議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成18年第1回定例会(第2日目 2月27日)




平成18年第1回定例会(第2日目 2月27日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 3 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 4 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 5 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 14


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 74


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第53 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第54 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第55 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第56 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第57 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第58 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第59 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第60 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第61 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第62 ………………………………………………………………………… 75


 散 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 83


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 83


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 85





           平成18年第1回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


            平成18年2月27日(月)第2日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第2号


            平成18年2月27日午前10時開議





第 1        会議録署名議員の指名


第 2(議第 9号) 企業振興条例


第 3(議第10号) 診療所の使用料及び手数料条例の一部を改正する条例


第 4(議第 1号) 平成17年度一般会計補正予算(第12号)


第 5(議第 2号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第6号)


第 6(議第 3号) 平成17年度老人保健特別会計会計補正予算(第3号)


第 7(議第 4号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第6号)


第 8(議第 5号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第6号)


第 9(議第 6号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)


第10(議第 7号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第6号)


第11(議第 8号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第6号)


第12(議第11号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及


           び規約の変更について


第13        市長の施政方針演説及び教育委員会の教育方針演説


第14(議第12号) 平成18年度一般会計予算


第15(議第13号) 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算


第16(議第14号) 平成18年度老人保健特別会計予算


第17(議第15号) 平成18年度介護保険特別会計予算


第18(議第16号) 平成18年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計予算


第19(議第17号) 平成18年度土地取得事業特別会計予算


第20(議第18号) 平成18年度墓園事業特別会計予算


第21(議第19号) 平成18年度下水道事業特別会計予算


第22(議第20号) 平成18年度農業集落排水事業特別会計予算


第23(議第21号) 平成18年度ガス事業会計予算


第24(議第22号) 平成18年度水道事業会計予算


第25(議第23号) 平成18年度工業用水道事業会計予算


第26(議第24号) 職員定数条例の一部を改正する条例


第27(議第25号) 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例


第28(議第26号) 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する


           条例の一部を改正する条例


第29(議第27号) 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の


           一部を改正する条例


第30(議第28号) 特別職の職員で非常勤のものの報酬、費用弁償及び実費弁償に関


           する条例の一部を改正する条例


第31(議第29号) 特別職の給与に関する条例及び教育委員会教育長の給与、勤務時


           間等に関する条例の一部を改正する条例


第32(議第30号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


第33(議第31号) 合併職員に対する給与支給の特例に関する条例を廃止する条例


第34(議第32号) 手数料条例の一部を改正する条例


第35(議第33号) 国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例


第36(議第34号) 国民保護協議会条例


第37(議第35号) 地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例


第38(議第36号) 高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する


           条例


第39(議第37号) 認知症老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を改


           正する条例


第40(議第38号) 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する条例


           の一部を改正する条例


第41(議第39号) 高齢者自立支援家事援助サービス事業費用徴収条例を廃止する条


           例


第42(議第40号) 高齢者生活支援短期入所事業費用徴収条例の一部を改正する条例


第43(議第41号) 高齢者等生活支援デイサービス事業費用徴収条例の一部を改正す


           る条例


第44(議第42号) 養護老人ホーム御山荘設置条例の一部を改正する条例


第45(議第43号) 市立季節保育所使用料徴収条例を廃止する条例


第46(議第44号) 国民健康保険税条例の一部を改正する条例


第47(議第45号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第48(議第46号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に関


           する条例の一部を改正する条例


第49(議第47号) ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正する条例


第50(議第48号) 喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第51(議第49号) 交流プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第52(議第50号) 公民館条例の一部を改正する条例


第53(議第51号) 勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例


第54(議第52号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条


           例


第55(議第53号) 公の施設の指定管理者の指定について


第56(議第54号) 公の施設の指定管理者の指定について


第57(議第55号) 柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約の制定


           について


第58(議第56号) 二級河川の指定について(石橋川)


第59(議第57号) 財産の譲与について(建物)


第60(議第58号) 財産の譲与について(建物)


第61(議第59号) 市道路線の廃止について


第62(議第60号) 市道路線の認定について


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(32人)


                 議 長(26番)霜   田       彰


                 副議長( 4番)高   橋   新   一


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     5番 矢   部   忠   夫


 6番 佐   藤   敏   彦     7番 飯   塚   寿   之


 8番 池   田   千 賀 子     9番 加   藤   愛   子


10番 持   田   繁   義    11番 五 位 野   和   夫


12番 若   井   恵   子    13番 真   貝   維   義


14番 斎   木   裕   司    15番 吉   川   英   二


16番 遠   藤       清    17番 本   間   厚   幸


18番 金   子   錦   弥    19番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 梅   沢       明    23番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 荒   城   彦   一


27番 吉   野   芳   章    28番 入   沢   徳   明


29番 中   村   明   臣    30番 今   井   元   紀


31番 坂   井   隆   雄    32番 戸   田       東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(なし)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長    茂  野  信  之   事務局長代理  阿  部  忠  夫


庶務係長    佐  藤  世志光    議事調査係主任 高  橋  和  行


議事調査係主査 伊  比  寿美恵


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助    役           若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           近 藤 清 信


    産業振興部長           北 原   恵


    都市整備部長           田 村 史 朗


    消防長              前 澤 尚 之


    人事課長             高 橋 敏 郎


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長     布 施   実


    市民活動支援課長         須 田 幹 一


    福祉課長             赤 川 道 夫


    元気支援課長           遠 山 和 博


    農林水産課長           内 山   均


    下水道課長            清 水 紀 彦


    高柳町事務所長          中 村 和 成


    西山町事務所長          滝 沢 茂 義


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会国体準備室長      野 村 信 一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開議


○議長(霜田 彰)


 ただいまから、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は32人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 1 会議録署名議員の指名


○議長(霜田 彰)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、加藤愛子議員及び三井田孝欧議員を指名します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 2(議第 9号) 企業振興条例


○議長(霜田 彰)


 日程第2 企業振興条例を議題とします。


 お諮りします。


 本案に対する委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案に対する委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第9号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第9号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 3(議第10号) 診療所の使用料及び手数料条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第3 診療所の使用料及び手数料条例の一部を改正する条例を議題とします。


 お諮りします。


 本案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案に対する委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 真貝議員。


○13番(真貝維義)


 おはようございます。


 議第10号診療所の使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について、意見・要望を付して、賛成討論をいたします。


 本件の改正条例につきましては、委員会質疑で、それなりに理解をしたところでありますが、本条例とセットで制定されている国民健康保険診療所設置条例があります。正式には、新潟県柏崎市国民健康保険診療所設置条例でありますが、委員会でも、この設置条例が、本条例と同じように、不備ではないかという指摘をさせていただきました。当局の答弁は、問題がない、ということでありました。しかしながら、他の、市町村の国民健康保険診療所の設置条例を見ますと、明確に介護サービスを行っている診療所については、介護サービス、もしくは、介護保険法の規定による、ということが、文言が明確に記され、その事業内容を明確にしているところであります。ちなみに、本市の設置条例を見てみますと、3条、任務。3条、診療施設は、国民健康保険の主旨に基づき被保険者の診療及び一般患者の診療を行い、国民健康保険事業を円滑に実施するとともに公衆衛生の向上及び増進に寄与することを任務とする。4条、診療。第4条、診療施設は、次の診療を行うものとする。(1)健康診断及び健康相談、(2)療養の指導及び相談、(3)診察、(4)薬剤又は治療材料の投与及び支給、(5)処置、手術及びその他の治療。2項、高柳診療所においては、前項各号に掲げる診療のほかに診療所への入所を行うものとする。このように記されております。


 今回の使用料、手数料条例の改正での要因となった介護療養型病床について、当局の説明では、「入所」という文言で、設置条例については、介護施設療養型病床の部分についてはクリアできるんだと、このように解釈するんだ、という話であります。しかし、百歩譲って、介護療養型の7床の部分は、今回の要因となった7床の部分については、よしと解釈をしてもですね、「入所」という文言でよしという解釈をしても、訪問介護の部分は、どのように解釈をすればいいのでしょうか。高柳診療所も、野田診療所においても、介護訪問サービス、これを実施しているわけであります。私は、この場合の入所は、診療所であるから「入所」と記したんであって、病院であるならば、「入院」と、多分、記したであろうと、このように思います。


 憲法9条のような議論をする気もありませんし、そんな余地もないと思います。近年の法律、条例等の制定にかかわる方向は、国民・市民にわかりやすくというのが時代の流れであります。他市町村のように、事業内容を明確に記するのが、至極当然のことであります。一日も早く、設置条例の不備を改正していただくよう強く要望して、賛成討論といたします。


○議長(霜田 彰)


 ほかに討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第10号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第10号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 4(議第 1号) 平成17年度一般会計補正予算(第12号)


○議長(霜田 彰)


 日程第4 平成17年度一般会計補正予算(第12号)を議題とします。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長、武藤司郎議員。


○総務常任委員長(武藤司郎)


 おはようございます。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第1号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、市民生活部所管部分では、防災行政無線戸別受信機の追加内容、電池交換の市民周知、事業所への設置の対応、コミュニティセンターにおけるアスベスト除去工事とその財源、被災廃棄物処理委託料の減額と今後の対応、被災者生活再建支援事業等について、総合企画部所管部分では、市債の繰上償還と補正予算全体を通しての多くの減額補正との関係、西山町事務所所管のまちづくりセンター整備事業を先送りした理由と事業着手年度、地域情報化推進事業におけるNTTの局舎改修補助金が不要になった経緯などについて質疑がありましたが、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長、遠藤 清議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 おはようございます。


 それでは、厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第1号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、高齢者自立支援家事援助サービス事業の利用者数について、地域子育て支援交流施設運営事業・私立保育園特別保育事業補助金が補助採択されなかった理由について、子ども育成基金の積立金の使途について、平成18年度から子ども育成基金積み立て打ち切りの理由について、児童扶養手当減額の理由、検診業務委託料減額の理由と受診状況などについて、質疑・意見がありました。


 本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長、中村明臣議員。


○文教経済常任委員長(中村明臣)


 おはようございます。


 文教経済常任委員会、審査報告を行います。


 付託を受けた事件、議第1号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果について報告いたします。


 本案は、審査の過程において、産業振興部関係では、農道補修用原材料費の不用額の原因について、中山間地域等直接支払制度の減額理由について、大崎雪割草の湯整備事業の土地購入費における面積・地目・単価及び今後の活用方法について、西山自然体験施設の当初見込み客と実績とその差異について、畜産環境美化対策事業の不執行の原因について、融資預託事業の見込み額についてなどの質疑・意見がありました。


 教育委員会関係では、奨学金基金積立金の現在高、希望者数と該当者数の割合及び今後の方向について、就学援助費の対象者数と割合、承認基準及び県内他市との比較について、ふるさと人物館アスベスト対策工事の内容と今後について、佐藤池野球場の設計委託料における入札差額の原因についてなどの質疑がありました。


 本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決するものと決しました。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長、吉野芳章議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 おはようございます。


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第1号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程で、学園まちづくり事業推進事業の、柏崎フロンティアパークの調整池及び放流渠工事において、さきの9月議会及び12月議会で、地盤が予想以上に軟弱だったことにより、工事費の18年度繰り下げとなることの報告があったが、地質調査の再確認と、地盤補強工事による総事業費に変更がない理由について、都市整備関係においては、柏崎マリーナの管理運営事業の新潟県への精算還付金の事業概要と委託先の今後について、また、港周辺にぎわい再生事業の概要と建屋の図面、また、番神堂の岬の遊歩道整備での地元要望について、維持管理関係においては、除雪の、現在の執行状況及び費用と、あわせて、高柳町での状況について、豪雪による除雪委託業者の受け入れ体制、委託料及び市の除雪車補助の国の対応の状況について、除雪費全般にわたる国の補助及び交付時期についてなど質疑等がありました。


 本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第1号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第1号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 5(議第 2号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第6号)


日程第 6(議第 3号) 平成17年度老人保健特別会計会計補正予算(第3号)


日程第 7(議第 4号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第6号)


○議長(霜田 彰)


 日程第5 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第6号)から日程第7 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第6号)までの3案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本3案に対する委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第2号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第2号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第3号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第3号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第4号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第4号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 8(議第 5号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第6号)


日程第 9(議第 6号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)


日程第10(議第 7号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第6号)


日程第11(議第 8号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第6号)


○議長(霜田 彰)


 日程第8 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第6号)から日程第11 平成17年度水道事業会計補正予算(第6号)までの4案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本4案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本4案に対する委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第5号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第5号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第6号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第6号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第7号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第7号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第8号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第8号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第12(議第11号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減


             少及び規約の変更について


○議長(霜田 彰)


 日程第12 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件については、委員長の報告を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第11号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第11号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第13 市長の施政方針演説及び教育委員会の教育方針演説


○議長(霜田 彰)


 日程第13 市長の施政方針演説及び教育委員会の教育方針演説です。


 最初に、市長が施政方針演説を行います。


 市長。


○市長(会田 洋)


 どうもおはようございます。


           平 成 18 年 度 施 政 方 針


                          柏崎市長 会 田   洋


 平成18年度当初予算を御審議いただくに当たり、私の施政方針を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様の御理解を賜りたいと存じます。


 一昨年、市民の負託を受けて市長に就任以来、早いもので1年余が過ぎ去りました。顧みますと、地震、水害、豪雪などの相次ぐ自然災害への対応、復旧・復興に向けた取組を抱えながら、昨年5月の高柳町、西山町との合併を経て、新しい柏崎市の歩みを着実なものにするために、市民の声に耳を傾けながら市政運営に当たり、山積する課題に果敢に挑んでまいった1年余でありました。


 今年度は、合併後の新生・柏崎市のまちづくりに向けて、実質的な一歩を踏み出す大事な年でもあります。従来の市と町の枠組みを超え、変革の意思を持った発想と行動で、これからのまちづくりに邁進していく決意であります。両隣の長岡、上越の圏域の合併に比べるとその規模は多少小振りではありますが、市民がこぞって知恵を出し合い、旧3市町それぞれが持つ特長を活かしつつ、その相乗効果を高め、新市としての一体感を保ちながら、これら近隣市を始めとする他市に負けない魅力あるまちづくりを目指してまいりたいと考えております。


 記録的となった昨年末からの豪雪は、山間部では3メートルを超えるなど、前年の水害、台風、中越地震の傷も完全には癒えぬ中、これら災害からの復興に懸命に取り組んでいる市民の皆さまに追い討ちをかけるように、社会経済活動の各般にわたって深刻な打撃を与えております。特に、先の震災で被災された方々の中には、今なお仮設住宅などで不便な生活を強いられ、生活再建の目処も立たぬまま、将来に不安を抱えておられる方も少なくなく、そのご労苦には胸が痛む思いであります。


 被災者の皆さまが一日も早く被災前の平穏な日常生活を取り戻すことができますよう、その復旧・復興に引き続き最優先、最重要の課題として取り組むのは勿論のこと、今後とも市民の皆さまが安心して暮らせる生活基盤づくりに最大限の努力を傾注してまいります。


 昨年実施された国勢調査で、柏崎市の人口は5年前に比べ3,252人、3.3%の減少となりました。成熟期・人口減少期における向後10年の柏崎市のまちづくりの方向を示す第四次総合計画は、現在、策定作業中でありますが、そこでの議論も視野に置きながら、私は次に述べるような目標を掲げて具体的な施策に取り組み、明日に元気と安心と希望が持てるまちづくりを、市民の皆さまと共に進めてまいります。今年度を、市民の皆さまが選択した 「新しい風」の道に本格的に踏み出す年度と位置付け、変革を意識しつつ、新たな決意を持って、二年目の市政運営に当たる所存であります。


 1 産業の活性化、雇用の場の確保によるまちの活力創出


 2 健康で元気な暮らしの保障


 3 安全、安心のための基盤づくり


 4 次代を担う人づくり


 5 歴史、文化、伝統の尊重


 6 環境に配慮した美しいまちの創造


 7 まちの魅力づくりに向けてでございます。


 次に、主な施策について申し上げます。


1 産業の活性化、雇用の場の確保によるまちの活力創出でございます。


 まず、(1)地場産業の活性化について申し上げます。


 国が発表する月例経済報告や各種経済指標から見ると、日本経済は堅実な回復基調にあり、雇用情勢の改善が窺えます。景気回復感には地域差があり、地方へ波及するにはしばらく時間がかかると見込まれますが、当市においては、工業界の一部に設備投資に前向きな傾向が見て取れます。この機を捉えて、引き続き地場産業の活性化に向けて積極的に取り組むとともに、商業の活性化のための施策にも十分配慮してまいります。


〇昨年に引き続き開催される国内最大級の工業見本市「機械要素技術展」への出展支援、インターネットを活用した全国展開での受注開拓を目指して柏崎技術開発振興協会が取り組む「ものづくりホームページ」の立ち上げ支援など、意欲ある企業を支援します。


〇不況対策として導入した「柏崎市経済景気対策特別資金」を廃止し、現行の制度融資を発展的に整理統合した「柏崎市地域産業活性化資金」を創設して、制度資金本来の目的である中小企業の経営基盤の強化と産業界全体の活性化を図ります。併せて、住宅、福祉等の生活関連資金については、窓口の一本化と申請手続の簡素化により、サービスの向上を目指します。


〇独立開業あるいは新規起業する方を対象に「創業支援融資利子補給制度」を創設するとともに、創業志望の方や創業後間もない方を支援するため、柏崎商工会議所内に県が設置しているローカル支援センターに、県、会議所と共同して「創業相談員」を配置します。


 次に、(2)雇用の場の確保についてであります。


 身近なところに働く場があることは、個人の生活基盤の安定に不可欠の条件であります。管内の有効求人倍率は、昨年8月、7年8か月ぶりに1.0を超え、雇用情勢に明るい兆しも見えてきました。定住人口の確保を図る意味からも、若者、高齢者、母子家庭等への就労支援も含め、雇用の場の確保に取り組みます。


〇新たな雇用の場としても期待される柏崎フロンティアパークは、事業主体である中小企業基盤整備機構が市庁舎内に分室を設置するのに合わせて、市と機構がより連携を密にして事業の推進を図るとともに、平成19年度末の賃貸・分譲開始に向けて、積極的な宣伝、企業立地・誘致活動を展開してまいります。なお、5年間続いた東京事務所は廃止しますが、首都圏での企業誘致の拠点は、引き続きネスパス内に置くこととします。


〇ハローワーク柏崎との連携により、若者の職業能力の形成に対する支援と就職のための情報提供・個別相談に新たに取り組みます。これに併せて、中心市街地に現在のパートサテライト、高齢者職業相談、内職相談を統合した就労支援の拠点として仮称ではございますが、「ワークサポート柏崎」を開設し、相談窓口の一本化と機能の充実、市民の利便性の向上を図ります。


 次に、(3)産業活動を支える人材育成・確保、技術の継承についてであります。


 活発な産業活動を持続させるには、それを担う人材の育成・確保と技術の継承が重要です。2つの大学という柏崎市の財産も活用しながら、産業界の将来を支える人材育成、技術の継承に努めます。


〇機械金属関連の汎用加工技術を中心とした基盤技術を継承するため、市内企業の熟練技能者、いわゆるマイスターでありますが、これを講師に、新潟工科大学と連携してマイスターカレッジを実施します。また、若手経営者を対象とした「ものづくり後継者塾」も実施します。


〇人材育成事業の拡大、充実を図るため、柏崎技術開発振興協会が配置する常勤の工業アドバイザー及び大学との更なる連携の強化・推進を図るための専門員について支援いたします。


〇将来の産業界を担う人材育成を目的に実施する、柏崎工業高校を始めとする高校生の市内事業所への就業体験を、引き続き支援してまいります。


 次に、(4)地域農業の活性化についてであります。


 農村地域の過疎化や農業従事者の高齢化が進む中、地域農業の活性化を目指して、昨年10月に国が示した「経営所得安定対策等大綱」に掲げられた3つの施策がスムーズに実施されるよう取組を進めます。また、他地域に比べ著しく低い農業生産性を高めるためのほ場整備事業にも力を入れるとともに、農地の保全方策、担い手の育成など、地域農業を支えるための課題に取り組んでまいります。


〇集落営農組織の設立促進のため、新たに担当係を設け、専任の職員とJA柏崎からの出向職員とで連携しながら取り組んでまいります。


〇国営土地改良事業の栃ヶ原、後谷の2つのダムは平成19年度内の完成を目指して事業を進めるとともに、市野新田ダムは地元交渉を精力的に進め、早期着工を目指します。また、昨年度に調査が完了した県営かんがい事業は、今年度から工事に着手します。


〇農地の利用集積、流動化等の支援を迅速に進めるため、農地台帳とデジタル地番図を統合した農地地図情報システムの整備を図ります。


 2として、健康で元気な暮らしの保障についてであります。


 まず、(1)地域で自立して暮らせるまちづくりです。


 すべての人が社会の一員として平等で、人としての尊厳を保障され、住み慣れた家庭や地域の中で安心してその人らしい自立した生活を営むことができるように、お互いに支え合って、共に生きる社会づくりを進めます。


〇昨年度から進めている地域福祉の総合計画ともなるべき地域福祉計画の策定を、今年度で完了します。また、障害者自立支援法の施行を受けて、適正な制度運営、必要なサービス量に見合った供給体制づくりを目指す、障害福祉計画の策定に取り組みます。


〇親族のいない知的障がい者、精神障がい者等の権利保護を目的とした成年後見制度の利用に係る費用等の一部を助成する制度を新設します。


〇母子家庭等に対する就労に役立つ資格取得費用の一部助成やパソコン講習会の開催、生活保護受給者に対する国の補助制度を活用しての職業相談専門員の配置など、就労意欲の喚起に向けた支援を行います。


〇県補助の対象とならない小規模福祉作業所の運営についても新たに支援を行い、就労が困難な在宅障がい者の生きがいづくりや社会参加を促進するとともに、地域における知的障がい者の自立支援を助長するため、柏崎刈羽ミニコロニーが行うグループホーム2か所の新規開設を支援します。


 次に、(2)子どもを産み、育てやすい社会づくりについてであります。


 急速な少子社会の進展は、我が国の社会生活環境や制度そのものに大きな影響を及ぼしつつあります。次代を託す子どもが健やかに育まれるとともに、安心して子どもを産み、育てられるまちの実現を目指します。


〇子どもが欲しいと望んでいる夫婦に、不妊治療費の一部を助成します。また、元気館の子育て支援センターに新たに臨床心理士を配置し、教育センター等とも連携を密にしながら、相談事業等の更なる充実を図り、子育て家庭への支援の充実を図ります。


〇平成18年3月末の別俣保育園の閉園、平成19年4月予定の茨目保育園民営化へのスムーズな移行に向けての準備など、保育園の再編・民営化は、条件整備を行いつつ、「第三次行政改革大綱」に基づき進めてまいります。一方、多様化する保育ニーズに対応するため、平成19年度からの本格実施を目指して、休日保育を公立保育園1か所において試行します。


