議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成18年 3月定例会−03月10日-04号




平成18年 3月定例会

        平成18年 3月 氷見市議会定例会会議録(第4号)
        ─────────────────────────
              平成18年3月10日(金曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第4号)
  第1 議案第1号から議案第32号まで、平成18年度氷見市一般会計予算ほか31件及び報告第1号 地方自治法第179条による専決処分について
     (委員長報告、討論、採決)
  第2 議案第33号及び議案第34号 氷見市監査委員の選任についてほか1件
     (提案理由の説明、即決)
  第3 議員提出議案第1号 道路特定財源の見直しに関する意見書
     (提案理由の説明、即決)
  第4 議員派遣の件
  第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
                本日の会議に付した事件
日程第1 議案第1号から議案第32号まで、平成18年度氷見市一般会計予算ほか31件及び報告第1号 地方自治法第179条による専決処分について
(委員長報告、討論、採決)
日程第2 議案第33号及び議案第34号 氷見市監査委員の選任についてほか1件
(提案理由の説明、即決)
日程第3 議員提出議案第1号 道路特定財源の見直しに関する意見書
(提案理由の説明、即決)
日程第4 議員派遣の件
日程第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
出席議員及び欠席議員の氏名
  出席議員(20人)
    1番  酒 井 康 也 君      2番  (欠   員)
    3番  古 門 澄 正 君      4番  宮 本 義 政 君
    5番  村 田 正 示 君      6番  浅 地 芳 子 君
    7番  澤 田   勇 君      8番  嶋 田   茂 君
    9番  島   久 雄 君     10番  久 保 健 三 君
   11番  椿 原 俊 夫 君     12番  地 家 太 一 君
   13番  松 木 俊 一 君     14番  堀 江 修 治 君
   15番  布 子 誠 剛 君     16番  松 波 久 晃 君
   17番  (欠   員)       18番  中 村 治 平 君
   19番  大 西 武 彦 君     20番  山 本   秀 君
   21番  森 越 林太郎 君     22番  森   文 雄 君
  欠席議員(0人)
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  川 崎 辰 夫      次長    野     満
  副主幹   明 圓 俊 彰      副主幹   坂 本 博 之
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    助役    中 田 清 信 君
  収入役   木 下 俊 男 君    理事    前 辻 秋 男 君
  企画広報室長船 場 健 治 君    総務部長  國 本 嘉 隆 君
  市民部長  横 澤 信 生 君    建設部長  瀬 戸 三 男 君
  産業部長  舟 塚 健 一 君    財務課長  尾 崎 俊 英 君
  会計課長  金 田 榮 一 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   冨 樫 通 子 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  大 門 茂 男 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  金 谷 正 和 君
   消防機関
  消防長   脇   清 次 君
        ─────────────────────────
 午後 2時01分 開議

○議長(堀江修治君) これより本日の会議を開きます。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。
        ─────────────────────────
△議案第1号から議案第32号まで及び報告第1号
○議長(堀江修治君) 日程第1 議案第1号から議案第32号まで、平成18年度氷見市一般会計予算ほか31件及び報告第1号 地方自治法第179条による専決処分についてを一括議題といたします。
        ─────────────────────────
△常任委員長の報告
○議長(堀江修治君) 各常任委員長より、常任委員会における審査の経過並びに結果の御報告を求めます。
 産業建設常任委員長 島 久雄君。
 〔産業建設常任委員長 島 久雄君 登壇〕
◎産業建設常任委員長(島久雄君) 今期定例会において、産業建設常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る7日に開会し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見、要望につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、下水道事業について申し上げます。
