議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 見附市

平成18年 第1回(3月)定例会 03月08日−議案説明、委員会付託−01号




平成18年 第1回(3月)定例会 − 03月08日−議案説明、委員会付託−01号







平成18年 第1回(3月)定例会




     平成18年第1回(3月)見附市議会定例会会議録(第1号)

〇議事日程 第1号
平成18年3月8日(水曜日) 午前10時開会
諸般の報告                                        
第 1 会議録署名議員の指名について                           
第 2 会期の決定について                                
第 3 新年度施政方針                                  
第 4 議第10号 専決処分について(平成17年度見附市一般会計補正予算(第5号))   
第 5 議第 1号 平成18年度見附市一般会計予算                    
第 6 議第 2号 平成18年度見附市国民健康保険事業特別会計予算            
    議第 3号 平成18年度見附市老人保健事業特別会計予算              
    議第 4号 平成18年度見附市介護保険事業特別会計予算              
    議第 5号 平成18年度見附市下水道事業特別会計予算               
    議第 6号 平成18年度見附市農業集落排水事業特別会計予算            
第 7 議第 7号 平成18年度見附市水道事業会計予算                  
    議第 8号 平成18年度見附市ガス事業会計予算                  
    議第 9号 平成18年度見附市病院事業会計予算                  
第 8 議会改革調査特別委員会の廃止について                       
                                            
〇本日の会議に付した事件
 議事日程と同じ
                                            
〇出席議員(20人)
   1番   辺  見  雅  信        2番   亀  田     満
   3番   小  林  伸  一        4番   久  住  裕  一
   5番   浅  野  三  夫        6番   山  田  武  正
   7番   佐 々 木  志 津 子        8番   星     賢  一
   9番   小  林  繁  男       10番   渡  辺  み ど り
  11番   高  橋  清  治       12番   伴  内  勝  栄
  13番   八  木  庄  英       14番   岩  崎  録  衛
  15番   北  村  明  夫       16番   井  上  慶  輔
  17番   関     一  二       18番   佐  藤  数  幸
  19番   野  本  千  晴       20番   田  崎  武  雄
                                            
〇欠席議員(なし)
                                            
〇説明のため出席した者
       市     長    久   住   時   男
       助     役    山   本   俊   一
       収  入  役    林       保   弘
       企画調整課長     岡   村   守   家
       まちづくり課長    星   野   明   洋
       総 務 課 長    池   山   広   喜
       市民生活課長     田   伏       智
       税 務 課 長    木 歩 士       保

       産業振興課長兼    野   水   英   男
       農 業 委 員 会
       事 務 局 長

       建 設 課 長    大   竹   伸   一
       健康福祉課長     池   山   久   栄
       会 計 課 長    斉   藤       勝

       成人病センター    西   澤   裕   介
       病 院 事 務 長

       ガス上下水道     平   賀   大   介
       局     長

       消  防  長    岡   村   勝   元

       教 育 委 員 会    神   林   晃   正
       教  育  長

       教 育 委 員 会    井   口   増   一
       事  務  局
       庶 務 課 長

       教 育 委 員 会    石   田   勝   美
       事  務  局
       学校教育課長

       教 育 委 員 会    渡   辺   清   澄
       事  務  局
       生涯学習課長

       監 査 委 員    柳   原   哲   映
       事 務 局 長
                                            
〇事務局職員出席者
       事 務 局 長    大   関   泰   一
       次     長    笹   原       浩
       議 事 係 長    早   沢       稔



               午前10時00分  開会及び開議



○高橋清治議長 これより平成18年第1回見附市議会定例会を開会します。

  現在の出席議員20人全員であります。

  これより本日の会議を開きます。

                                            



△諸般の報告



○高橋清治議長 最初に、諸般の報告をします。

  まず、監査委員から提出された例月出納検査結果報告書及び定期監査結果報告書並びに市長から提出された指定専決にかかわる損害賠償額の決定及び和解についての報告書については、その写しを議案とともに配布しておきましたので、ご了承願います。

  次に、当局から議案に一部訂正箇所がある旨申し入れがありましたので、第25号議案、第29号議案、第31号議案及び第35号議案についてはお手元に配布したものと差しかえを、第1号議案については正誤表のとおり訂正をお願いします。

  次に、一般質問についてでありますが、別紙事件表のとおり小林伸一議員外9人から通告がありましたので、それぞれ関係機関へ通知をいたしました。

  次に、本定例会での説明のため、市長を初め関係者の出席を求めました。

  次に、本定例会において報道関係者から議場内での撮影の申し出がありましたので、これを許可いたしました。

  以上をもって諸般の報告は終わります。

                                            



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○高橋清治議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、3番、小林伸一議員及び4番、久住議員を指名します。

                                            



△日程第2 会期の決定について



○高橋清治議長 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

  お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から3月22日までの15日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、会期は本日から3月22日までの15日間と決定しました。

                                            



△日程第3 新年度施政方針



○高橋清治議長 日程第3、新年度施政方針に入ります。

  久住市長。

               〔久住時男市長登壇〕



◎久住時男市長 本日ここに、平成18年3月市議会定例会が開催されるに当たり、市政運営に臨む私の姿勢と所信の一端を申し上げますとともに、平成18年度当初予算案の重点施策など、その概要をご説明申し上げます。

  さて、あの忘れがたき未曾有の大災害から立ち上がり、一日も早い復興と災害に強いまちづくりを市政の最優先課題として掲げてきたのがこの平成17年度でありました。加えて自律推進プログラム、さらには第4次見附市総合計画の策定と、いずれにおいても今後の見附市の進むべき道筋とその方向性を決める重要な年でもありました。

  「住みたい、行きたい、帰りたい、やさしい絆のまちみつけ」、これは第4次総合計画に掲げるまちづくりの基本理念であります。地方分権、地域間競争の時代、全国の自治体がまちの魅力を高めようとしのぎを削る中、住民と行政が共通の認識に立ち、知恵や発想を持ち寄り、協働し、その結果についても責任を共有する。そうした本物の自治が今切実に求められております。そうした中で、総合計画策定に向けてまちづくり市民会議から提言していただいたこの基本理念は、紛れもない市民の自己発想の結晶であり、市民と行政の協働のあかしであります。その第4次総合計画がスタートをする年、平成18年度は、すなわち実行の年となります。

  現在国内の景気動向は、穏やかながらも確実に回復基調にあるとされております。また、市の工業統計調査でも製造品出荷額がここ3年間増加に転じているとともに、その事業内容が大きく変化してきているほか、商業統計調査においても従業員数、年間商品販売額ともに大きな増加を示しております。財政状況についても経常収支比率、起債制限比率、財政力指数といった客観的な指標においてはいずれも健全な数値を示しており、県内他市と比較しても財政の総合力は良好な水準を保持していると言えます。もちろん市の財政状況の先行きが厳しいものであることに変わりはなく、決して楽観することはできません。また、周辺の市町村合併が今後どのような経過をたどり、どのような影響を及ぼすのかなど引き続き注意深く見守っていかなければなりません。

  その一方で、私は市民の知恵と発想をもとにでき上がった自律推進プログラム、そして第4次総合計画が目指す持続可能なまちとは、安易な現状維持や体力温存だけではその達成が非常に難しいと思うのであります。市政のかじ取りをする者として私はまちの将来を見通し、チャンスを逃すことなく先進的な政策にも果敢に挑戦していくべきであると考えます。足元を慎重に照らしながら、着実に市民の暮らしを支える施策を充実させていく一方で、決して立ちどまることなく前向きに歩みを進めていく。それこそが持続可能なまちづくりに取り組む私の姿勢であり、真の復興、そして自律につながるものであると確信しております。

  平成18年度の予算編成に当たりましては、事業の厳選と歳出の抑制に努める中で、実施初年度を迎える第4次見附市総合計画に基づき、予算の重点配分を行いました。以下、第4次総合計画で都市の将来像として掲げている四つの柱に沿って事業及び予算の大綱について申し上げます。

  最初に、人と自然が共生し、健やかに暮らせるまちづくりについてであります。生涯を通して健康に暮らすことは、だれもが求めてやまない最も基本的な願いであります。子供からお年寄りまですべての世代が優しいきずなで結ばれ、健やかに暮らしていけるまちとなることが望まれます。また、市街地に沿って広がる豊かな自然は、ふるさと見附の大きな財産であります。環境破壊から生じるさまざまな影響は、私たちの健康を直接脅かすものであり、自然と調和して生きることが健康な生活の基本であると考えます。心安らぐ豊かな自然環境の中で、心身ともに健やかな生活を営むことができるための取り組みを進めてまいります。

