議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 胎内市

平成26年 12月 定例会(第4回) 12月17日−一般質問−03号




平成26年 12月 定例会(第4回) − 12月17日−一般質問−03号







平成26年 12月 定例会(第4回)





       平成26年第4回胎内市議会定例会会議録(第3号)

〇議事日程
平成26年12月17日(水曜日) 午前10時開議
第 1 一般質問
                                           
〇本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
                                           
〇出席議員(18名)
   1番   薄  田     智  君    2番   森  本  将  司  君
   3番   八  幡  元  弘  君    4番   佐  藤  陽  志  君
   5番   渡  辺  秀  敏  君    6番   坂  上  清  一  君
   7番   小  野  ?  重  君    8番   渡  辺  栄  六  君
   9番   天  木  義  人  君   10番   佐  藤  武  志  君
  11番   榎  本  丈  雄  君   12番   森  田  幸  衛  君
  13番   高  橋  政  実  君   14番   桐  生  清 太 郎  君
  15番   富  樫     誠  君   16番   渡  辺  宏  行  君
  17番   丸  山  孝  博  君   18番   渡  辺     俊  君
                                           
〇欠席議員(なし)
                                           
〇説明のため出席した者
     市     長   吉  田  和  夫  君
     副  市  長   三  宅  政  一  君
     総 務 課 長   岩  川  一  文  君
     総 合 政策課長   高  橋     晃  君
     財 政 課 長   ?  橋  次  夫  君
     税 務 課 長   小  林  広  満  君
     市 民 生活課長   井  畑  明  彦  君
     健 康 福祉課長   須  貝  敏  昭  君
     農 林 水産課長   阿  彦  和  男  君
     地 域 整備課長   久 保 田  雅  勝  君
     会 計 管 理 者   佐  藤     守  君
     商 工 観光課長   丹  後  勝  次  君
     上 下 水道課長   坂  上     仁  君
     黒 川 支 所 長   小  野  晋  平  君
     農 委 事務局長   松  田  祐  司  君
     教  育  長   小  野  達  也  君
     学 校 教育課長   小  熊  龍  司  君
     生 涯 学習課長   池  田     渉  君
                                           
〇事務局職員出席者
     議 会 事務局長   小  野  孝  平
     係     長   佐 久 間  伸  一
     主     任   八  幡  慎 太 郎



               午前10時00分  開 議



○議長(渡辺俊君) おはようございます。これより第4回定例会を再開いたします。

  現在の出席議員は18名であり、定足数に達しているので、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の日程は、お手元に配付の議事日程に従って進めます。

                                           



△日程第1 一般質問



○議長(渡辺俊君) 日程第1、一般質問を行います。

  それでは、八幡元弘議員の質問を許可します。

  八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) おはようございます。議長に提出しました通告書に従い、質問いたします。

  まず、胎内川の河口について質問いたします。胎内川河口は、河口付近に砂がたまり、頻繁に河口の閉塞が起き、その都度しゅんせつを行っている状況であります。今年度は、県が1回、市が9回しゅんせつをしている。これは漁業者から「砂がたまって、船を河口から海に出すことができない」との連絡があってからようやくしゅんせつをしている場合が多い。河口の閉塞が起きると、漁業者が船を海に出し漁に出れないだけでなく、河口から胎内大橋のあたりまで川の水位が急上昇し、夏には多くの子供たちがカヌーを楽しみ、休日に川遊びをする家族、釣りを楽しむ太公望にも影響が生じる。観光に積極的に取り組んでいる市のイメージにもよくない。また、近年の異常気象によりゲリラ豪雨が重なった場合には、川の氾濫も懸念され、近隣住民にも危険が生じる可能性がある。漁業者のためだけではなく、近隣住民の安全、治水の観点から、本来の川のあるべき姿、滞りなく川が流れ、しゅんせつをする必要もないのが本来の川の姿だと思うが、抜本的な対策を講じる考えはあるのか。

  また、胎内川を管理しているのは県である。県は年に1回しゅんせつをしているだけだが、もっと緊密に県と連携していく考えはあるのか。

  加えて、河口のしゅんせつを胎内船友会が独自に行ったことがあると聞くが、このことをどのように考えているのか。今後も胎内船友会が独自にしゅんせつをしなければならないことがあるのか、以上3点について伺います。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) ただいまの胎内川の河川についてでありますが、1点目と2点目関連ありますので、一緒に回答させていただきたいと思っております。

  初めに、胎内川河口の抜本的な対策についてでありますが、議員もご承知のように、降雨量が少ない場合、胎内川河口付近は水量が少なくなり、水の流れが緩やかといった特徴を持っているところであります。しかし、海がしける日などは海水が逆流し、それによって大量の土砂が河口の付近に堆積する現象がたびたび発生するほか、海岸侵食の進行も河口付近の川幅を狭くする原因の一つでありまして、水深が浅くなるなどの課題があります。このような状態が河口を往来する漁船やB&G艇庫等で使用するカヌーやヨット等の障害になっていることから、市では降雨量の少ない時期や夏場の渇水期または気象の変化が著しいときに、河口付近の施設周辺の航路点検を行っているところであります。今後は、点検回数を増やすとともに、堆積した土砂によって重大な事故が発生することのないよう、河川管理者である県の許可を得て河川のしゅんせつ工事を行い、航路の維持、復旧対策を迅速に行ってまいりたいと考えております。また、県が行うしゅんせつにつきましては、今後回数を増やしていただけるよう要望するとともに、胎内川河口の抜本的な改良工事につきましても、県と連携を図りながら最良の方法を協議させていただきたいと思っております。1番なのは、漁協の組合員から電話入りまして、また1週間もたつと閉鎖するようなことも起きるわけでありますので、これらを県と電話一本で何とかできないかという協議をこれからまた早急に進めさせていただきたいと思っておりますので、この点ご理解お願いしたいと思っております。

  それから、3点目の胎内船友会のしゅんせつについてでありますが、お答えいたします。過去に船友会が独自でしゅんせつを行ったことがあると聞いておりまして、船友会の皆様には大変なご苦労をおかけしたと思っております。今後は今まで以上に船友会との連携を密にいたしまして、点検回数を増やす等の対応とあわせ、しゅんせつ箇所の可否を含めた中で市及び県主体で工事を実施し、ご負担をおかけしないように努力してまいりますので、ご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) カヌーのことについてなのですけれども、B&Gの艇庫の前で夏から秋にかけて、平日だとほとんど毎日のようにカヌーをされていると思うのですが、そのカヌーをするときの水位の基準というか、しゅんせつをしない場合水位上がって、相当水位が違うと思うのですが、どのぐらいの水位でやるのか。あまりに水量が多かったらやらないとか、そういう基準はあるのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 小野教育長。



◎教育長(小野達也君) 特にその水深がどうであるとか、水位がどうであるとかというような基準は特に設けておりません。ただ、お話にあるように、経験であるとか、発達段階であるとか、そういったものによってはその外洋、海のほうへ出るというような場合もないわけではございません。そういった場合にそうした砂がたまるというようなことで、浅いとやはりカヌーであっても出れないというような、逆に浅くてというようなことの支障は聞いたことありますけれども、特に水深が深くて危険でというような認識は今のところ持っておりません。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) 市のほうで河口の点検をしているということなのですけれども、どれくらいの頻度で、またどういう時期に行っているのか、お願いします。



○議長(渡辺俊君) 阿彦農林水産課長。



◎農林水産課長(阿彦和男君) 河口での、今ほど市長からも話がありましたとおり、荒れた時期、また逆になぎよ過ぎてたまったままになっている時期等において、週1とかなんとかではなくて、そういう時期を見きわめて見回っている状況でございます。ただ、先ほどご指摘いただきましたとおり、船友会との連携をとりながらということで、連絡をいただいた後見に行くということもたびたびありましたので、今後そういうことのないような形で進めていきたいということでございます。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) 実際に市の幹部の方たちは、その現状を見たことはありますでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 農林水産課長。



◎農林水産課長(阿彦和男君) 課長ということであれば私は現状を見ておりますし、副市長もたびたびごらんになり、指示をいただいているところでございます。

  以上です。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) では、次の質問に移ります。

  2つ目ですけれども、新潟中条中核工業団地について質問をいたします。近年、新潟中条中核工業団地内の笹口浜地区においては大規模な太陽光発電が進められて、また鴻ノ巣地区においては工場が徐々に増えてきており、胎内市の給食センター、総合体育館の建設が始まっています。中核工業団地に関しては市民の関心も高く、期待も非常に大きいものがあります。今後の新たな企業誘致の見通しは。また、企業を誘致する場合、笹口浜においてのような、太陽光発電のような雇用をあまり生まないような土地利用を再びすることがあるのか。また、学校給食センターや総合体育館のように、市の施設を建設することはあるのか。

  続いて、日本海沿岸東北自動車道の中条インターチェンジと荒川胎内インターチェンジの間にスマートインターチェンジを設置するよう要望していると聞くが、その見通しは。また、スマートインターチェンジが設置された場合の周辺の活用方法の市としての青写真はあるのか。要望どおりにスマートインターの設置が決定した際には、胎内市の米、野菜などの農産物、牛肉、豚肉などの畜産物、魚などの海産物、加えてさまざまな銘菓、ワインなど多種多様な特産物がありますが、これらの胎内市のすばらしい商品の販売またはPRができるような、高速道路からも一般道からもアクセス可能な道の駅の設置を提案するが、その考えはありますか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) ただいまの新潟中条中核工業団地についてでありますが、お答えいたします。

  1点目の新潟中条中核工業団地についてでありますが、新潟中条中核工業団地は中小企業基盤整備機構の分譲業務終了により、新潟県が共有持ち分を引き受け、今年度から単独の事業主体となりました。近年の動向といたしましては、昨年が2社、今年は現在までに3社が進出いたしまして、工場用地76ヘクタールのうち、利用率は約6割となっております。県及び市では、新潟中条中核工業団地の土地利用方針として、製造業などの工場を誘致し、雇用創出と地域経済の活性化を図りながら市の人口減少に歯どめをかけられるよう連携いたしまして、誘致活動に取り組んでまいりたいと考えております。なお、市では、新潟中条中核工業団地内におきまして、新たに市の施設を建設することは計画をしておりません。

  それから、2点目のスマートインターチェンジについてでありますが、市では中条インターチェンジと荒川胎内インターチェンジの中間地点であり、県道314号線、笹口浜・中条線との交差地点にスマートインターチェンジの設置を検討しております。これは、当市の中心市街地からの利便性の向上と、新潟中条中核工業団地などへ企業誘致を促進するためであります。おおよそのスケジュールといたしましては、平成27年度に連結許可申請を国土交通大臣に提出いたしまして、認可された後、平成31年度末の供用開始となるよう、関係各署に働きをかけてまいりたいと考えております。いずれにしましても、現在調査しております交通量推計、費用便益比や採算性の結果に基づき、今後の進め方や連結申請に向けた検討課題が判明いたしますので、よろしくお願いしたいと思っております。

  また、道の駅の設置も含めた周辺土地の活用方法についてでありますが、スマートインターチェンジの設置予定地の付近は優良農地として利用されていることや胎内川と近接している場所でもあることから、土地利用上の制約が大きくなっております。したがいまして、議員ご指摘の上信越自動車道新井パーキングエリアにありますハイウエーオアシスのような施設につきましては、現在のところ設置に向けた具体的な検討は行っておりませんので、ひとつご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) 中核工業団地についてなのですけれども、去年2社、ことし3社と入っているということなのですが、今後の予定というか、交渉しているところはありますか。また、どういう見通しがあるのか、お願いします。



○議長(渡辺俊君) 高橋総合政策課長。



◎総合政策課長(高橋晃君) 今答弁にありましたとおり、昨年2社、ことし3社ということでございますけれども、今具体的に県と連携を図りながら企業誘致をしているところでございますが、現段階で明確に来年度このぐらいが決まっているとかというものは現在のところございません。ただ、東日本大震災を受けてやはり関東方面、首都圏にある工場が一極でそちらだけに持っていると非常にリスクがあるというようなことで、できるだけリスクを分散させて日本海側にもその工場をというようなことでの動きがございます。そんな中で、今建設中のジャムコさんが比較的大きな工場でございますので、またその関連工場等を誘致したいと考えておりまして、いろんな働きかけを行っている最中でございますので、ご理解お願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) スマートインターがもし新しくできますと、今の中条インターとスマートインター、2つ胎内市にインターチェンジを持つことになると思いますけれども、その使い分けというか、どういう役割分担を持たせるか、そういうお考えはありますでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 総合政策課長。



◎総合政策課長(高橋晃君) 近いほうに乗るというような選択肢に当然なってくると思うのですけれども、主に今スマートインターを要望しているという理由が、市長答弁にもありましたとおり、中心市街地、ここから乗るのだと恐らく前面道路、県道を使ってすぐスマートインターから新潟方面へというような選択肢になりますし、胎内市の人口集中地帯から乗るのに一番近いインターになるだろうというふうには考えております。

  それが1つと、もう一つはやはり中核工業団地の誘致というような側面でも、そこに製造業だとか、それから運輸業であるとかというような工場ができた場合、一番近いインターになるというふうに考えておりますので、そういうような利便性が高いほうを乗っていくというような選択肢になると考えております。



○議長(渡辺俊君) 八幡議員。

               〔3番 八幡元弘君質問席〕



◆3番(八幡元弘君) 以上です。ありがとうございました。



○議長(渡辺俊君) 以上で八幡元弘議員の質問を終わります。

                                           



○議長(渡辺俊君) 次に、森田幸衛議員の質問を許可します。

  森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) おはようございます。議長に提出した通告書に基づきまして、4項目にわたって質問をさせていただきます。

