議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 燕市

平成27年  3月 定例会(第1回) 03月06日−一般質問−02号




平成27年  3月 定例会(第1回) − 03月06日−一般質問−02号







平成27年  3月 定例会(第1回)





    平成27年第1回燕市議会定例会々議録(第2号)
           平成27年3月6日(金曜日)午後1時30分開議

議事日程
 第 1  一般質問

本日の会議に付した事件
 日程第 1  一般質問

出席議員(24名)
   1番 山 ? 光 男 君     2番 堀   勝 重 君
   3番 山 本 知 克 君     4番 藤 井 秀 人 君
   5番 白 井 丈 雄 君     6番 柳 川   隆 君
   7番 宮 路 敏 裕 君     8番 吉 田 勝 利 君
   9番 小 林 由 明 君    10番 樋 浦 恵 美 君
  11番 渡 邉 雄 三 君    12番 中 山 眞 二 君
  13番 大 原 伊 一 君    14番 山 ? 雅 男 君
  15番 タナカ・キ ン 君    16番 塙     豊 君
  17番 長 井 由喜雄 君    18番 齋 藤 信 行 君
  19番 渡 邉 広 宣 君    20番 大 岩   勉 君
  21番 土 田   昇 君    22番 田 辺   博 君
  23番 丸 山 吉 朗 君    24番 中 島 清 一 君

欠席議員(なし)

説明のため出席した者の職氏名
  市  長 鈴 木   力 君   副 市 長 南 波 瑞 夫 君
  教 育 長 上 原 洋 一 君   総務部長 斎 藤 純 郎 君

  企画財政 五十嵐 嘉 一 君   市民生活 田 野 正 法 君
  部  長             部  長

  健康福祉 小 林 恵美子 君   商工観光 赤 坂 一 夫 君
  部  長             部  長

  農林部長 三 富   仁 君   都市整備 五十嵐 一 夫 君
                   部  長

  教育次長 金 子 彰 男 君   水道局長 大 越 正 人 君

  総務課長 広 野 義 徳 君   地域振興 田 辺 一 幸 君
  兼選挙管             課  長
  理委員会
  事務局長

  長寿福祉 塚 原 新 一 君   商工振興 大 谷   聡 君
  課  長             課  長

  教育委員 村 山 幸 一 君   学校教育 山 田 公 一 君
  会 主 幹             課  長

  社会教育 堀   克 彦 君   学校教育 斎 藤 暁 史 君
  課  長             課 指 導
                   主  事

職務のため出席した者の職氏名
  議会事務 堀 越   基 君   議会事務 幸 田   博 君
  局  長             局 議 事
                   課  長

  議会事務 川 崎 祐 晴 君   議会事務 ? 橋 真 弓 君
  局 議 事             局議事課
  課長補佐             議会係長



          午後 1時29分 開議



○議長(中島清一君) ご苦労さまです。

  ただいまの出席議員は24名全員であります。定足数に達しております。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の会議は、お手元に配付いたしました議事日程のとおり進めたいと思いますので、ご了承願います。

                                 



△日程第1 一般質問



○議長(中島清一君) それでは、日程第1 市政に対する一般質問を行います。

  最初に、10番、樋浦恵美さんに発言を許します。



◆10番(樋浦恵美君) それでは、平成27年第1回定例会に当たり、通告に従い一般質問を行います。

  まず1点目に、女性の活躍について、(1)女性が輝く社会の実現についてお尋ねいたします。少子高齢化により労働人口が減る中、持続的な経済成長を進めていくには何が必要なのか。それは、女性の力であると思います。しかし、残念ながら女性の活躍を阻む偏見や差別意識はいまだに根強く、国別の政治や経済などの領域における男女間のギャップを示した指標である世界経済フォーラムによるジェンダーギャップ指数でも、2013年の統計では日本は世界105位にとどまっています。そして、日本は女性の社会進出で世界に遅れをとっている現状があります。2003年、政府は2020年度までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げました。しかし、日本企業の管理職に占める女性の割合は7.5%にとどまり、欧米主要国の30から40%程度と比べて大きな開きがあります。その背景の一つには、多くの女性が育児や介護のため、管理職につく前にやめざるを得ない事情があります。女性が活躍できる社会構築のためには仕事と家庭の両立支援とともに、あらゆる分野における意思決定の過程に女性が参画できるようにすることなどを通じて女性が持てる力を最大限に発揮できるようにすることが重要です。燕市においても女性の活躍を一段と後押しする取り組みが必要であると思いますが、女性が活躍できる環境整備の推進について伺います。

  1点目に、働きたい女性が働き続けられる環境づくりについて。

  2点目に、各種審議会等における女性委員の登用率アップへの取り組みについて。

  3点目に、庁内女性管理職の登用について市のお考えを伺いたいと思います。

  次に、若者支援についての(1)地域若者サポートステーションについてお尋ねいたします。仕事も就学もしていないニートやひきこもりといわれる若年無業者は、全国で60万人を超すと言われています。自立や就労を支援する方策の一つが地域若者サポートステーションの存在です。この地域若者サポートステーションは、働くことに悩みを抱えている15歳から39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への職場体験などにより就労に向けた支援を行う厚生労働省の事業であります。新潟県内には三条、新潟、下越、長岡、上越地域の5カ所に開設されています。

  燕市では、燕市勤労青少年ホームを会場に平成22年10月より三条地域若者サポートステーションからの出張相談を毎週火曜日に実施。また、平成24年度からはカフェコーナー「しゃべり場」を毎月第2、第4火曜日に実施してきました。平成27年度当初予算案に若者就労支援事業として、三条地域若者サポートステーションからの出張相談を週2回実施するとしています。出張相談は、現在燕市勤労青少年ホームで実施をしておりますが、今後も同じ会場で行われていくのでしょうか。また、吉田地区や分水地区での出張相談を実施する予定はないのかお考えを伺いたいと思います。

  次に、不登校生徒に対する切れ目のない支援についてお尋ねいたします。文部科学省によると、学校を年間30日以上欠席した不登校の小中学生は約12万人に達しているとしています。不登校の原因は、いじめを含めた友人との人間関係や勉強についていけなかったなど複雑です。中には原因を特定できないケースもあり、学校に通うことができずに苦しむ子供は少なくありません。小中学校や高校に在学中の生徒は教師からの支援を受けられますが、卒業や中退によって学校を去ってしまうとその接点が途切れてしまいがちです。不登校に悩む子供たちが自分の将来に希望が持てるよう、自立を後押しする対策が必要であると思いますが、市のお考えを伺いたいと思います。

  不登校の子供たちの受け皿の一つに、多様な学びの場を提供するフリースクールがあります。一般的にフリースクールは、体験活動や学習指導、カウンセリングなどを行っている民間施設です。フリースクールは、現在全国に約400施設あると言われております。フリースクールに通うことで学校に再び登校できるようになった子供もいれば、居場所を見つけ、将来の夢に向かって頑張る子供たちもいるそうです。フリースクールと連携して、子供たちの不登校対策に取り組んでいる自治体もあります。大阪府の池田市では、市の予算を計上して、フリースクールを運営するNPO法人に委託し、実施されているそうであります。このフリースクールについて市のお考えを伺いたいと思います。

  次に、奨学金制度の拡充についてお尋ねいたします。政府は、地方の人口回帰を促そうと卒業後に地方へ就職した大学生などの奨学金返還を支援する取り組みを2015年度中に始めるとしています。文部科学省の調査によると、大学進学者の流入数が流出数を上回るのは東京都や京都府、神奈川県などの10都府県にとどまり、37道県は流出状態であり、この取り組みは地方への若者定着を狙いとしています。自治体と地方の産業界が連携して基金を任意で創設し、その上で日本学生支援機構が行う既存の奨学金制度を活用。基金の中からその地方に就職した学生の奨学金返還を支援する仕組みになっています。燕市においても人口流出防止や若者定着の促進などの取り組みが必要であると思いますが、市のお考えを伺いたいと思います。

  これで1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) それでは、樋浦議員のご質問に順次お答えいたします。私からは、1番の(1)の?、働きたい女性の環境づくりについてご答弁申し上げます。それ以外の項目につきましては担当部長のほうがご答弁いたします。

  働きたい女性が働き続けられる環境づくりについてご質問いただきました。地方創生、人口減少社会と言われている中において、あらゆる分野において女性の活躍が求められているところは議員ご指摘のとおりでございます。燕市では、昨年から進めている3つの人口増戦略、この中の活動人口という分野において、女性の皆さんの力がどんどん、どんどん発揮されていくということは大変重要だというふうに考えております。

  ご承知のとおり昨年の12月議会において男女共同参画推進条例というのが議決いただき、この4月からスタートするわけでございますけれど、この条例の制定を機に、燕市としては新規事業として女性がもっと輝ける社会づくりを進めるということを目指して女性が輝くつばめプロジェクト、これに取り組んでまいりたいというふうに考えております。

  具体的には女性雇用促進職場環境整備事業といたしまして、事業所において女性専用のトイレ、更衣室など働きやすい環境を整備するということを支援していくということによりまして、ワーク・ライフ・バランスに配慮した女性の雇用促進ということを図ってまいりたいというふうに考えております。また、女性が輝く研修交流事業といたしまして、女性の皆さんのスキルアップを図るための研修会、多くの女性同士が集い、交流しながら悩み相談とか情報交換、そういったことによりまして元気がもらえるといったような女子会トークというのも開催していきたいという中で、女性のキャリアアップとか意識開発ということにも努めてまいりたいと思っています。さらに、起業、業を興す、みずから仕事を開業していくということを目指す女性には専門家による起業のためのアドバイスや開業資金を援助する開業支援というものをやっていきたいと思っておりますし、子育て中の女性に対しては昨年度から行っております病児、病後児保育ということで両立支援ということをやっていきたいと思いますし、新たに開設する子育て総合支援センターにおいては子育て家庭の交流や育児相談というのをやってまいりたいと思っています。こういったさまざまな取り組みを総合的に行うことによりまして、女性の皆様方の個性、能力というのが十分に発揮できる環境整備を推進してまいりたいというふうに考えております。

  以上です。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私からは、ご質問の1番、女性が輝く社会の実現についての?番、審議会等における女性委員の登用率アップへの取り組みについてお答えさせていただきます。

  市の審議会等の女性委員の登用率につきましては、平成27年1月末現在で32.7%、昨年の同時期の31.9%から0.8ポイント増加しており、県内で上位の状況であります。今後も第2次男女共同参画推進プランの平成28年度末の目標値35%の達成に向けて、引き続き審議会等委員への女性の登用状況を定期的に調査、さらに公表を行いながら、委員を選任する場合は女性委員を推薦いただくよう関係団体等に働きかけるなど女性委員の登用率の向上に取り組んでまいります。



◎総務部長(斎藤純郎君) 私のほうから、ご質問の1番の?、市役所内の女性管理職への登用についてお答えをさせていただきます。

  今年度市役所では、課長補佐以上の管理職に占める女性の割合は9.7%、また監督職である主査以上の職に占める女性の割合は18.4%となっております。合併当初の平成18年度では、課長補佐以上に占める女性の割合が5%、主査以上が10%でございましたので、現在はほぼ倍に近い状況となっておりまして、管理職への女性の登用に力を注いできているところでございます。さらに、来年度は女性が輝く燕を目指して、まず市役所が率先して女性の管理職への登用率を高めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



◎教育次長(金子彰男君) 私のほうから、大きな2番の(1)サポートステーションの関係、それから(2)の?、不登校児童生徒への自立支援と後押しということです。それから、(3)の奨学金制度の関係についてご答弁させていただきます。

  初めに、ご質問の2、(1)の?、地域若者サポートステーションの出張相談会場、それから?にございます吉田地区、分水地区での出張相談につきましてお答えをさせていただきます。来年度におきましても燕市勤労青少年ホームでの出張相談を計画してはおりますが、ご承知のとおり中央公民館の改修工事等も予定しておりますので、工事期間中については代替施設として現在燕庁舎の利用を考えているところでございます。

  なお、議員さんからもお話のありましたとおり現在週1回の相談等の回数、来年度は週2回に拡大したいというところでございます。中央公民館の改修後の相談会場、また吉田、分水地区での開設等については利用の状況、また利便性等を考慮しながら、三条の若者サポートステーションとの協議を図りながらどれがベストなのかと考えていきたいなということでございます。

  次に、(2)の?でございます。学校を卒業や中退した若者への自立支援、後押しという、その対策についてでございます。現在若者の自立を促すために、先ほど来申し上げております三条地域若者サポートステーションからの出張相談等を実施しているわけでございます。その回数2回に拡大したいというところで、そのことによりまして今までの相談事業のほかに職場見学やジョブトレーニングなどもう少し就職に向けて具体的に学んだり、経験を積むことのできる具体的な事業を加えることが可能になると考えております。今以上に自立を具体的に支援していけるものと考えているところでございます。

  それから、(3)番でございます。奨学金制度の拡充についてでございます。燕市の奨学金につきましては、今年度他の奨学金との併用を認めるなどより利用しやすくなるように制度改正を行わせていただいたところでございます。また、一方で返還金を次の利用者への貸し付けの原資として運用する制度でございますので、奨学金返還の減免などにつきましてはやはり新たな財源の確保が必要になるんだろうと思っています。このことから、燕市単独での導入はなかなか難しいのかなと思っております。

  ご指摘のございました自治体と地方の産業界の連携による基金を設置するという動きが国のほうにあるというのも確認しておりますが、奨学金の返還の支援についてはどうもそこでは道府県等とだけ書いてあるようでございます。もう少し中身が確定しないと難しいのかなと。国、県等の動向をしっかりと注視してまいりたいというふうに考えております。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) 私からは、ご質問の2番、(2)の?、フリースクールについてお答えいたします。

