議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 見附市

平成17年 第7回(12月)定例会 12月09日−議案説明、委員会付託−01号




平成17年 第7回(12月)定例会 − 12月09日−議案説明、委員会付託−01号







平成17年 第7回(12月)定例会




     平成17年第7回(12月)見附市議会定例会会議録(第1号)

〇議事日程 第1号
平成17年12月9日(金曜日) 午前10時開会
諸般の報告                                        
第 1 会議録署名議員の指名について                           
第 2 会期の決定について                                
第 3 議第114号 見附市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について   
    議第115号 見附市ほう賞条例の一部を改正する条例の制定について         
    議第116号 見附市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定につい
           て                                 
    議第117号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について         
第 4 議第118号 見附市立海の家設置条例の一部を改正する条例の制定について      
    議第119号 見附市水道山の家条例を廃止する条例の制定について          
    議第120号 見附市大平森林公園設置条例の一部を改正する条例の制定について    
    議第121号 見附市デイサービスセンター設置条例の一部を改正する条例の制定について
第 5 議第122号 第4次見附市総合計画「基本構想」について              
第 6 議第123号 平成17年度見附市一般会計補正予算(第4号)            
    議第124号 平成17年度見附市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)    
    議第125号 平成17年度見附市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)      
    議第126号 平成17年度見附市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)      
    議第127号 平成17年度見附市下水道事業特別会計補正予算(第3号)       
    議第128号 平成17年度見附市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)    
    議第129号 平成17年度見附市水道事業会計補正予算(第1号)          
    議第130号 平成17年度見附市ガス事業会計補正予算(第1号)          
第 7 議第131号 工事請負契約の変更について                     
    議第132号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変
           更について                             
    議第133号 刈谷田川水防事務組合の規約の変更について              
    議第134号 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について            
    議第135号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について              
    議第136号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分について       
第 8 議第137号 損害賠償額の決定及び和解について                  
    議第138号 公共施設の相互利用に関する協定書の一部変更について         
    議第139号 公の施設の区域外設置に関する協議について              
                                            
〇本日の会議に付した事件
 議事日程と同じ
                                            
〇出席議員(20人)
   1番   辺  見  雅  信        2番   亀  田     満
   3番   小  林  伸  一        4番   久  住  裕  一
   5番   浅  野  三  夫        6番   山  田  武  正
   7番   佐 々 木  志 津 子        8番   星     賢  一
   9番   小  林  繁  男       10番   渡  辺  み ど り
  11番   高  橋  清  治       12番   伴  内  勝  栄
  13番   八  木  庄  英       14番   岩  崎  録  衛
  15番   北  村  明  夫       16番   井  上  慶  輔
  17番   関     一  二       18番   佐  藤  数  幸
  19番   野  本  千  晴       20番   田  崎  武  雄
                                            
〇欠席議員(なし)
                                            
〇説明のため出席した者
       市     長    久   住   時   男
       助     役    山   本   俊   一
       収  入  役    林       保   弘
       企画調整課長     岡   村   守   家
       まちづくり課長    星   野   明   洋
       総 務 課 長    池   山   広   喜
       市民生活課長     田   伏       智
       税 務 課 長    木 歩 士       保

       産業振興課長兼    野   水   英   男
       農 業 委 員 会
       事 務 局 長

       建 設 課 長    大   竹   伸   一
       健康福祉課長     池   山   久   栄
       会 計 課 長    斉   藤       勝

       成人病センター    西   澤   裕   介
       病 院 事 務 長

       ガス上下水道     平   賀   大   介
       局     長

       消  防  長    岡   村   勝   元

       教 育 委 員 会    神   林   晃   正
       教  育  長

       教 育 委 員 会    井   口   増   一
       事  務  局
       庶 務 課 長

       教 育 委 員 会    石   田   勝   美
       事  務  局
       学校教育課長

       教 育 委 員 会    渡   辺   清   澄
       事  務  局
       生涯学習課長

       監 査 委 員    柳   原   哲   映
       事 務 局 長
                                            
〇事務局職員出席者
       事 務 局 長    大   関   泰   一
       次     長    笹   原       浩
       議 事 係 長    早   沢       稔



               午前10時00分  開会及び開議



○高橋清治議長 これより平成17年第7回見附市議会定例会を開会します。

  現在の出席議員20人全員であります。

  これより本日の会議を開きます。

                                            



△諸般の報告



○高橋清治議長 最初に、諸般の報告をします。

  まず、監査委員から例月出納検査結果報告書及び定期監査結果報告書、市長から指定専決にかかわる損害賠償額の決定及び和解についての報告書、議会改革調査特別委員会の委員長から調査報告書並びにまちづくり推進特別委員会の委員長から行政視察の終了に伴い、調査報告書が提出されました。したがって、その写しを議案とともに配布しておきましたので、ご了承願います。

  次に、第114号議案、第121号議案及び第131号議案について、一部訂正箇所がある旨当局から申し入れがありましたので、お手元に配布のとおり差しかえ及び訂正をお願いします。