  まず初めに、長池直売所の活性化について伺います。農産物直売所リップルの活性化については今まで先輩議員が一生懸命取り組んでいましたので、ずっと遠慮してきましたが、もういなくなりましたので、質問をさせていただきます。リップルの運営は年々厳しい状態が続いており、4代目の代表者が粉骨砕身で頑張っていますが、苦しい経営状況から脱することは容易ではありません。リップルが今後より多くの集客が期待できるようもう一度原点に立ち返り、長池公園の魅力を高めるべく公園整備に力を入れていただきたいと思います。もともと長池公園整備事業は旧中条町時代に築地地区の要望に応えてやっていただいた国庫補助事業であり、農産物直売所リップルの建設は築地地区の建設業者が落札しました。やがてリップルが完成したとき、国庫補助事業の執行者である熊倉町長は選挙で破れ、ただの人になっていましたが、建設業者の社長は仕事をさせてもらった感謝の気持ちを伝えたくて、竣工式前の日曜日の夕方、人目を避けて、お忍びで前町長を車に乗せて、完成したばかりのリップルを見てもらったそうです。私はこのエピソードを思い出すたびに、現在のリップルの惨たんたる状態が悲しくてたまりません。JA胎内市の直売所が年々業績を伸ばしているのとまるで反比例するかのようにリップルの経営は年々じり貧で、もう落ちるところまで落ちたと私は思います。現在の代表者の心が折れたら、もう後に続く人は誰もいません。長池憩いの森公園と農産物直売所リップルの活性化に向けて、やれることは全てやり尽くすべきだと思います。しかも、それはこれから始まる地方創生というこのたびの総選挙で信任された安倍政権の政策にフィットしていると考えます。国土交通省のホームページに「「道の駅」は、それ自体が目的地となり、まちの特産品や観光資源を活かしてひとを呼び、地域にしごとを生み出す核へと独自の進化を遂げ始めている。この進化する「道の駅」の機能強化を図り、地方創生の拠点となる先駆的な取組をモデル箇所として選定し、関係機関が連携の上、計画段階から総合的に支援します」と書いてあります。今までリップルの活性化について、本当はこうしたほうがいいとか、もっとああしたほうがいいとか、まるで人ごとのように責任もとらずにそれぞれ口にしていた事柄を一つ一つ真剣に議論するときが来たと思います。諸先輩方と同じく故郷を思う気持ちを込めて、以下6項目についてご提案申し上げますので、市長の答弁をお願いいたします。

  1、長池公園を魅力あるすばらしい公園にするための方策についてですが、原点に立ち返り、魅力ある長池公園にするための専門的な整備と管理をする。チューリップ畑を臨む見晴らし台の上部と土手下それぞれに遊歩道を整備して、リップルの駐車場から遊歩道を通って公園を散策するコースをデザインする。チューリップフェスティバル名物の菜の花畑の文字を臨める展望台を建設する。長池を魚釣りができる魅力ある池に整備して、釣りマニアが集まるようにする。

  2、イベント開催時のマスコミ等の活用と人的支援についてですが、毎月地道に行っているリップル主催のイベントをもっと広く周知するため、新聞、テレビ、ラジオを活用するとともに、イベントの企画からPR、準備、後片づけに至るまで農林水産課の担当係が先頭に立って支援する。直売所のマスコットキャラクターであるリップルちゃんも胎内市の観光大使なのでやらにゃんと同様にリップルちゃんのキャラクターグッズも制作、販売する。

  3、案内看板の設置についてですが、築地・村松浜線の西部広域農道の入り口にまず1カ所、国道113号線並びに7号線の高速道アクセス道路の入り口丁字路及び高速道路中条インターチェンジに立派な目立つ案内看板を設置する。

  4、松原ステーブルスとの連携については、直売所と目の鼻の先にある全国でも珍しい誰でも気軽に、しかも格安で乗馬体験ができる松原ステーブルスと連携して集客を図る。そのためにアクセス道路から松原ステーブルスまでのルートを思い切った大胆なレイアウトで整備する。

  5、道の駅の認証と観光バスの休憩ポイントの指定について。チューリップフェスティバル開催時における第1駐車場を全面的に立派な駐車場に整備する。それでも足りなければ、アクセス道路の反対側、つまり松原ステーブルス側にも駐車場を整備する。そして、道の駅の認証条件をクリアして観光バスの休憩ポイントの指定を獲得し、遠くからの旅行者を迎えるとともに地元の人々が心のよりどころとして集まるガソリンスタンドが備わった道の駅にする。

  6、入浴施設、農家レストランの併設についてですが、農業委員会の会長はもうここまで来たらリップルに塩の湯を持ってくるか、塩の湯をリップルに持ってくるかなどと心温まる冗談を言いながら、今は6次産業関係の補助金なら国も後押ししているので、そっちの方向しかないだろうと言っています。リップルを立派な道の駅に生まれ変わらせると同時に入浴施設、農家レストランを併設すれば、ガソリンスタンドを含めて新たな雇用も創出できます。それにも増してもっと大切な基本は、リップル直売所そのものも生まれ変わらなければならないということです。今の時代、たとえ地元の専業農家の家であっても夕飯のおかずを全て自給自足している家などありません。みんな中条や新発田市のスーパーマーケットまで毎日のように買い物に行っています。例えばきょうの夜は焼き肉にしようと思ってリップルに行けば、新鮮な野菜はもちろんですが、牛肉や豚肉、焼き肉のたれも中条や新発田市のスーパーマーケットと品質も値段も遜色なく同じように売れば、それでもリップルを飛び越えてやはり中条や新発田市へ毎日買い物に行くでしょうか。おのずと答えはわかるはずです。先ほど述べました長池直売所活性化に向けた6項目の取り組みについて、どうすればこんな面倒なことをしなくて済むかという後ろ向きの検討ではなくて、どうすれば実現できるかという前向きな検討をお願いしたいと思います。かつて同じ地域にある築地中学校がとんでもなく荒れていたのに奇跡的に立ち直り、今や市内中学校の模範校になっているのと同様にいつの日かリップルにも奇跡が起きて、そしてその奇跡の物語がこの地域で長く語り継がれることを夢見ています。これが単なる私の夢に終わるのかどうか、吉田市長の所見をお聞かせください。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) 森田議員の長池直売所の活性化についてご質問にお答えいたします。

  長池公園は、最初物すごく路肩高くて、その施設が見えなかったわけであります。そこが私一番心配して、そこからまず砂とり等をやりまして、見える直売所にしたということでいろんな歴史あるわけでありますので、1点目からお答えをさせていただきます。この長池公園を魅力あるすばらしい公園にするための方策についてでありますが、議員もご存じのとおり、長池憩いの森公園は花畑のエリアと広大な森林空間で構成されておりまして、公園内には全長約1,000メートルの遊歩道や炊事場、トイレを完備し、森林浴のほかに家族連れの憩いの場として、またチューリップフェスティバルの会場としても利用されておりまして、隣接する長池農産物直売所と一体的に整備しております。ご質問の魅力ある公園にということにつきましては、これまで整備してまいりました既存の施設を有効に活用していくことが大事であろうと考えます。そのための公園管理を十分に行ってまいりたいと思っておりますし、またそれら施設を活用した手ぶらでのキャンプ利用やバーベキュー利用など直売所と連携した誘客ができないか、運営主体であります長池農産直売所管理運営委員会と協議してまいりたいと考えております。

  それから、2点目のイベント開催時のマスコミ等の活用と人的支援についてでありますが、市ではべにはるかの栽培体験やお客様感謝祭等の開催情報など、運営委員会による地元野菜を活用した各種イベントにつきまして、市報やホームページでお知らせをしているところであります。そのほかの広報活動といたしましては、新聞等マスコミへの積極的な情報発信をしてまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願いしたいと思っております。

  それから、3点目の案内看板の設置についてでありますが、現在直売所の看板は市が設置したものといたしましては、日本海東北自動車道中条インターチェンジ付近と直売所入り口の2カ所に案内看板を、県道中条・紫雲寺線の直売所入り口100メートル手前の道路両脇にそれぞれ交通誘導看板を設置しております。議員ご指摘の案内看板につきましては、施設の場所を示すものとしては必要でありますが、インターネットが普及した今にあっては施設そのものの魅力を充実させて積極的に情報発信していくことが重要でありますので、新たな看板の設置は考えておりません。しかしながら、入り口がわかりづらいとの声もありますので、運営委員会と一緒に何らかの形で方策を考えてまいりたいと思っております。

  それから、4点目の松原ステーブルスとの連携については、チューリップフェスティバルや胎内市観光協会主催で実施しております樽ケ橋河川公園まつりでの出張乗馬体験が好評でありますので、直売所との定期開催イベントに取り入れるなど、直売所の魅力づくりとしてインパクトはあると考えておりますので、ぜひ運営委員会のほうで検討していただければと思っております。

  それから、5点目の道の駅の認証に関しましては、平成25年第4回定例会において松井議員の一般質問にお答えしたとおり、現在樽ケ橋地内にあります道の駅胎内の機能の充実を最優先に取り組んでいきたいと考えております。したがいまして、今のところ新たな道の駅の登録については考えておりませんので、ご理解お願いいたします。

  6点目の入浴施設、農家レストランの併設についてでありますが、まず農家レストランにつきましては運営委員会の中で軽食等を提供することを検討していると聞いておりますので、その開設となれば市として可能な限りの協力はしていきたいと考えております。入浴施設につきましては、直売所に併設することは難しいものと思っておりますので、近隣の塩の湯温泉と直売所とにおいて野菜等の出張販売や施設双方共通のポイント割り引きサービスなどができないか、塩の湯温泉の指定管理者と運営委員会とが協議する場を設定していきたいと考えておりますので、この点ご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 幾つか膨大な話をしてしまいましたので、一遍に物事が進むとは思ってはおりませんけれども、長池公園の整備事業そのものの原点に立ち返って、公園整備をまたもう一度一から見直してきちんとやるというふうな答弁だったというふうに解釈してよろしいのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) この整備につきましては、原点に返ってという考え方でございません。原点に返りますと、大変あの周辺につきましてはJX日鉱日石の配管も多く入っておりますので、今の形での、そのままどの形で進むのかというのがむしろ重要ではないかと考えております。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 私が原点に返るというのは膨大で莫大な話ではなくて、1つだけどうしても何とか力を入れて見直していただきたいのが、長池というもともと公園の名前の由来の池があるのですけれども、あの池を最初の事業計画にもありますように、枯渇している長池を再生し、ビオトープネットワークの拠点とするという長池周辺整備事業の国庫補助事業、そもそもの目的があるわけですから、もう一度何とかきちっとした池に整備して釣り人が集まるような池にしていただきたいのですが、そのお気持ちもないのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 阿彦農林水産課長。



◎農林水産課長(阿彦和男君) ビオトープのネットワークの拠点とするというのが当初長池の再生目標、おっしゃるとおりでございます。今あの周辺を長池の運営委員会の皆さんに管理運営をお願いをしているわけでございますが、ことしの池の状態等を見ましてちょっと手が回っていない部分あるということで、先般うちのほうの職員も出て周りを若干整備いたしました。将来的には目的のとおりいけるかどうかそこまではあれですけれども、整備は進めていきたいというふうに考えておりますが。



○議長(渡辺俊君) 森田委員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) ぜひフィッシングパークと全く同じとは言いませんけれども、山手のフィッシングパーク、浜手のほうの長池というぐらいの周りをきちっと安全に子供連れの親子が歩けるような整備をしていただきたいですし、夏はハスの花が物すごく池中に満ちあふれ、それは見事なことは見事なのですけれども、秋になると枯れて惨たんたる光景になるので、その辺も考慮に入れながら何とか整備をお願いしたいと考えます。いかがでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) なかなか森田議員さんの構想は、お金のかかる構想だと思っております。長池の周辺でありますが、本来新発田広域事務組合での廃棄物の処理場もありまして、何トンのトラックで何台か運んだ経緯ございます。そういう環境整備から始まってのこの長池公園でありますので、今お話しした釣り人の関係やら、あるいはこの周辺の整備、これらにつきましては今後地方再生の関係でどのぐらい見通しができるのか、樽ケ橋もそうでありますけれども、そういうような今検討にも入りたいということでありますので、どういうものが採択になるか検討させていただきたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 長池公園は、実は歴史があって由緒ある公園なのです。私もそんなによく知らなかったのですが、文献も残っておりますし、先日新発田市の市会議員の、石材店をやっている市会議員なのですけれども、一緒に行きましたら、笹山が非常に驚いていますし、ナラノキとかブナの木があって、こんなところあるのですねというふうに驚いていました。その地元の人たちがまずその価値を知らないことに私も感じましたし、ぜひふるさと創生で、まだ国ははっきりお金を出すとか出さないとかまで言っていませんけれども、国交省のホームページをそのまま読み取れば、人が集まる、また新しい雇用が生まれるようなものについては後押ししてくれるのではないかと思いますので、ぜひ市長が言われたとおり公園整備について力を入れていただきたいと思います。

  次の質問に移ります。観光及びスポーツ振興について伺います。さきの定例会の決算委員会で奥胎内の紅葉の話をしてすっかり笑い物になってしまいましたが、そのとき本当に訴えたかったのは、赤が足りないという話ではなく、この通告書に書いたとおり、奥胎内の紅葉シーズンに海岸線の風力発電から奥胎内ダムまでをコースにした胎内市を縦断する(仮称)ツール・ド・TAINAIを企画してはどうかということであります。

