議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 胎内市

平成27年  6月 定例会(第2回) 06月12日−議案説明・質疑−01号




平成27年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−議案説明・質疑−01号







平成27年  6月 定例会(第2回)





       平成27年第2回胎内市議会定例会会議録(第1号)

〇議事日程                                       
平成27年6月12日(金曜日) 午前10時開会                     
第 1 会議録署名議員の指名                              
第 2 議会運営委員長報告                               
第 3 会期の決定                                   
第 4 諸般の報告                                   
第 5 議第 64号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第2号)           
    議第 65号 平成27年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)   
    議第 66号 平成27年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)     
    議第 67号 平成27年度胎内市公共下水道事業会計補正予算(第1号)      
    議第 68号 平成27年度胎内市水道事業会計補正予算(第1号)         
    議第 69号 胎内市介護保険条例の一部を改正する条例              
    議第 70号 胎内市新市建設計画審議会条例の一部を改正する条例         
    議第 71号 胎内市空き地、空き家等の適正管理に関する条例の一部を改正する条例 
    議第 72号 胎内市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部
           を改正する条例                          
    諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について                 
    報告第 6号 専決処分の報告について(専第5号 損害賠償の額の決定及び和解につい
           て)                               
    報告第 7号 平成26年度胎内市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について 
    報告第 8号 平成26年度胎内市一般会計予算継続費繰越計算書の報告について   
    報告第 9号 平成26年度胎内市簡易水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報
           告について                            
    報告第10号 平成26年度胎内市地域産業振興事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書
           の報告について                          
    報告第11号 平成27年度下越土地開発公社事業計画に関する報告について     
    報告第12号 平成26年度株式会社胎内リゾートの決算に関する報告について    
    報告第13号 平成26年度新潟製粉株式会社の決算に関する報告について      
    報告第14号 平成26年度新潟フルーツパーク株式会社の決算に関する報告について 
                                           
〇本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
                                           
〇出席議員(17名)
   1番   薄  田     智  君    2番   森  本  将  司  君
   3番   八  幡  元  弘  君    4番   佐  藤  陽  志  君
   5番   渡  辺  秀  敏  君    6番   坂  上  清  一  君
   8番   渡  辺  栄  六  君    9番   天  木  義  人  君
  10番   佐  藤  武  志  君   11番   榎  本  丈  雄  君
  12番   森  田  幸  衛  君   13番   高  橋  政  実  君
  14番   桐  生  清 太 郎  君   15番   富  樫     誠  君
  16番   渡  辺  宏  行  君   17番   丸  山  孝  博  君
  18番   渡  辺     俊  君
                                           
〇欠席議員(1名)
   7番   小  野  ?  重  君
                                           
〇説明のため出席した者
     市     長   吉  田  和  夫  君
     副  市  長   三  宅  政  一  君
     総 務 課 長   岩  川  一  文  君
     総 合 政策課長   高  橋     晃  君
     財 政 課 長   ?  橋  次  夫  君
     税 務 課 長   桐  生  光  成  君
     市 民 生活課長   井  畑  明  彦  君
     福 祉 介護課長   須  貝  敏  昭  君
     こども支援課長   榎  本  武  司  君
     健康づくり課長   須  貝     実  君
     農 林 水産課長   阿  彦  和  男  君
     地 域 整備課長   久 保 田  雅  勝  君
     会 計 管 理 者   佐  藤     守  君
     商 工 観光課長   高  橋  文  男  君
     上 下 水道課長   本  間  陽  一  君
     黒 川 支 所 長   小  野  晋  平  君
     農 委 事務局長   松  田  祐  司  君
     教  育  長   小  野  達  也  君
     学 校 教育課長   小  熊  龍  司  君
     生 涯 学習課長   池  田     渉  君
                                           
〇事務局職員出席者
     議 会 事務局長   小  野  孝  平
     参     事   佐 久 間  伸  一
     主     任   八  幡  慎 太 郎



               午前10時00分  開 会



○議長(渡辺俊君) おはようございます。ただいまから平成27年第2回胎内市議会定例会を開会します。

  現在の出席議員は17名であり、定足数に達しているので、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                           



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(渡辺俊君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長より指名します。15番、富樫誠議員、16番、渡辺宏行議員、以上の2名に願います。

                                           



△日程第2 議会運営委員長報告



○議長(渡辺俊君) 日程第2、閉会中における議会運営委員会の調査事項について、本会議での報告を求めます。

  丸山委員長。

               〔17番 丸山孝博君登壇〕



◆17番(丸山孝博君) おはようございます。ただいまから議会運営委員長報告を行います。

  本定例会の運営等につきまして、去る6月5日午前10時より吉田市長の出席を求め、当委員会を開催し、慎重に協議をいたしました。以下、その内容についてご報告いたします。

  初めに、本定例会の会期について検討した結果、本日から6月30日までの19日間とすることにいたしました。

  次に、会期日程、議事日程については、皆様のお手元に配付されております日程表のとおりであります。本日の本会議は、諸般の報告、吉田市長の提案理由の説明の後、議案ごとに質疑を行うことといたしました。なお、諮問第1号については、議会運営の申し合わせにより初日採決を行います。

