議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 妙高市

平成17年  9月定例会(第6回) 09月01日−議案説明、質疑、委員会付託−01号




平成17年  9月定例会(第6回) − 09月01日−議案説明、質疑、委員会付託−01号







平成17年  9月定例会(第6回)





         平成17年第6回妙高市議会定例会会議録(第1日)


                     平成17年9月1日(木曜日)


                            議事日程 第1号  午前10時00分 開 議


 第 1  会議録署名議員の指名

 第 2  会期の決定

 第 3  諸般の報告

 第 4  報告第13号〜報告第14号

 第 5  議案第102号〜議案第106号

 第 6  議案第107号〜議案第109号

 第 7  議案第110号

 第 8  議案第111号

 第 9  議案第112号〜議案第114号

 第10  議案第115号〜議案第126号

 第11  議案第127号〜議案第142号

本日の会議に付した事件

 日程第 1  会議録署名議員の指名

 日程第 2  会期の決定

 日程第 3  諸般の報告
          *現金出納例月検査の結果報告について
             平成17年度6月末、7月末現在
          *新潟県市議会議長会秋季定期総会開催概要

 日程第 4  報告第 13号 専決処分の承認について
                平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第5号)
        報告第 14号 専決処分の承認について
                新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について

 日程第 5  議案第102号 妙高市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例議定について
        議案第103号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定について
        議案第104号 妙高市手数料条例の一部を改正する条例議定について
        議案第105号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について
        議案第106号 妙高市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例議定について

 日程第 6  議案第107号 市道の廃止について
        議案第108号 市道の認定について
        議案第109号 市道の変更認定について

 日程第 7  議案第110号 指定管理者の指定について

 日程第 8  議案第111号 上越地方広域事務組合規約の変更について

 日程第 9  議案第112号 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第6号)
        議案第113号 平成17年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
        議案第114号 平成17年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)

 日程第10  議案第115号 平成16年度新潟県新井市一般会計歳入歳出決算認定について
        議案第116号 平成16年度新潟県新井市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第117号 平成16年度新潟県新井市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第118号 平成16年度新潟県新井市休日急患診療所事業特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第119号 平成16年度新潟県新井市水原診療所事業特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第120号 平成16年度新潟県新井市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第121号 平成16年度新潟県新井市高柳工場団地開発事業特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第122号 平成16年度新潟県新井市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第123号 平成16年度新潟県新井市ガス事業会計決算認定について
        議案第124号 平成16年度新潟県新井市水道事業会計決算認定について
        議案第125号 平成16年度新潟県新井市公共下水道事業会計決算認定について
        議案第126号 平成16年度新潟県新井市農業集落排水事業会計決算認定について

 日程第11  議案第127号 平成16年度妙高高原町一般会計歳入歳出決算認定について
        議案第128号 平成16年度妙高高原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第129号 平成16年度妙高高原町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第130号 平成16年度妙高高原町観光事業特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第131号 平成16年度妙高高原町杉野沢財産区特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第132号 平成16年度妙高高原町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第133号 平成16年度妙高高原町ガス事業会計決算認定について
        議案第134号 平成16年度妙高高原町上水道事業会計決算認定について
        議案第135号 平成16年度妙高高原町下水道事業会計決算認定について
        議案第136号 平成16年度妙高村一般会計歳入歳出決算認定について 
        議案第137号 平成16年度妙高村国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第138号 平成16年度妙高村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第139号 平成16年度妙高村老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第140号 平成16年度妙高村介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
        議案第141号 平成16年度妙高村公共下水道事業会計決算認定について
        議案第142号 平成16年度妙高村農業集落排水事業会計決算認定について

 日程第12  議案第145号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


出席議員(29名)
   1 番   深  石  和  栄
   2 番   間  島  英  夫
   3 番   丸  山  喜 一 郎
   4 番   樋  口  次  夫
   5 番   長  尾  賢  司
   6 番   尾  ?     博
   7 番   吉  住  安  夫
   8 番   丸  山  與 一 郎
   9 番   豊  岡  賢  二
  10 番   水  野  文  雄
  11 番   下  鳥  美 知 子
  12 番   安  原  義  之
  13 番   渡  辺  幹  衛
  14 番   荒  川  忠  静
  15 番   作  林  一  郎
  16 番   堀  川     勇
  17 番   佐  藤  栄  一
  18 番   丸  山  義  忠
  19 番   植  木     茂
  20 番   堀     謙  三
  21 番   望  月  幸  雄
  22 番   関  口  正  男
  23 番   佐  藤  光  雄
  24 番   宮  澤  一  照
  25 番   山  川  久  子
  26 番   北  村  正  春
  27 番   山  川  香  一
  28 番   望  月     弘
  29 番   後  藤     求


