議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 妙高市

平成21年  3月定例会(第3回) 03月24日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号




平成21年  3月定例会(第3回) − 03月24日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号







平成21年  3月定例会(第3回)





         平成21年第3回妙高市議会定例会会議録(第5日)


                     平成21年3月24日(火曜日)


                            議事日程 第5号  午後 1時30分 開 議


 第 1  会議録署名議員の指名

 第 2  諸般の報告

 第 3  議案第24号〜議案第25号

 第 4  議案第18号〜議案第23号

 第 5  議案第26号〜議案第33号

 第 6  議案第34号〜議案第43号

 第 7  議案第44号〜議案第45号

 第 8  議案第6号〜議案第17号

 第 9  議案第46号

 第10  議案第47号

 第11  諮問第1号

 第12  請願第1号

 第13  請願第2号〜請願第3号

 第14  議会推薦第1号

 第15  閉会中における春季管内視察について

本日の会議に付した事件

 日程第 1  会議録署名議員の指名                                   

 日程第 2  諸般の報告                                        
          *監査の結果報告について                               
             健康福祉課、議会事務局、農業委員会
          *専決処分の報告について
             ・倒木への衝突による損害賠償額の決定

 日程第 3  議案第24号 市道の認定について                             
        議案第25号 市道の変更認定について                           

 日程第 4  議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)            
        議案第19号 平成20年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)       
        議案第20号 平成20年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)      
        議案第21号 平成20年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)       
        議案第22号 平成20年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計補正予算(第1号)   
        議案第23号 平成20年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)         

 日程第 5  議案第26号 妙高市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例議定について 
        議案第27号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
               議定について                                
        議案第28号 新潟県妙高市市税条例及び妙高市都市計画税条例の一部を改正する条例議定について
        議案第29号 妙高市立学校施設使用条例の一部を改正する条例議定について          
        議案第30号 妙高市スポーツ等合宿の郷づくり推進条例議定について             
        議案第31号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定について             
        議案第32号 妙高市農民研修センター条例等の一部を改正する条例議定について        
        議案第33号 妙高市総合センター条例の一部を改正する条例議定について           

 日程第 6  議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定について      
        議案第35号 妙高市廃棄物の減量、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例議定
               について                                  
        議案第36号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について  
        議案第37号 妙高市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例議定について            
        議案第38号 妙高市いきいきプラザ条例議定について                    
        議案第39号 妙高市妙高高原ふれあい会館条例議定について                 
        議案第40号 妙高市高齢者生産活動センター条例議定について                
        議案第41号 妙高市新井ふれあい会館条例の一部を改正する条例議定について         
        議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定について             
        議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例議定について      

 日程第 7  議案第44号 妙高市企業振興奨励条例の一部を改正する条例議定について           
        議案第45号 妙高市くびき野情報館条例の一部を改正する条例議定について          

 日程第 8  議案第 6号 平成21年度新潟県妙高市一般会計予算                    
        議案第 7号 平成21年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計予算              
        議案第 8号 平成21年度新潟県妙高市老人保健特別会計予算                
        議案第 9号 平成21年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計予算             
        議案第10号 平成21年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計予算              
        議案第11号 平成21年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計予算          
        議案第12号 平成21年度新潟県妙高市介護保険特別会計予算                
        議案第13号 平成21年度新潟県妙高市杉野沢財産区特別会計予算              
        議案第14号 平成21年度新潟県妙高市ガス事業会計予算                  
        議案第15号 平成21年度新潟県妙高市水道事業会計予算                  
        議案第16号 平成21年度新潟県妙高市公共下水道事業会計予算               
        議案第17号 平成21年度新潟県妙高市農業集落排水事業会計予算              

 日程第 9  議案第46号 妙高市公平委員会委員の選任同意について                   

 日程第10  議案第47号 妙高市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について             

 日程第11  諮問第 1号 人権擁護委員候補者推薦に対する意見について                 

 日程第12  請願第 1号 金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしをまもる緊急対策の強化
               を国に求める意見書提出を求める請願                     

 日程第13  請願第 2号 平成21年度税制「改正」関連法案において、消費税の税率引き上げをおこなわない
               ことをもとめる請願                             

        請願第 3号 アフリカ・ソマリア沖への自衛艦派遣に反対する請願              

 日程第14  議会推薦第1号 妙高市農業委員会委員の推薦について                    

 日程第15  閉会中における春季管内視察について                            


出席議員(22名)
   1 番   ?  田  保  則
   2 番   田  中  一  勇
   4 番   望  月  幸  雄
   5 番   横  尾  祐  子
   6 番   塚  田  克  己
   7 番   佐  藤  栄  一
   8 番   山  川  香  一
   9 番   作  林  一  郎
  10 番   関  根  正  明
  11 番   望  月     弘
  12 番   長  尾  賢  司
  13 番   吉  住  安  夫
  14 番   豊  岡  賢  二
  15 番   丸  山  喜 一 郎
  16 番   安  原  義  之
  17 番   霜  鳥  榮  之
  18 番   佐  藤  光  雄
  19 番   水  野  文  雄
  20 番   下  鳥  美 知 子
  21 番   宮  澤  一  照
  22 番   間  島  英  夫
  23 番   渡  辺  幹  衛


欠席議員 なし


欠  員 1名


説明のため出席した者
 市     長   入  村     明
 副  市  長   引  場  良  男
 総 務 課 長   市  川  達  孝
 企 画 政策課長   今  井     徹
 財 務 課 長   尾  島  隆  司
 建 設 課 長   岡  田  春  彦
 農 林 課 長   小  嶋  正  彰
 観 光 商工課長   堀  川  政  雄
 環 境 生活課長   引  場  弘  行
 市 民 税務課長   片  所  慎  治
 健 康 福祉課長   手  塚  治  雄
 ガス上下水道局長  小  島  武  夫
 教  育  長   濁  川  明  男
 こども教育課長   丸  山  敏  夫
 生 涯 学習課長   池  田     弘
 妙高高原支所長   宮  下  義  嗣
 妙 高 支 所 長   石  野  孝  司


職務のため出席した議会事務局の職員
 局     長   笠  原  陽  一
 次長兼庶務係長   大  野  節  子
 主     事   豊  田  勝  弘





                                                    

                   午後 1時30分  開 議



◎局長(笠原陽一) ただいまの出席議員は22名であります。



○議長(佐藤栄一) ただいま事務局長報告のとおり、出席議員数は22名であります。よって、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

   本日の議事日程については、お手元に配付のとおり進行しますので、御了承願います。

                                                    



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐藤栄一) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において5番 横尾祐子議員、6番 塚田克己議員を指名します。

                                                    



△日程第2 諸般の報告

         *監査の結果報告について

            健康福祉課、議会事務局、農業委員会

         *専決処分の報告について

            ・倒木への衝突による損害賠償額の決定



○議長(佐藤栄一) 日程第2 諸般の報告をします。

   監査委員から、健康福祉課、議会事務局、農業委員会に関する監査の結果報告がありましたので、それぞれの写しを配付しました。

   また、市長において専決処分した倒木への衝突による損害賠償額の決定についての報告がありましたので、その写しを配付しました。

                                                    



△日程第3 議案第24号 市道の認定について

      議案第25号 市道の変更認定について



○議長(佐藤栄一) 日程第3 議案第24号 市道の認定について、議案第25号 市道の変更認定について、以上2件を一括議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。建設厚生委員会、水野文雄委員長。

                   〔19番  水野文雄 登 壇〕



◆19番(水野文雄) 議長の命により、去る3月3日の本会議において当委員会に審査を付託されました案件は、議案第24号 市道の認定について、議案第25号 市道の変更認定についてであります。これが審査のため、3月16日午前9時半より委員会室において、委員全員出席、説明員として市長ほか関係課長の出席を求め、審査を行いました。詳細は会議録に譲り、要旨のみを報告いたします。

   建設課長より、議案第24号 市道の認定については、地元から要望の強い観光地である杉野沢、苗名滝への河川沿いルートとして妙高砂防事務所の行う関川火山砂防事業と調整する中で、本線も含めて用地の方向性が見出せたことから、市道苗名滝川街道線として認定を行うものであります。

   次に、議案第25号 市道の変更認定については、既設の市道美守団地11号線と幹線である市道二子島美守線を接続することで団地内交通の利便性向上につながることから、終点を変更したいものですとの説明を受け、審査を行いました。

   委員より、市道二子島美守線へ抜ける道路が何本かあるが、防災面等で重要と考える、今後の整備の見通しはどうかとただしたのに対し、建設課長より、市道二子島美守線へ接続する道路は、以前から地元より要望をいただいている路線であります。幹線へつなげていく方向で、地元と用地を含め検討していきたいとの答弁がなされました。

   さらに委員より、杉野沢苗名滝線の道路改良については、中ほどに駐車場を整備するべきと思うが、どうかとただしたのに対し、課長より、本線の道路整備に当たっては、大型バスが進入できるような道路計画をしている。回転場も必要であり、全体的な中で駐車場についても観光担当や地元と詰めながら検討していきたいとの答弁がありました。

   委員より、現在の道路は、大雨等の気象条件で規制等があるのかとただしたのに対し、課長より、今回の緊急経済対策で落石防止の工事を発注した。現道については、妙高高原地域の水道水源のルートになっていることから、今後も必要に応じて修繕工事を実施していきたいとの答弁がなされました。

   続いて採決に移り、全員賛成で議案第24号、25号については、原案のとおり可決することに決しました。

   以上で報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより、議案第24号 市道の認定について、議案第25号 市道の変更認定について、以上2件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第24号及び議案第25号は原案のとおり可決されました。

                                                    



△日程第4 議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)         

      議案第19号 平成20年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)    

      議案第20号 平成20年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)   

      議案第21号 平成20年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)    

      議案第22号 平成20年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第23号 平成20年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)      



○議長(佐藤栄一) 日程第4 議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)、議案第19号 平成20年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第20号 平成20年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第21号 平成20年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第22号 平成20年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計補正予算(第1号)、議案第23号 平成20年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)、以上6件を一括議題とします。

   本件に関し、各委員会における審査結果の報告を求めます。最初に、総務文教委員会、豊岡賢二委員長。

                   〔14番  豊岡賢二 登 壇〕



◆14番(豊岡賢二) 議長の命により、総務文教委員会における付託案件の審査の経過と結果について報告いたします。

   去る3月3日の本会議において当委員会に付託された案件は、議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)のうち、当委員会所管事項についてであります。この審査のため、3月13日9時30分より委員会室において、委員全員出席、説明員として市長、教育長並びに関係課長の出席を求め、審査を行いました。なお、審査の過程の詳細は議事録に譲り、その要旨のみを申し上げます。

   総務課長より、2款1項1目一般管理費のうち、特別職・職員人件費の中の退職手当は、さきの12月定例会において当初予算で計上された定年退職者6名分に加え、勧奨退職者など13名分の経費を計上いたしましたが、さらにその後普通退職者1名分及び1月昇給後の給与額に係る調整分について補正計上するものであります。

   第2表繰越明許費のうち、2款1項総務管理費の新庁舎建設事業は、緊急経済対策として1月臨時議会において予算を補正した市役所第2駐車場整備工事について、2月12日に工事請負契約を締結しましたが、降雪により年度内に工事を完了することができなくなったため、工事請負費のうち、既に支払い済みの前払金310万円を除く、576万2000円を平成21年度へ繰り越したいものであります。