  今定例会に提案されています各議案の委員会付託案件につきまして協議した結果、皆様のお手元に配付の本会議議案及び委員会付託表のとおりであります。厚生環境常任委員会は6月19日に5件、まちづくり常任委員会は6月23日に3件の付託といたしました。

  一般質問は、6月25日、26日の2日間を予定しましたが、通告数により6月16日の議会運営委員会で決定することにいたしました。

  最後に、本定例会最終日の本会議は、6月30日午前10時から各委員長の審査結果報告及び採決を行う日程といたしました。

  以上が当委員会において本会議の運営について協議した内容であります。円滑な議事運営について議員各位のご協力をお願いいたしまして、議会運営委員長報告を終わります。



○議長(渡辺俊君) 以上で議会運営委員長報告を終わります。

  お諮りいたします。ただいまの報告に対する質疑は省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、議会運営委員長報告に対する質疑は省略します。

                                           



△日程第3 会期の決定



○議長(渡辺俊君) 日程第3、会期の決定についてを議題とします。

  本定例会の会期については、議会運営委員長報告のとおり、本日から6月30日までの19日間としたいが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、本定例会の会期は本日から6月30日までの19日間と決定しました。

                                           



△日程第4 諸般の報告



○議長(渡辺俊君) 日程第4、これより諸般の報告を行います。

  地方自治法第121条第1項の規定により、本定例会に出席を求めた者は、吉田市長を始め副市長、教育長、会計管理者、課長、局長、支所長の20名です。

  次に、主な会議の開催状況につきましては、お手元に配付いたしました報告書のとおりです。

  次に、監査委員から例月現金出納検査の報告書が提出されており、内容はお手元に配付のとおりです。

  次に、閉会中における所管事務調査の結果について、議会運営委員長から報告を受けておりますが、その概要について報告を求めます。

  丸山委員長。

               〔17番 丸山孝博君登壇〕



◆17番(丸山孝博君) それでは、議会運営委員会が実施した行政視察について報告いたします。

  去る4月14日、三重県鳥羽市議会におけるタブレット端末の導入等について研修してまいりました。鳥羽市議会は、定数14、平成23年議会基本条例の制定を機にさまざまな議会改革を実施してきたことから、全国の地方議会から行政視察が急増し、23年度から25年度に192件を受け入れてきました。その要因の一つとして、議会のICT化を積極的に進めたことが挙げられます。全国初のツイッターを活用した議会広報のほか、本会議はもちろん、委員会や全員協議会までほぼ全ての会議をユーチューブで放映し、議会の見える化で市民に開かれた議会を積極的に推進してきました。

  タブレット端末については、平成24年春までに全議員が個別に契約し、毎月の通信費約6,000円については政務活動費から2分の1までを適用しています。活用については、議会フロアを全て無線LAN化し、インターネット接続可能な環境の構築、議員だけが操作可能なグループウエアによる会議開催告知や会議資料のメール送信及び会議資料の共有、市議会カレンダーの活用、全議員と議会事務局及び執行部の連絡先の表示、テレビ会議や災害時に通信手段の確保などとして積極的に使用しています。パソコン、タブレット端末の本会議場や委員会への持ち込みも平成24年9月から許可し、審議以外に使用しないという議員のモラルに任せることにしましたが、これまで特に問題はなかったということであります。また、議場内に46インチモニター2台を設置し、タブレットからの表示ができるようにし、これを用いて一般質問や質疑を行っています。胎内市議会は、平成25年に埼玉県飯能市がタブレット端末を使用している事例について視察しており、導入によるペーパーレス化の実践例を研修してきています。

  今回の目的は、改選後の議会においてパソコン、タブレット端末の導入について議長より議会運営委員会に諮問があり、検討課題となっていました。それは、現在各議員への会議案内等の送付について市が貸与しているファクスを使用していますが、老朽化による紙詰まり等が激しく、今後の使用が極めて困難になっており、早急に対応策を講じる必要もあり、今後IT化されていく中で市議会での活用を図るためであります。今回視察研修した鳥羽市議会の取り組みを参考にし、胎内市議会においてもタブレット端末を導入し、議会における情報を共有し、議会運営の効率を高めるための手段、さらに災害時の通信手段や市民にわかりやすい情報を発信することで市民との情報共有が一層図られ、透明性、能率化を高めていかなくてはなりません。議長に諮問する上で、大変参考になった視察研修でありました。

  以上で議会運営委員会の視察報告を終わります。



○議長(渡辺俊君) これで諸般の報告を終わります。

                                           



△日程第5 議第 64号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第2号)

      議第 65号 平成27年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 66号 平成27年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 67号 平成27年度胎内市公共下水道事業会計補正予算(第1号)

      議第 68号 平成27年度胎内市水道事業会計補正予算(第1号)

      議第 69号 胎内市介護保険条例の一部を改正する条例

      議第 70号 胎内市新市建設計画審議会条例の一部を改正する条例

      議第 71号 胎内市空き地、空き家等の適正管理に関する条例の一部を改正する条例

      議第 72号 胎内市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

      諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について

      報告第 6号 専決処分の報告について(専第5号 損害賠償の額の決定及び和解について)

