議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 新発田市

平成21年11月臨時会−11月27日-01号




平成21年11月臨時会

  平成21年11月新発田市議会臨時会会議録(第1号)

〇議事日程 第1号
平成21年11月27日(金曜日) 午前10時開会
第 1 会議録署名議員の指名
第 2 会期の決定
第 3 議第69号〜議第71号 提案理由説明・総括質疑・常任委員会付託
第 4 議第69号 新発田市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について
    議第70号 新発田市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について
    議第71号 専決処分の承認について(平成21年度新発田市一般会計補正予算(第5号))
 ─────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
 ─────────────────────────────────────────
〇出席議員(30名)
  議 長   二 階 堂     馨       副議長   星  野  幸  雄
   1番   稲  垣  富 士 雄  議員    2番   渡  邊  喜  夫  議員
   3番   高  橋  幸  子  議員    4番   井  畑  隆  二  議員
   5番   長 谷 川  健  吉  議員    6番   森  田  国  昭  議員
   7番   本  間  道  治  議員    9番   五 十 嵐     孝  議員
  10番   佐  藤  真  澄  議員   11番   加  藤  和  雄  議員
  12番   宮  村  幸  男  議員   13番   比  企  広  正  議員
  14番   宮  崎  善  男  議員   15番   渋  谷  正  訓  議員
  16番   高  橋  正  春  議員   17番   伊  藤     久  議員
  18番   青  木  泰  俊  議員   19番   渋  木  武  衛  議員
  20番   巖     昭  夫  議員   21番   宮  野  昭  平  議員
  22番   入  倉  直  作  議員   23番   渡  部  良  一  議員
  24番   大  沼  長  栄  議員   25番   渋  谷  恒  介  議員
  26番   佐  藤  武  男  議員   27番   斎  藤     明  議員
  28番   宮  島  信  人  議員   29番   中  村     功  議員
 ─────────────────────────────────────────
〇欠席議員(なし)
 ─────────────────────────────────────────
〇説明のため出席した者
       市長         片   山   吉   忠
       副市長        大   山   康   一
       副市長        小   川       弘
       総務部長       仁   平   俊   明
 ─────────────────────────────────────────
〇事務局職員出席者
       事務局長       築   井   信   幸
       参事         平   田   和   彦
       議事係長       石   井   昭   仁


          午前10時00分  開 会
○議長(二階堂馨) おはようございます。これより平成21年11月新発田市議会臨時会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 この際、諸般の報告をいたします。
 監査委員から地方自治法の規定による平成21年8月分及び9月の例月現金出納検査の結果に関する報告書の提出がありました。写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。
 次に、市長から地方自治法の規定による損害賠償の額を定める専決処分についての報告がありました。写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(二階堂馨) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において高橋幸子議員、巖昭夫議員、佐藤武男議員を指名いたします。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第2、会期の決定
○議長(二階堂馨) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(二階堂馨) ご異議なしと認めます。
 よって、会期は本日1日と決定いたしました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第3、議第69号から議第71号の提案理由説明・総括質疑・常任委員会付託
○議長(二階堂馨) 日程第3、議第69号から議第71号を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 片山吉忠市長。
          〔市長 片山吉忠登壇〕
◎市長(片山吉忠) おはようございます。提案理由をご説明申し上げます。
 議第69号議案は、新発田市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について、議第70号議案は新発田市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。平成21年8月に出された人事院勧告に基づき所要の改正をしたいというものであります。
 議第71号議案は、平成21年度新発田市一般会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を得たいというものであります。市税の還付につきましては、7月の臨時会においても補正させていただいたところでありますが、その後も法人企業の業績の不振などにより法人市民税の還付が発生いたしました。これに伴う補正予算を10月19日付で専決処分させていただいたものであります。
 以上、提案理由について申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。
 以上であります。
○議長(二階堂馨) これより総括質疑に入ります。質疑ある議員の発言を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(二階堂馨) 質疑がないようでありますので、質疑を終結をいたします。
 ただいま議題となっております議第69号から議第71号までは、お手元に配付の議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。
 ─────────────────────────────────────────
             平成21年11月新発田市議会議案付託表
                                   (21.11.27)