  近年、東京シティマラソンを契機に全国の自治体でシティーマラソンやトライアスロン大会がはやっています。それは自治体の知名度を上げるとともに一定の経済効果をもたらし、さらには地域住民が力を合わせて大会を成功させるべく、選手を応援することによって近年失われがちな地域の一体感が醸成されるからだと思います。しかも、それらの大会は回を重ねるごとに年々立派な大会に進化して、そこの自治体の重要なイベントとして定着しているように思います。なぜマラソンや駅伝ではなく、あえて自転車レースを提案するのかといえば、よその二番煎じ、三番煎じは嫌だし、ましてや新発田市、村上市に先を越されて今さらシティーマラソンというのは、吉田市長のプライドが許さないと思ったからです。さらに、胎内市には、一般市民がなかなか参加できない本格的なタイムレースである20キロロードレースが既にあります。ことしの大会は、長い間低迷していた胎内市の駅伝チームの救世主となった開志国際高校のムブグル君が出場して話題となりましたが、11月3日があいにくの天候だったため、築地本村沿道での観衆はまばらでした。来年こそは天候に恵まれ、ムブグル君たちの走りを少なくとも築地本村の沿道では子供から高齢者まで大勢の人々が主催者側から配布された小旗を振って応援できるように、担当部局には20キロロードレース大声援作戦を考えていただきたいと思います。

  話を戻します。さきの定例会最終日の翌日の11月6日、すごく天気がよかったので、奥胎内の紅葉を見にヒュッテまでドライブに行ってきました。何度ももう見ていますが、やはりすばらしい紅葉でした。赤が足りないなどと人の話の受け売りをしてしまったことを後悔してしまうほどすばらしい紅葉でした。平日にもかかわらず、かなりの車が走っていました。このスキー場からヒュッテまでの奥胎内紅葉ロードを県内外から集まったアスリートが自転車で激走するシーンを思い浮かべると、とてもわくわくします。笹口浜B&G艇庫をスタート地点にして、工業団地の横を通って市役所から若松町を抜け、胎内川の堤防を通って焼き肉近藤の信号を左折して地下トンネルを通って国道を横断し、樽ケ橋までをサイクリング探険隊のようにファミリーコースのゴールにして、次に胎内スキー場正面クラブハウスを市民レベルのアスリートコースのゴールにして、そこから先の奥胎内ダムまでの15キロ区間がまさに本物のアスリートの勝負の舞台になろうかと思います。その感動のゴールまでをツール・ド・フランスと同様にヘリコプターで空撮すれば、間違いなく全国ニュースになると思います。大会の運営費は当然一般会計で予算しなければならないと思いますが、胎内温泉まつり花火大会のように個人、企業からも協賛金を募るべきだと思いますし、有名な企業からもスポンサーを募ったほうがいいと思います。そして、胎内市民も一丸となって、築地、乙、中条、黒川それぞれの地区の住民がそれぞれの沿道を埋め尽くして応援していただきたいと思います。当然のことながら市職員は一致団結して、そろいのスタッフジャンパーを着て要所要所で仕事をしていただきたいと思います。そして、記念すべきスタートは、東京シティマラソンの石原都知事のように、吉田市長が高い台の上に上がってスタートピストルを鳴らしていただきたいです。開催時期については、胎内市総合体育館が完成する平成28年または奥胎内ダムが完成する平成30年がよいのではないかと思いますが、市長並びに教育長の所見をお聞かせください。



○議長(渡辺俊君) 小野教育長。

               〔教育長 小野達也君登壇〕



◎教育長(小野達也君) おはようございます。よろしくお願いいたします。

  ただいま森田議員から、胎内市を縦断するツール・ド・TAINAIを企画してはどうかとの、先ほどの長池に続き、壮大で、また今回具体的なご提案をいただきましたので、市長にも答弁が求められてはおりますけれども、私のほうから、スポーツ振興の意味合いが強いというようなこともございますので、お答えをさせていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

  まず、教育委員会といたしましては、ことし11月にスポーツ振興イベントの一環といたしまして、親子で楽しむ・たいないサイクリング探険隊in胎内リゾートという自転車を使用した催しをことし初めて実施いたしました。内容といたしましては、ファミリーコースが10キロメートル、アスリートコースが36キロメートルと二コース設定で、胎内リゾートエリアの紅葉と胎内川の景色を満喫するとともに交通安全に配慮しながら心地よい汗を流そうというもので、参加者から非常に楽しかったというようなことで好評をいただいております。

  ご提案のありました企画についてでありますが、今回の一般市民を対象としたサイクリングイベントと、またこれとは違いまして、アスリート専用のいわゆるロードレースと言われるものであるというふうに思います。そういう部類に入るのだというふうに認識をしております。これには競技者登録した参加者を対象とする全国的な組織の後ろ盾があって、平均時速が40キロから50キロ、平均時速ですから、それよりもっとスピードが出ると。50キロ以上のスピード出る部分があるという大会ということになりますけれども、そういうアスリートが非常に多いということになりますけれども、そのコース自体には極めて高い道路環境であるとか、それから安全性が求められてまいります。一定の道路幅が必要であるということはもちろんなのですけれども、市街地や、それから踏切、主要道路の平面交差を避けるために、一部の地方大会を除いては国内では数十キロの周回コースを設定をするというものが一般的のようであります。

  胎内市におきましては、そのような周回コースの設定が非常に難しいこと、我々このサイクリングコースを設定する場合にも、胎内平周辺で考えたのですけれども、いわゆる坂を上っていく場合、ヒルクライムとかという競技、これは競技としてもそういうカテゴリーがあるのですけれども、これは坂を上る分安全だというふうには言われておりますけれども、やはり今度上った分周回コースにするとなるとアップダウンが非常に危険であるというようなところ、それからまたご提案のありました胎内スキー場から奥胎内ダムまでの間は非常に道幅が狭いですし、急カーブです。ご承知のように、胎内川第一発電所の上へ行きますとV字渓谷に刻まれている30メートル、50メートルというその谷合いの中腹のところに道路が設定されている。また、落石等々の事故で安全管理非常にこれは厳しいものが私あるのではないかなというふうに思っております。また、競技者登録を必要としない市民レース型のロード、市民マラソン系のものですけれども、これも各地で開催されておりますが、これまたなおのことそういった安全性が求められることは言うまでもないことかというふうに思っております。教育委員会といたしましては、参加者への安全をまず第一に考えながら、市民が気軽に参加できること、もちろん市外の方々にも大いに参加いただきたいと思っていますが、胎内市の自然や魅力を満喫し、心地よい汗をまず流せる、こういったことを主眼とした今回のようなサイクリングイベントに力を注いでいきたいというふうに考えております。

  ただ、ご提案は集客を図るという点で、全否定はできないというふうに思います。教育長答弁ということになりますので、その点お許しをいただきたいというふうに思いますけれども、先ほどの質問で議員の言葉をおかりするならば、できない理由を探すのではなくて、前向きな部分をあえてつけ加えさせていただくなら、自転車愛好者は確かに増えておりますし、非常にサイクリング、それからロードレースも人気になってきているというふうに私も感じております。今回ご協力いただいた株式会社胎内リゾートのほかにも、議員からもご発言ありましたけれども、市内の事業所などにも協力をいただきながら、胎内市の魅力を発見し、発信できるイベントという位置づけをも意識をしていくことで、いずれですけれども、議員のご指摘の競技者向けのカテゴリーを設けるなど、そういったことも市外から集客を図る上では私も夢を見ていきたいなというふうに思いますので、今のところはまず大勢の市民の方々に集まっていただく、近隣の方々に集まっていただく先ほどの言うサイクリングイベントを継続的に実施していきたいと考えておりますので、この点ご理解をいただきたいというふうに思います。

  以上であります。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 前向きな答弁と受けとめたいと思いますが、私ももともと平成30年くらいまでに何とか、できればダムの完成記念イベントにというふうな位置づけで考えておりますし、できない理由考えればそれこそもう何もできないわけであります。事故が起きたら大変だからやらないほうがいいとか、道路の使用が警察は許可しないだろうとか言われておりますけれども、奥胎内の紅葉のシーズンにアスリートが自転車で駆け上がるところをヘリコプターで空撮することそのものもできないのではないかという話がありますが、その点はいかがですか。



○議長(渡辺俊君) 教育長。



◎教育長(小野達也君) 大変申しわけございません。不勉強でその辺は、どういった認可、許可が必要なのかというようなことを含めましてちょっと存じ上げておりませんので、答弁控えさせていただきます。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 本当にやる気があれば可能だと私は思っております。何も出たくない人を無理やり引っ張ってくることではなくて、危険を承知でそれでも挑戦したいのだというアスリートが全国にはいるのではないかと思いますので、諦めずに何とかやっていただきたいなというふうな願いを込めまして次の質問に移りたいと思います。

  美術館について伺います。平成24年9月議会で、負担つき寄附の受納とあわせて胎内市芸術文化交流施設建設基金条例が制定されました。これは、胎内市本町の山本邦彦氏及び新発田市緑町の山本善政氏から、財団法人北越美術博物館の解散に伴い市へ寄贈する美術品861点の展示または保管をする施設を建設する費用に充てることを目的として、施設を建設できなくなったときは寄附金の全額を返還すること等の条件を付した合計で4,000万円の寄附を受納し、芸術文化交流施設を建設するための財源として適正に管理運営するために基金を設置し、その基本的事項を規定する条例であります。誤解を恐れずに言わせていただければ、北越美術館が自主運営を断念し、総額約1億7,000万円相当の美術品を胎内市に寄贈するとともに、あわせて4,000万円寄附するので、その美術品を保存、展示する施設を平成27年度までに建設して、あとは胎内市で運営してください、できなければお金は返してくださいということであろうかと思います。現実の問題として、4,000万円でいわゆる市立博物館が建設できるとは考えられません。まさに喜べばいいのか、悲しめばいいのかわからない話であります。本当に4,000万円を財源としてどのくらいの予算総額になるのか私にはわかりませんが、あくまでも美術館を建設するのか、または建設を断念し、寄附金の全額を返還することも選択肢としてあり得るのか、平成27年度はすぐそこまで来ています。担当部局としてどのように考えているのか、教育長の所見をお聞かせください。



○議長(渡辺俊君) 小野教育長。

               〔教育長 小野達也君登壇〕



◎教育長(小野達也君) 市立美術館の建設計画についてのご質問をいただきましたので、これまでの経緯とともにお答えをさせていただきます。

  初めに、ご指摘のとおり、当時の財団法人北越美術博物館の山本氏から所蔵の美術品について寄贈したいとの申し出を受け、平成24年11月に956点の美術品を受納したところでありますし、山本邦彦氏、山本善政氏から合わせて4,000万円の寄附をいただき、芸術文化交流施設建設基金を設置したところでございます。美術品につきましては、昨年度までに詳細を記載した目録の作成をしたところでありまして、今後は建設準備委員会を立ち上げるというところにあり、教育委員会で協議を行っている段階であります。

  森田議員からは、平成25年第1回定例会におきましても同様のご質問をいただいておりますが、このときにもお答えしているとおり、総合計画等における建設計画の登載や財政運営にも影響を及ぼすことも考えられることから、新市建設計画に登載されている事業が終了してからということで、展示をするための施設設置については平成28年以降になる旨山本氏とも事前協議をさせていただいているところであります。

  議員からもさまざまなご提案をいただいておりますけれども、山本氏の意向に配慮をしながら、芸術文化交流施設建設準備委員会におきまして、新設になるのか、既存の施設の利用になるのか、確かに4,000万円非常に微妙な金額であるというふうに思っておりますし、建設場所はどこにするのか、建物の規模、内容、運営方針など、まだ今のところ運営委員会が開かれていない段階でお話しできる内容がございませんので、これらを十分検討した上で、また市長部局、財政当局ともしっかりと協議しながら具体化できればなというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 実は私、山本さんとお会いすることがありまして、このことについて話しさせていただきました。私が言ったのは、失礼を承知で「なんでも鑑定団」の出張鑑定団に出すことはどうですかと聞いたら、結論からいえばだめだということでありまして、なぜそんなことを聞くのかと言われたのですが、それはこれから美術館を新しく建てる、また既存の施設をするにしても、胎内市がそのテレビ局が来てやればPRになるし、有名になって人がどんどん来るのではないかと思ってそういうご提案をさせていただきましたけれども、既に美術品としての位置づけがあるので、それは一般の人が持ち寄った、持っているのをそれぞれ持っていくような番組だから違うでしょうというふうなことを言われてしまいました。いいのですけれども、山本さんは胎内市の芸術文化のレベルといいますか、民度ですか、それを上げるべく、そういうことを考えて寄附させてもらったということでありますし、自分のところの美術品を飾ることだけではなくて、個人ギャラリーのようなスペースを設けて、誰も知らないではないですけれども、あまりまだ名前も売れていないのだけれども、一生懸命やっている人をそういうところで紹介して活躍の場を提供させてやりたいのだということでありましたので、そんなことを紹介させていただきながら次の質問に移ります。

