議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 胎内市

平成27年  4月 臨時会(第1回) 04月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成27年  4月 臨時会(第1回) − 04月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成27年  4月 臨時会(第1回)





       平成27年第1回胎内市議会臨時会会議録(第1号)

〇議事日程
平成27年4月24日(金曜日) 午前10時開会
第 1 会議録署名議員の指名                              
第 2 議会運営委員長報告                               
第 3 会期の決定                                   
第 4 諸般の報告                                   
第 5 承認第2号 専決処分の承認を求めることについて                 
           専第3号 胎内市税条例等の一部を改正する条例           
    承認第3号 専決処分の承認を求めることについて                 
           専第4号 胎内市国民健康保険税条例の一部を改正する条例      
    議第62号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第1号)            
    議第63号 工事請負契約の締結について                     
                                           
〇本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
                                           
〇出席議員(18名)
   1番   薄  田     智  君    2番   森  本  将  司  君
   3番   八  幡  元  弘  君    4番   佐  藤  陽  志  君
   5番   渡  辺  秀  敏  君    6番   坂  上  清  一  君
   7番   小  野  ?  重  君    8番   渡  辺  栄  六  君
   9番   天  木  義  人  君   10番   佐  藤  武  志  君
  11番   榎  本  丈  雄  君   12番   森  田  幸  衛  君
  13番   高  橋  政  実  君   14番   桐  生  清 太 郎  君
  15番   富  樫     誠  君   16番   渡  辺  宏  行  君
  17番   丸  山  孝  博  君   18番   渡  辺     俊  君
                                           
〇欠席議員(なし)
                                           
〇説明のため出席した者
     市     長   吉  田  和  夫  君
     副  市  長   三  宅  政  一  君
     総 務 課 長   岩  川  一  文  君
     総 合 政策課長   高  橋     晃  君
     財 政 課 長   ?  橋  次  夫  君
     税 務 課 長   桐  生  光  成  君
     市 民 生活課長   井  畑  明  彦  君
     福 祉 介護課長   須  貝  敏  昭  君
     こども支援課長   榎  本  武  司  君
     健康づくり課長   須  貝     実  君
     農 林 水産課長   阿  彦  和  男  君
     地 域 整備課長   久 保 田  雅  勝  君
     会 計 管 理 者   佐  藤     守  君
     商 工 観光課長   高  橋  文  男  君
     上 下 水道課長   本  間  陽  一  君
     黒 川 支 所 長   小  野  晋  平  君
     農 委 事務局長   松  田  祐  司  君
     教  育  長   小  野  達  也  君
     学 校 教育課長   小  熊  龍  司  君
     生 涯 学習課長   池  田     渉  君
                                           
〇事務局職員出席者
     議 会 事務局長   小  野  孝  平
     参     事   佐 久 間  伸  一
     主     任   八  幡  慎 太 郎



               午前10時00分  開 会



○議長(渡辺俊君) おはようございます。ただいまから平成27年第1回胎内市議会臨時会を開会します。

  現在の出席議員は18名であり、定足数に達しているので、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                           



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(渡辺俊君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長より指名します。13番、高橋政実議員、14番、桐生清太郎議員、以上の2名に願います。

                                           



△日程第2 議会運営委員長報告



○議長(渡辺俊君) 日程第2、議会運営委員長に閉会中における議会運営委員会の調査事項について、本臨時会での報告を求めます。

  丸山委員長。

               〔17番 丸山孝博君登壇〕



◆17番(丸山孝博君) おはようございます。これより議会運営委員長報告を行います。

  第1回臨時会の運営等について、去る4月20日午前10時から吉田市長の出席を求め当委員会を開催し、慎重に協議いたしました。以下、その内容についてご報告いたします。

  初めに、本臨時会の会期について検討した結果、本日1日限りとすることといたしました。

  次に、議事日程ですが、皆様のお手元に配付されております日程表のとおりであり、本日の本会議は諸般の報告、市長の提案理由の説明の後、承認第2号及び承認第3号並びに議第62号及び議第63号について議案ごとに質疑及び討論、採決を行う日程といたしました。

  以上が当委員会において本会議の運営について協議した内容であります。円滑な議事運営について皆様のご協力をお願いいたしまして、報告を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 以上で議会運営委員長報告を終わります。

  お諮りいたします。ただいまの報告に対する質疑は省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、議会運営委員長報告に対する質疑は省略します。

                                           



△日程第3 会期の決定



○議長(渡辺俊君) 日程第3、会期の決定についてを議題とします。

  本臨時会の会期については、議会運営委員長報告のとおり、本日1日限りとしたいが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、本臨時会の会期は本日1日限りと決定しました。

                                           