 〇総務常任委員会

 議第69号 新発田市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について
 議第70号 新発田市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について
 議第71号 専決処分の承認について(平成21年度新発田市一般会計補正予算(第5号))
 ─────────────────────────────────────────
○議長(二階堂馨) これよりただいま付託となりました議案について、所管の常任委員会で審議をお願いいたします。
 それでは、暫時休憩をいたします。
          午前10時04分  休 憩
 ─────────────────────────────────────────
          午前11時50分  開 議
○議長(二階堂馨) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第4、議第69号 新発田市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について
      議第70号 新発田市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について
      議第71号 専決処分の承認について(平成21年度新発田市一般会計補正予算(第5号))
○議長(二階堂馨) 日程第4、議第69号から議第71号までを一括議題といたします。
 総務常任委員会委員長の報告を求めます。
 渋谷恒介委員長。
          〔25番 渋谷恒介議員登壇〕
◎25番(渋谷恒介議員) おはようございます。総務常任委員会に付託されました議案の審査の結果について報告いたします。
 議案審査のため、11月27日午前10時08分から、全委員出席のもと、説明員として担当部課長の出席を求め、委員会を開会いたしました。当委員会に付託された議案は3件であります。
 初めに、議第69号 新発田市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についてを議題としました。仁平総務部長の説明の後、質疑に入り、委員からは、職員間の削減幅の違いと全体ではどのくらいの減額になるのかの質問に、仁平部長からは、平均して0.2%、調整として若年層と医師は削減幅を抑えてあると。総額では1億1,300万円ほどの減になるとの答弁がありました。
 次に、地域経済への影響、生涯賃金への影響、不利益不遡及の原則に反するのではないかとの質問に対して、仁平部長からは、地域経済への影響は少なからずあり、生涯賃金は落ち込んでいる見解であるとの答弁がありました。不利益不遡及の部分については、12月の期末手当で調整するので、年間という考えからして年間での額という観点で、遡及適用という認識は持っていないとの答弁がありました。
 次に、職員組合との交渉について質問があり、仁平部長からは、職員組合とは2回交渉の場を持った。人事院勧告の準拠という要求にこたえて行っているとの答弁がありました。
 次に、具体的な数値についての質問に、仁平部長は、給与表に基づき650万円程度、住居手当は160万、54名が対象になる。期末勤勉手当で総額9,750万円の減額調整をしたい。調整額で750万との答弁がありました。
 以上で質疑を終結し、自由討議に入る。自由討議では、主に地域経済への影響や人事院勧告制度と公務員給与決定のあり方について活発な討議が行われました。
 以上で自由討議を終結し、討論に入りました。宮村委員、渋谷正訓委員からは反対の討論が、五十嵐孝委員からは賛成の討論がありました。
 以上で討論を終結し、採決する。採決の結果、挙手多数で議第69号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議第70号 新発田市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題としました。仁平総務部長の説明の後、質疑、自由討議、討論ともさしたる発言なく、採決する。採決の結果、挙手全員で議第70号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、議第71号 専決処分の承認について(平成21年度新発田市一般会計補正予算(第5号))を議題としました。仁平総務部長の説明の後、質疑に入り、宮村幸男委員から、還付する企業の総数、新発田市全体の状況をどう考えるかについての質問があり、仁平総務部長からは、市内1,863社中206社が対象である。今回専決した部分で3月まで対応できると思う。歳入は、財政調整基金の繰り入れを充てた。そして、市内の経済状況は大変厳しい状況だとの見解を持っているとの答弁がありました。
 また、五十嵐孝委員からは今後の状況について質問があり、仁平総務部長からは、今後の市内の経済状況については非常につかみづらいが、今現在は底を打っているのではないかという見解に立っているとの答弁がありました。