  最後に、市長の政治姿勢について伺います。吉田市長は、初代胎内市長に就任して以来、ずっとみずからの報酬を10%減額し、あわせて副市長、教育長の報酬も5%減額しています。これは、胎内市特別職の職員の給与に関する条例並びに胎内市教育委員会教育長の給与及び勤務条件等に関する条例の中で、附則につけ加えられています。胎内市が発足してやがて10年になりますが、市長、副市長、教育長の報酬がずっと減額されていることは今やほとんどの市民の意識の中にありませんし、この減額措置が政治的にどれほどの意味を持つのか甚だ疑問に思います。市長ご自身にはさまざまな思いがあろうかとは思いますが、果たして本当にこれでいいのか。人は一つの同じ事柄でも、さまざまな受けとめ方をします。みずから身を切る改革を褒めたたえる人もいれば、単なるパフォーマンスだと批判する人もいます。報酬を10%減額しているので、少々市政運営に不満があっても大目に見てくださいというメッセージと受け取る人もいるかもしれません。私は堂々と条例に定められている本来の報酬を受け取り、その報酬に見合う仕事をするのがトップリーダーの務めだと思いますが、そもそも市長報酬が10%減額されていることなどほとんどの市民が知りませんので、この話さえ無意味に感じます。とにかく初代胎内市長に就任して以来約9年2カ月、偉大な前任者であった熊倉町長、伊藤村長の残してくれたそれぞれの政治課題の解決に向けて、年間365日ほとんど休む暇もなく、さまざまな組織、団体、また各集落に出向いて命を削りながら市民の声を直接聞くというまさに地方自治の最前線で政治をやっている吉田市長の毎月の給料が県会議員より低いのはどう考えてもおかしいです。少なくとも私には耐えられません。一刻も早く正常な状態に戻すべきだと思いますので、以下4点について市長の答弁を求めます。

  1、市長報酬減額の動機は。

  2、実際に行政運営を進める上でどのような効果があったのか。

  3、最高責任者としての責任報酬というモチベーションについては。

  4、報酬審議会の答申を尊重するべきではないか。

  以上、市長の見解をお聞かせください。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) ただいまの質問でありますが、お答えいたします。1から4番まで一括してお答えしますので、よろしくお願いいたします。

  議員が述べられましたとおり、平成18年4月から市長等の報酬、給与の減額措置を講じてまいりました。ご承知のとおり、本市は平成17年9月に合併して誕生したわけですが、私は合併前の町村、それぞれの地域特性を尊重しつつ、新市として市勢を発展させたいとの思いのもと、これまでまちづくりを進めてまいったわけであります。確かに合併により財政基盤の強化が図られ、合併特例による財源措置を背景に新市建設計画に登載された各種事業を進めるなど、合併前の町村では難しかった事業に取り組むことができたわけであります。

  胎内市が持続可能な都市として発展をしていくためには、行政改革という視点は欠かすことができません。特に合併当時の日本経済は厳しいものがありまして、高度化、多様化する市民ニーズに対応するためには、財政の健全化に努めるとともに、組織、それから機構の簡素化、合理化、定員管理あるいは給与の適正化など将来を見据えた行政運営の見直しについて、私を含めた職員一人一人が共通の認識のもと全庁的に取り組むことが急務となっておりました。

  そこで、私を始めとする執行部三役の報酬等を減額するなど、みずからを律し、そしてみずからが範を示していくことで市職員と一丸となって不断の行政改革に臨む決意を確固たるものとしたいと考えたわけであります。そういった行政改革を推し進める意思を職員と共有することこそが報酬等を減額する効果であり、その姿勢を示すことが最高責任者としての務めであると考えています。本件に関しまして今月開催を予定している特別報酬審議会でどのような議論を交わされるかはわかりませんが、今ほど述べました行政改革に対する私の姿勢は現在においても変わりはありませんので、審議会のお考えは真摯に受けとめつつ、私としては現状の減額措置を継続してまいりたいと考えておりますので、よろしくご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 強い姿勢を伺いまして、感銘を少し受けたのですけれども、人事院勧告で先般の臨時議会、わずかでありますが、ボーナスが上がりました。誰でもそれはうれしいことで、わずかでも上がればそれで仕事に対して自然とモチベーションが上がります。人はお金だけで働いているわけではないとはいいますが、労働の対価としての報酬というのは非常に意義が深いというふうに思っております。トップリーダーがみずから強い意思で報酬を減額して副市長や教育長、執行部の士気が上がると、市長は本当にお考えなのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) 考えはそのとおりだと思います。したがいまして、人事院勧告は勧告として、胎内市だけでありません。全国自治体でありますが、報酬そのものは今までどおりやっていただくということで変わりございません。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) 報酬審議会が25日に開催されるということでありますけれども、結局ですね、こんなこと言うと失礼ですけれども、何回開催しても結局は市長の意向に沿った答申しか返ってこないのではないのですか。



○議長(渡辺俊君) 岩川総務課長。



◎総務課長(岩川一文君) 報酬審議会はあくまでも特別職の報酬をご審議いただく場でありますので、市長の意向云々ということではなく、審議会としての意見を頂戴する場でありますので、そういうことで議員もご理解いただきたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 森田議員。

               〔12番 森田幸衛君質問席〕



◆12番(森田幸衛君) ぜひ次の審議会ですが、審議会の人も実はそんなことさえ意識の中にないかもしれませんので、この減額措置が果たして正しいのかではなくて、適正なのかどうかということが審議会できちっと議論の中身になるように期待し、そしてその答え、答申が来たときには市長には十分尊重していただきたいというふうにお願い申し上げまして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(渡辺俊君) 以上で森田幸衛議員の質問を終わります。

                                           



○議長(渡辺俊君) 次に、佐藤武志議員の質問を許可します。

  佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) それでは、お昼前なので、早目に終わりたいと思いますが、通告いたしました3点についてお伺いいたしたいと思います。

  新市建設計画などについての1つとして、新市建設計画、この建設計画について幾たびか見直しがされ、今後に至っておるわけですが、今後どのような見通しの改定の案、事業の見直しがあるのか、そういう予定があるのかまたお聞きし、また2番目に公共工事の標示看板に事業費を明記していたものを取りやめました理由、また今後も市報によるその掲載だけで十分やっていくのかという件についてお伺いいたします。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) ただいまの新市建設計画などについてのご質問でありますが、お答えいたします。

  1点目の新市建設計画登載事業の見直しについてでありますが、これまで時勢に合わせて新市建設計画の見直しを行いながら各種プロジェクトに取り組んでまいりました。現在は、統合学校給食センター及び乙地区交流施設につきまして、今年度中の完成を目指し建設を進めております。加えまして、総合体育館につきましては平成28年度、中条駅西口及び関連する街路整備につきましては平成29年度の供用開始に向けまして、鋭意事業に取り組んでいるところであります。議員からは新市建設計画の見直しに関するご質問をいただきましたが、本計画に登載している事業それぞれが今後のまちづくりを進める上で基幹的な役割を担うものであります。また、計画期間が平成30年までということもありまして、現時点で見直しは考えておりません。したがいまして、本計画は現在執行中の事業の完了をもって終了とさせていただき、以後のまちづくり政策につきましては、策定準備を進めております第2次胎内市総合計画にて取り組んでまいりたいと思っております。

  それから、2つ目の公共工事の標示看板に事業費を明記しなくなった理由及び広報についてお答えいたします。工事標示看板に事業費である契約金額を明記するようになったのは、平成19年第1回定例会の一般質問において、佐藤武志議員のご提案により実施することとなったものであります。平成21年5月に請負業者から、新潟県内の公共工事において、国、県、市町村では事例がないことから、契約金額の標示について再考してほしいとの申し出がありまして、検討した結果、標示については請負業者の判断に任せることといたしました。その後、平成23年第4回定例会の一般質問において、ある議員から工事標示看板の契約金額の標示統一されていないとのご質問をいただいたことから、市では中条町商工会を通じて胎内市建設業協会及び胎内市管工事業協同組合からの意見聴取を実施いたしました。その回答内容を踏まえまして、市では再度検討した結果、契約金額の標示については法令等で義務づけられていないこと、工事標示看板については工事がなぜ行われているのか、いつ終わるのかを周辺住民や道路利用者にわかりやすく周知し、工事に対する理解と協力を得るために設置するものであること等の理由から、平成24年4月から工事標示看板に契約金額を標示しない取り扱いといたしました。なお、このことにつきましては、平成24年3月16日に、書面により市議会議員の皆様に報告させていただいております。

  また、入札結果の報告につきましては、四半期ごとに市報に掲載し、市民の皆様に公表をしているところであります。そのほか、入札後速やかに市のホームページ及び市役所本庁舎3階に設けております設計図書閲覧所におきまして公表をしているところであります。周知の方法としては十分ではないかと考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 答弁ありがとうございます。

  新市計画見直しについてお聞きしたわけなのですけれども、合併後胎内リゾートを含む施設運営をされてきたわけなのですけれども、さまざまこの時期の新聞等を見ますと結構市の直接経営している施設あるわけですが、自然天文館、昆虫の家、ワイナリー、乳製品17施設ですか、というふうに書かれていますが、このときもビールとか、いろいろ黒豚の飼育とかあったわけなのですが、先の見通しを十分立てての経営をなさってきたと思うのですが、この中で何か責任感がやはり乏しかったのではないかと。やはりきちっとやっていくには、最後までどうやったらやっていくのだという、こういういろんな審議会を設けておいてなかなかうまくいっていない施設というのほとんど見受けられるのですが、今後いろいろ合併特例債の80億9,000万円ですか、それを使って全てやってきたわけなので、今後も市長は、もう金がないし、あと金がなければ物をつくることもできないし、その運営の資金がなくなってきているわけなので、今後十分に施設を管理、維持していけるのでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) 佐藤議員も今回当選いたしまして、大変私もおめでとうございますと言いたいのですが、いずれにしましてもこの10年間で行政改革をした施設、これは莫大なやはり見直しをしたわけであります。決して無責任でありません。責任を持ちながらできないのは、これからも改革していかなければならない部分があります。したがいまして、いろんな面でまたご指摘を受けながら改革する部分は改革していきたいと、こういう考えでありますので、理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 本当に責任なしでやってきたわけではないと思います。市長も先ほどの質問で、減額してまでもこれからもそういう建前でやっていくと力強いお言葉をいただきました。実際これだけの施設を管理していくというのは大変なことだと思いますけれども、しっかり運営していって、これ以上、今までやってこられた、第三セクターだ、指定管理者だということでやってきたわけなので、本来もう行政がやる仕事では私はないと思うのです。本来ならもう一般の人たちのやる仕事で、やはり市は市民のための交流の施設とか学校、そういう等の管理をしっかり一番やってほしいというのが事実なのですが、次の質問にも触れることなのですけれども、この胎内市を売っていくための観光ということを考えていかなければいけないので、今後ともこの残る施設をしっかりと市民の利用できる、また他の市町村の方々が来て使える施設としてしっかりやっていただきたいと思います。

  そして、次の工事用看板、これも19年の私の3月の定例会においての質問だったのですが、このときも市長もいい考えであったということを述べられて、即そういうふうな工事用看板に金額を入れていただいたわけなのですが、私もちょっと二、三の建築業者さんに金額入れるのはちょっとまずいなと言われたことあるのですけれども、やはりその工事用看板に期間と工事業者名と、そしてここの工事には何張の管が入って何メーター入っていると、そういうのをわかっている工事専門の業者であればわかるのですけれども、うちらとしてはやはりこの工事は幾らかかっているのだろうと、それが一番最初に出てきます。金額は幾らかかっているのだ、えっ、これだけの金額って大変だね、いや、これだけの金額かけている、ちょっとかけ過ぎでないかと、いろんな意見もあるかと思います。そして、市のほうとして、市役所に来ればわかるとか、市報に出しているとかいったって、私も前にも言いましたけれども、この工事看板見て、またうちへ帰っていつの市報だったと探して金額見る人はいないです。これよその県が、市がやっていないからといったって、これは埼玉県の志木市のほうが始めたわけなのですけれども、今もやっているらしいです。でも、これは本当に市民にとって、市民の金も使っているわけですから、これは明記して恥ずかしいことではないと思います。堂々とやっていただきたいと思います。この工事だって、私は100%でもいいのです。でも、市民のお金を使っている以上、やはり金額を見せたっていいではないですか。恥ずかしいことではないと思います。そんな本当に恥ずかしいことをやっているのだったら金額載せないでくれという強い意見が出るかもしれませんけれども、ちゃんと正当な入札して金額を出しているわけではないですか。これは今後とも続けていただきたいと思いますが、いかがですか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) これは建築基準法でもそうでありますが、家を建てるときは金額出てきません。それと、今お話ししたとおり、答弁しましたとおり、各商工会あるいは建設業協会、いろんな意見を聴取したわけでありますので、法令に基づいた形での公表でありますので、今佐藤議員言った金額については法令上義務づけられておりませんので、そこまで考えておりませんので、ご理解をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 嫌ですね。条例とか法令に決まっていないから載っけられない、それはおかしいです。これはやはり市が率先してやったっていいではないですか。最初つくったときは、いいことやっているねという他の市町村からも言われましたよ、これ。それがそういう法令に載っていないから、法令でもこれやったら違反ですよと、やったらだめですよと言っているのだったらわかります。載っていないからやれないというのは、ちょっとおかしいのではないですか。ちょっとお聞きします。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) 建築基準法でもそういうのが載っておりません。道路法でも載っておりません。したがいまして、法令のとおり遵守させていただきたいと、そういうことであります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) では、その先の19年のときに価格を載っけていただいたわけなのですが、そのときはどういうあれでやられたのですか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) 私この法令ちょっと調べておきませんでしたので、佐藤武志議員の新しい改革かなと思って載せたわけでありますので、その点ご理解をいただきたい。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) それ言われたから、私が言ったからいいのではないかと。では、調べるべきでなかったのですか。でも、これ本当にそういう建築基準が載っていないからといっておかしいです。それやったっていいではないですか。多少500万円そこらは、1,000万円いいというかもしれませんけれども、基準を設けて、やはり市民というのはその工事をやっているその内容は必要ないのです。期間と工事業者はわかったっていいです。何張の管が何メーター入っているとか、そういう専門的なことはわからないです。それ大事なのは、市民のお金を幾ら使っての工事なのか、これが大事だと思います、私は。これはなかなか市長は受けてくれないと思いますけれども、やはりやられたのですから、もう一回考えるべきではないでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) いろいろそういう市民の方々から、私はっきり言うと声聞こえてきません。したがいまして、この法令の遵守をしながらこれはきちんとやっていきたいと思っております。なお、市報でもあのように詳しく出ているわけでありますので、その点各世帯へ行っているわけであります。みんな市民さんも理解はしていると思います。

