議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 黒部市

平成19年第4回定例会(第4号 9月20日)




平成19年第4回定例会(第4号 9月20日)





 






平成19年第4回黒部市議会9月定例会会議録


平成19年9月20日(木曜日)





               議 事 日 程(第4号)


                           平成19年9月20日(木)


                           午前10時開議


 第1  議案第52号 平成19年度黒部市一般会計補正予算(第3号)


     議案第53号 専決処分の承認について


     議案第54号 政治倫理の確立のための黒部市長の資産等の公開に関する条例


            及び黒部市情報公開条例の一部改正について


     議案第55号 黒部市都市公園条例の一部改正について


     議案第56号 黒部市営住宅条例の一部改正について


     議案第57号 黒部市立公民館条例の一部改正について


     議案第58号 黒部市総合振興計画基本構想について


     議案第59号 新川広域圏事務組合規約の変更について


            (8件 委員長報告、質疑、討論、表決)


 第2  認定第 1号 平成18年度黒部市一般会計歳入歳出決算の認定について


     認定第 2号 平成18年度黒部市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


     認定第 3号 平成18年度黒部市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


     認定第 4号 平成18年度黒部市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定


            について


     認定第 5号 平成18年度黒部市水産物地方卸売市場事業特別会計歳入歳出


            決算の認定について


     認定第 6号 平成18年度黒部市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


     認定第 7号 平成18年度黒部市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


     認定第 8号 平成18年度黒部市地域開発事業特別会計歳入歳出決算の認定


            について


     認定第 9号 平成18年度黒部市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決


            算の認定について


     認定第10号 平成18年度黒部市診療所事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


     認定第11号 平成18年度黒部市宇奈月温泉スキー場事業特別会計歳入歳出


            決算の認定について


     認定第12号 平成18年度黒部市新川広域圏老人保養センター事業特別会計


            歳入歳出決算の認定について


     認定第13号 平成18年度黒部市病院事業会計決算の認定について


     認定第14号 平成18年度黒部市水道事業会計決算の認定について


           (14件 委員長報告、質疑、討論、表決)


 第3  請願第 3号 WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書につい


            て


             (委員長報告、質疑、討論、表決)


 第4  議員提出議案第6号 WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書


               について


         (提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、表決)


 第5  議員の派遣について


 第6  各常任委員会の議会閉会中の継続審査について


 第7  総合振興計画並びに行財政改革について


     北陸新幹線の整備促進について


     自然環境の保全と観光振興について


             (3件 委員長報告、質疑、表決)


 第8  議会運営に関する調査について


               (委員長報告、質疑、表決)


