議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 黒部市

平成17年第3回臨時会(第1号 3月28日)




平成17年第3回臨時会(第1号 3月28日)





 






平成17年第3回黒部市議会(3月臨時会)会議録


平成17年3月28日(月曜日)





               議 事 日 程(第1号)


                           平成17年3月28日(月)


                           午前10時開議


 第1  会議録署名議員の指名


 第2  会期の決定


 第3  議案第31号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合について


     議案第32号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合に伴う財産処分に関す


            る協議について


     議案第33号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合に伴う議会の議員の定


            数等に関する協議について


     議案第34号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合に伴う農業委員会の選


            挙による委員の定数等に関する協議について


       (4件 提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、表決)


────────────────────〇───────────────────


本日の会議に付した事件


    黒部市助役の選任について


────────────────────〇───────────────────


本日の出席議員     18人


     1番 辻   靖 雄 君       2番 寺 田 仁 嗣 君


     3番 吉 松 定 子 君       4番 伊 東 景 治 君


     5番 辻   泰 久 君       6番 中 田 利 次 君


     7番 橋 本 文 一 君       8番 牧 野 和 子 君


     9番 松 原   勇 君      10番 山 内 富美雄 君


    11番 山 本 達 雄 君      13番 中 谷 松太郎 君


    14番 吉 田 重 治 君      15番 稲 田   弘 君


    16番 岩 井 憲 一 君      17番 新 村 文 幸 君


    19番 森 岡 英 一 君      20番 山 本 豊 一 君


────────────────────〇───────────────────


本日の欠席議員    な し


────────────────────〇───────────────────


説明のため出席した者


 市長部局


  市長          堀 内 康 男 君


  助役          安 原 宗 信 君


  収入役         木 島 孝 正 君


  総務部長        稲 澤 義 之 君


  民生部長        松 井 喜 治 君


  産業部長        森 岡 辰 清 君


  建設部長        能 登 健 次 君


  上下水道部長      中 谷 三 嗣 君


  総務部次長総務課長   平 野 正 義 君


  総務部次長財政課長   名 越   誓 君


  産業部次長商工観光課長 石 川 幹 夫 君


  建設部次長都市計画課長 山 田 丈 二 君


  保険年金課長      高 野 良 宗 君


  下水道課長       小 崎 敏 弘 君


  総務課長補佐      滝 沢 茂 宏 君


 病  院


  市民病院事務局長    高 桜 英 輔 君


  市民病院事務局長    島   邦 夫 君


  市民病院事務局次長   荻 野 佳 秀 君


 消防本部


  消防長消防監      田 中 幹 夫 君


  消防本部次長      稲 垣 勝 夫 君


 教育委員会


  教育委員長       廣 瀬 捷 負 君


  教育長         本 多 省 三 君


  教育部長        平 野   忍 君


  事務局次長生涯学習課長 柳 川 一 成 君


 監査委員         木 下 光 久 君


────────────────────〇───────────────────


職務のため議場に出席した事務局職員


  事務局長        吉 本   昭 君


  事務局次長       幅 口 文史朗 君


  主  任        橋 本 正 則 君


  主  事        能 登 隆 浩 君


────────────────────〇───────────────────


              開 会 の 宣 告


  午前10時04分





○議長(山本豊一君) おはようございます。


 本日、3月臨時会が招集されましたところ、ただいまの出席議員は「全員」であります。


 定足数に達しましたので、これより平成17年第3回黒部市議会3月臨時会を開会いたします。


────────────────────〇───────────────────


              開      議


  午前10時04分





○議長(山本豊一君) これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


 念のため、事務局長に朗読させます。


 事務局長。


            〔事務局長 吉本 昭君 議事日程朗読〕


────────────────────〇───────────────────


○議長(山本豊一君) 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、「稲田 弘君」、「岩井憲一君」を指名いたします。


────────────────────〇───────────────────


○議長(山本豊一君) 日程第2、「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日「1日間」といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日「1日間」と決定いたしました。


────────────────────〇───────────────────


○議長(山本豊一君) 日程第3、「議案第31号から議案第34号まで」以上4件を一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 市長、堀内康男君。


               〔市長 堀内康男君登壇〕


○市長(堀内康男君) おはようございます。どちら様も大変ご苦労さまでございます。


 本日ここに、平成17年第3回黒部市議会3月臨時会を招集いたしましたところ、議員各位のご参集を賜り、付議いたしております案件につきまして、ご審議いただきますことに対し、深く敬意を表するものであります。


 それでは、本臨時会に提案いたしております議案についてご説明を申し上げます。


 今日、自治体を取り巻く環境は、少子高齢化や人口減少等、大変厳しい状況にあります。このような中にあって、住民にもっとも身近な市町村は、合併によるスケールメリットを生かすことにより、行財政の効率化と行政機能の高度化を図り、住民サービスの一層の充実を目指すべきと考えております。


