議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 妙高市

平成17年  4月臨時会(第2回) 04月26日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成17年  4月臨時会(第2回) − 04月26日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成17年  4月臨時会(第2回)





         平成17年第2回妙高市議会臨時会会議録(第1日)


                     平成17年4月26日(火曜日)


                        議事日程 第1号  午前10時15分 開 議


 第 1  会議録署名議員の指名

 第 2  会期の決定

 第 3  諸般の報告

 第 4  報告第3号〜報告第6号

 第 5  報告第7号〜報告第8号

 第 6  報告第9号〜報告第10号

 第 7  報告第11号

 第 8  議案第79号〜議案第81号

本日の会議に付した事件

 日程第 1  会議録署名議員の指名                                   

 日程第 2  会期の決定                                        

 日程第 3  諸般の報告                                        
          *現金出納例月検査の結果報告について  平成16年度2月分              
          *監査の結果報告について  市民税務課                        
          *新潟県市議会議長会春季定期総会開催概要                       
          *第80回北信越市議会議長会定期総会開催概要                     

 日程第 4  報告第 3号 専決処分の承認について
               新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更につい
               て                                     
        報告第 4号 専決処分の承認について                           
               上越地区広域視聴覚教育協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び上越地区広域
               視聴覚教育協議会規約の変更について                     
        報告第 5号 専決処分の承認について                           
               上越地方広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び上越地方広域事務組合
               規約の変更について                             
        報告第 6号 専決処分の承認について                           
               上越地方広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分について 

 日程第 5  報告第 7号 専決処分の承認について                           
               新潟県新井市市税条例の一部を改正する条例                  
        報告第 8号 専決処分の承認について                           
               新井市都市計画税条例の一部を改正する条例                  

 日程第 6  報告第 9号 専決処分の承認について                           
               平成16年度新潟県新井市一般会計補正予算(第7号)             
        報告第10号 専決処分の承認について                           
               平成16年度新潟県新井市老人保健特別会計補正予算(第3号)         

 日程第 7  報告第11号 専決処分の承認について                           
               新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更につい
               て                                     

 日程第 8  議案第79号 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第1号)             
        議案第80号 平成17年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)       
        議案第81号 平成17年度新潟県妙高市水道事業会計補正予算(第1号)           


出席議員(20名)
   1 番   深  石  和  栄
   2 番   間  島  英  夫
   3 番   丸  山  喜 一 郎
   4 番   樋  口  次  夫
   5 番   長  尾  賢  司
   6 番   尾  ?     博
   7 番   吉  住  安  夫
   8 番   丸  山  與 一 郎
   9 番   豊  岡  賢  二
  10 番   水  野  文  雄
  11 番   下  鳥  美 知 子
  12 番   安  原  義  之
  13 番   渡  辺  幹  衛
  14 番   荒  川  忠  静
  15 番   作  林  一  郎
  16 番   堀  川     勇
  17 番   佐  藤  栄  一
  18 番   丸  山  義  忠
  19 番   植  木     茂
  20 番   堀     謙  三


欠  員(9名)


説明のため出席した者
  市     長   入  村     明
  助     役   横  尾  幸  秀
  収  入  役   ?  櫻     實
  総 務 課 長   市  川  達  孝
  財 務 課 長   塚  田  克  己
  農 林 課 長   恩  田  義  男
  税 務 課 長   堀  川     勇
  市 民 課 長   木  賀  総  次
  健 康 福祉課長   手  塚  治  雄
  ガス上下水道局長  大  野  俊  雄
  生 涯 学習課長   倉  石  義  行


職務のため出席した議会事務局の職員
  局     長   廣  瀬  恒  雄
  次     長   安  原  典  哲
  副参事庶務係長   大  野  節  子
  主     事   豊  田  勝  弘





                   午前11時00分  開 会







◎局長(廣瀬恒雄) ただいまの出席議員は20名であります。



○議長(丸山與一郎) 各位におかれましては、時節柄何かとお忙しい中お集まりいただきまして、深く感謝申し上げます。

   ただいま事務局長報告のとおり、出席議員数は20名であります。よって、定足数に達しておりますので、これより平成17年第2回妙高市議会臨時会を開会いたします。

   開議に先立ち、市長の招集あいさつがございます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) 本日ここに平成17年第2回妙高市議会臨時会の開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。

