議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 上越市

平成20年  第3回(5月)臨時会 05月19日−議長選挙・副議長選挙−01号




平成20年  第3回(5月)臨時会 − 05月19日−議長選挙・副議長選挙−01号







平成20年  第3回(5月)臨時会




             平成20年第3回上越市議会臨時会会議録
                         平成20年5月19日(月曜日)

出 席 議 員
    1番   平 良 木  哲  也          2番   上  野  公  悦
    3番   中  川  幹  太          4番   滝  沢  一  成
    5番   波 多 野  一  夫          6番   林     辰  雄
    7番   鴨  井  光  夫          8番   大  島  洋  一
    9番   瀬  下  半  治         10番   武  藤  正  信
   11番   内  山  米  六         12番   草  間  敏  幸
   13番   笹  川  栄  一         14番   柳  沢  周  治
   15番   塚  田  隆  敏         16番   高  波  勝  也
   17番   橋  爪  法  一         18番   樋  口  良  子
   19番   山  崎  一  勇         20番   矢  野     学
   21番   吉  田     侃         22番   宮  崎  政  国
   23番   渡  辺     隆         24番   松  野  義  之
   25番   飯  塚  義  ?         26番   滝  沢  逸  男
   27番   江  口  修  一         28番   田  中  吉  男
   29番   田  村  武  男         30番   小  関  信  夫
   31番   塚  田  俊  幸         32番   岩  野  虎  治
   33番   杉  田  勝  典         34番   上  松  和  子
   35番   永  島  義  雄         36番   森  田  貞  一
   37番   小  林  克  美         38番   石  平  春  彦
   39番   栗  田  英  明         40番   岩  崎  哲  夫
   41番   古  澤     弘         42番   大  島  武  雄
   43番   近  藤  彰  治         44番   本  城  文  夫
   45番   佐  藤     敏         46番   水  澤  弘  行
   47番   小  林  章  吾         48番   山  岸  行  則

説明のため出席した者
 市    長  木  浦  正  幸
 副  市  長  中  川  周  一       副  市  長  村  山  秀  幸
 教  育  長  小  林  毅  夫
 総 務 部 長  市  村  輝  幸       総 務課 長  川  上     宏

職務のため出席した事務局職員
 事 務 局 長  片  岡     明       次    長  白  石  行  雄
 議 事 係 長  高  原  る み 子       主    任  廣  田     聡
 主    任  上  島  さ お り       主    事  小  森  佑  太

議 事 日 程
  第 1 議会選第 3号 議長選挙
  第 2 議席の指定
  第 3 会議録署名議員の指名
  第 4 会期の決定
  第 5 議会選第 4号 副議長選挙
  第 6 議会選第 5号 常任委員会委員の選任について
  第 7 議会選第 6号 議会運営委員会委員の選任について
  第 8 発議案第 3号 新幹線・交通対策特別委員会の設置について
      発議案第 4号 廃棄物処分場対策特別委員会の設置について
      発議案第 5号 中山間地対策特別委員会の設置について
  第 9 議会選第 7号 上越地域水道用水供給企業団議会議員の選挙
  第10 議会選第 8号 上越地域消防事務組合議会議員の選挙
  第11 議会選第 9号 新井頸南広域行政組合議会議員の選挙
  第12 議会選第10号 新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
  第13 同意案第 1号 上越市監査委員の選任について
  第14 閉会中の所管事務調査について
  第15 議席の一部変更について

本日の会議に付した事件
  第 1 議会選第 3号 議長選挙
  第 2 議席の指定
  第 3 会議録署名議員の指名
  第 4 会期の決定
  第 5 議会選第 4号 副議長選挙
  第 6 議会選第 5号 常任委員会委員の選任について
  第 7 議会選第 6号 議会運営委員会委員の選任について
  第 8 発議案第 3号 新幹線・交通対策特別委員会の設置について
      発議案第 4号 廃棄物処分場対策特別委員会の設置について
      発議案第 5号 中山間地対策特別委員会の設置について
  第 9 議会選第 7号 上越地域水道用水供給企業団議会議員の選挙
  第10 議会選第 8号 上越地域消防事務組合議会議員の選挙
  第11 議会選第 9号 新井頸南広域行政組合議会議員の選挙
  第12 議会選第10号 新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
  第13 同意案第 1号 上越市監査委員の選任について
  第14 閉会中の所管事務調査について
  第15 議席の一部変更について
                                         





