議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 燕市

平成26年  3月 定例会(第1回) 03月11日−一般質問−04号




平成26年  3月 定例会(第1回) − 03月11日−一般質問−04号







平成26年  3月 定例会(第1回)





    平成26年第1回燕市議会定例会々議録(第4号)
          平成26年3月11日(火曜日)午前9時30分開議

議事日程
 第 1  一般質問

本日の会議に付した事件
 日程第 1  一般質問

出席議員(22名)
   1番 小 林 由 明 君     2番 樋 浦 恵 美 君
   3番 渡 邉 雄 三 君     4番 中 山 眞 二 君
   5番 大 原 伊 一 君     6番 山 ? 雅 男 君
   7番 タナカ・キ ン 君     9番 塙     豊 君
  11番 丸 山 吉 朗 君    12番 中 島 義 和 君
  13番 齋 藤 紀美江 君    14番 長 井 由喜雄 君
  15番 齋 藤 信 行 君    16番 中 島 清 一 君
  17番 中 條 征 男 君    18番 阿 部 健 二 君
  19番 渡 邉 広 宣 君    20番 大 岩   勉 君
  21番 土 田   昇 君    22番 田 辺   博 君
  23番 本 多 了 一 君    24番 齋 藤 廣 吉 君

欠席議員(1名)
   8番 田 村 善 典 君

欠  員(1名)

説明のため出席した者の職氏名
  市  長 鈴 木   力 君   副 市 長 南 波 瑞 夫 君
  教 育 長 上 原 洋 一 君   総務部長 田 中 勝 美 君

  企画財政 五十嵐 嘉 一 君   市民生活 田 野 正 法 君
  部  長             部  長

  健康福祉 小 林 恵美子 君   商工観光 赤 坂 一 夫 君
  部  長             部  長

  農林部長 三 富   仁 君   都市整備 伊 藤 堅 一 君
                   部  長

  教育次長 斎 藤 純 郎 君   教育次長 金 子 彰 男 君

  水道局長 本 多   弥 君   総務課長 広 野 義 徳 君
                   兼選挙管
                   理委員会
                   事務局長

  防災課長 幸 田   博 君   管財課長 大 越 正 人 君

  企画財政 田 辺 秀 男 君   地域振興 田 村 文 明 君
  課  長             課  長

  市民課長 倉 橋 忠 夫 君   生活環境 村 松   宏 君
                   課  長

  健康づく 石 田 奈津子 君   農政課長 堀   孝 一 君
  り 課 長

  農  業 大 平 静 夫 君   都市計画 五十嵐 一 夫 君
  委 員 会             課  長
  事務局長

  土木課長 土 田 庄 平 君   営繕建築 内 山 喜 昭 君
                   課  長

  監査委員 平 原 文 隆 君   教育委員 村 山 幸 一 君
  事務局長             会 主 幹

  学校教育 山 田 公 一 君   子 育 て 伊 藤 謙 治 君
  課  長             支援課長

  スポーツ 樋 口 太弥人 君   教育委員 有 本 千 晴 君
  推進課長             会 指 導
                   主  事

  教育委員 小 林 靖 直 君
  会 統 括
  指導主事

職務のため出席した者の職氏名
  議会事務 星 野 友 栄 君   議会事務 堀 越   基 君
  局  長             局 議 事
                   課  長

  議会事務 川 崎 祐 晴 君   議会事務 竹 田 亮 子 君
  局 議 事             局議事課
  課長補佐             主  任



          午前 9時29分 開議



○議長(齋藤廣吉君) 田村善典君より欠席の届け出がありましたので、報告しておきます。

  ただいまの出席議員は22名で定足数に達しております。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の会議は、お手元に配付いたしました議事日程のとおり進めたいと思いますので、ご了承願います。

                                 



△日程第1 一般質問



○議長(齋藤廣吉君) それでは、日程第1 市政に対する一般質問を行います。

  最初に、7番、タナカ・キン君に発言を許します。



◆7番(タナカ・キン君) それでは、3月議会のタナカ・キンの一般質問を行いますが、今ほども議長も言われました、あの大震災から今日で丸3年がたちました。その3月11日にトップバッターとして質問させていただくわけですけれども、その中で本当にあの震災はちょっとだけ、東北の人たちにとってはもちろんですけれども、私たち国民にとっても忘れられない特別な日になりました。多くの方々が亡くなりましたが、生かされている私たちは、常に前を向いて何事にも真摯に向き合っていきなさいよと言われている気がします。そういう思いで、私も議員として調査をしたり、また今回そのことを質問するわけですので、答弁される市長を始め、皆さんに誠実な答弁をお願いして、私の一般質問を始めます。

  今回の質問は4項目であります。1、つばめ若者会議について。(1)参加者の熱意についてであります。?、7月9日の第1回会議から2月11日の第8回までの参加者の出欠について資料を提出していただきました。全体の出席率は51.2%で、うち市民だけは45%という低い数字でありました。1回目は期待もあってか、全体で77.3%、市民だけでは71.7%でした。2回目から8回目までの平均では全体で47.4%、市民だけでは41.2%でした。この数字を見る限り、うまくいったとは言いがたいと思いますが、この結果についての感想をお聞きいたします。

  ?、職員は総勢75名のうち22人が参加していましたが、出席率は65.9%でした。職員の方は市民よりも会議に出席できると思いますが、この数字についてもお聞きいたします。

  (2)今後について。?、これからの展開についてお聞きいたします。

  2、子宮頸がんワクチン接種について。(1)国の考え・市の考えについてお聞きいたします。?、子宮頸がんワクチン接種についての質問は、今回で4度目になります。1月29日の新潟日報の夕刊版で、子宮頸がんワクチンの特集が3分の2ページの紙面を使い、大きく掲載されていました。厚労省の医師ら15人の委員でつくる専門部会で、積極的勧奨を再開するかどうかの議論を続けているという内容でしたが、26年度はどうなるのかお聞きいたします。

  ?、ワクチン接種の副作用と見られる症状を訴えている問題の因果関係について、市はどのように捉えられているのかお聞きいたします。

  ?、専門部会の委員15人のうち、9人がワクチン製造のグラクソ社やメルク社から資金提供を受けているとも報道されています。こういった委員たちの下す判断について見解を伺います。

  3、分水庁舎解体工事についてであります。(1)重油流出事故について。?、事故の発生から処理に至る詳しい報告が議会にされていません。作業中の事故ということですが、発生時から順を追って詳しく説明してください。

  ?、処理した汚水や入れかえた土の量、かかった金額をお聞きいたします。

  (2)不調だった入札について。?、12月議会の答弁では不明なので、再度確認いたします。最低制限価格が仮に6,110万円で予定価格の80%だとすると、予定価格は幾らになるでしょうか。簡単な算数でありますけれども。

  4、LED照明設備導入設置費補助金事業について。(1)平成24年度、25年度の実績についてお聞きいたします。?、件数、年間削減量、補助金額についてお聞きいたします。

  ?、情報公開条例を使って、この事業に関する資料を全て提出していただきました。枚数にして1,500枚になります。この中で、いろいろあるんですけれども、平成25年度の申請番号24と25を比較してみました。どちらもLEDの型式と本数は同じですが、もちろんCO2の削減量も同じです。しかし、事業費が約70万円と約100万円と異なっているのです。同じ業者の仕事だと思いますが、これほど金額が異なる理由についてお聞きします。

  ?、見積書の作成が業者によって異なっています。工事費の内訳が細かく示されているものもあれば、雑なものも見られます。報告書も同様です。これらについて、市は指導されていなかったのかをお聞きいたします。

  これで1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) おはようございます。タナカ議員のご質問いただきました個別の事実関係等質問が中心でございますので、1回目の答弁につきましては、それぞれの担当部長のほうから答弁させていただきますので、よろしくお願いいたします。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) おはようございます。私からは、大項目の1番、つばめ若者会議についてお答えいたします。

  最初に、出席状況を受けての感想についてであります。全体の出席率で申し上げれば51.2%となりますが、当初つばめ若者会議は参加者40人を想定しておりましたので、それぞれが仕事を持つ身でありながら、常時30人から40人の出席があることは大変喜ばしいことであると感じております。また、会議に出席できない場合でも、参加できる仕組みとして、フェイスブックなどのSNSを利用した情報交換の場を設けるなどの対応を行っております。

  さらに、全体会議とは別に、必要に応じてチームに分かれて自主的に会議を行っており、全体会議では出席が難しかったメンバーも、チーム会議やSNSを通じて情報の共有、交換を行っておるところでございます。

  次に、職員メンバーの出席状況についてお答えいたします。若者会議に出席している職員メンバーは、職務で参加しているわけではなく、市民メンバーと同じ立場で参加しております。このため、職務があれば、当然そちらを優先しております。また、市民メンバーと同様に、家庭の都合などで欠席する場合があることはご理解いただけると考えております。仕事、家庭や育児など、忙しい世代を対象とする会議であることから、単純に出席率で評価できるものではないと考えておりますし、メンバー一人一人のまちづくりへの意識は高いものと考えております。

  最後に、つばめ若者会議の今後の展開についてお答えいたします。3月3日に山崎亮氏をお招きし、これまで9つのチームに分かれて作成したアクションプランのアイデアをメンバー同士で発表し合い、メンバー相互の情報共有を図ったところでございます。年度内には、「つばめの幸福論」という成果品として、未来ビジョンとアクションプランをまとめる予定となっております。そして、平成26年度からアクションプランを実行していくことになりますが、同時に、より活動意欲の高いメンバーを中心に、若者会議運営のためのスキルアップを図ってまいります。

  以上であります。



◎健康福祉部長(小林恵美子君) おはようございます。それでは、2、子宮頸がん予防ワクチン接種について、(1)?、子宮頸がん予防ワクチンは平成26年度どうなるのかというご質問にお答えいたします。

  平成26年度については、国の判断がまだ出ておりませんので、燕市では引き続き積極的な接種勧奨は差し控えさせていただきます。

  次に、(1)?、因果関係についての質問についてお答えいたします。市といたしましては、因果関係についてお答えできません。因果関係については、厚生労働省の専門部会において議論が継続されており、国で判断されるものと思っております。

  (1)?、専門部会の委員の判断についてお答えいたします。専門部会は、厚生労働省が所管するものであり、市として意見を申し上げる立場にはございません。

  以上でございます。



◎総務部長(田中勝美君) おはようございます。ご質問3番の(1)旧分水庁舎解体工事の重油流出事故についてお答えをいたします。

  本件は、昨年10月24日の午後、旧分水庁舎の解体工事を行っていた請負業者が、砂詰めされましたマンホールを確認し、処理済みのものであると判断して地下構造物の解体作業を行ったところ、構造物内にあったタンクから油入りの水が流出したものであります。請負業者はすぐに設計監理者へ連絡、確認を求めるとともに、中和剤、吸着マットによる応急処置を行ったものであります。応急処置が済んだ後に市へ報告が届いたため、職員が確認のため現地へ向かったところでございますけども、既に暗くなっていたため、再度翌25日、県、市、ほか関係者による現場確認を行い、その結果、外部への油流出は認められず、11月1日から7日の間に含油汚水及び汚泥を処理専用施設で中和処理、処分を行ったものであります。

  なお、処理した汚水は56トン、汚泥は107.6トンで、処理費用は1,397万5,500円でございました。

  次に、(2)不調だった入札についてのご質問でありますが、議員もご承知のとおり、現在の入札制度において契約の成立しなかった入札案件については、その後の建設工事等の積算に影響が懸念されるため、予定価格、最低制限価格の公表はされません。仮定のご質問への答弁は控えさせていただきます。よろしくお願いします。



◎市民生活部長(田野正法君) おはようございます。私からは、4番のLED照明設備導入設置費補助金につきまして順次お答えさせていただきます。

  まず最初に、平成24年度及び平成26年2月末現在のLED照明設備導入設置費補助金の件数及び二酸化炭素の年間削減量並びに補助金額についてお答えします。平成24年度は交付決定44件、二酸化炭素年間の削減量は17万5,426キログラム、補助金額は1,455万1,000円であり、平成26年2月末現在は交付決定33件、二酸化炭素の年間削減量は30万2,142キログラム、補助金額は576万5,000円となっております。

  次に、平成25年度に補助金を申請した24番と25番の事業所を比較して、LEDの型式、本数、二酸化炭素削減量とも同じなのに、事業費が違う理由につきましては、工事内容が異なっているためであります。24番の事業所は、天井がなく鉄骨むき出しの箇所で工事が容易でありましたが、25番の事業所は天井があり、照明器具を撤去する際に安定器も取り外す必要があり、その安定器が天井の中に隠れているため、高所で作業効率が悪く、作業に多くの時間を要したことから、工事費が増額となったものであります。

  最後に、見積書や報告書の内訳が詳細でないものについて、市は指導したのかにつきましては、それぞれの提出時に内訳を確認し、適切でないものについては改善を指示しております。今後も見積書や報告書の提出に当たり、事業内容等がより詳細に確認できるものを作成するよう、指導、監督をしていきたいと考えております。

  以上でございます。



◆7番(タナカ・キン君) ありがとうございました。

  1番の若者会議についてから質問をしていきます。40人ほど想定していたと言われましたけれども、実際にはそうでなかったわけであります。だから、若者会議という発想は、私は悪いとは思っていません。いいと思っています、むしろ。しかし、最初から言っているように、持っていき方がちょっと違う。一番大事なのは、そこに集まった人たちのやる気をどうしたら引き出すことができるか。私も若いときからいろんなことをやっていますけども、自分たちがやっていたものと比べると、ちょっと熱意がこれでも足らないかなという気はします。

  それで、昨年度は750万円ほどですか、経費は、また26年度も約350万円がそこのファシリテーターのほうに契約がもうされています。これだけお金を使うわけですから、やっぱり結果が求められると思うんです。そういうことをやっぱり肝に銘じて、私はやっていただきたいと思います。

  それで、今後ですけれども、幾つか、先ほどの答弁では9つのグループ分けをして考えていくんだということですけれども、今現在の若者会議のメンバーの中にももう既にいろいろと積極的に本当に活動されている人たちもいらっしゃいます。そして、また観光協会のスタッフもそこにいます。どちらも実際にもういろんなイベントとかをやっているわけですから、かえって若者会議のメンバーが、全てとは言いませんけど、そういったもう今やられている人たちの中に入って一緒にやるということが、イベントの内容がスケールアップすると思うんですけれども、そういうことは考えていられるのかお聞きいたします。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) まず、一番最初に議員さん、平成25年度において七百数十万円、平成26年度350万円、既に契約がなされているとおっしゃられましたが、契約は予算が議会の議決で通った後で契約を締結させていただく予定でありますので、よろしくお願いいたします。

  次に、ご質問いただいた関係でございますが、議員おっしゃるとおり、既にわかめるしぇという形で、つばめるしぇ等で活躍、参加させていただいているメンバーもいらっしゃいます。また、現在計画しておるのが、この3月に開催されます成人式におきましても若者会議の9つのチームのうち、1つのチームでチラシ、それからアンケートの実施なども計画しているようでございます。ご提案いただいたような内容につきましても、若者会議の中で若者会議の自発的な意見として出てくれば、私どもは市として協力を惜しまないつもりでおりますので、よろしくお願いいたします。



◆7番(タナカ・キン君) 先ほどの職員の参加ですけれども、市民メンバーとして職務があればと言いましたけども、この若者会議の目的が将来の燕市はどうあるべきか、そのビジョンを作成して、また実行に移していくという目的がありました。その中で、市の職員が参加するということは、職務が例えばあったにしても、例えば「課長、いや、今日ちょっと若者会議です」ともし言ったときに、それぐらいの「ああ、そうか。じゃ何々君、若者会議のほうに行ってよ」と。職務が云々だからって、残業ですか。だからそうじゃなくて、僕は職員の方こそ、本当に一生懸命例えば市民の方を引っ張っていっていただきたかったなとやっぱり思うんです。そういうことで、本当に将来のまちづくりのプロである、そこにかかわっている職員の方が本当に先頭に立つということをしないと、私これからもこれについては、いろいろと厳しくも、私は実際これいいと思っているんですから、見守っていきたいと思いますし、また若者会議のメンバーに本当に頑張っていただきたいと、やっぱりエールを私は送ります。本当にその点は期待しておるんです。よろしくお願いいたします。

  次に移ります。子宮頸がんワクチンのですけれども、26年度、国の判断は出ていないということなので、少しほっとしております。

  その因果関係ですけれども、国で判断するものだからお答えできないと。非常にまた無責任だと思います。非常に役人的な答弁だなと、やっぱり思うんです。だから、市長答えてください。やっぱり市を預かる者として、本気に例えばこの地域の子供たちを守るんだという気持ちがあれば、こんないいかげんなことでは冗談じゃないやという、そこ大事だと思いますんで、これは因果関係と言いましたけども、昨年9月までに約890万接種分が出荷されたといいますから、大体300万人近い女子児童が接種している計算になります。その一方で、副作用が2,320件、うち重篤は538件報告されていました。いや、この数字にしても、やはり少ないのかもしれませんけれども、最近もテレビでも報道されていました。本当に多くの方がそれを見られたことと思いますけれども、その症状は日常生活が困難になるんです。場合によっては一人でも歩けない、そういう子供たちが全国で538人いるというふうに考えてもいいと思います。

  それで、本当にそれを直接見ればもっとわかりますけれども、昨年10月、私は東京に行き、被害者連絡会の人と合流しまして、被害に遭われた女子児童1人を連れて、東京から長野県の松本市の信州大学に行きました。そこでは神経系の権威の先生がいらっしゃるということだったので、診ていただきましたが、やはりわからないんです。それで、1週間ほどの入院の手続をして戻ってまいったんですけども、やはりわからない。すなわち権威のある先生が診てもそれがわからないんです。ここに問題があります。

  そして、また今の厚労省の専門部会の委員の人たちですけれども、連絡会としては資料を受け取っていただきたい、その資料に目を通して検討していただきたいと思ってお願いするんですけども、資料を受け取ろうとしないんです。こういう人たちが委員なんですよ、はっきり言って。もちろん製薬会社からお金をもらっているなんて言語道断です。だから、そういうことを全部理解した上で、例えば市としてどういうふうに考えていったらいいのかということで、市長にお聞きいたします。



◎市長(鈴木力君) お答えいたします。

  因果関係があるのかないかというのを私なり市に求められても、まさにタナカ議員おっしゃったように、専門家ですら、なかなか判断がつきかねるということを専門的な知見がない我々に因果関係があるのかないのかということを問われてもお答えできないということでございますけれど、少なくともそういったまだはっきりしないという状況、さらに実際にいろんな症状が出ていらっしゃる事例があるという前提を踏まえますと、市としては、積極的な勧奨をお勧めするという状況にはないというふうに考えております。したがいまして、新しく中学生になる方々いらっしゃいますけれど、その保護者に対して、市のほうから何か個人的な通知を出すということはしないで、接種勧奨は控えるという方針でいきたいというふうに考えています。



