議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 妙高市

平成21年  6月定例会(第5回) 06月11日−一般質問−03号




平成21年  6月定例会(第5回) − 06月11日−一般質問−03号







平成21年  6月定例会(第5回)





         平成21年第5回妙高市議会定例会会議録(第3日)


                     平成21年6月11日(木曜日)


                            議事日程 第3号  午前10時00分 開 議


 第 1  会議録署名議員の指名

 第 2  一般質問

本日の会議に付した事件

 日程第 1  会議録署名議員の指名

 日程第 2  一般質問
              11 宮 澤 一 照
              12 関 根 正 明
              13 塚 田 克 己


出席議員(22名)
   1 番   ?  田  保  則
   2 番   田  中  一  勇
   4 番   望  月  幸  雄
   5 番   横  尾  祐  子
   6 番   塚  田  克  己
   7 番   佐  藤  栄  一
   8 番   山  川  香  一
   9 番   作  林  一  郎
  10 番   関  根  正  明
  11 番   望  月     弘
  12 番   長  尾  賢  司
  13 番   吉  住  安  夫
  14 番   豊  岡  賢  二
  15 番   丸  山  喜 一 郎
  16 番   安  原  義  之
  17 番   霜  鳥  榮  之
  18 番   佐  藤  光  雄
  19 番   水  野  文  雄
  20 番   下  鳥  美 知 子
  21 番   宮  澤  一  照
  22 番   間  島  英  夫
  23 番   渡  辺  幹  衛


欠席議員 なし


欠  員 1名


説明のため出席した者
 市     長   入  村     明
 副  市  長   引  場  良  男
 総 務 課 長   尾  島  隆  司
 企 画 政策課長   池  田     弘
 財 務 課 長   今  井     徹
 建 設 課 長   岡  田  春  彦
 農 林 課 長   小  嶋  正  彰
 観 光 商工課長   早  津  之  彦
 環 境 生活課長   引  場  弘  行
 市 民 税務課長   片  所  慎  治
 健 康 福祉課長   西  澤  澄  男
 ガス上下水道局長  小  島  武  夫
 教  育  長   濁  川  明  男
 こども教育課長   丸  山  敏  夫
 生 涯 学習課長   戸  田  正  弘
 妙高高原支所長   宮  下  義  嗣
 妙 高 支 所 長   笹  井  幸  弘


職務のため出席した議会事務局の職員
 局     長   笠  原  陽  一
 庶 務 係 長   阿  部  光  洋
 主     事   豊  田  勝  弘





                                                    

                   午前10時00分  開 議



◎局長(笠原陽一) ただいまの出席議員は22名であります。



○議長(佐藤栄一) ただいま事務局長報告のとおり、出席議員数は22名であります。よって、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

   本日の議事日程については、お手元に配付のとおり進行しますので、御了承願います。

                                                    



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐藤栄一) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において14番 豊岡賢二議員、16番 安原義之議員を指名します。

                                                    



△日程第2 一般質問



○議長(佐藤栄一) 日程第2 一般質問。これより市政に対する一般質問を行います。

                                                    

                   ◇ 宮 澤 一 照 議員



○議長(佐藤栄一) 通告順に発言を許します。宮澤一照議員。

                   〔21番  宮澤一照 登 壇〕



◆21番(宮澤一照) 議席番号21番、宮澤一照です。議長のお許しを得ましたので、あらかじめ通告いたしました3点について質問させていただきたいと思います。

   見える自治体というのは、住民自治意識とまた団体自治意識がしっかり交わって初めて私は見える自治体というのができると思います。そんな中で、先般朝日新聞のですね、「私の視点」というところで、今上越の市議会議員で矢野学先生が投稿された中にですね、自治体合併で重要なことは、新しい市民自治を構築できるかどうか、そしてまた合併後は活力ある住民組織がたくさん生まれ、また新たなコミュニティーが誕生し、自立意識も高まる、活気ある地域が誕生する。そのためには、こうした仕組みづくりに向けて行政と住民がきちんと議論する必要があると、こう言っています。今私たちのこの市も、合併して5年がたちました。そんな中で、先般合併してですね、また学校もですね、統合しているところがございます。そういうところもありますし、また新しいですね、新しくまた施策としてつくっているところもあります。こういうものを市全体として、住民とですね、きちっと話をして、そしてまた議論しながら地域の活力、さらなる妙高市の発展というものをつくり上げていかなくては私はならないと思っている。

   その中で、先般私が旧妙高村のですね、議場はどういうふうになっているのかということを私ちょっと感じまして、たまたま妙高村の議会のですね、議場、3階のところまで行ったら、ここどうなっているのかなと思って支所長に頼んであけてもらいましたら、そこのところはずっと議会をやっていたところですから赤じゅうたんが敷いてあって、そしていすも立派なものがあって、今皆さん方が座られているこのいすもそうですし、すべてが……すべてと言っていいのかどうかわからないけども、ほとんどが今ここにある議場庁舎のものだと思います。そこのところをあけてみたら、赤じゅうたんのところに残骸ですね、このいすが抜けているのが、ただねじがあけっ放し、そういう状況で、電気はどこにあるのかわからないような状況になっていて、そういうものがですね、ああ、こういうものをきちっと再生すべきじゃないかなというふうに私思いました。

   いろいろなところを調べてみましたら、例えば南魚沼市なんですけれども、ここでしたらヤマト運輸のコールセンターに変えて、その結果……これは東京のですね、コールセンターに姿を変えてですね、その結果100人の雇用を創出していると、これはもう願ったりかなったりだということです。また、大学生の発案、これらは大学生の発案としてですね、議長席を後方のスクリーンにしてプロジェクターの映像を写して、議員控室、これをですね、カフェスペースにして、2日間に延べ約140人の市民を集めて楽しんだという経緯があります。また、山梨では約1200点の歴史資料を寄贈を受けたのをきっかけでですね、議場をですね、囲碁美術館にしているんですね。そういう形で非常に有効活用しているところもどんどんできているのが実情だと思います。

   この市はですね、3市町村合併したんですが、妙高高原町は古いんで、これは取り壊しになったんですけど、この旧妙高村の議場に関してはまだまだ有効活用するところが非常にあります。こういうものをやっぱりきちっと使うこと、そういうことをやることによってさらなる地域とのコミュニケーションが私はできてくるというふうに思います。

   その中で、私は支所に行ってその話をしたら、それは住民のですね、意見が、また住民からそういうことがわき出てこない限りはやっぱりできないんじゃないかと。そういうことが住民から出れば我々も動くような、そういう話もありました。でも、私はそうじゃないと思うんですよ。議場、この2番目の質問には旧杉野沢小学校の空き校舎の今後の活用方向性はどうか、これはあくまでも見えるものであります。統合すればそこのところの学校というのがしっかりと見えて、これがなくなったんだ、これをどういうふうに使おうかなんて、みんなこれ住民わかるけれども、合併したときに、きょうだってこうやって見ている方が本当に少ない、こういうふうな非常にこの議場というものがどうやって使っているかということは市民も余り関心ないんですね。そういうところにどうやって使われているか、その議場がどうなったのかなということは忘れている方もたくさんいらっしゃると思う。そういうところのものがあるんですよと知らせることも、これは行政の1つの僕は役割ではないかというふうに思うんです。

   その辺を含めて、いろんなこういうものがあるんですよということを私も話ししたときに、ある団体がそこを見に行ったときにも、消防法の規制がある、またいろんな規制があるということをお聞きしたといって帰っていったということもあるんですけれども、そういう消防法の規制だとか、そういうことも確かにこれはみんなかかわってくる問題だと思うんですけれども、ただただそういうものをクリアすることも、私はあるものを使わないということ自体がやっぱりおかしいと思っている。これだけじゃないと思います。旧妙高村には大鹿小学校もありますし、でもそれも取り壊しになるということ、大鹿小学校の近くにはプールもございます。そして、原通りにもプールがあった。そういうものがどんどん、どんどんなくなっていく。使う用途がないから使わない、なくしていく。私はそうじゃないと思う。やっぱりそういうものをきちっとつくり上げて、そういうものを知らせて、そしてこういうのをどんどん使って、また何かあればそういうもの等をイベントとか何かいろんなもので使っていく、そういうことを繰り返して地域住民との活力が生まれてくる。そのためには、地域住民との地域審議会もそうですけれども、ほかの会もあります。そういうものと一緒にやっぱりしっかりと話をして、そして見える自治体をつくり上げていかなくては私はいけないと思います。

   そんな中で、今回ですね、いろんな試案というものはあるんですから、どうかやっぱりこういうなくなった今あいているスペース、統合によってあいているスペースというものをきちっともう一回有効活用、有効利用するというやっぱり考えを持っていただきたい。そしてまた、それに対していろいろと規制があるというものをどうやってクリアしていくか。クリアできないんだったら、つくればいいじゃないですか。予算を投じればいいじゃないですか。そのために合併特例債だってあるんじゃないんですか。そういうものをきちっとつくり上げて、そして均等ある発展を私は考えていかなくてはならないというふうに思っております。

   そして、新しいものもやっぱりつくっていかなきゃいけない。価値の創造を得なきゃいけない。きょうの朝のニュース番組の中にですね、ユニクロの会長が言っていました。やっぱり価値の創造、顧客の創造も新たにつくらなきゃいけない。これも大事なことだと思います。そのための発展というものも重要だと思うし、今やはり求められているのは企業理念、そしてまた企業の感覚でそういうものを取り組んでいく姿勢がやっぱり求められている。幸いにしてこの妙高市は、市長を中心にして非常にその辺は前向きにやっているということも理解できます。そういうものを持って、やはり今あるものを使う、そして新しいものもまた活性化していく、そういうことを今後やっぱり考えていかなきゃいけない。特にこの今あるものといえば、やはりこの妙高の地は合併して赤倉、それから杉野沢、そしてそういうところのスキー場、きのうも同僚議員からアパのスキー場の来シーズンの中止ということの質問がありましたが、やはり今ある既存のスキー場をいかにまた活用していくか、これは行政でもできる範囲でやはり考えていかなきゃいけない。どうやれば集まるか、どうやればやるか、それは企業だけ、企業に任したんだから企業だけにやらせばいいという考えは一切考えずに、やはり行政も一緒になって話を持っていく、進んでやっていく必要性は私はあると思います。