      報告第 7号 平成26年度胎内市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

      報告第 8号 平成26年度胎内市一般会計予算継続費繰越計算書の報告について

      報告第 9号 平成26年度胎内市簡易水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

      報告第10号 平成26年度胎内市地域産業振興事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

      報告第11号 平成27年度下越土地開発公社事業計画に関する報告について

      報告第12号 平成26年度株式会社胎内リゾートの決算に関する報告について

      報告第13号 平成26年度新潟製粉株式会社の決算に関する報告について

      報告第14号 平成26年度新潟フルーツパーク株式会社の決算に関する報告について



○議長(渡辺俊君) 日程第5、議第64号から議第72号まで及び諮問第1号並びに報告第6号から報告第14号までを一括議題とします。

  本件について提案理由の説明を求めます。

  吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) おはようございます。本日、ここに第2回定例会を招集いたしましたところ、議員各位にはご多用にもかかわらずご参集いただきましてありがとうございました。

  本定例会に提出いたしました案件の説明に入ります前に、少し時間を頂戴いたしまして、さきの定例会後の市政の動きにつきまして報告申し上げ、ご理解をいただきたいと思います。

  初めに、胎内市総合戦略の策定についてご報告申し上げます。現在市では、地方創生に係る取り組みの方向性を定めるべく、総合戦略の策定を進めております。その策定に当たっては、さきの定例会でもご報告申し上げましたように産、官、学に金融機関、それから労働団体、メディアを加え、多様な視点からご意見をいただきながら進めるとともに、議員の皆様との情報の共有にも努めてまいりたいと思っております。策定に係る審議会の委員につきましては、公募委員を含めまして今月末にも陣容が整う予定でありまして、さまざまな角度からご審議いただき、この会議内容については広く公表してまいりたいと思っております。

  また、総合戦略の策定時期につきましては、国の交付金の活用や次年度の予算編成への反映も勘案し、9月末の完成を目指してまいりたいと思っております。限られた期間の中、全力で取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

  次に、子育て世帯臨時特例給付金についてご報告を申し上げます。昨年度消費税率の引き上げの影響等を踏まえ、国が臨時的な給付措置として行った子育て世帯臨時特例給付金について、本年度は子供1人当たり給付額を3,000円として実施しており、加えて市独自に子供1人当たり2,000円を給付する子育て応援給付金事業を実施しているところであります。いずれの給付金も本年6月分の児童手当の受給者のうち特例給付の受給者は対象としないことから、市では6月1日から始めた児童手当の現況届にあわせて受け付けを開始いたしました。今後も子育て支援施策の充実に努めてまいりたいと思っております。

  次に、市営船戸霊園について報告申し上げます。雪解けを待って本年3月から工事を進めておりました当霊園は、去る5月31日にようやく竣工となり、これまでのところ全256区画のうち130区画ほどの申し込みを受けております。申し込みされた方々の多くは、これまでにほかの地域から当市に転入された方々のようでありますが、公営墓地が宗派を問わない墓地であることから、その需要は大きく、予想以上に早く分譲が進むのではないかと感じております。今後は、利用される方々に親しまれ、使い勝手のよい霊園となるよう管理運営に努めてまいりたいと思っております。

  次に、中条駅西口周辺整備事業の進捗状況についてご報告を申し上げます。中条駅の橋上駅舎及び東西自由通路につきましては、現在東日本旅客鉄道株式会社が行う仮駅舎等の工事着手に向け、施設整備、工事施行協定など実施設計における具体的な協議を行っているところであります。また、市が行う西口駅前広場、アクセス道路整備につきましては、既に実施設計を終えておりまして、今月工事に着手し、今年度末には一部供用開始を予定しております。

  次に、薬用植物栽培の取り組み状況についてでありますが、ご報告申し上げます。初めに、杜仲茶の原料となる杜仲栽培につきましては、去る4月15日に杜仲茶の製造者である胎内高原ハウス株式会社と杜仲茶の販売者であるシュガーレディ株式会社と市の3者で杜仲栽培に関する協定を締結いたしました。杜仲は、鳥獣や害虫の被害を受けにくく、栽培が比較的容易であることから、市では農地等の有効活用を図るために、今後3年間で杜仲の苗木3,000本を市内に定植することを計画しております。これによりまして、現在杜仲茶の原料となる杜仲の約6割を市外から調達していますが、5年後には原料の全てを市内産で賄うことができる見込みとなっております。

  また、甘草栽培につきましては、平成23年度から製薬会社、農協など関係機関と協定を締結し推進してまいりましたが、苗の培養施設の整備やこれまでの試験栽培の取り組みにより、ある程度の栽培技術が確立されたことから、国に対し薬用植物の産業化による農地再生と新産業の創出についての地域再生計画の認定申請を行い、平成27年3月27日に内閣総理大臣からの認定を受けたところであります。今後は、国の交付金を活用いたしまして、甘草、杜仲などの国産薬用植物の市場規模や動向を調査し、加工施設の適正な規模や原材料となる薬用植物の栽培面積の検証を行い、費用対効果のある加工施設の整備につなげることにより、新規雇用の創出や休耕地の解消が期待できるものと考えております。