  いきいき健康づくり事業は、これまで着実にその成果を積み重ねてきております。新年度においても筑波大学、久野先生の指導による健康運動教室、東北大学、川島先生の脳の健康教室、またマクロビオテックで世界的権威である久司先生の指導に基づく日本型食生活の推進、新潟大学、内山先生の指導による小児生活習慣病予防などの取り組みを引き続き推進し、日本一健康なまちを目指してまいります。

  加えて、いわゆる2007年問題も視野に入れた取り組みとして、定年などの節目を契機に家庭や地域での生活に重点を移そうと考えている方々がこの地域で楽しく活動的に暮らせるよう、生きがい探しや仲間づくりを支援するハッピー・リタイアメント・プロジェクトを実践してまいります。既に昨年10月から悠々ライフの名称で活発な活動が行われており、新年度はさらにその活動を支援してまいります。

  また、「子育てするなら見附」を合い言葉に、子育てと仕事を両立させるための環境整備として従来の土曜保育を拡充するほか、経済的支援としての幼児医療費助成を就学前まで延長いたします。さらに、放課後児童対策など子育て支援の体制、制度の拡充を図ってまいります。

  また、高齢者や障害者の方々が地域の中で自立した生活を送れるよう、介護保険制度や障害者自立支援法の施行に伴う福祉サービス体系の改正に対応し、地域支援事業の整備、障害者デイサービスを拡大してまいります。

  さらに、市民一人一人が健やかに生活できる心地よい環境づくりに向け、ごみゼロシティーを目指します。新年度には新たに廃プラスチックのステーション回収を開始し、さらなるごみ減量化を図る取り組みを進めてまいります。

  一方、美しい自然とともにこれまで歴史や文化に培われ、それぞれの時代に調和してきたふるさと見附の景観を私たちは次世代へと引き継いでいかなければなりません。そこで、だれもが訪れたくなるような個性的で魅力ある公園づくりとして中部産業団地公園、コミュニティー広場、農村公園等の整備を行ってまいります。加えて、公園の運営への市民参加により快適な景観整備への理解を広めていくため、ナチュラルガーデンクラブの活動を拡充するほか花や苗の供給システムの充実、花・花ランドフェスティバルなどを通じた花いっぱい活動の拡大など市民の要望にこたえる事業として積極的に取り組んでまいりたいと思います。

  次に、安全、安心な暮らしやすいまちづくりについてであります。生命や財産に対する不安を感じず、心穏やかに生活できることは、快適な暮らしの基礎となるものであります。一昨年2度にわたって激甚災害を経験し、私たちは多くのことを教訓として学びました。それらを糧にあらゆる分野で検証を重ね、昨年6月の防災訓練では1万2,000人以上もの市民の参加を得てその成果を実現したほか、10月には防災・減災シンポジウムを開催し、災害発生時より各地から寄せられた温かいご支援に対する感謝の気持ちを示させていただくとともに、災害に強いまちづくりに向け、大きな一歩を踏み出しました。新年度においても減災という観点から、緊急時に市民、行政、関係機関が一体となって的確に対処、行動することのできる防災体制を充実させるほか、防災訓練を継続して実施するとともに、日ごろからの防災意識の啓発を図っていきたいと考えています。また、応急仮設住宅に入居されている方々を初めとする被災者への支援に引き続き取り組んでまいります。加えて浸水対策など災害に強い社会基盤の整備を行うことで、市民の安全と安心を確保してまいります。

  さらに、災害、犯罪、事故等の幅広い分野を網羅した安全安心なまちづくり条例の制定により、市民、事業者、行政の役割を明確にするとともに、自分たちの地域は自分たちが守るという意識のもと、防災ボランティアの育成や自主防災組織の拡大に向けた支援を行ってまいります。また、犯罪のないまちづくりを目指し、犯罪の起こりにくい地域環境をつくる取り組みとして青色灯パトロール車の導入や地元事業者の協力を得て行うながらパトロール車の配備のほか、先ごろ運用を開始した緊急情報メール配信システムを利用した不審者対応の防犯訓練を実施いたします。そして、救援救助体制の充実といたしまして、市民、救急隊、医療機関の連携をより強固にするため市内3カ所に自動体外式除細動器を配備し、心臓発作等の応急手当てに対応できるよう環境整備を行い、同時に応急手当てに関する知識や技術の普及を図り、救命率の向上に努めてまいります。

  また、安全、安心なまちをつくっていくことは、生活する人にとって本当に使いやすい都市環境を整備していくことにもつながります。生涯を通して住みつづけることのできる暮らしやすいまちを目指し、効率的な道路網の整備として坂井19号線及び今町新潟線は新年度を完了年度として整備を進めてまいります。

  また、積極的な提案型事業に対して国から財源措置がなされるまちづくり交付金事業に新規に取り組み、広域幹線道路整備や地域生活基盤施設、防災施設整備、商店街のまちなかにぎわい事業などに着手いたします。そして、歩行者の安全確保や交通量、まち並みと景観に配慮した道路空間を整備するため、都市計画街路事業として継続して取り組んでいる大川端線、本町葛巻線、見附下新町線、バリアフリー事業としての県道改良事業につきましても、引き続き県と協力して整備を行うほか、今町大橋かけかえに伴い、新規に見附今町線整備事業に着手いたします。また、住環境整備のため、下水道事業を市街化調整区域へと拡大し、順次進めてまいります。

  一方、合流式処理地域の浸水対策改善事業については、本格工事着手に向けた実施設計を行い、早期改善を目指します。そのほか冬期間の良好な生活を確保するための融雪施設につきましては、新たな施設整備の方針に基づき、整備を進めてまいります。

  次に、産業が元気で活力あるまちづくりについてであります。市民生活の豊かさを確保するには地域の産業が元気であることが必要不可欠であります。また、雇用の充実はUターンなど若者をふるさとに向かわせる大きな条件でもあります。さきに述べました景気の回復基調に加え、県営中部産業団地にはこれまでに15社が進出しており、産業構造の多角化と雇用の拡大、さらには市の財政基盤の安定確保に明るさが見えてきたところであります。今後ともさまざまな分野の優良企業や先端技術を活用した企業を誘致、集積することで多様な業種によるバランスのとれた産業構造への転換を進めるほか、市内での就労の場の確保を図るとともに地元経済界との交流の場を設け、地域経済の活性化を図っていきたいと考えます。そこで、用地取得助成金などの企業設置奨励助成制度について一部内容の見直しを図りながら再度延長し、県と連携をとりながら積極的に優良企業の誘致に取り組む考えであります。加えて独自の技術やアイデアに基づく前向きな取り組みとしての新技術、新製品等の開発、高度化に対する支援や起業化に対する支援も引き続き行ってまいります。

  一方、新しい産業とともに既存の地場産業の振興を欠かすことはできません。頑張る農林業者、そして商工業者に対する支援についても引き続き取り組んでまいります。

  農業につきましては、国の農政の大改革により競争、自立の農業への変革が強く求められております。足腰の強い、産地間競争に打ち勝つことのできる産地形成を支援するため、種もみ乾燥施設整備に対し助成を行うほか、農地の集積化や集落営農を進めるための助成事業を市単独で行ってまいります。また、食の安全性、信頼性の向上と生産の拡大を目指し、継続的に取り組んでおります減農薬野菜の生産者、エコファーマーの拡大、ネーブルみつけでの健康野菜の直売、地元農産物の学校給食での活用に対する支援などを引き続き行い、見附市独自の地消地産の取り組みをさらに推進してまいります。

  一方、繊維産業につきましても新商品開発、販路拡大、外国人研修に対する補助など積極的に支援を拡大してまいります。

  また、市内商店街の振興対策におきましては、まちづくり交付金事業の中でまちなかにぎわい調査、まちの駅サテライト事業、まちなか緑化事業などを実施し、商店街のイメージアップとにぎわい創出を図る取り組みを新規に行います。

  一方、首都圏に向けた特産品のPRイベント「見附のとっておき百選」は、回を重ねるごとに来場者が増加し、昨年11月の第3回開催時にはついに3,000人を突破いたしました。新年度も継続して開催し、市の魅力を大いにアピールするとともに、新たな販路開拓に向けた支援を行ってまいります。

  次に、人が育ち、人が交流するまちづくりについてであります。魅力ある住みよいまちを支えるのは生きる力にあふれ、思いやりを大切にする人であり、そうした人と人との優しいきずなであります。まちづくりとは、すなわち人づくりであると言えます。子供から高齢者までライフステージに応じた学びの環境づくりを進めていきたいと考えます。

