけなんです。

 この9つの国の中で、日本との間で自由貿易協定をまだ結べていないというのは、アメリカとオーストラリアだけなんです。アメリカは日本に米を安くどんどん輸出したい。オーストラリアは乳製品をどんどんやりたい。ところが、これはその交渉をやろうとしたら、もう日本じゅうが反対するものだからできないと。そこで、今ここでTPPというちょっとわかったようなわからないようなことで、もうこれに乗りおくれたら日本は第二の開国に間に合わないようになると。鎖国から第二の開国だと。龍馬伝を引き合いに出しながら、そういうような宣伝をやってみたり、それから、前原外務大臣なんかは、「1.5%の連中のために98.5%を犠牲にするんだ」と、こういうとんでもないことを言っておるわけなんです。

 しかし、私は農業分野だけの問題に限らないと。これは地域経済に物すごい影響を与えることは間違いありません。国がどういう対策をとろうとしているのか。これは全くまだわかりませんけれども、農家の戸別所得補償で、米価が下がったら、その下がった分を国が税金で補てんすると。今2兆円といっておりますが、こんなことが通用するはずはないんです。こんなことでどれだけ税金をつぎ込めるんですか。だから、とてもじゃないけれども、両立などできないものなので、これはぜひだめなんだということをもう一回はっきりさせていただけないでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 市長 桜井森夫君。



◎市長(桜井森夫君) 

 日本の国にとりましては、工業も農業も非常に大事な産業でありまして、加えて近隣諸国、あるいは外国ともうまくやっていくということは、非常に重要なことであろうかというふうに思っておりますけれども、一番大切なことは、まず、やはり民を飢えさせないということが非常に重要なことであろうと思っております。

 そこで、現時点でTPPに参加すれば、日本の農業は壊滅し、農村そのものが維持できなくなるということは明白なことでありまして、そういう意味では、日本が失う国益は、経済界が言うほど小さくないということは強く訴えていきたいなというふうに思っております。

 そこで、小矢部市内の、ご存じのように農業産出額の7割相当、これは米で占めている実情があります。そこで今関税が撤廃されますと、当然海外から安いそういった輸入品が大量に入ってきまして、米の生産額は落ち込み、食料の自給率も低下するということは明白であります。したがって、国の財政支援、あるいは国内農業の生き残りなどの対策を講じない限り、これはやはり反対の立場で運動を展開していかなければいけないというふうに思っております。

 加工品につきましても、特に砂糖なんかの場合は関税収入で約1,000億円といわれておりますけれども、それの関税収入によって沖縄のサトウキビの加工生産所、そういったところが維持できているということになりますので、これが撤廃されますと、沖縄の砂糖産業といったものは立ちいかなくなるということも明白でございますので、こういったことからも、市長会を通じてぜひ強く働きかけをしていきたいと思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 そういうことで、ぜひ強く働きかけていただきたいと。

 先ほどもちょっと答弁でおっしゃいましたけれども、こういう影響がどうなるかという問題について、市民の皆さんにきちっと知らせていくということが非常に大事だと思いますので、それはきちんとやっていくと言われましたので、答弁はいいですから、ぜひ実行をお願いしたいと思います。

 次は、下水道の見直しの問題についてお尋ねをしたいと思います。

 ことしの3月議会で、この下水道計画の見直しの問題を議論いたしまして、そのときに一つの議論のポイントになったのが、下水管の耐用年数は72年だけれども、浄化槽は26年しかもたないと。それで、72年間使うということで比較したら、小矢部の東側の散居村地帯、ここも下水道でやったほうが維持管理を含めたらましなんだという話がありました。

 しかし、実際には浄化槽の耐用年数はもう26年を超えて、40年、50年と使っているところが現にあるわけで、耐用年数26年というのはおかしいのではないかと。だから、耐用年数を現実に合わせて試算をしたら、この散居村地域での下水道整備のやり方がどちらのほうが効率的なのか検討していただきたいと。そうしたら、検討すると言われましたので、その検討結果を教えていただきたいのが一つと、もう一つは、下水道方式で市内全域を整備するとすれば、あと何年かかったら小矢部市は全部終わるのかと聞きましたら、55年かかると言われました。この見直すことによってこれがどれだけになるのか。この2点について、まずお答えをお願いします。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。

     〔産業建設部長 槻尾賢治君登壇〕



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 それでは、今の2点についてお答えをいたします。

 下水道整備の現状につきましては、下水道事業、農業集落排水事業及び浄化槽設置事業の手法で整備を進めております。普及率は、平成21年度末、下水道で55.1%、農業集落排水で9%、合併処理浄化槽で8.7%であり、合わせて72.8%となっております。

 現在、富山県では、「全県域下水道化新世紀構想」が策定されており、県内全域での下水道整備手法についての長期的な指針があります。この構想は、平成2年度に策定され、10年ごとに見直しを行い、今回、平成21、22年度で見直し作業を行っているところであります。本市におきましても、下水道未整備地区において、整備手法別に整備費と維持管理費を合わせた経済性の比較検討を行っており、本年2月の全員協議会、3月の市自治会連合会に見直し素案として説明したところであります。その後、県との調整、費用関数の精査等により一部修正が必要となっており、近く、修正案として説明する予定にしております。

 ご質問の耐用年数を実態に合わせた試算につきましては、耐用年数を長くしますと、一部住宅が散在している地域では浄化槽が有利となりますが、その区域だけを集合処理にしないのは地域の均衡ある発展の面からもふさわしくないと考えております。あくまでも、県が発行しております「事業手法別検討マニュアル」に沿って、適正に整備手法の検討をすべきであると考えており、方針といたしましては、見直し素案で示したとおり、経済性の面から公共下水道を中心に整備を進めてまいりたいと思います。

 また、現在の目標年次、あと何年かかるかという話であります。これにつきましては、現在の事業費ペースでいきますと、完成までは50年以上かかることとなり、今後は下水道事業費のペースを上げて、今以上に整備進捗を図りたいと考えております。

 以上であります。

     〔手を挙げる者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 今ほどちょっとおっしゃいましたけど、散居村地域において、3月の時点の試算でいけば、浄化槽で整備したほうが経済的になるんだと。しかし、県のアドバイスを得て、今検討して見直しをしておる最中なんだということなんですが、この県のアドバイスというのはなかなかふるっておりまして、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の枠を超えた富山県独特の考え方を持ち出してこられたんです。

 どういうことかといいますと、浄化槽の維持管理費に今度は浄化槽汚泥の処理費用を上乗せしなさいと。そうすれば、小矢部市の散居村でも全部下水道でやったほうが、72年間比較したら有利なんですよと。だから下水道でやらなければならないんですよというものなんです。しかし、廃棄物処理法では2つに分けているんです。家庭から出る一般廃棄物、ごみとか、し尿とか、浄化槽汚泥、これは処理するのは市町村の責任なんですよと。市町村でやりなさいと。それから、事業主が出す事業系のごみは、その事業に伴って出たものは事業主が処理しなさいと。こういう2つの処理のシステムを持っておるわけなんです。だから、そういうことからいけば、浄化槽汚泥は、本来小矢部市が処理すべきものであって、浄化槽の維持管理のコストとは切り離して考えるべきものだと。ですから、全国的にこの浄化槽の汚泥処理費用を上乗せして、浄化槽が維持管理が高くつくがやと、こんなことを言い出しておるのは富山県の都市計画課ぐらいなものですから、そういう点では、こういう法体系にもとるような試算のやり方というのは、私はいかがなものかなと。これはぜひ改めるべきではないかと思いますが、いかがですか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 試算につきましては、国交省の補助、県の補助をいただいてやっております。その関係で県の補助はマニュアルについて試算をしております。その中で、今、議員のほうから言われました廃棄物の話であります。当然合併浄化槽の維持管理費の中には産業廃棄物、一般廃棄物がございます。それにつきましては、両方あわせて、入れて試算をしております。ただ、当然産業廃棄物、一般廃棄物、それぞれ入っているわけですが、どちらにしても市なり、全体のコストとしてかかるという意味で試算の中に入れております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 法体系の問題はそういうことなんです。だから、法体系の問題を仮にクリアすれば、浄化槽汚泥を砺波のクリーンセンター、福岡のあそこへ持っていかなくてでも下水道のほうへぽーんと流してでもつかえんがですね、そういうやり方も将来的には可能になると。だから、仮にこの法体系の枠を取り払うとすれば。仮に百歩譲って、浄化槽汚泥の処理費用を浄化槽の維持管理経費に含めるとしましても、72年間という長い期間で比較をすることが果たして妥当なのかと。

 今から72年前、小矢部市はまだできていなくて、石動町とか、正得村とか、し尿は田んぼへ肥やしとして、畑へ肥やしとして、こういう時代だったわけなんです。これが72年間たって現在になっておる。これからさらに72年後どうなるのか。社会は大きく変化するわけで、そういう変化を全然視野に入れないで、数字だけの計算で果たしていいのかという問題があると思うんです。

 それで、下水の処理水とか、それから、浄化槽汚泥の処理などについては、これはもう今までは「排除・処理」という考え方だったんだけれども、循環型社会を目指して、「活用・再生」に転換しようではないかと。「再生水の有効利用」や「汚泥資源・エネルギーの有効活用」を図り、「地球温暖化防止」を目指そうではないかと、こういう動きが今出されてきているわけですから、72年後にこれらのものが貴重な資源になるということだってあり得るわけで、そういう意味では、この72年という比較の期間というのは、余りにも長過ぎるし、社会の変化を考慮していないものではないかと思うんですが、どうでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 72年間というのは、あくまでどちらの経費が高いが安いかの経費のコストを見るために計算をしております。そしてまた、県の見直しについては10年おきでやっております。ですから、その10年10年の間に当然その点の見直しもあると思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 コストを計算するのに72年間を前提にすれば、実際の社会の変化に対応できないという問題が引き続き残るわけです。問題は、それなら小矢部市内において同じ小矢部市民が55年間も待たなければならないと。そうしなければ下水道の恩恵を受けられないと。こういうことになりますと、非常に大きな差別になるわけです。

 先ほど投資のペースを上げていくとおっしゃいましたけれども、初期投資にそれだけのお金をつぎ込んで、果たしてそれだけの効果があるのかと。国のほうでも国土交通省と環境省と農林水産省、3省共同でこの下水計画の見直しを進めているのは、これからどんどん人口密度の少ない地域に下水道が延びていくんだと。そうなっていくときに、より効率的なやり方を考えなければならないのではないかと。今までと同じようながではぐあいが悪いと。もう財政的にも持たないのではないかと、そういう指摘があるわけなんです。だから、そういうことからいいますと、ただ単に投資をふやしてやっていくというやり方でいいのかと。もっと予算を有効に使って効率的なやり方が必要ではないかというぐあいに思うんです。

 小矢部市はこれから教育とか、福祉とか、もっともっと力を入れなければならない時代になってくるわけです。

 少子高齢化といわれておりますけれども。

 そこで、今現在小矢部市の下水道には小矢部市の一般財源から6.8億円繰り入れておるんです。下水道はどれだけ赤字になってでも、小矢部市の税金を入れて穴埋めするから、歳入歳出差引ゼロというのがずっと続いておるわけです。このうちの半分3.3億円、これはどんどん借金をして仕事をするわけですから、借金の利払いだけに払っておると。これは平成21年度決算のペースなんですけれども、3.3億円といえば、小矢部市の老人福祉のために使っている年間予算が2.7億円なんですよ。それよりも下水道の借金返済の利息に払うのが大きい。介護保険組合に出しておるのが3.5億円、それに匹敵するくらいを借金の利払いに払っておると。それから、小学校、中学校の経費として見ているのが3.8億円ぐらいかな、大体利息分ぐらいをそれに充てていると。ですから、初期投資をぐーんとふやして借金をしてやれば、こういうものが市民の暮らしを守る仕事を圧迫することは疑いないわけです。

