議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成20年 3月定例会−03月18日-04号




平成20年 3月定例会

        平成20年3月 氷見市議会定例会会議録(第4号)
      ─────────────────────────────
              平成20年3月18日(火曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第4号)
  第1 議案第1号から議案第42号まで、平成20年度氷見市一般会計予算ほか41件及び報告第1号 地方自治法第179条による専決処分について(委員長報告、討論、採決)
  第2 議案第43号から議案第52号まで、平成20年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件及び報告第3号 地方自治法第180条による専決処分について(提案理由の説明、即決)
  第3 議案第53号 氷見市副市長の選任について(提案理由の説明、即決)
  第4 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで 道路特定財源の確保に関する意見書についてほか2件(提案理由の説明、即決)
  第5 議員提出議案第4号 氷見市議会会議規則の一部改正について(提案理由の説明省略、即決)
  第6 議員派遣の件
  第7 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
                本日の会議に付した事件
日程第1 議案第1号から議案第42号まで、平成20年度氷見市一般会計予算ほか41件及び報告第1号 地方自治法第179条による専決処分について(委員長報告、討論、採決)
日程第2 議案第43号から議案第52号まで、平成20年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件及び報告第3号 地方自治法第180条による専決処分について(提案理由の説明、即決)
日程第3 議案第53号 氷見市副市長の選任について(提案理由の説明、即決)
日程第4 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで 道路特定財源の確保に関する意見書についてほか2件(提案理由の説明、即決)
日程第5 議員提出議案第4号 氷見市議会会議規則の一部改正について(提案理由の説明省略、即決)
日程第6 議員派遣の件
日程第7 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
出席議員及び欠席議員の氏名
  出席議員(18人)
    1番  坂 田 恒 男 君      2番  大 門 茂 男 君
    3番  谷 口 貞 夫 君      4番  酒 井 康 也 君
    5番  古 門 澄 正 君      6番  村 田 正 示 君
    7番  澤 田   勇 君      8番  嶋 田   茂 君
    9番  島   久 雄 君     10番  久 保 健 三 君
   11番  椿 原 俊 夫 君     12番  地 家 太 一 君
   13番  松 木 俊 一 君     14番  堀 江 修 治 君
   15番  松 波 久 晃 君     16番  中 村 治 平 君
   17番  山 本   秀 君     18番  森 越 林太郎 君
欠席議員(0人)
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  金 田 榮 一      次長    野     満
  主幹    山 岸 卓 郎      副主幹   野 村 佳 作
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    副市長   中 田 清 信 君
  理事会計管理者            企画広報室長永 田 徳 一 君
        前 辻 秋 男 君
  総務部長  船 場 健 治 君    市民部長  尾 崎 俊 英 君
  建設部長  瀬 戸 三 男 君    産業部長  荒 屋 俊 春 君
  防災・危機管理監
        澤 田 邦 夫 君    財務課長  金 谷 正 和 君
  会計課長  縁 山 知 彦 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   橋 本 昭 雄 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  坂 本 男 蔵 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  山 岸 啓 次 君
   消防機関
  消防長   干 越 正 則 君
        ─────────────────────────
 午後 2時32分 開議

○議長(椿原俊夫君) これより本日の会議を開きます。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。
        ─────────────────────────
△議案第1号から議案第42号まで及び報告第1号
○議長(椿原俊夫君) 日程第1 議案第1号から議案第42号まで、平成20年度氷見市一般会計予算ほか41件及び報告第1号 地方自治法第179条による専決処分についてを一括議題といたします。

△常任委員長の報告
○議長(椿原俊夫君) 各常任委員長より、常任委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。
 産業建設常任委員長 堀江修治君。
 〔産業建設常任委員長 堀江修治君 登壇〕
◎産業建設常任委員長(堀江修治君) 今期定例会において、産業建設常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る12日に開催し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして各委員より発言のありました意見、要望につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、当委員会の要望事項を申し上げます。
 まず、企業誘致について申し上げます。
