議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 見附市

平成18年 総務文教委員会 03月15日−01号




平成18年 総務文教委員会 − 03月15日−01号







平成18年 総務文教委員会





              見附市議会総務文教委員会会議録

〇招集日時  平成18年3月15日  午前10時
〇招集場所  見附市議会委員会室
〇会議に付した事件
 1 議第11号 組織機構改革に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について         
 2 議第12号 見附市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について   
 3 議第13号 見附市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について     
 4 議第14号 見附市安全安心なまちづくり条例の制定について                
 5 議第15号 見附市国民保護対策本部及び見附市緊急対処事態対策本部条例の制定について   
 6 議第16号 見附市国民保護協議会条例の制定について                   
 7 議第18号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について             
 8 議第19号 見附市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の
        制定について                                
 9 議第23号 見附市市民交流センター条例の一部を改正する条例の制定について        
 10 議第24号 見附市勤労者家庭支援施設設置及び運営に関する条例の一部を改正する条例の制定
        について                                  
 11 議第25号 見附市文化ホール条例の一部を改正する条例の制定について           
 12 議第26号 見附市ゲートボール場設置条例の一部を改正する条例の制定について       
 13 議第27号 見附市山の家条例の一部を改正する条例の制定について             
 14 議第28号 見附市立海の家設置条例の一部を改正する条例の制定について          
 15 議第32号 見附市公民館条例の制定について                       
 16 議第33号 見附市図書館条例の制定について                       
 17 議第34号 見附市総合スポーツセンター条例の一部を改正する条例の制定について      
 18 議第35号 見附市総合体育施設条例の一部を改正する条例の制定について          
 19 議第36号 見附市立学校施設設備使用に関する条例の一部を改正する条例の制定について   
 20 議第37号 平成17年度見附市一般会計補正予算(第6号)中                
         歳入歳出予算補正                             
          (歳入)全款                              
          (歳出)第2款総務費(ただし、第2項徴税費、第3項戸籍住民基本台帳費及び
              第5項統計調査費を除く)・第3款民生費第4項民生費災害救助支援費
             ・第9款消防費・第10款教育費・第12款公債費・第13款諸支出金    
              繰越明許費、地方債補正                     
 21 議第47号 損害賠償額の決定及び和解について                      
 22 議第53号 見附市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定につ
        いて                                    
 23 議第54号 見附市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例
        の制定について                               
 24 議第1号 平成18年度見附市一般会計予算中                       
         歳入歳出予算                               
          (歳入)全款                              
          (歳出)第1款議会費・第2款総務費(ただし、第1項第8目出張所費、第11目
              市民活動推進費の4市民相談等事務費及び6人権啓発活動地方委託事業
              費、第14目諸費の1自衛官募集事務費、第2項徴税費、第3項戸籍住民
              基本台帳費、第5項統計調査費を除く)・第3款民生費第4項民生費災
              害救助支援費・第5款労働費第1項第2目勤労者家庭支援施設費・第8
              款土木費第2項第5目交通安全施設費の2その他交通安全施設費・第9
              款消防費(ただし、第1項第4目水防費を除く)・第10款教育費・第12
              款公債費・第13款諸支出金・第14款予備費             
              債務負担行為、地方債、一時借入金、歳出予算の流用        
                                             
〇出席委員(全員)
  亀 田   満  浅 野 三 夫
  高 橋 清 治  岩 崎 録 衛
  関   一 二  佐 藤 数 幸
  野 本 千 晴
                                            
〇委員外出席者
  副   議   長   井 上 慶 輔
                                            
〇説明のため出席した者
  市       長   久 住 時 男
  助       役   山 本 俊 一
  収   入   役   林   保 弘
  企 画 調 整 課 長    岡 村 守 家
  ま ち づ く り課長   星 野 明 洋
  総  務  課  長   池 山 広 喜
  会  計  課  長   斉 藤   勝
  消   防   長   岡 村 勝 元
  教育委員会教 育 長   神 林 晃 正
  教育委員会事 務 局   井 口 増 一
  庶  務  課  長
  教育委員会事 務 局   石 田 勝 美
  学 校 教 育 課 長
  教育委員会事 務 局   渡 辺 清 澄
  生 涯 学 習 課 長
  監 査 委員事務局長   柳 原 哲 映

                                            
〇事務局職員出席者
  事 務  局 長   大 関 泰 一
  次      長   笹 原   浩
  議 事  係 長   早 沢   稔




                                            

               午前10時00分  開 議



○岩崎録衛委員長 これより本日の会議を開きます。

  現在の出席委員7人全員であります。

  初めに、昨日の本会議で日程追加されました議第53号及び議第54号が本委員会に付託されましたので、お手元に新しい議案付託表を配布いたしております。

  次に、本日報道関係者から委員会傍聴の申し出がありましたので、これを許可いたしました。

  これより本委員会に付託されました議案24件の審査に入ります。

  審査につきましては、議案付託表の順序により行いたいと思います。

  また、一般会計予算については、議案上程の後、質疑に入る前に関係課長から歳出予算の所管に関する部分について、予算科目の順序に従い、順次説明を求めることといたします。なお、説明の際には前段の課長が終わりましたら、次を説明する課長は挙手をお願いします。その際に説明者を指名しますので、指名後に説明を始めていただきたいと思います。また、説明の際はページ数もお願いします。なお、歳入予算部分については本会議での説明をもとに審査することとし、本委員会での説明は省略することとします。これにご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 異議なしと認めます。

  したがって、そのように議事を運営いたします。

                                            



△1 議第11号 組織機構改革に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 初めに、議第11号 組織機構改革に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結します。

  これより第11号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△2 議第12号 見附市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第12号 見附市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結します。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結します。

  これより第12号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△3 議第13号 見附市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第13号 見附市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。



◆佐藤数幸委員 ちょっと概略お聞かせをいただきたいと思いますが、説明のときは平成17年10月の公務員の退職手当の法の改正によってということでありますが、この条例改正を見ていますと、退職金の支給額は基本的にはどのような変化になるのかお聞かせをいただきたいと思います。増減というものがあるのだろうと思いますが。



◎池山広喜総務課長 退職手当条例の関係でございますけれども、会議資料ということで一部改正の説明資料ということでつけさせていただいたのですけれども、退職手当につきましては基本額に調整額ということになりますので、基本的には今回給与改正をされました給料表、5%から7%引き下げになりますので、当然それが基礎額になりますので、その分が引き下げになります。ただ、調整額ということで先般の資料にもつけさせていただきましたけれども、1から6までの区分がございまして、課長、補佐、係長によって、その職責によって退職前の60カ月分について、その金額を加算するということになっております。ですので、課長経験が長いような方については今の支給額については余り変わりないのではないかなと思いますけれども、役職のつかない方については、その分が減るというような形に、給与のベースが減っておりますので、引き下げになるという形で、その調整額については課長ですと、大体200万円ぐらいですか、係長ぐらいですと120万円ぐらいですので、その分がやはり差として低くなるということで考えております。

  以上です。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結します。

  これより第13号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△4 議第14号 見附市安全安心なまちづくり条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第14号 見附市安全安心なまちづくり条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第14号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△5 議第15号 見附市国民保護対策本部及び見附市緊急対処事態対策本部条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第15号 見附市国民保護対策本部及び見附市緊急対処事態対策本部条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。



◆佐藤数幸委員 この条例の制定は、武力攻撃事態対処法という有事法みたいな関係からということでありますが、自治体としてはやれという国の指示でしょうけれども、完全に従うということが必要なのかどうか、ちょっとそこら辺の条例制定の経過についてお尋ねします。



◎岡村守家企画調整課長 この対策本部の関係ですけれども、武力攻撃事態等における国民保護のための措置に関する法律で、市町村に置くということで定められておりますので、そういった意味で、それと地方公共団体の責務ということで、国民の保護のための措置を実施する責務を有するというふうに法律の方に定められておりますので、そういった意味で市の方で対策本部が置かれるということでございます。