 次に、(3)高齢者が元気で生きがいを持って暮らせるまちづくりについてであります。


 高齢者に豊かな生活を送っていただくためには、元気で生きがいを持って暮らせる健康づくりと、地域の中で安心して暮らせる社会基盤の充実が必要です。高齢者の健康づくり、介護予防対策に積極的に取り組むとともに、民間事業者とも連携しながら、地域密着型サービスの展開に努めてまいります。


〇介護保険事業の改定に合わせ、地域における市民の保健医療の向上や福祉の増進を目的とした各種事業、予防事業等を一体的に実施するための中核機関となる地域包括支援センターを、市内を5つに区分した生活圏域単位ごとに設置し、既存の在宅介護支援センターの実施主体である社会福祉法人等にその運営を委託します。


〇要介護者の住み慣れた地域での生活を支え、地域の特性に応じた柔軟なサービスを提供するため、5つの生活圏域を単位として、小規模多機能施設整備に新たに取り組みます。今年度は、高浜デイサービスセンターにショートステイの増設を行います。


〇社会福祉法人?山会が鯨波地内に県の補助を受けて建設する、ユニットケア方式の特別養護老人ホームの今年度着工実現に向けて取り組みます。


 次に、(4)すべての市民が健康で安心して暮らせるまちづくりについてです。


 健康で元気な生活を送ることは、等しく市民の願いです。健康増進計画「健康みらい柏崎21」に基づき、がん・心疾患・脳血管疾患などの生活習慣病対策を重点として、各種検診事業・健康づくり事業を実施します。


〇地域医療の在り方について問題点の洗い出しや広く意見を求めていく場として昨年度設置した「医療問題懇談会」を今年度も継続し、市民と医療関係者の共通認識を深めるための意見交換やシンポジウム等を行い、当地域における今後の医療体制の整備・充実に向けて更なる検討を進めます。


〇心疾患による突然の心停止の際に有効な手段であるとされている自動体外式除細動器、いわゆるAEDでありますが、これを市内公共施設22か所に配備し、市民の安全・安心確保の一助とします。


〇国民健康保険事業特別会計への一般会計からの法定外繰出しは、平成17年度をもって廃止します。ただし、平成18年度から予定している国民健康保険税率改正では、被保険者負担が増嵩することから、その負担軽減を図るため、平成18・19年度の2か年に限り一般会計からの繰出しを行う特例措置を講じます。


3 安全、安心のための基盤づくりです。


 まず、(1)災害復興と災害に強いインフラ整備、防災体制づくりについてであります。


 一昨年度、昨年度の水害、中越地震、豪雪と、度重なる自然災害は当市の社会経済や市民の暮らしに大きな打撃を与えました。被災者の皆さまが一日も早く本来の生活に戻れるよう全力を尽くすとともに、相次ぐ災害を教訓に改訂する地域防災計画に基づき、災害に強いインフラ整備、防災体制の充実に取り組んでまいります。


〇今なお仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者の皆さまの早期生活再建を始めとする災害復興対策として、被災者生活再建支援法に基づく支援に加えて、半壊以上の被災住宅の廃棄物処理費補助、災害対策資金への特別利子補給など、きめ細かい支援を継続します。


〇平成16年度の水害、中越地震で被災した道路、公共下水道及び農業集落排水の災害復旧工事は平成17年度にほぼ完了しますが、今年度に一部繰り越す事業については早期完了に努めます。また、今年度に繰り越す昨年6月の水害による道路の本格復旧にも全力で取り組みます。


〇治水の安全の向上を図るため、二級河川鯖石川、別山川、鵜川の改修を継続するとともに、源太川総合流域防災事業として整備を進めている佐藤池新田地内の調整池の今年度完成を目指します。


〇昨年の水害体験をもとに策定した「市街地治水対策全体計画」に基づき、県から、国の新規施策である「鵜川総合内水対策緊急事業」に取り組んでもらうことといたします。また、平成19年度における下水道雨水計画の見直しに向けた検討を開始するとともに、よしやぶ川下流部の改修計画を策定します。併せて、応急仮設ポンプ7台を増強し、水害に対する緊急体制の強化を図るなど、平地部における治水対策に積極的に取り組みます。


〇地震の際の建物倒壊等による被害を未然に防止し、市民の安全を確保するため、新耐震設計基準施行前の昭和56年5月までに建築に着手された木造の1戸建住宅の耐震性調査を実施する市民に対し、補助金を交付する事業に新規に取り組みます。


〇高齢者に優しいバリアフリーに対応した市営半田住宅D号棟の実施設計に着手し、平成19・20年度の建設を目指します。平成12年度から進めてきた公営住宅再生基本計画に基づく住宅建設は、これで最終となります。


〇国道8号バイパスは、豊田橋周辺の供用開始に続き、国道353号から西方面へのルートが本格着工されるよう、国に事業促進を要望してまいります。


〇県道野田西本線が、今年度、中央通りまで完成の予定です。その他の県道、市道についても、引き続き県とも連携しながら整備を図ってまいります。また、市民に身近な道路について、要望の多い老朽化した側溝の改修を図るため、新たに「道路側溝修繕事業」として重点的に取り組みます。


〇第6期事業計画の最終年次を迎える公共下水道事業は、佐藤池新田、軽井川地内での汚水管渠の整備を進めるとともに、雨水対策として柏崎駅南の塩込川の継続整備、中浜地内ほかの雨水枝線の整備を行い、浸水地域の解消を図ります。また、老朽化が著しい自然環境浄化センターは、汚泥処理施設の改築更新工事の継続及び脱水機の増設などを実施し、より良い環境の整備を進めます。


〇災害に強いライフラインの強化とアスベストによる健康不安の解消を図るため、老朽水道管取替工事を優先的に推進し、石綿セメント管の年度内解消を目指します。


〇合併特例事業として昨年度から5か年の継続事業で実施している西山町給水区域拡張工事は、職員を増員して促進するとともに、高柳町の簡易水道水源調査を実施します。


〇公共下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計について、平成19年4月1日から地方公営企業法を適用するための準備を進めます。


〇災害時においては、市民による自助・共助の連帯の精神に基づく自発的な防災活動が重要であることから、自主防災会の設立を支援するとともに、要援護者支援プラン作成や地域防災マップの作成、地域での防災訓練実施などの設立後の活動を支援してまいります。また、洪水や土砂災害の危険箇所情報や避難方法等を掲載したハザードマップの作成、高柳町・西山町地区の避難所表示看板整備等を実施し、防災対策を強化します。


〇市民生活部に部長級の防災監を配置して、災害や危機情報を的確に察知し、防災、災害対策を適切かつ迅速に実施するための体制を強化するとともに、国民保護法に基づき、武力攻撃事態等に対する措置を定める柏崎市国民保護計画を策定します。


 次に、(2)子どもの安全、地域の安心のためにであります。


 地域の安全・安心の確保は、大きな課題となってきています。特に、子どもが被害者となる事件が多発するなど、社会の犯罪抑止力や地域の防犯力が弱まっている傾向にあります。


 子供の安全確保に向けた更なる取組を検討するため昨年立ち上げた庁内の「子ども安全ネット会議」を継続しながら、地域と連携する中で、地域の安全は地域社会が守るという意識を醸成していく取組を進めます。


〇小学生の登下校時における安全確保を図るため、各地区の老人クラブ会員のパトロール隊による見守り事業を支援するなど、コミュニティ、町内会など地域での防犯活動を支援するとともに、安全防犯情報メールの配信と防災行政無線による迅速な情報提供も引き続き実施します。


〇子ども自らが様々な暴力から自分を守る意識を醸成するため、子ども、親、教師も含めたワークショップ形式の研修による「子ども安全CAPモデル事業」に取り組みます。


4 次代を担う人づくり


 まず、(1)将来への期待であります。


 人づくりは百年の大計であり、柏崎のまちづくりの礎を築くものでもあります。財政の厳しい時でありますが、こうした時であるからこそ人づくりに将来の夢と希望を託したいと考えます。


〇市独自の財源で、小・中学校に指導補助員を20名、介助員を21名配置し、学校現場における児童・生徒により充実した教育を提供します。


〇昨年施行された食育基本法の目的である、生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育む食育を推進するため、学校現場での従来の取組を推進するとともに、各種計画との整合を図りながら、庁内関係課で立ち上げた「食に関する庁内検討会」で検討を深め、今後の事業化につなげてまいります。


〇懸案であった第二中学校の改築について2か年継続で工事に着手するほか、内郷小学校のプール整備も行います。昨年度からの継続事業である田尻小学校の改築については、年内の完成を目指します。


 次に、(2)生涯学習環境、体育環境の整備であります。


 生涯学習や体育・スポーツへの市民の関心は、高まる一方です。こうしたニーズに応えるため、施設整備やソフト事業に取り組みます。


〇2009年に開催予定の第64回国体「トキめき新潟国体」に向け、今年度は、国体準備室を国体推進室と名称変更し、職員も増員して、関係機関・団体と連携しながら、準備を進めてまいります。


〇柏崎のスポーツ・体育を長く担ってきた伝統を誇る柏崎体育団は、この1月、名称を柏崎市体育協会に改めて再スタートを切りました。今後とも、スポーツ・体育振興の中軸としての役割を担っていただくことを期待しているところであり、市としても事務局体制の充実に向けた支援をいたします。


5 歴史、文化、伝統の尊重


 (1)歴史的遺産、文化財、伝統芸能の保存、伝承についてであります。


 旧両町を含め、永い歴史を誇る柏崎市には、先人から受け継いだ貴重な文化遺産が数多く存在します。まちに融け込み、市民共有の財産となっている、かけがえのないこれら固有の遺産の保存、伝承に努めます。


〇柏崎フロンティアパークにおける軽井川南遺跡群の発掘調査は順調に進んでおり、今年度で現地調査を終了することとなります。発掘調査により明らかとなった内容は、現地公開や報告会などを通じ、広く市民の皆さまにお知らせするとともに、その成果の今後の保存・活用策を検討してまいります。


〇戦前、故・高橋忠平氏の御寄附により建設された喬柏園は、近代化遺産として文化的価値も高いことから、国の登録文化財に登録する手続を取ることといたします。また、桑名藩の飛地領としての柏崎に幕末まで置かれていた大久保の陣屋跡地に残る長屋建物について記録調査を行います。


〇昨年から実施している国指定文化財・名勝「貞観園」の修復工事に対し、平成20年度の完了を目指し、国・県と共に支援してまいります。


〇重要無形民俗文化財「綾子舞」が国の指定30周年を迎えるに当たり、保存会が実施する記念公演を支援し、「綾子舞」のすばらしさや美しさを市内外に発信してまいります。


 次に、(2)市民文化の醸成、文化活動の支援であります。


 市民が様々な形で文化に触れ、文化に親しみ、市民の文化活動が活発なまちには文化の薫りが漂います。生活文化が息づき、芸術文化の薫るまちづくりを目指して取組を進めてまいります。


〇開館後37年が経過して老朽化が進み、機能面からも不十分となってきた市民会館は、建て替えを考えなければならない時期に来ていますが、建て替えに当たっては、そのコンセプトや機能、建設位置、経費、財源など、十分に検討する必要があります。今年度は、公募の委員も加えて検討委員会を設置し、広く市民の皆さまのご意見をお聞きしながら検討することといたします。


6 環境に配慮した美しいまちの創造であります。


 まず、(1)持続可能な資源循環型社会の形成であります。


 私たちが生活する場は、あらゆる生命が調和して共存する貴重な舞台でもあります。豊かで美しく優しい地球環境、生活環境を子どもたちに引き継ぐために、市民の皆さまと共に、足元のできることから取り組んでまいりたいと思います。


〇持続可能な資源循環型社会の形成を図るとともに、地域の活性化と新たな環境産業の確立による雇用機会の創出を目指し、地域に遍在するバイオマス系資源の総合的な利活用システムを構築するバイオマスタウン構想策定事業に取り組みます。


〇主として中小企業向けの環境認証・登録制度である「エコアクション21」の市内事業所への今後の展開を期待し、市が先行して取得します。


〇ごみ減量化の対策として、粗大ごみの有料化に続き、平成19年4月から実施を予定している家庭ごみの有料化と「事業系ごみの料金改定」に向けて準備を進めます。


 次に、(2)自然を大切にした美しいまちづくりのためにであります。


 自然を大切にした美しいまちはそのまちの文化そのものであり、市民一人ひとりが環境を大切にする思いを持つことは、美しいまちを創る原点でもあります。柏崎市が美しい街並みを持った文化都市として広く認められるよう、取組を進めます。


〇合併後の新・柏崎市における個性ある景観づくりに取り組む第一歩として、市民の景観への関心や理解を深めていただくため、公募による美しい景観の選定や景観シンポジウムを開催する都市景観形成事業に取り組みます。


〇環境学習の場や市民の憩いの場として来春のオープンを予定している「柏崎・夢の森公園」は、嘱託員2人を増員して体制を強化し、開園の準備に万全を期します。


7 まちの魅力づくりに向けて


 まず、(1)新しい都市像の追求であります。


 新しいまちづくりの指針となる第四次総合計画は、引き続き議会及び市民各界・各層の皆さまと意見交換し、協働しながら、今年度策定いたします。


 次に、(2)コンパクトなまちづくりについてであります。


 これからの少子高齢・人口減少社会における「まちのかたち」の在り方の一つとして、住宅、業務施設、商店、学校、病院、福祉施設、公益利便施設などの各施設が適正に配置され、一定の都市機能が集積されたコンパクトなまちづくりが求められています。


 一方で、周辺地域に住む人の生活利便性をどう維持し、高めていくかということも視点に置きながら、国におけるまちづくり三法改正の動向も見定めつつ、都市部とその周辺のバランスを考慮した、一体的なまちづくりを進めていく必要があります。


〇柏崎駅周辺を含めた中心市街地の活性化について、国の電源地域振興指導事業を活用して、「まちなか活性化計画」の策定に取り組むこととします。


 柏崎駅周辺の整備は、これからの柏崎市のまちづくりの中核をなすものであることから、その整備・開発の在り方を、この計画策定の中で検討してまいりたいと考えています。


〇昨年度現地調査を行い、報告書をまとめた新日本石油加工株式会社所有の赤れんが棟の取扱いについては、日石跡地全体の土地利用の在り方と一体で考える必要があります。この土地は駅周辺の整備において重要な位置を占めることから、所有者である新日本石油株式会社の考えもお聞きしながら、議論を深めていくことといたします。


 次に、(3)二つの大学についてであります。


 市内にある新潟産業大学、新潟工科大学は、市民生活や経済活動においても両大学の持つ貴重な知的財産や学生のパワーを活用させていただいているところであり、今後とも一層連携を深めてまいります。


 一段と厳しさを増しつつある地方の大学を巡る環境の中で、新潟産業大学は、経営改善の一環として、学部新設と学部の一部市外転出という構想を打ち出しました。その一部とは言え大学が市外に転出するということに関しては、開学を支援した柏崎市としては引き続き現在地での存続を強く望むところですが、一方で、大学の存続そのものを最優先で考えた時、いかなる選択をすべきか冷静に判断する必要があります。この構想が現実のものとなるかどうかはまだ定かではなく、紆余曲折も予測されますが、今後の推移を慎重に見守り、誤りのないよう判断をしてまいります。


 このような背景もあり、大学との連携を密にするため、今年度から課長級職員を新潟産業大学に事務局長として派遣します。


 次に、(4)原子力発電所についてであります。


 柏崎刈羽原子力発電所の1号機が営業運転を開始してから20年が経過しました。長期間の運転による施設・設備の機能低下、いわゆる高経年化事象であります、は、今後、重いテーマとして顕在化してくるはずです。これまでにも増して原子力発電所の安全確保を、県と連携して国、事業者に要請していくとともに、昨年実施した原子力総合防災訓練を踏まえて、より実効性ある原子力防災計画とするための見直し作業にも取り組みます。


 一方、東京電力株式会社は、本市にとって重要な基幹企業の一つであるとの認識の上に立って、地域の振興のためにその総合的な力を最大限に発揮されることを期待し、引き続き共存を前提として相互の信頼関係の醸成に努めてまいります。


 次に、(5)いくつかの施策等の展開について申し上げます。


〇株式会社ケー・ティ・ブイの破産整理に伴い市に返還された旧柏崎トルコ文化村の利活用策については、西部地区の観光振興という視点のみに拘らず検討してまいりましたが、最終的に、売却処分やむなしという判断を下しました。譲渡先については公募によることとし、応募者の中から利用計画の妥当性、事業者の安定性や信頼性等を総合的に勘案し、市の発展に寄与するものを、今後設置する選定審査会を経て決定することといたします。


〇柏崎港の観光面での賑わい創出を目指して、西埠頭とみなとまち海浜公園内に、海洋観光とマリンスポーツの拠点となる交流センター2か所の建設に着手します。


〇市民の足となっている路線バスを中心とする生活交通については、平成17年度事業である地域生活交通確保調査の結果を踏まえ、今年度は地域の皆さまや事業者と共に、実現に向けた方策を協議してまいります。


〇鉄道については、本市が高速鉄道交通体系の下で陸の孤島となることのないよう、2014年の北陸新幹線の開通に向けて、優等列車の確保に努めるとともに、将来的な鉄道交通体系の在り方について、新潟県と連携を取りながら検討を進めてまいります。併せて、列車の増便や乗換時間の短縮など、当面する交通利便性の確保のための働きかけに力点を置いた活動を継続してまいります。


〇市内全域でのインターネット通信環境格差が是正されるよう、現在サービスが提供されていない高柳町、西山町地域においても、地域住民の方々のご協力を得ながら、サービス開始に向けた取組を進めます。


 これまでの中央集権型の政治手法から分権型の地域運営手法へという流れは、本市の行財政運営にも徐々に影響を及ぼしつつあります。補助金の削減、税源移譲、地方交付税の見直しという国の三位一体改革は、詰まるところ、「自らの地域運営は自らの財源と責任で行 う」ということにほかなりません。行政の担うべき分野を明確にし、民間に委ねられることは委ね、市民との協働を進めるとともに、簡素で機能的な組織機構の下、徹底した行財政改革に不断に取り組みながら、限られた財源を有効に活かせる施策、事務事業の選択を、自治体自らの責任で行うことが求められています。行政に携わるものの意識改革は勿論のこと、市民の皆さまからもこのことをご理解いただくことが必要であると考えています。


 私は、このような分権型社会の進展をむしろ地方自治確立のチャンスと捉え、市民の英知の集積を期待しながら、柏崎市が将来とも安心して暮らせるまちであり続けるための行財政基盤の確立、堅持に向けて、今日できることに英断をもって取り組む覚悟であります。


 まず、そのために、1 効率的で効果的な行政運営についてであります。


〇昨年度策定した「第三次行政改革大綱」に定められた改革項目を着実に実施に移すとともに、事務事業を不断に見直しつつ、無駄を省いた、効率的で効果的な行政運営を目指します。


〇「第三次行政改革大綱」に定められたガス事業の民営化については、市民の代表や有識者などから成る第三者機関を設置して、民営化の是非も含めた今後のガス事業経営の在り方について検討し、今年度中に方針を決定いたします


〇定員適正化計画に基づき、平成22年4月1日において、合併時の平成17年5月1日の職員数1,116人に対し89人(8%)に当たりますが、の純減を行い、総人件費の抑制を図ります。


〇平成18年4月1日付で、総合企画部から財務部を独立させるほか部長級の防災監を設置するなどの機構改革を行うとともに、人事を一新し、新たな体制で変革期の市政運営に取り組みます。


〇職員の意識を改革しながらその能力を一層高め、自治体経営の感覚に富み、サービス精神旺盛なプロの公務員として更なる意欲をもって職務に精励してもらうため、各種職員研修を充実させるとともに、職員の育成や意識改革にもつながる新たな人事考課制度を導入することとし、今年度は管理職から先行して試行します。


 2番目に、持続可能な健全財政の堅持であります。


〇すべての事務事業を、その要否も含めゼロから見直し、真に必要な行政サービスの在り方について検証する、いわゆるゼロベース予算の取り組みを実施した結果、平成17年度当初予算額に比して一般財源ベースで約14億5,000万円相当の事務事業を廃止又は縮減いたしました。今年度は、昨年度ほぼ手を着けなかった各種補助金等について、有識者による検討委員会を設置し、ゼロベースでの見直しを行います。


〇最小の経費で最大の効果を上げる公共工事を目指すとともに、より透明性があり、競争力の高い入札を執行するため、入札制度を見直し、一部を今年度から試行します。


〇柏崎地域土地開発公社の業務について市職員が兼務して行うこととし、事務の効率化を図ります。また、公社の土地保有状況や経理状況等を市民の皆さまに十分説明しながら、公社の財務状況の改善を図るため、公社所有土地の一部買戻しを検討してまいります。さらに、遊休市有地については、売却処分も含めて有効活用の途を探ります。


〇合併特例事業及び合併特別交付金事業については、合併初年度である昨年度から一部予定の事業に着手しているところですが、将来の財政運営の健全性を損なわないためにも、事業の適否も含め、内容、実施時期等について、今年度見直しを行い、精査・検証いたします。


 3番目に、市民参加、市民との協働による市政運営の実現について申し上げます。


〇市民自治は、徹底した情報公開と市民参加あるいは市民と行政との協働によって実現されます。市民応接室を新たに月1回、土曜日にも開設するなど、広く市民の皆さまのご意見をお聴きし、市政に反映することができるよう、引き続き広報広聴活動に力を入れてまいります。


〇市民が参加し、協働によるまちづくりを実現するため、NPOの啓発及び団体・組織の育成を支援します。また、地域の課題解決や地域づくりに、地域住民自らが考え、主体的に取り組む地域コミュニティ活動を引き続き支援するとともに、活動の場であるコミュニティセンターの新築、増改築等の整備も行います。


〇男女共同のまちづくりのための各種政策の基盤となる、(仮称)でございますが、「柏崎市男女共同参画推進条例」の年度内制定を目指します。


 次に、今年度の予算について申し上げます。


 平成18年度当初予算は、以下のように計上いたしました。


  一般会計 450億2,000万円、これは対前年比16.7%のプラスであります。


  特別会計 309億4,172万6,000円、これは対前年比8.3%プラスであります。


  企業会計 114億5,729万6,000円で、対前年比プラスの25.5%


  合計で、 874億1,902万2,000円、対前年比プラス14.6%であります。


 ただし、対前年比と申しますのは平成17年4月1日段階における柏崎市の当初予算との比較でございます。


 一般会計の予算規模は450億2,000万円と、平成11年度以来久々に400億円を、しかも大幅に超えましたが、これは合併により旧2町分が合算されたためであります。むしろ、両町及び柏崎地域広域事務組合分を合わせて推計した平成17年4月1日時点での概算値とほぼ同額であることを考えると、一応、前年並みの予算規模に落ち着いたとご理解いただきたいというふうに思います。


 一昨年12月に市政の舵取りを任せられた私にとって、市長として最初から手掛ける実質的な予算編成は今回が初めてであり、また、合併後の新市としても初めての通年予算であります。厳しい財政状況を十分考慮しつつも、作業中である第四次総合計画が策定され、その計画に基づく事業・施策の本格的な展開が平成19年度になることを考慮しながら、今年度については、先ほど述べたような項目を中心に、各種施策にきめ細かく配慮したところであります。


