議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 胎内市

平成25年 12月 定例会(第4回) 12月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成25年 12月 定例会(第4回) − 12月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成25年 12月 定例会(第4回)





       平成25年第4回胎内市議会定例会会議録(第4号)

〇議事日程                                       
平成25年12月20日(金曜日) 午前10時開議                    
第 1 議第 89号 平成25年度胎内市一般会計補正予算(第5号)           
    議第 90号 平成25年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)     
    議第 91号 平成25年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)     
    議第 92号 平成25年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)       
    議第 93号 胎内市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例         
    議第 94号 胎内市高齢者健康増進ふれあい施設条例等の一部を改正する条例    
    議第 95号 胎内市黒川診療所条例の一部を改正する条例             
    議第 96号 胎内市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例        
    議第 97号 胎内市下水道条例の一部を改正する条例               
    議第 98号 胎内市第一簡易水道及び胎内市第二簡易水道給水条例の一部を改正する条
           例                                
    議第 99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例              
    議第100号 胎内市個人情報保護条例の一部を改正する条例            
    議第101号 胎内市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例         
    議第102号 胎内市地域の元気臨時交付金基金条例                
    議第103号 胎内市社会教育委員条例の一部を改正する条例            
    議第104号 胎内市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例          
    議第105号 胎内市農業振興地域整備促進協議会条例を廃止する条例        
    議第106号 胎内市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例          
    議第107号 胎内市荒井浜地区簡易水道給水条例の一部を改正する条例       
    議第108号 財産の無償貸付について                      
    議第109号 公の施設に係る指定管理者の指定について              
    議第110号 胎内市道路線の認定について                    
    請願第 1号 免税軽油制度の継続を求める請願書                 
                                           
〇本日の会議に付した事件                                
日程第 1 議第 89号 平成25年度胎内市一般会計補正予算(第5号)         
      議第 90号 平成25年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)   
      議第 91号 平成25年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)   
      議第 92号 平成25年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)     
      議第 93号 胎内市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例       
      議第 94号 胎内市高齢者健康増進ふれあい施設条例等の一部を改正する条例  
      議第 95号 胎内市黒川診療所条例の一部を改正する条例           
      議第 96号 胎内市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例      
      議第 97号 胎内市下水道条例の一部を改正する条例             
      議第 98号 胎内市第一簡易水道及び胎内市第二簡易水道給水条例の一部を改正す
             る条例                            
      議第 99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例            
      議第100号 胎内市個人情報保護条例の一部を改正する条例          
      議第101号 胎内市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例       
      議第102号 胎内市地域の元気臨時交付金基金条例              
      議第103号 胎内市社会教育委員条例の一部を改正する条例          
      議第104号 胎内市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例        
      議第105号 胎内市農業振興地域整備促進協議会条例を廃止する条例      
      議第106号 胎内市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例        
      議第107号 胎内市荒井浜地区簡易水道給水条例の一部を改正する条例     
      議第108号 財産の無償貸付について                    
      議第109号 公の施設に係る指定管理者の指定について            
      議第110号 胎内市道路線の認定について                  
      請願第 1号 免税軽油制度の継続を求める請願書               
追加日程第1 報告第24号 専決処分の報告について(専第14号 工事請負変更契約の締結に
              ついて)                          
追加日程第2 発議第12号 免税軽油制度の継続を求める意見書              
                                           
〇出席議員(18名)
   1番   菅  原  市  永  君    2番   天  木  義  人  君
   3番   薄  田     智  君    4番   森  田  幸  衛  君
   5番   松  浦  富 士 夫  君    6番   高  橋  政  実  君
   7番   佐  藤  秀  夫  君    8番   八  幡  行  雄  君
   9番   渡  辺     俊  君   10番   桐  生  清 太 郎  君
  11番   新  治  ひ で 子  君   12番   花  野  矢次兵衛  君
  13番   富  樫     誠  君   14番   小  林  兼  由  君
  15番   赤  塚  タ  イ  君   16番   松  井  恒  雄  君
  17番   丸  山  孝  博  君   18番   渡  辺  宏  行  君
                                           
〇欠席議員(なし)
                                           