◆7番(タナカ・キン君) ありがとうございます。国が再開しても、燕市においては積極的な勧奨をしないでいただきたい。今現在、本当にもうここのところゼロですよね、打つ子が。よかったなと私は思っていますし、積極的勧奨を一時中止したときから、毎月燕市の実態を実は担当の職員の方からいただいております。ありがたいなと思いますし、どんどんと打つ人がいなくなっているのもやっぱり現実です。だから、国が再開したといっても、そうそう皆さんが打つとは思えないですけれども、私はこんな副反応があるよということだけでなくて、いわゆる因果関係がわからないという非常にそれこそいいかげんな考え方で、被害の実態が市民の方に伝わっていないのもまた事実だと思うんです。だから、私がこうやって何度も声を出すのも、これを市民の方が聞いて、そうか、タナカさんがそこまで危険だ、危険だ言っているんだと、じゃ再開してもうちの子は打たせられないなというふうに思っていただきたいから、私は声出すんです。本当に大変になります。これは世界でいうと、アメリカの専門の機関の報告された件数では、世界中では130人以上が死んでいます、このことで。そういうことを考えたときに、絶対に私は打たせたくないです。でも、そうやって積極的勧奨をしないという市長の心強い答弁をいただきましたので、是非ともそのようにやっていっていただきたいと思います。

  そして、次に移ります。3番の分水庁舎解体工事についてですけれども、順を追ってやりました。これ発生が10月24日の午後、大体お昼ぐらいだというふうに私は聞いておりますけれども、市への報告が遅れた理由についてお聞きいたします。



○議長(齋藤廣吉君) タナカ議員、座って。



◎総務部長(田中勝美君) 先ほど申し上げましたけども、業者につきましては、設計監理業者へ連絡、確認を求めて、まずは安全対策をとったということで、その応急処置が終わってから市へ報告したということでありますので、それがたまたま遅くなったと、時間が遅かったと、遅くなったというよりも遅かったということでございます。



◆7番(タナカ・キン君) 私、この問題については、担当の職員の方、本当に私の顔を見るのも嫌なぐらい、もう今までもいろいろお話は伺っております。設計監理者に連絡したということでありますけれども、留守だったということも聞いております。じゃなぜ留守なのに、留守であれば、やっぱり燕市になぜ連絡できなかったのか、そのことについて再度確認したいと思います。



◎総務部長(田中勝美君) 先ほど申し上げましたように、まず安全対策が重要と思ってやったことだと思います。



◆7番(タナカ・キン君) いや、私が聞いているのはそういうことじゃないです。安全対策は当たり前ですけれども、火が出たなら、まずは消すのが大事ですけれども、お金を出すのは燕市なわけでしょう。工事をお願いしたのは燕ですから、そこにまず私は連絡を第一報入れるというのは、設計監理者と同時にやっぱり入れるのが筋だと思いますし、燕市ではこういうときに、緊急対応時に、要するに燕市のほうには直接連絡をしなくていいということになっているのかお聞きいたします。



◎総務部長(田中勝美君) こういう通常の工事については、当然監督員がいるわけでございます。こういう建築業につきましては、職員はなかなかそういう点では詳しい知識もないことも含めた中で、設計監理業者のほうへそういう管理部分含めてお願いしているのが実態でございます。そんな中では、どうして遅かったのかというのは業者でありませんので、ちょっと今私が考えることはできませんけども、言えませんけども、やはりまずはそういう工事現場において、安全対策を一番ということでやったことだと考えております。



◆7番(タナカ・キン君) じゃ翌25日に立ち会った人、先ほど市の職員とか言いましたけど、立ち会った担当課及び県の何々というんであれば、それとまた設計監理者も立ち会ったのかお聞きいたします。



◎総務部長(田中勝美君) 三条の環境センター、それに消防署、うちの防災課、それから営繕建築課でございます。



◆7番(タナカ・キン君) ということは、ここにも設計監理者がいないじゃないですか。だから、何かおかしいですよ。ちょっと違うんじゃないですか。もう一回お願いします。



◎総務部長(田中勝美君) 1つ落ちておりましたが、請負業者がそこに立ち会っておりまして、私が今いただいている中にはちょっとそれが落ちているようでございます。



◆7番(タナカ・キン君) だから、そういうことなんです。何か起こったときに設計監理者、設計監理者というのはマルタですか、それをお聞きいたします。



◎総務部長(田中勝美君) 請負業者でございます。



◆7番(タナカ・キン君) それおかしいですよね。マルタ建設が、じゃ例えばそこで作業していて、事故のあった後に設計監理者に電話連絡を入れたんだけれども、留守だったというふうに私聞いているんですけども、それじゃおかしいじゃないですか。じゃ例えば作業していたのはマルタじゃないということですか。



◎総務部長(田中勝美君) いや、請負者でございます。



◆7番(タナカ・キン君) 請負者と設計監理者は同じということですか。



◎総務部長(田中勝美君) 請負者は請負者でございまして、作業をされる方でございます。



◆7番(タナカ・キン君) ということは、私、以前話を聞いているんですけども、とりあえず事故当時、そこにはマルタ建設の現場監督も当然いるわけですから、設計監理者に電話をしたということは、これうそだったということですか、お聞きします。



◎総務部長(田中勝美君) 電話はしてございます。



◆7番(タナカ・キン君) だから、その設計監理者が立ち会っていないというんだから、翌日に、ちょっとおかしいですよね。

  次に移りますけれども、これが重油タンクの写真です。大きい穴があいていますね、ここに。それで、こんな大きい穴があいていて、外からの写真はあるんです。ところが、先ほども言っていますけども、原因が内部の砂に水と油でもって、これが出たと言っているんですけども、内部の写真というのを撮影しなかったのかどうか確認いたします。



◎総務部長(田中勝美君) その写真はございませんでした。



◆7番(タナカ・キン君) それでもおかしいですて。その翌25日にそこに立ち会っているのは消防と防災課、それから生活環境課、営繕建築課、それから三条の地域振興局の環境センターの職員ですけれども、それでみんながデジカメ持っていっているわけですから、原因だと言っている内部の写真、この中に手が入りますよ。なぜ写真を、だから撮らないのか。

  そして、もう一つ、現場検証を行っていないということなんだけれども、現場検証をなぜ行わなかったのかという理由もお聞きします。



◎総務部長(田中勝美君) そのタンクは、一応廃止をされたということで、砂で埋まっておったというふうに聞いておるわけであります。業者間のルールの中では、そういうものについては、もうその機能が廃止されておって、いわゆる家庭にすれば浄化槽を廃止したときについては、そこで砂を埋めて、もう廃止になっているんだよという形であるわけでございますんで、その中ではその中にあったとは考えづらい。そのタンクの中にあったとは考えづらい。それでやっても、そこには別に油というのはちょっと考えづらいんです。砂でいわゆる埋め戻されているわけでありますんで。ただ、写真がないわけでありますんで、その点については少し落ち度があったのかなと思っております。



◆7番(タナカ・キン君) それは、もう最初から私が言っているじゃないですか。考えられない。では、重油は一体どこにあったのか、その原因を解明しなければ、また同じようなことが起こるじゃないですか。これから旧燕庁舎は、今年度解体するんでしょう。重油タンクがあるはずだと思いますけれども。私が聞いているのは、なぜ現場検証を行わないのかというのをお聞きしているんです。



◎総務部長(田中勝美君) 翌日、県を含めて立ち会いをさせていただきまして、ほかのところへの二次災害的な部分がないということで判断したもんでございますので、基本的にはその処理をさせていただいたということでございます。



◆7番(タナカ・キン君) 市長にお聞きいたします。

  今ほども現場検証を、だからやっていないですよ。そういうような処置の仕方を適切だと思うかどうか答えてください。



◎副市長(南波瑞夫君) 関係者は、その場面では重油対策、流出した重油か石油かわかりませんけども、油の対策というのを優先をさせたと。要するに周辺へ漏れ出るとかといった被害が広がってはいけないということで、そのために関係者、防災課あるいは消防、あるいはまた地域振興局等々集まって、翌日対応を確認をしたということでございます。

  また、原因についても、タンクは当初は砂で埋め戻されているということだったので、恐らくそれにつながるパイプからではないかというふうなことも言われておりまして、これ正確な、タナカ議員おっしゃるとおり、確認がなされておらないというのは事実でございますけれども、そういう中では流出の対応をまずもって優先させたということでございますので、ご理解いただきたいと思います。



◆7番(タナカ・キン君) らちが明かないです。作業中の事故ということですけれども、責任の所在についてお聞きしたいと思いますけれども、この事故を100%とすると、市の責任と業者のマルタ建設のそれぞれの割合をお聞きいたします。



◎総務部長(田中勝美君) その割合というよりも、請負業者には特段その責任はないものと解しております。



◆7番(タナカ・キン君) それは違いますよ。マンホールがあって、その下には何かあるのがわかっていますから、例えば東京都なんかの土木工事なんかでは、不発弾も出てくることありますよ。業者に例えば何もない、そんなあほな話はないです。いいですか、さっきのこれありましたよね。あなたたちも一番最初タンクだと言った。でも、どうやらタンクでもないかもしれないみたいなこと言っているわけです。そうしたときに、市が業者には責任がない、こんなおかしな話は私ないです。

  そして、県の環境センターの職員から適切な処置をするようにと言われていたということなんだけども、具体的な指示はありましたか、お聞きします。



◎総務部長(田中勝美君) 二次感染がないということを確認していただきましたので、それに基づいて含油水、汚泥等を処理させていただいたということでございます。



◆7番(タナカ・キン君) 適切な処置があったかどうか聞いているんですよ。具体的な。



◎総務部長(田中勝美君) ですから、処置につきましては、吸着マット等で対応した中で、その後にいわゆる油を含んだ水、汚泥の処理をさせていただいたということでございます。



◆7番(タナカ・キン君) 水はわかります。しかし、土を107トンも入れかえているんです。いいですか、水の上に、表面に油が浮いている。それを吸着マットで取った。さらに、その水を抜いた。ところが、皆さんはこの水が全部かかっている周りの土を全部入れかえています。これは、この処理は本当に適切だったのか、そこを例えば市民農園か何かにするならわかります。でも、そこは埋めて、そこにまた消防署を建てるという、そういう土地にそこまでやる必要があったのかどうかは私はちょっとわからないんです。そして、事故の処理費が補正予算に計上されていないんだけど、それはどうしてですか。



◎総務部長(田中勝美君) その処理量につきましては、先ほど申し上げました当方で立ち会った課の中で協議して処理をした量でございます。それがそういう数字になったということでございます。予算につきましては、消防庁舎の建築工事に伴う工事請負費の中で対応させていただいたところであります。



◆7番(タナカ・キン君) 市長にお聞きしますけれども、それはおかしいと思うんです。例えば工事費とそういう事故が起きたときの対応の処理費というのは違うと思います、当然。だから、あるいはそういうような処理の仕方というのはないだろうというようなことを職員からも聞いております。それおかしいと思うんですけど、市長、おかしいと思いませんか。



◎副市長(南波瑞夫君) 旧分水庁舎の解体工事の一環の中でございますので、それに伴う予算から執行したと。幸いにして入札請け差があったものですから、その予算の中で執行した。同一の工事の中での同一作業の中での事業ということでございますので、よろしくお願いいたします。



◆7番(タナカ・キン君) 何かすごくだからおかしいですよね。

  それで、請け負ったそのマルタ建設ですけれども、この工事を3,345万円、だから税込みだと3,512万2,500円で請け負っているんですけれども、その後に備品の処理とか、それもマルタのほうに随意契約でもってやっているんですけれども、その金額をお聞きいたします。



◎総務部長(田中勝美君) 約330万円ほどでございます。



◆7番(タナカ・キン君) それで、一番最後にじゃ聞きますけど、最後にというか、総額マルタに幾ら支払ったんですか、お聞きいたします。



◎総務部長(田中勝美君) 申しわけありません。後でご報告させていただきます。



◆7番(タナカ・キン君) いや、後でなんて、およそでいいですよ、だから。先ほど言うたじゃないですか。入札金額は言ったじゃないですか。それに今あなたが備品の処理費として330万円ほどマルタにもう、マルタが仕事しているわけですから、これ1,400万円でしょう。それで、全体で幾らだったのかを聞いているんです。



◎総務部長(田中勝美君) 今330万円につきましては、解体工事の中に含めさせていただいているものでございます。今の議員さんが言われている汚泥の云々とは別でございます。



◆7番(タナカ・キン君) では、最初の入札プラスこの備品の処理費も私、これも入札やればもうちょっと金額は抑えられたと思うんですけれども、なぜ随意契約でやるのか、それについてお聞きします。



◎総務部長(田中勝美君) 当初は、実は不調でございました。その中では、もう最後が決まっておったもんでございますんで、再入札という形でさせていただきました。しかしながら、その備品をやはり有効利用させていただきたいという中で処分が必要になった、その部分を業者のほうにお願いをして契約をさせていただいたということでございます。



◆7番(タナカ・キン君) 先ほども、じゃその入札にかかわる金額とこの1,400万円は違うわけでしょう。今答えられました。であれば、なおのこと解体工事に係る経費の中に1,400万円そこから例えば引っ張ればいいなんていうのは、それちょっとやっぱりおかしいですよ。そうは思いませんか。



◎総務部長(田中勝美君) その件につきましては、先ほど副市長から答弁していただきましたとおり、一連の工事の予算の中で執行させていただいたということでございます。



○議長(齋藤廣吉君) タナカ君に申し上げますが、ただいまの発言は通告の範囲を超えていますので、通告に沿った発言を行うように注意をいたします。市政に対する一般質問ですので、そこからかけ離れないよう注意してください。



◆7番(タナカ・キン君) 私は、分水庁舎解体工事について質問しています。

  それで、その中の解体工事の中に含んでいるわけでしょう、今の330万円というのは。それはあれだと思うんですけども、でももう絶えずそうなんです。私、これでやめようと思ったんですけど、今回、でも全然私理解できないので、これからもまた調べますんで、よろしくお願いします、それについては。

  時間がないので、LEDに行きたいと思いますけれども、LEDのやつは本当に天井があってというふうに言われました、金額が違うこと。じゃ天井を見に行きましたか。お聞きいたします。



◎市民生活部長(田野正法君) 生活環境課の担当職員が現場を確認に行っております。



◆7番(タナカ・キン君) これ実は私、12月定例会に質問しようと思って、情報公開条例を使って資料の請求したんです。大体2週間です。そうしたら、2週間後に、もう一カ月かかると言われたんです。それで、資料の提出が11月29日でした。11月28日が一般質問の通告の締め切りだったんです。うまいこと逃げるなと私思いました。そして、今までもずっと話ししていて、今のことは以前は出てこなかったんですよ。最初のころ。タナカさん、そう言われるけども、これこれになっていて、ちゃんと職員も確認していますなんていうことは一言も言わない。ずっと私にこう言われて、今になって苦し紛れに言っていますけども、であれば、そういう写真を撮らないといけないんですよ、報告書には。この25番は写真が3枚しかないですよね。ほかは本当20枚もあるようなところもあるんですよ。10枚以上あるところざらです。でも、天井がどうのこうのなんていう写真はここないんです。それについてはどうですか。



◎市民生活部長(田野正法君) 3枚の写真の中には、施工前と施工中と施工後という形でもってカラー写真で私ども実績報告のときに提出いただいていますので、職員の現地確認と同時に、その写真で確認できました。



◆7番(タナカ・キン君) だから、さっき1,500枚も資料出してもらったと言ったじゃないですか。私も持っているんです。そこにないと言っているんです。だったら、そういうやっぱり写真をつけて報告書を上げないといけないです。当然ですよね。

  それに、先ほど一番最初にこう言いました。実態かな、実績かな、実績のところで、ちょっとおかしかったんです。昨年の3月に同僚議員がやっぱり質問しましたけれども、その中では取りかえた本数が合計で2,810本とか、175トンの、これ24年度ですけど、削減ができましたと言いましたけれども、先ほど答えた数字は違いますよね。だから、何をしているんだと私思うんだて。あなたたち、仕事ですよ。しかも、通告してあるのに答える答弁ですから、当然その辺のところをきちっとした例えば資料を出していただきたいところなんだけれども、申請時の資料なんだよ、これ。実績じゃなかった。部長、お聞きします。どう思います、そういうことで。



◎市民生活部長(田野正法君) 二酸化炭素削減量につきましては、これはあくまでも実績に基づいた数値を集計したものでございます。



◆7番(タナカ・キン君) だから、去年に同僚議員がやっぱり同じ質問したときには、今回24年度はおよそ175トン答えていますけども、179トンと答えているんです。だから、これから皆さん、本当に仕事に対しては真摯に取り組んでいっていただきたいと私思いますし、今回の質問では、またまたわからないところがたくさん出てきましたので、また次回継続して質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。

  これで終わります。



○議長(齋藤廣吉君) ここで説明員入れかえのため、休憩いたします。

          午前10時25分 休憩

          午前10時39分 再開



○議長(齋藤廣吉君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

  次に、11番、丸山吉朗君に発言を許します。



◆11番(丸山吉朗君) それでは、おはようございます。今日くしくも3月11日ということで、東日本大震災の日に当たります。心からお見舞いとご冥福をお祈りしたいと思っております。また、先回杣木議員の質問中だということの因縁もありまして、今日はあわせて杣木さんのご冥福もお祈りしたいと思いますので、よろしくひとつお願いいたします。

  それでは、議長の許しを得ましたので、質問をさせていただきます。安倍首相によるアベノミクス等が何かと世間を騒がせております。デフレ円高から円安株高に移行しております。私もこれからも続くことを期待している一人です。米国は、資産のうち45%、ヨーロッパは30%、日本は5%が投資に回されていると聞いております。バブル時代の金利は8%前後であったと記憶しております。日本の皆さんは、貯金さえしていれば、お金、資産が増えてまいりました。また、昔から武士は食わねど高ようじといい、日本人はお金に執着しないことを美徳としてまいりました。西行、良寛のようにお金から遠く、清貧に生きた人物を慕う精神風土は、平成の今も健在でありますが、このグローバル化した現在では通用しない面があるのではないでしょうか。個人資産1,500兆円を積極的に投資信託、株式などで投資する時代ではないでしょうか。資産を振り分け、家計もリスク対応力を強くする時代ではないでしょうか。このような成熟社会において、現在の生活水準をどのように維持していくのでしょうか。年々減少する年金生活者もまたしかりです。年金等を考えると、全く不安になると思います。

  私は、子供のころから資産運用、お金がお金を生む方法を教えるべきと考えております。株式投資、投資信託等の知識をある程度教えていく必要があるのではないかと思います。

  政府は、資産運用立国を熱望しております。資本主義からの市場の活性化であります。NISA、いわゆる少額投資非課税制度の税制面から援助しておりますし、まさに貯蓄から投資への時代が来ると私は考えております。また、現在お金が世界をどのように回っており、お金がお金を生む、お金の投資のグローバル化の中に自分たちの理想の生活設計を描くためにも、また老後の先行き不透明な時代、自分のお金と向き合うためにも必要ではないかと思っております。それにつきまして、ある程度の私は子供の力、そういう知識を教えたり覚えたりということもかかわるという関係で必要になってくるのではないかと思っております。市長の施政方針にあるように、燕らしい特徴のある教育の推進のためにも、これらの、そして燕も今英語力が必要ということで一生懸命になっておられますが、私もこれからの時代は英語が最優先にされるべきではないかなと、非常に重要だと思っています。Jack&Betty等も市も力を入れられていますが、現在、未来を生き抜くためにも、英語とお金の知識を、資産運用に対する知識、資産運用、株式投資等に対する教育が必要なのではないかと思っております。

