議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 氷見市

平成17年 6月定例会−06月24日-04号




平成17年 6月定例会

        平成17年6月 氷見市議会定例会会議録(第4号)
      ─────────────────────────────
              平成17年6月24日(金曜日)
        ─────────────────────────
                議事日程 (第4号)
  第1 議案第61号から議案第70号まで、平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件及び報告第3号 地方自治法第179条による専決処分について(委員長報告、討論、採決)
  第2 議案第71号 氷見市固定資産評価審査委員会委員の選任について
     (提案理由の説明、即決)
  第3 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書ほか2件(提案理由の説明、即決)
  第4 氷見市農業委員会委員の推薦について
  第5 議員派遣の件
  第6 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
                本日の会議に付した事件
日程第1 議案第61号から議案第70号まで、平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件及び報告第3号 地方自治法第179条による専決処分について(委員長報告、討論、採決)
日程第2 議案第71号 氷見市固定資産評価審査委員会委員の選任について
     (提案理由の説明、即決)
日程第3 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書ほか2件(提案理由の説明、即決)
日程第4 氷見市農業委員会委員の推薦について
日程第5 議員派遣の件
日程第6 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
        ─────────────────────────
出席議員及び欠席議員の氏名
  出席議員(20人)
    1番  酒 井 康 也 君      2番  (欠   員)
    3番  古 門 澄 正 君      4番  宮 本 義 政 君
    5番  村 田 正 示 君      6番  浅 地 芳 子 君
    7番  澤 田   勇 君      8番  嶋 田   茂 君
    9番  島   久 雄 君     10番  久 保 健 三 君
   11番  椿 原 俊 夫 君     12番  地 家 太 一 君
   13番  松 木 俊 一 君     14番  堀 江 修 治 君
   15番  布 子 誠 剛 君     16番  松 波 久 晃 君
   17番  (欠   員)       18番  中 村 治 平 君
   19番  大 西 武 彦 君     20番  山 本   秀 君
   21番  森 越 林太郎 君     22番  森   文 雄 君
欠席議員(0人)
        ─────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員
  事務局長  川 崎 辰 夫      次長    野     満
  副主幹   明 圓 俊 彰      副主幹   坂 本 博 之
        ─────────────────────────
説明のため議場に出席した者の職・氏名
  市長    堂 故   茂 君    助役    中 田 清 信 君
  収入役   木 下 俊 男 君    理事    前 辻 秋 男 君
  企画広報室長船 場 健 治 君    総務部長  國 本 嘉 隆 君
  市民部長  横 澤 信 生 君    建設部長  瀬 戸 三 男 君
  産業部長  舟 塚 健 一 君    財務課長  尾 崎 俊 英 君
  会計課長  金 田 榮 一 君
   市民病院
  事務局長  丸 山 隆 司 君
   教育委員会
  委員長   冨 樫 通 子 君    教育長   中 尾 俊 雄 君
  教育次長  大 門 茂 男 君
   監査委員
  代表監査委員指 崎 伊久雄 君    事務局長  金 谷 正 和 君
   消防機関
  消防長   脇   清 次 君
        ─────────────────────────
 午前11時01分 開議

○議長(堀江修治君) これより本日の会議を開きます。
 議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。
        ─────────────────────────
△議案第61号から議案第70号まで及び報告第3号
○議長(堀江修治君) 日程第1 議案第61号から議案第70号まで、平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)ほか9件及び報告第3号 地方自治法第179条による専決処分についてを一括議題といたします。

