議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 上越市

平成22年  第1回(2月)臨時会 02月17日−議案説明・委員長報告・討論・採決−01号




平成22年  第1回(2月)臨時会 − 02月17日−議案説明・委員長報告・討論・採決−01号







平成22年  第1回(2月)臨時会






平成22年第1回上越市議会臨時会会議録
                           平成22年2月17日(水曜日)

出 席 議 員
    1番   平 良 木  哲  也          2番   上  野  公  悦
    3番   波 多 野  一  夫          4番   林     辰  雄
    5番   中  川  幹  太          6番   滝  沢  一  成
    7番   鴨  井  光  夫          8番   大  島  洋  一
    9番   瀬  下  半  治         10番   武  藤  正  信
   11番   内  山  米  六         12番   草  間  敏  幸
   13番   笹  川  栄  一         14番   柳  沢  周  治
   15番   塚  田  隆  敏         16番   高  波  勝  也
   17番   橋  爪  法  一         18番   樋  口  良  子
   19番   山  崎  一  勇         20番   矢  野     学
   21番   吉  田     侃         22番   宮  崎  政  国
   23番   渡  辺     隆         24番   松  野  義  之
   25番   飯  塚  義  ?         26番   滝  沢  逸  男
   27番   江  口  修  一         28番   田  中  吉  男
   29番   田  村  武  男         30番   小  関  信  夫
   31番   塚  田  俊  幸         32番   岩  野  虎  治
   33番   杉  田  勝  典         34番   上  松  和  子
   35番   近  藤  彰  治         36番   森  田  貞  一
   37番   水  澤  弘  行         38番   小  林  克  美
   39番   石  平  春  彦         40番   永  島  義  雄
   41番   栗  田  英  明         42番   岩  崎  哲  夫
   43番   古  澤     弘         44番   大  島  武  雄
   45番   本  城  文  夫         46番   佐  藤     敏
   47番   小  林  章  吾         48番   山  岸  行  則

説明のため出席した者
 市    長  村  山  秀  幸

 副  市  長  稲  荷  善  之       教  育  長  中  野  敏  明

 総 務 部 長  市  村  輝  幸       行 政 改 革  土  橋     均
                          担 当 部 長

 国 体 局 長  山  口  宗  夫       財 務 部 長  野  口  壮  弘

 企 画 ・地域  竹  田  淳  三       市民生活部長  佐  藤  重  幸
 振 興 部 長

 防 災 局 長  川  上     宏       都市整備部長  笠  原     博
 産業観光部長  澤  海  雄  一       観 光 局 長  佐  野     隆
 農林水産部長  野  口  和  広       健康福祉部長  野  澤     朗
 会 計 管理者  横  山  厚  平       教 育 部 長  笹  井  隆  夫
 ガス水道局長  秀  澤  光  夫
 総 務 課 長  塚  田  弘  幸

職務のため出席した事務局職員
 事 務 局 長  片  岡     明       次    長  白  石  行  雄
 議 事 係 長  高  原  る み 子       主    事  小  森  佑  太

議 事 日 程
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 会期の決定
  第3 諸般の報告
  第4 議案第1号より第9号及び報告第1号、第2号

本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名                                 
  第2 会期の決定                                      
  第3 諸般の報告                                      
  第4 議案第1号 平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)              
     議案第2号 平成21年度上越市診療所特別会計補正予算(第4号)            
     議案第3号 平成21年度上越市索道事業特別会計補正予算(第2号)           
     議案第4号 平成21年度上越市下水道事業特別会計補正予算(第5号)          
     議案第5号 平成21年度上越市地球環境特別会計補正予算(第2号)           
     議案第6号 平成21年度上越市新幹線新駅地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)
     議案第7号 平成21年度上越市ガス事業会計補正予算(第5号)             
     議案第8号 平成21年度上越市水道事業会計補正予算(第4号)             
     議案第9号 平成21年度上越市簡易水道事業会計補正予算(第3号)           
     報告第1号 専決処分した事件の承認について(平成21年度上越市一般会計補正予算(専第2
           号))                                  
     報告第2号 専決処分した事件の承認について(平成21年度上越市一般会計補正予算(専第3
           号))                                  
  会議時間の延長                                       
                                         