  学校教育においては、昨年の夏休みに初めて実施したところ、延べ1,400人を超える参加があったわくわく体験塾のほか、総合学習の導入以前から市独自の取り組みとして実施してまいりましたわくわく見附アクションプラン、さらには市内の小中養護学校、全13校がそれぞれの特色ある学習活動や日ごろの取り組みを広く市民に発表、説明するスクール・アカウンタビリティー・in見附など教育の質をより高める取り組みを新年度も引き続き推進してまいります。また、安全、安心な学びの環境を確保することは、行政の責務であります。中越大震災の被害を受けた今町小学校の改築検討委員会を専門家、地域の方々及び関係者で立ち上げ、学校施設整備に向けた検討を行いたいと考えております。そのほか文部科学省の委嘱を受け、平成17年度からの3年間南中学校区をモデル地域として実施いたします学校を中心とした食育推進事業についても、引き続き各学校や地域における実践活動を支援してまいります。また、学校補助員の増員を行い、障害のある児童への手助けを充実させるとともに学校生活の悩みを打ち明けることができ、解決策へと導いてあげられる相談体制や不登校への対策も引き続き行ってまいります。

  一方、市民の学習意欲にこたえるため、生涯学習の機会の充実や人材育成の支援とともに市民の文化、スポーツ活動の推進に努めてまいります。さらに、音楽振興アドバイザー事業に新たに取り組み、アルカディア音楽祭の指揮者として長年にわたり尽力されている船橋先生からご協力いただくなど、子供たちの音楽教育の充実や地域の音楽文化の振興を図ってまいります。

  一方、地域における交流が活性化することで、人と人との支え合いによって問題を解決する地域の連帯感が生まれ、それがやがては地域のことは自分たちで考え、決めるという地域自治へと発展していきます。地域の課題について町内会、PTA、防犯、防災組織などが連携し、一体となって活動していく仕組みとして地域コミュニティーの構築を進めてまいります。まずは新たにモデル地域を選定し、地域住民が主体となった組織づくりや計画づくりを支援してまいります。そして、段階的に市内に広げていきたいと考えています。

  一方、見附らしさや魅力を向上し、広く発信していくためには産業、経済、教育、文化、防犯、防災、まちづくり等々のあらゆる分野において人、もの、情報の交流を活発にする必要があると考えます。その一つとして、まちの駅「ネーブルみつけ」を拠点に市内各所にもまちの駅サテライトを設置し、地域の情報発信や交流の場を拡大することでまちのにぎわいを創出したいと考えています。また、市民同士の交流だけでなく、市や県といった枠を超えて首都圏などのさまざまな人々との交流を盛んにしていく事業を推進していきたいと考えております。

  さて、限られた財源の中でこれらの都市の将来像を実現していくためには、簡素でなおかつ効果的、効率的な自主、自律のまちづくりが前提条件となり、積極的な行財政改革が必要不可欠であります。昨年8月には市民の委員を中心とした自律推進会議からの答申に基づき、自律推進プログラムを策定いたしました。将来に持続可能なまちづくりを目指し、平成19年度までの3カ年を重点実施期間として体質改善を図る行財政再生プランであります。このプログラムをもとに、新年度においては市民にわかりやすい行政サービスの提供を目指して組織の再編を行います。また、正規職員の採用を停止し、給与費の削減に取り組むほか、指定管理者制度の導入により施設の公設民営化を推進し、市役所みずからスリム化を行ってまいります。その一方で、市民及び有識者による外部評価制度を立ち上げ、市が行っている事務事業の必要性、妥当性、有効性について検討し、見直しを行うほか行政サービスを利用する人と利用しない人の負担の公平性を図るという受益者負担の原則に基づき、公共料金の見直しや公共施設使用料の有料化を実施してまいります。

  以上、第4次総合計画に掲げた都市の将来像の四つの柱を中心に主な施策についてその概要を申し上げました。

  平成18年度の一般会計は131億4,000万円、5特別会計と3企業会計を含めた予算総額は308億2,200万円で、本年度に比べて1.0%増の予算編成を行いました。

  さて、市長に就任して3年4カ月。私は、見附市を元気にしたい、希望や夢の持てるまちへと見附市を変えたいという信念のもと、住むことに愛情と誇りを持ち、一生暮らしたいと思えるようなまちづくりの実現に向け、精いっぱい努力をしてまいりました。冒頭に述べました第4次総合計画の基本理念である「住みたい、行きたい、帰りたい、やさしい絆のまちみつけ」は、まさに私の目指すまちづくりのあり方そのものであります。健康づくりや子育て支援、花と緑の景観整備、県営中部産業団地への企業進出に伴う産業構造の強化など長年にわたって丹念にまかれてきた先人たちの希望の種がこれまでの地道な活動によってはぐくまれ、見附市にしかない魅力や価値として着実に実を結んでおります。これは、必ず将来の宝となります。そして、見附市の強み、輝きといったものはたくさんあります。私は、こうした魅力を掘り起こし、さらに磨きをかけ、この新潟県のど真ん中から大いに発信してまいります。私は、見附市ならでは、見附市だからこそと胸を張って言えるかけがえのないオンリーワンのまちを実現するため、今後も決して立ちどまることなく前向きに、そして元気いっぱい全力を尽くしてまいる所存であります。

  ここに議員並びに市民各位のご理解とご協力をお願い申し上げ、平成18年度の市政運営に臨む私の所信表明といたします。



○高橋清治議長 以上をもって市長の施政方針は終わりました。

                                            



△日程第4 議第10号 専決処分について(平成17年度見附市一般会計補正予算(第5号))



○高橋清治議長 日程第4、第10号議案を議題とします。

  提案理由の説明を求めます。

  企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 議第10号の専決処分について説明申し上げます。

  平成17年度見附市一般会計補正予算(第5号)を1月28日付で専決処分いたしましたので、議会の承認をお願いするものでございます。

  条文第1条におきまして、歳入歳出にそれぞれ1億2,640万円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ142億4,670万円とするものでございます。

  第2条の地方債の補正につきましては別表で説明いたします。2ページをお願いします。第2表、地方債の変更でありますが、過年災害の道路等復旧事業増のため、借り入れ限度額を補正するものでございます。

  次に、8ページの事項別明細書の歳出をお願いいたします。8款土木費でございます。2項6目の道路除雪費につきましては、1月28日の除雪をもちまして既決予算を使い切ってしまいましたので、その後の降雪に備えて5,000万円を追加補正したものでございます。

  次に、11款災害復旧費、2項土木施設災害復旧費でございますが、過年災害の道路等復旧事業費の確定による増でございます。

  次に、歳入を説明いたしますので、6ページをお願いいたします。9款の地方交付税は、普通交付税の確定による増であります。

  20款市債につきましては、事業の財源確保のために借り入れ見込額を計上したものでございます。

  以上、急を要する補正案件として専決処分したものでございますので、よろしくご承認いただきますようお願いいたします。



○高橋清治議長 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  18番、佐藤議員。

               〔佐藤数幸議員登壇〕



◆佐藤数幸議員 道路除雪5,000万円の増額補正でありますが、この冬の除雪状況などについて具体的にご説明をいただければと思います。



○高橋清治議長 建設課長。

               〔大竹伸一建設課長登壇〕



◎大竹伸一建設課長 ただいまの佐藤議員のご質問にお答えいたします。

  今年度の冬期の除雪の状況でございますけれども、今年度は12月、1月と豪雪に見舞われまして、2月末現在におきまして一斉除雪が11回、それから山沿いのみの出動が1回、委託の予算といたしまして総額2月末現在で1億150万円程度の支出になってございます。

  以上でございます。



○高橋清治議長 ほかに質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております第10号議案については、会議規則第37条第2項の規定によって委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、第10号議案については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 これにて討論を集結します。

  これより第10号議案を採決します。

  本案は原案のとおり承認することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、本案は原案のとおり承認されました。

                                            



△日程第5 議第1号 平成18年度見附市一般会計予算



○高橋清治議長 日程第5、第1号議案を議題とします。

  提案理由の説明を求めます。

  企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 議第1号 平成18年度見附市一般会計予算について説明申し上げます。

  予算書の1ページをお願いいたします。条文第1条、歳入歳出予算の総額をそれぞれ131億4,000万円と定めるものでございます。

  第2条の債務負担行為及び第3条の地方債につきましては、後ほど説明いたします。

  第4条では、一時借入金の最高額を15億円と定めております。

  第5条は、歳出予算の流用を定めております。

  次に、6ページをお願いいたします。第2表、債務負担行為の内訳でございます。記載のとおり各種貸付金に対する損失補償契約、指定管理者との契約及び土地開発公社の借り入れに対する債務保証を行うため、それぞれの期間と限度額を設定するものでございます。なお、指定管理契約の期間につきましては正誤表で訂正をさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。

