議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 滑川市

平成21年 3月定例会(第5号 3月19日)




平成21年 3月定例会(第5号 3月19日)





 
                  平成21年3月


          滑川市議会定例会会議録 第5号





平成21年3月19日(木曜日)


         ──────────────────────


             議 事 日 程   第 5 号


                       平成21年3月19日(木)午後1時30分開議


第 1  委 員 長 報 告


      総務文教消防委員長


      産業厚生建設委員長


     質   疑


     討   論


     採   決


第 2  議案の追加提案


     議案第49号 滑川市公平委員会の委員の選任について


第 3  議案の追加提案


     議案第50号 滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


第 4  議案の追加提案


     議案第51号 人権擁護委員候補者の推薦について


第 5  議案の追加提案


     議案第52号 人権擁護委員候補者の推薦について


第 6  議案の追加提案


     議案第53号 人権擁護委員候補者の推薦について


     提案理由説明


     採   決


第 7  議員提出議案第1号 市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議


     提案理由説明


     質   疑


     討   論


     採   決


第 8  富山地域衛生組合議会議員の選挙


第 9  滑川市都市計画審議会委員の推薦について


第 10  議員派遣について


         ──────────◇──────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 委 員 長 報 告


      総務文教消防委員長


      産業厚生建設委員長


     質   疑


     討   論


     採   決


日程第2 議案の追加提案


     議案第49号 滑川市公平委員会の委員の選任について


日程第3 議案の追加提案


     議案第50号 滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


日程第4 議案の追加提案


     議案第51号 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第5 議案の追加提案


     議案第52号 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第6 議案の追加提案


     議案第53号 人権擁護委員候補者の推薦について


     提案理由説明


     採   決


日程第7 議員提出議案第1号 市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議


     提案理由説明


     質   疑


     討   論


     採   決


日程第8 富山地域衛生組合議会議員の選挙


日程第9 滑川市都市計画審議会委員の推薦について


日程第10 議員派遣について


         ──────────◇──────────


出席議員(15名)


    1番 高 木 悦 子 君    2番 原     明 君


    3番 岩 城 晶 巳 君    4番 中 島   勲 君


    5番 古 沢 利 之 君    6番 浦 田 竹 昭 君


    7番 開 田 晃 江 君    8番 中 川   勲 君


    9番 澤 谷   清 君    10番 砂 原   孝 君


    11番 野 末 利 夫 君    12番 高 橋 久 光 君


    13番 前 田 新 作 君    14番 上 田 昌 孝 君


    15番 相 川 隆 二 君


欠席議員(1名)


   16番 島 川   実 君


         ──────────◇──────────


             説明のため出席した者の職・氏名


  市   長             中 屋 一 博 君


  総務部長              竹 野 博 和 君


  企画情報課長            池 本   覚 君


  総務課長              小 幡 卓 雄 君


  総務部次長財政課長事務取扱     坪 川 宗 嗣 君


  税務課長              荒 木   隆 君


  産業民生部長            高 田 健 作 君


  市民課長              和 泉 武 義 君


  生活環境課長            高 辻   進 君


  産業民生部参事福祉課長事務取扱   小 幡 喜代恵 君


  産業民生部次長高齢介護課長事務取扱 佐 藤 孝 男 君


  産業民生部参事商工水産課長事務取扱 若 林 克 己 君


  農林課長              新 村   剛 君


  建設部長              杉 野   司 君


  建設部次長まちづくり課長事務取扱  脇 坂 義 美 君


  建設課長              菅 沼   勉 君


  建設部参事上下水道課長事務取扱   梅 原 士 朗 君


  会計管理者会計課長事務取扱     中 川 友 明 君


  監査委員事務局長          寺 崎 満 幸 君


  消防本部次長総務課長        石 原 雅 雄 君


  消防署長              飛   三津夫 君


  教育委員長             渡 辺 祐 一 君


  教 育 長             中 屋 久 孝 君


  教育次長学務課長事務取扱      梶 谷 正 夫 君


  生涯学習課長兼スポーツ課長     稲 谷 幹 男 君


         ──────────◇──────────


         職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名


  事務局長              大 黒 隆 文


  局長補佐              大 澤 義 信


  主任                落 合 真理子


  主事                沖 本 千 尋


         ──────────◇──────────





◎午後1時30分開議





○議長(砂原 孝君)  ただいまから、本日の会議を開きます。


 出村副市長より本日の会議の欠席届が提出されておりますので、報告いたします。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


