議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 滑川市

平成21年 9月定例会(第4号 9月18日)




平成21年 9月定例会(第4号 9月18日)





 
                  平成21年9月


          滑川市議会定例会会議録 第4号





平成21年9月18日(金曜日)


         ──────────────────────


             議 事 日 程   第 4 号


                       平成21年9月18日(金)午後1時30分開議


第 1  委 員 長 報 告


       総務文教消防委員長


       産業厚生建設委員長


       決算特別委員長


      質       疑


      討       論


      採       決


 第 2  議案の追加提案


      議案第74号 滑川市教育委員会の委員の任命について


       提案理由説明


      採       決


 第 3  議員提出議案第3号 身近な地域で安心して妊娠・出産できる制度の充実を


               求める意見書


      提案理由説明


      質       疑


      討       論


      採       決


 第 4  議員提出議案第4号 地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見


                書


      提案理由説明


      質       疑


      討       論


      採       決


         ──────────◇──────────


               本日の会議に付した事件


 日程第1 委 員 長 報 告


       総務文教消防委員長


       産業厚生建設委員長


       決算特別委員長


      質       疑


      討       論


      採       決


 日程第2 議案の追加提案


      議案第74号 滑川市教育委員会の委員の任命について


      提案理由説明


      採       決


 日程第3 議員提出議案第3号 身近な地域で安心して妊娠・出産できる制度の充実を


                求める意見書


      提案理由説明


      質       疑


      討       論


      採       決


 日程第4 議員提出議案第4号 地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見


                書


      提案理由説明


      質       疑


      討       論


      採       決


         ──────────◇──────────


出席議員(16名)


    1番 高 木 悦 子 君    2番 原     明 君


    3番 岩 城 晶 巳 君    4番 中 島   勲 君


    5番 古 沢 利 之 君    6番 浦 田 竹 昭 君


    7番 開 田 晃 江 君    8番 中 川   勲 君


    9番 澤 谷   清 君    10番 砂 原   孝 君


    11番 野 末 利 夫 君    12番 高 橋 久 光 君


    13番 前 田 新 作 君    14番 上 田 昌 孝 君


    15番 相 川 隆 二 君    16番 島 川   実 君


欠席議員(なし)


         ──────────◇──────────


             説明のため出席した者の職・氏名


  市   長             中 屋 一 博 君


  副 市 長             出 村 眞佐範 君


  総務部長              竹 野 博 和 君


  総務課長              池 本   覚 君


  総務部参事財政課長事務取扱     小 幡 卓 雄 君


  税務課長              荒 木   隆 君


  産業民生部長            坪 川 宗 嗣 君


  産業民生部参事市民課長事務取扱   和 泉 武 義 君


  産業民生部参事生活環境課長事務取扱 高 辻   進 君


  産業民生部次長福祉課長事務取扱   若 林 克 己 君


  高齢介護課長            山 下 貴 章 君


  農林課長              新 村   剛 君


  建設部長              梶 谷 正 夫 君


  まちづくり課長           宮 川   潮 君


  建設部参事上下水道課長事務取扱   菅 沼   勉 君


  会計管理者会計課長事務取扱     中 川 友 明 君


  消防長職務代理者          飛   三津夫 君


  消防署長              石 原 雅 雄 君


  教育委員長             渡 辺 祐 一 君


  教 育 長             中 屋 久 孝 君


  教育次長学務課長事務取扱      佐 藤 孝 男 君


  生涯学習課長兼スポーツ課長     奥 野 博 幸 君


         ──────────◇──────────


         職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名


  事務局長              大 黒 隆 文


  局長補佐              成 瀬 久 之


  主査                落 合 真理子


  主事                角 井 理 香


         ──────────◇──────────





◎午後1時30分開議





○議長(砂原 孝君)  ただいまから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


         ──────────◇──────────





◎委員長報告





○議長(砂原 孝君)  日程第1、各委員会における案件の審査の経過並びに結果について、各常任委員長並びに決算特別委員長から報告を求めます。


 総務文教消防委員長 中川勲君。


     〔総務文教消防委員長 中川 勲君登壇〕


○総務文教消防委員長(中川 勲君)  総務文教消防委員会を開催いたしましたので、結果を報告いたします。


 日時は9月8日火曜日午前10時から。場所は大会議室であります。出席委員は、高木悦子委員、開田晃江委員、澤谷清委員、砂原孝委員、野末利夫委員、高橋久光委員、島川実委員、そして中川勲。よって、欠席委員はありません。説明のため出席した者は、中屋市長、中屋教育長、竹野総務部長、佐藤教育次長、中川会計管理者、小幡財政課長、寺崎監査事務局長、飛消防長職務代理者、池本総務課長、荒木税務課長、石原消防署長、奥野生涯学習・スポーツ課長、杉田企画情報課主幹。


