議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 上越市

平成21年  第5回(7月)臨時会 07月23日−委員長報告・討論・採決−02号




平成21年  第5回(7月)臨時会 − 07月23日−委員長報告・討論・採決−02号







平成21年  第5回(7月)臨時会





       平成21年第5回上越市議会臨時会会議録(2日目)
                            平成21年7月23日(木曜日)

出 席 議 員
    1番   平 良 木  哲  也          2番   上  野  公  悦
    3番   中  川  幹  太          4番   滝  沢  一  成
    5番   波 多 野  一  夫          6番   林     辰  雄
    7番   鴨  井  光  夫          8番   大  島  洋  一
    9番   瀬  下  半  治         10番   武  藤  正  信
   11番   内  山  米  六         12番   草  間  敏  幸
   13番   笹  川  栄  一         14番   柳  沢  周  治
   15番   塚  田  隆  敏         16番   高  波  勝  也
   17番   橋  爪  法  一         18番   樋  口  良  子
   19番   山  崎  一  勇         20番   矢  野     学
   21番   吉  田     侃         22番   宮  崎  政  国
   23番   渡  辺     隆         24番   松  野  義  之
   25番   飯  塚  義  ?         26番   滝  沢  逸  男
   27番   江  口  修  一         28番   田  中  吉  男
   29番   田  村  武  男         30番   小  関  信  夫
   31番   塚  田  俊  幸         32番   岩  野  虎  治
   33番   杉  田  勝  典         34番   上  松  和  子
   35番   永  島  義  雄         36番   森  田  貞  一
   37番   小  林  克  美         38番   石  平  春  彦
   39番   栗  田  英  明         40番   岩  崎  哲  夫
   41番   古  澤     弘         42番   大  島  武  雄
   43番   近  藤  彰  治         44番   本  城  文  夫
   45番   佐  藤     敏         46番   水  澤  弘  行
   48番   山  岸  行  則

欠 席 議 員
   47番   小  林  章  吾

説明のため出席した者
 市    長  木  浦  正  幸
 副  市  長  中  川  周  一       副  市  長  村  山  秀  幸
 教  育  長  小  林  毅  夫
 総 務 部 長  市  村  輝  幸       行 政 改 革  土  橋     均
                          担 当 部 長

 国 体 局 長  山  口  宗  夫       財 務 部 長  野  口  壮  弘

 企 画・地 域  竹  田  淳  三       市民生活部長  佐  藤  重  幸
 振 興 部 長

 防 災 局 長  川  上     宏       都市整備部長  笠  原     博
 産業観光部長  澤  海  雄  一       観 光 局 長  佐  野     隆
 農林水産部長  野  口  和  広       健康福祉部長  野  澤     朗
 会 計 管理者  横  山  厚  平       教 育 部 長  笹  井  隆  夫
 ガス水道局長  秀  澤  光  夫
 総 務 課 長  塚  田  弘  幸

職務のため出席した事務局職員
 事 務 局 長  片  岡     明       次    長  白  石  行  雄
 議 事 係 長  高  原  る み 子       主    任  上  島  さ お り

議 事 日 程
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第106号より第115号

本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名                                 
  第2 議案第106号 平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)             
     議案第107号 平成21年度上越市診療所特別会計補正予算(第1号)          
     議案第108号 平成21年度上越市索道事業特別会計補正予算(第1号)         
     議案第109号 平成21年度上越市病院事業会計補正予算(第1号)           
     議案第110号 平成21年度上越市ガス事業会計補正予算(第1号)           
     議案第111号 平成21年度上越市水道事業会計補正予算(第1号)           
     議案第112号 平成21年度上越市簡易水道事業会計補正予算(第1号)         
     議案第113号 工事請負契約の締結について((仮称)直江津図書館・社会教育館整備 工事)
     議案第114号 工事請負契約の締結について((仮称)直江津図書館・社会教育館整備空調設
             備 工事)                              
     議案第115号 損害賠償の額の決定及び和解について                  





                                         

          午後2時30分 開議



○山岸行則議長 これより本日の会議を開きます。

                        〇                      



△日程第1 会議録署名議員の指名



○山岸行則議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において樋口良子議員及び大島武雄議員を指名いたします。