 大体において140億円規模の一般会計が持っている借金が120億円であって、20億円前後の下水道会計が160億円近くの借金を抱えておると。8倍ぐらいの借金を抱えておると。こういう現状を考えれば、投資額をふやすことによって下水道整備のスピードを上げるということは、私は極めて無理だし、無理なことをやればどこかにしわ寄せがいくというぐあいに思うんです。だから、そういう意味では、初期投資を安くできるそういうやり方を選択すべきではないかと。維持管理の問題で浄化槽汚泥の処理費用については、これを有効に活用する道とか、それから、もっと安く処理する方法とか、これは維持管理の経費の節減で大いに工夫できる問題ではないかというぐあいに思うわけですけれども、そこら辺についてどうですか。この財政負担に耐えられると思いますか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 財政負担の話であります。今55年ということでありますが、その間にもちろん合併浄化槽等につきましても、認可がえ等におきましては、助成をしながら進めております。その中で、特環あたりの下水道整備にいきますときに、もちろん整備された家庭についてまで下水につないでくれと、そういう話ではございませんで、実際に合併浄化槽が入っている方、そしてまた、切りかえする方、そのあたりにつきましては、地元の意見を聞きながら進めていきます。そういうことで、そういう手法によって経費の削減あたりを図っていきたいと考えおります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 浄化槽を組み合わせて経費の節減を図っていくということなんですが、しかし、下水道を一応完備した場合に、どういう問題が将来起きるかということなんですが、下水道使用料の大幅な引き上げ、数倍にわたる引き上げが懸念されるという問題が残るわけです。

 下水道は、先ほど言いましたように、どれだけ赤字になっても税金をつぎ込んでやっておりますから、下水道使用料を決めた以上、これは全然小矢部市はいじっておりません。しかし、ある程度普及したところでは今どうなっているか。富山や高岡、まだ100%ではないんですが、もう既に下水道使用料の値上げが定期的に始まっております。

 これは一つの独立採算として企業経営的にやれという方向が必ず出てきて、またそうしないと小矢部市もやっていけないわけですけれども、そうなると、下水道使用料の値上げが必ず襲ってくると。これは下水道に入っている皆さん全体にかかってくるわけなんです。今まで言ったのは、主に散居村の農村地帯の話をしておったんですが、下水道を利用している皆さん方が、今のやり方をそのまま続けていけば、将来下水道使用料が数倍にはね上がるおそれがあると、そういうことはないですか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 企業会計に移行した場合の話になるかと思います。今の繰入金6.8億円あたりを計算しますと、そういうことが懸念されます。

 ただ、小矢部市の下水道の実態、普及率につきましては、全体で72.8%、そして、これは特環、合併浄化槽を入れた数字であります。これを抜いた数字でいきますと、まだ五十数%台だと理解しておりますが、そういう段階でのまだ使用料の値上げ等については、今のところ考えておりません。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 今ほど正直におっしゃったように、6.8億円の一般会計からの繰り入れを考えれば、そういうことが将来的に起きるかもしれないと、今のところは値上げは考えておらないけれども。だから、私が言ったのは将来なる危険性があるということを言ったわけです。

 だから、そういう意味でも、より安く効率的にできるようなやり方を検討するというのは、全市民的に非常に重要だということを強調して、次の問題に移ります。

 次は、浄化槽の問題でもトイレだけしか処理しない単独浄化槽がまだかなり残っておるわけなんです。これを合併処理浄化槽に切りかえるということに関して、補助制度をつくって促進をしたらどうかと。これはその家庭にとっては、トイレが水洗化できておれば別に台所も、風呂も、洗濯の水も垂れ流していても、その人の家には全然不便はないわけです。しかし、環境には悪い影響があると。だから、これを政策的に合併処理浄化槽に移行させるために助成制度をやったらどうかと。

 これについては、去年の12月議会でも私お聞きしまして、国では単独浄化槽を撤去する費用に対する助成制度があって、3分の2が県と市の負担になるんだと。県がやってくれたら小矢部市もやりたいと思っているんだという話でありましたけれども、県がやろうとやるまいと、小矢部市が率先してやったら県も動くのではないかと思うんですが、そこら辺についてどうでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 単独浄化槽から合併浄化槽に切りかえる助成制度であります。これにつきましては、生活環境の改善、公共用水路の水質保全あたりの事業効果を促進することを目的にしまして、現行の合併処理浄化槽設置補助のほかに、今現在新たな設置支援策を検討しているところであります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 それではひとつ、ぜひ実現できるように頑張っていただきたいなと思います。

 それから、浄化槽の維持管理について、かねてから私、市が責任を持つ市設置型というものを提案してきておったわけです。先ほど言いましたように、安く早くできるということが一つあるわけで、ぜひ維持管理も含めて市が責任を持つというやり方に切りかえたらどうかというぐあいに思っておるわけですが、そうする上での課題は一体何なのかということについて、少しお答えいただきたいんです。

 例えば上下水道課の職員が足りないとか、あるいは対象地域を浄化槽で全部整備しようといった場合に、その地域の合意を得る上で何か課題があるのか。そこら辺の課題について何か考えていることがあればお答えください。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 市設置型合併浄化槽方式を取り入れた場合の課題であります。これにつきましては、維持管理費が下水道以上にかさむことが挙げられます。

 また、市で多くの浄化槽を管理することの難しさ、定期点検等については業者に委託はできます。ただ、においですとか、水質、故障などの対応ですとか、世帯人員の増加、また、空き家になったときの対応など多くの課題があると考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 その程度の課題は努力すれば解決できる問題ではないかなと思います。

 この問題については、また今後も見直しを求めて大いに議論をしていきたいと思います。

 それでは、次の問題に移ります。

 水道料金の値下げの問題であります。

 実は、ことし2月県議会で、水道料金の値下げの問題について、県企業局との議論がございました。企業局の水道課長は、県議会の中で、県の企業局としては累積赤字が平成18年度で解消して、その後は毎年毎年黒字で推移しているんだと。当分の間もう県企業局としては大規模な管の補修などは必要ないんだと。昔は耐震補強をやらなければならないので、銭がいるがやというようなことを言っておりましたけれども、大規模な管の更新の必要はないと。

 それから、富山県全体の人口が減少して、そして、水を大切に使おうと、節水しようという意識が非常に向上して需要が低迷しておるということから、富山県は各市への水道用水の供給料金、供給量を引き下げることにしたんだと。この見直しで向こう3カ年その期間にしたいというぐあいに答えたわけです。

 これに対して、共産党の県議が、「今県企業局がそうやって見直しをしようというのは、地域住民の皆さんの水道料金の値下げにぜひつなげたいというぐあいに考えてあんたたちはやるんですか」と聞いたら、課長は、「これについては、住民サービスの向上に充てるということが非常に大事だと思っておる」と言ったわけであります。

 そこで、そういう議論が県議会でも行われておりまして、今、県企業局との間で交渉がされているようでありますが、交渉の経過は時間がないからいいです。それを踏まえて、小矢部市として県の下げたものについては、来年度の水道料金の値下げにぜひ充てたいというぐあいに思っていらっしゃるのではないかと思うんですが、そこら辺についてどうでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。

     〔産業建設部長 槻尾賢治君登壇〕



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 水道料金の引き下げについてであります。

 水道料金は事業を運営するために必要な費用や収益によって算定されています。具体的に費用として設備の維持管理費や動力費、県企業局からの受水の料金、職員給与、借入金の支払利息、減価償却費などがあります。安定的な水を供給するための費用については、職員給与など基本的な経費や年々老朽化する施設維持費など、減らすことの難しい費用もあります。

 一方、収益として利用者からの料金があります。近年、人口の減少や節水意識の向上等により、給水量が減少しつつあり、それに伴い、給水収益が減少傾向の状況にあります。

 現在、県企業局と平成23年度からの受給協定の見直しを進めております。県企業局と関係4市で構成する県西部水道用水供給事業連絡協議会におきまして、見直しの方針として供給量及び供給料金を引き下げること、また、適用期間は3年間を目途とすることを確認しております。今後具体的な引き下げ量や額について協議していくこととなっております。

 水道料金の改定につきましては、県企業局との具体的な量や額が決まってからとなりますが、受水費削減に伴う利益を水道料金の引き下げとして住民に還元できるような受水単価や受水料の引き下げとなるように県企業局に働きかけてまいりたいと考えております。

 今後とも経営の効率化を進めるとともに、安全で安心できる良質な水の安定供給に努めてまいりたいと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 ぜひ水道料金の引き下げにつながるように、県ともしっかり交渉して頑張っていただきたいというぐあいに思います。

 それでは、次の問題に移ります。

 こども園・幼保一元化の動きと小矢部市の保育行政についてでありますが、まず最初にお尋ねしたいのは、民主党政権が今「こども園」、つまり幼稚園と保育園を一体のものとして、こういうものをつくろうというぐあいに言っております。

 私は問題だと思うのは、これまで保育所に対して国や自治体が持っていた入所や保育水準、それから保育費用を保障すると、こういう責任を取っ払ってしまうと。保護者が自分の責任で契約をすると。そして、料金は保育所へ預けた時間に応じて料金が決まると。こういうものを検討しておるわけで、これは極めて問題だと思います。

 それから、保育や子育ての国の補助金を一つにまとめて、その使い道や制度、施設基準などは市町村が自由に決められる一括交付金と、こういうものが今どうも検討されておるようでありますけれども、こういうことになりますと、地域によって、財政力の違いによって保育の水準に差が出てくると。

 今でも、先進国では最低の水準の保育条件なんですが、これを下回るところが出てくるということになれば、子供の成長、命にもかかわってくる大問題だと思います。

 そこで、私としてはこういう問題はしっかりと市民の皆さんにもこういう問題があるんだということを市としても示していくということが必要ではないかと思います。この問題に関した問題は1年前か2年前にここでも質問したことがありましたけれども、今、民主党が非常にこの動きを急ピッチで進めておりますので、この問題点についてどのように考えておられるのかお尋ねをいたします。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。

     〔民生部長 松本信明君登壇〕



◎民生部長(松本信明君) 

 こども園と幼保一元化の動きと小矢部市の保育行政についての問題で、民主党政権によるこども園、それから幼稚園一元化の動きの問題点についてのご質問であります。

 民主党政権が進めている「こども園・幼保一元化」は、幼稚園と保育所が一つの施設に併存する「認定こども園」と異なり、幼稚園と保育所を廃止して新たな「こども園」に統合しようとするもので、政権公約の一つとして平成25年の実施が目標とされております。

 しかしながら、この案につきましては、運営基準が不明確であること、利用者負担のあり方が不透明であることや企業参入となれば保育園の質の低下が懸念されることなどから、幼稚園及び保育所関係者からも反対が強く、政府は、内閣府に設置した民間の有識者による「子ども・子育て新システム検討会議」の「幼保一体化ワーキングチーム」に対し、幼稚園と保育所等を存続させつつ、「こども園」もふやしていく案を初め5案を示すなど、議論の行方は定まっていないのが現状であります。

 本市といたしましても、今後の幼保一元化に向けた情報の把握に努めるとともに、必要に応じ、市長会等を通じて市の意見を国に伝えていきたいと思います。

 また、市民に伝えるべきではないかというふうなご質問でございますが、国の方針がしっかり定まっていないということもございますので、そういった情報を見きわめて、今まで言いましたように、市長会等を通じて国に要望するなり、市民にも、伝えていくべきものは伝えていくということを考えておるところであります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 今の民主党の案に対して関係者からいろいろ問題点があるという3つの問題点の指摘がありましたが、それを小矢部市として重大な問題と受けとめて、やはりきちんと意見表明をするということも大事ではないかなと。たしか石井知事もどこかでこれについて問題だというように言っていたのをニュースで読んだんですが、小矢部市としてこういうやり方はちょっと問題だというぐあいに言えませんか。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 今ほども問題点について答弁いたしたところであります。今ほどの問題点が幾つも解決されないまま、法案の成立に向けていくということであれば、その問題点が後々議論になって、ただ数字上の話ではなくて、子供たちのためにどうするべきかということも十分議論すべきではないかなと、このように思っております。子供たちのためにいい制度になればいいなと、そのように考えておるところであります。