△常任委員長の報告
○議長(堀江修治君) 各常任委員長より、常任委員会における審査の結果並びに経過の報告を求めます。
 産業建設常任委員長 島 久雄君。
 〔産業建設常任委員長 島 久雄君 登壇〕
◎産業建設常任委員長(島久雄君) 今期定例会におきまして、産業建設常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査の結果を御報告いたします。
 本委員会は去る20日に開会し、付託されました諸案件につきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見、要望につきましては、委員会の意向を十分踏まえられ、対処されるよう付言するものであります。
 次に、下水道の消費税について申し上げます。
 平成14年度及び15年度の下水道の消費税において、確定申告に誤りがあり、市民の信頼を大きく損ね、また裏切る結果となったことは誠に遺憾であります。
 今後は、二度とこのようなことが起きないよう、内部のチェック体制の強化はもちろんのこと、チェックマニュアルの作成、相談税理士の確保など、再発防止に努めていただくとともに、職員各位には行政のプロとしての自覚と責任を持って仕事に臨まれるよう要望するものであります。
 次に、八代地区のバス運行について申し上げます。
 本市の山間地域では、急激な少子高齢化が進んでおります。また、そこに暮らす高齢者や子どもたちなど交通弱者にとって、公共交通は、毎日の買い物や病院通い、さらには通学などになくてはならない重要なものであります。
 こうした現状のもと、地域の活性化と地域全体の助け合いにより、地域住民で構成するNPO法人がこれまでの市営バスにかわって無償バスを運行させるものであります。このことは本市における山間地域での公共交通の、いわゆる一つのありようが示されたものと認識しており、今後の事業進展について大いに期待を寄せており、将来的にもこの事業が定着するよう望むものであります。
 以上、産業建設常任委員会の結果報告といたします。
○議長(堀江修治君) 民生病院常任委員長 嶋田 茂君。
 〔民生病院常任委員長 嶋田 茂君 登壇〕
◎民生病院常任委員長(嶋田茂君) 今期定例会におきまして、民生病院常任委員会に付託されました諸案件について、その審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は6月21日に開催し、付託されました諸案件つきまして、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されるよう付言するものであります。
 以上、民生病院常任委員会の結果報告といたします。
○議長(堀江修治君) 総務文教常任委員長 椿原俊夫君。
 〔総務文教常任委員長 椿原俊夫君 登壇〕
◎総務文教常任委員長(椿原俊夫君) 今期定例会におきまして、総務文教常任委員会に付託されました諸案件につきまして、審査結果を御報告申し上げます。
 本委員会は6月22日に開催し、付託されました諸案件つきましては、議案ごとに当局より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったのであります。
 審査の結果につきましては、いずれの案件も全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決した次第であります。
 なお、審査の過程におきまして、各委員より発言のありました意見等につきましては、委員会の意向を十分踏まえ対処されますよう付言するものであります。
 次に、行財政改革について申し上げます。
 3月定例会の委員長報告でも申し上げましたが、これまで議会においても行政改革特別委員会を設け、当局からの進行状況の説明を受け、その都度意見を述べてまいりました。中でも人件費、特に特殊勤務手当の見直しにつきましては、早急に職員労働組合とも協議の上、具体的な推進に全力で取り組んでいただきたいものであります。
 4月の人事異動により大幅に職員配置が変わっておりますが、行財政改革はいっときの停滞も許されません。当局の一層の努力を望むものであります。
 次に、防災対策について申し上げます。
 今定例会でも質問が集中いたしましたが、今、市民の大きな関心事の一つに防災対策があるかと思います。
 当委員会におきましても、防災対策について先進都市視察を実施してまいりました。
 その中で感じましたのは、担当職員の危機管理意識の高さであります。いつ災害が起こるかわからないという意識の中で防災対策に取り組んでおられました。
 本市においても、氷見市地域防災計画を立て、その中で種々の対策を進めておりますが、防災関係マニュアルは常に最善の方法に置きかえていかなければなりません。ぜひ、先進地の取り組みなどを参考にしながら、氷見市に合った防災対策を講じるよう要望するものであります。
 以上、総務文教常任委員会の結果報告といたします。
○議長(堀江修治君) 以上で、各常任委員長の審査結果の報告は終わりました。

△討論
○議長(堀江修治君) これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認め、討論を終結いたします。