説明のため出席した者
  市     長   入  村     明
  収  入  役   引  場  良  男
  総 務 課 長   市  川  達  孝
  企 画 政策課長   今  井     徹
  財 務 課 長   塚  田  克  己
  建 設 課 長   豊  田     繁
  農 林 課 長   恩  田  義  男
  商 工 振興課長   尾  島  隆  司
  観 光 交流課長   引  場  弘  行
  環 境 生活課長   片  所  慎  治
  税 務 課 長   堀  川     勇
  市 民 課 長   木  賀  総  次
  健 康 福祉課長   手  塚  治  雄
  ガス上下水道局長  大  野  俊  雄
  教  育  長   白  川  昭  夫
  子育て支援課長   小  島  武  夫
  学 校 教育課長   倉  俣  芳  明
  生 涯 学習課長   倉  石  義  行
  妙高高原支所長   駒  村  一  久
  妙 高 支 所 長   藤  野  正  一


職務のため出席した議会事務局の職員
  局     長   廣  瀬  恒  雄
  次     長   安  原  典  哲
  副参事庶務係長   大  野  節  子
  主     事   豊  田  勝  弘





                   午前10時00分  開 会







◎局長(廣瀬恒雄) ただいまの出席議員は29名であります。



○議長(丸山與一郎) 各位におかれましては、時節柄何かとお忙しい中御参集をいただき、厚く御礼申し上げます。

   ただいま事務局長報告のとおり、出席議員数は29名であります。よって、定足数に達しておりますので、これより平成17年第6回妙高市議会定例会を開会いたします。

   開議に先立ち、市長の招集あいさつがございます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) 本日ここに平成17年度第6回妙高市議会定例会の開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。

   朝夕は日ごとに涼しさも増し、ようやくしのぎやすい季節となってまいりましたが、議員の皆様におかれましては何かと御多忙のところを御出席いただき、厚く御礼申し上げます。

   さて、今期定例会で御審議いただきます案件は、御報告申し上げるもの2件、条例関係5件、事件議決4件、組合関係2件、17年度補正予算3件、16年度決算28件、人事案件2件、合わせて46件でございます。

   よろしく御審議の上、議決または御同意を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、招集のあいさつにかえさせていただきます。





                   午前10時02分  開 議







○議長(丸山與一郎) これより本日の会議を開きます。

   本日の議事日程については、お手元に配付のとおり進行いたしますので、御了承願います。



○議長(丸山與一郎) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において28番 望月 弘議員、29番 後藤 求議員を指名いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第2 会期の決定の件を議題といたします。

   お諮りいたします。平成17年第6回妙高市議会定例会の会期は、9月1日から9月21日までの21日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、平成17年第6回妙高市議会定例会の会期は、9月1日から9月21日までの21日間と決定いたしました。



○議長(丸山與一郎) 日程第3 諸般の報告をいたします。

   まず、監査委員から、平成17年6月及び7月末現在における現金出納例月検査の結果について報告がありましたので、その写しを配付いたしました。

   また、過日上越市において開催されました新潟県市議会議長会秋季定期総会の開催概要もあわせて配付いたしました。



○議長(丸山與一郎) 日程第4 報告第13号 専決処分の承認について 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第5号)について、報告第14号 専決処分の承認について 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、以上2件を議題といたします。

   報告を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました報告第13号及び報告第14号の専決処分2件につきまして、一括して御説明申し上げます。

   まず、報告第13号 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第5号)について申し上げます。今回の補正は、9月11日投票の衆議院議員総選挙に係る経費を計上したものであります。

   次に、報告第14号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について申し上げます。この専決処分は、9月1日の中条町と黒川村の合併により胎内市が設置され、組合を組織する地方公共団体に変更が生じたことから、規約変更の手続を専決処分したものであります。

   以上、報告第13号及び報告第14号の専決処分2件につきまして、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) ただいまの報告に対し、御質疑ございませんか。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   報告第13号及び報告第14号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、報告第13号及び報告第14号については、委員会付託を省略することに決定しました。

   お諮りいたします。報告第13号及び報告第14号については、承認することに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、報告第13号及び報告第14号の専決処分の承認については、承認することに決定いたしました。