〇説明のため出席した者
     市     長   吉  田  和  夫  君
     副  市  長   三  宅  政  一  君
     総 務 課 長   岩  川  一  文  君
     総 合 政策課長   川  又     昇  君
     財 政 課 長   ?  橋  次  夫  君
     税 務 課 長   小  林  広  満  君
     市 民 生活課長   天  木  秀  夫  君
     健 康 福祉課長   井  畑  明  彦  君
     農 林 水産課長   高  橋     晃  君
     地 域 整備課長   久 保 田  雅  勝  君
     会 計 管 理 者   阿  彦  和  男  君
     商 工 観光課長   丹  後  勝  次  君
     上 下 水道課長   藤  木  繁  一  君
     黒 川 支 所 長   小  野  晋  平  君
     農 委 事務局長   佐  藤  公  一  君
     教  育  長   小  野  達  也  君
     学 校 教育課長   小  野  孝  平  君
     生 涯 学習課長   五 十 嵐  聖  一  君
                                           
〇事務局職員出席者
     議 会 事務局長   須  貝     薫
     係     長   佐 久 間  伸  一
     主     任   八  幡  慎 太 郎



               午前10時00分  開 議



○議長(渡辺宏行君) おはようございます。これより第4回定例会を再開いたします。

  現在の出席議員は18名であり、定足数に達しているので、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の日程は、お手元に配付の議事日程に従って進めます。

                                           



△日程第1 議第 89号 平成25年度胎内市一般会計補正予算(第5号)

      議第 90号 平成25年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

      議第 91号 平成25年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

      議第 92号 平成25年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)

      議第 93号 胎内市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例

      議第 94号 胎内市高齢者健康増進ふれあい施設条例等の一部を改正する

             条例

      議第 95号 胎内市黒川診療所条例の一部を改正する条例

      議第 96号 胎内市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例

      議第 97号 胎内市下水道条例の一部を改正する条例

      議第 98号 胎内市第一簡易水道及び胎内市第二簡易水道給水条例の一部

             を改正する条例

      議第 99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例

      議第100号 胎内市個人情報保護条例の一部を改正する条例

      議第101号 胎内市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

      議第102号 胎内市地域の元気臨時交付金基金条例

      議第103号 胎内市社会教育委員条例の一部を改正する条例

      議第104号 胎内市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例

      議第105号 胎内市農業振興地域整備促進協議会条例を廃止する条例

      議第106号 胎内市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例

      議第107号 胎内市荒井浜地区簡易水道給水条例の一部を改正する条例

      議第108号 財産の無償貸付について

      議第109号 公の施設に係る指定管理者の指定について

      議第110号 胎内市道路線の認定について

      請願第 1号 免税軽油制度の継続を求める請願書



○議長(渡辺宏行君) 日程第1、議第89号から議第110号まで及び請願第1号を一括議題とします。

  なお、議第93号から議第99号まで及び議第106号並びに議第108号についてはお手元に配付のとおり討論の通告がなされております。

  これより委員長報告を行います。総務文教常任委員長、厚生環境常任委員長、産業観光常任委員長、まちづくり常任委員長の順に行います。

  また、委員長報告に対する質疑は委員長報告の都度行うこととします。

  それでは最初に、総務文教常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  薄田委員長。

               〔3番 薄田 智君登壇〕



◆3番(薄田智君) おはようございます。それでは、これより総務文教常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、条例の一部改正が5件であります。付託案件については、去る12月10日午前10時から副市長、関係課長の出席を求めて委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果について報告いたします。