  議員ご指摘のフリースクールは、不登校の児童生徒の学習支援や活動の場としてNPOらが立ち上げた民間施設であると認識しております。現在市内の不登校児童生徒は、適応指導教室を利用して学校に通えるようになることを目指しており、フリースクールを活用している例は承知しておりませんが、近隣市町村のフリースクールの設置、運営状況の把握を含め、連携のあり方について研究したいと考えております。

  以上です。



◆10番(樋浦恵美君) それぞれご答弁ありがとうございました。順次再質問させていただきます。

  順番が逆になりますけれども、奨学金制度の拡充について、質問というよりは今の教育次長の答弁、そのとおりなんですけれども、奨学金制度については燕市も今年度から併用が可能になったということで、多くの保護者の方からも大変よかったというやっぱり喜びの声を聞いてはおるところであります。

  今現在国が取り組みを始めようとしているのは、地方創生の一環の中の一つの事業であるんですけれども、国がこの取り組みを始めようしている前から香川県のほうでは奨学金の返還を一部免除する制度を既に始めているということなんですけれども、実際これはまだ国のほうも方向性もこれからということなんだと思いますので、新たな奨学金返還をするこの取り組みについては今後私もまた国や県の動向を注視していきたいと思っておりますので、質問はしませんので。済みません。

  それと、次にフリースクールについてなんですけれども、ちょっとお尋ねしたいと思います。フリースクールというのは、現在学校教育法上では学校とは認めてはいないんです。ということで国からの財政の支援もないということなんですけれども、現在フリースクールを運営しているところは子供たちの保護者が支払う月謝で運営が成り立っているという施設が多いということなんです。限られた資金で厳しい運営を強いられているというところが大半であるそうなんですけれども、今度文部科学省のほうではフリースクールに関する有識者会議を発足させるということで新聞に載っておりましたけれども、それを検討していくという方針であるということで、国の方向性が見えてきた上で、やっぱり子供たちの新しい選択肢としてフリースクールというのは大事なんじゃないかなと思っているんですけれども、市としても先ほど主幹の答弁の中では研究してまいりたいということだったんですが、国の方向性が見えてきた上で、またどのような考えをお持ちなのか、ちょっと再度お考えを伺いたいと思います。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) 文部科学省の先ほどの動向はご説明いただきました。一応来年度フリースクールの有識者会議を開いて調査研究ということで、予算が約1億円ぐらいですか、ついているというお話でしたけれども、市としてはその動向を見ながら、やはり国がそういった連携とか、方向へ進むようであれば、積極的にそういった方向を考えていきたいと考えていますが、今現在先ほど答弁しましたようにこの燕市の近辺にフリースクールが今なかなかないという状況ですので、そういった設置状況を踏まえて、また今後も考えていきたいと思っております。

  以上です。



◆10番(樋浦恵美君) 今主幹の答弁の中で、近隣で今フリースクールやっているところが実際ないという話でした。日にちはちょっと忘れてしまったんですけれども、少し前まで弥彦村で実際個人の方がフリースクールをやっておられたんです。ちょっと私も友人の方と一緒にそこ見学に行かせてもらったことがあるんですけれども、どういった事情かはわかりませんが、今そこはやっていないということなんです。今フリースクールをやっているところというのは主に首都圏のほうが多いみたいなんですが、実際私もこの質問するに当たり、直接運営しているところに行ってお話を伺ってくればよかったと思っているんですが、ちょっと時間がなくて行けなかったんですけれども、今後やっぱり直接東京なり向こうのほうにやっているところがありますので、そこへ直接伺って、ちょっとお話をまた聞いて、勉強してきたいなと思っております。その上でまた教育委員会のほうにお話をしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  それと、次に不登校生徒に対する切れ目のない支援についてなんですが、これはちょっとサポステのこととかかわってくることなので、ちょっと同時に質問するかもしれないんですけれども、実際私の友人の子供さんのお話なんですが、やっぱり中学校で不登校を経験して、頑張って卒業はしたんです。それで、新潟のほうの高校に通ったんですけど、結局いろんな悩みにまたぶつかり、結局学校をやめてしまったんです。でも、私の友人であるお母さんはサポステの存在を知っていたので、子供さんに三条のサポステに行くようにお話をしたそうなんです。その子供さんは、自分で電車に乗って、三条のサポステに行ったんです。通っていくことで自信をつけて、最終的にはもう一回高校を再度受験して、今は元気に学校に行っているということなんです。その子は、やっぱり自分の足でそのところに行くということがすごく大事だなと思うんです。なので、今現在出張相談は今中央公民館の中の勤労青少年ホームで行っていますけれども、どちらかというと交通の面があまりよろしくないかなというふうに思っています。実際私も先日三条のサポステにお話を伺いに行ったんです。聞いていると、やっぱり燕地域からも直接電車に乗って、三条サポステさんは三条駅から歩いて約5分のところにあるんで、やっぱりそういう子が多いそうなんです。ということを考えたときに、やっぱり今の出張相談を燕地区、勤労青少年ホームだけではなくて、やっぱり吉田であれば吉田駅から近いところ、例えば吉田庁舎だったり、そういったところで実施をしていけば、今苦しんでいる子供たちがまた希望を持っていけるんじゃないかなと思っているんですけど、その点についての考え伺いたいと思います。



◎教育次長(金子彰男君) お答えをいたします。

  先ほど申しました今現在が勤労青少年ホームで始めております。利便性を何とか向上させてあげたいという以前からお話も伺っておりまして、どんな形が利便性なのかという中で、当然大切なのは交通の問題も非常に大切ですし、また実はその方によっても違うんでしょうけども、あまり、人目をちょっと気にしておられる方がいらっしゃったりとか、いろんな例があるようなんです。三条のほうの話を私も聞いたことがございますんですが、それは個々によって違うようだと。いろんなパターンがあるようですので、その中で燕の利用者、また現在三条に通っている方々にしても、燕の回数が増えることによってどういう動きになるかというのは、予算確定した段階で非常に詳細なところを煮詰めていかないといかんかなというふうに思っております。

  以上です。



◆10番(樋浦恵美君) ありがとうございます。吉田地区や分水地区で出張相談を開催してほしいという声は多くはないんですけど、実際はあるんです。なので、今それこそ来年度で中央公民館を改修する際は燕庁舎のほうに移動するということで、そこは燕駅から近いので、また利用者ももしかしたら増えるんじゃないかなというふうに思っているんですけれども、週に2回のうち、先ほどジョブトレーニングや職場体験、見学を実施していくということなんですが、週に2回のうち全部の回じゃなくても、やっぱりこの週は吉田で開催したりとか、分水で開催したりとかという方向性でいくのはどうかなというふうに思っていますが、その点についてのお考え伺いたいと思います。



◎教育次長(金子彰男君) ご意見ありがとうございます。回数が増えるということですので、定期的な開催の中には開催日もありますし、また開催場所というのもあるのかもしれないんです。その都度場所が変わるという不安定さというのもちょっと気にはなっているんですが、とにかく利用者、燕の現在の利用者の方には当然確認をしながら、先ほど言いましたもう少し中身を具体的に確認しないといかんのかなと。その中で今議員さんおっしゃられるとおり吉田とか分水のほうがという、中にはそういう利用者の方もいらっしゃるかもしれませんので、また直接利用されていない方の中で燕のほうだから、行けないんだと、もしあればねという方もいるかもしれませんので、その辺の可能性も含めて少し研究させていただこうかと思います。

  以上でございます。



◆10番(樋浦恵美君) ありがとうございます。本当に自分の車でまたそういったところに行ける人はいいとは思うんですけれども、やっぱり車を運転されない、どうしても電車等で、公共の交通機関を利用して行かなければいけないという方もいらっしゃると思うので、その点も含めた上で前向きな検討をしていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  次に、女性の活躍についてを質問させていただきたいと思います。先ほど市長のご答弁の中で、来年度は女性が輝くつばめプロジェクトを推進ということで、いろんな具体的な事業のお話がありましたけれども、実際「広報つばめ」元旦号の6人の違う仕事についている女性の方たちと市長の対談された記事私も読ませていただきましたが、ああ、なるほどと私も思う点が幾つかありました。その元旦号の市長の紙上ブログのところに、その対談を通して今回の新しい事業のアイデアが浮かんだというふうに載っておりましたけれども、やっぱりせっかく立ち上げたこのプロジェクトがうまくいくように、私も温かい目で見ていきたいなと思っておりますが、実際市長が6人の方々と対談をされた中で、市長の紙上ブログには載っていない何か感じたことがあったらお聞かせいただきたいなと思っておりますが、よろしくお願いします。



◎市長(鈴木力君) この女性をテーマにした取り組みというのは、昨年の暮れぐらいから、このテーマを考えるときから、次は大切なことなのでということで、対談を企画するときから、私の頭の中には女性の方をもっと社会で輝けるためにどうしたらいいかというのをヒントをもらう。そのためにまずは対談をしてということで企画しました。実際お話聞いてみると、私も意外だったんですけれど、男性と張り合って私たち生きるのよということではなくて、男性とともに一生懸命生きていくんだというような意識をお持ちなんだなということで、その辺はちょっと何かイメージが違って、やっぱりそれぞれの特徴、男性には男性の特徴なり個性があるし、女性は女性で特徴なり個性があると。それをお互い補い合ったりするということが大切だと。女性は、皆さんそのようにお考えだということがこの対談の中でよくわかりました。ですから、そういったことを踏まえていろんなことを考えていく必要があるんだろうなというふうに思ったんですけど、まずは女性の皆さん方の声とかお考えというのをもっともっと我々が知るべきだし、女性同士でもいろいろと意見交換をぶつけていくということがスタートなんだろうというふうに感じました。そういった意味で女子会トークみたいのを、そういった女性の皆さん方が元気がもらえる場、それを男性の人もなるほど、そうなんだろうなというふうに学べる場ということをつくっていくことというのが大切だなというふうに思って、まずは今回の事業の中で一つの中核として女子会トークというような場を設けました。その話し合いの中から、いろんなことからまた次のいろんな事業のメニューが出てくるんじゃないかなというふうに思っています。今回の27年度事業が全てではなくて、むしろスタートとして、もっともっと拡充なり、広がりを持たせるように取り組んでまいりたいなというふうに思っています。



◆10番(樋浦恵美君) ありがとうございました。私もそのとおりだと思っておりますので、ますます燕市の女性が元気に活躍できるように、私も女性の一人として頑張っていきたいと思います。

  次に、各種審議会における女性委員の登用率アップへの取り組みについてなんですけれども、先ほど部長のご答弁の中で27年1月末現在で32.7%というお話でありました。28年度末までの目標値が35%となっております。考えてみればあと約2年ぐらいになるんですけれども、現在32.7%に対し、この目標値の35%までは具体的にまたどのように取り組んでいかれるのか、再度部長の意気込みをお聞きしたいと思います。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私どもといたしましては、28年度末の目標値ということで、とりあえず35%という形で設定はさせていただいてありますが、決して35%になればいいというふうな理解はしておりません。やはり40%であったり50%、そこまで目指していく必要は当然あるんだろうなというふうには考えております。当面の目標といたしましては、まず庁内でいろんな形で男女共同参画の意識を高め合うということがまずひとつ大切だというふうに考えております。

  もう一つは、六十幾つかの審議会等が設置されておるんですが、残念ながらいまだに女性が一人もいないという審議会、委員会等も実際のところ存在いたします。これは、委員の数が極めて少ないとか、充て職が多いとか、審議会、委員会自体が特殊性が高いとか、こういった事情にも基づくんですが、結果として今現在も女性委員がお一人もいらっしゃらないという委員会もございます。したがいまして、当面はこういった審議会、委員会に必ず女性委員を置いていただけるような形で庁内を含め、関係機関にも働きかけを行っていきたいという考えを持っております。



◆10番(樋浦恵美君) ありがとうございました。是非推進をしていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  最後に、庁内女性管理職の登用についてお聞きしたいと思います。先ほどのご答弁の中では、合併当初の数字から見るとかなり倍近く伸びているということでありますけれども、これからやっぱり意欲と能力のある女性職員の方がまた一層活躍できるようにしていくことが大事になっていくと思うんですけれども、市民の皆様からの多様なニーズに応えるためにはやはりもっと女性の管理職の方をふやしていくことが必要であると思うんですけれども、そんな中でもし具体的な取り組みを考えておられるのかどうか、その点についてお聞きしたいと思います。



◎総務部長(斎藤純郎君) お答えいたします。

  先ほどもお話をいたしました。現在が課長補佐以上の管理職に占める女性の割合、こちらが9.7%でございまして、総合計画後期実施計画におきましては27年度10%を目標に取り組んでおります。できれば10%を超えて、新年度は11%へ是非持っていかせていただきたいと思っております。それは、樋浦議員さんがおっしゃられるように、市民の皆さんの多様なニーズにお応えするにはやはり女性が活躍する、女性がまた特性を生かして市民の皆さんのニーズをお聞きするという体制が必要というふうに思っております。そのためにはなかなか職が、部長職、課長職、管理職に上がっていきますと議会対応、それから予算編成、人事面、それから組織内での調整という非常に難しい仕事も出てきます。そのためには女性の方でも、いや、そういう難しいのは無理、無理ということではなくて、大丈夫だ、是非やれるんだというような意識を持ってもらうことが大事かなというふうに思っております。そういう意味で今年度も取り組みましたけれども、市内企業の皆様と協力しながら実施しております異業種交流研修会、それから今年度新たに実施いたしました女性職員研修、これはいずれも今後の活躍が期待される年代を対象としておりまして、女性の特性や強みを生かすマネジメントなどについても意欲的に学習をしております。このいずれの研修も受講者から評価非常に高くて、さまざまな気づきがあった、将来に向けて今すべきことがわかった、また是非参加したいといった声を聞いております。今後もこれらの研修をさらに充実させて、意欲を持って管理職なるんだという職員を是非ふやしていきたい、そういうふうに考えております。



