議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 見附市

平成24年 第2回(6月)定例会 06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号




平成24年 第2回(6月)定例会 − 06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号







平成24年 第2回(6月)定例会





    平成24年第2回(6月)見附市議会定例会会議録(第4号)

〇議事日程 第4号
平成24年6月20日(水曜日) 午前10時開議
諸般の報告                                        
第 1 議第43号 見附市空き家等の適正管理に関する条例の制定について          
    議第44号 刈谷田川防災公園条例の制定について                  
    議第45号 見附市公民館条例の一部を改正する条例の制定について          
    議第46号 見附市ふるさとセンター条例の制定について               
    議第47号 見附市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について           
    議第48号 見附市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について         
    議第49号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について          
    議第51号 平成24年度見附市一般会計補正予算(第2号)             
第 2 議第52号 見附市、新潟県中越福祉事務組合公平委員会委員の選任について      
第 3 議第53号 教育委員会委員の任命について                     
第 4 議第54号 工事請負契約の締結について                      
第 5 発議第2号 少人数学級実現、義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出に
          ついて                                
    発議第3号 水俣病特別措置法の申請期限延長等を求める意見書の提出について     
    発議第4号 直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設業への支援を求める意見書の提出
          について                               
第 6 議員の派遣について                                
                                            
〇本日の会議に付した事件
 議事日程と同じ
                                            
〇出席議員(17人)
   1番   五 十 嵐     勝        2番   木  原  大  輔
   3番   重  信  元  子        4番   渋  谷  芳  則
   5番   大  坪  正  幸        6番   押 野 見  淺  一
   7番   小  泉     勝        8番   関     三  郎
   9番   高  橋  健  一       10番   小  林  伸  一
  11番   亀  田     満       12番   久  住  裕  一
  13番   佐 々 木  志 津 子       14番   山  田  武  正
  15番   渡  辺  み ど り       16番   小  林  繁  男
  17番   井  上  慶  輔                       
                                            
〇欠席議員(なし)
                                            
〇説明のため出席した者
       市     長    久   住   時   男
       副  市  長    山   本   俊   一

       会 計 管理者兼    齋   藤       勝
       会 計 課 長

       企 画 調整課長    清   水   幸   雄
       まちづくり課長    池   山   久   栄
       総 務 課 長    金   井   薫   平
       市 民 生活課長    長 谷 川       仁
       税 務 課 長    星   野   豊   明

       産業振興課長兼    岡   村   守   家
       農 業 委 員 会
       事 務 局 長

       建 設 課 長    安   藤   善   紀
       健 康 福祉課長    田   伏       智
       病 院 事 務 長    大   橋   耕   一

       ガ ス 上下水道    平   賀   大   介
       局     長

       消  防  長    中   澤       博

       教 育 委 員 会    神   林   晃   正
       教  育  長

       教 育 委 員 会    星   野       隆
       事  務  局
       教 育 総務課長

       教 育 委 員 会    中   田   仁   司
       事  務  局
       学 校 教育課長

       教 育 委 員 会    土   田   浩   司
       事  務  局
       こ ど も 課 長

       監 査 委 員    高   橋   弥   一
       事 務 局 長
                                            
〇事務局職員出席者
       事 務 局 長    高   橋   和   徳
       次     長    山   谷       仁
       議 事 係 長    大 久 保   英   輝



               午前10時00分  開 議



○山田武正議長 これより本日の会議を開きます。

  現在の出席議員17人、全員であります。

                                            



△諸般の報告



○山田武正議長 最初に、諸般の報告をします。

  まず、本定例会において付託した議案について、各常任委員会委員長から審査結果報告書が提出されています。

  次に、追加議案として、市長から2件、議員から意見書案3件が提出されておりますので、後ほど審議をお願いします。

  以上をもって諸般の報告を終わります。

                                            



△日程第1 議第43号 見附市空き家等の適正管理に関する条例の制定について

      議第44号 刈谷田川防災公園条例の制定について

      議第45号 見附市公民館条例の一部を改正する条例の制定について

      議第46号 見附市ふるさとセンター条例の制定について

      議第47号 見附市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について

      議第48号 見附市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について

      議第49号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について

      議第51号 平成24年度見附市一般会計補正予算(第2号)