 多くの市民が待ち望んでいた能越自動車道氷見インターチェンジが開通し、今年の7月には東海北陸道が全線開通するなど、いよいよ氷見市と中京圏を結ぶ基幹幹線道路が構築されようとしております。この好機をとらえ、これまで以上に企業誘致に積極的に取り組んでいただきたいものであります。
 当然ながら、県内外の市も、この機会をとらえ、組織を挙げた取り組みをしているものと考えられるのであります。まさに自治体間競争であります。本市においても、専門職員の配置を検討するなど、ぜひ企業誘致に積極果敢に取り組むよう要望するものであります。
 次は、コミュニティバスであります。
 もはやコミュニティバスは全国的に珍しくない事業になってきております。それぞれ導入目的は、バス路線廃止による住民の交通手段を確保するための代替対策であったり、高齢者、若年層、身体障害者等の行動力向上の交通弱者対策であったり、まちおこし観光など中心市街地の活性化対策であったりと、さまざまであります。導入形態も、バス事業者やNPO法人に委託、自治体が直接運行するなど、それぞれの自治体に適した方法をとっております。
 当市は、これまで生活路線バス維持対策事業及び八代地区バス運営費補助事業で過疎地の交通手段の確保を図ってまいりましたが、急速な高齢化と自動車燃料費の高騰を考えれば、コミュニティバスの導入を検討する時期に来ているのでないかと思われます。先進自治体の事例を参考に調査研究し、ぜひ前向きな方向で検討することを要望いたします。
 以上、産業建設常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 民生病院常任委員長 地家太一君。
 〔民生病院常任委員長 地家太一君 登壇〕
◎民生病院常任委員長(地家太一君) 今期定例会におきまして、民生病院常任委員会に付託されました諸案件につきまして、その審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る13日に開催し、付託されました諸案件について、当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査を行った結果、いずれの案件も全会一致をもって可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、4月から公設民営化により新しくスタートする金沢医科大学氷見市民病院について申し上げます。
 昨年11月の臨時会で市民病院の指定管理者に指定された金沢医科大学は、同月末に市民病院開設準備室を設置し、職員の再雇用、20診療科の維持、医師確保による診療体制の充実等に向けて準備を進められてきました。
 新病院には、これまでの市民病院と同様、市内唯一の中核病院として、市民の健康と医療を守っていただくために大きな期待が寄せられております。
 経営体の移行に伴う勤務医師の交代がありますが、入院・通院患者の皆さんが不安のないよう、市と金沢医科大学とで市民の命を預かる病院業務の安全確実な引き継ぎをお願いするものであります。
 次に、これも4月から始まります後期高齢者医療制度について申し上げます。
 この制度は、75歳以上の方及び65歳以上で一定の障害のある方を対象に、安心して医療を受けることができるように創設された医療保険制度であります。これまでの老人保健制度とは異なり、後期高齢者医療保険証の発行や制度の運営が富山県後期高齢者医療広域連合で行われ、市は新たに保険料の徴収事務を担うことになります。
 新しい制度に対する理解を深め、円滑に運用されるために、対象者はもちろん、家族にもその内容の周知について今後とも十分に配慮いただくよう要望するものであります。
 以上、民生病院常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 総務文教常任委員長 久保健三君。
 〔総務文教常任委員長 久保健三君 登壇〕
◎総務文教常任委員長(久保健三君) 今期定例会におきまして、総務文教常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る3月14日に開催し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、高校再編統合について申し上げます。
 去る2月19日に開催された第3回県立学校教育振興計画推進会議において、氷見高校と有磯高校が再編統合の検討対象校として決定し、県教育委員会へ報告がなされたところであります。
 今日まで両校は、多年にわたり優秀な人材を輩出し、本市の発展に大きく寄与してきた学校であります。予想されたこととはいえ、大変残念なことであります。しかしながら、少子化の進行の中で生徒のよりよい学習環境を整備するためには、受けとめざるを得ない決定と考えているところであります。
 今後は、統合校の学校規模、学科構成などに市民の理解が得られるよう、議会、氷見市高校教育振興懇話会などと十分協議を行いながら、氷見市の高校教育の未来に禍根を残さぬよう対応していただくよう要望するものであります。
 市当局の今後一層の努力を要望するものであります。
 以上、総務文教常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 以上で、各常任委員長の審査結果の報告は終わりました。

△討論
○議長(椿原俊夫君) これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認め、討論を終結いたします。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより上程全案件を採決いたします。
 議案第1号から議案第42号までを一括して採決いたします。
 議案第1号 平成20年度氷見市一般会計予算
 議案第2号 平成20年度氷見市水道事業会計予算
 議案第3号 平成20年度氷見市病院事業会計予算
 議案第4号 平成20年度氷見市国民健康保険特別会計予算
 議案第5号 平成20年度氷見市育英資金特別会計予算
 議案第6号 平成20年度氷見市下水道特別会計予算
 議案第7号 平成20年度氷見市老人保健医療事業特別会計予算
 議案第8号 平成20年度氷見市介護保険特別会計予算
 議案第9号 平成20年度氷見市後期高齢者医療事業特別会計予算
 議案第10号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第6号)
 議案第11号 平成19年度氷見市水道事業会計補正予算(第3号)
 議案第12号 平成19年度氷見市病院事業会計補正予算(第4号)
 議案第13号 平成19年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