  第3表の地方債につきましては、事業別の起債計画などでそれぞれの限度額、起債の方法、利率等を定めたものでございます。

  次に、歳入歳出予算について歳出から説明をいたします。42ページをお願いいたします。1款議会費につきましては、議員報酬及び職員給与費並びに議会運営に要する経常的経費でございます。内訳は説明欄のとおりであります。

  次に、44ページをお願いします。2款総務費、1項総務管理費につきましては、給与費を初めとする一般行政経費のほか、自律推進対策事業費、まちづくり推進事業費などの所要額を計上しております。

  76ページをお願いいたします。2項徴税費以下80ページの3項戸籍住民基本台帳費、82ページ、4項選挙費、88ページの5項統計調査費、90ページ、6項監査委員費、これらにつきましては所要経費を計上してあります。

  92ページをお願いします。3款民生費でございます。1項社会福祉費につきましては、障害者対策、高齢者福祉などの所要額でございます。なお、特別会計への繰出金といたしまして国民健康保険事業へ2億1,400万円、老人保健事業へ2億9,000万円、介護保険事業へ3億7,500万円をそれぞれ計上しております。

  106ページをお願いします。2項児童福祉費でございますが、土曜保育時間の延長、児童手当の拡充などの子育て支援を充実しております。

  114ページをお願いいたします。3項生活保護費でございますが、各種の生活扶助に要する経費でございます。

  116ページをお願いいたします。4項民生費災害救助支援費でございますが、中越地震による被災者生活再建支援に要する所要額でございます。

  118ページをお願いいたします。4款衛生費でございます。1項保健衛生費につきましては、各種検診や予防接種に要する経費、乳幼児医療費助成費、老人保健費などを計上しております。なお、医療費の助成につきましては通院に係る幼児の対象年齢を拡充することといたしております。また、重要施策といたしまして、いきいき健康づくり事業につきましても引き続き健康運動教室の拡充などに努めてまいります。なお、病院事業会計への繰出金は2億4,000万円となっております。

  132ページをお願いいたします。2項清掃費につきましては、ごみ処理等に要する諸経費でございますが、新たに廃プラスチック回収を実施するなど環境対策事業を充実してまいります。

  142ページをお願いいたします。5款労働費につきましては、雇用対策事業と勤労者家庭支援施設の管理に要する経費でございます。

  144ページをお願いいたします。6款農林水産業費でございます。1項農業費につきましては、水稲作付の数量調整事業や生産組織育成事業などの農業振興費のほか、ほ場整備等農地の基盤整備関連事業費などを計上しております。なお、農業集落排水事業への繰出金は1億800万円となっております。

  154ページをお願いいたします。2項林業費につきましては、林業振興事業と継続の林道開設事業などに要する経費でございます。

  160ページをお願いいたします。7款1項商工費でございますが、商工業振興策といたしまして繊維産業振興事業、企業設置奨励事業、各種制度融資事業のほか、商店街等中心市街地活性化を検討するまちなかにぎわい調査事業などに要する経費を計上してございます。

  166ページをお願いいたします。2項商工費災害救助支援費につきましては、災害復旧用の貸付金に係る利子補給金と被災者復興住宅用の貸付金でございます。

  168ページをお願いいたします。8款土木費でございます。1項土木管理費につきましては、管理諸経費と快適空間づくり事業に係る経費でございます。

  170ページをお願いいたします。道路橋りょう費につきましては、事業区分ごとに箇所づけ資料を配布してございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。

  180ページをお願いします。4項都市計画費につきましては、街路事業、公園建設事業などの所要額を計上しております。また、下水道事業への繰出金は11億400万円となっております。

  190ページをお願いいたします。5項住宅費は市営及び県営住宅の施設管理経費でございます。

  192ページをお願いいたします。6項土木費災害救助支援費につきましては、仮設住宅の管理費でございます。

  194ページをお願いいたします。9款消防費につきましては、消防救急活動に要する経費、水防、防災体制の維持、運営に要する経費でございます。

  202ページをお願いいたします。10款教育費でございます。1項教育総務費につきましては、教育行政全体に係る一般管理的経費と理科教育センターの施設管理費などを計上しております。

  212ページをお願いいたします。2項小学校費、そして220ページ、3項の中学校費につきましては小中学校の管理運営費とわくわく見附アクションプラン推進など教育振興に要する経費を計上してございます。

  226ページをお願いいたします。4項特殊学校費でございますが、見附養護学校の管理運営費でございます。

  230ページをお願いいたします。5項幼稚園費は、私立幼稚園就園奨励費補助金を計上してございます。

  232ページをお願いします。6項社会教育費につきましては、公民館、図書館などの各種事業費や管理運営費を計上してございます。

  246ページをお願いいたします。7項保健体育費でございます。各種体育事業の関係経費とスポーツ施設の管理費及び学校給食関係費を計上してございます。

  262ページをお願いいたします。11款災害復旧費でございます。1項の農林水産施設災害復旧費につきましては、農地、農業用施設及び治山林道施設に係る過年災害復旧事業費分などを計上してあります。

  264ページお願いします。2項土木施設災害復旧費につきましては、道路施設に係る過年災害復旧事業費分を計上してございます。

  270ページをお願いいたします。12款公債費につきましては、前年度までに発行いたしました起債の元利償還金と一時借入金の利子見込額でございます。

  272ページをお願いいたします。13款諸支出金は科目の設定をしております。

  274ページをお願いいたします。14款予備費といたしまして、前年度同額を計上いたしております。

  以上で歳出の説明を終わります。

  続きまして歳入の説明をいたしますので、戻りまして10ページをお願いいたします。1款市税につきましては、現行の税条例に基づく算定額に収納率を勘案して収入見込額を計上したものでございます。

  12ページをお願いいたします。2款地方譲与税、3款利子割交付金、14ページの4款配当割交付金、5款株式等譲渡所得割交付金、6款地方消費税交付金、7款自動車取得税交付金、8款地方特例交付金、9款地方交付税、10款交通安全対策特別交付金、これらにつきましてはいずれも収入実績や地方財政計画を参考に見積もり、計上したものでございます。

  次の11款分担金及び負担金、16ページの12款使用料及び手数料につきましては、条例等により、また実績を参考に計上をしてございます。

  18ページをお願いいたします。13款国庫支出金、それと22ページ、14款県支出金につきましては、いずれも歳出の該当事務事業に対する特定財源でございます。

  28ページをお願いいたします。15款財産収入につきましては、市有財産の貸付収入や各種基金の運用収入などを見込んだものでございます。

  30ページをお願いいたします。16款の寄附金は、主に科目の設定をしてございます。

  32ページをお願いいたします。17款繰入金につきましては、それぞれの事業目的に応じまして各基金から繰り入れをするものでございます。

  18款繰越金につきましては、例年のベースで計上いたしました。

  19款諸収入につきましては、各種貸付金に係る元利収入と雑入が主なものとなっております。

  40ページをお願いいたします。20款市債でございますが、冒頭の条文説明でいたしました起債計画に基づきまして計上をしたものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより質疑に入ります。

  まず、1ページから41ページまでの条文及び歳入全款に対して質疑はありませんか。

  16番、井上議員。

               〔井上慶輔議員登壇〕



◆井上慶輔議員 14ページの株式等譲渡所得割交付金、前年度に比較して大幅な増額ですが、この株式の内容と大幅な増額のあれはどのような内容か。



○高橋清治議長 企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 このものは国のルールに基づきまして交付されるものでございますので、株式譲渡における国の収入がふえたものにつきまして地方の方に配分されてくるものでございます。

