議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 滑川市

平成17年 3月定例会(第6号 3月23日)




平成17年 3月定例会(第6号 3月23日)





 
               平成17年3月


         滑川市議会定例会会議録 第6号


平成17年3月23日(水曜日)


         ──────────────────────


             議 事 日 程  第 6 号


                      平成17年3月23日(水)午前10時19分開議


第1 委員長報告


     総務文教委員長


     産業厚生委員長


     建設委員長


    質   疑


    討   論


    採   決


第2 議員提出議案第2号 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する意見書につ


             いて


第3 議案の追加提案


    議案第29号  滑川市公平委員会の委員の選任について


第4 議案の追加提案


    議案第30号  人権擁護委員の推薦について


    提案理由説明


    質疑・討論


    採   決


第5 新川畜産公社理事の推薦について


第6 議員派遣について


          ──────────◇──────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 委員長報告


       総務文教委員長


       産業厚生委員長


       建設委員長


      質   疑


      討   論


      採   決


日程第2 議員提出議案第2号 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する意見書


               について


日程第3 議案の追加提案


      議案第29号  滑川市公平委員会の委員の選任について


日程第4 議案の追加提案


      議案第30号  人権擁護委員の推薦について


      提案理由説明


      質疑・討論


      採   決


日程第5 新川畜産公社理事の推薦について


日程第6 議員派遣について


          ──────────◇──────────


出席議員(19名)


    1番 浦 田 竹 昭 君    2番 開 田 晃 江 君


    3番 石 倉 正 樹 君    4番 中 川   勲 君


    6番 相 川 保 幸 君    7番 澤 谷   清 君


    8番 大 重   勇 君    9番 砂 原   孝 君


    10番 野 末 利 夫 君    11番 堀 川 一 彦 君


    12番 高 橋 久 光 君    13番 前 田 新 作 君


    14番 上 田 昌 孝 君    15番 森     結 君


    16番 金 子 憲 治 君    17番 相 川 隆 二 君


    18番 岡 本 三 之 君    19番 島 川   実 君


    20番 島 田   忠 君


欠席議員(な し)


欠  員(1 名)5番


          ──────────◇──────────


              説明のため出席した者の職氏名


                 (第1号に同じ)


          ──────────◇──────────


          職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名


                 (第1号に同じ)


          ──────────◇──────────





◎開議





                午前11時29分


○議長(前田新作君)  ただいまから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配布したとおりであります。


          ──────────◇──────────





◎委員長報告





○議長(前田新作君)  日程第1、各常任委員会における審査の経過並びに結果について、それぞれの委員長の報告を求めます。


 総務文教委員長 相川保幸君。


     [総務文教委員長 相川保幸君登壇]


○総務文教委員長(相川保幸君)  総務文教委員会の開催結果について、ご報告いたします。


 日時は3月15日午前10時18分、16日午前10時からです。場所は大会議室です。


 出席議員は全員、欠席委員はなしです。


 説明のために出席した者は、中屋市長以下記載のとおりです。


 付託案件並びに結果


 (1)議案第1号  平成17年度滑川市一般会計予算


            第1表 歳入全部 歳出 第1款 議会費、第2款 総務費


                (第1項 総務管理費 第10目 交通安全対策費、


                第7項 バス運行費を除く)、第3款 民生費 第1


                項 社会福祉費 第6目 国民年金費、第9款 消防


                費 第1項 消防費 第3目 災害対策費(防災行政


                無線運営費、防災対策推進費)、第10款 教育費、第


                11款 災害復旧費、第12款 公債費、第13款 諸支出


                金、第14款 予備費


            第2表 継続費


            第3表 債務負担行為


            第4表 地方債


 (2)議案第15号 滑川市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 (3)議案第18号 滑川市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について


 (4)議案第21号 滑川市文化財保護条例の一部を改正する条例の制定について


 (5)議案第22号 地方自治法第179条による専決処分の承認を求めることについて


           専決第1号 平成16年度滑川市一般会計補正予算 (第6号)


