議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成18年12月定例会−12月19日-04号




平成18年12月定例会

 平成18年12月 氷見市議会定例会会議録(第4号)
      ─────────────────────────────
             平成18年12月19日(火曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第4号)
  第1 議案第68号から議案第78号まで、平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)ほか10件(委員長報告、討論、採決)
  第2 議案第79号 人権擁護委員候補者の推薦について
     (提案理由の説明、即決)
  第3 議員提出議案第4号及び議員提出議案第5号 障害者自立支援法の円滑な運用を求める意見書ほか1件(提案理由の説明、即決)
  第4 議員派遣の件
  第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
                本日の会議に付した事件
日程第1 議案第68号から議案第78号まで、平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)ほか10件(委員長報告、討論、採決)
日程第2 議案第79号 人権擁護委員候補者の推薦について
     (提案理由の説明、即決)
日程第3 議員提出議案第4号及び議員提出議案第5号 障害者自立支援法の円滑な運用を求める意見書ほか1件(提案理由の説明、即決)
日程第4 議員派遣の件
日程第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
出席議員及び欠席議員の氏名
 出席議員(17人)
    1番  坂 田 恒 男 君      2番  大 門 茂 男 君
    3番  谷 口 貞 夫 君      4番  酒 井 康 也 君
    5番  古 門 澄 正 君      7番  澤 田   勇 君
    8番  嶋 田   茂 君      9番  島   久 雄 君
   10番  久 保 健 三 君     11番  椿 原 俊 夫 君
   12番  地 家 太 一 君     13番  松 木 俊 一 君
   14番  堀 江 修 治 君     15番  松 波 久 晃 君
   16番  中 村 治 平 君     17番  山 本   秀 君
   18番  森 越 林太郎 君
 欠席議員(1人)
    6番  村 田 正 示 君
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  金 田 榮 一      次長    野     満
  副主幹   明 圓 俊 彰      主査    野 村 佳 作
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    助役    中 田 清 信 君
  理事    前 辻 秋 男 君    企画広報室長船 場 健 治 君
  総務部長  國 本 嘉 隆 君    市民部長  尾 崎 俊 英 君
  建設部長  瀬 戸 三 男 君    産業部長  荒 屋 俊 春 君
  防災・危機管理監           財務課長  金 谷 正 和 君
        澤 田 邦 夫 君
  会計課長  七 瀬 良 和 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   橋 本 昭 雄 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  坂 本 男 蔵 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  山 岸 啓 次 君
   消防機関
  消防長   脇   清 次 君
        ─────────────────────────
 午後 2時01分 開議

○議長(椿原俊夫君) これより本日の会議を開きます。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。
        ─────────────────────────
△議案第68号から議案第78号まで
○議長(椿原俊夫君) 日程第1 議案第68号から議案第78号まで、平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)ほか10件を一括議題といたします。

△常任委員長の報告
○議長(椿原俊夫君) 各常任委員長より、常任委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。
 産業建設常任委員長 嶋田 茂君。
 〔産業建設常任委員長 嶋田 茂君 登壇〕
◎産業建設常任委員長(嶋田茂君) 今期定例会において、産業建設常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る13日に開会し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見、要望につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 以上、産業建設常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 民生病院常任委員長 地家太一君。
 〔民生病院常任委員長 地家太一君 登壇〕
◎民生病院常任委員長(地家太一君) 今期定例会におきまして、民生病院常任委員会に付託されました諸案件につきまして、その審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る14日に開催し、付託されました諸案件について、当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 以上、民生病院常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 総務文教常任委員長 久保健三君。
 〔総務文教常任委員長 久保健三君 登壇〕
◎総務文教常任委員長(久保健三君) 今期定例会におきまして、総務文教常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は12月15日に開会し、付託されました諸案件つきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見、要望等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、委員会としての要望について申し上げます。
 最初に、氷見市集中改革プランについて申し上げます。
 本市は、平成15年3月、市町村合併問題について当面単独市政を続けることを選択し、平成15年度から18年度までの期間、「行財政健全化緊急プログラム」を策定し、必要な対策を講じてきたところであります。4年間で約58億円に上ると予想された財源不足はおおむね解消が図られるなど、ほぼその目標を達成できる状況であります。
 しかし今後、借入金の返済がピークを迎えること、市民病院の経営及び今後の方向など、氷見市はこれから最も厳しい時期を迎えることとなります。このため、新たに「氷見市集中改革プラン」を策定し、バランスのとれた行政体を目指すということであります。
 この集中改革プランは、110項目余りの改善項目を挙げ、改革に努めることとしておりますが、このプランの実施に当たっては、議会とも十分意思疎通を図りながら進めていただくよう要望するものであります。
 何度も申し上げますが、行政改革はいっときの停滞も許されません。市当局の一層の努力をお願いするものであります。
 次に、県立高校再編について申し上げます。
 現在、県において、県立高校の統廃合や学科の見直しなどの専門的な議論が所掌機関において鋭意行われていると伺っております。
 こうした中、本市においても、この7月設置された「高校教育振興懇話会」において、氷見、有磯両高校の存続を基本に、今後の取り組み等について検討を進めているところでもあります。両校は、多年にわたり優秀な人材を輩出し、本市の発展に大きく寄与してきた学校であり、いわば氷見市の財産であります。
 この懇話会においては、こうしたことも総合的に勘案し、氷見市の将来に向けたしっかりした議論をしていただき、市としての考えを取りまとめ、県に対し粘り強く働きかけていただくよう要望するものであります。
 以上、総務文教常任委員会の結果報告といたします。
○議長(椿原俊夫君) 以上で、各常任委員長の報告は終わりました。

