議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 十日町市

平成22年 12月 定例会(第4回) 12月10日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号




平成22年 12月 定例会(第4回) − 12月10日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号







平成22年 12月 定例会(第4回)





          平成22年第4回十日町市議会定例会会議録
           平成22年12月10日(第5日目)

1. 出席議員(30名)
    1番 小 林   均 君  2番 吉 村 重 敏 君  3番 遠 田 延 雄 君
    4番 藤 巻   誠 君  5番 仲 嶋 英 雄 君  6番 鈴 木 和 雄 君
    7番 小 林 弘 樹 君  8番 宮 沢 幸 子 君  9番 阿 部 晃 一 君
   10番 近 藤 紀 夫 君 11番 安 保 寿 隆 君 12番 羽 鳥 輝 子 君
   13番 小 嶋 武 夫 君 14番 飯 塚 茂 夫 君 15番 鈴 木 一 郎 君
   16番 太 田 祐 子 君 17番 涌 井   充 君 18番 川 田 一 幸 君
   19番 山 賀 子 平 君 20番 小 林 正 夫 君 21番 庭 野 茂 美 君
   22番 山 岸 角太郎 君 23番 村 山 邦 一 君 24番 尾 身 隆 一 君
   25番 小野嶋 哲 雄 君 26番 庭 野 政 義 君 27番 宮 嶋 正 一 君
   28番 高 橋 洋 一 君 29番 北 村 公 男 君 30番 小 堺 清 司 君
                                              
1. 欠席議員(0名)
                                              
1. 欠  員(0名)
                                              
1. 事務局職員
   事 務 局 長  水 落 文 一 君      次     長  須 藤 弘 幸 君
   庶 務 係 長  南 雲   浩 君      主     査  山 本 勝 利 君
                                              
1. 説明のため出席した者
   市     長  関 口 芳 史 君      副  市  長  村 山   潤 君
   教  育  長  蔵 品 泰 治 君      総 務 部 長  市 川   講 君
   市 民 福祉部長  尾 身 晴 夫 君      産 業 観光部長  山 岸   航 君
   建 設 部 長  福 崎 良 昭 君      技     監  柴 田 芳 雄 君
   企 画 政策課長  大 津 善 彦 君      総 務 課 長  池 田 則 夫 君
   財 政 課 長  南 雲   晃 君      福 祉 課 長  大 島 利 夫 君

   産 業 観 光  高 橋 勝 芳 君      農 林 課 長  森     治 君
   企 画 課 長

   建 設 課 長  樋 口 則 雄 君      教 育 次 長  宇都宮 正 人 君
   学 校 教育課長  岩 田 雅 己 君      川 西 支 所 長  登 坂 光 國 君
   中 里 支 所 長  太 島 憲 一 君      松 代 支 所 長  齋 藤 一 良 君
   松 之 山支所長  小 口 一 成 君                        

                                              

1. 議事日程 第5号
                          平成22年12月10日 午前10時 開議
 第 1 議案第118号 十日町市過疎地域自立促進計画の策定                
     議案第119号 指定管理者の指定(十日町市松代生涯学習センター)         
     議案第120号 指定管理者の指定(十日町市総合体育館ほか9施設)         
                              (以上 総務文教常任委員長報告)
 第 2 議案第122号 市道の廃止                            
     議案第123号 十日町市営住宅条例の一部を改正する条例制定            
     議案第124号 十日町市まつだい芝峠温泉施設条例の一部を改正する条例制定     
     議案第125号 十日町市里創プラン松代ステージ条例の一部を改正する条例制定    
     議案第126号 十日町市まつだい郷土資料館条例の一部を改正する条例制定      
     議案第127号 十日町市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例制
             定                                
     議案第128号 指定管理者の指定(松葉荘)                    
     議案第129号 指定管理者の指定(まつだい雪国農耕文化村センター等)       
     議案第130号 指定管理者の指定(十日町市まつだい郷土資料館)          
     請願第  8号 TPP交渉参加反対に関する請願                  
     請願第 10号 米価の大暴落に歯止めをかけるための請願              
                              (以上 産業建設常任委員長報告)
 第 3 議案第131号 十日町市印鑑条例の一部を改正する条例制定             
     議案第132号 十日町市手数料条例の一部を改正する条例制定            
     議案第133号 十日町市老人福祉センター条例の一部を改正する条例制定       
     議案第134号 指定管理者の指定(羽根川荘)                   
     議案第135号 指定管理者の指定(平成園)                    
     議案第136号 指定管理者の指定(十日町市斎場)                 
     請願第  9号 「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法
             律の制定を求める意見書」の採択を求める請願            
(以上 厚生環境常任委員長報告)
 第 4 議会発第15号 TPP交渉参加反対に関する意見書                 
 第 5 議会発第16号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書            
                                              
