議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 滑川市

平成17年 9月定例会(第1号 9月 5日)




平成17年 9月定例会(第1号 9月 5日)





 
               平成17年9月


          滑川市議会定例会会議録 第1号





平成17年9月5日(月曜日)


          ──────────────────────


             議 事 日 程  第 1 号


                      平成17年9月5日(月)午前11時00分開議


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案第39号 平成17年度滑川市一般会計補正予算(第3号)


第4 議案第40号 平成17年度滑川市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


第5 議案第41号 滑川市個人情報保護条例の制定について


第6 議案第42号 滑川市情報公開・個人情報保護審査会条例の制定について


第7 議案第43号 滑川市住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例の制定につい


         て


第8 議案第44号 滑川市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正


         する条例の制定について


第9 議案第45号 滑川市民会館条例の一部を改正する条例の制定について


第10 議案第46号 滑川市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の


         制定について


第11 議案第47号 滑川市自転車駐車場条例の一部を改正する条例の制定について


第12 議案第48号 滑川市農村研修センター条例の一部を改正する条例の制定について


第13 議案第49号 滑川市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例の制定につい


         て


第14 議案第50号 滑川市産業研修センター条例の一部を改正する条例の制定について


第15 議案第51号 滑川市勤労身体障害者教養文化体育施設条例の一部を改正する条例の


         制定について


第16 議案第52号 滑川市ほたるいか観光施設条例の一部を改正する条例の制定について


第17 議案第53号 滑川市海洋深層水分水施設条例の一部を改正する条例の制定について


第18 議案第54号 滑川市老人福祉センター条例の一部を改正する条例の制定について


第19 議案第55号 滑川市シルバーワークプラザ条例の一部を改正する条例の制定につい


         て


第20 議案第56号 滑川市ゲートボール場条例の一部を改正する条例の制定について


第21 議案第57号 滑川市陶芸の館設置条例の一部を改正する条例の制定について


第22 議案第58号 滑川市在宅福祉介護手当支給条例の一部を改正する条例の制定につい


         て


第23 議案第59号 滑川市知的障害者生活支援センター条例の一部を改正する条例の制定


         について


第24 議案第60号 滑川市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


第25 議案第61号 滑川市東福寺野自然公園条例の一部を改正する条例の制定について


第26 議案第62号 滑川市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について


第27 議案第63号 滑川市総合体育センター条例の一部を改正する条例の制定について


第28 議案第64号 滑川市みのわテニス村設置条例の一部を改正する条例の制定について


第29 議案第65号 滑川市体育施設条例の一部を改正する条例の制定について


第30 議案第66号 滑川市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について


第31 議案第67号 滑川市ディサービスセンター条例を廃止する条例の制定について


第32 議案第68号 地方自治法第179条の規定による専決処分の承認を求めることについて


    専決第10号 平成17年度滑川市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


    専決第11号 平成17年度滑川市一般会計補正予算(第2号)


第33 議案第69号 姉妹都市の提携について


第34 議案第70号 富山地区広域圏事務組合規約の変更について


第35 議案第71号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について


第36 議案第72号 平成16年度滑川市各会計決算の認定について


第37 報告第5号 平成16年度滑川市継続費精算報告書


第38 報告第6号 平成16年度における主要施策の成果について


第39 報告第7号 滑川市土地開発公社の経営状況について


第40 報告第8号 財団法人滑川市老人福祉センターの経営状況について


第41 報告第9号 財団法人滑川市青少年婦人研修センターの経営状況について


第42 報告第10号 財団法人滑川市文化・スポーツ振興財団の経営状況について


第43 報告第11号 財団法人滑川市体育協会の経営状況について


第44 報告第12号 株式会社ウェーブ滑川の経営状況について


第45 報告第13号 財団法人滑川市農業公社の経営状況について


          ──────────◇──────────


              本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第39号 平成17年度滑川市一般会計補正予算(第3号)