  以上でございます。



○高橋清治議長 井上議員。

               〔井上慶輔議員登壇〕



◆井上慶輔議員 見附市が何株持っているとか、そういった性格ではなくてですか。



○高橋清治議長 企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 そのとおりでございます。



○高橋清治議長 6番、山田議員。

               〔山田武正議員登壇〕



◆山田武正議員 今ほど市税の収納率の説明があったところでございますが、ちょっと聞き漏らしましたもので、この設定の仕方をいま一度ご説明いただきたいと思います。



○高橋清治議長 税務課長。

               〔木歩士 保税務課長登壇〕



◎木歩士保税務課長 お答えいたします。

  収納率の設定、予算書に載せてございますが、予算額を100と出した場合それに対する収納率98%とか96%という前年実績に基づく数値でございます。

  以上です。



○高橋清治議長 山田議員。

               〔山田武正議員登壇〕



◆山田武正議員 今ほど前年実績に基づいてと、こういうことでございますが、私が過去四、五年さかのぼって収納率を見てみますと平成14年度に個人市民税が98.7%、法人市民税が99%、それから固定資産税が95%、都市計画税が95%でして、その後平成15年からは今の99%というのは全く動いていないわけでございますが、一番新しい資料、監査委員の方から出ております決算審査意見書、これを見ますと平成16年度、一番新しい資料になるわけですが、個人市民税の収納率が99.1%、法人市民税が99.5%、固定資産、都市計画税が97.2%の収納率になっております。これを私なりに計算してみますと、この四つの税の合計額、さやが2,896万円。前年実績でもって計算しますと2,896万円の歳入増が見込めるわけでございますが、この辺やっぱり本当に前年実績に基づいた計算をするべきだと私は思います。

  特に市長にお伺いしてみたいのですけれども、市長は民間のときに取締役をやられて会社経営をされたと、こういうことなのですが、法人が1年間の年間の経営計画を立てるに売り上げ目標とか原価計算、利益率を設定するに前年を下回るということはないと思うわけなのですけれども、最低でも前年の実績、もしくはその上を目標に設定して、少しでもそれに近づくような努力をする。この努力というのが一番大切ではないかと思うわけですけれども、特にこのようにして見附市が自律していく上でどうしても収納率の向上というのが必須条件になってこようかと思いますが、市長の収納に対する意気込みをひとつお伺いしたいと思います。



○高橋清治議長 久住市長。

               〔久住時男市長登壇〕



◎久住時男市長 民間の決算と一番違うところは、今もそうですけれども、対前年予算比という形になっております。民間の場合は対前年の決算を得て、決算をもとに予算を組むということが経営としては一番妥当な判断ができるということなのですが、長年の、この自治体の、または国もそうですけれども、基本的なものは前年予算比というのがもとになっている。ここのところを民間の発想でいえば、何とか前年の決算をもとに、その決算をベースに次年度の予算がどう違うかというようになるべきだとは思いますが、一概にすぐにその仕組みを変えるわけにいかないというふうに私はその難しさと、または判断するときに私個人では前年の決算なりの実態に比べてこの予算がどうかというふうな形で判断をさせてもらっておりますが、ただ仕組みとしてすべて対前年予算比となっている実態。このあたりがちょっと課題ではあろうかとは思っております。その面で今歳入の場合、本当に現実的な数字で出すというのが一つは理想でしょうけれども、今までの経過の中から従来どおりの、要するに概略として99というもので実際につくって、それが前年の予算もそうでありましたので、そういう形で採用したという経過であろうかと思います。その面ではご指摘のような形でなればいいなと希望は持っておりますが、現状としてはそういう形で仕組みが今動いているということが実態かと思います。答えになっているかどうかわかりませんけれども、そういうことでございます。



○高橋清治議長 ほかに質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、歳出の42ページから117ページまでの第1款議会費から第3款民生費までに対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、118ページから167ページまでの第4款衛生費から第7款商工費までに対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、168ページからの第8款土木費以降全部に対して質疑はありませんか。

  7番、佐々木議員。

               〔佐々木志津子議員登壇〕



◆佐々木志津子議員 205ページの学校補助員についてお尋ねをしたいと思います。

  市長の施政方針の中に学校補助員の充実を図るというふうに大変うれしいお言葉をいただいたのですが、たしか今年度補正を組んでいただきまして、7人の補助員の確保をしていただいたと思います。ところが、年度終わりの3月までではなくて、2月で終わってしまったという実績がございます。新年度の予算の中で、これは10人分というふうに伺っているのですが、何カ月分の予算計上になっているのか、その辺をお聞かせいただきたいと思います。



○高橋清治議長 学校教育課長。

               〔石田勝美教育委員会事務局学校教育課長登壇〕



◎石田勝美教育委員会事務局学校教育課長 佐々木議員のご質問にお答えいたします。

  これは被災地緊急雇用事業の一環でありまして、1年間の予定で組ませてもらっています。

  以上であります。



○高橋清治議長 ほかに質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第1号議案については、お手元に配布してあります議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託をします。

  会議の途中でございますが、ここで10分間休憩をとりたいと思いますので、よろしくお願いします。

               午前11時02分  休 憩

                                            

               午前11時11分  開 議



○高橋清治議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△日程第6 議第2号 平成18年度見附市国民健康保険事業特別会計予算

     議第3号 平成18年度見附市老人保健事業特別会計予算  

     議第4号 平成18年度見附市介護保険事業特別会計予算  

     議第5号 平成18年度見附市下水道事業特別会計予算   

     議第6号 平成18年度見附市農業集落排水事業特別会計予算



○高橋清治議長 日程第6、第2号議案から第6号議案までの5件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、第2号議案及び第3号議案、市民生活課長。

               〔田伏 智市民生活課長登壇〕



◎田伏智市民生活課長 議第2号 平成18年度見附市国民健康保険事業特別会計予算についてご説明申し上げます。

  295ページお願いいたします。条文第1条におきまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ31億9,500万円とするものでございます。

  第2条におきまして、歳出予算の流用を定めております。

  次に、事項別明細書の歳出からご説明いたしますので、308ページをお願いいたします。1款総務費、1項1目一般管理費につきましては、国保事業に係ります一般的事務経費でございます。

  310ページをお願いいたします。2項徴税費でございますが、保険税の賦課徴収に係る通常経費を計上したものでございます。

  312ページ、3項運営協議会費は国保運営協議会に係ります経費を計上いたしました。

  314ページをお願いします。2款保険給付費、1項療養諸費でございますが、退職被保険者数の増加や医療費の高度化により保険給付が増加しております。前年度当初予算に比べて7.2%増の19億8,390万円を計上いたしました。

  次に、316ページをお願いします。2項高額療養費でございますが、前年度の給付実績から13.3%増の2億400万円を計上いたしました。

  ページを飛びまして、320ページをお願いします。4項出産育児一時金ですが、被保険者の出産に際して30万円を支給するもので、平成17年度と比較して10人減の30人分、900万円を計上しております。

  次のページ、5項葬祭費につきましては被保険者の死亡に際し、1件5万円を支給するもので、前年度と同額の120万円を計上いたしました。

  324ページに移りまして、3款老人保健拠出金、1項1目老人保健医療費拠出金でございますが、平成14年10月の医療制度改正により老人保健対象者数が減少していることから、見込みにより前年度当初比マイナス12.5%の5億7,300万円を計上いたしました。

  次ページの4款介護納付金でありますが、国保の被保険者のうち40歳から64歳までの方に係る介護保険の負担金を保険税で徴収し、納付するものでございます。支払い先である支払基金からの算式等をもとに、2億2,800万円を計上いたしました。

  328ページをお願いいたします。5款共同事業拠出金、1項1目高額医療費拠出金につきましては、過去2カ年の実績が多いことから、前年度より1,140万8,000円の増額で計上いたしました。

  330ページ、6款保健事業費につきましては、引き続き人間ドック、脳ドックを実施していくとともに、医療費通知についても継続することとし、所要額を計上しております。前年度予算から376万9,000円減となるのは、健康診断の予定数を減らしたことなどによるものでございます。

  332ページの7款基金積立金以降につきましては、説明欄に記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。

  続いて、歳入についてご説明いたしますので、302ページをお願いします。1款国民健康保険税につきましては、前年とほぼ同額の9億6,223万2,000円を計上しております。

  次に、3款国庫支出金、次ページ、1項1目療養給付費等負担金につきましては、一般被保険者の療養給付費、老人保健拠出金、介護保険納付金の34%を国から負担金としていただくものでございます。前年度の当初予算段階では40%が国の負担であったものが平成17年度途中で36%に変更され、平成18年度からは34%に固定されるものでございます。この影響により前年度から1億1,463万9,000円の減額で計上しております。

  4款療養給付費等交付金につきましては、退職被保険者等の療養給付費として支払基金から交付されるもので、給付の増加に連動して8,565万1,000円の増額を見込んでおります。

  5款県支出金、2項1目県財政調整交付金は、三位一体の財政改革により昨年から新設されたものですが、平成18年度は給付費等の7%相当額の1億2,800万円を見込んでございます。

  6款共同事業交付金につきましては、高額医療において基準を超えた支払いとなった場合、その一部が交付金として交付されるものであり、2,174万8,000円増の6,474万8,000円を計上しております。