   そんな意味合いの中で、3つの質問をさせていただきたいと思います。初めに、大きな1点目として合併・統合における遊休施設、スペースの活用について。これは今も申し上げましたが、合併・統合後、空き施設やスペースが生じる場合、住民に身近な存在として特色を生かし、住民の活動の拠点、また地域のコミュニティーの場、交流人口の増加のための場として機能を持たせる傾向があるが、当市としての傾向と取り組みはということでございます。とりわけ旧妙高村役場の議場の活用方法を教えていただきたい。

   また、旧杉野沢小学校空き校舎の今後の活用の方向性に対して質問させていただきたいと思います。

   また、これから新たな飛躍ということで市長のほうで考えていられる「妙高山麓都市農村交流施設整備事業」について、今の現在の現状と、それから完成後における運営方法、これを民間でやるのか、それとも市でやるのか、その辺、そしてその近くには「とまと」もございますし、その辺のバッティングのないような、そういうきちっとした一緒になって取り組んでいけるような姿勢ができるかどうか、その辺をお聞きしたいと思います。

   そして3点目は、やはり妙高の資源である昔からのスキー場、そういうものをこれからやっぱり生かしていかなきゃいけない。この妙高というのは、やはり冬なんです。冬が活性化しなかったら、やっぱり税も上がってこないし、地域の発展、また雇用もなくなってしまうんです。冬場のスキー場に地域から雇用として生まれてくるというのもすごく多いんです。旧妙高高原、また旧妙高村の場合も、冬はよく赤倉のスキー場にリフト等に手伝いに行っている住民の方々がたくさんいらっしゃる。そういう面も含めて、今の活性化ももちろんこのアパリゾートもそうであります。そういうところも含めて、これからのやっぱり雇用というものは非常に大事なところなんであります。そういうものを含めた考え方というのをどういうふうに考えているかということと同時に、今の赤倉エリアのこの共通券の廃止の影響を伺いたいと思います。

   以上の3点でございますが、市長の誠意ある御答弁をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

                   〔21番  宮澤一照 発言席に着く〕



○議長(佐藤栄一) ただいまの質問に対する答弁を求めます。1番目の1点目及び2番目と3番目については、入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 宮澤議員の1番目の1点目についてお答えします。

   議員御指摘のように、地域の拠点施設である支所を活用することは、住民の皆さんの利便性を高めるとともに、地域振興にとって重要であると考えております。このため、平成19年度におきまして自治会連絡協議会を通じ、活用方法についての御意見、要望を取りまとめたところであります。このうち図書室につきましては、昨年7月、ふれあいパークから支所1階事務所の隣に移転をしました。一方、より広く市民の皆さんに利用していただく施設とするため、建築基準法、消防法に基づく大規模な改修が必要であります。このことから、隣接する施設との機能分担を含め、今後の検討課題とさせていただきたいと考えております。

   2番目についてお答えいたします。現在の進捗状況につきましては、4月に交流施設建設用地の取得を行い、5月に地元・関係団体の方々を含めた審査員によるプロポーザル審査会を開催いたしました。今後は、審査会で選定された最適設計者の提案書をもとに、地元・関係団体の意見を伺いながら大洞原地区全体の整備構想の作成と交流施設の詳細設計等を進めてまいります。工事については、設計等が完了した後発注する予定です。完成後の運営につきましては、指定管理者制度を導入する方向で検討しているところです。この交流施設の特色といたしまして、グリーンツーリズムの推進拠点、市内外の人を対象とした体験講座やイベントを実施する体験の拠点、「妙高の食」を中心とした情報発信拠点として交流拡大を図ってまいります。

   3番目についてお答えします。昨年12月から本年5月までのスキー場の入り込み状況は、妙高市全体で前年比マイナス11.2%、うち赤倉エリアはマイナス13.9%でありました。大きな要因として、年末まで降雪がなかったことにより、12月の入り込みが妙高市全体で前年比マイナス28.5%、赤倉エリアで前年比マイナス23.6%と大きく落ち込んだことが影響しているものと考えられます。また、共通券が廃止となったことで市や観光協会にもお客様からの苦情が寄せられていることからも、赤倉エリアにおけるリフト共通券の廃止もマイナス要因の1つであり、影響があったものと認識しております。この共通券に関しては、索道事業者間の経営上の問題であることから、まずは関係者でよく話をしていただくようお願いしているところでございます。その上で、市として対応を考えてまいりたいと考えております。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) 1番目の2点目については、濁川教育長。

                   〔教育長  濁川明男 登 壇〕



◎教育長(濁川明男) 1番目の2点目についてお答えいたします。

   旧杉野沢小学校の校舎、体育館の活用について、杉野沢地区の役員で構成する杉野沢小学校施設活用委員会が設置され、今後の活用方法について教育委員会と話し合いを重ねてきております。これまで行われた地区内のアンケート調査では、大学等の合宿を初め資料館、老人ホームなどに利用する案が出されましたが、いずれの案も実現が困難でありました。現状では、体育館は夏場を中心に大学等の体育部の合宿に利用されております。また、地元の女性グループの方々が学校周辺に花を植栽するなど、合宿の郷づくりにつながる活動が行われております。さらに、新しく女性や若い人で構成するプロジェクトチームを設置し、今後の具体的な活用方法を検討する予定と聞いております。有効活用ができるよう、地元の皆さんと話し合いをさらに進めてまいりたいと考えております。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 大まかわかりましたけれども、特に1点目の合併・統合における遊休施設、スペースの活用について再質問なんですが、これから、じゃ……今教育長のお話しされたことは十分わかったし、これは地域住民と話し合うということ、これは大事なことだと思いますし、いいんじゃないですか、それで。なんだけれども、議場とかその辺に関してはまだまだ、これから話す余地もあると言うけども、もう5年もたっているんだから、この5年の間に何でそれをやらなかったか、今私が質問出したから、これから図書館とかそういうところも含めたと言うけれども、私の言っているのはこの議場の、とりわけ議場に対してはどういうふうな考えを持っているかということをもう一回ちょっと質問させてもらいたい。



○議長(佐藤栄一) 妙高支所長。

                   〔妙高支所長  笹井幸弘 登 壇〕



◎妙高支所長(笹井幸弘) 議場についての考え方でございますけども、先ほども市長のほうから答弁ございましたけども、支所の3階を活用する上では現実問題として建築基準法並びに消防法に基づく改修が必要になってまいります。このため、3階の利用方法につきましては、改修費用に見合う利用が見込めるかどうか、また使用を高めることができるのかどうかなど、費用対効果について検討していかなければならないというふうに考えております。さらには、支所に求めるそういった機能というものを、支所の隣にありますけども、妙高総合センターやふれあいパークなど、他の既存施設で補うことができないかどうか、さらには行政としての新たな取り組みによりまして3階の使用というものが将来的にあるのかないのか、そういった多くの課題がありますことから、将来を見据える中で自治会連絡協議会などともですね、十分な意見交換を行いながら今後検討を重ねてまいりたいというふうに考えております。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 費用対効果ということ、これは大事なことかもしれませんが、でも費用対効果だけじゃなくて、そういうものが消防の基準だとか規制というもの、だからそれに見合うものかどうかによって、見合わないんだったらじゃそのまま3階のところずっと放置しておくんですかね。これから検討課題と言ったって、いや消防法の基準でこれは免れないし、これは無理だと言えば、一緒に話し合っている人たちだって、ああそうか、じゃしょうがないんだわなでずっと進んじゃうんじゃないですか。こういう基準があるけれども、これに対して投資をして、そこのところに人をいかに集めるかということを我々と一緒に議論しなさいという場で、一歩進んだ立ち位置を変えて考えたほうが私は有効活用できると思うんですよ。住民からの意見がわあっと上がってきたから、それに対して我々市はやりますよという、地方分権時代というのはそういうもんだ。でも、我々のほうで例えば行政のほうでこういうものがあるから、これを有効活用するために予算を投じるから、予算を投じるためにここのところに人を集めて、それで地域コミュニティーの場をつくり上げましょうよという、そういう考えだって私はあってもいいんじゃないかなと思う。

   だから、全国で津々浦々今この議場を有効活用しようかという、そういうふうに考えるところだってたくさんあるんだと思うんですよ。その1点というのは、例えば上越市では議場をピアノ、いす、プロジェクターとか何か購入して、改装費用で約5000万かけて、要するに消防法の適用を、消防法にちょっと適用するようなためにですね、合併交付金を活用したりしている。また、吉川のコミュニティプラザだって、これだって中のですね、これ議場ですか、議場もピアノやいす、プロジェクター、放送設備、ステージなどを使って、そして有効活用しようとしているんですよ。あるものを要するに有効活用するためには、皆さん方でそれを話し合って、自分たちはこういう方向性を求めてそういうところで今度地域審議会だとか、そういう有識者集めて、これをどういうふうに活用しようかという考え方の違う考え方が僕あったっていいと思うんですよ。そのための交付金であり、特例債じゃないんですか。費用対効果がないんだったら使わない。じゃ、永遠にあそこのところ使わないんですか。あれだけの立派なものがあって、赤じゅうたんのところがあって、そこのところにいすのねじだけが出ている、残骸になっている、あかずの間にするんですか。私はそうじゃないと思う。やっぱりあるものをきちっと使って、それで活用していく必要がある。そうじゃないですか。以前にこれ支所長に私聞いたときには、市長だってコールセンターにしようかという、そういう原案を出したと言ったじゃないですか。そうでしょう。あるものを使ってそういうもので有効活用していこうと、そういう考えを持っていく、要するに1つの庭をつくってあげなきゃいけないじゃないか。庭をつくらなかったら人だって集まりませんよ、きちっとしたものが集まりませんよ。しっかりとした土台、あるものをきちっと直すことのほうが私は先だと思うんですよ。どうですか。