△採決
○議長(堀江修治君) これより上程全案件を採決いたします。
 議案第61号から議案第70号まで及び報告第3号を一括して採決いたします。
 議案第61号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
 議案第62号 平成17年度氷見市下水道特別会計補正予算(第1号)
 議案第63号 平成17年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第64号 氷見市長、助役及び収入役の給与に関する条例の一部改正について
 議案第65号 氷見市育英資金条例の一部改正について
 議案第66号 字の区域の変更及び廃止について
 議案第67号 字の区域の廃止について
 議案第68号 市道路線の認定及び廃止について
 議案第69号 氷見市環境浄化センター水処理・重力濃縮機械設備更新工事の請負契約の締結について
 議案第70号 物品の取得について
 報告第 3 号 地方自治法第179条による専決処分について
 以上を、それぞれ各常任委員長報告のとおり、原案を可決または承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議案第61号から議案第70号まで及び報告第3号は、いずれも原案のとおり可決または承認されました。
        ─────────────────────────
△議案第71号
○議長(堀江修治君) 次に、日程第2 議案第71号 氷見市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(堀江修治君) 市長から提案理由の説明を求めます。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 追加提案いたしました案件は、人事に関するものについてであります。
 氷見市固定資産評価審査委員会委員に、引き続き中村録朗氏を選任いたしたく、お諮りするものであります。
 何とぞ御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
○議長(堀江修治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第71号は即決することに決しました。

△採決
○議長(堀江修治君) これより採決いたします。
 議案第71号 氷見市固定資産評価審査委員会委員の選任については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議案第71号はこれに同意することに決しました。
        ─────────────────────────
△議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで
○議長(堀江修治君) 次に、日程第3 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号まで、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書ほか2件を一括議題といたします。

△提案理由の説明
○議長(堀江修治君) 議員提出議案第1号から議員提出議案第3号までを、一括して提出者から提案理由の説明を求めます。
 16番 松波久晃君。
 〔16番 松波久晃君 登壇〕
◎16番(松波久晃君) ただいま議題となりました議員提出議案第1号について、提出者を代表いたしまして提案理由の説明を申し上げます。
 昨年、地方6団体は、「基本方針2004」に基づく政府からの要請を受け、地方6団体の総意としての改革案を小泉内閣総理大臣に提出いたしました。しかしながら、政府・与党合意の税源移譲案は、その移譲額を概ね3兆円とし、その約8割を明示したものの、残りの2割については、平成17年中に検討を行い、結論を得るとして、多くの課題が先送りされております。
 現在、これら諸課題の解決に向け、関係機関において、地方6団体の代表者を含めて協議を重ねているところであります。
 また、政府においては、平成18年度の政府予算の基本方針となる「骨太の方針第5弾」を策定し、今週21日に発表されたところでありますが、地方6団体の改革案を着実に実行することが肝要であります。
 よって、政府におかれましては、残された課題について、国と地方との協議の場において十分な協議がなされ決定されるとともに、地方公共団体の財政運営に支障を来たすことがないよう、真の三位一体改革の実現を強く求めるものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。
○議長(堀江修治君) 10番 久保健三君。
 〔10番 久保健三君 登壇〕
◎10番(久保健三君) ただいま議題となりました議員提出議案第2号について、提出者を代表いたしまして提案理由の説明を申し上げます。
 新しい行政制度に変えることを大きな目的として制定されました地方分権一括法の施行により、地方公共団体の自己決定権は拡大しております。また、今日の三位一体の改革により、税財政面における地方公共団体の自主性も増してまいります。
 このような中、住民の意思を代表する地方議会の担うべき役割はより一層重要性が増し、地方議会の監視機能のさらなる充実が必要であります。
 現行の地方自治法は、制定後60年が経過しますが、議会と地方公共団体の長との関係にかかわる状況が変化しているにもかかわらず、議会にかかわる制度はほとんど見直しがなされず、実態にそぐわなくなっていることから、現在、内閣総理大臣の諮問機関である地方制度調査会において、「地方議会のあり方」の検討がなされております。
 21世紀における地方自治制度を考えるとき、住民自治の合議体である議会が自主性・自律性を発揮して初めて地方自治の本旨は実現するものであります。時代の趨勢に対応した議会改革なくして地方分権改革は完結しないのであります。
 よって、国におかれては、地方議会制度の規制緩和・弾力化はもとより、地方議会の機能強化や活性化のため、抜本的な制度改正が図られるよう強く求めるものであります。
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。
○議長(堀江修治君) 9番 島 久雄君。
 〔9番 島 久雄君 登壇〕
◎9番(島久雄君) ただいま議題となりました議員提出議案第3号について、提出者を代表して、原案朗読をもって提案理由の説明を申し上げます。
 道路は、地域住民の生活を支え、産業・経済・文化の発展に欠かせない最も基本的な社会基盤であり、地域の豊かさを支える上でも、雪に強い道路、安全かつ信頼性の高い道路づくりが重要となっている。
 しかしながら、本市の大部分を占める中山間地域では狭隘な道路が多く、長年にわたり地域住民から道路整備の充実が求められている。
 また、本市が目指す「6万人定住と200万人交流の都市づくり」の実現、さらには、活力ある地域づくりや豊かな暮らしづくりを図るためにも、高規格幹線道路である能越自動車道の整備に大きな期待を寄せているところである。
 よって、地域における道路整備の必要性・重要性に鑑み、合理的な受益者負担による道路特定財源制度を活用していくとともに、この財源を確保し、地域の課題に対応した道路整備が促進されるよう求めるものである。
 以上決議する。
  平成17年6月24日
                           氷 見 市 議 会
 議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたします。
○議長(堀江修治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件は、事情十分御了承のことと存じますので、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号から議員提出議案第3号までは即決することに決しました。

