議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 妙高市

平成21年 10月臨時会(第10回) 10月23日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成21年 10月臨時会(第10回) − 10月23日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成21年 10月臨時会(第10回)





         平成21年第10回妙高市議会臨時会会議録(第1日)


                     平成21年10月23日(金曜日)


                            議事日程 第1号  午後 2時00分 開 議


 第 1  会議録署名議員の指名

 第 2  会期の決定

 第 3  諸般の報告

 第 4  政治倫理調査特別委員会調査報告

 第 5  議案第92号

本日の会議に付した事件

 日程第 1  会議録署名議員の指名                                   

 日程第 2  会期の決定                                        

 日程第 3  諸般の報告                                        
          *現金出納例月検査の結果報告について                         
             平成21年8月末現在                              

 日程第 4  政治倫理調査特別委員会調査報告                              

 日程第 5  議案第92号 平成21年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第7号)             


出席議員(22名)
   1 番   ?  田  保  則
   2 番   田  中  一  勇
   4 番   望  月  幸  雄
   5 番   横  尾  祐  子
   6 番   塚  田  克  己
   7 番   佐  藤  栄  一
   8 番   山  川  香  一
   9 番   作  林  一  郎
  10 番   関  根  正  明
  11 番   望  月     弘
  12 番   長  尾  賢  司
  13 番   吉  住  安  夫
  14 番   豊  岡  賢  二
  15 番   丸  山  喜 一 郎
  16 番   安  原  義  之
  17 番   霜  鳥  榮  之
  18 番   佐  藤  光  雄
  19 番   水  野  文  雄
  20 番   下  鳥  美 知 子
  21 番   宮  澤  一  照
  22 番   間  島  英  夫
  23 番   渡  辺  幹  衛


欠席議員 なし


欠  員 1名


説明のため出席した者
 市     長   入  村     明
 副  市  長   引  場  良  男
 総 務 課 長   尾  島  隆  司
 企 画 政策課長   池  田     弘
 財 務 課 長   今  井     徹
 環 境 生活課長   引  場  弘  行
 健 康 福祉課長   西  澤  澄  男
 教  育  長   濁  川  明  男
 こども教育課長   丸  山  敏  夫


職務のため出席した議会事務局の職員
 局     長   笠  原  陽  一
 庶 務 係 長   阿  部  光  洋
 主     事   豊  田  勝  弘





                                                    

                   午後 2時00分  開 会



◎局長(笠原陽一) ただいまの出席議員は22名であります。



○議長(佐藤栄一) ただいま事務局長報告のとおり、出席議員数は22名であります。よって、定足数に達しておりますので、これより平成21年第10回妙高市議会臨時会を開会します。

   開議に先立ち、市長より招集あいさつの申し出がありますので、これを許します。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 本日ここに平成21年第10回妙高市議会臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

   木の葉も色づき始め、秋の深まりを感ずるこのごろ、議員の皆様におかれましては、何かと御多忙のところ、さきの臨時議会に引き続き御出席いただき、厚く御礼申し上げます。

   さて、今期臨時会で御審議いただきます案件は、平成21年度補正予算1件でございます。よろしく御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、招集のあいさつにかえさせていただきます。

                                                    

                   午後 2時01分  開 議



○議長(佐藤栄一) これより本日の会議を開きます。

   本日の議事日程については、お手元に配付のとおり進行しますので、御了承願います。

                                                    



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐藤栄一) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において16番 安原義之議員、17番 霜鳥榮之議員を指名します。

                                                    



△日程第2 会期の決定



○議長(佐藤栄一) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。

   お諮りします。今臨時会の会期は、10月23日の1日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   会期は1日間と決定しました。

                                                    



△日程第3 諸般の報告

         *現金出納例月検査の結果報告について

            平成21年8月末現在



○議長(佐藤栄一) 日程第3 諸般の報告をします。

   監査委員から平成21年8月末現在における現金出納例月検査の結果の報告がありましたので、その写しを配付しました。

                                                    



△日程第4 政治倫理調査特別委員会調査報告



○議長(佐藤栄一) 日程第4 政治倫理調査特別委員会調査報告を行います。

   政治倫理調査特別委員会に付託した件について、調査結果の報告の申し出がありますので、許可します。政治倫理調査特別委員会、下鳥美知子委員長。

                   〔20番  下鳥美知子 登 壇〕



◆20番(下鳥美知子) 政治倫理調査特別委員会委員長、下鳥美知子であります。本委員会に付託の事件についての調査結果を妙高市議会議員政治倫理条例第8条第1項の規定により、報告いたします。