 よって、十分議論をして進めていくことが重要ではないかなと、このように思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 すっきりと、やはり問題だと言っていただければそんなに時間はかからないんですけれども。

 それから、次の問題にいきます。

 今小矢部市は、保育所の統廃合民営化等推進委員会というのを開いて、いろいろ検討しておるようでありますけれども、私は民営化の問題について、実はことしでしたか、民生文教常任委員会で小矢部市内の民間保育所を視察して、勉強させていただきました。

 そこで言われていたのは、例えば石動小学校区で2つの民間保育所、これはお互いに子供さんの取り合いになって、1小学校区で2つというのはなかなか難しいというご意見でありました。先ほど言われた企業のやる保育園と違って、まじめに子供たちのために一生懸命やろうという民間保育園が、経営をやる上で困難を感じるような行き過ぎた民営化というのは私はよくないのではないかと思うんですけれども、どうでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 本市の保育所運営に対する取り組み状況についてでありますが、現在、小矢部市には公立11保育所と民間2保育園があり、保育所入所児童も年々若年齢化し、児童数が減少傾向にあります。

 本年3月には「小矢部市立保育所統廃合・民営化等推進委員会」を再開し、小矢部市立保育所の適正配置及び民営化等について検討いたしております。

 また、平成21年11月に小矢部市外部評価委員会から公立保育所の民営化を検討すべきとの意見書が提出されており、これらを総合的に判断し、子供の健やかな育ちの場となる保育所であることを最優先に、将来的な保育所体制のあり方について慎重に見きわめる必要があると考えております。

 ご質問の保育所を民営化するに当たりましては、行き過ぎた過当競争を招かないように配慮することは当然必要なことと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 この民間保育所の場合、ある程度の規模がないと実際にはなかなか経営できないわけなんです。そうすると、それだけの規模の保育所ということになってくると、ある程度限られてくると。それが限られた校下に集中してくると、大変なことになるということが懸念されるわけで、そういうことがないように慎重に検討をお願いしたいと思います。

 では、次の問題ですが、そうなってくると、今度は保育所を統廃合してでかいのをつくって、それを民間に任せまいかという考え方も出てくるかと思います。しかし、これについては、地域や利用者の皆さんの合意が私は不可欠ではないかなと思います。

 この間、市長のタウンミーティングを見ておりましたら、若林地区で保育所をなくしてもらったら困るという話が出ておりました。小矢部市の保育所はかつての旧小学校単位に1つずつあるわけです。そして、地区民運動会とか、いろいろな地区の行事の中で保育所の子供さんが中心になって親も集まってくる、にぎやかになると。そういう意味では、地区のいろいろな行事でも大変大切な役割を担っているものであります。

 それから、ある方に聞きましたら、今、保育所へ子供を預けて勤めに行っておるんだと。それが統廃合されて場所が遠くなったらそんなところへ持っていけないと、こういう話をしておられました。ですから、次第に子供が減ってきて、岩尾滝のような例が起きないとも限りませんけれども、そこまでいかない間は、子育てしやすい小矢部市を目指しておるわけですから、そういう保育所をきちんと支えていくと、こういう仕組みが私は必要ではないかなと思います。

 この間、テレビでやっておりまして、ちょっとどこかは忘れましたけれども、いわゆる婚活、結婚を促進するような行事をいろいろやっておるんだけれども、そんなものだけやっていてもいけないんだと、総合的な対策が必要なんだということで、どこかの村を紹介しておりましたけれども、そこは、もう家賃1万円のアパートをつくって、そしてそこへ若い人を呼ぶと。若い人の談話室もつくると。それから、保育料もうんと安くすると。子供の医療費も無料にするというような総合的な対策で出生率が2.幾つかにふえたという番組、ごらんになった方もあると思いますけれども。

 そういう意味では、小矢部市としてそういうことやる上で、今現在の保育所を、特別規模が小さくならない限りは無理して統廃合する必要がないのではないかと私は思うんですが、しかし、その統廃合するにしても、地域や利用者の皆さんの合意を必ず得ると。その統廃合・民営化等推進委員会が統廃合せいと言ったから、はい、わかりましたと言ってやるようなことはぜひ避けていただきたいと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 保育所の統廃合につきましては、当然のことでありますが、保育所の統廃合や民営化を実施するに当たりましては、これまで同様に保護者や地域住民の理解、協力を得られるよう十分に配慮することが重要であると考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 保育所の問題でもう一つ、今保育所は各保育所で単独調理をやっておるわけなんです。これについては、アレルギー食にきちんと対応できるということで、私も3月議会でしたかで紹介したことがあるんですが、そういう意味では、保育所での単独調理というやり方をぜひ引き続き継続していただきたいというぐあいに思うんですけれども、これについてはどうでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 保育所でのアレルギー食の対応につきましては、これまで同様個々の保育所で個別に対応してまいりたいと考えております。

     〔手を挙げる者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 これで一つ私の心配が消えました。

 次の問題に移らせていただきます。

 リフォーム助成の問題でありますが、小矢部市はいろいろな政策課題に応じた助成制度を持っておるわけなんですけれども、この住宅リフォーム一般を対象にした助成制度に改善していただけないだろうかと。

 今、大変「建設不況」で仕事がないという話があります。これに対して、全国175の自治体では住宅リフォーム制度を充実して、それが非常に経済効果も大きいと。例えば岩手県の宮古市では、総工費20万円以上の工事に対して、一律10万円の助成をやっておると。そうしたら、全世帯の1割に当たる2,397件の申し込みがあって、総工費が10億7,935万円、つまり10万円ですから、2,397件の10万倍ということは2億円ぐらいですね。だから、4.5倍の経済効果があったと。

 だから、そういう意味では、小矢部市として緊急経済対策として住宅リフォーム全般を対象にしたらどうかと。例えば、これは畳の入りかえとか、トタンの張りかえとかということも含めて、そして、そうやることによって、小矢部市が、例えば小矢部市の木を使って助成する制度、これを促進しようということについて、なかなか利用が進まなくて、決算特別委員会でも小矢部市役所全体を挙げてPRに取り組めという意見も出ておりましたけれども、そういうものを促進するのではないかと思うんです。

 例えば、私が小矢部産の木を使ったらこういう制度があるんですよということを言ったんだけれども、その人は「いや、さいどおらのところ対象になっかな、ならんかな」というようなことを言って、結局、使われなかったらしいですが、だから、そういう意味では、住宅リフォーム全体を対象にするという制度があれば、「いやそんながか、そんならそいつをひとつやってみようか」と。そうすれば、住宅リフォーム一般ではなくて小矢部産材を使ったものに切りかえるというような形で、非常に市内の中小業者の元気を取り戻す上で大事ではないかなと思うんですが、ここら辺についてどうでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。

     〔産業建設部長 槻尾賢治君登壇〕



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 住宅のリフォームであります。住宅の増改築などリフォームに対する助成制度に関する質問でありますが、住宅のリフォーム制度につきましては、国が推進する省エネ住宅、耐震改修、介護支援、林業振興など、それぞれの政策課題に基づいた増改築に対し、それぞれ支援することを目的に創設されております。

 本市におきましては、これまでパンフレットの作成や全戸配布しました冊子「みんなで考えようおやべの予算」の市民向け補助金一覧表にも掲載するなど、住宅建築に関する市の補助、助成について、制度の普及に努めているところであります。

 ご存じのとおり、住宅を取り巻く環境は個人消費の低迷と景気の先行き不透明化など、依然厳しいものとなっております。このようなことから、資金的に負担の少ないリフォームは今後も高まるものと思われることから、これまで同様に目的を明確にした上で助成をしてまいりたいと考えております。

 ご指摘のありました家屋の修繕、補修、模様がえ及び増築などのリフォームすべてを対象とした助成制度の創設に際しましては、一般的にはそのリフォームが個人資産の形成につながるという観点から、その政策目的を明確にする必要があり、今後リフォーム助成に関する市民のニーズや先進地の状況等を調査した上で判断すべきと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 富山県では余り一般のものはないものだから、先進地をぜひ見ていただいて、それがどういう経済波及効果をもたらすのか、特にこれだけやはり建設業界も大変な状況なわけですから、そういうところが元気になるということになれば、小矢部市の税収増にもはね返ってくるわけで、ぜひそういう経済効果が大きいというものをちゃんと調べていただいて、取り組んでいただきたいなと思います。

 あとは、残り時間がわずかになりましたので、まず質問します。

 市営バスの運行改善の問題です。

 今度バスが3台体制になりまして、ダイヤが12月6日から新しく変わりました。小矢部市の市営バスというのは市内のかなり広い範囲をカバーしておる市営バスでありまして、これは県内でも大変珍しいと思うんです。ごく一部の路線だけを走らせる市営バスというのは県内でもあるんですが、ほとんど市内全域を網羅するくらいの規模でやっておるというのは、私は大変すばらしいことだなというぐあいに思っております。

 しかし、3台でこの広い地域をカバーしなければならないものだから、いろいろ問題が出てくるわけなんです。これまでバス路線がずっと昔になくなって、通勤通学には自分のマイカーとか、自転車とかで独自に通行手段を確保していた地域などで、今度のダイヤ改正で、朝7時台とか、夕方の6時台のバスということになってくると、実際にそこで利用している人たちにとっては、お年寄りの方が多いわけで、今までに比べたらバスが非常に不便になったと。いや、総合保健福祉センターで乗りかえできるではないかと言われますけれども、実際に時間表を調べてみたら、総合福祉センターへ着いたら、そこで1時間半待たなければならない。そうしないと石動の町へはいけないと。だから、こういう問題が現実に出てきておるわけです。

 そこで、なかなかそういう部分的なことまで全部把握するというのは実際には難しいと思うんですけれども、こうやって今バスを走らせているわけですから、走らせた中で利用者の皆さんからいろいろな意見を聞くと。ここがよかったとか、ここが悪かったとか、大体悪かった意見は全部出てくるんですが、いい話は聞こえないものですけれども、そういうよい意見も含めてぜひアンケートをとって、これからの改善の材料にしていくと。

 それから、乗りおりする客が減ったから廃線とかという話もたまに出てくるんですが、ダイヤをそういうぐあいにしてもう非常に不便にしてしまって乗りおりするのが減ったと。それだからいけないんだと。よくJRが廃線をやるときにやったようなやり方を小矢部市はやったらいけないと思うんです。

 それから、もう一つ、今後の改善の問題としては、そういうダイヤの見直し、それから、バスの台数をふやすということで、この広い地域を公共交通でカバーするという小矢部市のすぐれたやり方を前進させていただきたいと思うんですが、いかがなものでありましょうか。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。

 時間が迫っておりますので、端的に答弁ください。

     〔民生部長 松本信明君登壇〕



◎民生部長(松本信明君) 

 市営バスの運行改善についてのご質問であります。

 小矢部市における公共交通につきましては、利用者の減少等により、一部地域で民間バス路線が撤退する中、平成11年度にバス車両を2台購入し、市内5路線において市営バスの運行を開始し、平成20年度からは循環路線の新設や変則デマンド乗合タクシーの導入などを行ってまいりましたが、さらなる路線の増設や便数の充実についてのご要望がありました。

 市営バスは、本年12月6日から新しい路線、ダイヤで運行を開始いたしましたが、市民の皆様からのアンケート調査を実施し、市民からの要望が多かった「公共交通の空白地域の解消」と「総合保健福祉センター」へのアクセスを目的にバス1台をふやし、3台体制とし、新路線として変則デマンド乗合タクシー路線を含め、埴生・薮波線や道の駅線など5路線を新たに増設したところであります。