                 第1表 歳入全部


 (6)議案第23号 富山地区広域圏事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


 (7)議案第24号 富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


 (8)議案第25号 富山県市町村会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


 (9)議案第26号 白倉小学校組合の解散について


 (10)議案第27号 白倉小学校組合の解散に伴う財産処分について


 (11)議案第28号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部を改正する規約の制定について


 以上の11議案につきましては、慎重審査の結果、原案のとおり可決または承認すべきものと決定いたしました。


 (12)義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書採択の陳情書


 (13)教育基本法の改正ではなく、その理念の実現を求める意見書採択の陳情書


 以上の2件の陳情につきましては、審査の結果、不採択といたしました。


○議長(前田新作君)  産業厚生委員長 島川 実君。


     [産業厚生委員長 島川 実君登壇]


○産業厚生委員長(島川 実君)  産業厚生委員会の開催結果について、ご報告いたします。


 日時は3月17日午前10時32分、18日午前10時からです。場所は大会議室です。


 出席議員は全員、欠席委員はなし、欠員1名です。


 説明のために出席した者は、中屋市長以下記載のとおりです。


 付託案件並びに結果


 (1)議案第1号 平成17年度滑川市一般会計予算


           第1表 歳出 第2款 総務費 第1項 総務管理費 第10目


               交通安全対策費、第7項 バス運行費、第3款 民生費


               (第1項 社会福祉費 第6目 国民年金費を除く)、


               第4款 衛生費(第1項 保健衛生費 第5目 公害防


               止対策費のうち合併処理浄化槽設置推進事業費を除く)、


               第5款 労働費、第6款 農林水産業費(第2項 農地


               費 第2目 農業集落排水事業費を除く)、第7款 商


               工費、第8款 土木費 第4項 都市計画費 第1目


               都市計画総務費(高質空間形成整備事業費、地域生活基


               盤整備事業費)


 (2)議案第2号 平成17年度滑川市国民健康保険事業特別会計予算


 (3)議案第5号 平成17年度滑川市工業団地造成事業特別会計予算


 (4)議案第6号 平成17年度滑川市老人保健医療事業特別会計予算


 (5)議案第8号 平成17年度滑川市介護保険事業特別会計予算


 以上の5議案につきましては、分離採決を行い、議案第1号は賛成多数、議案第2号、議案第5号、議案第6号、議案第8号については賛成全員で、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 (6)(仮称)滑川インターホテルの建設について


 本陳情につきましては、慎重審査の結果、不採択といたしました。


○議長(前田新作君)  建設委員長 岡本三之君。


     [建設委員長 岡本三之君登壇]


○建設委員長(岡本三之君)  建設委員会の開催結果について、ご報告いたします。


 日時は3月17日午前10時11分、18日午前10時からです。場所は大会議室です。


 出席議員は全員、欠席委員はなしです。


 説明のために出席した者は、出村助役以下記載のとおりです。


 付託案件並びに結果


 (1)議案第1号 平成17年度滑川市一般会計予算


          第1表 歳出 第4款 衛生費 第1項 保健衛生費 第5目 公


              害防止対策費(合併処理浄化槽設置推進事業費)、第6款


              農林水産業費 第2項 農地費 第2目 農業集落排水事


              業費、第8款 土木費(第4項 都市計画費 第1目 都


              市計画総務費のうち高質空間形成整備事業費、地域生活基


              盤整備事業費を除く)第9款 消防費(第1項 消防費


              第3目 災害対策費のうち防災行政無線運営費、防災対策


              推進費を除く)


 (2)議案第3号 平成17年度滑川市下水道事業特別会計予算


 (3)議案第4号 平成17年度滑川市飲料水供給事業特別会計予算


 (4)議案第7号 平成17年度滑川市農業集落排水事業特別会計予算


 (5)議案第9号 平成17年度滑川市水道事業会計予算


 (6)議案第16号 滑川市法定外公共物の管理に関する条例の制定について


 (7)議案第17号 滑川市手数料条例の一部を改正する条例の制定について


 (8)議案第19号 滑川市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


 (9)議案第20号 滑川市東福寺野自然公園条例の一部を改正する条例の制定について


 (10)議案第22号 地方自治法第179条による専決処分の承認を求めることについて


           専決第1号 平成16年度滑川市一般会計補正予算(第6号)