  続いて306ページに移りまして、8款繰入金、1項1目一般会計繰入金につきましては、基盤安定繰入金などルールに基づく分を計上いたしました。

  2項基金繰入金につきましては、保険給付準備基金のほぼ全額を取り崩すこととしております。

  9款繰越金以降につきましては、説明欄記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。

  続きまして、議第3号 平成18年度見附市老人保健事業特別会計予算についてご説明いたしますので、343ページをお願いいたします。条文第1条におきまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ36億400万円と定めるものでございます。

  次に、事項別明細書の歳出からご説明いたしますので、352ページをお願いいたします。1款総務費につきましては、人件費及び電算処理関係の委託料等の一般的経費を計上したものです。

  354ページをお願いいたします。2款医療諸費、1項1目医療給付費につきましては、制度改正により給付費は減少傾向にあり、平成18年度は前年度に比べマイナス3.2%の35億3,206万円を計上いたしました。

  続いて、356ページ、3款諸支出金、358ページ、4款予備費は記載のとおりでございます。

  続いて、歳入についてご説明申し上げますので、350ページをお願いいたします。歳入につきましては、歳出でご説明いたしました老人医療費に対して支払基金、国、県及び市から一定の負担割合により負担をしてもらうものが主なものでございます。金額等は記載のとおりであります。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第4号議案、健康福祉課長。

               〔池山久栄健康福祉課長登壇〕



◎池山久栄健康福祉課長 議第4号 平成18年度見附市介護保険事業特別会計予算についてご説明を申し上げますので、365ページをお願いいたします。

  条文第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ25億5,900万円と定めるものでございます。

  第2条におきまして、歳出予算の流用について定めるものでございます。

  次に、事項別明細書により歳出からご説明申し上げますので、378ページをお願いいたします。1款総務費、1項1目一般管理費につきましては、職員給与費を初め非常勤職員賃金や介護保険システム保守委託料など介護保険事業運営に係る一般経費を計上したものでございます。説明欄をごらん願います。

  380ページをお願いいたします。2項1目賦課徴収費につきましては、保険料の賦課徴収にかかわる関係経費でございます。

  382ページをお願いします。3項1目介護認定費につきましては、介護認定審査会及び認定調査に係る経費でございます。

  384ページをお願いします。2款保険給付費、1項介護サービス等諸費につきましては、要介護1から5までの方々が利用いたします各種介護サービスごとに給付費を計上したものでございます。なお、主なものといたしまして1目居宅介護サービス給付費1億5,030万円の減、3目地域密着型介護サービス給付費1億円の増、5目施設介護サービス給付費7,100万円の減につきましては、昨年の10月及びことし4月の介護保険法改正の施行による増減を見込んだものでございます。

  388ページをお願いいたします。2項介護予防サービス等諸費につきましては、要支援1、2と認定された者に対する各種介護サービス給付費を改正介護保険法によりそれぞれ計上してございます。

  392ページをお願いいたします。3項1目審査支払委託料につきましては、国保連合会に委託しております介護報酬審査支払い委託料でございます。

  394ページ、4項高額介護サービス等費につきましては、介護サービス費及び介護予防サービス費が一定額以上になったときに所得に応じた軽減措置を講ずる負担金でございます。

  396ページをお願いいたします。5項特定入所者介護サービス等費につきましては、昨年10月改正により居住費、食費が自己負担になりましたが、低所得者には所得に応じた負担限度額を定め、減額相当分について補足的に給付する経費でございます。

  400ページをお願いいたします。3款1項1目財政安定化基金拠出金につきましては、介護保険財政安定化を図るため、県で設置する基金への拠出金でございます。

  402ページお願いいたします。4款地域支援事業費、1項介護予防事業費、404ページ、2項包括的支援事業・任意事業費につきましては、65歳以上の高齢者に対して実施する8介護予防事業、4包括的支援事業、5任意事業に係る経費を計上したものでございます。説明欄をごらんいただきたいと思います。

  408ページをお願いいたします。5款基金積立金、1項1目介護給付費準備基金積立金につきましては、保険給付等に不足が生じたときの財源として積み立てるものでございます。

  410ページ、6款諸支出金につきましては、第1号被保険者保険料の還付金及び介護給付費精算金でございます。

  次に、歳入についてご説明いたしましたので、372ページをお願いいたします。1款保険料、1項1目第1号被保険者保険料につきましては、65歳以上の第1号被保険者の保険料を計上してございます。説明欄をごらんいただきたいと思います。

  2款使用料及び手数料、1項1目の督促手数料につきましては記載のとおりでございます。

  3款国庫支出金及び4款支払基金交付金、374ページ、5款県支出金につきましては、保険給付費及び地域支援事業に対しましてそれぞれの負担率により計上したものでございます。

  次に、6款財産収入、1項1目基金運用収入は介護給付費準備基金の利子収入でございます。

  7款繰入金、1項1目介護給付費繰入金は、給付費に対します見附市負担分でございます。2目の地域支援事業繰入金につきましては、介護予防事業、包括的支援事業、任意事業に対する見附市負担分でございます。3目のその他一般会計繰入金、2項1目介護給付費準備基金繰入金、8款の繰越金及び9款諸収入につきましては、説明欄記載のとおりでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第5号議案及び第6号議案、ガス上下水道局長。

               〔平賀大介ガス上下水道局長登壇〕



◎平賀大介ガス上下水道局長 議第5号 平成18年度見附市下水道事業特別会計予算についてご説明いたしますので、417ページをごらんいただきたいと思います。

  第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ24億1,700万円と定めるものでございます。

  第2条、債務負担行為及び第3条、地方債につきましては、後ほどご説明いたします。

  第4条は、一時借入金の借り入れの最高額を5億円と定めるものでございます。

  420ページをお願いいたします。第2表の債務負担行為でございますが、排水設備設置資金融資による融資先に対する損失補償契約でございまして、期間及び限度額を記載のとおり定めるものでございます。

  第3表の地方債でございますが、下水道事業について限度額4億3,610万円に起債の方法、利率及び償還の方法を記載のとおり定めるものでございます。

  次に、事項別明細書により歳出予算からご説明いたしますので、428ページをごらんいただきたいと思います。1款1項1目一般管理費6,044万6,000円につきましては、下水道使用料の調定、水洗化の普及等下水道事業に係る管理経費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして875万4,000円の減となっておりますが、職員給与費、賃金及び負担金等の減が主な要因でございます。

  次に、430ページをお願いいたします。2款1項1目管渠管理費4,115万2,000円につきましては、下水道管渠とその附帯施設の維持管理費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして95万5,000円の増となっておりますが、施設修繕料及び役務費の増が主な要因でございます。次に、2目ポンプ場管理費853万6,000円につきましては、市街地の雨水排水を行う葛巻ポンプ場の維持管理費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして465万5,000円の減となっておりますが、請負工事費の減が主な要因でございます。次に、3目処理場管理費3億6,084万円につきましては、次のページ以降ごらんいただきたいと思います。葛巻と今町の両処理場の維持管理費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして1,001万8,000円の減となっておりますが、職員給与費の減が主な要因でございます。

  次に、436ページをお願いいたします。3款1項1目下水道新設費8億8,828万2,000円につきましては、下水道施設の建設費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして1,495万4,000円の増でございますが、今町処理場の機械及び電気設備の更新工事費の増が主な要因でございます。また、浸水対策として雨水貯留管の実施設計及び見附第2処理区の雨水現況調査委託料を計上したものでございます。

  次に、440ページをお願いします。4款公債費10億5,674万4,000円につきましては、これまでに借り入れいたしました地方債の元金及び利子の償還金を計上したものでございます。

  次ページをお願いいたします。5款予備費100万円を計上したものでございます。

  前に戻っていただきまして、424ページ、歳入予算についてご説明します。1款1項1目下水道受益者分担金1,810万円及び2目下水道受益者負担金510万円につきましては、既に分担区、負担区となっている受益者の残りの年割分を計上したものでございます。

  次に、2款1項1目下水道使用料4億8,150万円につきましては、下水道使用料の料金改定及び今後新たに供用開始となる区域の水洗化戸数の増加を見込みまして、前年度比6,300万円増で計上したものでございます。

  次に、3款1項1目下水道事業費国庫補助金につきましては、補助対象事業費6億3,700万円に対する補助金3億2,288万5,000円を計上したものでございます。

  次に、4款1項1目一般会計繰入金11億400万円につきましては、一般会計からの繰入金でございまして、前年度比8,400万円減で計上したものでございます。

  次に、5款繰越金、6款諸収入、次ページの7款市債につきましては、説明欄記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。