△日程第4 諸般の報告



○議長(渡辺俊君) 日程第4、これより諸般の報告を行います。

  地方自治法第121条第1項の規定により、本臨時会に出席を求めた者は、吉田市長を始め副市長、教育長、会計管理者、課長、局長、支所長の20名です。

  これで諸般の報告を終わります。

                                           



△日程第5 承認第2号 専決処分の承認を求めることについて

             専第3号 胎内市税条例等の一部を改正する条例

      承認第3号 専決処分の承認を求めることについて

             専第4号 胎内市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

      議第62号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第1号)

      議第63号 工事請負契約の締結について



○議長(渡辺俊君) 日程第5、承認第2号及び承認第3号、議第62号及び議第63号について一括議題とします。

  本件について提案理由の説明を求めます。

  吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) おはようございます。本日ここに第1回臨時会を招集いたしましたところ、議員各位にはご多用のところご参集いただきましてありがとうございます。

  本臨時会に提出いたしました案件の説明に入ります前に少し時間を頂戴いたしまして、有限会社マルイ商店による坪穴地内の採石採取をめぐる囲繞地通行権確認請求事件について報告申し上げます。

  本件につきましては、平成23年11月に有限会社マルイ商店から公道から採石採取地までの間における胎内市が所有する土地の通行権の確認請求についての訴状が新潟地方裁判所に提出されたものであり、平成26年2月に市の主張が認められる内容の判決が言い渡されたことを不服として控訴がなされ、同年7月に東京高等裁判所において控訴を棄却する旨の判決が確定いたしました。しかしながら、有限会社マルイ商店はこの判決も不服として同年8月に上告がなされましたが、今月10日に最高裁判所において裁判官全員一致の意見で上告を棄却し、上告審を受理しない旨の判決が決定したところであります。平成23年11月の訴訟提起以来、地元住民の皆様、そして議員の皆様には大変ご心配をおかけいたしましたが、市といたしましては今後とも市民の皆様の安全、安心のため、鋭意取り組んでまいりたいと考えております。この点よろしくお願いしたいと思います。

  以上で報告を終えまして、これより今回提案いたしました議案の概要について説明申し上げます。

  まず最初に、承認第2号 専決処分の承認を求めることについては、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、胎内市税条例等の一部を改正する条例を去る3月31日に専決処分したことについて承認を求めるものであります。

  改正の主な内容といたしましては、法人市民税の税率の基準である資本金等の額の定義の見直しを行うこと、宅地及び農地に係る固定資産税の課税標準額の特例である負担調整措置を3年間延長し、平成29年度までとすること、また身体障害者等に対する軽自動車税の減免申請の提出期限を納期限前7日から納期限までに延長すること、原動機付自転車及び2輪車等に係る税率の引き上げ時期を1年間延長し、平成28年4月1日から適用させること等の改正により、所要の整備を行うものであります。

  次に、承認第3号 専決処分の承認を求めることについては、地方税法施行令等の一部を改正する政令が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、胎内市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を去る3月31日に専決処分したことについて承認を求めるものであります。

  改正の主な内容といたしましては、国民健康保険税の基礎課税額の課税限度額を51万円から52万円に、後期高齢者支援金等課税額の課税限度額を16万円から17万円に、介護納付金課税額の課税限度額を14万円から16万円にそれぞれ引き上げ累進性を高めるとともに、中間所得者層の負担の緩和を図るものであります。

  また、国民健康保険税の軽減措置について、5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずる金額を24万5,000円から26万円に、2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずる金額を45万円から47万円にそれぞれ引き上げることにより、低所得者に対する軽減措置を拡充するものであります。

  次に、議第62号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億4,300万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ157億5,300万円といたしたくお諮りするものであります。

  歳出といたしましては、第3款民生費では、1項3目老人福祉費において、昨年12月に発生した突風により塩の湯温泉施設の屋根が破損した事案について、保険会社による査定額が確定したことから、安全面を考慮し早急に復旧工事を行うため、設計業務委託料を計上し、改修工事費を増額いたしました。

  2項2目児童措置費では、クラレ新潟ふれあい募金様より児童福祉に役立ててほしいと寄附をいただいたことから、公立保育園の遊具等の整備を行うこととし、消耗品費、施設整備工事費を増額したほか、備品購入費を計上いたしました。

  第8款土木費では、5項1目住宅管理費において、4月から申請を受け付けております住宅建築リフォーム補助金について、補助申請の状況等を勘案し、増額いたしました。

  第10款教育費では、6項1目社会教育総務費において、平成24年11月に当時の財団法人北越美術博物館の山本氏より寄贈いただいた美術品等の収蔵及び展示施設として芸術文化交流施設を整備するため、実施設計委託料、工事管理委託料、工事請負費、備品購入費を計上いたしました。