○議長(丸山與一郎) 日程第5 議案第102号 妙高市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例議定についてから議案第106号 妙高市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例議定についてに至る、5件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第102号から議案第106号までの条例関係5件について、一括して御説明申し上げます。

   まず、議案第102号 妙高市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例議定について申し上げます。本案は、地方公務員法の改正により職員の任免や勤務条件、服務など、人事行政の運営の状況について市民に公表することにより、人事行政の公平性、透明性を確保するため条例を制定したいものであります。

   次に、議案第103号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。本案は、市民の生涯スポーツ活動や健康増進の場として設置した市内各体育施設について、使用料の時間単位を1時間から30分に改正し、利用者の利便性を高め、施設の効果的な活用を図りたいものであります。

   次に、議案第104号 妙高市手数料条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。本案は、租税特別措置法の改正に伴う引用条項の移動を内容とした改正であります。

   次に、議案第105号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。本案は、上樽本から大鹿まで運行しております市営バス樽本線につきまして、運行経路の延長と使用料の見直しを行うことにより、乗りかえの不便を解消し、利便性の向上を図りたいものであります。

   次に、議案第106号 妙高市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。本案は、妙高高原給水区域の水道水源変更に伴う変更認可申請にあわせ、実態に合った給水量及び給水人口に見直しを行いたいものであります。

   以上、議案第102号から議案第106号までの条例関係5件につきまして、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   ただいま議題となっております議案第102号、議案第103号については総務文教委員会に、議案第104号、議案第105号については建設厚生委員会に、議案第106号については産業経済委員会にそれぞれ審査を付託いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第6 議案第107号 市道の廃止についてから議案第109号 市道の変更認定についてに至る、3件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第107号 市道の廃止について、議案第108号 市道の認定について、議案第109号 市道の変更認定について、一括して御説明申し上げます。

   本案3件は、旧市町村をまたぐ市道10路線を廃止し、それらを統合して新たな5路線として認定を行うとともに、月岡防災公園及び障害者福祉施設へのアクセスのための2路線を新たに認定したいこと、また既存の県道、市道への取りつけ改良に伴う終点の変更2路線について変更認定したいものであります。

   以上、市道関係3件につきまして、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   ただいま議題となっております議案第107号から議案第109号については、建設厚生委員会に審査を付託いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第7 議案第110号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第110号 指定管理者の指定について御説明申し上げます。

   本案は、妙高市生産物直売施設、妙高山ろく直売センターについて、指定管理者による管理を行わせるため、その指定管理者の指定について、妙高市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

   以上、議案第110号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。

   渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 簡単なので、自席でお願いします。

   今の110号、有限会社妙高ファームへ指定するそれ自体は特に問題はないんですけど、一般の市民の皆さんが、農家の皆さんだと思うんですけど、その皆さんが販売をするという点については、どういう手続でこことのかかわりになるんでしょうか。



○議長(丸山與一郎) 恩田農林課長。



◎農林課長(恩田義男) お答えいたします。

   直売所の直接の管理は、この妙高ファームでございますが、その妙高ファームの下の組織としまして、地域の方々が利用組合をつくりまして、その利用組合の皆さんが施設を中心になって使うというふうな体制になっております。その利用組合でございますが、120名ほどの方が登録されていると、組合員になっているということでございます。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 利用組合の組合員になるには、全市だれでもどこでもいいんですか。いろいろ制限はあるんでしょうか。



○議長(丸山與一郎) 恩田農林課長。



◎農林課長(恩田義男) 特にございません。全市、市民であれば対象にして組合員になれるという状況であります。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) それが趣旨だと思うんですよね。それだけど、ちまたで聞くところによりますと、ここの利用組合に入っていて、また例えば「ひだなん」などのところへ入って両方、二またをかけているというか、両方へ出荷したいとか、出展したいとか、出品したいとかと、そういう人たちについては、いろいろ制約されているように聞くんですが、いかがでしょう。



○議長(丸山與一郎) 恩田農林課長。



◎農林課長(恩田義男) これから運営する直売所につきましては、そういったほかへ出しているから排除するというふうなことは考えていないということでございます。



○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   ただいま議題となっております議案第110号については、産業経済委員会に審査を付託いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第8 議案第111号 上越地方広域事務組合規約の変更についてを議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第111号 上越地方広域事務組合規約の変更について御説明申し上げます。