   1、調査事件、妙高市議会議員政治倫理条例第5条の規定に基づく調査請求に対する調査、調査請求の内容、新井中央小学校において、女性教諭に対し、暴言するなど適正を欠いた行為の疑いについて。対象議員、水野文雄議員。

   2、調査の経過、委員会開催日、平成21年10月6日火曜、内容、本会議において政治倫理調査特別委員会設置。特別委員会における今後の日程や調査方法などについて協議。教育長からの聞き取り調査。対象議員からは全員協議会と臨時会の際に発言済みなので、それ以上のことは言うことはないとのことで聞き取り調査等はできなかった。

   平成21年10月10日土曜、教育長から今までの経過報告、市民、教育関係者等からの意見、要望、申し入れ等の確認。対象議員に対する今後の聞き取り調査に関する協議。

   平成21年10月14日水曜、教育長からの修正報告及び聞き取り調査。対象議員に対する聞き取り調査、弁明。特別委員会としての意見について協議。

   平成21年10月22日木曜、報告書の確認。

   3、結果及び概況(意見)、平成21年9月30日午後8時40分ごろから妙高市立新井中央小学校内で起きた事案について、妙高市議会議員政治倫理条例に基づき調査を行った。教育長からは、当日の事実関係(やりとり)について報告を受け、2度にわたり聞き取り調査を行った。対象議員からは、10月1日の全員協議会と10月6日の臨時会の際に発言済みなので、それ以上のことは言うことはないとのことで、10月6日においては聞き取り調査等はできなかった。10月10日の委員会での協議により、対象議員からの聴取が必要と判断し、対象議員に事実確認事項を事前に通知し、弁明も含め聞き取り調査を実施することとした。その結果、10月14日の委員会での聞き取り調査に対して、対象議員の回答は、これ以上先生や学校に迷惑をかけたくないという理由で、肯定も否定もしないというものであった。

   なお、酒に酔って学校へ入り、さらに土足で上がり込み、女性教諭に対して暴言を発した行為等については、10月1日の全員協議会及び10月6日の臨時会において議員自身も認めているところである。このたびの行為は、?新井中央小学校内で起きたこと、?酒に酔っての行動であること、?土足で上がり込んだこと、?暴言を発していること、?女性教諭は厳しい叱責を受けて、精神的なショックを受けていること、?学校や教育現場に不安と混乱を招いたこと、?市民や教育関係者等から対象議員の行為に対する厳しい措置を求める抗議が殺到していること、以上のことから妙高市議会議員政治倫理条例第3条第1号の政治倫理基準、市民全体の代表者として、その品位及び名誉を損なうような行為を慎みという遵守事項に著しく違反していると判断する。

   よって、政治倫理調査特別委員会の意見については、全会一致で次のとおりとする。

   意見、水野文雄議員は、妙高市議会議員政治倫理条例施行規程第6条の措置のうち、第5号による辞職が相当である。

   以上であります。



○議長(佐藤栄一) ただいまの委員長報告に対し、何か御質疑等ありませんか。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 特段御発言等ありませんので、以上で委員長報告とします。

   お諮りします。政治倫理調査特別委員会は、委員長報告のとおりその目的を達成したことから、委員会を廃止したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、政治倫理調査特別委員会はこれを廃止することに決定しました。

                                                    



△日程第5 議案第92号 平成21年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第7号)



○議長(佐藤栄一) 日程第5 議案第92号 平成21年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第7号)を議題とします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第92号 平成21年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第7号)について御説明申し上げます。

   今回の補正は、政府の新型インフルエンザ対策本部において、新型インフルエンザワクチン接種の基本方針が決定されたことに伴い、ワクチン接種費用の助成等を内容とする総額2551万1000円の増額補正を行いたいものであります。

   まず、歳出ですが、国は新型インフルエンザに罹患することにより、死亡や重症化のリスクが高い方を優先的にワクチン接種する考え方を示すとともに、市町村が低所得者の接種費用を助成する措置に対し、財政支援を行うこととしたところであります。市では、国の制度に基づき低所得の優先接種対象者の接種費用の全額を減免するとともに、市民への感染拡大を防ぐことと、また子育て世帯への経済支援を図るため、市独自の対策として妊婦及び1歳未満の子供の保護者等、さらに1歳から小学校6年生までの子供たちを対象に、接種費用の2分の1相当額を助成したいものであります。

   なお、市独自対策については、妊婦を除く1歳未満の小児の保護者及び1歳から小学校6年生までの子供たちについては、所得制限を設け、児童手当の受給世帯に属する方を対象に助成するものであります。