○議長(佐藤栄一) 妙高支所長。

                   〔妙高支所長  笹井幸弘 登 壇〕



◎妙高支所長(笹井幸弘) 議員のおっしゃられますとおり、器の話というよりもその活用の中身の問題だと私も思いますので、先ほども申し上げましたように地元の住民の皆さん、さらには自治会連絡協議会の皆さん方とどういう活用をするかということに対して、いろんな議論を重ねてまいりたいというふうに思っております。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) このまんまだと一辺倒で、ずっとそのまんま話がですね、平行線のままだと思うんですけれども、でもこういう議場にしてもそうですし、今旧妙高村、旧高原町もそうです。そういうところに残されたもの、それから今ある既存のものをいかに活用するかということの視点から考えて、そのための合併、スケールメリットというもので特例債というものがあったと思うんです。特例債でですね、聞きたいんですけど、これ市町村の合併特例等に関する法律の中の第6条御存じですか。



○議長(佐藤栄一) 企画政策課長。

                   〔企画政策課長  池田 弘 登 壇〕



◎企画政策課長(池田弘) 申しわけございませんが、条文の内容までは私今の段階では承知しておりません。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 一問一答だというんだけれども、どんどん細かくしゃべると質疑みたいになるということでまた批判を得ると思いますから、余り言いませんけど、ただその中でこの6条の中には、これは合併市町村基本計画はおおむね次に挙げる事項について政令の定めるところによって作成するものとすると。その中にやはり均衡ある発展を図るための基本方針と書いてあるんですよ。均衡ある発展ということになったときに、均衡ある発展ということのためにこれは特例債も使われるんです。特例債もそうですし、合併交付金もそうです。合併補助金もそうです。特例債なんていうのは、約140億使えますわね、これ、10年間で。これは起債ですけれども、でも70%はまた交付金で戻ってくる可能性もある。その中で、まだ補助金だって3億ある。今3億あるうちの、これは一例としてですけれども、妙高市はあと2700万ぐらいしか使われないと思うんだけれども、残っているのが。そういう要するに合併特例債にしたって、今回で約80億ですか。残っていたって五、六十億ぐらいはまだあるんだと思うんで、その中でこういうものをきちっと使ってそういうところに投資して、そして住民のコミュニティーの場をつくることによって、均衡が保たれた要するに発展ができるというふうに私は思うんです。今どうですか。そういう均衡ある発展ということで考えたときに、そういうものをいかに有効活用するか。それは、あるものに対してそういうところに投資していくことも、これは特例債の1つの私は定義だと思うんです。いや、住民のこれ費用対効果がないんだし、こういうものがあったってつくれないんだったら、そんなの投資する必要ない。そうじゃない。そういう特例債、合併したスケールメリットでこういうものを投資することによって、そういうところをきちっとつくり上げてあげるからこそ、住民自治の活力、住民自治と団体自治意識がしっかり交わって見える自治体が生まれるんじゃないですか。その辺を含めたきちっとした取り組みというものを、やっぱりつくっていかなきゃいけないんだと思う。違いますか。どうですか、市長。



○議長(佐藤栄一) 入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 宮澤議員の質問でございますが、今のお説についてはそのとおり理解できますけども、であればですね、逆にこういうふうにという1つのお考えもお示しいただければと思うわけです。我々も何もしていないんじゃない。いろんなことをやりしながらですね、模索をしています。その中で、あそこにはふれあいパーク、原通り、それから上に農民研修センターですか、一連の通りにですね、いろんな施設がずっとあるんです。その中で、じゃあそこをどうしたらいいかということの中で、結論が出ない点がたくさんあるということが先ほどから支所長が言っていることなんです。ですから、何もしないとか、あるいはですね、均衡あるバランスを考えてのいろんな投資をしていないとか、そういうことには私は該当しないと思っています。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 私にこうやって質問されるのかどうかわからないけれども、市長、そうはいってもあるものをやっぱり使わんきゃいかんということで考えているんだから、それだったら、例えば私はあそこのところコンサートホールにするべきだとか、市長だってコールセンターにしたほうがいいんじゃないかという、そういう案があるんでしょう。そういうものをきちっとやっぱり代案として、早いうちからそういう話をもっと持っていくべきじゃないですか。均衡ある発展に該当しないといったって、均衡ある発展するためにあそこのところにそういうものがあるんだから、それを有効活用する方向性が私はあるということを言っているんであって、これは均衡ある発展に該当しないなんてとんでもない話で、これは均衡ある発展になるんじゃないですか。そのための特例債でしょう。違いますか。



○議長(佐藤栄一) 入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 特例債も特例債ですけど、すべて私どもの皆さんからお預かりしている税金の負担というのがあるわけです。そういう意味において、限りある財源の中でいかに有効に使うかということの判断が大事だと思ってやっております。ですから、特例債使わないと言っているんじゃなくて、それだけ……例えば今御提案の音楽をするホールをつくれ。じゃ、音楽をするホールがですね、そこでつくることは私はできると思います。しかしながら、その後の運営をですね、じゃどういうふうにしていくんだとか、いろんな問題がある。例えばですね、あそこを今度人が入るような集会所にした場合、もう1.4メートルぐらい入り口を広げなくちゃいけない、あるいは消防法だとかいろんなことを考えていきますと、消防だけでも600万ぐらいの投資が必要だとか、何にもしていないんじゃなくて、どういう使い方がいいかということで検討しているということだけは御承知おきをいただきたいと思います。一切何もしていないということはありませんので、結果的に何をするかということについては近々に結論出ると思います。それは、先ほどありましたけど、コールセンターの話もいろいろ動きました。もういろんなことをやっています。しかしながら、結果的にですね、今のところ、じゃこれといった一手がないというのが現状であります。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 近々にそういう状況がまた変わってくるということを聞けば、本当にありがたい話だし、そういうものをですね、有効活用していく方向性というのは本当重要だと思うということをやっぱり知っていてもらいたいし、旧妙高村の役場はまだまだ立派なものがあります。だから、そういうものをきちっとコミュニティーの場としてつくり上げていく、そういうことをやっぱりお互いに考えながら私はやっていかなきゃいかんと思うし、またそういうものをつくった、消防法が規制になった。でも、そういうものが規制があるからといって、その規制をやっぱりみんな解除していろんな試案をほかの自治体でもつくっているんだから、それに対して近々に検討してやる。その中で、じゃそれをどうやって費用対効果に結びつけていくかということは、やはり今皆さん方、能力が皆さん方すばらしいものがありますから、その辺を含めてですね、やっぱり検討していかんきゃならんと思うんです。

   その辺をぜひお願いしたいんですけれども、その次にですね、2番目のですね、「妙高山麓都市農村交流施設整備事業」のですね、これに対してなんですけれども、これは今の段階の中であれですけれど、どうしてもこれは大洞原につくらんきゃいかんという方向性なんでしょうか。



○議長(佐藤栄一) 農林課長。

                   〔農林課長  小嶋正彰 登 壇〕



◎農林課長(小嶋正彰) 交流施設の目標といたしましては、グリーンツーリズムの推進拠点、今も大洞原では子供たちの農業体験、あるいは板橋区とのハーブ交流、市民の皆さんからも参加をしていただいて好評いただいております。そういったグリーンツーリズムの推進拠点であるということ、それからトマトという非常にいい食材、あるいは牛乳だとかですね、妙高市として特徴のある食材が非常にそろっている中心的な位置にあるというようなことから、クラインガルテンの皆様方も利用が非常に高いというようなこともありまして、大洞原のあの地区が一番最適であるというふうに判断しているところでございます。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 「とまと」で非常に中心的な非常にいい場所だというふうにおっしゃられるけれども、あの下には直売所もあるんですよ。道場やってつくって、それでそこのところでグリーンツーリズムの道場か、そういうのをつくり上げるというけれども、別に「とまと」の直売所のところの近く、すぐ隣にでもこれつくれば、逆に相乗り効果があっていいんじゃないですか。あれ、下のところにあるのとまた上のところにあるの、つくることは大変いいことだと僕思う。でも、離れているといったって、せいぜい行ったって車で5分もかからないようなところにあって、それをまた違うところでやったときには分散する可能性だってあるんです。これはグリーンツーリズムだけのお客さんの誘致じゃないと思うんです、交流人口を図るためには。やはりその下にある直売所、そういう直売所も含めた交流人口のやっぱり推進を図る必要が私はあると思うんです。それこそ私は、こういう地域に直売所とそれから道場が一緒になって、そこのところにも食堂というか、つくるんでしょう。そういうものをつくってやったときにですね、「とまと」にもそういう地元のですね、食材を生かしたものもあります。そういうものを含めたときのやっぱり一緒になってやるときの相乗り効果じゃなくて、やっぱりバッティングする問題もあると思うし、そういうものをつくることによって非常にマイナス的な部分も出てくると思うんです。回遊性というものが今度なくなってくるんじゃないかと思うんです。つくっている、やっぱりそこにいる地元の人たちの考えというものが本当に、大洞原の方々がそこに本当に道場をつくってほしいのか、そういう気持ちが本当にあるのか。それこそ今ずっと話ししてきたようなですね、住民の意見、住民がどういうふうにそこのところに気持ちになってつくってほしいという意見があってそれをつくったのか、それをちょっと伺いたいんですけど、どうでしょう。



○議長(佐藤栄一) 農林課長。

                   〔農林課長  小嶋正彰 登 壇〕



◎農林課長(小嶋正彰) いろんな施設を相乗効果を高めながら、交流を促進してといういくのが1つの大きなポイントであろうとは思います。したがいまして、「とまと」の直売所だとか、そういった皆様方の御意見等もいただきながら、内容等については検討していかなきゃいけないというふうには思っております。

