議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 十日町市

平成18年  1月 臨時会(第1回) 01月24日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成18年  1月 臨時会(第1回) − 01月24日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成18年  1月 臨時会(第1回)





          平成18年第1回十日町市議会臨時会会議録
            平成18年1月24日(第1日目)

1. 出席議員(40名)
    1番 保 坂 道 賢 君  2番 仲 嶋 英 雄 君  3番 小 林 弘 樹 君
    4番 宮 沢 幸 子 君  5番 高 波 益 勇 君  6番 羽 鳥 輝 子 君
    7番 小 嶋 武 夫 君  8番 鈴 木 和 雄 君  9番 阿 部 晃 一 君
   10番 村 越 敬 一 君 11番 貝 沢 洋 次 君 12番 近 藤 紀 夫 君
   13番 安 保 寿 隆 君 14番 庭 野 茂 美 君 15番 太 田 祐 子 君
   16番 涌 井   充 君 17番 鈴 木 一 郎 君 18番 川 田 一 幸 君
   19番 相 沢 正 平 君 20番 飯 塚 茂 夫 君 21番 小 林 正 夫 君
   22番 山 賀 子 平 君 23番 鈴 木 善 雄 君 24番 佐 藤 栄 市 君
   25番 庭 野 雅 弘 君 26番 尾 身 隆 一 君 27番 庭 野 政 義 君
   28番 山 本 耕 一 君 29番 山 岸 角太郎 君 30番 吉 楽 正 実 君
   31番 宮 嶋 正 一 君 32番 村 山 邦 一 君 33番 根 津 東 六 君
   34番 高 橋 洋 一 君 35番 北 村 公 男 君 36番 桑 原 清 一 君
   37番 村 山 耕 司 君 38番 押 木   貢 君 39番 小 堺 清 司 君
   40番 高 橋 平 八 君
                                              
1. 欠席議員(0名)
                                              
1. 欠  員(0名)
                                              
1. 事務局職員
   事 務 局 長  池 田 春 夫 君      次     長  登 坂 光 国 君
   議 事 係 長  水 落 文 一 君      主     任  山 本 勝 利 君
   主     任  上 野 新 吾 君      主     事  池 田 里 美 君
                                              
1. 説明のため出席した者
   市     長  田 口 直 人 君      助     役  大 島 貞 二 君
   収  入  役  丸 山 俊 久 君      教  育  長  井 口 カズ子 君
   川 西 支 所 長  田 村 允 伸 君      中 里 支 所 長  吉 楽 克 之 君
   松 代 支 所 長  関 谷 英市郎 君      松 之 山支所長  小野塚 良 雄 君
   総 務 課 長  村 山   潤 君      総 合 政策課長  南 雲   晃 君
   財 政 課 長  蔵 品 泰 治 君      農 林 課 長  樋 口 秀 雄 君
   建 設 課 長  室 岡   茂 君      福 祉 課 長  宮   新 一 君
   克 雪 維持課長  高 橋 博 行 君      都 市 計画課長  高 橋 久 光 君
   産 業 振興課長  福 崎 良 昭 君      観 光 交流課長  竹 内 茂 俊 君
   市 民 生活課長  鈴 木 久 雄 君      保 険 年金課長  市 川   講 君
   環 境 衛生課長  川 崎 孝 一 君      下 水 道 課 長  保 坂 雅 男 君
   健 康 支援課長  池 田 則 夫 君      税 務 課 長  竹 内 増 蔵 君
   水 道 局 長  根 津 増 蔵 君      教 育 総務課長  樋 口 一 雄 君
   学 校 教育課長  林   正 栄 君      生 涯 学習課長  大 島   勉 君
                                              
1. 議事日程 第1号
                           平成18年1月24日 午前10時 開議
     諸般の報告                                    
 第 1 会議録署名議員の指名                               
 第 2 会期の決定                                    
 第 3 議案第1号 専決処分の承認(平成17年度十日町市一般会計補正予算〔第7号〕)   
 第 4 議案第2号 工事請負契約の変更                          
 第 5 議案第3号 平成17年度十日町市一般会計補正予算(第8号)            
     議案第4号 平成17年度十日町市国民健康保険川西診療所特別会計補正予算(第2号) 
     議案第5号 平成17年度十日町市国民健康保険倉俣診療所特別会計補正予算(第3号) 
     議案第6号 平成17年度十日町市国民健康保険松之山診療所特別会計補正予算(第2号)
     議案第7号 平成17年度十日町市簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)      
                                              
