議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 滑川市

平成20年 6月定例会(第4号 6月19日)




平成20年 6月定例会(第4号 6月19日)





 
                  平成20年6月


          滑川市議会定例会会議録 第4号





平成20年6月19日(木曜日)


         ──────────────────────


             議 事 日 程   第 4 号


                       平成20年6月19日(木)午後2時10分開議


 第 1  委 員 長 報 告


       総務文教消防委員長


       産業厚生建設委員長


      質   疑


      討   論


      採   決


 第 2  議員提出議案第6号 教育予算の拡充を求める意見書


      提案理由説明


      質   疑


      討   論


      採   決


 第 3  議員提出議案第7号 後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書


      提案理由説明


      質   疑


      討   論


      採   決


 第 4  議員提出議案第8号 長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の運用の改善を


                求める意見書


      提案理由説明


      質   疑


      討   論


      採   決


 第 5  議案の追加提案


      議案第49号 滑川市監査委員の選任について


      提案理由説明


      採   決


 第 6  滑川市農業委員会委員の推薦について


 第 7  議員派遣について


         ──────────◇──────────


               本日の会議に付した事件


 日程第1 委 員 長 報 告


       総務文教消防委員長


       産業厚生建設委員長


      質   疑


      討   論


      採   決


 日程第2 議員提出議案第6号 教育予算の拡充を求める意見書


      提案理由説明


      質   疑


      討   論


      採   決


 日程第3 議員提出議案第7号 後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書


      提案理由説明


      質   疑


      討   論


      採   決


 日程第4 議員提出議案第8号 長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の運用の改善を


                求める意見書


      提案理由説明


      質   疑


      討   論


      採   決


 日程第5 議案の追加提案


      議案第49号 滑川市監査委員の選任について


      提案理由説明


      採   決


 日程第6 滑川市農業委員会委員の推薦について


 日程第7 議員派遣について


         ──────────◇──────────


出席議員(16名)


    1番 高 木 悦 子 君    2番 原     明 君


    3番 岩 城 晶 巳 君    4番 中 島   勲 君


    5番 古 沢 利 之 君    6番 浦 田 竹 昭 君


    7番 開 田 晃 江 君    8番 中 川   勲 君


    9番 澤 谷   清 君    10番 砂 原   孝 君


    11番 野 末 利 夫 君    12番 高 橋 久 光 君


    13番 前 田 新 作 君    14番 上 田 昌 孝 君


    15番 相 川 隆 二 君    16番 島 川   実 君


欠席議員(なし)


         ──────────◇──────────


             説明のため出席した者の職・氏名


  副 市 長             出 村 眞佐範 君


  総務部長              竹 野 博 和 君


  総務課長              小 幡 卓 雄 君


  総務部次長財政課長事務取扱     坪 川 宗 嗣 君


  産業民生部長            高 田 健 作 君


  市民課長              和 泉 武 義 君


  産業民生部参事福祉課長事務取扱   小 幡 喜代恵 君


  産業民生部次長高齢介護課長事務取扱 佐 藤 孝 男 君


  産業民生部参事商工水産課長事務取扱 若 林 克 己 君


  建設部長              杉 野   司 君


  建設部次長まちづくり課長事務取扱  脇 坂 義 美 君


  建設課長              菅 沼   勉 君


  教育委員長             渡 辺 祐 一 君


  教 育 長             中 屋 久 孝 君


  教育次長学務課長事務取扱      梶 谷 正 夫 君


         ──────────◇──────────


         職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名


  事務局長              大 黒 隆 文


  局長補佐              大 澤 義 信


  主任                落 合 真理子


  主事                沖 本 千 尋


         ──────────◇──────────





◎午後2時10分開議





○議長(砂原 孝君)  ただいまから、本日の会議を開きます。


 中屋市長より本日の会議の欠席届が提出されておりますので、ご報告いたします。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


         ──────────◇──────────





◎委員長報告





○議長(砂原 孝君)  日程第1、各常任委員会における案件の審査の経過並びに結果について、各常任委員長から報告を求めます。


 総務文教消防委員長 中川勲君。


     〔総務文教消防委員長 中川 勲君登壇〕


○総務文教消防委員長(中川 勲君)  総務文教消防委員会を開催いたしましたので、結果を報告いたします。


 日時は6月16日午前10時から。場所は大会議室。出席委員は、中川勲、高木悦子委員、開田晃江委員、澤谷清委員、砂原孝委員、野末利夫委員、高橋久光委員、島川実委員。よって、欠席委員はありません。説明のため出席した者は、中屋市長、中屋教育長、竹野総務部長、梶谷教育次長、池本企画情報課長、小幡総務課長、坪川財政課長、中川会計管理者、荒木税務課長、稲谷生涯学習課長、寺崎監査委員事務局長、石原消防本部次長、飛消防署長。