 財源については、昨年度の当初予算編成において計上した財政調整基金を始めとした8億7,360万円の基金繰入れに対し、今年度は公共施設管理基金4億円、社会福祉事業基金8,000万円の計4億8,000万円と、前年度のおよそ2分の1近くに抑制する一方、合併特例債、過疎債、臨時財政対策債、災害復旧事業債を除く一般起債を10億5,030万円、ただし、これは、この中には、8,770万円合併特例事業に関連するものが含まれておりますが、この一般起債を10億5,030万円に抑えて編成いたしました。


 また、今年度予算とは直接は関係しませんが、平成17年度には財政調整基金及び減債基金を取り崩して約14億7,000万円の起債の繰上償還をお願いし、議会のご承認をいただいたところであります。


 これらは、将来とも持続可能な健全財政を堅持するため、今からできる取組は着実にやっておくべきであると判断したためであります。


 今後とも、健全財政を堅持しながら、必要にして有益な市民サービスを提供するため、経費削減や財源確保に向けて、あらゆる努力を傾注してまいる覚悟を新たにいたしております。


 本市を取り巻く社会・経済情勢等は、総じて生易しいものではありません。三位一体改革に見られるように、国と地方の関係は、今、大きく変わろうとしています。回復基調に入ったといわれる我が国の経済活動が、今後堅調に推移することを期待するものでありますが、景気回復感は未だ私どもにとって実感を伴うものとはなっておらず、むしろ中央と地方との格差、富める者と貧しい者との格差が、これまで以上に広がってきていることに対する懸念の方が強いといわざるを得ません。その一方で、急速な高齢社会の到来や我が国の存亡にかかわる少子化と人口減少の進行などが、社会経済全般にわたって様々な局面に及ぼす深刻な影響が現実のものとなってきています。また、地球規模での温暖化や環境破壊、そして地域紛争、武力やテロの脅威など、未だ世界に戦火の絶えることはなく、人類の生存を大きく脅かしております。


 これらの様々な情勢の変化の中で、私たちを取り巻く社会制度や社会規範、生活様式のみならず、私たち自身の価値観や精神構造までもが、ある意味で大きく変革を求められているといえます。先の見通しのつけにくい、まさに不安定、不透明な時代の中に入り込んでいる感がありますが、しかし、私たちは、目先のことのみに囚われない総合的で長期的な展望に立った的確な判断を下しながら、その場に佇むことなく、力強く前に進んでいかなければなりません。


 人は誰でも自由に生きることを欲しています。自由を市民の理想として標榜し、その時どきの市民の英知と努力で自由を守り通してきたアドリア海に面するクロアチアの中世都市ドブロブニクの詩人イヴァン・グンドリッチは、「自由 この愛しきもの。金や銀 いかなる命にも換えがたきもの」と謳いました。この自由を享受することは、その一方で責任や義務を伴うことでもあります。


 すべての市民が、自由と人権を保障され、安心して、いきいきと希望を持って暮らせるまちは、市民一人ひとりが、まちを形成する当事者であるとの自覚と責任を持って、それぞれにまちづくりの一端を担うことによって実現されるものです。柏崎市が他に伍して負けないまちづくりを実現していくためには、市民の力や地域の力、その総合力をいかに発揮していくかにかかっている、といっても過言ではありません。市民一人ひとりが、「市民として何ができるか」を考え、知恵を出し合い、力を集め合って、まちづくりに参画することが、今、求められていると思います。


 私は、まちづくりに果たす市民の皆さまの熱意と力を信じ、市民の皆さまの声に耳を傾けながら、市民との協働作業を進め、一方に偏せず、どの選択が市民のためとなり、市にとって益になるのかを的確に判断しながら、柏崎丸の船頭役として市民の先頭に立ち、荒波を乗り切ってまいる所存です。


 議員各位並びに市民の皆さまのご理解、ご協力を心からお願い申し上げ、私の施政方針といたします。


 どうもありがとうございました。


○議長(霜田 彰)


 次に、教育長が教育方針演説を行います。


 教育長。


○教育長(小林和徳)


 それでは、引き続き、私の方から、教育委員会として教育方針を申し述べますので、議員各位、並びに市民の皆様方の御理解を賜りたいと存じます。


          平 成 18 年 度 教 育 方 針


                            柏崎市教育委員会


1 はじめに


 全国的に幼い子どもたちが、あまりにも理不尽な犯罪の犠牲になるという事件が後を絶ちません。平成17年1月1日から平成18年1月31日までの間、柏崎・刈羽「子どもの生活安全ネット」が把握した児童生徒にかかわる不審者情報は31件に及び、柏崎市においても児童生徒の安全の確保は喫緊の課題となっています。市では「子ども安全ネット会議」、子どもの安全確保庁内連携会議のことでありますが、これを立ち上げ、対応を強化しているところです。子どもの安全・安心は、大人が子どもをどう見るかという「大人の子ども観」の問題でもあり、子どもを取り巻く大人の意識啓発が今後も意図的に進められなければなりません。そのため、家庭・学校・地域社会が一体となった取組を総合的に進めることが重要です。


 文部科学省は、平成18年度から市町村が公立小中学校の教職員を独自に採用できる構造改革特区の特例を全国に拡大することとし、今国会に市町村立学校職員給与負担法の改正案を提出しています。今後の実現可能な具体的展開に期待をしながら、成り行きを注目したいと思っています。今後も教育の地方分権・現場主義は確実に進み、そのための条件整備がされると思われますが、これは教育評価が確実になされるということで成り立つということを関係者は常に意識しなければなりません。とりわけ教職員は、使命感に燃え、実践的な研修の裏付けをもってこれに応える義務があります。


 私たちの周りには、人それぞれに愛着を感じ残していきたい風景があります。歴史的風土、文化的遺産が、市民の皆さまの理解を得ながら、将来にわたって受け継がれるようなまちづくりが課題となっています。足元からの文化振興策の展開を図り、市民の皆さまの満足度を高め、より一層柏崎の魅力を発信できるよう努めていきたいと思います。


2 学校教育の主要課題の解決に向けて


 確かな学力(知)と豊かな人間性(徳)、健やかな体(体)の調和の取れた児童生徒の育成を目指し、平成18年度の主要課題を以下のように設定しました。


(1)確かな学力の向上


 当市の児童生徒の基礎学力は、全県学力調査の結果等から、高い水準にあるとみています。これは、少人数指導・ティームティーチング・習熟度に応じた指導等、個に応じたきめ細かな指導を進めてきたことと、教員の指導力向上に努めてきたことが効を奏した結果だと考えています。しかしながら、学校間、学年間、学級間での格差の問題はあり、各現場で指導の問題点を把握して補強に努めているところです。また、単に知識量の多さや理解・技能獲得の速さにのみ児童生徒が関心を示す段階を超え、自ら学び自ら考える力や表現力も学びの過程で総合的・一体的に確実に身に付けることができるよう学力の質を高めてまいります。


(2)豊かな心と健やかな体の育成


 大人社会のマイナスの側面は、規範意識の低さ、倫理観や公共心の欠如などといった形で子どもの心を蝕んでいます。また、高度情報化社会の進展に伴い、子どもがメディアに翻弄され、このままでは人間性をも失いかねない現実もあります。これらの問題には、大人が責任を持って、大人の努力で、家庭・学校・地域が行動で連携して対応しなければなりません。子どもに自然体験・生活体験・社会体験を積ませ、道徳教育のベースになる感性・社会性・耐える力等を育み、その過程で大人も育っていく取組を進めます。具体的には体づくりを含め、「柏崎の教育3・3・3運動」の継続した、日常的な実践行動を通して成果を上げてまいります。


 また、平成19年度に開園予定の「柏崎・夢の森公園」では、平成15年度から「環境学校」として自然体験や里山保全など体験重視型の様々なプログラムを準備し、活動を行ってきています。教育委員会もこの環境学校を活用し、県立こども自然王国など市内関連施設とも連携を図り、子どもたちの豊かな心と健やかな体の育成に努めてまいります。


 柏崎の児童生徒の体力は、県平均よりやや上回っているものの、全国平均に比べやや弱い状況にあります。体力の低下は、運動能力の低下に止まらず、気力・意欲の減退といった自信のなさや自己否定にもつながり、精神面でのひ弱さをもたらすことともなります。食育の推進も含め、生活習慣の改善と体力づくりも、日々の具体的な実践活動として地道に根気強く進めなければ実効あるものとなりません。生涯学習の視点に立って、広く学校・家庭・地域ぐるみの取組として展開できるよう努めます。


 心と体の問題は、就学前の幼児期における親の幼児へのかかわり方いかんによってほぼ決まると言っても過言ではありません。幼児期と小学校前期のつながりを滑らかにし、関係部局と連携を密にし、幼児を抱える家庭のあり方について意識啓発を図ってまいります。


(3)地域に信頼される特色ある学校づくり


 学校が取り組んでいる課題が保護者や地域によく理解されている、保護者や地域の願いが学校経営に生かされている、特色ある教育活動に児童生徒が意欲的に取り組んでいる、そのような学校を目指して各学校は、努力を続けております。どの学校においても教育活動の外部評価を適切に行い、説明責任や結果責任を果たしていくよう指導・助言に努めます。また、校長のリーダーシップが発揮しやすく、教職員の力が引き出しやすい条件整備に向け、国・県へ必要な措置を引き続き求めてまいります。


(4)教職員研修の充実


 これら学校教育の主要課題の解決には教職員の主体的・能動的な意欲と力量が問われ、教職員の不断の研修が欠かせません。教育委員会では、教育センターを核として教職員研修の機会を多面的に設け、参加を促進し、一人一人の力量を高め、学校が組織力を発揮できるよう努めます。そして複雑・多様化する学習指導や教育相談に柔軟に対応できるよう質の高い教職員研修を目指します。


 情報教育面では、教育情報支援システムを維持・発展させ、これを活用して授業や職務に生かせる教職員の拡大を図るため、情報教育主事を新規に配置し、研修効果を高めてまいります。


3 学校教育環境の整備・2大学との連携


 学校整備では、第二中学校の改築を平成18年度・19年度の2か年事業で実施いたします。田尻小学校改築は本年12月の完成を目指すとともに、内郷小学校のプール改築工事も実施いたします。


 合併2町の小中学校に対し、コンピュータ教室での一人一台環境及び校内LANを柏崎市の基準に引き上げ整備いたします。また、柏崎市児童生徒の食育推進プランに基づいて食育を推進し、食環境の向上を目指します。


 なお、合併に伴い、39か校となりました小中学校について、市全体の中で適正配置、適正規模、改築時期などどうあるべきか、統廃合も含め引き続き検討し、より良い教育環境を目指してまいります。


 市奨学金制度の活用については、地元2大学進学の学生に対する優先枠を当面5人とし、地元大学志向を高める一助となるよう今後も検討を加えてまいります。また、現在行われております両大学の学生による小中学校への学習支援ボランティアについては、協力いただく学生層を増やし内容が充実するよう工夫しながら進めます。


4 生涯学習・体育・スポーツの振興に向けて


(1)青少年教育の方向


 青少年の問題行動、ニートやフリーターの増加は、社会や経済に大きな影を落としていますが、これらは直接かかわりのある個人の問題としてではなく、青少年を取り巻く大人社会の問題として認識されなければなりません。親や地域が子どもとどういう態度でかかわればいいのかという問題意識を持ち、実践する場として「地域で育む子ども育成事業」を新規に立ち上げます。この事業は、「柏崎の教育3・3・3運動」に取り組む大人が、子どもとかかわる基本的な構えを実践的に身に付けることにより、運動の質を高めようというものです。幼いころから家庭・学校・地域で自分の存在感を意識して育った子どもたちは、有能感を持って社会に貢献しようと努めます。学校教育においても発達段階に応じたキャリア教育の推進やボランティア活動の奨励に努め、生き方を深く追求しようとする機運を醸成していきます。


(2)学習内容の充実・学習機会の提供


 市民の学習参加の施策として前期後期に分けて行っております「かしわざき市民大 学」は、広く市民の皆さまから幅広い知識を習得する過程で、学ぶ喜び、楽しみ、生きがいを発見していただいております。今後も2大学との連携により学習内容を充実し、満足度を高めてまいります。また、両町の公民館と分館で実施しております生涯学習学級事業、家庭教育事業などを通じて、より多くの市民の皆さまに学習機会を提供してまいります。


(3)図書館の利活用


 年間来館者延べ57万人と多くの皆さまから御利用いただいている図書館(ソフィアセンター)は、開館百周年を迎えます。記念の催しとして年間2回、市民参加型の(仮称)でありますが、「なつかしの柏崎展」を開催いたします。これを機会に柏崎の良さの再発見と身近な地域への愛着を実感していただきながら、図書館の更なる利用を一層促進したいと願うものであります。


 活字離れというよりは、大人も子どもも「国語離れ」ともいうべき状況が生まれ、情緒の好ましい発達が阻害されようとしています。その具体的対策の一つとして、小学校を重点に子どもたちの読書活動をより一層推進するため、移動図書館など巡回の在り方を検討・補強してまいります。


 また、合併2町へは、公民館図書室の図書の充実、学校連携・支援事業等サービスの拡大を図ってまいります。


(4)体育・スポーツの普及振興


 より多くの市民がスポーツを楽しめるよう、体育指導員等によるレクリエーションスポーツを普及し、生涯にわたってスポーツに親しみ、健康で生きがいの持てる環境を整えます。


 競技力向上へ向けたジュニア世代の強化を図り、次代を担う子どもたちを全国に羽ばたけるような選手に育成するため、主体的にその活動を担う新生柏崎市体育協会の事務局を支援してまいります。


 継続事業として実施している佐藤池野球場の改修は、スタンド周辺の改修に引き続き、外野部分の拡幅とグラウンド面整備を行います。陸上競技場は、公認を更新するため、走路及びスタンドの改修工事を実施し、リニューアルいたします。


 観るスポーツでは、全日本東西対抗剣道大会やプロバスケットボールのbjリーグの柏崎開催を実施し、市民に楽しんでいただきながら、スポーツへの関心を高めてまいります。


(5)2009年トキめき新潟国体への準備


 柏崎が水球、卓球、ハンドボールの会場となる「第64回国体『トキめき新潟国体』」の開催が今年7月に正式決定されることを受け、「柏崎市準備委員会」を「柏崎市実行委員会」に改組し、開催への諸準備を展開します。


5 歴史、伝統、文化の継承・発展に向けて


(1)近代化遺産・歴史的建造物


 西本町の「喬柏園」は築後70年弱となりますが、近代化遺産として価値も高いことから、国の登録文化財に登録する申請手続を進めてまいります。また、大久保の柏崎陣屋跡にあります桑名藩士の住居であった長屋については、貴重な歴史的建造物として、当面、記録を残すための調査を行います。


(2)市民会館改築検討委員会


 県内の市町村に先駆け昭和43年にオープンし、多くの皆さまから親しまれてきました市民会館も老朽化が進み、機能面からも不十分となってきました。近い将来の改築に備え、有識者や市民の皆さまのご意見をお聞きしながら、研究することとし、公募委員も加えた検討委員会を立ち上げ具体的な検討に入ります。


(3)綾子舞国指定30周年記念事業


 国指定の重要無形民俗文化財「綾子舞」は、指定を受けてから30年を迎えますので、記念事業として、記念公演・式典などを保存振興会・後援会とともに開催します。これにより、市内外に「綾子舞」のすばらしさや美しさを発信し、愛好者の輪が広がっていくことを期待しています。


(4)柏崎市美術展覧会50周年記念事業等


 秋恒例の柏崎市美術展覧会も、今年で50年の節目を迎えることとなりました。市民の皆さまの力作が多く出品されることをご期待いたしますとともに、市内外の多数の皆さまからご来場いただき、成功させたいと思っております。市展50年の歩みを記念誌として発行し、更なる芸術・文化の発展につなげてまいります。


 市民文化誌「風のいろ」は、市民の文化活動を総合的に把握し紹介するものとして、文化団体など市民の力により3年前に刊行されましたが、この第2号発刊を支援します。このことにより、文化団体同士の交流や市民の文化への関心が、更に高まることを期待するものです。


(5)軽井川南遺跡群発掘調査


 柏崎フロンティアパークにおける軽井川南遺跡群の発掘調査については、専門家の指導をいただきながら、順調に進んでおり、今年度で現地調査を終了することとなります。発掘により明らかとなった内容は、現地公開や報告会などを通じ市民の皆さまに広くお知らせしてまいります。併せて、昨年度この遺跡群を題材に埋蔵文化財保護の重要性を更に広く発信する啓発ビデオを制作いたしました。子どもたちが故郷に愛着を持つ教材や市民の学習などに広く活用してまいります。


6 青少年の健全育成に向けて


(1)子どもの安全・安心の確保


 冒頭で触れました「子どもの安全・安心の確保」についての取組は、全庁的に行われていますが、教育委員会の取組である「CAP」について申し上げ、ご理解をいただきたいと思います。「CAP」すなわち「Child(子ども) Assault(暴力) Prevention(防止)」とは児童生徒が自らの力で不審者から自分の身を守る方法を身に付けさせるプログラムのことで、これを主として小学校低学年の児童に施し、暴力等からの危険回避に役立てようというものです。子どもの安全・安心の確保にはいろいろな対応がありますが、いつどこで遭遇するかもしれない危機的な場面での身の処し方を学び、身に付けさせることが重要であるとの判断によるものであります。


(2)育成活動の充実


 柏崎の青少年の育成は、柏崎の市民みんなで力を出し合って行うということを基本に据え、青少年育成センターを核に育成活動を続けています。子どもの安全の確保も視野に入れながらの街頭や地域での育成活動をはじめ、市民への各種啓発活動、環境浄化活動などに取り組んでいます。特に今年度からは、育成活動に高等学校職員も新たに参加する体制を整えることができましたので、小学校・中学校・高校との連携をより強化した活動を進めてまいります。


7 おわりに


 親の深い愛情を感じながら育つ子どもは、自分は掛け替えのない存在だという「自尊感情」を持って生活すると言われ、そのことは幾多の例が証明しています。親の途切れない愛に支えられていれば、子どもは困難に挑戦する勇気や意欲を持って自分を鍛えていきます。しかし、あまりにも不幸なことに、現実はこのようにならないケースが多すぎる状況にあり、今後も不断の対策を講じていかねばなりません。少なくとも前向きに、肯定的に行動しようという子供に対して、親や大人が否定的な態度でかかわるべきではありません。


 教育センターでの教職員研修は、1月末現在130講座約2,500人が受講し、スタッフが学校に出向く「出前研修」の500人を加えると郡市の小中学校全教職員が1人平均5回受講したことになります。今後は、研修内容の質を高めるとともに、現場に出向いて行うより実践的で即戦力となる研修を充実していきたいと考えています。この他学校教育課指導班の学校での研修は168回となっており、センター・指導班の両輪により指導力の向上を図ります。


 江戸時代後期に、大久保の陣屋を舞台に柏崎と三重県桑名市との歴史的なかかわりがあったということが、郷土史研究家の間だけでなく多くの市民にまで知れ渡ろうとしています。このことは柏崎演劇研究会等の文化交流の成果の一つであり、これをきっかけに両市の交流は盛んになってきました。このような市民の皆さまとの協働による文化活動は誠にさわやかであり、人々に「元気と勇気」を与えてくれるものです。このように、柏崎の歴史を伝え続け文化活動を創造していく営みは、大変意義深く、今後も大いに奨励されるべきものであります。


 豊かな自然と歴史や文化を持つ柏崎に愛着を持ち、誇りを持ってたくましく生きていく子どもたちを育てること、教育委員会はそのような人づくりを市民の皆さまとともに目指してまいりますことを最後に申し上げ、教育方針といたします。


○議長(霜田 彰)


 ここでしばらく休憩します。


              午前11時47分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              午後 1時00分 再開


○議長(霜田 彰)


 会議を再開します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第14(議第12号) 平成18年度一般会計予算


○議長(霜田 彰)


 日程第14 平成18年度一般会計予算を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 最初に、総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第12号平成18年度一般会計予算の総合企画部所管部分について、御説明を申し上げます。


 最初に、本論に入ります前に、地方公共団体の予算編成及び財政運営の指針となっております、地方財政計画につきまして、参考までに、その概略を御説明をさせていただきますので、配付をさせていただきました予算資料2の、平成18年度地方財政計画の説明という資料をごらんをいただきたいと思います。


 まず、1ページ目の、策定方針でございますが、要約をいたしますと、極めて厳しい地方財政の現状等を踏まえ、歳出面においては、これまでの基本方針や行政改革の重要方針等に沿って、歳出総額の計画的な抑制を図る一方で、当面の重要課題である人間力の向上・発揮、個性と工夫に満ちた魅力ある都市と地方の形成、公平で安心な高齢化社会・少子化対策、循環型社会の構築・地球環境問題への対応等について、財源の重点的配分を図ることとし、歳入面におきましては、地方税などの一般財源の確保を図るとともに、引き続き生ずることとなった大幅な財源不足について、地方財政の運営上、支障が生じないよう適切な補てん措置を講ずることとしております。


 以下、当市に直接関係のあるものについて、簡単に説明を申し上げます。


 同じ1ページの中ほど、1の地方税につきましては、あるべき税制の構築に向け、3兆円規模の所得税から個人住民税への税源移譲、定率減税の廃止、固定資産税の評価がえ等に伴う負担調整制度の見直し等につきまして、所要の措置を講ずることにしております。


 なお、税源移譲の個人住民税の税率改正につきましては、平成19年度分から適用するということとされております。


 その下、2につきましては、地方財源の不足見込み額への補てん措置として、(1)通常収支に係る財源不足額に対する措置について、それから、(2)恒久的な減税に伴う影響に対する措置について、説明をしており、結果として、おめくりをいただきまして、3ページの上段、(3)にございますように、平成18年度の地方交付税が、前年度比5.9%減となったということが記載をされております。


 次いで、3へまいりまして、三位一体改革の一環として、国庫補助負担金改革に伴い、所得譲与税としての税源移譲による措置が、4番で、児童手当拡充に伴う地方負担分を地方特例交付金で措置することが記載をされております。


 以下、5で地方債資金の必要額確保について、6で使用料・手数料等の適正化について、7で財源の重点配分について、8で地方団体の公債費負担の軽減措置について、おめくりいただきまして、9で公営企業会計への一般会計繰り出しについて、10で地方行財政運営の合理化改革について、記載がされているものであります。