 すべての路線を総合保健福祉センターに乗り入れ、乗り継ぎの拠点として市内からの移動、通院、買い物などの利便性を図り、朝夕のJR石動駅を利用される通勤・通学者にも配慮した時刻表の改編を行ったところであります。

 今後ともアンケート調査等により幅広く市民の方々のご要望もお聞きし、より利用しやすいダイヤの編成や市営バスの運行に努めてまいりたいと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 15番 砂田喜昭君。

     〔15番 砂田喜昭君登壇〕



◆15番(砂田喜昭君) 

 不便になっていろいろ問題点が出されておりますから、その改善については積極的に取り組んでいただくように強く要望いたしまして、私の質問を終わります。



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 通告に従いまして、質問をさせていただきます。

 先月の市長選挙において再選を果たされました桜井市長におかれましては、市民の安心・安全なまちづくりに取り組まれ、市民生活の質の向上を目指し、小矢部市の発展のために一生懸命に取り組んでいただきたいと願うものであります。

 質問に移ります。

 今回の質問においては、一問一答で4点の質問をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。

 初めに、道の駅での農産物直売所の現状について3点、今後の展開について2点お尋ねいたします。

 平成21年10月以来、わずか1年で45万人を超える集客実績を生かして、より多くの人たちに喜んでもらえる直売所にしていくことが必要ではないかと思います。

 そこで現状についてお伺いいたします。

 一つ、販売組織の形態と農産物の確保方法。

 二つ、参加農業者数の推移。

 三つ、販売額の推移。

 今後についての展開につきましては、一つ、どのように販売額を伸ばしていく方法があるのか。二つ、市内のほかの農産物直売所との連携策は何かあるのかにつきまして、当局のお考えをお尋ねいたします。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。

     〔産業建設部長 槻尾賢治君登壇〕



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 道の駅での農産物直売所の現状と今後の展開についてであります。

 道の駅メルヘンおやべの地域農産物販売につきましては、指定管理業務の一つであり、本市から指定管理業者にその業務を委託しており、農産物を販売したい方は、小矢部市道の駅地域農産物販売業者として登録の上、売り場に納品するというシステムになっております。

 道の駅のオープンから1年余りが経過し、時間的・時期的な農産物の品不足が課題になっており、品物が不足したときは、登録販売業者に連絡し、追加納品をしてもらっていますが、品数の確保が十分でない状況であります。

 このため、指定管理者、登録販売業者の世話役、市商工観光課・農林課の職員及びJAいなばの職員から構成する「道の駅メルヘンおやべ農産物売場世話役会」で、農産物の確保方法を話し合い、市内会員の増加、市外会員の登録許可、朝に集中している納品の昼への割り振り、JAや他の農産直売所との連携による納品など、改善に向けての意見が出ており、可能なものから実施してまいります。

 参加の農業者数の推移につきましては、昨年10月の開業当時の54名が、ことし3月末で73名、ことし11月末で111名と、その数を順調に伸ばしており、農家の皆さんのご協力に感謝しているところであります。

 販売額の推移につきましては、平成21年度は10月から3月まで約2,200万円、平成22年度は4月から11月までで約3,100万円の売上金額になっており、400万円以上の売り上げ月が6カ月、300万円台が4カ月、200万円台が4カ月で、出品の品数の少ない冬期の1月、2月と夏場の6月、7月の売り上げが少ないという実態になっております。

 今後の農産物売り場の運営方法につきましては、オープン当初からの「朝採れの新鮮で安心・安全な小矢部市の農産物の提供」を第一のモットーとして、利用者のご意見を反映しながら、会員の増加、納品時間の朝昼の割り振り及びJAや他の農産物直売所との連携などにより、売り場の品ぞろえの充実を図るとともに、観光出向宣伝やインターネットなどの情報発信により、道の駅メルヘンおやべの農産物を広くPRし、利用者の増加と売り上げ増に努めるとともに、道の駅での農産物販売を通して市の農業の発展と農家の育成につないでいきたいと考えております。

 以上であります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 回答ありがとうございました。

 私も具体的に少し考えてみたものがありますので、ちょっと発言をさせていただきたいというふうに思います。

 先ほど聞いておりましたら、販売金額を合計しますと、5,300万円余りということであります。1年で5,000万円ということは、大変すごいなというふうに思っておるところであります。これで終わることなく、もっと金額をふやすということで、販売金額の目標を、例えば1億円といったようなことを考えてみてもいいのではないかなというふうに思っております。

 先ほどのお話の中にありましたホームページの充実、見てみますと、ページが出ているだけで、例えば季節ごとにこういったような作物があればいいなといったようなものを紹介するなど、具体的にもう少し踏み込んだやり方もあるのではないかなというふうに思ったり、商品の質の向上及びクレームの対応、そして、栽培品目をふやし、収穫時期の調整、こういったようなことも考えていったらいいのではないかと思っております。

 栽培管理及び販売の講習会、こんなこともすれば、目標1億円に限りなく近づけるようになるのではないかなというふうに思っております。

 あと、品物がない場合ということで、例えば県外の産地などと提携するといったようなことなども考えてみてもいいのではないかなというふうに思っておるところであります。何か指導や助言等の予定について、もしあればお聞きしたいなというふうに思っております。お願いいたします。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 栽培方法の助言ですとか、そういうものについては、今のところ考えていないということであります。これは指定管理者のほうでの話でありますが、当然それぞれつくっておられる方はこちら側の指導とか、そういうものではなしに、皆さん自信を持ってつくっておられます。その品物を預かって販売して、そして、その結果が今の実績になっておると考えております。

 それとまた、ホームページについてでありますが、これについては、見てみますと、その季節ごと、そしてイベントごとに書きかえをしております。今言われましたように、中身については検討する部分もあるかと思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 ありがとうございます。

 農産物直売所を訪れる方々に十分満足をしていただけるように取り組みを進めていっていただきたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。

 それでは、次の質問に移らさせていただきます。

 農業特産物づくりの支援状況について3点、今後の取り組みについて1点お尋ねをいたします。

 野菜生産をめぐる情勢は、近年の食の安全・安心に対する関心の高まりにより、地域の生産拡大に対する期待が高まっているところであります。小矢部市では、水稲が主要作物として取り組まれており、野菜の特産品振興については、里芋、ニラ、赤カブ等が園芸産地ビジョンに基づき生産に取り組んでいると聞いております。特に大きな作付拡大につながっていないという現状があるというふうに思います。特産化を推進するに当たって、新たな設備投資を行わなくてはならないことや、販路の開拓が容易ではないことの問題点などもあるのではないかと思っておるところであります。現状についてお伺いいたします。

 1、小矢部市の農業特産物として現在育成支援をしているものは何がありますか。

 2、どのような支援を行っておられますか。

 3、支援の効果はあるのでしょうか。

 今後についてです。

 支援対象の品目を広げてさまざまな農業特産物づくりを支援していく仕組みが必要かと思いますが、何かお考えはあるか等についてお伺いいたします。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部理事 沼田市郎君。

     〔産業建設部理事 沼田市郎君登壇〕



◎産業建設部理事(沼田市郎君) 

 私のほうから、農業特産物づくりの支援状況と今後の取り組みについてお答えいたします。

 農業特産物づくりの支援状況と今後の取り組みについてでございますが、本市におきましては、減反等に伴う転作田を活用して、農業特産物の生産拡大を推進しているところでございます。

 農業特産物として育成・支援しているものについてでございますが、園芸産地ビジョンに基づき、市単独事業にて米政策改革推進助成事業に取り組んでおり、現在、麦、大豆、里芋、切り花、ニラ、カブ、ゴマを対象品目として育成支援をいたしているところでございます。

 その支援策といたしましては、対象品目に対し、麦については50キログラム当たり160円、大豆については30キログラム当たり160円を重点作物品質向上補助金として助成をいたしており、里芋、切り花、ニラ、カブ、ゴマにつきましては、地域特産物定着化促進事業補助金として、品目により10アール当たり2万円から3万円の助成をいたしております。

 その結果といたしまして、作付面積が年々増加しており、里芋や切り花におきましては、平成22年度では対前年比10%を超えるなど、その効果を上げているところでございます。

 また、支援対象品目を広げて、さまざまな農業特産物づくりを支援していく仕組みが必要ではないかというご質問でございますが、現在JAいなばでは、第5次広域農業振興計画が策定しており、野菜等園芸作物の産地形成の支援や多種多様な農産物生産に向けての支援が計画されております。

 本市におきましても、その計画に基づき、ハト麦等、農業特産物の栽培や条件整備に対しまして、支援をしてまいりたいと考えております。

 以上でございます。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 ありがとうございます。

 まず、いろいろな支援があるということで、10%ほど作付が増加しているということで、大変ありがたいというふうに思っておりますし、これをますますふやしていって、より農家の方の所得が上がるように考えていただきたいというふうにも思っておるところであります。

 しかしながら、今言われた部分のほかに、まだいろいろな意味で取り組み方、支援の仕方があるのではないかなというふうに思いますので、少しお話をさせていただきたいというふうに思っております。

 まず、先ほどもお話ししましたが、ホームページであります。小矢部市の農業特産物推進協議会で取り組んでおられますこだわりの特産品、新鮮・安心・安いを目指す直売所の情報サイトであります。「小矢部の新鮮野菜と農業特産物」のホームページであります。ちょっと小さいんですが持ってきました。

 こちらのほうに、こういうようなホームページがあります。これを2年ほど前から立ち上げられまして進めておられます。このホームページには、いろいろな農業者の方々が出ておりまして、すごく頑張っているというところが出ているなというふうに思っております。そういう意味では、もっと充実したホームページづくりに取り組んでいただければ見ていただける人も楽しみながら直売所にお出かけしていただけるのではないかなというふうに思っておるところであります。

 また、農業特産物づくりの支援の中には、特産物を生産することも必要であります。しかしながら、その特産物を原料としたさまざまな食品、料理や製品等を開発をし、そして、積極的にPRをすることがこれからの支援の一つにもなるのではないかなというふうに考えております。

 具体的に申してみますと、米粉を使用したパン、クッキー、ケーキ、これにつきましては、既に製品化がされて売られておるという部分もありますが、さらなる製品の開発をお願いをしたいなというふうに思っておるところであります。

 せっかくの野菜などでうまく使いながらやっていくのもいいのではないかなというふうに思っております。

 あと飼料米の作付拡大とともに、ブランドになっていますお米を食べさせた卵(米たまご)の安定供給、そして、鶏肉の有効活用、そういったようなものも考えてもどうかなと思います。小矢部産品による料理メニューの開発及びいつでも食べることができる場所、そういったようなものを確保してもいいのではないかなと思います。小矢部のブランド品を使用した、「瓦の上で稲葉メルヘン牛や米たまごを焼く」などの取り組みなども考えてみてもおもしろいのではないかなと思います。

 個人で取り組むことも大事ですが、いろいろな分野の方々が集まることにより、すばらしいアイデアや活動ができるように思います。開発は民間に、そして、PRは行政で取り組むなど、互いに得意分野を生かし、それを取りまとめることのできるプロジェクトチームといったようなものの設立を考えてみればいいのではないかなと思っております。今までとは違う取り組みが必要だと、私は思います。

 今後、今述べた中から一つでも実現できるように取り組みを進めていただければ大変ありがたいというふうに思っておりますが、この件について何かございましたらご回答を願いたいというふうに思っております。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部理事 沼田市郎君。



◎産業建設部理事(沼田市郎君) 

 現在はJAいなばの米工房にて、地産地消の面から米粉を使用した米粉パン、あるいはクッキーなど、さまざまな製品を開発されております。

 また、農業祭におきまして、小矢部市農業青年協議会が主体となりまして、小矢部ブランド品を使用した白いたい焼き、あるいは卵を利用した瓦焼き、少しずつではございますが、ユニークな取り組みも出てきているようでございます。