△採決
○議長(堀江修治君) これより採決いたします。
 まず、議員提出議案第1号について採決いたします。
 議員提出議案第1号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書についてを、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第1号は可決されました。
 次に、議員提出議案第2号について採決いたします。
 議員提出議案第2号 地方議会制度の充実強化に関する意見書についてを、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第2号は可決されました。
 次に、議員提出議案第3号について採決いたします。
 議員提出議案第3号 道路整備の推進に関する緊急決議についてを、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第3号は可決されました。
 お諮りいたします。ただいま意見書並びに決議が可決されましたが、その条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任されました。
 〔椿原議員、中村議員 退場〕
        ─────────────────────────
△氷見市農業委員会委員の推薦について
○議長(堀江修治君) 次に、日程第4 氷見市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。
 氷見市農業委員会委員は、来る7月19日をもって任期満了となることから、農業委員会等に関する法律第12条の規定により、市長から議長あてに委員の推薦についての依頼が来ております。
 なお、議会から推薦する委員の数は4人以内であります。
 お諮りいたします。推薦する委員の数は2名とし、その人選は議長からの指名といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、推薦すべき委員の数は2名とし、推薦すべき委員は議長から指名することに決しました。
 これより指名いたします。
 氷見市岩瀬912番地    椿 原 俊 夫 君
 氷見市飯久保2608番地  中 村 治 平 君
 ただいま指名いたしました両君を、氷見市農業委員会委員として推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(堀江修治君) 起立全員であります。よって、椿原俊夫君、中村治平君の両君を氷見市農業委員会委員として推薦することに決しました。
 〔椿原議員、中村議員 入場〕
        ─────────────────────────
△議員派遣の件
○議長(堀江修治君) 次に、日程第5 議員派遣の件についてを議題といたします。
 お諮りいたします。地方自治法第100条第12項の規定による議員の派遣については、会議規則第163条の規定により、お手元に配付してあります議員派遣一覧表のとおり議員を派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
                  議員派遣一覧表
 地方自治法第100条及び氷見市議会会議規則第163条の規定により次のとおり議員を派遣する。
                     記
1 平成18年度県出先要望
 (1)派遣目的  平成18年度県出先要望活動参加のため
 (2)派遣場所  高岡市 高岡農地林務事務所
 (3)派遣期間  平成17年6月23日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)

2 平成18年度県要望
 (1)派遣目的  平成18年度県要望活動参加のため
 (2)派遣場所  富山市 富山県庁
 (3)派遣期間  平成17年7月4日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)、椿原俊夫議員(総務文教常任委員長)、嶋田 茂議員(民生病院常任委員長)、島 久雄議員(産業建設常任委員長)、松波久晃議員(議会運営委員長)

3 氷見田鶴浜線建設促進期成同盟会総会
 (1)派遣目的  氷見田鶴浜線建設促進期成同盟会総会出席のため
 (2)派遣場所  石川県中能登町
 (3)派遣期間  平成17年7月5日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)、島 久雄議員(産業建設常任委員長)、松波久晃議員

4 平成18年度県要望・国出先要望
 (1)派遣目的  平成18年度県要望・国出先要望活動参加のため
 (2)派遣場所  富山市 富山県庁
 (3)派遣期間  平成17年7月5日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)