 案件並びに結果


 付託案件


  (1)議案第44号 平成20年度滑川市一般会計補正予算(第1号)


            第1表 歳入全部 歳出 第1款 議会費、第9款 消防費、第10款 教育費


            第2表 地方債補正


  (2)議案第46号 滑川市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


 以上の2議案につきましては、慎重審査の結果、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上であります。


○議長(砂原 孝君)  産業厚生建設委員長 相川隆二君。


     〔産業厚生建設委員長 相川隆二君登壇〕


○産業厚生建設委員長(相川隆二君)  産業厚生建設委員会の開催結果について、ご報告を申し上げます。


 日時は6月17日午前10時から。場所は大会議室です。出席委員は全員でございまして、したがいまして、欠席委員は1人もいません。説明のため出席した者、中屋市長ほか、記載のとおりでございます。


 案件並びに結果


 付託案件


 (1)議案第44号 平成20年度滑川市一般会計補正予算(第1号)


           第1表 歳出 第3款 民生費、第6款 農林水産業費、第7款 商工費、第8款 土木費


 (2)議案第45号 平成20年度滑川市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


 (3)議案第47号 滑川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について


 (4)議案第48号 不動産の取得について


 以上の4議案につきましては、慎重審査の結果、議案第44号、45号及び48号については賛成全員、また議案第47号につきましては賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 報告を終わります。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの各常任委員長の報告に対し、ご質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  ご質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、議案第44号から議案第48号までについての討論に入ります。討論については通告がありますので、発言を許します。


 5番古沢利之君。


     〔5番古沢利之君 登壇〕


○5番(古沢利之君)  それでは、本定例会に提案されております議案のうち、議案第47号滑川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、反対の意見を述べます。


 今回の改正は、健康保険法等の改正並びに地方税法の改正に伴うものであります。すなわち、後期高齢者医療制度の創設に関連すると同時に、65歳以上の方の年金から国民健康保険の保険税を特別徴収、つまり天引きできるようにするものであります。


 今、後期高齢者医療制度での保険料を年金から天引きすることへの批判が高まっております。今回の改正は、これを、いわゆる後期高齢者に限らず、65歳以上の方へも拡大するものであります。


 産業厚生建設委員会での質疑の中での答弁にあったように、その目的は保険税の徴収率を高めることにあると思われますけれども、詳細なデータがないとはいえ、この世代の徴収率は一般的に高いと見られております。


 にもかかわらず、年金から天引きするのは、介護保険制度での年金天引きからの、徴収する側の引き続く論理に基づくものと言わなければなりません。


 保険料、あるいは保険税を本人の意思に基づいて口座振替で徴収することと、年金が本人に渡る前に徴収する、いわゆる天引きでは大きな違いがあります。言うまでもなく、年金は高齢者の生活を支える柱であり、そこから本人の同意も得ずに、一方的に保険税を天引きすることは、生活権を侵害するものであります。


 今、国民の大きな批判の前に、政府・与党は後期高齢者医療制度でもこの年金からの保険料天引きについて見直しを迫られています。かかる状況のもとで、今回の年金からのこの特別徴収は行うべきではないということを主張して、意見といたします。


○議長(砂原 孝君)  これをもって討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決


 (議案第44号〜議案第48号)





○議長(砂原 孝君)  これより起立により採決を行います。


 申し出がありますので、分離して採決を行います。


 はじめに、議案第44号平成20年度滑川市一般会計補正予算(第1号)から議案第46号 滑川市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例についてまで及び議案第48号不動産の取得についての4議案について採決いたします。


 この案件に対する各常任委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決であります。


 この案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第44号から議案第46号まで及び議案第48号の4議案は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第47号滑川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 この案件に対する産業厚生建設委員長の報告は、可決であります。


 この案件を産業厚生建設委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立多数。


 よって、議案第47号は、産業厚生建設委員長の報告のとおり可決されました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第6号





○議長(砂原 孝君)  日程第2、議員提出議案第6号教育予算の拡充を求める意見書を上程議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  提案者より提案理由の説明を求めます。