   また、大洞原につきましては、採草放牧地だとか、そういったものが多かったわけでございますが、現状を見ますと、畜産業が少なくなってきているというようなことから、荒廃が進んでいるというような部分もあります。しかし、景観はもう非常にすばらしい景観がございますので、ああいった妙高を代表する景観を中心としながらですね、都会の皆様方にアピールできるような、新しい観光スポットとして立ち寄っていただけるような場所として、情報発信をしていくということも重要であるというふうに考えているところでございます。いろいろな形で大洞原の皆様方には数年前からいろんなお話を、こういうふうにしたらどうだとか、あるいは採草放牧地を復元してはどうだとか、いろんなお話をさせていただいておりますが、そういった中で市内の学校の体験農園だとか、そういったものにもですね、応援する組織を大洞原の皆様方からつくっていただいて、御協力いただいているような点もございますので、体験農園として位置的にもすばらしいところがありますので、そちらのほうを考えているということでございます。御理解をいただきたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 課長、体験農園ということなんですが、クラインガルテン自体がこれ体験農園でしょう。クラインガルテンのところにこれ農園というか、畑があって、それであるんだから、それで十分体験農園できて、そこのところにまた1つのそういう道場をつくってそういう形でやるんだったら、これは別に違う場所にしてそれで建設したって全然問題ない話じゃないかなと僕は思うんです。相乗り効果をやっぱり考えたり、それこそさっきから言っているような費用対効果にしたってそうだけれども、これは効果あると思う。そういうところに「とまと」とかと隣接したり、場所をもう少し考えるべきだと、これは今から言ったってしようがないのかもしれないけれども、でもじゃそれに対して本当に大洞原の方々、それからあの地域一帯の方々、また隣接する農産物直売所に関係する方々の本当にそういうことで要望があって、それで賛成して、それでつくられているかどうか、その辺がどうなのか。

   そしてもう一点は、これに対する経営はもう一度、ちょっと私聞きそびれちゃったんだけれども、今後どういうふうな形の経営にしていくかということも含めて、もう一度お願いいたします。



○議長(佐藤栄一) 農林課長。

                   〔農林課長  小嶋正彰 登 壇〕



◎農林課長(小嶋正彰) 位置につきましては、やはり体験を進めていくためには……クラインガルテンは滞在型の農園というようなことで、そこに住んでといいますか、そこに滞在されている方が自家菜園的に利用するということでございますし、私どもの考えているのは国立少年自然の家ですか、そちらのほうに来られた方が農業体験をする場所とか、そういうもっと広い意味での体験の場として考えていくというような考えでございます。運営につきましては、現在指定管理者等ですね、による運営を考えておりますので、どういった形で指定管理者としてやっていただくのが一番いいのかという点について今検討中でございますので、よろしくお願いいたします。

   1点追加させていただきます。地元の賛同については、地域の皆様方とお話し合いをさせていただきながら、ここで体験作業をしたりなんかする場合についてですね、そこで雨が降ったときに逃げ込む施設だとか、あるいは体験したものを自分たちで収穫して調理して食べるとか、そういった施設も必要でないかというようなことで御提案をいただいているところでございます。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 新しくそういうものをつくり上げていくことも本当に重要だと思うし、さらなるやっぱり発展のためにも本当にそういうものが有効活用できて、そして国立少年自然の家から来る方々もそうですし、広い面でそういうものを使っていく、そのための施設というふうに私は今認識したんだけれども、そのためだけじゃなくて、やはり地元住民、また市民もやっぱり使えるようなですね、施設もやっぱりつくらなきゃいけない、その中に。そのために、外から来る人の交流人口、外から来る人たちがそこで体験するだけで交流人口というのは増加するわけじゃない。やっぱり外から来る人と、そしてまたこの地域にいる人たちがたくさんがまじり合えるような、そういう場をやっぱり私はつくっていかなきゃいけないと思うんです。そのためにも、やはりその近くにある直売所とのですね、連携というものが本当にこれから重要になってくると僕思うんですね。その辺を含めてやっぱりつくり上げていかなかったら、この地域、ここに新しいものをつくる発展性というものがやっぱり生まれてこないと思うんです。雨のためにその中に飛び込めるような場所だとか、そういうことの考えだけじゃなくて、やっぱりそういうものにとって農産物の直売所に来るお客さん、そしてまたそこにいらっしゃる勤めている人たち、そういう人たちとのやっぱり交流もどんどんできていくような、そういう施設がなかったら、やっぱり連携がなかったら無理だと思うんです。やっぱり協働な問題というのがたくさんあると思う。それこそ市長が言っているような協働心だと思うんですね。そういうものをやっぱり含めた考え方を持っていかなきゃいかんと思うんですけれども、いかがでしょうか、市長。



○議長(佐藤栄一) 入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 地域、地元、とにかく交流を拡大するということが大前提であります。今ほどの中で、ちょっと課長が説明不足を少ししていますんで、補足させていただきますが、基本的にはクラインガルテンのあそこに皆さんの集会所をつくるということが募集要項であり、それからクラインガルテンの1つの形なんです。その集会所をつくるのにですね、場所的にはあのそばがいいということになったわけです。しかしながら、集会所だけでいいかと、どうせやるんならばそこでいろんな子供たちが来て一々ですね、泥んこになっても靴洗ったり、くわ洗ったり、手洗ったりする場所もない、だからじゃそこへ少し膨らませようと。それから、芋というのはどうやってできるんだとか、サツマイモを掘るにしても、そういうことも勉強できる施設も併設しようということで話がですね、動いてきたわけです。その結果ですね、であれば妙高の食、あっぱれ妙高百選とか、いろいろ頑張っている皆さんもいらっしゃる。であればですね、例えば訪れる人に地域の食材をベースにしていわゆる田舎料理を提供できる場所もあってもいいと、話がですね、どんどん、どんどんいろいろ動きました。結果として、例えばこの地元にいる家族が行っても、あそこへ行ったらカレー米が分けてもらって、隣で芋掘ってきて、そして外で煮炊きできる施設もつくったらどうだと、こういうことで話はですね、今課長いろいろ答えていますが、なかなか課長の答えと議員のやりとり聞いていますと、少し理解不足かなと思って、今蛇足ですが、少し申し述べさせていただいています。

   こういうことで、将来的に先ほどの答弁でも答えましたが、あの一帯全体の構想をつくるということの中で順次ですね、次これ、次これということでまた皆さんと相談してやっていく。今のようにですね、核が1つあっても面的な整備までできなかったらですね、もちろんあの自然をそのまま残す場所は残す、もちろんちょっとですね、機械を入れて少し道路を広げなくちゃいけん場所も出てくるだろう、いろいろあると。こういうことを含めまして、将来的にはですね、旧妙高の村のエリアの全体的な位置づけ、ポテンシャルといいますか、そういうものを上げていく、底上げする、そういうことが最後の大前提で今向かっています。こういうことをつけ加えさせていただいて、御理解をいただきたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 最後になりますけれども、妙高エリアのスキー場に対してなんですけれども、妙高市の前向きなあのスキー場に対して、やっぱりグリーンシーズンも重要ですけれども、この妙高というのはやはり冬、ウインターシーズン、要するにスキーの妙高ということで長年やってきた、そういう状況なんです。だから、この冬というものを要するにだめにするわけにいかないんです。やはり前向きな考えということを我々も、そこにいる住民もそうですし、また行政もやっぱり考えていかなきゃ私はいかんと思う。

   その中で、きのうもアパの件でですね、あったときに市長のほうでですね、あのアパの本社のほうにもですね、行ってまいりたいというようなお話されていましたけれどもですね、赤倉エリアの共通券等ですね、いろんな民間事業者、そういうところにもぜひ本社に行ってですね、今の現状、それからそういうものを通して前向きなですね、やっぱり連携ができるものは連携できるというような、そういうお話をですね、またアパの本社と同時にですね、行ってもらいたいということをですね、お願いできますか。その辺市長、いかがなもんでしょう。



○議長(佐藤栄一) 入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) アパさんの場合とですね、今回の場合とちょっとケースが違います。個人個人の経営者を1つ個人として例えた場合ですね、アパさんの場合は一経営者の中での判断です。もう一つの場合はですね、いわゆる索道業者間のいろんな、僕は何が原因かよく承知していませんけども、何かがそこにあるんだろう。そこへですね、私のほうからじゃ行ってくるわというような、簡単にちょっと行けるケースと違うと思っております。ですから、あくまでも大前提として業者間で何が問題か、どういうことがどうだと、だからこういうふうに動いてもらいたいとかという正式な御要請もありません。アパさんの場合は、ここへ見えて説明をしてお帰りになっています。そのときには、私も何かという話はさせていただきました。どういう状態かわからない状態でですね、市を預かる一人としてですね、行けということになれば行きます。しかしながら、どこでもですね、首出して顔出していいかどうか、これも大事な判断の1つなんです。そういうことを御理解いただきたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 宮澤一照議員。



◆21番(宮澤一照) 市長、市長は市長であると同時に、スキー場競技会の会長でもあらせられると思うんですよ。そうですよね。スキー場競技会の会長でもあらせられるんで、ぜひその辺を含めてですね、やはり何とかですね、冬をですね、みんなでいい方向に向けていく。やっぱり世界の妙高にですね、スキーのウインターの世界の妙高にですね、つくり上げるような施策をですね、その辺で持っていっていただけるようにお願い申し上げて、私の質問にかえさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

                                                    

                   ◇ 関 根 正 明 議員



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。

                   〔10番  関根正明 登 壇〕



◆10番(関根正明) 議席番号10番、関根正明です。議長のお許しをいただきましたので、さきに通告してありました2点について質問させていただきます。

   まず、1点目ですが、直江兼続を描いたNHK大河ドラマ「天地人」の放送、JRグループと県、市町村、観光関係者が協力して食をテーマとして展開される大型観光キャンペーン、新潟デスティネーションキャンペーン、45年ぶりに開催されるトキめき新潟国体などの平成21年度観光対策事業、2009新潟県大観光交流年推進についてであります。4月18日に運行を開始した勝福寺、鮫ケ尾城跡、春日山神社や林泉寺など、「天地人」のゆかりの地をめぐる天地人バスが大変好評を得ており、5月30日で乗客が1000人を突破しました。大台達成を祝い、1000人目の乗客への記念品贈呈式が同日行われたことが報道されております。開始から43日目で1000人を突破したことになります。私も何回かこのバスの乗客の混雑ぐあいを見ているのですが、滞在型のお客様でにぎわっているのが見てとれました。しかし、これからの「天地人」の舞台が会津、米沢に移っていくので、正念場になるのはこれからだと思っております。この天地人バスは、妙高市、妙高市観光協会などで組織する妙高市天地人バス運行協議会が県の財団法人新潟県中越大震災復興基金の平成21年度観光対策事業、2009新潟県大観光交流年推進の補助金を得て、4月18日から11月29日まで226日間運行することになっております。