 議案第14号 平成19年度氷見市下水道特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成19年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第4号)
 議案第16号 平成19年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第17号 氷見市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について
 議案第18号 氷見市企業立地の促進等による産業集積区域における市税の特別措置に関する条例の制定について
 議案第19号 氷見市後期高齢者医療に関する条例の制定について
 議案第20号 氷見市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について
 議案第21号 氷見市有線テレビジョン放送条例の一部改正について
 議案第22号 氷見市職員定数条例の一部改正について
 議案第23号 氷見市職員の定年等に関する条例等の一部改正について
 議案第24号 氷見市職員の育児休業等に関する条例及び氷見市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について
 議案第25号 氷見市行政手続条例の一部改正について
 議案第26号 氷見市情報公開条例の一部改正について
 議案第27号 氷見市特別会計条例の一部改正について
 議案第28号 氷見市乳児、幼児及び児童の医療費の助成に関する条例の一部改正について
 議案第29号 氷見市妊産婦医療費の助成に関する条例の一部改正について
 議案第30号 氷見市ひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部改正について
 議案第31号 氷見市重度心身障害者等医療費の助成に関する条例の一部改正について
 議案第32号 氷見市手数料徴収条例の一部改正について
 議案第33号 氷見市国民健康保険条例の一部改正について
 議案第34号 氷見市戸籍記載事項証明等の無料取扱いに関する条例の一部改正について
 議案第35号 氷見市介護保険条例の一部を改正する条例の一部改正について
 議案第36号 氷見市営住宅条例及び氷見市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について
 議案第37号 氷見市水道給水条例の一部改正について
 議案第38号 氷見市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について
 議案第39号 氷見市民病院附属准看護学院条例等の廃止について
 議案第40号 氷見市勤労青少年ホーム条例の廃止について
 議案第41号 辺地に係る総合整備計画の変更について
 議案第42号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変更について
 報告第 1 号 地方自治法第179条による専決処分について
 以上を、それぞれ各常任委員長報告のとおり、原案を可決または承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第1号から議案第42号まで及び報告第1号は、いずれも原案のとおり可決または承認されました。
        ─────────────────────────
△議案第43号から議案第52号まで及び報告第3号
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第2 議案第43号から議案第52号まで、平成20年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件及び報告第3号 地方自治法第180条による専決処分についてを議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 市長から提案理由の説明を求めます。
  堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 追加提案いたしました案件は、職員の給与の削減に伴う補正予算及び関係条例の改正などであります。
 初めに、職員給与の削減について申し上げます。
 市民病院の公設民営化に伴い金沢医科大学に再就職する職員につきましては、公務員の身分を離れることとなり、このままでは月額給料や生涯賃金が大幅に減額となる職員も発生いたします。
 このための給料の激変緩和措置について、市の職員がともに痛みを分かち合うという精神のもと、給料を削減し、財源の総額を今後5年間で確保いたします。
 これに関連する8会計の補正予算及び氷見市一般職の職員の給与の特例に関する条例の制定についてお諮りしているものであります。
 また、あわせて市長、副市長及び教育長の給料月額をそれぞれ引き下げることとし、予算及び関係条例の一部改正について提案いたしております。
 このほか、和解による損害賠償の額の決定について専決処分をいたしておりますので、御報告申し上げます。
 以上、追加提案いたしました諸案件の概要について御説明申し上げましたが、可決をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第43号から議案第52号まで、平成20年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件は、即決することに決しました。
 なお、報告第3号は議会への報告事項であり、議決事項ではありませんので、御了承願います。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議案第43号 平成20年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
 議案第44号 平成20年度氷見市水道事業会計補正予算(第1号)
 議案第45号 平成20年度氷見市病院事業会計補正予算(第1号)
 議案第46号 平成20年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第47号 平成20年度氷見市下水道特別会計補正予算(第1号)
 議案第48号 平成20年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第49号 平成20年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第50号 平成20年度氷見市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第51号 氷見市一般職の職員の給与の特例に関する条例の制定について
