議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 胎内市

平成24年  9月 定例会(第3回) 10月01日−委員長報告・質疑・討論・採決・議長選挙・副議長選挙−04




平成24年  9月 定例会(第3回) − 10月01日−委員長報告・質疑・討論・採決・議長選挙・副議長選挙−04









平成24年  9月 定例会(第3回)





       平成24年第3回胎内市議会定例会会議録(第4号)

〇議事日程
平成24年10月1日(月曜日) 午前10時開議
第 1 議第 55号 平成24年度胎内市一般会計補正予算(第2号)           
    議第 56号 平成24年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)   
    議第 57号 平成24年度胎内市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)    
    議第 58号 平成24年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)     
    議第 59号 平成24年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計補正予算(第1号)  
    議第 60号 平成24年度胎内市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)   
    議第 61号 平成24年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)     
    議第 62号 平成24年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号) 
    議第 63号 平成24年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)       
    議第 64号 平成24年度胎内市地域産業振興事業特別会計補正予算(第1号)   
    議第 65号 平成24年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計補正予算(第1号) 
    議第 66号 負担付き寄附の受納について                    
    議第 67号 負担付き寄附の受納について                    
    議第 68号 胎内市芸術文化交流施設建設基金条例                
    議第 69号 胎内市災害対策本部条例の一部を改正する条例            
    議第 70号 胎内市税条例の一部を改正する条例                 
    議第 71号 胎内市道路線の認定について                    
    議第 72号 新潟県後期高齢者医療広域連合規約の変更について          
    認定第 2号 平成23年度胎内市一般会計歳入歳出決算の認定について       
    認定第 3号 平成23年度胎内市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
           て                                
    認定第 4号 平成23年度胎内市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
    認定第 5号 平成23年度胎内市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について 
    認定第 6号 平成23年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計歳入歳出決算の認定につ
           いて                               
    認定第 7号 平成23年度胎内市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決の認定について
    認定第 8号 平成23年度胎内市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 
    認定第 9号 平成23年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算の認定に
           ついて                              
    認定第10号 平成23年度胎内市観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について   
    認定第11号 平成23年度胎内市地域産業振興事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
           て                                
    認定第12号 平成23年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計歳入歳出決算の認定に
           ついて                              
    認定第13号 平成23年度胎内市公共下水道事業会計決算の認定について      
    認定第14号 平成23年度胎内市水道事業会計決算の認定について         
    認定第15号 平成23年度胎内市工業用水道事業会計決算の認定について      
                                           
〇本日の会議に付した事件
第 1 議第 55号 平成24年度胎内市一般会計補正予算(第2号)           
    議第 56号 平成24年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)   
    議第 57号 平成24年度胎内市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)    
    議第 58号 平成24年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)     
    議第 59号 平成24年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計補正予算(第1号)  
    議第 60号 平成24年度胎内市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)   
    議第 61号 平成24年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)     
    議第 62号 平成24年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号) 
    議第 63号 平成24年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)       
    議第 64号 平成24年度胎内市地域産業振興事業特別会計補正予算(第1号)   
    議第 65号 平成24年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計補正予算(第1号) 
    議第 66号 負担付き寄附の受納について                    
    議第 67号 負担付き寄附の受納について                    
    議第 68号 胎内市芸術文化交流施設建設基金条例                
    議第 69号 胎内市災害対策本部条例の一部を改正する条例            
    議第 70号 胎内市税条例の一部を改正する条例                 
    議第 71号 胎内市道路線の認定について                    
    議第 72号 新潟県後期高齢者医療広域連合規約の変更について          
    認定第 2号 平成23年度胎内市一般会計歳入歳出決算の認定について       
    認定第 3号 平成23年度胎内市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
           て                                
    認定第 4号 平成23年度胎内市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
    認定第 5号 平成23年度胎内市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について 
    認定第 6号 平成23年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計歳入歳出決算の認定につ
           いて                               
    認定第 7号 平成23年度胎内市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決の認定について
    認定第 8号 平成23年度胎内市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 
    認定第 9号 平成23年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算の認定に
           ついて                              
    認定第10号 平成23年度胎内市観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について   
    認定第11号 平成23年度胎内市地域産業振興事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
           て                                
    認定第12号 平成23年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計歳入歳出決算の認定に
           ついて                              
    認定第13号 平成23年度胎内市公共下水道事業会計決算の認定について      
    認定第14号 平成23年度胎内市水道事業会計決算の認定について         
    認定第15号 平成23年度胎内市工業用水道事業会計決算の認定について      
追加日程第 1 同意第2号 胎内市監査委員の選任について                
追加日程第 2 発議第5号 地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構
              築を求める意見書                      
追加日程第 3 議長辞職の件                              
追加日程第 4 議長の選挙                               
追加日程第 5 副議長辞職の件                             
追加日程第 6 副議長の選挙                              
追加日程第 7 議席の一部変更                             
追加日程第 8 常任委員の選任                             
追加日程第 9 議会運営委員の選任                           
追加日程第10 議会報編集特別委員の選任                        
追加日程第11 新発田地域広域事務組合議会議員の選出                  
追加日程第12 議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査                  
                                           
〇出席議員(18名)
   1番   桐  生  清 太 郎  君    2番   天  木  義  人  君
   3番   薄  田     智  君    4番   森  田  幸  衛  君
   5番   松  浦  富 士 夫  君    6番   高  橋  政  実  君
   7番   佐  藤  秀  夫  君    8番   八  幡  行  雄  君
   9番   渡  辺     俊  君   10番   新  治  ひ で 子  君
  11番   花  野  矢次兵衛  君   12番   菅  原  市  永  君
  13番   小  林  兼  由  君   14番   赤  塚  タ  イ  君
  15番   渡  辺  宏  行  君   16番   松  井  恒  雄  君
  17番   丸  山  孝  博  君   18番   富  樫     誠  君
                                           
〇欠席議員(なし)
                                           