────────────────────〇───────────────────


本日の会議に付した事件


 議事日程に同じ


────────────────────〇───────────────────


本日の出席議員


     1番 小 柳 勇 人 君       2番 谷 口 弘 義 君


     3番 辻   靖 雄 君       4番 竹 山 繁 夫 君


     5番 内 橋 健 治 君       6番 寺 田 仁 嗣 君


     7番 吉 松 定 子 君       8番 伊 東 景 治 君


     9番 辻   泰 久 君      10番 橋 本 文 一 君


    11番 山 内 富美雄 君      12番 松 原   勇 君


    13番 山 本 達 雄 君      14番 吉 田 重 治 君


    15番 中 谷 松太郎 君      16番 松 本 正 則 君


    17番 川 上   浩 君      18番 新 村 文 幸 君


    19番 岩 井 憲 一 君      20番 森 岡 英 一 君


    21番 稲 田   弘 君      22番 坂 井   守 君


────────────────────〇───────────────────


本日の欠席議員    な し


────────────────────〇───────────────────


説明のため出席した者


 市長部局


  市長             堀 内 康 男 君


  副市長            中 谷 延 之 君


  副市長            室 谷 智 明 君


  総務企画部長         稲 澤 義 之 君


  市民生活部長         岡 ? 文 夫 君


  産業経済部長         石 川 幹 夫 君


  都市建設部長         岩 井 宏 道 君


  上下水道部長         川 添 安 裕 君


  地域センター長        此 川 健 道 君


  会計管理者          平 野 正 義 君


  総務部次長総務課長      能 澤 雄 二 君


  市民生活部次長こども支援課長 岩 井 哲 雄 君


  農業水産課長         米 陀 峰 信 君


  都市計画課長         広 木 哲 哉 君


  上下水道部次長下水道課長   山 田 丈 二 君


  総務企画部次長企画政策課長  大 川 信 一 君


  財政課長           中 田 博 己 君


  行政係長           林   茂 行 君


 病  院


  市民病院事務局長       松 井 喜 治 君


  市民病院事務局次長      伊 東 高 志 君


 消防本部


  消防長・消防監        谷 口 政 芳 君


  消防本部次長         橋 本 政 秀 君


 教育委員会


  教育委員長          高 山 史 生 君


  教育長            本 多 省 三 君


  教育部長           名 越   誓 君


  事務局次長生涯学習課長    柳 川 一 成 君


 監査委員            福 島   樹 君


────────────────────〇───────────────────


職務のため議場に出席した事務局職員


  事務局長           島   邦 夫 君


  議事調査課長         能 登 澄 雄 君


  主幹             滝 沢 茂 宏 君


  主査             橋 本 正 則 君


────────────────────〇───────────────────


                  開     議


  午前10時00分


○議長(川上 浩君) 皆さん、おはようございます。


 どちら続いてご苦労さまです。


 定足数に達しましたので、これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第1、「議案第52号から議案第59号まで」、以上8件を一括議題といたします。


 本8件を付託した各常任委員会の審査の結果について、委員長から報告を求めます。


 まず、総務文教委員長の報告を求めます。


 総務文教委員長、竹山繁夫君。


             〔総務文教委員長 竹山繁夫君登壇〕


○総務文教委員長(竹山繁夫君) おはようございます。


 それでは、総務文教委員会の委員長報告をいたします。


 本委員会に付託されております「議案第52号」、「議案第53号」、「議案第54号」、「議案第57号」及び「議案第59号」、以上5件について審査の結果のご報告を申し上げます。


 「議案第52号 平成19年度黒部市一般会計補正予算(第3号)」については、原案を可とすることに決定。


 「議案第53号 専決処分の承認について」は、承認することに決定。


 「議案第54号 政治倫理の確立のための黒部市長の資産等の公開に関する条例及び黒部市情報公開条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。


 「議案第57号 黒部市立公民館条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。


 「議案第59号 新川広域圏事務組合規約の変更について」は、原案を可とすることに決定。


 以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしく審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