 今、議員ご指摘のいろいろと奇抜なアイデアをくださいました。確かに販路の拡大は必要であると私は考えておりますけれども、なかなかそれは難しいことでありまして、今現在、農林課といたしましても、今後そういった協議会にも参加しております。そして、まずはこういったいろいろな取り組みについて、重ねてそういったPR活動につきましても、先ほどホームページ等もありましたけれども、そういったようなPRなどを支援してまいりたいと、そういったふうに考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 前向きに検討していただけるというような回答でありましたので、今後も続けていただきたいというふうに思っておるところであります。

 それでは、次の質問に移らさせていただきます。

 小矢部川尺アユ釣り大会についての今後の展開について、3点お尋ねをいたします。

 市民は身近な小矢部川について余りにも無知のように思われます。小矢部川は他の川にないものがたくさんあるはずだと思います。これを利用しないのは寂しい限りでございます。

 この大会を1回限りとせず、継続をし、2回、3回と回を重ねるにつれて多くの釣り愛好家が来場の機会になるのではと思っております。大会の結果、そして、今後の取り組み方、具体的な提案があればお尋ねをしたいというふうに思います。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。

     〔産業建設部長 槻尾賢治君登壇〕



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 小矢部川尺アユ釣り大会ついての今後の展開についてであります。

 小矢部川尺アユ釣り大会についてでありますが、この大会は、東海北陸自動車道の全線開通を契機として、体長30センチ超えの「尺アユ」釣りで知られる小矢部川を通じて小矢部市を全国にアピールすることを目的に、小矢部川尺アユ釣り大会実行委員会を平成20年度に設置し、企画したものであります。しかしながら、同年7月の集中豪雨災害の影響で、2年連続中止となっており、ことしが初の開催となったところであります。

 ことしの大会は9月12日、午前7時から「メルヘンおやべ2010小矢部川尺アユ釣り大会」と銘打って、水辺の楽校を本部とし、釣り場区間は、上流は津沢大堰付近から下流は小矢部河川公園までの間約9キロで競われました。県内外から釣り愛好家39名の申込みがあり、当日は33名の参加でありました。天候や河川等の自然条件もあり、残念ながら尺アユとはなりませんでしたが、優勝者は24.5センチの大物を釣り上げ、小矢部川並びに小矢部市を大いにPRできたのではないかと思っております。

 今後の取り組みについてでありますが、より多くの釣り愛好家に参加していただくために、大会開催周知の時期を早めるとともに、全国釣り雑誌やスポーツ新聞等での宣伝を行っていきたいと考えております。

 また、来年度の開催については、大会後の実行委員会により実施の方針が決定したところであります。

 具体的提案についてでありますが、今後この大会に市外、県外の多くの参加がされることが見込まれることから、小矢部市全体を全国にPRする絶好の機会ととらえ、観光協会や市商工会とも連携を図りながら、本部において市の観光パンフレットの配布や特産物などの販売を計画していきたいと考えているところであります。

 また、次回大会に向けて、関係者や参加者からご指導を受けた大会運営上の問題や課題について改善し、大会運営を充実させるとともに、釣り具メーカーの専門家のご協力を得ながら大会の情報発信を積極的に行うことにより、市内はもとより県内外、全国からより多くの愛好家が参加され、大会がさらに盛り上がっていくよう努めてまいりたいと思っております。

 以上であります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 今の回答を聞いておりまして、すごく来年の尺アユ釣り大会が楽しみだなと、そんなような思いであります。

 幾つか提案をさせていただきたいというふうに思っております。

 今後ということで、記録の更新に向けての仕掛けなどをしていただきたいと思います。

 あと、なぜ小矢部アユは大きいのかという部分について、例えばパネルをつくるなどして、PRをしていけばいいのではないかなと思います。PRの場所といたしましては、先ほどから言われたような方法もありますし、道の駅等々の展示スペースがあるというふうにも思いますので、そういったようなところも十分活用していただければいいかなと思います。

 あと、大会風景などの写真なども撮っていただいて、そういう写真展なども楽しいのではないかなというふうに思っております。

 あと、いわゆる尺アユ、大きいアユを釣るわけでありますので、釣り竿とか、そのやり方、方法などを一緒になって共同開発するような形のある意味小矢部のブランド化といったようなことも考えてみても楽しいのではないかと思います。

 釣り大会をますますグレードアップしていくいろいろな仕掛けがあるのではないかなというふうに思っておるところであります。今後進めるに当たって参考にしていただきたいというふうに思っておるところであります。

 それでは、次の質問に移りたいというふうに思います。

 石動駅周辺での図書館の設置構想の考えについてお尋ねをいたします。

 全国的にも、また県内でも高岡市だとか、舟橋村であります。駅周辺での集客能力や活性化につながる成功例があると聞いております。石動駅周辺での図書館の設置構想について、当局としての今後の取り組み等について、何かお考えがあればお聞かせを願いたいというふうに思っております。



○議長(中村重樹君) 

 教育次長 野澤敏夫君。

     〔教育次長 野澤敏夫君登壇〕



◎教育次長(野澤敏夫君) 

 ご質問の石動駅周辺での図書館の設置構想についてでありますが、今ご質問の中にもありましたように、駅周辺での図書館の設置につきましては、駅周辺の集客力向上、あるいは活性化を目指して全国各地で設置されております。また、県内においても、越中舟橋駅での舟橋村図書館は、いわゆる住民1人当たりの貸出冊数で示される利用率が全国で1位になったと聞いております。

 本市におきましては、石動駅周辺の活性化と観光PR強化を目指しまして、平成21年12月に石動駅観光案内所を開設いたしました。それに伴いまして、市民図書館における図書館システムの改良を行い、観光案内所において予約の本の受け取りや本の返却を行うことを可能にすることによりまして、利用者の利便性を図ってきたところであります。

 ご提案の石動駅周辺での図書館設置につきましては、現在図書館は市内に市民図書館とおとぎの館の2館、また、図書コーナーが津沢コミュニティプラザに1カ所ありますので、現段階でさらに整備することは大変困難であると考えております。

 また、先ほど申し上げました石動駅観光案内所での図書の利用状況は88冊と、まだ少ない状況でありますので、さらに活用していただくようPR等に努めてまいりたいと、現在考えているところであります。

 以上であります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 1番 義浦英昭君。

     〔1番 義浦英昭君登壇〕



◆1番(義浦英昭君) 

 具体的な予定がないということでありますが、なかなか箱物を建てるという場合は、経費的にも大変金額がかかるということも十分承知しておるところであります。

 石動駅周辺開発とか、現段階での図書館が移転されるというそんなような状況になったときには、ぜひ駅周辺にそういったようなものを持っていくといったようなことも視野に入れながら検討を十分していただければ大変助かるかなというふうに思っております。

 今言われるように、新たなシステムということで、貸し借りが駅のほうでできるといったようなこと、大変いいなというふうに思いますので、もっともっとPRしていっていただきたいというふうにも思っておるところであります。

 以上で質問を終わりたいというふうに思っております。どうもありがとうございました。



○議長(中村重樹君) 

 暫時休憩いたします。

                        午前11時32分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        午後1時00分 再開

◯出席議員(16名)

   1番    義浦英昭

   2番    吉田康弘

   3番    藤本雅明

   4番    白井 中

   5番    福島正力

   6番    島田一朗

   7番    中田正樹

   8番    石田義弘

   9番    嶋田幸恵

  10番    中村重樹

  11番    沼田信良

  12番    中西正史

  13番    多田 勲

  14番    尾山喜次

  15番    砂田喜昭

  16番    宮西佐作

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開



○議長(中村重樹君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△出席議員数の報告



○議長(中村重樹君) 

 ただいまの出席議員は16名で定足数に達しておりますので、会議は成立いたしております。

 直ちに会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 9番、嶋田幸恵でございます。

 議員を8年しておりまして、2日目を使ったのは2回、午後を使ったというのは今回初めてだろうというふうに思っております。先輩議員からは、聞いている者のことも考えてしっかり質問せよというお言葉をいただいておりますので、一問一答で質問したいというふうに思っております。

 まず冒頭に、仙石官房長官に抗議を申し込みたいと思います。

 私たち自衛隊父兄会の一員として、「暴力装置」という言葉は許せません。私たち親は、娘であれ、息子であれ、大切な子供たちです。その子供たちを自衛隊に入れ、そして、厳しい訓練のもと、しっかりとこの日本のために働いているというふうに思います。何も暴力装置になるために自衛隊に入れているわけではないので、大きく強く抗議をしたいと思います。そのことを橘代議士にお話ししましたところ、取り上げてくださいまして、先日、資料を送ってくださいました。自衛隊防衛問題に関する世論調査というアンケートをしましたよと。

 その中では、「自衛隊によい印象を持っている」84.9%です。私たちも大変災害が多い中で、災害派遣、国の安全確保ということにしっかりと働いてほしいというふうにも願っております。今後もこの抗議は続けていきたいというふうに思っています。

 市長さんが2期目を当選されました。検証すべきは前マニフェスト、実施努力すべきは今マニフェストだというふうに思っています。今のこのマニフェストでは市長さん自身が検証をされております。その中では、いろいろなことに取り組んだというふうに書いてありますが、生活の質向上という話も出ております。私としては、この検証が少し甘いのではないかなというふうに思っておりますし、富山県のこの県民の方々、60%以上の人が生活に不安を持っております。そのことは石井知事さんもきっとしっかりととめておられると思いますが、小矢部市民も生活に不安を持っていないかといえば、やはり不安だろうと思っています。老後も不安、教育も不安、少子化、高齢者、この生活に対してどうしていけばいいのか。いろいろな雇用確保のことも、不安をお持ちだろうというふうに思っています。このことにしっかりと取り組んでいただきたいというふうに思っております。

 市長さんが評価をしておられますおやべ型まちづくり1%事業について質問したいと思います。

 2年を経過いたしました。先日、おやべ型1%のまちづくり事業について、課のほうからいろいろとお話したいことがありますということで、市民サポートセンターへ訪れました。そのときは何かというと、安全対策、このことで、死亡事故が出たために安全対策に問題があったが、今度からこの事業に携わる人はみんな保険に加入するようにと、そういうお話でございました。大変多種多様で、昨日の質問の中にも、県がしてくれないからおやべ1%事業を受けたとか、それから、こういう事業はなかなかならないから、おやべ1%事業を使えばいいがではないかとか、そういうようなこの1%事業の使われ方をしているのではないかという、いろいろな意見が出ております。

 そして、申請する者はいいが、申請できない者は何とそのままボランティアかというようなことも出てきているかというふうに思います。

 この安全対策に問題があったために保険の全員加入というのは、市民に理解が得られるのでしょうか。まずその点をしっかりとお尋ねをしたいと思います。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。

     〔民生部長 松本信明君〕



◎民生部長(松本信明君) 

 おやべ型まちづくり1%事業についての安全対策に問題があった場合、保険の加入についてということでご質問があります。

 今年度1%事業の採択事業におきまして、ご存じのとおり、法楽寺地内におきまして、崩落事故が発生し、市といたしましては、このことを重く受けとめ、採択団体の皆様に一層の安全対策等を心がけていただくことを目的に、事故後速やかに安全対策等説明会を開催し、不測時への対応のための保険の加入推進に努めてまいりました。

 保険の全員加入のご質問につきましては、おやべ型協働のまちづくり会議での意見交換会や平成23年度事業分の変更点等の説明会、申請の説明会での質疑応答を行った中では、おおむねご理解をいただいているものと感じております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 今、おおむね理解を得られているというふうにおっしゃいました。いろいろと課の方に相談をしながら、団体保険加入とか、その日一日で終わる保険の加入とか、そういうこともしていかなければならないかもしれませんが、この1%事業、例えば初回30万円、そして、既存で15万円、その中から保険料として一体幾ら取られることになるんでしょうか。