   9款1項消防費の消防施設整備事業及び防災体制整備事業につきましても、緊急経済対策として1月臨時議会において予算を補正したものですが、このうち消防施設整備事業につきまして2月9日に工事請負契約を締結したホース格納庫取りつけ枠設置工事の妙高高原、妙高地域施工分について、降雪により年度内に工事を完了することができないため、また、2月5日に物品販売契約を締結した小型動力ポンプ搭載車については、艤装に時間がかかるため年度内に納入が困難なことから、合計で461万1000円を平成21年度へ繰り越したいものであります。また、防災体制整備事業は、2月13日に物品売買契約を締結した新型インフルエンザ対応用備蓄品の一部が年度内に納入が困難なことから、年度内納入分184万4000円を除く、480万9000円を平成21年度へ繰り越したいものであります。

   企画政策課長より、第2表繰越明許費中の2款1項のブロードバンド環境整備事業は、国の平成20年度補正予算に伴い、平成21年度におきまして妙高高原及び妙高地域のブロードバンドの整備費を昨年12月議会で補正させていただきましたものについて、年度内の完了が見込めないことから、繰り越したいものであります。

   財務課長より、歳入の11款1項1目地方交付税は、交付額が確定した普通交付税について、今回の補正予算の財源として計上するものです。18款寄附金の1項3目1節妙高山麓ゆめ基金寄附金は、ゆめ基金に対する指定寄附金ですが、当初予算計上額200万円に対し、ふるさと納税制度の創設などにより増加したので、補正するものであります。歳出の2款1項15目市債管理基金費は、21年度に予定している高利の公的資金繰上償還のために積み立てしたいものであります。次の16目妙高山麓ゆめ基金費は、寄附金をゆめ基金に増額して積み立てをしたいものであります。

   こども教育課長より、3款2項の児童福祉費、保育園耐震化推進事業は、第一保育園と矢代保育園の耐震診断委託に伴う判定会が、年度内に開催を見込めないことから、繰り越しするものであります。教育費、10款2項の小学校費は、新井中央小学校教室増築工事に伴う設計業務委託の成果品の提出が4月以降になることや、斐太北小学校の耐震補強工事と外壁工事において、施工期日が夏休みに限定される工事であること。中学校費は、新井中学校の教室棟改修工事や耐震補強工事で、小学校費と同じ理由で繰り越したいものであります。養護学校費は、職員室改修工事の施工時期が夏休みに限定されてしまうことから、繰り越したいものであります。

   生涯学習課長より、2表の繰越明許費の6款1項農業費の関山農民研修センターの管理事業及び10款6項社会教育費の地域活動施設整備支援事業、地域集会施設等耐震化推進事業、妙高市文化ホール・新井総合コミュニティセンター管理運営事業、7項保健体育費のスポーツ施設管理運営事業は、いずれも緊急経済対策の一環として補正し、発注した工事や委託などのうち、天候の影響や部材が受注生産であること、耐震診断判定の年度内対応ができないなどにより、年度内の完了が見込めないことから、翌年度へ事業を繰り越すものでありますとの説明を受けて、審査に入りました。

   委員より、平成20年度退職者20名のうち、役職の内訳と人数は、とただしたのに対して、課長より、課長級6名、補佐級5名、係長級1名との答弁でした。

   委員より、JCV契約状況と妙高高原、妙高地域の仮申し込み状況は、とただしたのに対して、課長より、3月11日に国の交付決定があったところであり、JCVの入札はこれからになる。仮申し込みの状況は、妙高高原355件、妙高456件の計811件です。目標数は2590件ですとの答弁でした。

   委員より、目標に達しない場合は補助金は減額になるのかとただしたのに対して、課長より、そういった定めはないとの答弁でした。

   委員より、申し込みの締め切りと目標数の対応は、とただしたのに対し、課長より、申し込みに特に期限はないが、キャンペーンの期限はある。目標数に対しては、地域や団体などへのお願い、小さい単位での説明会、広報、支所で妙高チャンネルを流すなど加入促進に努めるとの答弁でした。

   委員より、ブロードバンドの設備や配線はJCVのものだが、新たなサービスはどう行うのかとただしたのに対して、課長より、通信網はJCVのものだが、その一部を使ってのソフトは市が行う。今回の事業は、市とJCVが協力して行っているものである。市の立場で主張やお願いをするとの答弁でした。

   委員より、長沢地区は難視聴組合を解散し、複雑な状況にある。事実をどうとらえているかとただしたのに対し、課長より、解散は組合の総意で決めたもの。組合長にも状況を聞いている。個々のことについては、調査し対応するとの答弁でした。

   委員より、関山農民研修センター管理事業について、工事は屋内であり、施設は放課後児童クラブにも利用されていることから、早急な対応をお願いしたいとただしたのに対し、課長より、関山農民研修センターについては、2月5日に契約し、2月17日ごろから現地で施工している。屋内工事であり、3月下旬には2階が完了見込みであるが、すべて完了するのは4月下旬になる見込みであることから、工期の関係上、繰り越しをしたいものとの答弁でした。

   以上、審査の主なものを申し上げましたが、採決の結果、議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)のうち、当委員会所管事項については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   以上、総務文教委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) 次に、建設厚生委員会、水野文雄委員長。

                   〔19番  水野文雄 登 壇〕



◆19番(水野文雄) 3月3日の本会議において当委員会に審査を付託されました案件は、議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)の所管事項、議案第19号 平成20年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第20号 平成20年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第23号平成20年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)の補正予算4件であります。これが審査のため、3月16日午前9時30分より委員会室において、委員全員出席、説明員として市長ほか関係課長の出席を求め、審査を行いました。詳細は会議録に譲り、その要旨のみを報告いたします。

   まず、議案第18号関係から申し上げます。健康福祉課長より、歳入16款2項2目1節障害者自立支援特別事業費補助金39万9000円は、障害者サービス管理システム整備事業における福祉サービス支援システムの改修委託に係る県補助金であります。これを受け、歳出3款4目13節で福祉サービス支援システム改修委託料39万9000円で、ことし4月に予定されている障害者自立支援給付の報酬体系の改定などに伴い必要となる国保連合会との給付データ連携機能などの改修を行いたいとの説明がありました。

   次に、建設課長より、補正予算書第3表、債務負担行為補正は、借り上げ方式で整備を予定しております石塚住宅の建設に際し、株式会社加賀田組新潟支店と建設等に関する協定を締結する予定としております。この協定では、完成後の借り上げ期間を、国の家賃補助期間である20年間をもって協定の賃貸借期間としたいため、借り上げ期間及び借上料についての債務負担行為の補正をするものでありますとの説明を受け、審査に入りました。慎重審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第19号 平成20年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。健康福祉課長より、歳入9款1項1目1節財政調整基金積立金利子は、財政調整基金の運用に伴う利子収入であります。次に、歳出9款1項1目25節財政調整基金積立金は、財政調整基金の運用に伴う利子収入について、基金へ積み立てを行いたいものであります。11款1項3目療養給付費等負担金精算返納金は、平成19年度分国庫負担金が確定したことにより精算返納したいものでありますとの説明を受け、審査に入り、慎重審査の結果、委員全員賛成による原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第20号 平成20年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。健康福祉課長より、歳入5款1項1目1節高齢者医療制度円滑運営事業費補助金362万1000円は、保険料業務の電算システム改修費に対する国からの補助金であります。次に、歳出1款2項1目1節保険料業務電算委託料は、新たな高齢者医療制度の円滑な運営を図るため、後期高齢者医療広域連合から提供される賦課情報に基づき、納入通知書の作成及び保険料収納情報の管理等を行うためのシステムについて、機能追加を実施するための改修費でありますとの説明を受け、審査に入りました。

   委員より、システム改修とのことであるが、具体的にはどのようにするのかとただしたのに対し、課長より、大きなものとして5点ある。1つ目は、保険料均等割の軽減に当たり、世帯の被保険者全員について年金収入が80万円以下、かつその他の所得がない世帯については、9割軽減とすること。2つ目に、保険料所得割の軽減に当たり、所得の低い被保険者について、所得割額を50%軽減すること。3つ目に、被用者保険の被扶養者であった者の保険料負担軽減を延長すること。4つ目に、特別徴収対象者の見直しを行うこと。5つ目に、徴収の要件の見直しを行うことでありますとの答弁がありました。採決に移り、委員全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第23号 平成20年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)について報告いたします。健康福祉課長より、歳入3款2項4目1節介護従事者処遇改善臨時特例交付金につきましては、平成21年度からの介護報酬の増額改定に当たり、急激な保険料の上昇の抑制を目的とした介護従事者処遇改善臨時特例基金を造成するために、その原資となる国からの交付金を受け入れるものであり、2530万2000円の増額補正を行いたいものであります。次に、歳出1款1項1目11節一般管理費につきましては、歳入で御説明申し上げた介護従事者処遇改善臨時特例交付金の一部を用いて、介護保険料に関する制度周知のためのパンフレットを購入して配布するために、消耗品費58万5000円を増額補正したいものであります。4款1項2目25節積立金につきましては、国から受け入れた交付金を原資として、介護従事者処遇改善臨時特例基金を造成するため、2471万7000円を積み立てたいものでありますとの説明を受け、審査に入り、慎重審査の結果、採決に移り、委員全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   以上で、当建設厚生委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) 次に、産業経済委員会、?田保則委員長。

                   〔1 番  ?田保則 登 壇〕



◆1番(?田保則) 議長の命により、産業経済委員会における付託案件の審査の経過と結果を御報告申します。

   去る3月3日の本会議において当委員会に付託されました案件は、議案第18号のうち、当委員会所管事項、議案第21号、議案第22号の以上3件であります。この審査のため、去る3月17日午前9時30分から委員会室において、委員全員出席、議長臨席、説明員として入村市長、関係課長の出席を求め、審査を行いました。なお、審査過程の詳細は会議録に譲り、要旨のみを御報告いたします。

   まず、議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)のうち、当委員会所管事項について御報告いたします。農林課長より、繰越明許費は緊急経済対策で補正を行ったが、年度内に完了ができなかったので、予算の繰り越しをしたいものである。県単農業農村整備事業は、大貝ため池改修工事で県議会議決後の交付決定、工事発注となることから、繰り越しをお願いしたいものである。

   観光商工課長より、高柳工場団地開発事業特別会計繰出金は、当初計画の売り払い分譲が見込めないことから、市債元利償還金に充てるため9292万3000円を繰り出したいものであるとの説明を受け、質疑に入りました。採決の結果、議案第18号のうち当委員会所管事項は、全会一致で原案のとおり可決されました。

   次に、議案第21号 平成20年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について御報告いたします。ガス上下水道局長より、繰越明許費は緊急経済対策で補正を行いましたが、年度内に完了できなかったので、繰り越しをしたいものであるとの説明を受け、質疑に入りました。採決の結果、議案第21号は全会一致で原案のとおり可決しました。

   次に、議案第22号 平成20年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御報告いたします。観光商工課長より、歳入について、不動産売払収入は、分譲が見込めないことから全額減額したいものである。役務費、委託料、工事請負費は、分譲実績がないため全額減額、償還利子及び割引料は、利用がなかったので、全額減額するものであるとの説明を受け、質疑に入りました。採決の結果、議案第22号は全会一致で原案のとおり可決しました。

   以上で、産業経済委員会における付託案件の審査結果の報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの各委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより、議案第18号 平成20年度新潟県妙高市一般会計補正予算(第10号)、議案第19号 平成20年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第20号 平成20年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第21号 平成20年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第22号平成20年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計補正予算(第1号)、議案第23号 平成20年度新潟県妙高市介護保険特別会計補正予算(第3号)、以上6件を一括採決します。

   本件に対する各委員長報告は可決であります。本件は、各委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第18号から議案第23号は原案のとおり可決されました。

                                                    