 案件並びに結果


 付託案件


 (1)議案第66号 平成21年度滑川市一般会計補正予算(第2号)


            第1表 歳入全部 歳出 第2款 総務費、第10款 教育費、


                第12款 公債費


            第2表 地方債補正


 (2)議案第70号 滑川市自転車駐車場条例の一部を改正する条例の制定について


 以上の2議案につきましては、慎重審査の結果、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上であります。


○議長(砂原 孝君)  産業厚生建設委員長 相川隆二君。


     〔産業厚生建設委員長 相川隆二君登壇〕


○産業厚生建設委員長(相川隆二君)  産業厚生建設委員会の開催結果について、ご報告を申し上げます。


 日時は9月9日水曜日でございます。午前10時から。場所は大会議室でございます。委員は全員出席でございますので、欠席者はだれもおりません。説明のため出席した者は、中屋市長、出村副市長、坪川産業民生部長、梶谷建設部長、以下、記載の課長の皆さんです。


 案件並びに結果


 付託案件


 (1)議案第66号 平成21年度滑川市一般会計補正予算(第2号)


           第1表 歳出 第3款 民生費、第4款 衛生費、第6款 農林水産業費、第8款 土木費、第13款 諸支出金


 (2)議案第67号 平成21年度滑川市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


 (3)議案第68号 平成21年度滑川市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


 (4)議案第69号 平成21年度滑川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)


 (5)議案第72号 市道の路線認定及び廃止について


 以上5議案につきましては、慎重審査の結果、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上で報告を終わります。


○議長(砂原 孝君)  決算特別委員長 島川実君。


     〔決算特別委員長 島川 実君登壇〕


○決算特別委員長(島川 実君)  決算特別委員会開催結果について、報告をいたします。


 開催日時、9月10日午前10時より。場所、大会議室。出席委員、相川隆二委員、原明委員、開田晃江委員、中川勲委員、上田昌孝委員、それと島川であります。欠席委員はなしであります。説明のため出席した者、竹野総務部長ほか、記載のとおりであります。次に、9月11日、大会議室で。出席委員、全員。そして、説明のため出席した者も、さきに述べたとおりであります。次いで、9月15日、場所は大会議室。出席委員、全員。説明のため出席した者、竹野総務部長ほか、記載のとおりであります。次いで、9月16日、場所は大会議室及び現地調査、並びに伝票等書類審査を行いました。出席委員は全員であります。説明のため出席した者は、竹野総務部長ほか、記載のとおりであります。


 付託案件


 議案第71号 平成20年度滑川市各会計決算の認定について


 <審査の結果>


 平成20年度滑川市各会計決算について、決算特別委員会を開催し関係職員から説明を聞くとともに、関係諸帳簿及び証拠書類などの提出を求め、決算の内容について審査を行いました。


 その結果、各会計決算については、議決予算に基づいて適正に執行され、計画された事業は概ね所期の成果を挙げているとともに、行政効果も達成されたものと認め、決算特別委員会に付託された各会計決算については、賛成全員により認定すべきものと決しました。


 なお審査にあたり、個々に指摘した事項及び全庁的に取り組む事項については、行財政改革の推進に合わせ、今後尚一層の検討を要望するものであります。


 また、今後改善を求める事項については次のとおりですが、各指摘事項を充分検証し、新年度予算に反映されるよう尽力願います。


 今後改善を求める事項


 [歳入]


1 市税及び国民健康保険税については、厳しい経済環境ではあるが、引き続き徴収に努力され、所得の源泉の把握、差押えの実施など厳正に対処され収納率の向上に努められたい。


2 市営住宅の家賃滞納について、連帯保証人制度を効果的に活用され、時効による取立不能(不納欠損)とならないよう留意されたい。また、多額の滞納者に対し法的手段等による滞納額の減少に鋭意努力をされたい。


3 国民健康保険税、上下水道使用料、下水道事業受益者負担金の収納率向上に努められたい。


4 市の未利用地、特に旧水産試験場跡地や区画整理地内の保留地については処分を早急に実施し、財源確保のため鋭意努力されたい。


 [歳出]