○山田武正議長 日程第1、第43号議案から第49号議案まで及び第51号議案の8件を一括して議題とします。

  各常任委員長における付託議案の審査の結果について、委員長の報告を求めます。

  まず、総務文教委員会、小林伸一委員長。

               〔小林伸一総務文教委員長登壇〕



◎小林伸一総務文教委員長 ただいま議題となっております議案のうち、総務文教委員会に付託されました議案の審査につきまして、その経過及び結果をご報告申し上げます。

  本委員会は、去る6月14日午前10時から委員会室において開会し、説明のため市当局関係者の出席を求め、委員8人全員出席のもとで審査に当たりました。

  各議案とも本会議及び委員会における説明等を参考に慎重審査の結果、議第45号 見附市公民館条例の一部を改正する条例の制定について、議第46号 見附市ふるさとセンター条例の制定について、議第48号 見附市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について、議第49号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について、議第51号 平成24年度見附市一般会計補正予算(第2号)中、本委員会関係部分、以上5件についてはいずれも妥当なるものと認め、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  以上をもって委員長報告を終わります。



○山田武正議長 次に、産業厚生委員会、亀田委員長。

               〔亀田 満産業厚生委員長登壇〕



◎亀田満産業厚生委員長 ただいま議題となっております議案のうち、産業厚生委員会に付託されました議案の審査につきまして、その経過及び結果をご報告申し上げます。

  本委員会は、去る6月15日午前10時から委員会室において開会し、説明のために市当局関係者の出席を求め、委員9人全員出席のもとで審査に当たりました。

  各議案とも本会議及び委員会における説明等を参考に慎重審査の結果、議第43号 見附市空き家等の適正管理に関する条例の制定について、議第44号 刈谷田川防災公園条例の制定について、議第47号 見附市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について、議第51号 平成24年度見附市一般会計補正予算(第2号)中、本委員会関係部分、以上の4件についてはいずれの妥当なものと認め、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  以上をもって委員長報告を終わります。



○山田武正議長 ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○山田武正議長 これにて質疑を終結します。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 これにて討論を終結します。

  これより第43号議案から第49号議案まで及び第51号議案の8件を一括して採決します。

  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決されました。

                                            



△日程第2 議第52号 見附市、新潟県中越福祉事務組合公平委員会委員の選任について



○山田武正議長 日程第2、第52号議案を議題とします。

  提案理由の説明を求めます。

  久住市長。

               〔久住時男市長登壇〕



◎久住時男市長 議第52号 見附市、新潟県中越福祉事務組合公平委員会委員の選任についてご説明申し上げます。

  現在お願いしております小林幸英さん、この6月30日に任期満了となります。小林さんには2期8年間公平委員としてご尽力をいただきました。後任の公平委員として、木歩士保さんを選任したいというものでございます。

  木歩士さんは、かつて市職員として監査委員事務局長、税務課長、会計管理者を務め、労務管理などにも精通されておられます。公平委員には適任と思っております。どうかご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○山田武正議長 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りいたします。本案は人事案件でありますので、委員会の付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は委員会の付託及び討論を省略することに決定しました。

  これより本案を採決します。

  第52号議案 見附市、新潟県中越福祉事務組合公平委員会委員の選任については、これに同意することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、第52号議案 見附市、新潟県中越福祉事務組合公平委員会委員の選任については、これに同意することに決定しました。

                                            



△日程第3 議第53号 教育委員会委員の任命について



○山田武正議長 日程第3、第53号議案を議題とします。

  提案理由の説明を求めます。

  久住市長。

               〔久住時男市長登壇〕



◎久住時男市長 議第53号 教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。

  前教育委員、澁谷伸子さんが一身上の都合で3月16日に辞職されましたので、その後任の委員として小倉美砂子さんを選任したいので、議会のご同意を求めるものでございます。

