議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成18年第1回定例会(第7日目 3月23日)




平成18年第1回定例会(第7日目 3月23日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 3 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第 4 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第 5 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 40


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 40


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 41


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 41


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 43


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 43


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 43


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 55


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 56


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 57


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 57


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 58


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 60


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 60


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 61


 日 程 第53 ………………………………………………………………………… 61


 日 程 第54 ………………………………………………………………………… 61


 日 程 第55 ………………………………………………………………………… 62


 日 程 第56 ………………………………………………………………………… 62


 日 程 第57 ………………………………………………………………………… 62


 日 程 第58 ………………………………………………………………………… 63


 日 程 第59 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第60 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第61 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第62 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第63 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第64 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第65 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第66 ………………………………………………………………………… 72


 日 程 第67 ………………………………………………………………………… 73


 日 程 第68 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第69 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第70 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第71 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第72 ………………………………………………………………………… 76


 日 程 第73 ………………………………………………………………………… 77


 日 程 第74 ………………………………………………………………………… 78


 日 程 第75 ………………………………………………………………………… 83


 日 程 第76 ………………………………………………………………………… 85


 日 程 第77 ………………………………………………………………………… 86


 日 程 第78 ………………………………………………………………………… 91


 日 程 第79 ………………………………………………………………………… 93


 日 程 第80 ………………………………………………………………………… 95


 日 程 第81 ………………………………………………………………………… 97


 日 程 第82 (日程削除)………………………………………………………… 98


 日 程 第83 (日程削除)………………………………………………………… 98


 日 程 第84 (日程削除)………………………………………………………… 98


 日 程 第85 (日程削除)………………………………………………………… 98


 日 程 第86 ………………………………………………………………………… 99


 閉 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 99


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 99


 署 名 議 員 …………………………………………………………………………103








           平成18年第1回柏崎市議会定例会会議録


───────────────────────────────────────


           平成18年3月23日(月)第7日目


───────────────────────────────────────


                議事日程第7号


           平成18年3月23日午前10時開議





第 1        会議録署名議員の指名


第 2(議第12号) 平成18年度一般会計予算


第 3(議第13号) 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算


第 4(議第14号) 平成18年度老人保健特別会計予算


第 5(議第15号) 平成18年度介護保険特別会計予算


第 6(議第16号) 平成18年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計予算


第 7(議第17号) 平成18年度土地取得事業特別会計予算


第 8(議第18号) 平成18年度墓園事業特別会計予算


第 9(議第19号) 平成18年度下水道事業特別会計予算


第10(議第20号) 平成18年度農業集落排水事業特別会計予算


第11(議第21号) 平成18年度ガス事業会計予算


第12(議第22号) 平成18年度水道事業会計予算


第13(議第23号) 平成18年度工業用水道事業会計予算


第14(議第24号) 職員定数条例の一部を改正する条例


第15(議第25号) 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例


第16(議第26号) 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する


           条例の一部を改正する条例


第17(議第27号) 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の


           一部を改正する条例


第18(議第28号) 特別職の職員で非常勤のものの報酬、費用弁償及び実費弁償に関


           する条例の一部を改正する条例


第19(議第29号) 特別職の給与に関する条例及び教育委員会教育長の給与、勤務時


           間等に関する条例の一部を改正する条例


第20(議第30号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


第21(議第31号) 合併職員に対する給与支給の特例に関する条例を廃止する条例


第22(議第32号) 手数料条例の一部を改正する条例


第23(議第33号) 国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例


第24(議第34号) 国民保護協議会条例


第25(議第35号) 地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例


第26(議第36号) 高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する


           条例


第27(議第37号) 認知症老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を改


           正する条例


第28(議第38号) 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する条例


           の一部を改正する条例


第29(議第39号) 高齢者自立支援家事援助サービス事業費用徴収条例を廃止する条


           例


第30(議第40号) 高齢者生活支援短期入所事業費用徴収条例の一部を改正する条例


第31(議第41号) 高齢者等生活支援デイサービス事業費用徴収条例の一部を改正す


           る条例


第32(議第42号) 養護老人ホーム御山荘設置条例の一部を改正する条例


第33(議第43号) 市立季節保育所使用料徴収条例を廃止する条例


第34(議第44号) 国民健康保険税条例の一部を改正する条例


第35(議第45号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第36(議第46号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に関


           する条例の一部を改正する条例


第37(議第47号) ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正する条例


第38(議第48号) 喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第39(議第49号) 交流プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第40(議第50号) 公民館条例の一部を改正する条例


第41(議第51号) 勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例


第42(議第52号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条


           例


第43(議第53号) 公の施設の指定管理者の指定について


第44(議第54号) 公の施設の指定管理者の指定について


第45(議第55号) 柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約の制定


           について


第46(議第56号) 二級河川の指定について(石橋川)


第47(議第57号) 財産の譲与について(建物)


第48(議第58号) 財産の譲与について(建物)


第49(議第59号) 市道路線の廃止について


第50(議第60号) 市道路線の認定について


第51(議第61号) 平成17年度一般会計補正予算(第13号)


第52(議第62号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


第53(議第63号) 職員退職手当支給条例の一部を改正する条例


第54(議第64号) 旅費に関する条例の一部を改正する条例


第55(議第65号) 介護保険条例の一部を改正する条例


第56(議第66号) 国民健康保険診療所設置条例の一部を改正する条例


第57(議第67号) へき地診療所設置条例の一部を改正する条例


第58(議第68号) 平成17年度一般会計補正予算(第14号)


第59(議第69号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)


第60(議第70号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第6号)


第61(議第71号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第7号)


第62(議第72号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及


           び規約の変更について


第63(選第 1号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


第64(選第 2号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


第65(選第 3号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


第66(選第 4号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


第67(選第 5号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


第68(選第 6号) 人権擁護委員候補者の推薦について


第69(選第 7号) 人権擁護委員候補者の推薦について


第70(選第 8号) 人権擁護委員候補者の推薦について


第71(選第 9号) 人権擁護委員候補者の推薦について


第72(選第10号) 固定資産評価員の選任について


第73(議員発案第1号) 議会委員会条例の一部を改正する条例


第74(議員発案第2号) 道路特定財源に関する意見書(案)


第75(議員発案第3号) 柏崎管内労働基準監督署の存続を求める意見書(案)


第76(議員発案第4号) 個人所得課税における各種控除の安易な縮小・廃止を行わな


             いことを求める意見書(案)


第77(議員発案第5号) 核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求める意


             見書(案)


第78(議員発案第6号) 患者、国民の医療費負担増の中止を求める意見書(案)





第79(議員発案第7号) 「品目横断的経営安定対策」にかかわる意見書(案)





第80(議員発案第8号) 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、食料


             自給率向上と地域農業の振興を求める意見書(案)


第81(議員発案第9号) 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関の役


             割を重視し、住民のサービス向上を求める意見書(案)


第82(請第 1号) 患者、国民の医療費負担増の中止を求める請願


第83(請第 2号) 「品目横断的経営安定対策」にかかわる請願


第84(請第 3号) 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、食料自給


           率向上と地域農業の振興を求める請願


第85(請第 4号) 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関の役割を


           重視し、住民のサービス向上を求める請願


第86        継続審査の申し出(常任委員会の所管事項の調査)


───────────────────────────────────────


本日の会議に付した事件


議事日程中、日程第82から日程第85を削除


───────────────────────────────────────


出席議員(32人)


                 議 長(26番)霜   田       彰


                 副議長( 4番)高   橋   新   一


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     5番 矢   部   忠   夫


 6番 佐   藤   敏   彦     7番 飯   塚   寿   之


 8番 池   田   千 賀 子     9番 加   藤   愛   子


10番 持   田   繁   義    11番 五 位 野   和   夫


12番 若   井   恵   子    13番 真   貝   維   義


14番 斎   木   裕   司    15番 吉   川   英   二


16番 遠   藤       清    17番 本   間   厚   幸


18番 金   子   錦   弥    19番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 梅   沢       明    23番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 荒   城   彦   一


27番 吉   野   芳   章    28番 入   沢   徳   明


29番 中   村   明   臣    30番 今   井   元   紀


31番 坂   井   隆   雄    32番 戸   田       東


───────────────────────────────────────


欠席議員(なし)


───────────────────────────────────────


欠  員(1人)


───────────────────────────────────────


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長    茂  野  信  之  事務局長代理  阿  部  忠  夫


庶務係長    佐  藤  世志光   議事調査係主任 高  橋  和  行


議事調査係主査 伊  比  寿美恵


───────────────────────────────────────


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助    役           若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           近 藤 清 信


    産業振興部長           北 原   恵


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             高 橋 敏 郎


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長     布 施   実


    市民活動支援課長         須 田 幹 一


    さざなみ学園長          森 山 茂 実


    農林水産課長           内 山   均


    用地対策室長           栗 原 研 爾


    高柳町事務所長          中 村 和 成


    西山町事務所長          滝 沢 茂 義


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    消防長              前 澤 尚 之


    消防本部庶務課長         大 島   修


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会生涯学習・体育課長   永 井 郁 雄


    青少年育成センター所長      西 川 辰 二


───────────────────────────────────────


               午前10時00分 開議


○議長(霜田 彰)


 ただいまから、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は32人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 1 会議録署名議員の指名


○議長(霜田 彰)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、加藤愛子議員及び三井田孝欧議員を指名します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 2(議第12号) 平成18年度一般会計予算


○議長(霜田 彰)


 日程第2 平成18年度一般会計予算を議題とします。


 なお、本案につきましては、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長、武藤司郎議員。


○総務常任委員長(武藤司郎)


 おはようございます。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第12号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、市民生活部所管部分では、市税の見積もり、納税対策について、鯨波地内における生ごみ堆肥化事業に取り組んでいる事業者のにおい公害への対応について、バイオマスタウン構想策定とその後の取り組みについて、エコアクション21導入事業の取り組みとISOとの関連について、市の組織から原子力の名前がなくなることの影響について、各地区におけるコミュニティ活動の取り組みの内容と特色について、消防本部所管部分では、救急車の出動状況とその利用実態について、消防団員の定数と充足率について、総合企画部所管部分では、財政運営について、総合計画策定市民会議と分科会の運営について、補助金等審査委員会における検討のあり方について、職員研修について、人件費削減の対応について、生活交通対策事業について、未利用の土地の処分・利活用などについて、質疑や意見がありました。


 討論においては、5人の委員から、次のような賛成討論がありました。


 厳しい財政状況の中、ほぼ前年並みの450億2,000万円の予算を組んだことに敬意を表する。ゼロベース予算による14億5,000万円の削減と起債の繰上償還、起債制限比率の低下の努力を評価したい。第四次総合計画策定、地域コミュニティ活動、男女共同参画関連の予算計上は、それぞれ今後の柏崎市の指針足り得る答申を期待している。生活交通対策事業では、より充実した生活交通の確保をお願いしたい。各種の職員研修の取り組みについても期待している。補助金等審査委員会における検討については、単なる補助金の多い、少ないということの検討でなく、場合によっては増額ということも含めた検討が行われることを期待して本予算に賛成する。


 厳しい中での予算編成を評価する。補助金等審査委員会での検討については、年度途中での対応も含めて検討を進めてほしい。サイカワや小松跡地を初めとした市有の未利用の土地について、これまでの取り組みには問題があったと指摘する。まちなか活性化、駅周辺の再開発、第四次総合計画、こういう中で早急に方向性を見出すことを要望して本予算に賛成する。


 高柳・西山両町合併後、初の予算、事務・事業をゼロから見直しての予算編成に当たった、その苦労に敬意を表する。地震や水害からの復興・復旧を最優先に取り組むことは重要なことである。各種施策に幅広く配慮された予算と評価して賛成する。


 本予算に賛成ではあるが、市民が非常に望んでいる安心・安全、また、他市に負けないまちづくり、いわゆるきらりと光るということへの対応予算が非常に薄かったと思う。行政改革による財源の捻出がなかなか思うようにいかない。高速交通体系に対する基本的な考えが、予算絡みの中では薄い気がする。大学への職員派遣については、慎重に、しっかりとした役割を果たすことを期待し、賛成する。


 合併して新柏崎市がスタートする予算である。経済面では多少なりとも明るさが出る中で、一気呵成に元気の出る予算編成を望みたいところではあったが、財政状況を見ると、収入面で、あるいは、三位一体改革、原発財源の恒常的な落ち込みなど、やむを得ない事情での予算編成と理解する。ゼロベース予算の評価は別として、この取り組みは認めるところである。選択と集中、こういうこれからの課題について、問題提起もしてきたが、そういう面では多少なりとも、その取り組みを認める。第四次総合計画を策定中であるが、その策定を待つだけでなく、やれるものは取り組んでいくという姿勢が大事である。細かな施策の取り組みを評価しつつ、これからの大きな課題に向かって、不断の努力を望んで、本予算に賛成する。


 このような討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長、遠藤 清議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 おはようございます。


 厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第12号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、民生委員活動委託料について、合併に伴う経過措置により積算単価が異なっているが、職務内容に違いはあるのか。


 身体障害者通所援護事業の補助金額算出の根拠、元気館身体障害者デイサービス事業・知的障害者デイサービス事業については、指定管理者制度移行による前年度予算額との差額はどれぐらいか。非常勤職員が減るが、対応は大丈夫か、サービス低下とならないか。


 老人クラブ運営費助成事業において、本年度、新たに取り組む児童安全確保対策費100万円が含まれたことについて、事業の実施方法と体制づくりについて質疑があり、これまでにも見守り活動を行っているボランティア、コミュニティなどとの連携の必要性と、今後は一緒に協力して取り組んでほしいとの意見があった。


 包括的支援事業委託料が1ヵ所490万円である算出根拠について、地域包括支援センターの設置場所について、いきいき館で実施している事業内容及び、警備委託料が他の施設と比べて高額の理由について。


 放課後児童健全育成事業の児童クラブ運営費と児童クラブ指導員の数について。


 母子家庭等就労支援事業については、アンケート結果をもとに、パソコン講習会を実施することとなっているが、どの程度の規模の講習会なのか。また、技術レベルはどの程度を目指すものなのか。本事業が、就労に結びつくものとなってほしいとの意見があった。


 不妊治療助成事業の支給期間について、公立保育園の休日保育の具体的な試行内容について、また、こころの健康づくりはいい事業であるので、継続する考えはないのか。


 基本健康診査が集団健診方式から個別診断方式に変更となった理由と、個別診断時の受け入れ側医療機関の体制について、平成17年度受診実績と平成18年度受診見込み、健診をしない方への対応について、休日急患診療所受診内容の分析はしているのか、また、今後の休日急患診療所のあり方についてなどの質疑・意見がありました。


 討論においては、4人の委員から、次のような賛成の討論がありました。


 予算の内容は妥当であり、賛成である。


 医療問題懇談会の中で、今、一番必要とされている一次救急・二次救急の区分け整理の方向性、医療問題に関する内容共有のためのシンポジウムの開催、あるいは、成年後見制度利用支援事業、心身障害者通所援助事業で、市単独の補助を行うこと、また、母子家庭等就労支援事業、休日保育の踏み出しなど、今、市民が望んでいる事業への取り組み、それから、昨年から引き続いて開始された事業を、さらに、もう一歩、踏み込んだ形で行うなど、積極的な施策として評価できる内容である。


 ただし、国民健康保険特別会計及び国民健康保険税条例、それから、介護保険特別会計及び介護保険条例において、現在、非常に経済状況が厳しい中、料金の値上げが行われることについて懸念を持っているが、全体的な一般会計については、積極的な市民の側に立った施策が行われようとしている予算であることから、賛成する。


 改正介護保険法、障害者自立支援法など、大きな改正が行われる。利用者や介護現場に大きな混乱を招かないことを望む。また、だれもができるだけ長く、健康で過ごしたい、家族や友人と地域の中で生きがいを持って暮らしたいと願っている。財政的な見地からではなく、今回の改正が地域福祉、まちづくりへつながる展開となることを望む。


 新規事業の成年後見制度利用支援事業については、高齢者・障害者の方々の生活基盤を安定させる重要な制度となり、地域福祉の根幹となる制度の一つとして定着させていくことを望む。


 少子化対策として、不妊治療費助成事業に取り組むことは大変評価できる。国の事業は、所得制限があることから、市単独での事業は大変喜ばしいことであり、成果があらわれることを望む。今後は、国の制度に倣い、支給期間を2年から5年に延長することを要望する。


 子育て支援として、児童手当の拡充、家庭児童相談室に臨床心理士を配置し、多くの問題を抱えて困っている相談者に対応されることは、大変評価できる。また、乳幼児健康支援デイサービス事業は、刈羽郡病院内で実施されていることの利点を生かし、要望が多い急性期を過ぎた病児まで拡充されることを望む。


 また、かしわざき子ども育成基金については、本来の趣旨に立ち戻り、有効に活用されることを望み、子供を子育て中の方々に、安心して子供を産み育てられる環境を少しでも多く、提供してほしいことを望む。


 母子家庭等就労支援事業に取り組むことは大変評価できるが、就労につなげていくための対策を望む。


 最後に、医療問題懇談会は、懇談会などシンポジウムも大事であると思うが、実効性ある事業を展開していただきたい。


 以上、幾つか意見・要望を付して、賛成する。


 新規事業の芽出しが幾つかあった。筋が通った予算と感じた。効果については、市民とともに検証していかなければならない。予算編成については、大いに賛意を示すが、これまでも問題にしてきた、子ども育成基金の活用方法が決定されないことは問題である。一日も早く真剣に議論し、活用方法の方向性を定めるべきである、という意見を付し、賛成する。


 以上のような賛成討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長。中村明臣。


○文教経済常任委員長(中村明臣)


 おはようございます。


 文教経済常任委員会におきまして、付託を受けた事件、議第12号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、産業振興部所管部分では、ぶどう園振興対策事業における研究開発費の位置づけについて、ふるさと活性化対策事業の内容及び場所について、農業部門のワンフロア化の取り組み状況について、新規農業従事者確保事業における新規就農者の状況、そして、農協など関係機関との連携について、減額になった園芸振興事業の取り組みと冬季就農対策について、森林基幹道事業の現況と今後の計画、合併による負担割合について、水産資源保護培養事業の事業効果について、優良農地確保支援対策事業における農地台帳システムの必要性と発注形態について、情報関連産業育成振興基金積立金の活用と企業振興について、ワークサポート柏崎の開設と雇用対策について、中心市街地の商業活性化における課題と後継者・人材育成について、柏崎地域国際化協会補助金に対する減額の理由について、コレクションビレッジの現状と今後の方向性について、柏崎トルコ文化村の公募状況、トルコ大使館から運営を引き受けたいとの申し出の文書に対する市の対応・経緯について、などがありました。


 教育委員会所管部分では、国体のためのジュニア選手強化の現状について、合併後の教育環境における格差是正の方針と対策について、指導補助員の学校要望状況、配置基準及び勤務形態について、図書館及びメディアホールの今後の活用方法について、博物館の指定管理者制度導入における問題点について、新市民会館建設検討委員会における他の計画とのかかわりについて、陸上競技場の改修内容について、喬柏園の管理と今後の活用策の取り組みについて、今後の学校建設計画と木造校舎の可能性について、体育協会補助金に対する市の考え方について、学校用務員・給食調理員の民間委託の現状と今後について、食育教育の推進と地産地消の現状・今後の展開について、新生涯学習基本構想の策定について、などについて、質疑・意見がありました。


 討論におきましては、5人の委員から、賛成の立場として、討論がありました。


 市長がかわって1年がたち、企業訪問などがあって、新しい取り組みができていると思う。融資関係で、分析的に検討がなされている。農地・水・環境保全向上対策として、柏崎の特徴を生かして、柔軟に対応していく取り組みがある。教育分野では、文化行政面での独自性・創造性が認められる。奨学金貸付事業の地元大学別枠は、もう少し考える必要がある。産業分野での新しい芽出しがあるが、成果にどうつなげていくか、相当の努力が要ると思う。


 また、別の委員から、雇用の安定・創出は、市民が最も望んでいる分野であり、その方向性で頑張ってほしい。若年者の就労支援に重きを置いたワークサポート柏崎の開設、柏崎フロンティアパークへの企業立地のためのさまざまな取り組みに期待し、成果を注視したい。教育環境の整備・支援については、ある程度、予算が盛られた。特に文化財について、重点的を置いた予算であり、評価したい。ただし、意見として、農業政策で、最も力を入れるべき担い手育成などの取り組みは評価がするが、地域の農地を守るために頑張っている農家のさまざまな課題・不安に寄り添うことを忘れずに行ってほしい。


 また、別の委員から、市内の中小企業に頑張ってもらうための融資預託事業の予算づけを評価する。担い手育成係の新設など、農業部門統合の芽出しがあった。少子化など、子供の教育に厳しい状況であるが、市費事業である指導補助教諭の20人の採用を評価する。


 また、別の委員から、地場産業の活性化のための創業相談員事業、創業支援融資利子補助金、若年者就労支援事業には、必ず効果が出るものと期待している。継続事業である田尻小学校校舎の改築、そして、第二中学校改築の着手に高く評価する。平成19年度から始まる農業改革に備えた時期であり、当局の各種事業に対する、しっかりした予算の執行を期待する。企業立地に関しては、東京事務所が廃止になり、企業誘致活動に支障が生じることが心配であるが、推進員の努力に期待する。


 また、別の委員から、国・県の厳しい財政状況の中で、旧高柳町・西山町の関係に心を砕いていただいた予算規模であり、評価する。ただし、産業の活性化、雇用の確保、安全・安心のための基盤づくりなど、果たして効果が上がるのか不安があるので、この予算を注視しながら見守っていきたい、との討論がありました。


 採決の結果、本案は、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長。吉野芳章議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 おはようございます。


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第12号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程で、建築住宅課所管においては、建築確認申請の職員での審査方法及び審査事務の財源、木造住宅耐震診断交付事業での対象戸数、周知及び悪徳業者の対応、診断後の改修補助率及び融資制度、公共施設での耐震診断後の補修状況、震災仮設住宅の戸数と入居継続の周知、克雪住宅協調整備補助金の事例と見込み、公営住宅での高齢者や障害のある方の入居可能なシルバーハウジング的な施設の今後、公営住宅用地の未利用土地での地域要望、景観づくりの都市景観形成推進事業の方向と景観シンポジウムの内容、維持管理課所管においては、側溝補修工事と道路側溝修繕工事との違いと、修繕箇所の順位の基準と修繕距離の延長数の質疑がありました。


 西山町地域振興課所管においては、除雪経費中の賠償金の事例と科目名称について、予算計上は、直営と除雪車貸与か、業者全部委託の保険加入、除雪経費の補償及び賠償の維持管理課分、西山町事務所分、高柳町事務所分の金額格差の実績、おのおのの除雪形態及び補償の方法、賠償金計上の疑義、予算編成の点検、補償費統一への中身、除雪事故の再発防止への努力の質疑がありました。