 その隣、5ページは、地方団体の歳入総額の見込み額と、その内訳についてであります。


 平成18年度の地方財政規模は、前年度比0.7%減の83兆1,508億円をもって計画をされております。


 当市の予算と関係のある項目について申し上げますと、?の地方税は、前年度比4.7%の増を見込んでおります。


 それから、?の地方譲与税は、全体で、前年度比102.6%の増になっております。


 ?の地方特例交付金及び?の地方交付税、それと、?の国庫支出金は、いずれも、それぞれ前年度比減というふうになっております。


 6ページにまいりまして、?の地方債は、前年度比11.8%の減が見込まれておりますが、このうちの臨時財政対策債は、前年度比9.8%の減となっております。


 次に、7ページでございますが、地方団体の歳出総額の見込み額と、その内訳について記載がされているものでありますけども、説明は省略をさせていただきます。


 以上、当市の予算審議の参考までに、その概要を申し上げましたが、これは、あくまでも地方全体を通じての計画でありまして、申し上げるまでもなく、個々の市町村には、それぞれ特有な事情もあるため、この点も含めて御理解をお願いいたします。


 次に、当市の一般会計予算について申し上げます。


 最初に、概括的なことを、お手元に配付いたしました予算資料1に基づきまして、御説明を申し上げたいと思います。


 この予算資料1の1ページの上段でありますけども、各会計別予算額という表がございますが、それぞれの会計ごとの予算額等を記載をしてございます。


 その下の表であります。一般会計予算の財源内訳と一般財源充当額を記載をいたしたものであります。


 なお、これから申し上げます数値・比較等につきましては、特にお断りをしない限り、すべて前年度の合併前の柏崎市の当初予算額をもとにして申し上げますので、あらかじめお含みおきをお願いいたします。


 まずですね、この下の、1ページの下の表の1の一般財源について申し上げます。これは、前年度比17.5%の263億6,613万6,000円を計上してございます。


 このうちの(1)市税は、その明細は、3ページに記載をしてございますけれども、全体として4.1%増の165億8,957万3,000円でございます。個人・法人の市民税が増加しているものの、固定資産税におきまして、原子力発電所の償却資産や固定資産の評価がえに伴います一般家屋分が減少しております。


 それから、(2)の地方交付税でありますけども、普通交付税44億円、特別交付税8億3,000万円の計52億3,000万円計上しております。この中で、所得譲与税は、三位一体改革に係る税源移譲により、大きく増額となっておりますが、繰入金は、財政調整基金及び減債基金の取り崩しを回避したため、41.4%の減少となっております。


 2番の特定財源の方をごらんをいただきたいと思います。15.6%増の186億5,386万4,000円を計上しておりますが、このうち、(1)の国県支出金は、前年度比4億4,379万円、6.9%の増となっております。


 (2)の市債は、14億5,503万8,000円、44.9%の増額でありますけれども、これは、合併特例債を前年度を大きく上回って、21億790万円措置したことによるものでございます。


 (3)のその他は、9.6%、6億1,884万9,000円の増額でありますが、これは制度融資の増などが主なものであります。


 次に、歳出をごらんをいただきたいと思いますが、1の経常費でございます。前年度比15.4%、それから、2の事業費で、前年度比24.3%の増となっておりまして、経常費に比べて事業費の伸びが多くなっております。


 その内容は、4ページの目的別歳出予算額をごらんをいただきたいと思います。


 合計欄で16.7%の増になっておりますが、これは、最初にお断りいたしましたように、平成17年度の旧柏崎市分との比較においての増加率でありまして、合併分を除く予算対比では、今年度の予算は、前年度とほぼ同額というふうに推計をしておりますので、各、これから申し上げます、費目ごとの増減率につきましては、この16.7%を基準として、差の大きいものについて、主な要因を申し上げます。


 4ページの、1款議会費でございます。実質減少でございますけれども、この内容は、会議録作成委託料と議長車更新購入事業の減によるものであります。


 2款の総務費は、実質増加であります。合併に伴う電算システムの統合事業からの減少がありますけれども、コミュニティセンターの増改修事業の増加が大きいことから、全体では増額となっております。


 4款の衛生費は、実質増加で、水道事業会計への繰出金の増が、その要因であります。


 5款の労働費は、減少で、勤労者住宅資金の預託事業が減少したものであります。


 6款の農林水産業費は、実質増加で、各事業間の増減がありますけども、農業集落排水事業への繰出金の増加が大きい原因であります。


 8款土木費は、実質減少であります。市営北園町住宅建設事業が完成に伴い減少となるほか、ゼロベース予算の構築により、道路及び橋梁の新設改良豪雪対策事業の減少、街路の国庫補助事業の減少が主なものであります。


 10款の教育費は、大きく増加しており、田尻小学校、第二中学校の改築事業のほか、陸上競技場整備事業、それから、佐藤池野球場の整備事業の増加が主なものであります。


 11款の災害復旧費は、減少で、中越地震の道路橋梁災害復旧事業がピークを過ぎたことにより、減少となるものであります。


 その他の項目につきましては、増減に大きな相違はございませんので、説明は省略をさせていただきます。


 この予算資料1のですね、その他の資料といたしまして、2ページに歳入予算額、それから、6ページには、性質別の歳出予算額、9ページには、市の制度融資預託金の内訳、最後10ページには、平成16年度ですが、県下7市の普通会計決算の指数表等を添付してございます。説明は省略させていただきますので、御了解ください。


 それから、一緒にお配りをさせていただきました、予算資料3、平成18年度地方税制改政(案)につきましては、後ほど参考までにごらんをいただきたいと思います。


 それでは、続きまして、平成18年度一般会計予算の総合企画部所管事項について、御説明を申し上げます。


 予算書により説明をさせていただきますが、歳入につきましては、市税も含めまして、私の方で一括御説明をさせていただきます。


 まず、24ページ、25ページをお開きをいただきたいと思います。この予算書でございます。


 ここで、歳入のうち、1款の市税の主なものについて申し上げます。


 なお、これから御説明を申し上げる数値につきましては、いずれも、右側のページの、節の欄の現年課税分というところの数字でございます。


 まず、1項の市町村民税、1目個人は、平成16年度の税制改正により、妻の均等割非課税措置が廃止されましたが、経過措置による今年度の増額分と、今年度の税制改革による定率減税の縮減及び、年金税制見直しに係る65歳以上の非課税限度額廃止の経過措置分を見込んだほか、個人所得について、景気が穏やかな回復傾向にあることなどを勘案して、前年度比21.7%増の32億5,880万3,000円を計上してございます。


 それから、2目の法人についてでありますけども、各種法人調査等から、全国的には、業種によっては好不調の差はあるものの、引き続き景気回復が続くと見込まれ、市内事業所の景気は、一部の製造業を除いて、全体としては回復傾向が見られます。このような景気の動向や、平成17年度決算見込み額を勘案して、前年度比21.6%の増の15億1,806万7,000円を計上いたしました。


 その下、2項1目の固定資産税であります。全体で前年度比2.9%減であります。99億9,289万3,000円を計上してございます。この説明欄をごらんいただきたいと思いますが、土地については、平成17年度決算見込みと17年中に行われた地目の異動や地価の下落修正、それから、負担調整により、前年度比2.9%増の20億9,239万5,000円を見込みましたが、家屋につきましては、18年度が3年ごとの評価がえを行う年に当たることから、その減少分と、それから、平成17年中におけます新増築家屋の増加と減失分を加減をし、法定措置である新築住宅の軽減等を差し引いて、結果として、前年度比4.1%減の35億1,735万3,000円を見込みました。償却資産につきましては、主に原子力発電施設の償却資産の減額に伴い、前年度比4.6%減の43億8,314万5,000円を見込んでおります。


 なお、商業地等に係る条例減額制度については、厳しい財政状況の中で、引き続き導入をしないということとしております。


 28ページ、29ページをお開きをいただきたいと思います。


 この中の9項、下の方でありますけども、使用済核燃料税は、平成18年1月1日現在の保管量に対して税率を乗じ、5億3,047万2,000円を見込みました。


 2款地方譲与税、1項所得譲与税は、税源移譲の拡充により、大幅に増加したことから、前年度比128.5%増の7億1,031万9,000円を計上いたしております。


 以上で、税を終わりまして、その他の歳入の主なものを御説明いたします。


 34・35ページをお開きをいただきたいと思います。


 12款1項2目の電源立地地域対策交付金でありますが、今年度は13億7,547万7,000円を計上し、右側の説明欄記載の事業に充当させることとしております。


 また、少し飛んでいただきます。54・55ページをお願いいたします。


 この下段の方の、16款2項1目1節の県電源立地地域対策交付金から、その次のページ、56・57ページ、2節原子力発電施設立地市町村振興交付金、それから、3節大規模発電用施設立地地域振興事業費県補助金は、それぞれ説明欄記載の事業に充当することとしているほか、4節の原子力発電施設等立地地域特別交付金4億5,027万8,000円は、産業団地整備事業に関し、道路等、市が整備すべき事業の財源として見込んだものであります。


 それから、5節県市町村合併特別交付金1億5,377万6,000円は、両町に係る電子更正図作成事業や、西山町のコミュニティセンター増築改修工事などの経費の財源として充当するものであります。


 76・77ページをお願いいたします。


 下の方になりますけれども、19款の繰入金の基金繰入金は、9節公共施設管理基金から4億円を繰り入れ、第二中学校改築事業等に充当することとしております。


 90ページ、91ページをお願いいたします。


 22款の市債でありますけれども、これ、右側の説明欄の、幾つかの事業に合併特例債という記載がありますけれども、今年度は、先ほど申しましたように、合計で21億790万円を予定しておりまして、合併特例債関連資金である県の地域づくり資金8,770万円と合わせ、この2つの資金が全体の起債額、これは全部で46億9,320万円になるんですけども、その約半分47%を占めているものであります。


 それから、予算の第2条から第5条を一括申し上げますので、前に戻りまして、恐縮です、11ページを、まず、お開きをいただきたいと思います。


 11ページ、第2表の継続費でありますけども、8款土木費の港周辺にぎわい再生事業国庫補助事業は、総事業費1億9,440万円で、今年度から平成19年度までの2ヵ年継続事業として実施するため、継続費を設定いたしたいというものであります。


 10款の教育費の第二中学校改修事業は、総事業費18億9,051万円で、今年度から平成19年度までの2ヵ年継続事業として実施するため、継続費を設定をいたしたいというものであります。


 12ページをお開きください。


 第3表の債務負担行為について申し上げます。


 情報化関連業務委託は、IT関連業務のアウトソーシングの平成18年度新規分について、平成22年度まで2億3,542万円で、債務負担行為を設定するものであります。


 その下の、事務改善事業運用委託、これは、職員が電算システムを使用する際の本人認証について、システム上で一括管理することとしたもので、平成22年度まで3,479万2,000円の債務負担行為を設定するものであります。


 13ページの地方債、第4表の地方債について申し上げます。


 これは、本予算に係る地方債の借り入れについて、起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法について定めるものであります。


 また、お戻りをいただきます。3ページをごらんください。


 3ページ、第2条から第4条については、今ほど、各表によりまして御説明を申し上げたとおりであります。


 第5条は、一時借入金の借入最高限度額を50億円と定めたいというもの、第6条は、歳出予算の流用の特例について定めたいというものであります。


 予算資料の一部について、御説明をさせていただきます。


 少し飛んで恐縮でございますが、408・409ページをお開きをいただきたいと思います。


 ここに、地方債の各年度における現在高の見込みに関する調書がございます。408・409ページでございます。


 一番下の合計欄を、左の方から順にごらんをいただきたいと思いますけども、合併分も含め、前々年度末、つまり、16年度末における地方債現在高の合計は、502億2,019万8,000円であります。前年度末、つまり、17年度末における地方債現在高見込み額は、その隣、492億2,220万7,000円、一番右側の当該年度末、つまり、18年度末における地方債現在高見込み額は、495億4,569万4,000円というふうに試算をしております。今年度から一般起債の自主規制枠を、新たに10億円と定めましたけども、今後、この規制枠を堅持することにより、起債の抑制による健全財政の維持に努めてまいりたいと考えております。


 総合企画部所管の、今度は、歳出の主なものを、新規事業を中心に御説明いたします。


 98・99ページからになります。


 主に、右側の方で説明をさせていただきます。


 2款総務費、1項1目一般管理費中の一番下にあります、下段にあります011の01職員研修費629万5,000円は、従来の市町村総合事務組合や市町村アカデミー等での研修に加え、今年度は、やる気のある職員、広い視野を持った人間性豊かな職員の育成を目指す、まちづくり職員塾などの独自研修に新たに取り組み、職員の能力向上を目指したいとするものであります。


 それから、1枚めくっていただきまして、101ページの上段、上の方にございます、02の人材育成費であります。人事考課研修委託料115万3,000円でありますけれども、職員の人材育成を行いつつ、能力と実績に応じて適切に、昇任・昇格・昇給に反映させることとする人事考課制度を導入するための研修に係る委託料であります。平成18年度は、部長・課長職から試行してまいりたいというふうに考えております。


 103ページに飛んでいただきたいと思います。


 これの、やはり上の方に、018コンプライアンス体制推進事業22万円でございますけれども、平成18年4月1日から施行されます公益通報者保護法を受けて、内部の職員等からの通報、外部の労働者からの通報に適切に対応するため、公益通報に係る体制を整備する必要があることから、必要な経費を計上したものであります。


 105ページをお願いいたします。


 105ページ、中ほど、財務課の701補助金等審査委員会経費34万8,000円でありますけども、今年度、有識者による審査会を設け、すべての補助金等について、その必要性や金額の妥当性などを審査していただくもので、そのための報酬等を措置いたしました。


 その下で、703行政改革推進事業129万3,000円でありますが、17年度に策定いたしました、第三次行政改革大綱の進行管理をしていただく行政改革推進委員会委員の報酬のほか、今年度、有識者や一般市民により、今後のガス事業のあり方について検討していただくための委員報酬についても見込んだものであります。


 それから、113ページをお開きいただきたいと思います。


 113ページ、下の方で、秘書広報課の101広報費の中の、08広告掲載ホームページ作成費65万1,000円でありますけども、市のホームページのトップページにバナー広告を掲載して広告収入を得る、そのための、ホームページのシステム開発委託費でございます。


 それから、117ページをお開きいただきたいと思います。


 用地管財課の、101市有財産管理事業の01市有財産維持管理事業というのがございます。この中の真ん中辺にございます土地建物測量委託料723万4,000円の中で、2町の未登記物件に係る処理について、このうちの600万円を措置し、今後、計画的に登記作業を進めてまいりたいというふうに思っております。


 その七、八行下になりますけども、03更正図電子化事業5,000万円というのがございます。これは、市町村合併特別交付金を充当して、2町の更正図及び地番図を電子化するものであります。


 続きまして、2款1項7目の企画費の御説明をさせていただきます。


 121ページまで飛んでください。申しわけありません。


 121ページの真ん中辺に、003の03総合計画策定事業の2,100万円でございます。これは、第四次の総合計画を策定するための経費でございます。新しい計画は、本年の12月議会で基本構想の審議、御議決をいただきたいというふうに考えて進めてまいります。


 その下、005の01政策研究事業128万4,000円でありますけども、地域の政策課題について研究するための経費であります。市民と協働を進めていくための基礎となる地域課題を共有すること、あるいは、市民の専門性を高めていく一助にしていただくための新たな取り組みとして、市民を対象に、まちづくりセミナーを数回、開催したいというものであります。


 その下の006、01路線バス確保事業5,656万円でありますけども、生活交通確保計画に基づきまして、国庫補助路線のうち低収入路線、それから、廃止代替路線の運行への補助、市街地循環バスの運行補償として、バス事業者に対して補助するものであります。前年度に比べて、約2,000万円の増額になっておりますけども、高柳町で措置した分を940万円ほど引き継いだこと、それから、旧市内でも、新たに6本の運行路線が廃止代替路線となり、これを、なお、維持していく必要があることから、1,000万円程度必要になったというのが増の原因であります。


 その一番下の、02のバス車両購入補助事業1,500万円は、市内の路線バスを運行いたします越後観光バス株式会社から、廃止代替路線に供する車両の老朽化に伴う車両更新のための補助要望がありましたことから、路線の維持の一環としまして、県の生活保護交通確保対策補助金の制度にのっとり、県単補助を見込みながら、車両1台分の経費を補助するものであります。


 123ページになります。


 西山町総務課の201福祉バス管理運営費760万7,000円でありますけども、高齢者などの、交通弱者の交通手段を確保するため、西山町地域管内を循環する福祉バスの管理運営を継続して措置したものであります。


 同じページの下段の、2款1項8目の情報化推進費であります。


 002の01情報化関連業務総合委託事業6億3,475万5,000円でありますけども、これは、平成15年度から実施をしております、市の情報関連業務の保守、運用管理委託のアウトソーシングに係る委託料であります。


 それから、125ページ、上段の方でありますけども、09の事務改善事業192万3,000円であります。庶務関連電算書式開発事業47万3,000円につきましては、庶務関連業務の一部について事務改善を図り、マニュアル化によります事務効率の向上と経費削減を図るためのシステム開発費であります。


 次の、イントラ系システム職員認証基盤運用事業と、その8行下にあります、ドメイン管理システム、これは、行政組織規則に基づいた内務管理システムを確立して、個人情報の漏えいですとか、それから、越権による不正行為を防止するとともに、人事異動、組織改革等に伴う情報通信機器の変更・管理に係る事務を大幅に軽減しようとするものであります。


 少し上に戻っていただきます。その上に戻っていただきまして、13の福祉保健総合システム構築事業1,008万円。平成17年度から行っております福祉保健総合システムの再構築の2年目になりますけれども、これまでシステム化した事業に加え、県単事業のうち、乳・幼児医療費助成、ひとり親医療費助成について、システム化を行うとともに、総合相談システムとのデータ連携を実現し、福祉保健部内のみならず、2町において、受給状況等が容易に共有できる環境を整備するものであります。


 それから、その下、003の02ですね、市域情報通信環境格差是正事業150万円でありますけども、市内の情報通信格差ゼロを目指して、光ファイバーによるインターネット接続サービスに係る初期工事の2分の1を補助するものであります。まだ、サービスの開始されてない高柳町、西山町におきまして、18年度中のサービス開始を目指し、住民の皆さんとともに取り組みを進めていき、これが開始された場合、この両町地域を対象として、補助をしたいというものであります。


 133ページをお開きください。


 高柳町の108、真ん中辺にあります、108高柳町総合センター整備事業1,735万円につきましては、このセンターの有効な活用方法を検討しながら、具体的に調査設計をするとともに、耐震診断をあわせて実施したいというものであります。


 最後に、職員人件費について、一括申し上げます。


 393ページをお開きをいただきたいと思います。


 給与費明細書がございますが、393ページ、一般職の(1)総括表にあるとおり、一般職の給与費及び共済費の合計は、前年度比11億326万3,000円の増額となっておりますが、これは、合併により、一般職の職員数で見ると、120人増加してあるというふうに書いてございます。これが大きな要因であります。


 それから、その下の職員手当の内訳という表にありますように、寒冷地手当の削減、それから、そのさらに下にあります(2)の明細、ここにですね、給与改定に伴う増減分として、昨年の人事院勧告による0.3%の減額分など、減額の要素もございますが、全体としては、先ほど申しました、人員増による給与手当の総額が増加しているというものでありますし、退職手当におきましても、平成18年度定年退職予定者が前年度に比べ5人多いということも、手当の増額の原因となっております。


 人件費の抑制につきましては、第三次行政改革の中でもうたわれておりますし、今回、定員適正化計画を策定し、平成17年5月1日の合併時における職員数、これは1,116人でありますけども、これを5年後の平成22年4月1日までに8%、89人削減し、人件費の総額を抑制したいというふうに考えております。今後とも、不断に業務の見直しと適正な人員配置を行い、適切な給料等の支払いに努めてまいりたいと考えているところであります。


 以上で、総合企画部所管の説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 次に、市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 市民生活部所管の予算のうち、新規事業及び主な事業について、御説明いたします。


 予算書106から107ページをごらんください。


 2款総務費、1項1目一般管理費のうち、市民活動支援課分、301町内会関係経費9,343万5,000円のうち、主なものは、町内会に行ってもらっています広報を初めとした文書の配布や、市の事務の取りまとめなどに対する市政協力費7,793万8,000円、町内会の集会施設建設事業の補助金1,322万9,000円等でございます。


 次に、108から109ページ、お開きください。


 401男女共同参画推進事業436万円のうち、01男女共同参画推進審議会委員報酬25万円は、平成17年度改訂版として策定しました、かしわざき男女共同参画プランの進捗状況及び、その他男女共同参画にかかわる課題を審議していただく審議会委員の報酬でございます。


 また、平成17年度から策定作業を開始しました(仮称)男女共同参画推進条例は、本年度制定を目指しておりますが、策定に係る経費として、策定委員の報酬23万1,000円、パンフレット作成費13万円を計上いたしました。


 次に、ちょっと飛びますが、126から127ページをごらんください。


 12目市民活動振興費についてでございます。


 001の01地域コミュニティ活動推進事業につきましては、計画策定の終わったコミュニティから、それぞれの計画に基づいた事業の実施を開始しているところであります。本年度は31コミュニティのうち、5つのコミュニティに対する計画策定費補助金250万円、また、事業実施を行う26コミュニティに対するコミュニティ活動推進事業補助金2,080万円を計上いたしました。02のコミュニティ開館記念事業補助金300万円は、本年度、開館20周年記念事業を実施します、上米山、鯨波、別山の各コミュニティに、それぞれ1地区100万円を補助するものでございます。


 次ページ、128から129ページになりますが、005地域安全対策費126万円は、17年度から開始しました市職員、ながらパトロールをより効果的に行うため、まだ、添付してない庁用車のマグネットシールの購入費、警察署を初めとした関係機関で組織している警察署地区防犯連合会への負担金など、防犯活動に係る予算でございます。


 なお、本年度から交通防犯係を設置し、各地域における交通安全と防犯活動の講習会や市内のパトロールなど、警察署を初めとした関係機関と連携し、より有機的・効果的に活動したいと考えております。


 次ページの130から131ページでありますが、007のうち、01コミュニティセンター整備事業6,412万4,000円は、開館20周年を迎えます上米山コミュニティセンターの改修工事、同じく、20周年を迎える鯨波コミュニティセンターの改修工事、中鯖石コミュニティセンター体育館屋根の改修工事、その他、北鯖石コミュニティセンターの用地購入費でございます。03コミュニティセンター増築改修事業3億790万円は、松波コミュニティセンターのステージの増築工事、中川コミュニティセンター集会棟建設工事、二田コミュニティセンター新築に係るボーリング調査費、用地造成費、設計委託料などでございます。


 次に、次ページ、132から133ページであります。


 01交通安全対策事業1,273万8,000円について、御説明申し上げます。


 恐れ入ります、次のページの、交通安全対策会議事務嘱託委員報酬374万6,000円は、学校・保育園や地域などに出かけて、交通安全啓発指導を行う、専門的知識を持った嘱託職員3名の報酬であります。交通指導員報酬268万5,000円は、各地域での交通立哨やイベントなどで、交通安全の確保などに協力をいただいている交通指導員の報酬でございます。その他、高柳町、西山町の交通安全対策事業費をそれぞれ計上いたしました。