日程第4 議案第40号 平成17年度滑川市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


日程第5 議案第41号 滑川市個人情報保護条例の制定について


日程第6 議案第42号 滑川市情報公開・個人情報保護審査会条例の制定について


日程第7 議案第43号 滑川市住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例の制定に


           ついて


日程第8 議案第44号 滑川市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を


           改正する条例の制定について


日程第9 議案第45号 滑川市民会館条例の一部を改正する条例の制定について


日程第10 議案第46号 滑川市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


           例の制定について


日程第11 議案第47号 滑川市自転車駐車場条例の一部を改正する条例の制定について


日程第12 議案第48号 滑川市農村研修センター条例の一部を改正する条例の制定につい


           て


日程第13 議案第49号 滑川市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例の制定に


           ついて


日程第14 議案第50号 滑川市産業研修センター条例の一部を改正する条例の制定につい


           て


日程第15 議案第51号 滑川市勤労身体障害者教養文化体育施設条例の一部を改正する条


           例の制定について


日程第16 議案第52号 滑川市ほたるいか観光施設条例の一部を改正する条例の制定につ


           いて


日程第17 議案第53号 滑川市海洋深層水分水施設条例の一部を改正する条例の制定につ


           いて


日程第18 議案第54号 滑川市老人福祉センター条例の一部を改正する条例の制定につい


           て


日程第19 議案第55号 滑川市シルバーワークプラザ条例の一部を改正する条例の制定に


           ついて


日程第20 議案第56号 滑川市ゲートボール場条例の一部を改正する条例の制定について


日程第21 議案第57号 滑川市陶芸の館設置条例の一部を改正する条例の制定について


日程第22 議案第58号 滑川市在宅福祉介護手当支給条例の一部を改正する条例の制定に


           ついて


日程第23 議案第59号 滑川市知的障害者生活支援センター条例の一部を改正する条例の


           制定について


日程第24 議案第60号 滑川市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


日程第25 議案第61号 滑川市東福寺野自然公園条例の一部を改正する条例の制定につい


           て


日程第26 議案第62号 滑川市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について


日程第27 議案第63号 滑川市総合体育センター条例の一部を改正する条例の制定につい


           て


日程第28 議案第64号 滑川市みのわテニス村設置条例の一部を改正する条例の制定につ


           いて


日程第29 議案第65号 滑川市体育施設条例の一部を改正する条例の制定について


日程第30 議案第66号 滑川市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について


日程第31 議案第67号 滑川市ディサービスセンター条例を廃止する条例の制定について


日程第32 議案第68号 地方自治法第179条の規定による専決処分の承認を求めることにつ


           いて


      専決第10号 平成17年度滑川市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


      専決第11号 平成17年度滑川市一般会計補正予算(第2号)


日程第33 議案第69号 姉妹都市の提携について


日程第34 議案第70号 富山地区広域圏事務組合規約の変更について


日程第35 議案第71号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について


日程第36 議案第72号 平成16年度滑川市各会計決算の認定について


日程第37 報告第5号 平成16年度滑川市継続費精算報告書


日程第38 報告第6号 平成16年度における主要施策の成果について


日程第39 報告第7号 滑川市土地開発公社の経営状況について


日程第40 報告第8号 財団法人滑川市老人福祉センターの経営状況について


日程第41 報告第9号 財団法人滑川市青少年婦人研修センターの経営状況について


日程第42 報告第10号 財団法人滑川市文化・スポーツ振興財団の経営状況について


日程第43 報告第11号 財団法人滑川市体育協会の経営状況について


日程第44 報告第12号 株式会社ウェーブ滑川の経営状況について


日程第45 報告第13号 財団法人滑川市農業公社の経営状況について


          ──────────◇──────────


出席議員(18名)


    1番 浦 田 竹 昭 君    2番 開 田 晃 江 君


    3番 石 倉 正 樹 君    4番 中 川   勲 君


    7番 澤 谷   清 君    8番 大 重   勇 君


    9番 砂 原   孝 君    10番 野 末 利 夫 君


    11番 堀 川 一 彦 君    12番 高 橋 久 光 君


    13番 前 田 新 作 君    14番 上 田 昌 孝 君


    15番 森     結 君    16番 金 子 憲 治 君


    17番 相 川 隆 二 君    18番 岡 本 三 之 君


    19番 島 川   実 君    20番 島 田   忠 君


欠席議員(な し)