  以上であります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 市報に載っけているからいいというのではなくて、市報でも載っけて金額も出しているわけでしょう。だから、金額出しているのだったら恥ずかしいことではないのではないですか。みんな知っていることではないですか。でも、ただそこの看板に書かれて、一々この工事は幾らの工事だったのだろうと帰っていつの市報だったか見る人はいないです。そこに、市報にも金額載っけていないのならわかります。市報にも載っけていて、市に来て教えてくれと言ったら教えるのでしょう。それなのに何で看板がだめなのですか。これはおかしいです。お願いします。

               〔「ありません。意見ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) 答弁ない。

  佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) これないですか、担当の。



○議長(渡辺俊君) 答弁ありません。



◆10番(佐藤武志君) いや、聞かせてくださいよ、これ私今言ったこと。

               〔「同じことを繰り返しているからさ」と呼ぶ者あり〕



◆10番(佐藤武志君) いや、違うのです。



○議長(渡辺俊君) いや、十分答えています。



◆10番(佐藤武志君) いや、市報に金額を載っけているのに対して、そこに書いていないのだったらわかります。市報に金額を書いているのだったら、看板に書いたって同じではないですか。ただ、そこを聞きたいです。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) ここを議論しても、佐藤議員さんと私ちょっと意見違うわけでありますので、根本的に。その辺理解してください。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) いや、違うから聞いているのであって、ただもう意見が違うから答えられませんと、それはないと思います。何度やっても水かけ論になるかと思いますから、次に行きますわ、皆さんおなかも減ることだし。

  それでは、2つ目の観光誘致などについてお伺いいたします。市長は、昨年9月の新聞の取材に対して、年間120万人の観光客が訪れる胎内リゾートを150万人に引き上げる構想を明らかにしていますが、根拠は何かを伺います。また、胎内市の四季を通じてメーンの売りとしている季節のものは何かをお聞きします。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) 観光客の誘致などについてでありますが、お答えいたします。

  初めに、観光客150万人構想の根拠についてでありますが、胎内市の観光人口は新潟県が毎年実施しております新潟県観光入込客統計調査で把握しております。合併した平成17年では125万2,000人の入り込み客がありましたが、その後平成23年が103万4,000人、平成24年が100万9,000人、平成25年が105万5,000人と推移しておりまして、合併当初と比較しますと減少しております。これは長引く経済、雇用情勢の低迷、東日本大震災の影響等が大きな要因であると考えております。なお、平成25年からは、県の統計調査数値に市独自で実施しておりますイベント等や市内宿泊施設の入り込み客等を合計した数値を算出しておりまして、その人数は119万1,000人となっております。観光人口の増加及び観光振興を進めるためには、飯豊連峰や櫛形山脈などの豊かな自然、奥山荘城館遺跡や乙宝寺などの歴史的、文化的資源、宿泊施設やスキー場、各種体験プログラムを備えた施設が集積している胎内リゾートなど、多様な資源を有効活用した観光産業の一層の活性化を図る必要があると考えております。議員からは、観光人口の根拠についてのご質問をいただきましたが、今ほど述べたように、当市には多種多様な観光資源が豊富にあります。これらを有効活用し、今まで以上に市の魅力をPRするとともに、各種体験、着地型観光コースのメニュー等の充実を図りながら年間の誘客目標である150万人を目指してまいりたいと考えております。

  また、胎内市の四季を通じてメーンの売り物としている季節のものは何かとのことでありますが、胎内市には季節ごとに多種多様な資源があります。その中で、春はチューリップや胎内川沿いの桜並木、奥胎内や櫛形山脈の新緑のブナ林、夏には飯豊連峰、櫛形山脈の登山や胎内川のアユ釣り、村松浜海水浴場、秋には奥胎内や胎内川沿いの色鮮やかな紅葉、冬には胎内スキー場を中心としたウインタースポーツや健康増進のためのスノーシューなどが楽しめます。また、ロイヤル胎内パークホテルを始めとする温泉入浴施設も、年間を通じて観光誘客資源の一つと考えております。このように当市には四季折々の特色のある観光資源が多くあることから、1つだけをメーンとして考えるのは難しいものがありますが、これら全てを有効活用し、さらなる誘客につなげてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 誘客数が120万人から、これから150万人を目指してやりたいと市長が述べられているわけですが、これさきの2013年の9月の18日に、日報さんの記事に、連続無風にさめた目ということで市長3選という記事が載っているわけですが、その中で日報さんの取材に対して年間120万人の観光客が訪れる胎内リゾートを150万人に引き上げる構想を明らかにして出たわけなのですが、120万人という膨大な数字で、さっきの質問にも道の駅とかやはり胎内市を活性化したいというあらわれの質問が出たわけなのですけれども、今高速道路がつくられたときも、議員の中からどんどんと胎内市に観光客が押し寄せてくるのだという話も出ましたが、そのときも、私もずっと国道近くにいるものですから、いろいろ見ていてもなかなか観光バスが国道を走るというのはもう見えなくなってきまして、観光バスがたまに1つ走っていると、いや、道でも間違えたのではないかなという思いもしますが、だんだんともうこの胎内市を通り過ぎて以北のほうに行ってしまうというのが多く見られます。また、乙の乙宝寺、今まで高速道路できる前は村上方面へ行く人たちがそこにトイレ休憩等をとったりしているのですが、それがもう通過地点としてなっているわけです。120万人といっても、一月10万人、1日に直したら3,000人強の観光客が訪れることになるわけです。さきに前、市長とお話をしたとき、その件で話したのですけれども、アウレッツ館に学生さんが来てくれるといろいろしていますけれども、これは観光客でもないし、やはり外部の、このまちの人間が動いた集客数であって、本当の観光客を呼び込んでいくのだという、これは新聞見れば相当な、この3万人の胎内市に120万人かと驚きますよ、これ。いや、本当にまちの人たちの参加するのは当然ですけれども、やはり他市町村から観光客をどんどん呼び込むような姿勢をとっていかなければならないのかと思います。1日3,000人強が訪れるところというのはなかなか、これが平均してそれだけですから、シーズンごと、スキーシーズン、チューリップ祭り、いろいろちょっとイベント、これを割っていったらそのときに30万人とか20万人とか来ます。それだけ来たら観光バスなんか何台とまる。とめる場所がないぐらいです。こういう数字だけでなくて、本当に観光客をみんな一致団結して胎内市に呼び込むというような姿勢を見せていただきたいと思いますけれども、いかがですか。



○議長(渡辺俊君) 丹後商工観光課長。



◎商工観光課長(丹後勝次君) 今ほど議員おっしゃられるとおり、市といたしましても市全体として今ほど申し上げましたさまざまな観光資源、施設等を利用して、多くの観光客が来ていただけるようなふうに努力してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) ちょっと細かいですけれども、ではスキーシーズン、スキー場、チューリップ祭り、いろいろなイベントがありますけれども、ちょっと人数を教えてくれませんか、どのくらいの来場者数があったのか。それで、大体それを除いたどのぐらいの観光客が来ているのではないかなという数字わかったら教えてください。



○議長(渡辺俊君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(丹後勝次君) 個別でよろしいでしょうか。

               〔「うん、一つ一つ」と呼ぶ者あり〕



◎商工観光課長(丹後勝次君) 今ほどおっしゃられた胎内スキー場でありますが、こちらにつきましては、これ県の先ほど申し上げました入り込み調査で報告している数字でありまして、これは毎年1月から12月までの集計になります。平成23年で5万8,940人、平成24年が6万2,040人、平成25年が5万5,170人。それから、チューリップフェスティバルでありますが、平成23年が5万3,340人、平成24年が3万7,410人、平成25年が5万4,030人。あと、ロイヤルホテル、それからヒュッテ、フィッシングパーク、ボート場、みゆき庵、それらのいわゆる胎内リゾート施設関連で、平成23年で10万6,300人、平成24年で10万7,340人、平成25年で11万3,470人であります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) これが一つの大きなイベントなのでしょうね。この数から見ても120万人という観光客並びに誘客数というのは見られないのですけれども、どういう計算で120万人と出たのですか。



○議長(渡辺俊君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(丹後勝次君) 今ほど申し上げました観光入り込み調査でありますが、こちらのほうは53項目の調査があります。その中身は、地本のミズバショウ、それから星まつり、中条まつり、それから各施設の数値ということで報告してございます。それと、あと市独自でやっております城の山古墳のシンポジウムとかそういう各課イベント、それからロイヤル、ヒュッテを除いた市内の旅館、ホテルの宿泊客等を集計して今ほど申し上げました数値を集計しております。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) それらの数を見て、これ誘客数と言えるのですか。観光客数と言えるのでしょうか。私は本当にこれは疑問ですけれども、ここには、スキー場に年間、この3年足しても十六、七万人ですか。そういうふうに見ても、ここでチューリップでもこの3年で14万人、そのぐらい。これ全部が市民でもないし、他市町村からの参加、来てくれた来客数ではないでしょうけれども、どうも私はこの数字にこだわってしまいまして、不思議でならないのですけれども、本当にまちの人たち参加するのは当然なのですけれども、やはりまちを活性化していかなければ、この新潟県の全国の魅力度というものがあったわけなのですけれども、新潟県魅力度全国47都道府県のうち35位だそうです。その35位、その中のまた胎内市。胎内市がもうトップで35位ではないのです。全体で35位ですから。

  その中でこうやって見ると何か、一つのこれは例ですけれども、ビール園にしてもNSGさんが引き継いで一生懸命やっているのです。胎内市も一生懸命努力して、先ほどチューリップちゃんですか、そういう縫いぐるみを着て、やろうとしている、キャラクターをやっているわけなのですけれども、もっともっと一つのもの、四季を通じて市長はいろいろある程度定められると言っていますけれども、一つのものでも、花一つでも、桜一つでも観光客どっと押し寄せるところがあるのです。そこでもう10万人来るところもあります。だから、メーンを1つ、やはり何か魅力の一つをつくらなければだめ。

  地本のほうにあるミズバショウだってそうではないですか。あそこ私も何度も通りますけれども、全くやぶの中。これいつになってもやりません。80億9,000万円の合併特例債の一部使ったって観光客を呼ぶ施設をつくり出せなかったのですか。あそこを整備して、本当にもっと呼んでもらう。これは珍しいでしょう、低地で、北限で。そして、そういう株を分けた山梨でしたか、そっちのほうは立派な公園になっているわけではないですか。やはり何か努力が、私はそういうところが見受けられないのですけれども、市長お考えはどうですか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) 観光でありますので、佐藤議員も少し胎内市をPRお願いしたいと思っております。何でこの阿賀北が誘客があまり少ないかということで、去年おととしですか、阿賀北市長会というのをつくったわけであります。阿賀野市から新発田市、村上市ということでありまして、私は村上市、新発田市の狭間にある胎内市がこのぐらいやはり観光客が来るということであれば、各市町村の今競争でありますので、何とかして議員さんにもこういういいところがあるのだということをPRして、いろんな面で前へ進んでいただければもっと観光客が増えるのではないかと思っておりますので、ご協力をお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) いや、私も努力はさせていただきます。ですけれども、そういう一つのところがやはりしなければ、いや、うちらには北限で、低地で、もう全国で珍しいミズバショウがあるのだといっても、やぶに囲まれて、どこにあるのだ、ああ、あそこだな、ああ、あった、あった、こんなような状態のところに私は勧められないです。やはりそういうところもやっていただかなければいけないと思います。四季を通じて魅力ある山あり、川あり、平野あり、海あり、もう本当に恵まれた土地ではありますけれども、その土地の、その地区の使い方がやはりなっていない。そういうのが一つの私は意見だと思いますけれども、ぜひそういう今後、市長もあと金がないから施設も建てられないと言っているし、そういうことなのでしょうけれども、その多少でもいいですから、ちょっと補ってもらえるところはないのでしょうか。今後そういうミズバショウも一つですけれども、ミズバショウのところひとつ直せないのか。

  それと、先ほども道の駅、道の駅と話も出ましたけれども、私も前にも道の駅黒川支所のところ一部道の駅というお話をさせていただきましたけれども、やはり国道に面したところに胎内市の魅力ある商品を飾って立ち寄っていただいて、トイレ休憩してもらって、そこでまちを知ってもらうような、やはり奥ばったところに入らない、いい場所があるわけではないですか。そういうところをやってもう少し胎内市を売り込むことはできないでしょうか、お聞きします。



○議長(渡辺俊君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(丹後勝次君) ミズバショウにつきましては、あそこ議員もご承知のように、ミズバショウだけでなく、イバラトミヨという希少な魚もすんでおります。そんなことで、地元の方に管理等もお願いしております。議員おっしゃられるやぶというのは、ミズバショウのシーズンが終わったころにヨシとかが出てきているというようなものを含めてだと思いますが、あそこ周辺は田んぼでもありまして、なかなか大型バス等は入りづらい、入れないような状況であります。しかしながら、その辺の環境を考慮しながら駐車場の整備とか、あと時期になりますと簡易トイレとかも設置しておりまして、自然の今申し上げましたミズバショウ保護とか、そういった関係もありますから、あまり大々的な整備はもうちょっと難しいところもありますが、整備はやっていることはやっております。

