議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 十日町市

平成28年  9月 定例会(第3回) 09月01日−議案説明、質疑−01号




平成28年  9月 定例会(第3回) − 09月01日−議案説明、質疑−01号







平成28年  9月 定例会(第3回)





          平成28年第3回十日町市議会定例会会議録
             平成28年9月1日(第1日目)

1. 出席議員(25名)
    1番 大 嶋 由紀子 君  2番 福 崎 哲 也 君  3番 村 山 達 也 君
    4番 高 橋 俊 一 君  5番 小 林   均 君  6番 吉 村 重 敏 君
    7番 遠 田 延 雄 君  8番 藤 巻   誠 君  9番 仲 嶋 英 雄 君
   10番 鈴 木 和 雄 君 11番 小 林 弘 樹 君 12番 宮 沢 幸 子 君
   13番 近 藤 紀 夫 君 14番 安 保 寿 隆 君 15番 羽 鳥 輝 子 君
   16番 小 嶋 武 夫 君 17番 飯 塚 茂 夫 君 18番 鈴 木 一 郎 君
   19番 太 田 祐 子 君 20番 涌 井   充 君 21番 川 田 一 幸 君
   23番 村 山 邦 一 君 24番 小野嶋 哲 雄 君 25番 庭 野 政 義 君
   26番 高 橋 洋 一 君
                                              
1. 欠席議員(0名)
                                              
1. 欠  員(1名)
                                              
1. 事務局職員
   事 務 局 長  宮   正 朗 君      次     長  長谷川   智 君
   議 事 係 長  上 野 新 吾 君      主     査  樋 口 潤 子 君
   嘱 託 職 員  池 田 好 恵 君                        
                                              
1. 説明のため出席した者
   市     長  関 口 芳 史 君      副  市  長  村 山   潤 君
   教  育  長  蔵 品 泰 治 君      総 務 部 長  中 村   亨 君
   市 民 福祉部長  大 津 善 彦 君      産 業 観光部長  渡 辺 正 範 君
   建 設 部 長  池 田 克 也 君      子育て教育部長  渡 辺 健 一 君

   文 化 スポーツ  富 井   敏 君      建 設 部 技 監  御器谷 昭 央 君
   部     長

   企 画 政策課長  鈴 木 政 広 君      総 務 課 長  渡 辺 盛 一 君
   財 政 課 長  柳     久 君      税 務 課 長  春 日 弘 之 君
   福 祉 課 長  古 澤 幸 男 君      市 民 生活課長  田 口 秀 樹 君

   子育て支援課長  樋 口 幸 宏 君      健 康 づ く り  長谷川 義 明 君
                           推 進 課 長

   産 業 政策課長  渡 辺 正 彦 君      農 林 課 長  庭 野 和 浩 君
   観 光 交流課長  金 澤 克 夫 君      建 設 課 長  齋 木   修 君
   都 市 計画課長  藤 巻   裕 君      上 下 水道局長  福 島 一 典 君
   学 校 教育課長  川 崎 正 男 君      生 涯 学習課長  大 島   満 君

   ス ポ ーツ振興  井 川 純 宏 君      文 化 財 課 長  佐 野 誠 市 君
   課     長

   川 西 支 所 長  高 橋 林 市 君      中 里 支 所 長  江 口   登 君
   松 代 支 所 長  柳   利 彦 君      松 之 山支所長  中 島 一 男 君

                                              
1. 議事日程 第1号
                            平成28年9月1日 午前10時 開議
     諸般の報告                                    
 第 1 会議録署名議員の指名                               
 第 2 会期の決定                                    
 第 3 特別委員会中間報告(信濃川・清津川対策特別委員会)                
 第 4 議案第 86号 土地の買入れ                           
 第 5 議案第 87号 土地の買入れ                           
 第 6 議案第 88号 十日町市土地開発公社の解散                    
 第 7 議案第 89号 十日町市税条例等の一部を改正する条例制定             
     議案第 90号 十日町市都市計画税条例の一部を改正する条例制定          
 第 8 議案第 91号 十日町市シェアハウス条例の一部を改正する条例制定         
 第 9 議案第 92号 市道の廃止                            
     議案第 93号 市道の変更                            
     議案第 94号 市道の認定                            
 第10 議案第 95号 字の変更                             
 第11 議案第 96号 十日町市営住宅条例の一部を改正する条例制定            
 第12 議案第 97号 十日町市介護保険条例の一部を改正する条例制定           
 第13 議案第 98号 十日町市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施に関する基準を定
             める条例の一部を改正する条例制定                 
 第14 議案第 99号 平成28年度十日町市一般会計補正予算(第5号)          
     議案第100号 平成28年度十日町市介護保険特別会計補正予算(第2号)      
     議案第101号 平成28年度十日町市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)    
     議案第102号 平成28年度十日町市下水道事業特別会計補正予算(第2号)     
     議案第103号 平成28年度十日町市水道事業会計補正予算(第2号)        
 第15 議案第104号 平成27年度十日町市一般会計歳入歳出決算認定           
     議案第105号 平成27年度十日町市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定     
     議案第106号 平成27年度十日町市国民健康保険診療所特別会計歳入歳出決算認定  
     議案第107号 平成27年度十日町市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定    
     議案第108号 平成27年度十日町市介護保険特別会計歳入歳出決算認定       
     議案第109号 平成27年度十日町市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定     
     議案第110号 平成27年度十日町市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定      
     議案第111号 平成27年度十日町市松之山温泉配湯事業特別会計歳入歳出決算認定  
     議案第112号 平成27年度十日町市水道事業会計利益の処分及び決算の認定     
 第16 請願第  3号 新潟水俣病全被害者の救済と問題解決に関する請願          
     請願第  4号 免税軽油制度の継続を求める請願
                                              
1. 本日の会議に付した事件
    日程第1
      │
    日程第16





                       〇                       

              午前10時00分    開  会



○議長(川田一幸君)

  これより平成28年十日町市議会第3回定例会を開会いたします。

  ただいままでの出席議員数は25人であります。

                       〇                       

              午前10時01分    開  議



○議長(川田一幸君)

  これより本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、配付いたしておきましたとおり、日程第1から第16までの32件であります。

  議会運営委員会の報告について、8月25日議会運営委員会が開催されましたので、その結果について議会運営委員会の報告を求めます。議会運営委員長。



◎13番(近藤紀夫君)

  おはようございます。去る8月25日議会運営委員会が開催され、平成28年第3回定例会の議事について協議がなされましたので、その結果を報告いたします。

  まず、お手元の議案付託表をごらん願います。議案第86号及び議案第87号の2件については即決といたします。

  議案第88号から議案第90号までの3件については総務文教常任委員会に、議案第91号から議案第96号までの6件については産業建設常任委員会に、議案第97号及び議案第98号の2件については厚生環境常任委員会にそれぞれ付託いたします。

  また、議案第99号から議案第103号までの補正予算5件については即決といたします。

  裏面をごらんください。議案第104号から議案第112号までの平成27年度決算に係る議案9件については、例年に倣い議長と監査委員を除く議員で構成する決算審査特別委員会を設置し、審査を行います。

  次に、請願文書表をごらん願います。今議会に上程されている請願2件の付託委員会は記載のとおりであります。

  次に、一般質問発言順序表をごらん願います。今定例会の一般質問通告者は11人です。質問者の質問題目、要旨は、発言順序表に記載のとおりであります。

  最後に、定例会の会期について報告を申し上げます。定例会予定表をごらん願います。

  9月1日、本日ですが、本会議で上程議案の審議を行います。なお、平成27年度決算に係る議案ですが、本日は当局の概要説明にとどめ、本会議での質疑は明日の午後1時から行うことにいたします。

  9月2日金曜日ですが、午前10時までに通告のあった決算に係る質疑を午後1時から議場で行いますので、午前は休会になります。また、本会議終了後平成27年度決算審査特別委員会を開催し、正副委員長を選任するとともに、分科会を設置し、正副主査を選任いたします。

  3日土曜日、4日日曜日は休会です。

  5日月曜日、6日火曜日、7日水曜日は一般質問で、3日間の人数割りはごらんのとおりです。

  8日木曜日は、午前9時から総務文教常任委員会を開催し、委員会終了後は分科会に切りかえて決算審査を行います。

  9日金曜日は、午前9時から産業建設常任委員会を開催し、終了後は分科会に移行します。また、分科会終了後、議会運営委員会を開催します。

  10日土曜日、11日日曜日は休会です。

  12日月曜日は、午前9時から厚生環境常任委員会を開催し、終了後は分科会に移行します。

  13日火曜日は、休会です。

  14日水曜日ですが、午前10時から決算審査特別委員会正副主査会議を開催します。

  15日木曜日、最終日ですが、午前10時から決算審査特別委員会を開催し、主査報告を行います。また、特別委員会終了後は本会議を開催し、委員長報告と追加議案の審議を行います。さらに、定例会閉会後には、全員協議会も予定されています。

  したがいまして、会期は本日から9月15日までの15日間となります。

  以上で報告を終わります。

                       〇                       



△諸般の報告



○議長(川田一幸君)

  諸般の報告であります。平成28年度新潟県市議会議長会秋季定期総会の概要については、お手元に配付いたしてあります報告書をごらん願います。

  また、報告第13号 平成27年度十日町市一般会計継続費精算報告についてから報告第24号 専決処分の報告についてまでの12件については、配付いたしてあります議案書の末尾及び各報告書をごらん願います。

                       〇                       



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(川田一幸君)

  日程第1 会議録署名議員の指名であります。会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において仲嶋英雄君及び鈴木和雄君を指名いたします。

                       〇                       



△日程第2 会期の決定



○議長(川田一幸君)

  日程第2 会期決定の件を議題といたします。

  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月15日までの15日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(川田一幸君)

  ご異議ないものと認めます。

  よって、会期は15日間と決しました。

                       〇                       



△日程第3 特別委員会中間報告(信濃川・清津川対策特別委員会)



○議長(川田一幸君)

  日程第3 特別委員会中間報告であります。信濃川・清津川対策特別委員長。



◎8番(藤巻誠君)

  皆さん、おはようございます。信濃川・清津川対策特別委員会の中間報告を申し上げます。

  本委員会では、お手元の報告書のとおり7月5日に委員会を開催しましたので、その概要を報告いたします。会議では、池田建設部長ほか市当局の出席を求め、魚野川流域水資源確保検討委員会の取りまとめ報告と清津川・魚野川流域水環境検討協議会の今後の方向性について、湯沢発電所の現在の状況について、検討チームの設置と協議事項などについて協議しました。検討委員会の取りまとめ報告と検討協議会の今後の方向性についてと検討チームの設置と協議事項については、一括して資料に基づき説明があり、その後の質疑の中で、これまでの5年間の検討委員会の取りまとめについては、十日町市は関与していないこと、魚野川流域水資源確保の抜本的解決策の実現は容易でないことから、それまでの道のりとして、当面実現可能な解決策を打ち出すための検討チームを設けたこと、十日町市としては今後も最終的に全量を清津川に戻すことを目指していくとの市の考え方が示されました。

  委員からは、5年間もの歳月を費やしたにもかかわらず、取りまとめ結果には落胆した。今年度中に検討チームとして方策を示すことが可能なのか疑問が残る。あくまでも清津川の水は、全量清津川に戻すように市として懸命に臨んでほしい。清津川と魚野川は一つの流域として考えるという提言には賛成しかねる。検討委員会のメンバーは課長級以下で構成されている。これだけの大きなテーマの結論を導き出すのは難しいと思われるが、十日町市の意見をしっかりと実現してほしいとの意見と要望が出されました。

  湯沢発電所の状況については、湯沢発電所の通水状況と発電所の再建について資料に基づき市当局より説明があり、その後質疑を行いました。その質疑の中で、発電量がふえるので、発電に不用になった水は清津川に戻してほしい。湯沢発電所の発電量は、東京電力全体の総発電量からすれば0.00何%ぐらいの発電量と思われる。それを踏まえて、東京電力と交渉してほしい。発電施設の再建に当たっては、効率的な発電を行い、余剰水は清津川に戻すべきだとの十日町市長の申し入れが無視されているのは遺憾であるとの意見、要望が出されました。

  以上、信濃川・清津川対策特別委員会の中間報告といたします。



○議長(川田一幸君)

  ただいまの報告に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

                       〇                       



△日程第4 議案第86号 土地の買入れ



○議長(川田一幸君)

  日程第4 議案第86号 土地の買入れについてを議題といたします。

  この際、本件から日程第6終了までの間、地方自治法第117条の規定により、鈴木一郎議員、羽鳥輝子議員及び宮沢幸子議員の退席を求めます。

              (地方自治法第117条の規定により鈴木一郎議員、羽鳥輝子

               議員、宮沢幸子議員除斥)



○議長(川田一幸君)

  提出者の説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(池田克也君)

  おはようございます。それでは、議案書1ページをお願いいたします。

  議案第86号 土地の買入れについてご説明申し上げます。下記のとおり土地の買い入れをしたいので、十日町市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。

  1の買い入れの目的は、十日町市総合公園用地でございます。

  2の土地の表示につきましては、所在地は十日町市字十二平881番地1ほか43筆、地目は山林ほか、面積は8万6,857.43平方メートルでございます。

  3の買い入れの予定価格は、6,148万5,241円でございます。

  4の買い入れの相手方は、十日町市土地開発公社でございます。

  次に、2ページに参考資料として添付いたしました土地売買仮契約書をごらんください。第1条の前文の後段に記載のとおり、この仮契約につきましては、市議会の議決を経たときは、これを本契約とみなすというものでございます。なお、議案書4ページから5ページに参考資料として、44筆の土地の一覧を添付させていただきました。

  説明は以上でございます。ご審議の上、議決いただきますようよろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議案第86号を起立採決いたします。

  本件は原案どおり可決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(川田一幸君)

  起立全員であります。

  よって、議案第86号は可決されました。

                       〇                       



△日程第5 議案第87号 土地の買入れ



○議長(川田一幸君)

  日程第5 議案第87号 土地の買入れについてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、議案書6ページをお願いいたします。議案第87号 土地の買入れについてご説明申し上げます。

  下記のとおり土地の買い入れをしたいので、十日町市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。

  1の買い入れの目的は、沖之原住宅団地でございます。

  2の土地の表示につきまして、所在地は十日町市小泉1834番2ほか12筆、地目は宅地、面積は5,316.18平方メートルでございます。

  3の買い入れの予定価格は9,046万6,000円でございます。

  4の買い入れの相手方は、十日町市土地開発公社でございます。

  次の7ページに参考資料として添付いたしました土地売買仮契約書をごらんください。第1条の前文の後段に記載のとおり、この仮契約につきましては、市議会の議決を経たときは、これを本契約とみなすというものでございます。

  なお、議案書9ページに参考資料として13筆の土地の一覧を添付させていただきました。

  説明は以上でございます。ご審議の上、議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  これより議案第87号を起立採決いたします。

  本件は原案どおり可決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(川田一幸君)

  起立全員であります。

  よって、議案第87号は可決されました。

                       〇                       



△日程第6 議案第88号 十日町市土地開発公社の解散



○議長(川田一幸君)

  日程第6 議案第88号 十日町市土地開発公社の解散についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、議案書の10ページをお願いいたします。議案第88号 十日町市土地開発公社の解散についてご説明申し上げます。

  平成28年8月4日に開催されました十日町市土地開発公社理事会において、公社解散の同意をいただいたことから、十日町市土地開発公社を平成28年10月31日に解散したいので、公有地の拡大に関する法律第22条第1項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。

  なお、議決をいただきましたら速やかに新潟県に対して十日町市土地開発公社解散の認可申請を行う予定としております。

  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第88号は、総務文教常任委員会に付託いたします。

              (鈴木一郎議員、羽鳥輝子議員、宮沢幸子議員復席)

                       〇                       



△日程第7 議案第89号 十日町市税条例等の一部を改正する条例制定

      議案第90号 十日町市都市計画税条例の一部を改正する条例制定



○議長(川田一幸君)

  日程第7 議案第89号 十日町市税条例等の一部を改正する条例制定について、議案第90号 十日町市都市計画税条例の一部を改正する条例制定について、以上2件を一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、議案第89号 十日町市税条例等の一部を改正する条例制定について及び議案第90号 十日町市都市計画税条例の一部を改正する条例制定についてを一括してご説明申し上げます。