欠  員(2 名)5番、6番


          ──────────◇──────────


             説明のため出席した者の職氏名


  市   長             中 屋 一 博 君


  助   役             出 村 眞佐範 君


  収 入 役             齊 藤   博 君


  総務部長              佐 伯 宗 茂 君


  企画情報課長            坪 川 宗 嗣 君


  総務課長              佐 藤 孝 男 君


  総務部参事財政課長事務取扱     梶 谷 正 夫 君


  総務部参事税務課長事務取扱     高 田 俊 信 君


  市民課長              清 河 哲 雄 君


  産業民生部長            近 堂 昭 夫 君


  生活環境課長            石 田   修 君


  福祉課長              小 幡 卓 雄 君


  産業民生部次長保険介護課長事務取扱 高 田 健 作 君


  産業民生部参事商工水産課長事務取扱 中 川   保 君


  市街地活性課推進室長        浜 田 茂 行 君


  産業民生部参事           大 黒 隆 文 君


  建設部長農林課長事務取扱      神 保 二三夫 君


  都市開発課長            脇 坂 義 美 君


  下水道課長             杉 野   司 君


  参事会計課長事務取扱        松 本 高 志 君


  水道課長              福 田   宏 君


  消 防 長             石 倉 俊 明 君


  消防署長              岡 本 好 治 君


  教育委員長             吉 ? 陽 子 君


  教 育 長             中 屋 久 孝 君


  教育委員会事務局次長        有 澤 義 則 君


  生涯学習課長            高 辻   進 君


  スポーツ課長            稲 谷 幹 男 君


          ──────────◇──────────


          職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名


  事務局長      新 夕 正 隆


  副主幹       上 坂 清 治


          ──────────◇──────────





◎開会の宣言





○議長(島田 忠君)  ただ今から、平成17年9月滑川市議会定例会を開会いたします。


          ──────────◇──────────





◎開議


  午前11時00分





○議長(島田 忠君)  ただちに、本日の会議を開きます。


 本定例会における説明員の出席要求に対し、お手元に配布してあるとおり、それぞれ出席者の報告がありました。


 本日の議事日程につきましては、お手元へ配布したとおりであります。


          ──────────◇──────────





◎会議録署名議員の指名





○議長(島田 忠君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行ないます。


 会議録署名議員には、会議規則第77条の規定により、議長において、9番砂原 孝君、10番野末利夫君を指名いたします。


          ──────────◇──────────





◎会期の決定





○議長(島田 忠君)  次に日程第2、会期の決定を議題といたします。お諮りいたします。


     (発言を求める者あり)


○議長(島田 忠君)  14番上田昌孝君。


○14番(上田昌孝君)  本定例会の会期を本日から9月21日までの17日間としては如何かと存じますので、お諮り願います。


○議長(島田 忠君)  ただいま14番上田昌孝君から本定例会の会期を本日から9月21日までの17日間ということでありますが、これにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(島田 忠君)  ご異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から9月21日までの17日間と決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎議案第39号から議案第72号及び報告第5号から報告第13号まで一括上程





○議長(島田 忠君)  日程第3、議案第39号平成17年度滑川市一般会計補正予算(第3号)から、日程第36、議案第72号平成16年度滑川市各会計決算の認定についてまで及び日程第37、報告第5号 平成16年度滑川市継続費繰越計算書から日程第45、報告第13号財団法人滑川市農業公社の経営状況についてまで、以上43件を一括上程議題といたします。


          ──────────◇──────────


                市長の提案理由説明


○議長(島田 忠君)  市長から提案理由の説明を求めます。


 中屋市長。


     [市長 中屋一博君登壇]


○市長(中屋一博君)  本日、ここに平成17年9月定例市議会が開催されるにあたり、提出いたしました補正予算案並びにその他の案件につきまして、その概要を申し上げ、併せて当面の諸問題について私の所信の一端を申し上げたいと存じます。


1 当面の諸問題について


(1)都市基盤の整備について


 まず、都市基盤の整備について申し上げます。


 県事業につきましては、交通安全歩道新設事業である滑川上市線の加島町から菰原地内への歩道橋について、県において現在関係町内会への説明会を開催し、意見・要望等を聴取しているところであり、今後、地元の意向を踏まえてJR協議を終え、実施設計に着手したいとの意向であります。


 また、中川水系総合流域防災事業(沖田川工区)につきましては、都市計画道路加島町下島線と一体的に整備する計画であり、このうち県道古鹿熊滑川線から市道滑川富山線までの約150メートルの県道区間について、事業促進のため市が事業主体となって拡幅整備することとしており、先月、事業認可があったところであります。