  次に、一般質問についてでありますが、別紙事件表のとおり佐々木議員外6人から通告がありましたので、それぞれ関係機関へ通知しました。

  次に、本定例会での説明のため、市長を初め関係者の出席を求めました。

  以上をもって諸般の報告は終わります。

                                            



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○高橋清治議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、1番、辺見議員及び2番、亀田議員を指名します。

                                            



△日程第2 会期の決定について



○高橋清治議長 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

  お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月21日までの13日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、会期は本日から12月21日までの13日間と決定しました。

                                            



△日程第3 議第114号 見附市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について

     議第115号 見附市ほう賞条例の一部を改正する条例の制定について

     議第116号 見附市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について

     議第117号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定について



○高橋清治議長 日程第3、第114号議案から第117号議案までの4件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  総務課長。

               〔池山広喜総務課長登壇〕



◎池山広喜総務課長 議第114号 見附市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。説明に先立ちまして、改正条文が誤っておりましたので、本日お配りしましたものと差しかえをお願いしたいと思います。大変申しわけありませんでした。

  それでは、改正理由でございますが、市民との協働のまちづくりを進めていく上で、市民の方々からも公務として出張していただかなければならないケースもあるため、職員以外の方への旅費の支給について規定するとともに、近隣市町村の市町村合併に伴いまして、合併する関係市町村を条例から削除するために条例の改正を行いたいものでございます。

  改正条文の説明に入らせていただきます。第1条において、条例の題名の改正と職員以外の方が市の依頼、または要求に応じて公務のために出張した場合に旅費が支給できることを規定し、そのことに伴いまして文言の整理を行ったものでございます。

  次のページをごらんください。次に、条文第16条第2項中、来年1月1日、長岡市に合併します栃尾市、与板町、寺泊町、和島村を削るものでございます。

  第2条におきまして、条文第16条第2項中、来年3月20日、燕市に合併します吉田町、分水町を削るものでございます。

  附則におきまして、第1条の改正規定は平成18年1月1日から施行するものとして、第2条の改正規定は平成18年3月20日から施行するものでございます。

  以上でございます。

  続きまして、議第115号 見附市ほう賞条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。改正理由でございますが、在職基準年数に達した役職者の方のみならず、まちづくりのために自発的にボランティア活動等を行った個人、または団体等を広く表彰するために条例の改正を行うものでございます。

  改正条文第2条におきまして、第1項第1号から第17号まで、報賞の対象について規定したものでございます。

  第3条において、第2条で規定しました報賞対象者に対する表彰状、感謝状、賞状の区分を規定したものでございます。

  次のページをごらんください。附則におきまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

  以上でございます。



○高橋清治議長 次に、第116号議案、企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 議第116号 見附市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について説明申し上げます。

  制定理由でございますが、地方自治法及び地方自治法施行令の改正によりまして、電子計算機の通信接続等の役務提供や電子計算機等物品の借り上げ、建物、工作物等の保守などに関する委託契約などについて債務負担行為を定めることなく翌年度以降にわたり、長期継続契約を締結することが可能となりました。当市におきましても、事務効率の向上などのため本条例を制定したいものでございます。

  条文の説明でございます。第1条では、商習慣上複数年にわたり締結することが一般的である契約として別に規則で定めるものとするものでございます。

  第2条では、規則への委任事項を定めております。

  附則において、施行期日を規定しております。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第117号議案、消防長。

               〔岡村勝元消防長登壇〕



◎岡村勝元消防長 議第117号 見附市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてご説明いたします。

  初めに、改正の理由でございますが、平成15年、十勝沖地震によって発生した浮き屋根式屋外タンク貯蔵所の火災を受けて危険物の規制に関する規則等が改正され、同貯蔵所の耐震構造が強化されたことに伴い、設置許可申請等に関する審査事務が増加することから、その手数料額を引き上げるものでございます。

  次に、条文についてご説明いたします。別表第1中29の項を削り、30、31の項をそれぞれ一つずつ繰り上げることについて。29項は、指定数量未満の危険物を貯蔵するタンクの水張り検査等の手数料を定めたものでございますが、これを危険物関係の手数料をまとめた別表第2に移行し、別表第1から削除するものでございます。

  次に、別表第2の3の項の改正について。これは、危険物貯蔵所の設置許可申請に対する審査手数料を定めたものでございますが、特定屋外タンク貯蔵所の中に含まれていた浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所の審査手数料を別に定め、増加する事務量に相当する手数料額を新たに加算するものでございます。

  次に、別表第2の6の改正について。これは、危険物貯蔵所の位置、構造、または設備の変更許可申請に対する審査手数料を定めたものでございますが、危険物の規制に関する政令等の改正により旧基準の特定、準特定屋外タンク貯蔵所の耐震改修期限が前倒しされたことに伴いまして、これにあわせて所要の改正を図るものでございます。

  次に、別表第2に18の項を新たに加えることについて。これは、指定数量未満の危険物タンクの水張り検査等手数料を定めたものでございますが、さきにご説明したとおり別表第1からここに移行させるものでございます。

  附則におきまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第114号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第115号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第116号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第117号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第114号議案から第117号議案までの4件については、総務文教委員会に付託します。

                                            