 以上、よろしくお願いします。


○議長(川上 浩君) 次に、生活環境委員長の報告を求めます。


 生活環境委員長、吉松定子君。


             〔生活環境委員長 吉松定子君登壇〕


○生活環境委員長(吉松定子君) おはようございます。


 生活環境委員会委員長報告をいたします。


 本委員会に付託されております「議案第52号中の所管部分」について、審査の結果をご報告申し上げます。


 「議案第52号 平成19年度黒部市一般会計補正予算(第3号)中歳出第3款民生費及び歳出第4款衛生費」は、原案を可とすることに決定。


 以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


○議長(川上 浩君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。


 産業建設委員長、内橋健治君。


             〔産業建設委員長 内橋健治君登壇〕


○産業建設委員長(内橋健治君) おはようございます。


 本委員会に付託されております「議案第52号中の所管部分」、「議案第55号」及び「議案第56号」、以上3件について、審査の結果をご報告申し上げます。


 まず、「第52号 平成19年度黒部市一般会計補正予算(第3号)中歳出第6款農林水産業費及び第7款商工費」については、原案を可とすることに決定。


 次に、「議案第55号 黒部市都市公園条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。


 次に、「議案第56号 黒部市営住宅条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。


 以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


○議長(川上 浩君) 次に、総合振興計画・行財政改革調査特別委員長の報告を求めます。


 総合振興計画・行財政改革調査特別委員長、稲田 弘君。


       〔総合振興計画・行財政改革調査特別委員長 稲田 弘君登壇〕


○総合振興計画・行財政改革調査特別委員長(稲田 弘君) 総合振興計画・行財政改革調査特別委員会の委員長報告をいたします。


 本特別委員会に付託されております「議案第58号」について、審査の結果をご報告申し上げます。


 「議案第58号 黒部市総合振興計画基本構想について」は、原案を可とすることに決定。


 以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


○議長(川上 浩君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 議題のうち、まず「議案第54号 政治倫理の確立のための黒部市長の資産等の公開に関する条例及び黒部市情報公開条例の一部改正について」、「議案第55号 黒部市都市公園の一部改正について」、「議案第56号 黒部市営住宅条例の一部改正について」及び「議案第57号 黒部市立公民館条例の一部改正について」、以上4件を一括して採決いたします。


 本4件に対する委員長の報告は、議案を可とするものであります。


 委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議案第54号」、「議案第55号」、「議案第56号」及び「議案第57号」以上4件は、原案のとおり可決されました。


 次に、「議案第52号 平成19年度黒部市一般会計補正予算(第3号)」を起立により採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。


 委員長の報告のとおり、原案を可とすることに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川上 浩君) 起立全員であります。


 よって「議案第52号」は、原案のとおり可決されました。


 次に、「議案第53号 専決処分の承認について」を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、承認であります。


 委員長の報告のとおり、承認することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議案第53号」は、承認することに決しました。


 次に、「議案第58号 黒部市総合振興計画基本構想について」を起立により採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。


 委員長の報告のとおり、原案を可とすることに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川上 浩君) 起立全員であります。


 よって、「議案第58号」は、原案のとおり可決されました。


 次に、「議案第59号 新川広域圏事務組合規約の変更について」を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。


 委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議案第59号」は、原案のとおり可決されました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第2、「認定第1号から認定第14号まで」、平成18年度各会計決算14件を一括議題といたします。


 本14件を付託した決算特別委員会の審査結果について、委員長から報告を求めます。


 決算特別委員長、松本正則君。


             〔決算特別委員長 松本正則君登壇〕


○決算特別委員長(松本正則君) 決算特別委員会委員長報告をいたします。


 9月11日、本特別委員会を開催し、正副委員長の互選並びに付託された平成18年度の各会計決算14件の審査方法などについて協議・調整したのであります。


 以下、経過及び結果をご報告申し上げます。


 まず、黒部市議会委員会条例第9条第2項に基づき、委員長の互選を行った結果、不肖・私が委員長に選任されたのであります。どうかよろしくお願いいたします。


 続いて、副委員長の互選を行った結果、辻 靖雄君が副委員長に選任されたのであります。


 次に、付託された平成18年度各会計決算14件の審査の方法について諮った結果、今定例会会期中に審査を終了することが困難であると認められましたので、議会閉会中の継続審査とし、慎重に審査すべきものと決定した次第であります。


 以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なるご決定を願う次第であります。


○議長(川上 浩君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 討論なしと認めます。


 お諮りいたします。


 「認定第1号から認定第14号まで」、平成18年度各会計決算14件に対する委員長の報告は、「議会閉会中の継続審査」であります。


 委員長の報告のとおり、「議会閉会中の継続審査」に付することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、「認定第1号から認定第14号まで」、平成18年度各会計決算14件は、「議会閉会中の継続審査」に付することに決しました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第3、「請願第3号」を議題といたします。


 本件を付託した産業建設委員会の審査の結果について、委員長から報告を求めます。


 産業建設委員長、内橋健治君。


             〔産業建設委員長 内橋健治君登壇〕


○産業建設委員長(内橋健治君) 本委員会に付託されてた「請願第3号」について、審査の結果をご報告申し上げます。


 「請願第3号 WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書について」は、慎重に審査した結果、請願の趣旨を認め、採択すべきものと決定。