△討論
○議長(椿原俊夫君) これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認め、討論を終結いたします。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより上程全案件を採決いたします。
 議案第68号から議案第78号までを一括して採決いたします。
 議案第68号 平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)
 議案第69号 平成18年度氷見市水道事業会計補正予算(第3号)
 議案第70号 平成18年度氷見市病院事業会計補正予算(第1号)
 議案第71号 平成18年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第72号 平成18年度氷見市下水道特別会計補正予算(第3号)
 議案第73号 平成18年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第74号 平成18年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第75号 氷見市総合計画審議会条例の一部改正について
 議案第76号 氷見市重度心身障害者等医療費の助成に関する条例の一部改正について
 議案第77号 氷見市小中学校統合審議会条例の一部改正について
 議案第78号 富山県後期高齢者医療広域連合の設置に係る規約の制定について
 以上をそれぞれ各常任委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第68号から議案第78号まではいずれも原案のとおり可決されました。
        ─────────────────────────
△議案第79号
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第2 議案第79号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 市長から提案理由の説明を求めます。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 追加提案いたしました案件は、人事に関するものであります。
 人権擁護委員候補者といたしまして、新たに松原律子氏を推薦いたしたく、お諮りするものであります。
 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第79号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 まず、議案第79号 人権擁護委員候補者の推薦については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第79号はこれに同意することに決しました。
        ─────────────────────────
△議員提出議案第4号及び議員提出議案第5号
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第3 議員提出議案第4号及び議員提出議案第5号 障害者自立支援法の円滑な運用を求める意見書ほか1件についてを一括議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 議員提出議案第4号及び議員提出議案第5号について、一括して提出者から提案理由の説明を求めます。
 12番 地家太一君。
 〔12番 地家太一君 登壇〕
◎12番(地家太一君) ただいま議題となりました議員提出議案第4号について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。
 本年4月から「障害者自立支援法」が施行されました。これまで、身体、知的、精神のそれぞれの制度体系であったものを、3障害の制度格差を解消し、障害の種別にもかかわらず、障害者が必要とするサービスが利用できるように事業が再編されました。あわせて、地域生活支援、就労支援のための事業や、重度の障害者を対象とした事業が創設され、地域の実情に応じた柔軟かつきめ細かいサービスの提供が期待されております。
 しかしながら、サービスの利用に応じて利用料を負担する定率負担制度が導入されたことから、原則1割負担としつつも、障害が重い人ほどサービスの利用を多く必要とすることから、負担がこれまで以上に重くなり、結果的にはサービスの利用を控えるという傾向が見られ、とりわけ通所授産施設などの利用者においては、障害者が受け取る工賃が施設利用料を下回り、就労の意欲をなくして退所を余儀なくされるなど、障害者やその家族にとって多大な生活不安を与えております。
 また、施設においては、報酬単価の引き下げに加え、支払い方式が日額払い方式に変更になったことに伴い、収入が減少している施設が多く見られ、サービスの質の低下が懸念されるところであります。
 よって、政府におかれては、障害者自立支援法の円滑な運用のために、サービス利用者の実態を把握し、利用者負担の軽減措置の拡充を図るとともに、事業者に対する報酬についても激変緩和措置を拡充し、施設運営の安定化に努められるよう強く要望するものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。
○議長(椿原俊夫君) 16番 中村治平君。
 〔16番 中村治平君 登壇〕
◎16番(中村治平君) ただいま議題となりました議員提出議案第5号について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。
 地方分権と地方財政自立のための改革として実施されました「三位一体改革」においては、所得税から住民税への3兆円の税源移譲が実現したものの、地方財源総額では5兆円もの地方交付税が削減されるなど、地方団体は依然として極めて厳しい財政環境に置かれております。
 本市では、平成15年度から行財政健全化緊急プログラムに取り組み、大幅な財源不足の解消や定員の適正化を掲げ、持続可能な簡素で効率的な行政体を目指してまいりました。さらに、来年度から集中改革プランに取り組み、収支均衡に努めることとしておりますが、本市の財政環境はなお厳しさが増しております。
 今後も、「国・地方間のバランスのとれた財政再建の実現」の名のもとに、これ以上の地方歳出の削減と地方交付税の削減が進められるならば、地方財政は危機的な事態に陥り、地方が担っている医療、福祉、教育などの、住民に身近な行政サービスの実施に重大な影響を及ぼすことが懸念されるところであります。
 このことから、住民の安全で安心な生活を確保するためには、地方税財源の充実強化が不可欠であります。
 よって、政府におかれましては、真の分権型社会の実現に向けて、国から地方への過剰な関与を見直し、地方への権限移譲と、それに見合った税源移譲をさらに進めるとともに、地方交付税の財源保障や財源調整機能を堅持され、地方行政サービスの提供に必要な地方税財源を確保されるよう強く要望するものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第4号及び議員提出議案第5号を即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決をいたします。
 まず、議員提出議案第4号について採決いたします。
 議員提出議案第4号 障害者自立支援法の円滑な運用を求める意見書についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第4号は可決されました。
 次に、議員提出議案第5号 地方税財源の充実・強化を求める意見書についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第5号は可決されました。
 お諮りいたします。ただいま意見書が可決されましたが、その条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任されました。
        ─────────────────────────
△議員派遣の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第4 議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。地方自治法第100条第12項の規定による議員の派遣については、会議規則第163条の規定により、お手元に配付してあります議員派遣一覧表のとおり議員の派遣をしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
                  議員派遣一覧表
 地方自治法第100条及び氷見市議会会議規則第163条の規定により次のとおり議員を派遣する。