 都市整備課所管においては、平地部治水対策事業の測量調査設計の委託で、平成4年度策定された柏崎市平地部河川改修事業全体計画の概要書との関連性と方向性、関連のある鵜川における新潟県の鵜川総合内水対策緊急事業の内容とポンプの設置予定、鵜川、下方上流の新潟県河川改修整備事業の概要、春日湛水防除の評価と対象地区が住宅化している現状、春日地内のよしやぶ川と春日排水路の合流点の改修、源太川の調整池完成による効果、柏崎駅前開発計画の今後と過去に策定した計画書との整合性、柏崎駅周辺を含めた中心市街地のまちなか活性化計画での予算化の動向と委員会メンバーの公開、都市政策ビジョンモデルプロジェクト負担金での中身、駅周辺活性化における第四次総合計画、まちなか活性化計画及び都市政策ビジョンモデルプロジェクトの整合性とスケジュールの公開、都市計画協会負担金、県都市計画協会負担金、都市計画学会負担金の中身、港周辺にぎわい再生事業の目的と交流センターの運営など、早期の取り組み及び海の産業・観光とのかかわり、新設道路における信号機要望と見通し、信号機要望中の安全確保のための事前対策と効果、都市計画街路事業及び都市計画区域内の公園の今後、未供用都市施設管理委託料の施設と内容の質疑がありました。


 国道8号バイパス事業の所管においては、国道353号線から鯨波方面及び、国道252号線から新豊田橋までの間の見込み、都市景観形成に関連して、のり面のごみ対策、下水道課所管においては、合併処理浄化槽補助金交付者決定の抽選の目的と基準の質疑がありました。


 学園まちづくり事業室所管においては、柏崎フロンティアパーク内の公園設計委託の南北2ヵ所の公園の設置目的と施工者、柏崎フロンティアパークと田尻工業団地を結ぶ幹線市道の用地買収の見込み、分譲にかかわる貸し工場等などの方式の情報の質疑がありました。


 環境学校開設準備室所管においては、環境学校嘱託員と非常勤職員の採用の基準と今後の体制及び市職員への体制、環境学校、こども自然王国及び西山自然体験交流施設ゆうぎでの類似事業の差別化と利用者の引っ張り合いの心配、運営で将来的な指定管理者制度と地元受託は可能か。地元のNPOやリーダーの育成の取り組み、小・中学校の総合学習においての環境教育と柏崎版ローカルスタンダードの作成のための教育委員会への提案の質疑がありました。


 高柳町事務所地域振興課所管においては、冬期集落保安要員等設置事業での県の補助基準改正の内容と、補助対象外となったことによる旧柏崎市地域での影響、以上の質疑・意見がありました。


 討論においては、5人の委員から、次のような賛成の討論がありました。


 厳しい財政状況の中、ゼロベース事業による見直しをし、木造住宅の耐震診断補助や住宅・建築物耐震改修等事業費国庫補助金の支援、また、除雪については、業者の減少が見込まれる中、業者確保に配慮、並びに高柳町の冬期集落の道路及び、要援護世帯等の除雪保安要員で、県補助改正により削減されたものの、市費で配慮されたことを評価する。


 除雪経費の補償については、旧柏崎市、旧西山町、旧高柳町、それぞれの取り扱いに十分、意を持って是正してほしい。


 以上、市民生活にかかわる予算を評価して、賛成する。


 次に、除雪経費の賠償金は、引当金要素として理解できるが、3市町の金額格差には疑問を感じる。開かれた議会、市役所を目指すならば、引当金として計上せず、その都度、補正をすべきではないか、意見を付して、賛成する。


 次に、除雪経費の賠償金計上の仕方及び金額を来年度から統一する方向ではあるが、本来ならば、本予算から是正すべきではないか。


 2年続きの水害に対応した安全・安心のための基盤づくりで、鯖石川、鵜川、別山川の改修工事の継続、そして、17年度水害を機に、策定中の市街地治水対策全体計画による平地部治水対策事業、鵜川総合内水対策緊急事業、並びによしやぶ川下流部の改修計画、あわせて応急仮設ポンプ7台の設置など、特に効果を期待するところである。


 道路維持管理課において、新たに要望の多い老朽化した側溝修繕について、道路側溝修繕事業として、重点的に取り組んでいくことに期待する。


 都市計画街路事業では、新橋海岸線の早期完成、日吉町北園町線の延伸も要望したい。


 災害関連では、木造住宅耐震診断の補助金を評価し、よりよい周知で執行してほしい。


 柏崎フロンティアパーク事業では、軟弱地盤に苦労しているところがあるが、予定どおりの完成を目指し頑張ってもらい、企業誘致につなげていただきたい。


 今後とも、市民要望・地域要望が多い、この部署において、ハードからソフトへの流れと、ゼロベースでの少ない予算であるが、意を持って、最大の効果を出していただくことを要望して、賛成する。


 次に、予算全体の随所に、きめ細かに計上されていることに評価している。


 予算の整合性については、合併による新しい形の予算と言いながら、全体予算には異存はないが、それぞれにばらつきが少し目立つ。賠償金での説明がとれないなど、精査が甘い。


 国道8号バイパスの進捗率には、市民の多くが不満を持っている。早い進捗を望む。


 また、国道8号バイパスを含め、市全体の道路計画も方向性が余り見えてこない。


 さきに完成した比角の越後線ガスタンクから春日・桜木町への道路の利用価値は、これから上がってくるものと思うが、事故が多発しているにもかかわらず、信号の設置が進まないことに多くの不満がある。


 治山治水対策では、行政のかなめというべき業務であり、よしやぶ川・源太川について、平成4年に河川改修基本計画である柏崎市平地部河川改修事業全体計画の概要書の調査したにもかかわらず、抜本対策の実現までほど遠く、同じ箇所で、同じように、毎年毎年水害に遭っている。


 春日湛水防除計画は、まさに、治山治水に利することながら、水が早く引くがゆえに、出口であふれ、効果を上げてないことの現場の状況を知っていただきたい。


 災害関連では、早急な対応で対処できている。被災者住宅の解決に期待している。


 最後に、駅前周辺の再開発については、計画から実施段階の時期に来ている中、計画や市民の声を、とでは遅く、多くの不満を呈するところである。


 サイカワ跡地、小松跡地及び日石跡地など、大きな土地が空きながら、方向性が示されていない。


 そんな中において、大型店がどのように入り込んでいくのか、市民は右往左往をしている状態であり、早い事業展開を望み、苦言を呈し、賛成とする。


 次に、ゼロベース事業において、新たな道路側溝修繕事業、木造住宅の耐震診断補助等を盛り込んだ予算を評価して、賛成する。


 このような賛成の討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 小池議員。


○23番(小池 寛)


 平成18年度一般会計予算案に、整友会を代表して、要望を付して、賛成討論いたします。


 2年続きの集中豪雨被害、その集中豪雨に追い打ちをかける豪雪が重なり、市民として、生涯、忘れることのできない中越大地震とのダブルパンチに見舞われ、被害が被害を重ねた自然災害との闘いであり、復旧・復興に全力投球の17年度でありました。


 景気は、緩やかに回復しているとの国の発表や、マスコミ報道にも、私たち柏崎市民には理解できない数値であり、苦しい、厳しい1年でもありました。


 ただ、1点、明るいニュースは、5月に、高柳・西山両町との合併が実現し、10万都市に向かって出発の記念すべき年であったと評価をいたします。


 1月17日、私たち柏崎市議会は、全国原発立地議会サミットに、地域で抱える原子力をめぐる諸問題の討議に参画し、活発な議論を展開してまいりました。そして、その議論を、今後の原子力発電に対応してまいる決意であります。


 たまたま、会場が神戸市であり、大地震11周年追悼式典の当日であり、時間の都合で、式典終了後の会場、未来と防災館で、災害当時のスライド、パネル、写真集等々を拝観する機会を得、大地震をしのび、10年後の復興した現在の神戸市を知ることができました。あの災害から、見事、復興した神戸市の現状を教訓に、我が柏崎市も、規模の違いはともかく、全市民が全力で復旧に努め、安全と安心の生活環境の整備に取り組まなければならないと決意を新たにいたしたところです。


 災害続きの復旧事業に明け暮れた柏崎市政の現状、三位一体という名のもとに、財源カットが実現化し、市民生活には、希望より苦しみが強いられた17年度と総括しているところです。


 町村合併に伴う広域事務組合の解散により、起債残高が一気に増額、制限比率いっぱいとなり、年度末に繰上償還を行っての新年度予算編成に対応する局面まで発生し、財源に恵まれていると信じた柏崎市民に、大きな不安を与えた17年度でもありました。


 このような厳しい現況下、市政運営の柱となります、18年度一般会計予算案が施政方針とともに提示されたのであります。


 会田市長にとっては、2年目となる予算編成でありますが、前年度は、西川前市長の政策の継承予算編成であり、2年目の18年度予算編成こそ、実質、会田カラーがどのように生かされてくるのか、期待と不安の交錯する施政方針でありました。自主財源の落ち込み、三位一体の交付金、そして、補助金の見直しによる財源不足から、15億円近い業務見直し、ゼロベース予算が構築されてきた経緯を承知しておりますので、ある程度の厳しさは覚悟いたしておりましたが、我が会派から見れば、政治は継続をたち、市民の声に対処の公約からすれば、独自の会田カラーを期待しただけに、期待外れの感は免れないところであります。裏返しで申すなら、健全財政を堅持した堅実予算かもしれません。市民生活重視の予算案と総論では理解しながらも、市長の主要施策課題では、理解に苦しむ重要事項があり、会派としては賛同できない、幾多の政策面での譲れない項目を申し述べ、是々非々は当然、行政と対峙することを確認し、450億2,000万円の予算案に対し、要望・意見を付した各論に入ります。


 それでは、市長の重点施策の中で、整友会との見解の相違点を指摘し、討論します。


 1点目、産業の活性化対策について、若者を初めとする雇用の場の確保に取り組む決意を示されました。市長の選挙公約でもあり、大いに期待申し上げてきたところですが、残念ながら、具体的な内容が見えてきません。


 フロンティアパーク事業も、一歩前進した中で、企業誘致への対応、2次産業への積極的な支援、3次産業の職種の多様化等に伴う市民への就業指導等、雇用対策には問題山積、山積みなのであります。かけ声だけに終わることのなきよう、精力的な取り組みがほしいということを要望しておきます。


 2点目、柏崎駅周辺を含めた中心市街地活性化で対処されますが、大きな関心事は、旧日石跡地です。整備計画については、さきに、柏崎市議会でも駅周辺整備再開発特別委員会で、2年間にわたり、慎重審議をした結論を市に提案済みであります。日石跡地は、大きな問題点として提起されたところです。日石の用地に勝手に線引きのできるはずのない、赤れんが棟の存続は、用地の確保の解決が先決であり、記録保存以外、解決は難しいと考えているところです。跡地活用問題の解決で、赤れんが棟問題は、自動的に解消します。市長の強いリーダーシップが求められているのが実情と申し上げておきます。


 3点目、昨年の討論でも申し上げましたが、小さな予算で大きな政治課題でありますミニ新幹線構想の対応であります。


 市長は、今まで取り組んできた、この構想を、かたくななまでに実現の可能性の低い施策と位置づけ、実現性の高い高速鉄道交通体系の取り組み、対応を優先する決意のようであります。


 ミニ新幹線問題は、一柏崎の問題ではありません。県として、あるいは、日本海縦貫鉄道として、北陸新幹線開通とあわせた整備事業としての位置づけでなければならない大事業であるはずであります。長年取り組んできた、この運動の火を消すことは、絶対できません。ミニ新幹線構想について、しっかり腰を据えて、その前段としての、交通体系の充実に取り組むことには、別に反対はいたしません。


 4点目、柏崎にとって東京電力の原子力発電所との共存は、切り離すことのできない運命共同体であり、国のエネルギー政策に貢献し、柏崎の独自財源としての貢献も、大事であると言っても過言ではありません。


 他方、市民の安心・安全に対処する原子力行政は、全市民の願いでもあります。国・県に向かって、厳しい要求も市長の責務であり、議会の責務でもあります。原子力安全対策課の消滅、担当係への格下げは、会派としては反発があり、委員会でも論議されたところです。東京電力と共存共栄は、市民の願いでもあります。関心の高い原子力行政に対する施政方針を拝聴し、余りにも位置づけの低さに驚きすら感じました。原子力行政への取り組み、対応、基幹産業の位置づけには、もっと配慮すべきことを申し上げておきます。


 5点目、教育関係では、箱物行政に批判的な市長の決断の中で、二中の建設が具体化しました。田尻小学校に続く箱物建設となりましたが、地元校区民の期待は大きく、評価しております。


 一方、先般、枇杷島小学校の建設用地が、地元校区民の検討委員会で、小松跡地が多数で白紙撤回され、現地での建設に向け、運動が展開されることを、新聞報道で承知いたしました。今回の予算とは直接、関係はありませんが、会田市長の地元の声を反映するとの提言での実現であります。学校問題のこじれほど怖いものはありません。もちろん、地元校区民の決定に口を挟む気など、議員として全くありませんし、尊重して対処してまいりますが、建設が多少おくれることになっても、円満な対応は、当然であります。町内を二分されることなきよう祈るのみです。新潟産業大学への職員派遣は、市民に負担のなきよう、心して取り組んでいただきたいものです。


 6点目、観光に貢献できるか、トルコ文化村の取り組み策であります。


 トルコ文化村の対応について、意見を申し上げます。


 代表質問で、丸山議員が質問されました、今後の処分・対応、トルコ共和国との友好関係についてであります。


 観光資源として活用できることになればと、それにこしたことはありませんが、それがかなわない今、市の売却処分は、やむを得ないとしても、その処分金額が、必ずしも妥当かどうか疑問があり、検討課題としての対応を要求したところです。


 そのような矢先、突如、トルコ村より、運営要望の打診があったとの新聞報道を通じて公表がありました。そして、市長は、具体的提案がないので、議会に報告しなかったとのコメントも発表されました。


 しかし、市長、それはないでしょう。市としての、議会ともども、最善の解決に努力してきたはずです。経過報告は、市の責任であります。このような対応の不備が、市民、議会の不信感につながることを肝に銘じ、円満な解決はもとより、柏崎の観光資源活用に貢献できる取り組みを強く要望します。


 次に、合併特例債の活用と地域振興は、18年度の政治課題であります。旧2町への取り組み対応について要望します。


 合併早々の豪雪対策を無事乗り切った高柳町の雪対策、合併特例債による上水道事業に着手の西山町、合併2年目の本年こそ出発の年であり、地区民にとっては、柏崎市民となってよかったのか、悪かったのか、評価される18年度です。国保税の見直しによる高額負担を強いられる旧2町に配慮された、一般会計よりの5,000万の拠出金は当を得た支出であると評価をいたします。柏崎市民となってよかったと言われる旧2町への対応を強く要望しておきます。


 以上、市長施政方針演説に対する予算案と関連の深い重点政策を中心に、意見を申し上げました。直接、予算にかかわる各項目の討論は、時間の関係もあり、割愛いたしますが、会派として、担当委員会では、慎重審議を重ね、項目の一部には、承認にほど遠い事業等の計上もあり、苦しい選択から要望を付しての賛成であることも理解いただき、予算執行には、なお一層、市民サービスの向上に努め、市民の負託にこたえる市政の実現を強く要望するところです。


 「光陰矢のごとし、歳月の回るは風車のごとし」、充実した青春時代を大切に送るよう、50年ほど前、先輩に教えられたことわざの一句を、今、改めて思い出しております。1年がどんなに大切かを、自分の年齢とあわせながらの実感であります。


 初めに申し上げましたように、厳しい財政状況の中、2町と合併して、実質初年度の大型予算編成に苦労されたことは承知しておりますし、小さな新規事業の芽出し予算にも了承しております。


 しかし、軸足を異にし、対岸から見る会田市長の政治カラーが見えてこない18年度予算と評価せざるを得ないのであります。


 都市間競争に負けない柏崎市の躍進に全力で対処され、そして、市民の先頭に立って、強いリーダーシップを発揮されますよう期待し、討論を終わります。


○議長(霜田 彰)


 高橋議員。


○4番(高橋新一)


 議第12号一般会計予算について、社会クラブを代表したしまして、若干の意見・要望を付しまして、賛成の立場で討論をさせていただきます。


 会田市長にとって、実質、最初から手がけられた新年度予算でありました。まさに、会田船長による、「柏崎丸」の船出であります。しかし、出航前から行く手を遮る荒波には、厳しいものがあります。


 まず、昨年来から大きな問題となっているトルコ文化村の後始末、3分の1を枇杷島小学校建設用地に、残りの3分の2は、土地開発公社の先行取得とはいうものの、21億円もの巨費をつぎ込んだ小松跡地でありましたが、枇杷島小学校は、現地改築の方向で意見がまとまったと聞いております。利用方法がいまだに定まらないサイカワ跡地など、市中心部の未利用地が大きな問題となっている上に、またまた小松跡地が、大きな問題として浮上してきたわけであります。


 また、東本町の再開発、果たして、市街地中心部に活気が戻ったと言えるのでありましょうか。活気どころか、先行きに見切りをつけて、幾つかの老舗の店舗が廃業しているというふうに聞いております。開店1年余りで破綻したフォンジェも、柏崎市が支えている突っかい棒を外せばどうなるのか、想像にかたくない状況が続いております。モーリエ?もしかり、埋まらないテナントを充足するために、学習プラザを初め、多くの分室を入居させるという苦肉の策をとりました。入居したことによって、市民サービスにプラスになった面も多々あるにせよ、この負担金・管理費は、膨大な出費であります。市民の血税でもあります。


 また、柏崎ぶどう村も、柏崎市が増資を行うなど、支援をしておりますが、これとて、厳しい経営状況が続いております。めぐり合わせの悪さとはいえ、会田丸の船出は、まず、これらの後片づけをしながらの出航と言えるわけであります。


 さて、本題に入りますが、例年であれば、財政調整基金を繰り入れて予算編成が行われていたわけでありますが、この繰り入れを行わない。そして、ゼロベースからの予算組みにより、平成17年度予算の一般財源ベースで換算して、予算額を14億5,000万円削減、また、起債にかかわる財源指数を改善する目的で、約14億7,000万円の繰上償還を17年度中に実施したということが、予算の大きな特徴と言えます。しかし、この繰上償還の財源は、ゼロベースからの予算編成によるもので、すべてとは言わないまでも、少なからず、結果として市民に我慢を強いる部分も、多々あると思うわけであります。市民の不満や不安に耳を傾けながらの市政執行を願うものであります。


 まず、総務費関連では、いよいよ市民会館建設に向けた検討委員会の設立でありますが、市民の多くが待ち望んでいた事業であります。多額の費用を要することや、建設位置など、市民の関心には高いものがあります。次の次代を担う、市民の拠点となる市民会館の建設に向けた取り組みは、市民の声が十分に反映されるよう望むものであります。コミュニティ事業推進事業については、地域ごとのコミュニティ計画の策定が、おおむね終了し、計画に沿った事業が本格化する年でもあり、一層の指導・支援を進めていただきたい。また、子供たちの安全が脅かされている現況でありますが、地域安全対策として、交通防犯係の設置は、高く評価できるものであります。第四次総合計画策定事業については、柏崎駅周辺のまちづくりを含め、市民の声を反映させ、実効性のある計画になるよう、意を用いていただきたいと思います。産業大学については、18歳人口の減少による定員割れ問題等、多くの課題を抱える中、職員の派遣などの支援は、高く評価できるものであります。


 民生費につきましては、成年後見制度利用支援事業、母子家庭等就労支援事業、生活保護自立支援プログラム策定実施推進事業、地域包括支援センター整備事業等を新規事業として、予算編成されたことも評価するところであります。少子化、子育て支援事業についても、きめ細やかな配慮が、とりわけ、児童手当給付金を小学校修了まで引き上げたことは、高く評価できるものであります。5年前に設立された子ども育成基金積立金については、新年度は100万円にとどめたものの、設立当初から、利用目的が判然としないことを指摘してまいりました。利用目的・利用計画を明確にするよう求めるものであります。


 衛生費については、引き続き、医療問題懇談会で地域医療・救急医療について、真剣な議論が交わされることを期待するものであります。新規事業の自動体外式除細動器を公共施設に設置する事業については、新潟市では、新年度、20台程度の設置と聞いておりますが、人口規模の小さい柏崎市での22台は、先進的と言えると思います。東京都知事は、消火器と同じように、どこにでも配備していかなければならないというふうに発言をされているようであります。今後とも、年次的に台数をふやしていっていただきたいものであります。不妊治療助成事業についても、新規事業としての取り組みに大きな期待を寄せるものであります。バイオマスタウン構想策定事業については、構想だけで終わることなく、導入しやすい部分から事業化を進めるよう強く望みます。合併処理浄化槽設置整備事業については、新年度予算では、100基分を抽選によって助成するとのことでありますが、下水道事業の地域間格差の解消、環境保全の面からも、設置基数を少しでもふやすよう、今後も一層の努力を望むものであります。


 労働費につきましては、若年者就労支援事業、就労支援相談室整備事業の新規事業が、十分な効果を生み出すよう期待するものであります。


 農林水産業費については、集落営農組織の設立促進に向けた担当係の設置、JA柏崎からの出向職員の配置は、集落営農組織設立に大きな弾みをつけるものとして、期待しております。


 圃場整備事業については、佐水地区で、36ヘクタールで、実施の準備に入るわけでありますが、国営土地改良の進捗にあわせて、事業の拡大に力を傾注していただきたいと思います。


 商工費については、フロンティアパーク整備事業が進められておりますが、この事業は、企業誘致がどこまでできるかが成功の可否を決めるものであります。企業立地推進室の設置、中小企業基盤機構の職員の常駐は、高く評価できるものであります。しかし、企業立地アドバイザーと窓口は残すものの、東京事務所については、企業立地の目鼻がつくまで、残しておくべきだったと強く思うわけでありますが、このことによる、ふぐあいが起きるようなことのないよう、強く要望するものであります。


 市長は、かねがね企業誘致も大事だが、地場産業が元気でなければならないと言っておられますが、融資預託事業の中で、生活支援資金、創業支援融資利子補給金、創業相談員事業費負担金等、新規事業として取り入れたことは、評価できるものであります。これらの新規の事業の周知、手続の簡略化、使いやすさに、十分留意されることを要望しておきます。