  以上であります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) わかります。一気にはなかなかやれないと思いますけれども、私参加しろといえば参加しますが、多少イバラトミヨのところがあるわけですけれども、一部やはりミズバショウがきちっと見えるようなつくりも必要なのではないでしょうか。少しずつ手をかけていって、あれからずっと私も議員になってからそれを懸念してあったわけなのですけれども、やはりその1年1年、一つ一つやって進めていけばすばらしい場所ができるのではないでしょうか。観光バスまで入るような道をつくれと最初からちょっと難しいかもしれませんけれども、いろんな人に知ってもらって、いいところがあるのだと、そういう一つの売りをやはりしっかりつくっていかなければならないと思います。ぜひそれ、私は嫌われているかもしれませんけれども、市長には。ぜひ一つ一つ手がけていただきたいと思います。

  また、それと先ほどの道の駅の本当に国道端にやはり市の産業品並びに特産品を売り込むような場所をやはりつくるめどを立てていただきたいと思いますが、その意見を聞かせてください。



○議長(渡辺俊君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(丹後勝次君) 先ほどの森田議員の質問でも答弁しましたように、道の駅につきましては現在の樽ケ橋のところをまず整備していくということでありますので、よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 嫌われている人間がなかなか、市長答弁をしないみたいですけれども、一つ一つ市民も協力して、私たちも協力してこの胎内市を売って、市長の述べられている誘致150万人目指しての努力を、私もあと3年ぐらい、そこらだと思いますけれども、頑張って協力をさせていただきます。市長もただの人にならないように、ああ、よかったな、あの市長はと言われるようにまず頑張っていただきたいと思います。

  それで次の質問に、お昼なので、早めに上がらせていただきますので、質問に移ります。3番目に、通学ヘルメットについて、中条中学校生徒の通学ヘルメットがようやく認められるようになりましたが、ヘルメットに対して一部補助を行うことができないか。また、学校独自での貸し出しを考えることができないかなどをお伺いいたします。



○議長(渡辺俊君) 小野教育長。

               〔教育長 小野達也君登壇〕



◎教育長(小野達也君) 通学ヘルメットについてのご質問に対しましては、中学校の状況をあわせてご報告申し上げるとともに、さきの定例会にて佐藤陽志議員からも同様の質問をいただいたときに私のほうからお答えをしているという経緯がございますので、私のほうからお答えをさせていただきたいというふうに思います。

  ことし6月に発生しました市内小学校の自転車による交通死亡事故発生以降、中条中学校の自転車通学時のヘルメット着用については、さまざまな意見や要望を受ける中、同校では来年度入学する小学校6年生を含め、在校生徒、それから保護者に対してアンケートを実施し、半数に近い保護者が学校でかぶらせてほしいと回答していること、登下校中の安全対策も学校に課せられた責務の一つであること等を勘案いたしまして、新1年生に対して来年春入学する1年生に対しましてヘルメットの着用を義務づけるとともに、二、三年生については部活動単位での着用を推進することとなっております。中条中学校の場合、通学距離というのもありますけれども、ご承知のように部活単位で市の施設を使う等の移動が伴いますので、部活単位で推進をしていくと、任意の部分には推進していくという形でございます。

  ご質問でありますけれども、まず1点目、ヘルメット購入費用への補助についてでありますけれども、さきの定例会における佐藤陽志議員の一般質問に対してお答えをさせていただいたとおり、他の中学校におけるこれまでの取り組みの扱いであるとか、それから購入金額が比較的安価であること等に鑑みまして、現段階では考えておりません。

  2点目の学校独自の貸し出しについてでありますけれども、これは中条中学校の2、3年生ということになるかと思いますけれども、ヘルメットには衝撃を吸収する部材の経年劣化による耐用年数があること、それから一度衝撃を受けたヘルメットは機能が著しく低下すること等により、基本的には個人個人の管理によることが望ましいと考えておりますけれども、徒歩通学の生徒が職場体験学習の際に自転車で移動するなど、学校行事等における一時的な利用というものも考えられますので、一時的な自転車使用への配慮といたしまして、学校で貸し出し用のヘルメットを順次整備するとのことでありますので、ご理解をお願いしたいと思います。

  以上であります。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) ありがとうございました。学校のヘルメット、こういう4種類のヘルメットが認められたわけなのですけれども、この中で2,500円ぐらいから、安いので1,700円ぐらいのあるのですが、短期間に使用するものであって、負担もこの金額は少ないと思うのですけれども、やはり多少なりとも補助を受けられないかと。私もこれ20年、21年の定例議会からこの学校のヘルメットについて、中条中学校だけがかぶっていないので、もう一生懸命やってきて、やっとこれ日の目を見たということで私はうれしく思っているのですけれども、子供たちの身を、この前の大きな事故もありましたけれども、その中で事故が起こってからでは大変なので、より多くの子供たちにかぶっていただく意味にでも、多少なりとも、わずかな金額ですけれども、その負担もわずかだと思いますけれども、認めていただけないものかなと。

  そしてまた、先ほど教育長が言いましたけれども、学校行事等で自転車でかぶる人もいるわけです。その中でやはり学校である程度の数を、今少子化になってかなり生徒数も少なくなってきています。うちらみたいなときにはもう30、40人がもう5、6年生、1年生でも6クラスとか、そういうふうな時代とは違って、一クラス、二クラスの30人学級です。その中で、そのぐらいの市が学校に予備を置いて、そういうときにはかぶって、やはりそういうところに習慣づけていかなければだめです。うちらだって、シートベルトが着用義務になったときありますね。そのときなかなかつけない人いる。この新潟県が低かったのです。だけれども、だんだんつけるようになりました。やはり子供たちも、ヘルメットは最初から嫌だと思います。でも、ほかの地区の学校の子供たちはかぶっているのです。だから、この中条中学校の子供たちだけはかぶれないという筋はないのです。だから、なれさせる、うちらがシートベルトになれたように、やはり子供たちにも安全なヘルメットをかぶる習慣を身につけるためにも、学校にもそういうふうに常備したり、多少なり多くの人にかぶってもらうためにもわずかな金額補助できないものですか、お伺いします。



○議長(渡辺俊君) 教育長。



◎教育長(小野達也君) 補助金そのものを創設するかどうか、私ずばっというお答えをなかなかできないことをお許しいただきたいと思うのですけれども、ただ中学生についてはご指摘のとおりだというふうに思います。やはり学校行事について、学校行事または通学時にということであれば、これはかぶっていただくという以前から佐藤議員からご指摘いただいたことをずっと言い続けて、また道路交通法の改正であったり、それから不幸な事案が発生したりというようなこともあったものですから、ぜひこの機会にというようなことで踏み切ったというようなことであるのかなというふうに思っております。

  ただ、補助そのものについては、私中学生の今の対象部分のお話をさせていただくと、やはり乙中学校、築地中学校、黒川中学校で既にもうかぶっていたというような先ほどの事実からいたしますれば、今あえてここで中条中学校がやるといって中条中学校に補助、その補助を拡大するという考え方は、補助金の制度そのものとしてどうなのかなというふうに思うところがございます。今回保護者の理解もあって、学校の力もあってかぶるというところまでいった、それも順次段階的にということになりますけれども、その実績をぜひ認めていただければなというふうな思いでおります。ただ、小さい子供につきましては、やはり教育委員会ももちろんですけれども、交通安全協会、また市長部局、保育園関係も含めてですけれども、そういったところからやはり習慣づけをしていくという考え方については全く大賛成であります。

  そして、私も先ほど森田議員のお話でこの春から自転車を購入して乗るようになったのですけれども、もうどこに行くにもヘルメットをかぶる、安全装備をしながら走るということをあえてやらせていただいております。やはり我々大人も、何で道路交通法が13歳で線を引くのか、私自身理解できません、個人的な意見ですけれども。我々大人もやはり自転車に乗るときにはそういったヘルメットを着用するということ、そして大人の姿勢を子供たちに見ていただくということがまずもって大事なのではないかなというふうに思いますので、これは議員の皆様、市民の皆様にもまた協力をいただけるところ協力いただきながらやっていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) 大変ありがとうございました。お昼になったので、皆さんのために、お邪魔しないように終わりますけれども、嫌われている市長にひとつ最後に、その補助金認められないのであれば、学校に、各施設に、築地、乙、黒川、この中条、その4地区に全て学校に常備できるような、ヘルメットぐらいできないのでしょうか。それをお聞きして終わります。



○議長(渡辺俊君) 教育長。



◎教育長(小野達也君) この点は、私の答弁漏れだと思うのです。済みません。先ほど最初のほうでお答えをしているように、中条中学校の場合、貸し出し用のヘルメットを順次整備していくということでございますので、ぜひご理解をいただきたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 佐藤議員。

               〔10番 佐藤武志君質問席〕



◆10番(佐藤武志君) ありがとうございました。これで私の質問を終わらせていただきます。



○議長(渡辺俊君) 以上で佐藤武志議員の質問を終わります。

  お諮りします。昼食のため休憩したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) ご異議ないので、休憩いたします。

               午後 零時03分  休 憩

                                           

               午後 1時00分  再 開



○議長(渡辺俊君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

                                           



○議長(渡辺俊君) 次に、丸山孝博議員の質問を許可します。

  丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 私は本定例会において、吉田市長に対し何点か質問したいと思います。

  初めに、福祉問題について4点質問いたします。第1は、認知症対策、障害者支援についてどのような取り組みを行っているのかということでございます。

  初めに、認知症の問題ですが、認知症とは病気などが原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりして記憶障害などが起こり、生活に支障が出ている状態であると言われています。全国の認知症患者数は、厚生労働省の研究によりますと2012年時点で推計460万人を超えるという衝撃的なものでありまして、さらに予備群となりますと軽度認知症障害の高齢者が推計400万人となっております。年齢別では年齢が上がるほど高くなっており、65歳以上の高齢者人口のうち約1割が認知症と推定されており、今後も認知症の高齢者は増加していくものとされております。軽度の方はまだ介護が必要ないケースが多いものの症状は確実に進行するため、2年から3年後には介護サービスが必要になることが多いようであります。胎内市では、24年度から認知症総合推進事業として地域支援推進員を配置するなどの事業を展開しておりますが、年々増える傾向にある認知症対策についてさらなる対策を講じる必要があるのではないか、見解を求めたいと思います。

  また、障害者支援については、平成15年4月に行政がサービスの内容を決定する措置制度から、利用者が自分でサービスを選び、契約する支援費制度に変わり、さらに平成18年4月からは障害者自立支援法の施行によって、地域生活支援に重点を置き、身体、知的、精神の3障害福祉サービスの一元化と大きく施策を転換してきました。このような経緯を経て現在は民間や行政が行う各種サービスが展開されておりますが、胎内市の具体的支援についてお伺いいたします。

  第2に、認知症の人の理解が深まり、地域全体で支える仕組みづくりについてであります。この間、認知症を始めとした行方不明者について、防災無線を通じて何回か捜索が行われた経緯があります。こうしたときにそれを聞いた市民はどうしたらいいのか、どんな協力ができるのか、戸惑っている市民が少なくありません。テレビなどで先進的な自治体でも取り組み例などが紹介されていますが、胎内市の取り組みの現状と年々増加する認知症の人の理解が深まり、地域全体で支える仕組みづくりについて市長の見解を求めたいと思います。

  第3に、重度心身障害者等のデイサービスの利用者状況及びサービスを望む家族はどの程度か、伺います。これについてはさきの第3回定例会で森本議員が詳しく質問をされ、関係機関と協議し、整備できるようにしたいという答弁でありましたが、どの程度具体化されているのか、また市内にはサービスを望む家族はどの程度なのか、伺います。

  第4に、鳥坂団地の出入り口に網戸を設置することについてであります。ご承知のように、鳥坂団地は市営が8棟、県営が4棟で計12棟あります。団地の出入り口は春から秋にかけてはツバメを始めとした鳥が入り込むため、ほとんどの出入り口には「戸は必ず閉めるように」と張り紙が張ってあります。そのため、特に夏場は建物によっては暑苦しいという住民からの苦情があります。また、蚊やハエも入り込んできて困っている声もあります。鳥坂団地は、市営住宅の2号棟と3号棟は出入り口に引き戸そのものがありませんが、他の出入り口は全部引き戸になっています。そのうち網戸が設置されているのは、市営住宅の6号棟のみであります。全ての公営住宅の出入り口に網戸を設置し、快適な住宅環境を提供すべきではないでしょうか。

  以上です。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) ただいまの丸山議員からの福祉問題等についてのご質問でありますが、お答えをいたします。

  初めに、1点目の認知症対策と障害者支援についてでありますが、まずこの2つに共通することといたしましては、地域包括ケアシステムの構築が挙げられます。これは、高齢者や障害者が住みなれた地域で生活が継続できるようにするため、介護、医療、生活支援、介護予防を充実することであります。そして、そのシステムの構築には、医療、介護、福祉、それから保健等の関係機関がつながりを持ちながら協議を進めていくことが重要でありますので、市といたしましては今後もこれら関係機関と連携を密にして取り組んでまいりたいと考えているところであります。

  議員ご質問の認知症対策といたしましては、認知症予防の観点から講演会や脳活性化教室の開催のほか、地域のサロンを通じて脳や体を動かすことの大切さなどを知っていただく取り組みをしております。認知症になった方への取り組みといたしまして、作成済みの認知症ガイドブックの普及とともに、今後認知症に関する各種サービスや支援について記載した認知症ケアパスを作成し、その方の状態に応じた適切な支援が受けられるよう周知を行っていく予定としております。

  障害者支援の取り組みといたしましては、医療費の助成や各種手当等の支給による負担の軽減、利用者の状態やニーズに沿った各種サービスの提供、当市の実情を踏まえた地域生活支援事業の実施、そしてあらゆる悩み事にも的確に対応できるような相談支援体制の充実等により、社会参加を支援しております。そのほか、障害に関するサービスや支援について記載されている障がい福祉便利帳を作成し、相談に来られた方が適切な支援が受けられるよう案内しております。