 本市の下水道整備は、昭和50年度から着手され、以来、多額の建設費が投入されてきました。また、平成17年度末における起債残高は168億円に上っており、財政的にも極めて苦しいことから、下水道整備がなかなか進まないという現状にあります。
 こうした中、水洗化を望む市民が待つことなく整備できる合併処理浄化槽を、市としてモデル地区を決めて進めるとのことでありますが、地区の選定に当たっては、これまでの経過や地区の実情に加え、市民の意向を十分踏まえ実施されるよう求めるものであります。
 さらに、今後の下水道のあり方を早急に検討していただき、あわせて水洗化率向上に向けた取り組みを推進されるよう要望するものであります。
 以上、産業建設常任委員会の結果報告といたします。
○議長(堀江修治君) 民生病院常任委員長 嶋田 茂君。
 〔民生病院常任委員長 嶋田 茂君 登壇〕
◎民生病院常任委員長(嶋田茂君) 今期定例会におきまして、民生病院常任委員会に付託されました諸案件につきまして、その審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は去る8日に開催し、付託されました諸案件ついて、当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 次に、市民病院について申し上げます。
 今年度は、経営健全化プログラムの最終年度として、自立可能な経営基盤を確立することが目標でありました。しかしながら、結果として、一般会計からの追加支援を仰ぐことで累積不良債務を解消するという、まさに危惧された最悪のシナリオに至ったのであります。
 もちろん、採算のみで公立病院の経営を論ずべきではないことは十分理解するところでありますが、平成18年度からは、一般会計の追加繰出が見込めず、加えて、診療報酬のマイナス改定、医師、看護師の確保など、非常に厳しい環境のもと、従来の経営ではとても成り立たないことは明白であります。これまで当委員会でも指摘してきたように、地方公営企業法全部適用の利点を最大限に生かすしか道は残されていないのであります。
 現在、市民病院の将来構想について検討がなされておりますが、市民の健康と命を守る地域の中核病院として、真にその役割を担えるだけの強固な経営基盤づくりに向け、勇気ある一歩を踏み出されんことを強く要望するものであります。
 以上、民生病院常任委員会の結果報告といたします。
○議長(堀江修治君) 総務文教常任委員長 森 文雄君。
 〔総務文教常任委員長 森 文雄君 登壇〕
◎総務文教常任委員長(森文雄君) 今期定例会におきまして、総務文教常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。
 本委員会は3月9日に開催し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、特に意見、要望のありました指定管理者制度について申し上げます。
 地方自治法の改正により、これまで公の施設の管理運営の委託は公共的団体及び市が一定程度出資した団体に限られていたものを、指定管理者制度の創設により、民間の事業者、NPO法人、ボランティア団体なども公の施設を管理することが可能となったところであります。
 また、この制度の目的は、施設の管理運営について広く民間事業者にまで対象を広げ、民間事業者のノウハウを生かし、市民サービスの向上と効率的、効果的な施設運営を図っていくことであると伺っております。メリットのある制度である反面、今後は自治体の公的責任は薄まり、議会のチェック機能が後退するため、住民サービスの低下や公平性が損なわれる懸念も考えられます。効率化を求める余り、サービスの低下を招いては元も子もありません。
 当局におかれては、受託者側のそういう心構えも十分把握をして、協定を締結していただきたいのであります。また、協定の内容につきましても、十分中身の精査をしていただくようお願いするものであります。
 本市の場合、行政目的に沿った施設が大部分であり、収益性も低いわけでありますが、中には収益性の高い施設もあります。このような施設においては、導入の効果が十分発揮できるよう努力していただくよう要望するものであります。
 以上、総務文教常任委員会の結果報告といたします。
○議長(堀江修治君) 以上で、各常任委員長の審査結果の報告は終わりました。
        ─────────────────────────
△討論
○議長(堀江修治君) これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認め、討論を終結いたします。
        ─────────────────────────
△採決
○議長(堀江修治君) これより上程全案件を採決いたします。
 議案第1号から議案第32号まで及び報告第1号を一括して採決いたします。
 議案第 1 号 平成18年度氷見市一般会計予算
 議案第 2 号 平成18年度氷見市水道事業会計予算
 議案第 3 号 平成18年度氷見市病院事業会計予算
 議案第 4 号 平成18年度氷見市国民健康保険特別会計予算
 議案第 5 号 平成18年度氷見市育英資金特別会計予算
 議案第 6 号 平成18年度氷見市下水道特別会計予算