                 第1表 歳出全部


 以上の10議案につきましては、慎重審査の結果、賛成全員により原案のとおり可決または承認すべきものと決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(前田新作君)  ただいまの各常任委員長の報告に対し、ご質疑ありませんか。


     (質疑する者なし)


○議長(前田新作君)  ご質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。


          ──────────◇──────────





◎陳情の採決





○議長(前田新作君)  陳情は直ちに採決いたします。


 まず「義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書採択の陳情書」を採決いたします。


 この採決は起立により行います。


 本陳情に対する委員長の報告は不採択であります。


 本陳情を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立少数。


 よって、「義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書採択の陳情書」は、不採択とすることに決定いたしました。


○議長(前田新作君)  つぎに、「教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書採択の陳情書」を採決いたします。


 この採決は起立により行います。


 本陳情に対する委員長の報告は不採択であります。


 本陳情を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立少数。


 よって、「教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書採択の陳情書」は、不採択とすることに決定いたしました。


○議長(前田新作君)  つぎに、「(仮称)滑川インターホテルの建設について」を採決いたします。


 この採決は起立により行います。


 本陳情に対する委員長の報告は不採択であります。


 本陳情を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立多数。


 よって、「(仮称)滑川インターホテルの建設について」は、採択することに決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎討論





○議長(前田新作君)  これより、議案第1号から議案第9号まで及び議案第15号から議案第28号までの討論に入ります。


 討論については通告がありますので、発言を許します。


 7番澤谷 清君。


     〔7番 澤谷 清君登壇〕


○7番(澤谷 清君)  私は、本定例会に上程されております議案第1号平成17年度滑川市一般会計予算、第1表歳出第7款商工費のうちに計上されております事業名「市民交流プラザ建設事業費」今年度分約4億9,200万円の予算に対してのみを反対するものでありますが、議案の性質上、議案第1号全部を否決いたします。


 討論に入ります。


 私は、市民交流プラザ建設に先立って解決すべき点が2点あると、本定例会の質問の中で、また産業厚生委員会の中で申し述べてまいりましたが、当局の答えには全く納得がいきません。


 1点目は、交流プラザには浴場が設置されております。この周辺には清水鉱泉、塩湯、松の湯、喜久の湯の4軒の公衆浴場が営業をいたしております。今後の経営に対して非常に影響があるんではないかと思われますが、当局説明では、「浴場組合の同意はきょうまで得ていないが、建設着工までには同意を得たい」との答えでありました。この事業は平成16年度当初には建設計画が進んでおり、1年たった今でも同意がなされていないということは、浴場経営者であり、滑川市民のお一人でもある立場の人に大変失礼なことと思うわけであります。また、中屋市長は、「滑川市は小さくてもきらりと光るものを福祉に求めたい」と述べておられます。福祉の陰で、市民のお一人である浴場主を泣かせるようなことは許されません。また、この予算が可決されるということは工事に着手したというふうに私は思うわけであります。


 2点目は、エール駐車場の借り上げについてであります。


 この交流プラザは自前の駐車場を持たない施設であり、エール駐車場を借りて施設運営をせざるを得ない性質のものであります。この複合施設建設に伴う滑川ショッピングセンター駐車場利用に関する覚書案を平成16年3月に当局のほうから説明を得たわけですが、現在、きょうに至るまで正式の覚書が交わされていない。大変事業に透明性がないということを言わざるを得ないわけであります。


 また、このことについては、エールの駐車場を借り上げるとともに、エールさんがたかまつ跡地を買収するという条件がついております。この買収費用も、現在一切私たちには知らされておりません。これはエールさんとたかまつの地権者さんだけの問題ではないわけであります。この買収に関しては、滑川市が買収金額の2割相当を助成するというふうに駐車場助成条例の中にうたっております。たとえ1,400坪のたかまつ跡地が坪10万円であれば、1億4,000万のうちの2割相当、あるいは坪20万であれば、その2億8,000万円の2割相当を上限として滑川市が助成するわけですが、全く金額が明示されていない。また、滑川市がその買収の中に入っていないということは、非常に財政に関しての透明性がなされていないと言わざるを得ません。