 このことから、黒部市並びに宇奈月町におきましては、本年2月16日に黒部市・宇奈月町合併協議会を設置し、合併協議を開始いたしました。


 以来、2月26日の第2回協議会から3月19日まで、毎週土曜日合計5回の協議会を開催し、鋭意協議を重ねてまいったところであります。


 その結果、県知事申請に必要な項目や住民生活に直接関わる項目等、22項目の協議を終えることができたのであります。


 なお、未協議の項目につきましても、合併協議会で確認されている「対等の立場でお互いを尊重し、相互の信頼と信義に基づき協議を進める。」という合併協議における基本姿勢に基づき、4月以降の協議会で順次協議され、本年10月までにすべての協議を終了できるものと考えております。


 このことから、去る3月26日、黒部市・宇奈月町合併協議会委員の皆さんの立ち会いのもと、県知事をはじめ多くのご来賓の皆様のご臨席を賜り、合併調印式を盛大に挙行することができました。


 式では、経過報告と協定内容について説明がなされた後、両市町長が合併協定書の調印を行うとともに、立会人として両市町議会議長をはじめ全合併協議会委員の皆様に署名を行っていただきました。


 これにより、地方自治法などの規定に基づき、「議案第31号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合について」外、「議案第32号から議案第34号まで」、3件の合併関連議案を提出するものであります。


 これらの案件を両市町議会で議決をいただいた後、今月末までに富山県知事に合併の申請を行いたいと考えております。


 今後とも、夢と希望にあふれた光り輝く未来を創造するため、市民の皆様並びに議員各位のご支援とご協力をお願いするものであります。


 以上、今臨時会に提案いたしました議案につきまして、ご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、適切な決定を賜りますようお願い申し上げて、提案理由とさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。


○議長(山本豊一君) これより質疑を行います。まず「議案第31号」及び「議案第32号」以上2件を一括して質疑を行ないます。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) 質疑なしと認めます。


 次に、「議案第33号」及び「議案第34号」以上2件を一括して質疑を行ないます。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております「議案第31号から議案第34号まで」以上4件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) ご異議なしと認めます。


 よって、「議案第31号から議案第34号まで」以上4件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 これより討論を行います。


 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。


 17番、新村文幸君。


               〔17番、新村文幸君登壇〕


○17番(新村文幸君) おはようございます。


 本臨時会において提案されております、「議案第31号」、「議案第32号」、「議案第33号」、「議案第34号」、以上4件について、一新会、新世紀の会、並びに市民クラブを代表いたしまして、私は賛成の立場から討論をいたします。


 昨年8月、荻野前黒部市長の辞任による市長選におきまして、合併の重要性、必要性を強く訴えられました堀内市長は、多くの市民からの信託を得、見事当選されました。


 就任後は、精力的に新川地区の首長に合併を呼びかけ、住民に対しまして「市町村合併」をテーマとしたタウンミーティングの開催。また、今年1月に宇奈月町から合併協議の場に着きたいとの表明があってからは、その後、1市1町の合併について広く住民の意見を聞くため、市内3カ所で住民説明会を開催されるなど市民、市、議会がこの合併問題について共通認識を深めながら一体となり、実現に向けて協議を進めてこられたのであります。


 いずれの場においても、合併推進の賛同を大多数得られ、2月には黒部市・宇奈月町合併協議会を設置、その後、6回にわたり、合併申請に必要な基本4項目等、22項目について協議を重ね、先日26日に無事、合併協定調印式が執り行われたのであります。そして、今臨時会において合併関連議案の提案の運びとなったのであります。


 堀内市長には、今回の合併実現に向けて、その手腕を遺憾なく発揮されていますことに対し、深く敬意を表するものであります.


 さて、黒部市と宇奈月町は、歴史的、地理的にも関わりが深く、また毎日の住民生活においても、通学、通勤、通院、買い物など、一体的な生活圏を構成しており、黒部市、宇奈月町の合併は極めて自然な成り行きであります。また、9年から10年後に開通する北陸新幹線をかんがみますと、観光、産業などの発展には、これまで以上に一貫した地域づくりが必要であり、合併により宇奈月町と一体となって、それに邁進することが求められるのであります。


 さらに、今回の合併実現による地方交付税や合併特例債などの合併特例法による優遇措置が受けられることを考慮しても、黒部市と宇奈月町との合併は、子々孫々に誇ることができる夢と希望に満ちたすばらしい地域をつくり上げるまたとない機会であり、「大自然のシンフォニー 文化・交流のまち 黒部」の名のもと、我々議員といたしましても平成18年3月31日の新「黒部市」誕生に向け、市長をはじめとする当局と一丸となって努力してまいる所存であります。


