議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成18年 4月臨時会(第1回)−04月25日-01号




平成18年 4月臨時会(第1回)

        平成18年第1回 氷見市議会臨時会会議録(第1号)
      ─────────────────────────────
              平成18年4月25日(火曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第1号)
  第1 議席の変更及び指定の件
  第2 会議録署名議員の指名
  第3 会期の決定
  第4 常任委員の所属変更及び選任の件
  第5 議会運営委員の辞任の件
  第6 議会運営委員の選任の件
  第7 報告第3号 地方自治法第179条による専決処分についてほか1件(提案理由の説明、即決)
        ─────────────────────────
                本日の会議に付した事件
日程第1 議席の変更及び指定の件
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 会期の決定
日程第4 常任委員の所属変更及び選任の件
日程第5 議会運営委員の辞任の件
日程第6 議会運営委員の選任の件
日程第7 報告第3号 地方自治法第179条による専決処分についてほか1件(提案理由の説明、即決)
        ─────────────────────────
出席議員及び欠席議員の氏名
  出席議員(22人)
    1番  荻 野 信 悟 君      2番  谷 口 貞 夫 君
    3番  酒 井 康 也 君      4番  古 門 澄 正 君
    5番  宮 本 義 政 君      6番  村 田 正 示 君
    7番  浅 地 芳 子 君      8番  澤 田   勇 君
    9番  嶋 田   茂 君     10番  島   久 雄 君
   11番  久 保 健 三 君     12番  椿 原 俊 夫 君
   13番  地 家 太 一 君     14番  松 木 俊 一 君
   15番  堀 江 修 治 君     16番  布 子 誠 剛 君
   17番  松 波 久 晃 君     18番  中 村 治 平 君
   19番  大 西 武 彦 君     20番  山 本   秀 君
   21番  森 越 林太郎 君     22番  森   文 雄 君
  欠席議員(0人)
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  金 田 榮 一      次長    野     満
  副主幹   明 圓 俊 彰      主査    野 村 佳 作
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    助役    中 田 清 信 君
  収入役   木 下 俊 男 君    理事    前 辻 秋 男 君
  企画広報室長船 場 健 治 君    総務部長  國 本 嘉 隆 君
  市民部長  尾 崎 俊 英 君    建設部長  瀬 戸 三 男 君
  産業部長  荒 屋 俊 春 君    財務課長  金 谷 正 和 君
  会計課長  七 瀬 良 和 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   冨 樫 通 子 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  大 門 茂 男 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  山 岸 啓 次 君
   消防機関
  消防長   脇   清 次 君
        ─────────────────────────
  午前11時22分 開会