 土木費については、相次ぐ自然災害による復旧の途上であり、枇杷島地区、春日地区を初めとする平地部治水対策は、大きな課題であります。また、鯖石川・鵜川・青海川を初めとする河川においては、仮復旧のままで、今夏の梅雨時期を思うとき、多くの市民が大きな不安を抱いております。国・県に対し、いっときも早い完全復旧を働きかけるよう切望いたします。豪雪対策については、市町合併により、高柳町が加わったことにより、雪に対して、これまでとは違った認識が必要となってまいりました。旧市内周辺部も含め、今冬の豪雪を踏まえ、雪に対する考え方を、今後、改めていく必要に迫られていると感じますが、万全の備えを願うものであります。


 消防費につきましては、原発の老朽化が、今後、深刻な問題となります。原子力防災計画の見直しは、評価できるものでありますが、老朽化問題とあわせ、長岡平野西縁断層帯、地盤問題は、地質学の進展を見るとき、無視できるものではありません。新しい知見に真摯に向き合い、安心・安全を最優先に取り組んでいただきたいと思います。消防団員の定数に対して、200名近い団員が不足していると聞いておりますが、行政側・消防本部側からも、若者たちが進んで入団できるような雰囲気づくり、啓蒙の方策を考えていただくよう要望いたします。


 最後に、教育費であります。小・中学校に20名の指導補助員、21名の介助員が配置されますが、指導補助員については、発足当初、国の緊急雇用対策事業の交付金で実施されたものであります。ゼロベースでの予算編成の中で、引き続き、市独自の財源で実施されることは、柏崎市の教育に対する思い入れの強さを感じることができ、高い評価に値するものであります。軽井川南遺跡群の調査と、今後の保存・活用についての取り組み、喬柏園の登録文化財登録の手続、大久保陣屋跡地の記録調査、綾子舞への支援、貞観園への修復工事など、歴史、文化、伝統芸能の保存・継承への取り組みについても高く評価いたします。


 以上、ことしこそ災害のない平穏な年でありますよう祈念し、社会クラブとしての賛成討論といたします。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 戸田議員。


○32番(戸田 東)


 平成18年度一般会計予算案について、市民クラブを代表して、賛成の討論をいたします。


 我が国の景気は、全体として、明るさが見えつつあると言われております。ようやくデフレ脱却も、いま一歩とも言われておるわけでありますが、しかし、景気の回復は、都市と地方の格差は大きく、地方では、まだ厳しい状況が続いているということが実態であります。


 そうした中で、会田市長にとりましては、今年度、高柳町・西山町と合併して、最初の予算編成がされたわけであります。当初から、少子・高齢化の進展とあわせて、国の三位一体改革による影響等もありまして、極めて厳しい財政状況の中、一昨年の中越大地震と、2年続きの水害による災害の復旧・復興を最優先にして、さらに、各種施策にも幅広く配慮された予算であると評価するものであります。災害の復旧・復興は、市民が等しく望むところであります。被災された皆様の生活が、一日も早く、もとの生活に戻られることを切に願っているものであります。


 一般会計予算は、当初、厳しい財政状況が予測される中で、すべての事務・事業をゼロから見直して、総額14億5,000万円の削減を行うとともに、基金の繰り入れの抑制と、一般起債を10億円に抑えての予算編成がされました。総額450億2,000万円で、前年度の当初予算と比較して64億5,000万円、16.7%の増であります。しかし、旧2町と広域事務組合分を加えた実質比較では、0.2%減で、昨年度並みの規模となったわけであります。


 市長は、「あしたに元気と安心と希望が持てるまちづくり」を市民の皆様方とともに進めて、そして、新しい風の道に本格的に踏み出す年度と位置づけ、変革を意識して、新たな決意を持って市政運営に当たるとして、7つの目標を掲げられ、各種施策の推進を行うとしています。


 私は、本予算に対して、何点かの意見・要望を申し上げさせていただきます。


 まず、経常費の増加が懸念されるところであります。総体的には、限られた財源の中で、経常費の増嵩は、財政を圧迫する要因であります。経常費比率は84.6%と、依然高い値であります。市は、今年度、第三次行政改革大綱を策定して、平成21年までの方針を示されました。行政が担うべき仕事の整理や効率的な業務改善の推進、財政の健全化策等が示されています。この大綱に示された業務改善・事務改善計画に、積極的に取り組まれて、行政運営の健全性の確保に努められることを要望いたすところであります。


 次に、災害の復旧・復興でありますが、先ほども申し上げましたが、中越地震と2年続きの水害、そして、豪雪と、自然災害の恐ろしさを身をもって感じたところであります。これらの経験から、地域住民の自発的な防災活動の推進と、また、災害から生命・財産を守るために、地域防災マップの作成やハザードマップを作成するとともに、新たに防災監を配置して、防災、災害対策に適切に、また、迅速に実施するとのことでありますが、小松跡地の仮設住宅には、まだ、17世帯の方がおります。また、北条地区でも、12世帯の方々が避難所生活を余技なくされ、今なお不自由な生活を送っております。これらの方々が抱えている不安が、一日も早く取り除かれ、もとの生活に戻れることを願っているところであります。


 また、河川を初め、道路・橋梁・下水道のインフラの整備、復旧に最大限努められ、一日も早く安定した生活基盤の整備されることを強く要望いたすところであります。


 総務費については、上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会負担金が、昨年と同額に、そして、新たに上越新幹線活性化同盟会負担金が5万円計上されました。北陸新幹線は、2014年に、金沢までの開業を目指して、現在、整備が進められておりますが、開業後の信越本線、そして、上越新幹線への影響が懸念されるところであります。上越新幹線の利用客の減少は、運行本数の削減につながるところに、枝線化のおそれもあると言われております。当然に、信越本線も同様であります。そうなりますと、新潟県も含め、当地域には、企業も、ビジネスチャンスも、人材も入ってこないということにつながりかねない厳しい状況になることも予想されるところであります。市長は、当市は、陸の孤島にならないよう、将来的な鉄道交通体系のあり方について、県と連携をとりながら検討を進めるとしていますが、ミニ新幹線の旗はおろすことなく、おろすことなくです、今後とも、積極的に交通利便性の向上はもとより、鉄道高速化の実現に向けての努力をお願いをいたします。


 次に、地域医療体制の整備・充実の問題であります。


 医療問題懇談会については、継続するということでありますので、期待をいたしているところであります。私は、さきの代表質問の中でも少し申し述べましたが、昨年1年間の会合の中で要約された市民の不安や要望はですね、次のことです、当地方における救急救命医療体制の整備、長岡市等への医療機関に通院しなくてもよい地域完結型医療の確立、高度な技術を持った医師の確保などであります。市民が安心して診療を受けることのできる医療体制の充実は、市民の切実な願いであります。医療スタッフの不足が、どこの病院においても、大きな課題となっています。懇談会の議論を踏まえて、実の上がる施策の展開を強く求めておきたいと思います。また、新たに、心疾患による突然の心臓停止等の際に有効な手段とされる、自動体外式除細動器の整備を、市内公共施設22ヵ所に整備することについては、緊急時の早期の心停止救命措置の対応が可能となることになり、評価したいと思います。まず、私なんか一番ですね、地域包括支援センターが……(発言する者あり)早くやるよ。地域包括支援センターが市内5圏域で整備されて、地域における福祉の増進や健康であるための予防事業に取り組まれること、要介護者に対するショートステイの増設などが予算化されました。平成17年度に建設が見送られました特別養護老人ホームの建設が、18年度、鯨波地内で整備されることになりました。現在、特別老人ホームへの入所を希望する、いわゆる待機者は760人に上ると聞いているところであります。当事者にとりましては、一日も早い完成を願うところであります。


 産業振興の関係では、産業の活性化、雇用の場の確保による町の活力の創出が大きな課題であります。創業相談員の配置、創業支援融資利子補給制度の創設、若年者就労支援事業等は、意欲ある起業者や若者への就職・定住による柏崎の活性化につながることを期待いたしております。


 農業問題につきましては、若者の農業離れと過疎化、それに伴う農業従事者の高齢化は、深刻な問題であります。そして、各地で農地の荒廃が目立っています。新年度、営農組織の設立への積極的な支援や、農地の保全方策と担い手の育成、農業生産性を高めるための圃場整備事業への積極的な取り組みを期待をいたしております。


 都市整備の関係では、柏崎駅周辺を含めた中心市街地の活性化策としての、まちなか活性化計画の策定がされるわけでありますが、柏崎駅周辺の旧新日本石油跡地、サイカワ跡地とあわせ、枇杷島小学校の現地での改修を、地元は意見集約したそうでありますので、小松跡地の3つの大きな空き地の活用策が、今後の柏崎の明暗を分けると言っても過言ではないと思います。的確な議論を行い、この計画が、にぎわいと魅力ある柏崎のまちづくりに結びつくことを、大いに期待をいたしております。


 子供の安全・安心の確保については、各地域で取り組んでいます、パトロール隊の見守り事業の支援とともに、教育委員会が新年度に取り組みを計画しています、子ども安全CAP事業に期待をいたします。


 以上、幾つか申し述べましたが、昨年5月1日に高柳町・西山町を編入しての、初めての通年予算であります。市長は、就任後の所信表明の中で述べられました、安心して心豊かに暮らせるまちづくりを、積極的に展開されますことを強く要望し、平成18年度一般会計予算案に賛成の討論といたします。


 以上、終わります。


○議長(霜田 彰)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 議第12号平成18年度一般会計予算につきまして、日本共産党柏崎市議員団を代表いたしまして、意見、見解を述べて、討論に参加したいというふうに思っております。


 4つの角度から討論をしたいと思います。


 まず、1つは、柏崎市政を取り巻く客観的な状況の中で、新しい市民主体の自治体、その発展が求められているという点であります。


 その1つは、地方政治が、今、矛盾の集中点にあるということを見なければならないと思うんです。この間、小泉構造改革のもとで、とりわけ、社会保障分野、医療、年金、介護、制度改悪も含めて、連続的な値上げ、そのことによって、行政サービスの改悪が進められているわけであります。これらは、市民生活にとって、少なくない影響が出ております。だから、市民は、暮らしを何とかしてほしい、この思いは強く、あらゆる指標で、いつもトップ要求になっているわけであります。


 並行して、地方自治体に対しては、三位一体の改革による地方財政への攻撃、市町村合併の、ある意味では押しつけ、そして、行政改革、集中改革プランの作成の強制というように、地方分権の確立とは言いつつも、むしろ、地方自治変質とも言うべき、国からの強制的指導があって、一面、厳しい運営が余儀なくされているわけであります。


 2つ目は、柏崎的特徴である原発関連財源が縮小しているという点で、これまでの事業を見直さざるを得ない状況や、それまで原発関連で社会資本整備してきたわけでありますけれども、この維持管理費の増高、さらには、不透明なと言っていいぐらい、土地購入の負の財産を抱えて、その対応が求められているわけであります。多くの市民が、市政の流れを変えてほしい、この思いを強めるのは、当然だと思うんです。これらに、どのように向き合い、柏崎のあるべき自治体像をどこに求め、これまでの問題点をも掘り下げて、分析点な視点から、市民が主人公と言える自治体、住民自治向上への展望を見出さなければならない時代に入っていると思うわけであります。その点で、市長は、施政方針で、変革という言葉が3回登場しているわけですけれども、まさに、この言葉に象徴されていると見ているわけであります。


 第2の角度は、会田市長が17年度、1年間、どういう取り組みをされたのかという点を見ておかなければならないと思います。


 昨年、私どもは、初めて一般会計予算を賛成いたしました。その中心は、災害対策に全力を挙げるということは、当然であるということと同時に、柏崎市政の大きな激動、変革期ととらえたことであります。そして、2つ目は、新しい前向きの変化と、見直しへの勇気ある踏み込みに期待を寄せたからであります。医療問題懇談会や広報広聴課の新設、地場産業を含め、その推進を図る企業立地推進室の新設など、さらには、夢の森公園事業の見直しというように挙げました。そして、原発行政を含む国政とのかかわり、地方自治体の本来のあり方、市民の政治参加システムづくりにも触れたわけであります。


 市民の、流れを変えてほしいという、この意思、期待に、会田市長が前向きに対応するかどうか、見きわめるとしたわけであります。そして、この1年間、どのように推進されたかは、新年度予算編成を見る上で、大きな要素であると思っております。急ぎ足で進めた、高柳・西山両町吸収合併で、さまざまな事務的不完全性があらわれたわけでありますけれども、掲げた方向が、系統的に発展させられてきていると、基本的には見ております。


 その点で、第3の角度でありますけれども、基本的な態度として、今回の予算編成、健全財政を眼目とした大きな柱として450億2,000万円、前年並みの予算編成が組まれたわけでありますけれども、私どもは、今回の予算につきましても、前向きな是々非々の対応で、賛成する立場であります。


 その理由は、幾つか挙げておきたいと思います。


 1つは、格差が広がる社会、市民の暮らしをどのようにとらえ、対応するのかということであります。


 その1つに、柏崎市、西山・高柳両町の合併があるわけであります。私どもは、この合併は、本来の意味での合併とはそぐわない、こういう立場から、反対をしてきたわけであります。しかし、一たん合併された以上は、その新しい市民の皆さんが、その不安に、どう自治体がこたえていくのか、全力で、その気持ちに向かわなければならない、要求されるわけであります。


 その点で、一体的なまちづくり、バランスある地域をつくる上で、吸収合併された地域に、その市民の皆さんに、その不安にこたえていかなければならない。今までつくり上げてきたまちづくりへの思い、尊重する立場や、そして、高柳町における冬期集落保安要員への配慮などが見えるわけであります。暮らしの視点では、小規模福祉作業所など、新しい踏み込みもあって、さまざまな暮らしへの対応が、一定、配慮されていると見ております。


 2つ目は、市民自治の向上に、前向きに対応しているかどうか、市民との協働というなら、何を重視しているのかという点も挙げておきたいと思うんです。


 その点は、医療問題懇談会に見られますように、市民との協働、市民の声をよく聞くということで、さらなる発展が見えるわけでありますが、これは期待を置きたいと思います。そして、第四次総合計画策定に当たっては、市民参加による6分科会で、あらゆる角度から協議が行われている、この点も、前向きな姿勢として見たいわけであります。さらに、安全・安心の立場から、その基盤づくりとしての木造住宅耐震診断補助事業、初めての取り組みだと思います。そして、防災力の地域力強化という立場から、コミュニティ単位への自主防災組織づくりに支援するという位置づけも、これは、新しい自治向上への発展だと見ているわけであります。


 3つ目につきましては、産業振興に地域資源の活用をどれだけ引き出し、工夫しているかという点であります。


 産業・雇用分野では、創業支援と若者就労の対策と支援、制度融資の分析的な発展が見えます。


 農業振興の面では、担い手育成や農地地図情報システムなど、農地利用集積への支援、そして、経営所得安定対策大綱、いろいろな問題点が指摘されているわけでありますけれども、地域に合った集団営農への政策誘導が表明されたことは、評価しておきたいと思います。


 4つ目、大型開発、投資部門に対する姿勢がどうかということも、考えておきたいと思うんです。


 開発への、これまでの立場に、どちらかというと、批判的な立場をとっておられるようであります。健全財政という立場からも、普通建設事業の抑制が意識的に行われ、その投資部門が、安心・安全という言葉に代表されますように、自然災害が重なった折もありますけれども、治水、防災対策に力が入り、さらに、市民の身近にある側溝整備、ここに集中的に取り組まれるというのは、前向きな流れだと思うわけであります。


 5つ目、教育部門、文化行政への展望も見ておきたいわけであります。


 国の予算そのものが少ない分野であります。それだけに、自治体がそれに流されていたんでは、市民の教育、文化行政が、後景に追いやられると言っていいと思うんです。それだけに、独自性や独創性がなければならない分野であります。柏崎市の単独で対応する指導補助員の配置や、地域とのかかわりで、子供の成長と教育内容が膨らむ新しい事業の取り組みに意欲が感じられます。また、地域ではぐくまれている綾子舞を初め、発掘される遺跡から、集約・分析され、柏崎のいにしえロマンを発信できるように奮闘されることを期待したいわけであります。さらに、顔の見える学校給食として、地産地消との関係を深め、食育の立場からも充実させていただきたいのであります。


 最後に、4つ目の大きな角度として、特に留意すべき事項として、幾つか意見を述べておきたいと思います。


 その1つは、行政改革は、だれのためにあるのか、この観点を徹底して貫いてほしいわけであります。


 行政改革の流れの中で、意見も表明していたところでありますけれども、効率、コスト主義からであってはならないと思います。あくまでも市民と、議会と、公共が、有機的に結びつき、自治の発展の立場から、市民の暮らしを視点に、新しい政治システムをつくるという必要性があります。


 今、新自由主義という考え方があって、そこから企業経営、自治体経営が持ち込まれ、企画戦略本部経営論が台頭し始めております。その考え方は、官から民へとか、民間労働と公務労働の比較、小さな政府論など、意識的に対立構造をつくりながら、効率論の考え方が強められているわけであります。極めて、注意して事に当たらなければならないと思います。それだけに、公務労働とは何か、確認しておかなければなりません。すなわち、公務労働の役割は、地域社会、住民の共働利益の実現が1つ、住民の人権保障のための課題、そして、地域住民相互の公平を保障する業務、これは、ほかにかわることができない仕事だと位置づけておかなければなりません。


 2つ目は、原発の危険に具体的に対応することであります。


 未確立な技術として認識してこそ、市民の根本利益、安全が守られる、このことを述べておきたいわけであります。


 現在の原発は、本質的に、炉心溶融に至る過酷事故の危険が排除できません。放射性廃棄物の安全な処理・処分技術が、いまだ見えておりません。燃料となる天然ウランの中に、わずか0.7%しか含まれない核分裂性ウラン、そのほんの一部しか利用できないという、超浪費型の原子炉、これを無理な開発路線が続くところに、多くの市民が不安を抱き、全国共通の内容になっているわけであります。


 原発の危険への、その、そこはかとない不安というのは、ここから発生するのであって、市民の安全を守るということは、どんなに踏み込み過ぎても、やり過ぎて困るということはないと、こういう角度から事に当たっていただきたいわけであります。


 原発の名称等も問われているわけですけれども、1年間かけ、ここは検討してほしいわけであります。


 3つ目は、地方公共団体としての自覚・自立を高め、単なる自己責任ではなくて、国への意見表明や、場合によっては、他の自治体とも連携して、強めていかなければならない課題があるということです。三位一体の改革問題では、地方への財源を5兆円も減らし、一定の決着がついたわけでありますけれども、まさに、国の財政再建に、地方財政と市民の暮らしが犠牲にされたわけであります。


 ここに来て大きな問題が浮かび上がってきております。政府は、2010年代までに、人口比3分の1まで不交付団体をふやす方向であること。現在、人口比では、18.4%であります。現在の不交付団体は、147市町村です。これを33%とすれば、いわゆる3分の1ですが、不交付団体が、新たに90自治体ふえることになります。さらに、財界の中枢が参加する経済財政諮問会議では、不交付団体そのものを、50%を目指すとしているんです。これは、人口比でいえば、90%にもなることであって、まさに、兵糧攻めであります。この先に、道州制の導入を示唆しているわけであります。


 第四次総合計画の策定に当たっては、国と地方の関係の明確化、同時に、平和の基盤づくりを自治体として強めていくことが必要であり、その立場からの意識的な記述が求められると思います。


 4つ目、ごみ有料化に対する基本認識を問いたいと思うんです。この点は、1年間、徹底して議論していきたいと思っております。


 特に、今までの説明では、有料化による効果ということが、一般論でしか説明されておりません。これでは行政の独自性の欠如でありますので、1年間かけ、議論していきたいというわけであります。


 5つ目、補助金見直しでありますけれども、これは、一律であってはならないと思うんです。住民自治発展の立場から、めり張りが求められるわけであって、そのことによって、必要な増額すべき内容も、あり得ると思います。そういう基本的な考え方、方向性を市民に明確に説明していく、こういう角度からの補助金の見直しが必要だと思う次第であります。


 以上をもちまして、討論とするわけであります。


○議長(霜田 彰)


 本間議員。


○17番(本間厚幸)


 私は、会派民友を代表して、平成18年度一般会計予算案に、賛意を表明し、討論を行います。


 討論者が続いておりますので、できるだけ簡潔に、そして、総括的な問題、指摘・要望を中心に、討論をしたいと思います。


 今年度は、言うまでもなく、会田市政が初めから手がけられた予算編成であり、そして、合併後の新柏崎市として、これまた、実質初めての当初予算であることに注目され、あるいは、その特徴が出るかという予算であったというふうに思います。


 予算額450億2,000万円は、予算額としては、ざっくり申し上げるならば、昨年並みでありますが、三位一体改革の影響、当市固有の償却固定資産税の低減問題、あるいは、予定されておった学校建設の重なりなど、今年度は、厳しい状況下での予算編成であったと思います。


 また、その中で、起債抑制、財政調整基金からの繰り入れを抑え、今年度は、当初から事務・事業の見直しなど、御苦労の跡がうかがえ、その取り組みには、まず、敬意を表したいと思います。


 さて、市長の施政方針では、市町村合併後の新市としての一体感を保ちながら、都市間競争として、長岡・上越などに負けないまちづくり、変動を意識しつつ、新たな決意を市政運営に当たると訴えられております。また、産業の活性化と雇用の場の確保など、7つの目標を掲げられております。


 主要施策としては、まちの魅力づくりは、各施設が適正に配置され、一定の都市機能が集積されたコンパクトなまちづくり、一方では、周辺地域の生活利便性に視点を置きながら、都市部・周辺の一体的なまちづくり、断片的に取り上げてみます。一、二の施策でありますが、取り上げてみます。現在の置かれてる状況での適切な視点と判断だと思います。


 しかし、問題はいかに、これを具現化しているか、あるいは、していくかにあるんだろうと思います。樹立を目指す第四次総合計画にスムーズにつなげられるかでもあると思います。


 18年度は、財政事情からして、やむを得ないというよりも、むしろ、細部に目配りをした、こうした財政規模の中では評価に値する予算と言えるかもしれません。しかし、今年度も、先ほど来から、いろいろな審議会なり、あるいは、具体的には、まちなか活性化計画の策定とか、いろいろなものを取り上げられております。検討が始まろうといたしております。これが悪いとは申しませんが、別問題でもいろんなですね、17年度も、審議会なり、検討会も開かれております。満遍なく、何の落ち度もない取り組み姿勢かもしれませんが、心配は、取り組みだけに終わりはしないかという点であります。よく言えば、これが芽出しかもしれません。しかし、余りにも、何もかも、重点項目であったり、あるいは、手広く検討を重ねる、あるいは、多過ぎる、一口に言えば、多過ぎることが、あるいは、すべてが重点だということになればですね、多過ぎることによって、重点でなくなるという、こういう指摘もしておきたいというふうに思います。


 さて、最後になりますけれども、私は代表質問で、私どもなりの視点で、指摘・議論をさせていただきます。委員会でも同様であります。重ねて要望しておきたいというふうに思います。