 また、そのお金を使ってもいいですよというふうに言われていますが、たくさんの防犯なり、それからドライバーの会でも100人ぐらいいます。全員入りますよということになると、そういう何万円も保険に使われるということが本当におおむね理解されているんでしょうか。もう一度ご答弁願います。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 今ほどもご説明いたしましたように、ことしの法楽寺の崩落事故がございました。それが死亡事故につながったということでございます。我々まちづくり1%事業を推進するに当たっては、やはり市民の安心・安全というものを重点に置かなければならないと思っております。今ほどの質問で、たくさんの人数がおった場合に、保険料を掛けた場合、ほとんど30万円、または15万円をもらった場合に、保険料に使われるということで質問であります。

 1人当たりの保険料は一応決まっておりますが、たくさんの場合は、また別の傷害保険もございますので、そういった中で対応していただく。それから、やはり今まで言いましたように、安心・安全を進めていくということで、保険の加入についてはご理解をいただきたいと、このように思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 今ほどのご説明でしっかりと納得されるかどうか。皆さんの税金が使われているわけですので、今までボランティアをしていて、全くもってガソリンも出していた。そして、ボランティア保険も自分で掛けていた。そして、自分たちでいろいろ用具を買いながらやっていた。途端に、おやべ型1%まちづくり事業になったら、これもいいですよ、これもいいですよというような状況になってきている。とことん30万円使いましょう、15万円使いましょうというようなことになっているのではないかというようなこともありますから、この保険のことにもしっかりとお話をして納得をしていただかなければならないというふうに思っています。

 私はそのためにも、この事業団体同士の交流というものをどう思っているのか。私たちが他市へ視察へ行きましたときは、それぞれの団体の交流がありました。そして、それを見させていただきました。そして、意見がこういうふうに出ていますよ。この団体ではこういう疑問がありますが、こういうふうな対応をしていますよというようなお話もありました。この団体が交流しているということをしっかりと市民にアピールしていく、知らせていく。そのことが皆さんの大切な血税を私たちがしっかりと小矢部市のために使っていますよということになるのではないでしょうか。その団体同士の交流、そして、交流がまちづくりということになっていくように、当局の見解をお尋ねいたします。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 事業団体同士の交流についてのご質問であります。

 ご指摘のとおり、そういった実施団体間の情報交換の場を設けることによって、さらなる相乗効果を生み出す事業展開なども期待できると考えておりますので、どのような方法で交流の場を設けるか検討を進めてまいりたいと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 しっかりとそのことに取り組んでいただいて、私たち自身、この事業に携わっている者が誤解なきように、しっかりとみんなで本当にまちづくりをやっていくんだというようなリーダーシップを、当局にとってもらいたいというふうに思っています。

 もう一点、3年間という見通しでした。その後どうなるかということは、早い段階でお知らせをしていただきたいというふうに思っています。やはり継続するにはお金が要る、そういうような団体もあるわけです。ですから、そのことにも早く取り組んでいただきたいですし、もう一点は、私たちがボランティアをしています。当局は私たちと一緒にボランティアを体感したことがありましょうか。私たちにばかりこのまちづくりに寄与させるのではなく、当局もどんな事業をしているんだと、この事業は一遍出てみようというようなことをしているのかどうかということをお尋ねしておきます。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 今のご質問の3年間経過後どうなるのかということで、早い段階で方針を示してほしいというご質問でございます。

 今後、おやべ型の協働のまちづくり会議による平成23年度分の審査、それから、平成22年度の事業分の実績の検証を終えた後、来年度のできるだけ早い時期に見直しに向けた協議を行っていきたいと考えております。

 また、ボランティアの体感をしたかということでございますが、地元なり、そういったようなことでボランティアの体感はしておるつもりでございますが、この後、積極的なボランティア活動というものを考えていきたいと、このように思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 しっかりと、こういうことこそ市民に知らせる必要がある。予算書のように、私たちはこういうお金をこういう使い方でやっていますよと。こういう活動があったら1%の事業ですよという形で、お知らせもしてほしいと思いますし、こういう団体に携わっている方たちを育てて、本当の小矢部市のまちづくりというところへ引っ張っていってほしいというふうに思っています。

 当局の方々もどしどしと出ていただいて、一緒にまちづくりをするという体制をとっていただきたいというふうに思っています。

 では、2番目の観光戦略に入ります。

 観光客へのおもてなし、再三聞いていることでございます。例えば駅におりたとき、どのようなおもてなしがされるのか。道の駅に訪れた。ではその後、どうやってまちの中へ誘導しているのか。

 道の駅ができまして46万7,000人、大体50万人弱ほど訪れた方がいらっしゃるそうです。ではその横の道を挟んで一つの縄文パークに人が来たかといえば、それだけたくさん来ておりません。それはどうしてなんですか。誘導していないからです。

 やはりそういう誘致するために、皆さんを交流人口としてするためにこの道の駅を利用していくということが、この小矢部市の戦略であったというふうに思っています。ですから、そのことも含めて、パンフレットや「義仲・巴」のポスターも、どれだけつくってどういうようにしていらっしゃるのかということも含めてお尋ねいたします。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。

     〔産業建設部長 槻尾賢治君登壇〕



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 それでは、観光戦略のうち、観光客へのおもてなし、誘導について、それと、観光パンフレットについてお答えいたします。

 本市の観光客入り込み数については、平成20年度の57万人に対し、平成21年度は70万人、そして、平成22年9月末現在で80万人と、年々増加傾向にあります。東海北陸自動車道の全線開通を契機とする平成20年度からの愛知県や岐阜県での「おやべの日」の開催や首都圏での観光出向宣伝などを通じて、本市の観光資源や特産品等を広くPRしてまいりました。

 また、昨年度に石動駅観光案内所を開設するなど、観光案内所を整備、充実するとともに、本年度から宿泊施設や観光施設に従事している方に、きめ細かい心のこもったサービスを提供していただくための「おやべ観光ガイド等養成講座」を開講するなど、観光客受け入れ態勢の充実も図っているところであります。

 市内に点在する観光資源をめぐる二次交通の整備として、昨年度から順次電動アシスト自転車の貸し出しを行ってきており、また、祭りやイベントの際にはシャトルバスを運行するなど、観光客の利便性の向上を図ってきているところであります。

 しかしながら、本市を訪れる観光客からは、食事処や宿泊場所を記したパンフレットやマップ等を希望される声が多くあり、観光客のニーズにこたえられるよう、今後小矢部市商工会や小矢部市観光協会と協力しながら、市街地マップやお食事処マップの作成について検討してまいりたいと思っております。

 いずれにいたしましても、本市を訪れる観光客が増加傾向にある中、今後市民一人一人がおもてなしの心で観光客に接することができるよう、まずは市職員一人一人がおやべ観光ガイドになれるよう研修を行い、観光客受け入れ態勢の整備に努めてまいりたいと考えております。

 次に、観光パンフレットについてであります。

 現在、本市では、総合観光パンフレットを初め、倶利伽羅県定公園や稲葉山・宮島峡県定公園を紹介するパンフレット、道の駅「メルヘンおやべ」を起点に市内を散策するコースを紹介するマップなど、数種類の観光パンフレット、マップを作成しております。

 総合観光パンフレットについては、昨年度、木曽義仲と巴御前のイラストを表紙とする全面改訂をし、4万5,000部を作成いたしました。「おやべの日」を初めとする出向宣伝や市内はもちろん近隣自治体で開催される各種イベントにおいて本市を広くPRするため、1年間に約3万部を配布しております。

 また、本年度、木曽義仲と巴御前ゆかりの史跡を探索していただくために、「義仲と巴マップ」を1万部作成いたしました。ポケットサイズで作成いたしましたので、倶利伽羅県定公園を散策される方やふるさと歩道をウォーキングされる方に大変好評であります。

 次に、観光ポスターについてですが、これについても、昨年度、「義仲と巴」のイラストを大きく記したものをB1判、B2判ともに300枚ずつ作成いたしました。本市のPRポスターとして、さらに「木曽義仲と巴御前」のNHK大河ドラマ化の応援ポスターとして、さまざまな場所で掲示していただいております。

 本市の観光資源を発信していく上で、新聞広告やホームページでの紹介と並び、観光パンフレットの配布、観光ポスターの掲示は大変に重要なことと認識しているところであります。今後とも観光客のニーズに合った観光パンフレットやマップの作成、本市の魅力を伝えることができる観光ポスターの作成により、本市の観光資源の全国への情報発信に努めてまいりたいと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 市長は最初に一点突破とおっしゃいました。この「木曽義仲・巴」で一点突破で取り組んでいくと。私の一点突破といえば、この「木曽義仲・巴」で大河ドラマ誘致ということになると、この小矢部市じゅうがもうポスターだらけ、旗だらけ、そして、だれもがもう「木曽義仲・巴」ですよというようなことだろうというふうに思います。ましては、この大河ドラマの誘致という事業は、もう小矢部市だけではありません。富山県、石川県、長野県、3県にまたがってということになります。でも、呉東の方々は、「あなたは巴のようですね」と言われても、「巴がどうしたの」というような形であろうかと思います。私たち呉西のほうでは「巴御前のようですね」とか、「木曽義仲ですね」と言われると、色男と色女、そして才色兼備ということを思うかもわかりません。しかし、呉東の方はほとんどわかっておられません。私たち呉西の者がどんどんやはりPRし、そして、本当にこの大河ドラマ誘致に富山県は一生懸命ですよということをこの小矢部市からもしっかりと取り組んでいただきたいというふうに思っています。

 私としては、この風景、とても小矢部市が大河ドラマ誘致に市が全体で取り組んでいるというふうには見えないのでございます。そのことをもう一点しっかりとお尋ねしておきます。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 一点突破ということで「木曽義仲・巴」であります。呉東のほうがなかなか認識が薄いという話であります。朝日町が会に参加しております。ただ、小矢部市、そして、県のほうにとりましても、呉東のほう、そして、氷見、砺波、そして、呉東のほうへも誘致に行く予定にしております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 今のことで少しパネルをつくってまいりました。どうでしょうか。「木曽義仲・巴御前」の浴衣をつくればどうかと。こういうものもしっかりとアイデアとして出していく。

 今まで、平成6年にクロスランドで浴衣を440枚つくりました。桐箱、そして帯、そして草履を入れて500万円だったそうでございます。もう16年もたちました。たくさん使っていただいて、すり切れた枚数は40枚だそうです。400枚残っていますということでした。当局に内々聞きますと、あるのを使ってほしいということでした。しかし、こういうこともやはり考えて、戦略としてやっていかなければ、私たちがしっかりとこれに取り組んでいるよというようなことにはならないのではないですか。



○議長(中村重樹君) 

 それでは、企画室長 青島和夫君。

     〔企画室長 青島和夫君登壇〕



◎企画室長(青島和夫君) 

 ただいま浴衣、今、議員さん提示しておられます。まず、平成6年につくった浴衣の件について少しお話ししたいと思います。

 現在、盆踊り、それから菖蒲まつりなどで婦人会の方々が着用されている浴衣は、今言われましたとおり、平成6年度のクロスランドおやべのオープンに合わせまして、コミュニティ活動を支援する目的のもと、440枚製作されております。形式上は無償で貸借契約を市と連合婦人会とで締結いたしておりますが、実質的には当該団体に貸与いたしておるものでありまして、現在は各公民館において自主管理をお願いしておるという状況であります。

 しかしながら、今、嶋田議員も申されましたが、製作から16年が経過しておるということで、汚れたり、破損したりしておるものもありまして、現在約400枚が保管されておると聞いております。

 今後の更新される際ということでございますが、今新たな提案もございますが、「義仲・巴」、それから「メルギュー」、それから「メルモモ」というものが今小矢部市で売り出しておるわけでございますが、NHKの大河ドラマ誘致活動も小矢部市の最重要課題であるということもあるわけでございますが、そういった浴衣の作成については、今後PR活動の一つの方法として検討していきたいというふうに考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 ケーブルテレビを見た方も、この浴衣地のポスター入りの浴衣も見てくださったでしょうか。こういうことも一つ考えていくということは大切なことだというふうに思っています。

