議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成18年11月臨時会(第2回)−11月20日-01号




平成18年11月臨時会(第2回)

 平成18年第2回 氷見市議会臨時会会議録(第1号)
      ─────────────────────────────
             平成18年11月20日(月曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第1号)
  第1 議長の選挙
              追加議事日程 (第1号追加)
  第 1 議席の指定
  第 2 会議録署名議員の指名
  第 3 会期の決定
  第 4 副議長の選挙
  第 5 常任委員の選任
  第 6 議会運営委員の選任
  第 7 高岡地区広域圏事務組合議会議員の補欠選挙
  第 8 議案第67号 氷見市監査委員の選任について
      (提案理由の説明、即決)
  第 9 氷見市農業委員会委員の推薦について
  第10 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
                本日の会議に付した事件
日程第1 議長の選挙
追加日程第 1 議席の指定
追加日程第 2 会議録署名議員の指名
追加日程第 3 会期の決定
追加日程第 4 副議長の選挙
追加日程第 5 常任委員の選任
追加日程第 6 議会運営委員の選任
追加日程第 7 高岡地区広域圏事務組合議会議員の補欠選挙
追加日程第 8 議案第67号 氷見市監査委員の選任について
        (提案理由の説明、即決)
追加日程第 9 氷見市農業委員会委員の推薦について
追加日程第10 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
出席議員及び欠席議員の氏名
  出席議員(18人)
    1番  坂 田 恒 男 君      2番  大 門 茂 男 君
    3番  谷 口 貞 夫 君      4番  酒 井 康 也 君
    5番  古 門 澄 正 君      6番  村 田 正 示 君
    7番  澤 田   勇 君      8番  嶋 田   茂 君
    9番  島   久 雄 君     10番  久 保 健 三 君
   11番  椿 原 俊 夫 君     12番  地 家 太 一 君
   13番  松 木 俊 一 君     14番  堀 江 修 治 君
   15番  松 波 久 晃 君     16番  中 村 治 平 君
   17番  山 本   秀 君     18番  森 越 林太郎 君
  欠席議員(0人)
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  金 田 榮 一      次長    野     満
  副主幹   明 圓 俊 彰      主査    野 村 佳 作
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    助役    中 田 清 信 君
  理事    前 辻 秋 男 君    企画広報室長船 場 健 治 君
  総務部長  國 本 嘉 隆 君    市民部長  尾 崎 俊 英 君
  建設部長  瀬 戸 三 男 君    産業部長  荒 屋 俊 春 君
  防災・危機管理監           財務課長  金 谷 正 和 君
        澤 田 邦 夫 君
  会計課長  七 瀬 良 和 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   橋 本 昭 雄 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  坂 本 男 蔵 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  山 岸 啓 次 君
   消防機関
  消防長   脇   清 次 君
        ─────────────────────────
◎事務局長(金田榮一君) 本日は、去る10月29日に執行されました氷見市議会議員一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになります。
 出席議員中、山本 秀議員が年長の議員でありますので、御紹介を申し上げます。
 〔臨時議長 着席〕
○臨時議長(山本秀君) ただいま紹介をいただきました山本でございます。
 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。何とぞよろしくお願いいたします。

 午後 2時02分 開会

△開会の宣告
○臨時議長(山本秀君) これより、平成18年第2回氷見市議会臨時会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。

△仮議席の指定
○臨時議長(山本秀君) この際、議事進行上、仮議席を指定いたします。
 仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。

△諸般の報告
○臨時議長(山本秀君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。
 出席議員は18名で全員であります。
 今期臨時会における説明員の出席要求に対し、堂故市長、中田助役、橋本教育委員会委員長、中尾教育長、指崎監査委員及び各関係部、室、次、課、局長、管理監の出席があります。

△市長挨拶
○臨時議長(山本秀君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 本日、氷見市議会の臨時会を開会するに当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 議員の皆様方には、10月29日に執行されました市議会議員選挙において、めでたく当選の栄誉を得られましたことを、改めて心からお祝い申し上げます。
 さて、国では、財政再建を目指し、新型交付税を含む地方交付税制度の改革、さらには交付税総額の抑制が真剣に検討されてきており、来年度の予算編成に向けてその取り扱いが正念場に差しかかろうとしております。
 本市におきましても、来年度の予算編成において、こうした厳しい税財政環境のもとで、福祉費をはじめとする義務的経費の増などから、約8億3,000万円の財政収支の不足が見込まれるところであります。
 このため、「氷見市行政改革推進市民懇話会」からの提言をもとに、「集中改革プラン」を議会との調整を図った上で年内を目途に策定し、予算編成に反映し、計画的な財政運営を図っていかなければならないと考えております。
 こうした財政状況にあっても、これからの氷見市発展の原動力となる能越自動車道「氷見高岡道路」が来年3月に完成することから、これを飛躍の好機ととらえ、6万人定住と200万人交流を目標に、里山や海の豊かな自然、食文化、地域の人材といった「氷見の持つよさ」を生かす事業や地域の元気づくりをはぐくむ事業について重点的に推進してまいりたいと考えております。
 特に北大町の埋立地の活用、中心市街地の活性化といった、まちのにぎわいづくりや産業振興による活力づくりに力を入れてまいります。
 また、大きな課題であります病院建設を含めた今後の市民病院の方向づけ、さらには今後の小中学校のありようなどにも、時代の流れを的確に見定めながら全力を尽くしてまいりたいと考えております。今、氷見市はその歴史の中でも最も大事な時期を迎えております。
 議員各位におかれましては、格段の御指導、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、本臨時会に当たりまして開会の御挨拶とさせていただきます。
○臨時議長(山本秀君) これより、本日の日程に入ります。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。