 つまり、三位一体改革が着々と進められてる中、財政問題が、どちらかというと、取りざたされておりますが、一方では、地方分権社会の到来ととらえ、地方、あるいは、地域の力をどうつけていくか、市民であり、企業であり、そして、何よりも職員資質の向上であるというふうに思います。まずは、意識改革から始め、柏崎は、常に市民が輝いているという、こういう姿を目指していただきたいというふうに思います。まちづくりは人づくりとも言えます。産業活性も人材にあり、すべてが人材にありと言い切ってもいいのではないかと確信しておるからであります。


 また、今後の柏崎財政を見るとき、市民ニーズにこたえ、サービス向上、協力を求める場合、自治体みずからが、スリムで強い自治体構築をつくっていかなければならない、欠くことのできないテーマであるというふうに思います。釈迦に説法的でありますけれども、ゼロベース予算、今回限りではないということは、当然であります。行政運営において、不断の必須事項であるというふうなことも付言しておきたいというふうに思います。


 ほとんどが次への課題に対しての要望事項になりましたけれども、まさに変革期・変動期、市長がかわったというだけの変革期ではないわけであります。経済、社会、すべて変動期ととらえて、会田市長のリーダーシップに期待をいたしまして、賛成討論といたします。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 佐藤議員。


○6番(佐藤敏彦)


 平成18年度予算に対し、会派みらいを代表いたしまして、賛成の討論をいたしたいと思います。


 バブル崩壊から十数年、やっと景気の回復がささやかれる昨今でありますが、地方を取り巻く社会・経済状況は、決して、いまだ平坦なものではありません。権限委譲と税源移譲による地方分権・行政改革も、国家財政の硬直化に端を発するものであり、憲法に定める地方自治の本旨に基づく地方分権の時代には、遠い実情となっている次第です。税源移譲の不透明さは、地方の財政に、依然として暗雲をもたらしていると言っても過言ではないと思います。


 一方、当市に目を向けると、昨年5月の1市2町の合併による西山町給水区域拡張工事などの、合併に伴う合意事項の履行、さらには、地方の自治体にとっては、かなりの負担と思える田尻小学校、第二中学校の同時改築という直近の事業、また、市民の間で何かと話題となりましたトルコ文化村、駅周辺整備、学園ゾーン整備、フォンジェ等市街地開発、さらには、維持費のかさむ未利用地の利活用等、歴代市政の課題に対して、より現実的な対応が求められる現状かと思います。


 このような内外の厳しい条件下での平成18年度予算の作成であり、市長、並びに市当局に対しては、まず、敬意を払いたいと思います。


 さて、あしたに元気と安心と希望が持てるまちづくりを掲げての本予算でありますが、一言で言うならば、重要度が高く、満足度が低い課題を解決することを基本に組まれている予算と評価するものであります。市民満足度調査、市民アンケートの結果や市民の声、事業所周りをした結果、市長自身が感じた手ごたえを予算化したものと判断する次第です。また、市民税の微増という好ましい現象が生じていますが、依然として厳しい財政状況下、事業のゼロベース見直しを実施し、14億5,000万円の事業費を削減・カットした点、そして、柏崎の借金である起債に対し、15億円弱の繰上償還を実施し、後年度の起債制限比率の低下を導いた点は、評価できるものと思っております。基金の取り崩しは、基本的にしない。今年度の支出は今年度の収入でという原則、すなわち、施政方針演説で述べられておられる持続可能な健全財政の維持は、我が会派としても、大いに賛同するところであります。まちづくりは、次世代に負担を押しつけない、まさに、市民の目線に立った予算、柏崎の身の丈に合った予算づくりは、基本原則であると思う次第であります。


 次に、細かな事業について、何点か絞り込んで述べたいと思います。


 本予算の特色の1つは、柏崎の元気をつくり出すための雇用創出、産業創造と活性化に向けた事業の着手と考えております。高齢者、若者等の就労支援のためのワークサポート柏崎の設置、農業における担い手確保対策、平成19年度に、賃貸・分譲の開始される柏崎フロンティアパークの企業立地に関して、企業立地推進員の設置等の一連の事業に注目されるところであります。柏崎フロンティアパークは、貴重な製鉄遺跡をつぶしての事業であり、厳しい条件下とは思いますが、ぜひ、企業誘致に成功してほしいものと考える次第であります。


 安心・安全という視点からは、災害からの復旧・復興、災害に強いまちづくりを目指した予算と評価いたします。ここ二、三年の自然災害により、決して人間は、自然災害から解放はされてないということを痛感した次第であります。緊急時に備えての平時の体制づくりは、欠くことのできないものと認識されます。機構改革により設置される防災監には、機に臨み、変に応じた対応を期待するところでもあります。原子力という名は消えましたが、原発の高経年化が進んでおります。原子力防災も、従来にも増して、安全対策について厳しい姿勢をとってほしいと考える次第でもあります。


 安心・安全という点では、子供たちの登下校時の安全確保も緊急の課題ですが、教育委員会で取り組むCAP事業、並びに老人連合会への登下校時の見回りの委託が、新規事業として注目されます。地域のボランティアの方々、PTAの方々と明示的、黙示的に連携して、子供たちの身の安全確保に努めてほしいと考えるところであります。


 希望という観点からは、ことしは多くの市民が柏崎のまちづくりに参画する年でもあります。第四次総合計画、地域福祉計画、まちなか活性化検討委員会、新市民会館建設検討委員会等、市民の積極的なまちづくりへの参加が望まれる年でもあります。駅周辺整備、市街地の活性化への積極的な取り組みは、新市民会館、赤れんが棟の行方等を含め、市民の大いに期待、関心を有するところであり、関係各位には、この先、10年、20年を見据えた提言・答申を期待するところであります。


 最後に、18年度予算の執行に当たって、幾つかの要望を述べたいと思います。


 基本的には、市民への説明責任を十分であります。先ほども述べましたが、第四次総合計画の策定、地域都市計画の策定、男女共同参画社会推進条例の制定、さらには、介護保険の改正、19年には、国の農業政策の変更もあります。市民への説明責任を十分に果たすことを提起したいと思います。


 介護保険については、被介護者、被支援者、並びに関係者には、十分な説明と配慮を、農業政策の変更に関しては、農業離れが進む中、小規模農業者が犠牲にならないような政策を期待するものであります。さらには、平成19年よりの、ごみの有料化については、十分な意見聴取を実施して、市民との意識の共有を図ってほしいと考えます。また、パブリックコメントでは、市民に異論が多かったガス事業の民営化については、慎重に判断をお願いするところでもあります。


 本格的な人口減少時代を迎えた21世紀、柏崎市が、縮小再生産によって衰退の道をたどるのではなく、活力あるまちとして存在し得る政策を、市長には、ぜひ、果敢に実施してほしいと考えるところでもあります。地方は地方の特性を生かしたまちづくり、柏崎は豊かな自然を生かし、自然と共有し、伝統と文化を尊重する住みやすいまちづくりではないかと思います。バイオマスタウン構想、都市景観形成推進事業など、従来にない政策が見られる本予算でありますが、総じて、会田カラーのスカイブルーの予算とは、まだまだ言えないと思う次第であります、が、その第一歩の予算と認識、評価する次第であります。


 2年後、3年後のさらなる本格的な会田予算を期待しつつ、会派みらいを代表いたしまして、賛成の討論とさせていただきます。


 ありがとうございました。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第12号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第12号は、原案のとおり可決しました。


 ここで休憩いたします。


               午前11時58分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 1時00分 再開


○議長(霜田 彰)


 会議を再開します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 3(議第13号) 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算


日程第 4(議第14号) 平成18年度老人保健特別会計予算


日程第 5(議第15号) 平成18年度介護保険特別会計予算


日程第 6(議第16号) 平成18年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計


             予算


○議長(霜田 彰)


 日程第3 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算から日程第6 平成18年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計予算までの4案を一括議題とします。


 厚生常任委員長の報告を求めます。遠藤議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 それでは、厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第13号から議第16号まで、以上4件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 まず、議第13号平成18年度国民健康保険事業特別会計予算でありますが、本案は、審査の過程において、基金繰入金の額について、基金繰入金と税率改正との関係、保険証交付方法を普通郵便80円から配達記録郵便290円に変更することについての考え方、ほかの郵送物との関係、診療報酬改定が及ぼす影響について、自動体外式除細動器(AED)の設置場所と今後の整備計画などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、2人の委員から、討論がありました。


 反対の討論では、12月当初示された税率改正について、加入者の経済状況から滞納世帯がふえ、国民健康保険としての役割が果たせなくなることが危惧され、市長への申し入れを行った。その後、老人保健拠出金の減少と特別調整交付金の国の算定方針により、国庫負担金が増加し、税率を下げられる要因が出てきたこと。逆に、租税特別措置法改正の経過措置により、課税所得の減少による収入不足要因などの変化があった。何よりも、今回、ゼロベース予算で、一般会計からの法定外繰り入れを廃止するという方針を変更し、特別措置として、年5,000万円を2年間繰り入れると決定した市の努力は、大いに評価をする。


 しかし、小泉内閣が進める構造改革路線により、国民全体に増税の波が押し寄せ、とりわけ、低所得の生活は、今、死活のふちに立たされている。こうした中での国保税の増税は、社会保障制度であるはずのものが、逆に、低所得者を苦しめる結果となっている。健康保険は、生命を守る命綱でもある。したがって、一般会計からの繰り入れ措置は評価する立場であるが、もうこれ以上払えないという方々の、悲痛とも言える状況の中で、さらに、介護分の上乗せもあり、今回の税率改正が行われる本予算に反対する。


 賛成の討論では、租税特別措置法の改正もあり、国保会計は厳しい状況にあり、市民に対して大幅な負担増が見込まれるが、厳しい財政事情の中で、基金の取り崩しとあわせ、一般会計から5,000万円の繰り入れを行い、保険税の激変緩和を行った。このことは、高度な政治的判断と決断であり、高く評価し、賛成する。


 このような討論がありました。


 本案は、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議第14号平成18年度老人保健特別会計予算でありますが、本案は、質疑はなく、討論において、1人の委員から、国民健康保険事業特別会計予算と同様の趣旨で反対であるとの討論がありました。


 本案は、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議第15号平成18年度介護保険特別会計予算でありますが、本案は、審査の過程において、地域密着型サービス運営委員会の委員構成と、委員会と人のかかわりについて、地域包括支援センター5ヵ所の事業内容に違いはあるのか、介護予防サービス内容について、ケアマネージャーの人数とケアプランの作成数などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、1人の委員から、今回の予算は、ひとえに介護保険法の改正による影響、そして、同法律に基づく3年に一度の介護保険料の改定に基づくものとなっている。


 大きく変わった内容として、昨年10月から前倒しで実施された食費や介護施設の居住費が介護保険の対象外とされ、全額自己負担となり、大幅な負担増となった。そして、新予防給付の導入により、軽度者が利用していたホームヘルプサービスなどの給付抑制である。予防給付を強制的でなく、本人の希望も入れて行うことは必要であるが、今までホームヘルプサービスを利用していたことから、地域、在宅での生活が可能だった人が多くいる。このサービスの抑制により、困る人が出てくることは、目に見えている。それにかわって、地域包括支援センターが予防給付を行うものであるが、多くの事業が予定されているのに、それを担う体制、財源が不十分である。


 さらに、当市介護保険料の改定である。基金の取り崩しなど、県内他市に比較し、非常に値上げ幅が抑制され、努力がうかがえる。しかし、年金の支給額削減、租税特別措置法の改正など、高齢者がこれからの生活に不安を抱える中で、国保税、介護保険料の相次ぐ値上げになることから、高齢者の生活を考え、反対する、との討論がありました。


 本案は、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第16号新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計予算については、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対して質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 宮崎議員。


○2番(宮崎栄子)


 議第13号平成18年度国民健康保険事業特別会計、老人保健特別会計及び介護保険特別会計予算について、反対の立場で討論いたします。


 まず、国民健康保険特別会計についてです。


 このたびの税制改正は、12月当初示されたものは、1人当たり調定額1万6,597円、率にして27.7%の増額でした。このような国保税の引き上げは、加入者の経済状況からして、払い切れずに滞納する世帯がふえ、国民皆保険としての役割が果たせなくなるということ、ひいては、健康悪化につながるとの危惧から、担当課、市長への申し入れを行ったところです。その後、老人保健拠出金の減少、国の特別調整交付金である国庫負担金の増加等、税率を下げられる要因が出てきたこと、逆に、租税特別措置法改正の経過措置による課税所得減による収入不足、そういう要因が出てきたことなど、プラス・マイナスの変化がありましたが、それよりも、今回、ゼロベース予算で、今まで行ってきた一般会計からの法定外繰り入れを行わないという方針の中で、今回、特例措置ではありますが、5,000万円を2年間繰り入れするという措置を決めた市の姿勢については、大いに評価しているところです。結果として、1人当たり調定額は9,826円、率にして16.4%の上げ幅に縮小されました。


 しかし、今、国の進める構造改革路線は、昨年分から、所得税法を改定し、国民全体に増税の波が押し寄せています。国民健康保険の加入者は、今回、示された資料でも明らかなように、所得100万円未満世帯が50%です。したがって、国民皆保険の平等性を保障する上で、国の支えなしには維持できない制度としてスタートしているわけです。


 このような重大な国の役割にもかかわらず、国の支出を削減して、住民と自治体に、その犠牲がしわ寄せされています。このような国の方向に対して、住民と自治体は、協働して削減を許さない運動が求められます。経済的格差が広がる中で、とりわけ、低所得者は、死活のふちに立たされています。


 したがって、今回、一般会計からの繰り入れ措置は、大いに評価しながらも、こうした中での国保税の増額は、もう本当に、これ以上は払えませんという方々の声を届ける立場で、反対いたします。


 よって、これとの関連で、議第14号老人保健特別会計、議第44号国民健康保険税条例の一部を改正する条例も、同趣旨で反対いたします。


 次に、議第15号平成18年度介護保険特別会計についてです。


 介護保険特別会計は、今回の法律改定に伴う影響と、同法に基づく3年に1度の保険料の改定が主なものです。


 大きく変わった内容としては、昨年10月から前倒しで実施されている介護施設の食費・居住費が保険対象外とされ、全額自己負担になったことにより、利用者にとって大幅な負担増となりました。そして、この4月から、新予防給付の導入により、今まで軽度の方が利用していたホームヘルプなどの利用抑制があります。


 本来、予防給付は強制ではなくて、希望も取り入れて行うことは、むしろ、必要なことではありますが、今までホームヘルプサービスを利用していたからこそ自宅で生活できていた方々にとって、このサービスが抑制される、困る方が、大勢出てくることが目に見えています。それにかわって、地域包括支援センターが、新予防給付を行いなさいというものですが、多くの事業が予定されている中で、それを担う体制、財源が不十分です。結局、国が介護保険財政に対する支出を抑えるための方策であり、介護保険設立時の理念、介護の社会化は、どこかへ押しやられ、5年目にして、自立・自助の文字に置きかえられました。だれもが自分でできることは、できるだけ自分で行いたいと思っています。特に、今、介護保険を利用されている世代の方々は我慢強く、利用を進めても、ぎりぎりまで、自分で何とかしていると私は思っています。その人々が困らないように、きちんとした対応が求められます。


 そして、介護保険料の改定です。これも、基金の取り崩し等により、県内他市と比較しましても、値上げ幅は、本当に抑制され、努力された結果がうかがえると思います。


 しかし、この4月から、年金支給額の物価スライド制導入による支給額の削減、そういったことがなされること、各種控除の削減廃止の方向性など、高齢者をねらい撃ちとも言える実質増税の中で、今度は、医療制度まで変えられようとしています。高齢者は、今後、どう生活していったらいいのか、不安の中での、国保税に次ぐ値上げになるわけです。こうした高齢者の実情を考えると、容認できないという立場で、反対いたします。


 したがって、議第65号介護保険条例の一部を改正する条例も一体のものでありますので、反対いたします。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 吉川議員。


○15番(吉川英二)


 私は、柏崎市議会2月定例会で提出された、議案第13号平成18年度柏崎市国民健康保険事業特別会計予算及び議案第14号老人保健特別会計予算、並びに議第15号介護保険特別会計予算、この3案について、賛成の立場で討論を行います。


 最初に、国保に関係いたしまして申し上げます。


 租税特別措置法の改正もあり、国保会計は厳しい状況となり、市民に対して大幅な負担増が見込まれ、懸念されていましたが、市御当局におかれましては、厳しい財政事情の中で、基金の取り崩しとあわせて、一般会計から5,000万円の繰り入れを行って、保険税の激変緩和に御配慮をいただきました。このことは、まさに、会田市長の高度な政治判断によるもので、その決断に高く評価を申し上げるものであります。


 そして、保険税の徴収に当たりましては、税負担の公平を図るたるめに、徴収率のアップに向けて最善の努力をされるよう、御注文を申し上げるものであります。そして、今案については、賛成いたします。


 続いて、議第14号、並びに議第15号については、審査をいたしました結果、極めて妥当なものであると判断いたしましたので、この2案についても、賛成するものであります。


 以上をもちまして、私の賛成討論といたします。


 終わります。


○議長(霜田 彰)


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 議第13号平成18年度国民健康保険事業特別会計予算に、賛成の立場で討論したいと思います。


 考え方の趣旨はですね、先ほど宮崎議員から、逐一ありました。全く同じであります。つまり、ただ、これから用意した原稿を読ましてもらいますが、ただ、いかんともしがたいというのがですね、自治体の立場だということで、やむを得ないなという立場なんであります。


 本予算は、議第44号国民健康保険税条例の一部を改正する条例、つまり、税率改正を前提としたものであるわけであります。今回の税率改正は、所得割額7.3%を8.4%、増減率15.1%増、均等割額2万300円を2万3,200円、2,900円、14.3%の増、それから、平等割2万3,500円を2万5,800円、2,300円、9.8%の増という大幅な値上げをもとにしているものであるわけであります。これは、被保険者1人当たりの調定額で見ますと、一般分でですね、9,026円、15.6%の値上げであるわけであります。国保会計、あるいは、国保の加入者が高齢者、あるいは、職業がない無職者など、低所得者が多いことを考えるときに、到底、この負担に耐えられるものではない、こういう問題があるわけであります。しかも、柏崎の、この国保加入者の内訳を見るとですね、所得200万未満世帯がおよそ8割に達しているというようなことから見ても、そういうことが言えるのではないかと思います。


 国はですね、景気回復基調だということで、これまでとってきた国民負担軽減策を次々と転換をしているわけであります。そして、この国民負担増の方向に転換したことが、今回の税率改正の大きな要因でもあるわけであります。


 この国民負担増への動きを、ざっと並べますとですね、先ほどもお話ありました、昨年の10月から介護施設入所者のホテルコストの徴収開始、それから、この1月には、所得税の定率減税の半減、4月からは、今、審議している介護保険料の値上げ、あるいは、障害者の福祉サービス利用に、原則1割の自己負担を取る。あるいは、施設利用者の食費、光熱水費を原則自己負担にする。それから、5月からはですね、第3のビール、ビール風飲料と言っているようですが、の税率、酒税引き上げ、それから、65歳以上の住民税の控除廃止、同じく、住民税の定率減税の半減、それから、7月には、たばこ税の1本1円の値上げ、その後もですね、厚生年金保険料の引き上げだとか、あるいは、70歳以上の高所得者の医療費窓口負担を2割から3割に値上げする。あるいは、70歳以上の長期入院者の食事と住居費の全額自己負担化、そして、来年1月からは、いよいよ所得税の定率減税が全廃される。あるいは、地方税についても、同じく全廃される。そして、さらにですね、政府の税制調査会あたりが、既に明らかにしているとこによれば、個人住民税の税率フラット化という増税、これは一律10%ということにするわけでありますから、高額所得者については減税になり、低所得者はすべからく増税になるということであるわけであります。そして、さらに、消費税の増税の議論が展開されているということになるわけであります。


 また一方で、生活保護世帯は100万世帯、全国ですが、143万人に達している。それから、年間の自殺者は、言われているように、毎年3万人をくだらない、超えている。また、労働市場では、パートタイマーなど、非正規労働者の割合が急速に拡大している。しかも、このパート労働者の賃金は、正規労働者のおよそ4割強である。加えて、収入が低いために、健康保険だとか、年金掛金だとか、失業保険の適用からも除外されているという実態があるわけであります。しかも、このパート労働者の特徴といえば、女性労働者が圧倒的に多く、また、男性も若年者、つまり15歳から24歳までの人たちが、急速に、今、伸びている。これはOECDの日本経済白書というところの数字なんでありますが、そういうのが実態です。そして、これらの人たちが、結果として、国保会計の方に流入しているのが実態であるわけであります。これが、何を隠そう、小泉政権が進めてきた、市場原理主義的な構造改革の、1つの結果としての格差社会の具体的な姿であるわけであります。


 このような格差社会の出現は、この間、進められた構造改革が推進した、規制緩和と競争原理の導入で、我が国が、これまでの時代とは違い、限りなくリスク社会へと転換しつつあることの結果であり、格差拡大などないとして、この格差是正をしない、あるいは、公平・公正な社会をつくろうとする考えが、小泉政権にはないわけでありますから、幾ら景気が回復基調にあると言っても、国民のストレスは高まる一方で、決して幸福感など得られないものであるわけであります。


 そもそも国民健康保険制度は、国民皆保険制度として、被用者保険に属さない、すべての者を対象にすることとされているわけであります。それゆえに、保険制度として、非常に成り立ちにくい、あるいは、自営業者だとかですね、高齢者、無職者が、国保に集中するという構造になっているわけであります。近年、今ほど述べたようにですね、それが、ますます深刻化しているという現状があるわけであります。


 加えて、そういう構造的問題が、1人当たり医療費が被用者保険加入者に比べて高いこと、そして、その要因の大きなものが、国保加入者の年齢構成が高いことが挙げられるわけであります。また、さきに述べました、職を持たない若者やリストラ等による被用者保険からの流入が増加をしている。国保会計の厳しい財政状況を結果として招いているわけであります。


 このような中で、当市も、国保税の収納率向上に向けて、懸命な努力を続けているわけでありますが、構造的問題が一段と厳しさを増す中で、近年、低迷する経済情勢のあおりもあって、収納率も少しずつ低下しているというのが現状であるわけです。


 昨年の暮れの、これ、新聞報道です、共同通信配信の記事なんですが、国保の保険料を滞納して、保険証を返還し、医療機関の受診のおくれから、症状が悪化し、死亡したと見られる患者が、過去6年間で、少なくとも11人いた。患者のほとんどは、不況の影響などによる低所得者で、滞納世帯は年々増加し、保険証を返還した世帯は、昨年、これ、16年6月時点で約130万世帯、だれでも安心して医療が受けられるはずの国民皆保険制度の中で、格差社会の一端を示した形だという記事であります。国が小さな政府という名のもとで、福祉国家の解体を進めて、この先、一体何が起こるんかという実感をして、怒りを覚えるわけであります。