◆10番(樋浦恵美君) ありがとうございました。これからも意欲と能力のある女性職員の方が一層活躍できることを期待をしております。

  以上で私の一般質問終わります。ありがとうございました。



○議長(中島清一君) ここで説明員入れかえのため、休憩といたします。

          午後 2時14分 休憩

          午後 2時24分 再開



○議長(中島清一君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

  次に、18番、齋藤信行君に発言を許します。



◆18番(齋藤信行君) お昼の2番目バッターですが、通告に従い一般質問いたしたいと思います。

  昨日の同僚議員の質問の中に日本一輝くまち燕、市長の今回の施政方針の中にも入っておりましたが、私は日本一じゃなくて、今回世界という話になっておりますが、昨日の本当市長の答弁の中では言った趣旨が、日本一輝くというのはああいう趣旨なんだなと、私もああいった趣旨と思って、市長のほうで答弁お願いいたしたいと思います。

  まず、1番といたしまして、大河津分水を世界遺産に。(1)大河津分水をPRすることによって、燕をもっと知ってもらうことはできないか。?、越後平野を水害から守り、日本一の穀倉地帯に発展させた背景には大河津分水の完成があったからであり、今現在の新潟があると思います。また、現在燕の大河津分水といってもイメージがないのではないか。ここは?として質問をいたします。答弁お願いいたしたいと思います。

  ?として、県央地区の表玄関、JR燕三条駅の観光案内図には大河津分水の文字はあるが、もう少し観光客の皆さんなどにPR方法はないか伺います。

  ?、近年産業遺産は日本各地で見直され、県内でも油田跡など保存とともに観光面での活用する動きがあります。また、大河津分水も防災施設としての側面が強かったのですが、2009年土木技術などが評価され、大河津分水路として国の近代化産業遺産に認定されました。

  以上のことなどから、我々の地域に至っては佐渡弥彦国定公園なども各所として名所があり、その中でも越後一宮の弥彦神社、また県で一番古い国上寺、また佐渡の金山などもあり、市としても世界遺産に大河津分水路という声を上げるのもPRではないかと思うが、市長の考えをお伺いいたします。

  (2)といたしまして、世界遺産へPRすることによって、定住、活動、交流、応援人口などの燕に関心をということで、これ?、27年度予算で主要施策も人口問題であります。燕をPR、また関心を持ってもらうためにも燕は洋食器とラーメンのイメージではなく、大河津分水を世界遺産ということで交流人口、観光客などが増えると思うが、市長の考えをお伺いいたします。

  2番目といたしまして、認知症による徘回者対策についてと高齢者世帯について。(1)徘回時の対応のためのネットワークづくりと模擬訓練について。この模擬訓練については、2日ぐらい前NHKで放送がありましたので、やっているんだなということはわかりましたが、一応質問ですので、またここで伺いたいと思います。

  ?、今回大河の会とスワロークラブで人吉市の認知症による徘回者対策などについて聞いてきました。そのとき徘回時の対応の模擬訓練や警察や消防との連携も確認するということでしたが、燕市ではどう対応しているのかお伺いします。

  ?、広げよう、つなげよう、オレンジの輪ということで、訓練を毎年持ち回りで認知症サポートセンター運動を展開しているということですが、市ではどうまた対応しているか、ここでまたお伺いいたします。

  (2)といたしまして、ひとよしSOSキーホルダーについて。ひとよしSOSキーホルダーは、ナンバーの集積は全て市役所で行って、登録者は3,795名ということでした。まず、外出先で突然倒れて、救急搬送された場所とかそういったのが、いち早く住所、氏名、緊急連絡先等の情報確認を行えるようにするものということでした。このキーホルダーは、行ったときにもらってきたんですが、こういうところに6桁の数字が書いてあって、この住所は市のほうで管理しているので、今はっきり言いまして情報の問題で、いろいろプライベートの問題があるので、そこはきちっとしているということでした。そういう中でやっていましたが、市のほうではどのように対応しているのか、ここで伺いたいと思います。

  また、(3)といたしまして、命のバトン運動について。これもまた人吉市では、認知症やひとり暮らし、高齢者世帯などに冷蔵庫内に配置する命のバトン運動を展開し、救急対応、また既往症、住所、氏名、旧姓、連絡先などを記載したボトルを配置した冷蔵庫に、その冷蔵庫のとこにまたステッカーを張っているんです。など張って、救急車が来ても、その人のことがわかるような対応を行っていましたが、市のほうはいかがかお伺いします。これも市でも配られているんですが、私ある何人かのとこ行ったら、配られては来ているけど、まだ書いていないと。書いておいていないというところが何軒かありました。その辺の配ってからの対応をここでお聞きしたいと思います。

  3番目といたしまして、おいらん道中におけるきららんとおいらんについてをお伺いしたいと思います。(1)きららんについて。?、最近きららんも本当燕の警察署とか、そういったとこで交通安全に活躍中でございますが、この中でおいらん道中でのきららんの活用、またゆるキャラとしてのPR出番などあるのか、ここでお伺いしたいと思います。

  (2)おいらんについて。おいらんもこのたび4人たしか決まったと思いますが、おいらんに選ばれた人たちをおいらん道中以外で燕のPRをしてもらってもよいのではないかと考えておりますが、考えをお伺いします。

  以上、答弁で再質問したいと思います。



◎市長(鈴木力君) それでは、齋藤信行議員のご質問にお答えします。私からは、1番の(1)の?、大河津分水を世界遺産にという。それを受けての(2)の?、この2つを一括して答弁させてもらいたいと思っております。それ以外の項目につきましては、それぞれ担当部長のほうが答弁申し上げます。

  燕市として世界遺産に大河津分水路をと声を上げてはどうかと、そしてそれによって交流人口、観光客が増えるのではありませんかというご提案をいただきました。大河津分水路は、確かに完成から現在まで燕市のみならず、越後平野全体を潤し、洪水から守り続けて日本一の穀倉地帯に発展させてきました。燕市にとっても穀倉地帯だけではなくて、そこに産業というのが興ったということからしても、その歴史的な意義は非常に高いものがあるというふうに考えております。

  世界遺産への登録ということでございますけど、これは非常に難しい手続等があるというふうに私自身認識しております。世界遺産の登録には、前提として国内法に基づいて文化財指定などしっかり適切な保護がされているか、そしてそれがしっかり管理体制として整っているかなどなど非常にいろんな枠組みが策定されていることということが必要になっています。どちらかというと、まさに遺産というんですか、文化財的な存在というのが中心でございまして、現役で稼働している大河津分水路というのを世界遺産に登録するという面からも非常に難しい問題だろうというふうに認識しております。しかしながら、当時の土木技術を駆使して完成された歴史など多くの皆様に魅力を感じていただける燕市の重要な地域資源であるというふうに私自身思っております。したがいまして、世界遺産を目指すということは別にしても、大河津分水の歴史的価値や治水面での重要性については正しく理解していただく。世界に誇れるすばらしい財産であるということをしっかりPRしていく必要はあるんだろうというふうに思っています。市といたしましては、観光協会と連携しながら大河津分水も含めた燕市の魅力を積極的にPRいたしまして、交流人口の拡大に結びつけていきたいというふうに思っています。



◎商工観光部長(赤坂一夫君) 私からは、1の(1)の?と大項目の3についてお答えいたします。

  最初に、JR燕三条駅の観光案内図に大河津分水の文字はあるが、もう少し観光客の皆さんなどにPRする方法はないかについてお答えいたします。大河津分水路は、越後平野を洪水から解放し、日本一の穀倉地帯に発展させたことは齋藤議員のおっしゃられるとおりだと思っております。

  JR燕三条駅での観光案内図につきましては、駅構内1階フロアに燕三条地域の広域地図が設置されており、そこに大河津分水路の位置と名称が記載されております。先月JRの協力もいただき、燕三条駅の燕口側に観光案内スペースを設置いたしましたので、そこを積極的に活用し、大河津分水を含めた燕市の観光のPRに努めてまいりたいと考えております。

  次に、3の(1)の?、おいらん道中でのきららんの活用、ゆるキャラのPR出番などがあるのかについてお答えいたします。今年のおいらん道中行事では、つばめ桜まつりの一環として4月11日土曜日の吉田ふれあい広場、12日、日曜日の燕市交通公園、そして18日土曜日にJR分水駅で行われるさくらフェスにきららんが登場し、イベントを盛り上げる予定となっております。

  次に、おいらん役に選ばれた人たちをおいらん道中以外で燕市のPRをしてもらってもいいのでないかについてお答えいたします。おいらん役に選ばれた人たちからは、県内や首都圏で開催される各種観光イベントに参加してもらい、燕市の観光PR大使的な役割を担っていただいております。また、市内におきましても春の交通安全運動期間中に燕警察署から1日交通課長に任命され、交通安全の街頭指導なども行っております。

  以上でございます。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) それでは、2の認知症に関するご質問についてお答えいたします。

  2の(1)?、認知症の方が住みなれた地域で生活するため、地域の方による見守り体制の構築が必要であると認識しております。このため、燕市では、一昨日分水地区において、分水小学校区まちづくり協議会主催による徘回模擬訓練、認知症をサポートする見守り、声かけ訓練を実施いたしました。これは、決められたコースにあらかじめ講習を受けた市民に立ってもらい、徘回役の方が来たら声かけ、見守りをしてもらうという訓練でございました。今回は分水地域包括支援センターがバックアップして訓練を実施しましたが、今後は警察や消防などと連携し、市内各地で訓練を行っていきたいと考えております。

  次に、2、(1)?、認知症サポーター養成の取り組み状況については、平成21年から始まりました燕市の認知症サポーター養成講座は、平成26年度までに15歳から64歳人口の5%に当たる約2,500人をサポーターとして養成することを目標に、年間500人のサポーター養成を目指して取り組みました。平成26年度中にサポーターとなっていただいた方の人数は、平成27年1月末時点で676人、延べ3,648人のサポーターを養成いたしました。引き続き多くの方から認知症サポーターとなっていただき、認知症に関する知識の普及啓発を行っていきたいと考えております。

  次に、2、(2)?です。認知症の方が徘回などで保護されたときや高齢者の方が外出先で緊急搬送されたときに、その方の身元や連絡先などがすぐわかることは大変重要なことと考えております。このため、燕市の介護現場では、県からの指導もあり、高齢者の方が外出時に必ず持っていくものに氏名、連絡先等を記入するようにご家族に説明しているとのことです。ただ、その際には名札は衣服の裏側につける、また靴の中に名前を書くというように外見上必要のない人にはわからないような配慮をしていただくようにお話ししているところでございます。市では、こういったことで高齢者が万が一の場合に必要な情報がわかるような対応となっております。

  次に、2の(3)?です。燕市では、平成23年度から70歳を迎えた独居の高齢者などを対象に、救急医療情報キットを民生委員を通して配付しております。このほかに日中ご家族が出かけられて独居になる方やそのほか希望される方にも配付しております。これまでに配付した方は、今年度までに1,961人となっております。救急医療情報キットには、その方の医療情報などを書いた紙を筒に入れて、冷蔵庫に保管してもらいます。そして、冷蔵庫にはステッカーを張っていただき、救急隊員は冷蔵庫を確認してもらうよう対応していただいております。

  以上でございます。



◆18番(齋藤信行君) 今答弁いただきましたので、ここでまた再質問ということで、1つずつやっていきたいと思います。

  大河津分水路、市長の答弁で大体わかったんでございますが、これもまたいろいろと時代の流れというか、また近隣市村、いろいろな市村でも考えがあるというふうな情報も入っております。私ここで言いたいのは何かというと、この前も新聞紙上に大河津分水路の河口口が、もうこれだけの工事をやるという、当然予算もついたし、そういう状況が今出ています。この脚光を浴びるときにやはりこういった問題を言っていくのが結局は燕市のPRにもなるんじゃないかなと、そういうふうに考えたのでございます。結構この話はあったということなんですが、私もいろいろ調べたんですが、その中で近隣では今縄文の土器をそういうふうな形で、信濃川沿いの流域に出たのを世界遺産にという運動を起こそうなんていうまた地域もあるそうです。そういった情報収集するなりして、連携の中で燕市としてはこういったものがあるわけで、そういった部分でまたいけたらいいんじゃないかなというふうな考えでいるんです。当然工事は国交省のことでありますが、世界遺産となると文化庁。省庁が違うんです。先ほど市長の答弁にもあったように当然文化財がなきゃだめとか、いろんなものはあるようです。でも、ただその中で景観とか、そういった部分、今リストも結構あるんですが、最上川なんか最上川の景観ラインとか、そういったので出したりして、いろいろ日本もあっちこっちでそういった運動をしている場所があるようです。そういうことでPRにはできるんじゃないかなと。これは、燕市単独ということになるとなかなか難しいと思いますが、そういった話が出ても、この工事を機に。当然最初の大河津分水路ができたときは当時最先端の技術、また人夫も非常に駆り出されてあれだけの場所をつくったと。当然今言えるのは、土木技術がかなり言えるんだそうです。今の新潟県を考えてみますと、今燕市の表玄関になっている燕三条の新幹線の駅。どうしてあそこにつくれたかというと大河津分水路ができて、今まで新潟県は本当みんな潟で、地盤が悪くて、やっぱりつくれなかったんです。最近、八十数年たって地盤ができたことによって、あそこへ工事できるというふうになった。その影響もあるそうですので、いろんな面を考えると、そういった面で及ぼした影響はあるんじゃないかなと思います。そういったものを何かの形でPRすることが、市長にお願いというか、世界遺産はあくまでも先ほど冒頭に申したとおり市長が日本一輝く燕市、そういった意味合いと似た部分もあると。私は、そのように認識したんですが、昨日の答弁で。そういった部分もありますが、そういった中を含めて、また再度市長の答弁をお願いいたしたいと思います。