〇説明のため出席した者
     市     長   吉  田  和  夫  君
     副  市  長   丹  呉  秀  博  君
     総 務 課 長   三  宅  政  一  君
     総 合 政策課長   川  又     昇  君
     財 政 課 長   岩  川  一  文  君
     税 務 課 長   小  野  晋  平  君
     市 民 生活課長   天  木  秀  夫  君
     健 康 福祉課長   井  畑  明  彦  君
     農 林 水産課長   高  橋     晃  君
     地 域 整備課長   久 保 田  雅  勝  君
     会 計 管 理 者   渡  辺     忍  君
     商 工 観光課長   丹  後  勝  次  君
     上 下 水道課長   藤  木  繁  一  君
     黒 川 支 所 長   ?  橋  次  夫  君
     農 委 事務局長   佐  藤  公  一  君
     教  育  長   小  野  達  也  君
     学 校 教育課長   小  野  孝  平  君
     生 涯 学習課長   五 十 嵐  聖  一  君
     代 表 監査委員   峯  岸  希  之  君
                                           
〇事務局職員出席者
     議 会 事務局長   須  貝     薫
     係     長   池  田     渉
     主     任   八  幡  慎 太 郎



               午前10時00分  開 議



○議長(富樫誠君) おはようございます。これより第3回定例会を再開いたします。

  現在の出席議員は18名であり、定足数に達しているので、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

  ここで、教育長から発言を求められているので、これを許可します。

  小野教育長。



◎教育長(小野達也君) おはようございます。冒頭お時間を頂戴して、通学路の安全対策についてご報告を申し上げたいと思います。

  去る9月20日、文部科学省、国土交通省、警察庁からの発表で、全国の小学校の通学路で危険箇所が6万カ所あったとの報道がありました。ご承知のように、これは京都府亀山市などで登校中の児童が巻き込まれる交通事故が相次いだことを受けて点検が実施されていたもので、さきの6月議会においても何人かの議員からもご質問いただいていた事項でもございます。

  教育委員会では、他市町村に先駆けて独自調査を実施しており、学校側の指摘により小学校で113カ所、中学校で21カ所の点検を行ってまいりました。この中で緊急に対策が必要とされる緊急合同点検箇所と呼ばれるものは小中合わせて14カ所でありまして、学校教育課、地域整備課、総務課が合同で現地点検を実施し、安全対策を協議しております。14カ所中最も緊急性の高い4カ所につきましては既に対策を施しておりますし、その他につきましても警察への要望箇所2カ所を除きまして着手済み、または今年度中に早急に対策を講ずることにしています。そのほか、この点検作業で車歩道分離、横断歩道、一時停止などの道路標示につきましては、学校からの指摘箇所を含めまして外側線8路線、1万212メートル、横断歩道、一時停止の標示など、38カ所の塗り直しを実施しております。これにより、文科省が11月末までに求めるとしている具体的な安全対応方針は既に固まっていると言えますし、実施段階に入っているということになりますが、教育委員会といたしましては、合同点検を実施した以外の指摘箇所、これは単に交通量が多いであるとかスピードを出す車が多い、一時停止が守られていないなどの苦情等が多く含まれておりますが、今後とも市長部局や警察と連携を図りながら通学路の安全確保と児童生徒への交通安全指導に努めてまいりたいと思います。

  以上、私から報告させていただきますのでよろしくお願いいたします。



○議長(富樫誠君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程に従って進めます。

                                           



△日程第1 議第 55号 平成24年度胎内市一般会計補正予算(第2号)

      議第 56号 平成24年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

      議第 57号 平成24年度胎内市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

      議第 58号 平成24年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 59号 平成24年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 60号 平成24年度胎内市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 61号 平成24年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 62号 平成24年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 63号 平成24年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)

      議第 64号 平成24年度胎内市地域産業振興事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 65号 平成24年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計補正予算(第1号)

      議第 66号 負担付き寄附の受納について

      議第 67号 負担付き寄附の受納について

      議第 68号 胎内市芸術文化交流施設建設基金条例

      議第 69号 胎内市災害対策本部条例の一部を改正する条例

      議第 70号 胎内市税条例の一部を改正する条例

      議第 71号 胎内市道路線の認定について

      議第 72号 新潟県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

      認定第 2号 平成23年度胎内市一般会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 3号 平成23年度胎内市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 4号 平成23年度胎内市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 5号 平成23年度胎内市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 6号 平成23年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 7号 平成23年度胎内市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 8号 平成23年度胎内市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第 9号 平成23年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第10号 平成23年度胎内市観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第11号 平成23年度胎内市地域産業振興事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第12号 平成23年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      認定第13号 平成23年度胎内市公共下水道事業会計決算の認定について

      認定第14号 平成23年度胎内市水道事業会計決算の認定について

      認定第15号 平成23年度胎内市工業用水道事業会計決算の認定について



○議長(富樫誠君) 日程第1、議第55号から議第72号まで、認定第2号から認定第15号までの計32件を一括議題とします。

  なお、ただいま上程されている議案に対する討論の通告はありません。

  これより委員長報告を行います。報告の順序は、総務文教常任委員長、厚生環境常任委員長、産業建設常任委員長、決算審査特別委員長の順に行います。

  また、委員長報告に対する質疑は委員長報告の都度行うことといたします。

  それでは、最初に総務文教常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  森田委員長。

               〔4番 森田幸衛君登壇〕



◆4番(森田幸衛君) おはようございます。これより総務文教常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、補正予算が1件、負担付き寄附の受納についてが2件、条例制定が1件、条例の一部改正が2件の計6件であります。付託案件については、去る9月14日午前10時から副市長、教育長並びに関係課長の出席を求めて委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果について報告いたします。