1. 本日の会議に付した事件
    日程第1
      │
    日程第5






                       〇                       

              午前10時00分    開  会



○議長(高橋平八君) 

  これより平成18年十日町市議会第1回臨時会を開会いたします。

  ただいままでの出席議員数は40人であります。

                       〇                       

              午前10時01分    開  議



○議長(高橋平八君) 

  これより本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、配付いたしておきましたとおり日程第1から第5までの9件であります。

  議会運営委員会の報告について、1月17日議会運営委員会が開催されましたので、その結果について議会運営委員会の報告を求めます。議会運営委員長。



◆30番(吉楽正実君) 

  去る1月17日午前11時から平成18年第1回臨時会に係る議会運営委員会が開催されましたので、その結果について報告を申し上げます。

  お手元の議案付託表をごらん願います。今回の臨時会付議事件は、ごらんのとおり議案第1号 専決処分の承認から議案第7号 平成17年度簡易水道事業特別会計補正予算までの7件でありますが、いずれも即決といたします。

  以上で報告を終わります。

                       〇                       



△諸般の報告



○議長(高橋平八君) 

  諸般の報告であります。今冬の豪雪災害にかんがみ、十日町市議会としても市民生活を確保するため、国に対し財政措置を初めとする所要の施策を早急に講ずることを求める緊急中央要望を実施すべきであると判断し、先ほどの議会運営委員会で了解を得ました。具体的には、近々正副議長等が上京し、関係省庁ほかに要望活動を行う予定ですが、各位にご報告を申し上げます。

                       〇                       



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(高橋平八君) 

  日程第1 会議録署名議員の指名であります。会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において鈴木一郎君及び川田一幸君を指名いたします。

                       〇                       



△日程第2 会期の決定



○議長(高橋平八君) 

  日程第2 会期決定の件を議題といたします。

  お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高橋平八君) 

  ご異議ないものと認めます。

  よって、会期は本日1日間と決しました。

                       〇                       



△日程第3 議案第1号 専決処分の承認(平成17年度十日町市一般会計補正予算〔第7号〕)



○議長(高橋平八君) 

  日程第3 議案第1号 専決処分の承認についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。財政課長。



◎財政課長(蔵品泰治君) 

  おはようございます。それでは、議案書の第1ページをお開きいただきたいと思います。

  議案第1号 専決処分の承認についてでございますが、十日町市の一般会計補正予算(第7号)を別紙のとおり専決処分したので、議会に報告し、承認を求めるというものでございます。

  次の2ページをお願いいたします。専決第1号でございます。専決処分書は、災害救助法が適用されたということで1月6日付の日付、災害救助法が適用された日付で専決をさせていただきました。

  3ページをお願いいたします。一般会計補正予算(第7号)の内容でございます。第1条では予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,148万5,000円を追加し、予算の総額を486億1,010万3,000円とするというものでございます。

  10ページ、11ページまでお進み願います。歳出でございますが、3款民生費、4項災害救助費、1目災害救助費でございます。説明欄をごらんいただきたいんですが、豪雪災害救助費でございます。合計で1億1,148万5,000円でございます。内訳としまして、要援護世帯780世帯に対する除雪費をとりあえず除雪人夫賃金が4,685万4,000円、除雪委託料が6,000万6,000円に振り分けをして計上させていただきました。また、この事業につきましては、事務費が4%認められておりますので、職員が豪雪対策本部に土日も含め24時間体制をとって詰めております。その時間外勤務手当417万9,000円も計上させていただきました。

  それから、左の財源内訳欄をごらんいただきたいのでありますが、県支出金が1億1,148万5,000円でございます。災害救助費の県負担金でございまして、この歳出予算の全額を県費で賄っているというものでございます。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(高橋平八君) 

  本件に対する質疑を許します。尾身隆一君。



◆26番(尾身隆一君) 

