議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 黒部市

平成22年第6回臨時会(第1号11月19日)




平成22年第6回臨時会(第1号11月19日)





 






平成22年第6回黒部市議会11月臨時会会議録


平成22年11月19日(金曜日)





                議事日程(第1号)


                          平成22年11月19日(金)


                                 午前10時開議


第1 議席の指定


第2 会期の決定


第3 議案第60号 黒部市職員の給与に関する条例等の一部改正について


        (提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、表決)


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 議事日程に同じ


 日程追加 議員提出議案第8号 黒部市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する


                条例の一部改正について


      議員提出議案第9号 ロシア大統領の北方領土訪問に対する抗議と日本政


                府の強力な外交交渉を求める意見書について


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


本日の出席議員   20人


    1番 川 本 敏 和 君         2番 中 村 裕 一 君


    3番 村 井 洋 子 君         4番 山 田 丈 二 君


    5番 小 柳 勇 人 君         6番 谷 口 弘 義 君


    7番 木 島 信 秋 君         8番 辻   靖 雄 君


    9番 寺 田 仁 嗣 君        10番 伊 東 景 治 君


   11番 橋 本 文 一 君        12番 辻   泰 久 君


   13番 山 内 富美雄 君        14番 松 原   勇 君


   15番 山 本 達 雄 君        16番 吉 田 重 治 君


   17番 川 上   浩 君        18番 新 村 文 幸 君


   19番 森 岡 英 一 君        20番 坂 井   守 君


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


本日の欠席議員    な  し


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


説明のため出席した者


 市長部局


  市長             堀 内 康 男 君


  副市長            中 谷 延 之 君


  総務企画部長         岡 崎 文 夫 君


  市民生活部長         太 田 孝 雄 君


  産業経済部長         米 陀 峰 信 君


  都市建設部長         岩 井 宏 道 君


  上下水道部長         小 崎 敏 弘 君


  会計管理者          米 生 利 弥 君


  都市建設部理事        酒 徳 鋼 一 君


  総務企画部次長企画政策課長  本 多   茂 君


  総務企画部次長財政課長    中 田 博 己 君


  市民生活部次長こども支援課長 平   正 夫 君


  総務課長           柳 田   守 君


  商工観光課長         中   伸 之 君


  総務課行政係長        藤 田 信 幸 君


 病  院


  市民病院事務局長       沢 井 利 夫 君


  市民病院事務局次長      浅 野 芳 幸 君


 消防本部


  消防長            佐々木   隆 君


  消防本部次長         岡 島   茂 君


 教育委員会


  教育委員長          庭 田 龍 祥 君


  教育長            中 山 慶 一 君


  教育部長           大 川 信 一 君


  学校教育課長         寺 嶋 和 義 君


 代表監査委員          勇 永 三 郎 君


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


職務のため議場に出席した事務局職員


  事務局長           能 澤 雄 二 君


  議事調査課長         山 本   勝 君


  議事調査係長         橋 本 正 則 君


  主査             山 口 真 二 君


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


              開 会 の 宣 告


  午前10時00分


○議長(森岡英一君) おはようございます。


 本日、11月臨時会が招集されましたところ、ただいまの出席議員は全員であります。


 定足数に達しましたので、これより平成22年第6回黒部市議会11月臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


                  開    議


  午前10時01分 開議


○議長(森岡英一君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、村井洋子君及び山田丈二君を指名いたします。


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


○議長(森岡英一君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日間と決定いたしました。


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


○議長(森岡英一君) 日程第3、「議案第60号」を議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 市長、堀内康男君。


               〔市長 堀内康男君登壇〕


○市長(堀内康男君) おはようございます。


 どちら様も大変ご苦労さまでございます。


 それでは、提案理由を説明させていただきます。


  本日ここに、平成22年第6回黒部市議会11月臨時会を招集いたしましたところ、議員各位のご参集を賜り、付議いたしております議案につきましてご審議いただきますことに対し、深く敬意を表するものであります。


 それでは、本臨時会に提出いたしております議案につきましてご説明申し上げます。


 「議案第60号」は、「黒部市職員の給与に関する条例等の一部改正について」であります。


 人事院及び県人事委員会の給与改定に関する勧告に準拠いたしまして、職員の給与を引き下げようとするものであります。内容といたしましては、医師と若年層を除く一般職につきまして、給与を平均0.1%、期末・勤勉手当を0.2カ月減額するとともに、55歳を超える特定の職員には、給与及び管理職手当をさらに1.3%ずつ減額するものであります。また、一般職の給与減額に合わせまして、市長、副市長、教育委員会教育長の期末手当を0.15カ月減額するとともに、関係する条例について所要の改正をしようとするものであります。