   花咲き、若草もえるさわやかな季節を迎えましたが、本日は市町村合併後、妙高市として初めてとなる臨時会を開催することとなりました。議員の皆様方におかれましては、何かと御多忙のところ御出席いただき、厚く御礼申し上げます。

   さて、今期臨時会で御審議いただきます案件は、御報告申し上げるもの9件、17年度補正予算3件、合わせて12件でございます。

   よろしく御審議の上、議決または御同意を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、招集のあいさつにかえさせていただきます。





                   午前11時06分  開 議







○議長(丸山與一郎) これより本日の会議を開きます。

   本日の議事日程については、お手元に配付のとおり進行いたしますので、御了承願います。



○議長(丸山與一郎) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において14番 荒川忠静議員、15番 作林一郎議員を指名いたします。



○議長(丸山與一郎) 日程第2 会期の決定の件を議題といたします。

   お諮りいたします。平成17年第2回妙高市議会臨時会の会期は4月26日、1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、平成17年第2回妙高市議会臨時会の会期は4月26日、1日と決定いたしました。



○議長(丸山與一郎) 日程第3 諸般の報告をいたします。

   監査委員から平成16年度2月分の現金出納例月検査並びに市民税務課に関する監査の結果について報告がありましたので、その写しを配付いたしました。また、過日長岡市において開催されました新潟県市議会議長会春季定期総会の開催概要、及び新潟市において開催されました第80回北信越市議会議長会定期総会の開催概要もあわせて配付いたしました。



○議長(丸山與一郎) 日程第4 報告第3号 専決処分の承認について 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、報告第4号 専決処分の承認について 上越地区広域視聴覚教育協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び上越地区広域視聴覚教育協議会規約の変更について、報告第5号 専決処分の承認について 上越地方広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び上越地方広域事務組合規約の変更について、報告第6号 専決処分の承認について 上越地方広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分について、以上4件を一括議題といたします。

   報告を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました報告第3号から報告第6号までの組合関係4件の専決処分について、一括して御説明申し上げます。

   まず、報告第3号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について申し上げます。この専決処分は、4月1日の妙高市、長岡市、十日町市及び阿賀町の合併に伴い、組合を組織する地方公共団体に変更が生じたことから、規約変更の手続を専決処分したものであります。

   次に、報告第4号 上越地区広域視聴覚教育協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び上越地区広域視聴覚教育協議会規約の変更について、及び報告第5号 上越地方広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び上越地方広域事務組合規約の変更について申し上げます。この専決処分は、4月1日の妙高市及び十日町市の合併に伴い、協議会及び組合を組織する地方公共団体に変更が生じたことから、規約変更の手続を専決処分したものであります。

   次に、報告第6号 上越地方広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分について申し上げます。この専決処分は、4月1日の十日町市の合併に伴い、3月31日限りで松代町及び松之山町が組合から脱退したため、財産処分の手続を専決処分したものであります。

   以上、報告第3号から報告第6号までの専決処分4件について一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) ただいまの報告に対し、御質疑ございませんか。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

   これより採決いたします。

   報告第3号から報告第6号までの報告案件4件については、承認することに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、報告第3号から報告第6号までの報告案件4件については承認されました。



○議長(丸山與一郎) 日程第5 報告第7号 専決処分の承認について 新潟県新井市市税条例の一部を改正する条例、報告第8号 専決処分の承認について 新井市都市計画税条例の一部を改正する条例、以上2件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました報告第7号 新潟県新井市市税条例の一部を改正する条例、及び報告第8号 新井市都市計画税条例の一部を改正する条例の専決処分2件について、一括して御説明申し上げます。

   この2件の専決処分は、平成17年度税制改正に係る地方税法の一部が平成17年3月31日に改正されたことから、関連する条例を改正したいものであります。

   まず、報告第7号の市税条例につきましては、個人市民税では定率減税の縮減、65歳以上の方に適用される非課税限度額の廃止などが主なものであります。固定資産税では、長期避難指示等に係る被災住宅用地に対する特例措置の追加のほか、不動産登記法の改正に伴う文言の整理が主なものであります。

   次に、報告第8号の都市計画税条例につきましては、地方税法の改正に関連し引用条例の修正を行ったものであります。

   以上、報告第7号及び報告第8号の専決処分2件について一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) ただいまの説明に対し、御質疑ございませんか。

   渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 議席でお願いします。

   まず最初に、今の第7号、市税条例の関連ですが、国の地方税法が改正されたからというんで、右へ倣えということになるわけですけど、これは非常に重要な問題ですので、影響をお尋ねしたいと思います。まず、65歳以上の者を削除したその影響、状況はどのように把握されておられますか。



○議長(丸山與一郎) 堀川課長。



◎税務課長(堀川勇) それでは、議員の御質疑にお答えさせていただきたいと思います。

   通常の市税については影響がないものと思われますけれども、65歳のところでは影響が出ますけれども、そのほか各特別会計のところで影響が出るということの推測だと思われます。国民健康保険につきましては、所得を課税の標準とされておりますので、特に影響がないものと思われますが、介護保険につきまして影響が出るというふうに考えております。第1号被保険者、65歳以上の方たちが該当している項目でございますけれども、市民税の課税、非課税という項目が基準としてあります。5段階に区分が分かれておるわけでございますけれども、その方たちに該当してくるんではないかというふうに考えております。ただ、影響見込み人数につきましては、詳しい数値まだ掌握しておりませんけれども、平成15年の数値を仮に申し上げますと、所得金額で28万を超えまして125万円の方につきましては、旧新井市を単位としておよそ1100人ほどいらっしゃるというふうに想定しております。そのうち約100名の方が障害を持っておられる方でございますので、今回の改正については該当にならないというふうに考えておりますけれども、残りの1000名の方がその項目に該当してくるであろうというふうに考えております。

   その関係でございますけれども、影響が見込まれる個々の事例として申し上げたいと思いますけれども、二つの例が考えられるわけでございますけれども、一つ目は階層の第3階層というところがございまして、本人が非課税という項目がございます。そこに区分されている方が第4階層に上がるという場合でございます。これは、本人が課税となる場合でございます。いわゆる所得控除がなくなりまして、本人が所得がふえるということで課税になる対象でございますけれども、その方が年額で約9000円ほど増額になるというふうに考えております。また、第2階層からもう一つは、第3階層の方を今申し上げましたけれども、第2階層の方で世帯が非課税という方に区分されております方が、同じく今度ツーランク上がりまして第4階層にいく場面が考えられます。世帯全体で非課税の方たちが今度は課税になるということで、第4階層にいくわけでございますが、その方につきましては年額で1万8000円ほど増額になる可能性があるということでございます。なお、予測額総体につきましては、まだ個々おのおののデータをもとに全部の量の悉皆調査をしなければなりませんので、まだ実施しておりませんけれども、その辺で御理解をいただきたいなというふうに考えております。

   以上です。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 細かくありがとうございました。今、国民健康保険税は特にという話もありましたが、今の話では直接分でも、この前3月議会でも全協の報告のときお尋ねしましたけど、1800万とか2700万とか段階的にはありますけど、増になると思うんです。年金が減らされ、また今消費税が上がるかなんて話も検討され始めている中で、ますます高齢者の皆さんの負担が増してくる。そういう点では素直にはい、そうですかとは言いづらい話であります。特に与党の税制改正大綱で見ましたら、関係市町村においては国民健康保険料等について、必要に応じ適切な措置を講ずることを期待するという異例の文句もついているそうです。そういう点では今後、ほかの担当の課長さんもおいでじゃありませんけど、十分対応していただきたいな、そう思います。

   それで、今の話では介護保険料の話が1000名くらい影響する、それとこの春から、4月1日からごみ袋がごみ処理が有料化されたわけですけど、ここでもお聞きしましたら非課税世帯が5700世帯くらいあって8550人だというんです。そういう状況になりますとかなり影響する、これは雪だるま式の負担増になるんじゃないかと私は思うわけです。生活を直撃するものである、そう思っておりますので、この報告は私は、国へ右へ倣えではありますけど、このまま賛成するわけにはいきません。そのように意思表示しておきます。