  初めに、議案第89号でございますが、議案書の11ページをごらんください。改正内容につきましては、別冊の条例要旨に基づいてご説明させていただきますので、条例要旨の1ページ、また新旧対照表の1ページ以降もあわせてごらんください。今回の市税条例等の改正は、地方税法等の改正に基づくものでございまして、主な改正点は次の6点でございます。

  1点目は、市民税の延滞金の計算期間等の規定を整備するとともに、医療費控除の特例を新設すること、2点目は法人市民税の法人税割の税率を引き下げること、3点目は固定資産税の税負担の軽減措置等に関する規定を整備すること、4点目は軽自動車税に環境性能割を導入するとともに、グリーン化特例の適用期限を延長すること、5点目は市民税等の減免申請の申請期限を延長すること、6点目は日本と台湾との租税取り決めに伴い規定を整備するものでございます。

  それでは、主な改正点の1点目、市民税の延滞金の計算期間等の規定の整備についてご説明申し上げます。条例要旨の1ページの表の上から2段目、新旧対照表1ページの上から10行目、十日町市税条例第10条関係、1つ置きまして第32条、第37条、第38条関係をごらんください。国税における延滞税の見直しに準じまして、個人及び法人の市民税の延滞金の計算について、減額の更正の後に増額の更正があった場合などに延滞金の計算期間から一定の期間を控除するものでございます。

  また、医療費控除の特例につきましては、条例要旨の4ページの表の上から2段目、新旧対照表の19ページの上から4行目、制定附則第5条関係をごらんください。適切な健康管理のもとで医療用医薬品からの代替を進める観点から、医療用医薬品から移行した成分が用いられる要指導医薬品及び一般用医薬品、いわゆるスイッチOTC薬について、平成28年度税制改正において医療費控除の特例が創設されたことから、規定を整備するものでございます。

  次に、主な改正点の2点目、法人市民税の税率の引き下げにつきましては、条例要旨の1ページの表の上から3段目、新旧対照表の2ページの下から4行目、第22条の4関係をごらんください。今回の税制改正では、法人住民税の法人税割を引き下げ、その分国税である地方法人税を引き上げ、その税収全額を地方交付税の原資とすることとされました。この改正に伴いまして、当市の法人市民税の税率12.1%を平成29年4月1日以後に開始する事業年度から8.4%とするものでございます。

  続きまして、主な改正点の3点目、固定資産税の軽減措置等の規定の整備につきましては、条例要旨の2ページの表の上から1段目と2段目、新旧対照表では8ページの下から4行目、第44条関係とその下の第47条関係をごらんください。独立行政法人労働安全衛生研究所が解散をいたしまして、その業務を承継した独立行政法人労働者健康福祉機構がその名称を独立行政法人労働者健康安全機構に変更し、改組したことに伴い、固定資産税の非課税に関する規定を整備するものでございます。

  次に、条例要旨の4ページの表の上から3段目、新旧対照表の19ページの中ほど、制定附則第9条の2関係をごらんください。今回の税制改正に伴い、省エネ改修工事を行った住宅の固定資産税の減額措置の適用を受けようとする場合の書類の記載事項に、国又は地方公共団体からの補助金等の記載を加えるものでございます。

  次に、条例要旨の5ページの上の表の2段目、新旧対照表の29ページの下から1行目、制定附則第22条関係をごらんください。今回の税制改正で、自治体が条例で決定できる課税標準の特例制度に追加があったことから、市税条例に次の2点を加えるものでございます。1点目は、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に規定する再生可能エネルギー発電設備のうち、一定のものについて最初の3年度分の固定資産税の課税標準の特例割合を条例で定めるものでございます。太陽光、風力の各発電設備につきましては、条例で定める割合を参酌する基準とされる3分の2とし、水力、地熱、バイオマスの各発電設備につきましては、2分の1とするものでございます。

  2点目は、都市再生特別措置法に規定する管理協定の対象となった備蓄倉庫につきまして、最初の5年度分の固定資産税の特例割合を参酌する基準とされる3分の2とし、また同法に規定する認定誘導事業者が整備した公園、緑化施設、通路等の公共施設等の用に供する家屋及び償却資産の最初の5年度分の特例割合を5分の4とするものでございます。

  次に、主な改正点の4点目、軽自動車税の関係につきましては、条例要旨の2ページの表の上から4段目、新旧対照表の10ページ中ほど、第68条関係をごらんください。平成28年度税制改正によりまして、平成29年4月1日に自動車取得税が廃止され、同日から自動者取得税のグリーン化機能を維持強化した環境性能割が軽自動車税に新設されることになりました。また、この環境性能割の新設に伴いまして、現行の軽自動車税につきましては、軽自動車税種別割と名称が変更となることから、関係する規定を整備するものでございます。環境性能割に関して、市税条例に新設いたします規定は、納税義務者を定める規定、課税標準を定める規定、税率区分を燃費基準値の達成度等に応じて非課税から3%までの4段階とする規定、徴収方法を申告納付の方法により行う規定、さらには不申告の場合の過料を定める規定や税の減免に関する規定などでございます。

  次に、条例要旨4ページの表の上から4段目、新旧対照表20ページの上から2行目、制定附則第14条の2関係をごらんください。環境性能割について特例を定める規定でございます。軽自動車税の環境性能割は、市税ではありますけれども、当分の間賦課徴収、減免、申告納付の申告書等の提出は、県または県知事が行うことを規定するとともに、これらに係る事務費用につきまして、市が県に徴収取り扱い費を交付することを規定するものでございます。また、本則で最高3%としている税率につきましては、当分の間上限を2%とした税率とするものでございます。

  続きまして、制定附則第15条関係です。現行の軽自動車税を軽自動車税の種別割と名称変更するとともに、環境負荷の小さいものの税率を軽減するグリーン化特例の適用期限を1年間延長するものでございます。

  次に、主な改正点の5点目、市民税等の減免申請の期限延長につきましては、条例要旨の1ページの最下段、新旧対照表の8ページの中ほど第39条関係をごらんください。市民税の減免の申請期限につきましては、これまでの納期限前7日としていたものを納期限といたしまして、申請期間を延長するものでございます。また、固定資産税、軽自動車税の種別割、特別土地保有税につきましても、同様に規定を改めるものでございます。

  次に、主な改正点の6点目、日本と台湾との租税取り決めに基づく規定の整備につきましては、条例要旨の4ページの表の下から2段目、新旧対照表の22ページの下から3行目、制定附則第18条の4関係をごらんください。日本と台湾との民間取り決めである日台租税取り決めの内容を日本国内で実施するために関係法令が改正されたことから、日本国居住者が国内において支払いを受ける利子、配当等の額に係る所得についての規定を整備するものでございます。そのほかの条項は、法令等の改正に合わせまして、規定を整備するもの、条ずれ、項ずれを措置するものでございます。

  最後に、条例要旨5ページの一番下の表をごらんください。附則でございます。第1条関係は、条例の施行期日を規定し、第2条関係は市民税に関する経過措置を、第3条関係は固定資産税に関する経過措置を、第4条関係は軽自動車税に関しての経過措置をそれぞれ規定するものでございます。

  議案第89号 十日町市税条例等の一部を改正する条例制定についての説明は以上でございます。

  続きまして、議案第90号 十日町市都市計画税条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。議案書の27ページをお願いをいたします。改正内容につきましては、別冊の条例要旨に基づいてご説明させていただきますので、条例要旨の7ページ、また新旧対照表の37ページ以降もあわせてごらんください。今回の都市計画税条例の改正は、地方税法等の改正に基づくものでございまして、主な改正点は都市計画税の税負担の軽減措置等に関する規定を整備するものでございます。

  それでは、条例要旨の7ページの表の上から2段目、新旧対照表の37ページの下から9行目、制定附則第4項関係をごらんください。都市再生特別措置法に規定する管理協定の対象となった備蓄倉庫に係る課税標準の特例割合を3分の2と定めるものでございます。また、都市再生特別措置法に基づき認定誘導事業者が整備をいたしました公共施設等の用に供する公園、緑化施設、通路等に係る最初の5年度分の課税標準の特例割合を5分の4と定めるものでございます。そのほかの条項は、法改正に合わせて規定を整備するものや項ずれを措置するものでございます。

  最後に、附則につきましては、第1項関係は条例の施行期日を公布の日からと規定し、第2項、第3項関係は経過措置をそれぞれ規定するものでございます。

  議案第90号の説明は以上でございます。議案第89号とあわせまして、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  2件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第89号及び議案第90号は、総務文教常任委員会に付託いたします。

                       〇                       



△日程第8 議案第91号 十日町市シェアハウス条例の一部を改正する条例制定



○議長(川田一幸君)

  日程第8 議案第91号 十日町市シェアハウス条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。産業観光部長。



◎産業観光部長(渡辺正範君)

  議案書29ページをお願いいたします。議案第91号 十日町市シェアハウス条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。

  条例要旨の9ページ並びに新旧対照表42ページもあわせてごらんください。移住、定住を推進するための体験宿泊施設シェアハウスを竹所に続きまして新水集落に整備を進めているところでございます。この施設は、来年4月に供用開始を予定していることから、地方自治法第244条の2の規定によりまして、十日町市シェアハウス条例に新たに加えるものでございます。

  第2条に、新水シェアハウスの名称及び位置を追加し、別表に使用料を追記するものでございます。

  附則は、条例の施行日を平成29年4月1日とするものでございます。

  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第91号は、産業建設常任委員会に付託いたします。

                       〇                       



△日程第9 議案第92号 市道の廃止

      議案第93号 市道の変更

      議案第94号 市道の認定



○議長(川田一幸君)

  日程第9 議案第92号 市道の廃止について、議案第93号 市道の変更について、議案第94号 市道の認定について、以上3件を一括して議題といたします。

  提出者の説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(池田克也君)

  議案第92号 市道の廃止について、議案第93号 市道の変更について、議案第94号 市道の認定について、一括してご説明を申し上げます。

  議案書30ページをお願いいたします。まず初めに、議案第92号 市道の廃止についてご説明申し上げます。道路法第10条第1項の規定により、次の路線を廃止したいので、同条第3項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。

  位置につきましては、31ページから36ページに記載されておりますので、あわせてごらんください。今回市道の廃止の議決をお願いします路線は、整理番号12551、土市南ヶ丘1号線、整理番号13038、北鐙坂1号線、整理番号30228、鷹ノ巣グランド線、整理番号30240、田中山手線、整理番号30244、山崎干溝線、整理番号40074、旧役場線の6路線となります。起終点の変更により現道を一旦廃止する路線は、土市南ヶ丘1号線、北鐙坂1号線、鷹ノ巣グランド線、田中山手線、旧役場線の5路線となります。また、山崎干溝線は国道353号小原バイパス工事の進捗に伴い、国道353号の重用区間と市道荒屋田中線の重用区間を廃止するものでございます。市道の廃止についての説明は以上でございます。

  続きまして、議案書37ページをお願いいたします。議案第93号 市道の変更についてご説明申し上げます。道路法第10条第2項の規定により、次の路線を変更したいので、同条第3項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。

  位置につきましては、38ページから39ページに記載されておりますので、あわせてごらんください。今回市道の変更の議決をお願いします路線は、整理番号30022、田中小原線、整理番号50038、東川中屋線の2路線でございます。田中小原線は、国道353号小原バイパス工事の進捗に伴い、終点の変更を行い、東川中屋線は市道改良工事に伴い起点の変更を行うものでございます。市道の変更についてのご説明は以上でございます。

  最後に、議案書40ページをお願いいたします。議案第94号 市道の認定についてご説明申し上げます。道路法第8条第1項の規定により、次の路線を認定したいので、同条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  位置につきましては、41ページから52ページに記載されておりますので、あわせてごらんください。今回市道の認定の議決をお願いします路線は、整理番号10148、八箇峠線、整理番号10240、吉田南部線、整理番号12439、十日町小学校線、整理番号12551、土市南ヶ丘1号線、整理番号13038、北鐙坂1号線、整理番号20265、小白倉中央線、整理番号20266、山野田原栄町3号線、整理番号30228、鷹ノ巣グランド線、整理番号30240、田中山手線、整理番号30244、田中干溝線、整理番号40074、田野倉線、整理番号40187、仙納田野倉線の12路線となります。

  まず、八箇峠線でございますが、上越魚沼地域振興快速道路の八箇峠道路が来年度一部供用開始の予定であることから、旧道となる部分の認定をお願いするものでございます。その他新たに市道認定をお願いする路線で、吉田南部線と仙納田野倉線の2路線は、既存の農道を市道として認定をお願いするものでございます。小白倉中央線は、国道403号大白倉改良工事に伴い、将来旧道となる部分の認定をお願いするものでございます。十日町小学校線につきましては、底地の整備が整ったことから、認定をお願いするものでございます。山野田原栄町3号線は、地元要望により認定をお願いするものでございます。また、先ほど市道の廃止をお願いし、新たに起点や終点を設定し直すために再認定をお願いする路線は、土市南ヶ丘1号線、北鐙坂1号線、鷹ノ巣グランド線、田中山手線、再認定とあわせて名称の変更を行う田中干溝線、田野倉線の6路線でございます。

  説明は以上でございます。議案第92号、93号、94号につきまして、ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○議長(川田一幸君)

  3件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第92号、議案第93号及び議案第94号は、産業建設常任委員会に付託いたします。

                       〇                       



△日程第10 議案第95号 字の変更



○議長(川田一幸君)

  日程第10 議案第95号 字の変更についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(池田克也君)

  議案書の53ページをお願いいたします。議案第95号 字の変更についてご説明申し上げます。

  地方自治法第260条第1項の規定によりまして、当市の区域内の字を市街第8計画区は54ページから80ページ、市街第9計画区は84ページから104ページのとおりに変更し、その施行日を国土調査法第19条第2項の規定による地籍調査の成果の認証の日とするものでございます。なお、字界変更区域の位置及び区域につきましては、市街第8計画区は81ページから83ページ、市街第9計画区は105ページから107ページのとおりでございます。本議案による字の変更は、市として取り組むわかりやすい住居表示のため、地籍調査とともに行うものでございます。平成27年度に1筆調査が完了しました本町六の一ほか、11行政区の名称と同一の地番区域に改めるものでございます。

  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第95号は、産業建設常任委員会に付託いたします。

                       〇                       



△日程第11 議案第96号 十日町市営住宅条例の一部を改正する条例制定



○議長(川田一幸君)

  日程第11 議案第96号 十日町市営住宅条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(池田克也君)

  それでは、議案書108ページをお願いいたします。議案第96号 十日町市営住宅条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。

  別冊の条例要旨10ページ並びに新旧対照表43ページもあわせてごらんください。今回の改正は、川西地域で老朽化が著しく、修復が困難となった市営住宅の代替として、上新井市営住宅の整備が完了したことに伴い、既存住宅の廃止を行うものでございます。条例の別表第1及び別表第2中の栄町団地1の項、栄団地2の項、木島団地の項及び下平新田団地の項を削るものでございます。

  附則といたしまして、この条例の施行日を公布の日からとするものでございます。

  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第96号は、産業建設常任委員会に付託いたします。

                       〇                       



△日程第12 議案第97号 十日町市介護保険条例の一部を改正する条例制定



○議長(川田一幸君)

  日程第12 議案第97号 十日町市介護保険条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(大津善彦君)

  それでは、議案書の109ページをお願いをいたします。議案第97号 十日町市介護保険条例の一部を改正する条例制定につきましてご説明をいたします。

  説明は、条例要旨で行いますので、条例要旨の11ページ、あわせまして新旧対照表の45ページをお願いをいたします。今回の一部改正は、介護保険法第115条の45第2項第5号及び第6号に掲げます事業の実施の準備が整ったことによりまして、事業を開始する日を前倒しをしたいというものでございます。具体的には、条例制定附則第6項及び第7項に掲げる事業の準備期間を平成30年3月31日から平成28年9月30日に短縮をいたしまして、事業を開始する日を平成30年4月1日から平成28年10月1日に改めるものでございます。

  附則につきましては、この条例の施行日を公布の日からと規定するものでございます。

  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いを申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。安保寿隆君。



◆14番(安保寿隆君)

  この条例改正については、今ご報告がありましたように、介護保険法の第115条の45の第2項第5号及び第6号に掲げる事業の準備が整ったことによりというふうになっております。この内容がどのような内容かというのは、これまで委員会等でも報告がなかったもんですから、非常にわかりにくいなと思いました。というのは、7月28日の委員会でしょうか、いわゆる介護支援新総合事業についての説明があり、8月1日からモデル事業として行い、条例改正は来年の4月1日以降ということになっているという説明がありました。ところが、これは平成30年の期限のものを前倒しで10月1日から実施するというものであります。したがって、ここの関連がどのようなものかというのがわからなかったもんですから、これはやはりそれなりの説明と資料の提示が必要だというふうに思ったわけであります。それで、この第115条の45、第2項の第5号と第6号というのは、どのような内容か初めに聞かせてください。