   本案は、組合の組織を明確にし、その運営の適正化を図るため、組合議会に市長及び助役が含まれていた組織を関係市の議会議員のみとすること、及びその任期を市議会議員の任期に合わせたいこと、また組合の執行機関の管理者及び収入役を上越市の長及び収入役をもって充て、副管理者については糸魚川市及び妙高市の長を充てる改正を行いたいものであります。

   以上、議案第111号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願いいたします。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   ただいま議題となっております議案第111号については、建設厚生委員会に審査を付託いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第9 議案第112号 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第6号)から議案第114号平成17年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)に至る、3件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第112号から議案第114号までの平成17年度新潟県妙高市各会計補正予算3件につきまして、一括して御説明申し上げます。

   まず、議案第112号、一般会計補正予算(第6号)について申し上げます。今回の補正は、新庁舎建設のための経費や、中山間地域における付加価値の高い農産物の研究に必要な機械購入のほか、国のモデル事業として地域社会全体で学校や子供の安全確保を図るため、妙高高原地域においてその体制整備に取り組むためのものであり、総額1億5959万8000円の増額補正を行うものであります。

   次に、議案第113号、国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。今回の補正は、平成16年度の医療費確定に伴う療養給付費等負担金及び交付金の精算を行うものであります。

   次に、議案第114号、介護保険特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。今回の補正は、施設介護サービスの住居費と食費を全額自己負担するという制度改正に伴う、利用者負担額の軽減制度創設のための経費などであります。

   以上、議案第112号から議案第114号までの平成17年度各会計補正予算3件につきまして、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。

   渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 13番の渡辺です。自席でお願いします。

   112号で13ページに補助金で特栽米等生産推進事業に945万円の補助金が補正されていますが、これの要件と内容についてお尋ねします。



○議長(丸山與一郎) 恩田農林課長。



◎農林課長(恩田義男) 県単事業によりまして、乾燥機を設置する者に対して補助するものでございます。特に内容的に申しますと、特別栽培米ということで減農薬、減肥料、あるいはJASによる有機米、そういったものを生産すると、それをコストを低く生産していただくために助成するものでございます。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) これ今乾燥機のお話が出たんですけど、その下ののはどうなんですか、補助金。



○議長(丸山與一郎) 恩田農林課長。



◎農林課長(恩田義男) 今申し上げたとおりですね、要するに特別栽培米等生産推進事業が事業名でございますが、内容的には今申しましたようなことで乾燥機の導入に対して補助するということでございます。

   それからですね、妙高山ろく農産物生産研究事業672万円につきましては、これは生産したカボチャについて乾燥をする乾燥機を県単事業によりまして導入するものでございます。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) この問題はまた後で聞くことにしまして、3回目ですんで。

   同じ13ページの公有財産購入の宅地造成事業があります。これまた後で全協で報告があるんだと思いますけど、これ当初予算のときも問題はあるんじゃないかというお話ししましたから、こういう処理いいんじゃないかと思うんですけど、お尋ねしたいのは松下興産の、言い方は悪いんですけど、しりぬぐいのような格好で、もとの村長が村のときにそれを引き受けたのが原因だとは思うんですけど、どこへ移しても不良資産には変わりないんじゃないかと思うんです。そういう点では、土地利用の見通しとか、それに今いろんなお話ですと、介護つき有料老人ホームの申請も何かきのう付でなされたような話も聞くんですけど、そういう点とのかかわりでは見通しはいかがなんですか。



○議長(丸山與一郎) 豊田建設課長。



◎建設課長(豊田繁) お答えします。

   宅地造成事業用地として購入したわけでございますけれども、非常に土地利用といいますか、宅地開発につきましては厳しい状況であるということで、慎重な検討も必要であると。それとあわせまして、土地開発公社から17年度から20年度の4年間で分割買い戻しを行うようにですね、今回土地開発基金で一括取得した方が金利負担が軽減される、そういったことから一応今回減額させていただいたということでございます。



○議長(丸山與一郎) 水野文雄議員。



◆10番(水野文雄) 自席でお願いいたします。

   議案第112号の関係で、13ページの国有財産購入費の関係でお尋ねいたします。赤倉温泉足湯公園隣接国有地購入費というふうになって、駐車場用地というふうに聞いておるんですけれども、国有財産の関係では緑地、公園、それから災害が発生した場合における応急措置の用に供する土地については無償貸し付けもできるし、その貸付期間の整備費用のかけ方によってはまた無償贈与の対象にもできるというふうになっているんですけれど、この辺相当高額なお金になっているんですが、その辺の経緯についてお尋ねいたします。