  また、認知症の問題になりますが、今部長答弁してもらいましたが、連携して、ちょうどたまたま私が質問出してから、ちょうど2日前ぐらいにテレビもあったし、新聞も出ていたんで、それはよろしいんですが、私思うにその連携の中で、当然人吉市へ行ったときもやはり消防署、また警察、そういったのの連携が大事だということなんだよね。その辺の連携がまた市としてどういうふうな形になるのかをお伺いしたいと思います。

  また、先ほど私見せたこの人吉のSOSのキーホルダー、これは6桁の数字でもって、その人の住所、氏名、旧姓とか、いろんな状況がわかるんだそうです。結局はこれを持っていることによって、すぐ倒れて、この番号を言うと市のほうでその情報を管理しているんです。当然このキーホルダーをもらうには家族の了承が要るという向こうの説明でしたが、それが先ほど言った3,795人ですか、そういった形でもう65歳以上になるとあらかじめ届けてそういうふうな形でやっていて、今の問題点としては市ばっかの情報の共有だと物事あったときあれなんで、今後消防署なり警察ともそういった情報を共有してやっていけば、まだ上げるんじゃないかなという話でした。

  そしてもう一つ、先ほど言ったこの冷蔵庫の中に入れておくこのバトン。あれ冒頭言ったんですが、私この中で配るのを配っても、その後の追跡を、先ほど冒頭言ったようにまだ何も書いていない人もいるし、どういうふうな今状況になっているのか、その辺を把握しているかをまずお伺いしたいと思います。

  また、きららんとおいらん。結構あっちこっち行って、当然お巡りさんの交通安全にはかなり活躍しているというのは知っているんですが、各種イベントも出ていますが、その引き合いの度合いもしわかりましたらここで再度お願いいたしたいと思います。



◎市長(鈴木力君) 再質問にお答えします。

  世界遺産の登録を目指すということは、先ほども申し上げましたとおり非常に難しい条件をクリアしていかなければならないと思いますし、そのためには尋常でない時間と労力と資金というのが必要になると思います。佐渡金山、私も県職員時代にかかわっていましたけれど、毎年1億円近いお金を四、五年ずっと投入し続けてきた。ようやく暫定リストに載ったという状況でございますので、そういったことを考えるとなかなかハードルは高いんだろうというふうに私個人的には思っているとこでございます。期成同盟会もありますので、ほかの市長さんどんなお考えかというのはちょっといずれ機会があったら聞いてみようとは思っていますけれど、私自身はそういった認識を持っているところでございます。ただ、そういったことは別にして、大河津分水というものがこの新潟平野、特に燕市にもたらした非常に大きな効果というか、意義というのは議員おっしゃるとおりだと思いますので、そういったのを燕市の資産としていろんなところにPRし、できればこちらに足を運んでもらって、実際見てもらって、そしてそれ以外の燕市のいろんな魅力というのも感じてもらうという取り組みを一生懸命やっていくということは大切なことだろうと思っておりますので、その点につきましては先ほど申し上げましたように観光協会と一体となって取り組んでまいりたいというふうに思っています。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) 初めに、徘回模擬訓練のことでございます。一昨日行いましたときも警察署と、そして分水消防の方が実際に来て見ていかれたということがございました。今後も警察、消防との連携が大事と思っておりますので、訓練に当たって事前の協議なども踏まえまして情報共有しながらやっていかれればというふうに思っております。

  それから、人吉市のキーホルダーの件でございます。齋藤議員からそういう情報いただきましたので、私どもも認知症の推進員のほうに確認しましたら、その先行事例として大田区でもそういうようなのをやっておられるという情報もらいました。その際どういう方に対してキーホルダーを配るのか、あるいは警察と消防との連携、それがきっちりとれていないと、ただキーホルダーを配っただけでは大変だということ、それから高齢者にキーホルダーを確実に持たせることができるのかどうか、そういうようなことで幾つか課題もあるよねというようなことでございました。それで、取り組みとしては非常にいい取り組みだなということも思いますので、その準備行為、必要な課題を整理し、どういうようなことであれば実行が可能なのかというようなことも考えていきたいというふうに思っております。

  それから、医療キットの件ですけれども、実際何も書いていないことがあったということでございますが、私ども十分活用していただきたいという思いで配付しておりますので、その辺そういう方がいらしたということ把握していない状況ですけれども、私どもの持っている課題としましては、一旦書いていただいても、その情報の更新がなかなかできにくい場合があるということを聞いております。ご本人がそういう情報が変わったときに、見え消しで新しい情報を追加していっていただければいいのでございますが、それが困難ということであれば、かかわっておられるケアマネジャーあるいは親族の方あるいは知人の方などにそういう情報の更新をしていただければなというふうに思っております。この緊急医療情報キットは、非常に効果がございまして、毎年度消防の方が10件以上の利用といいますか、冷蔵庫をあけて、そのキットを確認して、そういう情報、ご本人に関する情報を入手しているという活用も実際ありますので、それらの情報の更新進めていかれるようにというふうに工夫してまいりたいと思います。

  以上でございます。



◎商工観光部長(赤坂一夫君) きららんにつきましては、平成25年9月に誕生いたしました。26年4月、去年の4月からこれまで約10カ月間で24回出動、貸し出しをしております。先般も十六、七の若い女性の方が非常にきららんの大ファンですみたいな話を聞きまして、実際縫いぐるみ持っていらっしゃいまして、是非頑張ってほしいとか、そういった、男性よりも女性のほうにファンが多いかなというふうに感じております。

  以上でございます。



◆18番(齋藤信行君) 大体わかりましたが、大河津分水に関しては市長、また今後前向きでお願いしたいということでこの辺はあれなんですが、あとこの中で文化庁ということになると、本当は教育面もあるんです。私本当この中で言いたいのは、完成したときの言葉が石碑としてあるんです。「萬象ニ天意ヲ覚ル者ハ幸ナリ」、「人類ノ為メ国ノ為メ」と石碑があります。また、裏面にはエスペラント語で、これ何か昔でいう万国共通語という、そういったのでも書いてあります。これは人類、先人がそのように残したということは、この石碑を見て、先人がこれだけの事業をやって、その人それぞれのとり方があるそうですが、そういったことがあって今の新潟県があるんだなと、そういうふうな技術者、これは青山士さんといって、パナマ運河で測量として働き、荒川の放水路とか。そういった人が文言を書いて、石碑として残っております。こういった意味合いは、これはまたはっきり言いまして世界遺産となりますと文化庁。当然工事は国交省で省庁が違うんですが、こういった意味合いを学校の中でも、今回私こういった中で大河津分水路を取り上げましたが、どのような意味合いでというか、ここ教育長のほうに、この文言の意味等もありますが、こういった意味が世界遺産の中にも入ると思います。そういったのをちょっと答弁ここでお願いいたしたいと思います。

  あと、徘回ののに関しては、キーホルダー前向きということですが、向こうははっきり言って情報を市できちっと管理しているんです。出すのも家族とか皆さんの了承を得て、その人の写真を撮って、例えば旧姓何々と、例えば徘回というか、痴呆症になると結婚した人でも何か旧姓を申す方もいるそうです。旧姓で名前言うとまたわからなかったり、そういったのもみんな含めてその資料を管理してやっているんだそうです。そこまでとは言いませんが、そういうふうな情報を市が管理して、そういった情報があったとき、そういったとき伝えるという形をとっているそうです。

  それと、先ほどのバトンも、だから配るのは配っていいんですが、そういった今後のやっぱり動向を、やるのをやっても、例えばそういったいい面もあったと。また、中にはそういった方もいるので、民生委員の方は大変だと思いますが、その辺の情報をある程度市がどの程度、例えば配るの配ったとしても、要するに把握しているか。その辺も私大事なことだと思いますので、その辺をここでお聞きしたいと思います。

  そして、あときららんのほう。女性のほうに人気があるということですが、あとグッズ等もいろいろありますので、その辺のまたPRもお願いして私の質問を終わりたいと思います。あと答弁のほうよろしくお願いします。



○議長(中島清一君) 教育長、今の齋藤議員の質問については少し通告と外れているようでありますが、答えられる範囲の中でお答えいただければと思います。



◎教育長(上原洋一君) 大河津分水の教育的な面での取り組みということでお答えしたいと思います。

  市内の学校、資料館にも見学に行っておりますし、燕市の偉大な先人の業績等も当然地域学習で学んでおります。私自身も小学校6年生のときに大河津分水、修学旅行で見学しまして、そのスケールの大きさに感銘を受けたのを忘れられない印象があります。今後とも大河津分水生かしました子供たちの教育については、力を入れて取り組んでまいりたいと考えております。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) キーホルダーの件でございます。市がそういう情報を、多様な情報を管理してということでございますが、先ほど先行事例として挙げました大田区の事例では、キーホルダーに番号と地域包括支援センターの電話番号も書いてあるということで、そこでキーホルダーで迷われた方に対応された方は地域包括支援センターのほうにお電話かけられると、そこでその方のご家族のほうに情報が、連絡が行くというようなシステムをされているというようなこともございました。どういうような方法がいいのか、またその辺研究させていただければと思います。

  それから、あとキットの情報の件ですけれども、民生委員等始め機会を捉えて情報をしっかりと書くように、あるいはまた情報の更新をしていただくように声かけなどさせていただければと思います。



◎商工観光部長(赤坂一夫君) きららんのグッズをもっとふやすように要望するというお話でございます。たまたま私も今ここにちょっとバッジもしているんですけども、このほかにもスプーンであるとか縫いぐるみとか、少しずつグッズが増えておりますので、今後お手軽な、500円とか、1,000円とか、そういった手軽なお土産としてのグッズもこれから考えていければなというふうに思っております。

  以上でございます。



○議長(中島清一君) ここで説明員入れかえのため、休憩といたします。

          午後 3時03分 休憩

          午後 3時14分 再開



○議長(中島清一君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

  次に、4番、藤井秀人君に発言を許します。



◆4番(藤井秀人君) 議長より発言の許可を得ましたので、3月定例議会において通告どおり一般質問させていただきます。

  燕市においても高齢化は進行し、団塊の世代が75歳以上となる平成37年度には2万3,775人、高齢化率は31.4%に、また要介護認定者数は5,700人に達するものと予測されています。来年度より燕市障害者基本計画第4期燕市障害福祉計画(案)と燕市高齢者保健福祉計画第6期介護保険事業計画(案)が提示されたものの、介護保険料を例にとってみても、平成12年の導入時、基準額2,992円から第6期計画の基準額6,300円の2.1倍に上がっているのが現状です。2025年までさらに上がる可能性が極めて高い状況にあります。今後の少子高齢化の現実を考えるに、施設をつくればつくるほど負担増を来すばかりで、今必要とされているのが在宅介護であり、介護予防ではないかと思われます。そういう観点のもと、福祉について質問をさせていただきます。

  大項目1、福祉について、中項目(1)福祉ガイドブックについて。?、利用者サイドに立った介護サービスガイドの作成を考えていないか伺いたい。

  (2)施設等の活動状況について。?、市内にサロンの数はどれくらいあり、どのような活動をしているのか。市からの助成金があるのか伺いたい。

  ?、生きがい活動支援通所事業、利用送迎つきの箇所はどれぐらいあるのか。どれぐらいの収容人数なのか伺いたい。

  (3)地域包括ケアシステムについて。?、地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じてつくり上げていくことが必要であると言われているが、燕市としてどのような取り組みを考えているか伺いたい。

  以上で1回目の質問とさせていただきます。



◎市長(鈴木力君) それでは、藤井議員のご質問にお答えします。私からは、1番の(3)地域包括ケアシステムについてご答弁いたします。それ以外の項目は、担当部長のほうからご答弁させていただきます。

  地域包括ケアシステムにつきましては、高齢者が要介護状態となっても、住みなれた地域で安心して暮らし続けることができるよう医療、介護、介護予防、住まい、生活支援が包括的に確保される仕組みでございまして、団塊の世代の方々が後期高齢者を迎える平成37年度に向けて構築が急がれるとても重要なシステムであるというふうに認識しております。このため、今回策定する第6期介護保険事業計画(案)において、在宅医療、介護の連携、認知症対策、日常生活支援などを重点施策に掲げて、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでまいりたいというふうに考えています。特に日常生活支援は、要支援の方や虚弱な高齢者の方が安心して生活できるよう見守りや話し相手、生活援助などの支援を地域の自主的な活動で取り組んでいただけるよう新しい総合事業の中で検討してまいりたいというふうに考えております。また、ふれあいサロンなどの取り組みにつきましては介護予防につながる活動として今後も継続支援をしてまいりたいというふうに考えています。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) それでは、初めに1の(1)?です。福祉ガイドブックについてお答えします。

  平成27年度からの介護保険制度改正により、介護保険料や利用者負担などの変更点があるため、制度改正後のサービスや保険料などをわかりやすく説明するガイドブックを全戸配布する予定にしております。ガイドブックの中身については今後検討してまいりますが、ご質問にあるような利用者から見てわかりやすいものにしていきたいと考えております。