  以上で下水道事業特別会計予算の説明を終わりまして、続きまして農業集落排水事業についてご説明いたしますので、451ページをごらんいただきたいと思います。議第6号 平成18年度見附市農業集落排水事業特別会計予算についてご説明申し上げます。第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億7,300万円と定めるものでございます。

  第2条の債務負担行為につきましては、後ほど説明いたします。

  第3条は、一時借入金の借り入れの最高額を2,000万円と定めるものでございます。

  454ページをごらんいただきたいと思います。第2表の債務負担行為でございますが、排水設備設置資金融資による融資先に対する損失補償契約でございまして、期間及び限度額を記載のとおり定めるものでございます。

  次に、事項別明細書により歳出予算から説明しますので、462ページをごらんいただきたいと思います。1款1項1目一般管理費2,157万円につきましては、使用料の調定、水洗化普及等農業集落排水事業に係る管理経費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして1,988万円の減ですが、歳入の県補助金の減に伴い、起債償還基金積立金の減が主な要因でございます。

  次に、464ページをお願いします。2款1項1目施設管理費4,562万5,000円につきましては、管渠とその附帯施設及び処理場の維持管理費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして126万8,000円の増ですが、上北谷浄化センターの汚水発酵乾燥機の本格稼働により光熱水費及び維持管理委託料の増が主な要因でございます。

  次に、468ページをお願いいたします。3款公債費1億530万5,000円につきましては、これまでに借り入れしました地方債の元金及び利子の償還金を計上したものでございます。

  次ページお願いいたします。4款予備費50万円を計上したものでございます。

  前に戻っていただきまして、458ページ、歳入予算についてご説明申し上げます。1款1項1目農業集落排水事業受益者分担金5万円につきましては、滞納繰り越し分を計上したものでございます。

  次に、2款1項1目農業集落排水施設使用料3,100万円につきましては、使用料金の改定及び上北谷地区の水洗化戸数の増を見込みまして、前年度比400万円増で計上したものでございます。

  次に、3款1項1目農業集落排水事業費県補助金2,969万6,000円につきましては、説明欄記載のとおり起債償還補助金を計上したものでございます。

  次に、4款1項1目基金運用収入5万2,000円につきましては、起債償還基金の預金利子収入を計上したものでございます。

  次に、5款繰入金1億800万円につきましては、一般会計からの繰入金で前年度比1,000万円増で計上したものでございます。

  次に、6款繰越金、7款諸収入につきましては、それぞれ説明欄記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第2号議案に対して質疑はありませんか。

  5番、浅野議員。

               〔浅野三夫議員登壇〕



◆浅野三夫議員 1点。321ページ、出産育児一時金についてお伺いいたします。

  先ほど説明によりますと出産育児一時金交付金、たしか30万円とおっしゃいましたと私聞いておりますけれども、この国会で平成18年度予算案でこの育児一時金が30万円が35万円に引き上げられたと私は思いますけれども、いま一度お伺いいたします。



○高橋清治議長 市民生活課長。

               〔田伏 智市民生活課長登壇〕



◎田伏智市民生活課長 今議員がおっしゃいましたとおり、10月から1人35万円に変更されます。したがいまして、9月議会で条例改正をさせていただいて、補正等をさせていただく予定にしております。

  以上でございます。



○高橋清治議長 ほかに質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第3号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第4号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第5号議案に対して質疑はありませんか。

  10番、渡辺議員。

               〔渡辺みどり議員登壇〕



◆渡辺みどり議員 428、430ページの一般管理費及び処理場管理費のところの前年度減に対して、局長のご説明は職員給与費等の減額というふうにご説明があったのですが、今回機構改革等が提出されますが、そこあたりの兼ね合いがあるのか、両方合わせて約1,800万円くらいの減額になりますが、そこあたりについてもう少し詳しくご説明いただけますか。



○高橋清治議長 ガス上下水道局長。

               〔平賀大介ガス上下水道局長登壇〕



◎平賀大介ガス上下水道局長 ただいまの渡辺議員の質問にお答えします。

  今年度6月議会で補正予算で上げました処理場管理費の中で、水質試験につきまして民間委託したものですから、そのために職員を減じたというふうなことが主な原因です。

  以上でございます。



○高橋清治議長 ほかに質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第6号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第2号議案から第6号議案までの5件については、議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託します。

                                            



△日程第7 議第7号 平成18年度見附市水道事業会計予算

     議第8号 平成18年度見附市ガス事業会計予算

     議第9号 平成18年度見附市病院事業会計予算



○高橋清治議長 日程第7、第7号議案から第9号議案までの3件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、第7号議案及び第8号議案、ガス上下水道局長。

               〔平賀大介ガス上下水道局長登壇〕



◎平賀大介ガス上下水道局長 議第7号 平成18年度見附市水道事業会計予算についてご説明いたしますので、見附市水道事業会計予算書、見附市ガス事業会計予算書という冊子の1ページをごらんいただきたいと思います。

  第2条は、業務の予定量でございまして、給水戸数、年間総給水量、1日平均給水量及び主要な建設改良事業をそれぞれ記載のとおり見込んだものでございます。

  第3条は、収益的収支でございまして、水道事業収益を11億5,900万円、水道事業費を10億5,600万円と定めるものでございます。

  第4条は、資本的収支でございまして、資本的収入を3億7,000万円、資本的支出を7億9,500万円と定めるとともに、収支の不足額4億2,500万円は条文括弧書きのとおり補てんするものでございます。

  次に、2ページをお願いいたします。第5条の企業債は、配水管布設替え事業について限度額を2億5,400万円とし、起債の方法、利率、償還の方法を定めるものでございます。

  第6条は、一時借入金の限度額を1億円と定めるものでございます。

  第7条は、予定支出の各項の経費の金額の流用について、次の第8条は議会の議決を経なければ流用することのできない経費について、それぞれ記載のとおり定めるものでございます。

  第9条は、たな卸資産購入限度額を4,500万円と定めるものでございます。

  次に、予算の実施計画についてご説明いたしますので、4ページをお願いいたします。まず、収益的収入でございますが、1款1項営業収益でございますが、1目給水収益及び2目受託工事収益につきましては、前年度等実績により計上し、3目その他の営業収益につきましては災害復旧工事の負担金増を見込みまして、営業収益として前年度比1,052万円増の11億3,634万円を計上したものでございます。

  2項営業外収益につきましては、1目受取利息及び配当金で資金の有効活用によりまして有価証券利息の増が見込まれることから、前年度比248万円増の2,266万円を計上したものでございます。

  次に、6ページをお願いいたします。収益的支出でございますが、1款1項1目原水及び浄水費2億6,567万円は、浄水場及び取水場等の管理運営費並びに送水管の維持管理費を計上したものでございます。前年度に比較しまして2,990万円の増でございますが、委託料及び修繕料の増が主な要因でございます。次に、8ページをお願いいたします。2目配水及び給水費2億5,104万円は、配水管、給水管等の維持管理費を計上したものでございます。前年度に比較しまして1,407万円の減でございますが、人件費及び修繕費の減が主な要因でございます。3目受託工事費92万円は、需要家からの給水管の布設及び修繕等の受託工事費用を計上したものでございます。4目総係費1億1,724万円は、水道事業全般に係る管理経費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして1,912万円の増ですが、人件費の増が主な要因でございます。次に、14ページをお願いいたします。5目減価償却費2億4,416万円は、固定資産の減価償却費を計上したものでございます。6目資産減耗費3,679万円は、老朽化した建築物及び老朽管布設替え等により構築物などの除却費を計上したものでございます。

  次に、16ページをお願いいたします。2項1目支払利息及び企業債取り扱い諸費1億237万円は、企業債等の支払利息を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして875万円の減でございますが、償還完了の企業債が主な要因でございます。2目雑支出640万円は、不要となる水道メーター等の売却原価を計上したものでございます。3目消費税及び地方消費税2,700万円は、収益の見込みにより計上したものでございます。

  次に、18ページをお願いいたします。資本的収入でございますが、1款1項1目企業債2億5,400万円の公営企業債を予定しております。

  2項1目工事負担金1億990万円は、県及び長岡市の公共工事並びに宅地開発などの工事に伴う配水管布設及び布設替工事の負担金を計上したものでございます。2目他会計負担金610万円は、下水道事業による配水管布設替工事の負担金を計上したものでございます。