△議長の選挙
○臨時議長(山本秀君) 日程第1 議長の選挙を行います。
 選挙は投票によって行います。
 議場の閉鎖を命じます。
 〔議場閉鎖〕
○臨時議長(山本秀君) ただいまの出席議員は18名であります。
 投票用紙を配付させます。
 〔投票用紙配付〕
○臨時議長(山本秀君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○臨時議長(山本秀君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
 〔投票箱点検〕
○臨時議長(山本秀君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。
 投票用紙に被選挙人の氏名を1名記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により、投票の点呼を行います。
   1番  坂 田 恒 男 議員     2番  大 門 茂 男 議員
   3番  谷 口 貞 夫 議員     4番  酒 井 康 也 議員
   5番  古 門 澄 正 議員     6番  村 田 正 示 議員
   7番  澤 田   勇 議員     8番  嶋 田   茂 議員
   9番  島   久 雄 議員    10番  久 保 健 三 議員
  11番  椿 原 俊 夫 議員    12番  地 家 太 一 議員
  13番  松 木 俊 一 議員    14番  堀 江 修 治 議員
  15番  松 波 久 晃 議員    16番  中 村 治 平 議員
  18番  森 越 林太郎 議員    17番  山 本   秀 議員
 〔各員投票〕
○臨時議長(山本秀君) 投票漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○臨時議長(山本秀君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
 〔議場開鎖〕
○臨時議長(山本秀君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番 古門澄正君、13番 松木俊一君、16番 中村治平君を指名いたします。
 よって、3君の立ち会いを願います。
 〔開  票〕
○臨時議長(山本秀君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数18票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票 18票
  有効投票中 椿原俊夫君 18票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、椿原俊夫君が氷見市議会議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました椿原俊夫君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。
 これをもちまして、臨時議長の職務を終了いたしました。ここに、議員各位の御協力に深く御礼申し上げます。
 それでは、椿原俊夫君より議長職承諾の挨拶をいただき、その後、議長席を交代いたしたいと思います。
 〔11番 椿原俊夫君 登壇〕
◆11番(椿原俊夫君) お許しをいただきまして、一言御礼の御挨拶を申し上げさせていただきます。
 今ほどは、議員の皆様方の大変温かい御理解を賜りまして、氷見市市議会の議長に選任をいただきましたことを心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 もとより未熟な私でありますが、議員の皆様方や常故市長をはじめとする市当局の皆様方の御指導、そして市民の皆様方の御指導と御協力を賜りながら、全力でこの職務を全うしてまいりたいと思っております。何とぞよろしくお願いをいたします。
 今回は選挙という洗礼を受けてまいりました。市民の皆様方から、4年間しっかりと氷見市と市民のために頑張れという御支援をいただいてまいりました。大変数多くの諸課題を抱えている我が氷見市でありますが、市民のために何ができるか、何をすべきか、この原点をしっかりと再認識し、そして忘れることなく、一生懸命市勢の発展に取り組んでまいる所存でございます。
 議員各位にはさらなる御指導を賜りますように、そして議会運営、議会の品位等に関しましても御協力を賜りますことを重ねてお願いを申し上げまして、まことに簡単でございますが、私の御礼の御挨拶とさせていただきます。
 本当にどうもありがとうございました。よろしくお願いいたします。    (拍手)
 〔臨時議長退席、議長 議長席に着席〕

○議長(椿原俊夫君) これより、議長の職務をとり行わせていただきます。何とぞよろしくお願いいたします。
 議事日程は、お手元に配付の追加議事日程表のとおりであります。