          午前10時0分 開会及び開議



○山岸行則議長 ただいまから平成22年第1回上越市議会臨時会を開会いたします。

  これより本日の会議を開きます。

                        〇                      



△日程第1 会議録署名議員の指名



○山岸行則議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において瀬下半治議員及び岩野虎治議員を指名いたします。

                        〇                      



△日程第2 会期の決定



○山岸行則議長 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。

  今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、会期は1日と決定いたしました。

                        〇                      



△日程第3 諸般の報告



○山岸行則議長 日程第3、諸般の報告をいたします。

  地方自治法第180条第1項の規定により、議会で指定した事項の専決処分について市長から報告がありましたので、議会報告第1号としてお手元に配付のとおり報告いたします。

                        〇                      



△日程第4 議案第1号より第9号及び報告第1号、第2号



○山岸行則議長 日程第4、議案第1号より第9号及び報告第1号、第2号を一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  村山秀幸市長。

                  〔市  長  登  壇〕



◎村山秀幸市長 おはようございます。本日ここに、平成22年第1回市議会臨時会を招集し、提案いたしました案件につきまして、その概要を御説明申し上げます。

  暖冬少雪の予想に反して1月13日から降り続いた雪は、平成18年豪雪の際にも経験しなかった24時間降雪量が100センチメートルを超えるなど、16日までの短期間に集中した異常降雪であり、15日には大雪災害警戒対策本部を設置したところであります。余りにも多い降積雪量に除排雪作業が追いつかない市道が一部にありましたが、通勤通学や市民生活への影響を最小限にするため、除排雪を請け負われた業者の皆さんの懸命な御努力もいただきながら、昼夜を問わない除排雪によって26日には市民生活も落ちつきを取り戻したところであります。

  なお、23日から高田地区などの一部地域で雁木などに積もった雪の一斉排雪を短期間で行うとともに、高齢者世帯など約850世帯の要援護世帯の安否確認を行い、屋根雪などの除排雪に対する助成制度の活用を御案内して、雪への不安の解消に努めたところであります。

  立春を過ぎたとはいえ、まだ冬本番であり、2月に入っての降雪により一部の地区で災害救助法適用に迫る積雪量となったため、6日に大雪災害警戒対策本部から大雪災害対策本部へ移行して体制を強化したところであります。引き続き、きめ細かい除排雪と必要な支援を行い、市民生活の安全と安心の確保に努めてまいります。

  さて、最近の国の月例経済報告での基調判断では、持ち直しや底入れの動きに触れながらも、いまだ厳しい状況が続いているとしています。当市においても、一部で受注上向きの傾向が見られますが、設備投資などの回復は鈍く、雇用についても昨年12月のハローワーク上越管内の有効求人倍率がパートを含む全数で0.44倍、パートを除く常用雇用では0.32倍と低迷を続けていることから、依然として市内経済の状況は厳しいものと認識をいたしております。

  政府は、昨年12月に「明日の安心と成長のための緊急経済対策」を閣議決定し、これを実現するために編成された第2次補正予算が去る1月28日に成立いたしました。緊急経済対策の中で、地方支援として創設された地域活性化・きめ細かな臨時交付金では、地域活性化に資するきめ細かなインフラ整備等の速やか、かつ着実な実施を図ることを趣旨に第1次の交付限度額が示され、当市には県内で2番目に多い8億8,120万円余りの金額が内示されたことから、全庁挙げて地域経済に速効性の高い事業を中心とした実施計画を策定し、これまでの経済対策にさらに厚みを持たせ、切れ目なく対応していくことといたしました。