◆佐藤数幸委員 武力攻撃事態対処法の関係からいくと、政府の説明でもなかなか明確には答弁が出てこないというような形ですが、日本の有事はどこから武力攻撃を受ける場合に、国民を保護するのかということでありますし、防衛大綱などで言われているのは、政府自身が、見通し得る将来において我が国に対する本格的な侵略事態が生起の可能性は低下しているというような説明をされている中で、いたずらに市民に恐怖を与えるような条例の必要性というのがいかがなものかと思います。

  それで、私は基本的には条例の制定は、本当にこれが想定するような場合であれば軍事優先になって、国民を保護する、住民を保護するという地方自治体の使命が果たして生かされるのかという極めて疑問でありますし、地方自治体が自立性を発揮して対応するといっても、策定が困難で架空の計画でしかないというようなことで、私は条例制定は意味がないのではないかという見解ですが、そこら辺もう一度ご答弁をいただければと思います。



◎岡村守家企画調整課長 この法律が制定されたものでございますので、それに基づきまして市の方でもその法律を遵守して必要な条項を条例として制定をお願いしたいというものでございますので、その意味において必要と思っております。



◆佐藤数幸委員 県議会などでも論議があったようでありますが、新潟県は柏崎に原発がある、今盛んに言われている北朝鮮の弾道ロケットというようなものでも、柏崎の原発は何ら心配がないという答弁なのだそうであります。それで私の考え方とすれば、武力攻撃事態対処法7条を見ると、地方公共団体の役割として国の方針に基づく措置の実施、その他適切な役割を担うとしているところから見ても、住民の保護をやる自治体の責任で自主性があるのではないかという見解でありますし、国際的に見ればジュネーブ条約追加第1議定書59条に基づく無防備地区宣言を行うなど、事態に対して対処する方法があるのではないかと。日本は解釈改憲で自衛隊というのをどんどん、どんどん拡大してきますが、これはアメリカの周辺事態の問題で自衛隊が動員される、そういうものに対して国民の一種の動員を図ろうというような、極めて危険な問題だろうと思うのですが、市長にお尋ねしますが、こういう事態に対してどんな見解を持っておられますか。



◎久住時男市長 国会の議論でこういう上位法というのが制定されるということでございます。だから、私どもはいかなるときにおきましても、住民を保護するという役割を持っている、そういう面で今回、こういう有事があってはならないことだけれども、あった場合にはそれなりの情報の整理、どのように伝達をするか、その情報をどのように伝えるか、そういう仕組みづくりはまずはつくっていこうということなんだろうと思います。その面ではその仕組み自体はあってしかるべきだと私は思っております。これをどのように具体的になるかについては、当然これからいろんな議論をもって行うことになるとは思いますけれども、そのように感じております。



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第15号議案を起立により採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定することに賛成の委員の起立を求めます。

               〔賛成者起立〕



○岩崎録衛委員長 起立多数であります。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△6 議第16号 見附市国民保護協議会条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第16号 見附市国民保護協議会条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。



◆佐藤数幸委員 先ほど採決された15号議案と同等で、私は条例制定には架空な事態に対しての問題であり、意味がないだろうということで条例制定しなくてもいいだろうという見解であります。反対をいたします。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結します。

  これより第16号議案を起立により採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定することに賛成の委員の起立を求めます。

               〔賛成者起立〕



○岩崎録衛委員長 起立多数であります。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△7 議第18号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第18号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第18号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△8 議第19号 見附市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第19号 見附市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。



◆佐藤数幸委員 出動手当の県内格差の是正ということでありますが、基本的に事故があったときの出動ではなくて、訓練その他も手当の対象になるのではないかと思います。そんなことで最低各部の1年間の出動回数あたりはどんなになっていますか、お尋ねします。



◎岡村勝元消防長 お答えします。

  詳しい数字は把握しておりませんけれども、大きな行事として防災訓練、それから地域の分団演習、出初め式、災害以外はこの3件でございます。火災が年間、昨年は10件ございましたので、10件としました。あと、警戒出動といいまして、堤防の枯れ草とかあるいは電柱が漏電して火を吹いているというふうな、地域にそういう事案がありました場合は、警戒で出る回数もございますが、それも多くても年一、二回かと思っております。

  以上です。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第19号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△9 議第23号 見附市市民交流センター条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第23号 見附市市民交流センター条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第23号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△10 議第24号 見附市勤労者家庭支援施設設置及び運営に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第24号 見附市勤労者家庭支援施設設置及び運営に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第24号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△11 議第25号 見附市文化ホール条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第25号 見附市文化ホール条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。



◆佐藤数幸委員 文化ホールの料金については、現行より改正後は引き下げられるということでありますが、ここら辺の料金見直しをされたということについて、もう少し具体的にお聞かせをいただければと思います。減免だとかそういうものはすべてなくなったのか、どういうふうにやっていくのかお尋ねをします。



◎星野明洋まちづくり課長 先般の本会議でも説明したとおり、従来ですと市民が利用する場合、使用料金の2分の1を減額しておりました。それで今回は減額したものをベースとしてそれぞれ入場料によって加算するというものでございます。そのほかについては従来とそれほど変わったところはございません。



◆佐藤数幸委員 そうすると、新しい料金体系では利用者は負担の増減などについてはどんなようになりますか。軽減をされるのか。



◎星野明洋まちづくり課長 今までと全く同額でございます。



◆佐藤数幸委員 同額というのは半額免除があったから、料金を半分にしたということで、それからするとスポーツ少年団だろうが市内の中学校の部活だとか市内の高校とか、そういうものは減免がなくなっているけれども、今までと同じように、今までの半額に相当する料金を支払いすればいいということで変わりないということでしょうが、利用上はしやすくなるのでしょうか、どうなりますか。



◎星野明洋まちづくり課長 その辺も今までと同じで、利用上も今まで同じような形でやっていきます。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第25号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△12 議第26号 見附市ゲートボール場設置条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第26号 見附市ゲートボール場設置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。



◆佐藤数幸委員 ゲートボール場の資料を見ますと、現行屋内コート1日4,000円が今度は半日2,000円というような料金に、これは案のときの資料になります。そんなことによりますと、今まで65歳以上の方が利用されていたのはほとんど現行と変わりがないというようなお話も伺っているのですが、ここら辺ひとつ具体的にお聞かせをいただければと思います。



◎星野明洋まちづくり課長 今までどおり福祉関係団体等については免除いたします。また、現在利用されておりますゲートボール協会については50%いただくということで、利用の実態にあわせまして利用の単位を半日単位にしたものでございます。



◆佐藤数幸委員 そうすると、老人会などが中心にゲートボール協会でやっている練習だとか大会とかそういうものになると、今までは無料であったのが負担をするということでありますが、社会福祉関係の団体というのはどのような範囲になりますか。



◎星野明洋まちづくり課長 これにつきまして具体的なことにつきまして今後のあれもあるかと思います。こういう団体についてどこがそういう認定をするのか、一般的な福祉団体といいますと、障害者を持った団体とかあるいはそういうボランティア的なことをやっている団体とか、そういう関係になるかと思いますけれども。

  以上です。



◆佐藤数幸委員 先ほど言いましたように、老人会のゲートボールの団体などは50%ということになるわけですよね。



◎星野明洋まちづくり課長 そういうことでございます。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第26号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△13 議第27号 見附市山の家条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第27号 見附市山の家条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第27号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△14 議第28号 見附市立海の家設置条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第28号 見附市立海の家設置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第28号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△15 議第32号 見附市公民館条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第32号 見附市公民館条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。



◆関一二委員 私が聞きたいのは、30号に開発センターというのが上北谷地区にあるのです。それは農林省から予算をいただいて30年ぐらい前につくらせてもらったのですけれども、30号には開発センターの料金と、それから今、公民館の料金とがどっちも書いてあるわけですが、それを併用する場合というか、上北谷地区がそれをつくらせてもらってから5年間は会計検査院の監督がありますので、会費を取って1戸400円ほどずつ取ってやっていたのですけれども、その後10年ぐらいたつと大体会計検査院も緩やかになるということで、ほとんど公民館で使っているのです。そういう形になっている。私が言いたいのは、公民館を使ったときと開発センターを使ったときは、言いかえれば開発センターで会議して、体育館を使うということが間々あるのです。そういう場合は条例の最後に市長のという条項があるのですが、市長はどういうふうに考えていただけるか、それをお聞きしたいのですけれども。