△議席の指定
○議長(椿原俊夫君) 追加日程第1 議席の指定を行います。
 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。
 議員諸君の氏名と、その議席番号を事務局長に朗読させます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により、朗読いたします。
   1番  坂 田 恒 男 議員     2番  大 門 茂 男 議員
   3番  谷 口 貞 夫 議員     4番  酒 井 康 也 議員
   5番  古 門 澄 正 議員     6番  村 田 正 示 議員
   7番  澤 田   勇 議員     8番  嶋 田   茂 議員
   9番  島   久 雄 議員    10番  久 保 健 三 議員
  11番  椿 原 俊 夫 議員    12番  地 家 太 一 議員
  13番  松 木 俊 一 議員    14番  堀 江 修 治 議員
  15番  松 波 久 晃 議員    16番  中 村 治 平 議員
  17番  山 本   秀 議員    18番  森 越 林太郎 議員
 以上でございます。
○議長(椿原俊夫君) ただいま朗読したとおり、議席を指定いたしました。

△会議録署名議員の指名
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第2 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、1番 坂田恒男君、6番 村田正示君及び14番 堀江修治君を指名いたします。

△会期の決定
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第3 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

△副議長の選挙
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第4 副議長の選挙を行います。
 選挙は投票によって行います。
 議場の閉鎖を命じます。
 〔議場閉鎖〕
○議長(椿原俊夫君) ただいまの出席議員は18名であります。
 投票用紙を配付させます。
 〔投票用紙配付〕
○議長(椿原俊夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
 〔投票箱点検〕
○議長(椿原俊夫君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。
 投票用紙に被選挙人の氏名を1名記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により、投票の点呼を行います。
   1番  坂 田 恒 男 議員     2番  大 門 茂 男 議員
   3番  谷 口 貞 夫 議員     4番  酒 井 康 也 議員
   5番  古 門 澄 正 議員     6番  村 田 正 示 議員
   7番  澤 田   勇 議員     8番  嶋 田   茂 議員
   9番  島   久 雄 議員    10番  久 保 健 三 議員
  12番  地 家 太 一 議員    13番  松 木 俊 一 議員
  14番  堀 江 修 治 議員    15番  松 波 久 晃 議員
  16番  中 村 治 平 議員    17番  山 本   秀 議員
  18番  森 越 林太郎 議員    11番  椿 原 俊 夫 議員
 〔各員投票〕
○議長(椿原俊夫君) 投票漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
 〔議場開鎖〕
○議長(椿原俊夫君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番 古門澄正君、13番 松木俊一君、16番 中村治平君を指名いたします。
 よって、3君の立ち会いを願います。
 〔開  票〕
○議長(椿原俊夫君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数18票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票 18票
  有効投票中 島 久雄君 18票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、島 久雄君が氷見市議会副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました島 久雄君が議場におられますので、会議規則第 32条第2項の規定により告知をいたします。
 それでは、島 久雄君より副議長職承諾の御挨拶をいただきます。
 〔9番 島 久雄君 登壇〕
◆9番(島久雄君) お許しを得まして、一言御挨拶申し上げます。
 議員の皆様方全員の投票をいただきまして、ここに副議長を拝命いたしました。感無量であります。この上は、議長さんの指示を仰ぎながら、そしてまた市長さんをはじめ皆様方のお力を得まして、氷見市議会運営と市民の幸せのために一生懸命勉強させていただくことをお誓い申し上げ、簡単ではございますが、御挨拶とさせていただきます。
 ありがとうございました。                       (拍手)

△常任委員の選任
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第5 常任委員の選任を行います。
 常任委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。よって、議長において指名する常任委員の氏名を事務局長に朗読させます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により、朗読いたします。
 総務文教常任委員
   5番  古 門 澄 正 議員     6番  村 田 正 示 議員
  10番  久 保 健 三 議員    11番  椿 原 俊 夫 議員
  15番  松 波 久 晃 議員    18番  森 越 林太郎 議員
 以上6名。
 民生病院常任委員
   1番  坂 田 恒 男 議員     4番  酒 井 康 也 議員
   7番  澤 田   勇 議員    12番  地 家 太 一 議員
  14番  堀 江 修 治 議員    17番  山 本   秀 議員
  以上6名。
 産業建設常任委員
   2番  大 門 茂 男 議員     3番  谷 口 貞 夫 議員
   8番  嶋 田   茂 議員     9番  島   久 雄 議員
  13番  松 木 俊 一 議員    16番  中 村 治 平 議員
  以上6名でございます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま朗読いたしましたとおり、それぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。

△議会運営委員の選任
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第6 議会運営委員の選任を行います。
 議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。よって、議長において指名する議会運営委員の氏名を事務局長に朗読させます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により、朗読いたします。
 議会運営委員
   4番  酒 井 康 也 議員     8番  嶋 田   茂 議員
  10番  久 保 健 三 議員    12番  地 家 太 一 議員
  13番  松 木 俊 一 議員    16番  中 村 治 平 議員
 以上6名でございます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま朗読いたしましたとおり、指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君を議会運営委員に選任することに決しました。
 各常任委員会及び議会運営委員会において、委員長及び副委員長の互選のため、暫時休憩いたします。