 期末勤勉手当の支給基準日が12月1日でありますことから、事前に議会の議決が必要となりますので、本臨時会でのご審議をお願いするものであります。


 以上、本日提出いたしました議案につきましてご説明申し上げました。


 何とぞ慎重ご審議のうえ、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げて提案理由といたします。よろしくお願いいたします。


             〔市長 堀内康男君自席に着席〕


○議長(森岡英一君) これより、「議案第60号」の質疑を行います。


 質疑は、ありませんか。


             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております「議案第60号」については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議案第60号」については、委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論を行います。


 討論は、ありませんか。


             〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) 討論なしと認めます。


 これより、「議案第60号 黒部市職員の給与に関する条例等の一部改正について」を起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(森岡英一君) 起立全員であります。


 よって、「議案第60号」は、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


○議長(森岡英一君) お諮りいたします。


 「議員提出議案第8号」は、緊急を要しますので急施事件と認め、この際日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議員提出議案第8号」は、急施事件と認め日程に追加し、議題とすることに決しました。


 「議員提出議案第8号」を議題といたします。


 「議員提出議案第8号」について、提出者を代表して提案理由の説明を求めます。


 議会運営委員長、川上 浩君。


            〔議会運営委員長 川上 浩君登壇〕


○議会運営委員長(川上 浩君) 「議員提出議案第8号」について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。


 「議員提出議案第8号」は、黒部市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてであります。


 黒部市議会では、さきの人事院勧告及び富山県人事委員会の勧告を踏まえ、当局より提案されていた「議案第60号 黒部市職員の給与に関する条例等の一部改正について」を先ほど議決したところであります。


 これにあわせて、黒部市議会議員についても、今日の民間における大変厳しい状況下をかんがみた結果、議員に対して支給される期末手当の支給割合を本年12月支給分を100分の165から100分の150に改めるものであります。また、23年4月1日以降における6月支給分を100分の145から100分の140に、12月支給分を100分の150から100分の155に改正するため本議案を提出した次第であります。


 以上、提案理由のご説明を申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして適切なご決定を願う次第であります。


           〔議会運営委員長 川上 浩君自席に着席〕


○議長(森岡英一君) これより、「議員提出議案第8号」の質疑を行います。


 質疑は、ありませんか。


             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております「議員提出議案第8号」については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託はいたしません。


 これより、討論を行います。


 討論は、ありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) 討論なしと認めます。


 これより、「議員提出議案第8号 黒部市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(森岡英一君) 起立全員であります。


 よって、「議員提出議案第8号」は、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――


○議長(森岡英一君) お諮りいたします。


 「議員提出議案第9号」は、緊急を要しますので急施事件と認め、この際日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議員提出議案第9号」は、急施事件と認め日程に追加し、議題とすることに決しました。


 「議員提出議案第9号」を議題といたします。


 「議員提出議案第9号」について、提出者を代表して提案理由の説明を求めます。


 議会運営委員長、川上 浩君。


            〔議会運営委員長 川上 浩君登壇〕


○議会運営委員長(川上 浩君) 「議員提出議案第9号」について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。


 「議員提出議案第9号」は、「ロシア大統領の北方領土訪問に対する抗議と日本政府の強力な外交交渉を求める意見書について」であります。


 意見書の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。


 「ロシア大統領の北方領土訪問に対する抗議と日本政府の強力な外交交渉を求める意見書」


 11月1日のメドベージェフ・ロシア大統領の国後島訪問は、国際法と国際的道理を踏みにじる重大な暴挙であり、北方四島からの引揚者が多い黒部市民を代表する黒部市議会としては、到底許すことのできない行為であるとともに、再びロシア政府首脳が、北方領土を訪問することのないよう強く求めるものである。


 北方領土問題は、1956年の日ソ共同宣言によって、両国の国交が回復し、1991年4月にソビエト連邦の元首が初めて日本を訪問した際、その共同声明において北方領土問題を解決し、平和条約が締結されることを両国それぞれの文書によって確認されているところである。


 また、ソ連政府からロシア政府に引き継がれた以降も、1993年の東京宣言、1997年のクラスノヤルスク合意、2003年の日ロ行動計画など、北方領土問題は、日ロ両国の戦後の重要な政治課題として、双方が誠意をもって交渉を継続していたところである。