1 超過勤務調べの報告書では、職員の超勤時間が依然として多い。仕事量と人員配置を十分に検討され、週休・休日の振替等により超勤時間数の縮減を図られたい。


2 時勢に従い補助金交付団体の実態が変化しているにもかかわらず、依然として前年踏襲の補助が続けられているケースがある。団体補助の内容を見直し、活動実態や状況に見合ったものになるよう検討されたい。また、同じような事業に補助金の名称が多すぎて中身がわからないなど、事業内容が解るよう事業名の精査をされるよう努められたい。


3 財産に関する調書について、地上権の記載がなされていない。財産を確実に把握するためにも、今後、明記するよう努められたい。また、有価証券に対して、額面表記だけでなく実勢価格を明記するよう努め、必要でない株を精査し、早急に処分することを検討されたい。


4 不動産取得に係る議決要件は、面積5,000平方メートル以上、及び金額2,000万円以上の物件となっている。平成20年度中に寄付を受けた不動産物件「滑川市野町250番地 外1筆・地目(田)、面積2,238平方メートル(約678坪)」は、宅地推定価格約7,000万円と目される。


  今後は、寄付を含む不動産取得については、面積、または金額のいずれかの要件を満たせば、担当委員会に報告することとされたい。


5 コミュニティ番組制作については、予算の制約もあるが、地域に根ざした魅力ある番組制作を目指し、身近な話題の提供、独自取材など、内容の改善を図り、市民に愛される番組となるよう努力されたい。


6 老朽化著しい児童館の改築や、寿泉閣解体後の跡地利用を含めた行田公園周辺(未買収地区含む)の活用計画を早期に策定し、示されたい。


7 独居老人緊急通報装置と高齢福祉推進員制度の効果的かつ実効性を高めるため地理的な適正配置(近距離配置)を十分考慮し、制度を活かすよう努められたい。


8 福祉見回り隊とケアネット事業(社会福祉協議会)の区分が曖昧なので、事業の精査について検討されたい。


9 高齢者の生きがいづくりや、健康維持といった観点から、市内民間公衆浴場の経営存続を図るため、公衆浴場設備改善補助金の補助率を上げるなど、早急な支援策を講じられたい。


10 食生活改善推進事業について、以前は食生活の向上を目的としていたが、今後は、食育を取り入れた事業の推進、強化を図り、医療費の抑制や縮減、健康増進への寄与を目指されたい。


  また、当市の地産地消における学校給食用の野菜の納入品目は15品目であるが、目標の30品目には程遠い。学校給食用蔬菜園の拡大を図られたい。


11 厚生連滑川病院は、市民病院的な性格を持つ重要な医療機関にもかかわらず助成金が少ない。産婦人科医師の減少や内科の医師が6人から3人になるなど病院としての機能の脆弱化が見られる。市内で「産み、育てる」という場を維持し、少子化に歯止めをかけていくためにも、市の助成等の拡充を検討されたい。


12 資源再利用推進報奨金については、実際、リサイクル等の仕分け作業を町内会のボランティアが行っていることを鑑み、広域圏から来る報奨金の全てを各町内会に渡し、行政側の事務的経費は行政が負担するよう見直されたい。


13 新川育成牧場への預託牛は、数年前から実績が無い状態にもかかわらず、毎年約12,000千円を支払い続けている。当該組合からの離脱なども視野に入れ、検討されたい。


14 開館以来10数年、入場者数の逓減傾向にある「ほたるいかミュージアム」「タラソピア」は観光施設であり、市民の憩いの場でなければならない。市民に愛される公共施設を目指し、早急に公募した市民を含めて構成する「再生プログラムPT」を立ち上げ、サバイバルプランを作成するなど、真の再生への道を模索し、推進されたい。


  また、富山県と市がタイアップして取り組む「メタボリック症候群に対する海洋深層水温浴の効果に関する共同研究」はタラソピアの浮沈に関わる起爆剤となり得るものであることを踏まえ、徹底した調査研究のうえ、早期に学術的根拠を提供できるよう努められたい。