  初めに、議第65号 平成24年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ64万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3,694万4,000円とするもので、歳入では繰越金の確定に伴う増額、歳出では大規模改修等の財政需要に備え、基金に積み立てるため積立金を増額するもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第66号、議第67号 負担付き寄附の受納についてと議第68号 胎内市芸術文化交流施設建設基金条例につきましては、このたび胎内市本町の山本邦彦氏及び新発田市緑町の山本善政氏から、財団法人北越美術博物館の解散予定に伴い、市へ寄贈する予定の美術品861点の展示または保管を含めた芸術文化交流施設を建設する費用に充てることを目的として、これらの施設を建設できなくなったときは寄附の全額を返還すること等の条件を付した合計4,000万円の負担付き寄附の申し入れがあり、市ではこの寄附金を受納したことから、この寄附金を芸術文化交流施設を建設するための財源として適正に管理運営するために基金を設置することについて本条例でその基本的事項を規定するものです。主な質疑としては、いつ申し出があって、市長はいつ受けたのか、施設建設の時期はいつか、寄贈される861点の財産はどのくらいの価値かなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第69号 胎内市災害対策本部条例の一部を改正する条例についてであります。これは、災害対策基本法において、災害対策本部の規定が都道府県と市町村が一つの条項で規定されていたものを、このたびの法律改正により、それぞれにおいて災害対策本部の規定がなされたことに伴い、本条例中の引用条文を整備するものです。主な質疑としては、この改正で今後胎内市の何が変わるのか、自衛隊の要請は市町村でもできるのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第70号 胎内市税条例の一部を改正する条例についてであります。これは、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税法等に関する暫定措置法の一部を改正する法律及び地方税法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い改正するもので、改正内容は法人実効税率の引き下げと課税ベースの拡大に伴う県と市の増減収を調整するため、県たばこ税の一部を市たばこ税に移譲することによる規定の整備をするもの及び退職所得の分離課税に係る所得割の額からその10分の1に相当する金額を控除する措置を廃止するもの等であり、たばこ税の移譲先については平成25年4月1日から、退職所得の税額控除の廃止については平成25年1月1日から施行するものです。主な質疑としては、昨年に比べてたばこ税が増額になっているが、今回の改正と関係はあるのか、公布は昨年の12月なのになぜこの時期に条例改正が出てくるのかなどただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  以上で総務文教常任委員長報告を終わります。



○議長(富樫誠君) 以上で総務文教常任委員長報告を終わります。

  これより総務文教常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほど総務文教常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  次に、厚生環境常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  新治委員長。

               〔10番 新治ひで子君登壇〕



◆10番(新治ひで子君) おはようございます。これより厚生環境常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、補正予算が6件、規約の変更が1件の計7件であります。付託案件については、去る9月18日午前10時から副市長、関係課長の出席を求め、委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果についてご報告いたします。

  初めに、議第56号 平成24年度胎内市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,832万6,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ36億8,756万6,000円とするものであり、歳出では保険給付費について医療給付費の給付実績を勘案して減額したほか、平成24年度分の社会保険診療報酬支払基金に対する拠出額が確定したことに伴い、それぞれ増額、拠出金の算定方法の改正に伴い、高額医療費共同事業拠出金及び保険財政共同安定化事業拠出金を増額、基金積立金では将来の保険給付に備えるために、胎内市国民健康保険給付準備基金への積立金を計上、諸支出金では前年度分の国県支出金及び一般会計繰入金を清算するための返還金等を計上するものであります。歳入では被保険者の前年所得の確定に伴い、国民健康保険税を減額するとともに、国庫支出金及び県支出金を減額し、療養給付費等交付金、前期高齢者交付金及び繰越金をそれぞれ増額するもので、主な質疑としては、例年この会計は大幅な補正をしているが、やむを得ないのか、人間ドックの助成事業補助金の増額は何人分の受診者増を見込んでいるのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第57号 平成24年度胎内市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ595万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億6,165万2,000円とするもので、後期高齢者医療広域連合納付金等の前年度清算分に係るものであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第58号 平成24年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,545万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ28億2,745万4,000円とするものであり、歳出では職員の時間外勤務手当等の増額と前年度分の負担金等の清算に伴う国、県への返還金及び一般会計繰入金を清算するための返還金を計上するものです。歳入では、前年度介護保険給付費の清算に伴う社会保険診療報酬支払基金からの交付金、介護給付費に係る一般会計繰入金及び繰越金をそれぞれ増額するもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第59号 平成24年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ248万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億2,248万7,000円とするもので、歳入では前年度からの繰越金を増額、歳出では職員の長期療養給付に伴う代替雇用するための賃金等を増額するとともに、今後の財政需要に備えるために予備費に組み入れするものであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第60号 平成24年度胎内市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に変更なしで、前年度からの繰越金の確定に伴い、一般会計からの繰入金を減額し、繰越金を増額するもので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第61号 平成24年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ454万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億6,414万2,000円とするもので、歳入では前年度からの繰越金の確定に伴う増額、歳出では人事異動に伴う人件費を増額するとともに、予備費を増額するものであり、主な質疑としては人件費の増額は人数が増えたのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第72号 新潟県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてであります。これは、外国人登録法の廃止及び住民基本台帳法の一部を改正する法律の施行に伴い、関係市町村の負担金の算定に係る高齢者人口割及び人口割中の外国人登録原票の表記を削除するものであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  以上で厚生環境常任委員長報告を終わります。



○議長(富樫誠君) 以上で厚生環境常任委員長報告を終わります。

  これより厚生環境常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほど厚生環境常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  次に、産業建設常任委員長に審査結果の報告を求めます。

  小林委員長。

               〔13番 小林兼由君登壇〕



◆13番(小林兼由君) おはようございます。これより産業建設常任委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された議案は、補正予算が3件、市道路線の認定についてが1件の計4件であります。付託案件につきましては、去る9月19日午前10時から関係課長の出席を求めて委員会を開催し、これを審査いたしました。その概要と結果についてご報告いたします。