○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

   これより採決いたします。

   報告第7号及び報告第8号の報告案件2件については賛成の方の起立を求めます。



                   〔 賛 成 者 起 立 〕





○議長(丸山與一郎) 着席ください。起立多数。

   よって、報告第7号及び第8号の報告案件2件については、承認されました。



○議長(丸山與一郎) 日程第6 報告第9号 専決処分の承認について 平成16年度新潟県新井市一般会計補正予算(第7号)、報告第10号 専決処分の承認について 平成16年度新潟県新井市老人保健特別会計補正予算(第3号)、以上2件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました報告第9号及び報告第10号、平成16年度新潟県新井市各会計補正予算の専決処分2件について一括して御説明申し上げます。

   まず、報告第9号 一般会計補正予算(第7号)について申し上げます。今回の補正は、今後の財政運営の弾力性を確保するため、財政調整基金に1億円を積み立てるとともに、妙高山麓ゆめ基金への寄附金について、積み立てを行ったものであります。また、老人保健特別会計の医療費国庫負担金の概算交付額の減に伴い、同会計の収支均衡を図るため、一般会計から所要額を繰り出したものであります。

   次に、報告第10号 老人保健特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。今回の補正は、今ほど説明いたしましたとおり、医療費国庫負担金の概算交付額が見込みより少なかったことから、不足分に相当する金額を一般会計から繰り入れ、収支の均衡を図ったものであります。なお、この繰入金の精算は平成17年度で行われるものであります。

   以上、報告第9号及び報告第10号、平成16年度各会計補正予算の専決処分2件について一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) ただいまの説明に対し、御質疑ございませんか。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

   これより採決いたします。

   報告第9号及び報告第10号の報告案件2件については承認することに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、報告第9号及び報告第10号の報告案件2件については、承認されました。



○議長(丸山與一郎) 日程第7 報告第11号 専決処分の承認について 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました報告第11号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について御説明申し上げます。

   この専決処分は、5月1日の新発田市、柏崎市及び三条市の合併に伴い、組合を組織する地方公共団体に変更が生じることから、規約変更の手続を専決処分したいものであります。

   以上、報告第11号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) ただいまの説明に対し、御質疑ございませんか。



                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

   これより採決いたします。

   報告第11号については承認することに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、報告第11号については承認されました。



○議長(丸山與一郎) 日程第8 議案第79号 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第1号)、議案第80号 平成17年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第81号 平成17年度新潟県妙高市水道事業会計補正予算(第1号)、以上3件を一括議題といたします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。



                   〔市 長  入村 明 登 壇〕





◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第79号から議案第81号までの、平成17年度新潟県妙高市各会計補正予算3件について、一括して御説明申し上げます。

   まず、議案第79号 一般会計補正予算(第1号)について申し上げます。今回の補正は、民生費では昨年の中越大震災の復旧作業にボランティアとして参加し、犠牲となられた旧妙高高原町の町民への弔慰金につきまして、県から負担金の交付を受け支給するものであります。農林水産業費では、防衛施設周辺障害防止事業による片貝川水系ため池建設事業につきまして、国の補助事業が増額となりましたことから、実施設計等を追加し、事業の進捗を図りたいことなどを主な理由として、総額1億1556万円の増額補正を行うものであります。

   次に、議案第80号 簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。今回の補正は、旧妙高村から引き継いだ地方債について、借り入れ先であります公営企業金融公庫からの要請により、改めて妙高市として地方債を追加計上するものであります。

   次に、議案第81号 水道事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。今回の補正は、妙高高原給水区域において早急な水源対策工事が必要なことから、杉野沢高区配水池と赤倉配水池への送水管布設工事と、杉野沢の湧水を杉野沢浄水場に引き込む導水管布設工事及び電気計装設備工事などを行うものであります。この財源につきましては、旧妙高高原町からの引き継ぎ金、国庫補助金及び内部留保資金にて対応したいものであります。

   以上、議案第79号から議案第81号までの平成17年度各会計補正予算3件につきまして、一括して御説明申し上げました。よろしく御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(丸山與一郎) これより質疑を行います。