 以上で質疑を終結し、自由討議に入るも討議なく、討論に入るも討論なく、採決する。採決の結果、挙手全員で議第71号は原案のとおり承認すべきものと決しました。
 以上で当総務常任委員会に付託された議案の審査は全部終了いたしました。委員会閉会時刻は、午前11時19分でした。
 なお、審査の詳細については委員会議事録を参照願います。
 以上で当総務常任委員会に付託されました議案の審査と結果について報告を終わります。
○議長(二階堂馨) ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑のある議員の発言を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(二階堂馨) 質疑なしと認め、質疑を終結をいたします。
 これより討論に入ります。討論ある議員の発言を求めます。
 渋谷正訓議員。
          〔15番 渋谷正訓議員登壇〕
◆15番(渋谷正訓議員) ただいまの委員長の報告の中で、反対討論の詳細な報告は議事録というふうなことでありましたもんですから、やはりちょっと二、三だけごく簡単に明らかにして反対討論をさせていただきたいと思います。渋谷正訓です。
 委員会でも多く論議されましたように、今回の人事院勧告の改定に当たって職員給与の引き下げを提案するというふうな上程でありました。しかし、現在のこの低迷する状況からすると、先ほども報告あったように、総額的にはトータル的に1億1,310万、あるいは1人平均13万程度というふうなことで話をされておりました。このことは、極めて地域における消費状況の中で大きな影響があるんじゃないかというふうな一つの判断であります。それから、2つ目としては、この賃金の引き下げによって民間への波及、こういったものが多く出るんじゃないかというふうな懸念であります。それから、3点目としては、やはり現在消費停滞の中で、政府も明らかにしておりますけども、デフレ現象になっていると。そういうことからすると、やはりこの賃金引き下げがデフレスパイラル、こういったものに連鎖して助長するんじゃないかというふうなことであります。経済の不況、そしてあわせて賃金の低下、それによる消費低迷、さらには税収の減、こういったものが大きな影響があると。そういうふうな視点から今回の賃金の引き下げについては大きな問題があるというふうなことを述べてまいりました。
 そして、最後でありますけども、やはり働く者としての不利益不遡及に対するこの件についての問題点もある、こういうふうに私自身は判断いたします。そして、この種の問題については、先ほども報告のありましたように、働く者、労働者団体との整合性、こういったものをある程度討議し、そしてなし得たものを本来なら条例制定し、そして議会で論議する、こういった方向が本来の労使対等の立場の考え方じゃないか、こんなことを私自身は反対討論の理由として述べ、そして反対をしてきたところであります。そういった意味合いを含めて議第69号については反対の立場で討論させていただきました。
○議長(二階堂馨) ほかにありませんか。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(二階堂馨) 討論なしと認め、討論を終結をいたします。
 これより採決をいたします。
 議第69号 新発田市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について
  これに対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。
          〔賛成者起立〕
○議長(二階堂馨) 起立多数であります。
 よって、議第69号は委員長の報告のとおり決しました。
 次に、議第70号 新発田市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について
    議第71号 専決処分の承認について(平成21年度新発田市一般会計補正予算(第5号))
 以上2件に対する委員長の報告は可決、承認であります。委員長の報告のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。
          〔賛成者起立〕
○議長(二階堂馨) 起立全員であります。
 よって、議第70号、議第71号は委員長の報告のとおり決しました。
 ─────────────────────────────────────────
○議長(二階堂馨) 以上をもちまして本日の会議を閉じます。
 これにて平成21年11月新発田市議会臨時会を閉会いたします。
 ご苦労さまでした。
          午後 零時01分  閉 会



   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     平成21年  月  日

       新発田市議会 議 長   二 階 堂     馨

              議 員   高  橋  幸  子

              議 員   巖     昭  夫

              議 員   佐  藤  武  男