  そこで、質問いたします。まず、1、マネーに対する教育について。マネーに対する教育が必要であり、時間が少ないのではないかと思っております。人も物もマネーもグローバル化されている現在、お金についてどのような教育を指導されておるか。

  2番目、最近いろんな金融商品が、ファンド等が組まれているが、子供たちにはどのようなことを学習させているのか、またどのような学習指導を考えておられるのかお聞かせいただきたいと思います。

  3番目、政府は資産運用立国を熱望しているが、教育面ではどのように対応されているか。

  2番、金融資本市場の活性化は、アベノミクスでは成長戦略の重要テーマの一つであるが、教育関係者はどのような考え方をされているのでしょうか、お聞きします。

  最後に、学習指導要領の理念は生きる力を育むということを明記されています。また、燕市教育ビジョン検討会の中でもキーワードとして多くの委員が生きる力を育むとあるが、生きる力について、どのように指導されているのかをお聞きしたいと思います。

  2番目、指定管理について。私の経営観念から考えると、どうしても疑問が湧いてきます。このままだと、いわゆる第三セクターのほうがまだましなような気がいたします。管理費は市が出し、機材、設備も市が負担、特に交通公園のように設備が壊れれば市が負担して修理する、入園料は指定管理者が受け取る、私は基本的に指定管理に疑問を持つ一人です。

  そこで、質問いたします。指定管理制度は、発足してから何年かたちます。この間、市民からの施設運営に対し、意見や苦情が寄せられていると思うが、それらは集計されて、公表されているのでしょうか。

  2番目、指定管理者の市から指定管理分のみの決算書などはチェックされているのでしょうか。結果についてお考えがあれば、お聞かせ願いたいと思います。事故、けがなどの保険料はもちろん指定管理料の中に入っていると思いますが、保険金額とかそういう面でのチェックもされているのでしょうか。また、事故、けがなどの責任はどのようになっているのか。市民は市が責任者と認識していると思いますが、それはどのように対応していく考えなのかをお聞かせ願いたいと思います。

  また、3番目、指定管理料はどのように決定されているのですか。今までの経費そのままということはないと思うが、市の運営時と比較して金額面では何%ぐらいを想定されているのか、またその際指定管理者側には何%ぐらいの利益を見込んでいるのかをお聞かせ願いたいと思います。

  4番目、これは私の考えですけれども、指定管理よりも私は払い下げを考えたほうがいいのではないかと思っております。燕の駐車場のように、できるものとできないものがあるかと思いますけども、今まで話した中のように、指定管理について非常に疑問を持ったりしていますし、いっそのこと払い下げて、そこから経費はかからないという考え方も一つは必要なのではないかなと思っております。

  3番目、空き家対策についてお尋ねします。私の住まいも横田地区の市街地と同じように、空き家がちらほら見受けられるようになりました。今後間違いなく増える傾向にあると思います。先日の国交省の調査であるが、空き家を所有している人の10%が郵便物のチェックや防犯状況の確認など空き家を管理していないそうでございます。居住地から遠くにあり、管理が難しい、不審者が侵入したり、不審火が起きたりと危惧しているところでございます。そこで、国交省は今春にも賃貸しやすくするなどの空き家解消に向けた指針をまとめる方針であると聞いております。燕市の対策の一つ、50万円の補助金等の対策効果について伺いたいと思います。

  燕市の空き家、土地の実態については、タイミングよく先日資料をいただきましたので、これに対しては答弁は必要ありません。

  2番目、私は空き家対策は燕市全体の活性化、新しいまちづくりのチャンスの一つではないかと思っております。その意味で、空き家、土地の持ち主に対し、固定資産税等十分説明し、また新しいまちづくりのビジョンなどを説明して理解をしていただき、早い話がいただくと、寄附してもらうというふうな対策も提案したいと思いますが、考えてみてはいかがでしょうか。

  これで1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) それでは、丸山議員のご質問にお答えしていきます。

  私のほうからは、大項目3番の(1)の?、空き家の持ち主から寄附を受けていったらどうかというご提案でございます。この点につきまして答弁させていただきまして、それ以外の項目につきましては担当部長のほうからご答弁申し上げます。

  ご質問の空き家の持ち主から土地なり、空き家なりを寄附などをしてもらう、そういう対策を考えてみてはいかがかというご質問でございますけど、実際そういったお話を頂戴することが少しずつ目につくようになってきたかなというふうに感じております。いろいろご事情をお聞きすると、管理されている方が遠方にいらっしゃって、なかなか維持管理するのが大変とか、ご自分で処分するにもどうやったらいいかわからないなど、理由はさまざまなようでございます。

  そういったことで、当市としてはこれまでどういうふうに対応してきたかということを先にお話しさせていただきますと、やはりそういったお話、寄附を受ける、受けないというのは、お申し出いただいた物件が市の財産として有効に活用できるのかどうか、あるいは更地にした段階で引き渡していただけるのかなどなど、やはりその後の市の維持管理とか、いろんな取り壊しの費用がかかるかかからないとか、有効に使えるかどうかというあたりを判断させていただいておるところでございまして、実際にお申し出を受けたという例もありますし、お断りしたという例もございます。基本的には民民の中で相続とか売買とか、そういう形で自然な形で資産が継承されて、有効活用が図られるということが望ましいと考えておるところでございますけれど、ケース・バイ・ケースで個別に当分の間は判断させていただくのかなというふうに思っているところでございます。何でもかんでもというよりは、やっぱりケース・バイ・ケースで有効に使えるか、市にとってそういった市民の方々に有効に活用できるかというあたりを判断基準にさせていただきたいというふうに思っています。

  以上です。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) ご質問1の(1)の?、お金についてどのような指導されているかということについてお答えいたします。

  小学校では、5年生の家庭科で物や金銭の使い方と買い物について学習しています。お金の大切さに気づかせ、計画的な使い方を考えさせるなど、消費者の立場としての学習です。

  中学校では、社会科の公民的分野を中心に、市場の働きと経済について学習します。価格の働きに着目させて、市場経済の基本的な考え方、生産や金融などの仕組みや働きについて学習しています。

  次に、(2)の?、金融商品についてどのような学習をさせているかについてお答えいたします。中学校の社会科、公民的分野では、金融の仕組みや働きを理解させることを狙いとして、家計の貯蓄などが企業の生産活動や人々の生活の資金として円滑に循環するために、金融機関が仲介する関接金融と株式や債券などを発行して直接資金を集める直接金融について学習しております。

  次に、(3)の?についてお答えいたします。義務教育では、学習指導要領にのっとり、市場経済の基本的な考え方を始め、金融などの仕組みや働きを理解させることを狙いとしています。議員ご指摘の政府の方針や施策については、子供たちの理解を深めるために学校においても生きた教材として活用しております。

  次に、(3)?、アベノミクスについてお答えいたします。アベノミクスにつきましては、盛んに報道されていますので、言葉を知っている子供たちも多いと思います。子供たちが政治や経済に一層関心を持つ、よい機会になると考えております。

  次に、(4)の?、生きる力について、どのように指導しているかについてお答えいたします。市教育委員会では、生きる力を育成するため、重要課題である「知」においてわかる授業、楽しい授業を目指し、指導主事が毎月学校訪問をして直接授業を見て指導に当たっております。

  「徳」においては、学校生活が楽しい、挨拶や返事をしっかりしているなどの項目を設けた学校評価を行い、児童生徒の実態を把握するように指導しております。

  「体」においては、1学校1取り組み運動などを通じて、引き続き各学校の実情に応じた体力の向上に努めております。

  また、学校以外でも長善館学習塾を開催するなど、さまざまな体験活動を通して生きる力の育成を図っているところでございます。

  以上です。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私からは、大項目の2番、指定管理についてお答えいたします。

  最初に、指定管理者の施設運営に対する意見や苦情等の集計は行われているかについてであります。施設利用者の意見、要望等につきましては、アンケートの実施及び意見箱の設置により把握に努めておるところでございます。また、寄せられました意見、要望等につきましては、毎年度終了後に指定管理者が市へ提出します事業報告書にまとめられ、利用状況などとあわせて報告されております。

  事故の責任についてでございますが、指定管理者制度は議会の議決をいただきまして、期間を限定して公の施設の管理権限を指定管理者に委ねる制度でございます。しかしながら、施設の設置責任というのは依然として市にございます。このため、事故の責任が施設の瑕疵にある場合、また指定管理者の管理運営に瑕疵がある場合などにより異なってまいります。しかしながら、市としては、適切な損害賠償保険の加入を全ての指定管理者に義務づけておるところでございます。

  次に、指定管理者の管理運営について、決算書などはチェックされているのかについてお答えいたします。先ほどのご質問でお答えいたしましたが、毎年度終了後、指定管理者が市へ提出します事業報告書において、施設の管理運営に係る決算状況も報告することとなっており、施設管理者による内容の確認並びに評価をあわせて実施しております。さらに、地方自治法に基づく監査委員による監査の対象となっていることから、順次受けていく予定となっております。

  続きまして、指定管理料はどのように決定されているかについてであります。毎年度の指定管理料につきましては、予算編成方針にのっとり、また決算状況などを確認した上で予算措置をしております。指定管理期間満了に伴う更新並びに新たに導入する施設におきましては、前年度決算額等を基本とした指定管理料基準額を定め、公募、非公募とも指定管理申請者から提案された指定管理料につきまして、指定管理者選定等委員会の審査を受け、市議会の議決、予算編成を経ました金額が指定管理料となります。削減率についてでございますが、平成25年度の当初予算と比較して、指定管理者の導入前の決算と比較いたしますと、おおむね7.4%の削減率となっております。

  どの程度の利益率というご質問でございますが、施設の形態によりまして、使用料で運営する施設、利用料金制の施設ということで全く異なってくるものというふうに理解しております。

  最後に、各施設等の払い下げあるいは売却は考えられないのかについてお答えいたします。指定管理者制度の運用に当たりましては、行財政改革の視点から、全ての公の施設について、行政としての関与の必要性、存続すべきか廃止すべきか、公の施設として存続する場合の管理主体などについて比較検討を行い、管理のあり方についても検討しておるところでございます。この結果、つばめ第2デイ、第3デイ並びに吉田第2デイサービスセンターの3施設につきましては民間に移管しており、今後も管理のあり方の検証におきまして、民間との競合、施設の管理形態及び採算性などを勘案し、市の関与の必要性がないと認められる施設については、民間への移管を検討してまいりたいと考えております。



◎都市整備部長(伊藤堅一君) それでは、私のほうからは、空き家対策の取り組みに関しての?につきましてお答えを申し上げます。

  燕市の空き家の現状につきましては、先日の議員協議会でもご説明させていただいたように、空き家全てを対象に行った意向調査の回収率約63%の回答におきましては、「ほとんど管理していない」が約9%、「居住地が遠くて管理が難しい」が約16%でございました。

  また、10月から実施をしております空き家の支援事業となります解体撤去費助成事業につきましては、管理不全として認定され、居住地が判明している42棟の空き家の管理義務者に対し、昨年11月、助言・指導書を発しておりまして、結果3件から助成申請がございました。過日、当該空き家の解体、撤去作業が完了したところでございます。追随して、空き家・空き地活用バンクに登録がされております。この支援事業開始が年度途中であり、補正予算で予定していた5棟には至っておりませんが、円滑に管理不全空き家の除却及びその後の活用促進が図られるようになったことは、少なからずとも効果があったものと認識をしております。

  以上でございます。



◆11番(丸山吉朗君) それでは、個々について質問させていただきますが、その前に一問一答方式と一括方式と、私は何か今回の質問に限り、ごっちゃになっていますので、行き過ぎがありましたら、ひとつ議長のほうで制止していただきたいと思います。どこがどこまでなのか、ちょっとよくわからないので、私が頭悪いのかどうかわかりませんけれども、何かちょっと疑問が残っています。

  それでは、質問させていただきます。まず、マネーに対する教育ということの、私はなぜこの質問をしているかということにつきましては、今後日本のあり方として、私は当然この資産運用について考えていかないと、だめな時代が来るのではないかと思っています。

  アメリカにしましても、やはりアメリカの技術を日本がとって、日本の技術、言葉は悪いですけども、中国がとって、中国の次がタイとか、今度はインドネシアとか、これからどんどん、どんどん、衣料品なんかを考えてみれば一番わかるんですけども、である中で、イノベーション的な考え方を、新しいものをつくっていかないと日本の産業は私はなくなるのではないかと思っています。少子高齢化をいろいろ考えていますと、どうしてもやっぱり働く人が減ってきますし、先ほど申しましたように年金等も減っていきますし、その中でどのように収入を得ていくかということの観念からいきますと、どうしてもやっぱり日本人もお金に汚いとかと言っている時代ではなく、アメリカと同じように、やっぱり45%、半分くらいを投資に回していく必要があるんではないかと今考えて、今回の質問に至っているわけでございます。

  そういう観点から1番のマネー教育の指導をということなんですけれども、そういう観念で先生方にしましても、教育関係に関しましても質問を再度したいと思いますので、その辺のお答えをお願いします。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) マネー教育については、これからも学習指導要領にのっとり、市場経済と金融、投資といった資金運用なども含め、経済活動の基礎的内容について指導してまいりたいと考えております。

  また、キャリア教育を通して児童生徒に職業観や働く意義、つまり実社会で生きていくための必要な生きる力の育成にこれからも取り組んでいきたいと考えております。



◆11番(丸山吉朗君) 私は、アベノミクスとか子供も知っているんじゃないかというようなことも言われましたけども、先生方も、教育関係者の方がアベノミクスとはどういう発端というか、どういうことなのかということが本当に理解されていないみたいな気がするんです。この後の問題になりますけども、生きる力ということと同じような感じになるんですけれども、やっぱりそういう意味においては、教育指導要領というようなやつにばかりのっとって、生きた教育がどうもなされていないみたいな気がしていますので、今後の子供たちの将来を考えると、まだ小学校ではちょっと無理かなと思いますけども、中学生ぐらいになったらやっぱりそういうのをどこかで教わって、どこかで覚えたと、何となく覚えたというのが大人になってからも、ああ、こういうことを勉強した覚えがあるなということが投資とかそういうところに、これから自分の生き方の中に私はそういうことがやっぱり認識されていくんじゃないかなと思っていますので、その点どう思いますか。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) 3年生の社会科、先ほどの公民的な分野でそういう経済といった仕組みについて学習しますので、是非今議員さんおっしゃったとおり、そういった充実した授業ができるよう、またこれからも指導していきたいと考えております。



◆11番(丸山吉朗君) 今度は、生きる力ということについてお尋ねします。

  知徳体ということがやはり明記されて、調和のとれた子ということが基本的には私は燕市の目指す子供像ということになるかと思います。この知徳体に関しましては、先々回の定例会でもいろいろなこと言った人がいますけども、これはやっぱりバランスがとれるのが一番いいことなんですけども、私としましては、やっぱりその時代、時代に応じて、どれかがクローズアップされてくるような関係になってくればいいのではないかなと思っています。

  その中で、生きる力を育むということになってきますと、いろいろ先回もそういうことを質問しました中で返ってきておりますけれども、私は生きる力というのは知徳体ということよりも、本当に生活して大人になって生きていくということに関しまして……関しましてじゃなくて、それが一番大事なことなのではないかなと思っています。今の子供も若者も見ていますけども、何となく生きるということに対して非常にひ弱な感じがしていますし、本当に今は成熟した時代になっていますので、親でも何でもお金が欲しければもらえると、割合裕福な時代というか、なっていますので、お金を働くとか稼ぐとか、生きるためにお金が要るということに関しては非常に希薄な感じがしますけども、その点についてどう思いますか。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) 先ほどもちょっとお話ししましたように、市教委では県の新潟っ子プラン、キャリア教育の計画をもとに、各学校がキャリア教育を実際つくって職場体験とか職場訪問とか、そういったところで実社会の厳しさを学習するようなカリキュラムを組んでおりますので、そういったところで今議員さんおっしゃったような不足している部分を補うような教育をしていきたいと考えております。



◆11番(丸山吉朗君) 私も教育はやっぱり30年とか60年とかという周期でないと変わっていかないということをよく耳にしますけれども、確かに教育の内容というか、考え方を変えるには、やはり時代がひとつ要るのではないかなという気がしています。それらを考えますと、私が今回質問したものに関しましては、将来の本当に何十年先の子供というか、日本の生き方というか、日本が世界のうちでどれくらい、どういう役割を果たしていったりとか、生活を考えますと、こういうことも今のうちから私はやっぱり勉強させていっていただきたいと思いますので、今すぐということではないですけども、よくその辺のところはひとつ理解しておいていただきたいというふうに思っております。これは私の意見ですので、答えは要りません。

  次に、指定管理についてでございます。先ほど1番目の意見とかそういうものに関しましては、いいとか悪いとかこういうふうにしてくれとかというのはそんなに質問は、質問というか意見とか、運営に対する意見はなかったんでしょうか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私、今手元に実際の指定管理者から提出されました事業報告書というのを持っておるんですが、いろいろなものがございます。ちなみに、幾つかご紹介させていただきますと、いわゆる苦情というようなところでは、調理室に温度調整つきのオーブンが欲しい、はかりが足りません、それから節電だろうと思いますが、時間によって廊下が暗い、それから職安に来ている人だと思うが、毎日のようにロビーで集会をしているので、何とかしてほしいといったような個別の意見、要望等についても提出されております。あわせまして、指定管理者としての考え方などについても記入していただいて、提出していただいているところでございます。



◆11番(丸山吉朗君) それはわかりました。

  それでは、2番目のところに入りますけども、何か部長の話ですと、いや、予算がどうのこうのということなんですけども、予算がどうの云々ということじゃなくて、要するに指定管理者に提示する場合に、燕市としてはどういう基本的な考えで、どれくらいの経費が今までかかっていたから、どれくらいの経費を節約してやればできるんじゃないかなということを設定して、多分私は入札の価格を決めていられると思うんです。それに対して、どこも会社もみんなそうなんですけども、下請に出したりする場合には、どれくらいの利益がとれるだろうということもあわせて考えながら当然やっていくべきなんですけども、その点がどうも抜けているみたいなんですけども、その点のところをもう少しはっきりちょっと教えていただけないか。その基本というのは何になるかというと、どうしても今現在燕市で費用として計上している分に対してはどれくらいなんだかと、基本的なそれがないと、これからもどんどん、どんどんやっていったりということになると、やっぱり自分たちで想定していく部分があるかと思いますので、その点をちょっとお聞きします。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私どもで最初に指定管理料基準額というのを公募の際に示させていただきます。それは、今議員さんおっしゃるように、過去直営でやっていた際の決算の額を基準としております。あわせて、市として指定管理者に対して、これだけの利用者に対するサービスをしてほしいというサービスの水準を担保させていただく観点から、指定管理料基準額というのを定めさせていただくところでございます。

  一方、指定管理者は、それに基づいて過去の決算額等をもとに積算をして、その指定管理料基準額のあくまでも内輪で申請していただいて、公募であれば金額、それから提案内容に基づいて指定管理者を決めさせていただいておるというところでございます。