  初めに、議第62号 平成24年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ127万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6,497万7,000円とするもので、歳入では前年度からの繰越金の確定に伴い繰越金を減額し、一般会計からの繰入金を増額、歳出では船戸地内の用地にメガソーラー発電所を建設することに伴い一括繰上償還するための経費を計上するもので、主な質疑としてはメガソーラーで使うのはあそこの用地全部なのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第63号 平成24年度胎内市観光事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ591万3,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億9,153万8,000円とするもので、歳入ではビール園食堂収入の増額、前年度からの繰越金の確定による増額及び建物災害共済金を計上、歳出では胎内アウレッツ館の浴室ガラス取替工事費、樽ケ橋遊園のゴーカート修繕費、イベント開催に伴う胎内高原ビール園の運営費、胎内スキー場ロッジの修繕費を計上するもので、主な質疑については、ビール園はやめたはずなのになぜ増額補正するのか、ビール園の借入残額は幾ら残っているのか、ビール園を民間委託するのはいいが、市の補助金をつぎ込むようなことになるのかなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第64号 平成24年度胎内市地域産業振興事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。これは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ297万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億5,457万4,000円とするもので、歳入では前年度からの繰越金の確定に伴い繰越金の増額、歳出では農畜産物加工施設のスモークハウスの制御盤交換工事費を計上するものであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  次に、議第71号 胎内市道路線の認定についてであります。これは、旭町6号線、住吉町15号線、中条・鴨田2号線及び中条・鴨田3号線の4路線は宅地造成内に道路として寄附採納を受けたもので、住吉町14号線、富岡地方線、土作3号線及び高野2号については、地権者、地元集落からの要望及び市道管理等の必要性により市道認定するものであり、いずれも市道としての基準を満たすものであります。主な質疑としては、合併前の町道から当然市道に移行していると思っていたが、こういう事例がほかにあれば早急に対応してほしいなどをただした後、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。

  以上で産業建設常任委員長報告を終わります。



○議長(富樫誠君) 以上で産業建設常任委員長報告を終わります。

  これより産業建設常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  今ほど産業建設常任委員長から審査結果の報告があったが、委員以外の方で委員長報告に対する質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  次に、決算審査特別委員長に審査結果の報告を求めます。

  桐生委員長。

               〔1番 桐生清太郎君登壇〕



◆1番(桐生清太郎君) これより決算審査特別委員会委員長報告を行います。

  本定例会において当委員会に審査を付託された決算は、認定第2号 平成23年度胎内市一般会計歳入歳出決算から認定第15号 平成23年度胎内市工業用水道事業事業会計決算までの14件であります。審査会には市長、副市長、教育長、会計管理者並びに担当課長等の出席を求め、去る9月25日、26日、27日の3日間で審査を行いました。審査の概要と結果について会計ごとに報告いたします。

  初めに、認定第2号 平成23年度胎内市一般会計歳入歳出決算についてであります。歳入の総額は159億6,746万4,000円で、予算現額に対する執行率は94.9%であります。また、歳出の総額は151億8,225万8,000円で、予算現額に対する決算額の執行率は90.2%であります。実質収支は7億2,554万5,000円の黒字であり、審査は担当課長等より所管事項について歳出から説明を受けた後、質疑を行いました。その主な内容について、各款ごとに報告いたします。

  第2款総務費の主な質疑等の内容は、にいがた出会いサポート事業助成金の成果は。合併振興基金運用益の活用の成果は。合併振興基金積立金は24年度が最終で12億円の積み立てで運用するわけだが、十分なのか。

  第3款民生費の主な質疑等では、心身障害者福祉費の扶助費の不用額が多い理由とその中身は。生活保護費の増について昨年決算額より費用が増えているが、その中身は。顕彰条例で100歳以上の人に毎年20万円ずつ祝金を支払っているが、長寿高齢化の現在、100歳で祝ったら101歳以上は既に任務を果たしていると思うが、いかがか。

  第4款衛生費の主な質疑等は、臭気チェックモニターの報告についてどのような内容があったのか。モニターが悪臭検知も行っているのか。人の鼻で行うのか、器械はないのか。夏場のにおいはモニターがいる地域だけではない、町全体のにおいを軽減してほしいが、どう考えるか。不法投棄監視システムの賃借料のカメラは何台か。つけた後と前での変化は。

  第5款労働費の主な質疑等は、緊急雇用創出事業は37事業で雇用者101人となっているが、主な内容は。勤労青少年ホームの報酬の不用額が多いが、なぜか。

  第6款農林水産業費の主な質疑等は、チューリップ祭りの来場者の推移は。イベント内容の見直しの考えは。長池周辺が利用されていない、せっかく大きな面積の借地料を払っているので、その辺の整備も兼ねて考えてほしい。黒豚事業について26年度までに堆肥部門について管理委託をすると把握しているが、その場合どのくらい収支改善されるのか。農業者年金の加入状況はどうなっているのか。圃場整備のこれからの方向性は。

  第7款観光費の主な質疑等は、胎内リゾート施設の管理委託料は予算より2,000万円減額となったが、その中身と理由は。観光活性化調査業務委託料690万円の内容は。どのような効果が見られているのか。

  第8款土木費の主な質疑等は、除排雪関係費用は2億7,000万円であったが、国からの助成金は。市営住宅8号棟建設18戸は全部ふさがっているのか、待機者の状況は。消雪パイプについて町部は管の劣化やポンプの能力低下などがあり、除雪車が入るケースがあった、二重、三重の除雪費がかからないよう管の更新は考えていないか。都市公園長寿命化計画策定料の内容は。

  第10款教育費の主な質疑は、報償費、いじめ対策謝礼20万円の内容は。中条中の油漏れの経過は。彫刻美術館の入館者は大平さんに運営費を出してもらう話はどうなったのか。成人式の内容についてもう少し定住に向けたようなプラスアルファは考えていないかなどの質疑を行い、歳出を終わりました。