 以上、黒部市・宇奈月町の将来が栄えあるものとなりますよう祈念いたしまして、本臨時会に提案されている議案4件に対する賛成討論といたします。


○議長(山本豊一君) 以上で、通告による討論は終わりました。


 ほかに討論はありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。まず、「議案第31号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合について」を、起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(山本豊一君) 起立多数であります。


 よって「議案第31号」は、原案のとおり可決されました。


 次に、「議案第32号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合に伴う財産処分に関する協議について」を、起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(山本豊一君) 起立多数であります。


 よって「議案第32号」は、原案のとおり可決されました。


 次に、「議案第33号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合に伴う議会の議員の定数等に関する協議について」を、起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(山本豊一君) 起立多数であります。


 よって「議案第33号」は、原案のとおり可決されました。


 次に、「議案第34号 黒部市及び下新川郡宇奈月町の廃置分合に伴う農業委員会の選挙による委員の定数等に関する協議について」を、起立により採決いたします。


 本件については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(山本豊一君) 起立多数であります。


 よって「議案第34号」は、原案のとおり可決されました。


 議事の都合により暫時休憩いたします。





  休  憩  午前10時22分


  再  開  午前10時24分


  出席人数  18人





○議長(山本豊一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 お諮りいたします。


 ただいま市長から、「議案第35号 黒部市助役の選任について」が提出されました。


 「議案第35号 黒部市助役の選任について」は、緊急を要しますので、急施事件と認め、この際、日程に追加し議題といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) ご異議なしと認めます。


 よって「議案第35号 黒部市助役の選任について」を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 「議案第35号」を議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 市長、堀内康男君。


               〔市長 堀内康男君登壇〕


○市長(堀内康男君) 議員の皆様方には引き続き大変ご苦労さまでございます。


 それでは、ただいま追加提案いたしました議案につきましてご説明申し上げます。


 「議案第35号 黒部市助役の選任について」であります。


 このたび、3月31日をもって退任することとなられました、安原宗信助役の後任といたしまして、「富山市水橋朝日町1342番地 室谷智明さん」を選任いたしたいので、議会の皆様方のご同意をお願いするものであります。


 安原助役には、平成6年5月から10年11カ月という長きにわたり、この激動の時代を黒部市助役として、黒部市勢の発展に多大なるご尽力を賜りました。


 ここに、心より感謝を申し上げるものであります。


 以上、追加提案いたしました議案につきまして説明申し上げましたが、よろしくご審議のうえ、適切なご決定を賜りますようお願い申し上げて提案理由といたします。


 よろしくお願いいたします。


○議長(山本豊一君) これより「議案第35号」の質疑を行ないます。


 質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております、「議案第35号」につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) ご異議なしと認めます。


 よって「議案第35号」につきましては、委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論を行ないます。


 討論はありませんか。


              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) 討論なしと認めます。


 これより「議案第35号 黒部市助役の選任について」を採決いたします。


 本件は、これに同意することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山本豊一君) ご異議なしと認めます。


 よって「議案第35号」は、これに同意することに決しました。


 助役、安原宗信君よりごあいさつがあります。


               〔助役 安原宗信君登壇〕


○助役(安原宗信君) 本日、黒部市と宇奈月町の配置分合などを議題とする歴史的な臨時議会におきまして、私に退職のあいさつの機会を与えいただきまして、まことにありがとうございました。


 昨年8月、市長がかわられましたことを機会に、かねてから私の進退について堀内市長にご相談申し上げておりましたところ、このたびお許しが出ましたので、ここに助役を退職させていただくこととなった次第でございます。


 私が、平成6年5月に黒部市助役に選任されて以来、先ほどもありましたように、早くも10年11カ月になります。その間、なんらなすこともなく退職いたしますことは、誠に心苦しく申しわけないという気持ちでいっぱいでございます。


 しかし、私の退職は、市制半世紀の節目である50周年が無事に幕を下ろすこと、宇奈月町との合併協議に道筋がつけられたこと、また、私自身の齢が70歳の節目を迎えることから、この際、かくすることが出処進退を潔くするゆえんのものであると考えておりまして、今日に至ったわけでございます。


 私の勝手な振る舞いにつきましては、何とぞお許しを賜りたいと存じます。


 顧みますと、私が助役に就任いたしました当時は、時あたかも黒部市制40周年の年でありました。市政は都市機能のさらなる充実に向けた課題を抱えておりましたし、バブル経済の終えんとともに地方分権の流れが押し寄せ、地方自治を取り巻く環境が胎動しはじめた時期でもありました。