  利益の関係が議員さん一番お知りになりたいポイントかと思うんですが、指定管理施設と申し上げても、200万円、300万円の年間の指定管理料であります公民館施設から、今回26年から指定管理に移行する体育施設25施設の2億2,000万円程度の指定管理料と幅広うございまして、一概に申し上げにくい面もございますが、基本として利用料金を採用している施設については、この利用料金、つまり指定管理者の経営努力によって利用者をどれだけ増加させることができるのか、これによって利益率はかなり変わってくると思いますし、また一方で公民館施設やその他使用料で賄っている施設、ほとんど指定管理料で管理運営が行われる施設については、利益率というのはほとんどないといいますか、かなり低いものというふうに理解しております。



◆11番(丸山吉朗君) 今部長の話は、それはそれで私はわかりましたけれども、基本的に市としては、これは言うとまたどうなるかわかりませんけども、業者というか、指定管理者に対して出してやるという考えなのか、してもらっているという考え方なのか、基本的にはどっちをやっていますか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 両方でございます。



◆11番(丸山吉朗君) それはわかりました。

  それで、この払い下げとか売却についてですけども、これはやっぱり私はある意味では、先ほど答弁いただきましたけれども、そういう意味ではそれを本当に私は考えてみる必要があるのではないかなと今思っております。やっぱり複数のやつとかというのは非常にちょっと問題があるかと思いますけども、そういう意味では高い、安いとかいうことじゃなくて、燕市の仲町の駐車場ですか、ああいうふうにやっぱり売却ということもある意味では考えてもらったほうがいいんではないかなというふうに思っていますし、先ほどちょっと戻るみたいで悪いんですけども、交通公園の入園費というんですか、ああいうのも結局やり方によっては物すごく利益が上がる方法もあるわけですし、そういうところをまた修理すると。この前のサイクル何とかというのが4,000万円とか4,200万円とかかかるという話を聞いたり、先ほどの保険の責任とかそういうふうなことになってきますと、どこがしっかりと、何か市はやっぱりどうしても責任が市にあるということになると、先日の裁判みたいな形になってくると困りますので、そういうところはやっぱりしっかりとやっていっていただきたいと思いますし、払い下げとかこういうものについて、もう一回答弁ひとつ。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 払い下げについてでございますが、基本的には議員さんおっしゃるように、行政としてその公の施設を市が管理運営する必要が果たしてあるのか、いわゆる行政としての関与の必要性というのを真剣に検討する必要があると思います。市の関与の必要性が低い、また民間と競合するような施設、こういったものについては、議員さんおっしゃるように、積極的な払い下げといいますか、民間譲渡を検討していく必要があると考えております。

  また、施設として運営する以上は、先ほど申し上げた施設の設置者としての設置責任がございます。そうしますと、多額の経費がかかる修繕等もやはり市の責任ということもありますので、行財政改革の観点からも今後も積極的に行っていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



◆11番(丸山吉朗君) それでは、指定管理はまだ言いたいことがいっぱいあるんですけども、このくらいでひとつやめておきます。いろいろお願いしたことをひとつよろしくどうぞお願いしたいと思います。

  あとは、空き家対策につきましては、先ほど市長のほうからお話がありましたが、私はケース・バイ・ケースということも非常にあるかと思いますけども、私は今の考えでは、要するに空き家対策、いわゆるチャンスというふうに捉えていただければ、いろんな意味でまちなかに空き地ができるという、仮にそういうことがあれば、そこには雪のけの雪を捨てる場所とか、あるいは皆さんがちょっとお年寄りがそこに寄って、ベンチの2つ3つあれば、何かそこに座って話をする場所とか、避難所も兼ねたりすることもできないわけではないですので、そういうことを空き家を持っておられる方と土地を持っておられる方と、そういうところにやっぱりまちづくりの一環としてまちづくりのビジョンなり、あるいはそのことをよく説明して、寄附をしてもらうというふうに考えていったら、ますます私はやっぱり寄附をしていただく方が増えると思うんです。そう言うと、市のほうとしてはそれを管理するのにまたお金がかかるじゃないかということも言われるかもしれませんけれども、それはそういうことじゃなくて、私はやっぱりそういうふうに寄附してもらうと。固定資産税の関係とかいろんなことを説明してもらうと、この前の新聞なんかを見ていますと、やっぱりもうどうでもいいというか、どうにもならないという人がいっぱいことおられますので、10%ぐらいの人は管理もしないし、何もしないということになるのかもしれませんけれども、私はやっぱりそういう意味でチャンスもあるのではないかなという気がしています。まちづくりの一つのポイントになってくるような気がしますので、ケース・バイ・ケースも結構ですけども、総合的に計画の中に予算をつけて、しっかりとやっていったほうがいいんではないかと思いますんで、その辺、市長、どんなですか。



◎市長(鈴木力君) 先ほど答弁したとおりなんですけれど、これからの時代、そういう話が多くなるということは時代の流れとしてあろうかなと思います。それをチャンスという表現がいいのかどうかあれですけれど、一つの課題なりテーマとして真剣に考えていく必要はあろうかと思いますけれど、やはりついて回るのが、例えば空き家そのものをもらって取り壊す費用までかけてやるのかとか、その後のいろんな更地にして、空き地にした後でも、誰がどういう形で維持管理していくのか、それの経費はイコール市民の税金でもありますから、税金の使い道として納得感がある形になるのかどうかというところを、やっぱりこれは慎重に検討するというのも必要なんだろうと思います。

  全くだめだということではなくて、まさにそういう意味でケース・バイ・ケースで、ここのお話というのは有効に使えるねとか、市民の方々にも納得いただけるねというようなケースについては積極的に取り組みたいと思いますし、ちょっとまだ難しいなというものについては、時期をちょっと先送りするというんでしょうか、お話ちょっとご遠慮させていただくということになろうかと思います。いずれにいたしましても、これからの大きな一つの流れということは十分私も認識しておりますので、当面の間は先ほど申し上げましたような対応をさせていただければというふうに思っています。



◆11番(丸山吉朗君) これは私の意見なんですけれども、やっぱりこだわるわけじゃないんですけども、まちづくりの一環として、こういう空き地がありそうだなとか、寄附していただけそうだなとか、そういうマップみたいなものをこれからつくっていって、これは公表したらまずいかもしれませんけども、そういう中でのまちづくりなりをやっていかないと、全然やっぱりできていかないんではないかと。

            〔何事か呼ぶ者あり〕



◆11番(丸山吉朗君) それはやっぱり、皆さん何か言っていますけども、それはそういうものではなくて、計画というのはそうだと思うんです。だから、市の職員さんは皆さん受け身でしか仕事をしないし、人が来なければ仕事は基本的にはないわけですから、そういうことを交渉とかそういうものをどんどん、どんどん頭を使ってひとつ勉強してもらって、そういう計画をつくって企画をして、こういうふうにやっていくというのがやっぱり私はある程度必要なのではないかなと思っていますので、その点ひとつよろしくお願いします。

  これで質問を終わりにいたします。ありがとうございました。答弁要りません。



○議長(齋藤廣吉君) ここで説明員入れかえのため、休憩いたします。

          午前11時29分 休憩

          午後 0時59分 再開



○議長(齋藤廣吉君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

  次に、6番、山?雅男君に発言を許します。



◆6番(山?雅男君) それでは、一般質問させていただきたいと思います。

  質問に先立ちまして、3年前の東日本大震災に被災された皆様に対して、衷心より哀悼の意を表したいと思います。

  それでは、平成26年第1回定例会一般質問、通告に沿って4項目にわたり質問をさせていただきたいと思います。最初に、大項目の高速バス乗り場駐車場整備について、中項目の三条燕インターチェンジ駐車場整備についてであります。三条燕インターチェンジ付近に高速バスの停留所が設置され、自家用車から高速バスで通勤や買い物、そして県内外へと利用者が増加傾向であります。周辺道路での違法である路上駐車が多い現状であることはご承知のこと。昨年9月定例議会で一般会計補正予算で600万円を計上。三条燕インター高速バス乗り場周辺道路の違法路上駐車解消、道路の利便性確保、地域住民の安全、安心を図るとともに、バス乗り場周辺である井土巻地内にパーク・アンド・バスライドの専用駐車場設置に向けて、次のことについて伺いたいと思います。

  ?、高速バス乗り場駐車場整備に向けての現状取り組みと今後の予定について伺いたいと思います。

  ?、三条、燕市境界地域でもある三条燕インターチェンジの立地状況の中での三条市と高速バス乗り場駐車場整備に対して、諸問題等解消に向けて継続的に協議は行われているのかを伺いたいと思います。

  次に、燕市吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ)、中項目のスポーツ振興事業団、ビジョンよしだの基本財産についてであります。旧吉田町において、町民の健康増進と体育の普及、振興事業、スポーツ教室運営、総合型地域スポーツクラブに関する事業を地方公共団体等の所有するレクリエーション体育施設を目的に建設された吉田トレーニングセンター、ビジョンよしだの管理運営を担う財団法人として設立されました。スポーツは、人生をより豊かに、充実したものとするために、人間の身体的、精神的な欲求に応える世界共通文化であり、心身両面に影響を与える文化として、明るく豊かで活力に満ちた社会形成や、心身、健全な発達に必要不可欠なもので、生涯を通してスポーツに親しむことは極めて大きな意義があります。都市化や生活の利便性に起因する、私自身にも言えるが、運動はよいとは理解しつつも、現実には日常の時間等々に追われ、スポーツ、運動から遠く久しい。しかし、仕事中心から生活重視へという市民の意識や価値観が変わりつつある中で、爽快感、達成感や人との連帯感などの精神的充足、喜びをもたらし、さらに体力の向上や精神的ストレス発散、生活習慣病予防等々、心身の両面にわたる健康保持増進にも資するものがあり、生涯にわたり一人一人のライフスタイルや年齢、性別、体力、運動能力、健康状態等々に応じ、誰でも、いつでも、どこでも、いつまでも気軽に親しみ、楽しむ生涯スポーツセンター、ビジョンよしだと捉えているが、次のことについて伺いたいと思います。

  (1)?、平成6年5月11日、旧吉田町時代に財団法人吉田スポーツ振興事業団吉田トレーニングセンター、ビジョンよしだを設立。当時、旧吉田町から事業団の基本財産目的に1億円の寄附経緯と目的について伺いたいと思います。

  ?、平成26年4月1日に一般財団法人吉田スポーツ振興事業団、特定非営利活動法人クラブスポーツバイキングぶんすい、一般財団法人燕市体育協会の3団体が新生一般財団法人燕市体育協会として合併。吉田トレーニングセンター、ビジョンよしだほか24施設を一括して燕市体育協会・ミズノグループが指定管理者として管理運営を行う予定。基本財産である定期預金1億円の今後の方向性と運用について伺う。

  (2)?、本市のスポーツ人口の実態と課題について伺いたいと思います。

  次に、大項目、農業問題についてで、中項目、遊休・荒廃農地の拡大抑制対応策についてであります。減反政策は、功罪を問われながら、四十有余年にも及ぶ長い期間での生産調整、減反を国は2018年度に廃止を掲げ、現行の補助金を見直すという。減反見直しが提起されてわずか1カ月程度での結論である。米農業の近未来像は明確になったのか。その実現に向けて施策は整えられたのか。いつもながらの猫の目農政であり、目標は捉えにくく、いずれも疑問と言わざるを得ない感が否めないのであります。主食用の米が供給過剰にならないよう、減反協力農家に水田10アール当たり1万5,000円を支給する定額補助金を来年度から半額の7,500円に引き下げ、2018年度をめどに減反廃止とともに配分を終了する予定である。国は10年後、主に大規模経営体から全農地の8割を担い、農家所得を倍増させる目標を掲げたが、机上での論議であり、末端での一生産農家の一人として冷ややかに感じられ、現状は非常に厳しいものと思われます。

  農業従事者の60%が65歳以上で、40代以下が10%と世代間のアンバランスが極端過ぎる。特に稲作農家は高齢化が進み、平均年齢は69.9歳で、約70歳であるとも言われております。農業情勢が不安定の中での後継者難で、耕作放棄地が広がりを見せ、担い手育成が以前にも増して急務であります。米は消費が減ったとはいえ、主食であることには変わりはありません。国の調整なしに供給量と価格の安定をどう保っていくか懸念も根強くあるが、減反廃止で生産者の経営判断の自由度を高め、農業の成長産業化を進めたい考えとも受け取られる。10年間のスパンよりも5年後の水田農業の姿が見えてこないが、次のことについて伺う。

  ?、本市が把握しているふさわしくない環境の農地である遊休、荒廃農地をどのように解消に向けて実効ある対策を講じるのか伺う。

  ?、遊休、荒廃農地と思われる農地面積と、手を加えることにより農地として再生利用が可能な面積は3地区別に実態はどうなのかを伺いたいと思います。

  ?、遊休、荒廃農地の現状と問題点をどの程度把握して、農業委員会、関係機関等との調整が行われているのか。また、今後の推進計画について伺う。

  農業情勢についてであります。?、昨今の農業情勢等が厳しい中で、今後より一層に農地を委託したい農家が激増することが予想されるが、受け皿となり得る法人組織と担い手確保の見通しはどうなのかを伺いたいと思います。

  ?、国は2018年度をめどに減反廃止することを掲げたが、将来にわたり本市の農業を維持発展するべきと思うが、今日の農業に対する基本的姿勢と目的達成のために、どのような施策が必要であるのか、また新たな効果的施策も含めて伺いたいと思います。

  次に、大項目の中学校部活動の取り組みについて、中項目の中学校運動部活動のあり方についてであります。国を挙げて招致活動を展開してきた2020年、第32回オリンピック競技大会、第16回パラリンピック競技大会の開催都市に東京都が選ばれ、さまざまな課題山積しているものの、国内は歓喜の輪に包まれたのは記憶に新しいところであります。ソチオリンピックでは、新潟県村上出身のスノーボードのハーフパイプで銀メダルの15歳、平野歩夢選手を始め、日本勢の活躍に対して、スポーツの持つ力の大きさは、改めて申し上げるほどではないが、はかり知れない地域社会を活気づけ、元気と勇気、感動を与えてくれております。本市においても全国大会等に出場し、輝かしい成績をおさめていることは承知のとおり、先生方は教育者として本務をこなしながら、生徒たちの部活動をしたいとの願いを受け、それをかなえてあげようと献身的な努力を行っていることと思うが、現場には課題解決しなければならないこともあると思われるが、次のことについて伺いたいと思います。

  ?、平成25年度、生徒数689名の燕中、生徒数711名の吉田中の600名以上の大規模校が2校、生徒数360名の分水中、生徒数236名の小池中、生徒数196名の燕北中と400名以下が3校の合計5校が燕市内にあります。年々本市の生徒数減少傾向の中での部活動の現状と課題について伺う。

  ?、部活動が中学生の心身の発達、教育に果たす役割について、教育委員会の義務教育における部活動の位置づけと認識を伺う。

  ?、部活動の運動部と文化部の加入状況と、どちらにも属していない生徒数はどうなのかを伺いたいと思います。

  1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) それでは、山?議員のご質問にお答えいたします。

  私から、1番の(1)の?、高速バス乗り場の整備の現状と今後につきましてご答弁申し上げます。それ以外の項目につきましては、担当部長のほうからご答弁いたします。

  高速バス乗り場の駐車場整備についてのご質問でございますが、この事業につきましては、国の社会資本整備総合交付金の補助対象として、平成25、26年度の2カ年度事業とした計画でございます。平成25年度は用地測量と駐車場整備の詳細設計に取り組み、終了いたしました。次年度、26年度は地権者2名の方からご協力いただいて、用地を提供していただいた後、平成27年3月末までに駐車場の整備、完成をさせたいという予定でございます。

  以上です。



◎都市整備部長(伊藤堅一君) それでは、私のほうからは、高速バス乗り場駐車場の関係の?、高速バス乗り場駐車場整備に対し、諸問題解決に向け、三条市との継続的な協議は行っているのかということにつきましてお答えをいたします。

  昨年9月、三条市に出向き、懸案でありました路上駐車を放置しておけないことから、燕市では新潟方面高速バス乗り場周辺の駐車場整備を実施すること、台数につきましては50台から60台が整備の精いっぱいであること、三条燕インター周辺全体の路上駐車の解消にはならないため、第2弾としては三条市で検討願いたいことなどをお伝えし、三条市からは今すぐにはできないが、今後検討していきたいという返答をいただいたところでございます。

  いずれにいたしましても、この問題につきましては、両市が路上駐車問題について共通の認識を持ち、関係する警察署など関係機関との連携を図っていくことが最も重要であると考えておるところでございます。

  以上でございます。



◎教育次長(斎藤純郎君) 私から、ご質問の2番の(1)吉田スポーツ振興事業団の基本財産についてお答えをさせていただきます。

  まず、?でございますが、旧吉田町ではビジョンよしだを運営するため財団法人を設立し、財団の基本財産を基金として積み立てたものでございます。当時は、金利が高いこともあり、利息を運用資金とする目的であったとお聞きいたしております。

  次に、?でございますが、吉田スポーツ振興事業団は、市の体育協会と合併する際には、財団を解散し、基本財産を市に返すこととなります。その後の運用につきましては、ビジョンよしだが大規模な改修の時期に来ておりますので、ビジョンよしだの改修も含めて、基本的にはスポーツ振興のために使用することになるものと考えております。

  次に、(2)についてお答えをいたします。まず、市のスポーツ人口でございますが、市に登録されている人数といたしましては、市の体育協会を始め、スポーツ少年団、スポーツ登録団体、総合型スポーツクラブの会員数を合わせて約9,000人になります。

  課題につきましては、平成24年3月にスポーツ推進計画を策定する際に実施した市民アンケートの結果では、本市の成人が週に1日以上スポーツを実施している割合が33.9%にとどまっており、国や県のデータと比較すると低い結果になっております。このため、スポーツの実施率を高めることを課題としており、平成28年度を目指して50%以上を達成目標といたしております。

  以上でございます。



◎農林部長(三富仁君) それでは、3番の(1)遊休・荒廃農地の拡大抑制対応策についてであります。議員ご指摘の遊休、荒廃農地につきましては、農林部で把握しています農地としましては、農作物の不作付地がございます。平成22年度から平成25年度の4年間で不作付地改善計画が提出された農地は、燕地区で93ヘクタール、吉田地区で17ヘクタール、分水地区で48ヘクタール、全体で158ヘクタールとなっております。市といたしましては、不作付地改善に向け、土地所有者に対しまして改善への働きかけを行いましたが、69ヘクタールが未改善農地となっており、耕作放棄地予備軍となるおそれがあることから、農業委員会に情報提供を行い、農業委員会では農地法に基づく農地パトロールの実施や指導、改善に努めていただいておるところでございます。

  今後は、新たに創設される農地中間管理機構の活用の可能性も含めまして、関係機関と協議しながら、改善に向けて努めてまいりたいと考えております。

  次に、3番の(2)農業情勢についてであります。議員ご指摘の農地集積の受け皿となり得る担い手についてですが、現在人・農地プランに記載されている中心となる経営体としては、法人を含み289経営体となっております。国が創設する農地中間管理機構の趣旨を踏まえ、農地の有効利用の継続や農業経営の効率化を進める担い手への農地利用の集積、集約化を推進し、担い手確保に向け努力してまいりたいと考えております。

  また、今日の農業に対する基本姿勢と目的達成のための施策につきましては、国の制度見直し直後であることから、燕市の農業に対する有効性を見きわめるとともに、今後のTPPや米価の動向を見据え、燕市が進める今後の農業政策を行政、生産者団体、農業者が一体となって検討してまいりたいと考えております。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) ご質問4の(1)の?、部活動の現状と課題についてお答えいたします。