  本日提案いたしました補正予算は、この交付金を主要な財源として、市債等も可能な限り活用しながら、平成22年度予算に計上する予定であった事業や平成23年度以降に予定していた事業の中から、市内の中小企業が受注可能な市道整備を初め施設の修繕、改修など比較的小規模な事業を中心に、できるだけ多くの企業、事業所や市民にその効果が及ぶ経済対策となるよう編成したものであります。この実施に当たっては、一日も早く市内経済に資金が供給されるように、早期発注に努めてまいります。

  それでは、提案いたしました補正予算の主な内容について御説明いたします。

  議案第1号は、平成21年度上越市一般会計補正予算であります。歳入歳出予算総額に20億5,561万円(以下、万円未満省略)を追加し、予算規模を1,160億6,901万円といたしました。今回の補正は、国の地域活性化・きめ細かな臨時交付金を主な財源として、市債や財政調整基金も可能な限り活用して経済対策を実施するものであります。歳入は、国庫支出金などを交付見込みに合わせて補正するものであります。

  それでは、歳出予算から款を追って御説明いたします。総務費は、1億8,231万円の補正であります。安塚区及び吉川区のケーブルテレビ施設のデジタル化改修に係る経費を初め、市役所第1庁舎の老朽化が進んだ蓄電池設備の更新やリージョンプラザ上越のインドアスタジアムの屋根の防水工事に係る経費を補正するものであります。また、牧区総合事務所の改修工事の設計委託料や柿崎区総合事務所の排煙窓改修工事費、さらには公共交通の拠点を整備するため、板倉コミュニティプラザ前にバスロータリーを設置する経費を補正するものであります。

  民生費は、1億5,607万円の補正であります。東城保育園など公立保育園の修繕を初め、入居者が安心して生活できるように公立母子生活支援施設ひまわり荘の母子室や廊下等の修繕に係る経費を補正するものであります。また、入所者等の安全・安心を確保するため、軽費老人ホーム千寿園のスプリンクラー、エレベーター設備の設置や牧高齢者等福祉センターの外壁塗装など福祉施設等の修繕、改修に係る経費を補正するものであります。

  衛生費は、3億1,751万円の補正であります。第1・第2クリーンセンター及び汚泥リサイクルパークの各設備の修繕料を補正するとともに、上越斎場及び頸北斎場の火葬炉のほか、地球環境学校の非常階段の修繕料を補正するものであります。

  労働費は、16万円の補正であります。女性サポートセンターの非常照明器具の取りかえに係る経費を補正するものであります。

  農林水産業費は、1,432万円の補正であります。林道整備として、作業路東吉尾西横山線及び鴻ノ沢線の開設に係る経費を補正するほか、ラーバンセンターの公共下水道への接続工事費や多目的集会施設、くわどり湯ったり村など12施設の改修工事費、修繕料を補正するものであります。また、安塚区の板尾排水路及び大島区の農道舗装に要する修繕料を補正するものであります。

  商工費は、9,396万円の補正であります。金谷山公園の遊歩道を整備するほか、安塚雪だるま高原の索道施設整備や上下浜温泉源泉井戸の改修等に係る経費を補正するものであります。

  土木費は、5億7,937万円の補正であります。市道元屋敷米岡線など、早期に工事発注が可能な市道34路線について、道路改良や側溝改良工事を実施するほか、経年劣化により損傷が大きな市道23路線の路面補修費を補正するものであります。また、橋梁維持管理計画に基づき、柿崎区及び清里区の橋梁修繕に係る実施設計委託料や橋梁修繕工事費のほか、水戸の川の河道拡幅や排水路の補修を実施するとともに、消雪井戸の更新やポンプ交換等の工事費を補正するものであります。さらには、公営住宅の畳の入れかえや外壁改修などにより、入居者が快適に暮らせる居住環境の整備を図るほか、高田公園やこどもプールなどの修繕料を補正するものであります。

  消防費は、2,258万円の補正であります。消防防災力の充実強化を図るため、防火水槽や消火栓の整備に係る経費を補正するものであります。

  教育費は、6億8,928万円の補正であります。安全・安心な学習環境を整備するため、大手町小学校の耐震補強工事や直江津中学校のグラウンド改修工事を実施するほか、小・中学校30校の玄関のオートロック化や修繕に係る経費を補正するものであります。また、ユートピアくびき希望館の冷温水発生機の取りかえや水族博物館の海水取水設備の改修に係る経費を補正するものであります。