 私は、このような情勢の中におきまして、当時の荻野市長のもと、助役として「名水の里 住みよい黒部」の実現に向けた諸般の行政に参画してまいりました。


 しかし、市長を補佐する立場にありながらも、郷土と市民をこよなく愛し、黒部の名水にこだわりぬかれた荻野前市長のお心持ちに沿いきれず、逆にご迷惑やお世話をかけた場面が今も走馬燈のように浮かんでまいります。


 また、市議会の皆さま方には、市民の代表として温かいご指導をいただき、私の視線や感覚を市民の実生活に向けていただきましたことに対しまして、言葉では言い尽くせぬ感謝の念を抱いております。本当にありがとうございました。


 さらに、職員の皆様には、行政を取り巻く情勢が激変する中にあって、広域行政や市町村合併の推進、行財政改革への取り組みなど、非力な私にとりましては、手に余る厳しい試練の連続でもありました。ときには、職員に対して限界を越える忍耐や努力も要請してまいりました。このような無理難題に対しても、その時々の課題を直視し、すぐれた行動力をもって私を助けていただいた職員のご苦労も生涯忘れ得ぬものとなりました。


 かくいたしまして、荻野前市長、堀内市長並びに市議会議員の皆様方の温かいご指導のもと、職員とともに互いに苦労を分かち合い、励まし合いながら、市町村合併の実現に一意専心することができましたことは、私にとりまして畢生の光栄であります。心骨に刻す思い出になるものであります。


 今日までご指導をいただきました皆様方に対し、改めて厚くお礼を申し上げる次第でございます。


 私は、3月31日をもって皆さまともお別れをいたしますが、今日までの不行き届きは幾重にもお許しを賜り、今後とも相変わらずのご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。


 また、今ほど議会の同意を得られた後任の室谷さんは、県職時代、連続8年間机を並べた間柄であります。温厚でかつ聡明にして、その指導力も高く評価される方であり、私同様に力強いご支援を賜りますように、切にお願い申し上げるものでございます。


 最後に、謹んで黒部市の限りなき発展を祈念いたしますとともに、皆様方がいつまでもご健康で、「大自然のシンフォニー 文化・交流のまち 黒部」をキャッチフレーズとする新市の誕生と建設にご活躍くださいますことを心からお願い申し上げまして、甚だ意を尽くしませんが、退職のごあいさつといたします。


 本当にどうもありがとうございました。


○議長(山本豊一君) どうもありがとうございました。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 市長からごあいさつがあります。


 市長、堀内康男君。


               〔市長 堀内康男君登壇〕


○市長(堀内康男君) 市議会3月臨時会の閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 まず、今臨時会におきまして、提案いたしておりました宇奈月町との合併申請に向けた案件につきまして、慎重なご審議を賜りまして、滞りなく議了、同意いただきましたことに心から感謝申し上げるものでございます。


 3月末までの県知事への合併申請につきましては、できるだけ早く行いたいと考えておりますのでよろしくお願い申し上げます。


 私たち両市町は、新市におきましても、豊かな自然環境や歴史、文化、観光資源など貴重な資産を活用して新たな活力と魅力を創造し、地域が主体となり考え、行動することを基本としながら「共生・活力・安心」のまちづくりを推進しようと考えております。


 来年3月の新市誕生に向けて、住民の皆様により一層のご理解を深めていただくよう、引き続き全力を上げて取り組んでまいる所存でありますので、今後とも市民の皆様、並びに議員各位のご支援とご協力をお願いいたします。


 また、3月31日をもって退任されることとなりました、安原宗信助役には、昨今の厳しい行政環境のなか、市の行政運営の要として、いかんなく手腕を発揮されまして、その職務を務めていただきました。


 黒部市勢の発展に尽くしていただきました功績は、まことに多大であります。この場をおかりしまして、深く深く感謝を表するものであります。


 また、議会のご同意を得まして、このたび、黒部市助役となられます室谷新助役には、今まで県行政で培われてこられました豊富な経験を生かし、その職務に全力を尽くされることを市民の皆様とともに期待し、また、お願いをするものであります。


 三寒四温の気候のきょうこのごろでありますが、春は一歩一歩近づいてきております。


 サクラのつぼみもふくらむ暖かさになってまいりました。議員の皆さんには、毎日、多忙な日でありますが、どうぞ健康に十分ご留意くださいまして、ご活躍いただきますよう、心からご祈念申し上げて、一言閉会の言葉にかえさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


○議長(山本豊一君) これをもちまして、平成17年第3回黒部市議会3月臨時会を閉会いたします





  閉  会  午前10時37分


────────────────────〇───────────────────





上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。





                    黒部市議会議長  山 本 豊 一





                    署名議員     稲 田   弘





                    署名議員     岩 井 憲 一