○議長(丸山與一郎) 引場観光交流課長。



◎観光交流課長(引場弘行) お答えします。

   足湯公園を無償で払い下げができないか、貸し付けができないかというお尋ねでございますが、国有財産法では地方公共団体、水害予防組合及び土地改良区が火葬場、墓地、ごみ処理施設などの特定目的の公共の用に供するときは、無償の貸し付けができるとの規定が掲げられておりますが、この国有地の取得後の主な利用目的は足湯公園の駐車場でございまして、この足湯公園が赤倉温泉区の所有であることからこの規定には該当せず、有償で払い下げとなったものでございます。今まで赤倉温泉におきまして足湯公園の駐車場として本土地につきましては使用させていただいたところでございますが、国より売却するとの御指導がございまして、その中で売却に向けまして、赤倉温泉の方でそれぞれ協議いたしました結果、市の方で買収していただきたいということになりました。したがいまして、市で買収させていただきまして、この国有地は公共性が高いということから市で買収後、赤倉温泉に売却いたしたく今回補正をお願いするものでございます。



○議長(丸山與一郎) 樋口次夫議員。



◆4番(樋口次夫) 13ページの公有財産購入費329万5000円、これ都市計画費の購入費から払っているけど、これどの部分を買収したのか、ちょっと説明をお願いします。



○議長(丸山與一郎) 豊田建設課長。



◎建設課長(豊田繁) ここの部分につきましては、石塚町の区画整理したところの一画を今回購入するということでございます。



○議長(丸山與一郎) 樋口次夫議員。



◆4番(樋口次夫) だから、どの部分、どの辺。石塚町といったっていっぱいあるでしょう。どの辺なの。



                   〔「すぐ、わからんかい」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 豊田建設課長。



◎建設課長(豊田繁) 石塚の区画整理をしました大体今の表通りから南の方へ入った真ん中ほどの一画です。



○議長(丸山與一郎) 樋口次夫議員。



◆4番(樋口次夫) だから、どの辺なの。真ん中部分といったって、両側は真ん中じゃないか。どの辺なんだ。はっきり言えよ。



○議長(丸山與一郎) 豊田建設課長。



◎建設課長(豊田繁) 場所としましては、石塚のですね、十字路、信号機ございますけども、そこから行きまして50メーターほどで右折する道路がございます。そこからずっと行きまして、場所的に揚石医院さんからですね、約100メートルほど離れた場所でございます。



○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   ただいま議題となっております議案第112号から議案第114号については、お手元に配付の付託一覧表のとおり、所管常任委員会に審査を付託いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第10 議案第115号 平成16年度新潟県新井市一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第126号 平成16年度新潟県新井市農業集落排水事業会計決算認定についてに至る、12件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第115号から議案第126号までの平成16年度新潟県新井市各会計歳入歳出決算認定12件について、一括して御説明申し上げます。

   なお、各会計の決算状況や主要な施策の成果につきまして、資料を配付しておりますので、ここでは極めて概括的に説明させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

   平成16年度の国家予算は、行財政改革を断行すべく歳出全般の徹底した見直しにより、前年度比横ばいとなりましたが、地方財政計画においては国の三位一体改革及び総額抑制の方針を受け、前年度比マイナスの規模となり、厳しい財政環境に置かれることとなりました。こうした状況を踏まえ、当市においては新たな発想とゼロからのスタートを基本理念に健全財政の確保、全事業の再構築、内部努力による徹底した歳出削減を図り、一般会計予算総額は162億4500万円、前年度比3.0%減の緊縮型予算となりましたが、効果的、効率的な行政運営に努めました。

   さらに、合併に向けた取り組みとしては、5月27日に合併協定調印式を挙行し、6月定例議会の議決を経て10月26日付での官報告示が行われ、新妙高市が誕生に向けて準備を進めました。

   それでは、まず議案第115号の一般会計について御説明申し上げます。歳入総額は177億6147万7000円、歳出総額は173億6874万8000円となり、実質収支では3億8267万円の黒字となりました。その主なものについて申し上げますと、まず歳入ですが、総額では前年度比0.8%の増となりましたが、市税は固定資産税の大幅な減収により前年度比10.2%減、地方交付税は災害被災地への重点配分などにより、前年度比1.8%の減となりました。

   次に、歳出ですが、総務費では新庁舎の建設のための基本構想策定や生命地域の創造に向けた地域再生計画の認定を受けたほか、自然保護や交流基盤の整備に向けた妙高山麓ゆめ基金の設置などを行いました。