1. 本日の会議に付した事件
    日程第1
      |
    日程第5





                       〇                       

              午前10時00分    開  議



○議長(涌井充君)

  これより平成22年十日町市議会第4回定例会第5日目の会議を開きます。

  ただいままでの出席議員数は30人であります。

  本日の議事日程は、配付いたしておきましたとおり、日程第1から第5までの23件であります。

                       〇                       



△日程第1 議案第118号 十日町市過疎地域自立促進計画の策定

      議案第119号 指定管理者の指定(十日町市松代生涯学習センター)

      議案第120号 指定管理者の指定(十日町市総合体育館ほか9施設)



○議長(涌井充君)

  日程第1 議事日程に記載の議案第118号から議案第120号までの議案3件を一括議題といたします。

  3件に関し、総務文教常任委員会の審査報告を求めます。総務文教常任委員長。

                                              



◎20番(小林正夫君)

  おはようございます。それでは、総務文教常任委員会の審査報告を申し上げます。

  初めに、議案第118号 十日町市過疎地域自立促進計画の策定について、委員から、前回の計画の中で未着手のものについては再度掲載されているか、地域から新たな要望や提言があった場合はどう扱うかなどの質問に対し、未掲載の件については計画策定に当たって総合計画後期計画部分の特に関係のある事業を掲載した。新たに事業を設立するものは大いに考えられる。この場合は、その都度県と協議した中で追加し対応したいとの答弁があり、採決の結果、全員賛成、原案可決であります。

  次に、議案第119号 指定管理者の指定について(十日町市松代生涯学習センター)の指定について、委員から、指定管理者の経歴や経営方針、また予算や地位などのわかりやすい資料を提供してほしいなどとさまざまな意見が出され、委員から継続審査を提案したい旨の発言があり、採決の結果、継続審査の案は否決され、その後議案第119号は採決の結果、賛成多数、原案可決であります。

  次に、議案第120号 指定管理者の指定について(十日町市総合体育館ほか9施設)の指定について、委員から、ネージュスポーツクラブの会員数や会費収入などの質問に対し、正会員は219名で、賛助会員は28社あり、会費収入や事業収入などで270万から300万円との答弁がありました。また、指定管理に関する収支や採算及び責任分担などの質問に対し、委託料がどうなるかという話し合いは行っていない。議会の指定管理の議決があって初めて細かいところまで説明し、実際に審査会に上げる前に申請書の内容などについて詳細なヒアリングをさせていただき、私どもが思っているスタッフの数とか整合性の合わないところもあるので、話をした中でご理解をいただいているとの答弁があり、採決の結果、議案第120号は全員賛成、原案可決であります。

  以上申し上げ、総務文教常任委員会報告といたします。



○議長(涌井充君)

  3件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議案第119号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立多数であります。

  よって、議案第119号は可決されました。

  これより議案第120号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立全員であります。

  よって、議案第120号は可決されました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第118号に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(涌井充君)