   次に、歳入ですが、国庫支出金と県支出金は低所得者の新型インフルエンザワクチン接種費用の助成見込み額にあわせ、国と県の負担分を補正するものであり、繰越金は今回の補正財源として計上したものであります。また、諸収入のバス運行費補助金返納金は、市民生活に必要なバス路線の維持のため、市が路線バス事業者に交付する補助金について、平成17年度から19年度までの交付申請の内容に一部誤りが判明し、補助金の返納が生じたことから補正するものであります。

   以上、議案第92号 平成21年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第7号)について御説明申し上げました。よろしく御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄一) これより質疑を行います。

   渡辺幹衛議員。



◆23番(渡辺幹衛) 23番の渡辺です。自席でお願いいたします。

   今のインフルエンザワクチンの接種の議案につきまして、二、三お尋ねします。新聞報道では、大都市、地方都市でも新潟等では非常に猛威を振るっているといいますか、小学校等の学級閉鎖も多くなっている。幸いにも妙高市では予防が徹底しているのか、小康状態だという担当の説明でしたけど、それでこのワクチンは季節性もそうですけど、一斉に多くの人たちがするということで、その効果が発揮できるんじゃないかと思うんですが、それにしては負担額が2回になるか、1回になるかいろいろ論議もまだ決まっていない部分もあるようですけど、6,150円ですから、非常に高いわけ、特に子育て支援で助成制度ができた。これは非常に評価できるわけでありますけど、それにしても当面医者へ行くには3人子供いれば2万円くらいのお金を持っていかなくちゃいけない、そういう状態で、これは後で請求する償還の方式をとるようですけど、窓口で差額だけ納めるというやり方がとれれば非常に支援が具体的に生きてくるんじゃないかと思いますが、そういう点ではどのようなお考えですか。



○議長(佐藤栄一) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(西澤澄男) お答えをさせていただきます。

   今の低所得者並びに児童等の世帯の所得の負担の軽減ということで、今議員さんのお話のありました受領委任ということで、その場では差額だけ払うという方法については、当課といたしましてもいろいろ検討したところでございます。ただ、これにつきましては、上越医師会等々の関係もございまして、低所得者対策につきましては、上越市、妙高市両方が同じような取り組みで進めさせていただきますので、医師会との調整のもと、その場では何も払わなくていいと、市町村が発行する受診券を持って、そこで打っていただければお金の負担はないわけでございますが、今回の市単独の取り組みにつきましては、妙高市だけでございます。今のところ上越市はまだやりないという状況の中で、各医療機関の負担等があるということで、医師会のほうではやっぱり償還払いの方法をとってくれということでございましたので、御理解をお願いしたいというふうに思っております。



○議長(佐藤栄一) 渡辺幹衛議員。



◆23番(渡辺幹衛) 聞くところによりますと、この25日に隣の上越市では市長選挙が行われまして、いずれにしても新しい市長が誕生する。その中で、どういう方向が出るかというのも模様眺めのものもあるようなお話もお聞きするんですけど、そういう点ではぜひ共同歩調がとれるような積極的な働きかけをしていただきたい。それとあわせまして、休日診療等のときもありましたけど、上越医師会に断られればとか、素直に受けてもらわなければ一切がだめだみたいな格好にならないように、医師会の皆さんだって非常に労務が多くなるという点は理解できないことはないんですけど、こういう非常時だということと、あわせまして皆さんがふだんから医師会の皆さんと対等な信頼関係を築くように努力されることが大事じゃないかと思います。あわせてお尋ねしておきます。



○議長(佐藤栄一) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(西澤澄男) 上越市の対応につきましては、これからそういう動きがあれば、向こうと歩調を合わせて、また医師会と話ししながら、受領委任の方向に持っていければ、そういう形で話をさせていただきたいというふうに思っています。

   また、医師会さんにつきましても、基本的には市町村の内容を十分承知していただいて、いろいろ御協力をいただいているところでございます。ただ、御承知のとおり今非常に季節性インフルエンザ等の接種が非常に多いということで、各医療機関の事務局についても相当高齢者の医療費の申請等ありますので、そういう面では先ほど議員さんのお話のあったとおり、事務方のほうでなかなかその対応ができないという状況も理解できますので、その辺またこれからもいろいろ調整を図りながら、市民がより負担が軽くて済むような取り組みを進めてまいりたいというふうに思っております。