  初めに、議第93号 胎内市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例についてであります。これは、平成26年4月1日から消費税及び地方消費税の税率が現行の5%から8%に引き上げることに伴い、行政財産使用料徴収条例に定める使用料のうち、建物及び使用許可期限が1カ月未満の土地について改正するもので、主な質疑といたしましては、胎内市ではこれに該当する箇所はどのくらいあるのか。影響を受ける金額はどれくらいか。土地について備考欄に書いた理由はなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第100号 胎内市個人情報保護条例の一部を改正する条例については、国有林野事業が国営企業でなくなることから、国が経営する企業に係る規定を削り、文言の整備を行うもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第101号 胎内市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてであります。これは、国の法律によって胎内市に派遣されたほかの職員に対する派遣手当であり、武力攻撃災害等派遣手当及び新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を新たに整備するもので、主な質疑としては、武力攻撃災害等派遣ということだが、どういう身分の人が派遣の対象と考えているのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第103号 胎内市社会教育委員条例の一部を改正する条例についてであります。これは、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が公布されたことに伴い、委員等の資格、定数等について条例を整備しなければならないことから改正を行うもので、主な質疑としては、委員10人中にどういった人員配置があるのか。社会教育団体は幾つあるか把握しているかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第104号 胎内市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例についてであります。これは、前号と同様の理由から、委員等の資格、定数等について条例を整備しなければならないことから改正を行うもので、主な質疑としては、この協議会はいつ、どんなときに、何をする協議会なのか。これに対する予算措置はどうなっているのか。健全育成協議会とは防犯協会、保護司会とかと関連性、健全育成、父母との連携はどうなっているのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  以上で総務文教常任委員長報告を終わります。



○議長(渡辺宏行君) 以上で総務文教常任委員長報告を終わります。

  これより総務文教常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほど総務文教常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  次に、厚生環境常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  松浦委員長。

               〔5番 松浦富士夫君登壇〕



◆5番(松浦富士夫君) おはようございます。これより厚生環境常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、補正予算が1件、条例の一部改正が1件の計2件であります。付託案件については、去る12月11日午前10時から副市長、関係課長の出席を求め、委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果についてご報告いたします。

  初めに、議第90号 平成25年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に38万円を追加し、歳入歳出予算の総額を31億2,025万4,000円とするものであります。歳出の主なものとしては、保険給付費において本年度上半期の実績から今年度分の見込みを算出し、地域密着型介護サービス給付費、高額介護サービス費及び特定入所者介護サービス費を増額し、地域支援事業費では地域包括ケアシステム構築のための手法である地域ケア会議の効果的な実施を目指した研修会を開催するための経費を計上したもので、主な質疑としては、地域包括ケアシステム構築のための地域ケア会議の内容は。効果的な実施に向けての取り組みの内容は。介護予防とともに診療のあり方、かかり方について何らか指導する体制づくりも必要と思うが、今後の取り組みとして検討してはいかがかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第95号 胎内市黒川診療所条例の一部を改正する条例についてであります。これは、平成26年4月1日から消費税及び地方消費税の税率を現行の5%から8%に引き上げることが閣議決定されたことに伴い、診療所の使用料及び手数料を改正するもので、主な質疑としては、消費税引き上げ分を改正するということだが、診断書、証明書等の手数料についても上げる理由があるのか。黒川診療所は、消費税の納税義務がないのになぜ上げるのかなどをただした後、自由討議をし、賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  以上で厚生環境常任委員長報告を終わります。



○議長(渡辺宏行君) 以上で厚生環境常任委員長報告を終わります。

  これより厚生環境常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほど厚生環境常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  次に、産業観光常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  高橋委員長。

               〔6番 高橋政実君登壇〕



◆6番(高橋政実君) これより産業観光常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、補正予算が1件、条例の一部を改正する条例が1件、条例の廃止が1件、財産の無償貸付が1件、指定管理者の指定が1件、請願書が1件の計6件であります。付託案件につきましては、去る12月12日午前10時から副市長、関係課長の出席を求めて委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果についてご報告いたします。