          午前10時9分 開会及び開議



◎片岡明議会事務局長 それでは会議に入らせていただきますが、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

  出席議員中、吉田侃議員が年長でありますので、御紹介申し上げます。

  吉田侃議員、議長席のほうへお願いいたします。

               〔吉 田 侃 議 員 議 長 席 に 着 く〕



○吉田侃臨時議長 ただいま御紹介をいただきました吉田侃です。

  法の規定によりまして、臨時に議長の職務を行います。御協力のほどよろしくお願いいたします。

  これより平成20年第3回上越市議会臨時会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。

  仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。

                                         



○吉田侃臨時議長 これより議長選挙に入りますが、申し合わせにより選挙の前に所信表明の場を設けることとなっております。あらかじめ山岸行則議員から申し出がありますので、これを許します。

  36番、山岸行則議員。

               〔山 岸 行 則 議 員 登 壇〕



◆36番(山岸行則議員) おはようございます。多くの議員、会派の皆さんから御推薦をいただいて、このたびの議長選挙に再び立候補いたすことになりました山岸行則でございます。

  皆さんももう御承知のように、合併して4年目に入る上越市は、大変厳しい財政状況の中にあって、市民の安全、安心や市民とともに歩む地方自治、開かれた地方自治体を目指しておりますし、また上越市の将来に向けた各種のまちづくりのプロジェクトも始動しているところでございます。こうした流れをさらに一段と強化することができるかどうかは、私見ではございますけれども、私は今後の議会の活性化、改革が大きなかぎを握っているだろうというふうに思っております。議会の改革、活性化を通して、上越市市民全体のさらなる底上げを図っていく必要があろうと思っております。

  本年3月に市民の皆さんや行政や議会が一体となって、上越市の憲法とも言える自治基本条例が制定をされて、市民とともに市民に開かれた上越市をさらに一層強く前進をするスタートを切ったところでございますので、これらにあわせて、さらにそれらの流れを強化をしていく意味からも、議会もさらに市民と一緒になりながら、かつ市民に開かれた議会を目指して、議会の基本条例などの制定などを含めて積極的に議会の改革を進めていくべきだろうというふうに思っております。

  また、もう一つは、私ども議会に与えられた当然の任務であります行政に対するチェック機能を一段と強化をすると同時に、今日の地方分権時代の中にあって、議会の政策形成能力などもさらに一段と高めて、時には行政と対峙をし、時には行政と協調しながら、日々議会側からも各種の施策や条例などの制定をもでき得る議会の改革に進めていかなければならないときではないかなというふうにも思っておりますので、それらの政策形成能力の強化に向けて精いっぱいそのまとめ役として、また時にはリーダー役として議長の職に励みたいなというふうに思っておりますので、48名の議員の御協力、御賛同をよろしくお願いを申し上げまして、私の所信表明のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○吉田侃臨時議長 以上で所信表明を終わります。

                        〇                      



△日程第1 議会選第3号



○吉田侃臨時議長 日程第1、議会選第3号議長選挙を行います。

  議場の閉鎖を命じます。

                   〔議 場 閉 鎖〕



○吉田侃臨時議長 ただいまの出席議員数は48人であります。

  投票用紙を配付いたします。

                 〔投 票 用 紙 配 付〕



○吉田侃臨時議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○吉田侃臨時議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

                  〔投 票 箱 点 検〕



○吉田侃臨時議長 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。

  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

  点呼を命じます。

                  〔職員氏名点呼、投票〕



○吉田侃臨時議長 投票漏れはありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○吉田侃臨時議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解きます。

                   〔議 場 開 鎖〕



○吉田侃臨時議長 開票を行います。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に波多野一夫議員、瀬下半治議員、草間敏幸議員を指名いたします。

  3議員の立ち会いを願います。

                     〔開  票〕



○吉田侃臨時議長 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数48票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