                     記
1 富山県市議会議員研修会
 (1)派遣目的  富山県市議会議員研修会参加のため
 (2)派遣場所  富山市  富山県市町村会館ホール
 (3)派遣期間  平成18年12月25日
 (4)派遣議員  島 久雄議員(副議長)
         坂田恒男議員  大門茂男議員  谷口貞夫議員  酒井康也議員
         古門澄正議員  澤田 勇議員  嶋田 茂議員  久保健三議員
         地家太一議員  松木俊一議員  堀江修治議員  松波久晃議員
         中村治平議員  山本 秀議員  森越林太郎議員
        ─────────────────────────
△議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、日程第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長から審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付してあります申出一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
              閉会中継続審査事件の申出一覧表
 ┌──────┬──────────────────────────────┐
 │ 委員会名 │        件            名        │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │議会運営  │1 議会の運営について                   │
 │      │2 議会の会議規則、委員会条例等について          │
 │      │3 議長の諮問について                   │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │総務文教  │1 行財政の効率的執行について               │
 │      │2 市政の重要施策の推進について              │
 │      │3 国際交流の推進について                 │
 │      │4 学校教育の充実と教育環境の整備について         │
 │      │5 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進に│
 │      │  ついて                         │
 │      │6 その他総務文教常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │民生病院  │1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の推進について    │
 │      │2 障害者(児)福祉対策の推進について           │
 │      │3 市民生活の安定・向上について              │
 │      │4 交通安全と事故防止対策の推進について          │
 │      │5 健康増進施策の推進について               │
 │      │6 環境保全及び環境衛生対策について            │
 │      │7 医療対策の推進について                 │
 │      │8 その他民生病院常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │産業建設  │1 道路、都市計画事業の促進について            │
 │      │2 河川、砂防事業の促進について              │
 │      │3 能越自動車道の整備促進について             │
 │      │4 上下水道事業の推進について               │
 │      │5 住宅対策について                    │
 │      │6 農林水産業の振興策について               │
 │      │7 農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について      │
 │      │8 林道・治山対策及び林業構造改善対策について       │
 │      │9 商工業の振興対策について                │
 │      │10 観光事業の推進について                 │
 │      │11 その他産業建設常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │行政改革特別│行政体制の在り方について                  │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │病院改革特別│病院経営体制の在り方について                │
 └──────┴──────────────────────────────┘
○議長(椿原俊夫君) 以上で本日の日程は終了いたしました。
 これをもって、今期定例会に付議されました諸案件はすべて議了いたしました。
        ─────────────────────────
△市長挨拶
○議長(椿原俊夫君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 12月氷見市議会定例会の終了に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 議員各位には、今期定例会おいて、14日間にわたり終始熱心に御審議を賜り、まことにありがとうございました。また、提出いたしました諸案件につきまして、いずれも原案どおり可決を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 可決いただきました諸案件につきましては、本会議あるいは各委員会を通じていただいた御意見、御要望を十分に尊重いたしまして、その執行に万全を期してまいりたいと存じます。
 また、議会で御審議をいただいた「集中改革プラン」につきましては、新年度の予算編成に生かすなど、着実に実行してまいりたいと考えています。
 地方財政を取り巻く環境は、大変厳しいものがありますが、平成21年度一般会計決算における収支の均衡、そして病院事業をはじめとした公営企業等の経営健全化のほか、職員数の9.3%の削減など、改革プランで掲げる目標を実現し、持続可能な市政運営を目指してまいります。
 また、改革を進める一方で、氷見市のこれからの発展を視点に置いた地域の元気づくりが大切な時期であります。200万人交流のまちづくりを目指し、市民の参加と協力をいただきながら、北大町埋立地の活用や中心市街地、さらには農山漁村の活性化などに取り組んでまいります。
 あと10日余りで新しい年を迎えることになります。来春には、いよいよ能越自動車道「氷見高岡道路」が開通となります。また、東海北陸自動車道も、平成19年度中に全線開通が予定されております。
 これらの交通ネットワークなどを生かした地域の元気づくりを積極的に進めてまいりますので、一層の御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 一昨日には、石動山にも積雪が見られ、いよいよ寒さが厳しくなってまいりました。
 議員各位、市民の皆様方には、健康に御留意をいただきまして、よい年をお迎えくださいますようお祈り申し上げ、お礼の御挨拶とさせていただきます。
 皆さん、本当にありがとうございました。
○議長(椿原俊夫君) 12月定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は12月6日に開会され、本日ここに会議を議了し、閉会の運びとなりました。この間、議員各位には提案されました補正予算をはじめ多くの重要な議案について終始熱心に御審議をいただき、心から敬意を表する次第でございます。
 また、報道機関各位の御協力につきましても深く感謝を申し上げます。
 終わりになりましたが、市長をはじめ理事者各位には健康に十分留意され、市政の限りない発展にこの上とも御尽力を賜りますよう望むものであります。そして、迎える年が氷見市及び氷見市民にとってより明るく、希望に満ちた年になりますことを皆様とともに祈念するものであります。
        ─────────────────────────
△閉会の宣告
○議長(椿原俊夫君) これをもって、平成18年12月氷見市議会定例会を閉会いたします。