○議長(佐藤栄一) 渡辺幹衛議員。



◆23番(渡辺幹衛) ぜひ今の答弁の内容で進めていただきたいとお願いしておきます。

   それで、もう一点お尋ねしたいんですけど、これは先ほども非常にいい制度だという評価をしたんですけど、子育て支援という格好で2分の1助成する。今まで季節性のインフルエンザワクチンについては、その効果が明らかにならないとか、リスクがあるとか、いろいろあって、なかなか踏み切れないでおられます。そして、答弁では次世代育成支援の中でもう一度検討してみたいという答弁がずっと続いてきたんですけど、今のような格好で若干のリスクがあろうと、実際は季節性も8割くらいの小・中学生が接種しているわけですから、そういう点では子育て支援の重要なものだと思いますが、こういう今の新型インフルにも子育て支援でという大義名分でこういう補正を行うわけですけど、この考え方はその後の季節性インフルエンザワクチン接種などについても一つの基準を示すものではないかと私はとらえさせてもらっているんですけど、いかがですか。



○議長(佐藤栄一) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(西澤澄男) 季節性の接種への助成等の関係につきましては、今回新型につきましてはこういう緊急措置ということで、こういう形で取り組みをさせていただきました。御承知のとおり今回新型ワクチンの製造によりまして、季節性が通常期の8割程度しか確保されていないような状況でございまして、そういう中で市単独の助成等を行った場合については、さらにその接種者が多くなるだろうと、ワクチンの不足がさらに出てしまうんではないかというようなこともございまして、今回、中に取り組みをしなかったわけでございます。今後につきましては、季節性、それから新型等含めまして、総合的に勘案して来年度以降の対応について検討させていただきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤栄一) 渡辺幹衛議員。



◆23番(渡辺幹衛) ぜひ積極的な前向きな対応をお願いします。これにつきましては、さきの議会での質疑にもありましたけど、市報の特集でも子育て中の保護者の皆さんからはインフルエンザワクチンに対する助成というのは、声としては上位に非常に高いところにランクされているわけです。それを積極的に受けとめていただかないと、市報の特集は何だったのかという話になりますので、そういう期待にこたえられるよう、来年度予算という話もありましたけど、できればことしの流行期、ここらでいえば1月、2月でしょうけど、そのころまでに間に合えば間に合うような対策もお願いしたいと思いますが、いかがですか。



○議長(佐藤栄一) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(西澤澄男) 今期の季節性の関係につきましては、先ほどお話しさせていただいたとおり、総体のワクチン量自体が不足しておりまして、基本的には各かかりつけ医でも今一般の20歳代、30歳代といいますか、健康な方々については少し遠慮してくれというような状況にもなっております。そういう中で、先ほど話したとおり制度創設については、やはりちょっと慎重を期すべきではないかというふうに考えておりまして、先ほど話したとおり、来年度に向かって検討させていただきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤栄一) 霜鳥榮之議員。



◆17番(霜鳥榮之) 17番の霜鳥です。自席からお願いいたします。

   インフルエンザの関係については、前向きにということで、薬が足りないという話でありますから、その辺のところは間に合うように要請もぜひ出しておいていただきたいなというふうに私も思います。

   バス費用の関係で1点伺います。17、18、19年度ということで、ここに提示されております。この過去の誤りが発覚したのでということで出されているんですが、この発覚した時点ですね、どの時点で発覚が生じたのか。理由に、17、18、19とあるんですが、20年度の関係について、ここに提示されていない年度の関係について、その辺はどうなっているのか、お聞きをいたします。



○議長(佐藤栄一) 環境生活課長。



◎環境生活課長(引場弘行) 御質疑にお答え申し上げます。

   ことしの2月4日の日に平成20年度補助分、平成19年10月から20年9月までのバス会計年度ですが、このバス運行費補助金について、人件費の算出誤りに伴い、申請額を過大に請求したことを社内精査の結果判明したと頸南バスから御報告がございまして、同月の13日に補助金申請誤りの概要、発生原因、発生防止のための対応策等の詳細な報告を受けたところでございます。その際に過年度分の補助金の返納が見込まれましたことから、頸南バスに対しまして、精査の上報告するよう指示したところでございます。その結果、5月の7日に頸南バス本社におきまして、上越市と合同で過年度分の補助金返納額につきまして、過去3年分の乗務記録簿、乗り合い常勤調査票等の関係書類の確認と関係者への聞き取り調査を行いまして、その結果17、18、19年度分の補助金の返納額を確認したところでございます。



○議長(佐藤栄一) 霜鳥榮之議員。



◆17番(霜鳥榮之) ほかの年度についても確認はしてあるから、この誤りがあったというのは、この3年間といいますかね、そういうことなんだということで確認されているわけですね。