  現状では、生徒数の減少や生徒の意識の変化などにより、部活動の適正人数を維持することが困難な場合もあります。このため、各学校では学校規模に見合った部活動の設置数やあり方を常に工夫していく必要があると考えております。

  次に、ご質問4の(1)の?、部活動の位置づけと認識についてお答えいたします。中学校における部活動の意義は、部活動を通してスポーツや文化及び科学等に親しませ、学習意欲の向上や責任感、連帯感等を育んでいくことと認識しております。

  次に、ご質問4の(1)の?、部活動の加入状況についてお答えいたします。現在の所属状況は、運動部が約65%、文化部が約24%、どちらにも所属していない生徒が約11%となっております。

  以上です。



◆6番(山?雅男君) それでは、2回目の質問というか、再質問させていただきたいと思います。

  まず、三条燕インターチェンジ駐車場整備についてであります。これ昨年の全員協議会、また常任委員会等々にも審議された中で、手順の中で取り組まれる予定、段取りになっておりますが、実際にやはりあそこは燕、三条の境界立地区域でもあり、どうしてもそこに違法駐車がされてくる現状でもあります。それをやはり解消、解決に向けてするには、この燕市だけの問題ではなくて、やはり三条からも、たとえ検討、また認識されていると言いながらも、実際に取り組む動きがなされなければ、結果的には、やはりそれを駐車場が仮に燕市のほうで整備されても、こちらにとめる状況になるというのはある程度想定もできますが、今後その辺、決して三条市側のほうにも駐車場敷地がないわけではないように私感じられますが、三条市のほうに別途駐車場整備に向けて、燕市として今後再度三条市との交渉する考え、方向性は見出すことができないものかどうか、その辺を確認をさせてください。



◎都市整備部長(伊藤堅一君) 先ほどお話し申し上げましたように、昨年の9月に出向きましてということをお話し申し上げました。その後、特にこの件については協議を行っておらないというのが実態でありますが、ただ今山?議員さんおっしゃられるように、今回の五十数台の設置で全てが解消されるということは毛頭思っていないわけでございまして、国の交付金を利用でと、まずもって前へ進むということで今回事業に着手をさせていただくということでございまして、状況を見ながら、今後も必要なときには三条市との協議もしくは話しかけをさせていただきたいということには変更はございませんので、よろしくお願いしたいと思います。



◆6番(山?雅男君) 五、六十台、これは前からもそういう数値が出ておりますが、実際に現状では100台ぐらい違法駐車がそこにあると。五、六十台であれば当然あふれているような状態でもあります。それで、五、六十台を駐車整備できるという中で、実際に社会資本整備事業費で国からの交付事業ということでもあり、有料には難しいと。無料的な形でしなければいけないというふうに前にも聞いた記憶がありますけれど、その辺は再度確認させていただきたいと思いますけど、やはり整備事業した場合、無料としての取り組みになるのかどうか、その辺確認させてください。



◎都市整備部長(伊藤堅一君) 今議員ご指摘のように、国の交付金を活用してやる事業でございますので、有料駐車場というふうな名目は、これは国のほうからはできないというふうに伺っております。

  そこで、ただしでございますが、今後詰めていくという内容になりますが、私どもとしては、何とか県のほうと協議なり、また相談を持ちかけながら、維持管理費相当分については何らかの経費負担を利用者からいただこうということで検討をしている最中でございますので、ご理解お願いいたします。



◆6番(山?雅男君) 無料であった場合になると、当然全員協議会、常任委員会等々にも答弁、またその質問等々がありましたが、限られた人の燕市民が専用に利用するということであると、非常に響き、聞こえがいいが、限定された燕市民ということになりますと、やはり私は不公平感があるんじゃないかなと。多少なりとも、今部長が言われたように、県との話し合いの中でどういう状況になるかわかりませんが、維持管理費等々がいただけるものであれば、それを有効にその旨の中で動いていただきたい。そうすることによって、不公平感もある程度解消できるのかなと思っておりますけど、維持管理費といっても、ある程度どれぐらいの数値になるかわかりませんが、その辺、もし数値的にわかるようであれば聞かせていただきたいと思います。



◎都市整備部長(伊藤堅一君) 現状ではちょっと数字がまだ出ていないといいますか、申し上げられないことでございますが、基本的には防犯の意味で照明施設及び今計画では、駐車場というと、今年の場合、雪少ないですが、何らかの形でやっぱり消雪施設というのが必要であろうというふうなことと、あとはどういう管理形態になるか、今詰めている最中でございますが、少なくとも通常考えられる照明とか、そういう光熱水費の関係とか、また時としてフェンスを張りますが、そこの草の処理とか、そういうふうなことが考えられ、想定されますので、そういう項目立てをしながら、維持管理費、年間どのぐらいかかるだろうかと。新しいうちはなかなかかからないにしても、平準化する中での計算をするべきだろうという意見も私どもの協議の中には出ているところでございますので、いずれにしましても通常でいう維持管理費というふうにご認識していただきたいと思います。



◆6番(山?雅男君) 何かわかったようなわからないような、とにかく維持管理費をいただくということで解釈してよろしいんでしょうか。

  それと、整備しても五、六十台と。通年を通した中で100台くらい違法駐車があると。当然40台ぐらいがあふれたような状態で、違法に駐車がされていると。当然その五、六十台が駐車場の整備の中に利用させていただく、その残りの40台がそこに違法に駐車されるということであると、今までそこに駐車しようと思っても、100台ぐらいの違法駐車があることによって、なかなかそこにとめられない。その40台のほかにプラスアルファ的な形で、さらに違法的な駐車車両がそこに根をおろすような形になるんじゃないかなと。そういうことであれば、今の駐車場整備のほかに、まだほかに近隣というか、近くのところにある程度駐車場を確保する目安的な形があるのかどうか、それを解消、解決に向けて取り組むことができるのかどうか、その辺の受けとめ、捉え方を聞かせていただきたいと思います。



◎都市整備部長(伊藤堅一君) まず、前提としてといいますか、これまでの間、何人の方になるかわかりませんが、議員さん方からもいろいろご指摘、ご質問いただきながら、ようやくということだろうというふうに捉えても仕方ないんですが、一歩踏み出せるというふうなことをまずご理解いただきながらでございますが、五十数台というふうなことと、今ご指摘の100台というこの差をどうするんだということでございますが、現状におきまして、開けた地域と燕市の表玄関というふうなこともございまして、現在適切、適当な土地を見出せないということが実態でございますので、先ほどもご答弁申し上げましたが、次は三条市でお願いをしたいということが現状でございます。

  以上でございます。



◆6番(山?雅男君) とにかく違法駐車が一台でもない、また商業立地地域でもあり、また近隣に住宅もあることでもありますので、何とか安全、安心の中で、その地域一帯の解消に向けて整備事業に取り組んでいただきたいと思いますし、是非とも三条市にも再度駐車場、東側にあるような感じがいたしますけれど、時間もかけて、また強くお願いするような方向で持っていっていただきたいなと思っております。

  次に、吉田トレーニングセンターの件に関しまして、定款によりますと、第2章、資産及び会計、基本財産の第5条で、「この法人の目的である事業を行うために不可欠な別表に掲げる」、つまり基本財産である定期預金1億円は、「この法人の基本財産とし、評議員会での決議を要する」と、2項の「基本財産は、この法人の目的を達成するために善良な管理者の注意をもって管理しなければならず、基本財産の一部を処分しようとするとき及び基本財産から除外しようとするときは、あらかじめ理事会及び評議員会の承認を要する」とうたわれておりますが、どのような協議がされたのか、その辺をお聞かせ願えたらと思っております。



◎教育次長(斎藤純郎君) お答えをいたします。

  まず、基本的なことでございますが、平成6年度吉田町一般会計予算書の24節投資及び出資金、説明、財団法人寄附金1億円とございます。この寄附というのは、無償譲与である寄附金ということではなく、財団法人の設立行為としての基本財産をつくるための寄附行為、いわゆる市から見ますと出捐金ということでございまして、解散の際には市へお返しいただくということでございます。この点を基本的に確認をお願いを申し上げたいというところでございます。その点につきましては、財団法人のほうからお話をいただきまして、市のほうへお返しをいただくということで合意ができているものと考えております。



◆6番(山?雅男君) 平成24年度の収支決算書の収入の部で、事業収入が5,596万2,000円、その他収入でも6,797万1,000円の収入合計で1億2,393万3,000円、支出の部で一般管理費が7,728万2,000円、修繕費が348万3,000円、光熱水費が3,955万9,000円、租税公課が315万2,000円の支出合計が1億2,347万7,000円、次期繰り越し収支差額が43万7,000円というふうに収支決算がありますが、それで私のほうに評議員、また理事、またさらにそこを利用されている、特に吉田地域の人たちからいろんな声が聞こえております。よりビジョンよしだを安定して収入を伸ばすには、また市民の方から、より多くの皆さんが利用していただくためには、やはりこの1億円、子供、高齢者の利用促進で一日中利用可能に持っていくように、そうするにはやはり今の風呂の改造、水泳教室の充実、スポーツジムの機械の増加、トランポリンを配置して幼少時代からの活用でバランス感覚を養い、育成にも効果があると。そして、多くの人から来ていただくために、対外的なときの移動に欠かせない、今マイクロバス等々を使用、また利用される考え持ってもなかなか気がない、またなかなかいろいろの不便さがあると。そういったようなことを含めて、マイクロバスを何とか基金の1億円から購入することも有効利用として考えるべきではないかというふうな声を聞かせていただいておりますけど、この辺の考え、捉え方というのはどういうふうに受けとめればよろしいんでしょうか。



◎教育次長(斎藤純郎君) 今月の末には財団のほうからお返しをいただくために、おいでをいただくことになっております。その際に、今山?議員からお話をいただいたようなことも提案があるのかもしれません。まだ私どものほうには提案をいただいておりませんので、検討をさせていただきたいと思います。

  先ほどもお話を申し上げましたけれども、ビジョンよしだが大規模な改修の時期に来ております。そちらは基本財産である1億円以上かかる大規模な改修になると思われます。それらのビジョンよしだの改修も含めまして、基本的にはスポーツ振興のために使用させていただくことになると思いますので、よろしくお願いいたします。



◆6番(山?雅男君) 十分評議員会、理事会ともに皆さんが利用しやすい、またその環境に持っていっていただきたいと思いますので、十分いろんな角度、視点でもって話し合いの中で邁進していっていただきたいなと思っております。

  そういった生涯スポーツについてでありますが、特に子供たちの教育、体力の向上、健全育成、そして市民の健康増進、また高齢者の生きがいづくりや介護予防という視点から、地域の連帯意識の醸成やコミュニティの再生等、スポーツが大きな役割を果たすものと思っておりますし、思われます。そのためには、スポーツ団体の指導者に頼ることがやはり今までも、またさらに今後とも大きいことと言わざるを得ませんが、その指導者の育成、現状での取り組み、また今後指導者に対しての提案的な形、また提言的な形があるようでありましたら、お聞かせ願えたらと思っております。



◎教育次長(斎藤純郎君) お答えをいたします。

  先ほども山?議員さんからお話をいただきました平成26年度から燕市体育協会・ミズノグループによる体育施設の指定管理を実施をさせていただくことになります。体育協会では、3地区に整備された総合型スポーツクラブを核に、市民の皆様が身近な地域で気軽にスポーツに親しめる、そういう環境づくりに努めてまいりたいと考えているところでございます。

  ご指摘の指導者の関係につきましても、市といたしましても指導者講習会を開くなど、適切に対応をさせていただきたいと思いますし、また指導者の皆様のご協力なしにはスポーツ振興がかなわないわけでございますので、ご協力をいただけるように、力を合わせてまいりたいと考えております。



◆6番(山?雅男君) それでは、農業問題に行きたいと思います。

  今後、意欲ある農家、自己完結型ですけれど、あるいは法人生産組織に農地集積、集約化がどんどん進む可能性が今日増えてくるものと思っております。現実にうちの身近なところにもそういった方向、意向に進んでいるのも事実でもあります。

  その中で、やはり生産組織、また自己完結型の大規模農家、ある程度圃場の立地条件、ある程度3,000平方メートル、またその土地条件のぬがるという心配のない、本当に好条件なところは、ある程度それは容易に受け入れが可能かと思いますけれど、その中に委託される農家にやっぱりいろんないい条件のところばかりの圃場ではありません。やはり集落に近いところ、またある程度中山間地、またその端のほうにある悪条件的な形、特にある程度の耕作面積を持っている方は大型化しております。大型化していると、当然小さな田んぼ、またぬかるむような田んぼは敬遠されやすいです。そういったところが私もある程度調べさせてもらったら、結構面積が出ているなと。この辺、同じ集団、また農地集積に向かって、行政であり、またJA、農協関係であろうと、その委託を受ける、また委託を提供する、出す、また受け入れる、その辺のある程度の話し合いが十分なされないと、結果的には近隣に耕作されている人たちに迷惑をかける。病虫害の温床、また荒れ放題的な形、こういったようなことをなくす方向にいかなければいけない。現実に、今どのような状況として行政は受けとめているのか、またその辺の課題的な形をどう解消に向けていくのか、聞かせていただきたいと思います。



◎農林部長(三富仁君) 議員ご指摘のように、農地の集積が進む過程で、耕作条件の悪い農地が放置され、不作付状態になってしまい、隣地に迷惑をかけるという可能性は感じております。農地流動化の中間受け皿となっております農地利用集積円滑化団体である農業団体には、注意や指導をいただくよう連携を図っているところでございます。基本的には、しっかりした担い手に受け取ってもらえるようお願いしているところでございます。



◆6番(山?雅男君) 注意、指導、しっかりとした担い手の育成、しかし現実にはこういうふうに問題を抱えていると。また、そこに困っている人も実際にいるということは、やはりこの辺もある程度農地集積、また担い手にお願いするからには、こういったような諸条件があるけど、何とか周りに迷惑かけないように作付をお願いしたいと。仮にできないのであれば、その委託者の話し合いの中で、これは機械がなかなか入ることができないと。お互いにここを維持管理体制で協力、協調性をもって取り組むことができないかと。ある程度いろんなことを想定した中で、周りに迷惑かけないような環境を整えてやる方向に持っていくべきではないかなと思っておす。再度お願いします。



◎農林部長(三富仁君) 良質米の生産につきましては、隣接農地に迷惑をかけないということが大切でありまして、農業者の自覚はもとより、農家組合や地域農区での連帯感が非常に大切になってくるものと考えております。

  以上であります。



◆6番(山?雅男君) 何となくうちも一生産農家として自問自答しながら的なところもありますが、昨年秋、米収穫前に地元生産者、また同僚議員、農林部長、農政課長、農業委員会事務局長と荒れた農地、管理のずさんな圃場を現地確認をさせていただきましたね。あまりにも身勝手でひど過ぎる維持管理であったというのは皆さんそれぞれ感じられたことと思います。これも近隣地権者に迷惑がかかっている、そういったような声も私のところまで届いていると。これも解消に向けて、恐らく皆さんは指導される立場であるから、協議も十分されて、解消に向けて取り組んでいられると思いますけれど、その辺をお聞かせ願えたらと思っております。



◎農林部長(三富仁君) 先ほども申し上げましたとおり、農家の自覚、それから地域の連帯感、これが非常に重要であると思っております。ご指摘の地域につきましては、地元農業委員さんが先頭になって農家組合と連携して、解決に向け動き出していると聞いております。



◆6番(山?雅男君) 聞いているだけであって、一応またその後も追跡調査ではないけれど、ある程度1年間を通した中で現地圃場をしっかりと、今言った部課長、事務局長は知っておられますので、確認がてらに足を運んで見ていただきたいことを要望しておきます。

  それと、中学校の部活動に関しましては、特に今までは小学校のクラブ活動、さらにスポーツ少年団等々に自分が取り組みたい、野球であろうと、バドミントンであろうと、等々のスポーツ関係、そこに取り組む。しかし、それが小学校を終えて中学に入ると、当然自分も小学校時代、またスポーツ少年団等々に長年かかわったスポーツにやっぱり関連してクラブ活動に取り組みたいと。しかしながら、やっぱりこれは学校だけの問題ではないけれど、少子高齢化の中で各中学校関係、規模数によって、どうしても取り組みたいと思っても顧問、指導者、また生徒数がいない中で休廃部を余儀なくされるような形になる。それでは、やはりそういったような子供たちが意欲を持って、中学になったらこの運動部入りたいんだと、入って、より効果的な力を発揮して3年間取り組みたいんだというような気持ちもあるかと思います。また、さらに燕大賞ではないけれど、ああいうふうな有能な選手が輩出されている。こういう子供たちに大いに、やはり指導して、よいところを引き伸ばしてやっていただきたい。

  さらに、ある程度限られた部活動に入ることによって、そこにやはり1年、2年、3年という義務教育の3カ年に一生懸命部活動に取り組む体制づくりをしていただきたい。ある程度そういったような能力のところにだけ目を向けるのではなくて、そういう長年、3カ年そのクラブ活動に属することも大変将来的にも意義も重要なところもあるかと思いますけれど、その辺の受けとめ方、また今後の考えがありましたら聞かせていただきたいと思います。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) ただいまのご意見、いろいろありがとうございました。各中学校長を通じまして、子供たちが3年間、思い出に残り、そしてやってよかったと思えるような部活動になるよう、これからも努力していきたいと思っております。よろしくお願いいたします。



◆6番(山?雅男君) 以上をもちまして終わらせていただきます。



○議長(齋藤廣吉君) ここで説明員入れかえのため、休憩いたします。

          午後 1時48分 休憩

          午後 2時04分 再開



○議長(齋藤廣吉君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

  次に、13番、齋藤紀美江君に発言を許します。



◆13番(齋藤紀美江君) 2011年3月11日、3年前の本日、東日本大震災が起きました。被災された人たちに心より哀悼の意をあらわしたいと思います。3年たった今でも被災地の復旧、復興は進んでいないようで、今日の新聞には77%の人たちが復興が進んでいないと回答していると報道がありました。なかなか進まない復興の中で、避難が長期化し、震災関連死が3,000人を超えたということも報道されておりました。自然災害は人知を超えて発生しますが、災害発生時、市民の命と財産を守り、被害を最小限に防ぐためにも、防災対策の重要性を強く思うところです。

  それでは、通告に基づきまして、一般質問をいたします。まず最初に、防災対策についてです。これまでにも何回か防災に関しては質問をさせていただいております。災害の形や規模、地域の違い、役割や性差、障がいのあるなし、年齢などさまざまな条件で課題があるものと思っていますので、よろしくお願いをいたします。そのさまざまな課題を浮かび上がらせるためにも、いろんな形での防災訓練が大事だと思っています。以前にも申しましたが、災害が発生したときに役に立つのは、訓練等で体験したことだと災害体験者の報告にあります。東日本大震災時の釜石の奇跡と言われているところも、日ごろの訓練や先人の言い伝えにプラスして、子供にしっかりと伝え、教育によるものだと言われています。いかに防災の意識、災害に対しての意識啓発、教育、訓練が大事かということのあかしだと思います。市民の意識を高め、継続していくためには、やはり行政の率先行動が求められるのではないでしょうか。自主防災組織の組織率を高めるための努力をされ、まちづくり協議会や自治会等でも防災訓練はされていますし、これまでにも燕、吉田、分水のそれぞれの地域での訓練はされていますけれども、やはり他団体との連携による総合防災訓練もしておく必要があるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