△開会の宣告
○議長(堀江修治君) これより、平成18年第1回氷見市議会臨時会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 最初に、堂故市長には御案内のとおり、去る3月に執行されました市長選挙において再度無投票当選を果たされ、三たび市政を担当されることになりました。市議会はここに衷心よりお祝いを申し上げます。
 この上は、市長がかねて公約されました諸施策の実現に努められ、市民の期待に応えられるとともに、市政の限りない発展のため最大の努力を注がれますよう望むものであります。
 次に、去る3月に執行されました市議会議員の補欠選挙において当選されました荻野信悟君及び谷口貞夫君を御紹介いたします。
 まず、荻野信悟君。
 〔荻野信悟君 登壇〕
◆荻野信悟君 お許しを得ましたので、一言御挨拶申し上げます。
 ただいま御紹介いただきました荻野信悟でございます。先般の市議会議員の補欠選挙では、皆様方の多大なる御援助をもちまして市議会議員の議席を得ましたことは、私にとりまして大変名誉なことであります。これもひとえに諸氏、それから有権者各位の御厚情の賜物と、深く感激いたしておる次第であります。
 この上は、今後私は初心を忘れることなく、この感激を胸に深く刻み、私に与えられました職責に対しまして最善を尽くす所存でございます。議長はじめ議員の皆様方の御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが挨拶といたしたいと思います。よろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。                     (拍 手)
○議長(堀江修治君) 次に、谷口貞夫君。
 〔谷口貞夫君 登壇〕
◆谷口貞夫君 ただいま御紹介を受けました谷口貞夫でございます。議長よりお許しをいただきましたので、一言御挨拶を申し上げます。
 先般の氷見市議会議員の補欠選挙において、市民の温かいお力添えによって議員として活動をする機会を得ることができましたことは、まことに身に余る思いであります。
 議員は、市民、住民の代表であるとの考えを大事に、また公平・公正な立場に立って与えられました職責に最善を尽くす所存でございます。議長をはじめ議員の方々の温かいお力添えを賜りますようお願いを申し上げまして、私の御挨拶とさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。                     (拍 手)
        ─────────────────────────
△諸般の報告
○議長(堀江修治君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。
 出席議員は22名で全員であります。
 また、今期臨時会における説明員の出席要求に対し、堂故市長、中田助役、木下収入役、冨樫教育委員会委員長、中尾教育長、指崎監査委員及び理事並びに関係部、室、次、課、局長の出席があります。
        ─────────────────────────
○議長(堀江修治君) これより本日の日程に入ります。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。
        ─────────────────────────
△議席の変更及び指定
○議長(堀江修治君) 日程第1 議席の変更及び指定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。議席の変更については、会議規則第4条の規定により、お手元に配付の議席一覧表のとおり決することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、議席の指定を行います。
 議席については、会議規則第4条の規定により、今ほどの議席一覧表のとおりそれぞれ指定いたします。
 〔指定された議席〕
   1番  荻 野 信 悟 君      2番  谷 口 貞 夫 君
   3番  酒 井 康 也 君      4番  古 門 澄 正 君
   5番  宮 本 義 政 君      6番  村 田 正 示 君
   7番  浅 地 芳 子 君      8番  澤 田   勇 君
   9番  嶋 田   茂 君     10番  島   久 雄 君
  11番  久 保 健 三 君     12番  椿 原 俊 夫 君
  13番  地 家 太 一 君     14番  松 木 俊 一 君
  15番  堀 江 修 治 君     16番  布 子 誠 剛 君
  17番  松 波 久 晃 君     18番  中 村 治 平 君
  19番  大 西 武 彦 君     20番  山 本   秀 君
  21番  森 越 林太郎 君     22番  森   文 雄 君
○議長(堀江修治君) この際、暫時休憩いたします。