                        〇                      



△日程第2 議案第106号より第115号



○山岸行則議長 日程第2、議案第106号より第115号を一括議題といたします。

  本件に関し、各委員会における審査の経過並びに結果についての報告を求めます。

  まず、総務常任委員長の報告を求めます。

  39番、栗田英明委員長。

               〔栗 田 英 明 議 員 登 壇〕



◆39番(栗田英明議員) これより総務常任委員長報告を申し上げます。

  昨日の本会議において、当委員会に付託されました議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、本日委員会を開催し、審査を行いましたので、その概要と結果について報告いたします。

  最初に、財務部の審査の概要であります。理事者の説明の後、2款1項1目庁舎管理費で、委員から、地デジ対応のテレビ購入について、メーカー等、仕様は細かく決まっているのかとの質疑に、理事者から、テレビの購入については耐久性などの面からも、一般的に家庭で使用されている国内メーカー品を検討しており、公の物品の発注については、設置するまでの仕様を細かく記載することが原則となっているとの答弁がありました。

  また、6目財産管理費で、委員から、建物の解体撤去について、各区の地域協議会に諮問されたのかとの質疑に、理事者から、それぞれの地域協議会に諮り、利用等の計画や安全性などを考慮して今回の3物件を提示したとの答弁がありました。

  そのほかに委員から、本庁舎トイレ改修、市税還付費などについて質疑があり、それぞれ答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、総務部の審査の概要でありますが、理事者の説明にさしたる質疑なく、採決は後回しといたしました。

  次に、企画・地域振興部の審査であります。理事者の説明の後、委員から、今回の経済危機対策臨時交付金で今まで減額された地域事業費を復活させなかったのはなぜかとの質疑に、理事者から、今回はあくまでも経済対策に特化した交付金という趣旨に沿って、既に予定している事業を前倒しして行うものであり、地域事業の中でいまだ動いていない事業が40%以上ある中では、以前削減した地域事業を復活するというような考えは今は持っていないとの答弁がありました。

  そのほかに委員から、コミュニティプラザ施設の修繕などについて質疑があり、それぞれ答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  最後に、財務部、総務部、企画・地域振興部がそろったところで、議案第106号を採決した結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、当委員会における審査の概要と結果について申し上げましたが、詳細は委員会記録に譲り、総務常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 総務常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  次に、厚生常任委員長の報告を求めます。

  20番、矢野学委員長。

                〔矢 野 学 議 員 登 壇〕



◆20番(矢野学議員) これより厚生常任委員長報告を申し上げます。

  昨日当委員会に付託されました議案3件について、委員会を開催し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。以下、各議案については理事者の説明の後、質疑に入りました。審査の順序に従い、その主な概要を報告いたします。

  最初に、健康福祉部の審査を行いました。まず、議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、福祉交流プラザ管理運営費で、委員から、オープンして間もない中での南口のドアを自動化するとのことである。この間利用者団体との協議があったと思うが、改修に至った経緯を聞きたいとの質疑に、理事者から、正面と中央口が当初から自動ドアであったが、南口については、駐車場からの入場は想定しつつも手動であった。関係団体からさまざまな意見をいただきながらやってきたが、想定できないこともあり、早期に改善したいと考えていたところ、今回このような機会をいただいたので、改修をするものであるとの答弁がありました。

  また、委員から、今回の補正で地上デジタル放送対応テレビ購入全体に関して、現在使用しているテレビの耐用年数によっては、チューナーを設置するという方法がある。小売店もテレビ単体の入れかえよりも、チューナー設置による備えつけ工事費のほうが利益があると思うが、このような点は検討したのかとの質疑に、理事者から、チューナー対応した場合、テレビ本体の故障により無駄になる可能性もあり、庁内全体での協議の中で、テレビの耐用年数の残存等も考慮して判断したものであるとの答弁がありました。

  また、子育て応援特別手当給付事業で、委員から、本事業は地方分権の時代にありながら、自治体の裁量が認められていない。当市の子育て支援政策に相入れない部分をどう考えるかとの質疑に、理事者から、指摘のあったとおり自治体の裁量が認められることで、本当の意味での経済対策になるのではないかと考えている。今後そのような議論が重ねられて制度が少しでも改善されればと思っているとの答弁がありました。