 当市の短期証だとか、資格証の発行もですね、16年の実績では、777世帯というふうになっているわけであります。決して、柏崎市に関係ないということではないわけであります。


 国保の運営は、本来、保険料収入と国庫負担金で賄われるべきものであるわけでありますが、多くの自治体では、保険税率が限度に達しているというようなこともあって、やむを得ず、一般会計から国保会計へ繰り入れを行っているという現実、実態があるわけであります。


 当市においても、いわゆる一般会計からの繰り入れのルールを創設し、これまで国保会計を支えてきたわけであります。


 この制度を振り返りますと、私の記憶では、昭和62年、当時、被保険者1人当たり5,000円でありました。それが、その後ですね、国の制度改正もありまして、例えばですね、保険基盤安定繰入金制度ができたり、それから、財政安定化支援事業繰入金制度、あるいは、職員給与の投入、繰入金、出産育児一時金などがありまして、結果として、これは、平成3年から1人当たり9,000円に変化をしたわけですが、結果としては、こういう繰入金、いわゆる法定繰入金と言われているものがありまして、当初の制度、一般会計からですね、1人当たり、当初は5,000円、それが9,000円になったわけでありますが、実際的には、1人当たり、決算ベースの中では、2,500円から3,000円程度にとどまってきたという実態があるわけです。


 私たちは、これまでも、制度発足の精神にのっとりですね、自主的に一般財源9,000円を繰り入れるべきだと主張してきたわけであります。平成18年度予算編成に当たり、いわゆるゼロベース予算でスタートをせざるを得なかったことを理解しつつも、この9,000円ルールの廃止措置は、正直、不満の残るところでありました。12月段階での説明では、1人当たり調定額、一般分で、現行5万7,969円を7万2,873円、実に1万4,904円、率にして25.7%という、超大幅な値上げの考え方の提示があったわけであります。


 しかし、その後、先ほど宮崎議員からの討論にもありましたが、国からの、老人保健拠出金の算定根拠が示されたことだとか、あるいはまた、特別調整交付金の算定方針の変更があって、いずれも税率を下げる要因が生じたわけであります。


 しかし、逆に、特別措置法の激変緩和措置によって、税収が下がり、結果して、税率をアップしなければならないという要素も出てきまして、結果して、なお1人当たりの調定額は、一般分で現行税率との比較では1万975円、18.9%の増となったものであります。


 ここで、9,000円ルールとは別建てで、市長の政治的判断で、今回の算定期間の2年間で1億円の一般会計繰り入れで、税負担の抑制を図るとして、今回の、税率改正の提案となったものであるわけであります。


 このように、国保制度というのは、制度そのものが、もはや、制度疲労を起こしている、破綻をしていると言っても過言でないわけであります。もはや、一自治体が、幾ら必死になって支えても、その運営は、まさに危機に瀕している。国保の危機というのは、結果とすれば、医療に対する国民の信頼の危機であるわけであります。


 この制度が抱える課題の解決については、全国市長会等でも、強く国に申し入れているところであるわけでありますけれども、今後、私たち議会も、行政も、いわゆる地方6団体として、強力に運動を進めなければ、まさに国民皆保険制度が崩壊になってしまうわけであります。


 以上、国民健康保険制度の抱える課題等を申し述べ、かかるときに、政治的判断をされた市長に対して評価をし、本予算に賛成するものであります。


 なお、この税率改正の内容について、今ほど申し述べた背景等も踏まえて、市民に説明し、理解してもらうよう、きちんと説明責任を果たしていただくことを強く要望して、討論を終わりたいと思います。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 池田議員。


○8番(池田千賀子)


 議第13号平成18年度国民健康保険事業特別会計予算に、賛成の立場で討論をしたいと思います。


 今予算は、議第44号の国民健康保険税条例の一部を改正する条例により、税改正を行うことを前提とした予算であります。


 この税金の増額は、国保の加入者にとっては、決して少なくない負担増であるというふうに思っております。現行税率と比較して、税率改正後の税額が、約110%から140%になるという世帯が多くなるというふうに認識しておりますけれども、中には、160%から170%になるという世帯もあり、国保税を納めるということが、個々の家庭にどのような影響を与えるか、大変に憂慮しているところでもあります。


 しかしながら、当市の国保財政を見たときに、常に基金を繰り入れて、単年度の収支を合わさざるを得ないという、これまでの運営が健全であるということは、到底言うことはできません。


 給付と保険料の関係は、端的に言えば、被保険者が医療につくときに必要となる給付費が、これからも増加していくのであれば、保険料をふやすか、あるいは、市の繰入額をふやさなければならない、もしくは、保険料をふやさないようにするというのであれば、給付費を増加させない、つまり、医療につく人を減らすしかない、そのどちらかしか道はないのであります。


 今回の税率改正では、給付費が増加し続けている、また、課税所得がし続けているという国保会計の厳しい事情の中で、国保が医療保険のセーフティネットであるということにかんがみ、一般会計から5,000万円の繰り入れをした上での税改正であるということは、大きく評価ができるというふうに考えております。


 以上のように、国保の運営と、被保険者の負担増をなるべく抑えるという、この双方を考えたときに、税率改正を行った上での今予算は、やむを得ないということで、賛成の立場をとるものであります。


 また一方で、今回、示されている一般会計からの5,000万円の繰り入れは、今回を含めて、2年間とする期限つきであるということ、それから、そもそも当市の国保の健全運営とは、この繰り入れをするか否かというようなことよりも、もっと根本的な課題を有しているということは、指摘をせざるを得ません。健康な人をふやしていく健康増進の活動を推進することはもちろんでありますが、医療にかかる被保険者の意識、また、それら患者を迎え入れる医療機関の関係者とも、国保健全財政を維持していくという観点から、問題意識の共有に向けた努力が必要ではないかというふうに痛感をいたしております。


 以上の意見を付しまして、賛成の討論とさせていただきます。


○議長(霜田 彰)


 飯塚議員。


○7番(飯塚寿之)


 議第15号平成18年度柏崎市介護保険特別会計予算に、賛成の立場で意見を申し上げます。


 柏崎市は、高齢化が、全国平均や県平均よりも早いペースで進んでおり、介護を必要とする人数も、今後、ますます増加するものと見込まれております。急速に進む高齢社会の中で、明るく、活力ある社会にするためには、高齢者が生きがいを持った社会づくりと、介護が必要になっても、住みなれた家庭や地域の中で安心して暮らすことができる社会づくり、まちづくりの実現が急務であります。このような時代の背景において、高齢者、並びにその家族を支える地域づくり、体制づくりに、介護保険サービスの円滑な運営は不可欠であり、サービスの質の向上についても、不断の努力と研究が求められております。


 改正介護保険制度は、制度の持続可能性をより高めることを基本方針に、介護予防の推進と地方ケアの推進、地域密着型サービスへの展開を柱として、運用されようとしております。


 平成18年度の、本市の介護保険特別会計予算は、その動きにあわせ、介護予防ケアマネジメント、総合相談、権利擁護、包括的・継続的ケアマネジメントを行う地域包括支援センターの整備事業、並びに運営事業が盛り込まれ、地域包括支援センター運営協議会の設立など、体制の整備にも努められており、高く評価するものであります。


 また、18年度予算には、介護予防普及啓発事業や認知症高齢者見守り事業など、元気支援課が推進する事業も、かなりのウエートで盛り込まれていることは、市民ニーズにもこたえているものと評価いたします。市民との協働事業として、今後、大切に育てていただくよう、強くお願いするものであります。


 しかしながら、今日、いまだ施設重視の考え方は払拭できず、長期的に見て、今の制度が持続可能なものかどうか、あるいは、本人・家族の経済的な問題も含め、安心感が得られるものかどうか、また、改正介護保険制度の理念に基づいた、例えば、小規模多機能型サービスといった、真の地域密着型サービスのグランドデザインが、将来的に展望されているかといえば、その行方は不確かであります。


 介護保険制度の、理念の再認識と意識改革が、国や自治体、さらに、市民的にも迫られているのではないか、また、あるべき地域密着型サービスのデザインについて、財政も含めた積極的な研究が必要ではないか、現時点では、このような問題提起をせざるを得ません。


 介護保険制度の理念は、言うまでもなく、高齢者の、人としての尊厳保持と、自立支援を基本として、高齢者が要介護状態となった場合にも、可能な限り、居宅において、当事者個人の有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるようにするというものであります。


 このような理念に沿いながら、必要な人に必要なサービスが適切に行われているか、運営上の問題点、改善点はないか、さらに、人材の確保、育成及び資質の向上について、確実に検証しながら、予算の執行をお願いしたいと思います。


 また、介護高齢対策課、国保医療課、元気支援課の3課、並びに事業者の緊密な連携が、これまで以上に必要となってくることを十分御認識いただきたいこともあわせて要望し、柏崎市には、今後も、介護サービス、また、地域における高齢者福祉基盤整備と質の向上に向けて取り組みをお願いするものであります。


 以上、申し述べて、賛成討論といたします。


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第13号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第13号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第14号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第14号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第15号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第15号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第16号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第16号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 7(議第17号) 平成18年度土地取得事業特別会計予算


日程第 8(議第18号) 平成18年度墓園事業特別会計予算


○議長(霜田 彰)


 日程第7 平成18年度土地取得事業特別会計予算及び日程第8 平成18年度墓園事業特別会計予算の2案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2案に対する委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第17号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第17号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第18号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第18号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 9(議第19号) 平成18年度下水道事業特別会計予算


日程第10(議第20号) 平成18年度農業集落排水事業特別会計予算


○議長(霜田 彰)


 日程第9 平成18年度下水道事業特別会計予算及び日程第10 平成18年度農業集落排水事業特別会計予算の2案を一括議題とします。


 建設企業常任委員長の報告を求めます。吉野議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第19号、議第20号の2案について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 最初に、議第19号平成18年度下水道事業特別会計予算について、審査の過程で、次のような質疑がありました。


 自然環境浄化センターの毎年の改築更新工事等で、PFI、包括的民間委託の方向性、長期債償還の借りかえ、公共下水道全体計画変更業務委託の目的、震災による受益者負担金、汚泥処理施設の消化タンクの改築更新工事に関連して、消化ガス発電等の手法の手順、公営企業への移行に伴うガス水道局財務会計等のシステム更新負担分による経費削減の見込みなどの質疑・意見がありました。


 討論において、1人の委員から、反対の討論がありました。


 快適な生活環境と水質保全に欠くことのできない基盤事業の中、公共下水道、農業集落排水事業、合併処理浄化槽の、事業と目的は同じでありながら、3事業の所管の違いで、国・県・市の負担率が違い、結果、受益者の負担の格差が生じている。この格差の改善がされてこそ、どこに住んでいても、安心して、衛生的、快適に柏崎市で暮らせる保障となると考え、格差是正・負担軽減が不十分とし、今下水道事業及び農業集落排水事業特別会計予算に反対する、との討論がありました。


 採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。


 次に、議第20号平成18年度農業集落排水事業特別会計予算において、審査の過程で、次のような質疑がありました。


 震災・豪雪による事業計画の進捗率、加入状況と加入の啓発、旧柏崎市と旧西山町の今後の事業費受益者負担金、汚泥処理の手順、バイオマス事業の手法と汚泥処理後の汚泥ケーキの活用など、質疑・意見がありました。


 討論において、1人の委員から、反対の討論がありました。


 本予算についても、下水道事業特別会計予算と同趣旨であることから反対する、との討論がありました。


 採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 五位野議員。


○11番(五位野和夫)


 議第19号平成18年度柏崎市下水道事業特別会計予算について、あわせて、議第20号平成18年度農業集落排水事業特別会計予算についても、あわせて反対の討論を行います。


 平成17年度市勢概要において、公共下水道は、都市の健全な発展と快適な生活環境を確保するとともに、公共用水域の水質保全に欠くことのできない基盤施設であり、その整備は、数多くの行政課題の中で、緊急を要する重要課題であるとしています。このことには同感であります。


 公共水域をきれいにすること、快適な都市生活環境をもたらしていくこと、農村や自然環境を保全するための行政の存在は、今日、大きな役割を果たすことは、疑う余地はありません。それだけに行政は、市民の理解と協力を得るために、農村や自然環境の保全という立場を啓蒙し、そのための政策的な努力が必要と考えます。下水道事業という環境整備事業を進めるには、都市部、中山間地域、山間地、集落のまばらな地域、農村、工場混住地域など、それぞれに見合う下水道事業が行われるのは、当然であります。


 当市では、現在、状況によって、公共下水道、農業集落排水事業、合併処理浄化槽の3事業で水質保全を行っています。3事業の目的は同じであります。しかし、3事業の所管の違いで、国・県・市の負担率が違い、結果、受益者の負担も違ってきます。


 旧柏崎市でいえば、負担金と使用料が公共下水道と農業集落排水事業での格差が生じ、農業集落排水事業でも、地域間での負担金は40万円台から上限100万円、使用料でも、10立方までの基本料金でも、約600円の格差が生じています。国の縦割り行政を受け、そのままの状態で下水道の行政が行われているため、現実に負担の差別がされているわけであります。この改善がなされてこそ、どこに住んでいても、安価で、安心して、衛生的、快適に柏崎市で暮らせる保障となると考えます。この改善が必要だと考えています。


 以上、平成18年度における下水道・農業集落排水事業予算において、この格差是正、軽減負担の方向が、会田市政に求められると考えますが、提案されている予算は、この改善の方法が不十分と考え、2つの予算に反対するものであります。


 以上です。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第19号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第19号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第20号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第20号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第11(議第21号) 平成18年度ガス事業会計予算


日程第12(議第22号) 平成18年度水道事業会計予算


日程第13(議第23号) 平成18年度工業用水道事業会計予算


○議長(霜田 彰)


 日程第11 平成18年度ガス事業会計予算から日程第13 平成18年度工業用水道事業会計予算までの3案を一括議題とします。


 建設企業常任委員長の報告を求めます。吉野議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第21号、議第22号、議第23号の3案について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 議第21号平成18年度ガス事業会計予算において、審査の過程で次のような質疑などがありました。


 売上収入の見込み、民営化の検討と内容及び民間からの問い合わせ状況、白ガス管の敷地及び宅内配管のガス漏れの発見の方法、ガス漏れ警報機の普及率と一部不道徳な業者対策、プロパンガス区域の今後の方向、不用土地にあっての公売促進、財務会計システム開発負担金の目的と効果、職場内研修奨励金事業の中身、以上の質疑・意見がありました。


 討論においては、2人の委員から、次のような賛成の討論がありました。


 ここ数年、利益を出すため、購入ガス原価の引き下げ及び経営効率化など評価したい。また、環境政策に配慮した天然ガス自動車の推進や床暖房など、快適な生活環境への努力も評価して、賛成する。


 ガス料金の引き下げも含み、企業努力の成果が黒字になったと評価するが、今冬期では、原油価格の高騰でガスにシフトした部分もあり、緩まず努力を続けていただき、賛成する。


 このような賛成の討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議第22号平成18年度水道事業会計予算において、審査の過程で次のような質疑などがありました。


 石綿管のアスベストについての健康への影響と現状及び取りかえ完了時期、石綿管の宅内配管をしていないかの確認、料金改定と供給量の増加での黒字の今後の見込み、合併両町への設備投資による料金改定の先送り努力と、西山拡張工事に伴う刈羽村への給水を含めた応分な負担、収益的支出の減価償却費及び、起債支払利息の割合の今後と政府資金の借りかえ対応の考え方、ダム貯水量での刈羽村・出雲崎への余力、西山町別山水源に係る地盤沈下影響調査の目的と今後、高柳町の簡易水道山中浄水場水源調査業務委託の目的と水源開発場所、赤坂山浄水場入場門及び、ろ過池監視設備工事での正面入場門の電動化及び監視カメラ、並びに南条の中部ポンプ場送水ポンプ及び、制御システム改良工事での現状と改良効果、消費エネルギーに係る他のエネルギーの活用の方向性、財務会計システム更新事業の概要とリースから買い取りの理由と保守点検、以上の質疑・意見がありました。


 討論においては、2名の委員から、それぞれ反対・賛成の討論がありました。


 反対討論では、1日の供給可能水量が8万6,000トンに対し、使用水量が4万5,000トン程度の、5割余剰であることが、柏崎市の人口に対する過大な初期投資である。このことが、会計面で減価償却、利子支払いと6割近くを占め、市民への水道料金の負担強化として見ている。また、高率の支払利息への今後の対応として、借りかえを国に強く要望すべきとし、反対する。


 賛成討論は、西山町の水源使用における地盤沈下影響調査に関して、平成9年当時から、水源として取水をとめているものの、地盤沈下の影響等から、引き継ぎ後も借地料とした経過があるが、慎重な対応と、事あるごとに議会に説明するよう申し入れ、賛成とする討論がありました。


 採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。


 次に、議第23号平成18年度工業用水道事業会計予算について、審査の過程で次のような質疑がありました。


 一般会計からの繰り入れしての経営の今後の方向性、国庫補助金が投入されての料金見直し、工業用水から上水道への切りかえ、工業立地が進んだ場合の余力と収益、工場進出の情報、このような質疑・意見がありました。


 本案は、討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 五位野議員。


○11番(五位野和夫)


 議第22号平成18年度柏崎市水道事業会計予算について、反対の討論をいたします。


 水道事業については、全く深刻な悩ましい水道事業会計と考えます。毎回、申し上げておりますが、深刻な事態をつくっている要因の1つは、想定と投資規模の関係であります。水源確保という、この目的は否定しないわけですが、その規模の大きさという点は、疑問を投げかけてきたところであります。


 一日最大配水量に対する設計指針というのは、一般的に75%と言われております。委員会の質疑に対する答弁でも、17年度は、設計値の約8万6,000立方に対し、使用量は約4万5,000立方と、48%も余裕がありました。この現状では、必要以上に投資規模が大きかったことを意味すると思います。このことは、現状の会計面でも、減価償却費と支払利息で、収益的支出の57%を占めていることでも明瞭であります。現実に、この政策的甘さによる投資が、結果として、市民への水道料金へとはね返り、負担強化に流れていると考え、問題を投げかけるものです。


 整備後の対応としては、会計の負担を軽減するために、国への支払利息の高い問題、これを国に対して、徹底して繰上償還を要求することを求めるべきであります。住民の暮らしを確保する立場からして、関係者とともに強力に働きかけていく必要があると思うわけであります。また、市民への負担をできるだけ抑制するには、先々に見える料金改定をさまざまな角度から抑えるため、努力を尽くすことが求められます。しかし、これまでどおりの会計であり、この点は不十分と言わなければなりません。


 以上をもちまして、反対の討論といたします。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第21号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第21号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第22号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第22号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第23号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第23号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第14(議第24号) 職員定数条例の一部を改正する条例


日程第15(議第25号) 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する


             条例


日程第16(議第26号) 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関


             する条例の一部を改正する条例


日程第17(議第27号) 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条


             例の一部を改正する条例


日程第18(議第28号) 特別職の職員で非常勤のものの報酬、費用弁償及び実費弁償


             に関する条例の一部を改正する条例


日程第19(議第29号) 特別職の給与に関する条例及び教育委員会教育長の給与、勤


             務時間等に関する条例の一部を改正する条例


日程第20(議第30号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


日程第21(議第31号) 合併職員に対する給与支給の特例に関する条例を廃止する条


             例


日程第22(議第32号) 手数料条例の一部を改正する条例


日程第23(議第33号) 国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例


日程第24(議第34号) 国民保護協議会条例


日程第25(議第35号) 地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正する


             条例


○議長(霜田 彰)


 日程第14 職員定数条例の一部を改正する条例から日程第25 地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例までの12案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本12案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 国民保護法にかかわる関連条例、幾つかあるわけですけれども、反対する討論をさせていただきたいと思います。


 大もとになるのが、議第33号国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例、そして、第34号国民保護協議会条例、これにかかわって、第30号にある職員の派遣関係にかかわる職員の給与に関する条例の一部を改正する条例と、それから、後段に出てくるわけですけれども、議第52号企業職員の給与の種類及び基準に定める条例の一部を改正する条例ということで、これらは反対させていただきたいと思っております。


 反対の理由でありますけれども、その第1は、一般質問でも、この点は触れてきたわけでありますが、有事法制国民保護計画は、日本を守るものでも、国民を保護するのでもなくて、アメリカの行う戦争に、国民、地方自治体、民間を強制的に動員するものだという点であります。この保護法の大もと、これをどう見るかが根本にかかわることであります。


 2003年6月に強行可決された武力攻撃事態対処法、これが武力攻撃予測事態を法律に明記して、アメリカの周辺事態にも、日本を動員をして、対米軍支援を可能にする法的整備を進めたわけであります。


 国民保護法が義務づける地方自治体や、指定公共機関による住民の避難計画や救援、復旧などの国民保護計画の策定は、戦争に備えるのは当然という、いわゆる戦争意識を持たせ、戦時動員体制をつくることに最大のねらいがあるというのが第1であります。


 2つ目は、大震災や大規模災害などのときは、政府や地方自治体は、国民の保護に当たることは、当然なんです。しかし、有事法制における国民保護計画は、災害救助における住民避難計画などとは根本的に違うものであって、国が主催した国民保護ブロック会議で出された、軍事行動が優先されるんではないかという質問に対して、調整中という、事実上、答えられないだけでなくて、まさに、あいまいで、軍事が優先される可能性を持っているわけであります。


 これまでの歴史を振り返ってみても、戦争における住民保護というのは、軍隊の軍事行動を優先し、その円滑な実行を図るためのものだったということは、歴史的にも、特に地上戦を経験した沖縄では、このことが県議会の中でも述べられているわけであります。有事の事態に、国民・県民を保護するというのは、いかに困難であるか、沖縄県民は、歴史的な体験を通して知っており、語り継がれていると関係部長は答えております。


 歴史の教訓は、戦争における国民保護は、軍事作戦を思いのままに行うための方便に過ぎなかったということを示しているわけであります。


 一般質問でも述べましたように、武力攻撃事態対処法第7条は、地方公共団体の役割に関して、国の方針に基づく、措置の実施、その他適切な役割を担うとしています。これは、各地方公共団体が、独自の判断で実施する措置があり得ること、つまり、これまでの地域防災計画で対応するという立場をとることも可能であり、さらに、いわゆるジュネーブ条約第1、追加議定書第59条に基づく、無防備地区宣言を行うなどの対応もとり得るということが含まれるわけであります。


 もう1つ、緊急対処事態に対する、その想定で、原発へのテロ攻撃が考えられているわけでありますけれども、これが果たして、あり得るのかどうかという点も述べておきたいと思うんです。