 議案第 7 号 平成18年度氷見市老人保健医療事業特別会計予算
 議案第 8 号 平成18年度氷見市介護保険特別会計予算
 議案第 9 号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
 議案第10号 平成17年度氷見市水道事業会計補正予算(第5号)
 議案第11号 平成17年度氷見市病院事業会計補正予算(第4号)
 議案第12号 平成17年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第13号 平成17年度氷見市高齢者・障害者住宅整備資金特別会計補正予算(第1号)
 議案第14号 平成17年度氷見市下水道特別会計補正予算(第6号)
 議案第15号 平成17年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第4号)
 議案第16号 氷見市国民保護対策本部及び氷見市緊急対処事態対策本部条例の制定について
 議案第17号 氷見市国民保護協議会条例の制定について
 議案第18号 氷見市障害程度区分判定審査会の委員の定数等を定める条例の制定について
 議案第19号 氷見市柳田布尾山古墳公園条例の制定について
 議案第20号 氷見市一般職の職員の給与に関する条例及び氷見市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正について
 議案第21号 氷見市職員定数条例の一部改正について
 議案第22号 氷見市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について
 議案第23号 氷見市特別会計条例の一部改正について
 議案第24号 氷見市介護保険条例の一部改正について
 議案第25号 氷見市営住宅条例の一部改正について
 議案第26号 氷見市働く婦人の家条例の一部改正について
 議案第27号 氷見市民会館条例の一部改正について
 議案第28号 氷見市手数料徴収条例の一部改正について
 議案第29号 氷見市民交通傷害保障条例の廃止について
 議案第30号 氷見市高額療養資金貸付基金条例の廃止について
 議案第31号 辺地に係る総合整備計画の策定について
 議案第32号 辺地に係る総合整備計画の変更について
 報告第 1 号 地方自治法第179条による専決処分について
 以上を、それぞれ各常任委員長報告のとおり原案を可決または承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議案第1号から議案第32号まで及び報告第1号は、いずれも原案のとおり可決または承認されました。
        ─────────────────────────
△議案第33号及び議案第34号
○議長(堀江修治君) 次に、日程第2 議案第33号及び議案第34号、氷見市監査委員の選任についてほか1件を一括議題といたします。
        ─────────────────────────
△提案理由の説明
○議長(堀江修治君) 市長から提案理由の説明を求めます。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 追加提案いたしました案件は、人事に関するものについてであります。
 氷見市監査委員に、引き続き指崎伊久雄氏を選任いたし、氷見市固定資産評価審査委員会委員に、新たに伊勢雅男氏を選任いたしたく、それぞれお諮りするものであります。
 同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
○議長(堀江修治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第33号及び議案第34号は即決することに決しました。
        ─────────────────────────
△採決
○議長(堀江修治君) これより採決いたします。
 まず、議案第33号について採決いたします。
 議案第33号 氷見市監査委員の選任については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議案第33号はこれに同意することに決しました。
 次に、議案第34号について採決いたします。
 議案第34号 氷見市固定資産評価審査委員会委員の選任については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議案第34号はこれに同意することに決しました。
        ─────────────────────────
△議員提出議案第1号
○議長(堀江修治君) 次に、日程第3 議員提出議案第1号 道路特定財源の見直しに関する意見書についてを議題といたします。
        ─────────────────────────
△提案理由の説明
○議長(堀江修治君) 提出者から提案理由の説明を求めます。
 9番 島 久雄君。
 〔9番 島 久雄君 登壇〕
◎9番(島久雄君) ただいま議題となりました議員提出議案第1号について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。
 政府・与党は、昨年12月に「道路特定財源の見直しに関する基本方針」を取りまとめ、道路特定財源制度については、一般財源化を図ることを前提とした具体策を、6月をめどに取りまとめることとしています。