  次に、歳入についてであります。国庫支出金は、地域活性化・きめ細かな臨時交付金、安全・安心な学校づくり交付金などをそれぞれ交付見込みに合わせて補正するものであります。

  繰入金は、今回の補正財源として財政調整基金から繰り入れるものであります。

  市債は、各事業の事業費に合わせて補正を行うものであります。

  第2表は、地方債の補正でありますが、歳入予算に計上した市債と同額の限度額補正を行うものであります。

  議案第2号から議案第6号までは、平成21年度上越市診療所特別会計補正予算を初めとする5件の特別会計補正予算であります。この補正は、一般会計と同様に経済対策を実施するものであります。

  診療所特別会計では、牧診療所のレントゲン室移設に係る経費、索道事業特別会計では金谷山索道施設の修繕に係る経費、下水道事業特別会計では汚水枝線及び接続ます新設工事費、地球環境特別会計では、うみてらす名立風力発電施設電気室の落雷被害防止工事費、また新幹線新駅地区土地区画整理事業特別会計では、ガス水道管新設負担金をそれぞれ補正するものであります。

  議案第7号から議案第9号までは、平成21年度上越市ガス事業会計補正予算を初めとするガス水道局所管の補正予算であります。経済対策の一環として、災害時の市民生活のライフラインを確保するため、非耐震経年管の更新に係る経費を補正するものであります。

  報告第1号及び報告第2号は、それぞれ専決処分いたしました平成21年度上越市一般会計補正予算であります。この補正は、昨年12月中旬からの断続的な降雪に加えて、1月中旬の大雪によって市道の除排雪経費及び要援護世帯の屋根雪等の除排雪に対する助成経費が不足する見込みとなったことから、それぞれ所要額を専決処分したものであります。

  以上、提案理由を申し上げましたが、慎重御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願いを申し上げます。



○山岸行則議長 これより質疑に入りますが、ただいままでに通告はありません。

  よって、質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第1号より第9号及び報告第1号、第2号は、お手元に配付の議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

  この際、委員会審査のためしばらく休憩いたします。

          午前10時14分 休憩

                          

          午後 4時30分 再開



○山岸行則議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  なお、本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

  先ほど付託いたしました議案第1号より第9号及び報告第1号、第2号について、各常任委員会における審査の経過並びに結果についての報告を求めます。

  まず、総務常任委員長の報告を求めます。

  41番、栗田英明委員長。

               〔栗 田 英 明 議 員 登 壇〕



◆41番(栗田英明議員) これより総務常任委員長報告を申し上げます。

  先ほど本会議において当委員会に付託されました議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、委員会を開催し、審査を行いましたので、概要と結果を報告いたします。

  まず、財務部の審査についてでありますが、理事者の説明の後、総括的に委員から、市長の提案理由の中に「全庁挙げて速効性の高い事業を中心とした実施計画を策定」とあるが、この実施計画というのはどれをいうのか。また、緊急経済対策の中、今回20億円の予算をつけることにより、市民にどれだけの経済効果があり、どれだけの業者に行き渡るのかといったものを示すべきではないかとの質疑に、理事者から、実施計画というのは今回の地域活性化・きめ細かな臨時交付金の申請に当たり、国の要綱に沿って策定した実施計画であり、基本的には今回議会資料で示した事業一覧表の内容のものである。今回の緊急経済対策については、中小の事業者、地元企業者に対して交付金の予算補正をすることにより、活性化するということを目的にしている。補正予算を成立させていくことにより、活性化に向けての呼び水という形を考えているものであり、経済効果をはかる資料は持ち合わせていないとの答弁がありました。