 以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


○議長(川上 浩君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 討論なしと認めます。


 これより、「請願第3号 WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書について」を起立により採決いたします。


 本件に対する委員長の報告を採択であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川上 浩君) 起立全員であります。


 よって、「請願第3号」は採択とすることに決しました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第4、「議員提出議案第6号」を議題といたします。


 産業建設委員長から提案理由の説明を求めます。


 産業建設委員長、内橋健治君。


             〔産業建設委員長 内橋健治君登壇〕


○産業建設委員長(内橋健治君) 「議員提出議案第6号」について、提案理由の説明を申し上げます。


 「委員会提出議案第6号」は、WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書について」であります。


 意見書の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。


      WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書について


 WTO農業交渉は、本年1月以降、主要国の閣僚間で継続的に協議が行われるなか、ファルコナー農業交渉議長が7月17日に議長文書を提示したが、到底受け入れられる内容では無く、9月以降の再開された農業交渉非公式会合において、年末までのモダリティ確率に向けて、極めて緊迫した局面を迎えている。


 また、日豪EPA交渉は、8月6日から第2回交渉が実施され、次回会合の日程も予定されているが、我々が抱える不安に何ら配慮せず、EPA締結の加速化だけを目的とした偏った論調が国内で強まっている。


 こうしたなか、わが国の食料・農業・農村の将来方向を含めた政府の経済財政運営に関する「骨太の方針 2007」が6月19日に決定された。


 我々は、昨年決定した品目横断的経営安定対策など戦後農政の大転換を踏まえ、国際化が進展するなかで、構造改革に懸命に取り組んでいるところである。こうした努力が水泡に帰することのないよう、?輸入国の懸念を十分反映したWTO農業モダリティの確立。?農業構造改革の実態を踏まえたEPA交渉の対応。?わが国の農業・農村の将来を展望できる基本農政の確立が必要であり、下記事項の実現について強く要請する。


                    記


 1 輸入国の懸念を十分反映したWTO農業モダリティの確立


  (1)非貿易的関心事項の確実かつ具体的な反映


      多様な農業が共存し、世界各国において農業の多面的機能が十分発揮されるよう、非貿易的関心事項に十分配慮して、食料輸入国における食料主権を可能とする農産物貿易ルールを確立すること。


  (2)各国の状況を配慮に入れない上限関税の断固阻止


      国土・自然条件は各国によって制約がある。その格差は関税によって措置されるべきであり、自給率が低いG10諸国等の農業に壊滅的な打撃を与える上限関税の導入は断固阻止すること。


  (3)十分な数の重要品目の確保と柔軟な取り扱い


      世界各国における農業の多面的機能の発揮、非貿易的関心事項への配慮の観点から、十分な数の重要品目を確保すること。


      また、重要品目の取り扱いについては、品目毎の事情に応じ、関税削減と関税割当約束の組み合わせによって柔軟に対応できるスライド方式等を確保すること。


  (4)特別セーフガード(SSG)の堅持


      輸入急増を適切に調整する機能を果たしている特別セーフガードを堅持すること。


 2 農業分野に一方的なしわ寄せを求めないEPA交渉への対応


  (1)日豪EPA交渉における重要品目の例外措置の確保


      米、麦、牛肉、乳製品、砂糖などの重要品目について、「除外」または「再協議」の取り扱いを実現すること。


      また、豪州側がこれに十分配慮しない場合には、衆参農林水産委員会決議にもとづき、交渉を中断する断固たる対応を行うこと。


  (2)農業構造改革の実態を踏まえたEPAの検討


      EPA交渉の加速や早期妥結を目的化した、市場原理だけで全てがうまくいくという論調は断じて容認できない。


      国土・自然条件等の違いから、解消することのできない生産条件格差が存在することを十分踏まえ、構造改革の実態を踏まえたEPA交渉の検討を行うこと。


 3 わが国の農業・農村の実態に即した基本農政の確立


  (1)「農地を農地として利用する」農地政策の改革


      「農地を農地として利用する」ことを基本理念とした農地制度の見直しを行うとともに、担い手への農地の面的利用集積の加速化をはかるため、制度・予算・税制等の万全の対策を措置すること。


