議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 滑川市

平成18年12月定例会(第4号12月21日)




平成18年12月定例会(第4号12月21日)





 
                  平成18年12月


       滑川市議会定例会会議録 第4号


平成18年12月21日(木曜日)


         ──────────────────────


             議 事 日 程  第 4 号


                   平成18年12月21日(木)午前10時10分開議


第1 委員長報告


    総務文教消防委員長


    産業厚生建設委員長


   質   疑


   討   論


   採   決


第2 滑川市農業委員会委員の推薦


第3 議員提出議案第7号 真に必要な道路整備の推進に関する意見書


第4 議員提出議案第8号 障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)


             負担」等の見直しを求める意見書


第5 議員提出議案第9号 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書


   提案理由説明


   質   疑


   討   論


   採   決


第6 議案の追加提案


   議案第109号 滑川市監査委員の選任について


第7 議案の追加提案


   議案第110号 滑川市公平委員会の委員の選任について


第8 議案の追加提案


   議案第111号 滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


   追加提案理由説明


   質疑・討論


   採   決


         ──────────◇──────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 委員長報告


      総務文教消防委員長


      産業厚生建設委員長


     質   疑


     討   論


     採   決


日程第2 滑川市農業委員会委員の推薦


日程第3 議員提出議案第7号 真に必要な道路整備の推進に関する意見書


日程第4 議員提出議案第8号 障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応


               益)負担」等の見直しを求める意見書


日程第5 議員提出議案第9号 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書


     提案理由説明


     質   疑


     討   論


     採   決


日程第6 議案の追加提案


     議案第109号 滑川市監査委員の選任について


日程第7 議案の追加提案


     議案第110号 滑川市公平委員会の委員の選任について


日程第8 議案の追加提案


     議案第111号 滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


     追加提案理由説明


     質疑・討論


     採   決


         ──────────◇──────────


出席議員(16名)


    1番 高 木 悦 子 君    2番 原     明 君


    3番 岩 城 晶 巳 君    4番 中 島   勲 君


    5番 古 沢 利 之 君    6番 浦 田 竹 昭 君


    7番 開 田 晃 江 君    8番 中 川   勲 君


    9番 澤 谷   清 君    10番 砂 原   孝 君


    11番 野 末 利 夫 君    12番 高 橋 久 光 君


    13番 前 田 新 作 君    14番 上 田 昌 孝 君


    15番 相 川 隆 二 君    16番 島 川   実 君


欠席議員(な し)


         ──────────◇──────────


              説明のため出席した者の職氏名


                 (第1号に同じ)


         ──────────◇──────────


         職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名


  事務局長         新 夕 正 隆


  局長補佐         大 澤 義 信


  主  任         菅 沼 久 乃


  主  事         有 倉 佳 世


         ──────────◇──────────





◎開議


 午前10時10分





○議長(砂原 孝君)  ただいまから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配布したとおりであります。


         ──────────◇──────────





◎委員長報告





○議長(砂原 孝君)  日程第1、各常任委員会における審査の経過並びに結果について、それぞれの委員長の報告を求めます。


 総務文教消防委員長 前田新作君。


     [総務文教消防委員長 前田新作君登壇]


○総務文教消防委員長(前田新作君)  おはようございます。総務文教消防委員会を開催いたしましたので、その結果についてご報告いたします。


 日時は12月18日、午前10時から午後0時26分までであります。場所は大会議室。出席委員は浦田副委員長、原委員、岩城委員、古沢委員、砂原委員、高橋委員、相川委員、そしてわたくし前田であります。よって欠席委員はございません。説明のために出席した者は、中屋市長、齊藤収入役、中屋教育長、笹林部長、石倉消防長、有澤次長、梶谷参事、高田参事、松本参事、坪川参事、佐藤参事、清河参事、高辻課長、稲谷課長、岡本課長であります。


 付託案件並びに結果についてご報告いたします。


 (1)議案第91号 平成18年度滑川市一般会計補正予算(第3号)


          第1表 歳入全部、歳出 人件費全部、第2款 総務費、第10款 教育費


          第2表 継続費


          第3表 繰越明許費


 (2)議案第99号 滑川市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


 (3)議案第102号 滑川市住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例を廃止する条例の制定について


 以上の3議案につきましては、慎重審査の結果、賛成全員により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上であります。


○議長(砂原 孝君)  産業厚生建設委員長 開田晃江君。


     [産業厚生建設委員長 開田晃江君登壇]