 5番古沢利之君。


     〔5番 古沢利之君登壇〕


○5番(古沢利之君)  それでは、議員提出議案第6号教育予算の拡充を求める意見書について提案理由を述べます。意見書の案文をもって提案理由にかえたいと思います。





            教育予算の拡充を求める意見書(案)


 子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤作りにとって極めて重要なことです。しかしながら、義務教育費国庫負担金の負担割合が2分の1から3分の1に縮減されたことや、地方交付税削減の影響、厳しい地方財政の状況などから、自治体において十分な教育予算を確保することは困難となり、教育諸条件の自治体間格差が拡がってきています。また、「子どもと向き合う時間を確保」し、文部科学省による「勤務実態調査」で現れた極めて厳しい教職員の勤務実態を改善することが、喫緊の課題となっています。


 一方、就学援助受給者の増大など、低所得者層の拡大・固定化が進んでおり、家計の所得の違いが教育格差につながってきています。自治体の財政力や保護者の所得の違いで、「教育水準」に格差があってはなりません。国の責任として、教育予算をしっかりと確保・充実させるために、地方自治法第99条の規定に基づき、次の事項の実現を強く要望します。


                    記


1.きめ細かい教育の実現のために、子どもと向き合う教職員を増やし、義務制第8次・高校第7次教職員定数改善計画を策定し、実施すること。


2.教育の自治体間格差を生じさせないために、義務教育費国庫負担制度を堅持し、国庫負担率を2分の1に復元すること。


3.学校施設整備費、就学援助・授業料減免・奨学金、学校・通学路の安全対策など、教育予算を拡充すること。


4.必要な人材を確保するため、教職員給与の財源を確保・充実すること。併せて、超過勤務の縮減に努めるとともに、実態に見合う給与措置とそのための財源確保に努めること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


                           平成20年6月19日 滑川市議会





 なにとぞ議員諸氏のご賛同を賜りたく存じます。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対する質疑はありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議員提出議案第6号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第6号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、討論に入ります。


 討論を希望される方は、申し出願います。


     (申し出る者なし)


○議長(砂原 孝君)  申し出がないので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議員提出議案第6号教育予算拡充を求める意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立少数。


 よって、議員提出議案第6号は、否決されました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第7号





○議長(砂原 孝君)  日程第3、議員提出議案第7号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書を議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  提案者より提案理由の説明を求めます。


 5番古沢利之君。


     〔5番 古沢利之君登壇〕


○5番(古沢利之君)  それでは、議員提出議案第7号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書について、提出者を代表して提案理由を述べます。理由を述べた後で意見書の案文を朗読したいと思います。


 本年4月から実施された後期高齢者医療制度は、国民の大きな怒りを呼んでいます。


 その大きな批判の前に、政府・与党は実施前の見直しに続いて、新たな見直しを余儀なくされております。


 こうした短期間の間に見直しを繰り返さなければならないこと自体が、この制度の矛盾の深さを示しております。見直しの継ぎはぎは、わかりにくい制度をますますわかりにくく複雑にして、新たな矛盾を生むだけであります。


 この制度が「平成の姥捨て山」と呼ばれるのは、75歳という年齢で、それまでの健康保険や国民健康保険、さらには扶養家族からも引き離し、別枠の医療制度に押し込めるからにほかなりません。これがこの制度の根幹であり、矛盾の根源であります。


 後期高齢者医療制度への怒りは、政治的立場を超えて広がっております。例えばテレビ番組で、野中広務元官房長官は「銭勘定だけで、人間としての尊厳を認めていない」と述べておりますし、中曽根康弘元首相は「至急これはもとに戻して、新しくもう一度考え直す。そういう姿勢をはっきり早くとる必要があります」、こう明言しております。さらに、塩川正十郎元財務大臣や自民党の堀内光雄元総務会長も同様のコメントを新聞、雑誌に載せております。


 さらにまた、全国的にも多くの医師会がこの制度への反対、または異議を唱えております。


 国民健康保険や被用者保険などの財政運営の困難は、1985年以来の国民健康保険への国庫補助率の削減や、被用者保険に加入できないような、いわゆる非正規の雇用を増やし続けてきた政府の雇用政策にこそ責任があります。


 後期高齢者医療制度は制度の根本が間違っているわけでありますから、見直しではなく廃止して、一から出直さない限り、矛盾は解決できません。


 それでは、意見書の案文を朗読します。





          後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書(案)