 皆さんのお手元にも、恐らく、届いていると思うんですけれども、東北原子力懇談会が発行するパンフレット「ひろば」というのがありまして、ここは、原発を容認する環境団体の方の、ブルーノ・コンビという方が講演をされています。こういう文言になっているんです。多くの方が質問される、テロ攻撃が行われる危険はどうなのか、これは原発ですけどね、についてお話します。原子炉建屋は、周囲の建造物によって保護されています。周囲にたくさんの構造物がありますので、原子炉がある建物を直接攻撃するのは難しいと考えます。あと、るる、いろいろありまして、結論として、原子力発電所に対するテロ攻撃というのは、可能性が全くゼロということはできませんけれども、現実には、容易に攻撃できるものではありません。本当に攻撃しようと思ったら、難しいものなのです、ということで、この講演で明確に述べているわけであります。


 住民保護という地方自治体の使命を生かし、国の言いなりではなくて、自立性を発揮した対応をとるべきであります。ほかの地域が悩んでるように、あり得ないことを想定しなければならず、策定は困難で、架空の計画にならざるを得ないものだと言わなければなりません。


 したがって、これらの条例は不要と言わざるを得ません。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第24号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第24号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第25号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第25号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第26号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第26号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第27号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第27号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第28号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第28号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第29号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第29号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第30号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第30号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第31号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第31号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第32号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第32号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第33号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第33号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第34号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第34号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第35号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第35号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第26(議第36号) 高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を改正


             する条例


日程第27(議第37号) 認知症老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部


             を改正する条例


日程第28(議第38号) 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する


             条例の一部を改正する条例


日程第29(議第39号) 高齢者自立支援家事援助サービス事業費用徴収条例を廃止す


             る条例


日程第30(議第40号) 高齢者生活支援短期入所事業費用徴収条例の一部を改正する


             条例


日程第31(議第41号) 高齢者等生活支援デイサービス事業費用徴収条例の一部を改


             正する条例


日程第32(議第42号) 養護老人ホーム御山荘設置条例の一部を改正する条例


日程第33(議第43号) 市立季節保育所使用料徴収条例を廃止する条例


日程第34(議第44号) 国民健康保険税条例の一部を改正する条例


日程第35(議第45号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第36(議第46号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理


             に関する条例の一部を改正する条例


日程第37(議第47号) ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正する条


             例


○議長(霜田 彰)


 日程第26 高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第37 ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正する条例までの12案を一括議題とします。


 厚生常任委員長の報告を求めます。遠藤議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 それでは、厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第36号から議第47号まで、以上12件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 議第44号国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、審査の過程において、租税特別措置法の影響を受けている人数はどれぐらいか、収納率をどれぐらいに見込んでいるのか、2年間、一般会計から繰り入れを行うが、3年目以降についての考えはどうか、9,000円ルール廃止の影響などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、1人の委員から、国民健康保険事業特別会計予算と同様の趣旨で反対である、との討論がありました。


 本案は、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第36号から議第43号、議第45号から議第47号、以上11件については、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第36号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第36号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第37号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第37号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第38号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第38号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第39号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第39号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第40号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第40号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第41号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第41号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第42号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第42号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第43号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第43号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第44号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第44号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第45号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第45号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第46号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第46号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第47号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第47号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第38(議第48号) 喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第39(議第49号) 交流プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第40(議第50号) 公民館条例の一部を改正する条例


日程第41(議第51号) 勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第38 喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第41 勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例までの4案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本4案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第48号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第48号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第49号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第49号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第50号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第50号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第51号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第51号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第42(議第52号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正す


             る条例


○議長(霜田 彰)


 日程第42 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例を議題とします。


 建設企業常任委員長の報告を求めます。吉野議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 議第52号企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例を、建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 本案は、質疑なく、討論において、1人の委員から、反対の討論がありました。


 本条例に関して、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に反対する立場であることから、これにかかわる条例の改正に反対する、との討論がありました。


 採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第52号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第52号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第43(議第53号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第43 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第53号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第53号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第44(議第54号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第44 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第54号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第54号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第45(議第55号) 柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約の


             制定について


○議長(霜田 彰)


 日程第45 柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約の制定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第55号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第55号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第46(議第56号) 二級河川の指定について(石橋川)


○議長(霜田 彰)


 日程第46 二級河川の指定について(石橋川)を議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第56号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第56号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第47(議第57号) 財産の譲与について(建物)


日程第48(議第58号) 財産の譲与について(建物)


○議長(霜田 彰)


 日程第47及び日程第48 財産の譲与について(建物)の2件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第57号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第57号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第58号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第58号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第49(議第59号) 市道路線の廃止について


日程第50(議第60号) 市道路線の認定について


○議長(霜田 彰)


 日程第49 市道路線の廃止について及び日程第50 市道路線の認定についての2件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2件については、委員長の報告を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2件については、委員長の報告を省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第59号及び議第60号の2件を一括して採決します。


 本2件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本2件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第59号及び議第60号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第51(議第61号) 平成17年度一般会計補正予算(第13号)


○議長(霜田 彰)


 日程第51 平成17年度一般会計補正予算(第13号)を議題とします。


 お諮りします。


 本案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第61号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第61号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第52(議第62号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


日程第53(議第63号) 職員退職手当支給条例の一部を改正する条例


日程第54(議第64号) 旅費に関する条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第52 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から日程第54 旅費に関する条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第62号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第62号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第63号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第63号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第64号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第64号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第55(議第65号) 介護保険条例の一部を改正する条例


日程第56(議第66号) 国民健康保険診療所設置条例の一部を改正する条例


日程第57(議第67号) へき地診療所設置条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第55 介護保険条例の一部を改正する条例から日程第57 へき地診療所設置条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題とします。


 厚生常任委員長の報告を求めます。遠藤議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第65号から議第67号、以上3件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 議第65号介護保険条例の一部を改正する条例は、審査の過程において、附則の経過措置について質疑がありました。


 討論においては、1人の委員から、介護保険特別会計予算の討論と同様の趣旨で反対である、との討論がありました。


 本案は、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第66号及び議第67号の2件については、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第65号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議第65号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第66号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第66号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第67号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第67号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第58(議第68号) 平成17年度一般会計補正予算(第14号)


○議長(霜田 彰)


 日程第58 平成17年度一般会計補正予算(第14号)を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第68号について御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度一般会計補正予算(第14号)についてでございます。


 この補正予算は、水道事業に係る繰出金の変更、歳入の補正に伴う財源振替及び繰越明許費を追加設定いたしたいというものであります。


 まず、歳出でありますけれども、16ページ、17ページの方をごらんいただきたいと思います。16ページ、17ページでございます。


 歳出のうち、説明欄に財源更正と記載があるものについては、対応財源である歳入の変更に伴い、財源充当が変わるものでありますので、説明の方は省略をさせていただきます。


 4款の衛生費、1項1目保健衛生総務費、水道事業会計繰出金564万3,000円の減額は、西山町の水道拡張事業に伴う合併特例債が減額となることから、繰出金を減額するものであります。


 続いて、歳入でありますが、予算書の12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。


 10款の地方交付税、1項1目地方交付税の特別交付税2億5,523万9,000円の減額は、合併に伴う2町計上分、合併に係る統合経費、今年度の6.28水害関係経費、豪雪対策経費及び通常の除雪費などの財源とするため、全体で12億8,564万5,000円を計上していたところでございますが、結果として、10億3,040万6,000円の交付決定となったことから、減額をするものであります。


 12款電源立地地域対策等交付金、1項2目電源立地地域対策交付金4,512万8,000円の減額は、同交付金の国分について、額が確定したことから、減額をするものであります。


 15款国庫支出金、2項5目土木費国庫補助金、臨時市町村道除雪事業費国庫補助金2,350万円は、このたびの降雪に対し、臨時措置として、国が補助金を交付することから、措置をするものであります。


 6目教育費国庫補助金、中学校水泳プール整備費国庫補助金262万2,000円の減額は、第二中学校プール改築事業に係る補助金の確定により、減額をするものであります。


 16款県支出金、2項1目総務費県補助金、原子力発電施設立地市町村振興交付金7,541万3,000円の減額は、いわゆる県の核燃料税の交付金でございますが、定期検査5基分を予定していたところ、1基分の検査が長引き、結果として、翌年度算入となったことから減額となるものであります。


 1つ飛びまして、21款諸収入、5項5目雑入、広域事務組合退職負担金9,250万8,000円は、広域事務組合解散に伴い、刈羽村が3年間に分割をして職員の退職手当負担金を納入する予定でありましたけれども、平成17年度に一括納入したいということから、増額をするものであります。


 続いて、14ページ、15ページにまいりまして、22款市債でありますが、それぞれの事業において、事業費が確定したことなどにより、各起債の増減があり、総額で5,520万円増額をするものであります。


 最後に、これらの増減を調整いたしまして、恐れ入りますが、前のページに戻っていただきまして、12ページ、下から2段目の欄になりますけれども、19款繰越金(後に「繰入金」と訂正あり)、1項1目基金繰入金、財政調整基金繰入金2億155万1,000円を追加して、均衡を図ったものであります。


 続きまして、予算書4ページ、5ページの第2表 繰越明許費をごらんいただきたいと思います。


 コミュニティセンター営繕費は、荒浜・宮川・西中通各コミュニティセンターのアスベスト除去工事について、施工完了まで日数を要することから、繰り越しをしたいというものであります。


 大変失礼いたしました。先ほど12ページの19款のところ、繰入金というところを、私、繰越金と申しまして、大変失礼いたしました。訂正をして、おわびを申し上げます。繰入金1項4目基金繰入金でございました。


 続きまして、保育園整備事業は、西部保育園の保育室改修について、国の補助内示がおくれたことから、繰り越ししたいというものであります。


 広域基幹河川改修事業附帯工事負担金は、県の別山川河川工事が、騒音対策等により、おくれたことから、それに関連する中割橋改修事業負担金を繰り越したいというものであります。


 中山間地域整備事業の兎田農道、里地棚田保全整備事業の外山農道及び市有林造林事業は、いずれも早期の降雪、積雪のため、工事がおくれたことから、繰り越したいというものであります。


 漁港整備補助事業は、漁港漁村再生交付金の交付決定が遅くなったことから、繰り越したいというものであります。


 散策路整備事業の棚田とれーるは、工事地区が高柳町門出地区であり、積雪のため、工事がおくれたことから、繰り越したいというものであります。


 道路新設改良県営事業負担金は、中割橋かけかえ工事について、県事業は繰り越しとなったことから、市負担金についても、繰り越しをするものでございます。


 道路新設改良過疎対策事業は、市道柏崎岡田荻ノ島線ほか2件について、道路新設改良辺地対策事業は、市道柏崎居谷線について、いずれも、早期の降雪のため、工事がおくれたことから繰り越したいというものであります。


 橋りょう新設改良豪雪対策事業は、市道柏崎16−42号線新裏町橋で異常出水があったことなどから、臨時河川等整備事業は、例年に比べて降雨量・降雪量が多いことから、いずれも、工期がおくれたため、繰り越したいというものであります。


 ふるさと人物館施設整備事業は、アスベスト対策工事を、上段にあります3つのコミュニティセンターと同時施工する関係で、施工完了まで工期を要するため、繰り越したいというものであります。


 軽井川南遺跡群から、次のページの、道路橋りょう災害復旧事業(中越地震)までは、いずれも、早期の降雪により、工事が大幅におくれたため、繰り越ししたいというものであります。


 最後に、第3表 地方債補正について、6ページをごらんいただきたいと思います。


 ここに記載した変更は、いずれも、今回の補正に伴い、借入限度額について、所要の変更をいたしたいというものであります。それぞれの市債額は、事業費の額の変更に伴ってのほか、他の特定財源の見通しや、後年度における基準財政需要額の算入率を勘案し、変更するというものであります。


 以上でありますが、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 歳入の特別交付税のことについて、お尋ねしたいんですが、交付決定によってですね、差額をマイナス更正するという、それはわかるんですが、そうは言ってもですね、この2億5,500万、特交がですね、非常に計算しづらいという要素を持っているというのは、毎々御説明をいただいているところですが、それにしても、ここに来て、これだけの乖離があるというのは、やはり財政の運営上、結構大変なんだろうと思うんですが、背景など、どうしてこうなったのかというあたり、もしありましたらというか、あると思うんですが、教えていただきたいと思います。


○議長(霜田 彰)


 財務課長。


○財務課長(村木正博)


 背景というお話でありましたけれども、今年度の特別交付税につきましては、17年度当初予算を議決いただいた後、去年の話ですけれども、県の1回目のヒアリングがございましたが、その際、既に2割から3割ぐらい減になるという話がありました。その減になるという理由につきましては、当該17年度が、合併数がかなり多いものであることから、合併に係る特別交付税の方に重きが置かれる、充当されるということで、とはいうものの、特別交付税のパイがふえるわけではないということから、相対的に、そのほかの部分の特別交付税が2割から3割落ちるというふうなお話でありました。そこまでであれば、2割から3割だったんでありますが、その後、豪雨災害及び、九州の方の地震がありまして、さらに落ち込みをした結果、結果的には、3割から4割の減になるというふうなことから、このような結果となりました。


 12億円、今回の場合、決定額10億円ですけれども、現計、当初の予定額は12億8,500万円ということで、2億5,000万落ったわけですが、今回の決定額のうち、10億円のうち、柏崎市だけのことで申し上げますが、合併関連が3億1,800万、災害関連が9,500万ございますので、約4億1,000万あります。この10億円から4億1,000万落としますと、6億円ちょっとということになりますが、従来の柏崎市、旧柏崎市の、この特別交付税が5億弱であったということ及び、両町の特別交付税が大体2億ぐらいずつあったということから考えますと、やはり4割ぐらい、3割、4割、国の言う、おっしゃっていたような計算どおり、やはり落とされているというのが現実でありまして、これは、いたし方ないということで、今回、減額補正をお願いするものであります。


○議長(霜田 彰)


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 その件は、わかりました。


 勉強不足なんですが、予算は予算としましてね、決算ベースの話になるんですが、例えば、このように中央、国の段階ではですね、税収増となっているわけで、税収増ね、税金がふえているという、所得税なんか、法人税も含めて、そういう割には、いわゆる交付税の原資であるお金が余計になるわけですね。そうすると、それの割り増し加算というか、交付税に流れてくるという仕組みにはなっていると思うんですが、この17年度の場合は、そこら辺については、どういうような考え方になっているんですか。


○議長(霜田 彰)


 財務課長。


○財務課長(村木正博)


 おっしゃるとおりであります。税収増に伴いまして、交付税の原資がふえておることから、交付税そのものは、結果的にはふえました。交付税そのものは、94%が地方交付税で、6%は特別交付税です。94%、すなわち、ほとんどの部分が普通交付税でありまして、御記憶といいますか、覚えていらっしゃると思いますが、普通交付税には追加交付がされたということから、追加の交付、いわゆる補正予算をお願いして、追加をさせていただいたところであり、結果的には、特別交付税までのがアップするといいますか、ふえるほどの税収増までには至らなかったということであろうと思います。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第68号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第68号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第59(議第69号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)


日程第60(議第70号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第6号)


日程第61(議第71号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第7号)


○議長(霜田 彰)


 日程第59 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)から日程第61 平成17年度水道事業会計補正予算(第7号)までの3案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第69号から議第71号まで、一括御説明させていただきます。


 まず、議第69号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)についてでございます。


 予算書3ページの方の、第1表 繰越明許費補正をごらんいただきたいと存じます。


 記載の事業のうち、公共下水道建設事業の補助事業と、その下の単独事業は、佐藤池新田地内において、近接の河川工事と道路工事との調整に日数を要し、年度内の完了が困難なことから、いずれも繰り越しをしたいというものであります。


 続きまして、議第70号についてでございます。


 本案は、平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第6号)についてでございます。


 予算書3ページの第1表 繰越明許費をごらんいただきたいと存じます。


 農業集落排水事業二田地区及び中川地区については、近接の道路工事との調整に日数を要したことなどから、農業集落排水災害復旧事業(中越地震)は、新たな被災箇所が見つかり、工期がおくれたことなどから、いずれも、年度内の完了が困難なため、繰り越しをしたいというものであります。


 続いて、議第71号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度水道事業会計補正予算(第7号)についてでございます。


 この補正予算は、5ヵ年継続事業として取り組んでおります、西山給水区域拡張事業の財源内訳の変更に伴う補正でございます。


 それでは、各条について、御説明申し上げます。


 予算書の方、1ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2条は、第1款資本的収入、第1項企業債560万円、第4項出資金564万3,000円をそれぞれ減額し、合計で1,124万3,000円減額したいというものであります。また、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及びその補てん財源を補正したいというものであります。


 第3条は、第2条の措置に伴い、予算第6条に定めた建設改良工事の起債の限度額を560万円減額し、7億1,500万円に、合計額を7億5,350万円に改めたいというものであります。


 以上、詳細につきましては、それぞれの補正予算に関する説明書の方をごらんいただきたいと存じます。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本3案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本3案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第69号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第69号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第70号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第70号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第71号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第71号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第62(議第13号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増


             減及び規約の変更について


○議長(霜田 彰)


 日程第62 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第72号について、御説明申し上げます。


 本案は、新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてであります。


 これは、本年3月31日限りで、南魚沼地域広域連合が解散し、本組合を脱退するとともに、同日限りで、佐渡市が本組合の共同処理する事務中、別表第2の4の項に規定する事務から脱退すること、また、本年4月1日から、別表第2の6の項に規定する事務を共同処理するため、上越地域水道用水供給企業団が本組合に加入すること、これらに伴って、本組合を組織する地方公共団体の数が増減すること、また、これらに伴い、規約について所要の変更を行いたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第72号を採決します。


 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第72号は、原案のとおり可決しました。


 ここでしばらく休憩します。


               午後 3時02分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 3時20分 再開


○議長(霜田 彰)


 会議を再開します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第63(選第1号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


日程第64(選第2号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第63及び日程第64 吏員懲戒審査委員会委員の選任についての2件を一括議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 それでは、選第1号及び選第2号につきまして、一括御説明を申し上げます。


 本2案は、いずれも吏員懲戒審査委員会委員の選任についてであります。


 これは、吏員懲戒審査委員会委員、品田正樹君及び清水紀彦君の任期が、平成18年3月28日に満了をいたしますので、選第1号につきましては、品田正樹君の後任として山田哲治君を、選第2号につきましては、清水紀彦君の後任として高橋敏郎君を、それぞれ選任いたしたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本2件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、選第1号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第1号は、同意することに決定しました。


 次に、選第2号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第2号は、同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第65(選第3号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第65 吏員懲戒審査委員会委員の選任についてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定により、笠原浩栄議員の退席を求めます。


               (笠原浩栄議員退席)


○議長(霜田 彰)


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 それでは、選第3号について、御説明を申し上げます。


 本案は、吏員懲戒審査委員会委員の選任についてであります。


 これは、吏員懲戒審査委員会委員、宮崎栄子氏の任期が、平成18年3月28日に満了いたしますので、後任として笠原浩栄氏を選任させていただきたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより選第3号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第3号は、同意することに決定しました。


 笠原議員の復席を求めます。


               (笠原浩栄議員復席)


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第66(選第4号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第66 吏員懲戒審査委員会委員の選任についてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定により、遠藤 清議員の退席を求めます。


               (遠藤 清議員退席)


○議長(霜田 彰)


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 それでは、選第4号について、御説明申し上げます。


 本案は、吏員懲戒審査委員会委員の選任についてであります。


 これは、吏員懲戒審査委員会委員、池田千賀子氏の任期が、平成18年3月28日に満了いたしますので、後任として遠藤 清氏を選任させていただきたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより選第4号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第4号は、同意することに決定しました。


 遠藤議員の復席を求めます。


               (遠藤 清議員復席)


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第67(選第5号) 吏員懲戒審査委員会委員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第67 吏員懲戒審査委員会委員の選任についてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定により、今井元紀議員の退席を求めます。


               (今井元紀議員退席)


○議長(霜田 彰)


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 選第5号について、御説明申し上げます。


 本案は、吏員懲戒審査委員会委員の選任についてであります。


 これは、吏員懲戒審査委員会委員、若井恵子氏の任期が、平成18年3月28日に満了いたしますので、後任として、今井元紀氏を選任させていただきたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより選第5号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第5号は、同意することに決定しました。


 今井議員の復席を求めます。


               (今井元紀議員復席)


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第68(選第6号) 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第69(選第7号) 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第70(選第8号) 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第71(選第9号) 人権擁護委員候補者の推薦について


○議長(霜田 彰)


 日程第68から日程第71 人権擁護委員候補者の推薦についての4件を一括議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 それでは、選第6号から選第9号まで、一括御説明申し上げます。


 まず、選第6号についてでありますが、本案は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 これは、人権擁護委員、品田克郎氏の任期が、平成18年6月30日に満了いたしますので、後任として、牧口正弘氏を推薦させていただきたいというものであります。


 次に、選第7号についてでありますが、本案も、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 これは、人権擁護委員、千原紀子氏の任期が、平成18年6月30日に満了いたしますので、引き続き同氏を再任させていただきたいというものであります。


 次に、選第8号についてでありますが、本案も、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 これは、人権擁護委員、高橋知信氏の任期が、平成18年6月30日に満了いたしますので、引き続き同氏を再任させていただきたいというものであります。


 選第9号についてでありますが、本案も、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 人権擁護委員、小名重和氏の任期が、平成18年6月30日に満了いたしますので、引き続き同氏を再任させていただきたいというものであります。


 それぞれよろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本4件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本4件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、選第6号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第6号は、同意することに決定しました。


 次に、選第7号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第7号は、同意することに決定しました。


 次に、選第8号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第8号は、同意することに決定しました。


 次に、選第9号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第9号は、同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第72(選第10号) 固定資産評価員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第72 固定資産評価員の選任についてを議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 選第10号について、御説明申し上げます。


 本案は、固定資産評価員の選任についてであります。


 これは、固定資産評価員、長井武彦君が、平成18年3月31日付で辞職することを承認いたしましたので、その後任として、山崎達一郎君を選任させていただきたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより選第10号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第10号は、同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第73(議員発案第1号) 議会委員会条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第73 議会委員会条例の一部を改正する条例を議題とします。


 提出者の説明を求めます。持田繁義議員。


○10番(持田繁義)


 議員発案第1号 議会委員会条例の一部を改正する条例


 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条及び議会会議規則第14条の規定により提出します。平成18年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 説明させていただきます。


 この議員発案第1号は、議会委員会条例の一部を改正する条例についてであります。したがって、本案は、条例の一部改正でありますので、議案の朗読は省略させていただきます。


 本案は、本年4月1日、市の組織機構に財務部が新たに設置されることから、総務常任委員会の所管事項に、これを加えようというものであります。


 何とぞよろしく御審議願います。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議員発案第1号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第1号は、可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第74(議員発案第2号) 道路特定財源に関する意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第74 道路特定財源に関する意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。丸山敏彦議員。