         ──────────◇──────────





◎委員長報告





○議長(砂原 孝君)  日程第1、各常任委員会における審査の経過並びに結果について、各常任委員長から報告を求めます。


 総務文教消防委員長 中川勲君。


     〔総務文教消防委員長 中川 勲君登壇〕


○総務文教消防委員長(中川 勲君)  それでは、総務文教消防委員会を開催いたしましたので、その結果を報告いたします。


 日時は3月12日午前10時からと3月13日午前10時からで、2日間であります。場所は大会議室。出席委員は、高木委員、開田委員、澤谷委員、砂原委員、野末委員、高橋委員、そして私、中川であります。欠席委員は島川実委員であります。説明のため出席した者は、中屋市長、中屋教育長、竹野部長、梶谷教育次長、坪川課長、中川会計管理者、池本課長、小幡課長、荒木課長、寺崎事務局長、石原消防次長、飛署長、稲谷課長、以上であります。


 案件並びに結果


 付託案件


  (1)議案第1号 平成21年度滑川市一般会計予算


            第1表 歳入 全部


                歳出 第1款 議会費


                第2款 総務費


                (但し、市民課、生活環境課所管分を除く)


                第9款 消防費


                (但し、建設課所管分を除く)


                第10款 教育費


                第11款 災害復旧費


                第12款 公債費


                第13款 諸支出金


                第14款 予備費


            第2表 継続費


            第3表 債務負担行為


            第4表 地方債


  (2)議案第10号 平成20年度滑川市一般会計補正予算(第4号)


            第1表 歳入 全部


                歳出 第2款 総務費


                (但し、生活環境課所管分を除く)


                第5款 労働費


                第9款 消防費


                第10款 教育費


            第2表 繰越明許費


  (3)議案第18号 滑川市総合計画審議会条例の一部を改正する条例の制定について


  (4)議案第19号 滑川市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について


  (5)議案第27号 辺地に係る総合整備計画の策定について


  (6)議案第28号 辺地に係る総合整備計画の変更について


  (7)議案第29号 滑川市民会館の指定管理者の指定について


  (8)議案第30号 滑川市営駐車場の指定管理者の指定について


  (9)議案第31号 滑川市自転車駐車場の指定管理者の指定について


  (10)議案第44号 滑川市総合体育センターの指定管理者の指定について


  (11)議案第45号 滑川市みのわテニス村の指定管理者の指定について


  (12)議案第46号 滑川市下梅沢テニスコートの指定管理者の指定について


  (13)議案第47号 滑川市千鳥スキー場の指定管理者の指定について


 以上の13議案につきましては、慎重審査の結果、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上であります。


○議長(砂原 孝君)  産業厚生建設委員長 相川隆二君。


     〔産業厚生建設委員長 相川隆二君登壇〕


○産業厚生建設委員長(相川隆二君)  産業厚生建設委員会の開催結果について、ご報告を申し上げたいと思います。


 日時、3月16・17、両日とも午前10時からの開始でございます。場所は、2日間とも大会議室でございます。出席委員は、原明、中島勲、古沢利之、浦田竹昭、前田新作、上田昌孝、岩城晶巳、それと私、相川隆二。2日間とも全員出席でございますので、欠席委員はおりません。説明のため出席した者は、中屋市長、高田部長、杉野部長、佐藤課長、脇坂課長、小幡課長、若林課長、梅原課長、和泉課長、高辻課長、新村課長、菅沼課長、小森課長。両日ともこの皆さん出席でございますが、ただし出村副市長がこの2日間とも欠席でございます。


 案件並びに結果


 付託案件


  (1)議案第1号 平成21年度滑川市一般会計予算


            第1表 歳出 第2款 総務費


                (但し、市民課、生活環境課所管分)


                第3款 民生費


                第4款 衛生費


                第5款 労働費


                第6款 農林水産業費


                第7款 商工費


                第8款 土木費


                第9款 消防費


                (但し、建設課所管分)


