議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成19年 6月定例会−06月20日-04号




平成19年 6月定例会

        平成19年6月 氷見市議会定例会会議録(第4号)
      ─────────────────────────────
              平成19年6月20日(水曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第4号)
  第1 議案第33号から議案第44号まで、平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか11件及び報告第2号 地方自治法第179条による専決処分について(委員長報告、討論、採決)
  第2 議案第45号から議案第47号まで 人権擁護委員候補者の推薦についてほか2件(提案理由の説明、即決)
  第3 議員提出議案第4号 氷見市住民投票条例の制定について(提案理由の説明、議案質疑、討論、採決)
  第4 議員派遣の件
  第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件

                本日の会議に付した事件
日程第1 議案第33号から議案第44号まで、平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか11件及び報告第2号 地方自治法第179条による専決処分について(委員長報告、討論、採決)
日程第2 議案第45号から議案第47号まで 人権擁護委員候補者の推薦についてほか2件(提案理由の説明、即決)
日程第3 議員提出議案第4号 氷見市住民投票条例の制定について(提案理由の説明、議案質疑、討論、採決)
日程第4 議員派遣の件
日程第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件

出席議員及び欠席議員の氏名
  出席議員(18人)
    1番  坂 田 恒 男 君      2番  大 門 茂 男 君
    3番  谷 口 貞 夫 君      4番  酒 井 康 也 君
    5番  古 門 澄 正 君      6番  村 田 正 示 君
    7番  澤 田   勇 君      8番  嶋 田   茂 君
    9番  島   久 雄 君     10番  久 保 健 三 君
   11番  椿 原 俊 夫 君     12番  地 家 太 一 君
   13番  松 木 俊 一 君     14番  堀 江 修 治 君
   15番  松 波 久 晃 君     16番  中 村 治 平 君
   17番  山 本   秀 君     18番  森 越 林太郎 君
欠席議員(0人)
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  金 田 榮 一      次長    野     満
  副主幹   野 村 佳 作
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    副市長   中 田 清 信 君
  理事会計管理者            企画広報室長永 田 徳 一 君
        前 辻 秋 男 君
  総務部長  船 場 健 治 君    市民部長  尾 崎 俊 英 君
  建設部長  瀬 戸 三 男 君    産業部長  荒 屋 俊 春 君
  防災・危機管理監           財務課長  金 谷 正 和 君
        澤 田 邦 夫 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   橋 本 昭 雄 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  坂 本 男 蔵 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  山 岸 啓 次 君
   消防機関
  消防長   干 越 正 則 君
        ─────────────────────────
 午前10時46分 開議

○議長(椿原俊夫君) これより本日の会議を開きます。
 まず初めに、去る6月14日に元氷見市長の茶谷一男氏が御逝去されました。ここに謹んで御冥福をお祈り申し上げます。
        ─────────────────────────
△永年在職議員への表彰状及び地方財政委員への感謝状の伝達
○議長(椿原俊夫君) 次に、去る4月5日に金沢市において開催されました第82回北信越市議会議長会定期総会及び6月19日に東京都で開催されました第83回全国市議会議長会定期総会において、市議会議員として永年在職の功績により表彰を受けられました方々への表彰状の伝達を、また地方財政委員として会務運営に尽くされました方々に対する全国市議会議長会からの感謝状の伝達を行います。
 事務局長に、その氏名を報告させます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により御報告申し上げます。
 今回受賞されましたのは、市議会議員として在職40年以上の森 文雄殿、20年以上の山本 秀殿、大西武彦殿、中村治平殿の4名であります。
 なお、森 文雄殿、大西武彦殿につきましては、後日、議長から表彰状を伝達していただくことといたします。
 また、全国市議会議長会より感謝状が贈られましたのは、堀江修治殿、椿原俊夫殿であります。
 なお、椿原議長につきましては、感謝状の伝達を省略させていただきますので、御了承願います。
 まず初めに、北信越市議会議長会の表彰状の伝達を行います。
 副賞につきましては、後ほどお渡しいたしますので、御了承お願いいたします。
 御氏名を申し上げますので、議長席の前へお越し願います。
 山本 秀殿。
○議長(椿原俊夫君)
  表  彰  状
                            氷見市  山本 秀 殿
 あなたは市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。
 よって第82回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰します。