○議長(川田一幸君)

  福祉課長。



◎福祉課長(古澤幸男君)

  第5号につきましては、日常生活の支援の体制に係る事業でありまして、第6号が認知症の早期発見に対する予防事業でございます。以上です。



○議長(川田一幸君)

  安保寿隆君。



◆14番(安保寿隆君)

  この国の、政府厚労省の方針によりますと、いわゆる新総合事業というものについては、附則の第14条1項に書かれていると。しかし、今提案のあったものについては、附則の14条、この条例要旨では14条とだけ書いてありますけれども、附則の14条の3項から5項にわたるものというふうに厚労省の説明では触れております。それで、この附則の14条の3から5というのは、この介護保険法115条の45の提案は5号と6号でありますが、4号も入っております。4号というのは、医療に関する専門知識を有する者が介護サービス事業者、居宅における医療を提供する医療機関、その他の関係者の連携を推進するものとして、厚生労働省令で定めた事業というふうに4号がなっております。今回の条例改正では、4号が入っていないわけですけれども、その理由はどういうことでしょうか。



○議長(川田一幸君)

  福祉課長。



◎福祉課長(古澤幸男君)

  4号につきましては、医療と介護の連携推進事業というふうに言っているものですけれども、十日町市におきましては、県のモデル事業に取り組みまして、その後既に本年も連携推進事業として実施しておりますので、今回の改正には当たらないということでございます。以上です。



○議長(川田一幸君)

  安保寿隆君。



◆14番(安保寿隆君)

  3回しかできませんので、詳しくはできませんが、要するにそうしますと、これは条例改正は必要ないと、4号は。ということを言っておられるんですか。条例改正なしにこれは事業として進めていくという考え方なのか。それで、今述べたことをこの本会議でわずか3回の議論でできませんので、やっぱり内容についての解明したものと、委員会等でもこれから議論があるかと思うんで、資料をぜひ提起をしていただきたいというふうに思っているんですが、いかがでしょうか。



○議長(川田一幸君)

  福祉課長。



◎福祉課長(古澤幸男君)

  委員会で資料を提示させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  4号の部分について改正は必要ないかと考えています。



○議長(川田一幸君)

  質疑は終結したものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第97号は、厚生環境常任委員会に付託いたします。

                       〇                       



△日程第13 議案第98号 十日町市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定



○議長(川田一幸君)

  日程第13 議案第98号 十日町市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(大津善彦君)

  それでは、議案書の110ページをお願いいたします。議案第98号 十日町市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定につきましてご説明をいたします。

  説明は条例要旨で行いますので、条例要旨は12ページ、あわせまして新旧対照表の46ページをお願いをいたします。今回の一部改正は、介護保険法の改正に基づきまして、根拠条例を改めるものでございます。具体的には条例第1条関係におきまして、引用する介護保険法の項ずれを改めるものでございます。

  附則につきましては、この条例の施行日を公布の日からと規定するものでございます。

  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いを申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  本件に対する質疑を許します。   質疑はないものと認めます。

  ただいま議題となっております議案第98号は、厚生環境常任委員会に付託いたします。

  暫時休憩いたします。

              午前10時56分    休  憩

                       〇                       

              午前11時06分    開  議



○議長(川田一幸君)

  休憩前に引き続いて会議を開きます。

                       〇                       



△日程第14 議案第99号 平成28年度十日町市一般会計補正予算(第5号)

       議案第100号 平成28年度十日町市介護保険特別会計補正予算(第2号)

       議案第101号 平成28年度十日町市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

       議案第102号 平成28年度十日町市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

       議案第103号 平成28年度十日町市水道事業会計補正予算(第2号)



○議長(川田一幸君)

  日程第14 議案第99号 平成28年度十日町市一般会計補正予算から議案第103号 平成28年度十日町市水道事業会計補正予算までの補正予算5件を一括して議題といたします。

  提出者の説明を求めます。市長。



◎市長(関口芳史君)

  議案第99号 平成28年度十日町市一般会計補正予算(第5号)を議会に提案するに当たりまして、その概要につきましてご説明いたします。

  補正予算の規模は4億3,976万円の追加で、補正後の予算規模は383億7,829万9,000円となります。

  それでは、主な補正予算の内容を申し上げます。まず、総務費でございます。北陸新幹線の開業によります特急「はくたか」の廃止に伴いまして、今後恒常的に営業赤字が見込まれる北越急行株式会社に対しまして、早期に支援を行う必要があるというふうに判断をいたしました。このことから、今年度以降に行われます設備更新並びに修繕に係る費用につきまして、国と北越急行及び関係自治体がそれぞれ3分の1ずつ負担することを基本に、協調補助を行うことで合意をいたしました。また、自治体間の負担割合につきましては、昭和59年の北越北線第三セクター設立準備会での決議に基づきまして、関係自治体の出資割合で負担することで協議が調いましたので、510万円を計上したものでございます。

  また、集会施設維持管理経費は、ことしの6月議会におきまして、集会施設の修繕に係る分担金の負担割合などを改正する条例をご議決いただきましたので、十日町地域の鉢ほか1集落、松代地域の松代ほか2集落及び松之山地域の湯山ほか3集落の修繕費を1,379万2,000円計上いたしました。なお、松代地域と松之山地域分は、集落分担金以外の財源を地域振興基金としております。

  次に、結婚お祝い事業でありますが、当初ことしの4月1日以降に結婚した方に1年後のお祝いとして3,000円分の飲食補助券を交付する予定でございましたが、婚姻届出後に交付する結婚お祝いカードと同時に交付することに変更したため、250組分75万円を計上いたしました。

  次に、民生費でありますが、自立支援医療給付事業で一般の人工透析患者が当初の129人から16人増加したほか、月に36万円の給付となります生活保護の人工透析者にあっては、新たに3人増加したことから、1,131万4,000円を計上したものであります。

  衛生費では、昨年度創設いたしました医療施設整備等支援事業で、大坪医院がバリアフリー化や検査用トイレ整備工事などの増加工事を行うため、当初助成額に265万5,000円を追加いたしますほか、電子カルテシステムの導入に対しまして、243万円を計上いたしました。また、庭野医院はレントゲンの更新に145万8,000円を、上村病院はデジタルエックス線透視・撮影システムの更新に1,000万円をそれぞれ計上し、合計では1,654万3,000円を計上したものであります。

  再生可能エネルギー活用促進事業では、新潟県より魚沼市と十日町市の当該事業につきまして、地方創生推進交付金の広域連携での申請の打診がございました。当初予算に既に計上してある事業でありますが、認定されますと5年間推進交付金が交付されることから手挙げをしたところ、先般内示がございまして、事業を組みかえるために1,120万円を計上をいたしました。

  農林水産業費ですが、今年度の新たな事業でありますふるさと十日町の木で家づくり事業の要望が当初見込みの10件から23件になっているということで、390万円を計上したものであります。また、市有林・市行造林整備事業におきましては、1,427万3,000円を計上しましたが、これは次年度以降当該補助金が縮小する見込みであることから、平成29年度の作業道整備を前倒しするように新潟県のほうから要請されたために、十日町大平団地と松之山坪野、天水越及び浦田団地分を計上したものでございます。

  商工費では、新たに食と農による誘客促進事業に、地方創生推進交付金を財源として250万円を計上しました。全国知事会の要望を受けまして、地方創生推進交付金を申請できる事業数が3事業から4事業に1事業拡大されましたことから、へぎそばを中心とした食と農による外国人観光客の誘客を促進するほか、メニューなどの多言語化対応経費、また外国人受け入れのための宿泊施設改修に係る補助金などを計上したものであります。

  中心市街地拠点施設整備事業におきましては、1億760万円を計上いたしました。分じろうや十じろうを利用する方などの駐車場として整備する予定でございますけれども、駅通り駐車場が老朽化しているため、市として取り壊す方針といたしました。そのため駅通り駐車場の利用者分を含んだ台数とする必要があると判断いたしまして、その追加工事費を計上させていただいたものであります。

  清津峡観光施設整備事業でありますが、新たに1,360万8,000円を計上いたしました。全額地域振興基金を財源といたしまして、清津峡渓谷トンネルのエントランス施設新築工事の基本設計とトンネル内展示改修工事の実施設計委託料を計上したものであります。

  大地の芸術祭廃校舎・空家再活用事業では、3,500万円を計上いたしました。総務省の公共施設オープンリノベーション推進事業の採択を受けまして、100%の委託金により旧清津峡小学校の校舎棟を収蔵室や展示室などに改修するものでございます。

  また、芸術祭拠点施設等グレードアップ事業におきましては、2,200万円を計上いたしております。企業版ふるさと納税の寄附を受けるために、当該事業の地域再生計画を国に申請しておりましたが、このたび認定をいただきましたことから、当初予算に計上しておりましたキナーレと農舞台の改修設計委託料700万円の組み替えと旧清津峡小学校校舎棟の改修に係ります単独工事費1,500万円を計上したものであります。なお、企業版ふるさと納税の寄附金は、1,550万円を見込んでおります。

  次に、土木費でございますが、道路橋りょう修繕事業といたしまして、損傷が激しい舗装、側溝などの修繕経費として、十日町地域に1,850万円、川西地域に530万円、松代地域に1,000万円、松之山地域に480万円、計3,860万円を計上したものであります。

  教育費では、クロアチアピッチグレードアップ事業といたしまして、新たに670万円を計上いたしました。これは、企業版ふるさと納税を受けるために申請をしておりました当該事業が国より認定をいただいたことで、当初予算に計上していた事業から組み替えて計上したものであります。

  以上、補正予算上程に当たりまして、その概要をご説明させていただきましたが、引き続き補正予算の内容を財政課長に説明をいたさせますので、ご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

  私からは以上であります。



○議長(川田一幸君)

  財政課長。



◎財政課長(柳久君)

  それでは、私のほうから議案第99号の一般会計補正予算(第5号)の補足のご説明をいたします。

  補正予算書は6ページをお願いいたします。第2表、地方債の補正でございます。合併特例事業債は、立体駐車場の整備工事費の増加に伴いまして、1億4,660万円増額いたしました。また、過疎対策事業債では、事業の組みかえによりまして、発行できる起債限度額が増加したことから、50万円増額したほか、臨時財政対策債が確定したため6,190万円を増額しまして、地方債全体では2億900万円の増額となりまして、補正後の地方債の限度額を50億4,290万円とするものでございます。

  12、13ページをお願いいたします。歳入をご説明いたします。14款国庫支出金、3項5目商工費委託金、5節商工費委託金は3,500万円の補正でございます。旧清津峡小学校の校舎棟を収蔵室や展示室などに改修する事業の財源として、総務省の公共施設オープンリノベーション推進事業に申請したところ、このたび採択を受けましたので、計上したところでございます。なお、事業費に対しまして10割の委託金でございます。

  16、17ページをお願いいたします。20款諸収入、5項2目の雑入、2節民生雑入の説明欄、後期高齢者医療療養給付費負担金は、前年度の精算に伴う補正で、5,511万9,000円を計上いたしました。

  18、19ページをお願いいたします。次は歳出をご説明いたします。まず、2款総務費でございます。1項1目一般管理費、説明欄015の51松之山庁舎・車庫管理経費は、158万2,000円の補正でございます。旧庁舎に隣接する家屋が取り壊されたことから、今後職員の駐車場として利用する際に除雪の雪出し場所として確保するため購入するものでございます。

  その下の囲みの3目企画費、説明欄055の05とおかまち応援寄附金募集経費は、64万8,000円の追加でございます。100万円以上の寄附者が当初見込みの1名から3名に増加する見込みであることから、その不足分を計上いたしました。

  次の060の10結婚促進事業は、1,015万5,000円の減額でございます。国補助金の内示を受けて、4月1日付で専決予算を編成し、6月議会で承認していただきましたので、今回減額させてもらったものでございます。

  20、21ページお願いいたします。上の囲みの10目国際親善費、説明欄005の10コモ市国際交流事業は、106万3,000円を計上いたしました。コモ市との文化的交流を推進させるために、そばを通して調理学校での講習や日本文化を紹介している団体向けの講習などを行うための経費を計上したほか、当初の3名分の費用弁償に追加いたしまして、2名分の旅費と費用弁償を計上させていただきました。

  22、23ページをお願いいたします。3款の民生費でございます。1項2目老人福祉費、説明欄090の05地域介護・福祉空間整備等施設整備助成事業は、92万7,000円の補正でございます。十日町福祉会が導入する介護用ロボットの購入に係る助成事業が認定されたことから計上したもので、全額国庫補助金が財源となっております。

  26、27ページをお願いいたします。4款衛生費でございます。1項2目健康増進費、説明欄020の05ひだまりプール管理経費は、625万9,000円の追加でございます。利用者からの要望を受けまして、故障しております冷水器の修繕と水着専用脱水機を購入する経費を計上いたしました。また、温水ヒーター2台のうち1台が故障していることから、更新工事費を計上したものでございます。

  28、29ページをお願いいたします。次に、6款農林水産業費でございます。1項3目農業振興費、説明欄005の22環境保全型農業直接支払交付金事業は、567万円の追加でございます。当初予算では、約36ヘクタールを見込んでおりましたが、要望を取りまとめた結果、90ヘクタールの追加要望があったことから計上したものでございます。

  30、31ページをお願いいたします。次に、7款商工費でございます。1項3目観光費、説明欄は019の15観光振興事業は、261万1,000円の補正でございます。まつだい駅にある観光案内所で配布する棚田マップが年度途中で不足する見込みであることから、増刷分の経費を計上したほか、全額地域振興基金を活用いたしまして、大松山山頂の展望台の整備や山頂の石碑修繕に係る助成金を計上いたしました。

  その下の031の45千年の湯改修事業は、366万4,000円の追加でございます。家族風呂で漏水しているほか、経年劣化で土台などが腐食していることから、修繕工事費を計上いたしました。

  下から3行目033の35ふるさと会館施設整備事業は、296万5,000円の追加でございます。事業費の半額を地域振興基金といたしまして、会館内部のトイレの増設、それから屋根融雪設備の修繕工事費を計上いたしました。

  32、33ページをお願いいたします。7目のスキー場運営費、説明欄005の25なかさと清津スキー場運営事業は、85万9,000円の追加でございます。当該スキー場は、経営状況が厳しいにもかかわらず、上越観光開発から運営していただいておりますが、平成9年度に拡張したリフトの線下の雑木処理を行っていなかったことから稼働に支障が生ずるため、会社と市の折半で雑木処理を行うことで協議が調ったことから計上したものでございます。

  その下の34松代ファミリースキー場施設整備事業は、374万1,000円の追加でございます。事業費の半額を地域振興基金といたしまして、老朽化した2基のリフトのうち1基のオーバーホールともう一基の山頂根太取りかえ工事などを行うものでございます。

  また、その下の47松之山温泉スキー場施設整備事業は、350万8,000円の補正でございます。県の補助金の内示を受けましたので、競技用計測装置を購入する経費を計上いたしました。

  次は、8款土木費でございます。2項1目道路橋りょう総務費、説明欄005の10一般管理経費は、100万円の補正でございます。11月25日に中里まちづくり協議会が実施いたします国道353号中里バイパスの開通式に係る助成金を計上いたしました。

  34、35ページをお願いいたします。3目道路新設改良費、説明欄015の59松之山地域道路整備事業における浦田松之山線の橋りょうかけかえに伴う事業費が不足することから、18の十日町地域道路整備事業から1,000万円を組み替えるものでございます。

  次の囲みの5目道路除雪費、説明欄005の10除雪センター管理経費は、270万円の追加でございます。地元負担金も財源としながら、老朽化した珠川地区管理センターの軒裏を修繕する工事費を計上いたしました。

  36、37ページをお願いいたします。次は、4項3目公園事業費、説明欄005の15十日町地域公園整備事業は、300万円の追加でございます。ほくほく線駅前広場の舗装の継ぎ目が陥没しておりまして、除雪に支障があることから計上したものでございます。

  38、39ページをお願いいたします。10款の教育費でございます。4項3目学校教育振興費、説明欄010の05特別支援学校教育支援員設置事業は、97万9,000円の追加でございます。ふれあいの丘支援学校の児童で、胃ろう措置が必要なため看護師1名を雇用する経費でございますけれども、当該児童が津南町民であることから、全額津南町の負担金を財源として計上させていただきました。