   そこで、お伺いしたいのですが、この天地人バスの現在までの利用状況と今後の見通しをお聞かせください。この天地人バスは、上杉謙信、景勝などのゆかりの地をめぐっていますので、市民が地元の観光資源を知るのに絶好の機会となっております。私の地元の婦人会も、お客様に御案内するには実際に乗ってみなければわからないということで研修に出かけております。市民の盛り上げなしにしては、なかなか成功には及ばないと思います。市でも積極的に広報すべきだと思います。もしわかれば、現在の市民の利用数を教えていただきたいと思います。

   新潟県では、観光立県を推進することを表明し、県民一丸となった観光振興を推進し、大観光交流年の効果を持続的なものにするため、観光振興施策の基本方針を定める新潟県観光立県推進条例を制定しております。目的としては、経済の持続的な発展及び県民が誇りと愛着を持つことのできる活力に満ちた地域社会の実現としております。先ごろこの行動計画、うまさぎっしり・魅せる新潟アクションプランが策定されました。期間を本年度から平成24年度までの4年間とし、観光振興施策の実施に当たっての本年度の重点方針は、大規模キャンペーンの展開を通じて積極的に誘客を取り組み、リピーター確保のため満足度向上の取り組みを強化するとしております。平成21年度は、本県ゆかりの深い戦国の武将、直江兼続を描いたNHK大河ドラマ「天地人」の放送、今回で7回目を迎える、テーマを食、キャッチフレーズをうまさぎっしり新潟として展開される大型観光キャンペーン、新潟デスティネーションキャンペーン、昭和39年以来45年ぶりに開催されるトキめき新潟国体、里山を舞台に3年に1度開催される世界最大の国際芸術祭、大地の芸術祭など、本県が全国から注目を集める好機であります。県では、平成21年度を2009新潟県大観光交流年と位置づけ、新潟の魅力を県内外に広く発信する取り組みを進めています。また、22年度においては、2009新潟県大観光交流年の検証に基づく取り組みの見直し、改善としております。

   そこで、お伺いいたします。本年度の検証に基づく取り組みの見直し、改善としておりますので、結果の出る11月にはまだ早い状態ですが、本年度同様県の補助金を得て、これからの滞在型の観光には必要不可欠なツールとしての天地人バスを定着するため、来年もこのバスを運行すべきだと思いますが、お考えをお聞かせください。

   22年度以降の観光振興施策の実施に当たっての重点方針として、四季の魅力や食に加え、新たなテーマを設定し、情報発信、観光地づくり等を実施して統一的なイメージづくりを促進し、2014年度末の北陸新幹線延伸の影響を見据えた取り組みを挙げております。2009新潟県大観光交流年を一過性に終わらせないようこの行動計画が策定されたと思いますが、まだ具体的にテーマ等も決まっていない状態で考えにくい面もありますが、現在妙高市でも取り組んでいる点も多いことから、21年度も積極的に推し進めていくべきと思いますが、お考えをお聞かせください。

   続いて、2点目に移らさせていただきます。現在、3月議会で質問させていただきました観光圏の来年度認証に向け、観光商工課を中心に調整が進んでいることと思います。そこで、来年の10月1日から12月31日まで展開されることが決定しております信州デスティネーションキャンペーンの参加について質問させていただきます。

   デスティネーションキャンペーンとは、JRグループと地方自治体、観光関係者が一体となって実施する大型観光キャンペーンですが、長野県では昭和55年春、昭和62年春、平成10年秋に行われ、今回は12年ぶり4回目の開催となります。ちなみに、新潟県は今回で7回目を数え、最高は京都の21回であります。以前長野県が行ったデスティネーションキャンペーンでは、たまたま妙高高原観光協会が長野県観光連盟と北信濃観光連盟にも県を隔てて加盟しておりましたので、ある程度仲間に入れていただいている状態でありました。昨年度から妙高市観光協会は両方とも財政状況から脱退を余儀なくされております。この状態が続いていると、かつては本籍地越後、現住所信州と言われていた妙高が、旅行雑誌、旅行ガイド等で信州を紹介している欄の地図上から少しずつ消えていくのが必定であります。現状としては、残念ながらそのような傾向になってきております。しかし、来年度には信越高原連絡協議会を中心とした観光圏が発足すると思われますので、その点が解消できるチャンスだと期待しております。また、ことしの新潟デスティネーションキャンペーンに引き続き「未知を歩こう 信州」のキャッチフレーズで展開される信州デスティネーションキャンペーンが来年展開されることが決定しております。妙高市単独か、もしくは観光圏で参加できれば、2年連続で全国に大々的にアピールすることができ、今回の新潟デスティネーションキャンペーンがより生き、妙高市にとって千載一遇のチャンスだと思われます。

   そこで、お伺いいたします。県を隔てて信州デスティネーションキャンペーンに参加するに当たっては、長野県側の了承が必要になってくると思われますが、もし参加するに当たって参加の条件等の問題点がありましたらお教えください。また、観光圏としてならどうか、お聞かせください。

   もし参加することが可能ならば、妙高を売る絶好の機会だと考えますので、乗らない手はないと思います。妙高市単独か、もしくは信越高原を中心とした観光圏で参加すべきと考えますが、どのようなお考えか、お聞かせください。

   ひとまず質問を終わらせていただきます。

                   〔10番  関根正明 発言席に着く〕



○議長(佐藤栄一) ただいまの質問に対する答弁を求めます。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 関根議員の1番目の1点目から3点目について、関連がありますので、一括してお答えいたします。

   天地人バスにつきましては、運行が始まった4月18日から5月末までの44日間で延べ1013人、1日平均23人が利用していただいております。滑り出しは非常に順調ということであります。なお、市民の利用につきましては全体の約1割となっており、6月から7月中旬にかけては観光客の動きが弱まることが予想されますが、実行委員会の皆様方からさらなる利用促進をお願いしているところであります。来年度の運行につきましては、引き続き妙高市への宿泊客増加に結びつくよう、上越のはすまつり、あるいはまたこの地域にあります関山神社、宝蔵院から始まりまして、関川の関所等々ですね、とにかく回遊性の高いことのつくり方がもっとできると思っております。こんなことを踏まえてですね、もちろん先ほどから御指摘あります信越高原ということの中では黒姫高原も含め、いろんな形ができると思いますが、近隣の観光資源等もまた結ぶということが魅力的になるというようなことから、運行の企画をですね、今から検討を進めさせていただいております。

   4点目につきましては、県が策定しましたアクションプランは、平成21年度から24年度の4カ年を行動計画の一環として取り組みが進められており、本年度は、デスティネーションキャンペーンがメーンとなっております。平成22年度以降は、重点施策である食に新たなテーマ設定を行うということになっております。観光情報の発信とですね、それから持続力のある観光地づくりを進めるということとなっておりますので、当市もこのプランに合わせ、積極的な事業展開を進めてまいりたいと考えております。

   また、2番目の1点目と2点目について関連がありますので、お答えいたします。これは、信州のデスティネーションキャンペーンのテーマ、今ほど議員も申し述べていただいたとおりで、ごろ合わせをしていますけども、未知(みち)を歩こうということで、当市としてもトレッキング、あるいは登山、あるいはまたセラピー基地・ロードといういろんな資源を持っていますので、これが共通のテーマで取り組むことによってですね、大きなメリットを見込むことができると思っています。信州北回廊のプロジェクトの中で打診を行うとともに、長野県と参加条件について現在協議を進めております。それから、長野県としてはですね、隣接する観光関係の深い自治体にも参加の意向をですね、確認する考え方であります。最終的には、デスティネーションキャンペーン実行委員会において決定をするということであります。この間ですね、積極的にいわゆる参加ということを前提にして働きかけを行い、問題点があれば何が問題かということについて精査しながらですね、前向きに取り組みたいということを申し述べたいと思います。

   それから、妙高市の参画がもし決定すればですね、信越高原の連携を大いに活用した事業推進が可能となりますので、改めてですね、この件は重要だというふうに考えております。

   以上でございます。



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。



◆10番(関根正明) 天地人バスについて再質問させていただきます。

   地元の観光資源を理解するには、今回の天地人バスは非常に絶好の機会だと思いますので、市民に広報をすべきだと思いますが、その辺の手段をどのように考えておられるか、お聞かせください。



○議長(佐藤栄一) 観光商工課長。

                   〔観光商工課長  早津之彦 登 壇〕



◎観光商工課長(早津之彦) お答えします。

   天地人バスの市民に対する広報ということでございますが、現在ですね、妙高チャンネル、それから市のホームページ、道の駅などの集客施設においてパンフレットを配布させていただいております。そのような中で、市民の皆様からはですね、この天地人バスにつきましては行ったことのあるところが結構このコースに入っているというようなことで、市民の皆様の今利用は約1割くらいなんですが、市民の皆様はこのバスよりもですね、ポイント、ポイント、見たいところだけ行きたいというような御意見もあることでございます。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。



◆10番(関根正明) 続いて、また天地人バスでお聞きしたいんですが、最初の目標として日平均12名ということで2712名という形で乗客を設定しておりましたが、その辺のクリアはほぼ大丈夫のような感じで、先ほどのをお聞かせいただくと大丈夫だと思いますが、その中でバスの中でアンケートをとって、満足度と認知度というアンケートをとるという最初の計画がありましたが、その辺もし集計できていれば、どの程度満足度があったかどうか、お知らせいただきたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 観光商工課長。

                   〔観光商工課長  早津之彦 登 壇〕



◎観光商工課長(早津之彦) アンケートの結果ということでございますが、現在のところまだ集計はできておりませんが、うちの職員もですね、このバスに乗って利用されているお客様の御意見を伺っております。非常にですね、コース設定、それから時間の配分、非常に満足であるというような御意見を伺っております。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。