   平成19年4月5日
                     北信越市議会議長会
                      会長 金沢市議会議長 平田誠一
                                   (拍 手)
◎事務局長(金田榮一君) 中村治平殿。
○議長(椿原俊夫君)
  表  彰  状
                            氷見市  中村治平 殿
 あなたは市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。
  よって第82回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰します。

   平成19年4月5日
                     北信越市議会議長会
                      会長 金沢市議会議長 平田誠一
                                   (拍 手)
◎事務局長(金田榮一君) 引き続き、全国市議会議長会よりの表彰状の伝達並びに感謝状の伝達を行います。
 山本 秀殿。
○議長(椿原俊夫君)
  表  彰  状
                               氷見市  山本 秀 殿
 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第83回定期総会にあたり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

   平成19年6月19日
                            全国市議会議長会
                              会長 藤田博之
                                   (拍 手)
◎事務局長(金田榮一君) 中村治平殿。
○議長(椿原俊夫君)
  表  彰  状
                           氷見市  中村治平 殿
 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第83回定期総会にあたり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

    平成19年6月19日
                            全国市議会議長会
                              会長 藤田博之
                                   (拍 手)
◎事務局長(金田榮一君) 堀江修治殿。
○議長(椿原俊夫君)
  感  謝  状
                            氷見市  堀江修治 殿
 あなたは全国市議会議長会地方財政委員会委員として会務運営の重責にあたられ、本会の使命達成に尽くされた功績は誠に顕著なものがありますので、第83回定期総会にあたり、深甚な感謝の意を表します。

   平成19年6月19日
                            全国市議会議長会
                              会長 藤田博之
                                   (拍 手)
        ─────────────────────────
○議長(椿原俊夫君) それでは、本日の日程に入ります。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。
        ─────────────────────────
△議案第33号から議案第44号まで及び報告第2号
○議長(椿原俊夫君) 日程第1 議案第33号から議案第44号まで、平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか11件及び報告第2号 地方自治法第179条による専決処分についてを一括議題といたします。