 申し上げるまでもなく、道路特定財源制度は道路整備の促進を目的とした受益者負担の考え方に基づいて創設されたものであり、道路は地域の活性化を促進し、人々の生活を支える最も基本的な社会資本であります。
 とりわけ、本市では「6万人定住と200万人交流の都市づくり」の核となる極めて重要な能越自動車道の氷見高岡道路が、平成18年度末の供用開始に向けて鋭意工事が進められているところであります。さらに、市域の大部分を占める中山間地域には狭隘な道路が多く、長年にわたり地域住民から、道路整備や改良に対する要望が多く寄せられております。
 このことから、政府におかれましては、地方における道路整備の必要性と重要性を認識され、道路特定財源制度の見直しに当たっては、その財源を確実に確保するとともに、地方における道路整備費の充実を図り、安全で信頼性の高い道路網の構築を着実に推進されますよう、強く要望するものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。
○議長(堀江修治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号は即決することに決しました。
        ─────────────────────────
△採決
○議長(堀江修治君) これより採決いたします。
 議員提出議案第1号 道路特定財源の見直しに関する意見書についてを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第1号は可決されました。
 お諮りいたします。ただいま意見書が可決されましたが、その条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任されました。
        ─────────────────────────
△議員派遣の件
○議長(堀江修治君) 次に、日程第4 議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。地方自治法第100条第12項の規定による議員の派遣については、会議規則第163条の規定により、来る4月20日、長野県松本市において開催される第81回北信越市議会議長会定期総会に山本 秀君を派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
△議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
○議長(堀江修治君) 次に、日程第5 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長から審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付の申出一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
              閉会中継続審査事件の申出一覧表
 ┌──────┬──────────────────────────────┐
 │ 委員会名 │        件            名        │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │議会運営  │1 議会の運営について                   │
 │      │2 議会の会議規則、委員会条例等について          │
 │      │3 議長の諮問について                   │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │総務文教  │1 行財政の効率的執行について               │
 │      │2 市政の重要施策の推進について              │
 │      │3 国際交流の推進について                 │
 │      │4 学校教育の充実と教育環境の整備について         │
 │      │5 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進に│
 │      │  ついて                         │
 │      │6 その他総務文教常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │民生病院  │1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の推進について    │
 │      │2 障害者(児)福祉対策の推進について           │
 │      │3 市民生活の安定・向上について              │
 │      │4 交通安全と事故防止対策の推進について          │
 │      │5 健康増進施策の推進について               │
 │      │6 環境保全及び環境衛生対策について            │
 │      │7 医療対策の推進について                 │