  次に、2款1項1目中、庁舎管理費で、委員から、計上されている修繕料は蓄電設備だけなのか、発電設備は大丈夫なのかとの質疑に、理事者から、今回計上しているものは蓄電池、メーンの電源を停電の場合に作動させるためのものであり、自家発電装置などを起動させるものではないとの答弁がありました。

  そのほか、委員から、リージョンプラザ上越のインドアスタジアム屋根防水工事について質疑があり、答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、財務部の審査は終了しました。

  続いて、総務部の審査に入りました。理事者の説明の後、2款1項1目中、公文書等保存活用事業で、委員から、今回除湿設備を設置する旧竹直小学校以外の保管場所の設備の状況はどうなっているかとの質疑に、理事者から、25カ所の保管場所のうち7カ所は整備されている。また、3カ所は廃止し、旧竹直小学校に移管する予定である。未整備となる15カ所については、厳しい財政状況の中、除湿設備の設置は困難なため、劣化が危惧される資料について整備済みの保管場所に移管するなどの対応を図っていきたいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、総務部の審査を終了しました。

  次に、企画・地域振興部の審査を行いました。理事者の説明の後、2款1項7目中、歴史資源活用推進事業で、委員から、この予算を計上するに当たり、ライオン像の建物をまちづくりに活かす会や地域の方々と相談はされたのかとの質疑に、理事者から、以前から市民団体、町内の皆さんからも立ち木の伐採等についてお話をいただいた中で、まず市のほうで整地などの環境整備を行い、その後連携し、花壇の整備などを取り組んでいくものであるとの答弁がありました。

  また、21目中、高田城三重櫓管理運営費について、委員から、塗装修繕工事について計画的な改修を行おうとしているが、全体計画を示してほしいとの質疑に、理事者から、開府400年までに年次的に1面ずつ行っていく計画で、総額は720万円を予定しているとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、議案第1号を採決した結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  詳細は委員会記録に譲り、総務常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 総務常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  次に、厚生常任委員長の報告を求めます。

  20番、矢野学委員長。

                 〔矢 野 学 議 員 登 壇〕



◆20番(矢野学議員) これより厚生常任委員長報告を申し上げます。

  先ほどの本会議において、当委員会に付託されました議案3件、報告1件について、委員会を開催し、慎重審査の結果、いずれも可決、承認すべきものと決しました。以下、各議案については理事者の説明の後、質疑に入りました。審査の順序に従い、その主な概要を報告いたします。

  最初に、健康福祉部の審査を行いました。まず、報告第2号専決処分した事件の承認について(平成21年度上越市一般会計補正予算(専第3号))は、委員から、要援護世帯除雪費助成事業について、要綱では親族、近隣の住民等の協力により、除雪作業ができると認められるものは対象としない旨の規定がある。今回のような降雪になると、親族、近隣も厳しい状況になると考えられるが、運用を拡大する考えはないかとの質疑に、理事者から、今回のような雪の降り方で生じた課題も承知しており、資格要件として一定の基準を維持するというスタンスは守りつつ、運用面での対応は検討していきたいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決しました。

  次に、議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、福祉施設建設事業で、委員から、福祉施設における耐震化がおくれている中で、今回の補正予算に計上した事業が優先された理由及び施設の耐震化の見通しについて聞きたいとの質疑に、理事者から、今回の対象は緊急性、必要性の高い修繕事業を優先した。耐震診断については、22年度に安塚やすらぎ荘を計画しているとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、議案第2号平成21年度上越市診療所特別会計補正予算(第4号)については質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、市民生活部の審査を行いました。まず、議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、交通安全施設費で、委員から、集落間街灯について、今回3区で7カ所、21灯の新設となっている。設置要望が多い中で、ほかの地区での対応について聞きたいとの質疑に、理事者から、集落間の家屋の連檐していないところを中心に整備を進めており、要望の多いところは道路の切りかえや通学路に認定された路線であり、地域事業で計画されているところもある。三和区で1件未整備であるが、できるだけ早く整備したいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、議案第5号平成21年度上越市地球環境特別会計補正予算(第2号)について、委員から、風力発電による低周波音の健康被害について市としてどのような対応をしているのかとの質疑に、理事者から、現在振動及び音による被害の報告はない。問題となっているのは、羽根の大きさが当市の2倍以上のものと考えており、国の研究、調査の結果を参考としていきたいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  最後に、議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)を採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で厚生常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 厚生常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  次に、建設企業常任委員長の報告を求めます。