 午後 2時28分 閉会



△常任委員会付託案件表
 常任委員会付託案件表
                         (平成18年12月定例会)

〇総務文教常任委員会
 1 議案第68号 平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)
  ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳入全款
     歳出第 1 款 議会費
     〃 第 2 款 総務費(ただし、第1項第14目交通安全対策費を除く)
     〃 第 3 款 民生費中第1項第4目介護保険特別会計繰出金
     〃 第 4 款 衛生費中第3項衛生諸費
     〃 第 8 款 土木費中第3項第6目下水道特別会計繰出金
     〃 第 9 款 消防費
     〃 第10款 教育費(ただし、第1項第2目事務局費の一部を除く)
  イ 第2条第2表 繰越明許費
  ウ 第3条第3表 債務負担行為補正
  エ 第4条第4表 地方債補正
 2 議案第75号 氷見市総合計画審議会条例の一部改正について
 3 議案第77号 氷見市小中学校統合審議会条例の一部改正について

〇民生病院常任委員会
 1 議案第68号 平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)
    第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳出第 3 款 民生費(ただし、第1項第4目介護保険特別会計繰出金を除く)
     〃 第 4 款 衛生費(ただし、第3項衛生諸費を除く)
     〃 第10款 教育費中第1項第2目事務局費の一部
 2 議案第70号 平成18年度氷見市病院事業会計補正予算(第1号)
 3 議案第71号 平成18年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 4 議案第73号 平成18年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)
 5 議案第74号 平成18年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第3号)
 6 議案第76号 氷見市重度心身障害者等医療費の助成に関する条例の一部改正について
 7 議案第78号 富山県後期高齢者医療広域連合の設置に係る規約の制定について

〇産業建設常任委員会
 1 議案第68号 平成18年度氷見市一般会計補正予算(第3号)
    第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳出第 2 款 総務費第1項第14目交通安全対策費
     〃 第 6 款 農林水産業費
     〃 第 7 款 商工費
     〃 第 8 款 土木費(ただし、第3項第6目下水道特別会計繰出金を除く)
     〃 第11款 災害復旧費
 2 議案第69号 平成18年度氷見市水道事業会計補正予算(第3号)
 3 議案第72号 平成18年度氷見市下水道特別会計補正予算(第3号)