  なお、これとは別に来年度障害者向けガイドブックを作成して、窓口での説明用の資料とする予定にしております。作成したガイドブックは、市のホームページに掲載して、広く活用していただけるようにしていきたいと考えております。

  次に、1の(2)?、ふれあいサロンについてでございます。ふれあいサロンは、地域を拠点に民生委員や地域のボランティアなどが中心となり、参加者と協働で運営していく自主的な地域福祉活動です。燕市内には高齢者を対象にしたサロンが71、子育てを対象にしたサロンが6、その他介護者を対象にしたサロンが2つあります。高齢者向けサロンの具体的な活動内容は、介護予防や仲間づくりのため、介護予防につながる軽い運動やレクリエーションなどをしています。市からの助成については、燕市社会福祉協議会を通じてサロンの活動を支える協力員の研修会や脳活性化のための講習会、体操指導講師派遣などに平成26年度は46万4,000円の助成を行っています。

  次に、1の(2)?です。生きがい活動支援通所事業は、市内に6カ所あり、65歳以上で介護認定を受けていない独居及び日中独居の高齢者などを対象に、介護保険サービスとは別に日常の動作訓練などを行うデイサービスであり、市が社会福祉法人に委託して実施しています。1日当たりの受け入れ人数は、6カ所合わせて76人で、全て送迎つきのサービスとなっております。この生きがい活動支援通所サービスは、1人週2回まで利用することができ、平成25年度の実績は開催回数が566回、延べ利用人数が3,169人でありました。

  以上でございます。



◆4番(藤井秀人君) 答弁ありがとうございました。

  それでは、項目別に質問をさせていただきます。まず、最初の福祉ガイドブックは来年度から作成をされるという予定ということで、大変ありがたいご答弁いただきました。

  実は私今回質問するに当たっていろんなところに伺って、私自身が知識がないもんですから、いろんなところでお話を聞かさせていただきました。手元にありますのが、これ新潟市の24年度版です。新潟市のガイドブックの内容からいきますと、後で役所のほうに差し上げますけれども、内容的には施設の配置の地図から利用者の金額は当然のごとく、事細かに書いてございます。介護の従事をしていらっしゃる方に伺いますと、三条市は白黒で、これとはちょっと、薄いページで白黒でコピーをして配布をしておったんですけれども、新潟市のこの介護保険サービスガイドを見ますと非常に細かく書いてありまして、利用される方が非常にわかりやすいというのがまず1点と、私の知人で、この間伺ったところでの話からしますと一旦施設に入ってみたはいいけれども、なかなか描いていたイメージと違って、ほかに転院しようと思っても、なかなかそれができないというような状況があって、やはり利用される側に立った場合利用者、その家族が事前に十分検討して、対応できるような体制が必要ではないかということで今回の指摘をさせていただいたわけですけれども、残念ながら当燕市においてはこういうものが今までなかったという話の中で、介護従事者からはこういうものがないこと自体が非常に珍しいというような指摘もありましたので、その辺のまず認識をお伺いしたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) 燕市にはなかったということでございますが、第5期計画の内容につきまして、それをわかりやすくお示ししたパンフレット、今ちょっと持ってこなかったんですけれど、ガイドブック、あれは二十数ページあるようなカラー版でございますが、それは全戸配布させていただきました。それについてもよりわかりやすいようにということで、皆様にわかりやすい情報を提供させていただきたいという視点からつくったものでございます。



◆4番(藤井秀人君) 今部長から説明があったということであるとすると、私の認識間違いということもあるでしょうし、もう一つ、今の答弁の中で私が感じますに、介護従事者自体がそう言っているということは、行政のほうで用意はしているんだけれど、なかなかかかわる人たちに全て共通の認識がまだ足りなかったんじゃないかというような気がしますので、それ以上の質問は私申し上げませんけれども、今後他市のものを参考にしてよりよいものをつくっていただいて、利用者側に立ったガイドブックの作成をお願いしたいというふうにお願いをしたいと思います。

  それから、先ほどサロンの数ということで答弁ございました。これサロンの数も私調べさせていただきましたら、平成25年の9月の段階で燕市全体で68カ所だったのが26年の段階で81カ所ということで、13カ所増えております。今後増えていくであろうかということのまず質問をさせていただきたい。今後の見通しはどういう状況なのかというのを質問させていただきたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) サロンの数でございます。私の発音がちょっと悪かったのか、71カ所ということでございます。

  それから、今後につきましては立ち上げ、協力員の確保ができるかということもございますが、できるだけ各地に広げていかれればなということを思っております。



◆4番(藤井秀人君) サロンの数のじゃ数字の誤差は、そちらの指摘は別として、内容の中でほとんどのサロンが月1回の開催なんですけれども、3カ所だけ年50回以上開催している地区があります。その辺は回数が増えることによってどのような効果を生んでいるのか、その辺の認識はどのように持っていらっしゃるのかお伺いしたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) 開催回数につきましては、毎月1回から週1回のところもあるということで、週1回というのが年間通じて50回以上になるということになるのかなと思いますけれども、申しわけございません。週1回やっているところの評価といいますか、サロンのやっておられる効果がどうなのかというようなことについては、ちょっとその内容を把握しておりませんので、申しわけございません。



◆4番(藤井秀人君) その件については効果等を生んでいるんであれば、またよく調べていただきたいと思います。

  あと、サロンにおいては年間3万8,000円が上限ということで、赤い羽根の募金から支出をされているという状況の中で、今ほど話を、質問させていただいたように、利用回数が増えることによって助成金の上乗せは考えていらっしゃるのか、その辺お伺いさせていただきたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) この共同募金の配分金の上乗せにつきましては、社協独自の制度ということで、助成ということでされておりますので、それに関してはちょっと私どものほうでは答弁は控えさせていただきたいと思います。



◆4番(藤井秀人君) その辺も検討を含めて、お願いしたいと思います。

  (2)の?のご返答いただいたわけですけれども、市内全体に6カ所あるということで76名、送迎つきということで、回数云々ということで返答はあったんですけれども、これも関係者の方からの利用状況の話の中で、病気になる前で、健康でそういった施設を使われる方がなかなか希望しても、自分で使えないような状況があるということで、その辺の意見もあったわけですけれども、利用状況の中で不足をしているような状況は把握されているんでしょうか。その辺お伺いさせていただきたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) 生きがい活動支援通所事業につきましては、定員が10人から15名、分水地区だけ6名ということでございますが、延べ利用人数を回数で割りますと五、六人程度ということで、まだまだ余力といいますか、受け入れは可能ではないかなというふうに思っております。



◆4番(藤井秀人君) じゃ今返答いただきましたので、その件に関しては十分対応できるようにお願いをしたいと思います。

  一番最後の地域包括ケアシステムということで、市長からご返答をいただきました。私が質問させていただきたいのは、もっと踏み込んで、国が地域包括支援システム確立を2025年までに全国120カ所を目標としているということを聞きましたが、内容も含め、わかる範囲でお伺いしたいと思います。その点お聞かせいただきたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) 藤井議員、済みません。2025年までに120カ所、何をどのようにというようなご質問になりますでしょうか。



◆4番(藤井秀人君) 済みません。一番最後に申し上げるつもりではおったんですけれども、当然皆さん方ご存じのように最終的には地域包括ケアシステムの姿ということで示されてはおるんですけれども、この姿の形に持っていくために2025年まで120カ所を目標としているという話を伺ったんですけれども、その辺知っていらっしゃるのかどうなのかということで今質問させていただいたわけです。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) この地域包括ケアシステムにつきましては、それぞれ市町村でその地域の特性に応じたものということで構築していくことになりますけれども、主体になるのは各地域包括支援センターを核にしたものというようなことになろうかと思いますので、全国120カ所というようなことはちょっとどういうようなものを想定されているのか、申しわけございません。ちょっと具体的な見合うような数字になるものがちょっと考えつきません。



○議長(中島清一君) 藤井議員に申し上げます。

  先ほどの発言につきましては、反問というような形に捉えますので、発言には十分注意していただき……

            〔何事か呼ぶ者あり〕



○議長(中島清一君) 済みません。こちらのほうのミスであります。



◆4番(藤井秀人君) それでは、私自身が調べた内容の中で、地域包括システムで県内で2市取り組みをしているところの今、例の話をさせていただきたいと思います。

  まず、長岡市の例は、長岡市は長岡駅を中心とするエリアに13カ所のサポートセンターを設置し、サポートセンターごとに住まい、医療、介護、予防、生活支援などのサービスを組み合わせて一体的に提供。施設でも自宅でもない新たな在宅介護として、多様な生活スタイルやニーズに対応するためのサービス提供体制を官民協働で整備を行い、小地域完結型のサポートセンターとしての取り組みを行っています。これがまず長岡市の取り組みです。

  新潟市の取り組みをお話をさせていただきたいんですけれども、2日前に新聞に掲載されました新潟市の地域の茶の間の内容は知ってられると思いますけれども、昨年の10月18日に住民の支え合い活動の拠点として地域包括ケア推進モデルハウスとしてオープンをし、週2回活動しています。船頭役となっておられる河田さんの話を聞きますと、目指すところは赤ちゃんから高齢者まで、障害の有無も問わず、誰もが参加できる居場所として地域の茶の間を提唱しておられるとのことです。私も紫竹にあるモデルハウスに見学に行き、活動内容を勉強させてもらいました。そこで行政からの支援の内容を聞かせていただきました。解体する予定だった空き家の旧家を市が月10万円で借り、光熱費も負担する中での活動の開始とのことでした。さらに、月1回夜の茶の間も開催しており、日常の医業にかかわる医師や社協のメンバー、看護師、コミュニティ組織の代表、ボランティアなどの横の連携も行っている場にも参加させていただきました。

  燕市も他市を参考にしながら、決して経費だけをかけるのではなく、病気になる前に自分の足で行けるエリアの中で、アクティブシニア層の協力を得ながら、また国の支援をいただきながらモデル地区での立ち上げを行うべきではないかと私は思いますが、その辺の他市の状況を踏まえて、もう少し踏み込んだ答弁をいただきたいと思います。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) 藤井議員がおっしゃられますように、自分の足で歩いていける距離に通い場といいますか、地域の方が一緒に集えるような場所があって、そこでいろいろな活動がされるということは望ましい形ではないかというふうに思っています。それらについて、でき得れば住民の方から主体的に運営していただくというようなことができれば、介護予防の観点も兼ねまして、またそういう地域の活性化というようなことも取り入れたような、住民運営の通いの場というようなシステムができていくのかなというふうには思っています。それにつきましても、新しい取り組みということになりますと、その地域包括ケアシステムの構築自体も含めまして、新年度から地域ケア推進会議というもの私ども設けることにしております。その中で新しい総合事業の部会も設けることにしておりますので、住民主体の地域における通いの場の充実という観点につきましても地域ケア推進会議の場でいろんな方々からお知恵をいただきながら、どういうような方向で推進していくことができるのか協議をさせていただきたいというふうに思っております。



◆4番(藤井秀人君) じゃ最後に市長にお尋ねします。

  2025年を10年先と捉えるのか、10年しかないと捉えるのかその辺の認識をお伺いしたいと思います。



◎市長(鈴木力君) お答えします。

  冒頭の答弁で申し上げましたように、平成37年度に向けて構築が急がれるというふうに私答弁させてもらいましたけれど、やはりまだあるということではなくて、早急にいろんなシステム、あるいはいろんな事業というのを構築して、できるところから、やれるところからどんどんやっていくということが大切だというふうに思っています。



◆4番(藤井秀人君) 以上で私の質問終了させていただきます。ありがとうございました。



○議長(中島清一君) ここで説明員入れかえのため、休憩といたします。

          午後 3時44分 休憩

          午後 4時09分 再開



○議長(中島清一君) 休憩を解き、会議を再開します。

  次に、9番、小林由明君に発言を許します。



◆9番(小林由明君) それでは、一般質問に入らせていただきます。

  大項目1、若者によるまちづくりの場について、つばめ若者会議事業の今後についてです。つばめ若者会議事業は、3年目を迎えます。今まではファシリテーターでもあるstudio―Lさんが運営に携わり、メンバーは幾つかのミッションをこなしながら活動してまいりました。もちろんこれまでもメンバー自身の主体性に期待し、彼らの主体的な活動が発揮されるべく、この事業は運営されてきました。来年度よりつばめ若者会議メンバーによる自主運営へ移行していくとのことであり、今後はより一層彼らが担うべきものは大きくなるものと考えております。若者会議メンバーによる自主運営ということがつばめ若者会議という行政の事業とどう結びつき、どのようにその運営が行われるべきであり、どのようにこの事業の目的が果たされていくのか、市が担う役割をどのように考えているのかお伺いいたします。

  (2)今宵サミットin燕市についてです。全国でまちづくりに取り組む人々が集まる今宵サミットが今年は燕市で開催されることになりました。これは、市外、市内に向けて、燕市のまちづくりに対する思いや住民とともにまちを育てていくという姿勢、そして燕市の魅力をPRする絶好のチャンスでもあると思いますが、市はどのように考え、どのような取り組みを行おうと考えているかお伺いいたします。

  大項目2、子供たちの安全、安心について。(1)学校における食物アレルギー対応についてです。?、平成26年6月議会において、食物アレルギーの対応について取り上げました。その際には極めて迅速に燕市ホームページにおける学校給食のページを充実していただきました。その後どのような工夫や取り組みがなされたのかお伺いいたします。

  ?、現在学校における食物アレルギー対応は、マニュアルにのっとりつつも学校ごとに取り組みが異なっていると聞いています。市が果たす役割についての考え方をお伺いいたします。