  今ほど課長の方から説明していただきましたけれども、要援護世帯780世帯分ということで、要援護世帯でありますので、除雪の人夫賃金はどのぐらいで見ているのか。単価ですけれども、お聞かせいただきたいと思っています。



○議長(高橋平八君) 

  福祉課長。



◎福祉課長(宮新一君) 

  県の方の指示で一応単価設定をしてもらいたいというような話がありまして、1時間当たり2,500円で算出しております。以上です。



○議長(高橋平八君) 

  尾身隆一君。



◆26番(尾身隆一君) 

  今回の異常豪雪で人も機械もなかなか足りないというふうなことであるわけでありますけれども、特に賃金について業者によって高いのもあれば、低いのもあるということで、除雪の機械の委託単価でありませんけれども、一定の上限みたいのを設けて、要援護世帯を対象とした除雪でありますので、そんな工夫を、雪処理券だとか、あるいは13万7,000円のその範囲で足りない方も中にはいると思うんです。そんなふうなことで若干の工夫とか、そういうのは検討というのはなされないんでしょうか。以上です。



○議長(高橋平八君) 

  福祉課長。



◎福祉課長(宮新一君) 

  今議員の言われたように、個人によってはお金が非常にかかっている方もいますし、割合と少額で済む方も、条件によっていろいろあるわけですけれども、その辺の工夫といってもなかなか難しいところがありますので、できるだけ話を聞きながら柔軟に対応していきたいと考えております。以上です。



○議長(高橋平八君) 

  村山邦一君。



◆32番(村山邦一君) 

  今回の救助法については、当初6日から出たわけでございますが、15日までということで日にちを切られて、その後当分の間ということで本庁の皆さんから各支所には指示が来ているかと思うんでございますけれども、この辺の見通しについては、県の考え方、当分の間というのはいつごろまでのことを指しておられるのか。私は、ぜひ長く当分の間ということを、できれば2月いっぱいぐらいは、やはり一番平年でありますと厳しい冬で、しかも雪が降るということが常識でございますので、その辺で私は、もし県がそういう考えであればまた別でしょうけれども、自治体としてはできるだけ長く救助法が解かれないような、そういうまた声も上げていただきたいと。この2点だけお伺いしたいんですが、いかがでしょうか。



○議長(高橋平八君) 

  市民生活課長。



◎市民生活課長(鈴木久雄君) 

  災害救助法、当初10日間の予定、15日までのものが延長されましたけども、当分の間ということでありまして、私どもも県の方に具体的にいつころまでというふうな問い合わせはしたところでございますけども、県は当分の間ということで、具体的な日にちは示してございません。

  今後もまだまだ冬、この地方はこれからが冬本番の時期でもありますので、できるだけ災害救助法が長く適用されるように機会を得て県の方へも要望を上げていきたいというふうに考えております。



○議長(高橋平八君) 

  北村公男君。



◆35番(北村公男君) 

  先ほど尾身議員の方からもありましたけれども、この除雪というのは、うちの面積等もあるわけですよね。そういう中でこれが、大きいうちも小さいうちもいわゆるもう一律の配分かということなんですけれども、先ほど聞けば、大体一律のような感じがしますけれども、それはそれ、一律なんですね。



○議長(高橋平八君) 

  福祉課長。



◎福祉課長(宮新一君) 

  基本的には1世帯当たり13万7,000円ということでお願いをしております。ただ、今議員の言われたように、屋根面積によって金額の大小は当然出てまいります。そうなんですけども、一応平均的には13万7,000円の範囲内でお願いしたいということで民生委員さんを通じて要援護世帯の方には周知を申し上げているところでございます。



○議長(高橋平八君) 

  質疑は終結したものと認めます。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号は原案どおり承認するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高橋平八君) 

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第1号は原案どおり承認されました。

                       〇                       



△日程第4 議案第2号 工事請負契約の変更



○議長(高橋平八君) 

  日程第4 議案第2号 工事請負契約の変更についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。財政課長。



◎財政課長(蔵品泰治君) 

  13ページをお願いいたします。議案第2号 工事請負契約の変更についてでございます。

  工事請負契約を変更したいので、十日町市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例により、議会の議決を求めるものでございます。