  次に、避難所の整備及び避難者対応についてお尋ねをします。災害発生時には、長期、短期にかかわらず、市民の生活の場となる避難所は命を守るとりでともなります。安心と安全が求められるわけですが、これまでの災害事例で出ている課題がその都度出てくる状況があります。運営上の問題、ハード面での問題など、避難所運営の図上訓練もされているようですけれども、課題は見えているのでしょうか。また、今現在の取り組み状況をお聞かせください。

  そして、今までの災害発生時、障がい児や障がい者の人たちやその家族は、避難所に入ると迷惑をかけるという思いから、車の中で暮らしているという事例がたくさんありました。その人たちが安心して避難できる場所が必要ではないかと思っていますが、いかがでしょうか、お考えをお聞かせください。

  また、この前自主防災組織の防災リーダーの活動報告がつばめホールでありましたが、それぞれ課題があるとの報告がされていました。示された課題解決に向けて、どのように考えておられるのかお聞きします。

  また、避難が長期に及んだとき、そのストレスからさまざまな課題が出てきます。避難所でもそうですが、応急仮設に入ると、なお一層の課題が出てきます。情報の提供やストレスケアなどの体制も重要かと思いますが、どうでしょうか。

  次に、原子力災害への対応についてお聞きします。燕市では、分水渡部地区がUPZ、避難準備区域で、そのほかの全区域がPPA、屋内避難計画区域になっています。原子力災害と水害や地震等の自然災害では避難の仕方も避難場所なども違うのではないかと思います。でも、その違いについての情報の提供がなされていません。情報提供は本当に大事なことだと思っていますが、その情報提供と同時に、原子力災害対応の避難訓練も必要に思いますが、どうでしょうか。原子力災害発生時、市民に対する情報提供等のシミュレーションもしておく必要があると思いますが、どうでしょうか。

  次に、教育委員会にお聞きします。学校現場では、原子力災害のことをどのように伝えておられるのかお聞かせください。

  そして、昼間学校にいるときに災害が発生した場合、児童生徒の引き渡しについてもさまざまな状況判断が必要になると思いますが、どのように考えておられるのかお聞かせください。

  次に、吉田庁舎の利活用についてお聞きをいたします。吉田庁舎の利活用について説明がありました。社会福祉協議会の事務所と子育て支援センターにする、それから学習室、書庫などの説明がありました。市民活動センターにするという話だったように思いますが、具体的なものが見えていません。どういうことなのでしょうか。岡本前企画財政部長は、長岡市と新潟市、見附市の市民活動センターを見てこられたと私にお話をされていたように記憶しておりますけれども、その結果が反映されたのかどうか、市民活動団体が育つような仕組みづくりが必要と再三再四言っておりますが、どうなのでしょうか。

  また、子育て支援センターには期待しているところですが、市民から意見を聞かれたように思っていますけれども、それは反映されているのでしょうか。

  最後に、男女共同参画の取り組みについてお聞きをいたします。安倍首相は、女性の力を最大限に生かす取り組みを進めたいと表明されていて、たしか今回、女性秘書官を起用されましたし、人事院のトップを女性にされたというような報道があったように記憶しています。安倍さんの考え方には同調できない部分がたくさんありますけれども、この女性の力を最大限に生かすという考え方には賛同したいと思います。今まで女性には無理だろう、できないだろうという無意識の差別の中で、チャンスも与えられない、そのために経験も積めないという循環の繰り返しのような気がしています。そのためには、チャンスを与えられたら、そのチャンスに挑戦するという女性側の意識も必要になると思います。女性の社会参画のチャンスを生み出すためにも、男女共同参画条例の制定が必要に思いますが、どうでしょうか。合併時の燕市新市建設計画の登載事業でもあるのに、なかなか進まないようですが、進捗状況はどうなのでしょうか。

  政策や方針の決定過程への女性の参画は本当に大事なことだと思っています。燕市の「男女共同参画社会を目指して」というパンフレットがありますけれども、その中には「男女は対等なパートナーとして責任ある立場に参画しましょう」とありますが、これで男女共同参画は進むとお考えでしょうか。公益的な各種団体に、例えば燕商工会議所や吉田商工会、分水商工会など、類似した団体もそうなんですけれども、その団体に対してどのように意識啓発をされてきているのかお聞かせをいただきたいと思います。

  これで1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) 齋藤紀美江議員のご質問にお答えいたします。

  私からは、1番目、(1)防災訓練の関係につきましてご答弁いたします。それ以外の項目につきましては、担当部長のほうからご答弁いたします。

  燕市でも総合防災訓練に取り組む必要があるのではないかというご質問でございます。議員ご指摘のとおり、本市ではこれまで小学校区単位の自治会、自主防災組織を中心に防災訓練を実施してまいりました。しかし、実際の災害時においては、自治会だけではなく、各種防災関係機関、ボランティアの皆さんとの連携なくして防災対策ということを考えることはできないというふうに思います。より有効な防災訓練を行うには、今後は例えば市内の関係機関のご協力を得て情報伝達の訓練であるとか、要援護者の方々を実際に搬送する訓練の実施であるとか、より多くの関係者のご参加をいただきながら、実践的で総合的な訓練、これが必要だろうというふうに思っております。そういった訓練ができないか、これから前向きに検討していきたいというふうに思っています。



◎総務部長(田中勝美君) ご質問1番の(2)の?の避難所設置の取り組み状況について、ご質問にお答えいたします。

  現在市では、災害時に避難所を円滑に運営するために、新潟大学災害・復興科学研究所の指導のもと、今年度末の完成をめどに避難所運営マニュアルの策定を進めております。昨年10月の市の防災訓練においても、このマニュアルの検証を行うために、避難所運営訓練を行ったところであります。このマニュアルでは、避難所の開設から閉鎖までの具体的な手順を定め、災害発生時に速やかに避難所を開設するとともに、避難者である地域住民の皆さんが市と連携して主体的に避難所運営を行っていけるようにしたいと思っております。同時に、このマニュアルは避難所の混乱を防ぎ、情報が届くためのルールづくりの役目も果たしますので、避難所における安心、安全に一役買うものと考えておるところであります。

  次に、?番目の障がい児、者の避難所対応についてのご質問にお答えをいたします。障がい児、者を含め、妊産婦、乳幼児、要介護者など避難所において特別な配慮が必要な方々については、現時点の計画では、避難所内に個室を割り当てるなど、一般の避難者とは避難スペースを区分できるような対応をしてまいりたいと考えております。今後は、できるだけ早期に関係機関と連携しながら、福祉避難所の指定についても具体化してまいりたいと考えております。

  次に、?番目でございます防災リーダー養成講座の公開講座における課題についてのご質問にお答えいたします。この公開講座のパネルディスカッションにおきまして、パネリストの皆さんから災害時の避難方法、避難所運営、防災意識の啓発など、それぞれの地域で抱える多くの課題をお話ししていただきました。もちろんみずから解決の糸口を見出し、発表していただいた事例については、今後も適切な支援、指導をしてまいりたいと思っております。また、地域の学校や学生との連携、リーダー養成講座修了生の活用方法、ライフラインが途絶した場合を想定した訓練などなど、そのほか指摘された多くの課題については、地域の皆さんと意見を交わしながら、問題解決に取り組んでまいりたいと考えております。

  次に、?番目でございます。避難が長期化した場合についてのご質問についてでございます。まず、情報提供についてでございますが、その避難所ごとに適した情報提供の方法があると考えておりますので、避難所運営マニュアルに基づき、避難所運営委員会において避難住民代表者と担当市職員とで検討し、決定することを想定しております。

  また、ストレスケアについても重要な問題です。市の防災計画でも被災市民の精神的健康状態を迅速かつ的確に把握し、心のケア窓口を設置するとありますが、その上で精神医療やカウンセリングの専門機関等と連携し、ケアを必要とする避難者や職員に対して適切に対応してまいりたいと考えております。

  さらに、避難が長期化し、応急仮設住宅に入居された後も、情報提供、ストレスケアに全力で対応していくことは言うまでもございません。

  次に、(3)の?でございます原子力災害による避難訓練等についてのご質問でございます。さきに公表されました原子力災害時の広域避難に関する県の行動指針(案)及び市の防災計画では、UPZ圏内、いわゆる5キロから30キロ圏でございますけども、においても一定の放射性物質等の観測結果が出るまでは屋内退避を基本とし、必要に応じて避難指示の出された地域が避難を実施するものとされております。燕市のUPZ地域の皆さんへは、その点につきましては説明させていただいてございますし、今後県の広域避難計画が変更されるたびに説明が必要か、その都度判断したいと考えておるところであります。

  原子力災害時の情報提供のシミュレーションや広域避難訓練についてでございますが、市単独での実施は難しく、まずは県主導の訓練の機会を捉えて、原子力災害のイメージを国、県と市町村が共有することから始め、問題点を明らかにした後、初めて各自治体ごとの個別訓練が可能になるのではないかと考えております。

  以上でございます。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) ご質問1番の(4)の?、原子力災害をどのように伝えているのかお答えいたします。

  平成23年9月に、文部科学省から放射線等に関する副読本が各学校に配布されておりますので、学校では副読本をもとに放射線に関する正しい知識を身につけ、児童生徒一人一人がみずから考え、判断し、行動できるようにするよう指導しております。

  また、原子力災害については、避難してきている児童生徒に配慮しながら、小中学校の理科等の授業において、放射線や原子力発電の仕組みについて学習する際に、福島の原発事故についても触れております。

  次に、?、災害時の児童生徒の引き渡しの状況判断についてお答えいたします。東日本大震災の津波で児童と教職員計84名が死亡、行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校の悲劇を教訓に、各学校では毎年学校安全指導計画を見直しております。その中で、学校の立地条件や過去の災害を踏まえて、火災、地震、津波、洪水など多様な場面を想定して、安全に児童生徒を保護者に引き渡すマニュアルを作成しております。大勢の児童生徒の命を預かる学校では、周到な情報収集と危機管理能力が求められますので、日ごろから常に危機意識を持って、冷静に的確な判断ができるよう、教員自身が訓練を行っております。

  以上です。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私からは、大項目の2番、旧吉田庁舎の利活用についての?並びに大項目の3番、男女共同参画の取り組みについて答弁をさせていただきます。

  最初に、市民活動の拠点についてお答えいたします。旧吉田庁舎の利活用に当たり、新潟市、三条市の市民活動支援センターと見附市の市民交流センターの利用状況、運営方法などについて視察をしてまいりました。視察の主な目的でありました運営方法につきましては、協議会への委託、NPO法人、施設内に事務室を設置しての直営とさまざまでありましたが、燕市では社会福祉協議会への委託という方法をとらせていただきたいと考えております。

  さきの議員協議会で説明いたしましたとおり、市民活動やボランティア、福祉などに関する情報を提供する交流ホールや子育て総合支援センター、多目的ルームなど市民が集える環境の整備を行い、その運用の中で施設の管理運営を任せられるなど、市民活動の中心的な役割を担える市民活動団体が育つ仕組みづくりのため、交流ホールを運営する社会福祉協議会や関係団体と協議を重ねていきたいと考えております。

  次に、男女共同参画条例の制定についてお答えいたします。議員ご指摘のとおり、合併前の平成17年2月に策定された新市建設計画において、男女共同参画条例の制定が主要プロジェクトとして掲載されておりますが、主要プロジェクトは合併時点においても確定したものではなく、合併後の各年度の予算編成等を通じて具体化されることとなっております。

  国の法律であります男女共同参画社会基本法において、市は男女共同参画社会の形成の促進に関する施策についての基本的な計画である市町村男女共同参画計画を定めるよう努めなければならないとされておりますことから、合併初年度の平成18年度に燕市男女共同参画推進プランを策定し、その後、平成23年度に第2次のプランを策定し、プランに掲げられた施策や事業の実現に重点を置きながら、男女共同参画に向けた環境づくりを推進してまいりました。今後は、さらに男女共同参画を推進するため、条例の制定に向けて検討を始めたいと考えております。

  最後に、男女共同参画の推進に向けての意識啓発についてお答えいたします。議員ご指摘のとおり、市といたしましても政策や方針決定過程への女性の参画は極めて重要であると考えております。市では、第2次男女共同参画推進プランの中の基本目標の一つに、男女共同参画社会を目指す意識づくりを掲げており、市民への意識啓発を事業の柱に据えておりますことから、講演会や講座などの機会を捉えて意識啓発のパンフレットを配布し、市民への情報提供に努めているところでございます。

  また、樋浦議員のご質問にもお答えしたとおり、各種審議会等における女性登用率につきましても、平成26年1月31日現在で燕市は31.9%となっており、同規模の市と比較いたしましても決して低いものではございません。市といたしましては、今後ハッピー・パートナー企業の登録に力を入れて取り組み、事業所や団体に向けて意識啓発を行ってまいりたいと考えております。



◎教育次長(金子彰男君) 私のほうからは、大項目の2番、旧吉田庁舎の利活用の中の?になります子育て支援センターへの市民の皆さんの意見の反映についてというご質問でございます。今回、子育て支援センターの設計に当たりましては、事前に市内の支援団体の方々から旧吉田庁舎の現場を見ていただいております。その後、要望をお聞きいたしまして、可能な限りでございますが、その意見を反映させていただいております。まず、子育て支援センターとしての活動スペースのほかに、支援団体が自由に活動できるスペースを整備させていただきます。また、講座や実習で使用できる少人数用ではございますが、調理室のほか、飲食できる場所、畳スペース、また十分な収納スペースが欲しいというお話も承っております。また、使用する内装材に対しましても配慮させていただく予定でございますので、よろしくお願いいたします。



◆13番(齋藤紀美江君) それでは、順次に質問に入らさせていただきます。

  総合防災訓練の必要性については、市長は前向きに検討していくというふうにご答弁いただきましたので、是非そのように取り組んでいただきたいなと思います。旧燕市じゃなくて18年のときでしたか、最後に総合防災訓練というのが大関小学校区を対象にして行われまして、バイク隊とか郵便局さんとか日赤、それから東北電力、その他いろいろな諸団体と協働して訓練が行われたということを記憶しております。やはりいざというときに協力体制を持つ団体と連携をした訓練というのはやっておく必要があるのではないかなというふうに思っておりますので、是非検討を進めていただきたいと思います。

  次、避難所の整備についてですけれども、避難場所における設備等の整備にはというところで、防災計画の中で書かれているわけですけれど、そのところでいろんな設備を整備するというふうにも書かれているんですけれど、そこのところで要は洋式トイレが必要だというところがあるんです。この前の自主防災リーダーの課題の中でも、避難場所に洋式トイレがない、障がい者専用トイレがないということで課題提起をされていられたところがありました。そこは、この前の避難訓練の場所であった小池小学校の体育館に洋式トイレがなくて、お年寄りが「どこへ行ったらいいでしょうか」と言って戸惑っていられたことも現実にありました。体育館というのは避難場所になる確実性の高いところですので、是非洋式トイレというところは考えていくべきではないかと思います。体育館に洋式トイレがない小学校、中学校、合わせて8校あるんでしょうか、そこのところで洋式トイレの改善についてどういうふうに考えておられるのかお聞きしたいと思います。



◎教育次長(斎藤純郎君) 議員さんご指摘の小池小学校には、確かに校舎のほうには障がい者専用のトイレはございますが、体育館には障がい者専用トイレはございません。他にもご指摘のとおり、小学校25校中、先ほどのデータに基づきまして、障がい者用のトイレがないということでございますが、今後の改修計画に沿って順次整備を進めてまいりたいと考えているところでございますし、今までも大規模改修等、改修の際に障がい者専用トイレを設置してきておりますので、よろしくお願いいたします。



◆13番(齋藤紀美江君) そのトイレの関係で、以前私、小池中学のことをお話ししたことがありますよね。職員用トイレと、それから体育館のところのトイレ、どちらも洋式トイレがないというところで、これは早急に改修をするべきじゃないかという質問をさせていただいたんですけれども、その辺はどうお考えでしょうか。



◎教育次長(斎藤純郎君) ご指摘の中学校に関しましては、小池中学校を除きまして、障がい者専用トイレというのは設置をさせていただいております。小池中学校につきましては、今般、平成26年度の予算で計上させていただいておりますけれども、特別教室棟の改修等、これから順次、大分老朽化がきておりますので、改修の計画がございます。それらも含めまして検討させていただきたいと考えております。



◆13番(齋藤紀美江君) それでは、その辺はよろしくやっていただきたいなというふうに思います。災害はいつ起きるかわかりませんので、整備ということは早目にやっていただきたいなと思います。

  それから、先ほど避難所運営訓練を実施したと、避難所運営マニュアルの作成を進めていて、それに基づいた避難所運営訓練をやったということなんですけれども、その運営訓練に参加したのは男性、女性、どのような比率だったでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 今回は自治会の皆さんから6名、そして職員から2名出ておりまして、全員男性でございました。



◆13番(齋藤紀美江君) 私、以前にも申したんですけれども、運営に男性だけがいるというところで、いろんな弊害が出ているということを申し上げました。それは、女性の視点がなかなか入れられなくて、いろんな差別が起こっていたということなんです。そういう中で、この前の東日本大震災を検証された大学の先生が、その研修のときにこういうふうにおっしゃっておられました。避難所いろいろ調査されたときに、男性だけがその運営にかかわっている場合、女性が本当に苦労していたと。そういうところで、やっぱり運営者の中に女性を入れるべきだということをおっしゃっておられました。それは、避難所の運営でどういう訓練されていたか、おおよそ想像はつくんですけれども、その中で例えば仮設トイレがどこにあるとか、どういう人はどういう部屋にというような、支援物資はどこに入れる、本部はどこに置くというような、例えばそういう訓練だと思うんですけれども、実際的な運営をすることになりますと、例えば仮設トイレを誰が掃除するのか、部屋を誰が掃除するのか、炊き出しを誰がするのか、それから洗濯は誰がやるのか、子供を誰が見るのか、お年寄りを誰が見るのかということになりますと、全て女性のほうにしわ寄せが来るんです。そういったところで、女性がその運営の中にかかわっていると、そういう視点というのが出されて、では男性トイレは男性が掃除しようじゃないかとか、炊き出しも、じゃ男性も一緒にやろうじゃないかとか、ごみ出しは、じゃ男性がやろうじゃないかとか、そういうところで運営がうまくいっているところの避難所があったというふうな報告がなされているんです。そういう部分で、こういう避難所運営訓練をする場合に、やはり私は女性も入れるべきだと思うし、女性の防災リーダーというものも養成をしていくべきだと思いますけれど、どうなんでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 今議員さん言うとおり、当然女性から見たいわゆる視点が、これも大事。男性ばかりいるわけじゃありませんので、当然のことながら、それは大事なことでございます。

  そして、女性に呼びかけろということでございますけども、今回は自治会の代表さんとして出ていただきたいということでございましたんで、特に男性、女性という部分については言わなかった部分がございます。それだけはご理解いただきたいと思いますし、今回の2カ年間やりました養成リーダーの研修会においても女性が数名参画していただいております。これも一つの核として、また底辺の拡大に是非つなげていきたいと考えております。