 また県では、今年度は海岸部の用地測量や土地買収、物件補償等を実施するとのことであり、市といたしましては、各事業が円滑に推進されるよう今後とも協力していくとともに、事業促進について国・県に働きかけてまいりたいと存じます。


 北陸新幹線建設事業につきましては、いよいよ本市内において初めての工事が、県道栗山柳原線から県道古鹿熊滑川線までの北野、中野島、二塚、大島新地内の約1キロメートル区間において着手されるとのことであり、工事施行の準備・調整等の目途がつき次第、鉄道建設機構において、具体的な工事の進め方等について、地元の方々に説明会が行われることとなっております。


 今回の工事は、工事用道路や用排水路等の仮設工事並びに農道などの付替え等となっており、またこの区間の新幹線本体の工事は、平成18年から平成20年までの間に行われる見込みであります。


 その他の地区につきましては、本年中に用地境界測量等の発注を終え、その後に、用地補償や物件移転補償の協議を進めたいとの意向でありますので、工事の円滑な進捗について、地元関係者各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。


 東福寺野自然公園につきましては、家族連れで楽しく遊べる大型遊具「ふわふわドーム」を、この夏休み期間にあわせオープンさせたところであり、今後このPR等に努めるとともに、アクティブゾーン等の更なる施設整備を行い、魅力あふれ市民に親しまれる公園となるよう努めてまいります。


 滑川駅前広場の消雪設備につきましては、揚水量が著しく低下したことから水中カメラによる調査を行ったところであり、この結果を踏まえて、井戸再生工事を実施し、今冬の降雪に備えたいと考えております。


 また、中滑川駅前における乱雑な自転車の駐輪状況を改善するため、コミュニティ助成事業の採択を受け、駐輪場を整備することとしております。


(2)社会環境の整備について


 つぎに、社会環境の整備について申し上げます。


 本市の福祉施策の指針となる「福祉都市推進計画」を基本として、「日本一の福祉都市」に向け鋭意努力しているところでありますが、この目標の実現には、市民各位の参加と協働が必須となっております。そのためには、地域単位での福祉コミュニティの形成と活動拠点の整備が不可欠であることから、昨年、国の地域再生事業構想において提案を行っていたところ、新たな交付金制度が創設されたところであります。北加積地区公民館及び東加積地区公民館については、この制度の活用を図ることで、地域の新たな介護予防拠点施設となるよう整備してまいりたいと存じます。


 介護保険につきましては、介護予防重視型システムへの転換と施設給付の見直しに重点がおかれた、給付・負担の両面にわたる大幅な制度の見直しが行われたところであり、この10月からは、施設給付の見直しが実施されることとなっております。


 また、もう一つの柱である介護予防重視型システムへの転換につきましては、今後、国が示すメニューをもとに、本市の現状を踏まえつつ、第三期介護保険事業計画を策定することとしており、今後とも高齢者が安心して充実した生活が送られる社会の実現に努めてまいります。


 昨今、建築物等で使用されているアスベストによる健康被害が社会問題化しております。


 このため、本市においても、直ちに市民の相談窓口を設置し、市のホームページや広報での情報提供を行うとともに、市庁舎や学校、公共施設等について各担当部局で調査を行っているところであります。


 しかしながら、この調査には、さらに慎重な取り組みが必要なことから、このたび庁内プロジェクトチームを立ち上げたところであり、引き続き市民の健康被害の予防と不安の解消に努めてまいりたいと存じます。


 本市の交通事故の状況につきましては、8月17日時点で事故件数は115件、負傷者数は140名と、昨年同期と比べいずれも約20パーセント減少しており、また昨年の12月以来、死亡事故はゼロとなっております。


 今後とも、関係機関や関係団体との緊密な連携のもとに、この21日から始まる秋の全国交通安全運動の積極的な推進や、高齢者の交通事故防止対策を重点に据えた運動等を強力に実施し、悲惨な交通事故が減少するよう努めてまいります。


(3) 産業の振興について


 つぎに、産業の振興について申し上げます。


 本市の稲作の中心をなす「コシヒカリ」の概況につきましては、5月の田植え時期以降好天が続き、7月も気温が高めに推移したことから、生育状況は7月中旬で草丈、茎数、葉色ともに昨年を上回り、生育がやや早めとなっておりましたが、現在ではほぼ順調に生育し、農林水産省が8月15日現在で発表した作柄予想は、「平年並み」となっているところであります。