  27番、江口修一委員長。

               〔江 口 修 一 議 員 登 壇〕



◆27番(江口修一議員) これより建設企業常任委員長報告を申し上げます。

  先ほど本会議において当委員会に付託されました議案6件、報告1件について委員会を開催し、審査を行いましたので、概要と結果を申し上げます。

  最初に、都市整備部所管の審査についてであります。報告第1号専決処分した事件の承認について(平成21年度上越市一般会計補正予算(専第2号))について、理事者の説明の後、委員から、予想外の降雪により大変な状況となったが、除雪の対応について行政内部における連携体制及び高田市街地における屋根雪処理や除雪のブロック制導入の評価、国有地等への排雪の検討などについて質疑があり、理事者から、1月13日から15日の3日間で、旧高田測候所の積雪量で141センチの降雪があり、18年豪雪の際は1日当たりの最高が39センチだったが、今回は73センチで約2倍の降雪があった。現在の体制では2回から3回の除雪しかできず、多くの市民に迷惑をかけたが、今回は3年豪雪以来の異常降雪だったと認識している。市では、1月16日に大雪警戒対策本部を立ち上げ、全庁的な体制で取り組んだ。高田市街地の一斉雪おろしについては、結果的にまばらな実施となり、迷惑をかけた面もあったが、地元町内会の希望をもとに実施したところである。また、除雪のブロック制については、出動判断が平準化され、適切な判断が行われたと考えている。今後は応援体制を取り入れたブロック制にできないか検討していきたい。また、国有地等への排雪については今後の検討課題としたいとの答弁がありました。

  さらに、委員から、踏切除雪や通学路の安全面にも万全を期すよう要望がありました。

  なお、委員から、除雪の財源はどうかとの質疑に、理事者から、18年豪雪の際には災害救助法が適用され、4億円の市町村道除雪費補助金を国から受けたが、この補助金は災害救助法と直接リンクしているものではない。今回災害救助法の適用には至っていないが、随時要望活動を行っているところであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、報告第1号を採決した結果、全員異議なく承認すべきものと決しました。

  次に、議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、理事者の説明の後、8款2項3目中、市単独道路新設改良事業で、委員から、今回は緊急経済対策ということから速効性が必要と考える。今回の道路改良工事は繰り越ししなければならないと思うが、4月、5月に業者が仕事をできるようになる見込みかとの質疑に、理事者から、今回は22年度予算に計上する予定のものの中からすぐに発注できるものを選定し、前倒しして補正予算に計上しており、4月、5月に着手可能と考えているとの答弁がありました。

  5項4目中、公園管理費で、委員から、交通公園のゴーカートなどの入れかえを行うとのことだが、公園内にはコースの白線の引き直しなど、ほかにも整備しなければならないところがあり、今後対応していってもらいたいと考えるがどうかとの質疑に、理事者から、新年度予算で対応できるところもあるが、広範にわたるため今後順次検討し、修繕を進めていきたいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、議案第1号を採決した結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第4号平成21年度上越市下水道事業特別会計補正予算(第5号)、議案第6号平成21年度上越市新幹線新駅地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について、理事者の説明に質疑なく、採決の結果、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、ガス水道局所管の審査についてであります。議案第7号平成21年度上越市ガス事業会計補正予算(第5号)について、理事者の説明に質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第8号平成21年度上越市水道事業会計補正予算(第4号)について、理事者の説明の後、委員から、工事の早期発注で景気対策としているということであるが、既に予算執行している事業のおくれはないかとの質疑に、理事者から、当初予算に計上したものは予定どおり進捗している。また、補正予算で執行予定の37件についてはすべて発注済みであり、そのうち65%が完了しており、残りも3月末までに竣工の見込みであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、議案第8号を採決した結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第9号平成21年度上越市簡易水道事業会計補正予算(第3号)について、理事者の説明に質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で建設企業常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 建設企業常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  次に、文教経済常任委員長の報告を求めます。