△日程第5 議案第26号 妙高市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例議定について

      議案第27号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例議定について

      議案第28号 新潟県妙高市市税条例及び妙高市都市計画税条例の一部を改正する条例議定について

      議案第29号 妙高市立学校施設使用条例の一部を改正する条例議定について      

      議案第30号 妙高市スポーツ等合宿の郷づくり推進条例議定について         

      議案第31号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定について         

      議案第32号 妙高市農民研修センター条例等の一部を改正する条例議定について    

      議案第33号 妙高市総合センター条例の一部を改正する条例議定について       



○議長(佐藤栄一) 日程第5 議案第26号 妙高市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例議定について、議案第27号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例議定について、議案第28号 新潟県妙高市市税条例及び妙高市都市計画税条例の一部を改正する条例議定について、議案第29号 妙高市立学校施設使用条例の一部を改正する条例議定について、議案第30号 妙高市スポーツ等合宿の郷づくり推進条例議定について、議案第31号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定について、議案第32号 妙高市農民研修センター条例等の一部を改正する条例議定について、議案第33号 妙高市総合センター条例の一部を改正する条例議定について、以上8件を一括議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。総務文教委員会、豊岡賢二委員長。

                   〔14番  豊岡賢二 登 壇〕



◆14番(豊岡賢二) 総務文教委員会における付託案件の審査の経過と結果について報告いたします。

   当委員会に付託された案件は、議案第26号から議案第33号までの条例8件です。なお、審査の過程と経過についての詳細は議事録に譲り、その要旨のみを報告いたします。

   最初に、議案第26号 妙高市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例議定について申し上げます。総務課長より、本案は平成20年の人事院勧告を受け、国家公務員の一般職の職員の給与に関する法律等が一部改正され、民間における所定労働時間と公務員の勤務時間との均衡を図るため、平成21年4月1日から公務員の勤務時間が1日8時間から7時間40分に短縮されることとなりましたので、これに準じている市の職員の勤務時間も、同様に1日7時間45分とするよう関係条例を改正したいものです。なお、勤務時間の短縮につきましては、昼の休憩時間を15分拡大し60分とすることで勤務時間を15分短縮し、始業時間午前8時30分、終業時間17時15分は、これまでどおり変更ありませんとの説明を受け、審査に入りました。採決の結果、議案第26号については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第27号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。企画政策課長より、本案は、広報・広聴業務の推進と住民参加による市政の円滑な発展を図るため、昭和62年から設置しておりました広報協力員について、従来の紙媒体中心から、ホームページや妙高チャンネルといった情報媒体が多様化するとともに、メールやインターネットの普及により、多くの市民の皆さんから自発的な情報収集・発信が可能となったことから、制度を廃止するため条例を改正したいものでありますとの説明を受け、審査に入りました。採決の結果、議案第27号については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第28号 新潟県妙高市市税条例及び妙高市都市計画税条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。市民税務課長より、本案は、平成21年度の固定資産評価がえ年度に当たり、税負担の公平性を確保するため、統一した評価手法による評価がえを行うこととしており、税額変更などについて納税者への十分な理解を図ることが必要なことや所有権の異動処理、評価計算など評価事務が多量であることなどから、固定資産税及び都市計画税の納期の変更を行うものです。特に、納税者への周知方法としては、広報によるPRや窓口での相談、また評価額が確認できる縦覧の期間延長などにより、十分な対応を行う予定としております。具体的には納期の変更につきましては、平成21年度分の固定資産税及び都市計画税に限っての特例として、第1期分の納期を「4月16日から4月30日まで」を、「5月16日から6月1日まで」に変更いたしたく、関係条文等を附則に追加するものでありますとの説明を受け、審査に入りました。採決の結果、議案第28号については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第29号 妙高市立学校施設使用条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。こども教育課長より、公共施設の広域的な使用促進を図るため、施設の使用目的に応じて加算される使用料の加算区分と加算割合について、見直しを行うものであります。改正内容は、現行の使用区分にあります「営業の一環とみなされる場合」と「営業行為を行う場合」の2つの区分を、営利と営業を統合して「営利又は営業を目的に利用する場合」に見直すものと、他施設と同様に加算割合の統一を図る内容となっておりますとの説明を受け、審査に入りました。

   委員より、使用料加算割合に営利又は営業を目的に使用する場合とある、条例の第6条では、営利を目的とする使用は認めないとしているが、許可する場合の特別の理由とは何かとただしたのに対し、課長より、学校施設の使用に支障がない場合が考えられる。ただし、これまでに前例はほとんどないとの答弁でした。

   委員より、冷暖房施設を使用する場合は、使用料に40%加算するとしている、昼は電気がなくてもよいが、夜の電気料を加算しないのかとただしたのに対し、課長より、電気料、水道料等は使用料に含むものと考え、加算していないとの答弁でした。

   また委員より、入場料ではなく、参加費を徴収して開催している行事等はどうかとただしたのに対し、課長より、他の条例改正と同じ表現としている。学校を使用するのにふさわしいかどうかを行事等の内容により判断したいとの答弁でした。

   以上、審査の主なものを申し上げましたが、採決の結果、議案第29号については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第30号 妙高市スポーツ等合宿の郷づくり推進条例議定についてを申し上げます。生涯学習課長より、本案は、21年度よりスポーツ・芸術・文化活動などの合宿の受け入れを通じ、スポーツキャンプ、すなわち合宿の郷づくりを目指した具体的な取り組みを進めることから、基本となる考え方や仕組み、それぞれの役割など基本的な事項を規定した推進条例を制定するものでありますとの説明を受け、審査に入りました。

   委員より、旅館業者等受け入れをする場合、地域の同業種の公平なバランス等を視野に入れながら協力を要請していくことが大事である。合宿が行われる地域の皆さんの深い理解と協力が必要となるが、これに対する考え方は、地域との話し合いの予定は、とただしたのに対し、課長より、この事業は、行政だけで進める事業ではなく、地域の事業者と一体的に事業を進めたい。組織的に関係する皆さんを集め、魅力的なスポーツ合宿の郷をつくれるか、話し合いをしていきたいとの答弁でした。

   委員より、条例の目的の中に文化振興の普及及び地域の活性化に資することと記載されており、芸術文化の郷づくりを進めると掲げられていることから、スポーツ等合宿の郷づくりではなく、スポーツ文化の郷づくりでもよいのではないかとただしたのに対し、課長より、条例の名称については、いろいろと内部で検討を行った結果であり、目的の中で芸術文化も位置づけているとのことから、御理解いただきたいとの答弁でした。

   委員より、国体のスノーボード大会の合宿予約に関して、インターネットで検索した安価な宿を利用した若者が多かったと聞くが、合宿の郷づくり事業でもインターネットで宿情報を提供できる体制がとれるかとただしたのに対し、課長より、PRの方法については、パンフレットだけでなくインターネットの活用も考えており、妙高市エリアの宿泊情報等もリンクさせたいとの答弁でした。

   以上、審査の主なものを申し上げましたが、採決の結果、議案第30号については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第31号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定についてを申し上げます。生涯学習課長より、本案は、平成19年度、20年度の2カ年継続で実施してまいりました妙高高原スポーツ公園グラウンドの改修工事が完了し、土のグラウンドから全天候型グラウンドに整備されました。これにより、施設の利便性が向上されたことから、既存施設との整合性を高めるため、妙高高原スポーツ公園グラウンドの使用料について、個人使用、現行1回につき100円を150円に、団体使用、現行30分について500円を750円に、専用使用、現行30分について1250円を1750円にそれぞれ改正したいものであります。あわせて、妙高市立学校施設使用条例の一部の改正と同様に、体育施設の広域的な使用促進を図るため、施設の使用目的に応じて加算される使用料の加算区分及び加算割合について見直しを行うものでありますとの説明を受け、審査に入りました。

   委員より、新井の施設との整合性の関係で、総合公園陸上競技場の使用料はどうかとただしたのに対し、課長より、新井総合公園陸上競技場の使用料は、個人利用1回200円、団体利用30分1000円、専用利用30分2250円であるとの答弁でした。

   以上、審査の主なものを申し上げましたが、採決の結果、議案第31号については、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第32号 妙高市農民研修センター条例等の一部を改正する条例議定について申し上げます。生涯学習課長より、本案は、議案第29号の妙高市立学校施設使用条例の一部改正と同様に、公共施設の広域的な使用等の促進を図るため、施設の使用等の目的に応じて加算される使用料の加算区分と加算割合について、見直しを行うものであります。なお、本案に関する生涯学習課所管施設の一部改正条例は、妙高市農民研修センター条例のほか11条例でありますとの説明を受け、審査に入り、採決の結果、議案第32号につきましては、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   次に、議案第33号 妙高市総合センター条例の一部を改正する条例議定についてを申し上げます。妙高支所長より、改正の内容は、「営業上の目的」と「営利を目的」として使用する場合の2区分を「営利又は営業を目的に使用する場合」に見直すとともに、加算割合について、他の施設と同様に見直しを行うものでありますとの説明を受け、審査に入りました。採決の結果、議案第33号につきましては、全会一致にて原案のとおり可決されました。

   以上で総務文教委員会の報告を終わります。

   失礼しました。先ほど議案第26号の報告の中で、「7時間45分」と申し上げるところ「7時間40分」と申し上げたようでございますので、訂正させていただきます。



○議長(佐藤栄一) これよりただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより議案第26号 妙高市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例議定について、議案第27号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例議定について、議案第28号 新潟県妙高市市税条例及び妙高市都市計画税条例の一部を改正する条例議定について、議案第29号 妙高市立学校施設使用条例の一部を改正する条例議定について、議案第30号 妙高市スポーツ等合宿の郷づくり推進条例議定について、議案第31号 妙高市体育施設条例の一部を改正する条例議定について、議案第32号 妙高市農民研修センター条例等の一部を改正する条例議定について、議案第33号 妙高市総合センター条例の一部を改正する条例議定について、以上8件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第26号から議案第33号は原案のとおり可決されました。

                                                    



△日程第6 議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定について  

      議案第35号 妙高市廃棄物の減量、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例議定について

      議案第36号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について

      議案第37号 妙高市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例議定について        

      議案第38号 妙高市いきいきプラザ条例議定について                

      議案第39号 妙高市妙高高原ふれあい会館条例議定について             

      議案第40号 妙高市高齢者生産活動センター条例議定について            

      議案第41号 妙高市新井ふれあい会館条例の一部を改正する条例議定について     

      議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定について         

      議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例議定について  



○議長(佐藤栄一) 日程第6 議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定について、議案第35号 妙高市廃棄物の減量、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例議定について、議案第36号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について、議案第37号 妙高市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例議定について、議案第38号 妙高市いきいきプラザ条例議定について、議案第39号 妙高市妙高高原ふれあい会館条例議定について、議案第40号 妙高市高齢者生産活動センター条例議定について、議案第41号 妙高市新井ふれあい会館条例の一部を改正する条例議定について、議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定について、議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例議定について、以上10件を一括議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。建設厚生委員会、水野文雄委員長。

                   〔19番  水野文雄 登 壇〕



◆19番(水野文雄) 議長の命により、3月3日の本会議において当委員会に審査を付託された案件は、議案第34号から43号までの条例関係10件であります。これが審査のため、3月16日午前9時30分より委員会室において、委員全員出席、説明員として市長ほか関係課長の出席を求め、審査を行いました。詳細は会議録に譲り、その要旨のみを報告いたします。

   まず、議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定から申し上げます。建設課長より、本案は、道路法施行令の一部を改正する政令が施行され、国及び県の道路占用料が見直されたことを受けて、同様の変更を行うため条例の一部を改正したいものですとの説明を受け、審査を行いました。

   委員より、前年度と比較しどれくらい影響するのかとただしたのに対し、課長より、占用物件で多いのは第2種電柱と第1種電話柱が多い、これらに関し約40%近く減収となる見込みであるとの答弁がありました。