◎渡辺清澄教育委員会事務局生涯学習課長 30号につきましては、見附市地域開発センターでございますけれども、これにつきましてはおっしゃるように公民館が利用させていただいている部分もあるわけですが、今回の公民館条例と関連いたします使用料等につきましては調整をしてございます。



◆関一二委員 重複していないということ。



◎渡辺清澄教育委員会事務局生涯学習課長 そうです。



◆関一二委員 わかりました。



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第32号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△16 議第33号 見附市図書館条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第33号 見附市図書館条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第33号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△17 議第34号 見附市総合スポーツセンター条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第34号 見附市総合スポーツセンター条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第34号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△18 議第35号 見附市総合体育施設条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第35号 見附市総合体育施設条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第35号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△19 議第36号 見附市立学校施設設備使用に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第36号 見附市立学校施設設備使用に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。



◆佐藤数幸委員 ちょっとご説明いただきたいのですが、市内の学校の開放の使用料についての変更ということですが、資料によると開放施設の利用は無料という点があります。また、見附小とか見附中の現行の料金と新しくなる料金が時間当たりに変更されているというなどの点について、市民が使う場合はほとんど現行と変わりないということで負担なしということなのでしょうし、今町中の夜間照明は1時間当たり300円というのは他との違いはどういうことで夜間照明の料金が取られるのか、ここら辺ちょっとご説明いただきたいと思います。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 使用料の見直しということでございますけれども、委員おっしゃいますように、ほとんど従前と変わりございません。

  それから、時間単位にしたものは、施設の有効な利用を図るということで、時間区分も午前、午後、夜間という区分であったものを時間単位にすることで有効活用いただくというものです。

  それから、ナイター照明等につきましては、体育施設等でそうした設備を持っているものと同等の水準に合わせたものでございます。

  以上であります。



◆佐藤数幸委員 新しい改定後の利用が各学校について料金が決められておるわけですが、現行とは変わりないのだろうと思いますが、この料金を負担して使用する人たちはどういう方とどういう団体あたりが想定されるのでありますか、お尋ねします。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 現在そうした団体の利用というのはほとんどないというふうに承知しております。承知しておりますけれども、市外からの利用があったような場合ですとか、それからよく国政報告会とか体育館等を使って行事が催されたような経過、そんなものがございましたけれども、そうした過去の使用経歴等に基づいて設定してございます。



◆佐藤数幸委員 わかりました。



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第36号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△20 議第37号 平成17年度見附市一般会計補正予算(第6号)中、関係部分



○岩崎録衛委員長 次に、議第37号 平成17年度見附市一般会計補正予算(第6号)中、本委員会に付託になりました関係部分を議題といたします。

  それでは、歳出について関係課長から所管する部分について順次説明を求めます。

  なお、初めにお願いいたしましたように、説明の際には前段の課長が終わりましたら、次を説明する課長は挙手をお願いします。その際、説明者を指名しますので、指名後に説明を始めていただきたいと思います。その際は必ずページ数もお願いいたします。

  それでは、18ページの第2款総務費から総務課長より順次説明を求めます。



◎池山広喜総務課長 2款1項1目一般管理費353万5,000円の増でございますが、職員給与費100万円の増につきましては、職員の時間外勤務手当の増でございます。集会施設建設費等補助金250万円の増につきましては、災害による各地区集会所の修繕による補助金増によるものでございます。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 2目文書広報費90万円の増は、コピーの使用料の増と広報「みつけ」で50周年記念号の発行など印刷費が増になったものでございます。

  3目財政会計管理費7,104万5,000円の増ですけれども、過年度収入歳入等が増になったことで財源が確保されたため、その分基金に積み立てを、預金の利子収入分と合わせまして財政調整基金に積み立てを行うものであります。

  以上でございます。



◎池山広喜総務課長 続いて、4目財産管理費445万円の増でございますが、電気ガス料60万円の増、修繕料350万円の増は、庁舎正面駐車場消雪パイプの井戸の修繕料など突発的な庁舎の修繕事項によるものでございます。燃料費35万円の増は、軽油ガソリンの大幅値上げによるものでございます。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 5目企画費370万円の減でございますが、高速光通信網設置工事費補助金と、県営産業団地の管理委託料の実績に基づく減額でございます。

  6目国際交流費8,000円の増は、国際交流基金の預金利子収入分の積み立てでございます。なお、これ以降各科目で各種基金の積立金が増となっておりますけれども、いずれも預金利子収入分の積み立てでありますので、ここで一括で説明させていただきます。

  以上です。



◎池山広喜総務課長 7目の情報管理費70万円の増でございますけれども、次の20、21ページに説明が書いてございますけれども、情報管理一般経費の補正でございまして、平成17年人事院勧告に伴う給与改定対応作業による委託料、平成18年度固定資産税税制改正に伴うシステム修正委託料合わせて210万円の補正と、パソコンの借上料140万円の減額によるものでございます。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 22ページをお願いいたします。3款民生費、4項1目民生費災害救助支援費5,250万円の減は、被災者生活再建支援金の実績による減と、災害弔慰金で中越地震の関連によるものと、ことしの豪雪による雪おろし作業中の死亡者に対する交付金が増となったものでございます。

  以上でございます。



◎岡村勝元消防長 32ページ、お願いいたします。9款1項1目常備消防費427万5,000円の増でありますが、職員給与費のほか委託料、それから賠償金がございます。委託料につきましては、このたび石油資源開発株式会社が950キロリットルの大型な原油タンク屋外貯蔵場、3基計画がございまして、これを設置するための審査に当たる委託料でございます。審査は、機械工学あるいは土木工学など専門的な知識、技術を要するために、この審査を危険物保安技術協会へ委託するつもりでございます。それから、賠償金でございますが、これは火の見やぐらに乾燥させておいた消防団のホースが、風によって周囲にとめてあった車2台に損傷を与えた。ホースの金具が車に当たって損害を与えたということによる賠償金でございます。

  次に、3目の消防施設費89万円の増でございますが、これは修繕料、それから負担金と二つございます。修繕料は学校町1丁目倉井家具前の防火水槽のマンホールの修繕、それと消防庁舎の水道配管の漏えい修理でございます。これは49万円でございます。それから、負担金でございますが、消火栓の取りかえ工事負担金40万円でございまして、鳥屋脇町の県道わきにある消火栓、これが車に当て逃げされまして、その破損を受けたことによる復旧工事の負担金でございます。

  以上です。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 続きまして、10款教育費、2項1目小学校管理費でございますけれども、スクールバスの修繕費40万円と学校の施設修繕費110万円、合わせて150万円の不足が生じましたので、下のスクールバス運行委託料に余裕がありますことからそれを振り替えるものでございます。めくっていただきまして、34ページでありますが、3目学校建設費でございますけれども、工事等の完了に伴いまして確定いたしました不用額、これを減額するものでございます。

  次の中学校施設管理費でございますが、この冬は12月から本格的な降雪となりまして、気温も低かったため、それにより不足いたしました暖房用燃料費160万円及びガス料50万円を増額補正するものでございます。



◎渡辺清澄教育委員会事務局生涯学習課長 社会教育費でございますけれども、2目公民館費でございますが、大変ことし寒かったわけでございまして、それによって機器などの故障がございまして、ガス料金の大幅な増となって今回補正をお願いするものでございます。また、それらの機器の修繕などがございまして、補正をお願いするものでございます。

  次に、3目の図書館費でございます。22節でございますけれども、平成11年の1月でございますけれども、図書館の構内で事故がございました。市内在住の女性の方でございますけれども、側溝に足を取られまして右足を負傷したというふうなことで、その後いろいろ補償を進めてまいったわけでございますけれども、今回示談が成立いたしまして、補償費を支払うものでございます。

  以上でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 7項保健体育費、給食センター運営費は、ボイラーの修繕経費でございます。