      また、「農地を農地として利用する」担保ができない株式の譲渡制限のない一般の株式会社の農地所有は認めないこと。


  (2)品目横断的経営安定対策等の着実な推進


      平成19年度からの品目横断的対策、米政策、農地・水・環境保全対策が、地域農業の振興と経営安定に資する政策効果について、徹底した検証を行い、必要な改善対策に取り組むこと。


      また、米の計画生産の徹底をはかるとともに、万一、需給が大幅に緩和した場合は、計画生産に取り組む担い手の所得確保対策など、万全な措置を講ずること。


  (3)国際化に対応した畜産・酪農対策、品目別対策の充実・強化


      飼料価格の高騰や国際化の進展に対応した畜産・酪農経営の確立対策の強化と万全な予算を確保するとともに、自給飼料増産の取り組みを強化すること。


      また、野菜・果樹等の安定供給と経営安定に向けた予算の確保など作目別対策を充実・強化すること。


  (4)自給率向上・農村活性化対策の充実・強化


      食の安全・安心、食農教育の推進、国産バイオマス、輸出対策等に関する総合的な支援措置を講ずること。


      また、新規就農の促進など農山漁村の活性化、都市農業の振興、鳥獣被害防止対策を講ずること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。


○議長(川上 浩君) これより「議員提出議案第(第6号)号」の質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております「議員提出議案第6号」につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託はいたしません。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 討論なしと認めます。


 これより、「議員提出議案第6号 WTO・日豪EPA・基本農政確立対策に関する意見書について」を起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川上 浩君) 起立全員であります。


 よって、「議員提出議案第6号」は、原案のとおり可決されました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第5、「議員の派遣について」を議題といたします。


 お手元に配付いたしました議員派遣一覧表のとおり、議員を派遣することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、議員派遣一覧表のとおり議員を派遣することに決しました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第6、「各常任委員会の議会閉会中の継続審査について」を議題といたします。


 各常任委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申し出一覧表のとおり、所管事務の審査について、議会閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各常任委員長からの申し出のとおり、継続審査に付することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員長からの申し出のとおり、議会閉会中の継続審査に付することに決しました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第7、「総合振興計画並びに行財政改革について」、「北陸新幹線の整備促進について」及び「自然環境の保全と観光振興について」、以上3件を一括議題といたします。


 本3件を付託した各特別委員会の審査の結果について、委員長から報告を求めます。


 まず、総合振興計画・行財政改革調査特別委員長の報告を求めます。


 総合振興計画・行財政改革調査特別委員長、稲田 弘君。


       〔総合振興計画・行財政改革調査特別委員長 稲田 弘君登壇〕


○総合振興計画・行財政改革調査特別委員長(稲田 弘君) 


 本特別委員会に付託されております総合振興計画並びに行財政改革について、ご報告を申し上げます。


 まず、7月23日、本特別委員会を開催し、総合振興計画前期基本計画の基礎資料となる施策検討用入力シート・ステップ2及びステップ3について提示を受け、資料の内容等の説明を受けたのであります。


 次いで、9月18日に本特別委員会を開催し、本特別委員会に付託されております「議案第58号 黒部市総合振興計画基本構想について」を審査したのであります。


 次に、総合振興計画前期基本計画の基礎資料となる施策検討用入力シート・ステップ2及びステップ3の修正箇所等について説明を受けた後、これらについての意見交換を行ったのであります。現在策定中の総合振興計画は、合併時に作成した新市建設計画を踏まえ、黒部峡谷、黒部川などの美しい自然環境を生かしながら、北陸新幹線新駅周辺整備をはじめ、市民ニーズに的確に対応した計画を策定することが大変重要であります。