          そのうち有効投票 47票

              無効投票 1票

  これは、白票であります。

          有効投票中  山 岸 行 則 議員   47票

  以上のとおりであります。

  よって、山岸行則議員が議長に当選されました。

  ただいま議長に当選されました山岸行則議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

  それでは、山岸議員、ごあいさつをお願いいたします。

               〔山 岸 行 則 議 員 登 壇〕



◆36番(山岸行則議員) ただいま多くの議員の皆さんから御支持をいただいて議長の職につくことができました。本当にありがとうございました。

  浅学非才の身ではございますけれども、精いっぱい議長の職務に誠心誠意励む所存でございますので、議員各位を初め、理事者の皆さんや市民の皆さんの叱咤激励のほどを心からお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○吉田侃臨時議長 これにて山岸議長と交代いたします。御協力どうも大変ありがとうございました。

                  〔臨時議長、議長と交代〕



○山岸行則議長 議長を交代いたしました。

                        〇                      



△日程第2 議席の指定



○山岸行則議長 日程第2、議席の指定を行います。

  議席は、会議規則第4条第1項の規定により、お手元に配付の議席表のとおり指定いたします。

                        〇                      



△日程第3 会議録署名議員の指名



○山岸行則議長 日程第3、会議録署名議員の指名を行います。

  本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において平良木哲也議員及び渡辺隆議員を指名いたします。

                        〇                      



△日程第4 会期の決定



○山岸行則議長 日程第4、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。

  今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、会期は1日と決定いたしました。

                                         



○山岸行則議長 次に、副議長選挙に入りますが、その前にあらかじめ古澤弘議員から所信表明の申し出がありますので、これを許します。

  42番、古澤弘議員。

                〔古 澤 弘 議 員 登 壇〕



◆42番(古澤弘議員) 私は、多くの会派の皆さんから御推薦をいただき、このたびの副議長選挙に当たり立候補いたしました政新の古澤弘でございます。立候補に当たりまして、所信の一端を述べ、皆様方の御支援を賜りたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  まず1点は、議会の果たす役割と責務についてであります。今日の地方自治は、少子高齢化の進展と人口減少化の新たな時代のもとで、交付税や地方自治の枠組みは極めて変革をしております。そういう中で、地方自治の役割は極めて多岐にわたり拡大の方向にあり、また複雑化しつつあります。一方、合併から4年目を迎えた上越市は、地域産業の振興や経済の底上げ、さまざまな課題を抱えております。特に行財政基盤の確立を初め、山積する課題の取り組み、21万市民が真に自主自立と将来に向けて持続的発展のできる上越市を築かなければならない極めて重要なときにあると考えております。とりわけ北陸新幹線の開業を目前にし、また中心市街地の活性化や、そして中山間地の抱える課題など多くの課題を抱えております。こういう情勢にあります中で、市政のかじ取りは極めて難しく、厳しい情勢にあると思います。こういうときこそ市政の両輪の一つであり、また重要な一翼を担う市議会は、その責務が極めて重要であるというふうに考えております。この4月1日から自治基本条例が施行されました。この中で、市議会の役割、責務、そして議員の役割や責任について明記をされておりますけれども、このことをしっかりと受けとめながら、真に議会が市政の中核として、また期待される議会として発展していかなければならないというふうに考えております。

  2点目は、議会の改革についてであります。政治と議会、議員の信頼が今日問われている時代にあります。市議会が議会としての機能を発揮し、役割と責任を果たし、そして議員が市民の代表として、その役割と責務を果たすことによって、市議会が市民に信頼され、期待され、市民が求める市政として発展するものと考えております。上越市議会は、これまでも市議会の活性化に多くの取り組みをしてまいりました。しかし、時代の流れをしっかりと受けとめながら、真に市民に信頼される議会として、また市民から負託の受けられる議会として、現状に甘えることなく、議会の活性化に努めてまいらなければならないというふうに思っております。

  私は、以上の2つを所信表明の一端とし、微力ではございますが、副議長としての職務に精励し、議会運営に当たっては少数意見にも耳を傾け、民主的、公平かつ公正な議会運営に努める所存であります。全議員皆さん方の御信任を賜りますことを切にお願いを申し上げ、所信の一端とさせていただきます。どうもありがとうございました。