  大項目3、公共施設の整備について。(1)体育施設についてです。?、燕市民体育館は、耐震改修を終え、施設の安全性は確保されましたが、館内設備の快適性向上や充実についてはまだまだ住民からの要望が多いのが実情です。今後の整備方針についてどのようにお考えなのかお伺いいたします。

  ?、市内体育施設は、ビジョンよしだやB&Gなどを除き、基本的に無料で使用できる施設や設備が多いです。しかしながら、利用料を課しても差し支えない施設や設備もあるように思いますが、利用者負担についてどのようにお考えなのかお伺いいたします。

  大項目4、安全、安心なまちづくり、まち育て。(1)空き家、空き倉庫、空き工場、管理不全建物の削減策についてです。?、平成27年度に予定している空き家、空き倉庫、空き工場、これら管理不全建物等削減の取り組みをお伺いいたします。

  ?、市から住民へ所有する建物の解体撤去を希望する者を募り、市が複数の物件を一括してそれら物件の解体撤去業務を発注することでスケールメリットによる解体費用の圧縮を図り、所有者の費用負担を軽減することで管理不全建物等の削減を促進できないか、そういった取り組みができないかお伺いいたします。

  ?、DIY、この場合では日曜大工となります。その普及啓発を行い、所有者等による維持管理の推進や、また建物解体後の固定資産税猶予などの施策を展開し、それら建物の削減等を推進していただきたいが、いかがでしょうか。

  以上、1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) 小林議員のご質問にお答えします。私から、1番の(1)若者会議の今後についてご答弁申し上げます。それ以外の項目につきましては、担当部長のほうからお答え申し上げます。

  来年度以降のつばめ若者会議に対する市のスタンスということでございます。ご案内のとおり若者会議は、昨年4月に行われました発表会以降、Boccos@night、旧燕庁舎の取り壊しのためのいろんなイベントの企画、あるいはひろちゃん市という障害者の方々がこの地域の中でほかの方と分け隔てなく活動できるためのいろんなワークショップみたいなのを開催したり、あるいは今まさに作成中でございますけど、ツバメギフトマップの製作などそれぞれのチームごとに積極的に活動に取り組んできました。来年度以降これまでファシリテーターを務めていただきましたstudio―Lさんの支援を離れた形で自主運営を目指すということで、現在その準備としての主体的にどうやっていったらいいかというののルールづくりといいましょうか、それを議論したり、自分たちの活動の見える化を図るために、若者会議のホームページを製作しようという形で、いろいろと運営委員会を中心に自主運営に向けての準備を進めているというのもまた現状でございます。こうした主体的な取り組みは、もとより歓迎するところでございますけれど、つばめ若者会議は燕市がそもそも立ち上げた事業でございます。そういった意味で引き続きホームページの管理とか、会議全体のいろんな運営とか、そういった観点から事務局としてしっかり支えるということ、そしてさらには燕市発展を目指したパートナーとして、ともに行動していきたいというふうに思っています。

  以上です。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私からは、ご質問1番、若者によるまちづくりの場についての(2)今宵サミット開催に関する市の考えについてお答えいたします。

  今宵サミットは、全国各地のまちづくりに取り組む団体が集まり、各地域の事例発表や意見交換などを行い、それぞれの活動に役立てるためのヒントを得るとともに、それぞれの活動に地域を超えたつながり、それから交流を深めることを目的に開催されるものでございます。平成25年度に香川県観音寺市において、約120名の参加でスタートし、昨年平成26年度は群馬県の富岡市で行われ、約150名が参加した全国的なイベントでございます。

  議員ご指摘のとおり今宵サミットの開催は、燕市の魅力をPRする絶好の機会であり、このことはメンバーも十分承知していることから、昨年11月に富岡市で開催された今宵サミットに5人のメンバーが参加し、次回の開催地として燕市を招致してまいりました。今宵サミットの開催に向けて、1月に開催されました若者会議の全体会議の中で、燕市らしいおもてなしのワークショップ形式で話し合い、燕市の魅力をPRするためのアイデアを出し合っておりますので、これからメンバーが練り上げていく企画を尊重しながら、市としても今宵サミットの成功に向けて最大限バックアップをしていきたいと考えております。



◎教育次長(金子彰男君) 私のほうからは、大きな2番と、それから3番についてお答えをさせていただきます。

  初めに、2番の(1)食物アレルギー対応についての?でございます。昨年6月議会以降の工夫、取り組みについてということでございます。昨年の議会では、議員さんから児童生徒にとって安全、安心な給食の提供が行われるように情報提供を充実してほしいとご意見をいただきました。それらを踏まえまして、市のホームページの情報の充実をしたところでございます。まず、毎月給食だよりを掲載させていただきました。給食で使っている食材の確認とアレルギー食材のチェックに役立つものと思います。また、学校における食物アレルギー発症時の緊急連絡体制と教職員の役割分担を含めた体制づくりについてもお知らせをしてございます。また、西部学校給食センターの稼働を機会に、除去食対応をしている児童生徒の保護者を対象に給食施設の見学会、情報交換会も実施をさせていただき、保護者の意見を聞く機会を設ける取り組みも始めたところでございますし、4月から本格運用、今テスト配信中ですが、健やか家族応援情報ページからも学校給食や食物アレルギーに関する情報が入手できるように何とか工夫していきたいなと考えているところでございます。このほか毎年のことにはなりますが、新入学児童及び在校生全員の保護者に食物アレルギー対応の説明、それからアレルギー調査を行っております。対応の必要な児童生徒の保護者と相談会を開催するなど食物アレルギー対応マニュアルに基づきまして、学校、保護者、市教育委員会の連携を図っているところでございます。

  次に、?でございます。学校におけるアレルギー対応についての市の役割についてということでございます。教育委員会で昨年3月に作成しました食物アレルギー対応マニュアルに基づきまして、各学校では食物アレルギー調査を実施をし、実態を把握した上で給食の対応を行うなど同一の対応が図られております。さらに、その上に各学校ごとにアレルギーを持つ子供たちのレベルに応じまして、個別カルテの作成や配膳の工夫など対応をしているところでございます。教育委員会といたしましては、アレルギー研修会を継続し、マニュアルの充実を図り、保護者への情報提供を進めるなど安全、安心な給食提供のための体制づくりを学校と連携して行ってまいりたいと考えているところでございます。

  次に、大きな3番でございます。3の(1)の?です。燕市民体育館の今後の整備方針についてのご質問についてお答えをいたします。燕市民体育館は、災害時の避難所に指定されていることから、平成25年度に耐震補強工事を実施をさせていただいたところでございます。しかしながら、議員ご指摘のとおり館内設備については実は老朽化による機能低下が見られることから、更新の必要性は認識をしておるところでございますけれども、更新には多額の投資も必要となるため、現在指定管理者と例えばリース対応など現在検討を進めているところでございます。

  ?番でございます。体育施設の利用者負担についてのご質問にお答えをいたします。健康志向の高まりから、ウオーキングなどスポーツを通じて健康づくりへの関心が高まっております。このような中で体育施設の使用料につきましては、吉田トレーニングセンター、いわゆるビジョンよしだ並びにB&Gの海洋センターにつきましては個人料金が定められておりますけれども、それ以外の体育施設については基本的に団体利用の料金設定となっております。個人料金は、現在のところ設定してございません。今後の課題とは思いますけれども、個人料金を設定するためには、例えば入館者を正確に把握するための特定の出入り口の設定とか、また券売機のようなものとか、またそれに伴う施設改修、また受付係員の配置など必要になることも考えられます。課題がなかなか多いのかなというふうに認識をしているところでございます。



◎都市整備部長(五十嵐一夫君) それでは、私のほうから4番の(1)空き家等の管理不全建物の削減策についてお答えを申し上げます。

  最初に、?の平成27年度に予定しております取り組みについてでございます。空き家等の対策業務につきましては、これまで幾つかの部局に分散し、それまでそれぞれが連携しながら行ってまいりましたが、来年度からは窓口の一本化を図り、専門の対策室、空き家等の対策推進室等を設置していく予定でございます。このことから、総合的な体制のもと、条例や規則等に基づき必要な助言、指導等を行ってまいり、適切な管理を促すとともに、昨年度から実施しております燕市独自となる各支援策、これらの拡充を図りながら空き家等を減らすように努めてまいりたいと思っております。また、空き家等の対策の推進に関する特別措置法が2月の26日に施行され、空き家等に関する施策を総合的かつ計画的に実施するための基本方針が国のほうから示されております。当市においては、この基本方針とか、今後示されるガイドライン、これらにのっとり、国の財政上の支援措置等の対象となる空き家等対策計画、これを策定するということになっております。今後は倉庫や工場等を含む空き家全般のさらなる対策が国の後押しの中、促進できるものと考えております。

  次に、?の市が一括して解体工事を発注したらというご提案でございます。昨年度に実施した全ての空き家所有者に対する意向調査では、解体したいが、解体費の支出が困難で解体ができないとの回答が433件中約24%となる103件ありました。解体費の捻出がネックとなっているということが再認識できたところであります。それらを見込んで、市では解体撤去費用の一部として上限50万円を助成する制度を今構築しておりまして、昨年度は3件、今年度は6件の実績を得たところであります。

  ご提案いただきました市における解体等の一括発注につきましては、市の所有物ではないということから、なかなか事実上不可能な行為であるというふうに思っております。しかし、市の執行ではなかなか難しいことでありますが、所有者等にとってさらなる費用削減というふうに、有効な手法でございますので、解体への促進にもなり得るということから、所有者等の解体したいタイミングとか経費の捻出などいろいろ調整も必要でございますけれど、民間事業者、これらとともに何かの仕組みができないかということを研究してまいりたいと思ってございます。

  次に、?のDIYの普及啓発と解体後における固定資産税の猶予についてでございます。空き家等の維持管理の困り事の中については、さきの意向調査の中でも身体的、年齢的に問題がある。それから、現在住んでいるところから遠いということなど、総じてなかなか手をつける箇所が多くて管理が大変だというのが適正管理できていないという主な理由になっているようでございます。このことから、所有者等が空き家から比較的近くに住んでいられたり、修繕箇所が簡易的な容易的な状態であるという物件であれば、議員さんご提案いただきました業者など頼まず、それぞれが自身で修繕するというDIYというのも効果があるというふうに思います。これら関係者への情報提供をこれからもしていきたいなと思ってございます。

  次に、解体後の更地に対する固定資産税猶予の施策についてでございます。ご承知のとおり現行では居住用建物が建っている土地の固定資産税につきましては、空き家であっても、200平方メートルまでの部分については6分の1とされております。これは、住宅用地に係る特別措置が適用されているということでございます。しかし、今年の1月に閣議決定されました税制改正の大綱では、更地でなくても、1年間使用せず、倒壊のおそれ等のある空き家につきましては特定空き家等というふうに判定され、この特例措置が除外されるというふうにされています。このことから、更地後の税の優遇や支援策について市独自で進めていくべきものなのかどうかも含めて、今後の国の動向を注視しながら適切に対応していきたいと考えております。

  以上でございます。



◆9番(小林由明君) ご答弁ありがとうございました。じゃまず1番のつばめ若者会議事業の今後についてから再質問させていただきたいと思います。

  このたびメンバーの自主運営に移行していくということなんですけども、今まで行政がつくっていた彼らの活動の場を彼ら自身が運営していくということで、そしてその活動の目的というのは20年後の燕市のために自分たちで考え、自分たちで行動していくということなんですけども、やっぱりちょっと彼らがその事業を自主運営して、彼らが担っていく意義というものがちょっと見えにくいというか、このあたりがメンバーの中にはどうも消化できていない方がいらっしゃるように、自分は肌ですごく感じています。行政の事業であるつばめ若者会議事業を自主運営してもらう。そうやって移行する中にあって、彼らが担うべきものが一体どういうものなのか、もうちょっと詳しくというか、お伺いしたいと思います。



◎市長(鈴木力君) お答えします。

  自主運営に移行していくというのは、決して市が突き放したり、見捨てたりということではないということはまずご理解いただきたいと思います。確かにまだ消化し切れていない人もいるのかもしれませんけれど、逆にもうどんどん、どんどん行政のあまり支援なく、自分たちでやっていきたいんだという声も、むしろそちらのほうが大きいというふうに私は担当者からは聞いております。そういった意味で若者会議がいろいろと議論した結果の総体的な意見であるということをまずご理解いただきたいと。中にはちょっとまだ消化し切れていない方もいらっしゃるということだと思いますけれど、やはりこれは当初から若い人たちが燕の将来、まちづくりなどに主体的に取り組む。そういった意欲のある人とか、そういった気持ちのある人ということを募った会議でございますので、そういった意味ではいろんな自分の分野、得意分野とか、自分の興味のあるところを生かして、少しでもみずから燕をよくしたいという行動をしていくというのがもともとの趣旨でございますので、そういった意味でまさにそれに基づいて主体的に取り組むということ、そもそもの成り立ちがそういうことだったということだと思います。ただ、先ほど冒頭言いましたように立ち上げたのは市でございますし、いろんなまだ消化し切れていない人とか、やる過程でいろんな悩みとか、何か応援してもらいたいということがどんどん、どんどん出てくると思いますので、そういった意味で事務局としてしっかり支えていきたいということでございますし、もともとまちづくりといいますか、燕市の発展のために仕事をしているのが我々市役所でございますので、同じベクトル、目指す目標に向かって、それぞれの特徴を生かして取り組むという意味ではパートナーというふうに思っていますので、冒頭申し上げましたように事務局として支え、パートナーとしてともに歩むというのがこれからの若者会議と燕市役所との関係だろうというふうに思っています。