◆10番(関根正明) このバスは、JR妙高高原駅を起点として妙高市内の温泉街を通りまして直江津まで行って、また戻ってくるというコースを設定してありますが、この中で直江津駅でおりるお客様の割合がわかりましたら、教えていただきたいと思います。

   それと、各乗車口で、地域別でもいいんですが、わかりましたらその割合を教えていただきたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 観光商工課長。

                   〔観光商工課長  早津之彦 登 壇〕



◎観光商工課長(早津之彦) 乗降客の割合という御質問でございますが、妙高高原の観光協会前から出発しまして、それぞれ道の駅あらいまで乗車できるというようなコース設定になっております。この中で、一番割合的に多く乗られているところが妙高の休暇村、ここでのお客さんの乗車率が一番高くなってございます。その次に赤倉の本通り、ここで乗られているお客さんの乗降率が2番目に高いというような状況でございます。

   あとですね、JR直江津駅でどれだけおりられているのかという数字については、ちょっと把握してございませんので、申しわけございません。お願いしたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。



◆10番(関根正明) 今ので休暇村がかなり多いと思いますが、多分に休暇村自体がパンフレットとかポスターとかつくってマスコミ等にも流していると思いますが、その辺は把握されておりますかどうか。



○議長(佐藤栄一) 観光商工課長。

                   〔観光商工課長  早津之彦 登 壇〕



◎観光商工課長(早津之彦) 休暇村の取り組みの状況でございますが、休暇村の支配人さんからお伺いしたところによりますと、昨年からこの計画があるということで、休暇村の系列を生かしましてこういったツアーを組んで集客募集をしたというふうにお伺いをしております。



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。



◆10番(関根正明) 今やはり休暇村の取り組みは普通の旅館でもすべきだと思うんで、その辺の手法等も紹介していただければ一番ありがたいと思います。

   続いて、今回の天地人バスでは、上越観光コンベンション協会の協力を得てボランティアガイド乗車しております。それで、ポイントをガイドしていただいておりますが、妙高市では森林セラピーのサポーターをことし養成しますが、これも非常に大事なことだと思いますが、この辺のガイドの育成というか、サポーターの育成ということはどのように考えておられますか、お聞かせください。



○議長(佐藤栄一) 観光商工課長。

                   〔観光商工課長  早津之彦 登 壇〕



◎観光商工課長(早津之彦) 天地人バスの関係につきましては、特にガイドは乗車しておりませんが、勝福寺、それから鮫ケ尾城、こちらにつきましては地域の皆さんの御協力を得まして、バスが到着する時間に説明をいただいているというところでございます。それから、森林セラピーサポーターのガイドの養成につきましては、これから取り組みを進めてまいりたいという考えでございます。



○議長(佐藤栄一) 関根正明議員。



◆10番(関根正明) 史跡等のガイドも非常に大事になってくると思いますので、ぜひ養成のほうをお願いして、これにて質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

                                                    

                   ◇ 塚 田 克 己 議員



○議長(佐藤栄一) 塚田克己議員。

                   〔6 番  塚田克己 登 壇〕



◆6番(塚田克己) 6番の塚田克己です。あらかじめ通告してございます2点について、一般質問をさせていただきたいと思います。

   まず、妙高市の農業政策についてでございます。御案内のように先般平成20年度の農業白書が発表されまして、平成19年度の米の1人当たりの年間消費量が前年比わずかですが、400グラムふえまして61.4キロ、上昇になりました。過去の減少の一途をたどったことからすれば、わずかですけども、ふえたということは素直に喜べるんではないでしょうか。これは妙高市にとって喜んでいい話だろうというふうに思います。

   ちなみに、妙高市はどうかという点についてでございますが、生産量は約8480トン、これに対して市内消費量は2360トンということで、人口1人当たりに換算しますと年間消費量が63.8キロということで、これも2.4キロぐらいですかね、妙高市の消費が高いという結果が出ております。この数字だけ見れば、妙高市の米に対する市民の意識というのは高いというふうに評価していいんじゃないかなというふうに思いますけども、そのもとには学校や保育園等のいわゆる地元の米をそういった公共の施設で地産地消対策として、あるいは食育として利用していただく、その施策を市長が積極的に取り入れているという面でのその姿勢のあらわれかもしれません。

   今日本の米政策は、農林省の農政改革特命チームというのがあるんだそうでございますけども、その中で生産調整の廃止だとか緩和だとか現状維持とか強化というふうな4段階で価格の見通しの試算などをしているようでございますが、OECDの経済協力開発機構の日本の農政に対する審査結果については、残念ながら緩和、廃止すべきとこれは勧告が出ているのは御案内のとおりでございます。農政の改革論議が始まる中で、WTOの交渉も恐らく米などの農産物の輸入自由化が強く求められるのは確実だと思われる今日、今後生産調整の決着とともに、将来の農政ビジョンというものを早急に明らかにする必要があろうかというふうに思っております。

   こうした難しい時期にあって、妙高市の米政策はどうでしょうか。市内約1900戸の農家がございますが、その1900戸の農家のうち1ヘクタール未満の農家が65%を占めているという典型的な小規模・零細地域でございます。特に山間地が多く、未整備地も多いということで、その未整備地の整備地に対する割合は20%を超えているという非常に厳しい状況にあります。そこへ高齢化や、あるいは過疎化といったものが追い打ちをかけているわけでございまして、年々荒廃地がふえ、そして米をつくる継承がほとんど出てこないと、こういう状況の中で市にとってもこの地域に合った米政策のビジョンづくりというのは、非常に難題な課題だろうというふうに感じているところでございます。

   市長は、14年の11月の就任以来まちづくりの理念として生命地域の創造を掲げております。きのう議員の質問の中にも、生命地域は農がいわゆる基幹だという説明もありました。私も全く同感でございます。市長は、農を基軸とした観光交流を柱にグリーンツーリズムの推進を取り組んでいくと、4つのツーリズムのうちグリーンツーリズムを推進することで将来の生命地域をつくっていくんだということを大きく掲げて、2期3年目に入りました。通算7年目でございます。この間、市長は日本で初めての民間企業の農業参入、あるいは先ほど来話が出ておりますクラインガルテンのオープンなどによりまして、自然との共生、人間と自然とのかかわり合い、そういったものを求めながら生命地域を目指して、着々と言っていいかどうかわかりませんけども、少なからずも進めていることにつきましては高く評価できるんではないでしょうか。

   しかしですね、褒めて落とすのはまずいんですけども、どうしても言わなくちゃいけないのがきょうの私の質問でございます。肝心なですね、米のブランド化ということにつきまして、常々市長は声高らかに妙高ブランドを掲げています。あちこちで妙高のブランド化をするんだと、米も含めてカボチャだとかウドだとかタラの芽とか、いろんなものが声として出てきておりますが、特に米については一向に芽が出ていません。これは市長も恐らくそういう認識でおられると思っております。その一番の典型はですね、皆さん御存じかどうかわかりませんけども、この新庁舎の玄関のロビーに妙高のあっぱれ逸品の品物を飾ってある陳列ケース御存じだと思います。あそこに、市長、米はないんですよね。米は陳列していないんです。まず、大体そういうところに私は農を基軸という、あるいは農を基幹とした生命地域を目指そうという市長の姿勢の中では、残念ながら米があそこに陳列がないというのは、7年間の間に出てこないというのはちょっといささか私は残念に思っておりますし、市長の米に対する姿勢が問われても仕方ないんじゃないかなというふうに思っております。

   そこで、質問に入ります。まず、26年度までの総合計画がございます。前期は22年、来年度の予算編成で前期基本計画が終わる予定になっているはずですが、全体では26年までの計画がございます。そのほかに、個別計画として農業・農村基本計画がございます。その妙高市の農業、特に米政策についてですね、市長のまず基本的な認識と、その取り組みの姿勢というものをまずお伺いしたいというふうに思います。

   次に、2点目ですが、米のブランド化についてでございます。今ほど申し上げましたように特産品のあっぱれ逸品認定制度は、確かに妙高市をアピールする、あるいは生命地域の創造のための一助をなすいろんな分野の逸品が展示され、そしていろんなところで販売されている、これは私は決して評価しないわけではございません。しかし、既に妙高産コシヒカリが逸品として認定されるための手だてというのは、少なからずも4年以前からその研究会をつくって立ち上げて取り組まれていたはずです。しかし、それは生産者に少なからずも浸透しているとは言えない。それはなぜですか。どこに問題があるんでしょうか。

   妙高ブランド米のコシヒカリをつくるための生産マニュアルというのは、そんなに私は難しいとは思いません。秋刈り取りが終わって、秋のすき込みから土づくりが始まって、雪によって大地を肥やして、春に雪消えと同時に農作業が始まって、田植えから管理から、最終的にまた秋に刈り取りをして収穫の喜びを味わうと、これが米づくりのサイクルでございますが、そういう時期時期に、適時といいますかね、に合わせたところの段階でどういうことをすれば、あるいはどういう肥料を使えば、どういう作業をすればいわゆる妙高のブランドとなり得る米はつくれるのかという、これは私はそんなに難しいことではないというふうに思います。しかし、それが4年たってもできないという、いまだにまだ栽培米というような名目で道の駅などで売っておりますし、都市へ行って試験で販売しているようでございますけども、そういったこともほとんど一般市民の方々には知られていない。

   県では、先般県産米の食味、品質に関する基準値を年内に決めるという検討会を発足したといって公表がありました。県の県産米の基準値で妙高市がクリアしたとしても、それは妙高市の特産ではないし、ブランドでもないわけですから、少なからずもそれよりもレベルの高い形で食味値といいますか、基準値を設定しなければブランド米にはなり得ないということからすれば、これは私はそんなに難しくないんだろうというふうに思いますが、その辺の取り組みについて具体的にですね、その方策を教えていただきたい。