 刈り取りは9月10日頃からと見込まれておりますが、今後適期刈り取りや適正な乾燥調製を励行し、品質の向上に努めてまいりたいと存じます。


 また昨年来、民家の近くにクマが出没してくることなどが大きな社会問題となっております。本市においても本年6月にクマによる人身被害が発生していることから、パトロールの強化や目撃情報の把握に努めているところでありますが、クマが民家に近づかないようにするためには、集落近辺の里山林をクマとの緩衝帯とすることが有益であることから、里山林の枝打ちや除間伐を進めることとしております。


 市民交流プラザにつきましては、多世代交流を促進するとともに保健・医療・福祉の拠点として、さらには、駅周辺の賑わいを再生し中心市街地の活性化にも寄与する施設として、間もなく建設工事に着手する予定であります。


 滑川ショッピングセンターエールが駐車場として予定している隣接の旧タカマツ跡地については、去る6月末にエールと同地管財人の間で土地売買契約が締結され、現在、整備工事が行われているところであり、市としても滑川市商店街駐車場助成条例に基づき、駐車場整備費等の助成を行うこととしております。


 市道電工跡地2号線道路用地につきましては、市土地開発公社で取得し、現在市において整備工事を進めておりますが、併せて市道電工跡地7号線や駅前アーケード、滑川駅前駐輪場の整備につきましても、鋭意工事を進めているところであります。


 深層水の利活用につきましては、海洋深層水分水施設アクアポケットにおいて、脱塩、濃縮、高濃縮など7種類の深層水を分水しているところでありますが、水産加工品、食品分野等の事業用の利用が増えているほか、一般家庭での利用も浸透してきているところであります。


 また、深層水を利用した飲料水の自動販売機の設置や、足湯の開設、ふるさと龍宮まつりでの浮遊浴体験、さらには親子塩づくり教室の開催や熱帯魚の飼育展示を行っているほか、ミュージアムやタラソピア利用者への10リットル無料クーポン券の贈呈やアクアポケット利用者へのポイントカードの発行などアイデアを生かした取り組みを行っているところであります。


 また、この23日から25日までの3日間、愛知万博会場において開催される「深層水の魅力と富山米ワークショップ」の中で、本市の深層水を内外に向けて広く情報発信することとしており、今後とも本市の貴重な資源である深層水の利活用の促進に積極的に取り組んでまいります。


(4)教育の向上について


 つぎに、教育の向上について申し上げます。


 これからの時代を切り開いて行く子供たちには、さまざまな機会をとらえて豊かな人間性や創造力を育む教育が求められております。


 とりわけ、子供たちの理科離れ、科学離れが全国的に憂慮されている中にあって、本市においても、夢をもって未来を拓く科学のすばらしさを子供たちに伝えることは、たいへん有意義なことであります。


 このことから、去る8月21日、宇宙航空研究開発機構の協力のもとに宇宙飛行士若田光一氏をお招きし、市内の全中学生を対象とした講演会を開催したところであります。講演会では、会場から若田飛行士にいろいろな質問が飛び出し、活気溢れる大変な盛り上がりを見せたところであり、多くの生徒たちが宇宙や地球環境さらには科学全般について興味を持ってくれたものと確信しております。


 西部小学校の増築事業につきましては、計画通り進捗し先月末に竣工式を行い、2学期からは新校舎での授業が行われているところであります。また既存校舎棟の耐震補強・大規模改造事業につきましては、来年度からの3箇年計画としておりますが、補助採択の関係から18年度分及び19年度分を継続事業として実施するため、今回新たに19年度事業分に対する実施設計費について、所要の予算を計上しております。


(5)その他


 昨年は全国的に大きな災害が多発しましたが、安全で安心なまちづくりのためには、種々の防災施策の充実が重要な課題となっております。


 本市の防災施策の基本となる滑川市地域防災計画の推進には、計画や各事業等に対する専門家等の指導・助言や各関係機関のネットワークの形成が不可欠であることから、先月末に市防災会議を開催し、本市の防災施策のあり方等について協議がされたところです。