△常任委員長の報告
○議長(椿原俊夫君) 各常任委員長より、常任委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。
 産業建設常任委員長 嶋田 茂君。
 〔産業建設常任委員長 嶋田 茂君 登壇〕
◎産業建設常任委員長(嶋田茂君) 今期定例会において、産業建設常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る13日に開会し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見、要望につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、能越自動車道氷見インターチェンジ開通に伴う企業誘致について申し上げます。
 去る4月15日、氷見市民待望の能越自動車道氷見インターが開通いたしました。また、来年春には東海北陸自動車道の全線開通の予定となっております。
 いよいよこれからの数年間は、氷見市にとりまして、人と産業の交流拡大を図る重要なチャンスの期間であり、まさに勝負のときを迎えることとなります。
 このチャンスをとらえ、企業誘致や観光振興などについて、産業界、商工団体とも十分連携、協調を図っていただきたいのであります。
 特に、交通利便性に加え、企業立地助成制度の拡充や企業進出に伴う規制緩和なども念頭に入れ、新たな施策の創設なども含め、各種戦略を展開されますよう、市当局の一層の努力を要望するものであります。
 以上、産業建設常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 民生病院常任委員長 地家太一君。
 〔民生病院常任委員長 地家太一君 登壇〕
◎民生病院常任委員長(地家太一君) 今期定例会におきまして、民生病院常任委員会に付託されました諸案件につきまして、その審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る14日に開催し、付託されました諸案件について、当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、国民健康保険税について申し上げます。
 地方税法施行令の改正に伴う条例改正で、国民健康保険税の医療費分の賦課限度額が53万円から56万円に引き上げとなります。
 このため、一部世帯におきましては負担の増加となり、収納率に悪影響を及ぼすことが懸念されるわけであります。固定資産税額に対する資産割を完全廃止し、被保険者の負担軽減を図ることとしておりますが、全体として収納率が低下することのないよう努力されることを望むものであります。
 次に、市民病院の経営改革について申し上げます。
 5月25日に市民病院経営改革委員会からの答申を受け、6月1日には市長を本部長とする経営改革推進プロジェクトチームを設置、6日には初会合が開かれたと伺っております。
 答申に基づき、今後の市民病院の経営体制をどのようにするのか、市民の安全・安心を守ることを第一に、一刻も早く方向性を決定されることを強く望むものであります。
 以上、民生病院常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 総務文教常任委員長 久保建三君。
 〔総務文教常任委員長 久保健三君 登壇〕
◎総務文教常任委員長(久保健三君) 今期定例会におきまして、総務文教常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る6月15日に開催し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見、要望につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、委員会としての要望を申し上げます。
 去る6月14日の県議会本会議において、石井知事は北陸電力志賀原発1号機の臨界事故の隠ぺいを受け、県の地域防災計画に原子力災害対策を追加する考えを示したところであります。
 このことを受け、本委員会において堂故市長より、本市の地域防災計画の中に事故災害対策編を新たに設け、県とも歩調を合わせ、原子力災害対策を盛り込むとの考えを示されたところであります。
 原子力発電所の運転は、当事者責任のもとで、安全の上にも安全でなければならないことは当然でありますが、市当局におかれましては、市民の安全対策に万全を期すためにも、原子力災害をあらかじめ想定した実効性のある計画の策定を要望するものであります。
 以上、総務文教常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 以上で、各常任委員長の審査結果の報告は終わりました。