  さらに、委員から、給付に当たり、DV被害者について居住している場所の関係から給付を受けるために必要な情報が届かないなどの問題がある。対応を聞きたいとの質疑に、理事者から、広報で周知する手段をとったとしても届かない可能性もあることから、学校教育課、保育園、男女共同参画推進課を初めとする関係者からの情報収集を行いたいと考えている。国が示すDVの要件を考慮する中で、定額給付金の先例を踏まえて市として十分意を用いていきたいと思うとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、議案第107号平成21年度上越市診療所特別会計補正予算(第1号)、議案第109号平成21年度上越市病院事業会計補正予算(第1号)については、さしたる質疑なく、採決の結果、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、市民生活部の審査を行いました。議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、交通安全施設費で、委員から、カーブミラーの整備について、例年市民から要望が出ていると思うが、今の段階では出ている要望に対してどのような状況になっているかとの質疑に、理事者から、現在までで68基の要望があり、そのうち今回の補正で43基実施することになっている。残りの25基については、今回の補正の締め切り後の要望であったため、次年度以降で対応したいとの答弁がありました。

  また、公立保育所施設整備事業で、委員から、旧宮島保育園解体撤去工事について、園舎等は平成4年に改築されているが、地域から利用の要望などはなかったのかとの質疑に、理事者から、まだ使用できる部分があったため、地域から福祉作業所として使用したいという意見もあったが、改修費、維持管理費等を勘案し、検討した結果、解体する方向となったとの答弁がありました。

  また、放課後児童クラブ費で、委員から、放課後児童クラブに対してこの間さまざまな要望が出され、スタッフの充実あるいはスタッフの研修機会を増加し、個性のある子供たちに対応するなど、喫緊の課題として指摘されているが、今回の補正でなぜ対応しないのかとの質疑に、理事者から、さまざまな要望が出されているのは承知しており、先般も発達障害の子供に対する対応について研修を行った。今回は、緊急経済ということであったので、ハード的なところを考え、浦川原のプレハブ設置工事などについて対応したとの答弁がありました。

  災害対策企画費で、委員から、防災ラジオの配達について、配達員を新規に雇用する運送業者に委託するということであるが、新規に雇用したということをどう確認するのか。また、業者については市内に本社がある会社なのかとの質疑に、理事者から、新規の雇用者については、雇用保険受給資格者証などの関係書類で確認することが県の要綱の中に定められている。業者については、入札に当たり契約課と相談したいとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  最後に、議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)を採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で厚生常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 厚生常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  次に、建設企業常任委員長の報告を求めます。

  27番、江口修一委員長。

                〔江 口 修 一 議 員 登 壇〕



◆27番(江口修一議員) これより建設企業常任委員長報告を申し上げます。

  昨日当委員会に付託されました議案5件について、委員会を開催し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。以下、審査の順序に従い、その概要を申し上げます。

  最初に、都市整備部所管の審査についてであります。まず、議案第115号損害賠償の額の決定及び和解について、理事者の説明の後、委員から、本件を教訓にした安全対策、安全管理について聞きたいとの質疑に、理事者から、事故後の対策として、施工に際して目的、内容、施工方法等について、現場で綿密に打ち合わせを行うとともに、工事完了後は目的物が設計図書どおりに完了しているか確認を徹底し、小規模修繕工事においても設計図書、チェックリストに基づいた検査を必須とするなど、検査方法の見直しを行った。また、庁内8課で構成する検討委員会を設け、現場検査の統一を図ったところであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、理事者の説明の後、質疑に入り、8款2項3目道路新設改良費中、市単独道路新設改良事業で、委員から、事業全般において第5次総合計画の年次ごとの実施計画が示されない中で、事業の前倒しというが、今回の補正はどれくらいの事業量の中での手だてなのかとの質疑に、理事者から、事業の執行に当たってはさまざまな縛りがある。13区及び合併前上越市の地域事業、市の考え、地域の要望による計画などの中で、毎年優先順位の見直しをしながら、また13区及び合併前上越市の進捗率も考慮した進行管理をしている。さらに、毎年新たに出てくるものを整理しながら優先順位を決める。一方で、財政的な整理も必要である。予算化の問題と事業の整理とは別の問題ということがある。実施計画を固定してしまうと融通がきかなくなり、優先順位が高くても新しく出てきたものを取り込めなくなる。それらが総体的に総合計画の中で管理されているという状況なので御理解をいただきたい。その中で、今回の補正では、単年度で経済効果に即効性があり、地域に回る事業を選択したものであるとの答弁がありました。