 また、黒部市の最上位計画となる総合振興計画は、黒部市の新たなまちづくりを導き、実現していくための総合的な指針と位置づけ、その実効性が確保される必要があります。


 一方、行財政改革に目を向けますと、昨今の地方行政を取り巻く環境は、市民ニーズの高度多様化に加え、国の三位一体改革による国庫補助金及び地方交付税の削減など、大きく変化してきております。このような大きな転換期を迎えるに当たり、本市においても財政構造の見直しによる低コスト化と効率化を図りつつ、多様な市民ニーズに迅速に、かつ的確に対応できる暮らしの総合サービス業としての、簡素で効率的な市政運営の構築が喫緊の課題であります。このため本特別委員会では、今後とも付託事件であります総合振興計画並びに行財政改革についての審査が終了するまで継続すべきものと決定した次第であります。


○議長(川上 浩君) 次に、北陸新幹線整備促進特別委員長の報告を求めます。


 北陸新幹線整備促進特別委員長、岩井憲一君。


         〔北陸新幹線整備促進特別委員長 岩井憲一君登壇〕


○北陸新幹線整備促進特別委員長(岩井憲一君) 本特別委員会に付託され、継続審査に付されております「北陸新幹線の整備促進について」、ご報告を申し上げます。


 まず、7月10日及び11日の2日間にわたり、本特別委員会を開催し、10日に石井富山県知事ほか県の関係機関へ、翌11日には県選出国会議員及び国土交通省に対して、北陸新幹線の早期開通の実現。さらには新黒部駅(仮称)周辺整備とこれに伴うアクセス道路及び一般国道、入善黒部バイパスの整備促進について要望活動を行ったのであります。


 次に、9月15日、本特別委員会を開催し、冒頭に当局から6月定例会以後の経過について報告を受けたのであります。その概要を申し上げますと、7月3日、市農業委員会に対し、北陸新幹線周辺整備計画の説明が行われたこと。7月25日、北陸新幹線新駅周辺整備に係る地権者への北陸新幹線周辺整備計画説明会が行われたこと。8月20日、北陸新幹線新駅周辺整備区域の農振除外申請書が提出されたことなどの報告を受けたのであります。


 その後、当局を交えて、今後の事業促進の方向について意見交換をしたのであります。


 北陸新幹線は、地球環境に優しく、日本海国土軸の形成と国土の均衡ある発展に不可欠な国家プロジェクトであります。また、新川地域の飛躍的な発展と本市のまちづくりの要として欠かすことのできない公共高速交通機関であり、早期開通は黒部市民の悲願であります。このため、本特別委員会では、長野から白山総合車両基地までと福井駅部の早期完成と敦賀までの一括認可及びフル企画による整備を図るとともに、あわせて大阪までの整備方針を明確にし、早期に全線整備が図られますよう、市民や沿線自治体と連携して、国・県などに強く働きかけていくものであります。


 さらには、駅周辺整備が円滑に進捗するとともに、並行在来線の経営分離後の経営が成り立つよう、財政支援などについても国などに強く働きかけるものとし、今後とも付託事件の審査が終了するまで継続審査とすべきものと決定した次第であります。