   樋口次夫議員。



◆4番(樋口次夫) 議案第81号についてガス上下水道局長にお尋ねしたいと思います。

   これは、聞くところによるとね、簡易水道の建設費2億円ほど計上してあるんだけども、場所はどの辺へこれを設置するのか。これ今まで旅館、赤倉やね、杉野沢にあるのに、川の水飲んでいたの。今ごろになってなぜこんな建設費2億円も計上して、しかしでたらめなことやっていたんだね。よくマスコミにこんなことわからなかったわね。だって、ろくな消毒もしなかったりあれしたりしていて、伝染病出たりなんかしたら旅館業務なんかやっていられなくなっちゃうよ。旅館に泊まった人、川の水飲まされたり、ため池の上の水飲まされたり、そんなでたらめなことやっておっては、ちょっとおかしいんだけど、そんなことは過ぎたことだから、しようがないけど、2億円でもって今後伝染病出たりそういうことできないような、きちっとした簡易水道のあれつくっていかれるんですか。2億円じゃ足りないでしょう。その辺はどうですか。まず、場所を教えてください。



○議長(丸山與一郎) 大野ガス上下水道局長。



◎ガス上下水道局長(大野俊雄) 妙高高原につきましては上水道でございますので、簡易水道でございませんので、ちょっと最初にお答えさせていただきます。

   補助の関係でございますけども、この前全協でもお話し申し上げましたですけども、まず杉野沢につきましては杉野沢の湧水、この前図面でお示し申し上げましたですけども、杉ノ原スキー場の中に出ております、そこから杉野沢浄水場まで引く導水管の工事、それに合わせまして杉野沢低区の配水池から高区の配水池まで送ります送水管の工事、これがセットで同時に埋設をして行いたいというふうに思っています。

   それから、赤倉地区につきましては、今赤倉の中心街といいますか、田切の高区の配水池から送水できる高さのレベルのところでございますけども、大体赤倉の旅館街、大体次井旅館さんのあたりなんですけども、そこまでポンプで圧力がかけられて送られますので、そこに中継の水槽といいますか、それを設けまして、その頭にあります、チャンピオンの下にあります赤倉の配水池の方にそこから送水管を新たに布設しまして、ポンプアップしてそこから給水するということでございます。それでしますと、今の話でろ過した水をすべて供給できるということで、安全な水の供給につきましては心配ないというふうに思っています。

   ただ、これですべてかというふうになるわけでございますけども、水源の問題が若干ございまして、この間お話ししましたですけども、そういう面では安定給水という面では若干問題もありますけども、これから進めていきます石綿管対策といいますか、そういう漏水対策を進めまして、間接的な水源の確保も図りながら進めていきたいというふうに、そんなふうに考えております。



○議長(丸山與一郎) 樋口次夫議員。



◆4番(樋口次夫) この辺についてはそれだけでいいんだけど、また今後実はこの辺まだやっていなかったんだとか、この辺もやらなくちゃいけないんだというような、妙高村と妙高高原については水対策の関係は今のとこないんですか。その辺はどうですか。



○議長(丸山與一郎) 大野局長。



◎ガス上下水道局長(大野俊雄) 妙高村の関係でございますけども、今年度の中で大鹿の簡水につきましては、交付金の事業でことし調査ボーリングをして水源の確保を図っていくと、そういう事業ございますし、それ以外の妙高の簡水につきましては、災害の関係もございますけども、燕の小規模簡易水道につきまして、水源のところが導水管のところで若干問題があるというのもございますけども、今のところそういう水源に関する安全の面では特に問題はないというふうに思っています。

   それから、妙高高原につきましては、今の措置がされれば特に安全についての水質の問題はないというふうに思っております。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 79号についてお尋ねします。

   片貝川水系ため池建設事業、当初予算にものってあったんですけど、この全容についてちょっとお尋ねしたいんです。



○議長(丸山與一郎) 恩田課長。



◎農林課長(恩田義男) お答えいたします。

   当初予算ではですね、用地測量、それから地質調査等4200万程度の当初予算に計上させていただきました。国の方から2次配分がございまして、今回は実施設計をやるということで、それを計上させていただいたものでございます。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 事業の規模とか総事業費とか主な構造物の概要、そういうのについてお尋ねします。



○議長(丸山與一郎) 恩田課長。



◎農林課長(恩田義男) ため池の規模でございますが、15万トン級の池になります。

   それから、施設的にはため池そのものでございますが、若干ため池をつくることによりまして調整池等も必要になるということで、あわせて調整池もつくります。事業の規模につきましては15万トンでございますし、事業費につきましては25億円程度を想定いたしてございます。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 感じで申し上げてあれですけど、当初予算で調査設計費が、今お話ありましたけど、4000万ぐらいありましたよね。今1億650万ですか、こういうふうに委託料ありますので、1億4650万くらいになるわけですけど、25億円の事業で調査設計費どういうことやるかわからないですけど、かなり高いんじゃないか、私はそんな感じしているんですけど、それで今高い安いの話ししたってしようがないんですけど、赤倉の、妙高高原の水道の問題もあるんですけど、このように即決の場合はもう少し丁寧な資料を出していただきたいな、市長が普通の今までの提案理由と同じような説明しているだけじゃなくて、もう少し審議できるような資料を出していただきたいなと思いますが、課長、いかがですか。