△討論
○議長(椿原俊夫君) これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認め、討論を終結いたします。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより上程全案件を採決いたします。
 議案第33号から議案第44号まで及び報告第2号を一括して採決いたします。
 議案第33号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
 議案第34号 平成19年度氷見市病院事業会計補正予算(第1号)
 議案第35号 平成19年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第36号 平成19年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第37号 氷見市議会議員及び氷見市長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について
 議案第38号 政治倫理の確立のための氷見市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について
 議案第39号 氷見市国民健康保険税条例の一部改正について
 議案第40号 氷見市東原墓地公園条例の一部改正について
 議案第41号 財産の処分について
 議案第42号 市道路線の認定及び廃止について
 議案第43号 氷見市土地開発公社定款の一部変更について
 議案第44号 物品の取得について
 報告第 2 号 地方自治法第179条による専決処分について
 以上を、それぞれ各常任委員長報告のとおり、原案を可決または承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第33号から議案第44号まで及び報告第2号は、いずれも原案のとおり可決または承認されました。
        ─────────────────────────
△議案第45号から議案第47号まで
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第2 議案第45号から第47号まで、人権擁護委員候補者の推薦についてほか2件を一括議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 市長から提案理由の説明を求めます。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 追加提案いたしました案件は、人事に関するもの3件であります。
 人権擁護委員候補者といたしまして、引き続き伯水永雄氏を、新たに藺生正一氏、河内幹夫氏を推薦し、氷見市固定資産評価員に、新たに船場健治を選任し、氷見市教育委員会委員に、引き続き本川由子氏を任命いたしたく、お諮りするものであります。
 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第45号から第47号までは即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議案第45号 人権擁護委員候補者の推薦については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第45号はこれに同意することに決しました。
 議案第46号 氷見市固定資産評価員の選任については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第46号はこれに同意することに決しました。
 議案第47号 氷見市教育委員会委員の任命については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第47号はこれに同意することに決しました。
        ─────────────────────────
△議員提出議案第4号
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第3 議員提出議案第4号 氷見市住民投票条例の制定についてを議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 議員提出議案第4号について、提出者から提案理由の説明を求めます。
 5番 古門澄正君。
 〔5番 古門澄正君 登壇〕
◎5番(古門澄正君) 市政クラブの古門であります。
 今6月定例会に議員提案しました氷見市住民投票条例についての提案理由の説明をいたします。
 市長はじめ議員諸氏におかれましては、市政運営に当たって、常に市民の声に耳を傾け、市政発展のため日夜御努力されていることは重々承知いたしております。
 しかし、政治というのは、社会情勢や経済情勢など、さまざまなことへの配慮から、時には民意とのずれが生じ、民意にそぐわないことがしばしば起こってくるのではないでしょうか。
 私たち市政クラブは、そのことに絶えず注意を払い、市民本位の市政の確立を目指してきました。そしてまた、今後も続けるつもりであります。
 さて、氷見市は平成14年の3月議会で、平成17年3月までの合併、つまり平成の市町村合併は行わず、単独市政を選択しました。市長には、この単独市政の選択に至るまでの道筋として、市内全地区での説明会や各種団体との懇談会、また青年代表の懇談会などを開催しながら、自治振興委員、各種団体長の意識調査を実施、そして市民懇話会からの提言の報告などを踏まえ、単独市政の方向を定められました。そして、それを受けて議会では、全会一致で単独市政を進めるという結論に至ったと理解いたしております。
 この市の御努力には一定の評価はするところであります。しかし、私たち市政クラブは、この合併問題において、単独市政の選択には賛成ではありましたが、市民の意思確認のために市民の声を直接聞くことは大切なことであり、さらに合意形成のためにも住民投票が必要ではないかと住民投票の実施を市長に求めてきました。ところが、理解を得られず、実施には至らなかったのであります。
 今、氷見市政において一番の重要課題は氷見市民病院の問題であります。詳細については、議員の皆さんには十分御承知のことであり省略いたしますが、直営か民営かの判断が求められる重要な局面にあります。民営化はもうかるか、もうからないかが病院運営の判断基準。したがって、不採算部分の切り捨ては当然であり、それは診療科の縮小、最悪のときは運営放棄、つまり店じまいということさえあり得るということです。
 このようなことから、利益確保が大前提の民営化病院で、不採算でも要望される医療が行われる保障がどこにあるのでしょうか。特に心配されるのは救急医療についてであります。
 一方、直営は、市民に必要な医療の観点から、診療科の新設や増設などの病院運営がなされ、その上で維持、継続が可能かの判断がなされます。これは、氷見市民病院の発足から今日までの歴史が物語っています。
 昭和23年に開設された厚生病院は、医師3名、看護婦4名、病床数36床、診療科3科から出発しました。昭和36年に氷見市民病院になり、医師7名、看護婦40名、病床数130床、診療科目が5科となったのです。そして現在は、病床数363床、診療科目18科目、医師が確保されていた時期には40名近く、また看護師も220名を超えて勤務いたしておりました。
 このように、過去から一貫して、医師、看護師、そして関係者や諸先輩方の努力により、氷見市民病院は市民の医療の必要性から守られ発展してきたのではないでしょうか。
 直営の道を歩くのかあるいは民営化の道を選ぶかは、氷見市民にとっては、市民の命と健康を守り、そして安心と安全を確立するのか、はたまたそれをなくすのかが問われる大きな選択と思います。市町村合併と同じくらい、いや、それ以上に重要な課題とも言えます。
 そのことから、市民の意思の把握のため、さらには市民の意思を市政に反映させるために、必要とあれば住民投票の実施を可能とする住民投票条例の制定を議員提案するものです。
 議員各位には事前に条例案が配付済みでありますので、殊さら説明申し上げるまでもないのでありますが、今回の病院問題が提案のきっかけではありますが、この条例には市政の重要課題について、市長みずからの発議、また議会での議決により、そして市民が条件を満たす中から住民投票の実施を行うことができるとする常設の住民投票条例です。
 最後に、議員各位の中には、議員は市民により選ばれ、市政全般にわたり判断と議決は付託されているから必要がない、あるいは議会は間接民主主義であって、住民投票は直接民主主義でそぐわないと考えている方もおいでかと思います。
 しかし、住民投票は何ら地方自治の本旨から逸脱するものではなく、地方自治における議会制民主主義を補完すべき方法であって、住民投票によって示された市民の意思を市政に反映し、もって公正で民主的な市政の運営を期すものであります。
 私たち市政クラブは、氷見市民病院の民営化には基本的には反対です。しかし、市民の中には賛成の方もおいでだと思います。よって、市民の皆さんの思いや願いを確かめていくことが必要と考えるところであります。
 議員各位には特段の、そして深い御理解をいただき、ぜひ御可決いただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。