△日程第4 議第118号 見附市立海の家設置条例の一部を改正する条例の制定について

     議第119号 見附市水道山の家条例を廃止する条例の制定について

     議第120号 見附市大平森林公園設置条例の一部を改正する条例の制定について

     議第121号 見附市デイサービスセンター設置条例の一部を改正する条例の制定について

                           



○高橋清治議長 日程第4、第118号議案から第121号議案までの4件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、第118号議案、まちづくり課長。

               〔星野明洋まちづくり課長登壇〕



◎星野明洋まちづくり課長 それでは、議第118号 見附市立海の家設置条例の一部を改正する条例の制定についてご説明いたします。

  改正理由でありますが、平成18年1月1日に三島郡寺泊町が長岡市と合併するため、所在地を変更するものでございます。

  条例第1条において、所在地を新潟県長岡市寺泊郷本188番地1に改めるものでございます。

  附則において施行日を規定しております。

  以上でございます。



○高橋清治議長 次に、第119号議案及び第120号議案、建設課長。

               〔大竹伸一建設課長登壇〕



◎大竹伸一建設課長 議第119号 見附市水道山の家条例を廃止する条例の制定についてご説明申し上げます。

  制定の理由でございますが、昨年の震災と老朽化のため水道山の家を解体し、無料のオープンスペースの建物に新築することから、現在有料施設として規定しております見附市水道山の家条例を廃止する条例を制定するものでございます。

  続きまして、議第120号 見附市大平森林公園設置条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。制定の理由でございますが、大平森林公園が平成18年度から指定管理者制度の導入を計画していることに伴い、設置条例の一部を改正するものでございます。

  改正の内容でございますが、第3条から第5条までを記載のとおり改め、次ページ、第8条、管理の委託を削りまして第7条を第8条として、第6条を第7条とし、第5条の次に記載のとおり第6条、行為の禁止を加えるものでございます。

  また、第9条を第13条とし、第8条の次に記載のとおり第9条、指定管理者による管理、第10条、業務の範囲、第11条、秘密を守る義務、第12条、個人情報の管理を加えるものでございます。

  附則につきましては、この条例は平成18年4月1日から施行するものでございます。

  また、経過措置として記載のとおり施行期日、経過措置について定めたものでございます。今後は3月議会で指定案件と予算案を上程させていただきたいと考えております。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第121号議案、健康福祉課長。

               〔池山久栄健康福祉課長登壇〕



◎池山久栄健康福祉課長 議第121号 見附市デイサービスセンター設置条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

  改正の理由でございますが、地方自治法の改正によりまして現在管理委託方式により委託している見附市デイサービスセンター坂井園及び見附市名木野小学校デイサービスセンターに指定管理者制度を導入するための改正でございます。

  なお、両施設につきましては見附市公の施設における指定管理者の指定の手続に関する条例施行規則第2条2項の規定によりまして、当分の間これまでの管理運営委託先を指定管理者の候補として選定したいと考えております。

  条文についてご説明いたします。第3条、事業内容の整理でございます。

  第4条、指定管理者による管理は、指定管理者制度の導入と指定管理者の業務内容を規定したものでございます。

  委任事項を規定した第5条を第12条とし、新たに第5条では休館日及び開館時間、次ページお願いします。第6条では利用者の範囲、第7条では利用者の制限、第8条では利用料金、第9条では利用料金の減免、第10条では秘密を守る義務、第11条では個人情報の管理を追加して規定したものでございます。

  附則第1項におきましては、施行期日を平成18年4月1日からとし、第2項におきまして経過措置を定めるものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第118号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第119号議案に対して質疑はありませんか。

  7番、佐々木議員。

               〔佐々木志津子議員登壇〕



◆佐々木志津子議員 ただいまの水道山の家の条例廃止について、無料のオープンスペースとするというようなご説明がありましたけれども、2点ほどお尋ねをしたいと思います。

  これまで山の家現行条例ですと、常時の建物の管理については市長が認めた団体に委託するというふうになっておりましたけれども、これからの管理はどのようになるのかという点。

  それと、私も産業建設委員会の委員のときに体験をさせていただいたのですが、水の神様の神事を挙行するに当たって、例えば利用申請ですとかそういったものが必要になるのか、今後の対応はどのようになるのか、その2点お聞かせいただきたいと思います。



○高橋清治議長 建設課長。

               〔大竹伸一建設課長登壇〕



◎大竹伸一建設課長 ただいまの佐々木議員のご質問にお答えいたします。

  山の家の新しい建物の管理でございますが、従来どおり建設課の方で管理することになります。

  2点目、今後新築されます水道山の家につきましては、公園内の附属施設としまして見附市都市公園条例及び見附市都市公園条例施行規則の中で運用することとなりますので、公園の全部、または一部を独占して使用する場合は都市公園制限行為許可申請書を市長の方へ提出して許可を受けていただくことになりますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○高橋清治議長 ほかに質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第120号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第121号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第118号議案から第121号議案までの4件については、議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託します。

                                            