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第118号は可決されました。

                       〇                       



△日程第2 議案第122号 市道の廃止

      議案第123号 十日町市営住宅条例の一部を改正する条例制定

      議案第124号 十日町市まつだい芝峠温泉施設条例の一部を改正する条例制定

      議案第125号 十日町市里創プラン松代ステージ条例の一部を改正する条例制定

      議案第126号 十日町市まつだい郷土資料館条例の一部を改正する条例制定

      議案第127号 十日町市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例制定

      議案第128号 指定管理者の指定(松葉荘)

      議案第129号 指定管理者の指定(まつだい雪国農耕文化村センター等)

      議案第130号 指定管理者の指定(十日町市まつだい郷土資料館)

      請願第  8号 TPP交渉参加反対に関する請願

      請願第 10号 米価の大暴落に歯止めをかけるための請願



○議長(涌井充君)

  日程第2 議事日程に記載の議案第122号から議案第130号までの議案9件及び請願第8号、請願第10号、以上11件を一括議題といたします。

  11件に関し、産業建設常任委員会の審査報告を求めます。産業建設常任委員長。

                                              



◎14番(飯塚茂夫君)

  おはようございます。それでは、ただいまから産業建設常任委員会の審査報告を申し上げます。

  審査の結果は、お手元の委員会審査報告書のとおりですが、私からは審査の過程で出された質疑を幾つか申し上げたいと思います。

  議案第122号 市道の廃止については、12月3日の本会議での質疑における答弁の内容について訂正がなされ、採決の結果、全員賛成、原案可決であります。

  次に、議案第123号 十日町市営住宅条例の一部改正については質疑はなく、採決の結果、全員賛成、原案可決であります。

  次に、議案第124号 十日町市まつだい芝峠温泉施設条例の一部改正、議案第125号 十日町市里創プラン松代ステージ条例の一部改正、議案第126号 十日町市まつだい郷土資料館条例の一部改正はいずれも質疑はなく、採決の結果、全員賛成、原案可決であります。

  次に、議案第127号 十日町市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部改正については、市内8選挙区ごとの農地面積についての質疑があり、採決の結果、全員賛成、原案可決であります。

  続いて、議案第128号 指定管理者の指定(松葉荘)については、健全経営に努めていただく観点からも、経営内容をわかりやすく説明のできる、決算書以外にも仕訳書などの書類添付もしてほしいとの要望がありました。また、継続審査を求める意見が出されましたが、継続審査についての採決の結果は賛成少数で否決となり、続いて指定管理者の指定についての採決の結果は、議案第128号は賛成多数で原案可決であります。

  次に、議案第129号 指定管理者の指定(まつだい雪国農耕文化村センター等)について及び議案第130号 指定管理者の指定(まつだい郷土資料館)については、指定管理者の公募方法についての質疑があり、十日町市ホームページや市報による方法をとっているとの答弁がありました。また、2件について継続審査を求める意見が出されましたが、継続審査についての採決の結果は賛成少数で否決となり、続いて指定管理者の指定についてそれぞれ採決をした結果、議案第129号、議案第130号の2件とも賛成多数で原案可決であります。

  次に、請願第8号 TPP交渉参加反対に関する請願については、紹介議員の趣旨説明に続いて、JA十日町の服部常務理事から補足説明をいただきました。委員からは、十日町市は農業が基幹産業であり、地域農業を守る見地から賛成とする意見と、グローバルな視点で国益を考えるべきとの意見があり、採決の結果、賛成多数で採択となりました。

  次に、請願第10号 米価の大暴落に歯止めをかけるための請願については、紹介議員から趣旨説明をいただき質疑を行いました。委員からは、米価下落の要因はさまざまな要素があり、過剰米の備蓄だけでは解決しないのではないかという意見がありました。採決の結果、賛成少数で不採択となりました。

  以上で産業建設常任委員会に付託された案件の審査報告を終わります。



○議長(涌井充君)

  11件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議案第128号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立多数であります。

  よって、議案第128号は可決されました。

  これより議案第129号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立多数であります。

  よって、議案第129号は可決されました。

  これより議案第130号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立多数であります。

  よって、議案第130号は可決されました。

  これより請願第8号 TPP交渉参加反対に関する請願を起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は採択であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立多数であります。