  工事名は、十日町市高速情報通信網整備工事。2番の請負金額は、変更前が11億9,595万円、変更後が11億1,800万2,200円、変更額が7,794万7,800円の減額でございます。変更の主な理由でございますけども、光ケーブル敷設ルートを、例えば吉田小、吉田中に対するサーバーをクロス10から川西支所に変えたことによる経費の減額、それとかケーブル敷設仕様について、雪害やけものの害からの保護仕様の距離の短縮等による減額でございます。契約の相手方につきましては、関電工・大島・村尾特定共同企業体でございます。

  14ページをごらんいただきます。参考資料として、建設工事請負変更仮契約書を添付させていただきました。下の方になお書きがございますけども、この仮契約について十日町市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第4条の規定による市議会の議決を経たときは、これを本契約とみなすというものでございます。

  以上ですが、よろしくお願いいたします。



○議長(高橋平八君) 

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第2号は原案どおり可決するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高橋平八君) 

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第2号は原案どおり可決されました。

                       〇                       



△日程第5 議案第3号 平成17年度十日町市一般会計補正予算(第8号) 

      議案第4号 平成17年度十日町市国民健康保険川西診療所特別会計補正予算(第2号)

      議案第5号 平成17年度十日町市国民健康保険倉俣診療所特別会計補正予算(第3号)

      議案第6号 平成17年度十日町市国民健康保険松之山診療所特別会計補正予算(第2号)

      議案第7号 平成17年度十日町市簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)



○議長(高橋平八君) 

  日程第5 議案第3号 平成17年度十日町市一般会計補正予算について、議案第4号 平成17年度十日町市国民健康保険川西診療所特別会計補正予算について、議案第5号 平成17年度十日町市国民健康保険倉俣診療所特別会計補正予算について、議案第6号 平成17年度十日町市国民健康保険松之山診療所特別会計補正予算について、議案第7号 平成17年度十日町市簡易水道事業特別会計補正予算について、以上5件を一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。市長。



◎市長(田口直人君) 

  おはようございます。ご苦労さまです。それでは、一般会計補正予算の(第8号)につきまして、私の方から概要について説明をさせていただきます。

  補正予算の規模は7億6,293万5,000円の追加となっております。また、補正後の予算規模は493億7,303万8,000円でございます。

  主な歳出補正の内容でございますが、昨年12月10日から始まった異常豪雪により各種除雪経費に不足を来しているために、必要額を計上するものでございます。道路除雪費関係で7億500万円、各種公共施設の除雪費関係で4,300万円であります。また、昨今の原油の高騰により灯油等の燃料費が不足をしており、1,400万円の計上となっております。

  なお、1月6日以来災害救助法の適用が継続をしておりますが、小正月前後から降雪が少なく、ここに来て市民生活も落ちつきを戻しつつあるかなというふうに思っております。しかしながら、平年であればこれからが冬本番になるわけであります。雪崩を含め厳重な警戒態勢を維持をしていきたいと考えておるところであります。

  さて、この財源でありますが、普通交付税が4億6,600万円ほど、国の除雪費補助金が1億2,000万円、県の合併特別交付金が1億6,000万円ほどとなっております。普通交付税や合併特別交付金を地域振興に充てられずに、雪対策に充てなければならないという非常に緊急事態の補正となっております。

  以上、一般会計補正予算案の概要を説明させていただきましたが、引き続き財政課長に補足説明をいたさせますので、ご審議の上、ご承認をお願い申し上げます。



○議長(高橋平八君) 

  財政課長。



◎財政課長(蔵品泰治君) 

  それでは、議案第3号の補足のご説明をさせていただきたいと思います。一部市長と説明が重複いたしますが、お許し願いたいと思います。

  議案書は16ページから始まっておりますが、22、23ページまでお進み願いたいと思います。歳入でございます。主な歳入についてご説明いたしたいと思います。最初に、一番上の10款地方交付税でございますが、普通交付税の追加が4億6,644万8,000円でございます。これにつきましては、全額では111億3,844万8,000円の交付が確定しているところでございますが、今まで留保財源としてとっていた分をすべてまき出させていただいたということでございます。