 議案第52号 氷見市長及び副市長の給与に関する条例及び氷見市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について
 以上について原案を可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第43号から議案第52号までは、いずれも原案のとおり可決されました。
        ─────────────────────────
△議案第53号
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第3 議案第53号 氷見市副市長の選任についてを議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 市長から提案理由の説明を求めます。
  堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 議案第53号は、人事に関する案件であります。
 氷見市副市長に、引き続き中田清信氏を選任いたしたく、お諮りするものであります。
 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第53号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議案第53号 氷見市副市長の選任については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第53号はこれに同意することに決しました。
        ─────────────────────────
△議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第4 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで、道路特定財源の確保に関する意見書についてほか2件を議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) まず、議員提出議案第1号について、提出者から提案理由の説明を求めます。
 14番 堀江修治君。
 〔14番 堀江修治君 登壇〕
◎14番(堀江修治君) 議員提出議案第1号 道路特定財源の確保に関する意見書について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。
 現在、地方の道路特定財源については、地方税法の規定に基づく軽油取引税及び自動車取得税のほか、地方道路関係譲与税の原資となる地方道路税、自動車重量税及び石油ガス税、並びに地方道路整備臨時交付金の原資となる揮発油税がありますが、これらの諸税のうち石油ガス税を除く各税については暫定税率が適用されており、3月末にその期限が到来することとなっているのであります。
 また、揮発油税を原資とする地方道路整備臨時交付金についても、道路整備費の財源等の特例に関する法律により、その期限切れが迫っております。
 仮に、これら関係法の一部改正案が年度内に成立せず現行の暫定税率が廃止されるなどの事態になれば、危機的状況にある地方財政運営に致命的な影響を及ぼすことは必至であります。
 今、地方における道路整備状況については、橋梁やトンネルなどの道路施設の老朽化が進んでおり、その維持管理も行わなければならず、その費用も年々増加をしているのであります。
 また、安全・安心の確保からも、災害に強いまちづくりが標榜される中で、道路整備等に対する多くの要望が寄せられている現状でもあります。
 今、暫定税率が廃止されれば、本市においても約3億6,000万円規模の減収が生じることとなり、そうなれば、道路の新設はおろか、着工中の道路の継続も危なくなるのであります。さらには、教育、福祉といった他の行政サービスの低下など、市民生活にも深刻な影響を及ぼすのであります。
 よって、政府におかれましては、現行の道路特定財源暫定税率を堅持し、関連法案を年度内に成立させるよう強く要望するものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議員提出議案第1号 道路特定財源の確保に関する意見書についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第1号は可決されました。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 次に、議員提出議案第2号について、提出者から提案理由の説明を求めます。
 13番 松木俊一君。
 〔13番 松木俊一君 登壇〕
◎13番(松木俊一君) 議員提出議案第2号 畜産経営安定強化に関する意見書について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。
 現在、県内の各畜産農家は、消費者の要望、期待にこたえ、安全・安心でおいしい県産畜産物を安定的に供給するために懸命な努力を行っているところであります。
 しかしながら、生産現場を取り巻く現状は、世界の穀物情勢の変化及び原油高から来る配合飼料価格の高騰などにより生産コストが急激に上昇し、生産段階での生産効率の改善努力だけでは到底対応できない状況になってきております。
 今後さらに配合飼料価格の高どまりや飼料原料の調達不安も予想される中で、平成の畜産危機は畜産経営を存続不可能な状態に陥らせようとしているところであります。
 本市においても、地域ブランド戦略の一つとして、氷見牛のブランド化を農畜産業の中核と位置づけ、その推進に努めていることから、このような状況は本市の畜産農家にとっても極めて深刻と言わざるを得ません。
 また、消費段階においては、近年、安全・安心でおいしい県産畜産物への関心、需要が高まってきたことにより、これら県産の畜産物は日常生活に欠くことのできない基幹的食料として認識されるに及んでおり、その安定的供給は不可欠なものとなっております。
 そうした中で、この生産環境の悪化は生産基盤を衰退させ、さらには生産量の減少と自給率のさらなる低下を招くことにもなります。
 また、やむなく生産コスト上昇分を販売価格に転嫁した場合には、住民の消費生活に甚大な影響を与えることとなることから、畜産経営の環境改善は一刻もゆるがせにできない緊急の課題となっております。