○産業厚生建設委員長(開田晃江君)  それでは、産業厚生建設委員会を開催いたしましたので、結果についてご報告申し上げます。


 日時は12月19日、午前10時から午後0時57分まで。場所は大会議室でございます。出席委員は中島副委員長、高木委員、中川委員、澤谷委員、野末委員、上田委員、島川委員、そしてわたくし開田でございます。よって欠席委員はございません。説明のために出席した者は、中屋市長、出村助役、近堂部長、神保部長、高田次長、大黒参事、椎名参事、福田参事、石田課長、小幡課長、若林課長、浜田室長、脇坂課長、杉野課長です。


 付託案件並びに結果といたしまして、


(1)議案第91号 平成18年度滑川市一般会計補正予算(第3号)


            第1表 歳出 第3款 民生費、第6款 農林水産業費、第7款 商工費、第8款 土木費


(2)議案第92号 平成18年度滑川市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


(3)議案第93号 平成18年度滑川市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


(4)議案第94号 平成18年度滑川市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)


(5)議案第95号 平成18年度滑川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)


(6)議案第96号 平成18年度滑川市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)


(7)議案第97号 平成18年度滑川市水道事業会計補正予算(第2号)


(8)議案第98号 滑川市民交流プラザ条例の制定について


(9)議案第100号 滑川市重度心身障害者等医療費助成条例の一部を改正する条例の制定について


(10)議案第101号 滑川市SOHOセンター条例の一部を改正する条例の制定について


(11)議案第103号 地方自治法第179条による専決処分の承認を求めることについて


   専決第7号 損害賠償請求に係る和解に関する件


(12)議案第104号 工事変更請負契約の締結について


(13)議案第105号 工事変更請負契約の締結について


(14)議案第106号 工事変更請負契約の締結について


(15)議案第107号 富山県後期高齢者医療広域連合の設置について


(16)議案第108号 滑川市民交流プラザの指定管理者の指定について


 以上の16議案につきましては、慎重審査の結果、賛成多数により原案のとおり可決または承認すべきものと決定いたしました。以上です。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  これより各常任委員長の報告に対する質疑に入ります。


 各常任委員長の報告に対し、ご質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  ご質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより、議案第91号から議案第108号までの討論に入ります。討論については、通告がありませんので、討論を終結いたします。


         ──────────◇──────────





◎採決


 (議案第91号から議案第108号)





○議長(砂原 孝君)  これより起立により採決を行います。


 議案第91号平成18年度滑川市一般会計補正予算(第3号)から、議案第108号滑川市民交流プラザの指定管理者の指定についての18議案を一括して採決します。


 以上の諸案件に対する各常任委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決または承認であります。


 以上の諸案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


     [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議案第91号から議案第108号の18議案は、各常任委員長の報告のとおり可決または承認されました。


         ──────────◇──────────





◎滑川市農業委員会委員の推薦





○議長(砂原 孝君)  日程第2、滑川市農業委員会委員の推薦についてを議題とします。


 議会から推薦しておりました農業委員会の島川 実委員から辞職願が提出されましたので、後任の委員の推薦をしたいと思います。


 推薦については、議長より指名したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定しました。


 議会推薦の農業委員に、野末利夫君を推薦したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議会推薦の農業委員に野末利夫君を推薦することに決定しました。


         ──────────◇──────────





◎議員提出議案第7号から第9号





○議長(砂原 孝君)  日程第3、議員提出議案第7号真に必要な道路整備の推進に関する意見書から日程第5、議員提出議案第9号トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書までの3議案を一括上程議題とします。


 提案者より提案理由の説明を求めます。


 12番高橋久光君。


    [12番高橋久光君登壇]


○12番(高橋久光君)  それでは、提出者を代表いたしまして、案文の朗読をもって提案理由にかえさせていただきます。


 まず初めに、


          真に必要な道路整備の推進に関する意見書(案)


 道路は、産業・経済・文化を支える最も基本的かつ重要な社会資本であり、地域住民の生活を支え、豊かで活力あふれる地域社会を築くための根幹をなすものであります。


 当市においては、一般国道8号は重要な役割を果たしているところでありますが、現在のところ市内全区間の暫定二車線による供用開始がなされ、地域交通の円滑化に大きく寄与しているところであります。


 しかしながら、暫定二車線による供用開始後、更に激増する交通量に追いつけず、慢性的な交通混雑を引き起こしていることから、その機能が十分に発揮されていない状況にあります。