   民生費では、筋力トレーニングによる高齢者の介護予防への取り組みや子育て支援のための子育て広場、放課後児童クラブについてNPOによる運営を行いました。

   衛生費では、未来を担う子供たちの環境教育に取り組むとともに、ごみの資源化、減量化に努め、総量、可燃物量を前年度に比べ減量することができました。

   農林水産業費では、都市と農村の交流を推進するため、耕作放棄農地の体験フィールドとしての整備や板橋区との交流などを実施したほか、南部地域活性化のため農産物加工施設の整備などへの補助を行いました。

   商工費では、生命地域実現に向けた無農薬栽培企業を誘致したほか、自立的な地域経済の発展を目指したサテライト妙高の設置について、国の設置許可を得ました。

   土木費では、朝日町住宅の完成のほか、ETC専用新井インターチェンジの恒久設置に向けた署名活動やイベント開催などに取り組みました。

   教育費では、新井南小学校のグラウンド及び屋外環境整備を行ったほか、平丸小学校については教育環境の改善を図るため、新井南小学校へ統合しました。

   以上が主要な事業の成果であります。これらにつきましては、市民各位を初め、議員の皆様方の多大な御理解と御協力のたまものであり、厚く御礼申し上げます。

   続きまして、その他の各会計決算状況について申し上げます。

   まず、議案第116号、国民健康保険特別会計は、被保険者の健康増進と医療費の適正化に努め、保険事業の安定化を図った結果、事業勘定は歳入歳出差し引き6644万1000円の黒字となりました。また、平丸診療所の直営診療施設勘定は、歳入歳出ともに655万9000円の決算となりました。

   次に、議案第117号、老人保健特別会計ですが、老人保健法に基づく適正な医療給付に努めた結果、歳入歳出差し引き106万8000円の黒字となりました。

   次に、議案第118号、休日急患診療所事業特別会計ですが、市民のニーズに対応した休日の応急医療体制の運営に努めた結果、歳入歳出決算差し引き602万1000円の黒字となりました。

   次に、議案第119号、水原診療所事業特別会計ですが、先生の死去により休診となり、年度末をもって診療所を廃止いたしました。決算額は歳入歳出とも5万9000円となりました。

   次に、議案第120号、簡易水道事業特別会計ですが、四つの簡易水道の運営経費であり、歳入歳出差し引き48万8000円の黒字となりました。

   次に、議案第121号、高柳工場団地開発事業特別会計ですが、事業用地借地制度の利用により市内企業の進出が決定いたしました。決算額は歳入歳出差し引き2000円の黒字となりました。

   次に、議案第122号、介護保険特別会計ですが、社会全体で支える介護の実現に向け、利用者本位の介護サービスが提供されるよう努め、歳入歳出差し引き1589万5000円の黒字となりました。

   次に、議案第123号、ガス事業会計ですが、都市ガスを安定して供給するため導管網の整備とともに、白ガス管の入れかえなど保安対策の強化を図りました。経営状況につきましては、家庭用のガス需要が伸び悩み、売り上げが減少しましたが、経常経費の節減や原料ガスの購入価格の引き下げなどにより、当年度純利益は2917万1000円の黒字決算となりました。

   次に、議案第124号、水道事業会計ですが、新たに志浄水場に油分計を設置したほか、石綿セメント管の入れかえや、水上地区では農業集落排水事業とあわせて配水管を民地から公道へ移設するなど、施設整備に努めました。経営状況につきましては、給水量の減少や資本費の増加を初め、柿崎川ダムの供用開始に伴う受水費の増大など収益的収支の赤字が見込まれ、平成16年5月分料金から平均7.4%の料金改定を行った結果、当年度純利益2813万円の黒字決算となりました。

   次に、議案第125号、公共下水道事業会計ですが、新井浄化センターの改築診断調査を実施したほか、鳥坂地区や矢代地区の管渠整備などを行うとともに、整備済み地域での水洗化の促進に努めました。経営状況では、接続件数の増加や経常経費の削減に努めるとともに、平成16年5月分使用料から平均14.1%の下水道使用料改定を行いましたが、建設投資による支払利息や減価償却費等により、当年度純損失は2億120万2000円の赤字決算となりました。