 交通事故は、依然としてなくならず、特に、昨年は市内で12名の尊い命が失われております。交通安全対策は、引き続き、関係機関と連携して、十分対応してまいります。


 続きまして、飛びますが、326から327をお願いいたします。


 9款消防費、1項5目災害対策費、防災課所管のうち、001災害対策事業について、御説明いたします。


 02防災訓練費34万円は、防災訓練を実施するための経費です。今年度は、総合防災訓練を1回、地域コミュニティ防災訓練を1回実施したいというものであります。地域特性に応じた訓練内容を地域みずからが考え、行動し、実施するという訓練とすることが、一層の地域防災力の向上につながることから、訓練の内容等を地域で調整していただくため、10万円の2地区分、20万円の防災訓練運営調整業務委託料を計上いたしました。


 なお、防災訓練は、市の責務として実施するものでありますので、申し上げるまでもなく、防災訓練を地域に丸投げするというものではございません。


 次の、328から329ページをお願いします。


 04洪水・土砂災害ハザードマップ調査作成事業2,000万円は、鵜川、鯖石川、別山川流域のハザードマップを作成するための経費です。05国民保護事業費118万7,000円は、国民保護法に基づき、平成18年度中に策定を義務づけられた柏崎市国民保護計画について、柏崎市国民保護協議会を設置し、作成を諮問するための経費及び、計画策定後に啓発用リーフレットを作成する経費です。06避難所表示看板整備事業210万円は、高柳町3ヵ所、西山町9ヵ所の避難所表示及び、西山町3ヵ所に津波避難場所の表示看板を設置するための経費です。07震度情報分岐表示設置工事390万円は、市役所本庁及び西山事務所、高柳町事務所の3ヵ所に設置してあります震度計の情報を、一括して表示する装置を消防署に設置する経費です。これにより、防災行政無線での情報提供など、初動体制の強化を図るとするものであります。


 003自主防災組織育成事業527万円は、24町内会の設立を見込むとともに、自主防災会を対象とした防災講演会を開催し、自主防災会の育成と活性化を図る経費であります。


 004の01原子力防災対策事業313万2,000円は、原子力防災計画見直し後の概要をお知らせするリーフレットの印刷経費などですが、原子力防災訓練経費として、一般防災同様、訓練の実効性を上げるために、訓練の内容等を地域で調整していただく防災訓練運営調整業務委託料10万円を計上いたしました。02原子力防災研修事業707万9,000円は、消防団員等地域防災リーダー研修28回、約650人、職員研修6回のほか、自主防災会、一般市民向け研修会を継続して、積極的に実施するための経費です。


 330から331ページをお願いします。


 006被災者生活再建支援事業9,600万円は、中越地震で半壊以上の被害を受けられた罹災世帯に対し、国の支援制度に上乗せする形で支援する経費で、未申請分96世帯分を計上しました。


 次に、196から、戻りますが、197ページをお開きください。


 4款衛生費、1項1目保健衛生総務費の環境政策課所管分のうち、003水道事業会計繰出金として8億2,053万4,000円を計上いたしました。


 次に、210から211ページをお願いします。


 4目環境衛生費のうち、次ページの、003公害対策事業は、638万6,000円を計上し、01の騒音・振動・悪臭・大気対策事業、地盤沈下対策事業、水質監視対策事業を実施いたします。


 214から215ページ、004環境保全事業には、自然環境保全事業、温暖化対策事業などに315万4,000円を計上いたしました。03の温暖化対策事業307万4,000円は、地球温暖化防止のための省エネルギー及び、新エネルギーの普及啓発事業に取り組むための経費を計上いたしました。


 具体的な事業で主なものといたしましては、手数料68万3,000円がございますが、これは、市役所も1つの事業所として、環境への負荷を軽減させるとともに、市内の事業者の環境経営の取り組みを促進するために、エコアクション21の認証を取得したいというものであります。


 エコアクション21は、環境経営の取り組みとして、現在の率先行動で実施しているエコオフィス活動のほかに、市や職員の環境保全活動の実施、外部監査などが規定されておりまして、また、取り組み結果を評価、公表して、システム改善をしていくことも必要となっております。市役所内部の取り組みとあわせて、市内事業者のエコアクション21取得を支援し、環境経営を通じて、事業者の経営改善を図ることも大きな目的の1つであります。


 005バイオマスタウン構想策定事業753万4,000円は、平成18年度の新規事業でありますが、国においては、バイオマス・ニッポン総合戦略を打ち出し、地球温暖化の防止、持続可能な循環型社会の形成、農山漁村の活性化、戦略的産業育成の観点から、バイオマスの利活用を推進することとしています。


 当市においても、地域に偏在するバイオマス系原料の総合的な利活用システムを構築し、資源、あるいは、エネルギーとして、効率的な利用を図ることにより、いわゆる持続可能な循環型社会を形成し、地球環境保全を図るため、バイオマスタウン構想策定事業に取り組みます。


 220から221ページをごらんください。


 4款衛生費、1項7目斎場費5,037万円は、斎場の管理運営費を計上いたしました。


 2項清掃費、1目清掃総務費、クリーン推進課所管分、003ごみ対策事業の01ごみ減量化・リサイクル対策費5,814万1,000円のうち、主なものとしましては、容器包装廃棄物再商品化委託料、容器包装廃棄物圧縮梱包作業委託料、資源物リサイクルステーション管理委託料を計上いたしました。


 次のページ、02の海岸清掃費1,311万8,000円は、今年度も引き続きまして、西山町を含みます、きれいな海岸の確保のため、海岸清掃を定期的に実施するものであります。


 次に、224から225ページをお願いします。


 2目塵芥処理費について、御説明いたします。


 001ごみ収集委託費1億9,977万8,000円は、家庭ごみ・資源物収集運搬作業を12業者に委託をする経費であります。


 003ごみ処理事業3億717万6,000円は、ごみ処理場の焼却施設及び粗大ごみ処理施設の維持管理に要する経費を、それぞれ計上いたしました。


 226から227ページをお願いします。


 004ごみ最終処分事業3,680万円は、焼却施設及び粗大ごみ処理施設から排出されます固化灰・焼却残渣及び粗大ごみ処理残渣の適正な埋め立て管理を行うために要する経費を、それぞれ計上いたしました。


 005被災廃棄物等経費1,921万5,000円は、中越地震により被災した家屋のうち、事情により解体が平成17年度中に完了できなかった物件を対象としまして、廃棄物の処理運搬費を市で負担するものであります。対象となる物件は、居宅住宅の半壊以上の物件といたしまして、20件程度を見込んでおります。


 3目し尿処理費について、御説明いたします。


 01のし尿処理事業8,662万3,000円は、し尿処分場の処理施設の維持管理に要する経費を、それぞれ計上させていただきました。


 以上、よろしく御審議のほど、お願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 次に、福祉保健部長。


○福祉保健部長(近藤清信)


 それでは、福祉保健部所管の予算につきまして、御説明を申し上げたいと思います。


 それでは、新規事業及び主な事業を中心に、説明欄に基づいて御説明を申し上げますので、予算に関する説明書、歳出の150ページ、151ページをお開きいただきたいと思います。


 3款民生費、1目社会福祉総務費でありますが、1枚めくっていただきまして、153ページの、説明欄の一番下段の方にあります、111地域福祉計画策定事業130万円は、平成17・18年度の2ヵ年で進めている、本計画の策定作業に係る経費でありまして、今年度で計画策定を完了したいというものであります。


 次に、154ページ、155ページにまいりまして、112の成年後見制度利用支援事業であります。この50万円は、重度の認知症や知的障害、精神障害等の判断能力が不十分な方の権利擁護を目的として、身近に親族がいない方を対象に、成年後見制度の利用を支援するものであります。


 次に、国保医療課の301国民健康保険事業特別会計繰出金6億9,566万6,000円は、前年度より1億2,723万3,000円の増額ということで計上させていただきました。


 なお、この中には、後ほど提案をいたします、国保税率改正に伴う被保険者の負担軽減を図るための繰り出しということで、5,000万円を含んでいるものであります。


 次に、2目身体障害者福祉費及び3目知的障害者福祉費は、昨年10月に成立をしました障害者自立支援法が4月から施行されることに伴い、必要な経費を計上したところであります。


 157ページの、002身体障害者支援費1億4,913万9,000円は、施設入所者及び在宅生活者の短期入所・ホームヘルプ・デイサービス等の利用に係る支援費であります。


 次に、005心身障害者通所援護事業1,158万4,000円は、障害者の福祉的就労の場を確保するため、既存の2福祉作業所のほか、昨年度、新たに開設しました、たまり場喫茶めぐに対して、運営費の一部を助成したいというものであります。


 次に、159ページにまいりまして、009障害福祉計画策定事業20万円は、障害者自立支援法の施行に伴い、各種の障害福祉サービスの必要量の見込みや、供給確保を図るための計画を策定するもので、平成19・20年度の2ヵ年分について、平成18年度中に策定が義務づけられているものであります。


 次に、011障害程度区分判定審査会費815万9,000円は、サービス提供の必要度を個別に判定するための審査会経費であります。


 次に、161ページにまいりまして、012サービス利用計画作成費8万5,000円は、相談支援事業者の福祉サービス利用計画の作成に係る経費であります。


 その下、013高額障害福祉サービス費364万円は、サービス利用者の自己負担額が一定額を超えた場合の給付費、それから、014社会福祉法人による利用者負担額減免措置事業105万3,000円は、一定以上のサービスを受けた者の自己負担額について、当該法人が減免を行った場合の給付費であります。


 次に、元気支援課分の201元気館身体障害者デイサービス事業134万3,000円は、指定管理者制度の導入によりまして、前年度と比較して2,286万8,000円の減額をして計上しました。


 なお、利用者に係る費用は、先ほど説明をいたしました、身体障害者支援費に含まれているものであります。


 次に、163ページ、3目知的障害者福祉費についてであります。


 001知的障害者支援費4億1,005万9,000円は、社会福祉法人が運営する更生施設・授産施設及びグループホームの入所者や、在宅の短期入所・ホームヘルプ・デイサービス利用に係る支援費であります。


 次に、165ページにまいりまして、101元気館知的障害者デイサービス事業134万1,000円は、元気館身体障害者デイサービス事業と同様に、指定管理者制度の導入により、前年度と比較をして1,846万円を減額して計上しました。身体障害者と同様、利用に係る費用は、知的障害者支援費によって支給をされるものであります。


 次に、167ページ、005老人クラブ運営費助成事業1,135万4,000円は、本年度に、新たに小学生の下校時における安全確保を図るため、会員によるパトロールに取り組む安全確保事業100万円を含んで、高齢者の生きがい対策を支援するものであります。


 次に、008コミュニティデイホーム事業4,111万9,000円は、市内16地区分の運営費と、上米山地域の送迎車の更新に対して助成をするものであります。


 次に、011介護保険特別会計繰出金9億2,828万5,000円は、介護給付費の本市負担分6億8,698万8,000円、18年度から新たに始まります地域支援事業に1,902万6,000円及び、職員人件費及び事務費分としまして2億2,227万1,000円で、前年度と比較をして、1億4,201万3,000円を増額して計上させていただきました。


 次に、171ページにまいりまして、102の老人保健特別会計繰出金6億8,495万9,000円は、前年度より1億3,150万円の増額で計上したところであります。


 次に、201の地域包括支援センター経費3,466万円は、市内5ヵ所の運営委託料及び初年度の施設整備補助金等を計上したものであります。


 次の、301御山荘老人保護措置事業7,913万円は、御山荘入所者の処遇に係る経費であります。


 なお、養護老人ホームの制度改正によりまして、介護保険の在宅サービスの利用が可能となりまして、低所得者の利用料負担については、公費で対応するということで、その経費も含んでいることを申し添えます。


 次に、173ページ、402の高齢者生活支援事業であります。495万6,000円は、高齢者支援として、診療所利用に係る交通機関利用に対して、通院無料券を配布をすることや、冬期間の道踏みを近隣の世帯に委託するための経費ということで、高柳町事務所の関連となります。


 次に、5目社会福祉施設費の103社会福祉施設建設資金元利償還金補助金3億2,358万8,000円は、次ページにかけまして、むつみ荘のほか、9施設の借入金に対する元利償還金を助成するものであります。


 次に、175ページにまいりまして、108地域包括支援センター整備事業110万8,000円は、受託法人が実施をします、施設の改修工事費に対し助成するもので、1ヵ所を予定しているところであります。


 次に、177ページにかけて、201の御山荘費ですが、この1,284万1,000円は、管理運営費及び公共下水道接続工事費等を計上したものであります。


 次に、177ページの401西山町関連ですが、いきいき館費として1,918万3,000円は、管理運営費を計上したものであります。


 次に、179ページ、1目児童福祉総務費のうち、次のページにいきまして、05こんにちは絵本事業304万2,000円は、9ヵ月、1歳半及び3歳児健診に配布をするものであります。


 それから、同じく、10の子育て支援一時預かり事業でありますが、この1,522万6,000円は、昨年5月に、フォンジェ・キッズマジック内の一部スペースを借り上げ開館をしました、ちびっこ館の運営経費であり、一時預かり保育はもとより、子育て相談、講座、絵本の読み語り等、事業の充実を図ってまいるものであります。


 次に、003放課後児童健全育成事業6,008万5,000円は、市内14ヵ所の児童クラブの運営費を計上したものであります。


 次に、183ページの下段になりますが、006かしわざき子ども育成基金積立金109万8,000円は、市民からの寄附金と利子分を計上したものですが、一般会計からの積み立ては、さきの補正予算でも説明したとおり、平成18年度以降は行わないということで計上したものであります。


 次に、185ページ、008の児童手当給付事業5億7,137万円は、今国会において、児童手当法の改正が予定されており、平成18年度から、支給対象年齢が小学校6年生まで引き上げられることを見込み、計上したものであります。


 次に、203県立こども自然王国管理運営事業特別会計繰出金6,756万7,000円は、前年度比99万7,000円の減額で計上させていただきました。


 その下、西山町の関係の301子育て支援事業166万2,000円は、子育て家庭への支援策として、子供が満1歳に達するまで、月額3,000円を支給するというものであります。


 次に、2目母子福祉費、1枚めくっていただきまして、187ページ、007母子家庭等就労支援事業38万3,000円は、本年度、新たに母子家庭の母親に対し、パソコン講習会を開催し、就業能力向上のための支援を行うものであります。


 3目児童措置費でありますが、次のページ、189ページ、上から2行目の、私立保育園措置委託料5億407万円は、私立保育園に対する措置委託料で、前年度より5,334万9,000円の増額を計上したところであります。次に、下から5行目のですね、03私立保育園運営費補助金1,704万7,000円は、私立保育園に対する運営費及び、平成19年度に民営化する茨目保育園の開設準備に係る事務費の補助金を計上したものであります。


 次に、004保育園整備事業の2,050万円は、茨目保育園の増築工事で、民営化に向けて、遊戯室及び調理室の増築を行いたいというものであります。


 その下、101さざなみ学園費6,665万3,000円は、次ページにかけまして、入所者処遇や管理運営費を計上したものであります。


 次に、193ページをごらんいただきたいと思います。


 4目児童福祉施設費の002へき地保育園運営費の中ほど、通園バス運行業務委託料72万8,000円は、18年3月末をもって別俣保育園が閉園されることに伴い、園児の送迎を確保するための通園タクシー運行業務委託料を計上したものです。


 次に、194・195ページ、3項1目生活保護総務費の004自立支援プログラム策定実施推進事業219万5,000円は、国の補助制度を導入しまして、就労支援専門員を配置をし、生活保護世帯の就労・自立に向けた支援を行うものであります。


 次に、196・197ページをごらんいただきたいと思います。


 4款衛生費、1目保健衛生総務費のうち、めくっていただきまして、199ページ、102の02不妊治療助成事業200万円は、不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、治療費の一部を助成するものであります。制度としては、県制度の対象外となったものを基本として救済をしていきたい。期間は、今のとこでは2年を想定をしているところであります。


 次に、202の02病院群輪番制病院設備整備事業2,100万円及び203の医療機器等整備事業227万5,000円は、救急医療として質の高い医療確保のため、生体情報監視システム、モニタリング装置でありますが、と、人工透析患者の増加に伴い、人工透析装置を更新する刈羽郡総合病院に対し、刈羽村とともに、整備の助成を行うというものであります。


 一番下段の、204医療問題懇談会運営費72万8,000円は、次ページにかけましてでありますが、昨年立ち上げた医療問題懇談会を、今年度も引き続き開催をし、市民と医療関係者との意見交換やシンポジウムを行い、今後の医療体制の整備・充実に向けて検討を進めてまいりたいというふうに考えています。


 次に、203ページ、305健康管理センター費の02健康管理センター整備事業4,820万円は、老朽化の激しい空調設備の改修工事費及び、薬品庫の入れかえを行うものであります。


 次に、207ページ、311の02精神障害者地域生活支援センター整備事業150万7,000円は、医療法人立川メジカルセンターが、平成17・18年度の2ヵ年で整備をしています、精神障害者地域生活支援センター整備に対する18年度分補助金です。開所は、本年6月を予定しています。


 次に、312風の街「こころの健康づくり」事業478万円は、健康相談の場の提供と精神保健の啓発を推進するため、昨年5月に、フォンジェの地下1階部分にオープンをした、まちかどオアシス「こころ」の運営費を計上したものであります。


 次に、西山町分の601精神保健対策事業(西山町)260万5,000円は、精神障害者に対して、医療費の一部を助成するものであります。


 次に、2目予防費、1枚めくっていただきまして、209ページ、103高齢者予防接種事業4,336万1,000円は、高齢者のインフルエンザ発症や重症化の防止を図るため、予防接種受診者に対し助成を行うものです。


 3目老人保健費のうち、101老人保健事業2億8,642万5,000円は、基本健康診査や各種がん検診などを計上したものです。基本健康診査については、介護保険に基づく特定高齢者把握のため、65歳以上の受診者は、医療機関での個別検診方式というふうになります。また、健康増進計画「健康みらい柏崎21」を推進するため、電源地域情報化モデル事業として、一定の効果を上げている健康履歴サービス事業を、市内の12ヵ所の公共施設等で継続して取り組んでまいりたいと思っています。


 次に、214ページ、215ページをお開きいただきたいと思います。


 5目診療所費でありますが、1枚めくっていただきまして、002の02谷根診療所施設整備費140万円は、旧谷根保育園の改修工事を行い、今年1月に、新しい診療所が開所したことから、旧診療所の解体工事費を計上したものであります。


 以上で、福祉保健部所管の説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 次に、産業振興部長。


○産業振興部長(北原 恵)


 引き続きまして、産業振興部所管の新規事業、または、主な事業につきまして、御説明をさせていただきます。


 産業振興部関係は、2款、5款、6款、7款及び11款にわたっております。


 まず、2款でございますが、124・125ページをお開きをいただきたいと思います。


 2款総務費、1項総務管理費、下段の10目国際交流費、観光交流課の001国際交流事業、01友好交流推進事業の中で、最下段にございます、中国東北部友好の旅負担金126万8,000円につきましては、戦後60年の節目といたしまして、戦時中に柏崎市から中国へ開拓団として行かれ亡くなられた方々を慰霊するため、当時の関係者が現地を訪問する事業に対する負担金でございます。


 次は、大きく飛びまして、228・229ページをごらんをいただきたいと思います。


 5款労働費でございます。


 1項1目労働諸費、商工振興課の003融資預託事業では、6億5,800万円を計上し、それぞれ説明欄にございますとおり、融資枠を設定いたしました。前年に比べまして、6,590万円減額となっておりますけれども、最近の実績などを勘案し、計上したものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、231ページをお開きください。


 004雇用促進事業のうち、05若年者就労支援事業612万7,000円と、次の、06就労支援相談室整備事業236万円は、新規事業でございます。本事業は、フリーターや新規学卒者等、若者の職業能力形成の支援や就職のための情報提供、個別相談を実施するものでございます。ハローワーク柏崎との連携によりまして、パートサテライト、高齢者職業相談、内職相談も統合いたしまして、中心市街地に就労支援の拠点といたしまして、仮称でございますが、ワークサポート柏崎、これを開設し、相談窓口の一本化と機能の充実、市民の利便性の向上を図るものであります。


 次に、2ページをめくっていただきまして、235ページ、6款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費でございます。


 下段の方にございます、010の01優良情報利用効率化対策事業、システム開発委託料2,000万円につきましては、新規事業でございます。農地基本台帳と地番図を連動した地図情報システムを整備するものであります。これによりまして、農地の利用権設定の状況把握や利用集積の立案の迅速化が図られまして、平成19年度から導入される、新たな経営安定対策の事業展開にも活用を図ってまいります。


 次に、1ページおめくりいただきまして、237ページ、2目農業総務費、農林水産課の002水田農業構造改革対策事業6,006万7,000円につきましては、いわゆる生産調整に対する事業であります。米の需給調整を初め、流通制度や経営などの構造改革を目指す、国の米政策改革大綱が平成16年度にスタートし、19年度からは農業者・農業者団体が主体的に需給調整を実施するシステムに転換をいたします。この米政策改革大綱に基づく水田農業ビジョンを推進するもので、02にございますように、転作推進事業として5,129万2,000円を措置し、説明欄に記載がありますとおり、転作団地化の促進、地域とも補償の推進、生産目標達成集落への奨励金交付など、需要に見合った計画的生産を支援するものであります。


 2枚おめくりいただきまして、241ページお開きください。


 中ほど、009ぶどう園振興対策事業959万円は、研究開発園の運営委託料であります。経営基盤の安定を図るため、ワイン用ブドウの管理を支援し、また、市として引き続き販売促進等への協力を行おうというものであります。


 1枚おめくりいただきまして、243ページ、中ほど、西山町地域振興課の401の02改善センター整備事業400万円につきましては、19年度に耐震補強工事を計画しておりますが、そのための耐震診断補強設計業務委託料でございます。


 1枚おめくりいただきまして、245ページ、5目でございます。農林水産課の下段の方でございますが、004農業農村整備県営事業負担金1億6,305万7,000円は、説明欄にございますように、各種県営事業に対します負担金でございます。


 このうちの、01たん水防除事業負担金3,850万円は、慢性的な水害を抜本的に解消するため取り組んでおります、春日第2地区たん水防除事業に対する県負担金でございます。02広域営農団地農道整備事業負担金3,843万4,000円は、柏崎2期地区・3期地区の事業を進めてまいるものであります。


 最下段の、07中山間地域総合整備事業負担金3,726万9,000円は、次のページの、南鯖石地区と西山町二田地区に対する負担金でございます。


 006農村総合整備事業2億284万円のうち、03農村振興総合整備事業−広田、これにつきましては、14年度に着工いたしました広田地区の整備を継続するために1億1,736万円を計上いたしました。また、下段の、04むらづくり交付金事業−中通、これにつきましては、17年度に着工しました中通地区につきまして、測量設計調査委託などを、6,868万円を措置をさせていただいております。


 2枚おめくりをいただきたいと思います。


 251ページ、102国営土地改良関連事業としまして、7,447万9,000円を措置させていただいております。県営かんがい事業は、平成17年12月に、関係者の同意徴取が整いましたため、18年度から事業に着手してまいります。