△日程第5 議第122号 第4次見附市総合計画「基本構想」について



○高橋清治議長 日程第5、第122号議案を議題とします。

  提案理由の説明を求めます。

  企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 議第122号 第4次見附市総合計画「基本構想」について説明申し上げます。別冊をごらんいただきたいと思います。

  第4次総合計画「基本構想」、第1章の計画概要でございますが、新しい時代の潮流に的確に対応しながら、市民と行政が一体となって協働の体制を築いていくことを目指して計画の策定をするものであります。計画の期間でありますが、社会経済情勢の変化と不透明な将来を見据えた中で将来構想を取りまとめるという観点から、対象期間を平成18年度から平成27年度までの10年間としております。この基本構想に基づき、前後期各5年の基本計画と対象期間3年で毎年見直しを行う実施計画により具体的な施策を実施するものであります。

  3ページをお願いします。第2章では、計画策定の背景として人口の推移など見附市の現状と少子高齢化の進行、循環型社会への転換、安全、安心への希求、高度情報化社会の進展、価値観の変化、地方分権の進展といった時代潮流の変化を説明したものでございます。

  9ページをお願いします。第3章、基本理念でございますが、思いやりのある心を大事にしながら活力に満ちた安全で安心な暮らしやすいまちを目指すため、「住みたい 行きたい 帰りたい やさしい絆のまち みつけ」をまちづくりを進める上で大切にしていく基本的な考え方とするものであります。

  第4章、都市の将来像でありますが、「人と自然が共生し健やかに暮らせるまち」、「安全安心な暮らしやすいまち」、「産業が元気で活力あるまち」、「人が育ち人が交流するまち」の四つを基本理念に基づいた見附市が目指す都市の姿として定めるものでございます。

  「人と自然が共生し健やかに暮らせるまち」といたしましては、心安らぐ風景の中で、自然と調和しながら心身ともに健やかで生きがいに満ちた生活を営むことができるまちを目指すものであります。

  「安全安心な暮らしやすいまち」でありますが、生命や財産に対して不安を感ずることなく心穏やかな生活を送るためには災害などに強いまちであることが大切であります。また、安全、安心なまちをつくることは都市環境の整備にもつながるものでありますが、生涯を通して快適な生活ができる暮らしやすいまちを目指すものであります。

  「産業が元気で活力あるまち」でありますが、市民生活が豊かになるためには企業誘致の推進による雇用の促進や地域産業の力強い活動が必要であります。このため、新しい産業が花開き、伝統ある産業の一層の活性化がなされるまちを目指すものであります。

  「人が育ち人が交流するまち」でありますが、魅力ある住みよいまちづくりのためにはライフステージに応じた学びの環境が整備され、世代を超えた交流により人が育つことが望まれます。また、地域における交流が活性化することで地域コミュニティーが生まれ、地域自治へとつながります。さらに、地域や国を超えてさまざまな人との交流を盛んにしていくことで生涯を通して学び合い、見附らしい文化を創出するまちを目指すものであります。

  以上で基本構想の説明を終わりますが、本計画を策定するに当たりましてはまちづくり市民会議を開催し、市民の皆さんから熱心な議論を重ねていただき、まちづくりの理念や実現したい将来像とその将来像実現へ向けた具体的な事業プランなど多くの提言をいただきました。また、これらの提言をもとに総合計画審議会を開催し、委員の皆さんから総合計画に関する事項について審議をしていただきました。参考資料として添付いたしました前期基本計画までの取りまとめも行ってもらったところであります。よろしくお願いいたします。



○高橋清治議長 これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第122号議案については総務文教委員会に付託します。

                                            



△日程第6 議第123号 平成17年度見附市一般会計補正予算(第4号)

     議第124号 平成17年度見附市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議第125号 平成17年度見附市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

     議第126号 平成17年度見附市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議第127号 平成17年度見附市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

     議第128号 平成17年度見附市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

     議第129号 平成17年度見附市水道事業会計補正予算(第1号)

     議第130号 平成17年度見附市ガス事業会計補正予算(第1号)



○高橋清治議長 日程第6、第123号議案から第130号議案までの8件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、第123号議案、企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 議第123号 平成17年度見附市一般会計補正予算(第4号)について説明申し上げます。

  条文第1条におきまして、歳入歳出とも8億80万円を追加し、予算総額をそれぞれ141億2,030万円とするものでございます。

  第2条の地方債の補正につきまして、4ページをお願いいたします。第2表の地方債の補正でありますが、道路整備事業の財源確保のため、限度額を増額変更するものでございます。

  次に、事項別明細書を説明いたしますので、10ページをお願いいたします。最初に、歳出全般にわたりまして人件費を増減しておりますが、これは給与改定や人事異動に伴うもの、退職手当及び時間外勤務手当等の増によるもの、また非常勤職員の賃金等の所要額をそれぞれ調整しているものでございます。以下、歳出の主なものについて説明をいたします。