◆13番(齋藤紀美江君) 私、そういう避難所運営の中では、やはり防災リーダーの共通認識というものを、マニュアルはマニュアルであって、その底辺にある共通認識、どういう意識を持っているかというところが私はすごく大事だろうなというふうに思っているんです。それで、以前「女と男」フォーラムのところで防災に関してのワークショップ等を開いたらどうかという提案をさせていただきましたけれど、それは却下されてしまいましたけれど、今年度三条市は2回に分けて「女と男」フォーラムで防災の研修会をやっています。私は2回目のときに寄せていただきましたけれど、そこのところでやはり女性の視点が大事なんだよというところを参加された女性、女性がほとんどでしたけれども、男性も何人かおられましたけれど、そういう形であれば女性というのは参加しやすいんじゃないかと。そういう女性自身がやはり防災に対して学ぶ機会というものをつくる必要があると私は思っているんですけれど、その辺はどうなんでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 先ほど議員さんも言われましたけども、確かに頭で学ぶことも大事なんでございますけども、やはり訓練、いざというときについては、体で覚えたものがやっぱり一番最優先かな、一番大きいのかなと思っているところでございます。その中では、そういう「女と男」フォーラム、そういう形でできれば、参加しやすいのは間違いないのかなと思っております。



◆13番(齋藤紀美江君) 是非そういうふうな取り組みをしていただきたいなと思います。

  それから、要は災害のリーダー養成のところで、六十何名でしたっけ、最終的な数字は、その中で女性が数名というのはやはり寂しいなというふうに思いますので、是非その辺も積極的に女性に声がけをしていただきたいなというふうに思っていますが、どうでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 女性から出ていただいた地域もあるわけでございますんで、そこはもちろんでございますけども、ほかのところについても積極的に女性から出ていただけるように、また周知のほうを、案内のほうをさせていただきたいと思っています。



◆13番(齋藤紀美江君) ストレスケアとか、なかなか東日本大震災でも孤独死、それから震災関連死、それから自殺なども多いというふうに聞いていますので、その辺の体制もしっかりと考えていただくようにしていただきたいなと思うんですけれども、現実的に今福島から来ておられる方に生活支援相談員1人雇っておられるということなんですけれども、その方たちからのこういう相談事例があったとか、こういうのがあったとかという報告はあるんでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 具体的なのはございませんけども、相談員の方から実際にその人たちといろいろ交流の場をつくっていただいているところであります。



◆13番(齋藤紀美江君) 自分のところのまちが被災したわけではなくて、よそから受け入れた被災者なわけです。そのための対応としては、一生懸命やっていられると私は思っているんですけれども、例えば自分のところが被災をしたという場合に、やはり避難者同士、被災者同士が集まれる通常的な、日常的な場所というのが私は必要だと思っています。今の大震災の場合、よそから避難されてきた人たちに対してもそういう場所を提供しているほかの市町村はたくさんあります。いつでも来れますよ、いつでも来ていいですよ、いつでも来てお茶飲んでいいですよ、話ししていいですよという場所が私は必要だと思っているんです。今の場合は、何月何日、どこで交流会やりますよという方式じゃないですか。そうすると、そのときに都合が悪い人はそこに行けないわけです。だから、そうではなくて、やっぱり日常的にいつでもそこへ行って気持ちを休める、お話ができるという場所の設置が必要かなと思うんですけれど、その辺はどうお考えでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 確かに今は情報収集といいますか、イベント等のご案内を差し上げているのが現状でございます。その中では、少しまたそういうのができるのかどうかを中で検討させていただきたいと思います。



◆13番(齋藤紀美江君) じゃ次に、原子力災害についてお尋ねをいたします。

  燕市の場合は、先ほど言いましたように……

            〔何事か呼ぶ者あり〕



◆13番(齋藤紀美江君) じゃちょっとやめましょうか。続けて言いましょうか。原子力災害は、燕市ではUPZと、30キロ圏外と圏というふうに分かれておりますけれども……



○議長(齋藤廣吉君) 会議の途中ですが、ただいまから休憩いたします。

          午後 2時45分 休憩

          午後 2時47分 再開



○議長(齋藤廣吉君) 休憩を解き、会議を再開いたします。



◆13番(齋藤紀美江君) じゃ次に、原子力災害での質問をさせていただきます。

  燕市は30キロ圏内が渡部地区ですか、そのほかが圏外ということになっておりますけれども、今回の福島の原発の事故では、飯舘村のように40キロの地域であっても全村避難という状況があるわけです。放射線は地形とか、要は風向きによって流れていく方向が違うというところで、渡部地区では2回説明会を開かれたということなんですけれども、やはり私は普通の震災とか自然災害のときと原発の事故とは避難するやり方が全然違いますよね。屋内避難の場合は窓を閉める、換気扇をとめるとか、外から帰ってきたら洋服を全部脱いでビニール袋に入れるとか、手を洗うとか、いろんなやり方が違うと思うんです。でも、そういうことで30キロ圏外だから大丈夫という保証はないわけなので、やはりその辺は私は市民に対して情報の提供をしていくべきじゃないかなというふうに思うんですけれど、その辺はどうでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 当然今言われましたとおり、風向き等によりまして全く逆のことがあるわけです。右から吹いたのが左へ吹くとか何かですね、そんなものを含めまして、どういう方法がいいのか、やはり市民の皆さん方に周知すべきというふうに考えております。



◆13番(齋藤紀美江君) 長岡市や小千谷市などは、あのところは30キロ圏内ですので、みんなパンフレットをつくって配布されていますし、それから長岡市などはホームページで日常の空間線量も公表をされています。その辺でやはり、これが長岡市さんのやつですけれど、これもホームページからダウンロードしました。そういうのをやはり私は情報提供していく必要があるかなというふうに思うんです。

  その辺で、長岡市さんは、また気象の違いというところで、職員を対象に新潟気象台から講師を招いて、風向きとかを始めとして、気象の研修会を開いたりしているんです。職員自体がそういうことがわからないと対応が後手後手になってしまうんじゃないかと私は思うんですけれど、その辺はどうでしょうか。



◎総務部長(田中勝美君) 誰もまだ経験をしていないものでありますから、議員さんの言われるとおりだと思います。



◆13番(齋藤紀美江君) 是非職員研修も積極的に行っていただきたいなというふうに思いますし、原子力防災に関する知識の普及、これは燕市の原子力防災計画でちゃんと書いてあるんです。処理すべき事務及び業務について、住民等に対する原子力防災に関する知識の普及、啓発及び教育訓練に関すること、これをやりますよと書いてあるんです、防災計画の中に。だから、是非それは実施していただきたいなというふうに思います。

  それから、緊急時にモニタリングをやりますよね。その放射線を計測するというのに資格というのは要らないんでしたっけ。



◎総務部長(田中勝美君) 県のほうで測定をしていただけるということでございます。



◆13番(齋藤紀美江君) ちょっと違います。緊急時は県と連携をとりながら市がやるというふうに書いてあったというふうに思いますので、是非その辺はちゃんと情報を収集されて取り組んでいただきたいなというふうに思います。是非こういうパンフレットをつくっていただきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。

  それから、市民活動支援センター、社会福祉協議会に委託をしたということなんですけれども、そもそも社会福祉協議会というのは福祉のほうのボランティアが専門のわけです。そういった中で、市民活動のそういう知識とか経験とか、そういうことが十分にあるかなというのがちょっと私は疑問に思うんですけれど、その辺はどうなんでしょうか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 社会福祉協議会が福祉専門のボランティアとおっしゃられますが、もちろん福祉もやっておられますが、幅広くボランティアの登録、それからあっせん、相談等の支援業務も行っておられるのは議員さんもご承知のとおりかと思います。東日本大震災を契機としまして、国民並びに燕市民も含めてボランティア意識というのは非常に高くなったというふうに考えております。

  平成24年2月、ちょうど2年前ですけど、燕で地域福祉計画策定のためのアンケートを実施いたしました。その結果を見ますと、ボランティアに全く今まで参加したことがないけど、今後参加したいという方が4人に1人いらっしゃるという状況がございます。その一方で、活動したいが、きっかけがつかめないとか、身近に活動グループや仲間がいないとか、要するに自分に合ったボランティアをどこに行けば見つけられるのか、どうすれば自分の時間をボランティアとして有効に使えるのかといったことが私も含めてわからない市民が数多くいらっしゃるということかと思います。したがいまして、社会福祉協議会にお入りいただいて、ボランティア機能、市民の活動範囲を広めるといった機能を強化していただきたいということで、1階の交流ホールのスペースも社会福祉協議会にお願いして、今回広くとらせていただいたといった状況でございます。

  同時に、子育て総合支援センターにつきましても、ファミリーサポートセンターを市内2カ所あるのを1カ所に統合させていただきます。ここのところ依頼会員、提供会員とも頭打ちになっておりますが、これらも積極的に数を増やしていけるというふうに考えております。そうしたことで、議員さんのイメージしておられる市民交流センターであったり市民活動センターとはちょっと異なる、燕市独自の形になろうかと思いますが、一般のまちづくり団体やNPO団体等の情報交換の場、それから3階の展示スペース等を有効に活用いただきながら、市民活動、市民交流を広めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



◆13番(齋藤紀美江君) 市民活動をする場合、例えば市長なんか若者会議に一生懸命でいらっしゃるし、私もそれに期待しているんですけれども、その若者会議の人たちが、自分たちが自立して何か活動したいんだけれども、活動拠点がない。例えば自分たちの事務所の置き場がないというところで今悩んでいられるようなんですけれども、そういった場合、先進的な自治体では、団体のロッカーと、それから郵便物を受け入れる棚等を例えば月500円とか何かで貸し出しをして、そこを事務所の設置場所にしてもいいよというようなやり方をやっていられるところもありますけど、その辺はどうでしょうか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 議員おっしゃるように、3月3日に開催いたしました9つのグループによる発表の中に、まさに事務所の話も出ておりました。具体的には、今後4月の発表会に向けて、さらに中身を高めていくという形になりますが、まちづくり支援事業補助金であったり、私ども行政としてかかわれる、お手伝いできることについては、私どもとしても積極的に関与していきたいというふうに考えております。



◆13番(齋藤紀美江君) 財政的にすごく豊かなNPO法人であれば、自前の事務所を借り受けてやることもできるんですけれども、ほとんどの団体は会員とか代表者の自宅を事務所にしているケースが多いんです。そういう場合に、こういう市民活動交流センターにそういう場所があれば、すごく活動がまた活発化していくんじゃないかと。それぞれがそこに事務所があって、そこに行ったらそれぞれの団体が顔を合わせて、まちづくりについて話をしたりという機会も多く生まれるんじゃないかと私は思っているんですけれども、どうでしょうか。



◎市長(鈴木力君) 非常にいい提案だと思いますので、検討させていただきます。



◆13番(齋藤紀美江君) 市長からいい答弁をいただきまして、よかったなと思っています。

  そして、市民活動を始めるときに、やっぱり知識というか、技術というか、例えば自分たちのイベントをPRするためのチラシとかポスターをつくるためのパソコンであったり、作業台であったり、印刷機であったりというのを設置しているところも数多くあるんです。そういう中で、研修をそこでもやるというところで、スキルアップを図っていけるというところなんですけれども、その辺はどうお考えですか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 今ほど市長から答弁いただきましたとおり、前向きに検討させていただきたいと思います。



◆13番(齋藤紀美江君) それでは、子育て支援センターにはお答えいただきましたので、そのときに私に来たのは、私が協議会のときに言いましたように、相談場所を畳の部屋にしてほしいとか、庭を活用させてほしいという要望が出ているんです。その辺はどうですか。



◎教育次長(金子彰男君) 議員さんからのお話も伺っております。また、先ほど申しましたいろんなご意見いただく中でご提案もいただいております。畳のスペース、先ほど申し上げました、しっかり区切る場所が必要かどうか、また可動式のほうがいいのか、いろんなことも考えているところでございます。

  また、申し上げませんでしたが、中庭につきましても何とかうまく活用したいなというご要望もいただいておりまして、何とか反映していきたいというふうに考えております。



◆13番(齋藤紀美江君) では、最後に男女共同参画に入ります。

  市長は、男女共同参画はあまり関心がないのかなというふうに思っているんです。それは、最初の選挙公約、22年の施政方針、一切触れてありませんでした。それから、23年、「参画推進プランを作成する」というたった1行でした。24、25、26、この3年間は、「講演会などによる意識啓発や女性のための相談事業などに取り組みます」、これの2行だったんです。その辺はどうなんでしょうか。



◎市長(鈴木力君) 男女共同参画社会の推進について、私は理解はあるほうだと思っています。具体的にさっき部長が答弁したと思いますけれど、条例をつくっているお隣の市よりは、ずっと審議会への女性登用率は高いんです。それから、ハッピー・パートナーとか、それも今回の樋浦議員の質問に対してお答えしましたように、入札の加点等に取り組むということもやろうとしています。

  施政方針というのは、前半の部分ですごく政策的に何に力を入れていきたいというのが中心で、私の思いというのがあって、あとはかなり事務的な、予算的な話でございますので、1行、2行しかなかったかもしれませんけれど、行数でもって判断されたくないなというふうに思っております。今後しっかりやるという意味も含めて、今回条例つくれと言われたのは初めてきっと言われましたので、実はお恥ずかしながら、新市建設計画にそんなことが書いてあったというのを今回議員から指摘があって、17年の話ですから、ああ、そうなのかと。であれば、やらんばだめじゃないかと、つくりましょうというふうに指示をさせていただいたということでございます。



◆13番(齋藤紀美江君) 先ほど26年1月31日現在で参画率31.9%というふうに言われまして、樋浦恵美さんへの答弁の中で、60団体のうち3団体に女性の委員がいないということでしたけれども、この理由はどうでしょうか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 3つの団体が、審議会等が女性委員が現在いないということでございますが、これかなり難しい委員会が2つございます。しかしながら、全庁的に取り組めば可能な委員会もございます。今ほど市長が申し上げましたように、こういった委員会については、全庁的な取り組みの中で必ず新年度においては女性を委員として登用させていただきたいと考えておりますし、先ほど市長が答弁いたしましたように、男女共同参画社会推進条例を制定しておるお隣三条市や柏崎市などは、三条市が女性登用率が26.4%、柏崎は29.7%、9カ月のタイムラグがあるにせよ、私どもの燕市の31.9よりも低いという状況はご理解いただきたいと思いますんで、よろしくお願いします。



◆13番(齋藤紀美江君) その状況はよく理解しましたけれど、例えば代表者を指名すると、なかなか女性は出にくいというところで、充て職の場合はその工夫が必要かなというふうに思いますので、その辺よろしくお願いいたします。市長から条例をつくるということをいただいただけでも今回質問した意義があったと私は思っています。

  これが三条市さんの条例のパンフレットなんですけれど、燕市はこのパンフレット一つしかないんです。三条市さんはいろんなのを出しています。やはりこういうのを窓口に置いて、誰でも手にとってもらえるようなことをやる必要があると思うんです。

  そして、登用率はそうかもしれないんですけれども、例えば商工会議所さんの役員120名、この前商工会議所ニュースですか、あれに新年度役員の顔ぶれというので出ました。数えたら120名いたんです。女性が一人もいないんです。でも、女性の経営者というのは多分いると思うんです。その辺で、やはり商工会議所とかそういう団体に対しても登用率を高めるようにということで、これ条例ができれば、そういう事業者の責務というところで出てくるんじゃないかとは思うんですけれども、その辺もやはり意識啓発が私は必要じゃないかなというふうに思うんですけれど、どうなんでしょうか。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 燕市で男女共同参画推進条例が新市建設計画に入っているのを今まで黙っていた担当部長でございますが、商工会議所に限らず、公共的な団体、これは従来からさせていただいてきたところでございます。しかしながら、平成26年度からハッピー・パートナー企業の推進に特に力を入れてやっていきたいという中では、商工会議所に限らず、それから商工会、こういったところととりあえず意見交換の機会なんかを持たせていただければというふうに考えております。



◆13番(齋藤紀美江君) 私は、もう新市建設計画にのっているから、そのうちしてくれるかな、そのうちしてくれるかなと待っていたんですけれども、しびれが切れて今回言ってよかったなというふうに思っております。是非積極的に取り組んでいただきたいと思います。

  これで私の一般質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(齋藤廣吉君) ここで説明員入れかえのため、休憩いたします。

          午後 3時06分 休憩

          午後 3時19分 再開



○議長(齋藤廣吉君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

  次に、18番、阿部健二君に発言を許します。



◆18番(阿部健二君) それこそ東日本大震災から1,094日目です。私がふと思うのは、その間ロンドンオリンピック、ソチ五輪、あげくの果てに2020年の東京オリンピックで都知事選をやったりして、何か私たちにとっての震災は他人事になっていないかであります。

  そう感じさせられたのが、昨日の夜、テレビであの安倍晋三首相が東日本大震災3年を迎えての言葉として、「復興が実感できる1年としたい」、私にすれば今さら何言っているんだという感じがしないでもないんですが、とにかく陸前高田市の戸羽太市長の次の話が気になって仕方がないのです。「被災したとき、陸前高田市にスーパーもお店も一つもなくなって、水、もちろん食料などない。スーパーを建てようとしても、そこは農地だからとなるのが日本の現実だと私は思っています。当時、ガソリンがなくて大変苦慮しました。そのとき、ある政治家に経済産業省に電話をしていただいて、ドラム缶でガソリンを運んでいただくことになりました。そして、どうやって給油しようかというとき、大変危険な作業なので、自衛隊の方々にお願いすることになりました。しかし、いよいよあしたガソリンが来るという日、経済産業省から「これは経済産業省のガソリンだから、自衛隊の方々に給油はさせないで」という電話が来ました。そういったルールが現実に我々の復興をおくらせているのだと思っています。どんな緊急時になっても、緊急だという意識を国に持っていただけない。私たちの気持ちが国の人にわかっていただけない。わかっていただけなければ、復興は進まないだろうと思っています」、以上が陸前高田市の戸羽市長のお話ですが、そこに感じられるのは、被災者のためにというか、国民のためにの意識の欠落している国あるいは官僚に対するいら立ちのように思います。

  それこそ最近復興は不要、老人は早く死ねなどの問題発言で世間を騒がせている天下り官僚さえいることから、心配になるのが燕市でも、あるいは燕市の職員の中にも官僚主義による弊害があるのではないかであります。

  ところで、先日吉田地区にお住まいの方から、燕市議会だよりを見て、阿部健二に会いたくなったという電話をいただきました。燕市には議会だよりを無駄だと思っている人ばかりではないことを知って安堵しましたが、前振りはこれくらいにしまして、いよいよ通告に従っての横板に雨垂れの一般質問です。

  まずは、通告1の市政についての(1)の市政は誰のものかについての?であります。自治大学校の講師、中島正郎氏の「議員」という本に、「一旦当選した者は、選挙母体の地区、組織、系列などの議員ではなく、全地域の住民にかわる地位に置かれたことになります」と書かれています。その意味では、市民の要望を市にかけ合うことは代議制民主主義における議員の役割ではないのかもしれません。また、市の職員の方たちは、市民の要望を市にかけ合うことを専らとする議員をお邪魔虫と言いなしているとも聞きますが、市民の方が頼みに来られた場合、それをむげに断るわけにもいきませんが、問題は市民の方が市に直接頼みに行った場合と、議員が介在した場合の市の対応が違うことであります。そこにも大げさに言うと官僚主義による弊害が市役所にあるのではないかという感じがしてなりません。そこには、大げさに言うと、市民のための市役所が、あるいは市民のために働くのが責務であるはずの市の職員に、市民のための意識の欠落を感じなくもないことです。