   さらに委員より、電柱等は地域の独占企業の占有物となっている。そういう点で、市独自の占用料を取っている自治体はないのかとただしたのに対し、課長より、現在聞いているところではないとの答弁がなされました。

   以上、質疑の主なものを申し上げましたが、採決に移り、全員賛成で本議案については、原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第35号 妙高市廃棄物の減量、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例議定について報告いたします。環境生活課長より、本案は、特定家庭用機器再商品化法施行令の一部改正により、平成21年4月1日から特定家庭用機器に液晶式テレビ及びプラズマ式テレビ並びに衣類乾燥機が追加されることとなったため、一般廃棄物処理手数料の項目に追加したいこと。また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が改正され、本条例での引用条項に異動が生じていたことから、条例の整理を行いたいものでありますとの説明を受け、審査を行いました。

   慎重審査の結果、採決に移り、全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第36号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。環境生活課長より、本案は、本年10月1日から妙高地域でコミュニティバスの運行を行うことに伴い、市営バスの樽本線を廃止したいこと。また、身体障がい者等の手帳所有者に対するバス使用料の減額特例の対象者に、新たに療育手帳所有者を追加し、対象範囲の拡大を行いたいことから、条例を改正したいものでありますとの説明を受け、審査に入りました。

   慎重審査の結果、本案については、委員全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第37号 妙高市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例議定について申し上げます。健康福祉課長より、本案は、平成21年度からの介護報酬改定に当たり、介護従事者の処遇改善を目的とした介護報酬の増額改定に伴う急激な介護保険料の上昇を抑制するため、国から平成20年度中に支給される交付金を原資とした基金を造成したいものでありますとの説明を受け、審査に入りました。

   慎重審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第38号 妙高市いきいきプラザ条例議定について申し上げます。健康福祉課長より、本案は、本年4月1日から施設の効率的な運用を図ることを目的として利用料金制度を導入するとともに、施設の広域的な利用促進を図るため、施設の利用目的に応じて利用料金に加算される加算額の割合について見直しを行うために、条例を全部改正したいものでありますとの説明を受け、慎重審査の結果、全員賛成で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第39号 妙高市妙高高原ふれあい会館条例議定について報告いたします。健康福祉課長より、本案は、本年4月1日から施設の効率的な運用を図ることを目的として利用料金制度を導入するとともに、施設の広域的な利用促進を図るため、施設の利用目的に応じて利用料金に加算される加算額の割合について見直しを行うために、条例を全部改正したいものでありますとの説明を受け、慎重審査の結果、賛成全員で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第40号 妙高市高齢者生産活動センター条例議定について申し上げます。健康福祉課長より、本案は、本年4月1日から施設の効率的な運用を図ることを目的として利用料金制度を導入するとともに、施設の広域的な利用促進を図るため、施設の利用目的に応じて利用料金に加算される加算額の割合について見直しを行うために、条例を全部改正したいものでありますとの説明を受け、慎重審査の結果、賛成全員で原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第41号 妙高市新井ふれあい会館条例の一部を改正する条例議定について報告いたします。健康福祉課長より、本案は、本年4月1日から施設の広域的な利用促進を図るため、市外の方が、営利または営業を目的に施設を利用する場合の利用料金の加算割合を引き下げることなどの見直しを行いたいことから、条例を改正したいものでありますとの説明を受け、慎重審査の結果、賛成全員にて原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定について申し上げます。健康福祉課長より、本案は、平成21年度から23年度までの第4期事業期間において、必要とされるサービス内容や量をもとに新たな介護保険料を算定したことから、現行の介護保険料を改定するため、条例を改正したいものであります。また、保険料額については、法に基づく激変緩和措置が終了したことに伴い、新たに市独自に軽減措置を講ずるために、保険料段階を1段階ふやして7段階とし、また介護従事者の処遇改善を目的に介護報酬が改定されたことに伴い、国の交付金を原資とした基金を設置し、保険料上昇分を抑制することで段階的に保険料を上げたいものであります。具体的には、現在の基準額である年額4万4400円を、平成21年度には年額5万2200円、平成22年度には年額5万3100円、そして平成23年度には本来の保険料額である年額5万4000円となるよう段階的に引き上げたいものですとの説明を受け、審査に入りました。

   委員より、現在の特養待機者は何名かとただしたのに対し、健康福祉課長より、250名程度であるとの答弁がなされました。

   委員より、安定化基金は10%くらいしか使われていないと聞く。国などに働きかけてこれを取り崩せば保険料を下げることができるのではないか。介護保険料はどんどん上がっていくことが予想され、どのような施設を整備していくのかといった施設の選定や国への要望などが必要だが、今後保険料をどのように抑えていくのかとただしたのに対し、健康福祉課長より、市の介護給付費準備基金については、今回1億200万円ほどあるうち1億円を取り崩して保険料の上昇を抑えたい。保険料のアップ額は居住系サービスによるものであり、在宅を基本とする立場から今後の施設サービス整備については慎重に検討する必要がある。待機者の状況と保険料への影響を比較しながら検討していきたいとの答弁がなされました。

   委員より、介護保険料の値上がりはブナの里の整備分ということであり、予算の参考資料を見ても妙高市は施設型になっていることが見てとれる。在宅重視としていく必要があるが、予算の参考資料で在宅サービスが減っているのはなぜかとただしたのに対し、健康福祉課長より、800円の値上がりはブナの里だけが原因ではない。また、1人当たり施設費用額は全国平均では25万2192円、県平均では25万525円、妙高市では23万6170円であり、施設利用は高い水準ではない。在宅サービスが減るのは、施設整備が進むと在宅サービスが一時的に減るためであるとの答弁がありました。

   さらに委員より、保険料のアップはサービスのアップでもあるが、柔軟なサービスを受けながら在宅生活をできるだけ続けることが理想である。しかし、ヘルパーの利用に際してはいろいろな縛りがあり、利用者本位の制度になっていない。在宅介護型に持っていってほしいが、市長の考えはどうかとただしたのに対し、市長より、在宅ではどうしても面倒が見れないという方々がおり、施設ありきではないが、個別のやむを得ない事情がある。在宅がよいのはわかるが、在宅か施設かという行ったり来たりのこのような状況はしばらく続くのではないかと思うとの答弁がなされました。

   次に、討論に移り、委員より、施設中心では訪問介護などの在宅サービスは育たない。在宅への切りかえが重要であり、そのための努力を要する。必要である。1億円の基金の取り崩しなどの努力は評価するが、昨今の経済的な危機の中で保険料22%の値上げは認められず、反対するとの意思表示があったことから、挙手採決の結果、賛成多数により、原案のとおり可決することに決しました。

   次に、議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例議定について報告いたします。健康福祉課長より、本案は後期高齢者医療保険料のうち普通徴収の暫定賦課については、新潟県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例において規定されておりますが、平成20年度については標準システムが対応しないことから実施されませんでした。広域連合では、平成21年度においても、加入者の混乱を避けるため、暫定賦課を実施しないこととしたため、本条例の一部改正を行いたいものでありますとの説明を受け、審査を行いました。

   慎重審査の結果、委員より、採決に反対の意思表示があったことから、挙手採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決いたしました。

   以上で当建設厚生委員会における審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

   討論の通告がありますので、順次発言を許可します。

   霜鳥榮之議員。

                   〔17番  霜鳥榮之 登 壇〕



◆17番(霜鳥榮之) 17番の霜鳥榮之でございます。ただいま議題となっております案件の中で、議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例、議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例及び議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例については、反対であります。よって、私は日本共産党議員団を代表いたしまして、以下その理由を簡単に述べさせていただきます。

   まず、議案第34号 道路占用料等徴収条例についてです。国・県に準ずるとしていますが、これは自治事務であります。主にNTTと東北電力の電柱の占用料を引き下げる内容で、年間約1000万円の減額であります。地域独占とも言える国内屈指の大企業に大まけをしてやるのではなく、市民サービスに予算を回すことを求めるものであります。

   次に、議案第42号 介護保険条例です。基本的には国の責任が大きいものであります。妙高市でも準備基金1億円の取り崩しも予定はしていますが、このままでは保険料値上げは天井知らずとなってしまいます。先の見えない大不況の中で、22%もの引き上げを容認することはできません。ちなみに、妙高市の第4期高齢者福祉計画、介護保険事業の概要では、その基本方針の第4に、介護が必要となっても高齢者が安心して暮らせる仕組みづくりとなっていますが、高齢者自身はその保険料や利用料の負担につぶされそうになっている現状が一番の不安であります。この不安を取り除くことが一番の安心につながるということを申し添えておきます。

   最後に、議案第43号 後期高齢者医療に関する条例であります。私たち日本共産党は、この後期高齢者医療制度の廃止を掲げております。また、住民運動も国民世論もこの制度の廃止を求めています。このような国民世論、感情と運動を判断基準といたしまして、徴収日を定める本条例にも反対であることを述べて、討論を終わります。



○議長(佐藤栄一) 次に、塚田克己議員。

                   〔6 番  塚田克己 登 壇〕



◆6番(塚田克己) 6番の塚田克己です。ただいま議題となっております議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定について、私は賛成の立場で意見を述べさせていただきます。

   御存じのように、道路法施行令に定める占用料に関しては、平成8年から改正されませんでしたが、この間地価下落等の社会的変動が生じたことから、平成20年の5月13日に政令改正が行われ、同日施行されました。これに基づき、国・県の改正に合わせ当市の本条例を改正することは、社会的変動に適切に対応し、かつ全国的な統一がなされることとなり、本改正は適正なものと考え、賛成するものであります。

   以上のことから、議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定については、賛成の立場で意見を申し上げましたが、建設厚生委員会では原案のとおり可決でございます。議員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

   続きまして、議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定について、同じく賛成の立場で意見を述べさせていただきます。本条例は、3年ごとの改正に当たり、特別養護老人ホームなどの開設による施設サービスの充実や、切れ目のない在宅サービスを提供する小規模多機能型居宅介護サービスの拡大等を図るため、必要なサービスの内容や量を積算し、第1号被保険者の保険料基準額を今後3年間で月額4500円まで増額するとするものでありますが、施設入所待機者の解消や高齢者家族等の安心な生活を確保するために、住民の支え合いという介護保険制度の趣旨からして、保険料の増額は適切であると考えております。また、介護従事者の報酬改定や第1号被保険者の保険料負担率の増も改正の理由でありますが、質の高いサービスの提供や1号、2号被保険者の保険料バランスを図る意味からも適切な措置と考えております。さらに、介護給付費準備基金1億円や国からの介護従事者処遇改善臨時特例交付金を活用して、保険料の総体的な上昇の抑制や市独自の保険料率を1段階設定しているほか、引き上げを3年間の段階的実施を図るなど、保険料負担の軽減に対する配慮が顕著であり、その努力は高く評価できるものであり、賛成するものであります。

   したがって、議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定については、賛成の立場から意見を申し上げました。建設厚生委員会では原案のとおり可決でございます。議員各位の賛同を賜りますようお願い申し上げます。

   次に、議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例議定についてでございます。御存じのように、後期高齢者医療制度は、高齢者一人一人が共通のルールにより保険料を支払うことと費用負担を明確にする仕組みは、従来よりもわかりやすい制度となっていますが、国民的理解を得るために、低所得者や被用者保険の被扶養者の保険料軽減措置など、高齢者の心情に配慮しつつ、より制度の改善に努めているところであります。こうした中での本条例の改正は、21年度の普通徴収の方法について、20年度と同様に1期から3期の暫定賦課を行わないこととすることで、高齢者の不安や戸惑いを少なくしようとの配慮であり、その措置は適切であると思います。また、運営主体の広域連合では、21年度の暫定賦課を行わない内容で条例改正されており、同一の取り扱いによって事務処理もスムーズに行われることとなるようなメリットがございます。したがって、本条例の改正に賛成するものであります。