  2款総務費、1項3目の財政会計管理費4億6,100万円の増は、平成16年度決算による繰越金の処分といたしまして財政調整基金に積み立てるものでございます。

  7目情報管理費537万円の増につきましては、固定資産税評価替えに対応するためのシステム開発委託料などでございます。

  11目市民活動推進費250万円の増につきましては、コミュニティー助成事業といたしまして越後見附太鼓へ助成金を支出するものでございます。

  12ページをお願いいたします。4項2目農業委員会選挙費の減と14ページ、3目衆議院議員総選挙費の増につきましては選挙事務費の精算によるものであります。

  5項2目国勢調査費28万8,000円の増につきましては、物損事故に対する賠償に要するものでございます。

  16ページをお願いいたします。3款民生費、1項2目老人福祉費299万円の増につきましては、老人保健事業と介護保険事業の特別会計への繰出金でございます。

  18ページをお願いいたします。2項2目児童措置費のうち、公立保育所運営費365万円の増は、桜保育園の給水管入れかえ工事などに要する経費でございます。

  20ページをお願いいたします。4款衛生費、1項1目保健衛生総務費のうち小児救急医療体制整備事業費30万円の増につきましては、中越地域の子供に対する救急診療所を開設するための運営費の負担金であります。

  2項1目清掃総務費のうち資源ごみ収集事業費190万円の増は、ペットボトル収集運搬委託料等の増により所要額を補正するものでございます。

  22ページをお願いします。6款農林水産業費、1項6目農業集落排水費につきましては、農業集落排水事業特別会計への繰出金を減額しているものでございます。

  7款商工費、1項2目商工業振興費4,450万円の増につきましては、県営中部産業団地に進出いたしました株式会社プロデュースに対する用地取得助成金であります。

  24ページをお願いいたします。8款土木費、2項4目地方道事業費571万円の増は、葛巻反田線の事業量が増になったための工事費などに要するものでございます。

  4項1目都市計画総務費915万3,000円の増は、道路改良工事の施工に伴い発生いたしました損害賠償に要する経費などでございます。

  26ページをお願いいたします。5項1目住宅管理費1,542万円の増は、昭和町市営住宅の給水管修繕に要する経費などでございます。

  28ページをお願いいたします。10款教育費、3項2目教育振興費100万円の増につきましては、中学校の修学旅行などに対する就学援助費の増に要するものでございます。

  30ページをお願いいたします。6項2目公民館費の公民館施設管理費870万円の増でございますが、中央公民館分館機械室内にアスベストが使用されていることが確認されましたので、その除去費用を計上するものでございます。

  11款災害復旧費、2項1目過年災害復旧費につきましては、道路施設復旧事業費で工事請負費の減と町屋橋の災害復旧事業に伴う県への負担金の増であります。

  続きまして、歳入について説明をいたしますので、8ページをお願いいたします。11款分担金及び負担金につきましては、長岡市の中之島地区の休日診療に要する費用負担を計上いたしました。

  13款国庫支出金及び14款県支出金につきましては、歳出における補助事業などの特定財源としてそれぞれ国、県の補助金、委託金を計上しております。

  17款繰入金につきましては、職員退職手当基金の一部取り崩しをもって財源調整を図るものでございます。

  18款は前年度の繰越金でございます。

  19款諸収入につきましては、それぞれ説明欄の記載のとおりの雑入を計上しております。

  20款市債につきましては、道路整備事業の財源確保のため借り入れ見込額を計上したものでございます。

  以上でございます。



○高橋清治議長 次に、第124号議案及び第125号議案、市民生活課長。

               〔田伏 智市民生活課長登壇〕



◎田伏智市民生活課長 議第124号 平成17年度見附市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

  条文第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億200万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ33億2,610万円とするものでございます。

  次に、事項別明細書により歳出からご説明いたしますので、8ページをお願いいたします。2款保険給付費、1項療養諸費2億1,300万円の増及び2項高額療養費3,300万円の増、5項葬祭費200万円の増につきましては、これまでの保険給付実績から今後の不足見込みを計上させていただきました。これらにつきましては、前年度に比べ10%前後の伸びで推移している状況にあります。

  10ページをお願いいたします。3款老人保健拠出金の減につきましては、今年度の社会保険診療報酬支払基金への拠出金額が確定したことに伴い、不用額を減額するものでございます。

  4款介護納付金につきましては、財源内訳を変更するものでございます。

  続きまして、歳入について説明いたしますので、6ページをごらんください。3款国庫支出金、1項1目療養給付費等負担金3,907万7,000円の減額は、三位一体の改革に伴い国庫負担金の一部が県に移譲され、40%負担から36%負担に変更となったことに伴うもので、保険給付の伸びに伴う国庫負担増分を考慮の上減額するものであります。

  4款療養給付費等交付金は、退職被保険者等に係る保険給付費の増に伴い補正するものでございます。

  5款県支出金、2項2目県財政調整交付金につきましては、9月補正において目を新設したものでございますが、新潟県の要項が定まり交付対象が明らかになったことによるものと国庫支出金からの組み替え分を合わせて増額するものです。

  8款2項1目保険給付準備基金繰入金は、財源不足を基金取り崩しにより補てんするものでございます。

  続きまして、議第125号 平成17年度見附市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。条文第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ131万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ37億4,834万8,000円とするものでございます。