  それから、次の14款の国庫支出金、2項国庫補助金、4目土木費国庫補助金でございます。臨時市町村道除雪費補助金が1億2,000万円でございます。これにつきましては、補助金の額はまだ通知は来ていないのでありますが、国が市町村道について補助金を支出する方針を固めましたので、昨年の例を勘案しながらとりあえずの金額を計上させていただきました。

  それから、15款県支出金、2項県補助金、1目総務費県補助金でございます。新潟県合併特別交付金の追加で1億6,085万5,000円でございます。これは、県が10年間で20億円交付するというものでございますが、財源不足のため、県にお願いし、前倒しで交付されるものでございます。当初予算では2億3,000万円でありましたが、この追加を合わせると3億9,000万ほどとなります。なお、この交付金につきましては、特定目的のところにとりあえず充当させていただきまして、浮いた一般財源を除雪費に回させていただくという仕掛けになっております。

  次のページをお願いいたします。19款諸収入、5項雑入、2目雑入でございます。前年度剰余金の追加が1,318万2,000円でございます。この前年度剰余金につきましては、今まで12月までの各補正予算の財源とさせていただいたところでございます。これで9億3,558万4,000円の前年度剰余金の全額をまき出すことになるということでございます。

  次のページから歳出でございますが、施設の除雪費、道路除雪費、燃料費等が計上されております。なお、1月16日には議員各位29名の方から本庁舎の除雪に参加していただきまして、汗を流していただきました。大変ありがとうございます。

  それでは、32、33ページまでお進み願いたいと思います。8款土木費、2項道路橋りょう費、5目の道路除雪費でございます。説明欄の二つ目の丸のところに道路除雪費が6億9,884万7,000円となっております。一番下の説明で除雪委託料の追加が5億9,900万円、次のページをお願いいたします。一番上の方に除雪圧雪機械借上料追加が9,800万円でございます。これにつきましては、今後の雪の降りようにもよりますけども、2月いっぱいまでの除雪費を確保したいとするものでありますが、17年度の当初予算でこの関係では7億7,360万円、12月の補正で2億3,200万円、今回がこの二つを合わせて6億9,700万円で、全部で17億260万円の除雪費の予算ということでございます。

  41ページまで回していただきます。議案第4号 国民健康保険川西診療所特別会計補正予算(第2号)でございます。

  第1条で歳入歳出それぞれ93万6,000円を追加し、予算の総額を2億1,766万5,000円とするというものでございます。

  48、49ページをお願いいたします。1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費でございます。一般管理費が70万5,000円、医師住宅管理費が23万1,000円ということで、診療所と医師住宅の除雪費を計上させていただきました。

  次のページをお願いいたします。議案第5号でございます。国民健康保険倉俣診療所特別会計補正予算(第3号)でございます。

  第1条で歳入歳出それぞれ30万6,000円を追加し、予算の総額を8,234万1,000円とするものでございます。

  58、59ページをお願いいたします。1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費でございまして、除雪委託料の追加で30万6,000円でございます。

  次のページをお願いします。議案第6号 国民健康保険松之山診療所特別会計補正予算(第2号)でございます。

  第1条で歳出予算の総額を9,203万6,000円とするということで、表現が今までと違って変則的になっておりますが、歳出だけの予算組み替えでございます。

  64、65ページをお願いいたします。1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費でございます。修繕料の追加が10万円でございますが、ロータリー除雪車の修理費用でございます。その財源を下の医業費の予算を減額し、充てるものでございます。

  次のページをお願いいたします。議案第7号 簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)でございます。

  第1条で歳出予算の総額を16億8,247万円とすると。これにつきましても、先ほどと同様に歳出の組み替えでございます。

  70、71ページをお願いいたします。2款業務費、1項業務管理費、1目業務管理費でございますが、一般経費で54万4,000円でございまして、除雪費を確保するために、下の建設事業費も含め財源確保をしたものでございます。

  以上でございますが、よろしくお願いいたします。



○議長(高橋平八君) 

  5件に対する質疑を許します。押木貢君。



◆38番(押木貢君) 