 具体的事業といたしましては、01にございます、国営土地改良関連事業4,452万2,000円の県営かんがい事業負担金869万8,000円や、国営土地改良関連団体営事業調査計画事業負担金225万円などを措置しましたほか、02にございます、国営土地改良関連ほ場整備事業負担金といたしまして2,995万7,000円を措置をいたしました。その中でも、今年度から、佐水地区におきまして、調査事業に着手をしてまいります。


 また、103国営土地改良支援事業の02集落営農確立事業のうち、営農委員会支援事業補助金といたしまして205万円を措置いたしました。これは、積極的に集落営農の立ち上げや圃場場整備事業に取り組む地域に対しまして、地元農家の活動を支援するものでございます。


 2ページおめくりいただきまして、255ページでございます。


 中ほど、6目中山間地域振興費でございます。


 中ほどの、006の中山間地域等直接支払制度4,505万円は、中山間地域直接支払制度に基づきまして、農業生産条件不利地域で農業を守り、集落環境の維持に努めている地域に対しまして交付金を支払うもので、現在、旧柏崎市内では22集落が、この支援制度に取り組んでいるところでございます。


 また、高柳町地内、西山町地内につきましては、次のページの257ページにありますとおり、101で高柳町に6,329万1,000円、201で西山町に30万円を措置をしてあります。


 次に、2項林業費でございます。


 2枚おめくりください。261ページでございます。


 2目林業振興費のうち、003森林整備地域活動支援交付金事業971万8,000円は、山の手入れを進めるために欠かせない活動であります林況調査、区域界の明確化、歩道の整備などを交付金によって支援するものでありまして、約971ヘクタールを対象にして取り組みをいたします。


 次に、下段の方で、006森林基幹道事業1,759万4,000円でございます。01、02にありますとおり、八石山線及び黒姫山線の工事負担金及び、補修費に要する費用でございます。


 2枚おめくりいただきまして、265ページ、3項水産業費、4目漁港建設費、001漁港整備事業1億117万7,000円は、説明欄にございますとおり、主に、荒浜漁港の防波堤の工事費及び笠島漁港の浚渫工事に充てるものでございます。


 次に、1枚おめくりいただきまして、267ページ、7款に入ります。


 7款1項商工費、2目商工振興費についてでございます。商工振興課の001融資預託事業では、53億5,656万6,000円を計上させていただきました。このうち、03中小企業等融資事業の中で、新たな取り組みが2つございます。1つ目が、地域産業活性化資金、これに9億4,720万円でございます。これは、中小企業等の経営の安定と向上のための資金支援でございます。2つ目が、次の、生活支援資金458万円であります。これは、高齢者・障害者・母子家庭などが行います住宅整備や医療、結婚などの支援のために制度を新設をいたしました。07制度融資利子補給金補助金164万7,000円のうち、新規事業といたしまして、創業支援融資利子補給金50万円を計上いたしました。これは、独立開業、あるいは、新たな事業を起業する方々を対象に、銀行などが行います創業関連融資の利子に対しまして、補助を行うものでございます。


 次に、006の01工業振興事業のうち、創業相談員事業費負担金50万円は、これも新規でございます。本事業は、創業志望者、それから、創業後間もない事業者、これらの方々をバックアップ及びフォローするため、創業相談員を配置して、ビジネスを醸成する環境を整備するものであります。


 1枚おめくりいただきまして、269ページ、012産学連携支援事業650万円は、企業側のニーズと大学側のシーズとのマッチングによる産学共同研究の支援と、リーディング企業の育成を図ることを目的としたものでございます。具体的には、市内に事業所を有する中小企業グループと、それから、県内の大学等学術研究機関との連携で行います研究開発、実用化試験などの事業の支援を行い、地域産業の高度化、高付加価値化の推進、研究開発・試作型企業への移行を推進するものでございます。


 次の、014の01人材育成支援事業の基盤技術継承支援事業負担金150万円は、これも新規事業でございます。機械金属関連の汎用加工技術を中心とした基盤技術を継承するため、市内企業の熟練技能者、マイスターでございますが、この方々を講師に、新潟工科大学と連携をし、基盤技術継承支援事業、マイスターカレッジと言ってますが、このマイスターカレッジを実施するものでございます。これからの柏崎の基幹産業を担う後継者を育成するため、市内外の企業経営者を講師に、ものづくり後継者塾を、この基盤技術継承支援事業の中で、あわせて実施するものでございます。人材育成の拡大、充実を図るため、柏崎技術開発振興協会に対し、常勤の工業アドバイザー、大学とのさらなる連携の強化、推進を図る専門員の配置について支援をいたします。


 次に、1ページをおめくりいただきまして、271ページ、企業立地推進室の201の01企業立地事業1,068万4,000円でございます。平成19年度末の賃貸・分譲開始を予定をしております、柏崎フロンティアパークへの企業立地に向けた予算措置でございます。主な内容は、次にございます、企業立地推進員報酬1人240万円、昨年度設置をいたしました企業立地アドバイザー、これを企業立地推進員に名称を変更し、より積極的に首都圏企業の情報収集や企業訪問活動を活発化いたします。また、そのため、打ち合わせや企業との連絡調整、活動資料の整理などの事務スペースといたしまして、これまで東京事務所として利用してまいりました、新潟館ネスパスを借り上げて活用をいたします。中ほど、企業立地推進業務委託料250万円は、豊富なノウハウを持つ専門機関に、企業情報の収集・把握や連携した企業訪問など、立地業務の一部を委託をし、多面的に取り組みを展開するための委託料を措置したものでございます。


 次に、273ページをごらんをいただきたいと思います。


 3目観光費でございます。


 002の01海水浴場安全対策費1,050万円は、柏崎の海を訪れる海水浴客の皆様が事故なく楽しく過ごせますように、ライフセーバーを配置するなどの安全対策の業務委託であります。今年度は、西山町の石地海水浴場にも配置を計画をしているところでございます。04海岸清掃用車両購入事業1,600万9,000円は、2台ございましたビーチクリーナーが老朽化し、使用不能になったため、新たに1台を購入するものでございます。


 次の275ページをお開きください。


 004の01誘客宣伝事業のうち、中ほどの、柏崎観光協会事業負担金2,052万7,000円は、観光柏崎を市内外にアピールし、誘客宣伝に取り組んでいる柏崎観光協会への負担金でございます。その下に、ライフセービング全国大会補助金100万円がございますが、柏崎のライフセービング活動の実績が評価され、柏崎を会場にし、開催されます第21回ライフセービング全日本学生選手権大会への補助金でございます。


 次に、277ページでございますが、下段の方の017、01じょんのび村施設整備事業620万円でございます。平成19年にバリアフリー化に向けた施設改修を計画をしております。そのための設計委託料とあわせ、現在の電話の装置が古くなりましたもので、この機能アップのための取りかえ工事費でございます。


 次に、2枚おめくりいただきまして、281ページ、西山町地域振興課の201西山自然体験施設管理運営事業2,407万7,000円は、自然体験施設ゆうぎの管理運営費でございます。昨年度オープンした施設に加えまして、今年度オープンいたします宿泊棟・ログハウスなどの維持管理費を計上いたしました。


 次に、大きく飛びまして、384ページ、385ページをお開きをいただきたいと思います。384・385でございます。


 11款災害復旧費のうち、1項農林水産施設災害復旧費でございます。総額は、高柳町・西山町事務所執行分を含めまして、次の386ページの下段の合計欄をごらんをいただきたいと思いますが、合計で1億4,118万7,000円でございます。昨年6月28日、豪雨分に係ります災害復旧経費などを措置をさせていただきました。


 以上、産業振興部所管について、御説明をさせていただきました。


 何とぞよろしく御審議いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 次に、都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 平成18年度一般会計予算のうち、都市整備部所管の予算につきまして、主要なものや新規なものについて、御説明を申し上げます。


 最初に、214・215ページをごらんをいただきたいと思います。


 4款1項4目環境衛生費のうち、右の欄、101の01下水道課分のうち、合併処理浄化槽設置整備事業1億1,124万4,000円につきましては、合併処理浄化槽100基分の設置に対して補助をしたいというものであります。02浄化槽維持管理組織運営事業495万円は、中鯖石・南鯖石地区の維持管理組合に対して、維持管理費等の補助を実施したいというものであります。


 ページ、次に飛びまして、240・241ページをごらんをいただきたいと思います。


 6款1項3目農業振興費のうち、右の欄、101下水道課分の農業集落排水事業特別会計繰出金4億6,254万2,000円は、農業集落排水事業特別会計に対します繰出金を措置したものでございます。


 ページ、次に飛びまして、270・271ページをごらんをいただきたいと思います。


 7款1項2目商工振興費として、右中ほどの欄、101学園まちづくり事業室所管分として4億7,858万2,000円、4行下、柏崎フロンティアパーク関連公共施設整備事業委託料2億2,000万円は、道路・調整池・放流渠の工事を中小企業基盤整備機構に委託しようとするものです。全体事業の継続費11億5,380万円のうち、平成18年度分ということになります。次に、市の施工分となりますが、3行下、地区内の雨水・汚水排水工事として、1億8,350万円を計上しております。


 次に、286・287ページをごらんいただきたいと思います。


 8款土木費、1項2目建築費、右の欄、006都市景観形成推進費として380万9,000円は、個性ある景観づくりとして、市民応募による美しい景観の選定やシンポジウムを開催するものです。


 次に、288・289ページをごらんをいただきたいと思います。


 007木造住宅耐震診断費補助金交付事業として210万円、これは、専門家の耐震診断を実施する市民に補助金を交付するものです。


 次に、292・293ページをごらんいただきたいと思います。


 右の欄、04道路側溝修繕事業3,000万円は、老朽化した側溝を重点的に改修したいというものです。


 次に、294・295ページをごらんいただきたいと思います。


 2項2目道路維持費、右の欄、中ほど、004の01除雪車購入国庫補助事業700万円は、小型除雪車の更新を、02市費事業4,600万円は、ロータリー除雪車の更新と西山町に除雪ドーザーを1台購入し、除雪体制の増強を図ります。


 また、次の297ページに、105高柳町除雪車購入市費事業1,260万円は、2台の除雪ブルドーザーを更新するものです。


 前のページに戻っていただきまして、295ページ、最下段、007道路防災総点検事業1,000万円は、地震や豪雨時に発生する災害を未然に防止したいということで、平成8・9年にかけまして実施をいたしました道路防災総点検調査をもとに、危険度の高い箇所から計画的に改善しているものでございます。平成16年度から継続して、市道柏崎16−1号線、青海川地内の落石危険箇所の改修を予定しております。


 次に、298・299ページをごらんいただきたいと思います。


 3目道路新設改良費について、御説明をいたします。


 右の欄、都市整備課分から御説明いたします。


 001の01地方道路整備臨時交付金事業2億1,000万円は、現在、上田尻地内で整備をしております、市道柏崎9−7号線を継続実施いたします。02豪雪対策事業に2億7,000万を計上しております。市道柏崎10−5号線ほか11路線の市道の整備に取り組んでまいります。03市費事業7,100万円は、市道柏崎3−6号線ほか1路線を実施いたします。06過疎対策事業として2億1,350万円は、市道柏崎岡田荻ノ島線ほか5路線の市道の整備、並びに調査を実施いたします。08合併特例事業として1,550万円は、市道柏崎大坪入村線で事業実施をいたします。


 なお、整備を予定をしております道路の内容につきましては、資料をもとに所管常任委員会で御説明をさせていただきます。


 次に、300・301ページをごらんをいただきたいと思います。


 4目橋りょう維持費3,902万6,000円のうち、右の欄、上、001橋りょう維持補修事業742万6,000円は、市道柏崎18−117号線仲山線ほかの補修を、また、JRにかかります市道柏崎2−3号線、中央跨線橋の落橋防止及び修繕工事を昨年に引き続き実施いたします。


 5目橋りょう新設改良費は3億4,930万円となっております。


 右の欄、001の01豪雪対策事業として1億1,500万円は、市道柏崎16−42号線と県営事業負担金6,500万円は、市道柏崎11−66号線にあります鯖石川の土合橋ほか1路線のかけかえに対する県との合併事業の負担金であります。また、03合併特例事業として2億3,430万円は、市道柏崎浦田線ほか2路線の事業を実施いたします。


 次に、304・305ページをごらんいただきたいと思います。


 3項3目河川改修費1億2,058万3,000円は、右の欄、001の01統合流域防災事業として3,300万円は、源太川の整備を予定しております。02臨時河川等整備事業7,000万円は、大日川ほか4河川の整備しています。また、05平地部治水対策事業として350万円は、よしやぶ川下流域の内水対策の調査を実施するものです。


 なお、整備を予定しております河川及び、その内容につきましては、資料をもとに、所管常任委員会で御説明をさせていただきます。


 飛びまして、次に、308・309ページをごらんいただきたいと思います。


 5項2目まちづくり事業費、右の欄、001の01街路事業として4,500万円は、平成12年度から補助事業として取り組んでおります、まちづくり総合支援事業に採択をされました新橋海岸線の整備を進めてまいります。


 310・311ページをごらんをいただきたいと思います。


 002港周辺にぎわい再生事業として、1億6,400万円を計上しました。これは、新潟県と共同で、柏崎港及び周辺の活性化について検討してきた内容を、柏崎港の観光面でのにぎわい創出を目指して、海洋観光とマリーンスポーツの拠点となる交流センターを2ヵ所、西埠頭は平成18・19年度の2ヵ年で、みなとまち海浜公園は、本年度で施設整備をするものです。


 3目公共下水道費22億6,382万1,000円は、公共下水道事業特別会計に対する繰出金であります。


 次に、4目公園管理費8,443万5,000円となっております。主として、都市公園24ヵ所及び松雲山荘、港公園、みなとまち海浜公園等に対する維持管理費と整備費を各節に計上したものでございます。


 次に、314・315ページをごらんをいただきたいと思います。


 5目国道8号バイパス事業対策費70万8,000円は、国道8号柏崎バイパスの事業促進に対する経常的な経費になっております。


 6目学園まちづくり事業推進費として255万9,000円は、非常勤職員賃金等の事務費です。


 次に、316・317ページをごらんいただきたいと思います。


 7目環境学校開設準備事業費891万4,000円のうち、01開設準備事業は、非常勤職員1人の賃金等の事務費です。02研修事業は、新たに嘱託員2人を配置して、開園の準備を進めたいというものです。


 6項1目住宅管理費1億46万1,000円は、市営・県営住宅に係ります管理経費でございます。


 次に、318・319ページをごらんをいただきたいと思います。


 2目住宅建設費は1,447万1,000円です。


 320・321ページをごらんをいただきたいと思いますが、右の欄、001市営半田住宅建替事業として1,447万1,000円は、半田D号棟24戸の建設の実施設計をしたいというもので、建設は、平成19・20年度を予定しております。


 ページ飛びまして、388・389ページをごらんをいただきたいと思います。


 11款2項2目道路橋りょう災害復旧費2億3,716万6,000円は、平成16年の中越地震の道路修繕や、昨年の6.28水害の復旧工事をするものです。


 その下、3目河川災害復旧費1,093万9,000円は、同じく、6.28水害の復旧工事をしたいというものであります。


 以上、よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 次に、消防長。


○消防長(前澤尚之)


 それでは、消防本部所管部分について、御説明申し上げます。


 予算書320・321ページをごらんいただきたいと存じます。


 9款消防費、1項1目常備消防費、総務課の102常備消防一般管理費7,945万5,000円についてでありますが、01予防業務経費の158万4,000円、02警防業務経費の701万円、03消防車両等管理費の1,185万8,000円、1枚おめくりください、04一般経費の5,900万3,000円であります。


 次に、2目非常備消防費でありますが、これは、消防団担当の職員人件費と消防団関係経費について、予算措置をしたものであります。


 002非常備消防一般管理費1億3,209万1,000円についてでありますが、01消防団員報酬の3,646万4,000円、1枚おめくりください、02消防団員費用弁償の2,825万円、03消防団員被服費の300万円、04非常備消防施設維持管理費の844万4,000円、05分団活動費の1,480万7,000円、06一般経費の4,112万6,000円であります。


 次に、3目消防施設費でありますが、001消防機械器具施設整備事業769万9,000円は、02小型動力ポンプ整備事業の459万9,000円、03消防機械器具整備事業の220万円、04警鐘塔解体事業の90万円であります。


 次に、002水利施設整備事業4,942万5,000円は、01防火水槽整備事業の1,490万円、1枚おめくりください、02消火栓整備事業3,452万5,000円であります。


 次に、003常備消防施設整備事業3,870万円につきましては、02常備消防車両整備事業の2,994万4,000円、これは、老朽化した車両2台の更新を図る経費を計上したものであります。03常備消防資機材整備事業の875万6,000円は、ただいま申し上げました車両2台のうち1台、高規格救急自動車を更新いたしますが、それに積載する高度救急資機材を購入するための経費を計上したものであります。


 次に、4目水防費でありますが、001水防事業52万4,000円は、水防訓練等の費用弁償と水防資機材の購入経費であります。


 以上、消防本部所管事項について、説明を終わります。


 よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 次に、教育次長。


○教育次長(山田哲治)


 それでは、教育委員会所管の歳出予算につきまして、新規及び主なる事業を中心に御説明申し上げます。


 最初に、118ページ、119ページをお開きください。


 2款総務費、1項6目の市民会館費でございます。


 説明欄、文化振興課、細目001市民会館費の主なものは、観レク公社への管理代行料などです。03市民会館活性化促進事業300万円は、宝塚レビューショー、ショパン国際ピアノコンクール信越北陸地区大会、高橋竹山と鼓童によるコンサートなどの公演を、市民会館の活性化のため支援するものです。次の、04新市民会館建設事業56万7,000円は、昭和43年に建設され、老朽化の進んでおります市民会館について、新市建設計画では、合併特例債を活用し、建てかえることとしておりますことから、公募の委員も加えた検討委員会を設置し、広く市民の皆様の御意見をお聞きしながら、新市民会館のコンセプトや機能、位置などの検討を始めるものでございます。


 次に、10款の教育費でございますが、少し飛びまして、330ページ、331ページをお願いいたします。


 331ページ、1項教育総務費、2目教育委員会事務局費です。


 説明欄、教育総務課、細目104奨学金貸付事業4,068万6,000円は、貸付金を初め、貸付事業に要する経費であります。おおむね20人の新たな貸し付けを予定しています。今年度から、地元2大学進学の学生に対する優先枠5人を設け、経済的な負担の少ない地元大学志向も高めるようにいたします。


 2枚めくっていただきまして、335ページをお願いいたします。


 3目義務教育振興費です。


 学校教育課の001特殊教育推進事業4,346万4,000円の主なものは、障害学級介助事業として、介助員21名の配置に要する経費などであります。


 1枚めくっていただきまして、337ページ、細目の003の教育支援事業、上から4行目、細々目10でございますけども、子ども安全安心CAPモデル事業78万2,000円は、子供たちをめぐる痛ましい事件が全国で発生し、学校、保護者だけでなく、地域の皆様からも、子供たちを見守っていただいていますが、子供たち自身に、みずから守る意識や力を身につけさせることも大切です。この事業は、ワークショップ形式の活動を通して、その力を育てるもので、今年度、モデル事業として取り組むものであります。


 次の、004英語教育推進事業2,974万4,000円は、ALT5名体制で、英語教育、国際理解教育の推進を図るものです。


 005指導補助事業4,471万2,000円は、学校現場において、児童・生徒一人一人に対応する、きめ細かな学習指導により、学習効果を上げている指導補助員について、財政の厳しい折でありますが、昨年より増員し、市単独事業で20名配置するものです。


 次に、4目教育センター費です。


 2枚めくっていただきまして、341ページの、006教育研修事業846万5,000円には、学校現場で活用され、効果を上げています情報教育支援システムについて、その維持管理だけでなく、さらに、情報教育を充実するために、情報教育主事を配置する経費を措置いたしました。


 次に、1枚めくっていただきまして、343ページの下段、2項小学校費、1目学校管理費です。04の学校用務員委託事業8,322万円は、民間委託で対応する19人分の経費です。後ほど出てまいります、中学校費の11人分と合わせて、小・中学校39校で、30人を民間委託で対応いたします。


 次に、1枚めくっていただきまして、345ページ、2目教育振興費です。


 教育総務課、002情報機器管理事業859万5,000円には、国のミレニアムプロジェクトを受けて、情報教育環境を整備しておりますが、整備のおくれています旧2町の、小学校の情報機器整備の費用が含まれています。後ほど出てまいります中学校費にも、同様に措置いたしました。


 学校教育課、102就学奨励事業2,673万3,000円は、経済的理由によって就学困難な児童への援助を行うものです。なお、後ほど出てまいります、中学校費にも就学奨励事業が計上されています。


 次に、1枚めくっていただきまして、347ページ、3目学校建設費です。


 001小学校建設事業11億2,991万6,000円のうち、01田尻小学校校舎改築事業10億2,361万6,000円は、2年目となります改築工事の工事請負費、仮設校舎の借上料などを措置いたしたもので、年内の完成を目指します。11施設整備事業1,550万円は、荒浜小学校天井改修工事、日吉小学校の屋内体育館、食堂棟の犬走り改修工事などが主なものです。12水泳プール改築事業8,200万円は、老朽化しています内郷小学校のプールの改築工事です。


 2枚めくっていただきまして、351ページ、3項中学校費、3目学校建設費の001中学校建設事業、01施設整備事業650万円には、第三中学校屋内体育館屋根補修工事などが主なもので、次の353ページ、04第二中学校改築事業7億5,997万9,000円には、懸案でありました第二中学校の改築につきまして、現在のグラウンドに18年度、19年度2ヵ年で、校舎及び屋内体育館を改築しようとするもので、工事請負費などを措置いたしました。


 次に、4項社会教育費、1目社会教育総務費です。


 002生涯学習推進事業340万4,000円には、第四次総合計画策定に合わせ、新生涯学習基本構想及び新生涯学習基本計画を策定するための推進会議委員20人の報酬が含まれています。


 1枚めくっていただきまして、355ページ、006喬柏園運営事業263万6,000円の中には、戦前に建設され、長く市民の皆様に親しまれてまいりました喬柏園について、近代化遺産としての価値も高いことから、まず、国の登録文化財に登録することを目指し、申請委託料を措置いたしました。登録文化財指定後、合併特例債による改修を計画してまいります。


 010地域で育む子ども育成事業100万円は、ニートなど、子供を取り巻くいろいろな問題が発生していますが、これらの問題に対応していくには、親の意識も変えていく必要があります。市PTA連合会と協力して、講演会、講座などを実施します。