  以上で一般会計の補足の説明を終わりまして、44ページまでお進みください。議案第100号 平成28年度十日町市介護保険特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で予算の補正を歳入歳出それぞれ6,600万7,000円追加いたしまして、予算総額を歳入歳出それぞれ69億9,648万1,000円とするものでございます。

  54、55ページをお願いいたします。歳出をご説明いたします。一番上の囲みの1款総務費、1項1目は説明欄005の10一般経費は33万1,000円の追加で、マイナンバー制度に伴いますシステム改修経費でございます。

  一番下、6款諸支出金、2項1目説明欄005の05一般会計繰出金は1,657万8,000円の追加でございまして、前年度の一般会計からの繰入金の精算に伴います計上でございます。

  56ページをお願いいたします。議案第101号 平成28年度十日町市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、予算の補正を歳入歳出それぞれ1,470万円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ14億8,266万7,000円とするものでございます。

  64、65ページをお願いいたします。歳出をご説明いたします。2款業務費、1項1目説明欄005一般経費は、940万円の補正でございます。各地域で漏水修繕費がかさんでいることから、不足が見込まれます修繕料を計上させていただきました。

  次の2目説明欄005の20中里地域施設等維持修繕費は、300万円の追加でございまして、中里中央簡水の落雷による取水ポンプの交換工事費を計上させていただきました。

  次の30松代地域施設等維持修繕費は、120万円の追加で、滝沢小規模水道の配水ポンプの修繕経費を計上いたしました。

  次の40松之山地域施設等維持修繕費は、110万円の追加で、松里簡水の薬品攪拌機の修繕費を計上いたしました。

  66ページをお願いいたします。議案第102号 平成28年度十日町市下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条では、予算の補正を歳入歳出それぞれ2,223万7,000円追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ35億5,520万1,000円とするものでございます。

  69ページをお願いいたします。第2表、地方債の補正でございます。十日町と松代で管渠整備を行うことから、下水道事業債に1,170万円を追加し、地方債の限度額を7億5,800万円とするものでございます。

  76、77ページをお願いいたします。歳出をご説明いたします。真ん中の囲みの1款総務費、2項3目は説明欄005の05十日町処理場維持管理費は、300万円の追加でございまして、処理場の脱水機のモーター交換工事費の計上でございます。

  その下の5目、説明欄005の05十日町地域農集処理場維持管理費は、200万円の追加でございますが、下条地区の排水汚泥量の増加に伴い不足が見込まれます運搬、処分委託料を計上させていただきました。

  次の囲みの2款下水道費、1項1目の説明欄010の05公共下水道建設事業費は、500万円の追加で、市道稲荷町線改良に伴います下水道管の移設測量調査委託料を計上いたしました。

  その下の2目、説明欄010の05十日町特環公共下水道建設費は、1,000万円の追加で、中条上町地内の宅地造成に伴います管渠の布設工事費を計上いたしました。

  その下の30松代特環公共下水道建設費は、200万円の追加で、駅前のセブンイレブンの隣の宅地造成に伴います管渠の布設工事費を計上いたしました。

  私のほうからの補足の説明は以上でございます。ご審議いただきまして、議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  上下水道局長。



◎上下水道局長(福島一典君)

  議案第103号 平成28年度十日町市水道事業会計補正予算(第2号)につきまして説明を申し上げます。

  補正予算書の79ページをごらんください。第2条の補正予定額に記載された金額の補正をお願いするものでございます。内容につきましては、実施計画で説明をさせていただきます。

  84ページ、85ページをごらんください。資本的支出でございますが、129万6,000円の追加でございます。故障した地上式消火栓の撤去に伴いまして、市道内に地下式消火栓を新設する工事費を計上いたしました。

  説明は以上でございます。ご審議の上、議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(川田一幸君)

  5件に対する質疑を許します。安保寿隆君。



◆14番(安保寿隆君)

  補正予算書11ページ、一番下の商工費国庫補助金ですが、4,680万円社会資本整備総合交付金が減額というふうになっております。この主な内容、どのようなものかお聞かせ願いたい。

  それから、17ページの上から2行目、後期高齢者医療療養給付費負担金これ先ほどちょっと前年度の不足分というお話ありましたが、5,500万余りの多額になっていますので、どのような内容なのかお聞かせ願いたい。以上。



○議長(川田一幸君)

  都市計画課長。



◎都市計画課長(藤巻裕君)

  それでは、1つ目の補正予算書11ページ、社会資本整備総合交付金の減額についてご説明させていただきます。

  当初予算では、こちらは立体駐車場をつくるための補助金として、国交省の交付金を充てておりました。当初予算は3億1,660万9,000円を見込んでおりました。しかし、駅通りの駐車場の不足分を今回の新しくつくる立体駐車場に付加するということで、台数分の事業費の案分をする必要が生じてきましたので、その案分計算に伴って交付金の金額を算出したところ、2億6,980万円が交付金の該当になります。ということで4,680万9,000円を今回の補正予算で減額をするものとなります。以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  市民生活課長。



◎市民生活課長(田口秀樹君)

  補正予算書17ページ、民生雑入の中の後期高齢者医療療養給付費負担金の5,511万9,000円でございます。こちらにつきましては、27年度の概算の部分につきまして、28年度で27年度の実績に基づいて精算をされて戻る、市の会計に入るものでございます。27年度の決算におきましても、同じ項目民生雑入の中におきまして、4,254万2,836円の雑入で入金済みという形で決算書に記載をさせていただいているところでございます。以上です。



○議長(川田一幸君)

  安保寿隆君。



◆14番(安保寿隆君)

  今の17ページの後期高齢者の関係は、これも5,500万と多額なわけですけれども、療養給付費に特別のものがなかったのか、通常の形でこういう形が出てきているのか、その内容についてちょっと聞かせていただきたいと。

  それから次に、23ページの民生費の社会福祉費の初めの臨時福祉給付金が1,251万円ほど返納というふうになっておりますが、この内訳を聞かせていただきたい。

  それから次に、25ページの一番下の生活保護費、国庫支出金の返納が2,008万3,000円ほどありますが、この内容について聞かせていただきたい。

  それから次に、55ページの介護保険の関係でありますけれども、6款の諸支出金に国庫支出金等過年度分返還金等4,897万2,000円がありますが、これもどのような理由で返納することになったのか、お聞かせください。



○議長(川田一幸君)

  市民生活課長。



◎市民生活課長(田口秀樹君)

  17ページの後期高齢者医療療養給付費負担金、こちら5,511万9,000円非常に高い金額ではございますが、先ほど申し上げました平成27年度の決算におきましても4,200万ほどの同じ程度の金額ということでございます。ただ、金額的に1,000万ほどの開きがございますけれども、この部分につきまして、ちょっと私どもまた数字の確認をさせていただきたいなというふうに思っております。以上です。



○議長(川田一幸君)

  福祉課長。



◎福祉課長(古澤幸男君)

  23ページの臨時福祉給付金の国庫支出金返納金ですけれども、これにつきましては、昨年度の臨時福祉給付金の実績報告によりまして、実際に支払った給付金の実績によりまして返納したものでございます。

  それから25ページ、生活保護費の国庫支出金の返納金でございますが、扶助費のこれも精算によりまして、国庫に返納したものでございます。

  55ページの償還金の国庫支出金等過年度分の返還金でございますが、27年度の給付費等の実績を見まして、国庫の負担金の割合から実績報告によりまして返還したものでございます。以上です。



○議長(川田一幸君)

  質疑は終結したものと認めます。

  これより議案第99号 平成28年度十日町市一般会計補正予算についてを起立採決いたします。

  本件は原案どおり可決するに賛成の諸君の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(川田一幸君)

  起立全員であります。

  よって、議案第99号は可決されました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第100号から議案第103号までの補正予算4件は、原案どおり可決するにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(川田一幸君)

  ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第100号から議案第103号までの補正予算4件は、可決されました。

  昼食のため、午後1時まで休憩いたします。

              午前11時44分    休  憩

                       〇                       

              午後 1時00分    開  議



○議長(川田一幸君)

  休憩前に引き続いて会議を開きます。

  ここで、市民生活課長から発言の申し出がありますので、これを許します。市民生活課長。



◎市民生活課長(田口秀樹君)

  失礼いたします。先ほど一般会計補正予算書におきまして、安保議員よりご質問のありました後期高齢者医療療養給付費負担金、こちらにつきまして補足の説明をさせていただきたいと思います。

  療養給付費負担金につきましては、後期医療制度における公費の負担金でございます。新潟県内の全市町村が広域連合に対しまして納入するものでございます。この支出につきましては、一般会計の3款民生費より支出をしております。この療養給付費負担金の額につきましては、過年度におきます療養給付費の実績、そういったものをもとに算定をしますが、あくまでも概算でございます。当該年度における療養給付額の実績の確定によりまして、額に過不足が生じた場合に翌年度において精算をするものでございます。精算の方法としましては、負担金に余剰が発生した場合には、関係する市町村にその余剰額を還付をするものでございます。ですので、今回の額についてはこちらの還付のものとなってございます。また、負担金の額に不足が生じた場合、その場合には不足額をまた請求をするというものでございます。27年度の比較で先ほど申し上げましたが、1,000万ほどの開きがございますが、私どもとしましては、通常の額であるというふうに認識をしているところでございます。

  補足説明は以上でございます。

                       〇                       



△日程第15 議案第104号 平成27年度十日町市一般会計歳入歳出決算認定

       議案第105号 平成27年度十日町市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定

       議案第106号 平成27年度十日町市国民健康保険診療所特別会計歳入歳出決算認定

       議案第107号 平成27年度十日町市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定

       議案第108号 平成27年度十日町市介護保険特別会計歳入歳出決算認定

       議案第109号 平成27年度十日町市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定

       議案第110号 平成27年度十日町市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定

       議案第111号 平成27年度十日町市松之山温泉配湯事業特別会計歳入歳出決算認定

       議案第112号 平成27年度十日町市水道事業会計利益の処分及び決算の認定



○議長(川田一幸君)

  日程第15 議案第104号 平成27年度十日町市一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第112号平成27年度十日町市水道事業会計利益の処分及び決算の認定についてまでの決算認定議案9件を一括して議題といたします。

  提出者の説明を求めます。市長。



◎市長(関口芳史君)

  議案第104号 平成27年度十日町市一般会計歳入歳出決算認定及び議案第105号から議案第111号までの7件の特別会計決算認定並びに議案第112号 水道事業会計決算認定につきまして、一括してその概要をご説明申し上げます。

  初めに、平成27年度の一般会計及び7つの特別会計の決算は、歳入総額603億502万円、歳出総額575億4,339万円、差引額27億6,163万円の黒字となりました。この差引額から翌年度へ繰り越すべき財源を差し引きました実質収支は24億433万円の黒字となりました。

  それでは、一般会計についてご説明申し上げます。歳入405億3,140万円、歳出384億6,937万円、差し引き20億6,203万円となりまして、翌年度に繰り越すべき財源3億1,788万円を差し引きますと、実質収支では17億4,415万円の黒字となりました。

  歳入をご説明いたします。まず、市税は61億2,179万円で、前年度対比3.4%の減となりました。これは、市たばこ税が27.7%の減収となりましたほか、法人市民税、固定資産税が減収となりました。地方消費税交付金は10億7,877万円で、前年度対比60.6%の増となりました。8%への消費税増税が平成26年4月であったことから、増税分の納付が27年度から本格化したことによりまして、大きく増加したものであります。

  地方交付税は146億7,621万円で、前年度対比4.4%の減となりました。このうち普通交付税は1.9%の増、特別交付税は6.8%の減でございます。また、震災復興特別交付税はごみ処理施設大規模改修に伴う国庫補助事業費の皆減によりまして、99.3%の減でございます。

  国庫支出金は46億8,651万円で、前年度対比0.4%の微増でございました。臨時市町村道除雪費補助金またがんばる地域交付金が皆減となった反面、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金が増加したほか、中条小学校や川西中学校などの改築工事に伴いまして、学校施設環境改善交付金が大きく増加いたしました。

  県支出金は24億9,518万円であります。前年度対比2.8%の減でございました。多面的機能支払交付金が皆増となった反面、農林水産業施設の災害復旧費補助金が大きく減額となっております。

  財産収入は1億7,918万円で、前年度対比20.4%の減となりましたが、これは西本町土地区画整理事業に伴います保留地処分金が大きく減少したことによるものであります。

  繰入金は8億5,921万円で、前年度対比72.3%の増となりました。公民館建設基金繰入金や産業創造基金繰入金が皆増となったほか、とおかまち応援基金繰入金も大きく増加をいたしました。

  繰越金は22億9,443万円で、前年度対比33.0%の減でございました。

  市債は49億9,250万円で、前年度対比27.4%の増でございます。中心市街地活性化施設の整備に伴い、合併特例債が増加いたしましたほか、ごみ処理施設大規模改修に伴う単独事業費が増加いたしましたため、一般廃棄物処理事業債が増加したものであります。

  次に、歳出についてご説明をいたします。まず、2款総務費では平成27年度が市制施行10周年の節目の年に当たることから、市を挙げて30もの記念事業を開催をいたしました。また、これまでの道のりを振り返り、十日町市民として誇りを持ち、未来へ進む私たちの道しるべとして、詩人の谷川俊太郎氏の起草による市民憲章を策定をいたしました。あわせて第一次十日町市総合計画並びに後期基本計画の最終年度であったことから、これからの10年間のまちづくりの羅針盤となる第二次総合計画を策定いたしました。さらに、人口の将来展望を示します十日町市人口ビジョンや人口減少の克服と地域活力の向上に向けました今後5年間の目標また施策の基本的方向、具体的な施策を示しました十日町市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定をいたしました。

  次に、選ばれて住み継がれるまちの実現に向けた取り組みでは、定住促進事業によりまして、20世帯69人の定住人口の増加につながりました。また、地域おこし協力隊におきましては、これまでに退任した33人のうち24人が定住し、家族も含めますと47人が定住しておりまして、定住率も73%と全国平均の47%を大きく上回っております。この定住率の高さ、そして高齢化集落の維持、存続に向けた取り組みが評価されまして、ことし1月には総務大臣から平成27年度ふるさとづくり大賞地方自治体表彰を受賞することができました。結婚への取り組みでは、クロステン内に会員登録制の無料結婚相談センター「とおかまちマリアージュ」を開設をいたしました。現在125人が会員として登録されておりまして、結婚を望む会員一人一人に対しまして、専属の女性コーディネーターがアドバイスを行いながら、会員の意向に沿って会員同士のご縁を結んでおります。平成27年度の成果といたしましては、ハピ婚サポーターによる取り次ぎで1組、婚活イベントでの出会いで1組の計2組がめでたく成婚に至っております。

  松之山支所庁舎移転事業におきましては、新しい支所事務室となります保健センター1階部分の改修工事とエレベーター設置工事などを実施をいたしました。なお、5月の2日から新しい支所庁舎で業務を開始をしております。

  次に、市役所改革の一環として策定いたしました第2次定員適正化計画では、計画に基づき正職員500人体制をほぼ達成し、改革を着実に前進させることができました。

  3款民生費では、高齢者支援といたしまして、地域密着型の小規模多機能型居宅介護施設2カ所の開設を支援いたしました。障がい者支援では、本町2丁目の障がい者支援センターを改修いたしまして、3つの障がいの相談を1カ所で行える体制を整えるとともに、センター内に就労支援B型事業所を開設していただいています。また、4カ所のグループホームの開設に市単独でご支援をいたしております。低所得者への支援では、ひきこもり者への支援を含め、生活困窮者自立支援事業を開始いたしました。

  次に、子育て支援関係ですが、新しい子ども・子育て支援制度に基づく認定こども園への移行支援といたしまして、安心こども基金を活用した慈光こども園の施設整備支援事業を平成26年度からの繰り越しで実施をいたしております。この事業によりまして、定員を20人ふやすとともに、保育施設の充実を進めました。市内では、ことし4月からこの園を合わせまして4つの認定こども園が誕生いたしまして、多様な保育ニーズに応える体制の整備を進めております。

  4款衛生費であります。医療従事者の確保のために、病院の若手医師への研究資金の貸与、医療施設整備等への支援、新潟大学への寄附のほか、看護職員就業者への支度金の支給など新たに実施をいたしました。