◎岡村守家企画調整課長 36ページをお願いいたします。12款公債費、1項1目元金8,350万円の増は、16年度に起債しておりました災害復旧事業費が減となりましたので、その精算のため元金を償還するものでございます。

  以上でございます。



◎池山広喜総務課長 13款1項1目土地取得費でございますけれども、土地開発基金所有地のうち、平成3年に史跡保護用地として取得管理していた新潟町地内の用地でございますけれども、普通財産として管理することができると考えまして、今回一般会計で買い取りをさせていただくものでございます。

  以上でございます。



○岩崎録衛委員長 これより質疑に入ります。質疑の際は、ページ数もお願いいたします。それでは質疑はありませんか。



◆佐藤数幸委員 18ページの総務管理費の一般管理費の中の各町内の建物の地震による被害の復旧ですが、全体で何棟、何町内といいますか、それで総額はどんなになりますか。修繕を完了して交付されたと思うのですか。



◎池山広喜総務課長 全体で26町内から一応申請いただいておりますけれども、まだ業者が未定とかまだ完了していないということで、まだ7件ぐらいまだ終了していないのですけれども、全体の補助額といたしましては、842万円の執行を予定しているところでございます。

  以上でございます。



◆佐藤数幸委員 ちょっと記憶が忘れてしまったのでお尋ねしますが、当初の支援のほかに上乗せをされたという部分があったかと思いますが、半額だったか、復旧工事費の、その比率はどうだったですか。



◎池山広喜総務課長 ちょっと率は忘れたのですけれども、ただ義援金も支払いしておりますので、それと補助率のたしか10%上乗せしたというふうに記憶しているのですけれども、ちょっと私も……



◆佐藤数幸委員 大分優遇されたと理解しているのだけれども、それどうだったか。



◎池山広喜総務課長 結構そういう意味で義援金の方の充当もございましたので、結構有利になったのではないかというふうに考えております。



◆佐藤数幸委員 36ページの土地取得費なのですが、これは給食センターの関係のまだ未利用という土地でしたか、そこら辺ちょっとお聞かせ願いたい。



◎池山広喜総務課長 城山のところの史跡保護用地ということで、土地開発基金の方で所有しておりましたけれども、今回一般財産で管理するのが適当ということで取得させていただくということでございます。地名でございますが、新潟町城之腰といいます、山林でございます。

  以上でございます。



◆佐藤数幸委員 それは土地開発公社から買い受けるということなのですか。



◎池山広喜総務課長 土地開発基金から買い入れをするということでございます。



◆浅野三夫委員 35ページ、学校建設費、小学校施設整備費の中の校舎等耐力度調査委託料、マイナス370万円、これは今町小学校かと思いますけれども、たしか当初耐力度調査には750万円ぐらいでしたか、予算が計上されたかと思いますけれども、結果として半分ぐらいで済んで結構なことなのですけれども、何ゆえに安くできたのか、それとも予算が高かったのか、その点お伺いいたします。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 見積もり合わせ等による競争効果でございます。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第37号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△21 議第47号 損害賠償額の決定及び和解について



○岩崎録衛委員長 次に、議第47号 損害賠償額の決定及び和解についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第47号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△22 議第53号 見附市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第53号 見附市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。



◆佐藤数幸委員 市長にお尋ねしますが、報酬等審議会に諮問されたということで、市長は月額2,000円ダウンするということでありますが、0.25%ということでありましたが、そこら辺について市長の所信をお伺いします。



◎久住時男市長 審議会で幅広く議論されて、内容は私は細かくは存じ上げませんけれども、市民の代表の皆さんから話し合っていただいたということでございますので、それはそれで私はありがたく受けとめております。それだけでございます。



◆佐藤数幸委員 0.25というのは市長の方から出されたという、諮問するとき、答申はこういうことだったが。



◎久住時男市長 全くそれは出しておりませんので、その議論の中で出てきた数字だということでございます。



◆佐藤数幸委員 ゼロで諮問して大いに論議していただいたということですか。それでは、白紙諮問ということで大いに論議されて報酬等審議会から答申が出たと、そういうのを提案されたということですか。



◎久住時男市長 そうでございます。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第53号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△23 議第54号 見附市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○岩崎録衛委員長 次に、議第54号 見附市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

               〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第54号議案を採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定してご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

    暫時休憩いたします。

               午前11時02分  休 憩

                                            

               午前11時10分  開 議



○岩崎録衛委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△24 議第1号 平成18年度見附市一般会計予算中、関係部分



○岩崎録衛委員長 次に、議第1号 平成18年度見附市一般会計予算中、本委員会に付託になりました関係部分を議題といたします。

  それでは、歳出について関係課長から所管をする部分について順次説明を求めます。

  なお、先ほどお願いいたしましたように、説明の際には前段の課長が終わりましたら、次を説明する課長は挙手をお願いします、その際に説明者を指名しますので、指名後に説明していただきます。その際は必ずページ数もお願いします。

  それでは、44ページ、第2款総務費から総務課長より順次説明を求めます。



◎池山広喜総務課長 2款1項1目の一般管理費でございますけれども、この関係につきましては総務、企画、会計、三役等の人件費及び組織運営管理費が計上されております。前年度に比べますと、1,498万1,000円の増額となりました。この主な内容でございますけれども、人件費で給与費が275万8,000円の減、退職手当、前年度ゼロ人で計上いたしましたが、18年度は一般会計では2名計上しましたので、職員手当が1,057万2,000円の増、共済費161万3,000円の増、賃金164万円の増となっております。その他の内容につきましては、前年度とほぼ同じ内容でございまして、45ページから49ページの上段まで説明欄記載のとおりとなっておりますので、ごらんくださいますようお願いいたします。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 48ページをお願いいたします。2目文書広報費ですが、文書費並びに広報費で嘱託員への文書配布料や広報「みつけ」の印刷発行費というものが主なものでございます。

    50ページをお願いいたします。3目財政会計管理費ですが、予算書、決算書の印刷物などの経費でございまして、公金収納処理手数料分が増となっております。

  以上でございます。



◎池山広喜総務課長 4目財産管理費でございます。この科目につきましては、庁舎管理及び普通財産等の管理に係る経費を計上してございます。前年度に比べますと、448万7,000円の増であります。主な内容でございますけれども、電気料100万円、市有財産売却のための施設修繕料92万円、車両修繕、燃料費等の増によるものが主なものでございまして、その他の内容につきましては前年度と同様でございます。

    51ページから53ページ、記載のとおりでございます。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 52ページをお願いいたします。5目企画費でございますが、説明欄1の企画一般経費では非常勤職員賃金の減と、前年度の高速光通信網設置工事費補助金がなくなっておるものでございます。また、新たにまちづくりアドバイザーの委託料を計上してございます。説明欄2の土地利用対策費は、国土法に基づく事務に要する経費でございます。3の県営産業団地関係費につきましては、主に分譲管理の委託料でございます。4の自律推進対策事業費は新たに計上するものでございますが、事務事業評価委員の謝金と地域コミュニティに関する経費を計上してございます。なお、前年度で計上しておりました市制50周年記念式典事業費と第4次総合計画策定事業費につきましては終了となっております。

  以上でございます。



◎星野明洋まちづくり課長 56ページをお願いいたします。6目の国際交流費でございますが、これは姉妹都市交流事業費の予算を計上しなかったための減でございます。

  以上でございます。



◎池山広喜総務課長 7目情報管理費でございますが、この科目につきましては、行政内部の情報化に関する経費が計上してございます。前年度に比較いたしまして、2,301万円の増でございます。内容についてご説明申し上げますので、57ページの説明欄をごらんください。1の情報管理一般経費でございますが、ホストコンピューター等の賃借及び保守に係る経費や日常的、一般的事務に係る経費が計上されております。前年度と比較いたしまして1,525万円の減でございまして、庁内コンピューター通信回線とネットワーク保守料を、次のページで説明します行政ネットワークシステムに組み替えたことにより670万円の減、コンピューター機器借上料のうちホストコンピューターの再リースに伴う単価改正によりまして、304万5,000円の減が主なものでございます。