   以上、議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例議定について、賛成の立場で意見を申し上げましたが、建設厚生委員会では原案のとおり可決であります。議員各位の賛同を賜りますようお願い申し上げ、賛成の意見を終わります。



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより議案第34号から議案第43号を採決します。

   議題のうち、まず議案第34号 新潟県妙高市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例議定について、議案第42号 妙高市介護保険条例の一部を改正する条例議定について、議案第43号 妙高市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例議定について、以上3件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

                   〔 賛 成 者 起 立 〕



○議長(佐藤栄一) 着席願います。賛成議員多数です。

   よって、議案第34号、議案第42号、議案第43号は原案のとおり可決されました。

   次に、議案第35号 妙高市廃棄物の減量、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例議定について、議案第36号 妙高市市営バスの運行及び管理に関する条例の一部を改正する条例議定について、議案第37号 妙高市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例議定について、議案第38号 妙高市いきいきプラザ条例議定について、議案第39号 妙高市妙高高原ふれあい会館条例議定について、議案第40号 妙高市高齢者生産活動センター条例議定について、議案第41号 妙高市新井ふれあい会館条例の一部を改正する条例議定について、以上7件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第35号から議案第41号は原案のとおり可決されました。

                                                    



△日程第7 議案第44号 妙高市企業振興奨励条例の一部を改正する条例議定について

      議案第45号 妙高市くびき野情報館条例の一部を改正する条例議定について



○議長(佐藤栄一) 日程第7 議案第44号 妙高市企業振興奨励条例の一部を改正する条例議定について、議案第45号妙高市くびき野情報館条例の一部を改正する条例議定について、以上2件を一括議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。産業経済委員会、?田保則委員長。

                   〔1 番  ?田保則 登 壇〕



◆1番(?田保則) 当委員会に付託されました案件は、議案第44号、議案第45号の以上2件であります。なお、審査過程の詳細は会議録に譲り、要旨のみを御報告します。

   まず、議案第44号 妙高市企業振興奨励条例の一部を改正する条例議定についてを御報告いたします。観光商工課長より、関係法令の改正に伴う文言の改正であるとの説明を受け、質疑に入りました。

   採決の結果、議案第44号は全会一致で原案のとおり可決しました。

   次に、議案第45号 妙高市くびき野情報館条例の一部を改正する条例議定について御報告いたします。観光商工課長より、全庁的に料金の見直しを行った結果、施設の利用促進を図るための料金を見直すため条例を改正したいものであるとの説明を受け、質疑に入りました。

   委員より、くびき野情報館の利用状況は、とただしたのに対し、観光商工課長より、1月末でイベントギャラリーは15件、研修室は45件、年間の日数は240日程度の利用であるとの答弁がなされました。

   採決の結果、議案第45号は全会一致で原案のとおり可決されました。

   以上で産業経済委員会における付託案件の審査結果の報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより、議案第44号 妙高市企業振興奨励条例の一部を改正する条例議定について、議案第45号 妙高市くびき野情報館条例の一部を改正する条例議定について、以上2件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第44号及び議案第45号は原案のとおり可決されました。

   議事整理のため、3時5分まで休憩します。

                   午後 2時52分  休 憩

                   午後 3時05分  開 議



○議長(佐藤栄一) 休憩を解いて会議を続けます。

   なお、本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長します。

                                                    



△日程第8 議案第 6号 平成21年度新潟県妙高市一般会計予算

      議案第 7号 平成21年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計予算

      議案第 8号 平成21年度新潟県妙高市老人保健特別会計予算

      議案第 9号 平成21年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計予算

      議案第10号 平成21年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計予算

      議案第11号 平成21年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計予算

      議案第12号 平成21年度新潟県妙高市介護保険特別会計予算

      議案第13号 平成21年度新潟県妙高市杉野沢財産区特別会計予算

      議案第14号 平成21年度新潟県妙高市ガス事業会計予算

      議案第15号 平成21年度新潟県妙高市水道事業会計予算

      議案第16号 平成21年度新潟県妙高市公共下水道事業会計予算

      議案第17号 平成21年度新潟県妙高市農業集落排水事業会計予算



○議長(佐藤栄一) 日程第8 議案第6号 平成21年度新潟県妙高市一般会計予算、議案第7号 平成21年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計予算、議案第8号 平成21年度新潟県妙高市老人保健特別会計予算、議案第9号 平成21年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計予算、議案第10号 平成21年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計予算、議案第11号 平成21年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計予算、議案第12号 平成21年度新潟県妙高市介護保険特別会計予算、議案第13号 平成21年度新潟県妙高市杉野沢財産区特別会計予算、議案第14号 平成21年度新潟県妙高市ガス事業会計予算、議案第15号 平成21年度新潟県妙高市水道事業会計予算、議案第16号 平成21年度新潟県妙高市公共下水道事業会計予算、議案第17号 平成21年度新潟県妙高市農業集落排水事業会計予算、以上12件を一括議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。予算特別委員会、丸山喜一郎委員長。

                   〔15番  丸山喜一郎 登 壇〕



◆15番(丸山喜一郎) 予算特別委員会における審査過程について申し上げます。

   当委員会に付託されました案件は、議案第6号から議案第17号に至る、平成21年度新潟県妙高市各会計予算12件であります。

   この付託案件の審査に当たり、議長臨席のもと、説明員として市長及び担当課長等の出席を求め、3日間にわたる全体会議を開催するとともに、3分科会を設け審査をいたしました。審査過程の詳細は会議録に譲り、審査を通じて行政執行上の課題として提起された意見などの主なものについて申し上げます。

   まず、総括質疑の中から申し上げます。行政評価については、市民満足度の向上や環境負荷の軽減を図ることを大きな目的としている。評価の結果を次の計画や事業改善につなげていくことが大切であり、今後さらに市民の視点に立って、妙高市の将来を考えたまちづくりに結びつけていく必要があると求められました。

   本年度実施した埋設農薬適正処理事業については、新年度に処理後の確認調査を要する経費が計上されているが、これは本来、国等の責任においてなされるべきものではないかと指摘されました。

   米政策推進対策事業の転作田を活用した米粉原料米の生産については、市ではコシヒカリや新たに「こしのめんじまん」等を計画しているが、スタート時点は農家の皆さんに混乱させないよう、これまで作付してきたコシヒカリ等で実施すべきであると意見が出されました。

   妙高チャンネルについては、スキー宿泊客や市民への情報提供拡大によりスキーの誘客につながるために、各スキー場の様子をライブカメラで見られるようにすることが求められました。天地人定期観光バスの運行支援では、妙高には7つの温泉地があり、各温泉地から乗車できるようにするなど、観光の小さなところにも光が当たるような配慮が必要との指摘がありました。

   入札改善については、市内経済を循環させ、立て直していく上でも、下請業者の選定や資材調達に地元優先条項を契約条件に明記するなど、もう一歩踏み込んだ対応が必要であると求められました。

   義務教育における保護者負担については、特に中学校の部活動に係る負担が大きく、実態を調査して軽減するよう検討が求められました。

   新井南部地区の関川からの農業用水取水口については、7.11水害で改善はされたが、大雨等で増水するたびに土砂が堆積し、毎年地域の重い負担となっている。抜本的な解決方法について、地元及び国・県と十分協議する必要があると求められました。

   下水道の接続率については、農業集落排水事業では極端に低い地域があり、接続に向けた積極的な取り組みが必要と指摘されました。

   クラインガルテンに関連して、これまでの事業経費及び今後も合わせ約9億円が投入されることになるが、この事業の恩恵を受けるのは主に都市住民である。将来的に妙高市に定住してくれればよいが、そうでなければ地域住民の福祉増進には寄与しない。厳しい財政状況の中、費用対効果を十分考慮し、すべて公による投資ではなく、税収なども見込める民間活力の必要性が指摘されました。

   中心市街地の活性化については、地域の皆さんが自分のこととして考え、コミュニティーのうまくいっているところは成功している。当市の場合、イベントもいいが、活性化のためにどういうふうにしたらいいのか、地域での議論の活性化と行動が促進するような指導が求められました。

   次に、分科会審査について申し上げます。

   シティープロモーション事業において、フリーペーパーはJRの駅だけに置くのではなく、高速自動車道のサービスエリア等にも配置し、PRすべきとの意見がありました。

   学校食育推進事業において、保護者の理解も得ながら、昔の学校給食を体験し、今の食のありがたさや安全性の大切さを知ってもらう機会をつくることが望まれました。

   防災体制の整備に関連して、災害時における情報収集等の協力者として、民間小型ヘリ事業者との災害応援協定の締結が求められました。

   病後児保育運営事業において、利用料金は1日2000円となっているが、保護者が病気、事故等の場合、減免措置も必要であると望まれました。

   保育園における正規・臨時職員の実態については、臨時職員が余りにも多過ぎる。園の統合や少子化も考慮しなければならないが、少なくともクラスを担当する保育士は正規職員にすべきとの指摘がありました。

   小水力発電など新エネルギーについては、環境に優しいエネルギーが広く普及するよう、今後とも積極的に取り組んでほしいと望まれました。

   路線バスについて、コミュニティバスに移行できない路線については、定時刻によるバス運行を見直しし、タクシー事業者と協定し、必要によって呼べるディマンド交通システムをもっと具体的に検討すべきとの意見がありました。

   生活習慣病予防については、未受診者への対策が大切。新年度は支所に地域包括支援センターが設置されることから、それら職員とも連携し、保健師活動の一層の充実を図り、ひとり暮らし老人等への訪問など、市民に信頼され、喜ばれる活動の拡充が求められました。

   早朝除雪については、本年度3月からは降雪20センチにならないと出動しないこととなったことが、山間部では重い雪のため通行に支障を来している。よく実態を調べて対応するよう求められました。

   愛と命の緊急通報装置設置事業では、近年高齢者の火災による死亡事故も多発しており、冬期間は避難場所も限定されていることから、火災報知機能つき装置の設置率向上が求められました。

   障がい者就労支援施設整備事業における米粉パンの製造販売については、市民への積極的PRにより、販売を促進してほしいと望まれました。

   紙おむつ支給事業では、これまでも見直されてきましたが、今後所得に応じた負担及び使用した量、額に応じた負担も公平性の面から検討すべきとの意見がありました。

   地域安心ネットワーク推進事業では、地域の課題を解決し、住みなれた場所で安心した生活を送ることとあるが、1年間の活動報告を行うとともに、2年目の計画を示す必要性が求められました。

   妊婦健診の公費助成については、5回から14回に拡大されるが、時限措置ではなく、今後もこれを継続すべきと求められました。

   街灯新設事業に関連して、照明の明るい学校町通りなどは、真夜中照明を減光するなどの省エネ対策も必要であると求められました。

   バス運行事業では、市内中心部でも高齢化が進んでおり、市街地を中心として、安い料金でいつでも乗れる循環バスの検討が求められました。

   就農雇用対策事業について、新規雇用者は60歳以下を対象としているが、現状では若い人の就農は難しく、60歳以上でも対象とするよう求められました。

   中山間地域等直接支払制度は今年度で終わるが、中山間地域の農業振興のためには継続が必要であり、そのための働きかけが求められました。

   観光宣伝事業の妙高百景カレンダー等作成について、現在市のホームページには百景は載っているが、販売に関するものがない。早く作成し、妙高市をPRする必要があると求められました。

   観光施設整備事業については、新たに高妻山の登山道新規ルート調査があるが、高妻山は、新潟県の山でありながら登山ルートがないことから、早急な登山道の整備が求められました。