  引き続いて歳入の質疑が行われ、歳入全般での質疑では、市民税と固定資産税の収入未済額の対象者は具体的にどのような人か。納税の促進はどのようにしているかなどの質疑を行い、歳出歳入の全ての質疑を終了し、認定第2号 平成23年度胎内市一般会計歳入歳出決算については全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第3号 平成23年度胎内市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は35億3,282万4,000円で、これに対して歳出総額は33億384万7,000円であります。歳入の予算現額に対する執行率は99.8%で、主なものは国民健康保険税、国庫支出金、療養給付費等交付金、前期高齢者交付金、共同事業交付金、繰入金等であり、これに対し歳出の執行率は93.3%で、主なものは保険給付費、後期高齢者支援金共同事業拠出金等であります。主な質疑としては、保険給付費の総額は昨年より減ったというが、1人当たりは増えているのはどういうことか。高額療養費は減っているが、その理由は。燕市でジェネリックの具体的な通知をやって保険料を下げる取り組みをしていると聞いたが、そのような方策は考えているか。滞納繰り越し分が増えていて、滞納者が固定化しているようだが、徴収率アップの取り組みは。一般会計からの繰り入れの776万円はどういう理由からかなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第4号 平成23年度胎内市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は2億4,797万5,000円で、歳出総額は2億4,202万2,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は97.2%であり、主なものは保険料等繰入金等であり、これに対して歳出の執行率は94.9%で、主なものは広域連合納付金等であり、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第5号 平成23年度胎内市介護保険事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は26億5,879万5,000円で、歳出総額は26億1,610万7,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は100.1%であり、主なものは保険料、国庫支出金、支払基金交付金、県支出金、繰入金等であり、これに対して歳出の執行率は98.5%で、主なものは保険給付費等であります。主な質疑としては、認定者のうち在宅介護と施設入所の割合は。自立の人でももしものときはサービスを利用できるのか。しっかり予防すれば介護保険料の軽減につながるか。紙おむつ給付事業委託は市内の業者を使って活性化を図るべきであると思うが、市内、市外の割合はなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第6号 平成23年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は1億2,100万4,000円であり、歳出総額は1億1,551万6,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は97.8%で、主なものは使用料及び手数料等であり、これに対して歳出の執行率は93.4%で、衛生費等であり、主な質疑としては、この会計のそれぞれの施設利用者、患者数とその年度比はなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第7号 平成23年度胎内市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は6億3,216万6,000円で、歳出総額は6億1,865万5,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は94.8%で、主なものは使用料及び手数料、県支出金、繰入金等であり、これに対して歳出の執行率は92.8%で、主なものは農業集落排水事業費、公債費等であります。主な質疑としては、水洗化率と今後の対応について、特に乙地区、大長谷地区の接続率が悪い、また新たな秘策はなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第8号 平成23年度胎内市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は1億7,722万6,000円であり、歳出総額は1億6,268万4,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は96.5%で、主なものは簡易水道使用料、繰入金等であり、これに対する歳出の執行率は88.6%で、衛生費、公債費等であり、主な質疑としては、かなり年数がたち、老朽化しているとのことだが、年次計画で交換していく計画はあるかなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第9号 平成23年度胎内市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額については7,287万1,000円で、歳出総額は7,280万6,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は99.5%で、主なものは繰入金等であり、これに対しての歳出の執行率は99.5%で、公共用地取得費であり、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第10号 平成23年度胎内市観光事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は2億4,487万2,000円であり、歳出総額は2億4,171万1,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は91.7%で、主なものは事業収入、繰入金等であり、これに対する歳出の執行率は90.5%で、商工費、公債費であり、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第11号 平成23年度胎内市地域産業振興事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は5億4,026万2,000円で、歳出総額は5億3,727万7,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は97.2%で、主なものは事業収入、繰入金等であり、これに対する歳出の執行率は96.7%で、農林水産業費、公債費等であり、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第12号 平成23年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計歳入歳出決算についてであります。歳入総額は3,561万円で、歳出総額は3,496万5,000円となっております。歳入の予算現額に対する執行率は88.6%であり、主なものは諸収入等であり、これに対して歳出の執行率は87%で、農林水産業費であり、主な質疑としては、収入額が90%を切った大きな要因は何かなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第13号 平成23年度胎内市公共下水道事業会計決算についてであります。収益的収支では、収入合計が6億2,133万6,000円で、支出合計は7億9,720万6,000円となっております。また、資本的収支では収入合計が5億8,347万4,000円で、支出合計は7億8,309万1,000円となっております。損益計算書による純損失は1億7,508万1,000円でありました。主な質疑の内容は、未収金が多くなっているし、受益者負担金が欠損金となっているのはなぜか。工事は集落でどのくらいの同意で始まるのか。亡くなって空き家になったら相続人が払うのか。ガソリンスタンドや洗車場、多く油を使う食堂などはどのように指導しているか。下水最終汚泥は放射能の検査をした後に販売しているのかなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第14号 平成23年度胎内市水道事業会計決算についてであります。収益的収支で収入合計が6億1,712万6,000円で、支出合計では4億9,676万円となっております。資本的収支では収入合計が8,175万1,000円で、支出合計では3億2,745万3,000円となっており、損益計算書による純利益は1億1,741万2,000円であります。主な質疑としては、水道管の老朽化による漏水事故が考えられるが、個人の敷地内で漏水が起きた場合は個人負担か。有収率76.3%は他市町村と比べてどうなのかなどの質疑終了後、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  次に、認定第15号 平成23年度胎内市工業用水道事業会計決算についてであります。今年度も営業していないため、資本的収入では他会計からの補助金が計上されており、支出ではその同額を企業債償還金としており、全員異議なく、認定すべきと決定いたしました。

  以上で決算審査特別委員会の委員長報告を終わります。



○議長(富樫誠君) 以上で決算審査特別委員長報告を終わります。

  お諮りします。ただいまの報告に対する質疑は省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議ないので、決算審査特別委員長報告に対する質疑は省略します。

  これより採決を行います。

  最初に、議第55号 平成24年度胎内市一般会計補正予算(第2号)について採決いたします。

  本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第55号は原案のとおり可決されました。

  次に、議第56号から議第65号までの10件について一括して採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第56号から議第65号までについては一括採決いたします。

  本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

  次に、議第66号から議第72号までの7件について一括して採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、議第66号から議第72号までについては一括採決いたします。

  本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

  次に、認定第2号から認定第15号までの14件について一括して採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、認定第2号から認定第15号までの14件について一括採決いたします。

  本案に対する委員長報告はいずれも認定であります。いずれも委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案はいずれも認定されました。

                                           



△日程の追加



○議長(富樫誠君) 次に、議事日程の追加についてお諮りいたします。

  同意第2号及び発議第5号の議案が提出されたことに伴い、議会運営委員会が開催されたので、その結果について議会運営委員長に報告を求めます。

  渡辺委員長。

               〔15番 渡辺宏行君登壇〕



◆15番(渡辺宏行君) おはようございます。これより議会運営委員長報告を行います。

  今定例会に同意が1件、発議が1件、計2件が追加提案されたことに伴い、9月27日11時25分より市長の出席を求め、当委員会を開催いたしました。追加提案された議案について審議した結果、本日の議事日程に追加することとし、同意第2号の胎内市監査委員の選任については質疑、討論を省略し、起立採決とすることとし、発議第5号については質疑、討論、採決を行う議事日程といたしました。