   次に、議案第126号、農業集落排水事業会計ですが、平成17年度完成予定の水上地区及び平成16年度事業着手した矢代西部地区の管渠整備を進めるとともに、各戸訪問による水洗化の促進に努めました。経営状況では、接続件数は増加しているものの依然として厳しい経営環境にあり、平成16年5月分使用料から平均14.1%の料金改定を行いましたが、当年度純損失は9050万4000円の赤字決算になりました。

   以上、議案第115号から議案第126号までの平成16年度新井市各会計12件について、一括して御説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) お諮りいたします。

   ただいま議題となっております議案第115号から議案第126号に至る平成16年度新井市各会計決算12件については、議長を除く28人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、ただいま議題となっております議案第115号から議案第126号に至る平成16年度新井市各会計決算12件については、議長を除く28人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに審査を付託することに決定いたしました。

   議事整理のため、しばらく休憩いたします。





                   午前10時42分  休 憩

                   午前10時44分  開 議







○議長(丸山與一郎) 休憩を解いて会議を続けます。

   決算特別委員会の正・副委員長互選の結果、委員長には堀川 勇議員、副委員長には間島英夫議員が互選された旨連絡がありましたので、御報告申し上げます。



○議長(丸山與一郎) 日程第11 議案第127号 平成16年度妙高高原町一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第142号 平成16年度妙高村農業集落排水事業会計決算認定についてに至る、16件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第127号から議案第142号までの平成16年度妙高高原町及び妙高村各会計歳入歳出決算認定16件について、一括して御説明申し上げます。

   なお、新井市と同様に各会計の決算状況や主要な施策の成果につきましては、資料を配付しておりますので、極めて概括的に説明申し上げます。なお、町村については、合併に伴い3月末をもって打ち切り決算となっております。

   それでは、まず議案第127号、妙高高原町一般会計について御説明申し上げます。歳入総額は39億9340万4000円、歳出総額は38億9944万8000円で差し引き9395万6000円の黒字となりました。その主な内容ですが、歳入は総額で前年度比6.2%増、町税では滞納整理の努力により全体で前年度比9.2%の増、地方交付税は普通交付税の増により前年度比2.7%の増となりました。

   次に、歳出ですが、総務費では合併に伴う電算システムの統合や戸籍事務の電子化、民生費では特別養護老人ホーム建設費の負担、衛生費では上水道事業会計の累積赤字解消と水質改善工事費のための繰り出し、農林水産業費では中セキ川の改修、商工費では笹ケ峰乙見湖休憩舎建設、土木費では町道維持、下水道事業会計への繰り出し、教育費ではスポーツ公園内の野球場、グラウンド、トイレの改修などを行いました。

   続きまして、その他各会計決算状況について申し上げます。

   まず、議案第128号、国民健康保険特別会計ですが、人間ドックの検査料補助など医療費の適正化対策を行い、歳入歳出差し引き2529万6000円の黒字となりました。

   次に、議案第129号、老人保健特別会計ですが、1人当たりの総医療費は前年度に比べ減少となり、歳入歳出差し引き988万9000円の黒字となりました。

   次に、議案第130号、観光事業特別会計ですが、自然環境に配慮した自然浄化式汚水処理による高谷池野営場トイレを建設し、歳入歳出とも8829万5000円となりました。

   次に、議案第131号、杉野沢財産区特別会計ですが、財産区有地の適切な維持管理に努め、歳入歳出差し引き164万1000円の黒字となりました。

   次に、議案第132号、介護保険特別会計ですが、要支援・要介護認定者は前年度比7.1%増となり、歳入歳出差し引き5715万9000円の黒字となりました。

   次に、議案第133号、ガス事業会計ですが、建設工事ではガス供給所受け入れ計装設備の更新や中圧送出用ガバナー改造工事など供給設備の更新を行いました。経営状況につきましては、経営の低迷により寮・保養所の閉鎖等により売り上げが減少したほか、これまでの投資に対する支払利息や減価償却費等の固定経費の増大により収益的収支が赤字のため、平成17年1月分料金から平均14.77%の料金改定を行いました。また、過年度分の減価償却費の未計上について一般会計から1億3737万4000円の繰り入れを受けたことにより、当年度純利益1億1693万7000円の黒字決算となりました。

   次に、議案第134号、上水道事業会計ですが、減圧弁の交換工事を初め、水源対策の調査や送水ポンプ施設等実施設計委託などを行いました。経営状況につきましては、ガス事業と同様に収益的収支が赤字のため、平成16年6月分料金から平均11.26%の料金改定を行いました。また、過年度分の減価償却費の未計上について一般会計から3590万2000円の繰り入れを受けたことにより、当年度純利益4973万1000円の黒字決算となりました。