  次のページ、59ページの方をごらんください。2の財務会計システム経費でございますが、システム運用経費が計上してございます。3の住基全国ネットワークシステム経費でございますが、ネットワーク17年度対応プログラム開発委託料及び機器借上料が主なものでございます。4は、新人事給与システムを昨年度から導入したことに伴う経費でございます。5は、地域イントラ事業に伴う通信回線料、システム保守委託料でございます。

  以上でございます。



◎柳原哲映監査委員事務局長 58ページをごらんいただきたいと思います。9目公平委員会費でございますが、公平委員会委員の報酬及び費用弁償等、公平委員会の経常的経費25万2,000円を計上したものでございます。



◎池山広喜総務課長 60ページ、61ページをごらんください。10目の交通対策費でございます。この科目につきましては、交通体系整備事業、交通安全関連の一般経費を計上してございます。その内容につきましては、説明欄に記載のとおりでございますので、説明欄の方をごらんいただきたいと思います。

  以上でございます。



◎星野明洋まちづくり課長 それでは、62ページをお願いいたします。11目市民活動推進費についてご説明申し上げます。254万4,000円の減につきましては、主に市民交流センター管理費とまちの駅事業費の減でございます。

  最初に、1番の市民交流センター管理費ですが、162万円の減となっております。これは実績による光熱水費の減と修繕料の減が主なものでございます。

  次に、めくっていただきまして、まちの駅事業費でございます。235万7,000円の減となっております。これは昨年やりました工事請負費、いわゆる看板をつくったわけですが、それの200万円と、それから全国まちの駅フォーラムをやった際の50万円、これが減となっております。また、新たにまちの駅サテライト設置推進事業委託料として80万円を計上してございます。これはネーブルみつけを拠点といたしまして、地区内の商店等をまちの駅のサテライトとして認定し、地域情報の発信などネットワークを形成し、まちのにぎわいを創出するものでございます。また、ほかの他市町村のまちの駅との総合交流を図るというものが主な目的でございます。

  次に、消費者行政推進費、5番の男女共同参画社会づくり関係費等については、前年並みの予算を計上してございます。

  次に、7番のまちづくり推進事業費でございますが、これは昨年までは市民交流センター事業費として計上したものでございます。この中の主なものといたしまして、新規事業としまして市民ホームページ運営委託料75万円を計上してございます。これは行政とは違う市民の視点でつくるホームページを作成することを目的としております。また、12月に開設記念ライブイベントとか、1月、2月とそれぞれホームページにおいてグループを紹介してございます。それともう一つ、新規にハッピーリタイヤメント事業支援委託料でございますが、15万円、これは昨年の10月からスタートしました悠々ライフ、その事業に対しまして委託をするものでございます。今後迎えます2007年問題等に、いわゆる退職者等を対象といたしまして仲間づくり、いわゆる引きこもり対策に対処しようというようなことでございまして、現在世話人がなかなかふえないというようなことで世話人の増加を目的とし、いろいろな事業をやっていきたいというふうに考えておりまして、この事業を委託するものでございます。

  次に、文化ホール費になります。1,225万円の増でございますが、職員給与費が1人増となっておりまして、それが1,200万円ほどの増となっております。この中の2番の文化ホール一般経費でございますが、これは100万円の減となっております。これは施設修繕料等の減が主なものでございます。次に、3番、文化ホール自主事業費でございますが、40万円の増となっております。これは舞台、音響、照明等細かい事業等に、いろんな事業の中でのそういう音響、照明等の増でございます。4番、文化振興事業費でございます。ここに新規に音楽振興講師謝金というのがございます。現在アルカディア音楽祭で音楽監督、指揮をやっていただいております船橋先生から、ことしから各学校を対象にあるいは市民を対象にして音楽の指導をしてもらいたいということで、そのための謝金でございます。それから、今まで10款6項にありました美術協会補助金もこちらの方に変更になったための増でございます。次に、5番、美術展開催費でございます。これは市展と書き初め展の費用でございます。今まで市展賞の副賞としてブロンズ像等7万円相当のものをお上げしていたものですが、他市の状況をいろいろ見ますと、非常に高いということで、新年度からはそれを1点3万円相当を賞としてやるというようなものでございます。

  次に、13目市民交流施設費、ゲートボール場管理費でございます。これはほぼ前年並みでございまして、ただ委託料で10万円弱ほどふえております。これは施設そのものが落下式の屋根になっておりまして、消雪パイプだけではとても対応できないということで機械除雪をやるということでございます。また、需用費の方において施設修繕といたしまして、排煙窓が動かなくなったということでその修繕がございます。次に、2番、海の家費でございます。これは55万7,000円の減となっております。ご承知のように昨年10月から指定管理者に移行したわけでございまして、その委託料が820万円となっております。この委託料の中には今減免となっております保育園あるいは小中学校等の使用料、当然利用料金として指定管理者に払わなければなりませんので、その分も含んでございます。次に、山の家でございますが、12万7,000円ほどの増となっております。給水設備が老朽化しましてその取りかえ、あるいは消火器等の取りかえが主なものでございます。

  以上でございます。



◎池山広喜総務課長 74ページ、75ページの方をごらんいただきたいと思います。

  14目の諸費でございます。前年度と比べまして66万6,000円の増でございます。その内容でございますけれども、1は自衛官募集事務費9万1,000円でございます。2の過年度分国県支出金精算返納金につきましては、前年度と同額でございます。3の防犯対策事業費でございますけれども、赤色回転灯、啓発ステッカー、防犯訓練の経費として50万円増額となっております。4の中学生広島市平和祈念式典派遣事業費でございますが、これにつきましても、前年度と同様引き続き市内中学生派遣の経費でございます。5の自治功労者表彰式費でございますが、表彰に係る経費を計上してございます。6、指定管理者選定事務費として16万8,000円を新たに計上してございます。

  次に、82ページ、83ページをごらんください。4項1目選挙管理委員会費でございますが、選挙管理委員会一般経費が計上してございます。その内容につきましては、説明欄記載のとおりでございます。

  次に、2目市長市議会議員選挙費でございますが、10月22日に執行されます市長、市議選挙に係る選挙費を計上してございます。内容につきましては、説明欄記載のとおりでございます。

  次に、84ページ、85ページをごらんください。3目の県議会議員選挙費でございますけれども、平成19年4月に執行される県議会議員選挙に係る経費の一部を計上しています。

  以上でございます。



◎柳原哲映監査委員事務局長 90ページをごらんいただきたいと思います。監査委員事務局職員の給与費並びに監査委員の報酬及び費用弁償等、監査事務に要する経常経費2,891万1,000円を計上したものでございます。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 116ページをお願いいたします。3款民生費、4項1目民生費災害救助支援費でございますが、中越地震の被災者生活再建支援金として前年度までに申請がなかった半壊以上の世帯に対する支援金の経費を見込んだものでございます。

  以上でございます。



◎星野明洋まちづくり課長 142ページをごらんいただきたいと思います。5款1項2目勤労者家庭支援施設費でございますが、建物火災保険料と指定管理者の施設管理委託料を計上してございます。



◎池山広喜総務課長 次に、174ページ、175ページをごらんいただきたいと思います。8款2項5目交通安全施設費でございます。177ページの方に説明が書いてございますけれども、2、その他交通安全施設費といたしまして、カーブミラーの修繕料、工事請負費73万円を計上したものでございます。

  以上でございます。



◎岡村勝元消防長 194ページをお願いいたします。9款消防費についてご説明いたします。

  1項1目常備消防費3億9,169万3,000円を計上させていただきました。これは職員の給与費及び総務一般経費でございます。前年に比較し861万3,000円の増となっておりますが、主な理由は職員給与費の増であります。また、総務一般経費についても222万3,000円の増となっておりますが、その主な内訳でございますが、はしご車の修繕費210万円、市民の救命率向上のため、AED自動体外式除細動器の設置に係る賃借料29万1,000円などがございます。なお、AEDの台数は3台でございます。