 よって、政府等におかれては、現在の畜産経営の置かれた厳しい経営環境を御賢察の上、各品目における価格安定対策の保証基準価格、合理化目標価格等の基準価格の決定に当たっては、飼料価格の変動、社会的経済情勢を勘案した直近の生産量を反映させ、再生可能な水準での決定とするなどの価格安定対策の実現を図ること、及び消費者が安心して県産畜産物を購入できるための各種消費対策の推進に積極的に努められるよう要望するものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第2号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議員提出議案第2号 畜産経営安定強化に関する意見書についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第2号は可決されました。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 次に、議員提出議案第3号について、提出者から提案理由の説明を求めます。
 4番 酒井康也君。
 〔4番 酒井康也君 登壇〕
◎4番(酒井康也君) 議員提出議案第3号 北陸職業能力開発大学校(独立行政法人雇用能力開発機構)の存続に関する意見書について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。
 昨年末、12月24日策定された独立行政法人整理合理化計画により、「雇用・能力開発機構については1年を目途に法人自体の存廃について検討を行う」と閣議決定されたところであります。
 県内では、北陸職業能力開発大学校がこの合理化計画に含まれているわけであります。
 申し上げるまでもなく、北陸職業能力開発大学校は、地域の若年者の人材育成や技術支援等を通して中小企業のものづくりの基盤を強化する重要な役割を担い、地域の活性化と若者定住に大きく寄与しているところであります。
 本県は、第二次産業の就労者の比率が34.8%と全国一であり、ものづくりの県として明確な位置づけにあることから、高度なものづくりを担う若者の人材育成は、国際間競争の中、一層重要なものとなっております。
 一方で、県内企業の求人ニーズは、最も採用を強化する職種として、第1位は「生産工程・技能職」が43%となっており、やはりものづくりに携わる人材が強く求められているところであります。
 また、北陸職業能力開発大学校は、県内の高等学校からの進学者が毎年90%以上占めており、卒業生の80%以上が県内企業に就職しております。
 このように、地域産業界のニーズに対応している北陸職業能力開発大学校の果たす役割は非常に大きく、その存続をぜひとも必要とするところであります。
 以上のことから、政府におかれては、独立行政法人雇用能力開発機構の存廃の検討に当たっては、こうした地方における人材の確保、人材育成の必要性を十分に考慮されるよう強く要望するものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第3号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議員提出議案第3号 北陸職業能力開発大学校(独立行政法人雇用能力開発機構)の存続に関する意見書についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第3号は可決されました。
        ─────────────────────────
△議員提出議案第4号
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第5 議員提出議案第4号 氷見市議会会議規則の一部改正についてを議題といたします。

△提案理由の説明省略
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。議員提出議案第4号 氷見市議会会議規則の一部改正の件については、氷見市議会会議規則第37条第3項の規定により、提案理由の説明を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第4号 氷見市議会会議規則の一部改正の件については、氷見市議会会議規則第37条第3項の規定により、提案理由の説明を省略することといたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第4号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議員提出議案第4号 氷見市議会会議規則の一部改正についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第4号は原案のとおり可決されました。
        ─────────────────────────
△議員派遣の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第6 議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。地方自治法第100条第12項の規定による議員の派遣については、氷見市議会会議規則第163条の規定により、来る4月24日、富山市において開催される第83回北信越市議会議長会定期総会に、嶋田 茂君を派遣いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
△議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第7 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長から審査中の事件につき、氷見市議会会議規則第104条の規定により、お手元に配付の申出一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
               閉会中継続審査事件の申出一覧表
 ┌──────┬──────────────────────────────┐
 │ 委員会名 │        件            名        │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │議会運営  │1 議会の運営について                   │
 │      │2 議会の会議規則、委員会条例等について          │
 │      │3 議長の諮問について                   │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │総務文教  │1 行財政の効率的執行について               │