15 近年、商店街改造資金の貸し出し実績が見られない。実績のない貸付金は、存廃を含め検討されたい。


16 寄付を受けた経緯もあり「菖蒲のまち滑川」に、ふさわしい維持管理の充実を図られたい。


17 市道用地買収に係る抵当権の一部抹消経費負担について、売主負担か市(原因者)負担の是非について、検証されたい。


18 消防署職員は、「消防のプロ」であることを認識し、消防施設設備点検等の消防に関する資格取得に努め、点検等については消防職員自らが行うよう検討されたい。


19 将来予想されるインフルエンザ処置や化学災害に備え、消防署保有の化学消防服について、購入の年次計画を立てて増加を図り、実際に定期訓練等で使用するなど、有事の際に備えられたい。


20 郷土芸能を伝承するため、補助金の増額を検討されたい。


21 国民健康保険事業及び介護保険事業については、市が単独で事業を実施しているが、今後については、広域連合などによる事業実施を検討されたい。


22 国民健康保険事業における医療費・保険給付費の抑制、縮減を図り、加入者負担の軽減につなげるためにも、後発医薬品の導入等の情報収集に努め、利用促進について検討されたい。


23 介護保険において、要介護度4、5などの方が、所得税の障害者控除対象であることなど、市民に周知されていない制度が多々ある。情報弱者である高齢者や障がい者に不利益にならないよう、周知徹底を図られたい。


24 工業団地造成事業について、企業からの要請で造成するのであれば、造成する前に、リスクを避けるため慎重を期して企業との覚書きや仮契約などを行ってから事業を推進されたい。


25 水道老朽管の布設替工事は、今後できるだけ早期に計画的に実施し、市民生活の安心・安全な飲料水確保に努力されたい。


 以上であります。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの各常任委員長並びに決算特別委員長の報告に対し、質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、議案第66号から議案第72号までの討論に入ります。


 討論については通告がありませんので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決


(議案第66号〜議案第72号)





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議案第66号平成21年度滑川市一般会計補正予算(第2号)から議案第72号市道の路線認定及び廃止についてまでの7議案を一括して採決いたします。


 以上の諸案件に対する各委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決または認定であります。


 以上の諸案件を各委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第66号から議案第72号までの7議案は、各委員長の報告のとおり可決または認定されました。


         ──────────◇──────────





◎議案の追加提案(議案第74号)





○議長(砂原 孝君)  ただいま市長から、議案第74号滑川市教育委員会の委員の任命についてが追加して提案されました。


 議案書を配付しますので、しばらくお待ち下さい。


     〔事務局職員、議案書配付〕


○議長(砂原 孝君)  日程第2、議案第74号滑川市教育委員会の委員の任命についてを上程議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  市長より提案理由の説明を求めます。


 中屋市長。


     〔市長 中屋一博君登壇〕


○市長(中屋一博君)  ただいま追加して提案いたしました議案についてご説明申し上げます。


 議案第74号は、滑川市教育委員会の委員の任命についてであります。


 滑川市教育委員会の委員のうち1名が平成21年10月18日をもって任期が満了しますので、今回、浦田久美子君を適任と認め任命したいので、議会の同意を求めるものであります。


 なにとぞ、慎重ご審議のうえ、適正な議決をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(砂原 孝君)  お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第74号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略し、なお事案の性質上、質疑並びに討論を行わないことにいたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議案第74号は、直ちに採決することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議案第74号滑川市教育委員会の委員の任命について、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第74号は、これに同意することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第3号





○議長(砂原 孝君)  日程第3、議員提出議案第3号身近な地域で安心して妊娠・出産できる制度の充実を求める意見書を上程議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  提案者より提案理由の説明を求めます。


 7番開田晃江君。


     〔7番 開田晃江君登壇〕


○7番(開田晃江君)  それでは、議員提出議案第3号身近な地域で安心して妊娠・出産できる制度の充実を求める意見書について、案文の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。





   身近な地域で安心して妊娠・出産できる制度の充実を求める意見書(案)


 全国で産科と小児科の医師、分娩を扱う病院・診療所が減り続け、拠点病院への産科の集約化が進められたが、地域によってはかえって産科の空白地域が広がり、妊婦が出産する病院を探すことさえ難しくなっている。また、集約化された拠点病院では、これまで扱ってきたハイリスク出産や治療に加えて正常出産までが集中し、NICU(新生児集中管理治療室)、MFICU(母体・胎児集中治療管理室)の病床不足、医師やスタッフの不足が深刻化している。厚生労働省が昨年全国の総合周産期母子医療センターで調査を行い、同省研究班はNICUが全国で1千床足りないと報告しているが、その整備費用は自治体にとって大きな負担である。