  196ページをお願いいたします。2目非常備消防費4,363万6,000円を計上させていただきましたが、これは消防団員の報酬及び消防団の活動費でございます。前年に比較し62万6,000円の増となっておりますが、新たな支出として消耗品費における消防団員のアスベスト対策用の防じんマスク82万円、それから災害活動用の雨具140万円がございます。また、旅費について前年に比べ93万6,000円の減となっておりますが、その主な理由は昨年度は見附市消防団が県のポンプ操法競技大会に出場したことによるものでございます。

  198ページをお願いいたします。3目消防施設費574万円を計上させていただきましたが、これは消防施設の管理及び整備費でございます。前年に比較しまして320万円の増となっておりますが、その主な理由は備品購入費として消防団に配置する小型動力ポンプつき積載車、防災トラック、これが330万円の計上がございます。なお、この配置先でございますが、牛ケ嶺町消防団を予定しております。

  以上でございます。



◎岡村守家企画調整課長 5目防災費でございますが、前年度比113万円ほどの増でございますが、主なものにつきましては避難所用の備蓄品入れかえ分と発電機の購入分、あと自主防災組織の関係の補助金などの増と防災マップ等の印刷製本費の減、防災アドバイザーの委託料の減などでございます。

  以上でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 めくっていただきまして、202ページ、10款1項1目教育委員会費は、教育委員の報酬、定例会等の会議と研修の費用弁償でございます。

  次の2目事務局費につきましては、教育長初め庶務、学校教育2課の職員給与費等事務局一般経費を計上したものでございます。203ページ、説明欄でございますけれども、教育委員会事務局一般経費といたしまして、3項目めにございます職員旅費48万9,000円でございますけれども、今年度実施した耐力度調査を踏まえ、今町小学校改築に向けての研修調査費約14万4,000円計上しております。



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 204ページをお願いいたします。3目の教育指導費でございますが、1,001万5,000円の増でございます。これは主として次の205ページの説明欄をごらんいただきたいと思いますが、学校補助員賃金、この増の分が主たるものでございます。それから、同じく205ページ、下段の方に委託料がございます。わくわく体験塾、17年度新規事業でありました。延べ1,000人を超す子供たちが参加してくれました。18年度もさらに拡大したいということで、前年度から5万円ほどの増をお願いしているものでございます。

  207ページをお願いいたします。中ほど3番の評価の工夫改善に関する総合的推進事業費でございますが、これは国立教育政策研究所の指定でございまして、17年度、18年度の指定でございます。絶対評価を受けまして、その評価の信頼性、客観性を研究する事業でございます。4番、5番については不登校児童生徒の対応にかかわってのすこやかルーム関係の費用でございます。

  208ページをお願いいたします。4目理科教育センター費でございますが、20万5,000円ほどの増でございます。これは理科教育センターの屋根が、若干傷んできておりますので、そのペンキ代であるとかあるいは改修に伴ってアンペアの契約を増いたしました。それから、あとはブラインド等の修繕費等でございます。

  212ページをお願いいたします。10款2項1目学校管理費でございます。説明欄2番でございますが、学校における健康診断等にかかわる学校医、学校歯科医等の費用でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 同じページの説明欄、後段の3番の小学校施設管理費9,713万6,000円でございますけれども、小学校8校の光熱水費、施設設備のメンテナンス等施設管理費を計上しております。



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 214ページをごらんいただきたいと思います。2目教育振興費でございます。668万2,000円減額となってございますが、17年度小学校の教科書が改訂されました。教員の指導書分を計上させていただきましたけれども、本年度それが必要ないということでございます。説明欄をごらんいただきたいと思います。わくわく見附アクションプランの事業費、小学校7校分でございます。次ページをお願いいたします。小学校は8カ校あるわけでございますけれども、見附小学校が未来を拓くにいがたのひとづくり支援事業、これに該当しておりますので、わくわく見附アクションプランの事業をこちらの方に振りかえたということでございます。それから、中ほど5番でございますが、生徒指導推進協力員活用調査研究事業費でございます。これは見附中学校区の小学校を対象にして、学校における問題行動あるいは未然防止にかかわる委員の費用でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 続いて、後段3目学校建設費でございますけれども、217ページ、説明欄1にございますように、報償費20万円を計上いたしまして、今町小学校の改築に向けまして前段の調査旅費に加え、ここでは仮称でございますけれども、学校改築検討委員会の設置運営費といたしまして20万円を計上いたしました。

  めくっていただきまして、219ページ、説明欄にございますが、土地購入費、用地買収費416万円につきましては、葛巻小学校建設用地買収に伴います土地改良費等の決済金でございまして、圃場整備事業の完了に伴い精算するものでございます。



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 220ページをお願いいたします。10款3項1目学校管理費でございます。221ページの説明欄をごらんいただきたいと思いますが、これは中学校にかかわる健康診断等にかかわっての学校医、歯科医等の報酬でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 続いて、説明欄後段にございますけれども、3番、中学校施設管理費でございます。中学校4校の光熱水費、施設設備の維持管理費を計上いたしました。



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 222ページをごらんいただきたいと思います。2目の教育振興費でございますが、531万8,000円の増でございます。この主たる要因は、18年度は中学校の教科書が全面改訂されます。それに伴う指導書の経費が主たるものでございます。223ページ、ごらんいただきたいと思いますが、1番、2番につきましては、先ほど小学校の際にも説明いたしましたわくわく見附アクションプラン、そしてにいがたのひとづくり、これは南中学校が今年度該当いたしますので、その分の費用の計上でございます。それから、225ページをごらんください。6番のすぐ上に学校を中心とした食育推進事業補助金がございます。17年度から南中学校区を中心として子供たちの食育推進、生活習慣であるとか食事のあり方、そういう事業を取り組んでおりますので、これも継続ということでございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 続きまして、3目学校建設費でございます。施設整備費といたしまして、今町中の屋上の一部改修、南中学校のプールフェンスの修繕費、合わせて770万円を計上しております。



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 226ページをごらんいただきたいと思います。1目養護学校費でございますが、227ページ、1番、学校医等の報酬並びに養護学校の教育振興にかかわる費用でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 後段の3番、養護学校施設管理費は、養護学校の光熱水費、施設設備、その他維持管理費等を計上したものでございます。



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 230ページをごらんいただきたいと思います。1目幼稚園費でございますけれども、私立幼稚園に通う保護者に対する補助でございまして、国が3分の1、市が3分の2を負担するというものでございます。

  以上であります。



◎渡辺清澄教育委員会事務局生涯学習課長 232ページをお願いいたします。1目社会教育総務費でございます。社会教育行政に係る主要な経費を計上したものでございます。予算額でございますけれども、昨年と比べまして154万6,000円ほどの増でございます。これにつきましては、備品の購入、自動車の入れかえをしたいというものでございます。説明欄に沿いまして、主なものをご説明いたします。2番の社会教育総務一般経費でございますけれども、これにつきましては今回新たに文化財を3件ほど指定するということとなりまして、「見附市の文化財」という冊子がございますけれども、これをこれらを含めて刊行したいというものでございます。次のページでございます。生涯学習推進事業費につきましては、生涯学習推進プランの策定などの費用でございますし、また子供議会などの開催なども予定してございます。4番の社会教育事業費につきましては、成人式などを予定してございます。6番の埋蔵文化財の発掘調査事業費につきましては、圃場整備に関連して進めてまいりましたけれども、18年度をもって完了となります。

  次に、2目の公民館費でございます。これにつきましては、公民館施設及びそれらの運営に係る主要な経費を計上したものでございまして、昨年と比べまして456万8,000円ほどの増となってございます。これにつきましては、職員給与費等の人件費が主な増でございます。次のページをお願いいたします。公民館の事業につきましては、全庁的に今進めてございます健康、食などに関して重点的に事業の中に取り入れて実施してまいりたいというふうに考えております。

  次の次のページをお願いいたします。3目図書館費でございます。240ページでございます。図書館費におきましては、図書館の運営、施設に係ります所要な経費を計上してございますけれども、昨年と比べまして456万6,000円ほどの増でございます。これにつきましても、職員給与費などの増が主なものでございます。説明欄で主なものにつきましてご説明をいたします。2番の図書館の一般経費でございますけれども、図書館のサービスの向上を図るということで開館日などを拡大したいということで、賃金等を増額してございます。次のページをごらんください。説明欄でございますけれども、上の方でございますけれども、矢沢宰の記念事業について昨年に引き続きまして補助金を支出したいという内容でございます。