 │      │2 市政の重要施策の推進について              │
 │      │3 国際交流の推進について                 │
 │      │4 学校教育の充実と教育環境の整備について         │
 │      │5 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進に│
 │      │  ついて                         │
 │      │6 その他総務文教常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │民生病院  │1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の推進について    │
 │      │2 障害者(児)福祉対策の推進について           │
 │      │3 市民生活の安定・向上について              │
 │      │4 交通安全と事故防止対策の推進について          │
 │      │5 健康増進施策の推進について               │
 │      │6 環境保全及び環境衛生対策について            │
 │      │7 医療対策の推進について                 │
 │      │8 その他民生病院常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │産業建設  │1 道路、都市計画事業の促進について            │
 │      │2 河川、砂防事業の促進について              │
 │      │3 能越自動車道の整備促進について             │
 │      │4 上下水道事業の推進について               │
 │      │5 住宅対策について                    │
 │      │6 農林水産業の振興策について               │
 │      │7 農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について      │
 │      │8 林道・治山対策及び林業構造改善対策について       │
 │      │9 商工業の振興対策について                │
 │      │10 観光事業の推進について                 │
 │      │11 その他産業建設常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │行政改革特別│行政体制の在り方について                  │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │病院改革特別│病院経営体制の在り方について                │
 └──────┴──────────────────────────────┘
        ─────────────────────────
○議長(椿原俊夫君) 以上で本日の日程は終了いたしました。
 これをもって、今期定例会に付議されました諸案件はすべて議了いたしました。
        ─────────────────────────
○議長(椿原俊夫君) ここで、3月末をもって退職されます職員を代表して、船場総務部長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 船場総務部長。
 〔総務部長 船場健治君 登壇〕
◎総務部長(船場健治君) お許しをいただきましたので、この3月31日をもって氷見市を退職する職員を代表して、一言お礼の御挨拶を申し上げます。
 先日の本会議の席上、質問者を代表されて、松波議員より私たちに身に余るねぎらいのお言葉をいただきました。本当にありがとうございました。
 今回退職する私たちは、それぞれ歩んできた職場も違います。それから、勤務年数もそれぞれでございますが、一人ひとりが公務員の理念を胸に、市民の皆様の安全と安心を守り、そして健康と豊かさの向上のため、一生懸命頑張ってきたつもりでございます。
 この間、仕事が大変行き詰まって苦しんだ日々もございました。また一方では、大きな事業がなし遂げられて、同僚とその喜びを分かち合った日々もありました。本当にいろいろなことが今、脳裏を駆けめぐっております。
 また、長い公務員生活の中でたくさん得るものがございましたが、何と申しましても、仕事を通じてたくさんの皆さんとめぐり会えたことが一番の財産だと思っております。この一期一会をこれからも大切に生きていきたいと思っております。
 あと数日でめでたく卒業できるわけですが、議長をはじめ議員の皆様、そして市長をはじめ職員の皆様、折に触れ励ましをいただきましたこと、そして御指導いただいたおかげであると思っております。心からのお礼と感謝を申し上げます。
 そしてまた、さまざまな局面で多くの市民の皆さんからも励ましのお言葉をいただきました。この場をかりて厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 4月1日からは、私たちはそれぞれ第三の人生を歩むわけでございますが、氷見に生まれ育った、そして氷見を愛する気持ちはこれからもずっと変わりません。それぞれの立場で、氷見の元気づくりのために、これからも何か手助けできればなというふうに思っております。
 最後になりますが、氷見市のさらなる発展と皆様方の御健勝、御多幸をお祈り申し上げまして、お礼の御挨拶とさせていただきます。
 本当に長い間ありがとうございました。                 (拍手)
○議長(椿原俊夫君) 議会を代表いたしまして、一言お別れの言葉を述べさせていただきます。
 3月末をもって退職されます270有余名の皆様方には、それぞれ氷見市に奉職されて以来、長年にわたり、市民奉仕の精神のもと、蓄積された豊富な識見を持って、市政の進展と市民福祉の向上にそれぞれ御尽力いただきました。その功績はまことに大きく、これまでの皆さんの御労苦に対し深く敬意を表したいと思います。
 きょうこうして皆様方をお送りすることに寂寥の感はぬぐえませんが、どうかこれからも本市の発展を見守り、折に触れ御指導、御協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 皆様方には今後とも末永くお体を御自愛なされ、また御健康と御多幸をお祈り申し上げ、惜別の言葉といたします。大変ありがとうございました。