   それから、その具体的な1つの方法としてですね、最近妙高ブランド米のマニュアルに基づいて米粉を生産調整の加工米としてつくるということについて、私も以前質問もいたしました。これもですね、県が言っているめんじまんだとか、そういったことにとらわれて、肝心のですね、農家の皆さんが生産調整でつくる米のつくり方そのものを理解していないような、コシヒカリつくっている隣にめんじまんをつくるだとかですね、こしいぶきをつくるだとかという、そういう違うものをつくらせるということほど農家の皆さんにとってみれば大変なことはないんですよ。ですから、私は単純に今つくっている農家の皆さんの品種に合った形で米粉を生産調整の減反したところにつくれば、何ら難しくない、簡単に私はできると思うんです。ただ問題は、そのもととなる米の品種が妙高のブランドになるように、生産マニュアルをつくって農家に指導してくださいということを言っているんで、そこらあたりが私がここで言っている妙高のコシヒカリによる米粉の生産に対する取り組みというのは、具体的にあるのかないのか、あるいは私はぜひそれはめんじまんなどをつくる以上にコシヒカリの、いわゆる農家の皆さんが今つくっている品種に合った米粉の生産というものを積極的に取り入れるべきと思うんですけども、その辺の考え方を明確にお答えいただきたい。

   また時間が長くなってしまうんで、次簡単にいきますが、3番目の中小の農家に対する支援ですけども、これも今回のですね、補正で盛んに農地の集積だとか集団化だとかといって、そういった人に対しては国は補助金を出しますよと、あるいは妙高市単独の独自の制度もつくりましたと、こういうことを言っています。そんなことを言っても、それはそれで対象になる人は私は否定しませんけど、そういったのに拾えない人がたくさんいるんですよ。先ほど言ったように1ヘクタール未満の農家というのは65%もいるんですから、その中で特に山間地、それから平場でも最近は荒廃地がどんどんふえている。それはどこかというと未整備地です。だから、そういったところに集積しろだとか、機械化を図って省力化しろとかと言ったって、それは無理な話は明らかなんです。だから、そこらあたりの現実の現場というものをよく理解した上で、本当に中小の小規模の農家の皆さんに対して、やはりやることは一緒ですから、かえって労力がかかるんですよ。ですから、そういったところに米のいわゆる妙高ブランドの米をつくってください、つくるべきだという方向を指導していくんであれば、当然手間暇はかかるし、労力もかかるし、金もかかるんです。肥料もかかるんです。だから、そういったかかるものに対してぜひひとつ支援を助成制度を設けてほしいということを私申し上げているんで、大規模に対してはいろいろな優遇措置等がある一方で、そういう中小・零細に対しては全くないというところにも、この妙高市の農家のいわゆる継承が続かないという部分では、市長の米政策に対するやっぱり姿勢というのは、中小の農家に対して理解を示していないんじゃないかなと言われても仕方ないだろうというふうに思うわけでございます。

   その次の利用権設定のこれもそうです。小さい未整備地の平場でも農地がたくさんあります。山間地へ行けばほとんど未整備地です。そういったところで、お年寄りがもう田んぼできないから、隣のとうちゃん、かあちゃん田んぼちょっとやってくれないかねというところがたくさんあるわけです。だから、そういった人の事情をよく考慮して、助け合いといいますか、コミュニティーといいますか、そういうふうな特殊な事情のあるいわゆる利用権設定については、それはやむを得ない事情ですから、農地を保全していただいたり、地域のコミュニティーを育てていくという観点では、そういうのを奨励しながらそういう場合は生産調整、いわゆる減反の特別な措置で優遇いたしますよというぐらいの、やっぱり市独自の得策があってしかるべきだということをこの4番目に申し上げているところでございますので、その辺の具体的な考え方をお教えいただきたいというふうに思います。

   それから、杉野沢の財産区の政策方針についてでございます。これは、先ほど関根議員さんからまたとらえ方が違うところで御質問がありました。私も結果的には北信との一体感というのは、前々から問題提起しているところでございます。飯山、信濃町、飯綱、木島平、こういったいわゆる新潟、妙高市と隣接するこの長野県でいえば北信と言われる地域との一体感というのは、観光という取り上げ方からすれば、観光圏を設定するという方向に行きつつある動きからすれば当然なわけでございます。その1つの大きなインパクトをあらわすのが笹ケ峰、いわゆる杉野沢地区の笹ケ峰だと私は思っております。その笹ケ峰に対してですね、皆さん御存じのようにあそこは笹ケ峰牧場と昔は言われて、非常に利用が高かったところでございますが、3分の2は杉野沢財産区の財産でございます。財産区というのを細かいことは申し上げませんが、いわゆる市が妙高市のこの議会で一般会計で処理できるところではございません。したがって、特別会計をつくって、会計でも別会計で処理しているところでございます。その杉野沢のエリアに対して市はどう指導していくのか。その整備計画があってしかるべきですね。指導するということは、基本的にあの笹ケ峰一帯をどういうふうなエリアでとらえて、今後どういうふうに整備していくのかというそのビジョンがあってこそ、次の段階として具体的な施策が講じられるというふうに思うわけでございます。

   そこで、まず笹ケ峰の整備という、笹ケ峰エリアというものに対して市長はどういうふうにとらえて整備をしようと、今後観光圏としての笹ケ峰の存在というものを位置づけたときに、どう今後整備していったらいいのか、その取り組みの方針というものをお伺いしたいというふうに思います。

   それから、2番目の財産区の経営についてでございますが、これはきのうもアパの問題が出ました。それ以前に新井スキー場も今現在休止中でございます。来シーズンからアパのスキー場も廃止されるということで、スキー場に対しての危機感というのは非常に大きなものがございます。特に財産区の収入は、プリンスが経営する杉ノ原国際のスキーの土地の貸付料が中心でございます。その動きの中で、かねがねから財産区の財産を活用したいわゆる独自の財源というものの確保のためのグリーンシーズンの具体的な取り組みをして、入り込み客に喜ばれ、そして財産区としても収入が得られるという、そういうですね、やっぱり自立できる経営というものをしていかんきゃいけないと、そのために市はどうすべきなのかというのの基本的なやっぱり考え方を持っていなければ私はいけないというふうに常々言ってきたところでございます。

   そういう観点で経営に対する今後のあり方と市の指導等のかかわりについてお伺いいたしまして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

                   〔6 番  塚田克己 発言席に着く〕



○議長(佐藤栄一) ただいまの質問に対する答弁を求めます。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 塚田議員の1番目の1点目についてお答えします。

   妙高市の農業政策については、生命地域の創造を基本理念として、自然と調和し、この地域に合った生活様式、文化、自然環境などを大切にしながら、持続的、安定的な農業の発展を目指すことが基本的な考えであります。この実現に向け、妙高市農業・農村基本計画では、「安定した経営の確立」、「安全・安心な農産物のブランド化と流通・販売体制づくり」、「都市と農村の共生・対流と活性化」、「良好な農村環境の保全管理」を目指し、認定農業者の育成や就農雇用対策など、担い手の育成、確保対策に努めるとともに、新たに米粉用米の生産などへの取り組みや自然体験プログラムの構築などによる地域活性化対策、地域の協働活動への支援による集落機能の維持と農地の荒廃対策などに取り組んでいるところであります。

   2点目についてお答えします。ブランド米の奨励方策については、生産した米について有利な価格となるよう販売に努め、その結果を農家に周知することで参加農家が増大するものと考えており、現在首都圏の百貨店での試験販売の実施や商談会への出席等を進めるなど販路開拓に努めております。

   次に、米粉用米につきましては、小規模農家が生産調整として取り組むためには、議員御指摘のとおりつくりなれた一般米が適当であると考えております。一方で米価が不安定な中、農家所得を確保するためには低コスト生産のための多収穫品種、まためんに向くとされる高アミロース米等の特徴のある品種の導入も、市場性を見きわめながら進めていく必要があると考えております。

   3点目についてお答えします。中小農家において、農地の荒廃防止や良好な農村景観の維持など、多方面にわたって重要な役割を果たしていただいておると考えております。今後、中小農家が経営を維持していくためには、生産コスト低減と労力の軽減を図ることが重要であると考えております。このため、農業機械などを共同利用する農家グループに対する支援が適当であると考え、今回市独自の中山間地域等共同利用農業機械導入支援事業を創設したものであります。今後も中小農家の実情を踏まえ、市独自の支援策を必要に応じて講じてまいりたいと考えております。

   4番目についてお答えします。米の生産調整の配分に当たっては、米価の安定を図るため、全農家の生産調整への参加が必要であることから、農業者や農業者団体と組織する妙高市米政策推進協議会において、利用権設定された農地を含め、公平性の確保から一律で作付目標面積のお願いをしておりますので、御理解をお願いしたいと思います。

   2番目の1点目についてお答えいたします。市の観光振興を図るための計画として、自然、温泉、食材などの地域が誇れる地域資源の活用やおもてなしの心による受け入れ体制の充実、観光基盤施設の整備、また観光情報の発信強化、広域観光の推進などを柱に昨年度、観光振興計画の素案をまとめました。今後、環境省などの関係機関や地域の皆さんと協議し、具体的かつ実施可能な計画にしてまいります。笹ケ峰エリアの整備につきましても、この観光振興計画案に位置づけており、基本的には笹ケ峰の雄大な手つかずの自然環境を維持、保全しながら観光資源として生かしていくため、遊歩道の案内表示などの充実や新規登山道ルートの整備、観光施設の充実など、今ある資源を生かし、トレッキングや合宿で利用できるランナーなど、笹ケ峰を多くの皆さんから快適に利用していただくための環境整備を進めてまいりたいと考えております。今年度は、財産区が行う事業につきまして引き続き仙人池周辺や県道沿いのシラカバ林の間伐作業のほか、ドイツトウヒの森、清水ケ池周辺遊歩道の刈り払いを行います。また、市が行う事業といたしましては、森林セラピーロードへの看板や道標の設置、新規登山道のルートの調査等を行います。

   平成22年度以降につきましても、観光振興計画を基本に杉野沢区、財産区などの地域の皆さんを初め環境省、森林管理署などの関係機関とも協議、調整を行う中で合意形成を図りながら、役割分担を明確にし、年次計画を定め、笹ケ峰全体の振興を図ってまいりたいと考えております。