  なお、同施設の附帯施設として整備するトイレにつきましては、その周辺を訪れる市民や観光客等が広く利用できるような仕様にしたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上で歳出を説明いたしましたが、これを賄います歳入財源は、県支出金、寄附金、繰入金、繰越金、諸収入、市債をそれぞれ増額いたしております。

  次に、第2条、地方債の補正につきましては、第2表のとおり、芸術文化交流施設整備事業の財源に充てる市債について、借り入れ限度額等を定めるものであります。

  次に、議第63号 工事請負契約の締結についてでありますが、これは(仮称)胎内市総合体育館建設に係る武道館棟建築工事の請負契約の締結に関するものであります。

  本工事につきましては、3月16日に制限つき一般競争入札の公告を行い、特定共同企業体の入札参加を募ったところ、株式会社石井組と杉田建設株式会社との共同企業体である石井・杉田特定共同企業体、株式会社伊藤組と株式会社西奈美組との共同企業体である伊藤組・西奈美組特定共同企業体、株式会社小野組と株式会社小野工務店との共同企業体である小野組・小野工務店特定共同企業体、新発田建設株式会社胎内営業所と曵栄建設株式会社との共同企業体である新発田・曵栄特定共同企業体の4つ企業体から入札参加申請があり、4月16日に制限つき一般競争入札を執行した結果、予定価格に達せず、落札者がありませんでした。しかし、現在建築中の体育館棟と同時期に完成させる必要があるため、地方自治法施行令第167条の2第1項第8号の規定により随意契約とし、最低の価格で入札した特定共同企業体から見積書を徴取したところ、予定価格内にとどまりましたことから、2億4,300万円で株式会社小野組と株式会社小野工務店で構成する小野組・小野工務店特定共同企業体と契約を締結いたしたく、お諮りするものであります。なお、落札率は98.21%で、工事期間につきましては平成28年1月18日までとしております。

  以上でございます。何分のご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(渡辺俊君) 以上で提案理由の説明を終わります。

  これより議案ごとに質疑及び討論、採決を行います。

  初めに、承認第2号 専決処分の承認を求めることについて、専第3号 胎内市税条例等の一部を改正する条例について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  お諮りします。本件については、委員会付託を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略することに決定しました。

  これから討論を行います。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) 討論なしと認めます。

  これで討論を終わります。

  これから承認第2号について採決します。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、承認第2号は承認されました。

  次に、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて、専第4号 胎内市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  お諮りします。本件については、委員会付託を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略することに決定しました。

  これから討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) 討論なしと認めます。

  これで討論を終わります。

  これから承認第3号について採決します。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、承認第3号は承認されました。

  次に、議第62号 平成27年度胎内市一般会計補正予算(第1号)について質疑を行います。

  最初に、歳出全般について質疑を行います。ご質疑願います。

  丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) 18ページの土木費、住宅建築リフォーム補助金が今回500万円追加になりました。26年度の最終補正第10号で590万4,000円、当初で3,017万6,000円、3,608万円ということで、通年よりも倍近い金額で今回は事業行って、ただ補助率が上がったというということもあって人気があったのだろうということだと思うのですけれども、この3,600万円によって何件くらいの申し込みがあったのかお尋ねします。



○議長(渡辺俊君) 久保田地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) ただいまのご質問にお答えいたします。

  現在までで225件の申請がございます。

  以上でございます。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) それで、これ隔年で受けられるようになったのですけれども、過去この制度を受けた人については後回しになっているという話を聞いたのです。だから、そのことによって今回補正が500万円出たのかなという感じもしますけれども、新規の者と、それと過去1回でも2回でもこの制度を利用した者、人たちがやはり平等に申請を受けられるようにすべきだというふうに思いますけれども、今回の補正で過去にこの制度を利用した人も大丈夫なのかどうか伺います。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 過去に隔年ということで、まず繰り越しで行った部分もございます。これは、金額としては590万4,000円ということで、あと8款で行っているリフォームにつきましても、それは新規も2回目以降も受け付けを行っている、順番で行っているところでございますので、差別しているわけではございませんので、2回受ける方が後回しになるということはございません。

  以上でございます。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。



◆17番(丸山孝博君) いや、課長は多分わからないのではないかと思うのですけれども、担当の職員が申請に行った人……職員に聞いたわけではないですけれども、申請に行った人がそういうふうに言って、自分は2回目だといったことは述べないで、調べたら過去にも、2年前も受けていますねと、この場合は新しいほうの人を先やりますよ、だから待ってくださいということで今保留になっているという話なのです。だから、保留になっているのが決定なのかどうかというので今不安な状態になっていて、この500万円で、当然それはもう受け付けたのだから、ちゃんと手続、決定通知を出すべきではないかということなのです。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 今まで相談して、また受け付けした、申請に来たものについては全部今現在受け付けしているという状況でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。