        ─────────────────────────
△市長挨拶
○議長(椿原俊夫君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 3月氷見市議会定例会の終了に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 議員各位には、今期定例会において、14日間にわたり慎重な審議を賜り、まことにありがとうございました。
 また、提出いたしました新年度予算案をはじめとする諸案件につきまして、いずれも原案どおり可決を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 可決いただきました諸案件につきましては、本会議あるいは各委員会を通じていただいた御意見、御要望を十分に尊重いたしまして、その執行に当たってまいりたいと存じます。
 さて、来月からいよいよ金沢医科大学氷見市民病院が新たにスタートいたします。市民の健康と医療を守るすばらしい病院となることを確信いたしております。
 また、多くの皆様が待ち望んでおられる新病院の建設につきましても、金沢医科大学とともに、これから全力で取り組んでまいりたいと考えております。
 病院職員の皆さんには、市民の命と健康を守るという医療人としての崇高な思いのもとに、金沢医科大学氷見市民病院の職員募集に応じていただいたのであります。
 5億円もの不良債務の発生という市の危機的な状況の中でもありました。改めて心から感謝申し上げるとともに、高いレベルの医療とサービスを提供する金沢医科大学の大学職員としての御活躍をお祈りいたしております。
 また、市政全体のことを思い、病院職員と痛みを分かち合うとして、給与のカットに合意された本庁職員の皆さんにも心からお礼を申し上げたいと思います。
 市は、金沢医科大学との基本協定に基づき、地域住民のための良質な医療サービスの提供や長期にわたる安定経営が行われるよう、病院開設者として努めてまいります。
 第3回春の全国中学生ハンドボール選手権大会が今月25日から開催されます。全国から、選手、役員をはじめとして多くの方々が氷見市を訪れます。市民挙げて歓迎を申し上げたいと思います。大会の成功へ向けて万全を期してまいりますので、各位の御協力をよろしくお願い申し上げます。
 また、国指定史跡「大境洞窟住居跡」につきましては、平成17年度から保全整備等を進めてまいりましたが、今月11日に工事が完了し、安全に見学していただけるようになりました。また、来月27日には、現地説明会の開催やパネル展示などを予定しております。
 いよいよ、あと10日余りで新年度となります。市政の大きな課題でありました市民病院の問題については、1つの大きな峠を越えましたが、20年度、21年度と、過去の氷見市の借入金の返済のピークを迎えることになり、財政運営が最も厳しい時期を迎えることになります。また、小中学校の統合整備問題をはじめとして、課題が山積いたしております。
 その一方で、能越自動車道に続き、東海北陸自動車道の開通を控え、食文化の発信といった氷見のよさを生かした希望の持てるまちづくりの実現を今こそ目指すときであります。
 これらについて、特に企業を中心とした民間の力、市民の皆様の御支援、御協力をいただきながら、全力で取り組んでまいりたいと思います。
 終わりになりましたが、議員各位、市民の皆様には、今後とも健康に御留意をいただき、さわやかな春を迎えられますようお祈り申し上げ、今期定例会のお礼の御挨拶とさせていただきます。
 本当にありがとうございました。
○議長(椿原俊夫君) 3月定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は3月5日に開会され、そして本日ここに会議を議了し、閉会の運びとなりました。この間、議員各位には、提案されました平成20年度予算をはじめ、多くの重要な議案について御審議をいただき、心から敬意を表する次第でございます。
 また、報道関係各位の御協力につきましても、深く感謝を申し上げます。
 終わりになりましたが、市長をはじめ理事者各位には健康に十分留意され、市政の限りない発展にこの上とも御尽力を賜りますよう望むものであります。
        ─────────────────────────
△閉会の宣告
○議長(椿原俊夫君) これをもって、平成20年3月氷見市議会定例会を閉会いたします。

 午後 3時27分 閉会



                常任委員会付託案件表
                           (平成20年3月定例会)

〇総務文教常任委員会
 1 議案第1号 平成20年度氷見市一般会計予算
  ア 第1条第1表 歳入歳出予算中
     歳入全款
     歳出第 1 款 議会費
     〃 第 2 款 総務費(ただし、第1項第14目交通安全対策費、第15目自治振興費の一部、第16目定住促進費の一部、第19目消費者行政費及び第3項戸籍住民基本台帳費を除く)
     〃 第 3 款 民生費中第1項第4目介護保険特別会計繰出金
     〃 第 4 款 衛生費中第3項衛生諸費
     〃 第 6 款 農林水産業費中第1項第6目就業改善センター費
     〃 第 8 款 土木費中第3項第6目下水道特別会計繰出金
     〃 第 9 款 消防費
     〃 第10款 教育費(ただし、第4項第1目幼稚園費を除く)
     〃 第12款 公債費
     〃 第13款 予備費
  イ 第3条第3表 地方債
  ウ 第4条 一時借入金
  エ 第5条 歳出予算の流用
 2 議案第5号 平成20年度氷見市育英資金特別会計予算
 3 議案第10号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第6号)
  ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳入全款
     歳出第 2 款 総務費(ただし、第1項第16目定住促進費を除く)
     〃 第 3 款 民生費中第1項第4目介護保険特別会計繰出金
     〃 第 4 款 衛生費中第3項衛生諸費
     〃 第 8 款 土木費中第3項第6目下水道特別会計繰出金
     〃 第 9 款 消防費
     〃 第10款 教育費
     〃 第11款 災害復旧費(ただし、第3項その他施設災害復旧費の一部)
     〃 第12款 公債費