   次に、議案第135号、下水道事業会計ですが、赤倉浄化センターの中央監視制御装置を更新したほか、池の平地区の水洗化の促進に努めました。経営状況では、景気の低迷により事業用使用料の減少を初め、建設投資による支払利息や減価償却費等により、当年度純損失は5504万4000円の赤字決算となりました。

   続きまして、議案第136号、妙高村一般会計について御説明申し上げます。歳入総額は39億6679万1000円で、歳出総額は40億9684万3000円で1億3005万2000円の赤字となりました。これは、一部国・県支出金や起債が妙高市に引き継がれたためであり、これを加えた収支は黒字となります。

   その主な内容ですが、歳入は総額で前年度比1.0%の増、村税は個人村民税の一部が妙高市へ引き継がれたことなどにより全体で前年度比1.0%の減、地方交付税は前年度比5.5%の減となりました。

   次に、歳出ですが、総務費では村制施行50周年記念誌の全戸配布や森の音楽会など記念イベントの実施、民生費ではデイ・サービスの特殊浴槽と入浴装置の更新、衛生費では乳幼児医療の通院費助成の未就学時までの拡大、農林水産業費では直売所建設に向けた実施設計や用地購入、商工費では登山道整備や燕温泉野天ぶろ「黄金の湯」修繕補助、土木費では坂口柏木原線新設工事・改良工事、消防費では防災行政無線施設の更新、教育費では教育環境の整備・充実のため3小学校の統合などを行いました。

   続きまして、その他の会計決算状況について申し上げます。

   まず、議案第137号、国民健康保険特別会計ですが、保険給付費は前年度比3.0%の増となり、歳入歳出差し引き4279万1000円の黒字となりました。

   次に、議案第138号、簡易水道事業特別会計ですが、小規模水道の統合整備として坂口新田簡易水道を妙高簡易水道に統合し、歳入歳出差し引き1億2815万4000円の赤字決算となりましたが、これは起債が妙高市へ引き継がれたためであります。

   次に、議案第139号、老人保健特別会計ですが、対象者、受診件数の減により総医療費は5.9%の減となり、歳入歳出差し引き1653万4000円の黒字となりました。

   次に、議案第140号、介護保険特別会計ですが、要支援・要介護認定者は前年度比16.3%増となり、歳入歳出差し引き4071万8000円の黒字決算となりました。

   次に、議案第141号、公共下水道事業会計ですが、大洞原地内の管渠整備や坂口新田地内での路面復旧工事などを実施するとともに、未接続地帯への水洗化を促進しました。経営状況では、接続件数の増加に伴い使用料収入はふえたものの、建設投資による支払利息や減価償却費等により、当年度純損失は6756万4000円の赤字決算となりました。

   次に、議案第142号、農業集落排水事業会計ですが、平成17年度の供用開始を目指して坂下新田、中原新田、岡新田、橋本新田、大鹿地内の管渠網整備を進めたほか、中島新田地内で処理場建設を実施いたしました。経営状況では、供用開始を前に必要最小限の費用の支出に努め、当年度純損失は7264万6000円の赤字決算となりました。

   以上、議案第127号から議案第142号までの平成16年度妙高高原町及び妙高村各会計16件について、一括して御説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) お諮りいたします。

   ただいま議題となっております議案第127号から議案第142号に至る平成16年度妙高高原町及び妙高村の各会計決算16件については、議長を除く28人の委員をもって構成する決算特別委員会に審査を付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、ただいま議題となっております議案第127号から議案第142号に至る平成16年度妙高高原町及び妙高村の各会計決算16件については、議長を除く28人の委員をもって構成する決算特別委員会に審査を付託することに決定いたしました。



○議長(丸山與一郎) お諮りいたします。

   ただいま市長から議案第145号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてが提出されました。この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、この際議案第145号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。



○議長(丸山與一郎) 日程第12 議案第145号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第145号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、御説明申し上げます。

   本案は、10月1日に南魚沼市と塩沢町が合併することに伴い、組合を組織する地方公共団体に変更が生じることから、規約の変更について議決を求めるものであります。

   以上、議案第145号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

   これより議案第145号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを採決いたします。

   本案は原案のとおり決するに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案は原案のとおり可決されました。



○議長(丸山與一郎) 本日は、これにて散会いたします。

   どうも御苦労さまでした。





                   午前11時04分  散 会