  なお、本定例会に関連予算を提案しておりますので、ご審議のほどよろしくお願いいたします。

  次に、地域経済対策の一環として取り組んでおりますプレミアム商品券発行事業及び住宅リフォーム助成事業の進捗状況についてでありますが、ご報告申し上げます。まず、プレミアム商品券発行事業につきましては、プレミアム率を15%として商品券及び建設工事券の販売を4月1日から開始したところ、両券ともに4月中旬までに完売いたしました。また、住宅リフォーム助成事業につきましては、本年5月末時点で昨年より40件多い257件の申請を受けておりまして、経済効果は約3億3,200万円となっております。県内の景気につきましては、一部にやや弱めの動きが見られるものの、緩やかな回復を続けていると言われておりますが、引き続き地域経済の動向を注視しながら事業を進めてまいりたいと考えております。

  次に、胎内市教育大綱についてご報告申し上げます。地方教育行政の組織及び運営に関する法律において策定が義務づけられました教育に関する大綱につきましては、去る5月18日に開催した胎内市総合教育会議での協議を経て、「教育は人をつくり、地域をつくる崇高な営み」を基本理念として掲げた胎内市教育大綱を制定いたしました。地域の教育課題に対しましては、この大綱を指針として今後も教育委員会と市長部局とが同じ方向を向いて取り組んでまいりますので、よろしくお願いをいたします。

  以上で諸施策の報告を終えまして、これより今回提案いたしました議案の概要について説明を申し上げます。

  まず初めに、議第64号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ157億9,300万円といたしたくお諮りするものであります。

  歳出の主なものといたしましては、各款の給与費及び共済費において、人事異動等に伴う増減額を計上いたしました。

  第2款総務費では、1項6目企画費において、関沢・飯角地区の史跡公園整備用地の有効活用を図るに当たり、林地開発許可の変更が必要なことから、地形図等作成業務委託料を計上いたしました。

  1項11目諸費では、防犯灯設置等の補助金を増額しております。

  第3款民生費では、1項3目老人福祉費において、介護保険事業特別会計への繰出金の保険事業分を人事異動に伴い減額したほか、低所得者保険料の軽減負担金分及びシステム改修費繰入金分を新たに計上いたしました。

  2項1目児童福祉総務費では、母子家庭等自立支援給付金支給事業の申請者増に対応するため、扶助費を増額いたしました。

  2項2目児童措置費では、消防署の定期点検により、黒川保育園に設置している暖房用灯油の地下タンク内の圧力に異常があることが判明したことから、既設の地下タンクを廃止し、新たにホームタンクを設置するため、各保育園施設整備工事費を増額いたしました。

  第6款農林水産業費では、1項4目農業振興費において、先ほどの市政報告で述べました薬用植物の6次産業化に向けた調査、検証を実施するための委託料を計上いたしました。また、園芸生産促進事業補助金につきましては、当該補助金を活用し、ニンジン選果機を導入する予定であった胎内市農業協同組合が現在所有している既存の機械を改修し、引き続き使用することとなったことから減額したほか、市内畜産事業者が建設する飼料用米加工施設に対する補助金を計上いたしました。

  第8款土木費では、5項1目住宅管理費において、住宅建築リフォーム補助金を増額いたしました。

  第10款教育費では、2項1目学校管理費において、中条小学校南校舎のサッシ取替工事のため、各小学校施設整備工事費を増額したほか、建築非構造部材耐震化工事につきましては、胎内小学校食堂棟のつり天井落下防止対策工事において、衛生面等を考慮した工法に変更したことから工事費を増額いたしました。

  3項1目学校管理費では、築地中学校食堂棟屋上防水工事のため、各中学校施設整備工事費を増額いたしました。

  4項1目幼稚園費では、聖心こども園が幼保連携型認定こども園の認定を受けたことにより、私立幼稚園教育振興補助金の対象外となったことから、補助金を減額いたしました。

  6項5目の産業文化会館費では、雨漏り改修工事のため、施設設備補修工事費を増額いたしました。

  第14款予備費では、歳入及び歳出の差額分について調整しております。

  以上で歳出の主なものを説明いたしましたが、これを賄います歳入財源は、国庫支出金、寄附金、繰越金、市債を増額し、県支出金、諸収入を減額しております。

  次に、第2条、債務負担行為の補正につきましては、第2表のとおり、株式会社ジャムコが新潟中条中核工業団地内に用地を取得したことに対し、胎内市企業設置促進条例に基づき、平成28年度から平成31年度まで支出する助成金の限度額を定めるものであります。

  次に、第3条、地方債の補正につきましては、第3表のとおり、第10款教育費で説明いたしました胎内小学校の建築非構造部材耐震化工事の増額補正に係る増額であります。

  次に、議第65号 平成27年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ70万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ41億229万5,000円といたしたくお諮りするものであります。

  歳出といたしましては、第1款総務費の1項1目一般管理費において、人事異動等に伴う人件費を減額いたしました。

  一方、これを賄います歳入財源は、一般会計繰入金を減額いたしました。

  次に、議第66号 平成27年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ800万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ34億3,000万9,000円といたしたくお諮りをするものであります。

  歳出といたしましては、第1款総務費の1項1目一般管理費において、人事異動等に伴う人件費を減額いたしました。また、法改正による低所得者層の介護保険料軽減強化等に対応するため、介護保険システム改修委託料を計上いたしました。