  よって、請願第8号は採択されました。

  これより請願第10号 米価の大暴落に歯止めをかけるための請願を起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は不採択であります。

  お諮りいたします。本件を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立少数であります。

  よって、請願第10号は不採択と決しました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第122号から議案第127号までの議案6件に対する委員長報告は原案可決であります。6件は委員長の報告どおり決するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(涌井充君)

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第122号、議案第123号、議案第124号、議案第125号、議案第126号、議案第127号は可決されました。

                       〇                       



△日程第3 議案第131号 十日町市印鑑条例の一部を改正する条例制定

      議案第132号 十日町市手数料条例の一部を改正する条例制定

      議案第133号 十日町市老人福祉センター条例の一部を改正する条例制定

      議案第134号 指定管理者の指定(羽根川荘)

      議案第135号 指定管理者の指定(平成園)

      議案第136号 指定管理者の指定(十日町市斎場)

      請願第  9号 「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願



○議長(涌井充君)

  日程第3 議事日程に記載の議案第131号から議案第136号までの議案6件及び請願第9号、以上7件を一括議題といたします。

  7件に関し、厚生環境常任委員会の審査報告を求めます。厚生環境常任委員長。

                                              



◎21番(庭野茂美君)

  おはようございます。それでは、ただいまから厚生環境常任委員会の審査報告を申し上げます。

  審査の結果は、お手元の委員会審査報告書のとおりですが、付託議案の概要説明は既に本会議において当局からなされており、かつ委員外の議員の皆様からは当委員会の傍聴もいただいておりますので、私からは審査の過程での質疑の概要を申し上げます。

  議案第131号 十日町市印鑑条例の一部を改正する条例制定について、議案第132号 十日町市手数料条例の一部を改正する条例制定について、議案第133号 十日町市老人福祉センター条例の一部を改正する条例制定について、議案第134号 指定管理者の指定(羽根川荘)についての4件につきましては、特に質疑はなく、採決の結果、全員賛成で原案可決であります。

  議案第135号 指定管理者の指定(平成園)については、委員より、指定管理者となる妻有福祉会では近年の利用者の減少によって運営に難儀を来していると聞くがどうか。他の指定管理施設と同様に経営状況のチェックをしっかりと行っていただきたいとの質疑や意見、要望があり、当局より、平成園の利用者数は増加傾向にあり、かつ緊急雇用対策の助成等によりスタッフの人件費に充当させていただいているとの答弁があり、採決の結果、全員賛成で原案可決であります。

  議案第136号 指定管理者の指定(十日町市斎場)については、指定管理料の実績額の照会があり、市から委託料分は平成18年から22年の間では年間315万円との説明があり、採決の結果、全員賛成で原案可決であります。

  最後に、請願第9号 「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願については、紹介議員の趣旨説明を受けた後審査を行いました。委員からは、請願者の新潟県総合生活協同組合みずから製品の容器や包装の再利用、再生利用の取り組みがなされているのか、十日町市のリサイクルの現状はどうかなどの質疑があり、紹介議員から、新潟県総合生活協同組合では調味料容器のリターナブル化などを実施し、あわせて日ごろからさまざまな啓発、実践活動を行っている。環境衛生課長からは、当市のリサイクルの現状として重量ベースで20%から22%のリサイクル率で、市内民間業者に年間1,800万円で委託しているとの答弁があり、採決の結果、全員賛成で請願採択であります。

  以上で厚生環境常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(涌井充君)

  7件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議案第134号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立全員であります。

  よって、議案第134号は可決されました。

  これより議案第135号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立全員であります。

  よって、議案第135号は可決されました。

  これより議案第136号 指定管理者の指定についてを起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は原案可決であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立全員であります。

  よって、議案第136号は可決されました。

  これより請願第9号 「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願を起立採決いたします。

  本件に対する委員長報告は採択であります。本件は委員長の報告どおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立全員であります。