  (2)議案第2号 平成21年度滑川市国民健康保険事業特別会計予算


  (3)議案第3号 平成21年度滑川市後期高齢者医療事業特別会計予算


  (4)議案第4号 平成21年度滑川市介護保険事業特別会計予算


  (5)議案第5号 平成21年度滑川市老人保健医療事業特別会計予算


  (6)議案第6号 平成21年度滑川市下水道事業特別会計予算


  (7)議案第7号 平成21年度滑川市農業集落排水事業特別会計予算


  (8)議案第8号 平成21年度滑川市工業団地造成事業特別会計予算


  (9)議案第9号 平成21年度滑川市水道事業会計予算


  (10)議案第10号 平成20年度滑川市一般会計補正予算(第4号)


            第1表 歳出 第2款 総務費


                (但し、生活環境課所管分)


                第3款 民生費


                第4款 衛生費


                第6款 農林水産業費


                第7款 商工費


                第8款 土木費


  (11)議案第11号 平成20年度滑川市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


  (12)議案第12号 平成20年度滑川市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)


  (13)議案第13号 平成20年度滑川市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)


  (14)議案第14号 平成20年度滑川市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


  (15)議案第15号 平成20年度滑川市水道事業会計補正予算(第1号)


  (16)議案第16号 滑川市資源ごみ保管施設条例の制定について


  (17)議案第17号 滑川市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


  (18)議案第20号 滑川市漁業用作業保管施設条例の一部を改正する条例の制定について


  (19)議案第21号 滑川市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について


  (20)議案第22号 滑川市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について


  (21)議案第23号 滑川市陶芸の館設置条例の一部を改正する条例の制定について


  (22)議案第24号 滑川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について


  (23)議案第25号 滑川市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について


  (24)議案第26号 富山地域衛生組合への加入について


  (25)議案第32号 滑川市農村研修センターの指定管理者の指定について


  (26)議案第33号 滑川市農村環境改善センターの指定管理者の指定について


  (27)議案第34号 滑川市産業研修センターの指定管理者の指定について


  (28)議案第35号 滑川市勤労身体障害者教養文化体育施設の指定管理者の指定について


  (29)議案第36号 滑川市漁民センターの指定管理者の指定について


  (30)議案第37号 滑川市ほたるいか観光施設の指定管理者の指定について


  (31)議案第38号 滑川市海洋深層水分水施設の指定管理者の指定について


  (32)議案第39号 浜加積地区福祉センターの指定管理者の指定について


  (33)議案第40号 滑川市シルバーワークプラザの指定管理者の指定について


  (34)議案第41号 滑川市ゲートボール場の指定管理者の指定について


  (35)議案第42号 滑川市運動公園の指定管理者の指定について


  (36)議案第43号 滑川市東福寺野自然公園の指定管理者の指定について


  (37)議案第48号 不動産の処分について


 以上37議案につきましては、分離採決を行い、議案第1号、議案第4号、議案第21号、議案第24号の4議案につきましては、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 その他の33議案につきましては、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 なお、当委員会では、議案の審査の中において、今後予定されております第2期まちづくり交付金事業に係る整備計画箇所の現地視察を実施し、慎重に審査をいたしましたところ、各委員からは多くの質疑があったことを申し添えておきます。


 以上でございます。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  これより、各常任委員長の報告に対する質疑に入ります。ただいまの各常任委員長の報告に対し、質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、議案第1号から議案第48号までの討論に入ります。討論については通告がありますので、発言を許します。


 9番澤谷清君。


     〔9番 澤谷 清君登壇〕


○9番(澤谷 清君)  本定例会に市長から提案されました市街地活性化対策のうち、第2期まちづくり交付金事業の一時凍結を求めて討論を行います。


 この事業は、市民大ホールの耐震補強も含めた改築工事を主たる目的とし、地鉄中滑川駅周辺の環境整備や橋場地区を中心とした親水公園の造成、土蔵の整備などを進め、仮称ではありますが、「安心・安全、人が集いふれあう、ふるさと再生のまちづくり」を目指すとあります。


 この事業における調査及び事業策定費として、新年度予算に275万4,000円が計上してあります。また、この第2期まちづくり事業の総事業費の概算は8億5,000万円内外と聞いております。私は、この調査及び策定費としての275万4,000円の予算に反対する立場で討論を行います。