  松之山診療所特別会計でございまして、松之山支所長にお願いをすればよいのかなと思っておりますが、歳出だけなんですが、除雪機、ロータリーの故障の修繕というふうなことで10万円と書かれておりますけれども、医業費を減額して10万円をちょうどプラス・マイナス・ゼロにしているわけですが、先日川西診療所の先生が松之山の診療所に応援をしたりしまして、一生懸命になってやっているのを見て、頼もしいなというふうな感じがいたしておりますけども、このような形で医業費を減額しても運営には差し支えないのかどうか、ちょっと心配な気持ちがいたしますので、お答えいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(高橋平八君) 

  健康支援課長。



◎健康支援課長(池田則夫君) 

  それでは、私の方からお答えをいたします。

  医業費の医療用機器リース料の減額とございますが、この医療用機器というのは、酸素の濃縮機のリース料ということになっています。これは、在宅で酸素が必要な場合に、そういった患者さんが発生をした場合に、その都度リースをして代金を払うというものでございますが、1名いらっしゃるんではないかということで予算は計上しておりましたけれども、現在のところその患者さんはいらっしゃらないということで、この財源10万円を減額させていただいて、今回の除雪費の方に充てるというものでございます。

  それで、必要となった修繕料の方ですが、これは松之山診療所の方でスキー場から除雪機をちょうだいをしたと。ただ、その除雪機にゴムのキャタピラーがついているわけですが、それが片方破損をしていて使えないということで、そのキャタピラーの修繕に約10万円かかるということで計上させていただいたということでございます。そういったことで、診療所の運営とか、そういったものに支障があるとか、この医療用機器のリース料の減額が支障があるとか、そういうものではございません。ご安心をいただきたいと思います。以上でございます。



○議長(高橋平八君) 

  尾身隆一君。



◆26番(尾身隆一君) 

  また聞かせていただきたいんですが、ここにそれぞれ項目見ますと、除雪の人夫賃金が計上されておりますが、この除雪の人夫賃金は単価どのぐらいで見積もったのかお聞かせいただきたいと思っているんですが。

  もう一つは、35ページに市営住宅の維持管理費ということで除雪委託料の追加がありますけれども、この内容聞かせていただきたいと思っておりますが、以上です。



○議長(高橋平八君) 

  財政課長。



◎財政課長(蔵品泰治君) 

  最初のご質問の除雪人夫賃金の単価でございますが、一応時価というような考え方の中で単価的には1万円前後というようなことでございます。以上でございます。



○議長(高橋平八君) 

  建設課長。



◎建設課長(室岡茂君) 

  市営住宅の除雪委託料の件でございますけれども、内訳でございますが、四日町市営住宅でございます。雪おろし場所の除雪と屋根の雪おろしという費用でございます。そのほかには川西の市営住宅11棟分でございます。そのほかには松代の市営住宅6棟分でございます。以上でございます。



○議長(高橋平八君) 

  尾身隆一君。



◆26番(尾身隆一君) 

  最初四日町というふうにおっしゃったと思うんですが、四日町については屋根の雪おろしと雪の押し出し場所と。川西は11棟分、松代は6棟分ということですが、これはどういう内容なんでしょうか。棟数だけ聞いただけで、内容を聞かないんですが。



○議長(高橋平八君) 

  建設課長。



◎建設課長(室岡茂君) 

  川西につきましては、住宅のバックホーによる排雪でございます。それから、松代につきましては、ロータリー除雪車、それからタイヤドーザー、それからダンプ、トラック等による排雪経費でございます。以上です。



○議長(高橋平八君) 

  尾身隆一君。



◆26番(尾身隆一君) 

  川西と松代については、主に排雪になろうと思うんですが、この排雪は屋根の雪をおろしたものを排雪をするということなんでしょうか、その辺のかかわりを教えていただきたいと思っているんですが。



○議長(高橋平八君) 

  建設課長。



◎建設課長(室岡茂君) 

  おろした雪の処理と宅地に積もった雪の処理でございます。



○議長(高橋平八君) 

  質疑は終結したものと認めます。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号は原案どおり可決するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高橋平八君) 

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号は原案どおり可決されました。

  本日の議事日程は終了いたしました。

  以上をもって今期臨時会に付議せられました事件はすべて議了いたしました。

  平成18年十日町市議会第1回臨時会を閉会いたします。

              午前10時35分    閉  会