  次に、環境衛生では市内電力使用量の30%を再生可能エネルギーで創出するためのバイオマス関連の構想バイオマス産業都市構想を策定いたしました。今後構想の認定、そして実現に向けた施策の展開を図ってまいります。さらに、自然エネルギーを利用した環境に優しい小水力発電につきましては、中里田中地区の概略設計に着手をいたしました。有効な発電が見込めることから、今後詳細設計を進めてまいります。

  次に、エコクリーンセンターの大規模改修事業につきましては、国の交付金事業の基幹的設備改良工事におきまして、総事業費28億円のうち約25億円の事業が完了いたしましたことから、建屋の修繕に着手をいたしました。

  6款農林水産業費では、農業振興関係で農業者の農業所得の確保を図るために、市単複合営農促進事業や市単水田利活用自給力向上事業に取り組んでおります。成果といたしましては、園芸振興作物の面積の増加や機械化が進んだほか、飼料用米が36ヘクタールから106ヘクタールへと約70ヘクタール増加したことなどが挙げられます。また、地域農業の担い手確保につきましては、認定農業者を336経営体から463経営体へと大幅にふやしましたことと、新規就農者につきましては、目標の14名に対しまして18名を確保いたしたものであります。加えまして、担い手を強化するため昨年に引き続きまして国の農地中間管理事業を推進いたしまして、川西地域の千手地区と下原地区で当地域初の地域集積協力金制度に取り組んでおります。農地整備関係におきましては、県営ため池等整備事業によりまして、鐙坂第1地区小坂ため池の実施設計委託に着手をいたしましたほか、多面的機能支払交付金事業におきましては、新たに28組織が加わりまして、全体で80組織による活動が実施をされております。

  林業関係では、森林資源利活用事業及び市有林・市行造林整備事業によりまして、約33ヘクタールの森林整備と約19キロメートルの林道並びに森林作業道の整備を実施をいたしております。また、間伐材の運搬費助成によりまして、約840立方メートルの森林資源が有効に活用されております。

  7款商工費でございます。物産の販路拡大におきまして、クロステンの地域商社化の取り組みと連携をいたしまして、交流都市や出身者などとの縁を生かして、積極的な売り込みをすることで、市内の小規模加工事業者や農業者などの販路開拓を行いました。なお、平成27年度におきまして、年間で4,670万円ほどの販売実績となっております。

  産業振興では、国の緊急支援交付金を活用いたしまして、プレミアム商品券発行事業に取り組みました。調査結果からふだんの買い物以外の商品購入や現金上乗せ支出などで2億円以上の新たな消費を喚起できたと考えております。また、同じく国の緊急支援交付金を活用いたしましたふるさと名物商品事業によるきものやカタログギフトの割引販売によりまして、当市の特産品の発信を進めることができました。さらに、未来を拓く創業応援事業では、これまでのビジネスコンテスト開催に加えまして、新たにインキュベーションオフィスを設置するなど、新規創業、新事業展開への支援に取り組みました。

  次に、中心市街地活性化につきましては、6月に十日町産業文化発信館「いこて」、9月にはアップルとおかまちの民間事業がそれぞれオープンをいたしまして、中心市街地の長年の課題でありました大型商業施設跡地が新たな施設に生まれ変わったものであります。また、市が事業主体であり、市民活動や市内外との交流の場となります市民交流センター「分じろう」と市民活動センター「十じろう」につきましては、大規模改修に着手をいたしました。

  次に、観光振興では国の緊急支援交付金を活用いたしました豪雪体感インバウンド事業と外国人観光誘客推進事業におきまして、海外の商談会に参加して旅行エージェントに直接売り込みを行った結果、20組284人のツアーを催行することができまして、全体では約6,000人の外国人来訪客数となったものであります。夏には、6回目の開催となりました大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2015」を開催いたしました。今回は、旧清津峡小学校体育館と旧奴奈川小学校が新たな拠点施設に生まれ変わったほか、光の館をリニューアルをいたしました。また、飯山線プロジェクトにおきましては、土市駅と越後水沢駅に作品を設置するなど、芸術作品も充実させまして、50日間で約51万人の来訪者をお迎えすることができました。さらに、2次交通の新たな取り組みといたしましては、圏域内の10のエリアを回るバスタクの運行を行いまして、好評をいただいたところであります。3月に開催した越後妻有雪花火も含めまして、いずれも前回を上回る来訪者数となったことから、これからも引き続き力を入れてまいりたいと考えております。

  8款の土木費では、道路新設改良事業におきましては、北新田明石町1号線、浅河原新町新田線、清田山線、室野山平線及び浦田松之山線など、合計で54路線の市道改良工事を行いまして、馬場5号線、東田尻山手線など10路線が完了をいたしております。また、社会資本メンテナンス事業といたしましては、中条旭町上町線ほか7路線で舗装打ちかえ工事を行いましたほか、市内147橋の橋りょう点検と16橋の橋りょう補修設計を実施をいたしまして、昨年度に点検が完了した水野町川原町線にかかる大橋の修繕工事と中里地域の牧畑トンネルなど2カ所のトンネル修繕工事を行いました。

  雪寒事業では、高田町稲荷町線ほか2路線で消雪パイプの新設工事に取り組んだほか、下川原町1号線ほか3路線で消雪パイプの更新工事に取り組みました。また、中村川治上町線ほか5路線で流雪溝及び導水路整備を行いました。

  河川事業では、新潟県の緊急雇用創出臨時特例基金事業を活用いたしまして、アウトドアフィールドガイドの育成を行い、6名が信濃川でのラフティングガイドとして活躍をいたしております。

  地籍調査では、市街第6、第7計画区が完了いたしまして、中心市街地内の進捗が約3割となりました。また、川西地域の老朽化した公営住宅4棟を更新するために、上新井地内で10世帯の住宅建設を進めました。

  9款消防費では、市のデジタル移動系防災行政無線整備工事が完了するとともに、広域事務組合で整備した新消防庁舎が完成をいたしました。

  10款教育費では、小中一貫教育をさらに推進させ、課題である学力の向上と不登校児童生徒の減少に向けて取り組むとともに、特別支援教育の充実に力を注ぎました。また、安全、安心な学校施設整備のため、中条小学校、水沢小学校、川西中学校、松之山中学校の改築工事を行ったほか、耐震化工事も順調に進みまして、平成27年度末で耐震化率は94.9%となりました。

  社会教育関係では、(仮称)十日町市市民文化ホール・十日町市中央公民館の建設工事に着手いたしまして、年度内に基礎工事及び1階土間までのコンクリート打設が完了いたしております。

  文化財保護関係では、中里地域におきまして、縄文時代草創期の遺跡発掘調査を重点的に行うとともに、下条地区の野首遺跡の報告書作成に引き続き取り組みました。また、合併10年を契機に、地域文化を発信するため、十日町市歴史文化基本構想の策定にも着手をいたしました。

  博物館関係では、新博物館建設に向けまして、委員会を組織して、新博物館建設基本計画を策定いたしました。また、縄文文化のすばらしさを内外に知ってもらうために、新たに縄文文化発信事業に取り組みました。

  スポーツ振興関係では、市制施行10周年記念事業といたしまして、8月4日に西小学校グラウンドにおいて、新潟県では唯一夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会を21年ぶりに開催し、1,865名の市民が参加をいたしました。また、7月12日にはクロアチアピッチにおきまして、3年連続でなでしこリーグ1部の試合を開催いたしました。直前に開催されました女子サッカーワールドカップ日本代表準優勝メンバーも出場し、1,000人を超える観客が国内女子サッカートップ選手の白熱したプレーを間近で観戦することができました。

  また、東京オリンピック・パラリンピックに向けたホストタウンに2002年のワールドカップサッカー日韓大会から交流を続けてまいりましたクロアチア共和国を相手国として、国の登録を受けたところでございます。

  私は、市長就任以来選ばれて住み継がれるまちとおかまちの実現に向けまして、多くの皆様からご理解、そしてご支援をいただきながら取り組んでまいりました。こうした中平成27年度決算に係る財政指標は、財政構造の弾力性をあらわす経常収支比率が0.1ポイント増加し、92.8%となりました一方、実質公債費比率は単年度の比率で12.2%、3カ年平均で12.7%となりまして、前年度より0.4ポイント改善することができました。今後も結婚、出産及び子育てなど、人口減少に歯どめをかける政策を積極的に展開していく一方で、公債費の繰上償還などによりまして、経常的な経費の削減に努力をしてまいりたいと考えております。

  また、平成27年度末の基金残高でありますが、全会計の合計で前年度より2億6,300万円少ない112億7,300万円となったところでございますが、財政調整基金につきましては、大規模な災害に見舞われた平成23年度で約10億円であったものを30億円まで積み増すことができました。今後も安定した財政運営ができますように基金総額の確保に努めてまいりたいと考えております。今後は、第二次十日町市総合計画に沿いまして、選ばれて住み継がれるまちとおかまちを実現するために、人にやさしいまちづくり、活力ある元気なまちづくり、そして安全・安心なまちづくりに真摯に取り組んでまいる所存でございますので、ご理解とご協力を賜りますようにお願いを申し上げます。

  私からの概略説明は以上でございます。引き続き各担当から補足の説明を申し上げますので、ご承認いただきますようによろしくお願い申し上げます。どうもありがとうございました。



○議長(川田一幸君)

  続いて、一般会計歳入全部についての補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、一般会計の歳入につきまして、補足説明を申し上げます。

  決算書の43、44ページをお願いいたします。まず、1款市税でございます。1項の市民税は、前年度対比で0.3%、約780万円の減となりました。これは、普通交付税の安定財源を確保するとともに、都市部と地方との税の均衡化を図るために法人税割の税率を14.7%から12.1%に引き下げ、その分国税である地方法人税を引き上げて交付税の財源としたことによるものでございます。

  2項の固定資産税につきましては、前年度対比で2.2%、約6,990万円の減となりました。宅地価格の下落傾向が続いていることや建物棟数が減少したことなどが要因でございます。

  4項の市たばこ税は、前年度対比で27.7%、約1億3,854万円の減となりました。たばこを売却していた製造たばこの卸売販売業者が市内から撤退したことにより、昨年に引き続き大幅な減となりました。

  45、46ページをお願いいたします。2款地方譲与税でございますが、前年度対比では4.5%、約1,538万円の減となりました。

  47、48ページをお願いいたします。8款自動車取得税交付金では、前年度対比で29.2%、1,365万円の増となりました。

  一番下の10款地方交付税でございますが、1ページめくっていただきまして、50ページの備考欄上段をごらんください。普通交付税は126億4,145万9,000円の交付額となりました。基準財政収入額が6,945万円増加した一方で、基準財政需要額は3億560万円増加したことから、前年度対比で1.9%、約2億3,615万円の増となりました。

  中ほどの12款分担金及び負担金は、前年度対比で7.1%、約2,673万円の減となりました。2項1目の民生費負担金の2節児童福祉費負担金で、公立保育所保育料が2,675万円の減となっておりますが、前年度よりさらなる保育料の軽減を図ったものでございます。

  59、60ページまでお進みください。14款の国庫支出金でございます。60ページ備考欄の左、収入未済額の欄に5億5,406万7,000円の記載がございます。これは、主に当初予算で計上いたしました建設事業費や国の1号補正予算で取り組みました事業などが28年度に繰り越されたことから、27年度では未収入となったものでございます。この後の15款県支出金、21款市債につきましても、収入未済額がございますが、同様の理由となっております。

  次は少し飛びまして、81、82ページの17款寄附金でございます。前年度対比では22.9%、約2,694万円の減となりました。これは、1項3目商工費寄附金の1節観光費寄附金で、大地の芸術祭寄附金が約2,046万円の減となったことによるものでございます。

  87、88ページをお願いをいたします。20款諸収入でございます。前年度対比では0.2%、約301万円の微増となりました。3項貸付金元利収入で、91ページの中ほど17節十日町市土地開発公社貸付金収入が貸付金の減少により前年度対比約1億5,877万円の減となりました。一方で、97ページ下段の5項2目の5節商工雑入で、次のページ上段の囲みの大地の芸術祭パスポート収入が約1億5,159万円の皆増となっております。

  101、102ページをお願いします。21款の市債でございます。前年度対比では27.4%、10億7,260万円の増となりました。主な増減内容につきましては、1項4目合併特例事業債のうち、103ページの5節教育債では、市民文化ホールの整備費増に伴い、5億2,260万円の増となったほか、8節商工観光債が中心市街地活性化施設の整備に伴い、1億7,250万円の増となりました。

  105、106ページの中段、7目緊急防災・減災事業債は市が運用しております移動系防災行政無線のデジタル化整備により、前年度対比17.5倍の1億5,850万円の増となったものでございます。

  歳入の補足説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出1款について補足説明を求めます。議会事務局長。



◎事務局長(宮正朗君)

  それでは、歳出1款議会費につきまして補足説明を申し上げます。

  決算書の109、110ページをお願いを申し上げます。1款議会費の支出済額は2億2,783万5,602円で、前年度対比プラス4%、金額にして877万5,180円の増となりました。その主な理由でございますが、備考欄005一般経費が前年度比180万889円の増となっております。これは、職員人件費で職員構成などによるものでございます。

  続きまして、備考欄中ほど010議会活動費でございます。前年度対比697万4,291円の増でございます。これは、議員共済会負担金の負担金の率が平成27年度は前年度に比べまして0.109ポイント増となったことが主な要因となっております。

  1款議会費の補足説明は以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出2款についての補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、2款総務費について補足説明を申し上げます。

  決算書111、112ページをお願いいたします。初めに、1項総務管理費全体についてご説明申し上げます。支出済額は39億4,936万円余りで、前年度対比では9,721万円、率にしますと2.4%の減となりました。これは、前年度と比べまして国の地方創生交付金を財源とした定住促進及び財産取得費などの費目において増額となった一方で、26年度に新たに積み立てました公民館建設資金積立金が27年度には大幅な減額となったことなどによりまして、全体としては1億円近い減となったものでございます。

  それでは、1目から順次ご説明いたします。まず、一般管理費でございます。総支出額は15億2,981万円余りで、前年度対比では1,390万円、率にして0.9%の減となりました。要因といたしましては、前年度に比べ退職手当支給対象者が3名増加したものの、職員の新規採用枠を拡大したことに伴い、事務支援員が減少したほか、国への職員派遣を見送ったことによる派遣研修旅費の減少及び庁舎車両の管理経費の減少によるものでございます。

  123、124ページまでお進みください。2目の文書広報費でございます。支出額は1億234万円余りで、前年度対比では1,381万円、率にして15.6%の増となりました。これは、主に市のホームページの契約期間満了に伴い、新たにホームページの再構築を行ったことによる増額でございます。

  125、126ページをお願いします。3目の企画費でございます。支出済額は3億8,749万円余りで、前年度対比では1億125万円、率にして35.4%の増となりました。この主な理由は、移住、定住を促すための定住促進助成事業や結婚促進のための結婚支援センターの設営、また市制施行10周年記念事業の開催などによる増額で、具体的には次のとおりです。

  128ページをお願いいたします。備考欄中段やや下の82及び下段93の定住促進助成事業でございますが、これは市内に夫婦単位で移住された世帯に助成金を交付するもので、27年度は市長説明のとおり移住された20世帯69名に助成金を交付させていただきました。なお、82及び93の2つの定住促進助成事業の合計620万円のうち、82の事業で支出をした410万円には国の緊急支援交付金を充てております。

  132ページをお願いいたします。備考欄下段の060の15ふるさと同窓会支援事業は、平成27年度から新規事業として取り組んでいるもので、市内の飲食店で20歳代の若者が開催する同級会に3件、参加者99名に対して同級会開催経費の助成を行い、ふるさと回帰をPRいたしました。

  134ページをお願いいたします。備考欄上段81空き家バンク事業でございますが、こちらも新規事業でございます。市内の空き家対策として、また移住、定住の促進に向けて、昨年10月に空き家バンクサイトを立ち上げました。これまでに38件の登録希望が寄せられ、新潟県宅地建物取引業協会十日町支部の協力を得ながら調査を行い、売買が可能な物件を順次ホームページで公開をしています。備考欄中段の065新潟で「暮らす・働く」応援プロジェクトモデル事業では、田舎暮らしに興味がある21歳以上の県外の若者延べ7名をインターン研修生として受け入れ、うち1名が地域おこし協力隊に任用となり、移住、定住につながりました。