○議長(丸山與一郎) 恩田課長。



◎農林課長(恩田義男) 必要があれば、例えば実施設計の具体的などういう実施設計をするのかというふうなことの内容につきましての資料等につきましては、皆さんに提出する必要があればしたいと思いますが。



○議長(丸山與一郎) 渡辺幹衛議員。



◆13番(渡辺幹衛) 必要があればと、それは後でいただきたいと思うんですけど、水道の問題でも全協でああいうふうに報告されて、どのぐらいかかるんかなというのが内々では5億円くらいかかるかなと思いましたし、今この2億の提案がされると、じゃどこが変わってどんなふうになったんだろうか、それで樋口議員からも質疑ありましたけど、これで一件落着になるんだろうか、そういうのも関心があるわけです。そういう点では、即決で出すような議案については、一般的な市長の提案理由の説明じゃなくて、当初からそういうような資料をくっつけて議案の配付お願いしたいと思いますが、よろしくお願いします。



○議長(丸山與一郎) 農林課のみならずほかも関係ありますので、総務課長お願いします。



◎総務課長(市川達孝) 今議員から御意見ありましたように、議案の参考資料として事業全体の概要等がわかる資料は、今後即決の場合にはあわせて資料用意したいというふうに考えております。



○議長(丸山與一郎) 尾? 博議員。



◆6番(尾?博) 簡単ですので、自席でお願いいたします。事前に説明があったと思うんですが、私聞き漏らしたんかなと思うんで、確認させていただきます。

   恐らく治水、またかんがい用水という両面の機能持たせたものだろうと私は思うんです。ただ、雪国ですから、25万トンの水は年間を通じて活用するべきだろうと。松山の貯水池は、冬期間克雪用水としてももちろんできるということなんで、そういった配慮、また地域での活用、そういったことをどう考えておられますか。



○議長(丸山與一郎) 恩田課長。



◎農林課長(恩田義男) 今回計画しておりますため池につきましては、刈り入れ期の農用地、田んぼですけども、こういうとこのかんがいの希望ございますので、そういう役に立てていきたいというふうに思っております。



○議長(丸山與一郎) 尾? 博議員。



◆6番(尾?博) 克雪用水としてのあれはどう考えておりますか。



○議長(丸山與一郎) 恩田課長。



◎農林課長(恩田義男) 今回つくるため池につきましては、克雪用水は想定しておらないところであります。



○議長(丸山與一郎) 尾? 博議員。



◆6番(尾?博) これ余り公にすると逆にやぶ蛇になるかと思いますが、防衛施設の周辺整備では恐らく治山治水の観点から、かんがい用水のみというお達しがあるようです。ただ、その辺はね、公にしなくて内々でね、いろいろと活用するべきだろうというふうに私は思います。その辺の御配慮をお願いしたいなと思います。



○議長(丸山與一郎) これにて質疑を終わります。

   お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

   これより採決いたします。

   議題のうち、まず議案第79号 平成17年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第1号)を採決いたします。

   本案については原案のとおり決定するに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第79号については原案のとおり可決されました。

   次に、議案第80号 平成17年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

   本案については原案のとおり決定するに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第80号については原案のとおり可決されました。

   次に、議案第81号 平成17年度新潟県妙高市水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。

   本案については原案のとおり決定するに御異議ございませんか。



                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(丸山與一郎) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第81号については原案のとおり可決されました。



○議長(丸山與一郎) 本日開催されました平成17年第2回妙高市議会臨時会は、妙高市となって初めての議会でありましたが、慎重審議の結果、滞りなく運営ができましたことにつきまして、厚く御礼申し上げます。

   以上をもちまして平成17年第2回妙高市議会臨時会を閉会といたします。

   どうも御苦労さまでした。





                   午前11時45分  閉 会