  以上で議会運営委員長報告を終わります。



○議長(富樫誠君) 以上で議会運営委員長報告を終わります。

  お諮りします。ただいまの委員長報告に対する質疑は省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議ないので、委員長報告に対する質疑は省略いたします。

  お諮りします。ただいまの委員長報告のとおり、これを日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議ないので、本日の日程に追加し、議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第1 同意第2号 胎内市監査委員の選任について



○議長(富樫誠君) 追加日程第1、同意第2号 胎内市監査委員の選任についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定によって、佐藤秀夫議員の退場を求めます。

               〔7番 佐藤秀夫君退席〕



○議長(富樫誠君) 本件について提案理由の説明を求めます。

  吉田市長。

               〔市長 吉田和夫君登壇〕



◎市長(吉田和夫君) おはようございます。本日追加提案させていただきました案件について説明を申し上げます。

  同意第2号 胎内市監査委員の選任につきましては、先月27日に八幡行雄議員から監査委員を辞任したい旨の届け出がありましたことから、同日付で承認をしたところであります。そのため、議案にございますように、後任の監査委員として佐藤秀夫議員を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意をお願いするものであります。前監査委員の八幡行雄議員におかれましては、これまで監査制度の重要性について全国的に問われている中にあって、高い見識のもと、適切なご指導を賜りましたことに対しまして厚く御礼を申し上げます。また、今回選任をお願いいたします佐藤秀夫議員は、個人事業主として経営管理に従事してきたことから、経理関係にも非常に明るく、その豊富な経験と見識は監査委員として適任であると存じますので人選いたしたものであります。

  以上でございます。何分のご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(富樫誠君) 以上で提案理由の説明を終わります。

  お諮りします。本案については、人事に関する案件なので、質疑を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議ないので、質疑を省略いたします。

  次に、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議ないので、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決します。

  この採決は起立によって行います。

  同意第2号は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

               〔賛成者起立〕



○議長(富樫誠君) 起立多数と認めます。

  よって、同意第2号は原案のとおり同意することに決定しました。

  それでは、佐藤秀夫議員の入場を許可します。

               〔7番 佐藤秀夫君入場〕

                                           



△追加日程第2 発議第5号 地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書



○議長(富樫誠君) 追加日程第2、発議第5号 地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書についてを議題とします。

  本件について渡辺宏行議員から議案が提出されているので、趣旨説明を求めます。

  渡辺議員。

               〔15番 渡辺宏行君登壇〕



◆15番(渡辺宏行君) それでは、発議第5号について、地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書について説明をいたします。

  この意見書については、全国森林環境税創設促進議員連盟から依頼されたものであります。この連盟は、森林の公益的機能の持続的な発揮と森林・林業・山村対策の抜本的な強化を図るために、新たな税財源として全国森林環境税を創設することを目指して平成6年から活動を行っている団体であります。加盟市町村数は全国で314市町村、新潟県では14市町村ほとんど、山林を有している自治体が加盟しているということで、私ども胎内市も加盟しておりますし、この連盟の会長は隣の村上市の議会議長板垣議長が会長を務めているということでございます。

  これまでの経緯につきましては記載のとおりでございますが、内容的には二酸化炭素吸収源として最も重要な機能を有する森林の整備保全等を推進する市町村の役割を踏まえ、きょうから導入されます地球温暖化対策のための税、環境税の一定割合を森林面積に応じて譲与する地方財源を確保・充実する仕組みを早急に構築すべきであるという内容でございます。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

  提出先につきましては、今内閣の改造をやっている最中でございまして、新しい大臣に提出をしたいと思いますので、よろしくご理解のほどをお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。

  以上です。



○議長(富樫誠君) これで趣旨説明を終わります。

  これから質疑及び討論、採決を行います。

  それでは、発議第5号について質疑を行います。ご質疑願います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。

  お諮りします。本案については、委員会付託を省略したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略することに決定しました。

  これから討論を行います。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) 討論なしと認めます。

  これで討論を終わります。

  これから発議第5号について採決します。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議なしと認めます。

  よって、発議第5号は原案のとおり可決されました。

  お諮りします。議事の都合により、ここでしばらく休憩したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(富樫誠君) ご異議ないので、11時15分まで休憩いたします。

               午前11時02分  休 憩

                                           

               午前11時15分  再 開

               〔議長、副議長と交代〕



○副議長(桐生清太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                           



△日程の追加



○副議長(桐生清太郎君) 今ほど議長、富樫誠議員から議長の辞職願が提出されました。

  お諮りします。議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桐生清太郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

                                           



△追加日程第3 議長辞職の件



○副議長(桐生清太郎君) 追加日程第3、議長辞職の件を議題とします。

  お諮りいたします。富樫誠議員の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桐生清太郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、富樫誠議員の議長の辞職を許可することに決定しました。

  富樫議員の入場を許可します。

               〔18番 富樫 誠君入場〕

                                           



△日程の追加



○副議長(桐生清太郎君) ただいま議長が欠員となりました。

  お諮りします。議長の選挙を日程に追加し、追加日程として直ちに議長選挙を行いたいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桐生清太郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長の選挙を日程に追加し、追加日程として選挙を行うことに決定しました。

                                           



△追加日程第4 議長の選挙



○副議長(桐生清太郎君) 追加日程第4、これより議長の選挙を行います。

  この選挙は投票で行います。

  議場を閉鎖いたします。

               〔議場閉鎖〕



○副議長(桐生清太郎君) ただいまの出席議員は18名であります。

  次に、立会人を指名します。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に新治ひで子議員及び菅原市永議員を指名します。

  これより投票用紙を配付します。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の名字と名前を記載願います。

               〔投票用紙配付〕



○副議長(桐生清太郎君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桐生清太郎君) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を点検します。