  初めに、議第92号 平成25年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,050万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億610万円とするもので、歳出の内容は胎内アウレッツ館を含む周辺市営施設の電力について送電線等の維持管理に経費がかさむこと等により、本年9月から風倉発電所から東北電力の受電に切り替えを行ったが、胎内アウレッツ館とロイヤル胎内パークホテルの電気配線等の状況などから、それぞれにおいて電力契約を行うことについて東北電力から許可がおりなかったことから協議を行った結果、市の名義により契約を行い、ロイヤル胎内パークホテルで使用した分を負担金として徴収することとしたため、必要となる光熱水費を増額したもので、主な質疑としては、これから毎年同じ手法の会計をとっていくのか。東北電力とどのような話し合いをしたか。許可がおりる、おりないは想定できなかったのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第94号 胎内市高齢者健康増進ふれあい施設条例等の一部を改正する条例についてであります。これは、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律及び社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律が公布され、平成26年4月1日から消費税及び地方消費税の税率を現行の5%から8%に引き上げることが閣議決定されたことに伴い、市においても公共料金の対応について公共サービスの受益と負担の公平性、財政への影響や課税対象となる料金等の設定状況などについて検討した結果、主に特別会計及び公営企業会計の一部の公共料金について消費税及び地方消費税が引き上げとなる分を転嫁することについて改正を行うもので、主な質疑は、それぞれの施設の利用率でトップスリーまたはワーストスリーはどこかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第105号 胎内市農業振興地域整備促進協議会条例を廃止する条例についてであります。これは、これまで条例で設置する附属機関として市が定める農業振興地域整備計画の策定または変更について審議いただいていたら、法律上では設置義務がないことや、農林水産省が示す農業振興地域制度に関するガイドラインにおいても農業協同組合や土地改良区などの関係機関から意見を聞くことで事務の遂行が可能となっていることから改正を行うものであり、主な質疑としては、協議会は具体的にどんな方々がメンバーか。廃止後も要綱等で残すとのことだが、既存のメンバーそっくり入った中でつくっていくのか。この協議会で方向づけされたものにどんなものがあるのか。他市町村の状況はなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第108号 財産の無償貸付についてであります。これは、9月4日に開催された第2回臨時会においてLEDを活用したイチゴの生産体制確立のための施設として市が所有する旧鼓岡小学校の一部をいちごカンパニー株式会社へ無償で貸し付けすることについて可決したところであるが、その後同社において国が進める農山漁村6次産業化対策事業のうち、緑と水の環境技術革命プロジェクト事業に応募したところ、助成金交付候補者に選定されたことから、今後規模を拡大し、イチゴの生産実証実験を進めていきたい旨の申し出があったもので、主な質疑としては、内容的には規模だけの拡大か。中身は新たに別なものにチャレンジするとか変わったところはあるのか。免除する貸付額はトータルで幾らか。将来的には2階、3階部分は使う予定なのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第109号 公の施設に係る指定管理者の指定についてであります。これは、引き続き株式会社胎内リゾートを指定管理者として指定し、平成26年4月1日から平成30年3月31日までの4年間管理運営を行わせたいもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、請願第1号 免税軽油制度の継続を求める請願書についてであります。これは、スキー場の圧雪車が免税対象となっていたが、平成27年3月末で廃止の予定になっていることから、さらに継続していただきたく、意見書の提出を求めるものであり、この免税が引き続き継続されることにより、株式会社胎内リゾートの経費削減につながり、ひいては市の財政の負担の減少につながっていくもので、全員異議なく、採択すべきと決定いたしました。

  以上で産業観光常任委員長報告を終わります。



○議長(渡辺宏行君) 以上で産業観光常任委員長報告を終わります。

  これより産業観光常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほど産業観光常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  次に、まちづくり常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  松井委員長。

               〔16番 松井恒雄君登壇〕



◆16番(松井恒雄君) おはようございます。これよりまちづくり常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、補正予算が1件、条例の一部を改正する条例が6件、条例制定が1件、市道路線の認定が1件の計9件であります。付託案件につきましては、去る12月13日、副市長、関係課長の出席を求めて委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果についてご報告いたします。