  午前11時29分 休憩
        ─────────────────────────
  午前11時34分 再開

○議長(堀江修治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
        ─────────────────────────
△会議録署名議員の指名
○議長(堀江修治君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、6番 村田正示君、12番 椿原俊夫君及び17番 松波久晃君を指名いたします。
        ─────────────────────────
△会期の決定
○議長(堀江修治君) 次に、日程第3 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。
        ─────────────────────────
△常任委員の所属変更及び選任
○議長(堀江修治君) 次に、日程第4 常任委員の所属変更及び選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。常任委員の所属変更及び選任については、委員会条例第5条の規定により、お手元に配付の各常任委員会所属一覧表のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、常任委員の所属変更及び選任については、各常任委員会所属一覧表のとおりとすることに決しました。
        ─────────────────────────
                常任委員会所属一覧表
 ┌──────────┬──────────────────────┐
 │  常任委員会名  │      委        員      │
 ├──────────┼──────────────────────┤
 │ 総務文教常任委員会 │  酒 井 康 也    宮 本 義 政  │
 │          │  久 保 健 三    椿 原 俊 夫  │
 │          │  布 子 誠 剛    松 波 久 晃  │
 │          │  山 本   秀    森   文 雄  │
 ├──────────┼──────────────────────┤
 │ 民生病院常任委員会 │  荻 野 信 悟    古 門 澄 正  │
 │          │  澤 田   勇    嶋 田   茂  │
 │          │  地 家 太 一    松 木 俊 一  │
 │          │  森 越 林太郎             │
 ├──────────┼──────────────────────┤
 │ 産業建設常任委員会 │  谷 口 貞 夫    村 田 正 示  │
 │          │  浅 地 芳 子    島   久 雄  │
 │          │  堀 江 修 治    中 村 治 平  │
 │          │  大 西 武 彦             │
 └──────────┴──────────────────────┘
        ─────────────────────────
△議会運営委員の辞任
○議長(堀江修治君) 次に、日程第5 議会運営委員の辞任の件を議題といたします。
 議会運営委員であります地家太一君から、議会運営委員を辞任したい旨の申し出があります。
 お諮りいたします。地家太一君の議会運営委員の辞任を許可することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、地家太一君の議会運営委員の辞任を許可することに決しました。
        ─────────────────────────
△議会運営委員の選任
○議長(堀江修治君) 次に、日程第6 議会運営委員の選任の件を議題といたします。
 お諮りいたします。議会運営委員に、3番 酒井康也君を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、酒井康也君を新たに議会運営委員に選任することに決しました。
        ─────────────────────────
△報告第3号から報告第4号まで
○議長(堀江修治君) 次に、日程第7 報告第3号 地方自治法第179条による専決処分についてほか1件を一括議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(堀江修治君) 市長から提案理由の説明を求めます。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 氷見市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には何かと御多用の中を御出席いただき、まことにありがとうございました。
 初めに、荻野議員、谷口議員におかれましては、去る3月19日に執行されました市議会議員補欠選挙において、めでたく当選の栄誉を得られましたことに衷心よりお祝いを申し上げます。
 また、先月開催の第1回春の全国中学生ハンドボール選手権大会は、多くの市民の皆様に御協力を賜り、成功裏のうちに終えることができました。ここに改めて厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
 私も去る4月7日から、引き続き市長として市政を担当させていただくことになりました。氷見市は長い歴史にありますが、今、最も大事な時期に差しかかりつつあるのではないかと思います。こうした時期に市政を担わせていただくことになり、責任の重さを痛感しており、市民の先頭に立って全力で取り組んでまいる決意を改めていたしているところであります。私は、今日、市が担う役割の中で最も大事なことは、「市民の安全、安心」であり、2つ目には「人づくり」、そして3つ目には「産業、雇用の場づくり」であると思っております。そのことを念頭に置き、強く意識しながら、これからの市政を進めてまいる所存であります。
 市民の皆様、議員各位には、市政の一層の発展を図るため、今後とも御指導、御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 それでは、提案理由の説明に先立ちまして、諸般の状況について申し上げます。