 1枚めくっていただきまして、357ページ、文化振興課、102文化振興費、01市美術展覧会費217万3,000円は、市美術展覧会が50年の節目を迎えることから、展覧会に加え、記念誌の発行などを行うものです。03市民文化啓発事業50万円は、文化団体が刊行委員会を組織し、準備を行っております、市民文化誌「風のいろ」第2号の発刊を支援するものであります。07綾子舞国指定30周年事業50万円は、国指定の重要無形民俗文化財「綾子舞」が指定を受けて30年を迎えますことから、保存振興会、後援会とともに、記念公演等を11月初旬に行うものです。なお、この記念公演では、新たに復活した演目が披露される予定です。


 次に、1枚めくっていただきまして、359ページ、2目文化財保護費です。


 002文化財保護管理事業1,948万3,000円の、01文化財保護管理費、市内歴史建造物調査委託料60万円は、大久保の柏崎陣屋跡にあります、桑名藩士の住居でありました長屋の調査を行うものであります。05文化財保存整備事業1,600万8,000円は、国指定文化財・貞観園の改修工事費であります。平成17年度から20年度までの4ヵ年計画で、園内にある貞観堂の修復を行うもので、財団法人貞観園保存会に対し、文化庁、県とともに補助するものでございます。


 1枚めくっていだきまして、361ページ、021遺跡発掘調査事業2億4,841万9,000円は、細々目の01柏崎市内遺跡発掘調査事業から、次の363ページになりますけれども、42坂田遺跡群まで、いずれも遺跡の発掘調査や出土物等の整理作業などに要する経費です。なお、08軽井川南遺跡群は、現地発掘調査の最終年度となることから、1億2,000万円を計上しています。発掘調査で明らかとなった内容は、昨年も現地説明会などを行い、お知らせしてまいりましたが、今後も、その成果を広く市民の皆様にお知らせしてまいります。


 次に、4目図書館費です。


 5枚めくっていただきまして、371ページにお願いいたします。


 001図書館管理運営費の07イベント開催費184万9,000円には、図書館が刈羽郡立図書館として開館してから100年となることから、記念事業として、仮称でございますが、なつかしの柏崎展を2回にわたって開催するための経費が含まれています。図書館が所蔵しています小竹コレクション絵はがき、神林・真貝両氏から寄贈を受けた写真などを展示し、柏崎のよさの再発見と、歴史や文化の意識を高めていただく機会としながら、図書館を一層利用していただくことを目指します。


 1枚めくっていただきまして、373ページにお願いします。


 次に、5項保健体育費、1目保健体育総務費です。


 002学校給食(単独校)管理事業、02給食施設整備事業824万5,000円は、学校調理場について、旧2町も国基準、学校給食衛生管理基準でございますが、に合わせるべく、柏崎と同様な設備に整備することとし、それぞれの調理場に、エアーカーテン、エアーシャワーの設置など、改善のための工事を行うことといたしました。


 次に、2枚めくっていただき、377ページ、2目体育振興費です。


 002指導者養成・団体育成事業、05一般経費、体育協会補助金には、この1月、体育団改め、柏崎市体育協会と名称を変更いたしましたが、従来、市が行っていました事業を行っていただくために、事務局体制の支援を行う経費が含まれています。


 1枚めくっていただきまして、379ページにお願いします。


 国体推進室、101国民体育大会開催事業784万円には、2009年トキめき新潟国体が、本年、正式決定となりますが、市民の皆様から、より関心を持っていただくための、啓発のための経費などが含まれています。


 次に、1枚めくっていただきまして、381ページ、3目体育施設費です。


 002体育施設整備事業3億8,696万円のうち、01佐藤池野球場整備事業1億6,500万円は、継続事業で、外野の拡張、地盤沈下対策、芝生の張りかえなど、改修工事を行い、平成19年度夏の甲子園予選に間に合うようにします。02陸上競技場整備事業2億円は、5年に1度の第2種公認継続にあわせ、トラックのオーバーレイやスタンド屋根のふきかえ工事が主なものです。


 次に、1枚めくっていただきまして、383ページ、4目学校給食共同調理場運営費です。


 004給食施設設備整備事業3,750万4,000円には、単独調理場と同様に、高柳地区共同調理場の施設改善工事が含まれています。


 以上で教育委員会所管事項の説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 ここでしばらく休憩します。


              午後 3時13分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              午後 3時30分 再開


○議長(霜田 彰)


 会議を再開します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第15(議第13号) 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算


日程第16(議第14号) 平成18年度老人保健特別会計予算


日程第17(議第15号) 平成18年度介護保険特別会計予算


日程第18(議第16号) 平成18年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計


             予算


日程第19(議第17号) 平成18年度土地取得事業特別会計予算


日程第20(議第18号) 平成18年度墓園事業特別会計予算


日程第21(議第19号) 平成18年度下水道事業特別会計予算


日程第22(議第20号) 平成18年度農業集落排水事業特別会計予算


日程第23(議第21号) 平成18年度ガス事業会計予算


日程第24(議第22号) 平成18年度水道事業会計予算


日程第25(議第23号) 平成18年度工業用水道事業会計予算


○議長(霜田 彰)


 日程第15 平成18年度国民健康保険事業特別会計予算から日程第25 平成18年度工業用水道事業会計予算までの11案を一括議題とします。


 なお、議第21号及び議第23号につきましては、お手元に正誤表が配付されていますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。


 最初に、福祉保健部長。


○福祉保健部長(近藤清信)


 それでは、議第13号平成18年度柏崎市国民健康保険事業特別会計予算について、御説明を申し上げたいと思います。


 予算書の413ページをお開き願いたいと思います。


 上から3行目の、(歳入歳出予算)の第1条、事業勘定の予算総額は78億9,775万9,000円で、前年度と比較をしまして10億723万7,000円の増額、率にして14.6%増で編成をしました。


 2項の直営診療施設勘定の予算総額は4億3,163万円で、前年度と比較をしまして2億5,797万9,000円の増額、率にして148.6%増で編成をしました。いずれも、2町の合併に伴い、大幅な伸びになっているものであります。


 それでは、事業勘定の歳出から御説明をいたしますので、予算書の436ページ、437ページをお開きいただきたいと思います。


 1款1項1目一般管理費9,135万7,000円、それから、2項1目徴税総務費5,119万円は、職員人件費のほか医療給付の適正化事業、国保システム委託費等の事務的経費を計上したものであります。


 次に、438・439ページ、3項1目運営協議会費91万3,000円と4項趣旨普及費61万5,000円は、特に申し述べることはございません。


 次に、440・441ページの、2款保険給付費は、1項療養諸費の計欄51億2,270万9,000円、2項高額療養費の同じく計欄6億1,212万7,000円、3項移送費、計欄100万円、1枚めくっていただきまして、442・443ページの4項出産育児諸費、計欄2,600万円、5項葬祭諸費、計欄3,650万円を合わせまして57億9,833万6,000円を計上したもので、前年度と比較をして10億7,883万9,000円増額、率にして22.9%増となります。これは、2町合併によるもののほか、制度改正に伴う前期高齢者の段階的加入及び、保険給付費の負担増が主なる要因であります。なお、出産育児一時金については、現行30万円が、18年10月からは35万円に改正となる予定であります。


 次に、3款1項老人保健拠出金11億3,986万6,000円は、老人保健制度に要する費用に充てるため、各保険者が老人医療や老人加入率等に応じて拠出金を負担するものであり、医療費拠出分として、1目に11億752万6,000円、前年度と比較して19.2%の減であります。この要因は、平成14年10月の法改正以降、段階的に70歳から74歳までの対象者が、国保の前期高齢者へシフトしていくため、年々減額となっていくもので、加えて、平成18年4月からの診療報酬マイナス改定による影響もあり、減額となったものであります。


 4款介護納付金4億5,321万1,000円は、介護保険制度に伴う社会保険診療報酬支払基金への納付金であり、国の指示に基づき、国保の2号被保険者に係る納付金分を納付するものです。なお、1人当たりの納付負担見込み額が4万7,700円程度となったことから、前年度と比較して5.5%の増を見込んでいます。


 5款1項1目高額医療費拠出金1億4,571万円は、1件当たり80万円を超える高額医療費に対し、国保団体連合会より一定の率で交付される共同事業交付金などに対する県内各保険者の割り当て分であります。


 6款1項1目保健衛生普及費3,301万2,000円は、444・445ページにかけて、被保険者の健康増進、疾病予防に資する事業を積極的に実施するために計上いたしたもので、前年度と比較して6%増を計上させていただきました。本年度は、総合検診のほか、健康増進計画、健康みらい柏崎21推進のための事業費として229万7,000円が含まれています。


 次に、446・447ページにまいりまして、9款1項、計欄の591万6,000円は、保険税の償還金及び還付加算金を、3項繰出金1億3,914万2,000円は、北条診療所、野田診療所及び高柳診療所の運営費として直営診療施設勘定へ繰り出すものであります。


 10款予備費は、3,000万円を計上させていただきました。


 以上で歳出を終わりまして、次に、歳入について、御説明をします。


 前に戻っていただきまして、426・427ページをごらんいただきたいと思います。


 1款1項国民健康保険税の計欄25億245万4,000円は、前年度と比較をして23.3%の増となり、今年度は、医療分及び介護納付金分ともに、税率改正を見込んで計上しているものであります。


 次に、1枚めくっていただきまして、3款国庫支出金は、1項国庫負担金14億9,088万1,000円、2項国庫補助金4億4,280万9,000円、合わせて19億3,369万円で、前年度と比較して10.4%の減となります。これは、三位一体改革に係る県への税源移譲の影響を受け、国の定率国庫負担金の割合や、普通調整交付金の交付率が引き下げられたことによるものであります。


 4款療養給付費交付金22億1,198万7,000円は、社会保険診療報酬支払基金からの退職者医療に対する交付金でございますが、退職被保険者の療養給付費の増加分を見込み、前年度と比較して16.6%増で計上させていただきました。


 5款1項県負担金3,642万7,000円は、歳出で御説明しました、共同事業拠出金の4分の1相当額を、国と同様の高額医療費共同事業負担金として計上しました。


 2項県補助金3億944万6,000円は県の財政調整交付金で、1号調整交付金は、療養の給付等に対するものであり、2号調整交付金は、主に保険者の健康事業の取り組みに対しての評価基準により交付される支援制度です。


 次に、430・431ページにまいりまして、6款1項連合会補助金100万円は、歳出6款保健事業費の、健康みらい柏崎21推進事業に対する国保連合会からの補助金を計上したものです。


 7款1項共同事業交付金1億3,600万円は、歳出で御説明申し上げました、5款共同事業拠出金として国保団体連合会に拠出する金額に対応するもので、前年度の見込みをベースに計上したものであります。


 下段から、次ページの431・432ページにかけて、9款1項他会計繰入金6億9,566万6,000円は、前年度と比較して22.4%の増となっています。法定内繰入金としては、保険基盤安定繰入金3億2,981万2,000円、職員給与費等繰入金1億5,133万3,000円、出産育児一時金等繰入金1,733万3,000円、財政安定化支援事業繰入金2,000万円を計上し、その他一般会計繰入金については、昨年度までの経常的な繰り入れ制度、いわゆる被保険者1人当たり9,000円ルールは、廃止することとしました。なお、国保税率改正による負担軽減を図るための特例措置として、平成18・19年度の2カ年に限り、各5,000万円を繰り入れることとしています。また、直診勘定分1億2,718万8,000円は、北条・野田及び高柳診療所の運営費等の不足分に対応するものです。


 9款2項基金繰入金5,534万2,000円は、国保会計の不足分について、繰り入れを予定しているものであります。


 11款諸収入は、次ページにかけまして、延滞金のほか、健康診査の一部負担金が主なもので、1項及び2項合わせて1,536万2,000円を計上させていただきました。


 次に、直営診療施設勘定について、御説明を申し上げます。予算書は455ページからになります。


 それでは、歳出から御説明を申し上げたいと思いますので、464・465ページをお開きいただきたいと思います。


 歳出の内容については、野田・北条及び高柳診療所の運営に要するものであります。


 1款1項施設管理費、468ページの計欄、3億3,030万9,000円、それから、2項研究研修費113万9,000円は、野田・北条及び高柳診療所の医師、職員の人件費と3診療所の運営費です。


 2款1項医業費、1枚めくっていただきまして、470ページ、計欄の9,319万6,000円は、3診療所の医薬材料費等を、また、2項給食費318万2,000円は、高柳診療所の入院患者に係る給食用材料費等を計上したものであります。


 次に、472・473ページの3款施設整備費280万4,000円は、北条診療所の側溝補修工事30万4,000円及び、野田診療所の路面融雪整備工事250万円を実施したいというものであります。


 次に、歳入について、御説明申し上げます。


 前に戻っていただきまして、458・459ページをお開きください。


 1款1項外来収入2億4,256万2,000円は、野田・北条及び高柳診療所の診療収入です。


 3項入院収入1,591万8,000円は、高柳診療所における入院診療収入です。


 1枚めくっていただきまして、460・461ページの、2款介護収入2,362万1,000円は、主に野田及び高柳診療所における介護報酬収入等です。


 3款使用料及び手数料から5款寄附金までは、特に申し述べることはございません。


 次に、462ページ、463ページの、6款繰入金、1項事業勘定繰入金1億3,914万2,000円は、野田・北条及び高柳診療所の運営費及び施設設備整備費の不足を補うため、一般会計から繰入金として事業勘定で受け入れをし、診療所に係る国県支出金と合わせて施設勘定に繰り入れるものであります。


 以上が直診勘定分でございます。


 続きまして、平成18年度老人保健特別会計について、御説明を申し上げたいと思います。


 議第14号老人保健特別会計でありますが、予算書の489・490ページをごらんいただきたいと思います。


 本年度予算総額は87億2,098万4,000円で、前年度と比較をして9億8,561万8,000円の増額、率にして12.7%の増で編成をしました。


 それでは、歳出から御説明を申し上げますので、予算書の496・497ページをお開きください。


 1款1項総務管理費2,281万3,000円は、右の説明欄記載のとおり、共同電算処理業務や保険者別医療費通知等の委託料などが主なるものであります。


 2款医療諸費86億9,817万円は、制度改正により、対象年齢が75歳に引き上げられ、新たな加入者はありませんが、2町との合併に伴い、受給者を前年度より1,358人増の1万4,350人、医療費は、2町合併及び、過去の実績を勘案しまして、一部負担金を含めた1人当たり医療費を66万1,000円、総医療費で94億8,663万3,000円と見込み、計上したものであります。


 次に、歳入について、御説明を申し上げたいと思います。


 前に戻っていただきまして、492・493ページをごらんいただきたいと思います。


 平成14年度の制度改正により、支払基金交付金と公費の負担割合が70対30というふうになっていたわけですが、これが見直され、5ヵ年で50対50への段階的に移行することに基づき、算定をしているものであります。


 それでは、1款支払基金交付金46億9,784万9,000円は、前年度に比較して1億9,543万6,000円の増額で計上させていただきます。


 2款国庫支出金26億7,142万3,000円は、前年度と比較して5億2,701万3,000円の増で計上しました。


 また、3款県支出金6億6,671万7,000円は、前年度と比較して1億3,166万8,000円の増額。


 4款繰入金6億8,495万9,000円は、前年度と比較して1億3,150万円の増額で、一般会計から繰り入れるものであります。


 以上が老人保健特別会計の説明でございます。


 続きまして、議第15号平成18年度介護保険特別会計予算について、御説明を申し上げます。


 予算書の515ページから517ページをごらんいただきたいと思います。


 介護保険事業につきましては、平成18年度から20年度を期間とした第3期介護保険事業計画の初年度であり、改正介護保険法に基づいて、虚弱な高齢者を対象とする地域支援事業である介護予防事業や、在宅介護支援センターを充実・強化した地域包括支援センターの運営などを盛り込んでおり、事業計画に基づき、各種事業を推進してまいりたいと思っています。


 介護保険特別会計の予算総額は、58億2,535万5,000円で、前年度と比較して8億2,017万6,000円の増額で編成をさせていただきました。率について、16.4%の増となっています。


 それでは、歳出から御説明を申し上げますので、526・527ページをお開きいただきたいと思います。


 1款1項総務管理費1億4,492万1,000円は、職員人件費及び介護保険事務処理システム委託料等が主なるものですが、前年度と比較して、元気支援課で介護予防に当たる人件費が増額となっています。


 528・529ページにかけまして、3項介護認定審査会費7,296万7,000円は、介護認定審査会及び認定調査等に係る経費であります。


 次に、530ページから533ページにかけまして、2款保険給付費、1項介護サービス等諸費47億7,930万円は、要介護1から5の認定を受けた利用者に対する介護サービス給付費です。このうち、1目居宅介護サービス給付費19億3,328万3,000円は、現行の要介護認定者のうち5割の人が新しい要支援に移行すること、デイサービス・ショートステイの食費・滞在費の自己負担化等により、前年度と比較して1億5,516万8,000円の減額となっています。


 3目地域密着型介護サービス給付費1億1,355万8,000円は、介護保険法の改正により新しくできたサービスであり、市内3カ所の認知症対応型グループホームが該当をしています。


 5目施設介護サービス給付費25億1,515万円は、2町の合併に伴い、施設入所者数が増となったことから、前年度と比較して1億7,635万8,000円の増額となりました。


 9目居宅介護サービス計画給付費1億7,190万1,000円は、要介護者がサービスを利用するためのケアプラン作成費で、要介護1から要支援2に移る人がいることから、前年度と比較して1,147万5,000円の減額となります。


 532ページにまいりまして、2項介護予防サービス等諸費4億370万4,000円は、要支援に認定された人に対する居宅支援サービス経費で、前年度と比較して2億6,512万円の増額となっております。これは、要介護1から要支援2に移行する認定者が増加することに伴うものであります。


 次に、534ページ、535ページの、4項高額介護サービス等費7,157万3,000円は、低所得者対策として、自己負担の上限額が引き下げられたことにより、増額となるものであります。


 5項特定入所者介護サービス等費2億3,203万4,000円は、昨年10月から、食費・居住費が自己負担となったことに伴い、低所得のサービス利用者の自己負担が一定額を超えた場合に支払われるものであります。


 次に、536・537ページにまいりまして、4款地域支援事業費は、本年4月から介護保険事業として新たに始まるもので、1項介護予防事業費2,712万円は、高齢者筋力向上トレーニング事業、特定高齢者把握事業、訪問指導事業などを行うこととしています。


 また、538ページから541ページの、2項包括的支援事業・任意事業費7,792万3,000円は、地域包括支援センターに委託する包括支援事業費、介護予防ケアマネジメント、総合相談、権利擁護、包括的・継続的ケアマネジメント支援事業等を見込んで7,500万円を計上し、そのほかに、家族介護支援や認知症高齢者見守りに必要な啓発事業などを行うこととしています。


 以上で歳出の方を終わりまして、次に、歳入について、御説明を申し上げますので、戻りまして、518・519ページをお開きいただきたいと思います。


 1款保険料は9億5,904万4,000円で、前年度と比較して2億2,220万9,000円の増額となっております。これは、第3期計画における介護保険料を、現行の基準月額2,967円から3,383円に改正することによるとともに、第1号被保険者数の増によるものであります。なお、介護保険料改定を含む介護保険条例の一部改正をする条例については、国の政令が、まだ公布をされていないため、追加議案として本会議に提案をする予定でありますので、また、よろしく御審議をいただきたいと思います。


 次に、4款国庫支出金、1項国庫負担金は、国が保険給付費の20%を負担をします介護給付費負担金10億9,918万2,000円であります。


 2項国庫補助金は、保険給付費の約7%が交付をされます調整交付金3億8,031万6,000円と、新たに始まる地域支援事業に対する交付金で、事業費の25%を負担します地域支援事業交付金649万5,000円、事業費の40.5%を負担します地域支援事業交付金3,155万8,000円を計上したものであります。


 次に、520・521ページの5款支払基金交付金は、保険給付費の31%に相当する額を、社会保険診療報酬支払基金から交付を受ける介護給付費交付金17億373万2,000円と、介護予防事業費の31%を負担します地域支援事業交付金805万3,000円であります。


 7款県支出金は、県が保険給付費の12.5%を負担します介護給付費負担金6億8,698万9,000円と、新たに始まる地域支援事業に対する交付金で、事業費の12.5%を負担します地域支援事業交付金324万7,000円、事業費の20.25%を負担します地域支援事業交付金1,577万9,000円を計上したものです。


 9款1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金は、市が保険給付費の12.5%を負担します介護給付費繰入金6億8,698万8,000円。


 2目は、新たに始まる地域支援事業に対する繰入金で、事業費の12.5%を負担します地域支援事業繰入金324万7,000円。


 3目は、事業費の20.25%を負担します地域支援事業繰入金1,577万9,000円であります。


 4目その他一般会計繰入金2億2,227万1,000円は、職員の人件費や一般経費及び、認定審査会等に係る事務費繰入金であります。


 なお、基金繰入金については、第3期事業計画年度内において、介護給付準備基金1億2,000万円の取り崩しを予定をしていますが、平成18年度は、保険料で賄えるということから、繰り入れは行わないこととしています。


 以上で福祉保健部所管の特別会計予算の説明を終わらせていただきたいと思います。


 よろしく御審議のほど、お願いします。


○議長(霜田 彰)


 高柳事務所長。


○高柳町事務所長(中村和成)


 議第16号につきまして、御説明申し上げます。


 平成18年度柏崎市新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計予算について、御説明申し上げます。


 予算書の553ページをごらんください。


 本年度、こども自然王国の予算総額は1億4,977万7,000円で、前年度と比較いたしまして251万8,000円の増額、率にいたしまして1.7%増で編成いたしました。


 それでは、歳出から御説明申し上げます。


 564・565ページをごらんください。


 1款1項1目一般管理費2,914万7,000円は、右の説明欄に記載してございますけれども、職員の人件費、施設の維持管理委託料及び負担金等でございます。


 2款1項1目事業費1億2,050万7,000円は、体験プログラム等運営業務の委託料等が主なものとなってございます。


 次に、歳入につきまして、御説明申し上げます。


 前に戻っていただきまして、562・563ページをごらんください。


 1款事業収入5,804万円は、たび重なる自然発生の災害等、また、開館12年を迎えまして、施設の修繕等が年々増加傾向にあり、好材料は少ないわけでございますけれども、景気の回復を期待しつつ独自のイベント開催、また、県委託事業等の活用で、情報発信力等を強化いたしまして、誘客力を高める努力をすることで、前年度並みの売上を計上いたしてございます。


 2款県支出金900万円は、県との協議の結果、昨年と同額を計上いたしました。これは、先ほど申し上げました県の委託事業が、この中に組まれているわけでございます。


 3款繰入金6,756万7,000円は、前年度と比較いたしまして504万7,000円ほど増額でございます。率にいたしまして8.1%の増額で計上いたしました。一般会計からの繰り入れをお願いしてございます。


 5款諸収入1,417万円は、説明欄にございますように、雑入を予定をし、計上いたしました。


 以上で説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 次に、総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第17号平成18年度土地取得事業特別会計予算について、御説明を申し上げます。


 予算書では、573ページになっておりますので、お開きをください。


 この会計は、条例で定めております土地開発基金を原資として、公共事業用地等の取得を円滑に行い、その経理の明確化を図るために設置をしておるものでございます。平成18年度の予算総額は6億円、前年度比16.7%の減額となっております。