  初めに、議第91号 平成25年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。これは、歳入歳出予算の総額に変更はなく、内容としては、第一簡易水道と第二簡易水道それぞれ小水力発電事業性評価調査事業に対する国庫補助事業の申請を行っていたが、第二簡易水道のみの事業採択であったことから、国庫補助金を減額し、簡易水道施設整備基金繰入金を増額するもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第96号 胎内市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例についてであります。これは、平成26年4月1日から消費税及び地方消費税が引き上げられる分を転嫁することについて改正を行うもので、主な質疑としては、4月1日から消費税が上がるが、実際には利用者はいつから料金が上がることになるのかなどをただした後、賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第97号 胎内市下水道条例の一部を改正する条例についてであります。これについても平成26年4月1日から消費税及び地方消費税が引き上げられる分を転嫁することについて改正するもので、賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第98号 胎内市第一簡易水道及び胎内市第二簡易水道給水条例の一部を改正する条例についてであります。これについても議第96号と議第97号と同様に、消費税及び地方消費税が引き上げられることに伴い、水道使用料の基本料金と超過料金、メーター使用料及び水道加入金について消費税及び地方消費税が引き上げる分を転嫁した金額に改正することを行うもので、賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例についてであります。これについても議第98号と同様の改正ですが、水道使用料の基本料金と超過料金については現在のところ水道事業会計上、資金的にも対応が可能であることから、このたびの改正は見送ることといたしたもので、主な質疑としては、水道給水条例の関係は。資金的に対応が可能で据え置くとのことだが、将来的な料金の見直しを含めた考え方は。今回の条例改正で中条地区と黒川地区の水道料金の格差の是正ということも配慮したものと考えてよいのかなどをただした後、賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第102号 胎内市地域の元気臨時交付金基金条例についてであります。これは、交付金を活用して、平成26年度に本制度の趣旨に沿ったさまざまな事業を実施したいと考えていることから、この交付金を各種事業の財源に活用するまでの間、基金として管理したく、その基金条例を制定するもので、主な質疑は、新年度予算は着々と構想が固まっていると思うが、主にどういう事業に特化して使うのか。補助事業に充当するやり方は可能かなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第106号 胎内市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例についてであります。これは、道路法施行令及び道路法施行規則の一部が改正されることと及び平成26年4月1日から消費税及び地方消費税の税率を現行の5%から8%に引き上げることが閣議決定されたことに伴い改正を行うもので、主な質疑は、道路占用の件数はどのくらいあるのかなどをただした後、賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第107号 胎内市荒井浜地区簡易水道給水条例の一部を改正する条例についてであります。これは、荒井浜を指定管理者として指定し管理運営を委託していますが、水道使用水量の認定の基準など、これまで明確な規定がなされていなかったことから、胎内市水道給水条例の基準に準じて改正を行うとともに、文言の整理を行うもので、主な質疑は、メーター使用料を50円から100円に上げる理由はなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第110号 胎内市道路線の認定についてであります。これは、新和町地内で宅地造成された場所において市道としての認定基準を満たす道路として寄附採納を受けたもので、道路法第8条第2項の規定に基づいて認定するもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定しました。

  以上でまちづくり常任委員長報告を終わります。



○議長(渡辺宏行君) 以上でまちづくり常任委員長報告を終わります。

  これよりまちづくり常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほどまちづくり常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  最初に、反対討論の通告がありますので、丸山孝博議員の発言を許可します。

  丸山議員。

               〔17番 丸山孝博君登壇〕



◆17番(丸山孝博君) おはようございます。私は、今定例会に提案されています議第93号から議第99号及び議第106号並びに議第108号の計9件について一括反対討論を行います。

  まず、議第93号から議第99号及び議第106号については、来年4月から消費税が5%から8%に引き上げられることに伴い、公共施設の一部使用料や手数料、上下水道料金等の値上げを行う条例の一部改正であります。消費税率が5%から8%に値上げされたら、8兆円もの新たな増税になると言われています。さらに、社会保障の改悪による負担増の影響を合わせれば10兆円もの負担増になり、年収500万円の標準的な4人世帯の新たな消費税負担は年間7万8,869円にも及ぶと試算されています。自民公明両党は、来年度の税制改正を決め、軽減税率を明記しましたが、これは消費税10%が前提になっており、増税によって低所得者ほど負担が重くなり、さらに耐えがたい負担と逆進性により貧困と格差はますます広がるのであります。労働者の賃金が上がらず、農家も零細業者も家計の実質所得が目減り、高齢者は年金などの減額で苦しんでいます。ガソリンなどの高値が続き、またこの秋には電気料金が大幅値上げされています。さらに、若い人たちは厳しい雇用状況であり、パートやアルバイトなどの不安定雇用も広がっている。このような中で消費税増税に加えて、さらに一部の公共料金を値上げすれば市民生活と地域経済に大きな影響を与えることになります。したがって、安易に値上げすべきではありません。今やるべきは、国に対して消費税増税中止こそ一番の景気対策と迫ることです。以下、具体的に指摘したいと思います。