◆9番(小林由明君) そうなんです。自主的にやろうと思って動き出している方たち非常に増えていまして、実際若者会議から離れて活動されようと思っている方も出てくるぐらいですから、本当に自主性がめちゃくちゃあらわれてきているのはわかるんですけども、自主的にやろうという中で、じゃ若者会議にいる理由というものに、そういう疑問に今ぶつかっているという状況も出ているのかなというのも感じるんです。そうだよなと自分も思いまして、じゃつばめ若者会議にいるメリット、これって何なのかなというところがちょっと一つあるんだろうと思うんです。その点市長のお考えになるメリットというものって何かあれば。



◎市長(鈴木力君) つばめ若者会議というのは、何か団体で行動するということではなくて、若者たちがそこに集まって、そこに来て、いろんな情報交換をしたり、いろんな意見交換をしたり、場合によってはこういうこと一緒にやろうという呼びかけをできたり、集まる場なんです。場ですから、メリットはそこに来ればいろんな仲間ができたりとか、いろんな情報交換ができたりということが私は最大のメリットだというふうに思っています。何か金銭的にどうだとかこうだとかということではない、まさに仲間がいる、元気をもらえる、何か一緒にやろうとしたときに助けてくれるというような、そういった場所だということだと思いますので、つばめ若者会議がNPO法人みたいに何かこういうことしようということでもない。そういった要素が、各チームとか、中に入っている人たちの中でコラボレーションをして、そういうのが誕生してくるということはあると思いますけど、まさにそういうのが誕生するプラットホームというんかな。会議体というんでしょうか。そういうことでございまして、その辺はイメージが共有するように、まさに昨年からずっとこの会議というのはどういうものなのか、どういうふうにしていったらいいのかということをメンバーそのものでけんけんがくがくと議論して、そのためには最低限どういうふうなルールといいましょうか、規約というのをつくっていくんだということもやっているわけでございますので、そういう中から形ができ上がり、動き出せばまたいろんな形でもうちょっとこうしようというのはあるかもしれませんけれど、私はそういうもんだというふうに思っていますし、メンバーから市長のイメージはというふうに聞かれたときには常にこういうことを申し上げています。



◆9番(小林由明君) 今市長が言われた若者会議のイメージ、場なんだということについてはもう本当に自分も最初からそう思っていて、何かの団体であって、その団体が意志的に活動していくというよりも、そこに集っている方たち一人一人が自主的に活動していく、そのきっかけとなるような場なんだというような認識で自分もいるんです。なかなか、でもそれこそメンバーの話を聞いていると、どうやらそのイメージが逆に持てていないのかなというところが本当にこの2年間ずっとあったんです。またここ自主運営に移行するに当たって、自主運営に移行するんだったらやめようかなというような方がいたりとか、やめるとかやめないというようなものではないと思っているんですけども、もしかするとやっぱり方向的に何となく場であるというものがちょっとずれてきていると言うと彼らには申しわけないんですけど、なのかなというような感じがするので、もう一度、市長は先ほど来事務局として支えていくという話はされているわけですけども、やっぱり彼らの持っているもの、彼らというか、そこに所属しているメンバーだけじゃなくて、これはこれからの若い人たち全てに与えられている場でもあるので、それがしっかりと機能して、いろんな可能性が発揮するように是非何らか対策というか、対策というと本当あれなんですけど、行動を起こしてほしいなと思うんですが。



◎市長(鈴木力君) お答えします。

  まさに私の思っている若者会議のイメージと小林議員が思っているイメージって多分一致しているんだと。やめる、やめないとかということでも全然ないと思っていて、3年に1回出てきて、ああ、また3年に1回いい刺激をもらったなとかというようなことでも私は全然いいと思っているんです。ですから、なかなかそこがわかってもらえない人も中にはいるのかもしれませんけど、きっと動き出す中でその形というのがだんだん見えてくるんじゃないか。とにかく悩んでばっかり、わからない、わからないというんじゃなくて、どんどんやっぱりまず行動するんだろうというのが大切だと思います。そういった意味で、やはり何か一緒にやろうよというものがちょっとあるとまたついてこれるというか、ああ、それだったら俺も参加できるのにというような要素というのも必要なんだろうというふうに、それが現実的だろうというふうに私もいろいろと彼らと議論して思いましたので、その一つのきっかけとして今宵サミットというのを若者会議でみんなでやろうよというようなことをやってもらうと自主的な運営のまさに活動とその場じゃない何か、一緒に行動するということにもなるのかなというふうに思いました。そういったことから、メンバーに今宵サミットとってこいと、富岡行って、次は燕で開催するぞというのを言って、とってこいというふうにハッパかけたら、彼らは見事招致を決めてくれたということでございます。私としては、今宵サミットを、今年1年それに向かって頑張るということで、ちょっともやもやしている人たちがもう一遍みんなで1つの事業に向かってやる結束力ができることになるのではないかなと、そんなふうに期待しているところでございます。



◆9番(小林由明君) 今回の今宵サミットというのは、そういった意味ですごくいいきっかけになっていると思うんです。また、そういった意味、もちろんそれだけではなくて、これ今度(2)のほうの質問につながっていくわけですけども、そういった本当要素もあります。そこに自主運営した彼らがもう主体になってやっていくという、これ本当彼らのモチベーションにつながっていくと思うんですけども、それはそれで本当に楽しみにしております。

  そこで、これ彼らが主体になって活動していく。あと、市がどういう姿勢で、先ほど答弁では結構いい答弁をいただいているような気もするんですけども、まち全体として、燕のまちがまちづくりにすごく力入れているんだというようなのが伝わるような取り組みをしてほしいんです。例えば工場の祭典とか、いろいろ市内、この地域で活動されている団体とかもあるわけですけど、そういった方たちにも声かけてもいいのかなと思いますし、地域全体で盛り上がりをつくっていってほしいなと思っているんです。その点どうですか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 1回目、2回目の実際に開催されました今宵サミットの例などを見ましても、やはりまちめぐりというのは必ずメニューの中には入っております。通常の決められた観光地を回るのではなくて、今議員さんがおっしゃられたような形で若者らしい発想の中でまちめぐりを行うというようなことは当然若者会議のメンバーも考えております。こういった場所がいいのかなというのではマグネットであったりとか、ストックバスターズであったりとか、てまりの湯、国上山、この辺はもちろん入っておるんですが、そういった形で現在検討しておるところでございます。また、交流会に合わせて酔いどれサミットということで、燕市内の若いメンバーが市内の飲食店をコーディネーター、ツアーコンダクターとして何軒か回るとか、こういった企画も1月のワークショップの中では出ていたというふうに伺っております。いずれにしてもそういった企画はできるだけ若者会議のメンバーに任せて、市はサイドのほうからできる限りバックアップをしていくという形で、恐らく秋の開催になるかと思うんですが、それまで一生懸命事務局としてメンバーと一緒に企画を練り上げていきたいというふうに考えております。



◆9番(小林由明君) 本当にそのメンバーから出てくるアイデアとかを生かしていこうという姿勢は、すごくよくわかりました。あまり言うとメンバーが言ってくるアイデアを潰してしまうような気もするんで、あまり言わないようにしてはいるんですけども、この今宵サミットに来られる方たちというのは各地でまちづくりに実践で取り組まれている方たちなわけです。こういった方たちを講師として呼んで講演会しようとするとやっぱりお金かかるわけですけど、今宵サミットというのは皆さん自費で来られるわけです。そういった方たちに講演してもらったりとか、またやっぱりいろんな方と、燕いろんな方とつながっていただく必要もあると思うんですが、そういったものをしようとしたときにはやっぱりたった1日間の滞在では短過ぎるんです。ですので、ちょっと長くいてもらえるような工夫、そういったものができればいいなというふうに思っていますし、それはきっと若者会議のメンバーが出してくるアイデアにも、それを支えていくものにもなるのかなというふうに感じるんです。その辺のお考えを是非お持ちいただきたいと思います。それについては答弁は結構です。

  それでは、学校における食物アレルギー対応についてです。私今日の質問では、6月議会で取り上げた以降の新たな工夫等をお伺いしたわけですけども、それについてはちょっとご答弁あるようには感じなかったんです。12月に交流会をやられているわけですけども、そのほかもう一度ちょっとお伺いできますでしょうか。



◎教育次長(金子彰男君) 少し説明が適切でなかったのかもしれません。まだ実はホームページも議員さんご指摘のいただいた段階では非常にまだまだ未熟な状況でございました。それは確かでございましたので、非常に多くの方面、多角的にと思いまして、給食だよりを大分細かく掲載もさせていただいております。実は給食だよりの中身というのは、その日の何がメニューでということだけではなくて、非常に細かく掲載をされております。写真等も入っておりますので、非常に実は中身の濃い内容だなということでご理解いただきたいと思います。また、学校における緊急の連絡体制もわかりやすいフローチャートといいますかにさせていただいて、こういうことで対応していますよということで、安心感を得ていただくためにということで載せさせていただいておるわけでございます。また、情報交換会をさせていただきながら、そういうことをやっているよということのまたPRもホームページでさせていただいているということでご理解いただければと思います。



◆9番(小林由明君) ホームページが変わったのは、昨年6月議会中にもうすぐ変わっていたので、それについては自分もよくわかってはおります。非常に迅速に対応していただいたというふうに感じているんですけど、保護者の方からちょっと聞く話ですけれども、給食がつくられてくる過程ではかなりしっかりとやっていただいているという、そういった安心感はどうやらあるようなんです。それは、1人とか2人とかではなくて、何人かのアレルギーを持つお子さんの保護者の方から聞いた話なんですが、その辺は安心していらっしゃるようなんですけども、不安なのは要は学校に届いてから食事の過程であったりとか、要は給食学校に来てから、その後のことについて不安があるそうなんです。例えばある児童がアレルギーを持っている児童に対して、アレルゲンを含む食材を持っていて近づけたりとか、あと食事中にアレルゲンを含む食事というか、食べかすというんでしょうか。そういったものが飛んで皮膚について、そこでちょっとアレルギーが出たりとか、そういった事案があるようなんです。そういったことというのは市のほうとしては把握してられていますか。



◎教育次長(金子彰男君) 詳細な事案がどの程度が何件あったかということまではちょっとあれですけども、学校の中については学校と私どもの連携をさせていただきながら、直接的には担任の先生ということになるわけですけれども、そこでは保護者と担任との連携が非常に進んでいますので、それは把握していながら、その現場でそれが全てうまくいっているのかというご質問かと思いますので、個別の例というのはちょっと把握していませんけれど、もう少し目を配れというお話なのかなということでよろしゅうございますでしょうか。



◆9番(小林由明君) この話は、学校の先生も知っておられている話なのです。それで、昨日長井議員のお話の中で、先進事例を市としても情報提供したらどうかとかというような提案もありました。自分は、そこに加えて各学校で起こっているこういったヒヤリハットな事案も共有していただいたほうがいいと思うんです。その点お考えどうですか。



◎教育次長(金子彰男君) ありがとうございます。この件についてはヒヤリハットというのは非常に大切なことで、そういう事案を目にしていること、確認していることというのはその後も対応が非常にすばらしく変わるかなと思います。情報の共有は、逆に学校間といいますか、そこで運営委員会等もございますので、そこを含めて、また校長会等も含めて、いろんな意味での情報共有をさせていただこうかと思っております。ありがとうございます。



◆9番(小林由明君) それと、ちょっとこれも提案なんですけども、アレルギーを発症した際のどういう対応とるのかというフローチャートは今ホームページで出していただいています。実際の行動訓練、そういったものは行われていますか。



◎教育次長(金子彰男君) ご存じのとおり各学校には食物アレルギーの対応マニュアルをつくらせていただいて、それを実際に学校でやっていただくように対応させていただいております。頻度はさほど多くはないんですけども、必ず先生方も異動でかわったりして来られたり、また児童生徒も進級されたり、卒業されたり、いろんな方々かわってきますので、毎年それは欠かさずにやらせていただいているところでございます。



◆9番(小林由明君) そうですね。マニュアルが整備されていても、やっぱり実際に何か起こったときの対応というのは本当訓練していないとなかなかできないものですから、確実にやっぱり継続してやっていっていただきたいというふうに思います。

  それで、先ほどのちょっとした児童のいたずらとかということなんですけども、こういったものはやっぱりアレルギーを持っているお子さんとか保護者の方に対するアレルギーの、先生もそうですけど、に対する知識の普及啓発だけでは足りない。それを取り巻く全ての人たちに対して食物アレルギーの知識がやっぱり普及啓発されていく必要があるんです。それで、糸魚川市では食物アレルギー意思表示バッジというのがありまして、食物アレルギーを持っている大人も子供もみずからの意思でそのバッジをつけることができるんです。子供たちが食物アレルギー、アレルゲンのある食物に触れる機会というのは、学校だけではなくて、うちに帰ってからも、友達の家に遊びに行ってからでもどこでもあるんです。こういったことから子供たちを守るために、市全体として食物アレルギーに対する知識の普及啓発等を取り組む必要があると思うんですが、いかがですか。



◎教育次長(金子彰男君) おっしゃるとおり実は家庭の中、学校の中で対応が例えばしっかりされたと、例えばじゃない。しっかりしなきゃいかんのですけども、といっても、社会に出た段階でといいますか、友達の家での状況とか、いろんな場面で食物を食する場合が出てまいります。それの今議員さんおっしゃられるのは、どちらかというと幼児向けかなという感じがちょっとしております。実は小学生も高学年ぐらいになりますと、自分での判断をもうしてくるようになります。また、そうしていただかないとなかなかアレルギーの対応はできないことになります。今のお話は幼児といいますか、少なからず判断がしにくい、また自己主張がなかなかしにくい年代、小さいときのことなのかなと思います。いろんな方法があろうかと思いますけど、今の糸魚川のバッジの話もお聞きしておりますし、またほかにどこか服に縫いつけるとか、そんないろんなのもあるようですけども、どれが適切なのかどうかというのは少し研究しないといかんのかなと思います。むやみにそれだけで全てオーケーと思われても困りますし、ただし一般的なイメージでそういう子供たちがいるんだという普及は欠かさずやらなきゃいかんかなと思っております。ありがとうございます。