 しかしながら、最近ではロシア政府高官が北方領土の領有を「第二次世界大戦の結果である。」と発言するなど、対日強行姿勢を続けている。


 こうした言動に対して日本政府は、明確な根拠をもって抗議すべきであったにもかかわらず、正しい外交姿勢の欠如が今日の結果を招いたと考えられる。


 戦後65年が経過し、かつて北方領土に居住していた元島民も高齢化し、北方領土の早期返還を一日千秋の思いで待ち続けている。


 よって、黒部市議会は、今回の大統領の訪問に対して断固抗議するとともに、北方領土問題が一日も早く解決するよう毅然とした態度で外交に取り組まれるよう下記のとおり強く要望する。


                    記


 日本政府として、日本の固有の領土である北方領土の正当性を訴え、毅然とした態度での外交交渉を行うとともに、この問題の一日も早い解決に向け、歴史的事実と国際的道理にたった、新たな戦略的で強力な領土交渉の再構築と加速的な取り組みを行うこと。


 以上地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 以上、提案理由のご説明を申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


           〔議会運営委員長 川上 浩君自席に着席〕


○議長(森岡英一君) これより、「議員提出議案第9号」の質疑を行います。


 質疑は、ありませんか。


             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております「議員提出議案第9号」については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託はいたしません。


 これより、討論を行います。


 討論は、ありませんか。


               〔6番 谷口弘義君挙手〕


○議長(森岡英一君) 6番、谷口弘義君。


               〔6番 谷口弘義君登壇〕


○6番(谷口弘義君) 日本共産党を代表しまして、討論をさせていだきます。


 「ロシア大統領の北方領土訪問に対する抗議と日本政府の強力な外交交渉を求める意見書」に対して討論を行います。


 第二次世界大戦の終結時に、不当なやり方で千島列島、歯舞、色丹を奪った行為について、ロシアの大統領が国後島を訪問することで、今後も不当に占領し続けるという意思を示した今回の行動に対して抗議することは、当然のことであります。


 北方領土と言われているのは、国後、択捉の南千島と北海道の一部であります歯舞群島、色丹島のことであります。


 千島列島は1875年にロシアと結んだ樺太千島交換条約で、ウルップ島からシュムシュ島までの北千島も日本領土と確定しました。


 ところが、ソ連は第二次世界大戦末期に対日参戦の条件として、千島列島の引き渡しを要求し、アメリカ、イギリスもそれを認め、この3国でヤルタ協定を結んだのであります。


 日本政府は、1951年のサンフランシスコ平和条約で、千島列島を放棄すると表明しました。南千島の国後、択捉両島は、千島に含まれないので返還せよと国際的に運用しない日本政府の主張に問題があります。


 北方領土問題は、カイロ宣言やポツダム宣言にうたわれた領土不拡大という戦後処理の大原則にたち、千島放棄条項を不動の前提とせず、国際社会の道理にたった本腰の交渉をするべきであります。


 意見書の中に述べられているように、ロシア政府高官が北方領土の領有を「第2次世界大戦の結果である。」と述べるロシアもロシアであります。国際社会の道理からも外れ、そのときそのときの場当たり的な対応を繰り返し、今日の事態を招いた日本政府も日本政府であります。


 歴史的経過に照らし合わせても、北端のシュムシュから南端の国後島までの千島列島は、日本の領土であります。


 国連憲章には、領土不拡大は国際関係の基本原則と述べています。あくまで、国連憲章の立場にたって、平和、理性の国際法に基づいて、解決に当たるべきであります。


 このことを述べまして賛成討論とします。


             〔6番 谷口弘義君自席に着席〕


○議長(森岡英一君) ほかに討論は、ありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡英一君) 討論なしと認めます。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより、「議員提出議案第9号 ロシア大統領の北方領土訪問に対する抗議と日本政府の強力な外交交渉を求める意見書について」を起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(森岡英一君) 起立全員であります。


 よって、「議員提出議案第9号」は、原案のとおり可決されました。


 以上で本日の日程はすべて終了し、本臨時会に付議されました議案はすべて議了いたしました。


 これをもちまして、平成22年第6回黒部市議会11月臨時会を閉会いたします。





 閉  会  10時20分





 上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。





                          黒部市議会議長 森 岡 英 一





                             署名議員 村 井 洋 子





                             署名議員 山 田 丈 二