○山岸行則議長 以上で所信表明を終わります。

                        〇                      



△日程第5 議会選第4号



○山岸行則議長 日程第5、議会選第4号副議長選挙を行います。

  議場の閉鎖を命じます。

                   〔議 場 閉 鎖〕



○山岸行則議長 ただいまの出席議員数は48人であります。

  投票用紙を配付いたします。

                 〔投 票 用 紙 配 付〕



○山岸行則議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

                  〔投 票 箱 点 検〕



○山岸行則議長 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。

  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

  点呼を命じます。

                  〔職員氏名点呼、投票〕



○山岸行則議長 投票漏れはありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解きます。

                   〔議 場 開 鎖〕



○山岸行則議長 開票を行います。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に波多野一夫議員、瀬下半治議員、草間敏幸議員を指名いたします。

  よって、3議員の立ち会いを願います。

                    〔開  票〕



○山岸行則議長 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数48票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

          そのうち有効投票 38票

              無効投票 10票

  これは、白票であります。

          有効投票中  古 澤   弘 議員   35票

                 小 林 克 美 議員   2票

                 橋 爪 法 一 議員   1票

  以上のとおりであります。

  よって、古澤弘議員が副議長に当選されました。

  ただいま副議長に当選されました古澤弘議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

  それでは、古澤議員、ごあいさつをお願いいたします。

                〔古 澤 弘 議 員 登 壇〕



◆42番(古澤弘議員) ただいま多くの皆さん方の御支持をいただき、副議長に御推挙いただきました古澤弘でございます。

  所信表明でも述べましたとおり、今上越市の抱えている課題は極めて大きいものがあり、そしてまた議会としての役割も極めて重要だと認識しております。私は、浅学非才の身ではございますが、議長を支え、副議長の職務に精励する所存でございます。どうか議員各位の今後ともの御指導、御支援、そしてまた市長を初めとする皆様、そして市民皆様方の御支援を心からお願いを申し上げまして、副議長就任のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。(拍手)

                        〇                      



△日程第6 議会選第5号



○山岸行則議長 日程第6、議会選第5号常任委員会委員の選任を行います。


  常任委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において
  総務常任委員会委員に、  栗田英明議員   武藤正信議員   滝沢一成議員   内山米六議員
               笹川栄一議員   塚田隆敏議員   高波勝也議員   橋爪法一議員
               吉田 侃議員   飯塚義?議員   小林克美議員   近藤彰治議員
  厚生常任委員会委員に、  矢野 学議員   杉田勝典議員   平良木哲也議員  鴨井光夫議員
               瀬下半治議員   草間敏幸議員   柳沢周治議員   滝沢逸男議員
               山岸行則     石平春彦議員   岩崎哲夫議員   小林章吾議員
  建設企業常任委員会委員に、江口修一議員   波多野一夫議員  樋口良子議員   山崎一勇議員
               渡辺 隆議員   松野義之議員   田中吉男議員   塚田俊幸議員
               岩野虎治議員   大島武雄議員   本城文夫議員   水澤弘行議員
  文教経済常任委員会委員に、佐藤 敏議員   田村武男議員   上野公悦議員   中川幹太議員
               林 辰雄議員   大島洋一議員   宮崎政国議員   小関信夫議員
               上松和子議員   永島義雄議員   森田貞一議員   古澤 弘議員
 をそれぞれ指名いたしたいと思います。
  これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕




○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました各議員をそれぞれの常任委員会委員に選任することに決しました。

                        〇                      



△日程第7 議会選第6号



○山岸行則議長 日程第7、議会選第6号議会運営委員会委員の選任を行います。

  議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において

  飯 塚 義 ? 議員  岩 崎 哲 夫 議員  上 野 公 悦 議員  波多野 一 夫 議員

  塚 田 隆 敏 議員  渡 辺   隆 議員  滝 沢 逸 男 議員  塚 田 俊 幸 議員

  杉 田 勝 典 議員  森 田 貞 一 議員  栗 田 英 明 議員  佐 藤   敏 議員

 を指名いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました各議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