 また、市民が日頃から防災意識をもち、自分の住む地域の状況を充分に理解していることは、万が一の災害時に大きな力となることから、このたび滑川市防災マップを作成し、9月1日の「防災の日」に併せ市内全戸に配布したところであります。この防災マップは日頃からの意識啓発といざという時に役立つよう壁張りタイプとするとともに、地域の状況ができるだけ詳しくわかるよう市内を7地区に分けて、各地区における避難場所や避難先施設、防災施設の位置など、さらには海岸沿いの地区における海面からの高さ表示や山間部における地すべり、土砂崩れ等の危険区域も表示したところであります。


 また、地域における安全安心を確保するため、災害発生時に孤立が予想される集落の通信手段を確保するため、衛星携帯電話を設置することとしているところであり、さらには、消防庁の地域安心安全ステーション整備モデル事業に東部小学校校下が選定されたことから、防災・防犯等に幅広く対応する地域拠点ネットワークの形成に努めてまいります。


 個人情報の保護については、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報保護の必要性が高まっていることから、本市における個人情報の取扱いに関する基本的事項を定めることにより、市民の権利利益の保護を図るとともに、市政の適正かつ円滑な運営を行うことができるよう、条例の制定を提案しております。


 また、従来の情報公開制度と今回の個人情報保護制度では、表裏一体の関係にあるケースも多いと考えられることから、両者の不服申立て等を一体的に審議できるよう情報公開・個人情報保護審査会を設置することとし、そのための条例の制定を提案しております。


 住民基本台帳につきましては、個人情報保護制度ができてからも原則として閲覧に応じることとされておりますが、現実にはダイレクトメールなど営利目的に利用されることが多いことなどから社会問題化しており、本市においても市民の個人情報を保護する観点から、県内では初めてとなる閲覧条件を厳格化するための条例を提案しているところであります。


 戸籍の電算化システムの導入につきましては、8月29日から稼動しているところでありますが、市民からは各種証明等の発行時間の短縮や見やすくわかりやすい証明書になったことなどから、たいへんご好評をいただいているところであり、今後とも、市民サービスの向上を第一に、迅速かつ正確で親しみやすい窓口づくりに努めてまいります。


 市の公共施設の管理につきましては、直営施設を除き、来年8月末までに指定管理者制度に移行することとされていることから、年度当初の来年4月には全ての移行が完了するよう各施設ごとに個別の検討を重ね、準備を行ってきたところであり、準備の整った公の施設の設置条例19件にかかる改正を提案しているところであります。併せて、公の施設の指定管理者の指定手続に関する条例の改正についても提案しております。


 また、本市と姉妹都市である西那須野町が合併により那須塩原市となったことに伴い、改めて那須塩原市と姉妹都市の提携を行うことについて提案しているところであります。


 水道事業に関しましては、水道使用料についての債権の位置付けが、最高裁においてこれまでの公法上の債権という取り扱いから私法上の債権へ変更する旨の判決があり、この法律的解釈が確立されたと考えられることから、本市の水道料金の滞納処理事務等を改めることができるよう条例の改正を提案いたしております。


(6)経済の動向と財政運営について


 つぎに、経済の動向と財政運営について申し上げます。


 最近の我が国経済において、景気は足踏み状態の踊り場から脱却し、企業部門と家計部門がともに緩やかに回復しているとされ、とりわけ企業部門では収益の改善や、設備投資の緩やかな増加により、国内民間需要に支えられた回復が続くと見込まれております。


 雇用情勢は、完全失業率が高水準ながらも低下傾向で推移し、賃金も緩やかに増加しているところから、厳しさが残るものの、改善に広がりがみられており、また、消費者マインドの改善や、所得の増加により、個人消費についても緩やかに増加しております。


 このような中でも、地方自治体を取り巻く財政環境は依然としてたいへん厳しいものがあることから、今後とも国に対し三位一体の改革が真に地方のための改革となるよう強く働きかけるとともに、本市の第四次行政改革大綱の着実な実施や、国の地方行革指針に基づく「集中改革プラン」の策定・実行等によりスリムな行政運営に努めてまいります。


 今後の本市の財政運営にあたりましても、一層の厳しい環境に備えるとともに、引き続き国・県の動向を注視し、健全財政の維持に留意しながら、的確な対応に努めてまいりたいと考えております。