 そのため、早期の四車線化並びに一般国道8号をはじめとする主要幹線道路の整備は、必要不可欠であり、今後も道路整備を進めていくことが重要課題となっております。


 こうしたなか、この度、政府・与党において「道路特定財源の見直しに関する具体策」が合意され、その内容としては、「真に必要な道路整備は計画的に進め、平成19年中に今後の具体的な道路整備の姿を示した中期的な計画を作成することとし、国の道路特定財源については、道路歳出を上回る税収は一般財源とする」等とされたところです。


 しかしながら、依然として地方では、道路整備の必要性が非常に大きいことに鑑み、地方が真に必要としている道路の整備を着実かつ計画的に推進することが極めて重要であると考えております。


 よって、政府におかれましては、具体的な道路整備計画を策定するにあたり、地域の実情を十分考慮されるとともに、地方の道路整備に必要な財源の確保について強く要望するものであります。


 次に、


       障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)負担」等の見直しを求める意見書(案)


 障害者自立支援法に基づく福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)負担」制度が平成18年4月1日より実施されました。この制度の導入にあたっては、原則1割負担としつつも大幅な負担増にならないよう、所得に応じた利用料の月額上限措置が講じられ、また、住民税非課税世帯に対しては、利用するサービスによって個別減免・社会福祉法人減免が実施されています。


 しかし、障害者・家族が「親亡き後の子ども」の将来のために、少ない収入を切りつめて貯めた350万円以上の預貯金があることで、軽減措置の対象から除外されることになりました。重度障害者が病気で入院するとき個室をつかわなければならないので室料が必要となり、蓄えだけでは生きていけません。これも預金として軽減措置対象から外されています。


 たとえ軽減の対象になっても従来以上の負担増になり、しかも、障害の重い人ほどサービス利用を必要とすることから負担が重くなり、このことがわずかな年金での生活を圧迫し、結果的にサービス利用を断念するといった、あってはならない問題が全国各地で起こっています。


 また、施設利用者に対しては、「定率(応益)負担」以外に、食費等が全額自己負担となり、「補足給付」などの措置があっても負担の不安は解消されず、退所を余儀なくされる問題もうまれています。こうしたことで「地域移行」されることは、大きな問題があるといわなければなりません。


 「定率(応益)負担」は、障害者福祉に馴染まないものであり、社会福祉の理念を根底から否定するものであります。何故、障害者のサービス利用が「益」なのか、納得できる説明もありません。


                   記


1.福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)負担」は見直してください。


2.とりわけ、国として、住民税非課税世帯などの利用料の軽減措置を講じてください。


3.施設利用者に対する、食費・医療費・水光熱費・個室利用料の全額負担は見直してください。


 次に、


        トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書(案)


 じん肺については、予防対策及び健康管理の充実等、国においても各種対策が講じられてきたところであるが、トンネル建設工事業におけるじん肺被害の発生は、未だ社会問題になっている状況にある。


 今般、全国11地裁で審理が進められてきたトンネルじん肺根絶訴訟の中で、東京地裁及び熊本地裁において、いずれも「国の規制権限行使義務」の不行使を違法とする司法判断が示された。


 当議会においても、「トンネルじん肺り患者の救済とじん肺根絶を求める意見書」について、平成10年12月18日定例会において採択、係る意見書を関係機関に提出しトンネルじん肺り患者の救済とじん肺根絶を求めてきたところである。然るに、意見書提出後8年の長期間が経過するも、トンネルじん肺問題は未だに解決されていない状況にある。


 トンネルじん肺は、そのほとんどが公共工事によって発生した職業病であること等から早急に解決を図るべき重要な問題である。


 よって、政府におかれては、東京地裁・熊本地裁判決「趣旨」を真摯に受け止め、これ以上訴訟に及ばず、原告たちが求める下記に掲げる対策を含めて、トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を早急に講ぜられるよう強く要望します。


                   記


1.トンネル建設現場において、定期的な粉じん測定及び測定結果の評価を義務付けること。


2.トンネル建設現場において、坑内労働者が粉じんに暴露される時間を短縮・規制すること。


 以上、議員各位にはご賛同くださいますようお願いいたしまして、意見書の提案説明とかえさせていただきます。よろしくお願いします。


         ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(砂原 孝君)  ただいまの提出案件に対し、ご質疑ありませんか。


   (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  ご質疑がないので、これにて質疑を終結します。


         ──────────◇──────────





◎討論





○議長(砂原 孝君)  これより討論に入ります。


 討論を希望される方は申し出願います。


   (質疑する者なし)