○議長(川上 浩君) 次に、自然観光振興特別委員長の報告を求めます。


 自然観光振興特別委員長、松本正則君。


           〔自然観光振興特別委員長 松本正則君登壇〕


○自然観光振興特別委員長(松本正則君) 本特別委員会に付託され、継続審査に付されております「自然環境の保全と観光振興について」、審査の結果をご報告申し上げます。


 9月18日、本特別委員会を開催し、市当局から6月定例会以降の本特別委員会に係る経過について報告を受けたのであります。


 その概要を申しますと、まず自然環境関係では、6月30日から10月下旬まで、登山者が安全に通行できるよう、登山道の整備及びパトロールを続行していること。7月3日、第1回有害鳥獣対策協議会が開催され、被害防止対策を協議。8月9日には、若栗地内にモデル電気柵が設置されたこと。7月19日、黒部市バイオマスタウン推進協議会が開催され、バイオマスタウン構想策定委員会の設置について協議されたこと。8月4日、里山再生モデル林による森林整備活動として、里山の刈り払い作業を行い、あわせてモデル林の看板を設置したこと。また8月9日には、立山・黒部を愛する会が現地視察を行い、世界文化遺産登録についての認識を深めたこと。


 次に、観光振興関係では、7月13日、黒部ブランド審査会が開催され、黒部ブランド商品が新たに認定された16品目を加え、59品目となったこと。7月31日から8月3日にかけて、「名水の里 くろべ 子ども自然体験村」が開催され、東京都千代田区と市内の子供たちが、寝食をともにしながら、農業体験や自然体験などの活動を行ったこと。7月21日から9月2日までの毎日、観光シャトルバス「黒部・宇奈月温泉号」が運行されたこと。また9月15日から11月4日までの土日・祝日の19日間、黒部ワンコインフリーきっぷ「楽駅停車の旅」が新たにバス路線を加えて実施されていること。また10月13日、14日の両日、地域お越しイベントとして、「旬間・体感・まるごと黒部」が開催される予定であることなどであります。


 その後、当局と自然環境の保全や観光振興策などについて意見交換を行ったのであります。その中で、小水力発電の調査研究会の設置を受けて、自然環境の利活用として、また観光資源としての利用も含め、ぜひとも実現できるよう、研究・検討を進めていただきたいとの要望がありました。


 また、生地まち歩きや名水の里などの観光の出入り口としての機能を持つJR生地駅において、その活性化を図るべく、停車本数の増加につながるよう努力してほしいとの意見がありました。


 以上、本委員会といたしましては、今後とも下新川海岸保全事業や(仮称)水博物館構想の進捗に努めるとともに、国や県の動向を踏まえながら、立山・黒部地域の世界文化遺産登録への働きかけ、そして黒部川の流れに沿った山・川・海の貴重な自然環境の保全管理とこれら全国に誇り得る観光資源のPRのあり方並びに有効活用について、今後さらに調査する必要があると認め、付託されました事件の審査が終了するまで、継続審査すべきものと決定した次第であります。


○議長(川上 浩君) ただいまの各委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本3件に対する委員長の報告は、いずれも付託事件の審査が終了するまでの継続審査であります。


 委員長の報告のとおり、継続審査に付することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 ご異議なしと認めます。


 よって、本3件は、付託事件の審査が終了するまでの継続審査に付することに決しました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 日程第8、「議会運営に関する調査について」を議題といたします。


 本件を付託した議会運営委員会の調査の結果について、委員長からの報告を求めます。


 議会運営委員長、坂井 守君。


             〔議会運営委員長 坂井 守君登壇〕


○議会運営委員長(坂井 守君) 議会運営委員会委員長報告をいたします。


 本委員会に付託され、継続審査に付されております議会運営に関する調査について、その結果をご報告申します。


 本委員会は、7月23日に開催し、9月定例会の会期及び会議日程について協議をしたのであります。


 次に、8月30日に本委員会を開催し、9月定例会の市長提出議案8件、認定14件、報告1件の説明を受け、その付託委員会並びに請願1件の取り扱いについて協議をし、認定14件の審査のための決算特別委員会の設置について協議をしたのであります。


 また本日、本会議前に開催し、議員提出議案1件の取り扱い及び第17回日中友好富山県地方議員連名訪中団並びに平成19年度第2回市議会議員特別セミナーへの議員の派遣について協議したのであります。