  46番、佐藤敏委員長。

                〔佐 藤 敏 議 員 登 壇〕



◆46番(佐藤敏議員) これより文教経済常任委員長報告を申し上げます。

  先ほど本会議において当委員会に付託されました議案2件について、委員会を開催し、審査を行いましたので、概要と結果を申し上げます。

  最初に、教育委員会に係る審査についてであります。議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、理事者の説明の後、10款2項3目学校建設費中、小学校市単独事業で、委員から、玄関オートロック設置工事は平成23年度に完了するとの説明だが、安全、安心のため必要なものとしてもっと早く整備できないかとの質疑に、理事者から、このたびの補正予算では平成22年度当初予算で計上予定のものを前倒しして計上した。残りは学校施設の大規模改修工事などに合わせて整備を予定している。平成23年度の整備完了については、早期対応に努めたことで達成できるものであることを御理解いただきたいとの答弁がありました。

  10款5項1目社会教育総務費中、ユートピアくびき管理運営費で、委員から、空調設備について建設時に利用者数を7割程度と設定していたため、夏は暑い、冬は寒いなどの苦情があった。今回の熱源機器の入れかえによって運転能力は100%になるのかとの質疑に、理事者から、当施設は年間21万人以上の利用があり、利用率も高まっていることから、このたび冷温水発生機の容量を増加させ、100%の利用にも対応できるようにするものであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しといたしました。

  次に、農林水産部に係る審査についてであります。議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、理事者の説明に質疑なく、採決は後回しとしました。

  次に、産業観光部に係る審査についてであります。議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、理事者の説明の後、7款1項3目観光費中、イベント推進費で、委員から、金谷山のレルヒ像周辺整備について、あえて雪のある時期に屋外での修繕工事を計画したのはなぜかとの質疑に、理事者から、スキー発祥100周年に向けて観光客の安全と利便性の向上のため、雪解け後直ちに着工したいと考えているとの答弁がありました。

  また、観光施設等管理事業で、委員から、柿崎区上下浜温泉源泉井戸改修工事について詳しい内容を聞きたいとの質疑に、理事者から、源泉井戸枠の損傷により地下水が流入し、温泉温度の低下及び濃度が薄くなっているもので、源泉の水脈そのものに異常があるものではなく、修繕完了には4カ月ほどを要する見込みである。工事中は日帰り温浴施設は休業するが、マリンホテルは営業する旨、情報の周知に努めたいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しといたしました。

  次に、議案第3号平成21年度上越市索道事業特別会計補正予算(第2号)について、理事者の説明にさしたる質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  最後に、教育委員会、農林水産部、産業観光部がそろったところで、議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算(第10号)について、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、当委員会の審査の概要と結果を申し上げましたが、詳細は委員会記録に譲り、文教経済常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 文教経済常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  これより討論に入りますが、ただいままでに通告はありません。

  よって、討論はないものと認めます。

  これより議題を採決いたします。

  まず、報告について採決いたします。

  報告第1号専決処分した事件の承認についてを採決いたします。

  本件は承認することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本件は承認することに決しました。

  報告第2号専決処分した事件の承認についてを採決いたします。

  本件は承認することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本件は承認することに決しました。

  次に、補正予算について採決いたします。

  議案第1号平成21年度上越市一般会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第2号平成21年度上越市診療所特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第3号平成21年度上越市索道事業特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第4号平成21年度上越市下水道事業特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第5号平成21年度上越市地球環境特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第6号平成21年度上越市新幹線新駅地区土地区画整理事業特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第7号平成21年度上越市ガス事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第8号平成21年度上越市水道事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第9号平成21年度上越市簡易水道事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  これにて平成22年第1回上越市議会臨時会を閉会いたします。

                                      午後4時54分 閉会