  まず、議第93号 胎内市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例、議第96号 胎内市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例、議第97号 胎内市下水道条例の一部を改正する条例、議第106号 胎内市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例については、各使用料及び占用料について一律8%に増税するものであり、反対です。

  次に、議第94号 胎内市高齢者健康増進ふれあい施設条例等の一部を改正する条例については、サンセット中条、トレーニングセンター、ふれあい施設の使用料金の値上げを始め、胎内リゾート施設のロイヤル胎内パークホテルや奥胎内ヒュッテ、川合亭、椿庵、ほうのき庵の宿泊費、胎内スキー場のリフト券、駐車料金、テニスコート、ボート、キャンプ場の使用料など、またクワハウスたいない観光交流センターの使用料等については胎内リゾートを再生し、集客の増員を目指している過程の中で利用者に安易に負担増を求めることは慎重であるべき内容です。私は、本気で胎内リゾートの再生を取り組む意思があるのか疑問を感じるものであります。また、レクリエーションホール、ヘリポート、旅行業、アウレッツ館は胎内市の直営であり、課税は免除されているので、あえて公共料金に転嫁すべきではないということであります。

  次に、議第95号 胎内市黒川診療所条例の一部を改正する条例については、これも課税が免除されている公営診療所であるので転嫁すべきではないということであります。

  次に、議第98号 胎内市第一簡易水道及び胎内市第二簡易水道給水条例の一部を改正する条例及び議第99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例については、基本料金の病院用、またはメーター使用料の一定額の引き下げなども配慮は見受けられますが、全体的には利用者の負担増になるもので、反対するものであります。

  以上の議案が議決された場合、公共料金の新たな負担増はおよそ5,000万円に上ります。市は、国の増税路線に追随せず、市民生活を守る防波堤の役割を果たすためにも消費税増税による転嫁は行うべきではないことを改めて求めるものであります。

  最後に、議第108号 財産の無償貸付については、去る9月4日の第2回臨時会で提案された廃校になった旧鼓岡小学校の一部をいちごカンパニー株式会社に無償貸し付けする土地、建物を拡大するもので、新たに600万円も免除するという内容のものであり、最初の200万円と合わせると800万円の免除であります。私は、営利を目的とした民間会社に公的財産を無償で貸し付けるのは市民感情からしても道義的にも納得がいかないので反対するものであります。

  今回の定例会は、消費税増税に伴う条例改正で多くの市民、利用者に負担を押しつけ、一方で一民間会社に負担を全面免除するという胎内市の姿勢がわかりやすくあらわれた議会であります。我々議員は、こうしたことを踏まえ各議案に対応すべきであり、そのことが求められていると思うのであります。税金の集め方、使い方を市民本位に行うことを求め、私の反対討論を終わります。



○議長(渡辺宏行君) 次に、賛成討論の通告がありますので、富樫誠議員の発言を許可します。

  富樫議員。

               〔13番 富樫 誠君登壇〕



◆13番(富樫誠君) おはようございます。私は、消費税引き上げに伴います使用料等に係る条例の一部改正する条例及び財産の無償貸与について等、賛成の立場から討論するものであります。

  初めに、消費税引き上げに関してであります。今ほど丸山議員が述べられましたように、消費税値上げは国民誰しもが無条件で賛同できるものではありません。しかし、来年4月より消費税を値上げいたします。これは、国の制度として確立している年金、医療及び介護の社会保障給付、そして少子化対策、これらを社会保障4経費と申しますが、この施策に充てる財源であります。私が申し上げるまでもなく、社会保障費は年々増加し、将来にわたる財源確保は時を待ちませんし、制度改革は国政に委ねなければなりません。その上で、今私たちが考えるべきことは社会保障の国民負担を特に生活弱者と言われる皆さん方や高齢者等に過剰に負わせることなく、今後国庫負担を増やし、国にその責任を持たせる意味でも、私は引き上げは必要だと思います。この引き上げは、社会保障の安定財源の確保を図る税制の抜本改革を行うための消費税法の一部改正であります。消費税の転嫁を円滑かつ適正に行い、法律上非課税となっているものを除き、原則的には全ての使用料、手数料に消費税を転嫁するものであります。言いかえますと法律上非課税とされていないものは課税の対象であります。しかし、その根底においては官と民のバランスや公平性を図るといったことも想定されるものと考えますし、消費税が取引行為を前提にした税であることから、免税事業者であるか否かは価格低下には直接的な影響を生じさせるものではありません。このたび提案されております議第93号、議第94号、議第95号、議第96号、議第97号、議第98号、そして議第106号についてはそのような意味合いから私は是認され、賛成すべきと考えます。