  次に、135、136ページ、5目の財産管理費でございます。支出済額は8億9,660万円余りで、前年度対比で1億7,945万円、率で16.7%の減でございます。

  次の138ページ備考欄の最上段の006の05土地開発公社財産取得経費は、前年度対比約2億5,338万円の増となり、駅西区画整理代替地と明石工場用地の土地購入経費でございます。また、下段の035の25公民館建設資金積立金は、平成26年度には新たに4億4,513万2,000円を積み立てましたが、27年度は利子の積み立てだけとなったことから4億4,412万8,000円、99.8%の減となっております。

  139、140ページをお願いいたします。7目の情報政策費でございます。支出済額は4億1,960万円余りで、前年度対比では1億488万円、率で33.3%の大幅な増となりました。これは、140ページ備考欄下段の005の06基幹系システム再構築事業で、昨年度に引き続きシステムの入れかえを行ったことや142ページ備考欄中段の35法改正システム改修事業において、マイナンバー制度に対応するために住民記録、税、福祉等の情報を管理するシステムを改修したことから、全体として前年度を大きく上回る決算額となりました。

  145、146ページをお願いいたします。9目の地域振興費でございます。支出済額は1億3,447万円余り、前年度対比では2,906万円、率で27.6%の大幅な増となりました。

  146ページ備考欄下段の055の05地域自治推進事業交付金ですが、上限を150万円とするパワーアップ事業交付金において、26年度より1件増の3件が採択されたこと、また3つの地域自治組織において、新たにみずから事務局員を任用したことによる人件費の増でございます。

  続きまして、147、148ページをごらんください。10目の国際親善費でございますが、支出済額は841万円余り、前年度対比で274%の大幅な増となっています。27年度は、イタリア・コモ市との姉妹都市提携40周年の節目の年に当たり、7月にコモ市からはステファノ・レニャーニ市議会議長を初め、11名の親善使節団をお迎えし、また10月には当市から市長、議会議長のほか市民も含め総勢55名がコモ市を訪問し、交流を深めてまいりました。この40年にわたる親善交流を双方の市民が祝福し、これからの友好親善の素地をより一層固めることができたと考えております。

  同じく148ページ、11目の諸費では最下段の015の05土地開発公社貸付事業は、前年度対比で1億5,877万円、26.8%の減となっております。

  続いて、157、158ページまでお進みください。5項統計調査費でございます。支出済額は3,144万円余りで、前年度対比では1,015万円、率にしますと47.7%の増となりました。2目の統計調査費で、備考欄中段の005の11国勢調査事業は、5年に1度行われる統計調査で、平成27年10月1日を基準日として、市内に住む方々を対象に実施をし、指導員35人、調査員301人から調査活動に従事していただいたものでございます。

  2款総務費の補足の説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出3款及び4款についての補足説明を求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(大津善彦君)

  それでは、3款の民生費、4款の衛生費の補足説明を申し上げます。

  決算書のほうは160ページをお願いいたします。まず、3款民生費の支出済額は83億7,000万円余りで、前年度対比では2.5%の増額となりました。また、翌年度繰越額欄に計上されております繰越明許費3億5,121万円の内訳につきましては、3月に補正をさせていただきました年金生活者等支援臨時福祉給付金事業が2億4,753万円、中里地域と川西地域に整備をいたしました小規模多機能型居宅介護支援事業所への県の補助金が1億368万円となっています。

  162ページをお願いをいたします。1項1目社会福祉総務費の備考欄の下段045要援護世帯除排雪援助事業でございますが、雪処理券は684世帯から利用をいただきました。少雪によりまして、前年度対比で約6割減少しております。また、融雪屋根につきましては、455世帯に補助をいたしました。1世帯3万3,000円が上限でございます。

  166ページをお願いをいたします。2目老人福祉費、備考欄上段25川西高齢者コミュニティセンター改修事業では、2階のトイレ、調理室の改修、休養室へのエアコン新設、3階多目的ホールの畳の表がえなどを行いました。下から3行目、025の05寝たきり老人等介護手当支給事業は、65歳以上の要介護3以上または重度心身障がい者を在宅で介護している介護者に月額5,000円の手当を支給するもので、776人に支給をさせていただきました。最下段06紙おむつ等購入費支給事業、続いて次ページの備考欄2行目20寝たきり老人等おむつ給付費は、常時排せつ障がいがあり、紙おむつを必要とする1,256人を対象として支出をさせていただきました。その下備考欄6行目08生きがい対応型デイサービス事業は、市内9カ所で開設をいたしまして、延べ利用人数は8,372名でございました。さらに、その下10たっしゃで100事業は、ポイントカードの交換が入浴施設利用に4,627枚、障がい福祉サービス事業所授産品との交換に1,841枚、合計6,468枚で対前年度比784枚、約14%の増となりました。

  170ページをお願いをいたします。備考欄の中段099の05高齢者安心サービス事業は、在宅生活上で困り事のある高齢者を利用会員といたしまして登録をし、ボランティアの協力会員とのマッチングを行うことで、在宅サービスを提供するもので、十日町市社会福祉協議会に事業を委託しております。利用会員は57名、サービス提供延べ回数で134回ございました。

  172ページをお願いをいたします。3目障がい者福祉費、備考欄の中段010の20重度障がい者交通費助成事業は、重度心身障がい者に対しタクシー利用料、通院通所費の助成を行うもので、合わせて976人に助成をさせていただきました。その下40重度心身障がい児者おむつ給付事業では、在宅において紙おむつ等を必要とする障がい者に対しまして、紙おむつ等の購入費を支給するもので、224名に給付をさせていただきました。下から12行目025の05身体障がい者福祉センター管理運営経費は、指定管理委託料を見直しまして、増額をさせていただきました。その下20身体障がい者福祉センター改修事業では、重度の障がい者の入浴に対応するため、シャワーベッドを導入し、浴室を改修した費用になっております。

  174ページをお願いいたします。備考欄の下段045の10訓練等給付事業は、利用者の増加などから前年度対比で約13%の増となりました。また、最下段の13相談支援給付事業は、利用者数が前年度対比で70%増、給付費も約84%増となりました。新規の相談に加えまして、これまでに作成をいたしました計画の更新に係る相談が増加したことが主な要因となっております。

  176ページをお願いをいたします。備考欄の上段050の05障がい者支援センター管理経費では、冬季の駐車場管理のために小型除雪機を購入をさせていただきました。備考欄の下段060の05障がい児通所支援事業は、放課後デイサービス及び障がい児相談支援の利用が増加をいたしまして、前年度対比で約54%の増となりました。

  177、178ページからの2項児童福祉費につきましては、子育て教育部長が説明をいたします。



○議長(川田一幸君)

  子育て教育部長。



◎子育て教育部長(渡辺健一君)

  それでは、3款2項児童福祉費、1目児童福祉総務費の補足説明を申し上げます。

  179、180ページをお願いいたします。備考欄下段020の20公立保育所整備事業916万3,800円は、平成25年度で閉園をいたしました北原保育園の解体工事にかかった経費でございます。

  181、182ページをお願いいたします。備考欄上段の022の05公立保育園改築事業、合併特例債1,688万7,600円は、現在工事中である西保育園の基本設計と実施設計の委託料として支出したものでございます。続きまして、031の05児童遊園施設建設事業280万8,000円は、子ども・子育て支援事業計画で計画をされている児童遊園施設の最適な設置候補場所選定のための調査を基本計画の作成を含め、コンサルタント会社に委託をいたしました。

  183、184ページをお願いいたします。備考欄上段046の10発達支援センター運営事業1,724万1,869円の内容でございます。発達支援センターは、十日町小学校、ふれあいの丘支援学校に併設をする形で、平成25年4月に開設をされ、3年が経過をいたしました。昨年度の実績では、発達相談は延べ1,122人、また親子教室や個別訓練といった児童発達支援は、延べ1,345人の利用実績がございました。

  185、186ページをお願いいたします。備考欄上段049の80地域子育て支援センター整備事業、国庫・公共債、繰越明許分1億1,432万5,001円は、新しい十日町子育て支援センター「くるる」の施設購入及び開設のための経費として支出をしたものでございます。060の16中条小学校放課後児童クラブ整備事業、国庫補助・合併特例債1,703万5,000円は、平成26年度から3カ年の継続事業であります。その下060の25放課後児童クラブ整備事業206万4,960円は、吉田保育園の閉園により鐙島保育園の学童保育に使用していた部屋を保育室に転用する必要が生じたため、鐙島小学校に放課後児童クラブを新規に整備をしたものであります。

  3款2項児童福祉費の補足説明は以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  市民福祉部長。



◎市民福祉部長(大津善彦君)

  それでは、引き続きまして3款の補足説明をさせていただきます。

  ページは、194ページをお願いをいたします。3項生活保護費でございます。支出済額は4億1,900万円余りで、前年度対比では2.7%の増となりました。

  196ページをお願いをいたします。備考欄の上段005の05生活保護費は、212世帯261人に対する扶助費でございます。高齢者世帯が半数以上で、高齢化が進んでいる状態であります。また、依然といたしまして、医療扶助費の割合が全体の約50%を占めております。

  3款民生費の補足説明は以上でございます。

  引き続きまして、4款衛生費の補足説明を申し上げます。4款衛生費の支出済額は26億7,800万円余りで、前年度対比4.6%の減額となりました。これは、地域中核病院周辺整備事業、ごみ処理施設改修事業がほぼ一段落をしたということによるものでございます。また、翌年度繰越額欄に記載の継続費逓次繰越5,165万5,000円は、ごみ焼却施設改修工事に係る経費、さらに繰越明許費5,647万9,160円の内訳につきましては、市内診療所への施設整備費等に係る補助金が2,862万5,000円、松之山支所改修に伴う再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策事業の一部費用2,785万4,160円でございます。

  198ページをお願いをいたします。1項1目保健衛生総務費、備考欄の上から3行目19中条第二病院運営費補助金は、中条第二病院の平成26年度運営費欠損金の90%を助成したものでございます。その下45、24時間電話健康相談事業は委託事業者を変更し、委託料は前年度対比で270万円の減額となりましたが、相談件数は年間3,369件ございまして、前年度対比では2.8倍の件数となっております。さらにその下013の05の13測量調査委託料は、十日町簡易裁判所用地取得に係るものでございます。

  200ページをお願いをいたします。備考欄の下段になります。030の35不妊治療費助成事業は、22件の申請がございました。

  202ページをお願いをいたします。1項2目健康増進費、備考欄の下段005の36歯周疾患検診事業は、平成27年度新規事業で40歳から70歳の10歳刻みの方を対象に実施をいたしまして、対象者の12%に当たる312人の方から受診をいただきました。

  204ページをお願いをいたします。備考欄の最上段010がん検診事業でございますが、各種がん検診のうち子宮がん、乳がんの検診で受診者がふえたことによりまして、前年度と比較をして564万円の増額決算となりました。

  206ページをお願いいたします。1項3目予防費、備考欄の006定期予防接種事業でございますが、各種予防接種の対象者が減少しておりまして、前年度と比較をいたしますと760万円の減額決算となりました。

  210ページをお願いをいたします。1項4目環境衛生費、備考欄の下段030の50再生可能エネルギー活用促進補助事業では、太陽光発電、木質ペレットストーブなどの一般家庭への助成を実施しております。新たに太陽光発電では、3世帯の導入が図られまして、累計で69世帯、また木質ペレットストーブは22台の導入が図られまして、累計では213台となりました。引き続き普及に努めてまいります。その下51再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策事業では、松之山支所の移転に伴いまして、既存の灯油ボイラーによる冷暖房システムを木質ペレットを燃料とした熱電併給システムによる冷暖房にかえました。また、前段で説明いたしましたように、この事業の一部の経費は繰り越しとさせていただきました。備考欄の一番下80地方公共団体技術導入率先補助事業では、下条の利雪親雪総合センターにおきまして、既存の灯油ボイラーによる供給システムを木質ペレットを燃料といたしました熱電併給システムによる給湯とさせていただきました。

  212ページをお願いをいたします。7目斎場費、備考欄の下段005の15斎場改修事業では、平成26年度から斎場維持管理計画書に基づき2号炉の改修工事を行いました。

  214ページをお願いをいたします。2項1目清掃総務費、備考欄中ほど010じん芥処理費では、古着を3.41トン回収するなど、資源の有効活用とごみの減量化に努めております。

  216ページをお願いいたします。備考欄中ほど11じん芥処理放射性物質等対策事業では、焼却灰から埋め立て基準を超える水銀が検出されたために、飛灰約107トンを県外に搬出をいたしまして、適正に処理をさせていただきました。

  3款民生費、4款衛生費の補足説明は以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  暫時休憩いたします。

              午後 2時00分    休  憩

                       〇                       

              午後 2時10分    開  議



○議長(川田一幸君)

  休憩前に引き続いて会議を開きます。

  続いて、歳出5款、6款及び7款についての補足説明を求めます。産業観光部長。



◎産業観光部長(渡辺正範君)

  それでは、5款から7款までをまとめてなるべく簡潔に補足説明をさせていただきます。

  まず、5款労働費でございます。217、218ページをお開きください。労働費の支出済額は4,071万7,976円で、前年度比13.1%の減となりました。これは、労働対策貸付事業の委託金とサンクロスの除排雪経費などが減少したことによるものでございます。主な事業といたしまして、備考欄中段010の05総合福祉センター管理運営経費や020の05十日町地域シルバー人材センター助成事業などでございます。

  5款労働費の補足説明は以上でございます。

  続きまして、6款農林水産業費でございます。219、220ページをお願いします。農林水産業費の支出済額は17億7,783万3,430円で、前年度対比13.1%の増となりました。主な事業をご説明いたします。

  221、222ページをお願いします。備考欄下段1項3目農業振興費、005の04中山間地域振興対策事業は、中山間地域の農業者団体に対して農業機械の導入経費の一部を助成したものでございます。

  223、224ページをお願いします。備考欄上段22環境保全型農業直接支援対策事業は、環境保全型農業に取り組む農業者に対して支援を行ったものでございます。ずっと下の58担い手農業経営支援事業は、認定農業者が5年以上の新規利用権設定を行った場合の補助や農業生産法人の新規雇用に対して支援をしたものでございます。

  225、226ページをお願いします。備考欄中段85「ヒト・モノ・ココロの対流」加速化事業は、交流都市であります埼玉県和光市内に地場産業振興センタークロステンが多機能型地域商社拠点を整備するための経費に対して、地方創生加速化交付金を活用して助成をしたものでございます。下段020の80青年等就農支援事業は、国の給付金の対象にならない新規就農者に対しまして、市単により支援をしたものでございます。

  227、228ページお願いします。4目農業構造改善対策費でございます。備考欄中段020の05農地面的集積促進事業は、人・農地プランの策定推進に係る経費や農地集積協力金の拠出など、それが主なものでございます。

  229、230ページをお願いします。5目畜産業費でございます。備考欄の005の05畜産振興対策事業は、家畜伝染病予防や優良和牛の生産などへ支援を行ったものでございます。

  続いて、6目農業施設管理費でございます。231、232ページお願いします。備考欄上段67集落機能維持基金事業は、集落の生活環境維持のため9件の排水路工事を行ったものでございます。

  次に、7目農地開発整備費でございます。備考欄下段010の18震災対策農業水利施設整備事業は、市内6カ所の農業用ため池のハザードマップを作成したものでございます。

  次に、9目農地整備費でございます。235、236ページをお願いします。備考欄上段020の10経営体育成促進換地等整備事業は、浦田福島地区について県営ほ場整備事業の採択に向けた調査を実施したものでございます。

  10目6次産業振興費、005の6次産業振興事業は、農産加工品などの販路拡大や商品開発に対して助成を行ったものでございます。

  239、240ページをお開きください。2項林業費でございます。備考欄上段010の54及び80は、松之山地域と中里地域の林道の舗装工事を行ったものでございます。その下015の04森林資源利活用事業は、作業員を雇用して市直営の作業班を編成し、市有林及び市行造林の整備に取り組んだものでございます。

  6款農林水産業費の補足説明は以上でございます。

  続きまして、7款商工費でございます。241、242ページをお願いします。商工費全体の支出済額は36億9,382万5,509円で、前年度対比9.5%の増となりました。第6回大地の芸術祭開催経費の増などがその主な要因でございます。

  まず、1項1目商工総務費でございます。備考欄下段015の30首都圏大学情報拡散事業は、十日町市での就業やボランティアの経験談などを首都圏の若者に向けて情報発信したものでございます。