 │      │8 その他民生病院常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │産業建設  │1 道路、都市計画事業の促進について            │
 │      │2 河川、砂防事業の促進について              │
 │      │3 能越自動車道の整備促進について             │
 │      │4 上下水道事業の推進について               │
 │      │5 住宅対策について                    │
 │      │6 農林水産業の振興策について               │
 │      │7 農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について      │
 │      │8 林道・治山対策及び林業構造改善対策について       │
 │      │9 商工業の振興対策について                │
 │      │10 観光事業の推進について                 │
 │      │11 その他産業建設常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │行政改革特別│行政体制の在り方について                  │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │病院改革特別│病院経営体制の在り方について                │
 └──────┴──────────────────────────────┘
        ─────────────────────────
○議長(堀江修治君) 以上で本日の日程は終了いたしました。
 これをもちまして、今期定例会に付議されました諸案件はすべて議了いたしました。
        ─────────────────────────
○議長(堀江修治君) 次に、3月末をもって退職される職員を代表して、舟塚産業部長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 舟塚産業部長。
 〔産業部長 舟塚健一君 登壇〕
◎産業部長(舟塚健一君) 議長のお許しをいただきまして、甚だ僣越ではございますが、退職者を代表して御挨拶を申し上げます。
 月日のたつのは早いもので、氷見市に奉職して三十有余年が過ぎ、この3月末をもって退職の日を迎えることができますことは誠に感無量の思いであります。この日を迎えることができますのも、市長、議長をはじめ、議員各位、先輩、同僚の皆さんの温かい御指導、御支援のおかげであり、ここに深く感謝と御礼を申し上げます。
 さて、平成の市町村合併が全国的に進む中で、富山県ではこれまでの35市町村から15市町村に再編されます。氷見市では、既に市民の総意のもと単独市政を選択され、そうした中で、目指す都市像を「人と自然がなごむ交流都市 ひみ」と定め、小さな中にもキラリと輝くまちづくりが進められております。社会の流れの主流は、今地方にあり、地方から全国に情報発信していかなければなりません。
 氷見市には豊かな自然、美しい景観やきれいな環境、海や里山からの新鮮でおいしい恵みの幸、きめ細やかな人情や温泉、貴重な文化財や伝統芸能、文化遺産などなど、たくさんのすばらしい財産があります。氷見市の発展は、この財産という原石をどう加工し、磨き上げ、どんな宝石に仕上げて全国に売り出すかという創意と工夫が必要であると思います。そのためには、市と議会、そして市民の皆さんが互いの英知を出し合い、ともに力を合わせて事に当たっていただければ、必ずや氷見市の将来は開け、大きな発展につながるものと確信しております。
 私たちも、これからは一市民として、氷見市の発展のために微力ながらお力になれるよう心がけてまいる所存であります。
 終わりになりましたが、氷見市並びに氷見市議会の今後ますますの御発展と、市長、議長をはじめ市当局、議員各位の御健勝を心から祈念申し上げまして、誠に粗辞ではありますが、御礼の御挨拶といたします。
 長い間お世話になり、誠にありがとうございました。         (拍 手)
○議長(堀江修治君) 議会を代表いたしまして、一言お別れの言葉を述べさせていただきます。
 3月末をもって退職されます各位には、長年にわたり常に市民奉仕の精神と豊富な識見を持って、市政の進展と市民福祉の向上に尽くされました功績は大きく、長年の御労苦に対し深く敬意を表するものであります。
 こうして皆様方をお送りすることは、一抹の寂しさを覚えるものでありますが、市役所を去られても本市の発展を見守り、御指導、御協力を賜りますようお願いするものであります。
 どうか末永く御自愛のほどをお祈り申し上げまして、惜別の言葉といたします。御苦労さまでした。
        ─────────────────────────
△市長挨拶
○議長(堀江修治君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 3月氷見市議会定例会の終了に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は、去る3月1日に開会されましたが、議員各位には、以来10日間にわたり熱心に御審議を賜り、誠にありがとうございました。