  次に、4目の民俗文化資料館費でございます。民俗文化資料館に係ります一般的な経費、需用費等を計上したものでございまして、その中で昨年より717万6,000円ほどの増でございます。これにつきましては、建物が大変老朽化してございます。これの東棟の方の屋根の改修を進めてまいりたいというもので、全体で700万円ほどのものを見込んでございます。

  次のページでございます。5目青少年育成センター費でございます。これにつきましては、昨年とほぼ同様でございまして、青少年育成に係ります所要の経費を計上したものでございます。

  次のページをお願いいたします。7項1目保健体育総務費でございます。市民の生涯スポーツ活動を推進し、健康、体力づくりなどを進めるために、スポーツ振興事業等を推進するための所要の経費でございまして、112万1,000円ほどの増となってございます。説明欄でご説明をいたします。2の保健体育総務一般経費でございますけれども、平成21年に2巡目の国体が予定されているわけでございますけれども、これの実行委員会の立ち上げをしたいということと、それに対します負担金などを支出するというものでございます。3番の総合スポーツセンター自主事業費でございますけれども、これにつきましては幼児向けの事業などを新規に進めていきたいというふうに考えております。

  次のページをお願いいたします。2目体育施設費でございます。施設などの運営等に係る所要の経費でございまして、昨年比1,854万2,000円ほどの増でございます。ご承知のように体育施設につきましては、大変老朽化が進んでございまして、修繕費などが年々かさんでおるということで、これらが主な増額のものでございます。説明欄でございますけれども、次のページをお願いいたします。市民プールの管理費でございますけれども、工事請負費760万円ということでプールのろ過循環路などについて改修を進めたいと考えております。次に、5の片桐町にございます市民野球場の管理費でございますけれども、圃場整備に関連いたしまして、1.1ヘクタールほどの野球場の拡幅の用地を既に買収しておりますけれども、これの創設換地に係ります決済金を408万円を計上してございます。

  以上でございます。



◎井口増一教育委員会事務局庶務課長 続きまして、3目学校給食費でございますけれども、自校給食4校分の給食運営費でございます。めくっていただきまして、259ページの説明欄、3番でございますけれども、学校給食扶助事業費といたしまして1,230万円を計上してございます。要保護、準要保護世帯及び特殊教育就学児童生徒への学校給食の扶助でございます。なお、対前年度比222万円の減でございますが、職員のパート化に伴う給与費の減でございます。

  4目の給食センター運営費でございますけれども、同じく学校給食センターの運営に係る費用を計上したものでございます。

  以上です。



◎岡村守家企画調整課長 270ページをお願いいたします。12款公債費でございますが、起債の償還計画に基づきまして、元金と利子の支払い分を計上しているものでございます。なお、元金につきましては、臨時財政対策債の償還などが増となったものでございます。また、利子につきましては、一時借入金の利子も含めてございます。

  272ページをお願いいたします。13款諸支出金につきましては、科目の設定をしてございます。

  274ページをお願いいたします。14款予備費といたしまして1,000万円を計上してございます。

  以上でございます。



○岩崎録衛委員長 これより質疑に入ります。質疑の際はページ数もお願いいたします。

  まず、1ページから43ページまでの歳入全款、債務負担行為、地方債、一時借入金及び歳出予算の流用に対して質疑はございませんか。



◆佐藤数幸委員 市税の税収で17年度比9,300万円の増ということでありますが、いろいろ税制の扶養控除などが私に言わせれば改悪されて、年金暮らし、老齢者扶養控除などがカットされたりなんかして年金控除も減りました。そんなことで景気の緩やかな回復ということもあろうかと思うのでありますが、ここら辺について税収の要因など、またたばこ消費税が大幅に増加して当初予算で2億円超ということは初めてではないかなと思うのですけれども、そこら辺ちょっとたばこ税の改正などがあったのだろうかと思いますが、お聞かせをいただければと思います。



◎岡村守家企画調整課長 市税の伸びの関係でございますけれども、主に市民税で個人の市民税におきまして定率減税が15%分だったものが7.5%に半分になるということでありまして、それによる増が大きなものでございます。

  あと、たばこ税でございますけれども、主に実績を見込んだものと、あと税制改正があったということで、このような見込みで計上させてもらいました。

  以上でございます。



○岩崎録衛委員長 次に、歳出の44ページから177ページまでの第1款議会費、第2款総務費、第3款民生費、第5款労働費及び第8款土木費のうちの関係部分に対して質疑はございませんか。



◆佐藤数幸委員 私、ページがちょっと見つけられないのですが、18年度当初予算の概要の中で市民と行政の協働推進というようなことで、新規事業として地域自治支援事業455万円を見込んだということで、地域自治を目指して町内会、PTA、福祉会、防犯組織など地域をよりどころにしているさまざまなコミュニティが連携して地域コミュニティの組織化を支援するということなのですが、ちょっとページ数、どこが該当するのかなということで、ちょっとページは言えないのですが、もう少し具体的にお聞かせをいただいて、どういうところをモデルに指定されるのか、準備がどの程度進んでいるのかお聞かせをいただきたいと思います。

  先ほど説明がありましたが、それと関連して市民のホームページ、概要では行政とは違う視点で見附市の情報サイトをつくりませんかというようなことでありますが、もう少しその意義をお聞かせをいただければと思います。先ほどお聞きした地域自治支援事業というのはページ数もちょっと聞かせてもらえればと。



◎岡村守家企画調整課長 55ページの一番下のところの自律推進対策事業費のところでございますけれども、これに地域コミュニティアドバイザー謝金100万円と、次のページの補助金のところで地域コミュニティ活動推進事業補助金ということで350万円を見ておりますけれども、18年度地域自治コミュニティの組織づくりを行うということで、モデル地区を選定して行っていきたいということでございますが、現在関係課部署におきましてどのように進めていったらいいかというような連絡会議などを設けて準備を進めているところでございますけれども、この予算につきましては具体的なモデル地域が決まりまして、そのモデル地域の方たちが皆さんが計画づくりなりこんな事業をしていきたいというような組織づくりをされるに当たりまして、そういったものを支援するための経費でございます。

  以上です。



◆佐藤数幸委員 まだモデルにしようという地域は、一応もう内々には持っておられるのではないかと思うのだけれども、そこら辺はどうなっているのか。



◎岡村守家企画調整課長 事務段階ではある程度話を進めて、想定などもしているところでございますけれども、まだ具体的に最終的にここでこの地区でというような決定はまだしてございません。4月に入りまして、新しい組織、まちづくり課に地域自治推進係等も設けられますので、そういったところで具体的には地域の中に入っていきまして、地域の皆さんのお話を聞きながら選定をしていきたいと思っております。



◆佐藤数幸委員 これは前の説明ですと、小学校区でしたかを対象にしたいというようなことでしたが、それでよろしかったですか。



◎岡村守家企画調整課長 大まかには小学校区単位以内ということで考えているところでございます。



◆佐藤数幸委員 新潟小学校区の中の区長連絡協議会などは、もう既に皆さんが想定するほどではないかもしれないけれども、地域の自治組織というのはもう歴史的に持っているということですし、こういう事業をやろうとしたら、町場をひとつ設定しながらやっていくと、この事業の意義の成果が出てくるのではないかなと思いますが、市長か企画調整課長か、どう考えているのか、ちょっとお聞かせいただきたいと思います。



◎岡村守家企画調整課長 そういった考えも一つかと思いますけれども、例えば見附小学校区でございますと、かなり広くて町内数も多くございますので、なかなか難しいのではないかというふうに思っておりますが、モデル地区としてはちょっと難しいのではないかというふうに考えております。