  一方、これを賄います歳入財源は、国庫支出金及び一般会計からの繰入金を増額し、保険料を減額いたしました。

  次に、議第67号 平成27年度胎内市公共下水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的支出に201万4,000円を追加し、収益的支出総額を10億3,985万6,000円に、また資本的支出を45万5,000円減額し、資本的支出総額を8億3,284万円といたしたくお諮りをするものであります。

  内容といたしましては、給与費、法定福利費及び退職手当組合費において、人事異動に伴う増減額を計上いたしました。

  次に、議第68号 平成27年度胎内市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的支出を465万6,000円減額し、総額を6億3,324万5,000円といたしたくお諮りするものであります。

  内容といたしましては、人事異動に伴う給与費、法定福利費及び退職手当組合費を減額いたしました

  次に、議案第69号 胎内市介護保険条例の一部を改正する条例につきましては、今般、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律において、低所得者の第1号保険料軽減強化に関する改正が行われ、具体的な軽減に係る基準については、介護保険施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令において示されたところであります。この改正によりまして、市の介護保険条例を改正するものであり、内容といたしましては所得階層の第1段階において基準額に乗ずる率を現行の0.5から0.45とし、保険料の年額を3万5,500円から3万1,900円に引き下げ、低所得者層の負担の軽減を図るものであります。

  次に、議第70号 胎内市新市建設計画審議会条例の一部を改正する条例につきましては、合併時に設置されました黒川地区地域審議会が平成27年3月31日をもって終了したことに伴い、新市建設計画審議会委員の選任要件として掲げている黒川地区地域審議会委員を除くため、条例の改正を行うものであります。

  なお、今後新たに審議会を組織する際には、地域のバランスも考慮した中で委員を選任したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  次に、議第71号 胎内市空き地、空き家等の適正管理に関する条例の一部を改正する条例についてでありますが、このたびの改正は空家等対策の推進に関する特別措置法が施行されたことを受け、当該法律に先行して制定実施されている当市の条例と整合を図りながら、空き家等の対策を推進するべく必要な改正を行うものであります。

  具体的な項目といたしましては、今後必要に応じて計画の策定を行っていくことや指導、助言から行政代執行に至るまでの手続をより明確に規定する条項を盛り込んで一部改正となっております。

  次に、議第72号 胎内市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきましては、子ども・子育て関連3法に基づき、市では昨年11月に家庭的保育事業及び小規模保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例を制定しましたが、このたび国において平成26年の地方からの提案等に関する対応方針を踏まえまして、保育所等に係る保育士の算定について保健師または看護師に加え、准看護師についても保育士とみなすこととする省令の改正を行ったことから、条例で定める基準について改正を行うものであります。

  次に、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦については、平成22年から人権擁護委員を務めていただきました神田英俊氏が平成27年3月31日をもちまして辞任されたことから、その後任者といたしまして、人格、識見が高く、広く社会の実情に通じておりまして、人権擁護について理解のある方として、東本町在住の市村美由紀氏を新たに推薦いたしたく議会の意見を求めるものであります。

  次に、報告第6号 専決処分の報告については、平成27年4月18日、胎内市太田野原地内の胎内市立黒川中学校敷地内において、冬期間の積雪の影響により、折れかかっていた樹木の枝が落下し、駐車していた相手方自動車の屋根、フロントガラス及びボンネットに損傷を負わせた事故に関しまして、相手方に対し胎内市はその損害額の全額を負担することとし、去る5月20日に地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をしたことについて報告するものであります。

  次に、報告第7号 平成26年度胎内市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告については、胎内市議会会議録作成事業を始めとする9事業について、計算書のとおり平成27年度へ繰り越したものを報告するものであります。

  次に、報告第8号 平成26年度胎内市一般会計予算継続費繰越計算書の報告については、総合体育館建設事業の歳出残額について、計算書のとおり平成27年度へ逓次繰り越しをしたものを報告するものであります。

  次に、報告第9号 平成26年度胎内市簡易水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告については、維持管理事業について、計算書のとおり平成27年度へ繰り越したものを報告するものであります。

  次に、報告第10号 平成26年度胎内市地域産業振興事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告については、農産物加工施設井戸新設事業について、計算書のとおり平成27年度へ繰り越したものを報告するものであります。

  次に、報告第11号 平成27年度下越土地開発公社事業計画に関する報告については、事業計画のほか、収支予算書及び資金計画書を別冊のとおり報告するものであります。

  次に、報告第12号から報告第14号までは、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、胎内市が出資している株式会社胎内リゾート、新潟製粉株式会社及び新潟フルーツパーク株式会社に係る平成26年度の決算について別冊のとおり報告するものであります。

  以上でございます。何分のご審議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺俊君) 以上で提案理由の説明を終わります。

  これから議案ごとに質疑を行います。

  なお、諮問第1号については、本日採決いたします。また、議第65号から議第72号までについては、別紙議案付託表のとおり、本日の質疑終了後、所管の常任委員会に審査の付託をするものでありますので、委員会において質疑されますようご協力願います。