○21番(丸山敏彦)


 議員発案第2号 道路特定財源に関する意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。平成18年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 道路特定財源に関する意見書(案)


 道路は地方の生活を支える最も重要な社会基盤として、地域の交通の円滑化に資するほか、都市部と地方部の交流・交易基盤として、その必要性はますます大きくなっております。


 特に当市においては、一昨年に引き続き、昨年6月に、柏崎駅南の市街住宅地の多くが冠水する梅雨前線豪雨に見舞われ、市内を貫く主要幹線である国道8号までもが冠水し、市民生活はもとより産業活動の機能が一時とまりました。災害に強い道路網の整備のため、国道8号柏崎バイパスの整備促進等が強く求められています。あわせて、昨年5月の一市二町の合併により、新柏崎市としての一体性が速やかに確立され、交流人口の拡大や産業の活性化を図るために道路網整備が求められています。


 日々、市民にとって使いやすい道路、生活に密着した安全で安心して快適に使える道路、災害時における緊急輸送や救急医療などにも十分に対応できる道路等が着実に、かつ早急に整備されるため、今後とも道路整備を強力に推進していく必要があります。


 これら道路整備の財政的基盤である道路特定財源制度は、受益者負担の原則のもとに成り立っている制度であり、依然として非常に大きい道路整備の必要性にかんがみ、道路特定財源が一般財源化されることなく、その使途については、あくまでも道路に関する事業に充てられることが適当と考えております。


 よって、政府におかれては、地方における道路網整備の実態とその必要性を認識され、その財源を確保する道路特定財源制度を堅持し、地方の道路整備がおくれることのないよう、強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 平成18年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 道路整備を強力に推進していくため。


 以上、よろしくお願いします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 二、三、聞きたいんですけれども、この道路特定財源制度は目的税という、揮発油税が特に中心になって、道路を整備をするというような形で、目的がはっきりしていることは、十分、私もわかっているわけですけれども、これが創設されたのが昭和28年、1953年、この当時、いわゆる国・県道が、道路舗装率が、昭和28年といえば、もう本当に大変だったと思うんですけれども、舗装率そのものが5%以下で、これは、やはり国民が使うガソリンの揮発油税を中心にして、その中から目的につくられたという、言われているわけですけれども、それから、もう、52年、53年とたってですね、もう、ほとんど96%を超えるというぐらいですね、この目的とする舗装関係が終了しているとも言われているわけです。


 そうすると、当初目的にしていた内容と、現状では、かなり乖離が生じているんではないかなと思うんですけれども、この辺ですね、内容を聞かせていただきたい、御認識といいますか、政府においても、この一般財源化というようなことも、いろいろとですね、議論もあったことが、この辺にも起因しているんだろうと思うんですけれども、この辺、聞かせてください。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 ごもっともな御質問だとも思います。


 御承知のとおり、昨年の12月にですね、このことについて審議がなされて、一般財源化するというような方針も提出されているわけであります。


 しかし一方で、まだ、地方においてはですね、大変道路の整備が立ちおくれていると。あるいは、道路そのものの整備と同じく、交通安全施設だとかですね、あるいは、おりっ放しの踏切だとか、そういうことも、あるいはまた、道路の緑化、果ては、電柱をなくして無電柱化にする、あるいは、道路の緑化等も、いろいろ使途の範囲は広がっておりまして、そういう点から考えますと、一部では、これは、もう必要ないんだというような御意見もあるようですけれども、地方においては、先ほど申し上げましたとおり、まだまだ、この特定財源は必要であります。


 そんなことで、まだ、この使命は終わっていないというふうに私は考えているところであります。


○議長(霜田 彰)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 当初、道路の舗装を中心として創設されたんですけれども、そうすると、今の御説明ですと、さまざまなですね、道路に付随するものなどにも使う、それから、地方道路整備にも使うということで、その目的がですね、この50年というスパンの中で、随分、中身が変わってきたのかなというふうに認識するしかないわけですが、こういうふうな理解でいいのかな、その辺はちょっと聞かせていただきたい。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 おっしゃるとおりであります。当初は、道路の舗装率が、もう本当、ゼロに近いというような状況から、この制度が始まりまして、しかし、逐次、道路が整備をされですね、また一方では、別の問題がたくさん出てきたという側面もあるわけであります。そういう点から考えますと、道路そのものの舗装とか、あるいは、築造、新設ということも大事でありますけれども、道路があることによって、派生的に起きている、あるいは、起きるであろう公害、あるいは、我々のところで言いますと、除雪だとかですね、それから、バイパス、そういった問題がありますので、今のおっしゃるとおり、最初の目的からは、かなり広範囲になっているということは否めない事実だと、こう思っています。


○議長(霜田 彰)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 いずれにしても、この目的がですね、大きく変わってきていて、道路にかかわる内容に、やはり膨らましているということが実態だと思うんですね。


 したがって、同時に、これがどういうふうに使われているのかということについても、この間も、いろいろと議会でも議論されてきたところであって、高規格道路や、高速はまた、ちょっと違うんでしょうけれども、どちらかというと、地方道・生活道が少なくて、こちらの、高規格の方が膨らまされてるという、また、実態もあって、しかし、内容では、相当やはり、一般財源に似たような雰囲気にも、もうなっているというふうに思うぐらいの中身だと思うんです。


 それで、今回ですね、提案されてるわけですけれども、実は、昨年9月議会にも、同じく提案がなされて、提案者は、また、別な方だったわけですけれども、今、読み上げられた、この内容というのをですね、少し、水害関係で少し入ってますけど、ほとんど趣旨同じですけれども、なぜ、ここにまた来てですね、提案なのかなと。緊急性といいますか、同じ、この17年度議会のスパンでいえば、9月と、2月、3月といいますか、同じスパンの中で提案されるわけです。何か緊急的なですね、何か変わったことがあるのかどうか、そこをお聞きします。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 今、緊急性というお尋ねでありましたけれども、私は、むしろ、緊急性よりも、重要性という面が強いんだろうというふうに思います。確かに、昨年、ほとんど趣旨の同じ意見書、私の方から提出させていただいておりますけれども、スパンが近いんじゃないか、この間、出たばっかりじゃないかという御指摘なのかもしれませんけれども、それだけに、この道路に関する問題は、地方においては、重要だということのあらわれだろうと、そんなふうにも考えられます。


 今、一般財源化というお話がありましたけれども、確かに関東の5県、つまり群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、この辺はもう、ほとんど国に対する要望は、1からゼロなんですね。せいぜいあっても2%を切るぐらいの要望しかないんですよ。非常に要望度が低いわけですね。それだけ道路がかなり整備されているということの裏返しだと思うんですけれども、しかし、地方は随分立ちおくれておりますし、この一般財源化も、平成19年度からは、約5,000億ぐらいの、本州、四国の架橋の償還が終わるというようなことで、財源が余るみたいな話で、そうなってきているわけですけれども、しかし、我々から見れば、余るどころではなくて、まだ、道路の整備の需要は高いというふうに考えるところであります。


○議長(霜田 彰)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 もう1つだけ、実は9月から10月ですね、この提案がされてから、政府としても道路のですね、整備について、かなり何といいますか、性急だと言うと、ちょっと語弊あるかもしれませんけれども、今まで計画をしていて、不採算と思われるような道路も、一般税も突っ込んでですね、すべての道路計画については整備するんだというところまでですね、方針を出してるようなんですけれども、地方の道路は、確かにおくれたり、切実な問題あるんですけれども、一方で、この特定財源を使ってですね、この道路整備ということになっちゃうと、むしろ、不採算な道路のところに、むしろ、集中的にですね、財源が投入されちゃって、むしろ、地方が逆におくれをとるというね、こういうことだって考えられるんじゃないかなと思うんで、今、この提案される内容は、非常に気持ちわかるんですけれども、政府が進めようとしてる、この道路整備との関係では、かなりね、矛盾が出てくるんじゃないかなと思われるんですね。これ、道路特定財源だけじゃなくて、一般税も突っ込むということを言ってるわけですから、この辺、提案者はですね、情勢ですね、どんなふうに認識されてるかですね、聞かせていただきたいです。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 今、一般財源化にという検討の中で、確かにおっしゃるとおり、不要な道路にも、金がつぎ込んでいるんじゃないかというような指摘も、確かにあることは事実であります。本当に実態がそうなっているかどうかは、私も詳しく調べたわけではありませんけれども、恐らくその傾向が多少、場所によってはあったのかなという感じも考えられます。


 ただ、道路財源の問題にありますとですね、この特定財源で、ほぼ国の道路予算の半分を占めてるわけでありまして、新しい、これにかわるべき財源、新直轄方式なんていうのも、言われてはおりますけれども、それとは、やっぱり別にですね、私は、このことは非常に重要なことでもありますし、きちんとした事業内容、これは精査すべき、これは言うまでもないわけでありますけれども、きちんとそういう態度で臨んでですね、有効な財源活用をやるべきというふうに私も思っているところであります。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案は委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 議員発案第2号道路特定財源に関する意見書(案)に反対の立場で討論させていただきたいと思います。


 9月議会でも述べたとおりであります。そして、ただいま質疑、いろいろさせていただきましたが、やはり趣旨等についてはですね、反対の趣旨も、全く同じと言っていいぐらいの中身なんですけれども、ただ、市民・国民というと、ちょっと大きくなりますけれども、ちらほら聞こえるのは、これは一般財源化というとあれなんですけれども、今、ガソリンが大変高くなってきているわけですよね。生活で大きく影響してきているわけですけれども、むしろ、一般財源化して、ガソリンを値下げしてほしいぐらいな、そんなですね、気持ちすらあるんじゃないかと、そんな声も少し耳にするような状況であります。


 いずれにいたしましても、道路の目的といいますか、内容というのは、十分、社会基盤整備、そして、さまざまな安全と、それから、地域の、むしろ、道路というのは遊び場にも使われたといいますかね、そういう意味で、本当に生活に根差した中身であって、非常に大事な中身だとは思います。


 しかし、経過からして、やはり高規格道路などが中心に進められてきているということも事実ですし、先ほどの中にも明らかになったように、この道路舗装が中心だったのが、その中身で、随分、変えてきている。つまり、もう目的がですね、大きく変わってきているということになれば、やはり時代とともに、もう少し違うところに使われるというふうな方が、むしろ、大事なんじゃないかなというふうに思う次第であります。


 ガソリンにかかわる、この揮発油税というのは、ほとんどの方々が、もう車を利用する、そこから生まれるわけですから、国民的税になっているわけですよね。ですから、国民的な税が、国民的に使われて、何もおかしくないし、ただ、道路だけに特定するということ自体が、おかしいんじゃないかなというふうにも思う次第であります。そんなことを9月議会に加えて討論させていただきます。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議員発案第2号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議員発案第2号は、可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第75(議員発案第3号) 柏崎管内労働基準監督署の存続を求める意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第75 柏崎管内労働基準監督署の存続を求める意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。飯塚寿之議員。


○7番(飯塚寿之)


 議員発案第3号 柏崎管内労働基準監督署の存続を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 柏崎管内労働基準監督署の存続を求める意見書(案)


 労働基準監督署は、労働基準法を初め、労働安全衛生法、労災保険法等の法律に基づき、事業場に対する監督指導、労働関係法令違反の摘発、労働保険に関する加入手続、労災保険の給付等の業務を行っている機関です。このほか、事業主からの各種助成制度の手続に関する相談、労働者からの労働条件に関する相談なども受け付けています。就業条件・労働環境・賃金など、労働者と事業者間のトラブルについては、労働基準監督署で話し合われることが多く、労働基準監督署が、事業所への立入調査(臨検監督指導)を行うこともあります。まさに「労使関係の担当行政機関、労使トラブル・労働問題の総合相談窓口」です。


 さて、新潟県内には11の労働基準監督署がありますが、新潟県労働局は、2007年3月に、これを9つの労基署に再編する方針であると発表しました。具体的には、柏崎労働基準監督署は長岡へ、糸魚川労働基準監督署は高田へ統合するというものです。


 日本の経済状況は回復しつつあると言われていますが、県内の労働情勢は依然として厳しい状況が続いています。このようなことを考慮すると、労働基準監督署がなくなることによる行政サービス低下について、次の点が懸念されます。


1 地域の労働基準監督署がなくなることにより、労働相談窓口がなくなる。また、多様化  する雇用情勢、アスベスト対策など、今日的な労働行政の課題への対応が不十分となる。


2 年々、事業所の賃金の不払い残業(いわゆるサービス残業)の是正件数、労働災害件数  はふえてきており、現在でも監督官の人数は十分とは言えない。


3 交通網が整備されているとはいえ、廃止・統合されることにより、きめ細やかな事業所  指導を展開するには、時間的ロスが大きい。


4 監督署ごととなっている労災防止指導員の配置について、統合により労災防止指導員は  減ることが予想される。


5 労働免許(フォークリフト、クレーン等)の受講については、基準協会ごとに行われて  いるが、統合により受講地が遠くなる。


6 柏崎地域は広域かつ中小企業から大企業まで多岐にわたる産業を有する。また、原子力  発電所という他地域とは共通しない施設を抱え、特殊性を考えれば、むしろ増員強化す  べき地域である。


7 中越大震災における地域の特別事情として、特に再編統合される柏崎労働基準監督署に  ついては、統合先の長岡労働基準署管内において、中越大震災復興事業に伴う工事で県  内建設業者にとどまらず、県外からも多くの業者も参入しており、死亡労働災害が多発  するなど憂慮をしている。そのために、柏崎地域で行政サービスが手薄になると考えら  れる。


 これら多くの市民から懸念されている上記事情を踏まえて、柏崎労働基準監督署の存続も含め、再編整備について再考いただくよう要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 柏崎労働基準監督署の廃止は、労働行政サービスの低下につながるため。


 以上、御理解と御賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議員発案第3号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議員発案第3号は、可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第76(議員発案第4号) 個人所得課税における各種控除の安易な縮小・廃止を行


               わないことを求める意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第76 個人所得課税における各種控除の安易な縮小・廃止を行わないことを求める意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。池田千賀子議員。


○8番(池田千賀子)


 よろしくお願いいたします。


 議員発案第4号 個人所得課税における各種控除の安易な縮小・廃止を行わないことを求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 個人所得課税における各種控除の安易な縮小・廃止を行わないことを求める意見書(案)


 年金保険料・雇用保険の引き上げや、老年者控除及び配偶者特別控除の上乗せ部分の廃止など、ここ数年の税制や社会保険制度の改定により、勤労者を中心とした家計の税・保険料負担は年々重くなっています。さらに「定率減税」は廃止の方向が決まっています。この定率減税廃止・各種所得控除の縮小・廃止が、住民の暮らしを直撃します。また、そのことは消費を冷え込ませ、ひいては地域経済の回復基調の足取りに深刻な影響を及ぼすことが強く懸念されています。


 よって、本市議会は、政府に対し、次の方策を講じるように強く要請します。


1 政府は、歳出削減を初め、国民が納得できる歳出構造改革を行い、その成果を公開すること。


2 政府は、所得捕捉格差の是正を初めとする不公平税制の是正を早急に行うこと。


3 生活者全般をねらい撃ちした、個人所得課税における各種控除の安易な縮小・廃止は行わないこと。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 個人所得課税における各種控除の縮小は、住民の暮らしや地域経済に深刻な影響を与えるため。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第4号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議員発案第4号は、可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第77(議員発案第5号) 核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求め


               る意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第77 核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求める意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。笠原浩栄議員。


○3番(笠原浩栄)


 議員発案第5号 核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求める意見書(案)


 国の原子力政策に基づいて、日本原燃株式会社が青森県六ヶ所村再処理工場において実施しようとしているアクティブ試験は、使用済み核燃料から核兵器に転用可能なプルトニウムを抽出するものです。


 このアクティブ試験が実施されると、長崎型原爆の500発分に相当する約4トンのプルトニウムが取り出されることになります。日本は余剰プルトニウムを持たないとの方針を国内でも国際的にもたびたび表明していながら、国内外に既に約43トンのプルトニウムを保有しており、利用のめども立たないまま、さらにプルトニウムを備蓄すれば、核拡散の危険を増大させるものとの国際的批判は免れません。


 日本はこれまで核被爆国として核兵器の不拡散と廃絶を求めてきました。これからも国際世論をリードする立場から、核兵器転用可能な核物質を過剰に保有してはならないと考えます。


 柏崎市としては、「プルサーマル」に関して、「東京電力の信頼回復」が最優先課題であり、「議論以前の段階」としています。その意味からも、現時点での「プルトニウム抽出」は、核拡散につながるものでしかないと考えることは当然です。


 よって、柏崎市議会は、核拡散防止の観点から、日本原燃株式会社の青森県六ヶ所村再処理工場のアクティブ試験計画を中止するよう求めます。


 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 核拡散防止の観点から、利用目的の不透明なプルトニウム抽出試験の中止を求めるため。


 以上であります。


 よろしくお願いします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 この核拡散防止のためにという、このタイトルはついておりますが、ここで指しているプルトニウムですね、プルトニウムにもいろんな組成がありますけど、そのプルトニウムの、どんなものを指しておられるのか、この文章の中で、どんなプルトニウムを指しておられるのか、お教えいただけますでしょうか。


○議長(霜田 彰)


 笠原議員。


○3番(笠原浩栄)


 プルトニウム、この文章の中ではですね、プルトニウムの1つのですね、核種についてはですね、言ってないと思うんです。全体的にプルトニウムについて、こういう問題だというふうに言っていると思います。


○議長(霜田 彰)


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 もう1つ、1点だけ確認させていただきたいんですけど、長崎型原爆500発分というのは、長崎型原爆というのは、御存じのように、プルトニウム型で、いわゆるファットマンと言われるタイプですけど、これは純然たるプルトニウム239が乗ったものです。今回、このことを触れているのに、この文章の中にですね、プルトニウムという言葉が複数出てきているのに、それは239をあらわすのか、それとも複合的なものをあらわすのかが、いまいち、よく見えないんですけど、この中で使われてるプルトニウムという言葉は、全部一括して同じことを指してるのか、それとも、文脈によって読みかえてとった方がいいのか、その点だけお教えください。


○議長(霜田 彰)


 笠原議員。


○3番(笠原浩栄)


 今、三井田議員がおっしゃったようにですね、プルトニウム239だと思っております。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 それでは、もう1つ、お聞かせください。


 この文中にですね、「利用のめども立たないまま、さらにプルトニウムを備蓄すれば」とありますけれども、お調べになって、きっと、おっしゃっているんだろうと思うんですけどね、1月24日の原子力委員会で、透明性向上の観点からは、これは妥当であるというふうに、国は見解、示しているわけですよね。しかもですね、九州電力、四国電力、中部電力では、MOX燃料利用のための設置許可の変更を求めておりますし、九州の玄海原発では、既にもう設置許可が認められているわけですね。


 したがって、利用目的が定まらないままというのはね、非常に現実的ではないし、間違っているんじゃないかと思うんです。その辺、どうでしょうか。


○議長(霜田 彰)


 笠原議員。


○3番(笠原浩栄)


 今、丸山議員がおっしゃったようにですね、幾つか原発ではですね、自治体や、あるいは、県もですね、利用の方向にはいってます。しかし、まだ、最終決定がなされていない。そしてまた、私、心配するのはですね、いわゆる六ヶ所村の操業が、まだ、始まっていないわけでありまして、操業が始まりますとですね、非常に危険な方向も生まれる可能性があります。そういう意味でですね、現状から考えれば、まだ、利用が決まっていないということで判断してましたので、よろしくお願いします。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 それでは、もう1つ、お聞かせいただきたいと思うんですけれども、今、もう日本、国以上挙げてね、資源有効活用しようじゃないかと、資源は有限なんだから、有効に資源を活用しましょうという時代になっているわけですよね。この、やっぱりプルトニウムのときも同じでありまして、資源を有効に活用しながら、日本の、本当にエネルギー源の少ない、本当はもうないと言ってもいいぐらいのエネルギー源しかないわけですけれども、有効に使おうと、再利用、再利用で使っていくべきだというふうな風潮であると、考え方であるというふうに思うんですけれども、その点からは、いかがでございますか。


○議長(霜田 彰)


 笠原議員。


○3番(笠原浩栄)


 私はですね、この原子力発電所から出る、いわゆる使用済み燃料を、再使用してプルトニウムをつくる、このプルトニウムのですね、つくる段階でも、非常に危険が多いと思っていましてですね、なおさら、これを利用することについてはですね、それぞれの原発立地地域を含めて非常に危険が増大していくという、そういう観点でありまして、これは使うべきじゃないという判断をしてましたので、よろしくお願いします。


○議長(霜田 彰)


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 いや、私がお聞きしてるのは、そういうことじゃなくてね、殊さらに、プルトニウムは危険、危険と、こう言ってますけれども、プルトニウムを抽出すればですね、すぐもう核兵器に生まれかわるかのごとく書いてありますけどね、非常に、これは誇大妄想だと、私は思いますが、それはそれとしてね、資源を再利用して使えるものは使うというような考え方については、いかがですか。プルトニウムは危ないから、もう、それは資源じゃないんだと、こういうお考えですか。


○議長(霜田 彰)


 笠原議員。


○3番(笠原浩栄)


 私はですね、このプルトニウム利用よりもですね、今、盛んに言われている、やっぱり新しい自然と共生できる循環型原料も、もっと利用するべきだと思います。残念ながら、今、国は、非常に力が弱い、力の入れ方は少ないわけでありまして、やっぱり私は、核兵器、あるいは、プルトニウム利用よりもですね、そういう形で、自然エネルギーの方向に転換すべきだと、こう考えています。


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 議員発案第5号核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求める意見書に、反対の立場で討論をしたいと思います。


 先ほどの質疑の中で、世界の核兵器、とりあえず、日本に落ちた長崎の原爆もそうですけど、プルトニウム239ということを確認いたしました。プルトニウム239という言葉のほかに、プルトニウムという言葉も使ってます。


 まず、プルトニウムという言葉を整理してみたいと思います。


 原子力発電所から出るプルトニウムは、プルトニウム238、これは、半減期が短いですし、発熱量も高いものです。それと、プルトニウム239、プルトニウム240、プルトニウム241が出ています。プルトニウム241は、自発中性子というものを持ってまして、ふだんから自分で中性子を出している核種であります。


 このプルトニウム240の含まれる量によって、プルトニウムというのは、アメリカの規格でもそうですけど、原子炉級プルトニウム、兵器級プルトニウムの、この2つに分けられています。この意見書の中では、プルトニウムという言葉が混ざっております。