               〔投票箱点検〕



○副議長(桐生清太郎君) 異状なしと認めます。

  ただいまから投票を行います。職員の点呼に応じて順次投票願います。

  事務局長に点呼を命じます。

               〔事務局長点呼〕



○副議長(桐生清太郎君) 投票漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桐生清太郎君) 投票漏れなしと認めます。

  よって、投票は終了しました。

  これより開票を行います。

  新治ひで子議員及び菅原市永議員に開票の立ち会いをお願いいたします。

               〔開  票〕



○副議長(桐生清太郎君) 選挙の結果を報告します。

  投票総数18票

  そのうち    有効投票   18票

          無効投票   0票です。

  有効投票のうち 渡辺宏行議員 17票

          赤塚タイ議員 1票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は5票であります。

  したがって、渡辺宏行議員が議長に当選されました。

  議場の閉鎖を解きます。

               〔議場開鎖〕



○副議長(桐生清太郎君) ただいま議長に当選されました渡辺宏行議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をします。

  ここで当選人に挨拶をお願いいたします。

  渡辺宏行議員。

               〔議長 渡辺宏行君登壇〕



○議長(渡辺宏行君) 議長就任に当たり、一言ご挨拶を申し述べさせていただきます。

  このたびの議長選挙におかれましては、議員各位のご支持をいただき、当選させていただきました。身に余る光栄と同時に、その責任の重さをひしと今現在感じてございます。私自身まだまだ未熟者でございますが、これまで築き上げてきました伝統ある胎内市議会の名を汚すことなく、これからも精進をして、公正公平を旨として、円満な活発な議会運営を目指してこれから頑張っていきたいと思います。

  また、議会基本条例につきましても、これから条例の制定、そして具体化していく大事な時期でもございます。議員各位はもちろん、吉田市長を始めとする執行部の皆さんからも今後とも叱咤激励を賜りますことを切にお願いを申し上げまして、就任の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(桐生清太郎君) お諮りいたします。

  ここで休憩したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桐生清太郎君) ご異議ないので、11時30分まで休憩いたします。

               午前11時27分  休 憩

                                           

               午前11時30分  再 開

               〔副議長、議長と交代〕



○議長(渡辺宏行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) 先ほど副議長、桐生清太郎議員から副議長の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。副議長辞職の件を日程に追加し、追加日程として議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、副議長辞職の件を日程に追加し、追加日程として議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第5 副議長辞職の件



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第5、副議長辞職の件を議題とします。

  お諮りいたします。桐生清太郎議員の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、桐生清太郎議員の副議長の辞職を許可することに決定しました。

  桐生議員の入場を許可いたします。

               〔1番 桐生清太郎君入場〕

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) ただいま副議長が欠員となりました。

  お諮りします。副議長の選挙を日程に追加し、追加日程として直ちに選挙を行いたいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、副議長の選挙を日程に追加し、追加日程として選挙を行うことに決定しました。

                                           



△追加日程第6 副議長の選挙



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第6、これより副議長の選挙を行います。

  この選挙は投票で行います。

  議場を閉鎖いたします。

               〔議場閉鎖〕



○議長(渡辺宏行君) ただいまの出席議員は18名であります。

  次に、立会人を指名します。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に高橋政実議員及び富樫誠議員を指名します。

  これより投票用紙を配付します。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載願います。

               〔投票用紙配付〕



○議長(渡辺宏行君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を点検します。

               〔投票箱点検〕



○議長(渡辺宏行君) 異状なしと認めます。

  ただいまから投票を行います。職員の点呼に応じて順次投票願います。

  事務局長に点呼を命じます。

               〔事務局長点呼〕



○議長(渡辺宏行君) 投票漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) 投票漏れなしと認めます。

  よって、投票は終了いたしました。

  これより開票を行います。

  高橋政実議員及び富樫誠議員に開票の立ち会いを願います。

               〔開  票〕



○議長(渡辺宏行君) 選挙の結果を報告します。

  投票総数18票

  そのうち    有効投票   17票

          無効投票   1票です。

  有効投票のうち 菅原市永議員 16票

          赤塚タイ議員 1票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は5票であります。

  したがって、菅原市永議員が副議長に当選されました。

  議場の閉鎖を解きます。

               〔議場開鎖〕



○議長(渡辺宏行君) ただいま副議長に当選されました菅原議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をいたします。

  ここで当選人に挨拶をお願いいたします。

  菅原議員。

               〔副議長 菅原市永君登壇〕



○副議長(菅原市永君) ただいま皆様方のご推挙によりまして、副議長に当選させていただくことになりました。大変身に余る光栄でございますが、責務を考えますと、本当に身の引き締まる思いでいっぱいでございます。皆様方のご指導、ご協力を得ながら、渡辺議長のもと、公平公正なる議会運営に努めるのが私の仕事だと考えております。先ほど議長さんの中にもありましたけれども、基本条例、いろいろな改革が計画されております。私は、皆様方の全員の賛同のもとに進むことに一生懸命努力したいと考えております。甚だ簡単でございますが、一言就任のご挨拶にかえさせていただきます。本日はどうもありがとうございました。(拍手)

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) お諮りいたします。

  議長、副議長の選挙に伴い、議席の一部変更を日程に追加し、追加日程として議席の一部を変更したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議席の一部変更を日程に追加し、追加日程として議席の変更を行います。

                                           



△追加日程第7 議席の一部変更



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第7、議席の一部変更を行います。

  お諮りいたします。議会運営に関する申し合わせにより、議長の席は最終番、副議長の席は1番とすることになっておりますので、会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部を変更したいと思うが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議席の一部を変更することに決定しました。

  それでは、議席の移動をお願いたします。

  その間、議事の都合により、午後2時まで休憩いたします。

               午前11時43分  休 憩

                                           

               午後 2時00分  再 開



○議長(渡辺宏行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) お諮りいたします。

  委員会条例第3条第1項の規定により、常任委員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、常任委員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第8 常任委員の選任