   中小企業対策において、現下の厳しい経済・社会情勢を考慮して、制度資金については、利率レートの引き下げが必要であるとの意見がありました。

   次に、特別会計について申し上げます。

   議案第7号 国民健康保険特別会計予算では、生きがい対策は健康づくりにつながるもの。元気づくり、地域づくりなど、体育指導委員や生涯学習課と連携した効果的な取り組みが必要であるとともに、その評価分析を行い、健康づくりの推進に努めてほしいと求められました。

   議案第15号 水道事業会計予算では、利益が続いていることから、施設の更新もあると思うが、料金値上げにつながらないように求められました。

   以上で、総括質疑、各分科会審査における質疑の中で出されました意見等の主なものを申し上げました。

   最後に、採決の結果について申し上げます。

   議案第6号 一般会計予算、議案第9号 後期高齢者医療特別会計予算、及び議案第12号 介護保険特別会計予算の以上3件につきましては、反対討論が行われ、起立採決の結果、賛成委員多数で原案のとおり可決されました。

   また、議案第7号、議案第8号、議案第10号、議案第11号及び議案第13号から議案第17号に至る、平成21年度妙高市各会計予算9件につきましては、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決されたことを御報告申し上げ、審査結果の報告といたします。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

   討論の通告がありますので、順次発言を許可します。

   霜鳥榮之議員。

                   〔17番  霜鳥榮之 登 壇〕



◆17番(霜鳥榮之) 17番の霜鳥榮之でございます。ただいま議題となっております案件の中で、議案第6号 平成21年度新潟県妙高市一般会計予算、議案第9号 平成21年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計予算及び議案第12号平成21年度新潟県妙高市介護保険特別会計予算について、ただいま特別委員長の報告のあったところですが、私は反対であります。よって、私は日本共産党議員団を代表いたしまして、その反対理由を簡略に申し上げます。これまで市民の皆様からは、どうして反対するのかとの声もありましたが、制度上の問題でもあり、そのすべてに反対するものではありません。当然市民の要求や私たち議員団の要請にこたえたものもありますが、市民の皆さんの目線に立って見たとき、どうしても譲れないものがあります。今回は、ブロードバンドの整備によって、妙高チャンネルでの議会放送が注目されていることも踏まえ、わかりやすく述べたいと思います。

   まず、議案第6号の一般会計予算についてであります。この予算は、昨年アメリカ発の金融危機に端を発した経済危機の防波堤が崩れた状況で編成されました。歴代自公政権が、国内的には社会保障費の抑制・削減や労働者派遣の原則自由化による雇用の破壊、農業・中小企業の切り捨て政策を推し進め、内需を極端に疲弊させ、一方グローバル化を口実に自動車、電機などの産業を極度に優遇し、外需頼みの経済運営を推し進めて極端にゆがんだ経済構造をつくり上げてきた結果、震源もとのアメリカはもとより、EU各国にもましての経済の落ち込みが著しく、先の見えない大きな危機となっております。口では、まくら言葉のように100年に1度だとか内需拡大とかは言っていますが、この間、現代の奴隷制とも例えられるような、低賃金労働者の血と汗で築き上げた巨額の内部留保を持ちながら、しかも株主配当の維持・増額をしながら、世界有数のトップ企業が我先にと派遣労働者を解雇し、国内経済を負のスパイラルに陥れています。

   このような経済状況下での妙高市の予算には、何が求められるでしょうか。それは、自公政府の悪政から市民の暮らしを守る防波堤の役割です。この点から、幾つかの指摘をしたいと思います。

   まず第一は、市内経済の循環と言いながら、入札問題では下請も市内企業優先をきっちりと掲げることができないでいます。口頭でお願いしていると言いますが、全く実効が見られません。これでは、幾ら経済対策を積み上げても、市民の税金がどんどん市外に流出してしまいます。市内の事業者は、税金の稼ぎもできず、結局労働者の解雇へと発展していきます。

   第二は、雇用問題が内需拡大、景気の下支えの焦点になっているのに、補助金を使っての誘致や市税の減免の便宜を供与している企業に対する働きかけは極めて不十分です。企業からは誘致条件など他の都市との競争を強いられ、一方企業へは雇用確保の注文も言えないという、対等とは言えない関係を築いています。

   第三は、美しい自然と人が共生するまちづくりを目指しながら、競輪サテライト事業は全く相入れないものであります。

   第四は、市税徴収強化が掲げられていますが、市民には厳しい体制をとりながら、一方スキーリゾート関連の毎年数億円もの滞納については全くめどがついていません。

   第五は、官製ワーキングプアの問題を軽視していることであります。人件費を削ることが行政改革の成果のように説明されています。妙高市役所では、職員全体の40%がパートや臨時の非正規雇用です。とりわけ次世代を担う子供の健やかな成長を担う保育園では、66%がパートや臨時の非正規雇用であります。臨時保育士はクラスも担当し、正職員と変わらぬ責任を求められています。研修も正職員と変わらないとしていながら、違うのは低賃金で働かされているということです。当面保育園の民営化はストップはしていますが、不安定な身分で責任は同等という保育士の正職員化が、働く不安の解消はもとより、子供の健やかな成長を保障する上でも必要であります。

   以上が主な反対理由ですが、ほかにも予算執行の見直しが必要であります。1つには、クラインガルテンの拡張の見直しを求めます。月額換算すれば住宅困窮の市民への公営住宅家賃よりも低いような3万5000円程度の賃貸料ですから、利用者に喜ばれるのは当然であります。周辺地域においては交流効果もあるでしょうが、最優先の課題と言えるでしょうか。市民の暮らし最優先を求めるものであります。

   2つには、ヨーロッパの果ての国との国際交流です。スキーリゾートとのかかわりでスタートした二重通訳の必要な国よりも、さきの大戦で大きな被害を与えた東南アジアの人々との交流を優先すべきではないでしょうか。再考を求めるものです。

   次に、議案第9号の後期高齢者医療特別会計予算について申し上げます。滞納問題は深刻であります。妙高市内でも、昨年10月期の滞納者は、低い額の年金から天引きできない普通徴収対象者の8.1%にも上っています。このままでは多くの保険証なしの高齢者がつくり出されます。厚労省は、安易な保険証の取り上げはしないと弁明はしていますが、そのシステムは一致していません。この予算の歳入の主なものは保険料で、歳出の主なものは広域連合への納付金ですが、一般会計からの繰り入れ9700万円で帳じりを合わせているにもかかわらず、市の裁量の働く余地は全くと言っていいほどありません。そもそもこの対象者は、戦前、戦中お国のために命までささげよと言われ、苦労に苦労を重ね、血と汗の結晶で戦後の国を築き上げてきた人たちであります。医療費がかかり過ぎるからといって突然75歳で振り分け、医療の制約をつけた保険制度をつくり、その保険料は生活費の根幹をなす年金から天引きするなど、高齢者の生活など保障もしない、老後の生きがいなど保障もしないというものであります。年を重ねたら医者にかかる率が高くなるのは至極当然のことであります。しかも、医師不足の関係で近くの病院では対応できず、遠くへ行くことによって交通費など個人負担がふえること等は我関せずという対応だと指摘しなければなりません。国民の批判が高まる中で、長寿医療制度などと取ってつけたような言葉も出ていますが、本当に長寿医療制度というのであれば、医療も生活も保障し、本当に長生きが喜ばれる仕組みづくりをすべきものであります。しかも、この制度の立ち上げによって、他の保険から支援金としての繰り入れもあるわけで、結局国民の負担が上乗せさせられています。私たち日本共産党は、この制度立ち上げのときから反対を貫き、後期高齢者医療制度の廃止を掲げております。また、住民運動も国民世論もこの制度の廃止を求めています。このような国民世論、感情と運動を判断基準とし、だれしもが安心して暮らせる長寿を喜び合える生命地域の創造を目指すことから、反対をいたします。

   最後に、議案第12号の介護保険特別会計予算であります。特養の入所待ちは250人です。新年度では介護度の判定が見直しされます。厚労省の調べでも、多くの人の認定は引き下げられます。合併初年度、平成17年度決算と比較すると、平成21年度予算では保険料の伸びは1.5倍であるのに給付費は1.2倍です。まさに保険あって介護なしの状況であります。基本的には国の責任が大きいと言えます。妙高市でも準備基金1億円の取り崩しも予定はしていますが、このままでは保険料値上げは天井知らずとなってしまいます。国民は金のなる木ではありません。財源がないからといっても、先の見えない大不況の中で22%もの引き上げを容認することはできません。国言いなりではなく、現場の声を国に伝える、国に物申す対応が求められます。昨年末の緊急経済対策以来、市民の暮らしの不安を取り除く子供の医療費助成対象の拡大や第3子の保育料の免除など、長年の懸案だった子育て支援策や妊婦健診助成回数の拡大なども盛り込まれてはいますが、100年に1度の危機には、従来の延長線上ではない対応が求められます。なお一層市民福祉サービスの向上に努めることを求め、私の反対討論を終わります。



○議長(佐藤栄一) 次に、水野文雄議員。

                   〔19番  水野文雄 登 壇〕



◆19番(水野文雄) 19番の水野文雄でございます。ただいま議題となっております議案第6号 平成21年度新潟県妙高市一般会計予算について、賛成の立場から討論を行います。

   本予算に関しては、予算特別委員会において3分科会に分かれ細かく質疑が交わされ、各分科会でも賛成多数で可決されました。もちろん私も予算特別委員会で賛成いたしました。しかし、今日のようにいつ何が起こるか全く先の読めない、そして、ますます複雑・多様化した社会に変化したことから、賛成の意思表示に積極的と消極的なものがあると言ってもよいのではないかと考え、私は消極的立場での賛成討論を行います。

   新庁舎の附帯工事が完了する前に新井小学校の新築工事に着手、また総合体育館の事前設計に入る、さらにはクラインガルテンへの多額な投資と、次から次へと箱物をつくり、またつくられようとしております。クラインガルテンは、国の施策としてはすばらしいと思います。高度経済成長期には、農を営む田舎から多くの若い人たちが都会へ、都会へと吸い上げられ、流出していきました。世の中が変わり、最近は都会に大勢の人たちの職場がなくなってしまい、そこで今度は地方へそういった人たちを向かわせる一つの施策が、クラインガルテンではないかと言いたいのであります。妙高市の自主的財源を数億つぎ込み、その数倍の投資効果をどうやって生み出し、ひいては市の税収につなげていくのか、大変心配であります。しかし、市長は議会答弁の中で、妙高市の将来のため、今ここでやらなければならないと熱く語っておられました。私はそれを聞き、これは一理あると考えさせられ、消極的と申し上げたのであります。予算の編成、提案、執行権は市長にあることから、予算化する以上、ちゅうちょしてはいけません。大胆に、しかも細心の配慮に心がけ、常に市民の思い、願いを忘れずに邁進してほしいのであります。そして、市長の思考、行動理念を一人でも多くの市職員に知っていただき、活気のある市役所、妙高市となってほしいのであります。

   これからの妙高市の発展を願い、賛成討論といたします。

   以上。



○議長(佐藤栄一) 次に、間島英夫議員。

                   〔22番  間島英夫 登 壇〕



◆22番(間島英夫) 自席番号22番の間島でございます。ただいま議題となっております議案第6号 平成21年度一般会計当初予算、議案第9号 平成21年度後期高齢者医療特別会計当初予算及び議案第12号 平成21年度介護保険特別会計当初予算について、賛成の立場から意見を述べさせていただきます。