△議案質疑
○議長(椿原俊夫君) これより議案質疑に入りますが、通告がありませんので質疑を終結いたします。

△討論
○議長(椿原俊夫君) 引き続き討論に入りますが、討論の通告がありませんので討論を終結いたします。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議員提出議案第4号 氷見市住民投票条例の制定についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立少数であります。よって、議員提出議案第4号は否決されました。
        ─────────────────────────
△議員派遣の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第4 議員派遣の件についてを議題といたします。
 お諮りいたします。地方自治法第100条第12項の規定による議員の派遣については、会議規則第163条の規定により、来る6月25日、石川県中能登町において開催される氷見田鶴浜線建設促進期成同盟会総会に、島 久雄君、嶋田 茂君、松波久晃君を派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
△議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長から審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付の申出一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
              閉会中継続審査事件の申出一覧表
 ┌──────┬──────────────────────────────┐
 │ 委員会名 │        件            名        │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │議会運営  │1 議会の運営について                   │
 │      │2 議会の会議規則、委員会条例等について          │
 │      │3 議長の諮問について                   │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │総務文教  │1 行財政の効率的執行について               │
 │      │2 市政の重要施策の推進について              │
 │      │3 国際交流の推進について                 │
 │      │4 学校教育の充実と教育環境の整備について         │
 │      │5 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進に│
 │      │  ついて                         │
 │      │6 その他総務文教常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │民生病院  │1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の推進について    │
 │      │2 障害者(児)福祉対策の推進について           │
 │      │3 市民生活の安定・向上について              │
 │      │4 交通安全と事故防止対策の推進について          │
 │      │5 健康増進施策の推進について               │
 │      │6 環境保全及び環境衛生対策について            │
 │      │7 医療対策の推進について                 │
 │      │8 その他民生病院常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │産業建設  │1 道路、都市計画事業の促進について            │
 │      │2 河川、砂防事業の促進について              │
 │      │3 能越自動車道の整備促進について             │
 │      │4 上下水道事業の推進について               │
 │      │5 住宅対策について                    │
 │      │6 農林水産業の振興策について               │
 │      │7 農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について      │
 │      │8 林道・治山対策及び林業構造改善対策について       │
 │      │9 商工業の振興対策について                │
 │      │10 観光事業の推進について                 │
 │      │11 その他産業建設常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │行政改革特別│行政体制の在り方について                  │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │病院改革特別│病院経営体制の在り方について                │
 └──────┴──────────────────────────────┘