  初めに、議第64号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第2号)について質疑を行います。

  最初に、歳出の第1款議会費から第6款農林水産業費までについて質疑を行います。ご質疑願います。

  森田議員。



◆12番(森田幸衛君) 説明書の29ページの、先ほど市長の報告にもありましたが、薬用植物6次産業化調査検証事業委託料ですけれども、委託先はどこなのか。また、今まで商品化で予算づけしてきましたけれども、その成果はどのぐらい上がっているのかと、胎内市だけではなくて全国でも取り組んでいるところがありますので、協議会もあるそうでございますので、他県の動きがもしわかったら教えていただきたいと思います。

  それともう一つは、その下の県産飼料用米利用拡大支援事業補助金ですけれども、市内業者と説明なのですけれども、それはどこなのか。また、具体的にどんな施設なのか、少し具体的に教えていただければと思います。



○議長(渡辺俊君) 阿彦農林水産課長。



◎農林水産課長(阿彦和男君) ただいまのご質問、私のほうから説明をさせていただきます。

  まず、薬用植物6次産業化の委託の関係でございますが、これにつきましては甘草を中心としました薬用植物の加工の施設を今計画をしております。これは民間業者でございます。地域再生計画でそれが認められまして、今回この交付金を使いまして、ことしというか、この事業で行いますのはその加工施設が適正な規模、またその原材料となるものについてはどのくらいの面積がいいかという検証を行うということでございます。市場の規模、動向等の検査を実証していくということになります。委託先につきましては、総合研究所等になるだろうというふうに考えてございます。

  それから、甘草における今までの取り組み、それから他県での動きということでございますけれども、ご存じのとおり24年度から動き出しておりまして、当初24年度におきましては、主な成果としましてはメイヤーズティーを一つの試験商品という形で出てございます。また、25年度におきましては、甘草、米粉パンという形で製品的には動き出してございます。26年度、本年度につきましては、メイヤーズティーと同じような形のものになりますが、あまき恵み茶と、それから石けんという形で現在市内の業者のほうでその販売を計画しているという状況でございます。

  また、今までの試験栽培の面積等でございますけれども、24年には10アールを取り組みいたしました。ただ、この段階においては14キロぐらいしかとれないということで、非常にキロ数がとれない状況でございました。また、25年におきましても12アール、1反2畝でございますけれども、計画いたしましたが、2種類のところで植えつけをしまして、本年、昨年の秋、ここにおいては32キロを成果品として見たというところでございます。植えつけから収穫までの部分については見えてきたところでございますが、まだ数量的な部分で今見えてこないということで、今後そこら辺を詰めていくという形になろうかというふうに思っております。

  それから、2点目の飼料用米の支援事業でございますが、市内畜産農家のほうで飼料用米の保管庫と申しますか、飼料用米を保管し、それを粉砕する機械とベルトコンベヤーでそれをパック詰めするようなところまでのものを考えて、それを今県のほうに要望を出したということでございます。

  以上でございます。



○議長(渡辺俊君) 他県の状況はいい。

  森田議員。



◆12番(森田幸衛君) 他県の状況入っていなかったのですけれども、業者が加工場をつくるという話と、甘草のほうですけれども、その業者名もこの場では明かせないのか。また、米粉の加工、貯蔵施設についても、農家という表現をされましたけれども、法人農家なのか、それとも一応会社としてやっているところなのかどうなのか。お願いします。



○議長(渡辺俊君) 阿彦農林水産課長。



◎農林水産課長(阿彦和男君) 甘草につきましては、地域再生計画ということで内閣府のほうに提示しましたものがそのまま公表されてございます。こちらのほうで、目標の中で取り組む、またその加工施設を取り組んでいくという会社につきましては、合同青果さんなのですが、正式名称……合同青果さんという形でご理解をいただきたいというふうに思います。

  それから、飼料用米につきましては、有限会社越後ファームさんでございます。

  以上でございます。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) 19ページ、総務費、企画費の委託料479万6,000円、関沢・飯角地区地形図等作成業務委託料、新、これはさっきの説明、嘉平山のことだと思うのですけれども、いわゆる史跡公園整備用地の有効活用を図るということで今回補正、新規で出てきました。ここは26年度で返済が終わって、いよいよではどうしようかということなのかなと思うのですが、そういうことなのかどうかというのと、あくまで史跡公園ということでの整備を計画しているのかどうか伺います。



○議長(渡辺俊君) 高橋総合政策課長。



◎総合政策課長(高橋晃君) いわゆる嘉平山ということでございます。議員おっしゃるとおり、26年度で借入金の返済が終わったことから、昨年度の後半から市役所内にプロジェクトチームをつくって有効活用の方法について検討してきたところでございます。当初用地取得したときに史跡用地ということでございますが、果たしてそこがそのまんまでいいのかどうか今後検討していくということでございます。しかしながら、その検討する段階におきまして、現在どのような地形になっているか、これをはっきりさせて県と協議をしないと林地開発のほうが進まないという状況でございますので、ご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) 地形図作成だけでこんなにお金かかっているのだけれども、では今後史跡公園にこだわらずどのような有効活用ができるかということについて検討したいということの答弁だと思うのですけれども、そうするといろんな方々から意見が頂戴されることになるのかどうかというのと、最終的にはどのくらいの段階、時期を予定しているのか。ここの有効活用を図る上での最終的な結論いつごろ予定していますか。