  三条市では、なんでも相談室があると聞きます。西宮市では、市民相談課があるそうです。長岡市では、市役所なんでも窓口があるようです。燕市にも14の相談窓口はありますが、5つの課、6つの外郭団体にまたがっていて、市民の方はまずどの窓口に行ったらいいかがわからないはずです。燕市でも三条市のようになんでも相談室みたいなものをしつらえるべきだと思うのですが、いかがでしょう。

  次に、通告1の(1)の?です。世帯主とは、主としてその世帯の生計を維持している者及びその世帯を代表する者として、社会通念上、妥当と認められる者とされていますが、先般うちのかみさんが住所表示関係書類を配ってきた人から「世帯主に渡してくれ」と言われて驚いていましたが、そもそも住居表示変更は世帯主だけの問題ではないと思うし、ふだん家のことを取り仕切っているかみさんにすれば、何ゆえ頼りない世帯主にとなるのかが疑問だったと思います。

  ところで、住居表示関係書類を配るとき、市は「世帯主に渡すように」という指示をなさったのでしょうか。

  次に、通告1の(2)市の職員の仕事は誰のためのものかについての?です。以前、予算、決算書を一般市民でもわかるようにとの提案に対し、前の企画財政部長は、そのようにしたいとの答弁をされましたが、その後も相変わらずの予算書、決算書が出されています。部課長たちが入れかわるたびに、よかれと思う提案を一から説得し直しながら訴えて、ようやく理解してもらったと思うと、その担当職員が定年を迎えられて市役所を去っていく。議員になって20年、その繰り返しです。市の職員の部署がえのとき、何を引き継ぎなさっているのかであります。

  ?、先般の燕・弥彦総合事務組合の議会終了後、消防一筋に勤め上げて退職される職員の挨拶に、「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ」という三好達治の「雪」という詩を引用し、「降りしきる雪の中、家に帰る途中、遠くに見える明かりのもとで暮らす家族を守るのが自分の四十数年間だった」と回顧する言葉を聞いて、燕市の職員の中にも「市民のために」の意識が欠落していない人がいることを知って、ほっとさせられましたが、例えば国保税の負担増に悩む市民のために市の取り組むべきことは、いかに医療費の増加している現実を市民に理解してもらうことであり、いかに医療費削減するかであろうに、わけのわからない健康私物語などという言葉を唱え出されると、昔歌を詠みながら政をやっていた平安貴族の姿をほうふつさせてしまうのです。市の職員の意識には、やはり官僚主義による弊害があるのではないかと心配するのです。

  ?、昔の決算審査時には、領収書類の全てが審査委員会の脇のテーブルに山積みに開示されていたと聞きますが、今せめて議会が要求した特定の事業の領収書、工程日程表、市からの許可証の類いを提示することはできますかであります。

  次に、通告1の(3)の新庁舎は誰のものかについてです。新庁舎を訪れた市民から、受付カウンターの距離が長過ぎることへの苦情は少なくありません。今すぐではなくとも、将来的に入り口を中央正面に、そしてエレベーターの位置を中央に持ってくる必要があると思うのですが、役所とは市民を呼びつけて許可、認可を与える仕事場ゆえに、今のままでいいと思われますか。

  ?、先般の議会でもフロアマネジャーをエントランスホールに配置すべきとの声があったにもかかわらず、いまだ実施されていないように思われますが、何ゆえでしょうか。

  次に、通告2の人権についての(1)教科書に見られる人権についてです。ユニセフのブログ、「子どもの権利条約―4つの柱」の育つ権利では、「教育を受ける権利を持っています。また、休んだり遊んだりすること、様々な情報を得、自分の考えや信じることが守られることも、自分らしく成長するためにとても重要です」と書かれているのですが、それをもとにした燕市の中学校教科書の「人権」のページの欄外の□6、「子どもの権利」での育つ権利には、「教育を受けたり遊んだりすること。云々」と書かれているのです。

  (1)の?の質問です。「教育を受ける権利を持っています」とそこで一旦打ち切り、「また、休んだり遊んだりすること。云々」と書くことと、「教育を受けたり遊んだりすること。云々」と並列して書くことでは意味が違うと思うのですが、いかがでしょうか。

  質問(1)の?、18歳未満を児童、子供と定義している子どもの権利条約を1994年に批准している日本が、いまだ各種統計類の労働人口に満15歳以上の人口を加味していることは何ゆえなのでしょうか。

  (2)教育が受けられる権利についてです。ユニセフが「子供が教育を受ける権利を持っている」と明言し、殊にフランスでは憲法に「国家は、子どもや成人の教育、文化、職業訓練への平等な機会を保障する。国家の義務の一つである公教育の組織は、全ての段階において、これを無償とし、政教を分離する」とうたわれていることを考えると、燕市議会で奨学金を細々と云々していることにめいってしまうのです。せめてUターンした人には奨学金の免除くらい考えるべきではないでしょうか。今や婚活の費用を自治体が支援している時代です。ましてや燕市は教育立市宣言という大風呂敷を広げているのですから。もちろん学歴を積んだ人たちの勤務先を用意する問題はあるでしょうが、学歴を積んだ人たちが燕市にいてくれないことには、新たな産業の創成や誘導につながらないということが考えられるからです。

  ?です。燕市表彰条例には、この条例は「本市の市政の進展、産業の振興、文化の向上その他市民の福祉の増進に尽力し、その功績が顕著なもの及び市民の模範として推奨するにふさわしい功績又は行為のあったものの表彰に関し必要な事項を定めるものとする」とうたわれ、第2条の表彰には、「表彰は、次の各号のいずれかに該当する個人又は団体について市長が行う」とうたわれ、先般の燕市表彰式での多くの子供たちは、恐らく第2条の13号、「品評会、競技会、作品展等において優秀な成績を収めたもの」に該当したのでありましょうが、スポーツ以外の分野で優秀な成績をおさめた子はいなかったのかが気になります。まさか作文コンクールや音楽コンクールあるいは書道展や美術展などの全国規模の作品展の入賞者を見落としてはいないと思いますが、いかがでしょうか。

  以上で1回目の質問を終わります。



◎市長(鈴木力君) それでは、阿部議員のご質問にお答えいたします。

  私からは、2番の(2)の?、表彰の関係についてお答えいたします。それ以外の項目につきましては、担当部長のほうから答弁させていただきますので、よろしくお願いします。

  燕市表彰条例で、今回学業の分野で優秀な成績をおさめた子供はいなかったのかというご質問でございますけれど、燕市内にはスポーツ、芸術、技能の分野だけではなく、学業でも頑張っている子供たちはたくさんおります。今回、技術家庭科の分野、ちょっとわかりにくいんですが、発明くふう展みたいなので、全国大会で惜しくも4位になった子供たちがいたんですけれど、表彰の基準では3位以上という基準でございましたので、本当に惜しくも今回表彰に至らなかったということでございますが、彼らがもし3位以上であれば、当然に表彰していたところでございます。今後もスポーツに限らず、いろんな学業に関連する全国規模での大会で優秀な成績をおさめた児童生徒が出ましたら、是非とも表彰してあげたいというふうに考えています。



◎総務部長(田中勝美君) ご質問の1番、(1)燕市でも三条市のようななんでも相談室みたいなものはできないかというご質問にお答えをいたします。

  当市では、毎月「広報つばめ」15日号の最終ページに相談アラカルトとして、各種相談日程を掲載させていただいております。市民にとっては、相談内容によって、それぞれの会場で、より専門的な相談を受けることができると思っておりますので、この体制を継続していきたいと考えております。

  次に、(2)の?の1、職員の人事異動に伴う引き継ぎについてお答えをいたします。人事異動に伴う引き継ぎにつきましては、異動の内示後、3月末日までの間に後任者に対して行っております。引き継ぎの方法につきましては、特に定めたものはございませんけども、一般的には現在行っている事務事業などの現状や課題、そしてその課題を解決するための方針などを記載した事務引き継ぎ書などを用いて行っているところでございます。

  次に、?の2、職員の意識に住民が欠落しているんではないかというご質問にお答えいたします。地方公務員法において、「すべての公務員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」と規定してあり、私たち職員は市民サービス向上に全力を挙げて職務に取り組んでいるところでございます。

  次に、1の(3)の?、受付カウンターの距離が長過ぎることへの苦情が少なくないため、入り口を中央正面に、階段やエレベーターの位置を中央に持ってくる必要があると思うが、既存のままでいいと思われるかについてお答えをさせていただきます。庁舎の窓口のあり方につきましては、庁舎の特徴の一つでもある東西に長いフロアを生かして、異動等に係る手続は同一フロアで手続ができ、来庁者自身が残りの手続や待ち時間などを知っていただけるという特徴を持っておるところであります。さらには、同一フロア以外の部署での相談等が必要な場合には、関係職員が積極的にその窓口に出向くことによりまして、来庁者への利便性を図っているところでございます。

  将来の改修計画についてのご質問でございますが、建設計画を検討する中で、市民の皆さんを始め、専門家や議会からも多くの貴重なご意見をいただき、建設された建物でございますことから、現状を維持した中で、施設案内や窓口サービスの充実を図ってまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。

  次に、?番のフロアマネジャーの配置についてのご質問にお答えをいたします。先般の渡邉雄三議員の一般質問にお答えいたしましたとおり、柔軟性を持ってフレキシブルに動けるフロアマネジャーを市民課付近に配置いたしまして、来庁者案内や申請書記載支援など、きめ細かい住民サービスの提供に努めておるところであります。加えて、職員も積極的に来庁者へのお声がけなどを行い、対応しているところでございます。来庁者アンケートでは、特段総合窓口設置についてのご要望はいただいておりませんが、今後は年度末や年度初めなど繁忙期に、固定的な配置ではございませんが、フロアマネジャーを増員するなどして、さらなる住民サービスの向上に努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



◎市民生活部長(田野正法君) 私からは、1番の市政についての?について答弁申し上げます。

  市は住居表示関係書類を世帯主に渡すように指示したのかについてお答えします。住居表示変更は、世帯員全員に関係する大切なものであります。住居表示関係書類の宛先につきましては、世帯を代表する世帯主宛てとさせていただきました。書類配布を委託した業者には、訪問した際は世帯主または家族の方にお会いし、住居表示通知書や新住所の表示板の取りつけ方法等について説明した上で渡すよう指示をさせていただいたものであります。

  以上でございます。



◎企画財政部長(五十嵐嘉一君) 私からは、大項目の1番、市政についての(2)の?、決算審査時における証書類の提示についてお答えいたします。

  決算認定のための議会の審査に当たりましては、地方自治法第233条に基づき、決算書に監査委員の審査意見書を付してお願いしているものであり、その年度における主要な施策の成果を証明する書類、その他政令で定める書類をあわせて提出させていただいております。

  領収書を始めとした証書類につきましては、監査委員による定期監査等を経て最終的に決算審査を受けており、第三者の立場で専門的に監査、検査を行ってもらっているところでありますので、ご理解をお願いいたします。



◎教育委員会主幹(村山幸一君) ご質問2の(1)の?についてお答えいたします。

  議員からご指摘の市内で使用している中学校の教科書には、「教育を受け、休んだり遊んだりできること」と記載されております。この記述は、議員ご指摘のユニセフの内容を要約し、端的にあらわしているものと考えられます。

  続いて、ご質問2の(1)の?についてお答えいたします。子どもの権利条約第32条においては、雇用が認められるための年齢は、それぞれの国で定めるとされております。労働基準法において、満15歳に達してから最初の3月31日を迎えるまでの児童を労働者として雇用してはならないと定めてあります。以上のことから、統計において労働人口が満15歳以上になっていることは、法の規定に照らして整合性のあるものと考えております。

  以上です。



◎教育次長(斎藤純郎君) 私から、ご質問の2番の(2)の?、燕市へUターンした人に対する奨学金の免除制度導入についてお答えをさせていただきます。

  燕市の奨学金は、返還金が次の利用者の貸し付けの原資となる、いわゆる先輩から後輩へのバトンタッチ方式で運用する制度となっております。このため、Uターンした人に対する奨学金の免除制度につきましては、新たな財源の確保が必要となることから、早急な導入は難しいと考えております。先般の臨時会では、奨学金貸与条例の一部改正を行い、他の奨学金との併用を認めるなど、より利用しやすくなるように制度改正を行わせていただいたところでございます。今後もより多くの市民の皆様から利用してもらえる奨学金制度を目指してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆18番(阿部健二君) それこそ丸山議員みたいに、こういう形になると、一問一答のほうがいいのではないかという反省をしております。何を答えられたか、ちょっとあっちゃこっちゃでわかりませんので。

  まず、相談窓口ですけれども、広報で案内をしているということじゃなくて、私が言いたいのは、何を相談に行ったらいいか、まずわからないんです。議員に行くと、ああ、これは例えば福祉関係の窓口に行きなさいとかという選択はできるんだけれども、その辺をもうちょっと親切にやってほしいと。

  それと、私は先ほども言ったように、代議制民主主義の中の議員の仕事って何かといったら、市民の困っていることを市にかけ合うことではなくて、もっと大事なことがあるんじゃないかと。例えば自分の知り合いを市の特養にねじ込む、市がつくったり、ケアマネさんがつくった、その順序を狂わせてねじ込むのが議員の仕事ではなくて、燕市の施設とかサービスを充実させるのが私たち、それを訴えるのが私たちの仕事だと思うんです。だから、できるだけそういう意味からいっても、細かしいというのは変だ、よその議員さんたちは、そんなのはそれこそ自治会長の仕事だとか、そういうふうな判断していますけれども、そういうことによって、議員に対して議会の仕事に、いわゆる代議制民主主義の中の議員の仕事に専念させてくださいという意味も含めて、だから単純に市は広報で知らせているからそれで済むとか、そういう問題だけのお願いではないということを確認してほしいと思います。

  私は、議員の仕事はさっき言ったみたいに自分の知り合いを特養にねじ込むことではないというのを、これを市民に幾ら口酸っぱく言っても、市民はそれをやってくれる人がいい議員だという、そういう形になってしまうと、それが私怖いという。本来の議員は議員の仕事をすべきことからいって、そういう状況をできるだけ削ってほしいというか、市のほうで対応してほしいということで、なんでも相談窓口というのを言っているんでございます。

  それから、昨日もありましたか、齋藤信行議員が40代のひきこもりの相談なんかでも、気軽に健康福祉部長はどこそこの窓口に行けばいいなんて、そんなんじゃなくて、本当に困っている人がどこ行っていいかわからんという取っかかりを是非つくるように検討してほしいということです。

  それと、もう一つは、いわゆるフロアマネジャーの話ですけれども、新庁舎検討委員会でも検討されたんでしょうけれども、出された、示された設計図の中に、最初のころというか、設計の段階で売店の前に総合窓口という点線であったけども、そういう表示はしてあったんです。それがなぜ消えたかと言って議員仲間に聞いても、議員が反対したわけじゃないんだと、市のほうの都合で削ったんだろうと。1階の同じフロアでもう一つ総合窓口みたいなのがあったんで、それダブっているんで消したんだろうという話、そういうふうに思ったんですけれども、やっぱり玄関入ってきてすぐ見える、正面にあった、売店の前に位置していたほうが市民の方は使いやすいと思うんです。だから、その辺も要は市の都合だけじゃなくて、それこそ市民の目線で検討し直してほしいと思います。

  それから、燕市表彰式ですけども、本当に発明コンクール、全国で4位、残念だったと思います。その基準を3位以内ということに決めてあれば、それはいたし方ないか知らんけども、4位を3位に上げることを教育委員会でやってほしいと。意味わかりますか、わかりませんか。要はスポーツだけ優先して、先ほどもありましたよね、知徳体のバランスがどうのこうのって。そうやってスポーツに関して優遇するというか、そういうことをやっていたら、勉強をやりたい子の場所があるのかなという。勉強好きな子だっているんですよ、スポーツだけじゃなくて。そういう子たちを引き立てることが本来なら、昔だったら寺子屋の仕事であって、今の学校は寺子屋業に剣術道場をプラスしているみたいな、その辺が私ちょっと滑稽に思えてならないんであります。だから、そういう意味からいっても、できたら勉強の好きな子の居場所を十分広げてほしいと。

  それこそ私よく言うんですけど、今歩くのもちょっと不自由になりまして、私の大好きなホーキング博士、あの人は筋委縮症です。その人の言葉の中ですばらしいと思ったのは、自分はうれしい。何でかといったら、脳が筋肉でできていないからだと。私、学校というのは学びやであって、筋肉を鍛えるのは二の次とは言いませんけども、第一義はやっぱり学びやであってほしいということが申し上げたいことであります。10分ぐらい余そうと思いましたけど、これしか余りません。以上のことをよろしくお願いします。



◎総務部長(田中勝美君) 総合窓口ということでございます。うちのほうで先ほど申しました相談件数が年間約1,500件ほどでございます。調査しましたところ。隣のところ、相談窓口をつくっているところは、そこは消費生活相談員と市の職員が対応しているということになっておりますけども、処理件数が200件と。あとその他はいわゆる仕分け役といいますでしょうか、議員さんが来たらこちらですよという形だと思いますけども、うちらのほうではそれをフロアマネジャーさんのほうはしっかりやってくれていただいて、7月にも実施をさせていただきました。そして、1月にも来庁者の市民アンケートということで実施させていただきましたけれども、非常に職員の対応が丁寧だということでお褒めの言葉をいただいております。

  ただ、7月には2割のまだ満足をいただいていない方がおられましたが、それが1割に減っただけでも職員はやったかいがあったのかなと思っているところであります。

  あと、フロアマネジャー削った、それちょっとわからないですけれども、いずれにいたしましても、フレキシブルに動けるフロアマネジャーで対応させていただきたいと。それも繁忙期につきましては、複数についてもこれから検討させていただくということでお願いいたします。



◎教育長(上原洋一君) 阿部議員からの知徳体のバランスとれた教育につきまして、スポーツ優遇でないのかというお尋ね、最後にありましたけども、決してそういうふうにこちらでは考えているわけではありません。勉強につきましても、それからスポーツにつきましても全て力を入れていきたいと思っております。

  勉強が好きな子の居場所については、今ほど市長のほうから具体的な事例として物づくりの話がありましたけども、ほかにも例えば吉田小学校は算数、数学の自由研究で県代表になっておりますし、昨日大岩議員からお話がありました燕北中、ロボットコンテストで、これも関東ブロックまで行ったりしております。いずれもあと一歩というところでありますので、今後とも応援してまいりたいと考えております。



◆18番(阿部健二君) 以上で終わります。



○議長(齋藤廣吉君) これで一般質問を終わります。

  お諮りいたします。議案審査のため、あすから19日までの8日間休会したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) ご異議なしと認めます。よって、議案審査のため、あすから19日までの8日間休会と決定いたしました。

                                 



○議長(齋藤廣吉君) 以上で本日の日程は終了しましたので、本日はこれで散会します。

          午後 4時02分 散会