 まず、財政運営については、平成18年度は「行財政健全化緊急プログラム」の実施により、大幅な財源不足はほぼクリアできる見通しとなっておりますが、市債の償還がピークを迎える平成19・20年度あたりが市として一番苦しい山場に差しかかります。
 これを乗り切るため、年内を目標に、平成21年度までの新たな「集中改革プラン」を策定し、持続可能な財政運営を目指してまいります。加えて、新病院の建設を含めた市民病院の方向を決定していくことが市政の最も大きな当面の課題であり、このことをクリアしていかなければならないと考えております。
 さて、これからのまちづくりについてでありますが、おかげさまをもちまして、能越自動車道をはじめとして市の骨格の社会資本の整備が整いつつあります。また、市民の中にも、地域資源を活かした活動が積極的に展開されるようになってきております。
 私は、こうした氷見のよさを生かし、花開かせるチャンスのときが到来していると思っております。企業、各種団体、市民の皆様のお力をいただきながら、「食文化を発信するまち」「花とみどりのまち」「田園・漁村博物館構想」の推進など、氷見らしいよさが発揮できるよう、またよそから訪れる人々の共感を得られるような「人と自然がなごむ交流都市 ひみ」「200万人交流のまち」の実現を当面の目標としていきたいと考えております。
 今月、東小学校など6校が統合した比美乃江小学校が新たな第一歩を踏み出しましたが、市といたしましては、引き続き子どもたちの教育環境の整備に努めてまいりたいと考えております。
 また、柳田布尾山古墳につきましては、平成15年度から古墳及びその周辺部を史跡公園として整備してまいりましたが、今月8日に氷見市柳田布尾山古墳公園として開園いたしました。古墳時代のロマンを感じることのできる場として、また氷見地域の歴史文化を学習することのできる場として、市内外から多くの人々が訪れることを期待いたしております。
 今月16日には、市民会館が大ホールの座席を全面取りかえし、ゆったりしたものにするとともに、舞台設備や空調設備の改修などを実施し、リニューアルオープンいたしました。今後、快適に楽しく芸術・文化鑑賞ができる拠点施設として、多くの市民の皆様に活用していただきたいと考えております。
 なお、7月16日には記念事業として、NHKラジオ番組「民謡をたずねて」の公開録音を行う予定であり、多数の御来場をいただきたいと思います。
 国民保護対策についてでありますが、「国民保護法」に基づき、「国民保護計画」を今年度中に策定する必要があり、今後「国民保護協議会」の委員の委嘱を行い、6月ごろには第1回の「国民保護協議会」を開催いたしたいと考えており、所要の準備を進めてまいります。
 介護保険制度についてでありますが、今月から予防重視型システムへの転換を図るとともに、サービス体系を大幅に見直した「第3期介護保険事業計画」がスタートいたしました。事業といたしましては、介護予防事業や地域ケア推進事業などの地域支援事業を行う「地域包括支援センター」を新たに設置するとともに、小規模なサービス拠点や認知症高齢者グループホーム等地域密着型サービスを実施しており、今後は制度の円滑な運営に努めてまいります。
 一般会計の決算見込みの状況についてでありますが、平成17年度の決算は、三位一体改革等の影響による実質の地方交付税の減少に加え、梅雨時期の大雨、記録的な豪雪等による予期せぬ支出が重なったことなどにより、単年度収支が16年度より大幅に悪化する見通しであります。こうしたことから、本年度も民営化をはじめとする行財政改革をさらに進め、行財政の効率的・効果的な運営に努めてまいりたいと考えております。
 それでは、今臨時会に提案いたしております諸案件について御説明申し上げます。
 今臨時会に提案いたしております案件は、地方交付税や市債の確定に伴う財源補正等を内容とする平成17年度一般会計補正予算、国から地方への税源移譲などを内容とする税制改正に伴う「氷見市税条例」の一部改正、「循環器科」の新設等に伴う「氷見市病院事業の設置等に関する条例」の一部改正など11件について専決処分をいたしておりますので、御報告いたすものであります。
 何とぞ慎重御審議の上、御承認をいただきますようよろしくお願い申し上げます。
○議長(堀江修治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、報告第3号は即決することに決しました。
 なお、念のため申し上げます。報告第4号は議会への報告事項であり、議決事項ではありませんので御了承願います。

△採決
○議長(堀江修治君) これより採決いたします。
 報告第3号 地方自治法第179条による専決処分についてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議案第3号は原案のとおり承認することに決しました。

○議長(堀江修治君) 以上で、今期臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。
        ─────────────────────────
△市長挨拶
○議長(堀江修治君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) ただいまは、提案いたしました案件につき御承認をいただき、まことにありがとうございました。
 提案理由の説明の中でも申し上げましたとおり、当面の課題解決に取り組むとともに、氷見市民が喜び、遠き人々来るまち「人と自然がなごむ200万人交流都市 ひみ」の実現のため、渾身の努力を傾注してまいります。
 平成18年度のスタートに当たり、議員の皆様をはじめ市民の皆様方には一層の御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、お礼の御挨拶にさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(堀江修治君) 各位には御多用の中、まことに御苦労さまでした。
        ─────────────────────────
△閉会の宣告
○議長(堀江修治君) これをもって、平成18年第1回氷見市議会臨時会を閉会いたします。

  午前11時50分 閉会