 一方、緊急搬送される妊婦には、妊婦健診を受けていない「飛び込み出産」も多く、未受診の原因の多くが経済的理由であるとされている。妊婦健診は出産までに14回受けることが望ましいとされ、5回分は国の財政措置が地方交付税によって行われ、その運用は市町村が行っている。本年度から残り9回分について国庫補助と地方財政措置が行われるが、都道府県による基金創設など仕組みが複雑になるうえ、2年間の期限付きである。


 出産は母体と胎児の命に関わる問題であり、安心して出産ができる助産システムをつくり、妊娠出産の費用は国の負担か公的保障を行うべきである。


 よって、国会並びに政府におかれては、次の事項を実現されるよう要望する。


                    記


1.母体と胎児の命に関わる妊娠・出産の費用について、公費負担制度の充実を実現すること。


2.誰でもどこでも最低14回の妊婦健診が受けられるよう、健康保険の適用など公的保障を実現すること。


3.身近な地域で出産できる安心・安全の助産システムをつくること。そのために、医師を確保し、正常な妊娠出産・産後と育児ケアを担える助産師の専門性を活かし活用を図ること。


4.「周産期医療ネットワーク体制」(総合及び地域周産期母子医療センター等)とその情報システムの充実に向けて、自治体へ国の財政投入を行うとともに、産科医、新生児科医の配置を行うこと。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出します。


                           平成21年9月18日 滑川市議会





 議員各位のご賛同を賜りますよう、よろしくお願いをいたします。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対し、質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議員提出議案第3号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第3号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、討論に入ります。


 討論を希望される方は、申し出願います。


     (申し出る者なし)


○議長(砂原 孝君)  申し出がないので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議員提出議案第3号身近な地域で安心して妊娠・出産できる制度の充実を求める意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議員提出議案第3号は、原案のとおり可決されました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第4号





○議長(砂原 孝君)  日程第4、議員提出議案第4号 地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書を上程議題といたします。


         ──────────◇──────────


                  提案理由説明


○議長(砂原 孝君)  提案者より提案理由の説明を求めます。


 11番野末利夫君。


     〔11番 野末利夫君登壇〕


○11番(野末利夫君)  議員提出議案第4号地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書については、案文の朗読をもって提案理由の説明にかえたいと思います。





      地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書(案)


 新政権の発足とともに、民主党のマニフェストに示された政策・制度への変更が進められることになります。


 一方、前政権下において、わが国が直面している未曾有の経済危機を克服するために、平成21年度予算及び同年度第1次補正予算が可決成立しています。総額で14兆円を超えるこの予算には、地域活性化・公共投資臨時交付金、地域活性化・経済危機対策臨時交付金、経済対策関連の自治体に交付される15の基金などの創設等が計上されており、各地方自治体は、当該基金などの活用を前提に、経済危機対策に資する事業を計画し、補正予算の議決と事業の執行を目指して、準備を行っているところです。


 新政権によって、前述の経済危機対策事業についての予算執行が見直されることになれば、すでに、関係事業を執行中あるいは、執行準備が完了し、当該事業の広報・周知が済んでいる地方自治体にとって、誠に憂慮すべき事態の発生が懸念されます。


 万一、関係事業を中止せざるを得ない事態になれば、地方自治の混乱を招くだけでなく、地域雇用情勢にも深刻な打撃を与え、経済対策の効果によって、景気底入れから成長に転じる兆しの出てきた日本経済に悪影響を及ぼしかねない恐れがあります。


 上記の状況を考慮し、政府におかれましては、政策の見直し、税制の改革、制度の変更にあたっては、平成21年度予算及び同年度第1次補正予算によって、地方自治体の進めてきた施策や事業について財源問題で執行に支障が生じることのないよう行われることを強く求めます。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出します。


                           平成21年9月18日 滑川市議会





 議員各位のご賛同のほど、よろしくお願いを申し上げます。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対し、質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議員提出議案第4号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第4号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、討論に入ります。


 討論については通告がありますので、発言を許します。


 5番古沢利之君。


     〔5番 古沢利之君登壇〕


○5番(古沢利之君)  それでは、ただいま議題となっております議員提出議案第4号地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書について、反対の立場から意見を述べます。


 「暮らしを守るために、むだと浪費をなくせ」、これが今回の総選挙で示された民意であります。前政権の経済危機対策の中には、一部に地方が使いやすい交付金などが含まれてはいるものの、全体としては、総額先にありきの「浪費とばらまき」との批判の強いものであります。いわゆるアニメの殿堂などは、その象徴とされているわけであります。