  それから、2点目の認知症の人を地域全体で支える仕組みづくりについてでありますが、認知症の人が適切な医療と介護が受けやすい環境整備と支援体制の強化のため、認知症に関する各種の研修会や事例検討会を開催しております。また、認知症の人やその家族を含めて支援することの必要性に鑑み相談窓口を開設するなど、認知症の人やその家族が相談しやすい体制を整備するとともに、家族の集いのような介護者の交流の場として認知症カフェを市民協働で立ち上げるなど、介護者の精神的負担の軽減を図るための支援を行っております。加えて将来に向けて地域で支援する人材育成も大切であろうとの考えから、認知症サポーター養成講座を市内全ての地域包括支援センターで取り組んでおります。講座を修了した方々におきましては、認知症カフェへの協力や地域での活動を通じて市民や認知症への理解を深めるための取り組みを積極的に行っていただいております。先ほど述べました地域包括ケアシステムの構築につながりますが、今後も広く市民へ認知症に関する知識を啓発、普及するとともに、医療機関や関係機関、行政各課等多職種の連携を密にし、地域の方々も一緒になってお互いに支え合う仕組みづくりを進めてまいりたいと考えております。

  それから、3点目の重度心身障害者等のデイサービス利用状況についてでありますが、初めに障害福祉サービスでのデイサービスに当たる生活介護の利用者につきましては現在14名でありまして、そのうち障害区分が重度に該当すると思われる利用者は6人であります。その中でも重度の知的障害と重度の身体障害をあわせ持つ重症心身障害者に該当する方は1人となっております。この方々につきましては、市内に障害者専門の生活介護施設がないため、市内外の介護保険の施設や市外の生活介護施設を利用していただいているところでありますが、利用に当たっては高齢者や施設所在市町村に居住する利用者が優先されるため、当市の利用者の利用状況は利用者によって異なりますが、週3回程度から月二、三回程度となっております。

  続きまして、サービスを望む家族はどの程度かにつきましてでありますが、サービスの利用支援を行っております相談支援専門員が聞き取りをする中で、およそ10人の潜在的な利用希望者がいる旨伺っております。先ほども申し上げましたが、生活介護施設につきましては市内にはなく、新発田市以北の圏域においても不足している状況にあり、圏域の課題として新発田地域振興局や新発田市以北の市町村と情報を共有しているところであります。今後は、胎内市地域自立支援協議会が新発田地域振興局等を通じ事業所等に生活介護施設の開設や介護保険の施設での受け入れの拡大を働きかけるなど、利用希望者が待機することなく利用できるよう協議してまいりたいと思いますので、ご理解をお願いいたします。

  最後に、4点目の鳥坂団地の出入り口に網戸を設置することについてお答えいたします。現在鳥坂団地には、県営住宅が4棟、市営住宅が8棟建設されておりまして、県営住宅の全4棟と市営住宅6号棟の1棟におきましては、入り口ドア付近に通気用の網戸が設置されておりますが、残りの市営住宅7棟につきましては出入り口に網戸のない構造となっております。これら出入り口に網戸のない住宅につきましては今年度中に一部設置を予定しておりますし、設置できなかった棟につきましては来年度において設置したいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上であります。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 認知症の問題について伺いますが、そもそも数字は変わると思いますけれども、認知症と言われる方というのは胎内市でどのくらい把握していますか。それは人口比でどれぐらいか伺います。それが1つと、もう一つは介護認定、要支援、要介護とされている方の中の認知症というのもあわせてお願いをしたい。



○議長(渡辺俊君) 井畑市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) お答えいたします。

  まず、認知症と言われる、みなされる方々の数、この数については、おおよそ市全体で1,700人程度というふうに統計的に捉えております。1,700人というのはかなり重度の方も軽度の方もいらっしゃるわけですが、総数で1,700というふうに捉えているところでございます。それで、要介護、要支援、この方々がどのぐらいいるかということにつきまして、実はほとんど同じ数字、1,700人。そうしますと、どちらも65歳以上の人口が現在のところ9,400人ぐらいでございますので、19%程度の方々が要支援、要介護、そして認知症の方々、もちろん要介護、要支援でない認知症の方々もいますが、大体この数字の相関からいたしますとほとんど重なり合っていると。したがって、要支援、要介護になっている方々がほとんど認知症を、軽度、重度の差はありますが、両方あわせ患っているという、そういうふうな捉え方でよろしいかなという認識を持っております。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 先ほど市長の答弁でケアパスを作成したいというお話ですが、具体的に伺いたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) お答えいたします。

  ケアパスが認知症施策の推進の中の3つの視野、医療と介護のネットワーク構築、それから認知症の人や家族への支援、もう一つが地域での支援のための人材育成と3本柱で施策を推進しているところですが、この1番目の医療と介護のネットワークの中での健康ファイルということでケアパス等を考えております。実際認知症になってしまった方々が自分の健康や気持ち、それらを医療介護のまさに現場において表明することがだんだん難しくなっていく。ですから、できるだけ早いうちにその人の医療に関する情報、それから考え方、それらをファイル化して、医療現場でも介護現場でもそれを共通のファイルとして用いることができるように推進を図っているという、そういう内容でございます。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) そうすると、それはいわゆる認知症と認定された方に対してのものだと、というものを全て作成するというふうに受けとめていいですか。



○議長(渡辺俊君) 市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) すべからくそのように作成をしていただきたいなと。ご本人も、それから実際医療の現場、介護の現場というふうに申し上げましたが、医療の現場についてまだその連携が図られていない医療機関というのは決して少なくないわけでございますので、全ての医療機関、介護施設等で、まさに先ほども申し上げました一元的に情報を共有できるように足りない部分を補っていかなければならないと、今そのような状況を踏まえて認識しているところでございます。取り組みを進めていきたいと思っております。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) それから、この人たちに対して地域の人たちの理解を深めて、それで支え合っていくと、そういう仕組みづくりについて先ほど市長も答弁されましたが、将来的も含めてサポーターを、講習を受けたりして増やしていきたいというふうなことなのですけれども、この1,700人が全てということには当然ならないですが、減ることはないだろうというふうに考えた場合、この人たちの一部の人たちをどうやってその地域で温かく見守るか、また施設に入ったとしてもこの前みたいなことがあっていろんな対応が求められるわけですけれども、もう少しやはり、防災無線でただああいうふうに流れただけで戸惑う市民も多いわけですが、そういうときや、そればかりではなくて本当に身近なところでこの認知症の方々がやはりおられて、すぐ何かあったら対応できるということが望ましいわけですが、行政としてはもうちょっと市民に対してどういうふうにして支え合っていくのかということも、もう少しわかりやすい考え伺いたい。



○議長(渡辺俊君) 市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) お答えいたします。

  ただいまの議員のご指摘は非常に重要な部分でございまして、先ほど市長答弁の中でも認知症サポーターに触れさせていただきましたが、そのサポーターの方は確かに今実績で3,000人を超えております。しかしながら、時の経過とともに、講習は受けてサポーターになったけれども、日常の振る舞いとしてどうしたらいいのだろうというところは、今後ますます具体的なケアの仕方をサポーターの方々と共有し、また時には何らかの実践経験といいましょうか、そういったことも積んでいただくなど、それらのことを総合的に実施しなければいけないのではなかろうかと思っております。

  もう一つは、議員も触れられました障害のある方、認知症の方々というところの共通の施策のありようとして、決してその方たちをもちろん差別しない、垣根をつくらない、そういう地域社会をつくっていかなければいけませんから、地域包括ケアシステム、それで対応していくに当たっては、いろいろ発生する問題、もちろん徘回的な行動もございますし、虐待の対応等もございます。専門家と、それから市民の方々の理解とご協力をいただけるような、いわば地域の輪をつくっていけるように進めてまいりたいと思っております。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 地域をつくっていけるようにしたいということなのですけれども、いろんな場面でそういう提案はできると思うのですけれども、今先進的な町内とかモデル的にやっているところがあるとは思うのですが、ないですか。あればあったで、それをやはり広げていく努力がどういうふうにされているのか、今後もっともっと多くの市民あるいは町内、集落に理解してもらう仕組みづくり等について、もう少し具体的にお願いします。



○議長(渡辺俊君) 市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) お答えいたします。

  先ほどもちょっと触れさせていただいたのですが、障害のある方、それから高齢者、おひとり暮らしの方、認知症の方々、いろいろないわゆる生活弱者と言われる方々を認知症だけ取り出してどうこうということがあるかもしれませんけれども、地域の仕組みづくりということで非常に参考になる部分としては、やはりサロン活動等を先進的に行っていただいている町内、集落というものがございまして、そういったことが地域支え合い事業の中で、これは市役所の部署でいうと市民生活も健康福祉も共通なわけでございますけれども、ある集落においてはおひとり暮らしの方々のお宅を定期的に役員の方々を中心として訪問したり、サロンにお招きをしたりというような活動をされているところ、それから直接認知症ということではございませんが、生活にお困りのところをいわば当番のようにその集落でお助けをしたり、お声がけをしたりというようなことをしているところが見受けられるようになってきました。それから、そのサロンの中では健康体操ということで、ここは認知症の予防でいうと、体を動かすこと、脳を活性化させるためにいろんなゲームとかを行うということなどがとても大切になってきますので、今紹介申し上げたような活動をさらにできるだけ多くの町内、集落で活発に行われるように我々も支援と連携をしていくということになろうかと思います。よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 24年度から地域支援推進員というのを配置したと思うのですが、この人たちというのは何人いて、日常的にはどんなことをやっているのか。



○議長(渡辺俊君) 市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) 認知症の地域支援推進員をもっともっと増やしていきたいのですけれども、現在は地域包括支援センターやまぼうしに1名ということで、コーディネーター的な役割を担ってもらっていると。当然先ほど触れました医療と介護を一体として認知症の方々を支えていかなければいけませんから、いわば指令塔のようなところでコーディネーター的な役割。しかし、まだまだ足りないので、今後どのように拡充を図っていくか、一つの課題になってこようかと考えております。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 障害者のほうの問題ですが、先ほど市長のほうからは相談支援専門員という方が対応しておられるということですが、これは1名ですか。何名いらっしゃいますか。



○議長(渡辺俊君) 須貝健康福祉課長。



◎健康福祉課長(須貝敏昭君) 相談支援員といたしまして、市内に3カ所相談窓口を設置してございます。その各施設におきましては、相談支援員としては2名体制で対応して……

               〔「各2名ですか」と呼ぶ者あり〕



◎健康福祉課長(須貝敏昭君) はい、そうです。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) それで、先ほど市長の答弁では、サービスを望まれる家庭はどれくらいかという質問に対して、市内にはないので、市外にお願いしていると。将来的といいますか、近い将来的という表現だったと思いますが、待機者がないようにしたいというふうに答弁されましたけれども、この待機者の解消というめど、どれくらいを目標にしていますか。



○議長(渡辺俊君) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(須貝敏昭君) 現在、潜在的な方が約10人ということで認識をしてございます。こちらのほうに、先ほど答弁もございましたとおり、市の施設につきましては老人のほうの施設のほうも利用させていただいておりまして、市内でありますとウエルネスでありますとか、とっさかでありますとか、いわはら荘、けやきの杜、栗木野荘等の施設を使わせていただいているところでございます。市外でありますと、村上市にありますいわくすの里、くろっかす、あと新潟市のはまぐみとかというような施設を使って現状対応をさせていただいているところでございます。先ほど申しましたとおり、市外の施設でありますと市外のその市の方が優先的な利用ということになりますので、利用に関しましては若干融通がきかないという部分がありますので、その辺は今後調整させていただきたいと思っております。

  また、施設の整備ということに関しましては、現在市内の1法人のほうで施設整備に向けた動きをしたいというような動きがありますものですので、その辺を調整させていただいているところでございます。まだ具体的な話になってございませんので、その辺を詰めさせていただいて、現在策定しております胎内市の第4期障がい福祉計画のほうにその辺の計画を載せられるようにできればと考えているところでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 今そういう民間のほうで進めたいという話があるということなのですけれども、できればショートステイなんかもその障害のある方ができるような施設にしていただきたいというのが多分家族の思いだと思うのです。そういうことも含めた施設の整備というふうにぜひ進めてもらうようなことを、民間ですから、お願いできるようにしていただきたいと思いますけれども、いかがですか。



○議長(渡辺俊君) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(須貝敏昭君) 今ほど議員のご指摘されましたとおり、その辺につきましても対応できるような形での要望をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 鳥坂団地のことですが、さっき市長の答弁ですと県営の4棟については通気孔に設置されているという話なのですけれども、それ出入り口に、引き戸にツバメが入るから必ず閉めてくださいという、県営もみんなそうなっているではないですか、南側、北側の入り口も。そうすると、やはりそこを建物によっては閉めっ放しにすると、とても暑いと。通気孔というところに網戸をつけたことによってこれが解消されるとはちょっと思えないですが、私は通気孔がどこにあるかはちょっとわかりませんが、出入り口にやはり県営も網戸をつけるべきではないかと思いますが、どうでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 久保田地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 今ほどの意見を真摯に受けとめまして、私どもも害虫とかツバメ等の被害等を聞いておりますので、その辺を対処していきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) そうすると、市営でいえば6号棟を除くところ、大体私も見てきたのですが、7号棟なんていうのはもうすぐ設置できるようになっているのです。もうレールが入るようになっているから、何であそこに、そもそも構造上もう設置されているのにしないのかなというのを思ったり、1棟1棟みんな確認してきたのですけれども、逆に最後にできた8号棟というのは引き戸が、今度は取っ手があってなかなかあれは設置しづらいかなと思ってきましたけれども、そういうところも努力して設置してもらうということで確認したいと思うのですが、それでいいですか。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 新しい、古いも関係なく、うちのほうとしては一応業者のほうに見積もって、見積書をいただきながら計画を立てているところでございますので、よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) わかりました。では、次に行きたいと思います。