 第1点は、私も町部の議員の一人として、市街地活性化に関する事業は大賛成でありますが、市全体を眺めての費用対効果、橋場及び中滑川駅周辺を含めた町中での人口定着化が図れるのか。本当に人が集いふれあう事業になるのか等々、数値目標もなく、甚だ疑問に思うわけであります。


 また、100年に一度と言われている平成の大不況も今始まったばかりであり、市内企業及び商業者の経済環境も非常に悪く、新年度及び来年度にかけての市の税収も大きく減収すると指摘もされています。将来に向けての都市基盤の整備は大変重要な施策ですが、現時点での不要不急の整備計画は、一時見合わせるべきと考えます。


 2点目は、この事業の立案や計画に関するプロセスが非常に不透明であります。


 今年1月初旬には一部町内会での会合の席上、第2期まちづくり事業の内容が議員の一人から報告があったことでもわかるように、一部の議員を含めての利害関係者のみに周知されていたものではないかと思われます。市当局と一部の議員及び利害関係者のみでの立案及び計画されたと言われても仕方がありません。


 最後の3点目に入ります。市長による市民へのコンプライアンスに関することであります。


 さきに行われた一般質問の中で、市長の報酬に関しての質問がありました。市長は、私は常勤であり、24時間・365日、市の運営に携わっているとの趣旨で答弁しておられました。市長は公人であると市民も思っています。私生活においても、市民は関心を持っておられます。


 市長は今自宅を新築されましたが、建築における設計者は株式会社三四五建築研究所と言われています。私も昨年、議会事務局で確認をしています。


 この設計業者は、滑川市の指名業者であり、市の直近の大型建築設計では、市民交流プラザの設計及び監理業務で約6,100万円を受注しており、今工事が行われようとしている南部小学校大規模改造及び耐震補強工事の基本設計及び実施設計を合わせて2,000万円、総額約8,100万円の設計業務を受注しています。


 この第2期まちづくり事業の中心は大ホールの改築であり、工事費は5億円内外が見込まれると聞いており、設計業務費もそれなりの金額になると思われます。


 市長は、市の公共工事における業者の選定や工事費の決定に絶大な権限を持っており、市民の負託を受けての結果には大きな責任が伴うものと考えます。しばらくは、大型建築工事の発注を見合わせればとの市民の声も聞こえてきます。


 以上3点をもちまして、反対討論といたします。


 ありがとうございました。


○議長(砂原 孝君)  5番古沢利之君。


     〔5番 古沢利之君登壇〕


○5番(古沢利之君)  私は、本定例会に提案されております議案中、議案第1号平成21年度滑川市一般会計予算、議案第4号平成21年度滑川市介護保険事業特別会計予算、議案第21号滑川市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について並びに議案第24号滑川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての4議案について反対の立場から意見を述べます。


 議案の順序は前後いたしますが、介護保険の関係2議案は、第4期の事業計画によるものであります。保険料について言えば、第1期から引き上げの連続であります。基準額で言えば、第1期の2,828円が、新年度からの第4期では4,292円、151%であります。


 また、保険料の収入総額ではどうかと決算書で見てみますと、制度が始まりました第1期は不確定要素が多かったということが言えるかもしれませんけれども、第2期の平成15年度と第3期の19年度の比較では、この保険料の収入額は約113%に増加をしているわけでありますが、一方で、支出された保険給付費では104%にとどまっております。保険料の引き上げが先行しているのではないかと危惧せざるを得ません。増税や負担増の中でのこれ以上の保険料引き上げは容認できません。


 この間積み立てられてきた介護給付費準備基金を第4期の計画で給付費に繰り入れることは当然であります。また、拠出しております財政安定化基金を効果的に活用する方法も探るべきではないでしょうか。市だけではできないことは承知の上でその方法を検討されたいと申し添えるものであります。


 そして、何よりも国の負担、今回の介護従事者処遇改善のための特例交付金だけではなく、この制度への国庫負担の抜本的な引き上げを求めることが最優先に必要であるということを重ねて強く主張するものであります。


 議案第21号について、そもそもなぜ民営化なのか。これもまた、いわゆる三位一体改革の中で、公立保育所の運営費などがそれまでの国庫負担金から、いわゆる一般財源化をされて、自治体への負担転嫁を進めたということが、委員会質疑の中でも第1の理由に挙げられております。