 今回の、このアクティブ試験で取り出すものは、プルトニウム239ではなく、プルトニウムを含む、ウランを含めてのMOX燃料であります。


 ここで核兵器に転用可能と申しましたが、この意見書ではおっしゃってますが、核兵器をつくるためのプルトニウムは、どうやってつくるかといいますと、核燃料を入れて数ヵ月で取り出し、そこからプルトニウム239の濃度が高いものを取り出すわけであります。炉に入れている期間はたった数ヵ月です。それに対して、軽水炉を含む原子力発電所はどうかというと、1年、2年、もしくは、4年、5年単位でじっくり核反応を起こす、この違いはですね、端的な例で申すと、さっと一夜干しのイカをあぶるかのごとくのものがプルトニウム精製炉、じっくりと石焼き芋をつくるようなものが原子力発電所の軽水炉と、こういうイメージでとっていただければと思います。じっくり核反応を起こしますので、実際には、今、現時点である軽水炉においても、プルトニウム239は燃えております。これがゆえに、プルトニウム240、241が発生するわけであります。


 ここまでで、プルトニウムのことについて、言葉を整理させていただきましたけど、この意見書の中では、いかにもプルトニウムを、239だけを取り出して、すぐ核兵器に転用可能だと、これは、大変な誤解であると私は思いまして、この点だけをとってみても、反対、十分な反対理由になると、こう思っています。


 実際に世界の中で、軽水炉からプルトニウム群239、240、241を取り出したとしても、核兵器の転用にするために、新たな施設をつくらなければならない。この新たな施設をつくるのをばれるから、核武装したい国は、IAEAの査察を拒否するわけです。こういった点の論点を抜きにして、アクティブ試験を行う、イコール核兵器をつくることができるというような、全くもって暴論ではないかと思いまして、私の反対討論としたいと思います。


○議長(霜田 彰)


 遠藤議員。


○16番(遠藤 清)


 それではですね、三井田議員と、ちょっと視点が違う部分あるわけですが、議員発案第5号核拡散防止のためにプルトニウム抽出試験の中止を求める意見書にですね、反対の立場で討論をさせていただきたいというふうに思っております。


 本意見書、中段にも述べられているように、我が国は、世界の核兵器の全面的な廃絶を目標に掲げるとともに、唯一の被爆国として、「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませず」という非核3原則を堅持し、原子力基本法のもとに、原子力の研究、開発及び利用を平和の目的に限って推進することとしています。このため、NPT、核不拡散条約に加入し、IAEA、国際原子力機関と包括的保障措置協定及び追加議定書を締結するとともに、これらに対応する、国内における保障措置制度を整備・充実してきており、原子力施設には、核兵器への転用がないよう、厳格な保障措置が適用されています。特に、六ヶ所再処理工場は、IAEAやアメリカ国立研究所などの協力を得て開発をした、高度な保障措置システムが採用されており、核不拡散の観点から、国際的に認められた施設と言えます。また、使用済み燃料の再処理においては、東海再処理工場に係る日米再処理交渉における合意条件の1つとして、プルトニウムをプルトニウム酸化物単体で回収せず、ウランと混合した混合酸化物粉末、MOX粉末で、回収する方法を開発し、核兵器への転用が困難な仕組みを採用した経過があり、同様の技術を六ヶ所再処理工場においても採用しています。


 以上のことから、六ヶ所再処理工場で回収されたプルトニウムを核兵器に転用することは、技術的に困難なことであり、六ヶ所再処理工場におけるプルトニウム抽出試験、アクティブ試験を、核兵器に転用可能なプルトニウム抽出と結びつけることは考えられないことです。また、昨年10月に閣議決定された原子力政策大綱において、我が国の原子燃料サイクル政策に関する基本的方針として、「使用済み燃料を再処理し、回収されるプルトニウムやウランを有効利用する」ことが示されており、原子燃料サイクル事業の推進は、長期的なエネルギーセキュリティーの確保、資源の有効活用、放射能量の低減による環境負荷の低減の観点から、国の重要な施策と位置づけられています。


 最後に、六ヶ所再処理工場は、本年1月、ウラン試験を完了しました。また、プルトニウム抽出試験に関する計画については、昨年12月22日に、日本原燃から国に提出されており、本計画について、保安院及び原子力安全委員会のダブルチェックにより、妥当性が確認され、技術的には、プルトニウム抽出試験の準備は整っています。


 一方、本年1月6日、電気事業者は、六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用計画を公表し、1月24日の原子力委員会において、透明性向上の観点から、妥当であるとの結論づけがされました。九州電力、四国電力、中部電力では、MOX燃料利用に関して、設置変更許可のための手続などを進めており、プルサーマル実施に向け、着実に準備が進められている状況にあることを申し添え、本意見書に反対討論といたします。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第5号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立少数です。


 したがって、議員発案第5号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第78(議員発案第6号) 患者、国民の医療費負担増の中止を求める意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第78 患者、国民の医療費負担増の中止を求める意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。宮崎栄子議員。


○2番(宮崎栄子)


 議員発案第6号 患者、国民の医療費負担増の中止を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 患者、国民の医療費負担増の中止を求める意見書(案)


 政府は06年2月10日、第164回通常国会に「医療制度改革関連法案」を提出しました。これは、2002年10月の高齢者の患者負担増、2003年4月の健康保険本人3割負担に続いて、高齢者を中心に国民への新たな負担を求めるものです。


 現役並み所得のある70歳以上の窓口負担を10月から現行の2割を3割に引き上げ、08年4月から、70歳から74歳の一般所得者の負担も現行1割を2割に引き上げ、療養病床入院患者の居住費・食費の10月からの自己負担化、75歳以上を対象とした新たな「高齢者医療制度」の08年4月からの創設、保険料の年金からの天引きなど、医療を最も必要とする高齢者に負担増を求める内容となっています。医療費以外にも介護保険での負担増や増税は、高齢者の生活に大きな影響を与えかねません。


 日本医師会が指摘しているように、「国民皆保険制度」によって、日本は先進諸国の中でも比較的安い医療費で「健康達成度」世界1位の成果を上げています。今回の「医療制度改革関連法案」は、保険証1枚でかかることのできる日本の「国民皆保険制度」を崩壊させかねないものであり、受診抑制により病気の早期発見、早期治療が妨げられ、重症化による医療費の増加を招く結果が生じることを心配します。


 私たちは、「だれでも、いつでも、どこでも」安心して良質の医療が平等に受けられる「国民皆保険制度」を守ることが今、重要であると考えます。


 以上の趣旨から次の事項の実施を強く要望します。


1 健保3割負担を2割に戻すなど患者負担を軽減すること。


2 高齢者の窓口負担増、高額医療・人工透析の負担上限引き上げ、入院時の食費・居住費自己負担化などの患者負担増をやめること。


3 高齢者から月6,000円もの保険料を年金から天引きする高齢者医療保険制度の創設をやめること。医療保険制度への国の責任を都道府県などに転嫁しないこと。


4 混合診療の拡大をやめ、必要な医療は医療保険制度で給付すること。


5 医師、看護師の増員や医療の安全性と質の向上のために診療報酬を改善すること。医薬品、医療材料の高価格を抜本的に是正すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 国民が安心して医療を受けられるようにするため。


 以上です。よろしくお願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第6号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立少数です。


 したがって、議員発案第6号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第79(議員発案第7号) 「品目横断的経営安定対策」にかかわる意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第79 「品目横断的経営安定対策」にかかわる意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。持田繁義議員。


○10番(持田繁義)


 議員発案第7号 「品目横断的経営安定対策」にかかわる意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 本文を読み上げる前に、経過がありますので、ちょっと説明をしてから……。(発言する者あり)よろしいですか。


 じゃあ、本文を読んで、提案をさせていただきます。


 「品目横断的経営安定対策」にかかわる意見書(案)


 政府が10月に打ち出した「品目横断的経営安定対策」に基づき、今、全国的にその受け皿となり得る認定農業者と集落営農づくりが推し進められ、地域の実情を無視した性急な取り組みに関係者の中で不安が生じています。


 「品目横断的経営安定対策」は、WTO協定と財界の要求にこたえて、さらに輸入自由化を推し進め、国際競争力に勝てない農家を切り捨てる冷酷な小泉流「構造改革」そのものと言わざるを得ません。


 内容は、これまで全農家を対象にした小麦、大豆などの品目ごとの価格保障を全廃し、07年から「諸外国との生産格差の是正」(ゲタ)と「収入変動による影響緩和」(ナラシ)を組み合わせた「品目横断的経営安定対策」を実施するとしています。


 しかし、対象は認定農業者で都道府県4ヘクタール、北海道10ヘクタール、特定農業団体(集落営農)で20ヘクタールを基本とし、その対象は全農家の1割以下、対象となる農地も6割であり、9割の農家と4割の農地を農政の対象から排除するものです。


 同時に、WTOやFTAによって関税を引き下げて輸入を拡大し、アメリカや中国などの安い輸入原価と競争することが前提です。一切、価格保障を否定して「品目横断的経営安定対策」を実施しても、「担い手」の経営を維持することはできず、「経営安定対策」の名に値しないことは明白です。


 「品目横断的経営安定対策」は、過疎を加速させるなど、農村地域社会を崩壊させかねないものと指摘せざるを得ません。


 農業は農地と耕作する農民が存在してこそ成り立つのであり、一度失ったら取り返しがつかないところに、工業とのもっとも大きな特質があります。この違いをわきまえず、「効率化」を唯一の基準とするほど愚かなことはありません。


 食料自給率を向上するためには、担い手をふやすことこそ緊急の課題となっているとき、多数の農家を排除することほど逆立ちはありません。地域の実情を踏まえた多様な形態の家族経営を価格保障と直接支払いで支える経営安定対策こそが、世界の流れであり、今、日本の農政にもっとも求められる政策と言えます。


 よって、次の事項について強く要望します。


                   記


1 品目横断的経営安定対策を中止し、意欲あるすべての農家を対象に価格保障を基本にした経営安定対策を実現すること。


1 規模の大小を基準にするのではなく、地域の実情を踏まえた多様な担い手を確保するための施策を強めること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 地域農業と農村社会を守り、食料自給率の向上を図るため。


 であります。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第7号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立少数です。


 したがって、議員発案第7号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第80(議員発案第8号) 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、


               食料自給率向上と地域農業の振興を求める意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第80 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、食料自給率向上と地域農業の振興を求める意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。持田繁義議員。


○10番(持田繁義)


 議員発案第8号 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、食料自給率向上と地域農業の振興を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、


        食料自給率向上と地域農業の振興を求める意見書(案)


 昨年12月に行われたWTO閣僚会議は、国内農業に重大な影響を及ぼす高関税品目の関税引き下げ問題を初め、その行方が注目されていました。しかし、農業分野では何も結論を得ることなく、今後の交渉日程を確認しただけで閉会しました。


 この結果について、マスコミは、「辛うじて決裂を回避した今回の会議を『成功』と呼ぶことはできない…はっきり見えたのは、世界の貿易自由化の道が一段と険しくなっているという現実」(日経05.12.19社説より)と報道しています。


 WTO協定がスタートしてから10年、WTO弊害に苦しむ途上国や世界の民衆がぶつかり合い、WTOそのものが問われるほど混迷を深めています。


 一方、不平等な貿易システムであるWTOにかわる概念として「食糧主権」が注目され、この立場に立つ農業政策と貿易ルールの確立を求める動きが急速に広がっています。


 こうした中で日本は、WTOを絶対視した農業補助金をWTOルールにのっとって一握りの「担い手」だけを対象とする「品目横断的経営安定対策」もその一つです。また、WTO交渉に当たっての日本政府の基本姿勢は、「譲るべきものは譲る。守るべきものは守る」(中川農水大臣)というもので、日本が中心となっているG10提案では、高関税品目の関税引き下げとミニマム・アクセス米の輸入拡大のいずれかを選択するというものです。


 世界最大の食料輸入国であり、食料自給率が40%という事態にある日本にとって、米を初めとした関税引き下げは、食料安全保障上も、農業の持つ多面的機能を維持するという面からも決して受け入れることができません。また、需要がなく170万トン以上にも在庫が膨れ上がって国内の米需給に影響を与え、膨大な在庫経費を浪費しているミニマム・アクセス米をこれ以上拡大することは、到底容認できないものです。


 よって、次の事項の実現を求めるものです。


                   記


1 WTO交渉に当たっては、高関税品目の関税引き下げやミニマム・アクセス米の輸入枠 拡大を行わないこと。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 食料自給率向上と地域農業の振興を求めるため。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


 遠藤議員。


○16番(遠藤 清)


 それではですね、簡単に討論をさせていただければというふうなことを思っております。


 先ほどの議員発案第7号とも関連する部分あるんですが、私ども会派としては、WTOをめぐる状況などですね、現在の農業の状況については、非常に理解する部分、ここの書かれている内容について理解する部分もあるんですけども、視点という部分の中で、国益という視点でですね、考えたときに、ここに書かれているような、ある意味で、一方向からのものの見方、考え方というふうなことでですね、果たして判断をしていいんだろうかというふうなことを考えましてですね、やはり我々とすれば、やはりもう少し広い視点の中でとらえていく必要がある問題なんではないかというふうなことで思うもんですから、本意見書にですね、反対というふうな立場をとらさせていただきたいと思います。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第8号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立少数です。


 したがって、議員発案第8号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第81(議員発案第9号) 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関


               の役割を重視し、住民のサービス向上を求める意見書


               (案)


○議長(霜田 彰)


 日程第81 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関の役割を重視し、住民のサービス向上を求める意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。五位野和夫議員。


○11番(五位野和夫)


 議員発案第9号 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関の役割を重視し、住民のサービス向上を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。2006年3月23日 柏崎市議会議長 霜田 彰様


 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関の役割を重視し、住民のサービス向上を求める意見書(案)


 これまでの「規制緩和」や「市場競争の徹底」で、耐震偽造問題や運送事業での事故多発などに見られるように、住民の安全と財産が損なわれています。また、医療、年金や介護などでの住民給付切り下げ、受益者負担が押しつけられ、「三位一体改革」のもとで地方交付税の削減などとともに、国や地方自治体の業務の民間委託が進められ、住民負担増と公共サービス低下の一因となっています。さらに、労働法制の相次ぐ緩和・「改正」で雇用や働くルールが破壊されています。こうしたことにより、所得再配分の機能が弱体化し、所得による格差、地域による格差が拡大しています。


 このような中で、雇用や暮らし、将来の不安が増し、安全と安心が脅かされています。 「公共サービスの民間化」や、「国から地方へ」と財源保障も不十分なままでの実施事務の自治体への押しつけをこれ以上続けることは、地方切り捨てにもつながり、住民生活のセーフティネットの破壊につながりかねません。命と暮らしを守り、安全・安心な社会を確立することは、国と自治体の役割です。


 私たちは、「国と自治体の公的責任の堅持と住民の暮らしと権利保障の確保」、「労働者の雇用の不安定化や賃金引き下げなどの解消」、「中央と地方のあらゆる格差の解消」を通して「地域経済の再生」を目指し、希望の持てる地域社会を実現したいと願っています。


 以上の趣旨により、下記事項について強く要望します。


                   記


1 中越大震災や水害・豪雪対応などで果たしている、住民の安全と財産を守る公的機関の役割を削減せず、住民サービスの向上を行うこと。


2 住民へのサービス業務を安易に民間にゆだねる「市場化テスト」や規制緩和など「公共サービス業務の民間化」を進める法制化を行わないこと。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 2006年3月23日


                                   柏崎市議会


 理由


 住民サービスの向上により希望の持てる地域社会をつくるため。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第9号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立少数です。


 したがって、議員発案第9号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 お諮りします。


 ただいま採決が終わりました8件の意見書のうち、可決となりました3件の意見書の送付先については、議長に一任願いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、送付先は、議長に一任することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 続いて、日程の削除についてお諮りします。


 次の日程第82から日程第85までの4件の請願については、今ほど、これと同内容の議員発案第6号から第9号が否決されておりますので、請第1号から第4号は不採択とみなし、日程から削除したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、日程第82から日程第85までの4件を日程から削除することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第86 継続審査の申し出(常任委員会の所管事項の調査)


○議長(霜田 彰)


 日程第86 継続審査の申し出(常任委員会の所管事項の調査)を議題とします。


 総務常任委員長及び建設企業常任委員長から、目下、所管常任委員会において審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。


 お諮りします。


 総務常任委員長及び建設企業常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、総務常任委員長及び建設企業常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 以上で、今期定例会に付議された事件は、すべて審議が終わりました。


 これで、平成18年第1回柏崎市議会定例会を閉会します。


               午後 4時44分 閉会


───────────────────────────────────────


              総務常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第12号 │ 平成18年度一般会計予算のうち、歳入全款、歳出1 │原案可決


       │ 款、2款、4款2項、9款、12款、13款、14款、│


       │ 並びに第2条、第3条、第4条、第5条、第6条   │


 議第17号 │ 平成18年度土地取得事業特別会計予算       │原案可決


 議第18号 │ 平成18年度墓園事業特別会計予算         │原案可決


 議第24号 │ 職員定数条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第25号 │ 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正│原案可決


       │ する条例                     │


 議第26号 │ 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等│原案可決


       │ に関する条例の一部を改正する条例         │


 議第27号 │ 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関す│原案可決


       │ る条例の一部を改正する条例            │


 議第28号 │ 特別職の職員で非常勤のものの報酬、費用弁償及び実費│原案可決


       │ 弁償に関する条例の一部を改正する条例       │


 議第29号 │ 特別職の給与に関する条例及び教育委員会教育長の給 │原案可決


       │ 与、勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例  │


 議第30号 │ 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例    │原案可決


 議第31号 │ 合併職員に対する給与支給の特例に関する条例を廃止す│原案可決


       │ る条例                      │


 議第32号 │ 手数料条例の一部を改正する条例          │原案可決


 議第33号 │ 国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例   │原案可決


 議第34号 │ 国民保護協議会条例                │原案可決


 議第35号 │ 地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正│原案可決


       │ する条例                     │


 議第53号 │ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第57号 │ 財産の譲与について(建物)            │原案可決


 議第58号 │ 財産の譲与について(建物)            │原案可決


 議第61号 │ 平成17年度一般会計補正予算(第13号)のうち、歳│原案可決


       │ 入19款                     │


 議第62号 │ 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例    │原案可決


 議第63号 │ 職員退職手当支給条例の一部を改正する条例     │原案可決


 議第64号 │ 旅費に関する条例の一部を改正する条例       │原案可決


 請第 4号 │ 地方切り捨てをせず、住民の安全と安心を守る公的機関│不採択


       │ の役割を重視し、住民のサービス向上を求める請願  │


       │                          │


   審査月日      平成18年 3月14日


             平成18年 3月20日





   出席委員 8人     欠席委員 0人     欠 員 1人


   出席委員 8人     欠席委員 0人     欠 員 1人





                            平成18年 3月20日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                       総務常任委員長  武 藤 司 郎


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              厚生常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第12号 │ 平成18年度一般会計予算のうち、歳出3款、4款1項│原案可決


 議第13号 │ 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算     │原案可決


 議第14号 │ 平成18年度老人保健特別会計予算         │原案可決


 議第15号 │ 平成18年度介護保険特別会計予算         │原案可決


 議第16号 │ 平成18年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別│原案可決


       │ 会計予算                     │


 議第36号 │ 高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を│原案可決


       │ 改正する条例                   │


 議第37号 │ 認知症老人グループホーム設置及び管理に関する条例の│原案可決


       │ 一部を改正する条例                │


 議第38号 │ 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関│原案可決


       │ する条例の一部を改正する条例           │


 議第39号 │ 高齢者自立支援家事援助サービス事業費用徴収条例を廃│原案可決


       │ 止する条例                    │


 議第40号 │ 高齢者生活支援短期入所事業費用徴収条例の一部を改正│原案可決


       │ する条例                     │


 議第41号 │ 高齢者生活支援デイサービス事業費用徴収条例の一部を│原案可決


       │ 改正する条例                   │


 議第42号 │ 養護老人ホーム御山荘設置条例の一部を改正する条例 │原案可決


 議第43号 │ 市立季節保育所使用料徴収条例を廃止する条例    │原案可決


 議第44号 │ 国民健康保険税条例の一部を改正する条例      │原案可決


 議第45号 │ 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条│原案可決


       │ 例                        │


 議第46号 │ 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び│原案可決


       │ 管理に関する条例の一部を改正する条例       │


 議第47号 │ ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正す│原案可決


       │ る条例                      │


 議第55号 │ 柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規│原案可決


       │ 約の制定について                 │


 議第65号 │ 介護保険条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第66号 │ 国民健康保険診療所設置条例の一部を改正する条例  │原案可決


 議第67号 │ へき地診療所設置条例の一部を改正する条例     │原案可決


 請第 1号 │ 患者、国民の医療費負担増の中止を求める請願    │採択


       │                          │


   審査月日      平成18年 3月 9日


             平成18年 3月15日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人


   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                            平成18年 3月15日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                       厚生常任委員長  遠 藤   清


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             文教経済常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第12号 │ 平成18年度一般会計予算のうち、歳出5款、6款、 │原案可決


       │ 7款、10款、11款(2項除く)         │


 議第48号 │ 喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例│原案可決


 議第49号 │ 交流プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する│原案可決


       │ 条例                       │


 議第50号 │ 公民館条例の一部を改正する条例          │原案可決


 議第51号 │ 勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例   │原案可決


 議第54号 │ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第56号 │ 二級河川の指定について(石橋川)         │原案可決


 議第61号 │ 平成17年度一般会計補正予算(第13号)のうち、歳│原案可決


       │ 出7款                      │


 請第 2号 │ 「品目横断的経営安定対策」にかかわる請願     │不採択


 請第 3号 │ 関税引き下げとミニマム・アクセス米の拡大を許さず、│採択


       │ 食料自給率向上と地域農業の振興を求める請願    │


       │                          │


   審査月日      平成18年 3月10日


   審査月日      平成18年 3月16日





   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   1人


   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                            平成18年 3月16日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     文教経済常任委員長  中 村 明 臣


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             建設企業常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第12号 │ 平成18年度一般会計予算のうち、歳出8款、11款 │原案可決


       │ 2項                       │


 議第19号 │ 平成18年度下水道事業特別会計予算        │原案可決


 議第20号 │ 平成18年度農業集落排水事業特別会計予算     │原案可決


 議第21号 │ 平成18年度ガス事業会計予算           │原案可決


 議第22号 │ 平成18年度水道事業会計予算           │原案可決


 議第23号 │ 平成18年度工業用水道事業会計予算        │原案可決


 議第52号 │ 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改│原案可決


       │ 正する条例                    │


 議第59号 │ 市道路線の廃止について              │原案可決


 議第60号 │ 市道路線の認定について              │原案可決


       │                          │


   審査月日      平成18年 3月13日


   審査月日      平成18年 3月17日





   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   1人


   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   1人





                            平成18年 3月17日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     建設企業常任委員長  吉 野 芳 章


───────────────────────────────────────


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





    柏崎市議会議長   霜  田     彰








    署名議員      加  藤  愛  子








    署名議員      三井田   孝  欧