  次に、中条駅の西口周辺事業及び市道望城線について4点質問します。第1に、西口完成後のまちづくりについての立地適正化計画策定の進め方についてであります。市長は、本定例会初日の市政報告で、完成後のまちづくりを見据え、将来にわたって市民の皆様が安心かつ快適に暮らせる都市形成を目指すべく、居住機能や福祉、医療、商業、公共交通等市全体の都市構造を見渡したマスタープランとして立地適正化計画の策定にも取り組んでまいりたいと述べました。この立地適正化計画の策定については当然市民本位でなくてはなりませんが、今後のスケジュールについて明らかにしてください。

  第2に、西口に市民が憩える公園、緑地の設置についてでありますが、29年秋の供用開始に伴い、地域や関係者の関心も高まってきました。その一つに、西口周辺に市民が憩える公園、緑地の設置を望む声があります。この地域の整備により、今後宅地化が進むことが予想をされます。現在地域の子供たちが遊んだり、お年寄りが憩える場所はなく、これを機会に設置してほしいという要望が多く、避難場所も兼ねた広場は必要と考えますが、市長の前向きな答弁を求めたいと思います。

  第3に、クラレへの引き込み線跡の活用についてであります。中条駅に西口をつくることに伴って、現在使用されていないクラレへの引き込み線の一部を利用することで協議をされてきましたが、過去の議会質問で市道望城線の拡幅も含め協議を進めるとしていましたが、いよいよ西口周辺事業が具体化になってきた現段階においてその協議はどのようになっているか、具体的活用について伺います。

  第4に、柴橋川にかかる市道望城線の橋の拡幅及び周辺道路の整備については今ほどの質問と関連するものですが、あかね町からの車の通行量が大変多く、すれ違いもできない状況になっており、周辺の道路整備とあわせて橋の拡幅を望む地域住民の声に応えるべきであります。市長の誠意ある答弁を求めたいと思います。

  以上です。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) ただいまの丸山議員からの中条駅の西口周辺整備事業及び市道望城線についてでありますが、お答えいたします。

  1点目の西口完成後のまちづくりである立地適正化計画策定の進め方についてでありますが、市ではこれまで平成23年度に策定した胎内市都市計画マスタープランに基づき、今後の人口減少、少子高齢化社会の進展を踏まえた目指すべき将来像の実現に向けたコンパクトなまちづくりを推進してまいりました。また、国においては、地方都市で急激な人口減少と高齢化率の上昇が見込まれる中、健康で快適な生活や持続可能な都市経営の確保によるまちづくりが重要な課題となっていることを受け、市町村における地域の実情に即したコンパクトなまちづくりを支援するため、都市再生特別措置法を本年8月に改正したところであります。この法改正による支援制度を活用すべく、当市においては中条駅や公共交通ネットワークを中心とした集約都市の形成を目指し、都市機能や居住機能の立地誘導等に当たり、立地適正化計画を策定準備中であります。計画の策定に当たりましては、平成27年度から計画策定に必要な基礎調査やこれに基づく企業者や市民への支援体制の導入の可能性について検討委員会等を立ち上げ、各種計画との整合性などの検証を行いたいと考えております。そして、平成28年度には、ワークショップや住民アンケートなどで住民意見を反映させ、市民合意形成を図りながら計画を策定する予定でありますので、よろしくお願いいたします。

  それから、2点目の西口に市民が憩える公園、緑地についてでありますが、中条駅西口周辺の公園、緑地の設置につきましては、地域の説明会、中条駅西口周辺まちづくり審議会、市民ワークショップにおいても要望をいただいているところであります。このたび中条駅西口が整備されることを契機に、複数の民間事業者が西口周辺の開発を計画しておりまして、その計画の中において事業者の協力のもとで公園や緑地等の整備をあわせて行ってまいりたいと考えております。

  それから、3点目のクラレ引き込み線跡地の活用についてでありますが、この引き込み線を有効利用することにつきましては、以前から東日本旅客鉄道株式会社、株式会社クラレ、胎内警察署と協議を進めているところであります。この協議を進める中で、引き込み線内に存在する支障物、線路と道路との保安距離、遮断機等の鉄道施設の支障などが明らかとなったことで道路線形を計画するに当たって設計上の問題が生じており、これらの課題解決を行うべく、現在も設計検討や関係者と協議等を継続して行っているところであります。先ほど申し上げましたとおり、まずは中条駅西口整備に係る事業を第一に進めているところでありますので、ご理解をお願いいたします。

  4点目の市道望城線にかかる柴橋川の拡幅及び周辺道路整備についてでありますが、2級河川である柴橋川の河川改修につきましては河川管理者である新潟県が行っておりまして、現在までのところ県道中条・紫雲寺線の柴橋地内まで工事が進んでおりまして、順次上流部へ改修工事が進んでいくものと思われます。市道望城線にかかる柴橋川の橋の拡幅につきましては確かな改修計画がいまだ定まっていないことから、今後も県に対し早期の計画策定と河川改修の実施を要望してまいりたいと思いますので、その点ひとつよろしくお願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 市民が憩える公園、緑地の問題で、今市長は複数の民間事業者が対応するので、そのときにあわせて公園、緑地を設置したいという話ですけれども、私はちょっとよくわかりませんけれども、大規模開発をしなければ、公園、緑地をしなければならないという部分があって、その中の一つとして考えているのかどうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) そこの西口を使いたいという方の考えでなくて、私の考えは逆に今用地を確保しなければだめだという部分ありますから、この緑地を含めてそれを早く用地を確保する、いわゆるどこの用地であるかを今調べている最中でありますが、その部分の何町歩かは確保していきたいというのが私のさっきの先行でありますので、ご理解をお願いいたします。企業が来るからこうするのでなくて、企業も企業ですけれども、胎内市民の、裏のほうを守るには、公園、緑地帯を設けるには早く用地を確保したいというのが、私は先行しているわけでありますので、お願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 私は何町歩も必要ないとは思うのですけれども、用地の確保は西口の整備とあわせて行うということだけれども、公園の設置はまだちょっと先になりますよというふうに聞こえたのですけれども。



○議長(渡辺俊君) 久保田地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 公園開発というか、開発に伴います面積の開発は3%ということで緑地帯をとらなければならないということになっておりますけれども、それはそれでまず業者のほうが行うということでございます。市長が言ったものにつきましては、第2次総合計画をこれから行う中で、その位置づけの中で今後は計画、来年度から検討に入りたいといった中で動いていきたいなというふうに私どもは考えております。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) もう一度お聞きしますが、2年半後の秋に供用開始ということではないですか、一応。そのときにはまだ公園はちょっと無理ですよということなのか。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 今西口と絡めてまた開発業者が用地買収に入っておりまして、その辺の中で振り分けをしながらうちのほうの必要な場所を選択して、前もって取得するような形にはなると思いますけれども、今回ことしも幾らか面積があるので、その辺の中で検討していかなければならないという、そうしないと今後開発について広場との一体とした中での開発がそういうことを考えていかないとなかなか進んでいかないので、やはり現実的には用地の確保が必要だと考えております。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) 済みません。今課長検討というふうに言いました。私検討しなくて、確保をしたいのであります。そういうことで理解していただければありがたいと。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 確保はするけれども、西口の完成に合わせて公園もできるのかということを今までずっと私は一貫して聞いているのですが。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 先ほども申し上げましたとおり、第2次総合計画に位置づけするという意味で、その観点の中でこれから、27年度から図っていく。29年度の完成にはちょっとずれますので、その辺はご理解いただきたいと思います。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 用地は確保しておくので、もうしばらく待ってくれというふうに私は理解しました。わかりました。

  西口のほうはそれでまたいいのですが、来年度というのはどれぐらい西口整備というのは工事も含めて進むことになるのですか。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 来年度からやはり工事をしないと、皆さんにちょっと見てもらいたいところもありますので、まずは仮駅舎をつくらないと工事がかかれないので、まず仮駅舎をつくるような予定としております。それから、アクセス道、要するに、中条病院に抜けるL型の道路ですか、それについても工事が始まるというふうな計画をしております。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) わかりました。

  それで、望城線の話になりますけれども、大体あそこは道の広さというのは何メートルですか。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 広いところで4メーターありますけれども、狭いところで3メーターというような感じになっております。なお、前々からいろいろと協議しておりますけれども、先ほど市長のほうから、要するに鉄道用敷の中にいろんなものが入っておりまして、それがなかなか非常に難しい。また、安全帯というものが必要になりますので、その辺の中で道路がどうなるかというところで、非常に今JRとの話の中でもめているというか、そういう話になっておりますし、あそこの撤去とかいろいろなものになりますと非常に費用対効果を考えるとなかなか難しいことがありまして、今のところはまずは先ほど市長が言ったとおり、西口のほうの整備を行っていきたいということでございます。よろしくお願いします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) 本当にあそこを通ると狭くて、消雪なんかをして、パイプなんかは、施設はあるのですけれども、車がそもそもすれ違いできないという道路が市道なのかと言いたいぐらい狭いところで、特にあのあかね町の宅地化が進んで、買い物に行く方、中条駅に行く方も含めて相当交通量が増えているというのはあの地域の人たちからもよく言われることで、そうすると本当に狭い道路で相互に退避所がないと、とても車が通れないという状態でいいのかどうかということをやはり率直に解消するための努力というのは必要だと思うのです。費用対効果ということになれば西口ができれば多少は解消されるということは予想はされますが、それでもなおかつまだあかね町の土地があいていることからすれば、まだまだあそこは混雑するところだというふうに見ないとだめだと思うのです。だから、本来であればあかね町がその開発すると同時にあそこなんかを本来拡幅するというのがされていれば、先行にされていれば問題もなかったのだろうけれども、ここまで来て問題が生じてから、あの道路が狭いからどうにかしてくれという、当然住民の声が上がってくるわけですが、それに対して全く将来的にも予想されない。いつになるかわからない。柴橋川が下流のほうから改修しているといっても、全然上がってこないわけです、こっちまで改修が。あそこまで行くのに何年もかかるでしょうね。もう何十年もかかると思いますよ、県がやることに対しては。個人名挙げて悪いと思うのですが、あの地域にいた高橋さんなんかはこのことばかりを言ってついにこの前お亡くなりになりましたけれども、本当にあの人なんかずっと心配していて、常にあそこの話を、柴橋川の話をされていた方なのです。そういう人たちの思いもちゃんと受けとめてもらって、どの程度かかるかは別にしても、早急とは言えないかもしらぬけれども、将来いつごろまでだったらあそこの道路が解消されるのかというくらいの見通しぐらいはやはり県に示してもらいたいということですが、どうでしょうか。



○議長(渡辺俊君) 吉田市長。



◎市長(吉田和夫君) この柴橋川の一番なのは橋の幅員だと思うのでありますが、橋も非常に狭くなっているわけであります。この河川管理も県でありますが、なるべく早くその橋だけでもいいから拡幅してくれればいいなと私感じているわけであります。同時に、それから坊城館で今歴史でトイレなんかついておりますが、あの辺も制度資金がないかどうかこれは教育委員会のほうへちょっと指示を出していきたいと思うのでありますが、もう少し制度資金出て、入り込み客が大変多いというような理由もあるかと思うのでありますが、見に来る方もおられるわけでありますので、制度資金活用できるのであれば早くその館の付近も拡幅対応になればまた進ませていただきたいと思っておりますので、お願いいたします。



○議長(渡辺俊君) 丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君質問席〕



◆17番(丸山孝博君) では最後に、望城の道路の整備されていない部分あるではないですか。地域からも要望出ていると思うのですが、でこぼこ道ね。そこはもうすぐ対応ということでいいですか。地域から要望出ているところ。



○議長(渡辺俊君) 地域整備課長。



◎地域整備課長(久保田雅勝君) 地域要望につきましては区長さんにお伝えしていると思いますけれども、やはり必要性、本当に当然必要なものはわかりますけれども、財政的な面も考えながら、また順番もありますので、その辺を考えながら構想等を考えていきたいと思いますので、その辺ご理解願いたいと思います。

                                           



△発言の訂正

               〔「済みません。議長、申しわけありません。追加で答

                 弁訂正、ちょっと訂正させていただきたいんですが」

                 と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺俊君) 井畑市民生活課長。



◎市民生活課長(井畑明彦君) 大変申しわけありません。

  先ほど私認知症のお尋ねの中で、医療とのネットワーク、それにおける地域連携パスということでお答え申し上げたのですが、議員のお尋ねが認知症のケアパスということであれば、まだ確定的ではないのですが、ガイドブックというものに織り込む地域資源等を活用して、さまざまなサービス、安否確認、見守り、生活支援等を織り込んでいくということを現在案として作成中でございますので、ケアパスであればむしろそちらのほうがそぐわしい答弁だったかもしれませんので、補足をさせていただきます。申しわけございませんでした。ありがとうございました。



○議長(渡辺俊君) いいですか。

               〔「はい、いいです」と呼ぶ者あり〕

                                           



○議長(渡辺俊君) 以上で丸山孝博議員の質問を終わります。

  これをもって一般質問は終了しました。

                                           



○議長(渡辺俊君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

  次の本会議は19日、午前10時から委員長報告の後、議案の採決を行います。

  本日は、これをもって散会いたします。

  ご苦労さまでした。

               午後 1時52分  散 会