 そして、一つ産建部長にお願いしたいと思います。この観光環境整備、どことどこが名所で、どことどこを直したのか全くわかりません。一つずつは確かに言っていただけるんですが、一覧表をいただきたいです。そういうことによって、私たちも、あっ、ここがこういうふうに直ったんだ、お知らせしようということになると思います。そのことをひとつお約束をいただきたいと思います。



○議長(中村重樹君) 

 産業建設部長 槻尾賢治君。



◎産業建設部長(槻尾賢治君) 

 今の検討委員会等で検討している箇所もあります。本年3月には検討が終わる予定でありますので、何かそういうものをつくりたいと思います。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 観光の名所、一つちょっと取り上げたいと思います。

 これはどこだと思われますか。わかられましたでしょうか。これはクロスランドのハートアイランド。どこが恋人の聖地に見えますか。ここで写真を撮りたい、ここで愛を語りたい、そういうような場所でしょうか。こういうような整備、ハートの木のいすが置いてあるだけ。こういうようなことでは、ここでしっかりと愛をはぐくんでください。結婚して、そして小矢部市に住んで、子供を産んでくださいというようなことにはならないと思います。

 そして、もう一つ、これを見てください。

 これはクロスランドのどこかです。右のこの下はレストランの横、外観を美しくしてほしいです。そして、ここは16年もたっていますから、もう茶色くなってきています。どんなところなのか。これはミュージアムのところですよね。ダビンチのところ。それから、ここは総合案内。ここに巴のポスターもなければ、どういうことでこのクロスランドへ寄っていってここを光らせますか。そして、ここはキノコの橋。壊れていますよ。

 非公募のこのクロスランド、確かに市役所が非公募ですよ、しっかりと任せてあります、この指定管理はとおっしゃいますが、だったらこの市役所がしっかりと指導するということが必要ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

 答弁は端的にお願いをいたします。



○議長(中村重樹君) 

 教育次長 野澤敏夫君。

     〔教育次長 野澤敏夫君登壇〕



◎教育次長(野澤敏夫君) 

 クロスランドおやべにつきましては、かねてから平成18年度から平成20年度までの3年間、また、平成21年度から平成25年度までの5年間、クロスランドおやべ財団法人クロスランドおやべを指定管理者としてまいりました。

 平成20年度に行った選定手続では、「小矢部市公の施設に係る指定管理者の指定に関する事務処理要綱」の規定に従って、市指定管理者制度導入検討委員会の審議を経て、非公募とすることを決定したものであります。

 その際の非公募とする理由として、財団法人クロスランドおやべは、法人設立の経緯や目的においてクロスランドおやべの管理運営を行うことを目的として市が設立した法人であること、したがって、クロスランドおやべの管理運営を行わない場合は、その存在意義を失い、解散せざるを得ないこと、また、オープン当初から平成17年度まで適切に管理運営を行ってきた実績があることなどが示され、公募になじまない特認型の施設とすることが適切との判断に至ったものであります。

 今ほど、クロスランドの運営管理につきまして、具体的な施設の状況等も踏まえて指摘がございました。財団法人クロスランドおやべに対しまして、指定管理者としてしっかりとクロスランドおやべの維持管理、そして、運営がなされるよう、市としても今後しっかりと指導してまいりたいというふうに思います。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 今、クロスランド一つを取り上げましたが、何も別にクロスランドにかたきを持っているわけではないので、こういう一つ一つの施設がしっかりと私たちに財産として使われているということが、他市にもアピールになるというふうに思っています。ここで安全に楽しく、ここでみんな恋人が寄ったり、スポーツをする、そして、いろいろなイベントの中でここを利用したら、本当に最高のことではないですか。こういう観光の名所、まだまだあります。そして、女性の目から見たら、ここがこうではないのかというところがたくさんあります。こういうことをこれからも提案していきたいというふうに思っています。

 では、次の質問に入ります。

 新幹線工事に伴う労働者の方々、たくさん来てくださっております。暑いあの夏にも新幹線工事をしていただいて、何と街宣車に手を振ってくださった方もいらっしゃいました。大変ありがたいなと思っています。また、この方たちは、私が調べてくださいと言いましたら266人おられました。そして、一戸建ての家やら、アパートに住んでいただいております。また、終わったらおふろに入ったり、それから飲みに行ったり、いろいろと経済効果も上げてくださっているやに聞きます。そして、この方たちは、地方交付税を持ってきてくださっているというそのお土産もあるのではないかというふうに思っています。

 この方たちに、私はいつもいつも名古屋へ行って券を渡したり、小矢部へ来てくださいよと。来られているんですよ、新幹線工事で。市外から、県外から来られているんです。小矢部を見てくださっているんです。休みの日には遊びに行っているんです。この方たちに入浴券なり、この施設の利用券を出していただきたい。そして、この方たちに終わったら家族を呼んで旅行に来てもらいたい、そういうふうに思っているのです。

 市長は就任して、新聞に「感謝に限りなし」というコメントをされておられます。私は、この労働者の方々も、小矢部市民にも、いろいろなどんな方たちにも感謝を持って示せば必ず返ってくるというそういう気持ちでおります。そのことにお答え願います。



○議長(中村重樹君) 

 企画室長 青島和夫君。

     〔企画室長 青島和夫君登壇〕



◎企画室長(青島和夫君) 

 新幹線工事に伴う労働者についてでございます。

 現在、小矢部市に居住している北陸新幹線建設工事の作業員、今、議員おっしゃられましたとおり266人(9月30日現在)いると聞いております。平成26年度の開通に向けて、さまざまな業務に携わっておられます。

 これらの方々に入浴券、それから、施設等への利用券、あるいはバスの乗車券等を配付したらどうかということでございますが、現在、小矢部市における入浴券やバスの乗車券の支援につきましては、入浴券につきましては、小矢部市入浴券配布事業及び小矢部市高齢者運転免許自主返納支援事業等に基づいて実施しておりまして、いずれも市内に住む65歳以上の高齢者に対する支援ではございます。

 また、公共施設の利用に対する助成につきましては、転入者で市内において住宅を取得された方を対象としておるわけでございます。

 このことから、北陸新幹線建設工事の作業員の方々に、直ちに支援並びに助成をいたすということは大変難しいと考えられますが、他市町村の状況等も参考にしながら、これらの方々が小矢部市で働いていてよかったと思えるような仕掛けづくりができないか、今後検討してまいりたいというふうに思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 当局の方は、慣例とか、他市の前例を見てとか、もうそういうことばかりで、では小矢部市としてどうしていくんですかと。感謝してもらうようにと、いつもいつもどこかへ行って券を配ったり、小矢部へ来てくださいと言っても、来られてますと言っているのに、この方たちを大切にするということが私は一番ではないかと思いますよ。何カ月もここで暮らしてくださるんです。きっと県外の方のご家族に、「いいところだよ」と、「いや、市からふろの券をもらったよ。なかなかいいところやぞ、一遍遊びに来い」と、こう言ってもらえるような施策は小矢部市独自で幾らでもできるのではないですか。こういう前例やら、他市町村の動向を見てと、がっくりきました。この方たちをどうぞ大切にしていただきたいというふうに思っています。

 大変答弁のほうも長いもので、4番目に入ります。

 小矢部市における少子高齢化社会の危機感について。

 大変高齢化率も高くなりました。そして、人口を見ますと、ゼロ歳から6歳が1,500人、7歳から12歳(小学生)、それから中学生1,500人、1,300人、高校生1,500人、23歳から29歳2,100人、それから30代が3,700人、40代が3,500人、50代が4,400人。問題はここからです。定年を終えた方、60代何と5,240人、70代3,804人、ここから大変高いです。65歳以上の方が男3,842人、女5,407人、全部で9,249人、高齢化率28.56%となりました。

 そして、人口減少はとまりません。とうとう出生率200名を切ってしまいました。平成20年までは205名、何とか200台を保っていました。昨年は196名、先日、11月1日でした。女性議員連絡協議会で知事にお会いして、何とか産科医をお願いしたいと思いますと。「嶋田さん、産科医がちゃんとやっていくには年間200人の赤ちゃんが生まれていないとだめだよ」と。こう見ると196人、これからふえるかしら、ふえないというふうに思います。今、産科医がおられません。生む施設が整っていません。ここで女性に子供を産んでくださいというのは無茶な話だろうと思います。

 この外部評価やら、それからいろいろなところから、「いや、市で病院をもたなくてもいいのではないか」と。「よそへ行けばいいのではないか」と。全くもって言語道断ですよね。私たちにしたら一大仕事ですよ。安心してここ住み、暮らし、出産したい。私も二番目の子どもが名古屋にいますが、産むところがないので、産んでから来ました。こういうことの大きさがみんなに伝わって、「小矢部って住んでもなあ、子供を産むところではないわ」と、こういうような評価を受けるのでは、全くもって心外だろうと、市長さんも思われると思います。

 そして、知事からは、やはり一緒で、「嶋田さん、金沢も高岡も砺波も近くていいところにあるよ」と。反復跳びのあのどこでも行けますということではないんですから、しっかりとやはりそういうものを整備していくということは、一番大事なことであろうというふうに思っています。

 ここの見解をお伺いいたします。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。

     〔民生部長 松本信明君登壇〕



◎民生部長(松本信明君) 

 産科医の確保の状況についての質問でございます。

 産科医は、昼夜を問わず分娩に立ち会わねばならない激務の上に、高い訴訟率、少ない診療報酬などにより、医学生から敬遠される傾向にあり、加えて、研修医制度が変わったことで、病院を選ぶ際の自由度が高まり、「都市にある魅力ある病院」、「自分の生活クオリティも守れる診療科」に集中してしまい、産科医不足は全国的な状況となっております。

 市といたしましては、子育て支援に努めるとともに、北陸中央病院の産科の再開に向けて、毎年県や関係機関に産科医の確保等を重点要望として要請してきたところであります。

 また、11月10日には、富山県市町村長会議において、「産科医療機関の誘致、または再開に対する資金援助」、「県での医師確保による地元病院への派遣制度の創設」などを県知事に直接要望したところでもあります。

 北陸中央病院においても、関係大学医局への医師派遣依頼や民間の意思あっせん機関へも医師の募集をするなど努力されておりますが、全国的な産科医不足の現状では難しい状況となっております。しかしながら、今後とも北陸中央病院と連携をとって、引き続き関係機関等に対し、粘り強く働きかけるとともに、産科医療機関の誘致にも努めてまいりたいと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 今ご答弁を聞いていると、なかなか進まないような状態でございます。9月議会で質問させていただいてから、介護認定の申請の受け付けはどうなりましたか。産科医の確保はどうなりましたか。そして、施設待機者の質問もさせていただきました。この12月まで、私が聞きに行かなければ、特に進捗状態というのはお知らせはありません。私は、この次の議会、次の議会で、この質問をした事項はどうなっていくのかということを必ず聞いていきたいというふうに思っています。検討した結果どうだったのか。どういうふうに検討したのか。そういうことがなければ、私たちはただ言っているだけの議員でございます。何がだめでできないのか。今の答弁、いろいろ聞いていますが、これはどうなっていますか、産科医。こういう理由でもうなかなか誘致になりません。今後もこういうことをしていきます。これだけでいいんですよ。そうすると、もっともっとやりとりがたくさんできるのに、なかなか進まないということはおかしいと思います。

 では、9月議会でまだ聞き漏らしているところがあります。介護認定の申請の受け付けはどうなりましたか。施設の待機者をどうしますか。このグループホーム、2つできます。グループホームは認知の方のための施設です。本当に体が都合が悪くなって、施設へ入りたいという施設ではありません。この間のときは待機者、一つの施設が79人お待ちでございました。この寒空にお家での介護、大変だろうというふうにも思っています。そのこともしっかりと9月議会でのご検討、そして、どうなったのかお尋ねいたします。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。

     〔民生部長 松本信明君登壇〕



◎民生部長(松本信明君) 