 午後 2時49分 休憩
        ─────────────────────────
 午後 2時57分 再開

○議長(椿原俊夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

△報告
○議長(椿原俊夫君) 休憩中、各常任委員会及び議会運営委員会において互選されました委員長及び副委員長の氏名が議長の手元に来ておりますので、事務局長に報告させます。
◎事務局長(金田榮一君) 命により、御報告申し上げます。
 総務文教常任委員長  久 保 健 三 議員
     同副委員長  松 波 久 晃 議員
 民生病院常任委員長  地 家 太 一 議員
     同副委員長  山 本   秀 議員
 産業建設常任委員長  嶋 田   茂 議員
     同副委員長  中 村 治 平 議員
 議会運営委員長    中 村 治 平 議員
     同副委員長  地 家 太 一 議員
 以上でございます。

△高岡地区広域圏事務組合議会議員の補欠選挙
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第7 高岡地区広域圏事務組合議会議員の補欠選挙を行います。
 選挙すべき議員の数は4名であります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 これより指名いたします。
 高岡地区広域圏事務組合議会議員に
 氷見市上田子210番地の1  久 保 健 三 君
 氷見市鞍川636番地     松 木 俊 一 君
 氷見市北大町2番19号    堀 江 修 治 君
 氷見市阿尾492番地     松 波 久 晃 君
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました久保健三君、松木俊一君、堀江修治君、松波久晃君を高岡地区広域圏事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました久保健三君、松木俊一君、堀江修治君、松波久晃君が高岡地区広域圏事務組合議会議員に当選されました。
 ただいま高岡地区広域圏事務組合議会議員に当選されました久保健三君、松木俊一君、堀江修治君、松波久晃君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

△議案第67号
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第8 議案第67号 氷見市監査委員の選任についてを議題といたします。
 〔山本議員退場〕

△提案理由の説明
○議長(椿原俊夫君) 市長から提案理由の説明を求めます。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 今回提案いたしました議案は、氷見市監査委員の選任についてであります。
 監査委員に、議員のうちから山本 秀氏を選任いたしたくお諮りするものであります。
 慎重審議の上、同意を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(椿原俊夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第67号は即決することに決しました。

△採決
○議長(椿原俊夫君) これより採決いたします。
 議案第67号 氷見市監査委員の選任については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、議案第67号はこれに同意することに決しました。
 〔山本議員入場〕

△氷見市農業委員会委員の推薦について
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第9 氷見市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。
 〔嶋田議員、地家議員退場〕
○議長(椿原俊夫君) 議会から推薦しておりました委員2名が10月31日をもって辞任したことにより、農業委員会等に関する法律第12条の規定により、市長から議長あてに補欠委員の推薦についての依頼が来ております。
 お諮りいたします。推薦する委員2名の人選は、議長から指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、推薦すべき2名の委員は、議長から指名することに決しました。
 これより指名いたします。
 氷見市中村878番地   嶋 田   茂 君
 氷見市鞍骨1062番地  地 家 太 一 君
 ただいま指名いたしました両君を、氷見市農業委員会委員として推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(椿原俊夫君) 起立全員であります。よって、嶋田 茂君、地家太一君を氷見市農業委員会委員として推薦することに決しました。
 〔嶋田議員、地家議員入場〕

△議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件
○議長(椿原俊夫君) 次に、追加日程第10 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 議会運営委員長から、次期会期の日程等を審査するため、また各常任委員長から、所管事項調査のため、会議規則第104条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。議会運営委員長及び各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(椿原俊夫君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 以上で、今期臨時会に付議されました諸案件はすべて議了いたしました。

△市長挨拶
○議長(椿原俊夫君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 本日、市議会臨時会において、椿原新議長、島新副議長をはじめ、監査委員、各常任委員並びに正副委員長の方々の選出など議会活動の組織ができ上がり、いよいよその第一歩を踏み出されましたことは、まことに喜ばしい限りであります。
 申し上げるまでもなく、市と議会は、執行機関として、また議決機関として、市の発展と市民の幸せを推進する車の両輪であります。
 今後とも、皆様の一層の御活躍と絶大なる御協力を心からお願い申し上げます。
 また、今ほどは、提案いたしました案件につきまして原案どおり可決をいただき、まことにありがとうございました。
 まちでは寒ブリが並ぶ季節となり、寒さが一日一日厳しくなってきておりますが、議員各位そして市民の皆様方には、健康に御留意され、ますます御活躍されますようお祈り申し上げまして、御挨拶といたします。
 ありがとうございました。

△閉会の宣告
○議長(椿原俊夫君) これをもって、平成18年第2回氷見市議会臨時会を閉会いたします。

 午後 3時07分 閉会