   2点目についてお答えします。財産区の運営財源は、土地貸付料が主なものでありますが、近年のグローバルマーケットの動きによる財政不況、金融不況の影響が財産区経営にもあらわれ始めており、貸付料の徴収状況を見ますと、平成19年度までの過年度未収金はすべて解消いたしました。今年度における土地貸付料の滞納等による財源不足が懸念されているところであります。このようなことから、財源の確保は大変厳しい時期に入ってきていることも事実でありますが、このまま財源不足で森林整備を行わなければ財産の健全な維持ができなくなり、自然環境にも影響を及ぼすことになりますことから、財源確保に努めながら、限られた予算の中で最大限の成果を上げられるよう事業推進を図ってまいりたいと考えております。



○議長(佐藤栄一) 塚田克己議員。



◆6番(塚田克己) 一般米が適当だというお答えがありましたですね。適当というのは、これはもう間違いないんですよ。だから、答えとしては適当であると考えていますじゃ答えじゃないですよ、これ。適当だったら具体的にどういうふうに奨励していくんですかと私聞いているんです。私は、ですから適当だから中小・零細の小規模の65%を占める農家の皆さんに積極的に生産マニュアルをつくって植えつけていただいて、それを加工米なら加工米に転化していくということを具体的に積極的に取り入れたらどうですかと聞いているんです。その答えはどうですか。



○議長(佐藤栄一) 農林課長。

                   〔農林課長  小嶋正彰 登 壇〕



◎農林課長(小嶋正彰) コシヒカリを初め一般米につきまして、生産調整で米粉に対応するということにつきましては、小規模農家にとって重要であるというふうに思っております。一方で米粉の需要の問題がありますので、米粉の需要を図る上でどういうような形がいいのかということについて、今現在模索をしているところでございますが、地域の中でこの米粉を生かした有利な販売方法等につきましてですね、検討を進めながら両面で取り組んでまいりたい。また、集・出荷体制等につきましても個別のいろんな需要者との契約だとか、今現在のところ生産調整におきましては種々の条件がございますので、それをクリアできるような形で地域の中で米粉が生かせるように、いい米粉になるような地域での消費拡大を広めてまいりたいというふうに考えております。



○議長(佐藤栄一) 塚田克己議員。



◆6番(塚田克己) こうやっていると、一日かかったって終わらんですよね。私は、今のお答えは答えだとは思いません。

   既に私もこれ調べた。トキの舞う佐渡のコシヒカリ、これは佐渡のコシヒカリを使った加工米です。魚沼小町、これも魚沼の超特級品のコシヒカリを使った米粉です。これにまさるものはないんですよ。何でそういうことがわからないんですかね、実際にもうやっているところがあるのに。それで、アミロース等の特徴のある品種の導入どうのこうの見きわめながら進めていく、低コストだとか多収穫だとか、そんなの多収穫なんかこれでもできますよ。生産者の立場になってください。米生産課でもつくったらどうですか、市役所で。副市長さん、どうですか。



○議長(佐藤栄一) 引場副市長。

                   〔副市長  引場良男 登 壇〕



◎副市長(引場良男) 御指名をいただきましたので、お答えをさせていただきますが、非常に米粉の問題につきましても、とどのつまりは売れる米粉でなければいけないという面がございます。試験的にはですね、来年度私どもの学校給食という部分ございます。そういう部分の中では、今後妙高市だけの消費ということではブランドになりませんので、できるだけ売れる米粉ということも研究していかなければいけないということで、なかなか今の段階ではですね、これでいくんだというところを自信を持って方向づけをするというところまで至っていないのが現状かと思います。いろいろこれから、消費という部分のことも考えながら取り組んでまいりたいと思っております。



○議長(佐藤栄一) 塚田克己議員。



◆6番(塚田克己) 副市長さんのお答えは、全くそのとおりです。なぜできないのかといいますと、先ほどから申し上げているように、市のいわゆるブランドになれるコシヒカリのマニュアルをつくらないからですよ。毎年、毎年、試験、試験。一部でこういう袋を使って道の駅で売っています。聞いたら、これもう個人でつくっている。だから、やっぱりですね、姿勢が問われるんで、これ以上私一問一答じゃないからやりませんけども、いずれにしても米に対する取り組む姿勢というのは、非常にこれ改めていただかなきゃいかんし、このままだと、本当にきょうの新聞にも出ていますよね。要するに農地荒廃地、県内の比較的いいとされる平場でも耕作放棄が非常にふえている。これは特に未整備地です。当たり前の話なんです。それをですね、そういう制度を使ってグループ化したりとか、農業機械の導入を創設したとか、それは現実に現場に合っていないんですよ、そういう制度が。だから、私は中小で一生懸命やっている農家の皆さん方がやりやすいような、もっと身近に要するに対応できる、喜んでいただけるような小さな制度というものをやっぱり確立して、きめ細かくそういった中小・零細の皆さんにこれからも農地を守っていただく、それから自然を保全していただく、それが将来の市長の言う生命地域につながっていくんだという1つの仕組みの中で、そういった小さな農家の皆さんにきめ細かくやっぱり対応していただかなければいけないと。市民の心に本当につながらない米政策だと私は思います。玄関に米もう出ていません。これ、どなたにお答えしていただくのかわかりませんけども、これ出す気ないですか。



○議長(佐藤栄一) 観光商工課長。

                   〔観光商工課長  早津之彦 登 壇〕



◎観光商工課長(早津之彦) 現在あっぱれ逸品のPRにつきましては、高速道路の妙高サービスエリア、それと道の駅、市役所の本庁舎、3カ所でショーケースを置いてPRをしてございます。その中で、市庁舎にございますショーケース、これ大きさがですね、小さいもんですから、認定品全製品が今入らないというような状況でございます。3カ月に1回見直しをして入れかえていくという考えでございまして、今月見直しの月になってございますので、7月からは米を入れてPRしていきたいという考えでございます。



○議長(佐藤栄一) 塚田克己議員。



◆6番(塚田克己) それではですね、ちょっと時間ないんで、最後の生産調整の優遇措置といいますか、特別支援という問題ですけども、これもですね、山間地の荒廃、要するに未整備地、それから平場での未整備地、こういったものを中心に非常に荒廃が進んでいるというのは、こういったマスコミでも取り上げているわけですね。これは、妙高市だって現実ですよ。だから、そういったところの小さな小規模の農家の皆さんが隣近所で助け合って、田んぼ、私じゃやりますわ、隣のとうちゃんやってくんない、かあちゃんやってくんないという、そういうお互いの助け合いの中でやっているというのに対して、一律作付面積をお願いしているんであれば、これは解決じゃないですよ。私、こんなこと答え求めているんじゃない。一律じゃいけんから、そういう特殊な事情のところは特別なやっぱり支援をしてやる、それが大事じゃないですかと言っているんです。その対策を講じていただかなければ意味がないということを申し上げます。また、いずれの機会に質問したいと思います。

   それから、市長、高野 孟先生のこの雑誌御存じですよね。これ私改めて、笹ケ峰の問題を取り上げる中で改めてこれ読ませていただきました。高野先生の話というのは、本当にテレビに出ていろいろやっているあの姿から見ますと、イメージが合わないといいますか、本当にこの人が農業を好きで……ところが、実際にテレビ見てああやっていろいろコメント出していることからすると、何か経済評論家かですね、エコノミストか、そんな感じの、あるいは国際評論家かそんな感じするんですけど、いやいや実は全然違うというのがこの妙高里山みらい塾の塾長の高野 孟先生のこの文章見ますと、もうしみじみと温かみが出てまいります。この妙高の資産価値というのは、財産価値というのはすばらしいものがあるということを絶賛しておられます。笹ケ峰に馬を使った馬場でもつくったらどうかとか、そういう非常に夢のある話もあります。北海道のキャラメルだとか、そういったのも牛乳を使ったいろんなアイデアの商品も、私は笹ケ峰が果たして適地かどうかわかりませんけども、そういうアイデアをですね、やっぱり考え合わせながら、こういう高野先生からのそういう1つの大きな提案に対してですね、里山みらい塾の塾長で提案してくれているわけですから、それをやっぱりもっと積極的にとらえて、笹ケ峰に限らず池の平のいもり池の周辺だとか斑尾だとか、妙高には大きな自然をテーマとした存在価値というのは、春、夏、秋のいわゆる市民こぞって集まるエコトレッキングで実証済みですけども、そういったところの笹ケ峰に関してだけとらえていえば、この高野先生がおっしゃっておられるような新たな斬新的な考え方をもとに、もっと前向きに取り組むべきではないかなというふうに思いますが、最後に市長の見解をお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤栄一) 入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) 高野先生からいろいろ御指導いただいております。先生の非常にですね、持ち味としてまさにこの妙高のフィールドが最高に自分を生かせる場所だというようなことで、いろいろもう随分長いおつき合いさせていただいておりますが、先生からはそこに書いてある御提案をいただいたほかにまだたくさんいただいております。しかしながら、今馬ということになるわけですが、実際ここでですね、冬期間あれだけの雪の降るところでですね、じゃどうしたらいい。いろんなですね、話は話として私も理解しております。しかし、一歩前へ出るためにはですね、それなりの慎重なやっぱり立場で物を見なくちゃいけないというのもまた立場でもあります。そんなことを含めまして、御提案をいただいている中でまだ発表に至らずということで、また私がここで軽々に申し上げますと、もう話がひとり走りしますので、非常に慎重に対応せにゃいかんなと。しかしながら、そこで御提案いただいている中で既に計画をですね、立てて動いているものも何件かあるということだけ申し上げたいと思います。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) 塚田克己議員。



◆6番(塚田克己) ありがとうございました。杉野沢のことだけを申し上げるつもりはありませんけども、特にあそこの場合は財産区という特殊な地域でございます。その財産区から上がる収入をもって経営しているという部分では、他の地域とは違います。ぜひその辺を理解して行政のバックアップをお願いして、私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(佐藤栄一) 以上で通告のありました一般質問はすべて終了しました。



○議長(佐藤栄一) 本日は、これをもちまして散会します。

   どうも御苦労さまでした。

                   午後 0時05分  散 会