 以上をもちまして、私はこの予算案に否決をいたすものであります。終わります。


○議長(前田新作君)  14番上田昌孝君。


     〔14番上田昌孝君登壇〕


○14番(上田昌孝君)  同じく議案第1号につきまして、そのうちの一部に疑義を持ちまして、反対の立場で討論をさせていただきたいと思います。


 3月定例議会は1年の市の方向を示すべく、予算書が示される文字どおりの予算議会でございます。私は質問にも強く申し上げましたが、重要な大型プロジェクト「駅南土地区画整理事業」でありますが、昨年に引き続いての質問をしたわけでございます。市長の所信表明にも予算上にも、18年度完工へのスケジュールが示されておりませんでした。なぜと、この疑問だけが残ったわけであります。


 当初、地元に宮崎市長が市長として文書をもって約束された工事期間を倍近くの歳月がたっている、そういう中にありまして、いまだ具体的な完成目標すら示されない、何ともだらしのない、こういう状況にあるということを知らなければいけません。時の市長が地元と交わした工期です。市長の印鑑の重みはないんですか。市の最高責任者が約束を守らないということがあっていいものでしょうか。これは地元市民に対する反逆、背信行為そのものなんです。「行政はだれのもの」「政治信頼とは何」という基本に立ち返らなければなりません。


 市長は答弁の中で、「私が市長になって3年」という言葉を使われました。この問題は平成元年から本会議場で私が何回も取り上げた問題であります。知らなかったでは済みません。要は、市長になられて何年が問題ではなくて、工事そのものの工期が問題なのです。そしてまた、強制代執行を1件やると。市当局の誠意であるがごとくの言い回しをされました。これは18年度完工を目標にするなら、今やらなければいけない当たり前の仕事であって、自慢される内容ではひとつもないわけです。むしろ、そのほかに法的なトラブルを持っている諸問題を片づけることが気になります。


 昨年の質問で、職員の中でも法的に処理のできるような、法的に強い人を都市開発課に配置するようにということを求めましたが、全くそれがなされていないわけであります。ここでも完工に向けてのやる気が全く示されていないと言うしかないわけであります。


 市長は、市民交流プラザを強制的に割り込ませました。必要以上の中身を無理やりに盛り込んだわけであります。大型工事というのは、1つ完了し、そして次へ進めるのが、当市では基本中の基本だというふうに考えます。特に当市の財政の大きさから見て、並行して大型事業をダブらせることはどだい無理なのです。優先順序を決め、一つ一つ片づけることが当然ではありませんか。堀江の総合グラウンド、そして市民会館の建設構想を持ちながら、全く手つかずの状態ではありませんか。


 とにかくけじめとして、駅南土地区画整理事業を完成させようとする誠意のかけらもない予算は、認めるわけにはいかないのです。地権者384人に答えてください。地元町内会に答えてください。約束です。


 工事費は残り3億9,400万円、そして保留地処分の残額は1億9,900万円と担当課が申しております。処分問題は4件から5件残っているんでしょうか。市役所挙げて完工に向けての万全の態勢をしいていただきたいと思います。ここまできまして、皆さんのやる気ひとつで終わってしまうんですよ。そのことを忘れないでいただきたいと思います。


 参考までに申し上げますが、地元の審議委員の皆さんが、私の質問のときにここの傍聴席に入っておられまして、終わって何とおっしゃいましたか。そのことを伝えたいと思います。


 「いわゆる組合施行であったら、もう完全にいつの昔に終わっているよ。市施行だからだらしなく延びんがよ」と。こんなことを言われていいわけないでしょ。「地元施行だったら終わってしまっている」。そしてその次に出た言葉は「組合施行で、地元施行でやった場合には、これだけ工期が遅れると、2人ほど首つっとるちゃ。そいもんだちゃ」。そのことを性格上、私が言っている意味をよく理解されるかどうか。


 市当局の皆さんに課せられた市の事業という認識の重要な点は、その点にございます。その点をしっかり受けとめて、18年度完工までひとつ頑張っていただきたいと思いますし、期待するところの年度当初の予算は、やむを得ず―私も部分的ということで、1号議案については反対せざるを得ない。しかしながら、補正等で対応できるものなら頑張っていただけることを期待し、一応本議会は反対ということで討論をさせていただきました。ご理解ください。