  また、議第99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例につきましては、加入金等については消費税引き上げ分の改正を行うこととしておりますが、これは新しく加入される方について水道本管等施設整備費に当たる経費の負担であり、公共サービスの受益と負担の公平性を考慮すれば改正もやむを得ないと判断されます。

  なお、水道料金については現在の料金が県内でも高目に設定されていることや資金的に事業運営か可能と見込まれることから、このたびの消費税引き上げ改正を見送ることとしております。これは、原則を踏まえつつも、なお胎内市民全体の福利厚生への影響等に配慮し、料金を据え置いたことは私は適切な対応であり、妥当と判断できることから、本条例案には賛成するものであります。

  次に、議第108号 財産の無償貸付についてであります。一般的に財産の無償貸し付けが厳格な公益性等の判断基準に基づいて行われるべきことは私も当然であると考えます。その前提に立ちながら当該貸し付けを考えた場合、さきの臨時国会では一見営利企業の利益につながるような側面だけが誇張されてしまうような懸念を持ちました。今回は、自分が自分の目で耳で実際に現場に行きまして、いちごカンパニー株式会社が旧鼓岡小学校で行っているイチゴ栽培状況を見て、また担当者から説明を聞き、このLEDを活用したイチゴ栽培が今までにない画期的な技術の実証実験であり、もしこの技術が確立された暁には、全国はおろか、世界に向けて胎内市のイチゴ栽培がアピールできるばかりでなく、前日に市内のイチゴ農家が視察されたそうですが、地域の農業者にその技術やプラントのノウハウを提供できることから、胎内市にとっても大きな公益性があると強く感じたところでもあります。また、将来を展望した場合、この廃校になった当該学校施設を有償で借り受けてくれる法人や個人が果たしてあらわれるだろうか。私は、その可能性も極めて低いと予想しております。したがいまして、もし今後それなりに利益が借り主側に生じた場合、これは双方で協議し、有償貸し付けに切り換えていく考えも保留しつつ、まさにこれからでありますので、稼働を始めるこの胎動期においてはとりあえず無償貸し付けとする当該議案には私は合理性と妥当性があるものと判断し、賛成すべきであると考える次第であります。

  以上をもちまして私の賛成の立場の討論とさせていただきます。



○議長(渡辺宏行君) 以上で討論を終わります。

  これより採決を行います。

  最初に、議第89号 平成25年度胎内市一般会計補正予算(第5号)について採決いたします。

  お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第89号は原案のとおり可決されました。

  次に、議第90号から議第92号までについて一括して採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第90号から議第92号までについて一括採決いたします。

  本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

  次に、議第93号 胎内市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第93号は原案のとおり決することに賛成の方の起立を願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第94号 胎内市高齢者健康増進ふれあい施設条例等の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第94号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第95号 胎内市黒川診療所条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第95号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第96号 胎内市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第96号は原案のとおり決することに賛成の方の起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第97号 胎内市下水道条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第97号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第98号 胎内市第一簡易水道及び胎内市第二簡易水道給水条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第98号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第99号 胎内市水道給水条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第99号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第100号から議第105号までについて一括して採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第100号から議第105号までについて一括採決いたします。

  本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

  次に、議第106号 胎内市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第106号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第107号 胎内市荒井浜地区簡易水道給水条例の一部を改正する条例について採決いたします。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第107号は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第108号 財産の無償貸付について採決いたします。

  この採決は、討論がありましたので起立によって行います。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。議第108号は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(渡辺宏行君) 起立多数と認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議第109号及び議第110号について一括して採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第109号及び議第110号について一括採決いたします。