  また、8款3項1目河川総務費中、河川環境等整備事業で、委員から、関川水辺プラザの整備について、計画が整理されていない中で今回備品等を購入するとのことだが、経済危機対策交付金を財源とするほど緊急性を要するのかとの質疑に、理事者から、関川水辺プラザの土地利用に当たっては、現在構想にあるようなスポーツ施設は実現できないという判断の中で、広場の土地利用をどう図るかを先行的に進めることにより、次のステップに入りたいと考えているとの答弁がありました。

  また、8款5項4目公園費中、都市公園整備事業で、委員から、高田公園の園路改修の緊急性について聞きたいとの質疑に、理事者から、観桜会における人通りが多い箇所であり、ほこりが舞い上がるなど苦情が寄せられたことから快適に観桜会を楽しんでいただくため、さらに車いすでの往来など、バリアフリーの観点からも舗装整備を急ぐものであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、ガス水道局所管の審査についてであります。まず、議案第110号平成21年度上越市ガス事業会計補正予算(第1号)について、理事者の説明に質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第111号平成21年度上越市水道事業会計補正予算(第1号)について、理事者の説明の後、委員から、非耐震経年管の更新工事において、当初予算に基づく発注に加え、今回の補正によりさらに発注がふえることになるが、職員体制を含め、早期発注、早期実現に向け影響はないのかとの質疑に、理事者から、職員は災害と同様の認識を持って作業に臨んでおり、設計担当課以外の課からも設計経験者の応援体制を組んで、早期発注に努めているとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第112号平成21年度上越市簡易水道事業会計補正予算(第1号)について、理事者の説明に、さしたる質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、審査の概要と結果を申し上げましたが、詳細は委員会記録に譲り、建設企業常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 建設企業常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  次に、文教経済常任委員長の報告を求めます。

  45番、佐藤敏委員長。

                〔佐 藤 敏 議 員 登 壇〕



◆45番(佐藤敏議員) これより文教経済常任委員長報告を申し上げます。

  昨日の本会議において、当委員会に付託されました議案4件について、委員会を開催し、審査を行いましたので、概要と結果を報告申し上げます。

  最初に、教育委員会の審査を行いました。まず、議案第113号工事請負契約の締結について((仮称)直江津図書館・社会教育館整備 工事)及び議案第114号工事請負契約の締結について((仮称)直江津図書館・社会教育館整備空調設備 工事)について、理事者から一括説明の後、委員から、図書を置くために床面の荷重が相当大きくなると思うが、安全面はどうかとの質疑に、理事者から、配置する書架の段数を変えるなど、バランスよく荷重をかけるよう設計しており、床の補強は今回の工事には入っていない。各エリアの荷重計算を行い、すべてクリアしていることを確認しているとの答弁がありました。

  また、委員から、整備工事について落札した共同企業体は、最低制限価格とわずか20万円の差で落札し、そのほかは1企業体を除き落札価格よりも2,000万円以上高額で入札している。なぜこのようになったと考えているかとの質疑に、理事者から、各共同企業体が入札価格をどのように算定したかは承知していないが、推測としては、今回は内部改装という特別な工事であるが、類似した工事である福祉拠点施設整備の最低制限価格が85%くらいだったので、落札した共同企業体はそれを一つの目安として応札してきたのではないかと考えているとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決の結果、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、理事者の説明の後、10款2項3目小学校市単独事業で、委員から、玄関オートロックの整備率が小学校で44%、中学校41%であるが、いつごろまでに終わらせる予定になっているのかとの質疑に、理事者から、小中学校とも24年度までにすべて完了させる予定であるとの答弁がありました。

  5項5目水族博物館管理運営費で、委員から、今回外壁改修を行うとのことであるが、改修の全体の計画はどうなっているかとの質疑に、理事者から、本館部分の外壁補修、塗装については、現在設計を発注し、ほぼ完成近くなっている。別館部分は翌年度に計画していたが、今回一体的にやることにより、来年度新装オープンという形にしたいと考えているとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、農林水産部の審査を行いました。議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、理事者の説明の後、6款1項3目リフレッシュビレッジ事業で、委員から、レストランオーダリングシステムなど備品が高額であるが、収支が厳しい三セクの施設であるが、本当に必要なものなのかとの質疑に、理事者から、くわどり湯ったり村は開設後10年が経過し、施設の各箇所が老朽化してきている。現在使用しているものがウィンドウズ95であり、サポート体制もないため、今回更新するものであるとの答弁がありました。