○議長(前田新作君)  これをもって討論を終結いたします。


          ──────────◇──────────





◎採決


 (議案第1号〜議案第9号及び議案第15号〜議案第28号)





○議長(前田新作君)  これより起立により採決を行います。


 申し出がありますので、分離して採決を行います。


 はじめに、議案第1号平成17年度滑川市一般会計予算についてを採決いたします。


 この案件に対する各常任委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決であります。


 この案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立多数。よって議案第1号は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。


 次に議案第2号平成17年度滑川市国民健康保険事業特別会計予算から議案第9号平成17年度滑川市水道事業会計予算まで及び議案第15号滑川市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定についてから議案第28号証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部を改正する規約の制定についてまでの22議案を一括して採決いたします。


 以上の諸案件に対する各常任委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決または承認であります。


 以上の諸案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立全員。よって議案第2号から議案第9号まで及び議案第15号から議案第28号までの22議案は、各常任委員長の報告のとおり可決または承認されました。


          ──────────◇──────────





◎議員提出議案第2号





○議長(前田新作君)  次に、日程第2、議員提出議案第2号「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する意見書についてを議題といたします。


 提案者より提案理由の説明を受けます。


 14番 上田昌孝君。


     [14番上田昌孝君登壇]


○14番(上田昌孝君)  それでは、議員提出議案第2号「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する意見書について案文の朗読を持って説明に代えさせていただきたいと思います。


     「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する意見書(案)


 政府は、「食料・農業・農村基本計画」(以下「基本計画」という。)について、平成17年3月を目途とする新たな基本計画の策定に向けた検討を進めており、昨年8月に、食料・農業・農村政策審議会企画部会において中間論点整理がなされ、政策改革の方向として、担い手政策の在り方、経営安定対策の確立、農地制度の在り方、農業環境・資源保全政策の確立についての政策転換の基本的考え方とともに、施策の具体化に当たり今後更に検討すべき課題が示されたところである。


 この中で、農業構造の改革を進めるため、担い手や経営安定対策の絞り込みが検討されているが、対象がごく一部の農業者しか該当しないことにより、広範にわたって農業者の営農意欲が衰退することで、かえって食料自給率を高めることが困難になることが危惧される。


 よって、国会並びに政府におかれては、新たな基本計画の策定に当っては、食料自給率の向上を基本に、農地の集積を促進しながら、農業者や地域の主体的な取り組みを助長し、農業者が将来とも意欲を持って営農が継続でき、また、地域の実情が十分反映されたものとなるよう、次の事項の実現を強く要望する。


                         記


 1 食料自給率については、最重要課題と位置付け、目標値の達成に向けた具体的施策を講ずること。


 2 担い手については、認定農業者や特定農業団体だけでなく、農作業受託に取り組む生産組織や機械の共同利用・共同作業を実施している集落営農組織など、地域営農を支えている多様な担い手組織も対象にすること。


 3 経営安定対策については、地域の水田作に重要な品目を地域特認品目として対象に位置づけるなど、水田農業の持続的な発展に配慮した経営安定対策の確立を図ること。


 4 農業環境・資源保全政策については、担い手以外の農家や地域住民などを含めた農業環境・資源を保全している集落、地域組織を対象にした支援策を講ずること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 議員各位には、なにとぞご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由説明といたします。


          ──────────◇──────────





◎質疑





○議長(前田新作君)  ただいまの提出案件に対し、ご質疑ありませんか。


      (質疑する者なし)


○議長(前田新作君)  ご質疑がないので、質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議員提出議案第2号につきましては、会議規則第36条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


      (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(前田新作君)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第2号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎討論





○議長(前田新作君)  これより討論に入ります。


 討論を希望される議員は、申し出を願います。


      (申し出る者なし)


○議長(前田新作君)  申し出がないので、討論を終結いたします。


          ──────────◇──────────





◎採決(議員提出議案第2号)





○議長(前田新作君)  これより起立により採決を行います。


 議員提出議案第2号「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する意見書について原案どおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