  本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

  次に、請願第1号 免税軽油制度の継続を求める請願書について採決いたします。

  本請願に対する委員長報告は採択であります。請願第1号は採択することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、本請願は採択をすることに決定されました。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) 議事日程の追加についてお諮りいたします。

  報告第24号の報告及び発議第12号の議案が提出されたことに伴い、議会運営委員会が開催されたので、その結果について議会運営委員長に報告を求めます。

  花野委員長。

               〔12番 花野矢次兵衛君登壇〕



◆12番(花野矢次兵衛君) おはようございます。これより議会運営委員長報告を行います。

  今定例会に市長から報告が1件及び議員提案による発議1件が追加提案されたので、12月18日当委員会を開催し、審議いたしました。追加提案された報告及び議案について協議した結果、本日の議事日程に追加することとし、議員発議については提案の趣旨説明後、質疑、討論、採決を行う日程といたしました。

  以上で議会運営委員長報告を終わります。



○議長(渡辺宏行君) 以上で議会運営委員長報告を終わります。

  お諮りいたします。ただいまの委員長報告に対する質疑は省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議ないので、委員長報告に対する質疑は省略します。

  お諮りいたします。ただいまの委員長報告のとおり、これを日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議ないので、本日の日程に追加し、議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第1 報告第24号 専決処分の報告について(専第14号 工事請負変更契約の締結について)



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第1、報告第24号 専決処分の報告について、専第14号 工事請負変更契約の締結について報告事項とします。

  本件について吉田市長に報告を求めます。

  吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) おはようございます。お疲れのところ恐縮でございますが、それでは本日追加報告させていただきます案件につきまして説明申し上げます。

  報告第24号 専決処分の報告につきましては、胎内市役所本庁舎耐震補強改修工事の契約金額を373万3,800円増額する工事請負変更契約の締結に関するものでありまして、議会から専決処分できるものとして規定されている範囲内にとどまりましたことから、去る12月6日に地方自治法第180条第1項の規定に基づきまして専決処分をしたことについて報告するものであります。主な内容といたしましては、耐震補強を行うに当たり必要な本庁舎窓枠の補修や空調冷媒管の切り回しに係る工事を追加したこと等によるものであります。そのほか本庁舎と現業棟の2カ所で耐震補強改修工事を行うため、構内通路や駐車場の多くを規制した中で工事を施工しなければならないことから、市といたしましては市民の皆さんにご不便をかけないよう工程の調整を行った結果、工期が延長したことに伴い諸経費を増額したものでありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺宏行君) これで報告を終わります。

                                           



△追加日程第2 発議第12号 免税軽油制度の継続を求める意見書



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第2、発議第12号 免税軽油制度の継続を求める意見書についてを議題とします。

  本件について、桐生清太郎議員に趣旨説明を求めます。

  桐生議員。

               〔10番 桐生清太郎君登壇〕



◆10番(桐生清太郎君) おはようございます。免税軽油制度の継続を求める意見書。

  この制度は、23年度末に廃止が決まっていました。だが、廃止になった場合、関連する産業に甚大な影響を与えるということで、その後継続され、現在に至っています。しかし、27年3月をもって廃止されることが決まっています。この免税制度が廃止になった場合、地方の関連する産業の痛手は大きなものがあります。胎内市では、国設胎内スキー場や農林業に与える影響は甚大であります。よって、免税軽油制度の継続を強く要望いたします。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

  提出先、衆参議員議長、内閣総理大臣、関係各大臣であります。

  議員各位のご賛同をお願いし、趣旨説明といたします。



○議長(渡辺宏行君) これで趣旨説明を終わります。

  これから質疑及び討論、採決を行います。

  それでは、発議第12号について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  お諮りいたします。本案については、委員会付託を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略することに決定しました。

  これから討論を行います。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) 討論なしと認めます。

  これで討論を終わります。

  これから発議第12号について採決いたします。

  お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、発議第12号は原案のとおり可決されました。

                                           



○議長(渡辺宏行君) 以上で第4回定例会における議案の審議は全部終了いたしました。

  これをもって平成25年第4回胎内市議会定例会を閉会いたします。

  16日間にわたる会期中のご審議、まことにご苦労さまでございました。

               午前11時02分  閉 会