  よって、請願第9号は採択されました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第131号、議案第132号、議案第133号に対する委員長報告は原案可決であります。3件は委員長の報告どおり決するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(涌井充君)

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第131号、議案第132号、議案第133号は可決されました。

                       〇                       



△日程第4 議会発第15号 TPP交渉参加反対に関する意見書



○議長(涌井充君)

  日程第4 議会発第15号 TPP交渉参加反対に関する意見書を議題といたします。

  提出者の説明を求めます。小嶋武夫君。



◎13番(小嶋武夫君)

  それでは、TPP交渉参加反対に関する意見書について説明をさせていただきます。

  国政も経済も大変不安定な状況であります。我が十日町市の最大の基幹産業は農業であります。去る11月9日、政府は包括的経済連携に関する基本方針を閣議決定し、この中でTPP環太平洋戦略的経済連携協定については、関係国との協議を開始すると判断しました。我が国は、既に世界で最も開かれた農産物純輸入国であり、食料自給率は先進国と比較して著しく低下しています。関税の完全撤廃を目指すTPPを締結すれば、日本農業は壊滅的打撃を受けることは必至であります。国民の大多数が望む食料自給率の向上に逆行することは明らかです。さらに、関連産業や地域雇用の縮小、農業の持つ国土保全や環境維持など多面的機能の喪失等、その打撃は極めて深刻です。このため、政府におかれましてはTPP交渉への参加は行わないよう強く要望いたします。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。



○議長(涌井充君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議会発第15号を起立採決いたします。本件は原案どおり可決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立多数であります。

  よって、議会発第15号は可決されました。

  なお、意見書の提出先につきましては議長に一任願います。

                       〇                       



△日程第5 議会発第16号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書



○議長(涌井充君)

  日程第5 議会発第16号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書を議題といたします。

  提出者の説明を求めます。太田祐子さん。



◎16番(太田祐子君)

  おはようございます。ただいま議題となっております容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書は、お手元に配付されております意見書の内容を朗読させていただくことによってかえさせていただきます。

  一般廃棄物の約6割を占める容器包装のリサイクルを行うため、1997年4月に容器包装リサイクル法が施行されました。

  ところが、リサイクルされるとはいっても、一度しか使わない容器(ワンウェイ容器)の大量生産・大量使用の構造は見直されず、排出抑制に結びついていないのが現状です。

  その一方で、地方自治体は、リサイクルコストの約7割を占める収集・分別・保管を義務づけられ、分別収集に積極的に取り組むほど、その自治体の財政を圧迫する構造になっています。

  また、これらに要する費用が税金負担の構造では、生産者にごみの減量に取り組む社会的使命を果たす積極的意欲が働きづらいのが現状です。

  したがって、容器選択権のある生産者の責任を明確にしない限り、このままでは大量廃棄にかわる大量リサイクルに際限なく税金を使い続けることになります。

  しかも、この法律は、発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)という3Rの優先順位を明確にしたとされる循環型社会形成推進基本法の精神からも矛盾しています。再生利用よりも発生抑制、再使用を促進するさまざまな経済的手法、例えば容器課徴金やデポジット制度などを盛り込む視点で、容器包装リサイクル法を見直すことを含め、下記のとおり強く要請します。

                      記

  1.容器包装リサイクルの収集・分別・保管の費用を自治体が負担する現在の経費負担のあり方を見直して、容器包装リサイクル法を改正すること。

    そして、発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の優先順位で、ごみ減量を推進するさまざまな手法を盛り込むこと。

  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

  以上です。



○議長(涌井充君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議会発第16号を起立採決いたします。

  本件は原案どおり可決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(涌井充君)

  起立全員であります。

  よって、議会発第16号は可決されました。

  なお、意見書の提出先につきましては議長に一任願います。

  本日の議事日程は終了いたしました。

  以上をもって今期定例会に付議せられました事件はすべて議了いたしました。

  平成22年十日町市議会第4回定例会を閉会いたします。

              午前10時31分    閉  会