 本来保育は、児童福祉法の理念から言っても、国と自治体に実施責任があるはずであります。国に強く抗議すべきであります。


 民営化移行に伴う子どもたちへの影響をなるべく少なくしようと努力されたことは評価をいたします。しかし、滑川市の公立保育園は、現在でも3園だけであります。公的保育の責任回避につながりかねない本議案には賛成できません。


 最後に、新年度予算についてであります。


 現在、私たちを取り巻く経済・雇用環境は、本定例会でも何度も取り上げられたとおり、未曾有の危機的状況であります。しかし、この状況は自然災害ではありません。この間進められてきた、いわゆる構造改革の名による金融規制の緩和、労働法制の緩和、そしてまた国内の需要拡大は棚に上げて、輸出大企業への支援に没頭してきた。こうした法制度によって、必然的にもたらされたものであります。その意味では政治的災害であります。


 新年度予算は、この危機的状況下で市民生活をどう支え、守るかということが最大の目的にされなければならないものであります。新年度予算の編成にあたっては、当局においても、こうした経済環境の変化に伴う税収の減少などから大変苦労されたであろうことは容易に推察されるところであります。その中にあって、例えば妊婦健診の拡大、あるいはまだまだ課題が多いとはいうものの、学童保育への支援の拡大などは評価をするものではあります。


 しかし、雇用の問題でも暮らしを応援する問題でも、国の施策にとどまらない独自の対応が強く期待されていたにもかかわらず、その姿勢が見えてこないのは大変残念であります。さらに、さきに述べた議案の関連からも、議案第1号には賛成できないことを述べて意見といたします。


○議長(砂原 孝君)  8番中川勲君。


     〔8番 中川 勲君登壇〕


○8番(中川 勲君)  それでは、私は、議案第1号平成21年度滑川市一般会計予算案に賛成の立場で、会派・一心クラブを代表して討論させていただきます。


 中屋市長提案説明にもありましたように、我が国経済は100年に1度と言われる危機的な世界経済状況の中、景気は急速に悪化し、大変厳しい状況にあります。全国の自治体においても深刻な影響を与えております。


 本市においても、個人市民税や固定資産税の減収が見込まれるとともに、法人市民税については前年比40%程度の減収を見込むなど大変厳しい歳入状況の中、前年比1.4%減、108億2,324万円とされております。これについては、大変敬意を表するものであります。


 こうした中、滑川市総合計画に基づき、市民福祉の向上や社会基盤の整備として、市街地活性化策・第2期まちづくり交付金事業として本年秋まで都市再生整備計画を策定し、国へ要望書を提出するための予算、これは今後市民や地元町内会、有識者、議会等の意見を聞いて計画策定するものであると認識しているものであります。第1期まちづくり交付金事業は東地区が中心であったことから、今回は西地区の市街地活性化のためにも、ぜひ事業採択に向けて努力していただきたいものであります。


 また、市民大ホールは災害発生時の避難場所に指定されていることから、耐震化の工事が望まれているものであります。また、市民の要望である安全・安心なまちづくりとして、南部小学校の大規模改築事業、沖田川の改修事業、パークゴルフ場9ホールの増設、地球温暖化対策としてストックヤードの運営開始、さらに緊急経済対策として中小企業融資事業や離職者の技能再訓練奨励金の拡充、国の緊急雇用創出事業、雇用再生事業が盛り込まれるなど市民福祉の向上のため各種の事業を計画されるとともに、限られた財源で、最小の経費で最大の効果があるように努力され、編成されたものと評価をするものであります。


 議員各位の賢明なご判断により、ぜひとも賛同いただきますようお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。


○議長(砂原 孝君)  これをもって討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決


 (議案第1号〜議案第48号)





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 申し出がありますので、分離して採決を行います。


 はじめに、議案第1号平成21年度滑川市一般会計予算についてを採決いたします。


 この案件に対する各常任委員長の報告は、いずれも原案どおり可決であります。


 この案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立多数。


 よって、議案第1号は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第4号平成21年度滑川市介護保険事業特別会計予算、議案第21号滑川市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第24号滑川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての3議案を採決いたします。