◆9番(小林由明君) 次長のおっしゃることはもっともだと自分も思っています。バッジをつけたからといって、食物アレルギーから身が守れるわけではないので、本当さまざまな方法を検討していただく必要がやっぱりあるんですけど、この間学校給食等の問題についてちょっといろいろ調べさせてもらってきている間に、学校給食にかかわっている職員さんの負担ってかなり大きいのかなというふうに感じたんです。何か本当孤軍奮闘されていらっしゃるような気もしまして、その辺やっぱり関係する各課がしっかりと力合わせて取り組んでいただきたいというふうに思いますが、いかがですか。



◎教育次長(金子彰男君) このごろ時代といいますか、いろんな環境面も含めていろんな問題も出てきております。今は学校、また保育園、幼稚園も含めてアレルギー対応というのは残念ながら進み始めたというのが実際なのかなと思います。もう少し進んでなきゃいかんのかなと思っておりましたけど、私どもも除去食も西部の学校給食センターできた段階でやっとそれが対応できるようになったという、亀の歩みかもしれませんけども、これは確実にやっていかなきゃいかんだろうと思います。これは、私ども教育委員会だけではなくて、今おっしゃるとおり健診関係も含めて、子供たちの健康維持ということであれば関係する課もございますので、そことの関係も深めながら普及をとにかく図っていかなきゃいかんのかなと。一定程度の水準までは達することができるようにという方法を考えていかなきゃいけないんじゃなかろうかなと思います。今は該当の子供たちを中心にまず対症療法やっておりますけども、それ以外に今言われるとおり広げていかないといかんのかなというふうに考えております。



◆9番(小林由明君) その思いが保護者の方にも、周囲にも伝わるように精いっぱい、命の問題ですから、取り組んでいただきたいと思います。

  それでは、大項目3の公共施設の整備についてお伺いします。市民体育館の件ですけども、今までもちょっと更新しなきゃいけないかなというような考えはお持ちだったというふうな印象で自分答弁を受けたんですけども、そのネックになるのが費用がかかるからというふうなお話でした。と思います。と思っています。ちょっとその辺認識違ったら、違う。確認します。



◎教育次長(金子彰男君) ちょっと説明が悪くて申しわけありませんでした。館内設備、いわゆるスポーツ関係の設備というのは千差万別あるんですけども、なかなか高価なものも確かにございます。また、修理がなかなかきかないというものもあるような話は聞いておりまして、やはり館内設備というよりも建物関係といいますか、そちらに主眼を置いて動いていたというのが事実でございます。



◆9番(小林由明君) そういった中にあっても、故障中の機材が何年間もそこに放置され続けてきているという実態もやっぱりあるわけです。あれは、それを処分したり、そういったもの、それほど費用がかかるものではないと思うんです。具体的に言ったほうがよろしいでしょうか。例えば燕市民体育館トレーニングルームの機材。市民から寄附していただいたものなので、処分には心が、気が引けてできなかったのかもしれませんけれど、何年も故障中という張り紙が張ってあります。そういったものがなぜ処分できなかったのかお伺いします。



◎教育次長(金子彰男君) 議員さんご指摘のところも当たっておりまして、まず撤去するにはやはり次のものを何か考えなきゃいけないなというのが実際のところあります。と同時に今私ちょっと認識不足でございましたけど、ご寄附いただいたという話も聞いておりましたので、その辺が少しネックになってしまったのかなという感じはしますが、本当に申しわけないことでございます。

  以上でございます。



◆9番(小林由明君) そういう人の情が絡んでいるところでなかなか処分に踏み切れなかったというところは理解できますけれど、指定管理者制度を導入しまして、やっぱりいろんな考えが指定管理者の中にはあるだろうと思うんです。それを引き出すためにも、現存するものの中で必要ないものはしっかりとやっぱり処分していただいて、今でももちろん利用者の数は多いと思うんですけども、もっといい施設にできると思うので、その辺しっかりと取り組んでいただきたいと思いますが、いかがですか。



◎教育次長(金子彰男君) 議員さんからお話もいただきました指定管理者と実は協議を進めております。将来的に例えばリースとか、いろんな方法はあろうかと思いますので、ここは指定管理者の知恵を少しおかりさせていただいて、どんな形ができるのか。市内には類似の施設もありますので、リースの関係の終わったものを貸与するとか、いろんな方法が、私どもが考えている以上の経験を持ってられるようでございますので、話を進めさせていただこうということでございます。ありがとうございます。



◆9番(小林由明君) 是非そのようにしていただきたいと思います。速やかに不必要なもの、使えないものは、何とか処分するなりしてください。あとは蛍光灯が切れていたりとか、本当そのままのものがずっとあるので、これは是非やっぱりしていただきたいと。費用はそんなにかからないものですから、全て。

  それと、?の利用料を課しても差し支えない設備等ですけれども、なかなか利用料金を取ることは難しいというお話でしたが、例えばシャワールーム、これなんかはどうなんでしょうか。



◎教育次長(金子彰男君) シャワールームを1回幾らという設定のものをおっしゃっておられるのかなと思いますけども、それも実はそういう装置といいますか、そういうものが必要になってくるんだという話は聞いておるんですけど、そのやり方ですか。済みません。



◆9番(小林由明君) 利用するときに1回幾らで、100円なりいただくとか、そういう簡易なこととかというのはできないんでしょうか。



◎教育次長(金子彰男君) 一定の設備を、それ用の設備がない場合は、係員によってそれを徴収して、領収書その他ということにもなってきますので、金額的なものよりはそういうサービスをしっかりしていかないといけないということですので、募金的なことであれば別かもしれませんけども、通常の使用料をしっかり取るとなるとそれなりの対応が必要になってくるということはご理解いただければと思います。



◆9番(小林由明君) 自分もどうしてもお金取ってほしいということを言っているんではなくて、受益者負担という観点をしっかりやっぱり持っていただきたいですし、本当に取っても差し支えないだろうと思える部分についてはやっぱりしっかりと検討進めていただきたいというふうに思います。では、そちらについては答弁結構です。

  大項目4入ります。安全、安心なまちづくり、まち育てについてです。先ほどのご答弁からは、これ?の答弁ですけれども、なかなか市が、入札等市が行うのは難しいんだけども、ちょっと研究してみたいというお話であったかと思いますが、それは是非そのようにしていただきたいと思います。

  この一括発注というのは、これちょっと考えついたときに、どの程度のコストの削減図られるかとか、スキームとしてはどうなのかということをまず業者さんのほうにちょっとヒアリングしてみたんです、幾つかの業者さんに。これ感触は本当よかったんですけども、制度としてやるためにはいろいろ問題もあるんだろうとは思います。ただ、この取り組みというのは今後維持管理を考えていない建物の所有者、それから管理不全建物を除却していきたい、減らしていきたい行政、そして仕事を求めている事業者のマッチングということでもありますので、そういった観点からも何かしら進めていっていただきたいなというふうに思います。

  利活用が進められないような空き家等管理不全建物の除却が進むことによって、優良な不動産が市場に残っていくというような考え方もできます。今特に町なかの空き家率が高いわけですけども、これからも多分どんどんやっぱり増えていくと思うんです。ある程度まとめて減らしていくという取り組みが本当実現すると、すごくこれからの再生につながっていくと思うので、是非しっかりと検討本当にしてみて、研究してみていただきたいんです。もう一度その辺をご確認します。



◎都市整備部長(五十嵐一夫君) それぞれがマッチングした中で、それぞれが利益になり、効果が出るということであって、私も先ほど答弁させていただいたように業者も含めながら新しい対策を推進する中で、これからそういうのが施行できるかどうかも含めて研究させていただきたいというふうに思っております。



◆9番(小林由明君) この仕組みではなくてもいいんですけども、管理不全の建物を数値目標をつくってでもしっかりと除却していくなり減らしていく取り組みをしていただきたいんです。これからのまちにとって、かなり大きな課題になってくる、問題になってくると思います。結局町なかにそういった利用されない物件がある。これは、非常に町なかの裏側ですけど、道路が狭かったり、建蔽率いっぱいに建っている建物が建ち並んでいることによって、解体したり、改修するときの費用がやっぱり一般の広い土地で建てるよりも、つくりかえたり、改修するのも1.5倍ぐらい費用がかかるんだというふうな話も聞いたことがあるんです。狭隘なところでやる工事というのは費用がかかるんだというようなことも聞いています。それで、そういったことも原因で、郊外の安い土地を求めて、そこで建物を建てると。そうやって町なかの空き家は増えていくんだと、そういった構造もあると思うんです。なので、本当にこの対策についてはやっぱりしっかりと、期限を定めてもやっていただきたい課題です。その点お伺いします。



◎都市整備部長(五十嵐一夫君) 空き家につきましては、ご存じのように支援策等させていただきながら、空き家の撤去の助成もさせていただいております。撤去及び解体についての助成もさせていただき、予算もつけさせていただきながらPRして、結構それで使っていただく方も大勢おられるように実績が上がってきているところであります。さらに、今後は空き家にならないようにということも含め、新しい支援事業になりますけれど、今お住まいのお宅でも、古いお宅については本来であればそこで耐震の改修したりということで住んでいただくものがあるんですが、そういうことができないことで郊外に出ていくことを防ぐということも含めて、建て替えの助成事業、これも今回新しく新設させて、支援事業として進めるように考えておりますので、こういった部分で、いろんな部分で行政のほうからそういった部分が空き家にならないように、空き家になっても、できるだけそれが古くならないようにということで、いろいろ支援策をさせていただこうと思っております。



◆9番(小林由明君) そこで、?、DIY、日曜大工というところに自分は活路をちょっと見出しているわけですけども、今非常にリノベーションであったり、リフォームであったりとか、そういったものに関心が高まっています。本屋さん行っても、たくさん本出ています。

  先日、これつばめ若者会議メンバーが運営している燕三条トライクという施設があるんですけども、ここでリノベーションのワークショップが開かれたんです。リノベーションというのは、もともと建物が持っていた風合いを生かして、建物の価値を更新していくような考え方らしいんですけども、そこにはみずから手作業で壁を塗ったりとか、何かいろいろそういったものを取り組んでいく要素も含められているようなんですけど、本当に多くの方が勉強に来られていました。県外の方もいらっしゃいました。この方は、もともと地元がこちらなんだそうですけども、こっちに帰ってきたいんだと。その際に不動産どうしたらいいのかというところから、このリノベーションであったりとか、リフォームであったりとかに関心が行ったようなんですが、やっぱり全国的に見ても、リノベーションとかという考え方が非常に盛んになってきています。このもとになっているのはDIYなんですけど、これらが結びついて、燕市の町なかにでもこういった風土が醸成されたり、雰囲気がつくられてくると、本当に管理不全の空き家にならないような取り組みにもつながっていくのかなというふうに考えているんです。部長、その辺どう考えますか。



◎都市整備部長(五十嵐一夫君) 非常にいい手法かなと思ってはおります。ただ、これが今空き家のところに対し、その空き家の方が所有しているところが、別なとこに住んでいる方が自分の空き家を果たしてそういった形で自分自身でやれるかというと、なかなか業務内容というか、仕事の内容にもよりますけれど、なかなか進められるかなというのはちょっと疑問点ありますので、こういったものが、例えば歴史的にある物件をある程度皆さんの手をかりて復元したり、そういった改修したりということの一つのイベントではないでしょうが、そういった部分も考慮するという名目の中でやるのであればいいんですが、果たして空き家に対して今の行為が本当に効果が出るかというのは私自身はちょっと疑問点があります。



◆9番(小林由明君) 以前商工振興課でやったみらい起業塾の中で、市内の商業地にある物件を視察し、家賃相場や出店条件などの情報収集しますというような取り組みがあったんですけども、このリノベーションの講演会の中で燕の空き家・空き地バンク事業をちょっと絡めるんです。この物件をリフォームしたり何とかするとこれぐらいの費用かかりますとかというふうにすると、非常に具体的に見えてくるわけです。そういったところに今燕市で取り組んでいるさまざまな助成事業であったりとか結びつけて、空き家の解消にもつなげられるんじゃないですか。また、空き家にならないように魅力のある建物として維持できるんじゃないですかということなんですが、そういった考え方で何か取り組みできそうな気がするんですが、いかがですか。



◎都市整備部長(五十嵐一夫君) これにつきましてもいい効果が生まれるものであればなということで、新しい推進室の中で研究させていただきたいなと思います。



◆9番(小林由明君) それでは、最後、固定資産税の猶予についてですけども、国の動向を見ていくということですが、インセンティブというか、解体することのメリットと言うと変なんですけども、解体に一歩踏み出せる策として固定資産税の猶予というのは非常に効果があるというふうな、先進事例からも効果はあるんだろうというふうなことが言われておりますので、市としての取り組みでできるかどうかということを、国の動向を注視するというのはもちろんなんですが、先行して、しっかりと研究していただきたいと思います。

  これで私の一般質問を終わらせていただきます。

                                 



○議長(中島清一君) 以上で本日の日程は終了いたしましたので、本日はこれで散会といたします。

  全員ご起立願います。大変ご苦労さまでした。

          午後 5時14分 散会