  小倉美砂子さんは、長年にわたり書道家として活躍され、日展入選等多くの実績を残す傍ら、地元見附市において書道を通して人材育成に携わり、また市展実行委員、市書き初め展審査委員等を務められ、見附市の文化、芸術活動の中心として参画されてきました。そして、現在子育てを実践している保護者としての立場から学校や家庭の実態を踏まえた建設的な意見、活動を期待しているところであります。教育委員には適任と考えますので、ご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○山田武正議長 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  15番、渡辺議員。

               〔渡辺みどり議員発言席に着く〕



◆渡辺みどり議員 今教育委員の任命について市長のほうからご説明がありました。少し関連になるかと思うのですが、お許しをいただきたいと思います。

  ご説明の中で、澁谷伸子前教育委員が一身上の都合により3月16日辞職をされたということでございました。澁谷さんについては、1年を満たないうちでの辞職かというふうに考えます。私の記憶の中では、議員の間でも、また市民の間でも、今保育園の民営化が市の大きな問題となっている中で、現職の園長を教育委員に任命することについていかがなものかという論議が幾つかあったことを承知しています。私は、澁谷さんそのものがすばらしい方であろうと思うし、教育委員としてはふさわしい方であったのだろうというふうには考えるのですが、1年を満たない中で、またそういう論議が市民の中で起きていたということについて、果たして選任をすることがよかったのかどうか、ご本人を大変苦しめることになったのではないかというふうに一部心情を考えるところなのですが、そこあたりについてはどちらに質問を、教育長でしょうか、市長でしょうか、少し所見をお伺いしたいと思います。



○山田武正議長 ただいまの議第53号は、教育委員会委員に小倉美砂子氏を同意するか否かという議題でございますので、そこから少し外れておりますので、答弁求めないこととします。



◆渡辺みどり議員 はい、わかりました。



○山田武正議長 ほかにございませんでしょうか。

               〔発言する者なし〕



○山田武正議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りいたします。本案は人事案件でありますので、委員会の付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は委員会の付託及び討論を省略することに決定しました。

  これより本案を採決いたします。

  第53号議案 教育委員会委員の任命については、これに同意することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、第53号議案 教育委員会委員の任命については、これに同意することに決定しました。

                                            



△日程第4 議第54号 工事請負契約の締結について



○山田武正議長 日程第4、第54号議案を議題とします。

  提案理由の説明を求めます。

  総務課長。

               〔金井薫平総務課長登壇〕



◎金井薫平総務課長 議第54号 工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

  本件につきましては、今議会の初日で審議、議決いただきました議第50号 平成24年度一般会計補正予算(第1号)、消防施設整備、消防救急デジタル無線整備工事の請負契約でございます。

  このたびの工事につきましては、契約金額は3億4,177万5,000円、契約の相手方は藤島無線工業株式会社でございます。

  以下、契約の方法、内容につきましては記載のとおりでございます。

  この契約については、去る6月18日に制限付一般競争入札を行ったものでありまして、同日付で仮契約を取り交わしてございます。

  なお、入札参加業者でございますが、当契約の相手方のほか沖電気株式会社長岡支店の計2社でございます。

  参考までに、工期につきましては平成25年3月31日まででございます。

  以上でございます。



○山田武正議長 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○山田武正議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております第54号議案については、会議規則第37条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、第54号議案については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○山田武正議長 これにて討論を終結します。

  これより第54号議案を採決します。

  本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決されました。

                                            



△日程第5 発議第2号 少人数学級実現、義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出について

      発議第3号 水俣病特別措置法の申請期限延長等を求める意見書の提出について

      発議第4号 直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設業への支援を求める意見書の提出について



○山田武正議長 日程第5、発議第2号から発議第4号までの3件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、発議第2号、10番、小林伸一議員。

               〔小林伸一議員登壇〕



◆小林伸一議員 お手元に配布してあります発議第2号 少人数学級実現、義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書につきまして、提出者としてご説明申し上げます。