○議長(椿原俊夫君) 以上で本日の日程は終了いたしました。
 これをもって、今期定例会に付議されました諸案件はすべて議了いたしました。
        ─────────────────────────
△市長挨拶
○議長(椿原俊夫君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 6月氷見市議会定例会の終了に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 初めに、今月14日、氷見市長を4期16年にわたり務められました茶谷一男様が御逝去されました。市政の発展と市民福祉の向上のため貢献されましたことに対し、深く感謝を申し上げ、心から御冥福をお祈り申し上げます。
 次に、北信越市議会議長会並びに全国市議会議長会から、永年の御功績により表彰を受けられました山本議員、中村議員、また全国市議会議長会から感謝状を受けられました堀江議員、椿原議長にはまことにおめでとうございます。心からお祝いを申し上げますとともに、今後とも市政の発展のため、より一層の御活躍をされますよう祈念申し上ます。
 さて、去る6月7日に開会されました今期定例会も、本日をもって14日間の会期を閉じるわけであります。その間提出いたしました諸案件につきまして慎重に御審議をいただき、いずれも原案どおり可決を賜り、厚く御礼申し上げます。
 可決をいただきました諸案件につきましては、本会議あるいは各委員会を通じていただいた御意見、御要望を十分に尊重いたしまして、その執行に当たってまいりたいと存じます。
 また、市民病院の経営改革につきましては、市民の皆様、職員にも安心していただけるよう、できるだけ早く改革の方向を示したいと考えておりますので、議員各位、市民の皆様方には、一層の御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 これから梅雨時期に入りますが、豪雨等による災害のことも心配されます。その防止に、そして警戒を強めてまいりたいと考えております。
 また、梅雨が明けますと、いよいよ本格的な暑さを迎えることになりますが、各位におかれましては、健康に御留意の上の御活躍をお祈り申し上げ、今期定例会のお礼の御挨拶とさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(椿原俊夫君) 次に、6月定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は、6月7日に開会され、そして本日ここに会議を議了し、閉会の運びとなりました。この間、議員各位には、提案されました平成19年度補正予算案をはじめ、多くの重要な議案について終始熱心に御審議をいただきましたことに対し、心から敬意を表する次第でございます。
 また、報道機関各位の御協力につきましても、深く感謝を申し上げる次第であります。
 終わりになりましたが、市長をはじめ理事者各位には、御健康に十分留意され、市政の限りない発展にこの上とも御尽力を賜りますよう望むものであります。
        ─────────────────────────
△閉会の宣告
○議長(椿原俊夫君) これをもって、平成19年6月氷見市議会定例会を閉会いたします。

 午前11時26分 閉会



                常任委員会付託案件表

                               (平成19年6月定例会)

〇総務文教常任委員会
1 議案第33号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
 ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
    歳入全款
    歳出第 2 款 総務費(第1項第14目交通安全対策費を除く)
    〃 第 9 款 消防費
    〃 第10款 教育費
    〃 第11款 災害復旧費(第3項第1目その他施設災害復旧費の一部)
 イ 第3条第3表 地方債補正
2 議案第37号 氷見市議会議員及び氷見市長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について
3 議案第38号 政治倫理確立のための氷見市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について
4 議案第41号 財産の処分について
5 議案第44号 物品の取得について
6 報告第 2 号 地方自治法第179条による専決処分について
   専決処分第2号 平成18年度氷見市一般会計補正予算(第5号)
   専決処分第3号 氷見市税条例の一部改正について

〇民生病院常任委員会
1 議案第33号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
   第1条第1表 歳入歳出予算補正中
    歳出第 2 款 総務費中第1項第14目交通安全対策費
    〃 第 3 款 民生費
    〃 第 4 款 衛生費
    〃 第11款 災害復旧費(第3項第1目その他施設災害復旧費の一部)
2 議案第34号 氷見市病院事業会計補正予算(第1号)
3 報告第35号 平成19年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
4 議案第36号 平成19年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)
5 報告第39号 氷見市国民健康保険税条例の一部改正について
6 報告第40号 氷見市東原墓地公園条例の一部改正について
7 報告第 2 号 地方自治法第179条による専決処分について
   専決処分第4号 平成19年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)

〇産業建設常任委員会
1 議案第33号 平成19年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
 ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
    歳出第 6 款 農林水産業費
    〃 第 7 款 商工費
    〃 第 8 款 土木費
    〃 第11款 災害復旧費(第3項第1目その他施設災害復旧費の一部を除く)
 イ 第2条第2表 債務負担行為補正
2 議案第42号 市道路線の認定及び廃止について
3 議案第43号 氷見市土地開発公社定款の一部変更について
4 報告第 2 号 地方自治法第179条による専決処分について
   専決処分第1号 平成18年度氷見市下水道特別会計補正予算(第5号)