    [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立全員。


 よって、議員提出議案第2号は、原案のとおり可決されました。


          ──────────◇──────────





◎議案の追加提案





○議長(前田新作君)  お諮りいたします。


 ただいま市長から議案第29号滑川市公平委員会の委員の選任について及び議案第30号人権擁護委員の推薦についてが追加して提案されました。


 議案書を配布いたしますので、暫くお待ち下さい。


    〔事務局職員議案書配布〕


○議長(前田新作君)  日程第3、議案第29号滑川市公平委員会の委員の選任について日程第4、議案第30号人権擁護委員の推薦についてを一括上程議題といたします。


 市長より提案理由の説明を求めます。


 中屋市長。


    [市長中屋一博君登壇]


○市長(中屋一博君)  ただいま追加して提案いたしました議案についてご説明申し上げます。


 議案第29号は、滑川市公平委員会の委員の選任についてであります。


 滑川市公平委員会の委員のうち一名が平成17年3月26日をもって任期が満了いたしますので、今回 小幡忠義君を適任と認め選任したいので、議会の同意を求めるものであります。


 議案第30号は、人権擁護委員の推薦についてであります。


 滑川市に置かれている人権擁護委員のうち一名が平成17年3月31日をもって任期が満了いたしますので、今回 岩田秀則君を適任と認め推薦したいので、議会の意見を求めるものであります。


 なにとぞ、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げます。


          ──────────◇──────────





◎質疑・討論





○議長(前田新作君)  ただいま議題となっております議案第29号及び議案第30号までについては、会議規則第36条第2項の規定により委員会付託を省略し、なお事案の性質上、質疑並びに討論を行わないことにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(前田新作君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第29号及び議案第30号については、直ちに採決することに決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎採決





○議長(前田新作君)  これより起立により採決を行います。


 議案第29号滑川市公平委員会の委員の選任について同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


     [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立全員。よって議案第29号は、これに同意することに決定いたしました。


 次に議案第30号人権擁護委員の推薦について異議なしという意見にすることに賛成の諸君の起立を求めます。


     [賛成者起立]


○議長(前田新作君)  起立全員。よって議案第30号は、異議なしという意見にすることに決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎新川畜産公社理事の推薦について





○議長(前田新作君)  日程第5、新川畜産公社理事の推薦についてを議題といたします。


 新川畜産公社理事には、当市より2名推薦しておりますが、平成17年5月31日をもって任期が満了いたしますので、この際、議会として推薦の意志表示をしておくのがよいかと思います。


 これにご異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(前田新作君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議会において推薦する議員を定めることに決定いたしました。推薦する議員については、議長から指名することにご異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(前田新作君)  ご異議なしと認めます。よって、議長から指名いたします。


 新川畜産公社理事に、前田新作君、金子憲治君を推薦したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(前田新作君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名のとおり推薦することに決定いたしました。


          ──────────◇──────────





◎議員派遣ついて





○議長(前田新作君)  日程第6、議員派遣についてを議題といたします。


 会議規則第142条の規定に基づき、お手元に配付の1件の議員派遣について、派遣することにご異議ありませんか。


     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(前田新作君)  ご異議なしと認めます。


 よって、1件の議員派遣については決定いたしました。


 なお、2月の議員派遣については、会議規則第142条第1項ただし書の規定により、議長において決定いたしております。


 参考として配付いたしておりますので、ご確認下さい。


          ──────────◇──────────





◎閉会の挨拶





○議長(前田新作君)  以上をもって、本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。


 ただ今、長登教育委員会事務局次長から発言が求められましたので、これを許可します。


 長登教育委員会事務局次長。


      [長登教育委員会事務局次長登壇]