  イ 第2条第2表 繰越明許費
  ウ 第3条第3表 地方債補正
 4 議案第17号 氷見市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について
 5 議案第18号 氷見市企業立地の促進等による産業集積区域における市税の特別措置に関する条例の制定について
 6 議案第21号 氷見市有線テレビジョン放送条例の一部改正について
 7 議案第22号 氷見市職員定数条例の一部改正について
 8 議案第23号 氷見市職員の定年等に関する条例等の一部改正について
 9 議案第24号  氷見市職員の育児休業等に関する条例及び氷見市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について
10 議案第25号 氷見市行政手続条例の一部改正について
11 議案第26号 氷見市情報公開条例の一部改正について
12 議案第27号 氷見市特別会計条例の一部改正について
13 議案第40号 氷見市勤労青少年ホーム条例の廃止について
14 議案第41号 辺地に係る総合整備計画の変更について

〇民生病院常任委員会
 1 議案第1号 平成20年度氷見市一般会計予算
    第1条第1表 歳入歳出予算中
     歳出第 2 款 総務費中第1項第14目交通安全対策費の一部、第15目自治振興費の一部、第16目定住促進費の一部、第19目消費者行政費及び第3項戸籍住民基本台帳費
     〃 第 3 款 民生費(ただし、第1項第4目介護保険特別会計繰出金を除く)
     〃 第 4 款 衛生費(ただし、第1項第6目環境保全対策費の一部及び第3項衛生諸費を除く)
     〃 第10款 教育費中第4項第1目幼稚園費
 2 議案第3号 平成20年度氷見市病院事業会計予算
 3 議案第4号 平成20年度氷見市国民健康保険特別会計予算
 4 議案第7号 平成20年度氷見市老人保健医療事業特別会計予算
 5 議案第8号 平成20年度氷見市介護保険特別会計予算
 6 議案第9号 平成20年度氷見市後期高齢者医療事業特別会計予算
 7 議案第10号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第6号)
    第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳出第 3 款 民生費(ただし、第1項第4目介護保険特別会計繰出金を除く)
     〃 第 4 款 衛生費(ただし、第1項第6目環境保全対策費及び第3項衛生諸費を除く)
     〃 第11款 災害復旧費(ただし、第3項その他施設災害復旧費の一部)
 8 議案第12号 平成19年度氷見市病院事業会計補正予算(第4号)
 9 議案第13号 平成19年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
10 議案第15号 平成19年度氷見市老人保健医療事業特別計補正予算(第4号)
11 議案第16号 平成19年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第3号)
12 議案第19号 氷見市後期高齢者医療に関する条例の制定について
13 議案第28号 氷見市乳児、幼児及び児童の医療費の助成に関する条例の一部改正について
14 議案第29号 氷見市妊産婦医療費の助成に関する条例の一部改正について
15 議案第30号 氷見市ひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部改正について
16 議案第31号 氷見市重度心身障害者等医療費の助成に関する条例の一部改正について
17 議案第32号 氷見市手数料徴収条例の一部改正について
18 議案第33号 氷見市国民健康保険条例の一部改正について
19 議案第34号 氷見市戸籍記載事項証明等の無料取扱いに関する条例の一部改正について
20 議案第35号 氷見市介護保険条例の一部を改正する条例の一部改正について
21 議案第39号 氷見市民病院附属准看護学院条例等の廃止について
22 議案第42号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変更について

〇産業建設常任委員会
 1 議案第1号 平成20年度氷見市一般会計予算
  ア 第1条第1表 歳入歳出予算中
     歳出第 2 款 総務費中第1項第14目交通安全対策費の一部
     〃 第 4 款 衛生費中第1項第6目環境保全対策費の一部
     〃 第 5 款 労働費
     〃 第 6 款 農林水産業費(ただし、第1項第6目就業改善センター費を除く)
     〃 第 8 款 土木費(ただし、第3項第6目下水道特別会計繰出金を除く)
     〃 第11款 災害復旧費
  イ 第2条第2表 債務負担行為
 2 議案第2号 平成20年度氷見市水道事業会計予算
 3 議案第6号 平成20年度氷見市下水道特別会計予算
 4 議案第10号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第6号)
    第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳出第 2 款 総務費中第1項第16目定住促進費
     〃 第 4 款 衛生費中第1項第6目環境保全対策費
     〃 第 6 款 農林水産業費
     〃 第 7 款 商工費
     〃 第 8 款 土木費(ただし、第3項第6目下水道特別会計繰出金を除く)
     〃 第11款 災害復旧費(ただし、第3項その他施設災害復旧費を除く)
 5 議案第11号 平成19年度氷見市水道事業会計補正予算(第3号)
 6 議案第14号 平成19年度氷見市下水道特別会計補正予算(第4号)
 7 議案第20号 氷見市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について
 8 議案第36号 氷見市営住宅条例及び氷見市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について
 9 議案第37号 氷見市水道給水条例の一部改正について
10 議案第38号 氷見市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について
11 報告第1号 地方自治法第179条による専決処分について
    専決処分第3号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第5号)