  水田農業推進事業で、委員から、今回のラック倉庫はエコ、省エネ等で進化した施設となっているのかとの質疑に、理事者から、このラック倉庫は荷受け、出庫時の品質チェックをコンピューターで一括管理をしている。この点が従来の倉庫と違って進化しているところであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、産業観光部の審査を行いました。まず、議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について、理事者の説明の後、7款1項2目中小企業融資支援事業で、委員から、信用保証協会保証料補助金について、上越市ではどのくらいの企業の保証をしているのかとの質疑に、理事者から、平成20年度、21年度4月、5月の14カ月分では、市の制度の総数は953社であり、19年度に比較し、はるかに多いものであるとの答弁がありました。新産業振興事業で、委員から、産業振興センター(仮称)について、市内公共施設において年内に開設するとのことだが、詳細について聞きたいとの質疑に、理事者から、産業振興センター(仮称)については、平成19年度に基本構想を策定し、21年度中に準備会を通じて具体化した後、22年度に開設する予定であったが、今回の経済対策に絡み、産業界から要望もあり、年内に前倒しし、開設することとした。設置場所については、候補地として公共施設の8カ所を検討しているが、準備会から市に対し、結論をいただいていないので、公表は控えさせていただきたいとの答弁がありました。

  これに対して、さらに委員から、工事費まで計上しているのに場所がわからなければイメージがわかない。8カ所について、公表すべきとの質疑があり、理事者から、8カ所については街なかサテライト、市役所本庁、第2庁舎、第3庁舎、市民プラザ、観光物産センター、教育プラザ、県立テクノスクールであるとの答弁がありました。

  商業振興支援事業で、委員から、前回実施したプレミアム付き商品券発行事業について、どう総括しているかとの質疑に、理事者から、1回目を終え、各商工会、商店街団体からまだ結論的な総括はいただいていない。上限額など細かい点について議論すべきであるが、全体的には大変効果があったいいものであるとの報告をいただいているとの答弁がありました。

  3目観光企画費で、委員から、1月から何回か天地人の関係で補正し、税金を投じているが、その費用対効果についてどのように考えているかとの質疑に、理事者から、当然経費をかける以上、それ以上の経済効果を生み出していくのがこれからの観光振興の進め方であると思っている。具体的な数字については、飲食店、宿泊等の売上額等を調査しており、昨年に比べ売り上げが二、三割増加しているという声が上がっている業界もあるが、金額について今後具体的に調査したいとの答弁がありました。

  さらに、委員から、天地人博の会場等の改装及び備品購入について質疑があり、理事者から、改装については売店の一部模様がえに伴う周辺の装飾工事など、また備品購入については、PR用の甲冑、のぼり旗の購入などであるとの答弁がありました。

  以上で質疑を終結し、採決は後回しとしました。

  次に、議案第108号平成21年度上越市索道事業特別会計補正予算(第1号)について、理事者の説明に質疑なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  最後に、議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算(第4号)について採決した結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、当委員会の審査の概要と結果を申し上げましたが、詳細は委員会記録に譲り、文教経済常任委員長報告を終わります。



○山岸行則議長 文教経済常任委員長報告に対する質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  これより討論に入りますが、ただいままでに通告はありません。

  よって、討論はないものと認めます。

  これより議題を採決いたします。

  まず、工事請負契約の締結等を採決いたします。

  議案第113号工事請負契約の締結についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第114号工事請負契約の締結についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第115号損害賠償の額の決定及び和解についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、補正予算について採決いたします。

  議案第106号平成21年度上越市一般会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第107号平成21年度上越市診療所特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第108号平成21年度上越市索道事業特別会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第109号平成21年度上越市病院事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第110号平成21年度上越市ガス事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第111号平成21年度上越市水道事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第112号平成21年度上越市簡易水道事業会計補正予算を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  これにて平成21年第5回上越市議会臨時会を閉会いたします。

  慎重御審議大変御苦労さまでございました。

                                      午後2時58分 閉会