 この案件に対する産業厚生建設委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決であります。


 この案件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立多数。


 よって、議案第4号、議案第21号及び議案第24号は、産業厚生建設委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第2号平成21年度滑川市国民健康保険事業特別会計予算から議案第3号平成21年度滑川市後期高齢者医療事業特別会計予算、議案第5号平成21年度滑川市老人保健医療事業特別会計予算から議案第20号滑川市漁業用作業保管施設条例の一部を改正する条例の制定について、議案第22号滑川市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第23号滑川市陶芸の館設置条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第25号滑川市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第48号不動産の処分についてまで、以上44議案を一括して採決いたします。


 この案件に対する各常任委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決であります。


 この案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、以上の44議案は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。


         ──────────◇──────────





◎議案の追加提案(議案第49号〜議案第53号)





○議長(砂原 孝君)  お諮りいたします。


 ただいま市長から、議案第49号滑川市公平委員会の委員の選任について、議案第50号滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について及び議案第51号、議案第52号、議案第53号人権擁護委員候補者の推薦についてが追加して提案されました。


 議案書を配付いたしますので、しばらくお待ち下さい。


     〔事務局職員、議案書配付〕


○議長(砂原 孝君)  日程第2、議案第49号滑川市公平委員会の委員の選任についてから日程第6、議案第53号人権擁護委員候補者の推薦についてを一括上程議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  市長より提案理由の説明を求めます。


 中屋市長。


     〔市長 中屋一博君登壇〕


○市長(中屋一博君)  ただいま追加して提案いたしました議案についてご説明を申し上げます。


 議案第49号は、滑川市公平委員会の委員の選任についてであります。


 滑川市公平委員会の委員のうち1名が平成21年3月26日をもって任期が満了いたしますので、今回、椎名敏夫君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 議案第50号は、滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてであります。


 滑川市固定資産評価審査委員会の委員のうち1名が平成21年3月24日をもって任期が満了いたしますので、今回、川岸英信君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 議案第51号から議案第53号は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 滑川市に置かれている人権擁護委員のうち3名が平成21年6月30日をもって任期が満了いたしますので、今回、石倉安子君、細岡雪子君及び大田美利君を候補者として推薦したいので、議会の意見を求めるものであります。


 なにとぞ、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(砂原 孝君)  ただいま議題となっております議案第49号から議案第53号までについては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略し、なお事案の性質上、質疑並びに討論を行わないことといたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議案第49号から議案第53号については、直ちに採決することに決定いたしました。


                    ◇


                    採決


○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議案第49号滑川市公平委員会の委員の選任について、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第49号は、これに同意することに決定いたしました。


 次に、議案第50号滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第50号は、これに同意することに決定いたしました。


 次に、議案第51号人権擁護委員候補者の推薦について、異議なしとの意見にすることに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第51号は、異議なしとの意見にすることに決定いたしました。


 次に、議案第52号人権擁護委員候補者の推薦について、異議なしとの意見にすることに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第52号は、異議なしとの意見にすることに決定いたしました。


 次に、議案第53号人権擁護委員候補者の推薦について、異議なしとの意見にすることに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第53号は、異議なしとの意見にすることに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第1号





○議長(砂原 孝君)  次に、日程第7、議員提出議案第1号市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議を議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  提案者より提案理由の説明を求めます。


 7番開田晃江君。


     〔7番 開田晃江君登壇〕


○7番(開田晃江君)  議員提出議案第1号市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議。上記の議案を別紙のとおり滑川市議会会議規則第13条の規定により提出いたします。


 提出者は、滑川市議会議員、私、開田晃江ほか4名でございます。


 決議文を朗読して提案理由の説明とさせていただきます。





         市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議


 地方議会議員の年金制度は、地方議会議員互助年金法に基づき昭和36年に任意の互助年金制度として発足し、翌37年に地方公務員共済組合法により強制加入とされ、その後、数次の改正を経て現在に至っている。この間、退職議員やその遺族に対し、年金や一時金が支給され、その生活の安定に大きな役割を果たしている。


 昨年の4月には、掛金の引き上げ、年金給付の引き下げなどの法改正がなされたところであるが、市議会議員共済会においては平成19年度決算においても200億円を超す単年度赤字となり、今後も継続的な損失金が見込まれ、積立金が減少していく非常に厳しい財政状況となっている。