 また、提出いたしました諸案件につきまして、いずれも原案どおり可決を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 可決いただきました諸案件につきましては、本会議あるいは各委員会を通じていただいた御意見、御要望を十分尊重いたしまして、その執行に万全を期してまいりたいと存じます。
 さて、市民の皆様の温かい御支援によりまして、私が市長に就任させていただいてから2期8年の年月が経過しようといたしております。今任期中に市政50周年の節目を迎えたことが強く印象に残っております。そして単独の市政をこのまま続けることを議会や市民の皆様とともに選択したのであります。
 おかげさまで、田園漁村空間博物館整備事業による「獅子舞ミュージアム」や「お休み処」のオープン、ケーブルテレビ網の整備や携帯電話不感地域の解消、さらには市道環状南線、環状北線をはじめとした道路網の整備が進み、とりわけ新年度には待望の能越自動車道氷見インターチェンジが開通する見込みであります。
 また、北大町地先埋立地の概成、下水道の整備が進むとともに、介護保険の基盤の確立、6校統合や子育て環境の充実など、様々な分野で市政の進展を見ることができました。
 また、財政環境の厳しい中、単独市政を進めていくに当たって「行財政健全化緊急プログラム」に取り組み、4年間で58億円に上ると予想された財源不足についても、概ね解消の見込みとなりました。これもひとえに議員各位の御指導と市民の皆様の御協力の賜物であります。改めて、深く感謝を申し上げる次第であります。
 これから、市民病院の経営健全化や建設の問題、北大町地先埋立地の活用、産業の活性化と雇用の場づくりなど、重要な課題が山積しております。
 引き続き、市民の皆様の御支持をいただけるならば、激しい時代の変化と厳しい財政事情ではありますが、時代の潮流を見据えるとともに、市民の皆様の活力をいただきながら、氷見らしさ、氷見の良さを前面に、市民が住むことに幸せを感じ、多くの人々に訪れていただけるまち、「人と自然がなごむ交流都市 ひみ」の実現を目指し、力強く邁進してまいりたいと考えております。
 終わりに、任期中に賜りました市民の皆様方の温かい御支援と議員各位の御指導、御協力に対し心からのお礼を申し上げまして、御挨拶にかえさせていただきます。
 本当にありがとうございました。
○議長(堀江修治君) 3月定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は3月1日に開会され、そして本日ここに会議を議了し、閉会の運びになりました。この間、議員各位には、提案されました平成18年度予算をはじめ、多くの重要な議案について終始熱心に御審議をいただきましたことに対し、心から敬意を表する次第であります。
 また、報道関係各位の御協力につきましても、深く感謝を申し上げます。
 終わりになりましたが、市長をはじめ理事者各位には、御健康に十分留意され、市政の限りない発展にこの上とも御尽力を賜りますよう望むものであります。
        ─────────────────────────
△閉会の宣告
○議長(堀江修治君) これをもって、平成18年3月氷見市議会定例会を閉会いたします。

 午後 2時38分 閉会



△常任委員会付託案件表
 常任委員会付託案件表
                              (平成18年3月定例会)

〇総務文教常任委員会
  1 議案第1号 平成18年度氷見市一般会計予算
   ア 第1条第1表 歳入歳出予算中
      歳入全款
      歳出第 1 款 議会費
      〃 第 2 款 総務費(ただし、第1項第14目交通安全対策費、第15目自治振興費の一部、第16目定住促進費の一部、第19目消費者行政費及び第3項戸籍住民基本台帳費を除く)
      〃 第 3 款 民生費中第1項第4目介護保険特別会計繰出金
      〃 第 4 款 衛生費中第3項衛生諸費
      〃 第 6 款 農林水産業費中第1項第6目就業改善センター費
      〃 第 7 款 商工費中第1項第2目商工業振興費の一部
      〃 第 8 款 土木費中第3項第6目下水道特別会計繰出金
      〃 第 9 款 消防費
      〃 第10款 教育費(ただし、第1項第2目事務局費の一部を除く)
      〃 第12款 公債費
      〃 第13款 予備費
   イ 第4条第4表 地方債
   ウ 第5条 一時借入金
   エ 第6条 歳出予算の流用
  2 議案第5号 平成18年度氷見市育英資金特別会計予算
  3 議案第9号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
   ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
      歳入全款
      歳出第 2 款 総務費
      〃 第 3 款 民生費中第1項第1目社会福祉総務費の一部、第4目高齢者・障害者住宅整備資金特別会計繰出金及び第5目介護保険特別会計繰出金
      〃 第 4 款 衛生費中第3項衛生諸費
      〃 第 8 款 土木費中第3項第6目下水道特別会計繰出金
      〃 第 9 款 消防費
      〃 第10款 教育費
      〃 第12款 公債費
   イ 第2条第2表 繰越明許費補正
   ウ 第3条第3表 債務負担行為補正