○議長(渡辺俊君) 総合政策課長。



◎総合政策課長(高橋晃君) 地形図だけで六百数十万円ということでございますが、これは実測いたしますと実は1,200万円ほどかかるというものでございます。それを先般来旧林業事務所と、新潟振興局でございますが、こちらと協議して、航空写真によるデータによる地形図でもよろしいということで約半額近くに下がったということでございます。

  そして、いつごろ具体的にこの計画が進んでいくかということにつきましては、この地形図ができ上がって、県と協議して、こういう形で調整池が3カ所ほどでき上がっているのですが、そもそもの計画ですと4カ所程度必要というふうになっております。そこで、現在の地形を鑑みて、そういう防災施設、安全施設をどの程度さらにつくらなければならないかというようなことも含めまして県と協議が必要なことから、すぐに新しい用途に変更できるというものではないと考えております。具体的にいつというのは現段階では明確にできないことをご理解いただきたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) これは10年前に用地を取得したわけなのですけれども、そうするとこの時点ではその地形図ということについて当時の中条町は作成するということはなかったということで、そのままになっていたということで理解していいのですか。買うにも金出すだけというみたいな気がしてならないわけなのです。とりあえず買ってくれと言われたから買ったというのが私の認識なのだけれども、結局そのまんまほうっておいて塩漬けにしておいたと、それで10年たって借金なくなったから、ではよろっとその地形図作成しようかという、そういうふうに私は受けとめるのだけれども、取得した当時本来こういうものが作業としてはあってしかるべきだったとは思うのだけれども、その辺の考え方はどうですか。



○議長(渡辺俊君) 総合政策課長。



◎総合政策課長(高橋晃君) 地形図、これは土取り申請を従前の開発者は申請していたわけで、平面的なものについてはもちろん税務上の更正図だとかいうようなことで面積を確認し、当時の中条町が購入したというところでございます。しかしながら、土取り申請をして、途中でその業者がやめているものですから、計画どおり土を取っているかどうかについてもわからなかったということで、平面よりもどちらかというと高さのところで地形図の作成が必要というところでございます。ですので、十数年前に中条町が買ったときには、面積とかの情報についてはきちんと確認した中で登記簿面積で購入したというところでございますので、今回のものについては主に高さを中心とした地形図の作成ということでご理解いただきたいと思います。



○議長(渡辺俊君) ほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで第1款から第6款までの質疑を終わります。

  次に、歳出の第7款商工費から歳出の最後までについて質疑を行います。ご質疑願います。

  佐藤議員。



◆4番(佐藤陽志君) 37ページです。第10款第2項第1目学校管理費、建築非構造部材耐震化工事については、胎内小学校食堂棟のつり天井落下防止対策工事について衛生面等を考慮した工法に変更したということですが、この衛生面等を考慮したということをちょっと詳しくお聞かせ願いたいのですが。お願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 小熊学校教育課長。



◎学校教育課長(小熊龍司君) 胎内小学校の食堂棟のつり天井、衛生面の内容ということでございますけれども、当初胎内小学校のつり天井の工事につきましては、現在の天井のつりの補強というようなことで考えておったところでございますけれども、天井が現在湾曲していることもございまして、これでは施工後の強度の計算が難しいということがわかりました。つり天井につきましては、対策工事につきましては基本的にまずは撤去というようなことでございまして、黒川中学校においては屋内運動場撤去というような形の工事でございますけれども、胎内小学校につきましては天井裏に空調設備等ございますし、あとダクト等が入ってございます。天井を撤去したのみでは、これらへのほこりの経年的な堆積、またその後のほこりの落下ということが懸念されますことから、胎内小学校につきましては現在の天井をいったん撤去しまして、また新たに天井を再設置するということでこのほこりの部分の問題を解消しようということでございます。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。



◆4番(佐藤陽志君) 当初予算でもこれの倍ぐらいの金額が上がっていたかと思うのですが、その時点ではわからなかったのか、また本来はやはりこういったことはないほうがいいのかなと思いますので、今現在講じている、次がないような体制をとるとか構築が考えていらっしゃるのがあればお聞かせください。



○議長(渡辺俊君) 学校教育課長。



◎学校教育課長(小熊龍司君) 今ほどの変更内容につきましては、詳細の調査、現地での天井裏の調査、また新たな国から示された基準等照らし合わせましてこのような形になりました。今後も情報収集努めまして、このようなことのないように工事に今後努めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) 35ページの消防費、防災費の委託料、防災ガイドブック作成委託料とございますが、具体的にお願いします。



○議長(渡辺俊君) 岩川総務課長。



◎総務課長(岩川一文君) 胎内市防災ガイドブック作成委託料ということで具体的にということでございますが、26年度中に県のほうから土砂災害警戒区域ということで数カ所新たに指定を受けた場所がございます。それらにつきまして、前に胎内市防災ガイドブックということで全戸配布したものがございますけれども、そこに載っております土砂災害区域の部分を差しかえるために新しい地図を作成するというものでございまして、できましたら全戸配布し、差しかえをお願いしたいというような内容のものでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) わかりました。ちなみに、県の指定はどれぐらい増えたのですか。