  次に、025中心市街地活性化推進費でございます。243、244ページをお願いいたします。備考欄上段20中心市街地遊休施設等活用促進事業では、平成27年度は4件の補助金の活用がありまして、計画認定以来この制度を活用した出店は延べ10件となりました。

  続きまして、2目商工業振興費でございます。247、248ページでございます。備考欄下段020の64インターンシップ等受入促進支援事業は、若者の市内企業への就業促進のため、インターンシップ体験者への旅費の助成を行ったものでございます。

  249、250ページお願いします。備考欄上段83十日町地域地場産業振興センター施設整備助成事業は、電気自動車急速充電器設置費などに助成をさせていただいたものでございます。

  次に、3目観光費でございます。251、252ページまでお進みください。備考欄下段005の30観光交流課事務所管理経費は、昨年4月にオープンをいたしました観光案内所ほか事務所の維持管理経費でございます。

  255、256ページをお願いします。備考欄上段80ほくほく線十日町駅観光案内所整備事業は、観光ディスプレイの設置や備品購入などを行ったものでございます。

  257、258ページをお願いします。備考欄下段019の80地熱開発理解促進関連事業は、松之山温泉街において、温泉熱利用の消雪パイプを設置したものでございます。

  261、262ページをお願いいたします。備考欄上段27清津峡観光施設整備事業は、今後の清津峡観光開発に活用するために旧苗場館の土地、建物と温泉の権利を買収したものでございます。

  263、264ページお願いします。備考欄中段033の10松代地域観光施設整備事業は、星峠の棚田周辺に駐車場と展望台を整備したものでございます。

  265、266ページお願いします。035の05越後田舎体験推進事業でございますが、11年目の昨年度は31団体、2,743人の受け入れを行いました。

  269、270ページをお願いします。5目企業立地促進費でございます。備考欄中段010の10企業設置奨励事業は、条例に基づく奨励企業に対して支援、助成を行ったものでございます。

  続きまして、9目大地の芸術祭推進費でございます。275、276ページをお願いいたします。備考欄中段010大地の芸術祭運営事業は、開催本番年の作品制作や広報、宣伝、ディレクター業務の委託事業などでございます。

  279、280ページまでお進みください。上段040の大地の芸術祭受入対策事業は、通年誘客を図るための作品の維持管理を初め、案内所の設置運営やレンタサイクル用電動自転車の購入、ガイドマップの作成などを行ったものでございます。同じく下段82、大地の芸術祭拠点施設等改修事業は、キナーレ回廊内の動線を改善するために明石の湯の入り口を改修したものでございます。

  以上で5款から7款までの補足説明を終わります。ありがとうございました。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出8款についての補足説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(池田克也君)

  それでは、8款の土木費の補足説明を申し上げます。

  決算書281、282ページをお願いいたします。8款土木費全体の支出済額は54億5,000万円余りで、対前年度比21%の減額となりました。主な要因は、今冬が少雪だったことから、道路除雪費が前年度より15億6,800万円余り減となったことによるものでございます。

  2項1目道路橋りょう総務費の主な支出は、人件費及び次の284ページ備考欄上段10一般管理費において、道路台帳の補正などを行ったものでございます。

  下段2目道路橋りょう維持費の支出済額は、前年度比30.3%の増となりました。これは、国の交付金事業がふえたことによるものでございます。

  285、286ページをお願いいたします。備考欄中段007道路橋りょう修繕事業では、市全体で457件の道路修繕を行っております。

  287、288ページをお願いいたします。下段3目道路新設改良費の支出済額は、前年度比21.9%の増でございます。これも国の交付金事業がふえたことによるものでございます。

  289、290ページをお願いいたします。備考欄上段015道路整備事業におきましては、市全体で49件の測量調査設計委託、55件の道路改良舗装工事、27路線の用地買収、物件補償等を行いました。なお、繰越明許費は市道新宮野中線、島坂ノ下線及び浦田松之山線などの道路改良工事測量設計及び用地買収、物件補償を繰り越したものでございます。

  少し飛びまして、297、298ページをお願いいたします。5目道路除雪費の支出済額は、前年度比49.5%の大幅な減となりました。これは、小雪により除雪費が大幅に減額したものでございます。なお、道路除雪につきましては、市道1,570路線、515.1キロメートル及び認定外道路185路線、18.6キロメートルの除雪を行っております。

  299、300ページをお願いいたします。下段6目消融雪施設維持費の支出済額は、前年度比35.4%の減となりました。本年度は大きな修繕がなかったことによるものでございます。備考欄下段010消雪パイプ修繕事業においては、78件の消雪パイプの修繕及び更新工事を行っております。

  301ページ、302ページをお願いいたします。中段7目融消雪施設建設費の支出済額は、前年度比34.1%の減でございます。これは、国の交付金事業が減ったことによるものでございます。備考欄中段の010流雪溝整備事業において、川西地域で2件、十日町地域で4件の整備工事を行っております。また、備考欄の018消雪パイプ整備事業においては、十日町地域で10件の整備を行ったものでございます。

  下段3項1目河川総務費の支出済額は、1億8,000万円余りで前年度比70.7%の大幅な増となりました。主な理由としましては、304ページ備考欄中段010河川整備事業で、普通河川宮沢川の河川改修詳細設計を行ったこと、306ページ備考欄上段035緊急雇用創出臨時特例基金事業を活用したアウトドアフィールドガイド育成事業を実施したことによるものでございます。

  続きまして、305、306ページをお願いいたします。下段4項2目街路事業費の主な支出は、308ページ備考欄上段030都市環境整備事業で、キナーレ南進入路工事を行ったものでございます。なお、繰越明許費は都市計画道路である市道稲荷町線の詳細設計を翌年度に実施するものでございます。

  次に、307、308ページお願いします。中段3目公園事業費の支出済額は、前年度比55.4%の大幅な減となっております。駅西土地区画整理事業地内の開発公社所有地の買い戻しや公園整備事業などが完了したことによるものでございます。なお、繰越明許費は川西総合緑地公園拡張工事を翌年度に繰り越したものでございます。

  同じく下段4目公園管理費では、310ページ備考欄上段から4行目、土地購入費において十日町市緑道用地の買収を行いました。

  次に、5項1目住宅管理費は、312ページ上段30市営住宅改修事業で、松代地域の釜田市営住宅の屋根及び外壁の改修工事を行いました。

  同じく下段3目住宅建設費の支出済額は、前年度比で260.1%の大幅な増となりましたが、川西地域の上新井市営住宅建設に着工したことによります。また、繰越明許費はその上新井住宅建設のための工事管理費及び建設工事の一部を翌年度に繰り越したものでございます。

  次に、313ページ、314ページをお願いいたします。6項1目地籍調査事業費の主な支出は、備考欄の中段005、15地籍調査事業で、市街地第8、第9計画区の2計画区の1筆地調査等の測量を実施したものでございます。また、繰越明許費は長野県北部地震の影響による中里地内の基準点の変動を調査するための現地調査費となっております。

  8款土木費の補足説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出9款についての補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、決算書の313、314ページの下段をごらんください。9款消防費について、補足説明を申し上げます。

  支出済総額は14億2,309万円余りとなりまして、前年度対比1億9,548万円、率にして15.9%の増でございます。増額となりました主な要因は2点ございまして、まず1点目といたしましては、316ページの備考欄上段1目広域消防費の005の05十日町地域広域事務組合負担金が消防本部庁舎建設など、大規模事業の継続実施により5,039万円ほどふえたためでございます。

  2点目といたしましては、318ページの3目防災費の中の備考欄中段にございます010防災行政無線整備事業といたしまして、市の移動系デジタル防災行政無線の整備工事と設計管理等委託の実施によりまして、1億4,339万円ほどふえたものでございます。市の移動系デジタル防災行政無線の整備では、十日町市役所に統制局を設置し、中里地域の城山に中継局を整備いたしました。また、移動局は各支所に半固定型移動局を設置し、あわせて車載型と携帯型の移動局も整備をいたしました。

  9款消防費の補足説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出10款についての補足説明を求めます。子育て教育部長。



◎子育て教育部長(渡辺健一君)

  それでは、10款教育費の補足説明を申し上げます。

  321、322ページをお願いいたします。1項教育総務費の3目教育総務振興費でございます。備考欄の中段005の30スクールバス整備事業667万2,029円は、老朽化した中里地域の29人乗りスクールバス1台を更新した経費であります。

  次に、同ページ、下段5目教育センター事業費でございます。備考欄の最下段005の20小中一貫教育推進事業1,832万2,888円は、市内全ての中学校区における本格実施の2年目に当たり、教育の知見、経験が豊富な嘱託指導主事を2人配置し、取り組みの円滑化と充実に努めました。また、各中学校区に教員免許を有する教育助手を9人配置し、あわせて教育補助員6人を配置して、中学校区の人的支援を行うとともに、教職員を対象に各種の研修事業を実施したものでございます。

  323、324ページをお願いいたします。備考欄の上段005の25特別支援教育推進事業320万6,980円は、教育センター内に専任の相談員2人を配置し、特別支援教育の取り組みを充実させた経費を主なものとしております。その下005の35学力向上対策事業528万6,635円は、嘱託指導主事を2人配置し、中学生の家庭学習の定着を目指す宿題どんとこい事業や児童生徒の主体的な学びを促す寺子屋塾事業、読書への関心、意欲を高める楽しい読書出前事業などを行い、児童生徒の学力向上に取り組んだ経費でございます。また、備考欄の下段005の65ふるさと教材作成事業117万440円は、ふるさと教育のさらなる充実に向けて、専用の教材を新たにつくるというもので、27年度と28年度の2カ年で作成をする予定としております。

  329、330ページをお願いいたします。2項小学校費の1目教育総務管理費でございます。備考欄の中段010施設整備事業8億1,804万8,788円は、学校耐震化事業として、中条小学校、水沢小学校を継続事業の第2期として改築工事を行ったほか、鐙島小学校、飛渡第一小学校、貝野小学校の耐震補強工事を行いました。さらに、水沢小学校、田沢小学校の体育館つり天井の改修工事を実施したところでございます。

  335、336ページをお願いいたします。3項中学校費の1目教育総務管理費でございます。備考欄中段010施設整備事業5億6,012万7,660円は、川西中学校改築工事を継続事業の第2期工事として行ったほか、松之山中学校の改築工事にも着手をいたしました。先ほどの市長説明にもございましたとおり、平成27年度末の小中学校施設の耐震化率は、平成26年度と比較して5.1ポイント上昇し、94.9%となっております。

  10款1項から3項までの補足説明は以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  文化スポーツ部長。



◎文化スポーツ部長(富井敏君)

  続きまして、10款教育費のうち5項社会教育費以降の補足説明を申し上げます。

  341ページをお願いいたします。5項社会教育費の支出済額は19億38万円余りで、前年度比60%の増となりました。目ごとの詳細により説明を申し上げます。1目社会教育総務費の支出済額は14億6,795万円余りで、前年度比で87%の大幅な増となりましたが、主に市民文化ホール、中央公民館の建設工事に着手したことによるものでございます。

  344ページをお願いいたします。備考欄の中ほどになります。025生涯学習推進事業の10平和教育推進事業では、被爆終戦70年の節目に当たり、特別企画事業として歌手やタレントなどの多方面で活躍されている美輪明宏氏をお招きして講演会を開催したところでございます。同じく備考欄の下段になります。027プラネタリウム事業では、施設設備の老朽化を受けて、デジタル投影システムを導入いたしました。このことにより、多彩な映像処理が可能となり、わかりやすく楽しい天体学習環境が整ったところでございます。

  345ページをお願いいたします。2目文化財保護費の支出済額は1億2,413万円余りでございまして、前年度比にして15.5%の増となりましたが、主に新潟県から委託されました遺跡調査発掘事業が増加したことによるものでございます。

  348ページ、備考欄中段の015遺跡調査発掘事業では、中里地域の貝野沖遺跡の本調査のほか、野首遺跡、篠山遺跡など11件の遺跡遺物整理を行いました。

  また、350ページ上段045火焔の都整備事業では、笹山遺跡第10次発掘作業に伴う遺跡地形等の測量を行いました。

  351ページをお願いいたします。3目公民館費の支出済額は1億3,291万円余りで、前年度比7.4%の増となりましたが、主に川西公民館施設改修事業によるものでございます。

  360ページまでお進みください。備考欄上段035公民館施設改修事業の20川西公民館施設改修事業では、千手中央コミュニティーセンターの雪庇防止フェンス設置、外装木部塗装、駐車場の消雪パイプ用井戸の掘削工事を行ったものでございます。

  4目博物館費の支出済額は3,369万円余りで、前年度比21.4%の増となりましたが、主に博物館リニューアルに係る基本計画策定と縄文文化発信事業によるものでございます。

  362ページ、中段にあります030縄文文化発信事業では、クロステンの壁面に大型看板を設置いたしました。このほかテレビ放映されました縄文土器先生のDVDの作製や縄文土器のモノクロ写真パネルなどを作製したものでございます。

  5目情報館費の支出済額は9,771万円余りで、前年度比7.6%の減となりましたが、これは大規模な修繕工事等がなかったことによるものでございます。備考欄の020情報館管理運営経費では、平成24年度から各種事業をNPO法人に指定管理委託して実施しているものでございますが、図書の貸し出し点数は27万件と前年度比で4.5%ふえております。人口1人当たりの貸し出し点数につきましても、年々増加傾向にございます。

  363ページをお願いいたします。6目森の学校費の支出済額は4,397万円余りで、前年度比20.7%の増となりましたが、主に大地の芸術祭関連事業実施によるものでございます。

  366ページをお願いいたします。備考欄010森の学校事業では、各種企画展示や体験イベントを行っております。入館者数は大地の芸術祭の開催年であったことから、前年度比で111.3%増となりました。

  6項保健体育費の支出済額は6億2,896万円余りで、前年度比とほぼ同額でございました。1目の保健体育総務費の支済額は6,742万円余りで、前年度比9.8%の減となりましたが、主に職員1名減による人件費の減でございます。

  368ページ、備考欄中ほどです。010の25競技力向上対策事業では、北信越大会や全国大会に出場した選手延べ278人の方にスポーツ派遣費として補助金を交付したところでございます。

  369ページをお願いいたします。2目体育施設費の支出済額は2億1,567万円余りで、前年度とほぼ同額となりました。

  374ページをお願いいたします。備考欄の下段になります010体育施設整備事業では、十日町市総合体育館のアプローチ階段等の改修工事や総合公園、テニスコート7面の改修工事を行いました。

  10款の補足説明は以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出11款についての補足説明を求めます。産業観光部長。



◎産業観光部長(渡辺正範君)

  11款災害復旧費の補足説明をいたします。

  377、378ページをお願いいたします。まず、1項1目農地農業用施設災害復旧費でございます。備考欄中段005の11現年発生農業施設災害復旧事業は、地震災害の国庫債1件と融雪災害の国庫債10件でございます。21の農業施設災害復旧経費は、市単災害80件、84の現年発生農業施設災害復旧事業は、融雪災害の国庫債1件でございました。

  続きまして、2目林道施設災害復旧費でございます。005の10現年発生林道施設災害復旧事業、15の林道施設災害復旧事業、81の現年発生林道施設災害復旧事業は、いずれも市単災害で合わせて28件ございました。

  続きまして、2項土木施設災害復旧費でございます。379、380ページをお願いいたします。備考欄上段005の15と81現年発生土木施設災害復旧事業の市単災害は、合わせて49件となっております。

  11款災害復旧費の補足説明は以上でございます。



○議長(川田一幸君)

  続いて、歳出12款及び13款についての補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(中村亨君)

  それでは、379、380ページの12款公債費、13款予備費の補足説明をさせていただきます。

  まず、12款の公債費でございますが、1目元金は定時償還分が合併特例事業債や災害復旧事業債の元金の増などによりまして、前年度対比では0.3%の微増となっております。また、繰上償還金は合併後初めて発行いたしました合併特例事業債を繰上償還したことから2.4倍の大幅な増となりました。

  また、2目の利子でございますが、元金償還が本格化してきたことなどによりまして、前年度対比では11.9%の減額となっております。

  次に、13款の予備費でございます。予備費につきましては、緊急な支出に対応するために380ページから次のページにかけての備考欄に記載のとおり、それぞれの事業に充用をさせていただいたものでございます。

  12款公債費、13款予備費の補足説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  続いて、議案第105号 国民健康保険特別会計から議案第108号 介護保険特別会計までの4件についての補足説明を求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(大津善彦君)