 今回の補正予算は、繰越金及び現時点において見込み得る特定財源をあわせて編成した次第であります。


2 補正予算の説明


 つぎに、今回提案いたしました補正予算の内容についてご説明申し上げます。


 議案第39号は、平成17年度一般会計補正予算(第3号)であります。


 今回の補正予算は、1億569万4,000円であり、補正後の予算額は123億7,553万7,000円となります。


 歳入につきましては


    国庫支出金               2,030万円


    県支出金              137万6,000円


    繰越金              7,881万8,000円


    諸収入                  520万円


であります。


 一方、歳出につきましては


    民生費              5,210万2,000円


    衛生費                  50万円


    農林水産業費             14万2,000円


    商工費              2,469万8,000円


    土木費              1,982万9,000円


    消防費               196万5,000円


    教育費               553万1,000円


    諸支出金               92万7,000円


を計上いたしております。


 議案第40号は、平成17年度介護保険事業特別会計補正予算(第1号)であります。


3 予算外案件


 つぎに、予算以外の案件についてご説明申し上げます。


 新たに制定するものとしては「個人情報保護条例の制定」、「情報公開・個人情報保護審査会条例の制定」、「住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例の制定」の3件、改正するものとして指定管理者制度の導入に伴う「公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例」等の一部改正から、新たな対象火気設備が追加されたことによる「火災予防条例」の一部改正まで23件、廃止するものとして「ディサービスセンター条例を廃止する条例」の一件を提案しております。


 また条例以外の案件として、議案第68号は、専決処分の承認を求めることについて、議案第69号は、姉妹都市の提携について、議案第70号は、富山地区広域圏事務組合規約の変更について、議案第71号は、証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について、また議案第72号は、平成16年度滑川市一般会計ほか各特別会計等の決算の認定を求めるものであります。


 そのほか報告といたしましては、報告第5号は、平成16年度滑川市継続費精算報告書、報告第6号は、平成16年度における主要施策の成果について、報告第7号から報告第13号までは、滑川市土地開発公社、財団法人滑川市老人福祉センター、財団法人滑川市青少年婦人研修センター、財団法人滑川市文化・スポーツ振興財団、財団法人滑川市体育協会、株式会社ウェーブ滑川及び財団法人滑川市農業公社について、それぞれ経営状況の報告を行うものであります。


 以上が今回提案いたしました諸案件のあらましであります。


 なにとぞ、慎重ご審議のうえ、適正な議決をいただきますようお願い申し上げます。


 さて、平成13年11月の選挙により構成されました市議会におかれましては、本定例会が任期最後の定例会と相成ります。


 21世紀初頭の、激動の世相と構造改革の大きな節目の4年間ではありましたが、本市議会では、少子高齢化や国際化、情報化など社会構造が大きく変化する中にあって、常に時代の変化と市民のニーズを的確に受け止められ、福祉や教育、環境問題のほか産業の振興や社会資本の整備、さらには、地方分権や行政改革など、さまざまな行政課題について、慎重かつ真摯な議論がなされてまいりました。


 この4年間の大半の期間は私が市長に就任してからの期間と重なるわけでありますが、幸いにも議員各位のご理解とご協力をいただき、進めてまいりました本市政各般にわたる施策はおおむね順調に推移し、市勢は堅調に進展しているものと受け止めております。


 これもひとえに市民の皆様はもとより、議員各位のご努力とご労苦の賜であり、この場をお借りして、深く敬意を表する次第であります。


 今後とも本市がさらに飛躍するよう、住民福祉の向上と市勢発展のため、格段のご支援とご協力を賜りますようお願いいたしたいと存じます。


          ──────────◇──────────





◎全体委員会


  (議案の補足説明)





○議長(島田 忠君)  暫時休憩いたします。ただちに全体委員会を開きます。


 議案第39号から議案の順序により、補足説明を求めます。


                午前11時25分休憩


             (議案の補足説明が行なわれる)


          ──────────◇──────────





◎午後12時42分開議





○議長(島田 忠君)  以上で全体委員会を閉じます。


 休憩前に引き続き、本会議を開きます。


 明6日から9月7日までは休会といたします。9月8日午前10時から本会議を開き、市政一般に対する質問並びに提出諸案件に対する質疑を行ないます。


 質問並びに質疑を希望される方は、9月6日正午まで、議長あてに通告願います。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。


                午後12時43分散会