○議長(渡辺俊君) 総務課長。



◎総務課長(岩川一文君) 今現時点で3カ所増加してございます。



○議長(渡辺俊君) 渡辺議員。



◆16番(渡辺宏行君) 33ページの一番下の住宅リフォームの補助金についてなのですが、先ほど市長の事業の進捗状況の説明の中でも前年度よりも40件増えて257件、5月末時点でということで、経済効果も出ているというふうなお話がございました。これ今回200万円補正で計上しておりますが、この257件の中に今回分というのは入っているのか。要するに当初予算とこれと200万円すると、約3,900万円近くなるのかな。それは、今5月末時点で257件申請受け付けやっているわけでしょう。というのは、その分もこの200万円の補正の中に入っているのか、あるいはこれから先々また出てくるのではないかということも見通した中での予算が盛り込まれているのか。その辺どうなのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 久保田地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 先ほどの市長からの答弁につきましては、5月末確かに257件終了している数でございまして、今後いろんな面で今補正が上がっているということで相談も来ておりますので、大体その辺、約10件ほどの増額でございますけれども、その前に4月にも補正が行われて500万円、それから5月に入りましてちょっと足りないということで200万円ほど予備費を充当いたしまして、今回の200万円を含めまして現在まで900万円ほど当初予算より増やしているということで、これからの伸びを見て伸ばしたということでご理解願いたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 渡辺議員。



◆16番(渡辺宏行君) 予備費を充てたということで、これから伸びも考慮した中で今回の場合は補正でもって200万円したと。あくまでもこれ257件というふうなあれではないわけね。ということは、この申請というのはやはりこれからいろいろ皆さんリフォームの計画があると思うのです。そういうのはいつまで受け付けというか、申請を受け付けするのか。冬までやっていくのか、今年度いっぱいずっとやっていくのか、その辺はどうなのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 最近この何日間につきましてはやはり相談とかもう愕然と減ってきておりまして、今回の補正で十分、先ほども申し上げましたとおり5月現在で3億3,200万円ほど、またそうしますと昨年と比較してもかなりの金額がまた上乗せになると思いますので、この二、三日前の相談件数から見ますと7月の初旬で大体終了するのではないかと考えておりますので、先ほども市長からも申し上げましたが、十分胎内市におきましての経済効果、事業者への工事、補助対象事業費が経済効果というふうになっておりますので、十分潤って経済効果をなしたのではないかと思いまして、その辺の中で今後は終了するのかどうかを検討していきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) ほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで歳出の質疑を終わります。

  次に、歳入全般及び債務負担行為の補正、地方債の補正について質疑を行います。ご質疑願います。

  富樫議員。



◆15番(富樫誠君) 9ページになるのかな、寄附金でございます。ふるさと納税寄附金、当初予算40万円から150万円ということで大幅にアップしているわけなのです。先般3月議会の代表質問で現状どうですかといった中で、2月末現在36名で380万円ということだったのですけれども、実際前年度幾らであったのか。それと、これだけ多く見込むといいますか、また特段の何か第2弾、第3弾の返礼品といいますか、そういったものを考えているのかお伺いします。



○議長(渡辺俊君) 高橋総合政策課長。



◎総合政策課長(高橋晃君) 26年度のふるさと納税者件数及び金額についてお答えいたします。

  件数が70件でございます。金額につきましては、422万8,000円という状況でございました。それで、ことしに入りまして、6月3日までの状況ですと、25件、41万円という状況になっております。これは昨年11月から、そこまではワインだけだったのですが、コシヒカリ5キロ袋2つというのをワインかコシヒカリを選べるようにした11月から飛躍的にふるさと納税の件数が増えました。そのことで、27年度に入りましてもやはり件数が引き続き多い状況が続いているということでの補正でございます。

  そして、これからまた新たにお礼の品を増やしていくかということにつきましては、特産品等々を中心に増やしていきたいというふうに計画しております。よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) ほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで議第64号の質疑を終わります。

  次に、議第65号 平成27年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第66号 平成27年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第67号 平成27年度胎内市公共下水道事業会計補正予算(第1号)について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第68号 平成27年度胎内市水道事業会計補正予算(第1号)について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第69号 胎内市介護保険条例の一部を改正する条例について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第70号 胎内市新市建設計画審議会条例の一部を改正する条例について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第71号 胎内市空き地、空き家等の適正管理に関する条例の一部を改正する条例について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、議第72号 胎内市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  次に、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦については、人事に関する案件なので、質疑を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、質疑を省略します。

  次に、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決します。

  諮問第1号は、議会として適任であると答申することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、諮問第1号は適任であると答申することに決定しました。

  ただいま議題となっている議第65号から議第72号までについては、お手元に配付の議案付託表のとおり所管の常任委員会に審査を付託します。

                                           



○議長(渡辺俊君) これで本日の日程は全部終了しました。

  次の本会議は6月25日午前10時から一般質問を行います。

  なお、各委員会の日程はお手元に配付の会期日程のとおりであります。また、討論は通告制といたしますので、全ての委員会の審査が終了する23日の午後5時までに議長に通告願います。

  本日は、これをもって散会いたします。

  ご苦労さまでした。

               午前11時07分  散 会