 政府は、75歳以上の高齢者を対象にした「後期高齢者医療制度」を本年4月から実施し、70から74歳の窓口負担も2009年4月から2割に引き上げようとしています。新しい制度は、もっぱら医療費削減を目的にしたもので、高齢者に過酷な負担をおしつけ、医療内容を制限するものとなっています。


 具体的には、?75歳以上の高齢者を国民健康保険や被用者保険から追い出し、すべての高齢者から保険料をとりたてる、?受けられる医療を制限し差別する「別建て診療報酬」を設ける、?保険料は年金から天引きする、?保険料を払えない人からは保険証を取り上げ、医療を受けられなくする、などです。これまで保険料を負担していなかった扶養家族も、2008年10月から徴収されます。


 これに対し、「まさに姥捨て山ではないか」との怒りの声が全国でまき起こり、地方議会でも中止や見直しの決議があいついでいます。


 そもそも病気になりがちな高齢者の医療については、長年の社会貢献にふさわしく国と企業が十分な財政負担をおこない、高齢者が安心して医療が受けられるようにすべきです。このことは、ヨーロッパ諸国では常識であり、高齢者を別あつかいにして高負担と差別医療を押し付けている国はどこにもありません。


 したがって、以下の点を強く求めるものです。


                    記


1.後期高齢者医療制度は廃止すること。


2.70から74歳の窓口負担2割への引き上げをやめること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


                           平成20年6月19日 滑川市議会





 以上であります。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対し、ご質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっています議員提出議案第7号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  異議なしと認めます。よって、議員提出議案第7号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、討論に入ります。


 討論を希望される方は、申し出願います。


     (申し出る者なし)


○議長(砂原 孝君)  申し出がないので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議員提出議案第7号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立少数。


 よって、議員提出議案第7号は、否決されました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第8号





○議長(砂原 孝君)  次に、日程第4、議員提出議案第8号長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の運用の改善を求める意見書を議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  提案者より提案理由の説明を求めます。


 11番野末利夫君。


     〔11番 野末利夫君登壇〕


○11番(野末利夫君)  それでは、議員提出議案第8号長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の運用の改善を求める意見書、議案の朗読をもって提案理由の説明にかえたいと思います。





    長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の運用の改善を求める意見書(案)


 本年4月から始まった長寿医療制度は、増大する高齢者の医療費を国民全体で安定的に支えるとともに、75歳以上の高齢者の特性を踏まえた適切な医療サービスを提供することを目的に導入された制度です。


 これまでの老人保健制度は、75歳以上の高齢者が国民健康保険や組合健保などの被用者保険に加入し、医療費の不足が生じた時は、おもに現役世代が負担する被用者保険の拠出金で賄われてきました。


 また、各市区町村単位で運営されてきた国民健康保険も自治体間で最大5倍もの格差が生じ、特に人口3万人以下の小さな市町村では厳しい保険財政にその運営の行き詰まりが懸念されてきました。


 ゆえに、2000年の医療制度改革で参議院が関連法案を可決した際に、共産党を除く与野党で「早急に新たな高齢者医療制度を創設せよ」との附帯決議を採択しています。


 また、高齢者の中にも現役世代の人達に負担を押し付ける訳にはいかないと言う方も多くおり、財政難で疲弊した旧老人保健制度に戻すだけでは、何の問題解決にもなりません。


 わが国の世界最高水準の国民皆保険制度を将来に渡って維持するためには、長寿医療制度自体の骨格は維持しつつ、制度施行後に出された問題点については、真摯に改善に取組みより良い制度にする必要があります。


 よってここに、以下の重点事項の改善点を挙げ、関係諸機関に意見書の提出をお願い申し上げます。


                    記


1.低所得者の保険料軽減措置を拡大すること、また大幅に保険料が上昇する事例等について適切な軽減措置を講じること


2.被用者保険の被扶養者であった者の保険料軽減措置を引き続き継続すること


3.保険料の年金天引きについて、高齢者の意見を踏まえて適切な見直しを行うこと


4.高齢者の特性を踏まえた適切な健診のあり方について検討し、広域連合における実施を支援すること


5.長寿医療制度の診療報酬体系について高齢者の声を踏まえて適切な見直しを行うこと


6.70から74歳の高齢者の窓口負担1割の軽減措置を引き続き継続すること


7.広域連合の運営について、都道府県知事の運営責任を明確にすることを検討すること


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


                           平成20年6月19日 滑川市議会





 議員各位のご賛同のほど、よろしくお願いいたします。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対し、ご質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっています議員提出議案第8号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第8号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、討論に入ります。