◆浅野三夫委員 117ページ、被災者支援事業と関連するかと、ちょっとお尋ねしておきます。 

  情報によりますと、被災した方への支援事業というか、ボランティア活動の一つかと思いますけれども、仮設住宅に相談員が2人4月から入れるというちょっと情報入ったのですけれども、その点今現在そういう受け入れ態勢というか、仮設住宅の方々のケア、相談に当たられる。長岡市はそういう形で動いてきたわけですけれども、見附市はどういう受け入れ態勢、それともどういう方針でいかれるのか、ちょっとお尋ねします。



◎岡村守家企画調整課長 緊急雇用事業ということで、見附市の方でも今もやっておりますけれども、引き続きそういったケア体制をとっていきたいというふうに考えております。



◆浅野三夫委員 それと今の人材センターでやっている派遣とまたちょっと違うかと思うのです。4月から新たな仮設住宅、長岡市もそうですけれども、仮設住宅にそういう人材というか、ボランティア何とかと言っていましたけれども、そういう方々が特に今の仮設住宅に入っている方、これから先の相談、またケア、いろいろな面で相談に当たると、聞いておりませんか、そういうことなのですけれども、わかったら。



◎岡村守家企画調整課長 申しわけないですが、ちょっと聞いておりません。



◆佐藤数幸委員 61ページ、説明欄ですが、コミュニティバス1,115万円、17年度の利用状況など実績、ご説明いただければ。



◎岡村守家企画調整課長 18年1月の1日当たりの利用者数ですけれども、137.5人となっております。



◆佐藤数幸委員 137、これらについてのコミュニティバス事業の評価はどういうふうに当局では見ておりますか。



◎岡村守家企画調整課長 17年の4月時点では1日当たり66.9人ということでございましたが、それがほぼ倍ぐらいの利用者ということになっておりますので、かなり定着して利用されてきているものと考えております。



◆亀田満委員 73ページです。海の家費ですが、先ほどの説明、指定管理施設管理委託料の説明で利用料金も含まれた820万円とお聞きしたのですが、利用料金というのは推定でどのぐらいの利用料金を出されているか、その内訳大体おわかりになりますか。



◎星野明洋まちづくり課長 小中学校等のあれは約150万円ほど見込んでおります。



◆亀田満委員 150万円見込んでおるという形であれば、例えば利用者数が多くなった場合は、利用料金というのは指定管理者の方の管理費になるわけでしょう。



◎星野明洋まちづくり課長 おっしゃるとおりでございます。



◆佐藤数幸委員 71ページお尋ねします。文化ホール自主事業費なのですが、事業委託料1,140万円、自主興行というか、18年度は何か大きなイベントというか何か誘致するような計画はありますか。



◎星野明洋まちづくり課長 ちょっと手元に資料ありませんので、保留させていただきます。



◆佐藤数幸委員 73ページの山の家についてお尋ねしますが、17年度の利用状況はいかがでありましたか、地震災害などの後ですから、余りないかなと思いますが、お聞きすると、大変老朽化して名前は立派な山の家ということでありますが、今後これに対して見直しをすることが必要になっているのではないかと思いますが、利用状況とその先のことなどについてどうお考えになっているかお尋ねします。



◎星野明洋まちづくり課長 17年度現在まだ水害による道路等の工事中で、ほとんど利用者はございません。



◆佐藤数幸委員 今年度はそれでも利用が見込める、いつごろから災害復旧はなって利用が望まれるようになりますか。



◎星野明洋まちづくり課長 道路改良工事が終われば可能だと思うのですけれども、その辺建設課から聞いておりませんので、今ちょっとお答えしかねます。



◆佐藤数幸委員 市長にお尋ねしますが、乱暴なことを言えば壊してしまって、維持管理が余り要らないトイレ、水道、山に遊びに行かれた方々が降雨や雷とかそういうときに避難するような形につくりかえてもいいのではないかと思うのですが、どんなようなお考えをされているか。庁内で検討を始めたらいいのではないかと思うのですが。



◎久住時男市長 道路の復旧の状況がわからないので、私まだ現場も見ていないのですが、いずれにしても今存続形態を含めて考えていく必要はあると思っております。ご指摘のとおりだと思っております。



◎星野明洋まちづくり課長 今現在決まっている主なものとして、落語あるいは子供向けにしまじろうという、これが今現在決まっているもので、あとはまだ交渉中でございます。



◆佐藤数幸委員 もっと大きい興行をやる予定はないのですか。NHKとか民放とか。



◎星野明洋まちづくり課長 NHKとかですと、一昨年でしたか、文化ホール10周年のときやったように、何かやはりそういう……

               〔「長岡で市制100周年」と呼ぶ者あり〕



◎星野明洋まちづくり課長 そういうあれでないと、なかなかこちらに招致できないようでございますけれども、その辺またあちこち当たってみることは当たってみたいと思っておりますけれども。



○岩崎録衛委員長 次に、194ページ以降の第9款消防費から第14款予備費までのうち、関係部分に対して質疑はございませんか。

               〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 これにて質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。



◆佐藤数幸委員 総務文教委員会に付託された議案はほとんどそれなりに必要な経費であろうと思います。私は、この一般会計当初予算については昨日も一般質問の中で市長に質問をいたしました。基本的には産業団地に対する土地取得の7,000平米以上に対しての最高1億5,000万円ということは、今の景気状態、特に大企業の緩やかであるが景気回復、いろいろ報道などを見ますと、かなり大型な設備投資をするということがテレビや新聞などで報道されております。今までどおり5年間の固定資産税の免除などを含めて見附市の立地条件であれば、企業の誘致は可能ではないかということであります。市長にすれば経費ではないのだと、投資で必ずかえってくるのだという主張でありますが、私はどうもそこまで見附市の自己財源からいって力はいかがなものかということで、今年度をもって17年度で打ち切るべきだろうと。また、公園事業については実施設計100万円の計上された議会から時期尚早ではないかということで反対をしてきたもので、今回起債で450万円でしたか、歳入で見ておるようですが、そのような点と、小さい話でありますが、防衛協力会9万円などを含めて、当初予算に対して反対をいたしたいと思います。

  以上です。



◆浅野三夫委員 私は、今回の18年度予算について賛成の立場でお話をさせていただきたいと思います。

  このたび市長は所信演説の中でも18年の予算、この中で述べられた中でも見附を元気にしたい、または希望や夢の持てるまちに見附市を変えたいという3年4カ月頑張ってこられた、その中でことしも今回第4次総合計画の基本理念も立てられ、そして住みたい、行きたい、帰りたい、優しいきずなのまち見附をということでもって、今回の18年度予算はまた現在の緊縮財政の中でも大変努力されて、またこれから頑張っていかれる適切な予算の編成かと思い、私は原案賛成の立場で討論いたします。

               〔「委員長、一言補足させてください」と呼ぶ者あり〕



◆佐藤数幸委員 先ほど審議された公共料金の有料化については、条例はそれなりに必要だろうということで賛成をいたしましたが、7月1日から新料金ということであります。そんなことで大ざっぱに言えば歳入で1,000万円を見込んでいるということでありますが、私はもっと軽減期間は延ばすべきだろうと。6月の議会で見直しができるはずですから、18年度いっぱいぐらい徴収しないと、旧料金でいくということを強く主張するためにも当初予算には反対をいたします。



○岩崎録衛委員長 これにて討論を終結いたします。

  これより第1号議案を起立により採決いたします。

  本案は原案のとおり可決すべきものと決定することに賛成の委員の起立を求めます。

               〔賛成者起立〕



○岩崎録衛委員長 起立多数であります。

  したがって、本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

                                            



△閉会中の継続調査の申し出について



○岩崎録衛委員長 次に行政視察に関連し、閉会中の継続調査についてお諮りいたします。

  本委員会の所管事項のうち、平成18年度はまちづくり施策、それから教育行政、行財政改革、防災関係について議会閉会中も調査する特定事件として別紙のとおり議長に申し出たいと思います。なお、詳細については、本委員会散会後に協議願いたいと思いますので、これにご異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岩崎録衛委員長 ご異議なしと認めます。

  したがって、そのように決定いたしました。

                                            



○岩崎録衛委員長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  これにて散会いたします。

               午後 0時18分  散 会