○議長(佐藤栄一) 環境生活課長。



◎環境生活課長(引場弘行) 今回の原因につきましては、平成17年6月から平丸、長沢、上小沢の3線につきまして、路線バスから市営バスに移行した際のコンピューターのシステムの変更が正しく行われていなかったためのことでございまして、16年度以前のバス運行補助金については影響しておりません。



○議長(佐藤栄一) 下鳥美知子議員。



◆20番(下鳥美知子) 20番の下鳥美知子です。自席でお願いいたします。

   インフルエンザの関係なんですが、インフルエンザの重症化を防ぐには、季節性のインフルエンザ接種と新型インフルエンザ接種両方を接種する必要があるというふうに言われておりますが、この必要があるというところは13歳以上だったと私は思うんですが、13歳以下でもやはり両方は必要なんでしょうか。今医院というか、病院関係では、大人に関しては持病がある人とか、医療関係だとか、そういうところに勤めている人が優先で、なかなか季節性のインフルエンザ予防接種もままならない状態なんですが、13歳以下の子供に対しては、新型インフルエンザの予防接種のみでよろしいのか。季節性のインフルエンザ予防接種はどうなのか。あともう一点は、新型インフルエンザとか、季節性も両方含めて接種量というか、十分可能な量が妙高市に来るというか、接種できるんでしょうか。その2点お伺いいたします。



○議長(佐藤栄一) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(西澤澄男) まず、1点目の新型インフルと季節性インフルの接種の問題でございますが、これは完全に別物でございますので、今お話のとおり13歳未満だろうと、以上だろうと、それぞれ病気を防ぐには基本的には別々の接種をしていただく必要があるというのが基本でございます。ですから、13歳の方で、ただ同時接種等も医者が確認すれば季節性と新型も一緒に打てるような、医者が確認した場合、そういうことになっておりますので、そういう形で打っていただきたいというふうに考えております。

   あと量の関係でございますが、新型インフルエンザにつきましては、基本的に国ベースで全体量を把握して、それに見合う新潟県なり、市町村に見合うものを出してくるということで聞いておりますので、そのための優先接種対象者ということで、お手元にも配付させていただいたとおり、妊婦さんですとか、こういう形に接種者が特定されているわけでございますので、この方々については、量は間違いなくあるということで御理解をいただきたいと思います。

   また、季節性につきましては、先ほど話しましたとおり、全体の昨年度の約8割程度の製造量ということで私らも聞いておりますので、そういう中で医療機関がやはり元気な方といいますか、大人で元気な方については若干控えて、そういうリスクのある方、子供ですとか、高齢者に回しているという配慮をしていただいておりますので、打てるんではないかというふうに、ちょっと全体量私らもそこまで細かい把握はしておりませんが、各医療機関がそういう配慮をしていただいているということは、可能ではないかというふうに考えております。



○議長(佐藤栄一) 下鳥美知子議員。



◆20番(下鳥美知子) 助成をすることで、新型インフルエンザの予防接種に集中するということは考えられないんでしょうか。



○議長(佐藤栄一) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(西澤澄男) これは、私らもこれから市民の皆さんに十分周知をしていきたいと思っておりますが、今ほど話しましたとおり、新型インフルエンザと季節性インフルエンザはまるっきり別のものでございます。それぞれ市民の皆さんの状態に応じて必要があれば両方打っていただくということが原則でございますので、そういう形での周知をしてまいりたいと。また、先ほどもちょっと話がありました今回来週早々にもまたお知らせ版等で広報させていただきますが、あくまでも任意接種でございまして、100%ではございません。やはりある程度のリスクは伴うということを認識していただきながら、接種を受けていただくということで、その辺の周知はしてまいりたいというふうに考えております。



○議長(佐藤栄一) 下鳥美知子議員。



◆20番(下鳥美知子) 私もそうなんですけど、市民の皆さんの中でどっちか片方かとか、両方しなくちゃいけないんだとか、ちょっと混乱している方々もいらっしゃるので、早目の周知をよろしくお願いいたします。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   お諮りします。ただいま議題となっております議案第92号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第92号は委員会への付託を省略することに決定しました。

   これより討論を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより議案第92号 平成21年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第7号)を採決します。

   本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

                   〔 賛 成 者 起 立 〕



○議長(佐藤栄一) 着席願います。賛成議員全員です。

   よって、議案第92号は原案のとおり可決されました。



○議長(佐藤栄一) 以上で本日の日程はすべて終了しました。

   これをもちまして平成21年第10回妙高市議会臨時会を閉会します。

   どうも御苦労さまでした。

                   午後 2時31分  閉 会