                        〇                      



△日程第8 発議案第3号より第5号



○山岸行則議長 日程第8、発議案第3号より第5号を一括議題といたします。

  まず、発議案第3号の説明を求めます。

  30番、小関信夫議員。

               〔小 関 信 夫 議 員 登 壇〕



◆30番(小関信夫議員) 発議案第3号新幹線・交通対策特別委員会の設置について、案文を読み上げて提案の理由にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  発議案第3号

              新幹線・交通対策特別委員会の設置について

  新幹線・交通問題対策について、上越市議会に次のとおり特別委員会を設置するものとする。

  1 名  称  新幹線・交通対策特別委員会                         

  2 定  数  12人                                   

  3 期  間   この委員会は、閉会中もなお必要な研究調査を行うことができるものとし、議会に

          おいて廃止の議決をするまで存続するものとする。               

  4 目  的   平成26年度末に予定されている北陸新幹線開業を見据えたまちづくりに向け、ソ

          フト戦略を推進するとともに、並行在来線や公共交通ネットワークのあり方について

          調査研究する。                               

  以上であります。

  全議員の賛同をよろしくお願いいたします。



○山岸行則議長 次に、発議案第4号の説明を求めます。

  48番、小林章吾議員。

               〔小 林 章 吾 議 員 登 壇〕



◆48番(小林章吾議員) 発議案第4号廃棄物処分場対策特別委員会の設置について、案文を読み上げて提案の理由にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  発議案第4号

              廃棄物処分場対策特別委員会の設置について

  廃棄物処分場問題対策について、上越市議会に次のとおり特別委員会を設置するものとする。

  1 名  称  廃棄物処分場対策特別委員会                         

  2 定  数  12人                                   

  3 期  間   この委員会は、閉会中もなお必要な研究調査を行うことができるものとし、議会に

          おいて廃止の議決をするまで存続するものとする。               

  4 目  的   資源循環型社会の形成に向け、リサイクルの推進・廃棄物の処理及び最終処分場の

          建設計画について調査研究する。                       

  以上であります。

  全議員の御賛同をお願いいたします。



○山岸行則議長 次に、発議案第5号の説明を求めます。

  22番、宮崎政国議員。

               〔宮 崎 政 国 議 員 登 壇〕



◆22番(宮崎政国議員) 発議案第5号中山間地対策特別委員会の設置について、案文を読み上げて提案の理由にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  発議案第5号

               中山間地対策特別委員会の設置について

  中山間地問題対策について、上越市議会に次のとおり特別委員会を設置するものとする。

  1 名  称  中山間地対策特別委員会                           

  2 定  数  12人                                   

  3 期  間   この委員会は、閉会中もなお必要な研究調査を行うことができるものとし、議会に

          おいて廃止の議決をするまで存続するものとする。               

  4 目  的   限界集落、耕作放棄地の増大など多くの課題を抱える中山間地域の再生を図るため、

          地域資源を活用した産業振興の促進や集落維持機能の強化など、安心・安定をもたら

          す基盤づくりを検討し、あわせて条例制定について調査研究する。        

  以上であります。

  全議員の御賛同をお願いいたします。



○山岸行則議長 これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております発議案第3号より第5号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、発議案第3号より第5号は委員会の付託を省略することに決しました。

  これより討論に入ります。

  討論はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 討論なしと認めます。

  これより議題を採決いたします。

  まず、発議案第3号を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、発議案第4号を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、発議案第5号を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  お諮りいたします。

  ただいま設置されました各特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において


  新幹線・交通対策特別委員会委員に、小関信夫議員  林 辰雄議員  平良木哲也議員
                   滝沢一成議員  大島洋一議員  草間敏幸議員
                   渡辺 隆議員  塚田俊幸議員  永島義雄議員
                   石平春彦議員  岩崎哲夫議員  水澤弘行議員
  廃棄物処分場対策特別委員会委員に、小林章吾議員  松野義之議員  瀬下半治議員
                   内山米六議員  柳沢周治議員  高波勝也議員
                   樋口良子議員  矢野 学議員  上松和子議員
                   森田貞一議員  栗田英明議員  大島武雄議員
  中山間地対策特別委員会委員に、  宮崎政国議員  笹川栄一議員  中川幹太議員
                   波多野一夫議員 鴨井光夫議員  武藤正信議員
                   橋爪法一議員  山崎一勇議員  田中吉男議員
                   岩野虎治議員  杉田勝典議員  近藤彰治議員
 をそれぞれ指名いたしたいと思います。
  これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕




○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました各議員をそれぞれの特別委員会委員に選任することに決しました。

  この際、各常任委員会・特別委員会並びに議会運営委員会の正副委員長互選のため、しばらく休憩いたします。

          午前10時58分 休憩

                          

          午後 0時15分 再開



○山岸行則議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  この際、報告いたします。

  委員会条例第6条第2項の規定により、各常任委員会・特別委員会並びに議会運営委員会において正副委員長を互選の結果、次のとおり決定した旨報告がありましたので、報告いたします。


               総務常任委員会委員長   栗 田 英 明 議員
                     副委員長   武 藤 正 信 議員
               厚生常任委員会委員長   矢 野   学 議員
                     副委員長   杉 田 勝 典 議員
             建設企業常任委員会委員長   江 口 修 一 議員
                     副委員長   波多野 一 夫 議員
             文教経済常任委員会委員長   佐 藤   敏 議員
                     副委員長   田 村 武 男 議員
               議会運営委員会委員長   飯 塚 義 ? 議員
                     副委員長   岩 崎 哲 夫 議員
         新幹線・交通対策特別委員会委員長   小 関 信 夫 議員
                     副委員長   林   辰 雄 議員
         廃棄物処分場対策特別委員会委員長   小 林 章 吾 議員
                     副委員長   松 野 義 之 議員
           中山間地対策特別委員会委員長   宮 崎 政 国 議員
                     副委員長   笹 川 栄 一 議員
  以上であります。


                        〇                      



△日程第9 議会選第7号



○山岸行則議長 日程第9、議会選第7号上越地域水道用水供給企業団議会議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。

  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。

  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  上越地域水道用水供給企業団議会議員に

     中 川 幹 太 議員   林   辰 雄 議員   草 間 敏 幸 議員

     塚 田 隆 敏 議員   樋 口 良 子 議員   小 関 信 夫 議員

     山 岸 行 則

 を指名いたします。

  お諮りいたします。

  ただいま議長において指名いたしました各議員を上越地域水道用水供給企業団議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました各議員が上越地域水道用水供給企業団議会議員に当選いたしました。

  ただいま当選されました各議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

                        〇                      



△日程第10 議会選第8号



○山岸行則議長 日程第10、議会選第8号上越地域消防事務組合議会議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。

  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。

  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  上越地域消防事務組合議会議員に

     高 波 勝 也 議員   橋 爪 法 一 議員   吉 田   侃 議員

     宮 崎 政 国 議員   上 松 和 子 議員   本 城 文 夫 議員

     山 岸 行 則

 を指名いたします。

  お諮りいたします。

  ただいま議長において指名いたしました各議員を上越地域消防事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました各議員が上越地域消防事務組合議会議員に当選いたしました。

  ただいま当選されました各議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

                        〇                      



△日程第11 議会選第9号



○山岸行則議長 日程第11、議会選第9号新井頸南広域行政組合議会議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。

  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。

  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  新井頸南広域行政組合議会議員に

     鴨 井 光 夫 議員   山 崎 一 勇 議員   田 中 吉 男 議員

  を指名いたします。

  お諮りいたします。

  ただいま議長において指名いたしました各議員を新井頸南広域行政組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました各議員が新井頸南広域行政組合議会議員に当選いたしました。

  ただいま当選されました各議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

                        〇                      



△日程第12 議会選第10号



○山岸行則議長 日程第12、議会選第10号新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。

  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。

  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員に山岸行則を指名いたします。

  お諮りいたします。

  ただいま議長において指名いたしました山岸行則を新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました山岸行則が新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選いたしました。