5 平成18年度国出先要望
 (1)派遣目的  平成18年度国出先要望活動参加のため
 (2)派遣場所  新潟県新潟市 北陸地方整備局
 (3)派遣期間  平成17年7月8日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)

6 平成18年度国出先要望
 (1)派遣目的  平成18年度国出先要望活動参加のため
 (2)派遣場所  金沢市 JICA北陸支部、北陸農政局
 (3)派遣期間  平成17年7月12日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)

7 平成18年度国要望
 (1)派遣目的  平成18年度国要望活動参加のため
 (2)派遣場所  東京都 該当各省庁等
 (3)派遣期間  平成17年7月19日〜21日
 (4)派遣議員  山本 秀議員(副議長)
        ─────────────────────────
△議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件
○議長(堀江修治君) 次に、日程第6 議会運営委員会、各常任委員会及び各特別委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長から審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付の申出一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。議会運営委員長、各常任委員長及び各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀江修治君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
        ─────────────────────────
              閉会中継続審査事件の申出一覧表

 ┌──────┬──────────────────────────────┐
 │ 委員会名 │        件            名        │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │議会運営  │1 議会の運営について                   │
 │      │2 議会の会議規則、委員会条例等について          │
 │      │3 議長の諮問について                   │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │総務文教  │1 行財政の効率的執行について               │
 │      │2 市政の重要施策の推進について              │
 │      │3 国際交流の推進について                 │
 │      │4 学校教育の充実と教育環境の整備について         │
 │      │5 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進に│
 │      │  ついて                         │
 │      │6 その他総務文教常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │民生病院  │1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の推進について    │
 │      │2 障害者(児)福祉対策の推進について           │
 │      │3 市民生活の安定・向上について              │
 │      │4 交通安全と事故防止対策の推進について          │
 │      │5 健康増進施策の推進について               │
 │      │6 環境保全及び環境衛生対策について            │
 │      │7 医療対策の推進について                 │
 │      │8 その他民生病院常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │産業建設  │1 道路、都市計画事業の促進について            │
 │      │2 河川、砂防事業の促進について              │
 │      │3 能越自動車道の整備促進について             │
 │      │4 上下水道事業の推進について               │
 │      │5 住宅対策について                    │
 │      │6 農林水産業の振興策について               │
 │      │7 農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について      │
 │      │8 林道・治山対策及び林業構造改善対策について       │
 │      │9 商工業の振興対策について                │
 │      │10 観光事業の推進について                 │
 │      │11 その他産業建設常任委員会の所管に関すること       │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │行政改革特別│行政体制の在り方について                  │
 ├──────┼──────────────────────────────┤
 │病院改革特別│病院経営体制の在り方について                │
 └──────┴──────────────────────────────┘