◆10番(佐藤武志君) 繰入金の芸術文化交流施設の件についてお伺いしたいと思います。

  この芸術文化交流施設、4,000万円の寄附をいただいて、美術館ですか、そういう施設をつくるということなのですけれども、この寄附を受けた物品、どれくらいの価値があって、何点ぐらいの所蔵、展示をするのか、ちょっとお聞きいたします。



○議長(渡辺俊君) 池田生涯学習課長。



◎生涯学習課長(池田渉君) 点数は全部で956点ありまして、価値というのは試算していないのでわからないのですけれども、山本さんが購入したお金は1億5,000万円ぐらいを使ったということであります。

  以上です。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。



◆10番(佐藤武志君) 956点のもの、どのような種類のものあるのですか。



○議長(渡辺俊君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(池田渉君) 剣とか鏡、それから銅器、茶道具、それから仏具、仏像、それから塗り物、それから洋画、版画、書画、ガラス細工、多種多様、いろんなものがあります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。



◆10番(佐藤武志君) こういう今聞いたもの、私も実際その品物は見ていませんけれども、何か趣味で集められた品物だと思います。わざわざこういう品物をそういう展示をするために数億円の金をかけて建設する必要があるのか。こういうものであれば、各施設今あるではないですか。そういうところにおのおの展示したり、日がわりに展示したりすることもできるし、また学校等、そういう閉校になった場所もあるではないですか。そういうところも利用したほうがいいと思うし、本当にこの展示物を飾って実際どのくらいの集客を望んでいるのか、まずお聞きします。



○議長(渡辺俊君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(池田渉君) 補助金をいただく関係で要望書を出している段階なのですけれども、その中での集客は4,100人を見込んでおります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。



◆10番(佐藤武志君) これどういう根拠で4,100ですか、この人数を集客できると思っているのでしょうか。本当にこの文化施設たるものに956点の品物、刀、ガラス、仏像等々を置いて実際果たして集客、今いろんな大きな都市においても、こういう芸術品を飾るにしてもなかなか集客は来ないのです。海外から立派な有名な絵画持ってきたり、彫刻持ってきたり、そういうとき人集まりますけれども、今大きな都市でもってもこういう施設には人がなかなか集まらないのです。果たしてこういう個人的な収集物に対して見に来る人が4,000人もいるのですか。お聞きします。



○議長(渡辺俊君) 教育長。



◎教育長(小野達也君) 根拠と言われますとなかなか難しいところがあるのですけれども、胎内川観光であるとか樽ケ橋の集客なども含めて年間4,100というものをまずは目標にしていきたいというようなことでございます。

  ご指摘の山本コレクション900点あるわけですけれども、私どもの学芸員でもなかなか見てとれないというか、価値が十分に把握できていないというものも中にはございますし、中にはもう既に市の文化財として指定を受けているというようなもの、また著名な作家の作品であるということが判明しているものもございます。企画展をやりまして、種類に応じて、やはり企画によって展示をしていくというのが1つでありますし、それから市が所有する他の美術品というのも非常に多うございます。日輝会の絵画につきましては100点以上所有しているというところもありますし、それから本間正英氏の絵画作品、それから大平實氏の彫刻等の作品、それに加えて今企画の中で準備委員会のほうで議論されているのが文化交流施設という名称でありますので、やはり近代的な文化、歴史的なもの、文化的なもの、例えばですけれども、會津八一先生の書画であるとか、それから小林ハルさんのゆかりの品であるとかというようなものも展示できるような、そういった企画を催して集客を図っていき、また先ほども市長のほうから提案理由で申し上げました胎内川観光または樽ケ橋の活性化、観光振興のほうにも寄与していきたいというふうに考えておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員、申し合わせで同一項目3回までということになっておりまして、あなたの場合もう4回やりましたので、どうしてもというなら。



◆10番(佐藤武志君) いいです。



○議長(渡辺俊君) いいですか。

  ほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで歳出の質疑を終わります。

  次に、歳入全般及び地方債の補正について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで議第62号の質疑を終わります。

  これから討論を行います。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) 討論なしと認めます。

  これで討論を終わります。

  これから議第62号について採決します。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第62号は原案のとおり可決されました。

  次に、議第63号 工事請負契約の締結について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご質疑ないので、これで質疑を終わります。

  お諮りします。本案については、委員会付託を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略することに決定しました。

  これから討論を行います。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) 討論なしと認めます。

  これで討論を終わります。

  これから議第63号について採決します。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第63号は原案のとおり可決されました。

                                           



○議長(渡辺俊君) 以上で本臨時会に提案された議案の審議は全て終了しました。

  これをもって平成27年第1回胎内市議会臨時会を閉会します。

  ご苦労さまでした。

               午前10時30分  閉 会