  子供たち一人一人が大切にされ、豊かな人間関係の中で教育が行われることは、国民共通の願いであります。そのためには教育条件整備の教育予算の確保が不可欠です。小学1年生の35人以下の学級については、義務標準法の改正により基礎定数化が図られたものの、小学校2年生については加配措置にとどまっております。県内では小学校3年生における少人数学級の効果検証も始まっており、今後35人以下学級の着実な実行が重要であります。また、三位一体の改革によって義務教育費国庫負担制度の国庫負担割合は2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政を圧迫しています。この制度を堅持、拡充することは、全国的な教育水準の確保、教育の機会均等などを図るために不可欠です。

  子供たちに豊かな教育を保障することは、社会基盤づくりにとって極めて重要なことから、教育は未来への先行投資であることが多くの国民の共通認識となっています。少人数学級を推進し、現在小学校1年生で実施している少人数学級をすべての学年に拡大すること、教育の機会均等と水準の維持、向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の堅持と国庫負担割合を2分の1に復元することを求め、内閣総理大臣ほか関係大臣あてに意見書を提出するものであります。

  議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。



○山田武正議長 次に、発議第3号及び発議第4号、11番、亀田議員。

               〔亀田 満議員登壇〕



◆亀田満議員 お手元に配布してあります発議第3号、第4号につきまして、提出者としてご説明申し上げます。

  まず、発議第3号 水俣病特別措置法の申請期間延長等を求める意見書でございますが、新潟水俣病は第2の水俣病として被害者は3,000人を超え、阿賀野川流域の住民に甚大なる被害を与えました。現在でも名乗り出る被害者は後を絶たず、平成22年5月開始の水俣病措置法による県内の申請受け付けは今年の4月末で1,395人に上っています。

  このような中、国は特別措置法の申請期間を本年7月末までと発表しました。水俣病特別措置法は、地域における紛争を終結させ、水俣病問題の最終解決を図るために、救済を受けるべき人々があたう限りすべて救済することを救済の原則にしています。このことからすれば、申請期間は設けるべきではなく、8月以降も申請ができるように被害者の救済に向けて取り組んでいくべきです。

  以上、水俣病特別措置法の申請期限の延長と阿賀野川流域の住民の健康調査の実施及び民間の医療機関が行う住民健診に協力し、潜在患者の発掘に努めることなど強く要望し、内閣総理大臣ほか両議院議長、関係大臣あてに意見書を提出するものであります。

  次に、発議第4号 直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設業への支援を求める意見書でございますが、未曾有の被害を及ぼした東日本大震災を初め、頻発する集中豪雨や土砂災害、大雪による被害に対し、被災者の救出や災害復旧のために先頭に立つべき地域の建設業は公共事業予算削減とともに疲弊し、災害時に出動できる建設業者が不足する事態となっています。また、国が建設管理する直轄国道の維持管理費がおよそ20%削減され、道路巡回などの維持管理のレベルが低下している状況です。特に重要な施設を担当する国道や河川等の管理、その機能確保については連続的で広域的に対応することが必要であり、引き続き国が管理を行うべきです。

  よって、国民の生命、財産を守るため、必要な公共事業については引き続き国がその責任において実施し、国土交通省の地方出先機関を廃止しないこと、また災害対応の体制強化のため地元建設業の育成及び経営維持のために適切な措置を講ずることなどを強く要望し、内閣総理大臣ほか関係大臣あてに意見書を提出するものであります。

  議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○山田武正議長 これより質疑に入ります。

  まず、発議第2号に対して質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 次に、発議第3号に対して質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 次に、発議第4号に対して質疑はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております発議第2号から発議第4号までの3件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、発議第2号から発議第4号までの3件については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 これにて討論を終結します。

  これより発議第2号から発議第4号までの3件を一括して採決します。

  本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決されました。

                                            



△日程第6 議員の派遣について



○山田武正議長 日程第6、議員の派遣についてを議題とします。

  お諮りいたします。会議規則第159条の規定により、お手元に配布してあります議員の派遣についての新潟県中越地区市議会合同議員研修会について、議員を派遣したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田武正議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、お手元に配布の議員の派遣についてのとおり、議員を派遣することに決定しました。

                                            



○山田武正議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  これにて平成24年第2回見附市議会定例会を閉会します。

               午前10時27分  閉 会