   我が国の経済は、世界的な景気後退が続く中で、内需、外需とも大変厳しい状況が続き、景気の下降局面がさらに厳しく、長期化する様相を呈しています。議案第6号の平成21年度の一般会計予算にあっては、100年に1度と言われる経済危機の中で、当市においても市税の大幅な減収が見込まれるなど大変厳しい予算編成であったものと推察されます。このような状況のもと、妙高市の当初予算は、予算規模では対前年度比3.7%増の積極型であり、これは悪化を続ける現在の経済情勢に対応することを最優先課題として、昨年からの一連の経済対策と一体となって妙高市の実情に応じた対策を予算に反映させた結果であり、そのスピード感のある機敏な対応を高く評価しているところであります。あわせて、未来のまちづくりに向けた布石として、先駆的な事業について果敢に予算化している点に関しては、市民に希望をもたらすものとして大いに期待ができるものであります。また、そのような積極型予算にあっても、市債残高の削減や人件費の縮減など、持続可能な財政の確立に向けた確実な取り組みが反映されており、経済対策や未来志向のための財政出動と将来世代の財政責任の調和を図ったその努力に対して敬意を表したいと思います。

   主な取り組みでは、まず観光農林業の活性化対策として、シティプロモーション推進事業では、妙高の魅力と豊かな地域資源を最大限に生かし、多くの人々を妙高に引きつけるため、新たに新幹線車内誌「トランヴェール」への広告掲載などの取り組みが行われているのであります。また、妙高山麓都市農村交流施設整備事業では、クラインガルテン妙高を核として、体験・交流・情報発信機能を備えた全く新しいタイプの拠点施設の整備が進められるなど、その戦略的な取り組みの効果が大いに期待されるものです。

   環境面では、公園、道路などの公共施設を対象にした、市民の自発的な活動を促すアダプト・プログラム推進事業の全市的な拡大を目指す取り組みや、森林整備の重要性について理解を深めるため、小学生を対象とした林業体験などの森林環境教育を行うみどりの学習推進事業の実施など、妙高市の豊かな自然を後世に引き継ぐ有意義な取り組みであり、大いに評価ができるものであります。

   教育や子育ての面では、いよいよ老朽化の著しい新井小学校の建てかえに着手されます。子供たちが夢を持ち、健やかに成長できる環境づくりを目指した、従来にない斬新な校舎が整備されるとのことであり、完成が待ち望まれるものであります。また、保護者が安心して仕事と子育てを両立しながら働くことのできる病後児保育の実施など、子育て環境の充実が図られております。

   福祉の面では、障がい者の就労支援のため、空き施設を利用して米粉パン工房を整備するなど、地域で支え合う福祉の仕組みづくりが着実に進められております。

   スポーツの関係では、妙高市のスポーツの拠点となる総合体育館や、四季を通じクロスカントリースキーやウオーキングなどを楽しめるクロスカントリーコースの整備に着手するなど、未来に夢と希望を持てる大きなプロジェクトであり、大いに期待できるものであります。

   以上、議案第6号に対して賛成の立場で意見を申し上げました。

   次に、議案第9号 平成21年度後期高齢者医療特別会計当初予算についてであります。後期高齢者医療制度は、老人医療費が増大する中で、高齢世代と現役世代の費用負担を明確化し、将来にわたって持続可能な医療保険制度を確保するために創設されたものであります。運営主体は新潟県後期高齢者医療広域連合であり、市の特別会計では主に保険料の賦課及び医療費等の給付管理を行い、納税通知書や被保険者証の発行・送付及び保険料の徴収や各種申請書の受け付けなどに必要な経費を予算化しているものであります。超高齢化社会の中にあって、この医療保険制度は必要不可欠なものと考え、私はこの予算に賛成をいたします。

   次に、議案第12号 平成21年度介護保険特別会計当初予算についてであります。介護保険料については、3年ごとの改正に当たり、今後の必要なサービス内容や量を見込み、計算した結果、第1号被保険者の保険料の基準額が3年間で月額4500円まで増額となります。これは、高齢者や家族の安心な生活を確保するために特別養護老人ホームなどの施設サービスや在宅サービスの拡充を図るためであり、また介護従事者の処遇改善のための報酬改定や介護保険財源における1号被保険者保険料の負担率増など必要な制度改正に伴うものであることなどから、やむを得ないものであると考えております。また、介護給付費準備基金のほぼ全額である1億円を繰り出すことで介護保険料の軽減に努めていることも評価できることから、本予算に賛成するものであります。

   以上、議案第6号、議案第9号、議案第12号に対し、賛成の立場で意見を申し上げました。各分科会において十分審議が尽くされ、原案のとおり可決されたものであります。再度議員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げ、私の賛成討論を終わります。



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより、議案第6号から議案第17号を採決します。

   議題のうち、まず議案第6号 平成21年度新潟県妙高市一般会計予算、議案第9号 平成21年度新潟県妙高市後期高齢者医療特別会計予算、議案第12号 平成21年度新潟県妙高市介護保険特別会計予算、以上3件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

                   〔 賛 成 者 起 立 〕



○議長(佐藤栄一) 着席願います。賛成議員多数です。

   よって、議案第6号、議案第9号及び議案第12号は原案のとおり可決されました。

   次に、議案第7号 平成21年度新潟県妙高市国民健康保険特別会計予算、議案第8号 平成21年度新潟県妙高市老人保健特別会計予算、議案第10号 平成21年度新潟県妙高市簡易水道事業特別会計予算、議案第11号 平成21年度新潟県妙高市高柳工場団地開発事業特別会計予算、議案第13号 平成21年度新潟県妙高市杉野沢財産区特別会計予算、議案第14号 平成21年度新潟県妙高市ガス事業会計予算、議案第15号 平成21年度新潟県妙高市水道事業会計予算、議案第16号 平成21年度新潟県妙高市公共下水道事業会計予算、議案第17号 平成21年度新潟県妙高市農業集落排水事業会計予算、以上9件を一括採決します。

   本件に対する委員長報告は可決であります。本件は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第7号、議案第8号、議案第10号、議案第11号及び議案第13号から議案第17号は原案のとおり可決されました。

                                                    



△日程第9 議案第46号 妙高市公平委員会委員の選任同意について



○議長(佐藤栄一) 日程第9 議案第46号 妙高市公平委員会委員の選任同意についてを議題とします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第46号 妙高市公平委員会委員の選任同意について御説明申し上げます。

   妙高市公平委員会委員のうち、早津一郎さんは平成21年3月31日をもって任期満了となりますので、新たに妙高市大字大鹿2968番地、上野?さんを委員に選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

   なお、上野さんは、県職員としての経験から、公務員制度に精通しているほか、労働行政に対しても豊富な知識を有しておられます。

   以上、議案第46号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄一) これより質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   お諮りします。議案第46号 妙高市公平委員会委員の選任同意については、同意することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第46号については同意することに決定しました。

                                                    



△日程第10 議案第47号 妙高市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について



○議長(佐藤栄一) 日程第10 議案第47号 妙高市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてを議題とします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) ただいま議題となりました議案第47号 妙高市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について御説明申し上げます。

   固定資産評価審査委員会委員のうち、大野勇夫さんは平成21年4月23日をもって任期満了となりますので、引き続き妙高市大字宮内248番地の1、大野勇夫さんを委員に選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

   なお、大野さんはこれまでの2期6年にわたり同委員を務められるとともに、金融機関勤務の経験から、資産評価に対して豊富な知識を有しておられます。

   以上、議案第47号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄一) これより質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   お諮りします。議案第47号 妙高市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については、同意することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議案第47号については同意することに決定しました。

                                                    



△日程第11 諮問第1号 人権擁護委員候補者推薦に対する意見について



○議長(佐藤栄一) 日程第11 諮問第1号 人権擁護委員候補者推薦に対する意見についてを議題とします。

   提案理由の説明を求めます。入村市長。

                   〔市 長  入村 明 登 壇〕



◎市長(入村明) ただいま議題となりました諮問第1号 人権擁護委員候補者推薦に対する意見について御説明申し上げます。

   現在、法務大臣から委嘱されております当市の人権擁護委員のうち、田上順一さんは平成21年6月30日をもちまして任期満了となりますので、新たに妙高市渋江町7番5号、富坂一長さんを推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会に意見を求めるものであります。

   なお、富坂さんは元教員で、小・中学校の校長を歴任されていることなど人権擁護に理解があり、人格、見識高く、広く社会の実情に通じております。また、現在市の社会教育委員にもかかわりを持っていただいており、今後効果的な人権擁護活動を行ってもらうことが期待されるものであります。

   以上、諮問第1号につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御意見を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄一) ただいまの説明に対し、何か御意見などありませんか。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御意見なしと認めます。

   お諮りします。諮問第1号 人権擁護委員候補者推薦に対する意見については、これを適任と答申することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、諮問第1号については適任と答申することに決定しました。

                                                    



△日程第12 請願第1号 金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしをまもる緊急対策の強化を国に求める意見書提出を求める請願



○議長(佐藤栄一) 日程第12 請願第1号 金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしをまもる緊急対策の強化を国に求める意見書提出を求める請願を議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。産業経済委員会、?田保則委員長。

                   〔1 番  ?田保則 登 壇〕



◆1番(?田保則) 産業経済委員会に付託されました請願第1号 金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしをまもる緊急対策の強化を国に求める意見書提出を求める請願につきまして、当委員会における審査結果について報告いたします。

   審査における主な意見として、雇用不安を解消するという意味で大事である、今の厳しい情勢に耐えられるようなこともしていくべきであるなどの賛成意見や、推移を見守りながら手を打つことが必要である、国が対策を打っている状況を見守るべきであるなどの反対意見が出され、採決の結果、不採択とすることに決定しました。

   以上で産業経済委員会における審査結果の報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

   渡辺議員。



◆23番(渡辺幹衛) 23番の渡辺です。自席でお願いします。今委員長、不採択というお話でしたので、今度はここでまたいろいろ意見が出されるんだと思いますが、そういう点で若干もう少し詳しくお尋ねしたいと思います。

   政府では当初は、アメリカ発の危機があったんですけど、日本は大丈夫だと、ハチに刺された程度だと言っていたのが、100年に1度の大津波だと、こういうふうに変わりました。100年に1度には100年に1度にふさわしい対応がどうしても必要であります。そういう点では、けさの新聞でも政・労・使の合意ができたというところも来ています。これは、世論が動かしているんですね。そして、雇いどめの問題とか雇用保険の対象の拡大なんかについては新年度からみたいな話だったんですけど、この3月末で何十万人もの雇いどめが出るんではないかというおそれから、今、国会では少なくとも年度内に適用するようにと与野党奮闘した結果、全会一致でそういう制度もできたんです。そういう点では、地方自治体が住民の皆さんの代表として声を上げるというのが今緊急に求められている責務じゃないかと思うんです。そういう点では、今後のここでの審議の参考にするために、産経委員長、もう少し審議の中身、それだけだったのか、もう少し詳しくお尋ねしたいと思います。



○議長(佐藤栄一) ?田保則委員長。



◆1番(?田保則) お答えします。

   産業経済委員会の中では、確かに今渡辺議員のおっしゃいました大勢は、確かに今の金融危機の中で雇用対策は非常に大事だという意見は、それについては反対はありませんでした。ただ、請願の文言の中にですね、雇用保険に対する、派遣社員の会社都合も自己都合も同じ状況で雇用保険は支払うべきだというというような文言がありました。その反対の主なものはそこでございました。自己都合、会社都合で同じ雇用保険を払うということは、それは少しまずいのではないかと。今対策を求められているのは、いわゆる会社都合の派遣どめとか雇いどめの人たちを救うべきであって、自己都合のものについては全く別のものであるというようなことで、一番大きな問題はそこでございました。それが大勢を占めまして、不採択ということになりました。