 介護認定の申請を本庁でも受け付ける体制ができないかとのご質問でありますが、9月議会にも今言われましたようにご質問がありました。

 9月議会でも申し上げましたとおり、介護申請、あるいは種々の相談に来られる方々の相談内容は多岐にわたっており、多少の聞き取りと記載方法の説明だけで終わることはほとんどなくて、家庭内の詳細な状況や来所者によって、病気や障害の状況、所得状況など多くの聞き取りが必要となり、その相談内容に応じて対応していくことが大切だと思っております。場合によっては、生活保護の担当、それから、身体・精神障害者福祉の担当、老人福祉に関する担当や社会福祉協議会からの担当者も交える必要や各担当へ引き継ぐ必要が生じたりすることもあります。

 このことから、1人の相談者にかける時間も必然的に長くなります。同時に、複数の相談者が来られることもあり、現状では地域包括支援センターのある総合保健福祉センターでの窓口が最適だと考えております。

 ただ、高齢等のために総合保健福祉センターに来られることができないと言われる方におきましては、こちらから自宅へ訪問するなどの対応をしておりますので、理解をいただきたいと思います。

 本庁利用を希望される方につきましては、個別の状況により自宅へ訪問してまいりたいと思います。

 次に、施設待機者の質問でございます。

 特別養護老人ホームの入所待機者についてのご質問でございますが、ご承知のとおり、第四期介護保険事業計画の策定に当たり、国の基準として策定されておりましたものが、6月に閣議において撤廃されましたが、その後の取り扱いについては厚生省からいまだ何のご連絡もございません。今後においても在宅サービスと施設サービスのバランスのとれた施策が必要であることに変わりはなく、また、富山県における第四期高齢者保健福祉計画の砺波圏域の整備目標もありません。加えて、砺波地域の3市は共同で介護保険事業を運営しており、小矢部市単独で整備計画を立てることもできない状況にあります。

 ただ、今年度は国の経済対策を受け、第五期計画を前倒しして、認知症高齢者グループホーム2施設、定員36名が来春開設する運びとなっております。

 また、次年度においても、小規模多機能型居宅介護施設を1施設、認知症高齢者グループホーム1施設を予定しており、待機者解消の一助にしたいと思っております。

 次年度、第五期の計画を立てるに当たり、国や県の情報を収集し、他の2市とも十分協議してまいりたいと考えております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 九州の女医さんですが、足し算引き算がわかる人は今後の状況がわかるということで、病院にいろいろな国のひもつきの補助金を一切やめて、その潤っている病院を閉鎖し、自分たちでやれる病院を運営しているというテレビの報道がありました。私がいつもいつも言っていることは、「この少子化とこの高齢者の社会に対して、しっかりと取り組んでいかなかったら、幾らいろいろなことをやられてでも無理ですよ」と。「この自治体はしぼんでいきますよ」と。「元気が出てきませんよ」ということを再三申しております。この数字でもお話しするように、もう高齢社会まっしぐら、そして少子化、200人を切って196人、転入は601人で転出が726人、毎年120人から150人人口減ということになります。ですから、このことにしっかりと取り組んでいただきたいというふうに思っています。

 また、包括センターの話が出ました。包括センター、要支援1、要支援2、大変このことも難しい、複雑な制度でございます。要支援1、2であれば、いろいろなデイサービス、何回使ってもうん千円ですよというようなことがあります。しかし、何回使ってもという人を、このほかの民間のデイが受け入れてくれますか。それは、「そんなことはありません。ちゃんと受け入れるはずです」と言うかもしれません。でも、しっかりと介護度1から5の方はデイサービスに計画に入れて、「あなたは月と木、週2回ほどにしておいてください」と、こうなっているのが現状です。もしそうでないとおっしゃるなら、しっかりとこの利用者がどのような制度を利用して、どのように動いているか調べていただきたいというふうに思っています。

 また、この介護度、なかなか審査会が開けないので、介護度を出すのがおくれますという通達が来ました。私たちはいいですよ。12月まで介護度1、介護度5なら12月いっぱいまで介護度は決まっているんですから。でも、12月20日過ぎに介護度をもらって、ケアマネジャーはケアプランを立てられますか。要支援2から介護度が上がるならいいですよ。サービスはたくさん使えるわけですから。でも、介護度3だった者が介護度1に下がったとすれば、サービスを切っていかなければならないわけですよ。でも、冬に向かってこんな寒いところでおふろに入るよりも、デイサービスへ行ってふろへ入ってほしいよというようなことを思っても使えないわけです。私たちこの利用者には出すけれども、私たちこのケアマネジャーとか、そういう方たちはもう一体です。制度、サービスを提供してくれる人、このケアマネジャー、そして、介護している人、これは一体です。民間も、それから行政も何もないんです。ですから、こういう連携に支障を来さないようなしっかりとした事業の運営をしていただかなかったら、これは一日たりとも動かないです。そのことに1点お答え願います。



○議長(中村重樹君) 

 民生部長 松本信明君。



◎民生部長(松本信明君) 

 今ほどご質問がありました。やはりこの介護については、議員も言われるように、だんだん高齢化が進んでまいります。ましてこの後、団塊の世代が高齢化になっていくということになりますと、30%台を超える、このような状況であります。そのためには、やはり活動的な85歳を目指すという介護の目的でもございますので、今ほど言われましたようにケアマネジャー、介護している方、それぞれ市も行政もあわせてでありますけれども、しっかりした介護、予防、介護制度、そういったものを活用して、生き生きとした活動的な高齢者を目指して頑張っていきたいなと、このように思っております。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 福祉関係に関しては、この担当も社会福祉課なり、従事する人が変わってしまうと。そういうような話もあります。ですから、しっかりとやはりこれはわかった人でないとやっていかれないというところがあります。ですから、よくよくとわかった上で私たちの困っていることにこたえるというのが生活の質の向上だろうというふうに私は思っています。

 今、受け付けがなされない。こんな不平等がある中で生活の質が向上していくでしょうか。受け付けをするだけでもまずやってみる。そして、時間の相談のためには、またこの相談員を雇い入れてからそれに対応しますよと。1段階ずつ追っていかないと、何もかも100%整ってからしましょうということでは、なかなかならないというふうに思っています。そのことをしっかりとお願いをして、最後にちょっと一つ質問をいたします。

 なかなか雇用確保が難しい中で、一つお尋ねし忘れましたが、メルギュー君とメルモモちゃん、私は男女共同参画の中で、何で君とちゃんながけと言いました。このメルギュー、メルモモでいいんでしょうけれども、ここに入っていらっしゃる方、私たちもボランティアで出ています。職員の方が入っておられるそうでございます。

 私は考えるなら、この方もきっとボランティアでしょうというふうに思いますが、そういうわけにはいかない。時間内ならいいですが、土曜日、日曜日になると、代休をとらなければいけない。代休をとらなければお金が発生する。これは、でも理解できませんよ。だったら、お金のかからない人に入ってもらってください。それでなかったら、今の雇用確保の難しい中で、今、愛知では、フリーターが戦国武将隊と組んで、フリーターの方たちが一生懸命観光PRに取り組んでいらっしゃるそうです。いろいろなぬいぐるみの重みやら、それから、けがしたらどうするとか、そういうこともあるかもしれません。私は市の職員が入って、あの中からイベントをのぞいていてほしくない。外から見てこのイベントがどうにぎわっているのか、このイベントが皆さんからの予算を使われてどういうふうに活用されているのかということをしっかり見て、それをまた行政の仕事に反映してほしいと思っていますが、いかがでしょうか。



○議長(中村重樹君) 

 企画室長 青島和夫君。

     〔企画室長 青島和夫君登壇〕



◎企画室長(青島和夫君) 

 ただいまの昨年からつくりましたゆるキャラ、メルギュー君、メルモモでございますが、現在、メルギュー、メルモモは、市内外のイベントに出演しておるわけでございますが、そこで小矢部市のPR等を行っております。実績では、昨年度は88回活動しております。そして、今年度は現時点で83回の活動をしておるわけでございます。

 主な活動でございますが、市関連のイベント等が多いわけでございますけれども、市の関連のイベントに出席する際には、職員で対応しております。それ以外の活動、例えば町内会、それから民間施設のイベント等については、無償で着ぐるみの貸し出しを行っておりまして、昨年度は31回、今年度は28回貸し出しをしております。

 現時点では無償貸し出し制にしておりますが、今後はいろいろな面で有償ということも考えていきたいなというふうには思いますが、ただ、市職員が入っておるというのは、やはりボランティアですと、事故、けが、そういったときの補償問題が発生するわけでございまして、責任問題も出てきます。メルギュー君は体長が165センチぐらいの人の場合ですと、210センチぐらいになります。そして、体重も7.4キロ、頭、胴、靴と分かれておるわけですが、靴だけでも1.4キロあるわけでございます。それから、縦横おのおの70センチという非常に動きにくいキャラクターでございます。そういったことからも、一人では歩けない、介護人が要るということで、現時点ではそういうけが等々のことも考えて対応しておるわけでございます。

 以上でございます。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(中村重樹君) 

 9番 嶋田幸恵君。

     〔9番 嶋田幸恵君登壇〕



◆9番(嶋田幸恵君) 

 今の室長の答弁はかみ合っておりませんでした。

 何も貸し出すのに有償にしてくれと言っているわけではなく、中に入っている方たちのボランティア、日曜日でも私たちは横でボランティアをしているわけですよ。会社のお休みの日に、自分の家のこともしないで、菖蒲まつりに出たり、いろいろしているわけです。職員がこの中に入って、そして、代休をもらうか、お金をもらうというのは理解できませんよということを言っているので、しっかりとそのことも含めてやっていただきたいと思います。

 私はこの協働のまちづくりといったら、やはり協働でしょう。一緒にやっていくわけですよ。そして、今聞いていましたら、貸し出すときは使う、使った方が、では何か起こったら何も考えなくてもいいんですか。この人も中でおって、酸素が薄くなったかもわからないし、足を痛めるかもわからないし、だから、市の職員と地域の方たちが貸し出して使うのと、何が、ちょっとわかりません。問題は2つありますよ。しっかりとこのぬいぐるみの中の外を見るのではなくて、このイベントがどのようなことなのかということをしっかりと職員に見ていただきたい。ぬいぐるみの中に入るのは有償で、ボランティアで、そして、契約書を交わせばいいではないですか。そのようにならないんですか。そこはもう再考願いたいと思います。

 私たちと市民とこの当局が一緒に協働のまちづくりをするというところは、そういうところから歯車がかみ合っていないとだめだというふうに思っています。

 市長の退職金のこともお尋ねしようと思いましたが、何やそんな人の退職金のことを聞くなとおっしゃると思います。じっくりと4年間考えていただきたいというふうに思います。

 ことしの一文字は「暑」という文字でした。暑い中、戦い抜いて与えられたこの議員の職責を全うし、市民の皆様が私たちの生活をこの人なら任せられると思っていただくように精進をしたいと思っています。

 そしてまた、ことし1年市民の方々からいただいたご支援に感謝するとともに、ことしもわずかになりましたが、皆様がよいお年をお迎えになられますようにご祈念申し上げて、私の質問を終わりたいと思います。



○議長(中村重樹君) 

 以上で、上程議案に対する質疑並びに市政に対する一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託



○議長(中村重樹君) 

 議案第40号から議案第50号までの審査については、会議規則第37条第1項の規定に基づき、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会の日程の報告



○議長(中村重樹君) 

 次に、議会の日程を申し上げます。

 12月16日午前10時から行財政改革特別委員会、午後2時から民生文教常任委員会、17日午前10時からまちづくり特別委員会、午後2時から産業建設常任委員会、20日午前10時から総務常任委員会、21日午後2時から委員長会議、22日午前10時から議会運営委員会をそれぞれ開催して、付託議案等の審査をお願いいたします。

 審査の結果を後日報告願います。

 なお、12月22日午後3時から本会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(中村重樹君) 

 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

 御苦労さまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後1時59分 散会