  それでは、議案第105号から108号までの4件の特別会計につきまして、一括して補足説明を申し上げます。

  初めに、議案第105号 国民健康保険特別会計でございます。決算書は384、385ページをお願いをいたします。歳入1款国民健康保険税の収入済額は12億2,700万円余りで、現年度分における前年度対比では9.8%減少いたしました。1人当たりの平均調定税額は8万7,400円で、収納率は97.82%となっております。なお、平成27年度末の被保険者は1万3,970人で、前年度対比で628人、約4.3%減少いたしました。

  386、387ページをお願いいたします。下段4款国庫支出金の収入済額は13億1,500万円余りで、前年度対比2.7%の減少でございます。

  388、389ページをお願いいたします。中段2項1目財政調整交付金は、前年度対比で6.2%増加いたしました。この交付金は、市町村間の財政力の不均衡を調整するための交付金でございます。

  その下5款の療養給付費等交付金の収入済額は2億6,800万円余り、前年度対比では11.5%減少いたしました。この交付金は、平成26年度をもって廃止をされた退職者医療制度に係る交付金でございます。平成27年度からは当該制度の経過措置分の交付となりますので、今後も減少していくものでございます。

  その下6款前期高齢者交付金の収入済額は17億2,100万円余りで、前年対比4.1%増加をいたしました。この交付金は、65歳から74歳までの前期高齢者の加入率に応じまして、保険者間の財政負担を調整するため法令に基づき算定されるものでございます。

  390、391ページをお願いいたします。下段の10款1項1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金は、前年度対比32.2%と大幅に増加をいたしました。この事業は、保険者支援分と保険税軽減分から算定をされ、いずれも保険者の責めによらない財政支援として一般会計からの繰り出し基準により執行されるもので、平成30年度からの国保改革に伴いまして、当該事業に係る算定基準が改正されたことから、これが増加の主な要因でございます。

  続きまして、歳出の補足説明を申し上げます。398、399ページまでお進みください。2款保険給付費の支出済額は39億8,600万円余りで、前年度対比0.8%の微増でございました。

  400、401ページをお願いいたします。下段3款後期高齢者支援金の支出済額は7億7,600万円余りで、前年度対比2.1%減少いたしました。これは、後期高齢者に係る医療費の若年者負担分といたしまして、診療報酬支払基金に納付するもので、被保険者の見込み数等を基礎として、法令に基づき算定されるものでございます。

  402、403ページをお願いいたします。下段6款介護納付金の支出済額は3億1,400万円余りで、前年度対比13.5%の減少でございます。これは、40歳から64歳までの第2号被保険者に係る介護保険料として、診療報酬支払基金に納付するもので、当該2号被保険者の見込み数等を基礎として法令に基づきましてこれも算定されるものでございます。

  404、405ページをお願いいたします。7款共同事業拠出金の支出済額は14億7,300万円余りで、前年度対比で2倍の決算となりました。大幅増額の要因は、2目の保険財政共同安定化事業拠出金が国保改革に伴いまして対象となるレセプトが1件30万円から、全てのレセプトになったことによるものでございます。

  その下8款1項特定健康診査等事業費は、40歳から74歳までの被保険者を対象に健康診査等を実施した経費で、受診者数は4,360人となっております。

  また、2項保健事業費は30歳から74歳までの被保険者を対象とした人間ドック助成事業に要した経費で、受診者数は1,501人となっています。

  国民健康保険特別会計の補足説明は以上でございます。

  続きまして、議案第106号 国民健康保険診療所特別会計の補足説明を申し上げます。決算書は411、412ページをお願いをいたします。27年度決算の特徴といたしましては、室野診療所の1年間の休診、また倉俣診療所は6月から週2回午後のみの出張診療となったことに伴いまして、歳入歳出が大幅に減少しております。川西診療所を使用して開設をしております休日救急診療センター業務を含めた全体では、歳入で前年度対比9,226万円ほどの減額、歳出では前年度対比7,960万円ほどの減額となっております。

  それでは、歳入の主なものにつきましてご説明を申し上げます。歳入全体の59%を占めます1款診療収入は、前年度対比46%の減となりました。

  413、414ページをお願いをいたします。一番下になります4款繰入金は、前年度対比21.7%の減額となりました。

  次に、歳出でございます。417、418ページまでお進みをください。1款総務費の支出済額は1億3,400万円余りで、前年度対比21.8%の減額となりました。医師1名の減などが主な要因となります。

  421、422ページをお願いをいたします。2款医業費の支出済額は2,400万円余りで、前年度対比63.5%の大幅な減額となりました。室野診療所の休診、倉俣診療所の出張診療による医薬材料購入費等の減額などが主な要因でございます。

  国民健康保険診療所特別会計の補足説明は以上でございます。

  続きまして、議案第107号 後期高齢者医療特別会計決算につきまして、補足説明を申し上げます。決算書は426、427ページをお願いをいたします。後期高齢者医療保険は、新潟県後期高齢者医療広域連合が保険者となって事業を運営しておりますが、市町村は主に保険料の徴収事務を担当しております。

  それでは、歳入でございます。1款保険料は歳入の約61.7%を占め、滞納繰り越し分を含めました収入済額は3億2,600万円余りで、収納率は99.43%になっております。なお、平成27年度末現在県内の被保険者数は36万1,434人で、十日町市は1万1,195人となっています。

  次に、3款1項1目一般会計繰入金の収入済額は1億9,200万円余りで、主に保険料の軽減に係る財源補填として、一般会計から繰り入れたものでございます。この補填金は、保険基盤安定事業として県が4分の3、市町村が4分の1負担するものでございます。

  430、431ページをお願いをいたします。歳出2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金の支出済額は5億300万円余りで、前年度対比2.8%減少いたしました。これは、徴収した保険料と保険料の軽減に係る保険基盤安定繰入金を財源として、新潟県後期高齢者医療広域連合に納付をいたすものでございます。

  後期高齢者医療特別会計の補足説明は以上でございます。

  続きまして、議案第108号 介護保険特別会計の補足説明を申し上げます。決算書は435、436ページをお願いをいたします。まず、歳入でございますが、総額では収入済額69億9,800万円余りとなり、前年度対比3.8%の増となりました。主なものでは、歳入全体の18.8%を占めます1款1項1目第1号被保険者保険料は、収入済額13億1,900万円余りで、収納率は98.9%となりました。

  437、438ページをお願いをいたします。上段の4款国庫支出金、1項1目介護給付費負担金は、前年度対比1.9%の増でございます。

  次の5款支払基金交付金、1項1目介護給付費交付金は、前年度対比0.7%の微減となりました。

  その下6款県支出金、1項1目介護給付費負担金は、前年度対比で1.9%の増でございます。

  439、440ページをお願いいたします。下段の8款繰入金、1項1目一般会計繰入金の中で、84.6%を占めます1節の介護給付費繰入金は、前年度対比で2.7%の増となっております。

  次に、歳出でございます。445、446ページまでお進みをください。下段の2款1項保険給付費の支出済額は64億3,100万円余りで、前年度対比2.8%の増となりました。歳出全体の94.1%を占めております。

  1目の備考欄005の05介護サービス給付費は、地域密着型特別養護老人ホームや有料老人ホーム等の居宅介護サービス利用者の増加によりまして、前年度対比2.9%の増となっております。

  447、448ページをお願いいたします。2目の備考欄005の05高額介護サービス費は、前年度対比3.1%の増となっています。

  3目の備考欄005の05特定入所者介護サービス費は、地域密着型特別養護老人ホームやショートステイの整備等によりまして、食費、居住費が増加をいたしまして、前年度対比8.5%の増となりました。

  449、450ページをお願いをいたします。3款1項2目包括的支援事業・任意事業は、高齢者虐待や認知症、徘回者等の見守りや相談のほか、増加傾向にあります要支援認定者への介護プランの充実を図るための事業で、前年度対比では0.2%の微増となりました。主な事業は、備考欄10行目13節包括的支援事業委託料で、市内5カ所の地域包括支援センターへの委託料でございます。

  以上で市民福祉部が所管をいたします4件の特別会計の補足説明でございました。ありがとうございました。



○議長(川田一幸君)

  続いて、議案第109号 簡易水道事業特別会計及び議案第110号 下水道事業特別会計についての補足説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(池田克也君)

  それでは、議案第109号 簡易水道事業特別会計決算及び議案第110号 下水道事業特別会計決算について一括して補足説明を申し上げます。

  まず初めに、議案第109号 簡易水道事業特別会計でございます。決算書の454、455ページをお願いいたします。まず歳入でございます。2款1項1目の水道使用料の収入は、歳入総額の30.8%を占めております。前年度対比で1.8%の減となりましたが、これは給水人口の減少等によるものでございます。

  460、461ページまでお進みください。次に、歳出でございます。1款総務費の支出済額は、前年度対比31.1%の増となりました。これは、水道事業会計から支出していた人件費2名分を今年度は簡易水道事業会計から支出したことが主な要因でございます。繰越明許費につきましては、簡易水道統合業務委託などでございます。

  下段2款1項1目の業務管理費の主な支出は、漏水修理などの修繕料、施設の保守点検や維持管理に係る経費、水質検査手数料などでございます。

  466、467ページまでお進みください。3款1項1目の配水管等整備事業費の支出済額は、前年度対比19%の減となりました。これは、中里地域の中里中央簡水の送水施設築造が平成26年度に完了したこと及び十日町地域の東下組簡水、馬水簡水の基礎対策事業費が減少したことによるものでございます。また、繰越明許費につきましては、当間地区簡易水道の送配水管布設がえ工事でございます。

  簡易水道事業特別会計の補足説明は以上でございます。

  続きまして、議案第110号 下水道事業特別会計決算につきましてご説明いたします。471、472ページをお願いいたします。まず歳入でございます。2款1項1目の下水道使用料は、歳入総額の26.1%を占めております。水洗化率は若干アップしているものの人口減少等に伴い有収水量が減少しており、前年度対比0.9%の減となっております。

  479、480ページまでお進みください。次に、歳出でございます。1款1項1目一般会計管理費の支出済額は、前年度対比23.1%の増となりました。これは、一般管理費以外で管理する人件費のうち、職員手当及び共済費を一般管理費に統合したことによる増と公課費の消費税及び地方消費税額が1,400万円ほど増額となったことによるものでございます。

  481、482ページをお願いいたします。2項の維持管理費の主な支出は、マンホールポンプと処理場の電気料、修繕料、施設管理並びに汚泥処分の委託料などでございます。

  489、490ページまでお進みください。2款1項1目公共下水道事業費の支出済額は、前年度対比48.1%の大幅な減となりました。平成25年度末に予算化された国の補正事業が繰り越しされたことにより、平成26年度決算は大幅な増額となっておりましたが、今年度は通常ベースに戻ったことにより減額となったものでございます。繰越明許費につきましては、公共下水道浸水対策事業の中海雨水幹線バイパス工事を繰り越したものでございます。

  491、492ページをお願いします。2目の特定環境保全公共下水道事業費の支出済額は、前年度比で82%の大幅な増額となりました。これは、川西地域の認可申請作成委託料の増と同じく川西地域の平成26年度からの管渠布設工事費の繰り越しによる増が主な要因でございます。

  下水道事業特別会計及び簡易水道事業特別会計の補足説明は以上でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(川田一幸君)

  続いて、議案第111号 松之山温泉配湯事業特別会計についての補足説明を求めます。産業観光部長。



◎産業観光部長(渡辺正範君)

  議案第111号 松之山温泉配湯事業特別会計決算の補足説明を申し上げます。

  502、503ページをお開きください。本会計では、年度当初歳入歳出とも1,170万円の予算を計上しておりましたが、平成27年度におきましては、2款1項1目の業務管理費で410万円の補正予算を計上いたしました。内容でございますが、備考欄下段010の05温泉施設改修費でございます。これは、松之山温泉鷹の湯3号井の源泉施設を平成27年度から29年度までの3カ年で井戸の基礎部分の改修と制御バルブの増設を行う予定のものでございますが、平成27年度はこのうち基礎部分をコンクリートで固定する工事等を行ったものでございます。財源につきましては、温泉の配湯基金を充当いたしました。

  松之山温泉配湯事業特別会計決算の補足説明は以上でございます。ありがとうございました。



○議長(川田一幸君)

  続いて、議案第112号 水道事業会計についての補足説明を求めます。上下水道局長。



◎上下水道局長(福島一典君)

  それでは、議案第112号 平成27年度十日町市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について補足説明を申し上げます。

  地方公営企業法第30条第4項の規定による決算の認定にあわせまして、同法第32条第2項の規定により利益の処分につきまして議会の承認をお願いするものでございます。別冊の水道事業会計決算書をごらんください。財務諸表に基づきまして説明をさせていただきます。

  8ページをごらんください。まず、損益計算書でございますが、これは経営状況を示しているものでございます。消費税抜きの金額で表示してございます。1、営業収益、(1)、給水収益は6億3,376万860円で、前年度より1.2%の減収となりました。これは、給水人口が減少したことによる減収等が要因でございます。

  2、営業費用は5億3,426万945円で、前年度より3.8%の減額となりました。ろ過器の大規模修繕の財源といたしまして、修繕引当金を取り崩して支出したことによる修繕費の減額が主な要因でございます。

  4、営業外費用は3,318万9,370円で、前年度より7.7%の増額となりました。十日町浄水場の改築工事や配水管布設工事によりまして、増加しました企業債借り入れに対する利息の増額でございます。なお、経常利益は1億4,228万7,837円でございます。

  6、特別損失、(4)、過年度損益修正損4万8,976円は、料金の冬季精算によるものでございます。下から4行目当年度純利益は1億4,440万2,308円で、前年度より42.1%の増益でございます。

  次に、利益の処分につきまして説明を申し上げます。12、13ページをお願いいたします。剰余金処分計算書の案でございます。13ページの表中右下から3段目の当年度純利益1億4,440万2,308円を未処分利益剰余金として記載いたしましたが、これを減債積立金といたしまして処分しようとするものでございます。なお、減債積立金は平成28年度の資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額を補填することといたします。

  次に、14、15ページをお願いいたします。貸借対照表でございます。左側資産の部の2、流動資産、(2)、未収金は未収となります水道料金、工事補償の負担金などでございますが、水道会計には会計閉鎖期がなく、発生主義であることから、収益としましては平成27年度に計上し、現金の収入は平成28年度となっております。

  右側負債の部の3、固定負債、(1)、企業債は償還期限が1年を超えて到来する企業債の額でございます。

  4、流動負債、(1)、企業債は1年以内に償還期限の到来する企業債に限り流動負債として整理するものでございます。合計いたしますと、企業債残高を示しているものでございますが、20億8,646万9,331円で、前年度比12.1%の増となっております。

  4、流動負債、(4)、未払金は未払いとなっている電気料、施設管理委託料、漏水修繕費あるいは工事請負費などの費用でございます。同じく(8)、その他流動負債は簡易水道と下水道料金の預かり金が主なものでございますが、これは上水道でまとめて料金を徴収した後に簡易水道と下水道のそれぞれに分配をする方式としているものでございます。これらにつきましても、平成27年度に費用を計上し、平成28年度に支出を行います。財務諸表につきましては、以上でございます。

  平成27年度水道事業の経営状況についてでございます。給水収益の減益があり、各種の経営指標を計算いたしますと、前年度との比較においてその影響を受けることとなりましたが、全体としましては健全な経営状況にあると考えております。しかしながら、浄水場は建築の途中でございますし、また配水管の耐震化などを進めなければならない状況でございます。今後の経営につきましては、年々厳しくなると想定されますので、より一層の計画的、効率的な事業運営に努めてまいりたいと考えております。

  以上で補足説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(川田一幸君)

  以上で議案第104号から議案第112号までの決算認定議案9件の説明を終了いたします。

  9件に対する質疑については、あすの午前10時までに提出のあった所定の通告書に基づき、あす午後1時から議場で行います。

                       〇                       



△日程第16 請願第3号 新潟水俣病全被害者の救済と問題解決に関する請願

       請願第4号 免税軽油制度の継続を求める請願



○議長(川田一幸君)

  日程第16 議事日程に記載の請願第3号及び請願第4号の請願2件については、お手元に配付いたしてあります請願文書表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。

  お諮りいたします。本日の会議はこれまでにとどめ、日程第15に係る決算質疑につきましては、9月2日午後1時から行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(川田一幸君)

  ご異議ないものと認めます。

  よって、第2日目の会議は9月2日午後1時に決しました。

  本日の会議は、これにて延会いたします。

              午後 3時16分    延  会