 以上の審査事項を含め、本委員会では、議会運営の効率化等について引き続き調査する必要があると認め、議会閉会中も継続して審査すべきものと決定をした次第であります。


 以上です。


○議長(川上 浩君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件に対する委員長の報告は、議会閉会中の継続審査であります。


 委員長の報告のとおり、継続審査に付することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川上 浩君) ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、議会閉会中の継続審査に付することに決しました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(川上 浩君) 以上で、本日の日程はすべて終了し、本定例会に付議されました議案は、すべて議了いたしました。


 市長からごあいさつがございます。


               〔市長 堀内康男君登壇〕


○市長(堀内康男君) おはようございます。どちら様も大変ご苦労さまでございます。


 それでは、9月定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 秋の夜長も大変長くなりまして、虫の音が心地よい季節を迎えました。議員各位には、9月6日より15日間にわたり開会されました今議会におきまして、本会議、委員会、その他の会議において提案いたしておりました議案や本市が抱える諸般の問題など、真摯にご議論を賜りました。心から敬意を表する次第であります。


 なお、本定例会に提出いたしておりました補正予算案をはじめ条例、その他の案件につきまして、慎重なご審議を賜り、滞りなく議了されましたことに対し、心から感謝を申し上げます。


 また、審議の中で賜りましたご意見、ご要望などにつきましては、十分に調査・検討を加え、対処してまいりたいと考えております。


 特に、今定例会におきましては、新市の最上位計画として、合併当初よりさまざまな観点から検討を重ねてまいりました総合振興計画基本構想につきまして議決いただきました。策定に当たり審議会の皆様をはじめ各界各層代表の方々、そして市民の皆様のご支援・ご協力を賜りましたことに、改めて心から御礼を申し上げます。


 合併してよかったと思えるまちづくりが実現することは、市民の総意の願いであります。また、合併、そして新幹線時代を迎える100年に一度のこの大きな転換期をチャンスとしてしっかりと生かしながら、市民の参画と協働によるまちづくりという基本理念のもと、市民の皆様と行政とが、よりよいパートナーシップを築き、じっくり対応しながら、だれもが住みたい、そして暮らしたいと思える魅力的なまちづくりの実現に向けて鋭意努力してまいりたいと考えております。


 さて、本会期中の12日の安倍首相の突然の退陣表明には、私を含め多くの国民の皆様が大変驚かれ、このような形で安倍政権が幕引きしようとは、だれしもが予想し得なかったものと思います。


 23日には、新たな自民党総裁が選出される見込みでありますが、国政の混乱や政治の空白を1日でも短くするためにも、早急な新体制の構築に努めていただき、一刻も早く国民の期待に添える政治を行っていただきたいと願うものであります。


 いよいよスポーツの秋の訪れがありますが、秋とはいえ、まだまだ暑い日が続いております。これから各地区では、区民体育大会や保育所などでの運動会の開催が盛んになるシーズンとなりました。グラウンド上空を色鮮やかに飾る万国旗のもと、年齢を問わず選手たちが力いっぱい競い合う姿は、見ている人々に感動を与えてくれるものであります。


 10月21日は、市民体育大会の今期最終種目であります陸上競技の開催も予定いたしております。各地区選手の方々には精いっぱい力を出していただき、競い合っていただきたいと考えております。


 結びになりますが、議員の皆様におかれましても何かとご多用のこととは存じますが、余暇にはスポーツなどを通じて汗を流されるなど、どうぞ健康には十分ご留意されますとともに、ますますご活躍をされますことを心からご祈念いたしまして、閉会のごあいさつといたします。


 どうもありがとうございました。


○議長(川上 浩君) これをもって、平成19年第4回黒部市議会9月定例会を閉会いたします。


 どうもご苦労さまでした。





  閉  会  午前10時50分


────────────────────〇───────────────────





上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。





                    黒部市議会議長  川 上   弘





                    署名議員     山 本 達 雄





                    署名議員     吉 田 重 治