  次に、事項別明細書により歳出からご説明いたしますので、8ページをお願いいたします。1款総務費、1項1目一般管理費131万円の増は、職員給与費でございます。

  歳入についてご説明いたしますので、6ページをごらんください。4款繰入金は、歳出が職員給与費になりますので、その財源を一般会計から繰り入れるものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第126号議案、健康福祉課長。

               〔池山久栄健康福祉課長登壇〕



◎池山久栄健康福祉課長 議第126号 平成17年度見附市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

  条文第1条、歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ920万円を追加し、総額を歳入歳出それぞれ24億1,778万円とするものでございます。

  次に、事項別明細書により歳出よりご説明申し上げますので、8ページをお願いいたします。1款総務費、1項1目一般管理費22万3,000円の減でございますが、人事異動による職員給与費の減と臨時職員賃金及び介護保険法改正によるシステム改修委託料の増が主なものでございます。

  3項1目介護認定費102万3,000円の増は、新予防給付導入にかかわる介護認定事務支援システム改修が主なものでございます。

  2款保険給付費、2項1目居宅支援サービス給付費240万円、4項1目高額介護サービス費600万円の増は実績見込みによる増でございます。

  次に、歳入をご説明いたします。6ページをお願いいたします。3款国庫支出金、1項1目介護給付費負担金及び2項1目調整交付金、4款支払基金交付金、1項1目介護給付費交付金、5款県支出金、1項1目介護給付費負担金、7款繰入金、1項1目介護給付費繰入金、8款繰越金につきましては、歳出の保険給付に対するそれぞれの負担率により計上するものでございます。

  3款国庫支出金、2項2目介護保険事業費補助金は、介護保険法改正による介護保険システム改修にかかわる国庫補助金でございます。

  7款繰入金、1項2目その他一般会計繰入金は説明欄記載のとおりでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第127号議案から第130号議案まで、ガス上下水道局長。

               〔平賀大介ガス上下水道局長登壇〕



◎平賀大介ガス上下水道局長 議第127号から議第130号までの4件の補正予算について、順次ご説明申し上げますが、4件の補正とも職員給与費の補正につきましては他会計同様年度当初の人事異動及び給与改定に伴う関係経費の増減でございますので、個々の箇所での説明は割愛させていただきます。

  それでは、まず議第127号 平成17年度見附市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。条文第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ200万円を追加いたしまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ24億5,720万円とするものでございます。

  次に、事項別明細書の歳出から説明申し上げますので、8ページをごらんいただきたいと思います。2款1項1目管渠管理費770万円の増でございますが、マンホールふたの高さの調整及び路面陥没等による舗装修繕のための修繕料及び下水管内に汚物、土砂等の堆積が見られるため、清掃及び点検等の委託料の増額をお願いするものでございます。

  次に、3款1項1目下水道新設費884万7,000円の増でございますが、本所2号雨水幹線整備において、昨年の7.13豪雨に伴い降雨強度の見直し及び1級河川貝喰川流域浸水対策検討会との調整が生じたため、今年度予定していた事業を取りやめることから用地測量委託料及び土地購入費の減額及び葛巻下水処理場の耐震診断委託料の増額、また下水道整備の進捗を図るため、工事請負費の不足見込額を委託料及び補償金の不用見込額を振りかえて増額をお願いするものでございます。

  次に、歳入でございます。6ページをごらんいただきたいと思います。このたびの追加補正の財源といたしまして、5款1項1目繰越金200万円を計上するものでございます。

  続きまして、議第128号 平成17年度見附市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明を申し上げます。条文第1条におきまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ240万円を減額いたしまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,560万円とするものでございます。

  次に、事項別明細書の歳出からご説明申し上げますので、8ページをごらんいただきたいと思います。1款1項1目一般管理費240万円の減でございますが、冒頭申し上げたとおり職員の異動等により記載のとおり減額するものでございます。

  次に、歳入でございますが、6ページをお開きいただきたいと思います。5款1項1目一般会計繰入金を減額させていただくものでございます。

  続きまして、議第129号 平成17年度見附市水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。第2条は、収益的支出の補正でございまして、第1項営業費用の予定額を1,400万円減額補正いたしまして、第1款水道事業費の予定額総額を10億100万円とするものでございます。

  第3条は、資本的支出の補正でございまして、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額5億2,100万円を5億2,229万円に改め、それを補てんする額減債積立金2億3,088万1,000円を2億3,217万1,000円に改め、第1項建設改良費の予定額を129万円増額いたしまして、第1款資本的支出の予定額総額を8億7,929万円とするものでございます。

  第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の補正でございまして、(1)、職員給与費の予定額を1,285万5,000円を減額いたしまして、予定額総額を1億8,388万7,000円とするものでございます。

  次に、補正予算実施計画についてご説明申し上げますので、2ページをごらんいただきたいと思います。収益的支出、1款1項営業費用の各目及び資本的支出、1款1項4目事務費の職員給与費を冒頭申し上げたとおり職員の異動等により記載のとおり増減するものでございます。

  続きまして、議第130号 平成17年度見附市ガス事業会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。第2条は、収益的支出の補正でございまして、第1項営業費用の予定額を460万円増額補正いたしまして、第1款ガス事業費の予定額総額を11億1,760万円とするものでございます。