  次に、資本的支出でございますが、1款1項1目浄水施設費7,963万円は急速ろ過装置改修工事費等他の施設設備の改良工事費等を計上したものでございます。2目配水施設費5億1,360万円は、配水管等の新設改良工事費、3目営業備品費190万円は水道メーター及び計器類購入費をそれぞれ計上したものでございます。次ページをお願いいたします。4目用地取得費316万円は、ほ場整備事業創設用地決済金を計上したものでございます。5目事務費1,476万円は、資本勘定支弁職員の給与を計上したものでございます。

  2項1目企業債償還金1億8,195万円は、企業債の元金償還金を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして5,485万円の減ですが、先ほどの利息と同様、償還完了となる企業債によるものが主な要因でございます。

  以上で水道事業会計の説明を終わりまして、続きましてガス事業の説明をいたしますので、33ページをお開きいただきたいと思います。議第8号 平成18年度見附市ガス事業会計予算についてご説明申し上げます。第2条は、業務の予定量でございまして、供給戸数、年間供給量、1日平均供給量及び主要な建設改良事業をそれぞれ記載のとおり見込んだものでございます。

  第3条は、収益的収支でございまして、ガス事業収益を11億6,700万円と定め、ガス事業費を11億2,700万円と定めるものでございます。

  第4条は、資本的収支でございまして、資本的収入を3,400万円と定め、資本的支出を次のページになりますが、3億4,100万円と定めるとともに、前のページに戻りまして資本的収支の不足額3億700万円は条文括弧書きのとおり補てんするものでございます。

  次に、次のページをお願いいたします。第5条は、一時借入金の限度額を1億円と定めるものでございます。

  第6条は、予定支出の各項の経費の金額の流用について、次の第7条は議会の議決を経なければ流用することのできない経費について、それぞれ記載のとおり定めるものでございます。

  第8条は、たな卸資産購入限度額を5億834万円と定めるものでございます。

  次に、予算の実施計画についてご説明いたしますので、36ページをお願いいたします。まず、収益的収入でございますが、1款1項1目製品売り上げにつきましては、前年度実績等によりまして、前年度に比較しまして1,300万円減の10億6,300万円を計上したものでございます。

  2項営業雑益につきましては、需要家からの申し込みによります内管の増設、器具調整、修繕工事などの収入や仮配管の布設撤去、本管の切り回し工事などの負担金を、これも前年度実績等によりまして、前年度に比較しまして330万円減の1億189万円を計上したものでございます。

  3項営業外収益につきましては、1目受取利息で資金の有効活用によりまして有価証券利息の増が見込まれることから、前年度に比較しまして130万円増の211万円を計上したものでございます。

  次に、38ページをお願いいたします。収益的支出でございますが、1款1項1目売り上げ原価4億6,900万円につきましては、売り上げに応じました原ガスの購入代金を計上したものでございます。2目供給販売及び一般管理費5億3,135万円につきましては、ガス供給所の管理運営費、制圧室及び導管の維持管理費並びにガス事業全般の管理経費を計上したものでございます。前年度に比較いたしまして3,135万円の増でございますが、地震による被害により第2ガス供給所の球形及び有水ガスホルダーの撤去による固定資産除却費の増が主な要因でございます。

  次に、44ページをお願いします。2項1目受注工事原価8,100万円につきましては、収入で見込みました需要家からの申し込み件数に応じた工事原価を計上したものでございます。

  3項1目2節企業債利息1,304万円は、企業債利息償還金を計上したものでございまして、水道事業同様、償還完了となる企業債がありまして、前年度に比較いたしまして166万円の減となるものでございます。次の2目消費税及び地方消費税2,000万円は、前年度と同額を計上したものでございます。

  次に、46ページをお願いいたします。資本的収入でございますが、1款1項1目工事負担金につきましては、他会計及び県の公共工事並びに開発業者の宅地開発によるガス本支管布設等に係る負担金といたして3,400万円を計上したものでございます。

  次に、資本的支出でございますが、1款1項建設改良費2億9,730万円につきましては、本支管の布設工事費等を、それから器具備品費、資本勘定支弁職員の給与費を計上したものでございます。

  2項1目企業債償還金4,370万円は、企業債元金償還金を計上したものでございます。

  以上でガス事業会計の説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第9号議案、病院事務長。

               〔西澤裕介成人病センター病院事務長登壇〕



◎西澤裕介成人病センター病院事務長 議第9号 平成18年度見附市病院事業会計予算についてご説明申し上げます。

  1ページからお願いいたします。まず、第2条、業務の予定量でございます。病院の患者数は入院で延べ3万1,100人、外来で5万5,000人、また介護老人保健施設の利用者数は入所で延べ2万9,300人、通所で延べ4,600人を見込んでおります。

  第3条は、収益的収支の予定額でございます。収入は前年度比4,300万円増の21億2,300万円、支出は前年度比1,900万円増の22億5,300万円と定めるものでございます。収支の不足額1億3,000万円につきましては、欠損金として処理する予定でございます。

  2ページをお願いいたします。第4条は、資本的収支の予定額でございます。資本的収入を6,081万円、支出を1億6,200万円といたしまして、収支の不足額1億119万円につきましては内部留保資金で補てんしたいとするものでございます。

  第5条は、議会の議決がなければ流用できない経費の種類と額を定めたものでありまして、職員給与費と交際費を規定してございます。

  第6条は、たな卸資産の購入限度額を定めたものでございます。第5条、第6条の額につきましては、それぞれ記載のとおりでございます。

  次に、実施計画をご説明申し上げますので、4ページをお願いいたします。まず、収益的収入でございますが、1款1項の医業収益につきましては入院収益、外来収益、介護老人保健施設の収益が主なものでありまして、前年度比4,854万円増の19億3,154万円を見込んでございます。

  2項の医業外収益につきましては、一般会計からの繰入金であります他会計負担金と患者外給食収益、その他医業外収益が主なものでありまして、前年度比554万円減の1億9,136万円を見込んでおります。減額の主なものは、繰り出し基準の変更に伴う一般会計からの繰入金の減少でございます。

  6ページお願いいたします。収益的支出でございます。1款1項医業費用のうち1目給与費10億9,550万5,000円につきましては、非常勤医師や臨時パート職員を含めました病院と介護老人保健施設の職員の年間人件費の見込額でございます。2目の材料費5億5,522万7,000円は、医薬品、診療材料、給食材料の年間使用見込額を計上してございます。3目の経費3億3,459万4,000円につきましては、7ページ後段の1節厚生福利費から11ページ中段、19節雑費にわたって記載してありますとおり、給与費と材料費を除きました医業活動のためのそれぞれの必要経費の見込額でございます。説明欄をごらんいただきたいと思います。次に、10ページをお願いいたします。4目減価償却費1億4,632万6,000円につきましては、有形、無形固定資産の年間償却見込額を計上してあります。5目資産減耗費110万円は、医療機器の更新に伴う古い機器の除却費が主なものでございます。また、6目研究研修費862万6,000円は、主に病院医局に係るそれぞれの節の年間所要経費を計上してございます。

  2項の医業外費用につきましては、1目1節の企業債利息1億854万1,000円、2目患者外給食材料費111万円、4目雑損失177万1,000円の計1億1,142万2,000円となっております。

  14ページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございます。資本的収入におきましては、一般会計から繰り入れられます企業債元金償還金の3分の2相当額を負担金として計上しております。

  次に、資本的支出でございますが、1目建設費1,354万5,000円は手術室の空調設備の更新費用でございます。3目の器械備品費5,254万8,000円の内訳は、古くなりました医療機器の更新分としまして4,818万5,000円、新規購入分としまして436万4,000円を予定しております。4目車両運搬具466万3,000円は、更新期を過ぎました車両の更新費用でございます。

  2項1目企業債償還金9,124万4,000円は、平成18年度企業債元金の償還額を計上したものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第7号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第8号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第9号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第7号議案から第9号議案までの3件については、議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託します。

                                            



△日程第8 議会改革調査特別委員会の廃止について



○高橋清治議長 日程第8、議会改革調査特別委員会の廃止についてを議題とします。

  議会改革調査特別委員会に付託した案件の議員定数の検討及び議員報酬等については、さきの定例会において特別委員会から調査報告が行われ、見附市議会議員定数条例の一部を改正する条例も可決されております。この際、議会改革調査特別委員会の廃止についてをお諮りいたします。

  議会改革調査特別委員会は、調査の目的を終了したものとして特別委員会を廃止することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、議会改革調査特別委員会は廃止することに決定しました。

                                            



○高橋清治議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  次回の本会議は、あす3月9日午前10時から開くこととします。

  本日はこれにて散会します。

               午後 0時07分  散 会