   エ 第4条第4表 地方債補正
  4 議案第16号 氷見市国民保護対策本部及び氷見市緊急対処事態対策本部条例の制定について
  5 議案第17号 氷見市国民保護協議会条例の制定について
  6 議案第19号 氷見市柳田布尾山古墳公園条例の制定について
  7 議案第20号 氷見市一般職の職員の給与に関する条例及び氷見市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正について
  8 議案第21号 氷見市職員定数条例の一部改正について
  9 議案第22号 氷見市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について
 10 議案第23号 氷見市特別会計条例の一部改正について
 11 議案第26号 氷見市働く婦人の家条例の一部改正について
 12 議案第27号 氷見市民会館条例の一部改正について
 13 議案第28号 氷見市手数料徴収条例の一部改正について
 14 議案第31号 辺地に係る総合整備計画の策定について
 15 議案第32号 辺地に係る総合整備計画の変更について
 16 報告第1号 地方自治法第179条による専決処分について
     専決処分第17号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第6号)
     専決処分第 3 号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第7号)

〇民生病院常任委員会
  1 議案第1号 平成18年度氷見市一般会計予算
     第1条第1表 歳入歳出予算中
      歳出第 2 款 総務費中第1項第14目交通安全対策費の一部、第15目自治振興費の一部、第16目定住促進費の一部、第19目消費者行政費及び第3項戸籍住民基本台帳費
      〃 第 3 款 民生費(ただし、第1項第4目介護保険特別会計繰出金を除く)
      〃 第 4 款 衛生費(ただし、第1項第6目環境保全対策費の一部及び第3項衛生諸費を除く)
      〃 第10款 教育費中第1項第2目事務局費の一部
  2 議案第3号 平成18年度氷見市病院事業会計予算
  3 議案第4号 平成18年度氷見市国民健康保険特別会計予算
  4 議案第7号 平成18年度氷見市老人保健医療事業特別会計予算
  5 議案第8号 平成18年度氷見市介護保険特別会計予算
  6 議案第9号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
     第1条第1表 歳入歳出予算補正中
      歳出第 3 款 民生費(ただし、第1項第1目社会福祉総務費の一部、第4目高齢者・障害者住宅整備資金特別会計繰出金及び第5目介護保険特別会計繰出金を除く)
      〃 第 4 款 衛生費(ただし、第1項第6目環境保全対策費及び第3項衛生諸費を除く)
  7 議案第11号 平成17年度氷見市病院事業会計補正予算(第4号)
  8 議案第12号 平成17年度氷見市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
  9 議案第13号 平成17年度氷見市高齢者・障害者住宅整備資金特別会計補正予算(第1号)
 10 議案第15号 平成17年度氷見市介護保険特別会計補正予算(第4号)
 11 議案第18号 氷見市障害程度区分判定審査会の委員の定数等を定める条例の制定について
 12 議案第24号 氷見市介護保険条例の一部改正について
 13 議案第29号 氷見市民交通傷害保障条例の廃止について
 14 議案第30号 氷見市高額療養資金貸付基金条例の廃止について

〇産業建設常任委員会
  1 議案第1号 平成18年度氷見市一般会計予算
   ア 第1条第1表 歳入歳出予算中
      歳出第2款 総務費中第1項第14目交通安全対策費の一部
      〃 第4款 衛生費中第1項第6目環境保全対策費の一部
      〃 第5款 労働費
      〃 第6款 農林水産業費(ただし、第1項第6目就業改善センター費を除く)
      〃 第7款 商工費(ただし、第1項第2目商工業振興費の一部を除く)
      〃 第8款 土木費(ただし、第3項第6目下水道特別会計繰出金を除く)
      〃 第11款 災害復旧費
   イ 第2条第2表 継続費
   ウ 第3条第3表 債務負担行為
  2 議案第2号 平成18年度氷見市水道事業会計予算
  3 議案第6号 平成18年度氷見市下水道特別会計予算
  4 議案第9号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
     第1条第1表 歳入歳出予算補正中
      歳出第3款 民生費中第1項第1目社会福祉総務費の一部
      〃 第4款 衛生費中第1項第6目環境保全対策費
      〃 第6款 農林水産業費
      〃 第7款 商工費
      〃 第8款 土木費(ただし、第3項第6目下水道特別会計繰出金を除く)
      〃 第11款 災害復旧費
  5 議案第10号 平成17年度氷見市水道事業会計補正予算(第5号)
  6 議案第14号 平成17年度氷見市下水道特別会計補正予算(第6号)
  7 議案第25号 氷見市営住宅条例の一部改正について