  第3条は、資本的支出の補正でございまして、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億5,000万円を2億5,010万円に改め、それを補てんする額建設改良積立金3,000万円と過年度分損益勘定留保資金4,712万5,000円をそれぞれ建設改良積立金5,407万1,000円に、過年度分損益勘定留保資金2,315万4,000円に改め、第1項建設改良費の予定額を10万円増額いたしまして、第1款資本的支出の予定額総額を3億610万円とするものでございます。

  第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の補正でございまして、(1)、職員給与費の予定額を486万円を増額いたしまして、予定額総額を1億4,286万5,000円とするものでございます。

  次に、補正予算実施計画についてご説明申し上げますので、2ページをごらんいただきたいと思います。収益的支出、1款1項2目供給販売及び一般管理費と資本的支出、1款1項3目事務費の職員給与費を冒頭申し上げたとおり職員の異動等により記載のとおり増額するものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第123号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第124号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第125号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第126号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第127号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第128号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第129号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第130号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第123号議案から第130号議案までの8件については、議案付託表のとおりそれぞれの所管の常任委員会に付託します。

                                            



△日程第7 議第131号 工事請負契約の変更について

     議第132号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について

     議第133号 刈谷田川水防事務組合の規約の変更について

     議第134号 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について

     議第135号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について

     議第136号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分について



○高橋清治議長 日程第7、第131号議案から第136号議案までの6件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、第131号議案及び第132号議案、総務課長。

               〔池山広喜総務課長登壇〕



◎池山広喜総務課長 議第131号 工事請負契約の変更についてご説明申し上げます。説明に先立ちまして、本議案の記載内容に誤りがありましたので、本日お配りしたものと差しかえをお願いしたいと思います。大変申しわけございませんでした。

  それでは、説明に入らせていただきます。本件は平成17年1月27日の市議会臨時会で議決いただきました河野町地区災害復旧工事の請負契約の変更でございます。契約金額を1,919万6,100円増額いたしまして、1億8,404万6,100円とするものでございます。

  変更の主な内容でございますけれども、堆積土砂の搬出土量の増嵩及び搬出先変更に伴う運搬距離の延長などによる変更でございます。なお、契約相手方の丸勝建設株式会社と12月2日付で変更仮契約を取り交わしてございます。

  次に、議第132号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてご説明申し上げます。平成18年1月1日から新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体である栃尾市、与板町、和島村及び寺泊町が廃され、その区域が長岡市に編入され、それに伴い三島郡清掃センター組合が解散いたします。これらに伴いまして、平成17年12月31日限りで栃尾市、与板町、和島村、寺泊町及び三島郡清掃センター組合が新潟県市町村総合事務組合を脱退するとともに、同日限りで上越地方広域事務組合が新潟県市町村総合事務組合の共同処理をする事務中、別表第2の1の項に規定する事務から脱退いたします。

  また、平成18年1月1日から新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体である五泉市及び村松町が廃され、その区域をもって五泉市が設置されます。これに伴いまして、平成18年1月1日から五泉市及び村松町が新潟県市町村総合事務組合を脱退し、五泉市が加入するために規約の変更をするものでございます。

  次のページをごらんください。別表第1において、栃尾市、村松町、与板町、和島村、寺泊町及び三島郡清掃センター組合を削ります。

  別表第2の項中、長岡市、五泉市への編入に伴います関係市町村及び関係組合の加入、削除を行うものでございます。

  附則におきまして、この規約は平成18年1月1日から施行するものであります。

  以上でございます。



○高橋清治議長 次に、第133号議案、建設課長。

               〔大竹伸一建設課長登壇〕



◎大竹伸一建設課長 議第133号 刈谷田川水防事務組合の規約の変更についてご説明申し上げます。

  変更の理由でございますが、長岡市より刈谷田川右岸側の今町地区に隣接している長岡市猫興野の一部を当水防事務組合に加えてほしい旨の申し出があったため、地方自治法第286条第1項の規定によりまして、刈谷田川水防事務組合規約の一部を変更し、次ページの別表第1、水防を行う区域の刈谷田川右岸区域に長岡市猫興野を加えるものでございます。

  また、附則としまして、この規約は平成18年4月1日から施行するものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第134号議案から第136号議案まで、健康福祉課長。

               〔池山久栄健康福祉課長登壇〕



◎池山久栄健康福祉課長 議第134号 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更についてから議第136号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分についてまでの3件を関連しますので、一括してご説明申し上げます。

  平成11年、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律が施行されたことに伴いまして、伝染病予防法が廃止され、感染症予防に関する事務が市町村から県に移管されました。この時点で市町村に義務づけられていました伝染病隔離病舎の設置義務もなくなり、当組合は隔離病舎を設置運営する必要がなくなったことから、長岡赤十字病院に当分の間起債の償還額で貸し付け、その後同病院に有償譲渡し、解散する予定でおりました。しかし、長岡赤十字病院からは財政的な理由等により買い取りは困難との意思表示があり、当組合は平成9年当時伝染病隔離病舎が設置されておりました同病院の移転改築にあわせて合築したことによる旧隔離病舎の保有とその維持管理及び起債の償還を主な業務として、実質的な活動は行っていない状況でありました。一部事務組合として存在している限り、議会、監査等の設置、予算決算等の事務処理等が必要となりますが、市町村合併によりまして構成市町村数が大きく減少し、広域処理する必要性が薄れていることや伝染病予防法の廃止により設置目的がなくなったことにより、平成18年3月31日限りで廃止し、当組合で処理していた事務を長岡市に継承するとともに、その財産を長岡市に帰属させるものでございます。