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第8、常任委員の選任を行います。

  それでは、委員会条例第8条第1項の規定によって議長から指名をします。

  総務文教常任委員に

    八 幡 行 雄 議員   富 樫   誠 議員   花野 矢次兵衛 議員

    薄 田   智 議員   渡 辺   俊 議員   桐 生 清太郎 議員

    新 治 ひで子 議員   小 林 兼 由 議員   渡 辺 宏 行

  厚生環境常任委員に

    森 田 幸 衛 議員   富 樫   誠 議員   佐 藤 秀 夫 議員

    菅 原 市 永 議員   松 浦 富士夫 議員   高 橋 政 実 議員

    新 治 ひで子 議員   丸 山 孝 博 議員   松 井 恒 雄 議員

  産業観光常任委員に

    八 幡 行 雄 議員   森 田 幸 衛 議員   天 木 義 人 議員

    松 浦 富士夫 議員   桐 生 清太郎 議員   赤 塚 タ イ 議員

    高 橋 政 実 議員   渡 辺   俊 議員   渡 辺 宏 行

  まちづくり常任委員に

    松 井 恒 雄 議員   丸 山 孝 博 議員   菅 原 市 永 議員

    薄 田   智 議員   佐 藤 秀 夫 議員   花野 矢次兵衛 議員

    小 林 兼 由 議員   赤 塚 タ イ 議員   天 木 義 人 議員

  以上であります。

  これより別室において正副委員長を互選し、その結果を議長に報告願います。

  その間しばらく休憩します。

               午後 2時01分  休 憩

                                           

               午後 2時04分  再 開



○議長(渡辺宏行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

                                           



△各常任委員会の正副委員長の互選結果報告



○議長(渡辺宏行君) 各常任委員会の正副委員長の互選の結果を報告します。

    総務文教常任委員会委員長に   薄 田   智 議員

            副委員長に   桐 生 清太郎 議員

    厚生環境常任委員会委員長に   松 浦 富士夫 議員

            副委員長に   森 田 幸 衛 議員

    産業観光常任委員会委員長に   高 橋 政 実 議員

            副委員長に   天 木 義 人 議員

   まちづくり常任委員会委員長に   松 井 恒 雄 議員

            副委員長に   赤 塚 タ イ 議員

  以上のとおりであります。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) お諮りいたします。

  委員会条例第4条第3項の規定により、議会運営委員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第9 議会運営委員の選任



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第9、議会運営委員の選任を行います。

  それでは、議長から指名をします。

    松 井 恒 雄 議員   花野 矢次兵衛 議員   丸 山 孝 博 議員

    桐 生 清太郎 議員   新 治 ひで子 議員   渡 辺   俊 議員

    富 樫   誠 議員

  以上であります。

  これより議会運営委員は別室において正副委員長を互選し、その結果を議長に報告願います。

  その間しばらく休憩いたします。

               午後 2時06分  休 憩

                                           

               午後 2時07分  再 開



○議長(渡辺宏行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

                                           



△議会運営委員会の正副委員長の互選結果報告



○議長(渡辺宏行君) 議会運営委員会の正副委員長の互選の結果を報告します。

  委員長に花野矢次兵衛議員、副委員長に渡辺俊議員。

  以上のとおりであります。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) 先ほど高橋政実議員、松浦富士夫議員、花野矢次兵衛議員、渡辺俊議員、天木義人議員から議会報編集特別委員の辞任願いがあり、委員会条例第14条の規定により、議長において許可したので報告いたします。

  お諮りいたします。議会報編集特別委員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議会報編集特別委員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることに決定しました。     

                                           



△追加日程第10 議会報編集特別委員の選任



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第10、議会報編集特別委員の選任を行います。

  お諮りいたします。議会報編集特別委員につきましては、現行6名の定数を5名に変更したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議会報編集特別委員につきましては、定数を5名とすることに決定しました。

  それでは、5名の欠員により、4名を議長から指名します。

    八 幡 行 雄 議員   富 樫   誠 議員   森 田 幸 衛 議員

    小 林 兼 由 議員

  以上であります。

  これより議会報編集特別委員は別室において正副委員長を互選し、その結果を議長に報告願います。

  その間しばらく休憩いたします。

               午後 2時10分  休 憩

                                           

               午後 2時11分  再 開



○議長(渡辺宏行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

                                           



△議会報編集特別委員会の正副委員長の互選結果報告



○議長(渡辺宏行君) 議会報編集特別委員会の正副委員長の互選の結果を報告いたします。

  委員長には富樫誠議員、副委員長には八幡行雄議員。

  以上のとおりであります。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) 先ほど富樫誠議員、森田幸衛議員、新治ひで子議員、小林兼由議員から新発田地域広域事務組合議会議員の辞職願が提出され、欠員となりましたので、これを日程に追加し、追加日程として議題とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、新発田地域広域事務組合議会議員の選任を日程に追加し、追加日程として議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第11 新発田地域広域事務組合議会議員の選出



○議長(渡辺宏行君) 追加日程第11、新発田地域広域事務組合議会議員の選出についてを議題といたします。

  お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

  お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長が指名することに決定しました。

  それでは、新発田地域広域事務組合議会議員に渡辺宏行、菅原市永議員、薄田智議員、松浦富士夫議員を指名します。

  お諮りします。ただいま議長が指名しました渡辺宏行、菅原市永議員、薄田智議員、松浦富士夫議員を新発田地域広域事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名しました4名の議員が新発田地域広域事務組合議会議員に当選されました。

  ただいま新発田地域広域事務組合議会議員に当選された渡辺宏行、菅原市永議員、薄田智議員、松浦富士夫議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。

                                           



△日程の追加



○議長(渡辺宏行君) 次に、議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査について議題とします。

  お諮りいたします。議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査についてを日程に追加し、直ちに議題にしたいと思うが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、日程に追加し、追加日程第12として議題とすることに決定しました。

                                           



△追加日程第12 議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査



○議長(渡辺宏行君) 議会運営委員長から会議規則第104条の規定によって、本会議の会期日程等議会の運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺宏行君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

                                           



○議長(渡辺宏行君) 以上で本定例会に提案された議案の審議及び日程は全て終了しました。

  なお、議会運営委員会は閉会中において次の会議の会期、議事日程、その他議会運営全般についてこれを調査の上、後日議長に報告願います。

  これをもって平成24年第3回胎内市議会定例会を閉会いたします。

  21日間にわたる会期中のご審議、まことにご苦労さまでした。

               午後 2時15分  閉 会