○教育委員会事務局次長(長登 健君)  おはようございます。神聖な議場におきまして発言の機会を与えていただきましたことに心から感謝申し上げます。


 滑川市教育委員会事務局次長を拝命いたしまして早いもので本日を持ちまして1年と11ヶ月23日目を迎えております。私は教育はまちづくりの節目であると考えております。市長も標榜されているきらりと光る郷土作りを実現する鍵は、まさしく人の力でございます。伸び盛りの子供たちにとって今日という日は一日しかなく、一日一日が勝負であると思い懸命に現場で子供たちと向き合い、取り組んでおられる教職員の皆さんを学校をいかに支援できるかが、市民の皆さん、お一人お一人のより高い自己実現のための生涯学習活動に支援していけるかが、また生涯にわたってスポーツに親しめる環境をいかに創造していくかが私に課せられた使命であると認識いたしまして、この2年間、自分なりに誠心誠意取り組んでまいりました。有磯海で輝く神秘的なホタルイカの光、清らかな水辺でゆらめくホタルのひかり、豊かな大地に揺れる稲穂の輝き、澄んだ空気のもと満天に広がる星の輝き。滑川は一年中ひかり輝き私を迎えてくれました。そして何よりも滑川は私にとって子どもたちの目の輝きが見える、地域の皆さん市民の皆さんの笑顔が見えるすてきな町、すばらしいふるさとともなりました。


 そんなすばらしい町であるからこそ職務を遂行するにあたっては全てを壊すことから始まる、始めるということではなく、できそうなものを今あるものを否定というよりはこれだけか、それは今もマッチしているのか、課題はないか、疑問を感じることから生まれることはないかという課題意識のもとに取り組んでまいりました。


 たとえば、来年度の予算案に計上いたしました学校評議員設置試行事業につきましても全国的には現在小中学校で8割近くの学校が導入しているからまず導入、まず制度ありきというのではなく、滑川にあったよりよいこれからの滑川の開かれた学校づくりの一環としての評議員制度のありかたを調査研究することから始めるべきであると判断し、教育長のご支持の下、まず試行事業として取り組んでいきたいと考えているわけでございます。


 滑川ではこれまでも各学校とも地域の皆さんにいろいろな形でたくさんのご支援をいただいてきているところでございます。しかし、ここ滑川におきましても子供たちの集う学校には、地域には、今日的な課題が内在していると思います。この制度の導入が本市の抱える今日的な課題解決のための一つの契機、一助になればと期待しているところでございます。教育は未来を担う子供たちの育成を通じて未来を継ぐこと、未来への先行投資でございます。行政運営の効率化の観点のみで判断するべきものでございませんが、本市の喫緊の課題である行政改革に取り組むにあたっても同じ姿勢で取り組んで参ったつもりでございます。この間の2年間、真摯に取り組んできたつもりでございますが、なにぶん短い期間であり成果という形で何かを挙げることもできませんが、教育は早急な結果だけを求めてはならないものであるとも考えているところでございます。


 今、2年間を振り返り千万無量の思いでございますが、これからも滑川のために何をなすべきか、今、何ができるかを考え続けていきたいと思っております。本市教育の充実発展のため、引き続き議員のみなさまにはご指導、ご助言、ご支援をいただくよう申し上げます。


 本当にありがとうございました。


○議長(前田新作君)  長登君には2年間、どうもありがとうございました。これからも新しい職場で活躍されんことを心から祈念申し上げるしだいでございます。


 市長から挨拶があります。


 中屋市長。


     [市長 中屋一博君登壇]


○市長(中屋一博君)  平成17年3月定例会を閉会されるにあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例会は、去る3月7日に開会されてから本日までの17日間にわたり、提案申し上げました平成17年度一般会計予算をはじめとした重要諸案件につきまして、議員各位には本会議並びに各委員会を通じ、慎重なご審議を賜り、いずれも原案どおり議決をいただきましたことに対し、厚くお礼申し上げる次第であります。


 なお、ただ今は、公平委員会委員の選任並びに人権擁護委員の推薦についてご同意を賜り、重ねてお礼申し上げます。


 まもなく新たな年度を迎えることになりますが、引き続き市政各般にわたる施策を強力に推進し、市勢の伸展と住民福祉の向上に努力してまいりたいと存じます。


 いよいよ陽春の候、若草の萌える季節となり、議員各位には何かとご多忙のこととは存じますが、一層健康にご留意され、今後ともご支援ご協力を賜りますようお願いいたしまして、私のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


          ──────────◇──────────





◎閉会





○議長(前田新作君)  これをもちまして、平成17年3月滑川市議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


                午前11時10分閉会