  なお、当面旧隔離病舎建設のための起債の償還は、長岡赤十字病院から支払われる起債償還額と同額の賃貸借料等を財源としていくものであり、速やかに長岡赤十字病院に起債残額相当額で有償譲渡すべく長岡市が交渉していくこととなっております。

  条文についてご説明申し上げます。議第134号 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更についてでございますが、附則に解散による事務の継承を加え、解散に伴う事務及び解散前の事務は長岡市が継承するものでございます。なお、この規約は新潟県知事の許可の日から施行するものでございます。

  次に、議第135号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散についてでございますが、地方自治法第288条の規定によりまして、平成18年3月31日限りで同組合を解散するものであります。

  次に、議第136号 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分についてでございますが、解散に伴う財産処分を別紙協議書のとおり組合の財産すべてを長岡市に帰属させるものでございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第131号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第132号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第133号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第134号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第135号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第136号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第131号議案から第136号議案までの6件については、議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託します。

                                            



△日程第8 議第137号 損害賠償額の決定及び和解について

     議第138号 公共施設の相互利用に関する協定書の一部変更について

     議第139号 公の施設の区域外設置に関する協議について



○高橋清治議長 日程第8、第137号議案から第139号議案までの3件を一括して議題とします。

  議案ごとに提案理由の説明を求めます。

  まず、第137号議案、建設課長。

               〔大竹伸一建設課長登壇〕



◎大竹伸一建設課長 議第137号 損害賠償額の決定及び和解についてご説明申し上げます。

  これは、見附市が道路改良工事実施に伴って発生した建物の損害に対する賠償額を決定し、和解するものでございます。

  内容につきましては、損害賠償額850万6,750円、相手方、見附市内在住、男性。

  和解条項は、1、見附市は相手方に対し、本件解決金として850万6,750円を支払うものとする。

  2、相手方と見附市は、本件に関し、この和解条項に定めるもののほか、何らの債権債務のないことを相互に確認するというものでございます。

  なお、今後このような問題が生じないよう、工事に際しましては十分留意し、対策を講じたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 次に、第138号議案、企画調整課長。

               〔岡村守家企画調整課長登壇〕



◎岡村守家企画調整課長 議第138号 公共施設の相互利用に関する協定書の一部変更について説明申し上げます。

  平成18年1月1日に栃尾市、与板町、和島村が合併により長岡市となるため、地方自治法第244条の3第2項の規定に基づき、長岡地域広域市町村圏を構成する長岡市、小千谷市、見附市、栃尾市、与板町、和島村、出雲崎町及び川口町の間で平成11年7月29日に締結した公共施設の相互利用に関する協定書の一部を変更するものでございます。

  次ページの別紙をお願いいたします。前文中、「、栃尾市、与板町、和島村」を削り、「構成市町村」を「構成市町」に、「構成市町村内」を「構成市町内」に、「市町村で」を「市町で」に改めるものでございます。以下、同様の改正でございます。

  次ページの別表をお願いいたします。別表の改正につきましても、合併による施設名などの変更によるものでございます。

  なお、この協定書の変更は平成18年1月1日から適用するものでございます。

  以上でございます。



○高橋清治議長 次に、第139号議案、ガス上下水道局長。

               〔平賀大介ガス上下水道局長登壇〕



◎平賀大介ガス上下水道局長 議第139号 公の施設の区域外設置に関する協議についてご説明申し上げます。

  現在杉澤町の一部に給水している栃尾市が平成18年1月1日に長岡市と合併する予定から、新たに長岡市と地方自治法第244条の3の規定により協議し、これについて議決を求めるものでございます。

  協議書の内容につきましては、次ページをごらんいただきたいと思います。条文に沿ってご説明申し上げます。第1条は、施設の名称でございます。

  第2条は、施設の設置場所でございます。

  第3条は、設置の目的でございます。

  第4条は、施設の使用について規定したものでございます。

  第5条は、経費の負担でございます。

  第6条は、水道施設の設置日でございます。

  第7条は、その他でございます。

  以上で説明を終わります。



○高橋清治議長 これより議案ごとに質疑に入ります。

  まず、第137号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第138号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 次に、第139号議案に対して質疑はありませんか。

               〔発言する者なし〕



○高橋清治議長 これにて質疑を終結します。

  ただいま議題となっております第137号議案から第139号議案までの3件については、議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託します。

                                            



○高橋清治議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  お諮りいたします。議事の都合により、12月12日は本会議を休会したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋清治議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、そのように決定しました。

  次回の本会議は、12月13日午後1時30分から開くこととします。

  本日はこれにて散会します。

               午前11時11分  散 会