 また、これまで続けられてきた社会保障費の抑制路線には手がつけられておりません。景気の回復の兆しが見え始めているとはいっても、政府発表によりましても、完全失業率は過去最悪となり、有効求人倍率も過去最低を3カ月連続更新しております。


 私は、これまでの政権が進めてきた政策、大企業・大資産家を応援する路線の反省と転換こそが必要と考えます。大企業の雇用破壊をやめさせることをはじめ、労働者や中小企業、農林漁業者など国民の命と暮らしを直接守るための緊急の対策、高齢者や障害者などの社会保障制度を抜本的に改善することが必要であります。


 地方自治体が準備し、議会での議決等を経ている事業に新政権が配慮されるのは当然としても、しかしなお21年度予算、そして同補正予算等に盛り込まれた不要な事業を見直すことは一層当然であり、国民の意志にこたえる道であることを強調いたしまして意見といたします。


○議長(砂原 孝君)  これをもって、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議員提出議案第4号地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書を、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立多数。


 よって、議員提出議案第4号は、原案のとおり可決されました。


         ──────────◇──────────





◎閉会の挨拶





○議長(砂原 孝君)  以上をもって、本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 市長から挨拶があります。


 中屋市長。


     〔市長 中屋一博君登壇〕


○市長(中屋一博君)  平成21年9月定例会を閉会されるにあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 本定例会は、去る9月1日に開会されてから本日までの18日間にわたり、提案申し上げました一般会計補正予算をはじめ重要諸案件並びに平成20年度各会計決算の認定につきまして、議員各位の慎重なご審議を賜りました結果、いずれも原案どおり議決をいただきましたことに対し、厚く御礼を申し上げます。


 本会期中、議員各位から賜りましたご意見、ご要望につきましては、十分検討いたしまして、市政の円滑な運営に資するとともに、適正な予算執行に努めてまいる所存であります。また、ただいまは教育委員の任命についてご同意を賜りました。まことにありがとうございました。


 さて、市議会定例会として、本議場におきまして現任期の皆様にご審議をいただくのも、本日が最後となりました。過ぎし4カ年を顧みますと、能登半島地震や昨年夏の豪雨等による防災対策や、安全・安心が重要なテーマとなりました。また、昨年秋からの100年に一度と言われる危機的な経済・金融情勢により、国、地方挙げて経済危機対策に取り組んでいるところであります。


 このような情勢の中でも、平成19年6月に待望の市民交流プラザがオープンし、引き続き入浴施設「あいらぶ湯」を中心に多くの方々にご利用いただき、好評を得ているところであります。ほかにも、滑川駅南土地区画整理事業の完成、リサイクル推進のためのストックヤードの建設、西部小学校大規模改造・耐震補強工事の完成、それに引き続いての南部小学校大規模改造・耐震補強工事の着工など、継続及び新規事業の実施によって、市勢は着実に伸展を遂げてまいりました。議員各位のご努力、ご尽力に深く敬意を表する次第であります。


 ただ、今の議場でも議論がありましたとおり、新しい政権の発足に伴い、既に可決された平成21年度国の当初予算あるいは補正予算の一部執行停止、またいわゆる後期高齢者の医療制度の廃止等が既に表明をされております。これら等が今後本市に与える影響等については、今後とも国の動向を注視してまいりたいと思います。


 いずれにしましても、引き続き、「美しい環境の住みよいまち」「活気に満ちた豊かなまち」「香り高い文化のまち」の実現に邁進してまいりたいと考えております。改めまして、議員各位のご理解とご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。


 また、議員各位の中には、今期限りをもって引退を表明された方もおいでになります。まさに長年にわたり住民福祉の向上と市勢の伸展にご尽力されたことに対し、改めて感謝と敬意を表するものであります。心から「ご苦労さまでした」と申し上げますとともに、くれぐれも健康に十分ご留意され、今後は新たなお立場から本市勢の伸展にご支援とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。


 最後になりましたが、皆様方にはこの4年間、本当にご苦労さまでした。ありがとうございました。


 簡単でありますが、私の挨拶といたします。


         ──────────◇──────────





◎閉会の宣告





○議長(砂原 孝君)  これをもちまして、平成21年9月滑川市議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


                午後2時14分閉会