○議長(砂原 孝君)  申し出がないので、討論を終結します。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより起立によりそれぞれ採決を行います。


 議員提出議案第7号真に必要な道路整備の推進に関する意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


   [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議員提出議案第7号は、原案のとおり可決されました。


○議長(砂原 孝君)  次に、議員提出議案第8号障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)負担」等の見直しを求める意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


   [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議員提出議案第8号は、原案のとおり可決されました。


○議長(砂原 孝君)  次に、議員提出議案第9号トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


   [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議員提出議案第9号は、原案のとおり可決されました。


         ──────────◇──────────





◎議案の追加提案(議案第109号から議案第111号)





○議長(砂原 孝君)  ただいま、市長から議案第109号滑川市監査委員の選任について、議案第110号 滑川市公平委員会の委員の選任について、議案第111号滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてが、追加して提案されました。


 議案書を配布しますので、暫くお待ち下さい。


     [事務局職員議案書配布]


○議長(砂原 孝君)  日程第6、議案第109号滑川市監査委員の選任についてから、日程第8、議案第111号滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてを一括上程議題とします。


○議長(砂原 孝君)  市長より提案理由の説明を求めます。


 中屋市長。


     [市長 中屋一博君登壇]


○市長(中屋一博君)  ただいま追加して提案いたしました議案についてご説明申し上げます。


 議案第109号は、滑川市監査委員の選任についてであります。


 滑川市監査委員のうち議会から選任されていた委員が辞任したことに伴い、今回、島川 実君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 議案第110号は、滑川市公平委員会委員の選任についてであります。


 滑川市公平委員会の委員のうち1名が、12月24日をもって任期が満了いたしますので、今回、氷見庄治君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 議案第111号は、滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてであります。


 滑川市固定資産評価審査委員会の委員のうち1名が、12月22日をもって任期が満了いたしますので、今回、小林時雄君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 なにとぞ、慎重ご審議のうえ、適正な議決をいただきますようお願い申し上げます。


         ──────────◇──────────





◎質疑・討論





○議長(砂原 孝君)  島川 実君退席願います。


     [島川 実君退席]


 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第109号から議案第111号につきましては、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略し、なお事案の性質上、質疑並びに討論を行わないことにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(砂原 孝君)  ご異議なしと認めます。よって、議案第109号から議案第111号につきましては、直ちに採決することに決定しました。


         ──────────◇──────────





◎採決





○議長(砂原 孝君)  これより起立によりそれぞれ採決を行います。


 議案第109号滑川市監査委員の選任について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


   [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議案第109号は、これに同意することに決定しました。


 島川 実君着席願います。


     [島川 実君着席]


○議長(砂原 孝君)  次に議案第110号滑川市公平委員会の委員の選任について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


     [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議案第110号は、これに同意することに決定しました。


 次に議案第111号滑川市固定資産評価審査委員会の委員の選任について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(砂原 孝君)  起立全員。よって議案第111号は、これに同意することに決定しました。


         ──────────◇──────────





◎閉会の挨拶





○議長(砂原 孝君)  以上で本定例会に付議された案件の審議は、全部議了いたしました。


 市長から挨拶があります。


 中屋市長。


   [市長 中屋一博君登壇]


○市長(中屋一博君)  平成18年12月定例会を閉会されるにあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。


 さて、去る12月11日に開会されてから本日までの11日間にわたり、議員各位の慎重なご審議を賜り、提案申し上げました平成18年度一般会計補正予算をはじめとした重要諸案件、並びに9月定例会において継続審査となっておりました平成17年度各会計決算の認定など、いずれも適切なる議決をいただきましたことに対し、厚くお礼申し上げます。


 また、ただ今は、追加提案いたしました人事案件にご同意を賜り、ありがとうございます。


 この上は、市政の円滑な運営に資するとともに、予算の執行等につきましても、慎重を期してまいる所存であります。


 この一年、議員の皆様をはじめ市民各位の絶大なるご協力により、市政各般にわたり進展をみましたことをここに深く感謝申し上げる次第であります。


 本年も余すところあとわずかとなり、いよいよ厳寒に向かいますが、議員の皆様方にはくれぐれもご自愛くださいまして、ご家族ともども輝かしい新春を迎えられますよう心からお祈り申し上げまして、私のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


         ──────────◇──────────





◎閉会





○議長(砂原 孝君)  これをもちまして、平成18年12月滑川市議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


               午後10時41分閉会