○議長(堀江修治君) 以上で本日の日程は終了いたしました。
 これをもって、今期定例会に付議されました諸案件はすべて議了いたしました。
        ─────────────────────────
△市長挨拶
○議長(堀江修治君) 次に、市長から挨拶の申し出がありますので、発言を許します。
 堂故市長。
 〔市長 堂故 茂君 登壇〕
◎市長(堂故茂君) 6月氷見市議会定例会の終了に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 議員各位には、今期定例会において終始熱心な御審議を賜り、誠にありがとうございました。
 また、提出いたしました諸案件につきまして、いずれも原案どおり御可決を賜りましたことに厚く御礼を申し上げます。
 御可決をいただきました諸案件につきましては、補正予算を計上いたしました携帯電話の通じない地域の解消、6校統合に伴う教育環境の整備をはじめとして、本会議あるいは委員会を通じていただいた御意見、御要望を十分に尊重いたしまして、その執行に万全を期してまいりたいと存じます。
 さて、県内の梅雨入りが遅れ、この数十年間において最も降水量の少ない状態が続いております。また当面、雨の予報もなく、本市の水道水として使用している子撫川ダムの水位が低下するなど、市民生活や農作物への影響が懸念されるところであります。
 しかし、飲料水につきましては、既に庄川水系の和田川ダムから日量7,000トンの送水などの対応がされており、今後も県をはじめ受水団体などと協力し、必要な水量が当面確保されるよう努めてまいります。
 農業用水につきましても、国営総合かんがい排水事業の水源である子撫川の上流の五位ダムの整備によりまして、昨年の同時期に比べて約1.6倍増の農業用水が使用されるなど、その大きな効果が現れてきているところであり、水に弱い氷見の渇水時への備えに努力してこられた先人の御労苦に感謝を申し上げたいと思います。
 政府は、去る21日に、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2005」を閣議決定され、三位一体がこれから山場を迎えることとなっておりますが、国からの税源移譲がしっかり行われるよう改革の動向に関心を持って、市長会等を通じまして地方分権改革の実現に努力してまいりたいと思います。
 市におきましては、この三位一体改革の先行きが不透明である中にあっても、足元の行財政改革を着実に推進し、夢と希望を持って「人と自然がなごむ交流都市 ひみ」の実現に向けて全力を傾けてまいりたいと思います。
 議員の皆様、市民の皆様方には、一層の御支援と御協力をお願い申し上げます。
 これから暑さも本格的となりますが、皆様方には健康に御留意をいただきまして、ますますの御活躍をいただきますようお祈り申し上げ、今期定例会のお礼の御挨拶とさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(堀江修治君) 6月定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は6月13日に開会され、そして本日ここに会議を議了し、閉会の運びとなりました。この間、議員各位には、提案されました平成17年度補正予算をはじめ、多くの重要な議案について終始熱心に御審議をいただきましたことに対し、心から敬意を表する次第であります。
 また、報道関係各位の御協力につきましても、深く感謝を申し上げる次第であります。
 終わりになりましたが、市長をはじめ理事者各位には、御健康に十分留意され、市政の限りない発展にこの上とも御尽力を賜りますよう望むものであります。
        ─────────────────────────
△閉会の宣告
○議長(堀江修治君) これをもって、平成17年6月氷見市議会定例会を閉会いたします。

 午前11時37分 閉会



△常任委員会付託案件表
 常任委員会付託案件表
                               (平成17年6月定例会)

〇総務文教常任委員会
 1 議案第61号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
  ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳入全款
     歳出第 2 款 総務費
     〃 第 8 款 土木費中第3項都市計画費
     〃 第 9 款 消防費
     〃 第10款 教育費
  イ 第2条第2表 地方債補正
 2 議案第64号 氷見市長、助役及び収入役の給与に関する条例の一部改正について
 3 議案第65号 氷見市育英資金条例の一部改正について
 4 議案第66号 字の区域の変更及び廃止について
 5 議案第67号 字の区域の廃止について
 6 議案第70号 物品の取得について
 7 報告第 3 号 地方自治法第179条による専決処分について
    専決処分第 7 号 平成16年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
    ア 第1条第1表 歳入歳出予算補正中
       歳入全款
       歳出第 2 款 総務費
    イ 第2条第2表 地方債補正
    専決処分第 8 号 氷見市税条例の一部改正について
    専決処分第 9 号 氷見市農村地域工業等導入地区における市税の特別措置に関する条例の一部改正について
    専決処分第10号 氷見市半島振興対策実施地域における市税の特別措置に関する条例の一部改正について

〇民生病院常任委員会
 1 議案第61号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
    第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳出第 3 款 民生費
     〃 第 4 款 衛生費
 2 議案第63号 平成17年度氷見市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)
 3 報告第 3 号 地方自治法第179条による専決処分について
    専決処分第 7 号 平成16年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
     第1条第1表 歳入歳出予算補正中
      歳出第 3 款 民生費

〇産業建設常任委員会
 1 議案第61号 平成17年度氷見市一般会計補正予算(第1号)
    第1条第1表 歳入歳出予算補正中
     歳出第 6 款 農林水産業費
     〃 第 7 款 商工費
     〃 第 8 款 土木費(ただし、第3項都市計画費を除く)
 2 議案第62号 平成17年度氷見市下水道特別会計補正予算(第1号)
 3 議案第68号 市道路線の認定及び廃止について
 4 議案第69号 氷見市環境浄化センター水処理・重力濃縮機械設備更新工事の請負契約の締結について
 5 報告第 3 号 地方自治法第179条による専決処分について
    専決処分第 7 号 平成16年度氷見市一般会計補正予算(第8号)
     第1条第1表 歳入歳出予算補正中
      歳出第 6 款 農林水産業費
      〃 第 8 款 土木費