                        〇                      



△日程第13 同意案第1号



○山岸行則議長 日程第13、同意案第1号上越市監査委員の選任についてを議題といたします。

  本件に関し、地方自治法第117条の規定により、滝沢逸男議員が除斥の対象となりますので、一時御退席願います。

               〔滝 沢 逸 男 議 員 退 席〕



○山岸行則議長 提出者の説明を求めます。

  木浦正幸市長。

                  〔市  長  登  壇〕



◎木浦正幸市長 本日ここに平成20年第3回市議会臨時会を招集し、提案いたしました案件につきまして、その理由を御説明申し上げます。

  同意案第1号は、上越市監査委員の選任についてであります。

  議員のうちから選任いたしました上越市監査委員、内山米六氏の任期満了に伴い、その後任として滝沢逸男氏を選任したいので、地方自治法第196条第1項前段の規定により、議会の同意を求めるものであります。

  以上、提案理由を申し上げましたが、慎重御審議の上、速やかに御賛同くださるようお願い申し上げます。



○山岸行則議長 これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 質疑はないものと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております同意案第1号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、同意案第1号は委員会の付託を省略することに決しました。

  これより討論に入ります。

  討論はありませんか。

                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 討論なしと認めます。

  これより同意案第1号を採決いたします。

  本案はこれに同意することに賛成の方の起立を求めます。

                   〔賛 成 者 起 立〕



○山岸行則議長 起立多数であります。

  よって、本案はこれに同意することに決しました。

  先刻退席願いました滝沢逸男議員の除斥を解除いたします。

               〔滝 沢 逸 男 議 員 復 席〕

                        〇                      



△日程第14 閉会中の所管事務調査について



○山岸行則議長 日程第14、閉会中の所管事務調査についてを議題といたします。

  本日付をもって議会運営委員長及び各常任委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付してあります文書のとおりそれぞれ申し出がありました。

  お諮りいたします。

  閉会中の所管事務調査について、議会運営委員長及び各常任委員長からの申し出のとおり決することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、閉会中の所管事務調査については、それぞれ申し出のとおり決しました。

                        〇                      



△日程第15 議席の一部変更について



○山岸行則議長 日程第15、議席の一部変更についてを議題といたします。

  先刻の議長選挙に伴い、議席の一部を変更いたしたいと思います。

  その議席番号及び氏名を事務局長に朗読させます。



◎片岡明議会事務局長 それでは、朗読いたします。

  36番、森田貞一議員、37番、小林克美議員、38番、石平春彦議員、39番、栗田英明議員、40番、岩崎哲夫議員、41番、古澤弘議員、42番、大島武雄議員、43番、近藤彰治議員、44番、本城文夫議員、45番、佐藤敏議員、46番、水澤弘行議員、47番、小林章吾議員、48番、山岸行則議員。

  以上でございます。



○山岸行則議長 お諮りいたします。

  ただいま朗読したとおり議席の一部を変更することに御異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山岸行則議長 御異議なしと認めます。

  よって、ただいま朗読したとおり議席の一部を変更することに決しました。

  以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

  木浦正幸市長。

                  〔市  長  登  壇〕



◎木浦正幸市長 このたびの市議会議員の一般選挙におきまして、当選を果たされました皆様に心からお祝いを申し上げたいと思います。

  議会と行政は、互いにこれからの市政を牽引する車の両輪であります。このことから、議会の皆様とは議論を重ね、相互理解を深めつつ、市政の運営に邁進してまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げたいと思います。

  さて、私は市長に就任して以来、当市が有するさまざまな地域資源や交通の要衝としての優位性を最大限に生かし、自主自立のまちづくりの実現に向け、心血を注いでまいりました。昨年12月には第5次総合計画を改定し、将来都市像に「海に山に大地に 学びと出会いが織りなす 共生・創造都市 上越」を掲げ、新しい一歩を踏み出したところであり、本年3月には当市における自治の最高規範として自治基本条例を制定させていただいたところであります。今後もトキめき新潟国体のリハーサル大会の開催を初め、来年の国体本大会の開催やNHK大河ドラマ「天地人」の放送、平成26年度末の北陸新幹線の開業などを当市のさらなる発展の絶好の機会ととらえ、議会の皆様とともに上越市の限りない発展と新しい時代にふさわしい自治体の創造に全力で取り組んでまいる所存であります。

  議員各位の特段の御理解と御協力を心からお願い申し上げまして、一言のごあいさつとさせていただきます。何とぞよろしくお願い申し上げます。



○山岸行則議長 これにて平成20年第3回上越市議会臨時会を閉会いたします。

                                      午後0時28分 閉会