   以上です。



○議長(佐藤栄一) 水野文雄議員。



◆19番(水野文雄) 19番の水野ですが、自席でお願いします。後ほど賛成討論を行うつもりでありますが、その前にちょっとお尋ねいたします。

   私は、この請願のいわゆる審査については非常に気を使わなければいけないし、慎重にしなければいけないし、そういったことでですね、いろんなやっぱり議論が交わされた、審査が行われたというふうに私は解釈したいんです。というのはですね、私も賛成討論の中で述べたいんですが、請願そのものは、要するに意見書を出してほしいんだということなんですよね。しかし、その意見書の中身については、私は若干問題あると思うんです。そういったことでは、その請願は受理するが、議会として意見書を出すに当たってこの部分は訂正したいんだ、話し合って、それはやっぱり訂正できるんじゃないか。紹介議員もその辺は理解されているようであるというふうに思うんですが、その辺のですね、意見書案文の修正についてのですね、話し合い等々の意見なかったんですかね、委員長。どうも不審でならないんですが。



○議長(佐藤栄一) ?田保則委員長。



◆1番(?田保則) 先ほど申しました総体的な意味合いのものについては、各委員は賛成でございましたけども、その中身について具体的にどうということはありませんでした。賛成された方も反対された方も、総体的にはいいんですが、請願の内容について疑義はあるということでございましたので、請願書その部分を訂正するとか……

                   〔「請願じゃない、意見書」と呼ぶ者あり〕



◆1番(?田保則) 意見書をその部分を訂正するとかという意見はございませんでした。



○議長(佐藤栄一) 塚田議員。



◆6番(塚田克己) 委員長にお伺いします。

   今ほど委員長のその不採択の説明では、請願の中身について異論があるというその説明でしたですよね。もともと請願というのは、憲法に保障されている基本的人権の一つであるわけで、この運用、審査に当たってはですね、請願の中身のチェックをすることを議会は求めちゃいけないはずなんですよね。私は、この問題について、産経委員会で今委員長の報告では、どうもその請願の中身の文言が、総体的には要するに国に意見書を出すことについてはいいんだけども、その請願の文言に異論があるんだと、だから賛否をとって結果的に不採択になったというふうな説明していますが、先ほど水野議員が言っている、あくまでもこの請願者というのは、国に意見書を妙高市議会として出してほしいと、金融危機のこの大事な時期に、先ほど渡辺議員も言っていましたけども、きょうの新聞に出ているように、政府と経団連と連合の3者が一つのテーブルにのってこの危機を乗り越えていかなきゃいけない、雇用対策を講じていかなきゃいけないんだということを、2002年の7年ぶりに要するに3者がそろってこの対策を講じていくというですね、新たな動きが出てきている中で、私は、請願は請願として国に意見書を出してほしいというのは、今こそそのタイミング的に一番いい時期だというふうに私は思います。ただ問題は、今度妙高市がこの採択した際に、意見書を出す際に、この請願の文言どおりに出すことについては異論があるというんであれば、意見書そのものをこの妙高市議会で作成する際に、その請願者の願意を酌み取りながら、妙高市の議会にふさわしい意見書をつくって国会なり国に意見書を提出すればいいんでないかというふうな議論をですね、当然すべきだと思いますけども、その辺の議論はございませんでしたか。



○議長(佐藤栄一) ?田保則委員長。



◆1番(?田保則) その辺の審議はありませんでした。



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

   討論の通告がありますので、発言を許可します。

   水野文雄議員。

                   〔19番  水野文雄 登 壇〕



◆19番(水野文雄) 私は、19番の水野文雄でございます。議員になって初めて熱くなっております。

                   〔「熱くなっちゃいけんよ」と呼ぶ者あり〕



◆19番(水野文雄) もちろん冷静でございます。ただいま議題となっております請願第1号 金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしをまもる緊急対策の強化を国に求める意見書提出を求める請願に対し、私は採択すべきであるとする立場で賛成討論を行います。

   私は、常々日本国憲法のすばらしい点の一つとして、16条での何人にも請願の権利を保障していることを挙げられると常々思っているのであります。公選による議会制民主主義のルールの中にあって、それを補完、救済する策として、だれもが紹介議員をつけることによって直接文書で議会に願い出ることができ、議会も受理しなければならないとされています。しかし、採択するかしないかは議会が審査することになります。当然でございます。

   昨年末から始まった世界的な金融経済危機のため、緊急経済対策の重要性から、国会はもとより、県会、私たちの妙高市議会でも、このためたび重なる臨時会、今議会でその対策等に関しいろいろ取り上げられ、議論がなされてまいりました。そういった状況下でこの請願が出されたことを、まず認識してほしいのであります。

   私は、請願の審査に当たっては、?として、その請願が出された背景の検証であり、?として、その請願が私利私欲、我田引水的なものではないのかという点、?として、その願いが実現可能かどうかの3点について、今回の場合は検討する必要があると思い、考えたところであります。では、?としての時代・世相的な背景はどうでしょう。世界を巻き込んでの金融経済的な危機は、世界、国を挙げて大きな問題とされ、喫緊の政治的課題でもあり、まさにこの点では時宜に合ったものであります。皆さん、そうでしょう。

                   〔何事か呼ぶ者あり〕



◆19番(水野文雄) ?としての私利私欲、我田引水的な面があるでしょうか。大量失業者たちのため、新たなる失業者とならない人たちのため、さらにこれからの雇用・労働政策、雇用保険等のあり方を含めた対策を求めているのであり、私はその願意には大賛成であります。皆さん、そうでしょう。

                   〔「そうだ」と呼ぶ者あり〕



◆19番(水野文雄) ?としての願いが実現可能かどうかの点であります。先ほども質疑の中でありましたように、この請願は雇用と暮らしを守る緊急対策の強化を国に求める意見書をですね、妙高市議会として国へ提出してほしいんだとしたものであり、実現はその点では至って容易ではないでしょうか。ただ、一言つけ加えたいことがあります。採択後、意見書案文の中身については、紹介議員を含めた中で検討し、妙高市議会として同意を得られた中で、場合によっては修正もあり得るということも、私はこの際申し上げておきたいのであります。

   以上の観点から、この請願には私はもろ手を挙げて採択すべきと賛成討論をしたいのであります。

   以上で終わります。



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより、請願第1号 金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしをまもる緊急対策の強化を国に求める意見書提出を求める請願を採決します。

   本件に対する委員長報告は不採択でありますので、採択することについて採決します。

   本件を採択することに賛成の議員の起立を求めます。

                   〔 賛 成 者 起 立 〕



○議長(佐藤栄一) 着席願います。賛成議員少数です。

   よって、請願第1号は不採択とすることに決定しました。

                                                    



△日程第13 請願第2号 平成21年度税制「改正」関連法案において、消費税の税率引き上げをおこなわないことをもとめる請願

       請願第3号 アフリカ・ソマリア沖への自衛艦派遣に反対する請願



○議長(佐藤栄一) 日程第13 請願第2号 平成21年度税制「改正」関連法案において、消費税の税率引き上げをおこなわないことをもとめる請願、請願第3号 アフリカ・ソマリア沖への自衛艦派遣に反対する請願、以上2件を一括議題とします。

   本件に関し、委員会における審査結果の報告を求めます。総務文教委員会、豊岡賢二委員長。

                   〔14番  豊岡賢二 登 壇〕



◆14番(豊岡賢二) 総務文教委員会に付託されました請願第2号並びに請願第3号について、当委員会における審査結果について御報告いたします。

   まず、請願第2号 平成21年度税制「改正」関連法案において、消費税の税率引き上げをおこなわないことをもとめる請願について報告いたします。審査における主な意見としまして、経済が安定するまで税率引き上げはうまくないなどの賛成意見や、税制の安定上必要なものであり、国においてもしっかりと構築されていない段階であるため、時期尚早である、明確な方針も示されていないので、今後の動向を見ながら判断したいなどの反対意見が出され、採決の結果、賛成委員少数で不採択とすることに決定しました。

   次に、請願第3号 アフリカ・ソマリア沖への自衛艦派遣に反対する請願につきまして報告いたします。審査における主な意見として、自国の船舶は自国が責任を持って安心・安全にすべきである、国際レベルの問題であり、国の動向を見て判断したいなど反対意見が出され、採決の結果、賛成委員少数で不採択とすることに決定されました。

   以上、総務文教委員会における審査過程の報告を終わります。



○議長(佐藤栄一) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて質疑を終わります。

   これより討論を行います。

                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) これにて討論を終わります。

   これより請願第2号及び請願第3号を採決します。

   まず、請願第2号 平成21年度税制「改正」関連法案において、消費税の税率引き上げをおこなわないことをもとめる請願を採決します。

   本件に対する委員長報告は不採択でありますので、採択することについて採決します。

   本件を採択することに賛成の議員の起立を求めます。

                   〔 賛 成 者 起 立 〕



○議長(佐藤栄一) 着席願います。賛成議員少数です。

   よって、請願第2号は不採択とすることに決定しました。

   次に、請願第3号 アフリカ・ソマリア沖への自衛艦派遣に反対する請願を採決します。

   本件に対する委員長報告は不採択でありますので、採択することについて採決します。

   本件を採択することに賛成の議員の起立を求めます。

                   〔 賛 成 者 起 立 〕



○議長(佐藤栄一) 着席願います。賛成議員少数です。

   よって、請願第3号は不採択とすることに決定しました。

                                                    



△日程第14 議会推薦第1号 妙高市農業委員会委員の推薦について



○議長(佐藤栄一) 日程第14 議会推薦第1号 妙高市農業委員会委員の推薦についてを議題とします。

   お諮りします。農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づく議会から推薦する農業委員会委員に、小林繁夫さん、宮下勉さん、渡邉慶一さん、青山芳彦さん、以上4人を推薦したいと思います。これに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議会から推薦する農業委員会委員に、小林繁夫さん、宮下勉さん、渡邉慶一さん、青山芳彦さん、以上4人を推薦することに決定しました。

                                                    



△日程第15 閉会中における春季管内視察について



○議長(佐藤栄一) 日程第15 閉会中における春季管内視察についてを議題とします。

   各常任委員長より、平成21年5月7日から5月15日までの間において、閉会中における所管事務調査の一環として春季管内視察を行いたいとの申し出があります。

   お諮りします。各常任委員長申し出のとおり、平成21年5月7日から5月15日までの間において、閉会中の継続調査として春季管内視察を実施することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査にすることに決定しました。

   この際、お諮りします。議会運営委員長から、議会の運営に関する事項、会議規則、委員会の条例等に関する事項及び議長の諮問に関する事項について、これが閉会中においても調査、研究をしたいとの申し出がありました。議会運営委員長の申し出のとおり、決定することに御異議ありませんか。

                   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤栄一) 御異議なしと認めます。

   よって、議会運営委員長申し出のとおり決定されました。



○議長(佐藤栄一) 以上をもちまして、去る3月3日に招集されました平成21年第3回妙高市議会定例会は、平成21年度の各会計予算を中心に、妙高市の市政発展と住民福祉の向上のため、熱心に、しかも慎重に審議が重ねられました。この間22日間という長い会期でありましたが、議事進行に御協力を賜りましたことに対し、厚く御礼を申し上げます。

   未曾有の経済状況下で、行政課題も山積する中、市民の負託にこたえるべく、英知と勇気と情熱をもってさらなる妙高市発展に御尽力くださいますようお願い申し上げます。

   時節柄、各位におかれましては健康に十分留意され、御活躍あらんことをお祈り申し上げ、これをもちまして平成21年第3回妙高市議会定例会を閉会します。

   どうも御苦労さまでした。

                   午後 4時21分  閉 会