 その最大の要因は、国策によって進められた平成の市町村合併の影響を議員年金財政が受けたことにある。市町村合併特例法では、このような市町村合併の推進に伴う影響について「議員共済会の運営状況を勘案し、その健全な運営を図るため必要な措置を講ずるものとする」とされ、同法に基づく特例措置も図られたところではあるが、法改正後の収支の状況を見ると、合併の影響に対する措置は不十分である。


 現行の掛金率や市町村の負担金率は既に高水準にあることや、市町村合併以降に年金受給者が急増し、「市議会議員1人が3人の受給者を支える」構造になっていることなどを踏まえると、市町村合併の影響額に見合う特例措置などの国の支援なくしては議員年金制度の維持は大変困難な状況にあるといわざるを得ない。


 よって、国においては、早急な抜本的見直しの必要に迫られている地方議会議員年金制度に対し、上記の事情を勘案の上、特段の措置を講じることを強く要望する。


 以上、決議する。


                           平成21年3月19日 滑川市議会 





 以上です。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対し、質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、質疑を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、討論に入ります。


 討論を希望される議員は、申し出願います。


     (申し出る者なし)


○議長(砂原 孝君)  申し出がないので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議員提出議案第1号市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議を、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立多数。


 よって、議員提出議案第1号は、原案のとおり可決されました。


         ──────────◇──────────





◎富山地域衛生組合議会議員の選挙





○議長(砂原 孝君)  日程第8、富山地域衛生組合議会議員の選挙を議題といたします。


 選挙すべき人員は2名であります。


 お諮りいたします。


 この選挙方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長より指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  異議なしと認めます。よって、議長より指名することに決しました。


 お諮りいたします。


 高橋久光君、相川隆二君を富山地域衛生組合議会議員に当選とすることにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、ただいまの指名のとおり、高橋久光君、相川隆二君が富山地域衛生組合議会議員に当選と決しました。


 当選されました高橋久光君、相川隆二君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の旨、告知いたします。


         ──────────◇──────────





◎滑川市都市計画審議会委員の推薦





○議長(砂原 孝君)  日程第9、滑川市都市計画審議会委員の推薦についてを議題といたします。


 滑川市都市計画審議会委員の任期が平成21年3月31日をもって満了いたしますので、この際、議会として推薦の意思を表示しておくことがよいと思われます。


 これに、ご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議会において推薦する議員を定めることに決定いたしました。


 推薦する議員については、議長から指名することにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議長から指名いたします。


 都市計画審議会委員に中川勲君、相川隆二君を推薦いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名のとおり推薦することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎議員派遣について





○議長(砂原 孝君)  次に、日程第10、議員派遣についてを議題といたします。


 会議規則第142条の規定に基づき、お手元に配付の4件の議員派遣について、派遣することにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  異議なしと認めます。


 よって、4件の議員派遣について決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎閉会の挨拶





○議長(砂原 孝君)  以上をもって、本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 市長から挨拶があります。


 中屋市長。


    〔市長 中屋一博君登壇〕


○市長(中屋一博君)  平成21年3月定例会を閉会されるにあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 本定例会は、去る3月4日に開会されてから本日までの16日間にわたり、提案申し上げました平成21年度一般会計予算をはじめとした重要諸案件につきまして、議員各位には本会議並びに各委員会を通じ慎重なご審議を賜り、いずれも原案どおり議決をいただきましたことに対し、厚く御礼を申し上げる次第であります。


 なお、ただいまは、公平委員会及び固定資産評価審査委員会の委員の選任並びに人権擁護委員候補者の推薦についてご同意を賜り、重ねて御礼申し上げます。


 間もなく新たな年度を迎えることになりますが、引き続き市政各般にわたる施策を強力に推進し、市勢の伸展と住民福祉の向上に努力してまいりたいと存じております。また、本会期中、議員各位から賜りましたご意見、ご要望等につきましては、今後十分に検討いたしまして、市政の円滑な運営に努めてまいる所存であります。


 いよいよ陽春の候、桜の便りが聞かれる季節となり、議員各位には何かとご多忙のこととは存じますが、一層ご健康にご留意され、今後ともご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 なお、反対討論の中で、家新築に関し、設計業者云々は全く無関係であり、邪推であることを申し添え、閉会の言葉といたします。


 ありがとうございました。


         ──────────◇──────────





◎閉会の宣告





○議長(砂原 孝君)  これをもちまして、平成21年3月滑川市議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


                午後2時24分閉会