 討論を希望される方は、申し出願います。


     (申し出る者なし)


○議長(砂原 孝君)  申し出がないので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議員提出議案第8号長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の運用の改善を求める意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立多数。


 よって、議員提出議案第8号は、可決されました。


         ──────────◇──────────





◎議案の追加提案(議案第49号)





○議長(砂原 孝君)  ただいま市長から、議案第49号滑川市監査委員の選任についてが追加して提案されました。


 議案書を配付しますので、しばらくお待ち下さい。


     〔事務局職員、議案書配付〕


○議長(砂原 孝君)  日程第5、議案第49号滑川市監査委員の選任についてを議題といたします。


         ──────────◇──────────





◎提案理由説明





○議長(砂原 孝君)  副市長より提案理由の説明を求めます。


 出村副市長。


     〔副市長 出村眞佐範君登壇〕


○副市長(出村眞佐範君)  市長にかわりまして、ただいま追加して提案いたしました議案についてご説明申し上げます。


 議案第49号は、滑川市監査委員の選任についてであります。


 滑川市監査委員のうち、議会から選任されていた委員が辞任したことに伴い、今回、古沢利之君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 なにとぞ慎重ご審議のうえ、適正な議決をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(砂原 孝君)  古沢利之君、退席願います。


     〔古沢利之君退席〕


○議長(砂原 孝君)  お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第49号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略し、なお事案の性質上、質疑並びに討論を行わないことにいたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議案第49号につきましては、直ちに採決することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより、起立により採決を行います。


 議案第49号滑川市監査委員の選任について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(砂原 孝君)  起立全員。


 よって、議案第49号は、これに同意することに決定いたしました。


 古沢利之君、着席願います。


     〔古沢利之君着席〕


         ──────────◇──────────





◎滑川市農業委員会委員の推薦





○議長(砂原 孝君)  お諮りいたします。


 ただいま、議会から推薦いたしております農業委員会委員、古沢利之君から辞職願が提出されましたので、この際、後任の委員の推薦をいたしたいと思います。


 後任の委員については、来る7月19日をもって任期満了しますが、その後の任期も含め推薦いたしたいと思います。


 推薦については、議長より指名することにしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  異議なしと認めます。よって、議長より指名することに決定いたしました。


 議会推薦の滑川市農業委員会委員には、前田新作君を指名いたします。


 これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議会推薦の滑川市農業委員会委員に、前田新作君を推薦することに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎議員派遣について





○議長(砂原 孝君)  次に、日程第7、議員派遣についてを議題といたします。


 会議規則第142条の規定に基づき、お手元に配付の4件の議員派遣について、派遣することにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。


 よって、4件の議員派遣については、決定をいたしました。


 なお、入札制度改革につきましては、先般設置されました特別委員会に付託のうえ、閉会中の継続審査とし、その期間を審査終了までとすることにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。


 よって、入札制度改革につきましては、入札改革特別委員会に付託のうえ、閉会中の継続審査とし、その期間を審査終了までとすることに決定いたしました。


         ──────────◇──────────





◎閉会の挨拶





○議長(砂原 孝君)  以上をもって、本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 副市長から挨拶があります。


 出村副市長。


    〔副市長 出村眞佐範君登壇〕


○副市長(出村眞佐範君)  平成20年6月定例会を閉会されるにあたり、市長にかわりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 本定例会は、去る6月9日に開会されてから本日までの11日間にわたり、ご提案申し上げました諸案件につきまして、議員各位の慎重なご審議を賜りました結果、いずれも原案どおり議決をいただきましたことに対し、厚く御礼を申し上げます。


 また、ただいまは監査委員の選任についてご同意を賜りまして、ありがとうございます。


 本会期中、議員各位から賜りましたご意見、ご要望等につきましては、十分検討いたしまして、市政の円滑な運営に資するとともに、適正な予算執行に努めてまいる所存であります。


 暑さも日ごとに加わってまいりますが、議員各位には、なにとぞ健康に留意され、今後とも市勢の伸展に一層のご支援、ご協力を賜りますようお願いいたしまして、ご挨拶といたします。


 どうもありがとうございました。


         ──────────◇──────────





◎閉会の宣告





○議長(砂原 孝君)  これをもちまして、平成20年6月滑川市議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


                午後2時44分閉会