 歳出から御説明を申し上げますので、ちょっと飛びますが、584・585ページをお開きくださいませ。


 1款1項1目公共用地取得費5億円は、今年度の公共用地先行取得のための費用を見込んだものであります。


 2款1項1目基金償還金1億円は、土地開発基金借入金の償還及び運用利子の積み立てであります。


 歳入について御説明申し上げますので、1枚お戻りをいただいて、582・583ページをごらんください。


 1款1項1目不動産売払収入1億円は、道路改良事業用地などとして先行取得をいたしました土地について、公共事業用地として一般会計がことし買い戻す予定額を計上したものであります。


 2款1項1目基金借入金5億円は、今年度の公共用地先行取得の財源として、基金からの借入金を措置したものであります。なお、今年度の用地取得については、将来にわたる健全財政堅持の観点から、土地開発公社保有地のうち、学園ゾーンの大学の森の部分の買い戻しを予定をしております。このほかについては、現在、特定はしておりませんけれども、基金設置の趣旨にのっとり、適切に取得をしてまいりたいと考えております。


 以上、何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 次に、市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 予算書の589ページをお開きいただきたいと思います。


 議第18号平成18年度柏崎市墓園事業特別会計予算について、御説明いたします。


 歳出の予算書600から601ページをお願いします。


 1款事業費、1項1目墓園管理費348万3,000円は、墓園の維持管理、基金の積み立てなどに必要な予算を計上したものであります。


 01の中ほど、修繕料61万6,000円は、園路修繕、第8区墓域園路陥没部補修であります。墓園管理委託料191万円は、墓園の管理をシルバー人材センターに委託する経費であります。還付金60万4,000円は、墓地を返還する際の還付金であります。


 2目の墓園整備事業費461万円は、墓園の整備に必要な予算を計上したものであります。墓園整備工事は、第7区墓域園路バリアフリー対策工事であります。第8区、第9区を除いては、玉砂利などが敷き詰めてありまして、車いすはもとより、歩行にも支障を来す状況にあり、そのために舗装したいというものであります。


 次に、歳入について、御説明申し上げます。


 戻りまして、598から599ページをごらんいただきたいと思います。


 1款使用料及び手数料、1項1目墓地使用料の1墓地永代使用料486万円は、墓地の新規貸し付けによるものです。毎年、おおむね20人の方に貸し出しを行っております。2の土地使用料5万5,000円は、電柱等の占用料、敷地占用料などであります。


 2項手数料、1目墓地手数料、1墓地管理手数料164万3,000円は、墓地の使用者から墓地管理手数料を納入していただくものであります。


 2款財産収入、1項1目の利子及び配当金の1墓園管理基金利子収入4万2,000円は、墓園管理基金の利子収入であります。


 3款繰入金、1項1目の基金繰入金、1墓園管理基金繰入金145万4,000円は、墓園管理基金からの繰入金であります。


 4款繰越金、1項1目は繰越金として1,000円を計上いたしました。


 以上、歳入合計809万3,000円で歳出との均衡を図っております。


 何とぞよろしく御審議のほど、お願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 次に、都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 それでは、下水道事業特別会計予算及び農業集落排水事業特別会計予算につきまして、一括御説明を申し上げます。


 まず、議第19号平成18年度下水道事業特別会計予算を御説明申し上げます。


 予算書の606・607ページをごらんをいただきたいと思います。


 歳入歳出予算総額は52億4,621万2,000円となっております。総括的に申し上げますと、汚水整備につきましては、第6期事業計画の最終年度といたしまして、佐藤池新田及び軽井川地内を整備いたします。普及率についてですが、当市の平成17年5月現在の汚水処理人口普及率は、公共下水道が63.9%、農業集落排水が20.8%、合併処理浄化槽7.9%、合わせまして92%になっております。平成18年度末につきましては、95.7%になる見込みです。


 なお、平成16年度末現在の汚水処理人口普及率につきましては、全国平均が79.4%、新潟県平均が56.1%となっております。


 それでは、主要な事務・事業について、御説明いたしますので、予算書の622・623ページをごらんいただきたいと思います。


 1款下水道費、1項下水道管理費、1目下水道総務費2億1,363万円は、職員16人分の人件費、使用料徴収業務をガス水道局に委託するための経費及び、公営企業移行業務経費が主なものであります。


 なお、地方公営企業法の適用及びガス水道局の移転につきましては、中越地震に伴いまして2年間延期となりましたが、平成19年4月の実施に向けて準備を進めてまいります。


 2目処理場費5億4,688万9,000円は、624・625ページにかけまして、自然環境浄化センター中継ポンプ場・雨水ポンプ場及び石地アメニティライフセンターの管理運営費でして、光熱水費、修繕料、医薬材料費、運転管理及び施設管理委託料、汚泥処理委託料となっております。


 626・627ページに移りまして、3目管渠維持費4,805万円は、維持管理課分として、雨水排水路の樋門管理、浚渫工事及び雨水排水路の修繕費など、下水道課分として、下水道台帳の作成委託料、マンホールの補修経費及び、汚泥管渠の清掃車の借上料などであります。


 628・629ページに移りまして、2項下水道建設費、1目建設総務費7,196万1,000円は、職員人件費8人分及び、受益者負担金徴収経費となっております。


 2目公共下水道建設費15億7,091万円は、630・631ページにかけまして、補助事業9億4,900万円、単独事業6億2,191万円をそれぞれ計上いたしております。


 なお、補助事業の主なものにつきましては、ページ631の右、上段の方、自然環境浄化センター工事委託料3億7,100万円は、汚泥処理施設消化タンク2基改築更新工事の2年目として、平成19年度の完成を目指すとともに、汚泥処理設備、脱水機の増設工事及び受変電設備工事について、平成19年度までの2ヵ年計画で実施するものです。次に、自然環境浄化センター実施設計委託料3,500万円は、受変電設備の更新及び監視汚泥棟など、建屋の耐震改築に係る実施設計を予定しております。いずれも、下水道事業団に委託したいというものであります。3行下、汚水管渠工事3億7,100万円は、第6期事業計画区域の最終年度の整備をいたします。また、雨水管渠工事1億2,300万円は、柏崎駅南の鵜川4号雨水幹線、塩込川及びいさざ川右68・72号岸雨水枝線、中浜2丁目地内の整備を継続いたします。次に、単独事業の主なものにつきまして、中段より少し下、管渠実施設計及び地質調査委託料3,700万円、雨水計画見直しのための委託料600万円、自然環境浄化センターの消化汚泥浚渫委託料3,000万円、補助事業に関連いたします汚水管渠工事4億4,980万円、雨水管渠工事4,000万円、ガス水道管移設補償費5,461万円などであります。


 632・633ページに移りまして、2款公債費27億9,412万2,000円は、長期債の元利償還金及び一時借入金の利子です。


 3款予備費は、昨年度と同額の65万円となっております。


 以上で歳出の説明を終わりまして、引き続き、歳入について、御説明いたします。


 前に戻っていただきまして、616・617ページをごらんをいただきたいと思います。


 1款分担金及び負担金5,584万3,000円は、第6期事業計画区域における3年次分の受益者負担金でございます。


 2款使用料及び手数料、1項使用料10億6,065万7,000円は、下水道使用料が主なものでして、営業用、公用の有収水量は減少傾向にありますが、家庭用及び工業用の伸びなどを考え合わせ、前年度比5,847万7,000円の増額を計上いたしました。


 3款国庫支出金4億9,940万円は、歳出の補助対象事業費に対応した額となっております。


 618・619ページをごらんいただきたいと思います。


 4款繰入金22億6,382万1,000円、5款繰入金3,000万円は、特に申し上げることはございません。


 6款諸収入、3項雑入4,954万円は、原子力立地給付金及び消費税還付金が主なものであります。


 7款市債12億8,680万円は、歳出の建設事業費に対応した額であります。


 歳入についての説明を終わりまして、605ページに戻っていただきたいと思います。


 第1条は、予算の総額を定めたものであります。


 第2条は、債務負担行為を定めるものでして、608ページの第2表債務負担行為の記載のとおり、自然環境浄化センター汚泥処理設備、脱水機の増設工事を、平成19年度までの2ヵ年で実施することに伴い、総事業費2億5,200万円に対する平成19年度事業費1億5,800万円を限度額として設定するものであります。


 また、受変電設備改築更新工事につきましても、平成19年度までの2ヵ年で実施することに伴い、総事業費9,700万円に対します平成19年度事業費6,700万円を限度として設定するものであります。


 605ページの第3条は、地方債ということで、609ページの第3表地方債に記載のとおり、起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法を定めたものであります。


 以上で下水道事業特別会計予算の説明を終わります。


 続きまして、議第20号平成18年度農業集落排水事業特別会計予算を御説明を申し上げます。


 予算書の646・647ページをごらんをいただきたいと思います。


 歳入歳出予算総額は、20億6,191万6,000円となっております。


 総括的に申し上げますと、農業集落排水事業の処理場及び汚水管渠に係る維持管理経費、西山町二田地区の管路施設工事、中川地区の処理場建設及び管路既設工事が主なものとなっております。


 それでは、主要な事務・事業について、御説明を申し上げます。


 予算書の662・663ページをごらんをいただきたいと思います。


 1款集落排水費、1項集落排水管理費、1目集落排水総務費3,357万円は、職員2人分の職員人件費、使用料徴収業務をガス水道局に委託するための経費及び、消費税の中間納付金が主なものでございます。


 2目処理施設費2億298万7,000円及び3目管渠維持費2,184万円は、664・665ページにかけまして、市内19ヵ所の処理場及び、20地区におけます管渠の維持管理費でして、処理施設に係る光熱水費、機械設備修繕料、汚泥処理費、施設管理委託料及び、管渠維持に係るマンホールポンプの修繕料、集落排水台帳作成委託料、マンホールのすりつけ工事費等を、各地区別に計上いたしたものであります。


 664・665ページに移りまして、2項集落排水建設費、1目建設総務費4,355万円は、職員5人分の職員人件費が主なものです。


 2目農業集落排水事業費、001農業集落排水事業は、666・667ページにかけまして、各地区におけます新規取りつけ管工事費50カ所分、向安田処理場の老朽化に伴い、安田処理場で処理するための中継ポンプ設置及び管路施設工事費、西山町二田地区の管路施設工事費、中川地区における処理場建設費及び管路施設工事費を計上したものであります。


 2款公債費5億3,415万7,000円は、長期債の元利償還金となっております。


 続きまして、歳入について御説明をいたしますので、前に戻っていただきまして、654・655ページをごらんをいただきたいと思います。


 1款分担金及び負担金5,407万4,000円は、各地区の新規加入受益者分担金です。


 2款使用料及び手数料は、各地区の過去の使用実績及び新規接続見込みなどを考え合わせて、2億6,277万4,000円計上いたしております。


 656・657ページ、3款県支出金6億3,916万5,000円は、西山町二田地区、中川地区、向安田地区の管路施設工事等に係る整備事業補助金及び起債償還補助金です。


 658・659ページに移りまして、4款繰入金4億6,254万2,000円、5款繰入金1,000万円については、特に申し上げることはございません。


 660・661ページ、6款諸収入、2項雑入4,585万9,000円は、原子力立地給付金及び消費税還付金などが主なものでございます。


 7款市債5億9,750万円は、西山町二田地区、中川地区におけます建設事業費に対応した起債額となっております。


 歳入について説明を終わりまして、645ページをごらんをいただきたいと思います。


 第1条は、予算の総額を定めたものであります。


 第2条は、地方債でして、648ページの第2表地方債に記載のとおり、起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法を定めたものであります。


 以上で、議第19号及び議第20号の説明を終わらせていただきます。


 御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 次に、ガス水道局長。


○ガス水道局長(歌代俊樹)


 それでは、議第21号平成18年度ガス事業会計予算、議第22号平成18年度水道事業会計予算、議第23号平成18年度工業用水道事業会計予算について、続けて説明させていただきます。


 議案説明に先立ちまして、平成18年度ガス・水道事業会計予算で取り組みを予定しております重点事項について、御説明申し上げます。


 まず1点目は、石綿セメント管改良事業でございます。


 これは、市民生活に欠くことのできない災害に強いライフラインの整備を図るため、平成19年度完了予定の老朽管改良事業のうち、石綿セメント管の解消を優先的に推進するための事業であります。ガス会計1億3,642万1,000円、水道会計3億7,965万4,000円、合計5億1,607万5,000円を計上いたしました。


 2点目は、マッピングシステム拡張事業でございます。


 これは、合併いたしました西山町・高柳町地区のガス水道事業及び、刈羽村のガス事業の効率的な施設管理と、災害等緊急時における迅速な対応を図るため、今年度から3ヵ年継続事業として取り組みたいというものであります。総事業費といたしまして、ガス会計7,920万3,000円、水道会計8,001万7,000円を予定しており、今年度分といたしまして、ガス会計1,486万5,000円、水道会計4,039万1,000円を計上いたしました。


 3点目は、財務会計システム更新事業でございます。


 これは、平成7年度に導入した財務会計システムが、現状の利用形態にそぐわなくなってきたことに伴い、更新いたしたいというものであります。水道会計4,132万2,000円を計上いたしました。


 4点目は、赤坂山浄水場中央監視設備改良工事であります。


 これは、水道水を安全に安定して給水するため、昨年度から2ヵ年継続事業として取り組んでいるものでありまして、最終年度分として4億635万円を計上いたしました。


 5点目は、西山給水区域拡張事業です。


 これは、昨年度から5ヵ年継続事業として取り組んでおり、ことしは、その2年度目といたしまして、8億4,451万3,000円を計上いたしました。


 それでは、議第21号平成18年度ガス事業会計予算について、御説明申し上げます。


 ガス事業は、原料価格の引き下げや事務の効率などにより、安定した収益を維持していたため、昨年7月1日から、平均で7.49%の料金引き下げを実施させていただきましたが、天候に左右されやすい事業の特殊性や、オール電化住宅等の増加による家庭用、景気の影響等による営業用の大幅な販売量の増加は期待できず、また、設備更新期における他燃料からの転換及び、京都議定書発効による環境負荷の低減の追い風等を受け、大口需要の増加は見込まれるものの、大幅な営業利益の増加は見込めない状況にあります。一方、老朽管対策及び経年劣化いたします供給施設の更新等、災害に強いライフラインの整備や保安対策に経費がかかることから、今後とも一層の需要開発と経営の効率化、並びに安定供給、保安の確保と、さらなるお客様サービスの向上が強く求められているところであります。このような経営環境を踏まえ、新年度予算は、46億9,535万9,000円で編成いたしました。


 それでは、予算書に従いまして、御説明申し上げます。


 679ページ、お開きいただきたいと思います。


 第2条は、本年度の業務予定量であります。供給戸数3万2,290戸は、年度末の見込みであります。年間総供給量3,026万4,000立方メートルは、販売量の予定でございます。これにつきましては、合併、大口需要等の増加を見込んだものであります。1日平均供給量は8万2,915立方メートル、本年度予定しております主要な建設改良事業は、松波三丁目地内改良工事のほか記載のとおりでございます。


 第3条は、収益的収入及び支出の予定額でありますが、まず、収入から御説明申し上げます。


 第1款ガス事業収益は、31億5,952万4,000円を計上いたしました。


 この内訳として、第1項営業収益、すなわち、ガス売上収入は、28億7,948万2,000円、第2項営業雑収益は、受注工事収益など2億3,642万3,000円、第3項営業外収益は、下水道使用料徴収事務負担経費など4,349万9,000円、第4項特別利益は12万円を、それぞれ計上いたしました。


 次に、支出について申し上げます。


 第1款ガス事業費用は、30億5,336万4,000円を計上いたしました。この内訳は、第1項営業費用、すなわち、売上原価、供給販売費及び一般管理費の合計で26億695万9,000円、第2項営業雑費用は、受注工事費など2億2,742万6,000円、第3項営業外費用は、企業債利息など2億1,595万2,000円、第4項特別損失は202万7,000円、第5項予備費は100万円を、それぞれ計上いたしました。


 したがいまして、3条予算におきましては、収入支出差し引き1億616万円の残額を生ずると予定しております。


 なお、消費税などを除いた当年度純利益は、3,843万8,000円を見込んでおるところでございます。


 次に、第4条は、資本的収入及び支出の予定額であります。


 まず、収入でありますが、第1款資本的収入は、5億2,904万円を計上いたしました。


 この内訳は、第1項企業債2億円、第2項工事負担金3億2,900万円、第3項補助金2万円、第4項固定資産売却代金2万円であります。


 次に、680ページにまいりまして、支出でありますが、第1款資本的支出は、15億3,583万5,000円を計上いたしました。増額の主な要因は、合併に伴います西山町地区、刈羽村経年管一般改良工事費及び、農業集落排水事業関連工事費の増によるものでございます。


 この内訳は、第1項建設改良費及び第2項開発費、並びに第3項企業債償還金で、それぞれ記載のとおりでございます。


 したがいまして、4条予算におきましては、収入額が支出額に対して10億679万5,000円不足することになりますので、第4条本文括弧書きに記載のとおり、財源補てんを講じたいというものであります。


 次の、第5条は、冒頭の重点事項で御説明申し上げました、マッピングシステム拡張事業の継続費について、総額及び年割額を定めたものでございます。


 次の、第6条から第10条につきましては、説明は省略させていただきます。


 以上のほか、各経費の詳細及び工事内容等につきましては、681ページ以下の、予算に関する説明書に記載のとおりでございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 次に、議第22号平成18年度水道事業会計予算について、御説明申し上げます。


 水道事業は、ガス事業と同様、天候に左右されやすい事業の特殊性、少子高齢化、給水人口の減少、加えて、節水型社会への移行などにより、給水量の大幅な増加は期待できない状況にあります。一方、老朽管対策や経年劣化する給水施設の更新等、施設整備の累増に係る固定資産除却費等の増により、経営環境は極めて厳しい状況にあり、より一層の経営の合理化、並びに効率化が強く求められております。このような経営環境を踏まえ、新年度予算は、67億7,002万9,000円で編成いたしました。


 それでは、予算書に従いまして、御説明申し上げます。


 719ページをごらんください。


 第2条は、本年度の業務予定量であります。給水戸数4万199戸は、年度末の見込みであります。年間総給水量1,343万8,000立方メートルは、販売量の予定でございます。1日平均給水量は3万6,816立方メートル、本年度予定しております主要な建設改良事業は、赤坂山浄水場中央監視設備改良工事ほか、記載のとおりでございます。


 第3条は、収益的収入及び支出の予定額でありますが、まず、収入から御説明申し上げます。


 第1款上水道事業収益は、29億3,111万5,000円を計上いたしました。


 この内訳として、第1項営業収益、すなわち、上水道売上収入は26億6,126万円、第2項営業雑収益は、受注工事収益など6,347万3,000円、第3項営業外収益は、一般会計からの水源開発繰入金など2億628万1,000円、第4項特別利益は10万1,000円をそれぞれ計上いたしました。


 第2款簡易水道事業収益は、9,833万円を計上いたしました。


 この内訳は、第1項営業収益、すなわち、簡易水道売上収入として7,017万9,000円、第2項営業雑収益は、受注工事収益など186万8,000円、第3項営業外収益2,627万3,000円、第4項特別利益は1万円を、それぞれ計上いたしました。


 したがいまして、第1款上水道事業収益と第2款簡易水道事業収益を合わせた収入合計は、30億2,944万5,000円といたしております。


 次に、支出について申し上げます。


 第1款上水道事業費用は、27億9,613万5,000円を計上いたしました。


 この内訳は、第1項営業費用、すなわち、原水及び浄水費、配水及び給水費など18億6,092万8,000円、第2項営業雑費用は、受注工事費など3,090万4,000円、第3項営業外費用は、企業債利息など9億103万円、第4項特別損失は227万3,000円、第5項予備費は100万円を、それぞれ計上いたしました。


 第2款簡易水道事業費用は、1億2,482万3,000円を計上いたしました。


 この内訳として、第1項営業費用、すなわち、給水管理費は1億10万4,000円、第2項営業雑費用は、受注工事費など262万9,000円、第3項営業外費用2,119万円、第4項特別損失は40万円、720ページにまいりまして、第5項予備費は50万円を計上しました。


 第1款上水道事業費用と第2款簡易水道事業費用を合わせた支出合計は、29億2,095万8,000円といたしております。


 したがいまして、3条予算におきましては、収入支出差し引き1億848万7,000円の残額を生ずると予定しております。


 なお、消費税などを除いた当年度の純利益は、6,158万円を見込んでいるところでございます。


 次に、第4条は、資本的収入及び支出の予定額であります。


 まず、収入でありますが、第1款資本的収入は、26億6,176万8,000円を計上いたしました。


 この内訳は、第1項企業債から第6項固定資産売却代金まで、それぞれ記載のとおりでございます。


 次に、支出でありますが、第1款資本的支出として、37億4,058万4,000円を計上いたしました。増額の主な要因は、石綿セメント管改良工事及び、合併に伴います一般改良工事費、赤坂山浄水場中央監視設備改良工事費、西山給水区域拡張事業及び高柳町基幹改良事業の増額によるものでございます。


 内訳は、第1項建設改良費及び第2項開発費、並びに第3項企業債償還金で、それぞれ記載のとおりでございます。


 したがいまして、4条予算におきましては、収入額が支出額に対して10億7,881万6,000円不足することになりますので、第4条本文括弧書きに記載のとおり、財源補てんを講じたいというものであります。


 次の、第5条は、冒頭の重点事項で御説明申し上げました、マッピングシステム拡張事業の継続費について、総額及び年割額を定めたものでございます。


 次の第6条、第7条、721ページにまいりまして、第8条から第11条につきましては、説明は省略させていただきます。


 以上のほか、各経費の詳細及び工事内容等につきましては、723ページ以下の、予算に関する説明書に記載のとおりでありますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 次に、議第23号平成18年度工業用水道事業会計予算について、御説明申し上げます。


 工業用水道事業は、西山工業流通団地への企業誘致推進のための、妙法寺地内に浄水場を設置して、平成12年から給水を開始した事業であります。


 現在の給水件数は、1件であるため、給水量の大幅な増加は期待できない状況にあり、経営環境は極めて厳しい状況にあります。このような経営環境を踏まえ、新年度予算は272万1,000円で編成いたしました。


 それでは、予算書に従いまして、御説明申し上げます。


 769ページをごらんいただきたいと思います。


 第2条は、本年度の業務予定量であります。給水戸数は1件、年間総給水量は2万1,100立方メートルは、販売量の予定でございます。


 第3条は、収益的収入及び支出の予定額でありますが、まず、収入から御説明申し上げます。


 第1款工業用水道事業収益は、272万1,000円を計上いたしました。


 この内訳として、第1項営業収益、すなわち、工業用水道売上収入は88万7,000円、第2項営業外収益は、一般会計繰入金など183万4,000円を、それぞれ計上いたしました。


 次に、支出について申し上げます。


 第1款工業用水道事業費用は、268万7,000円を計上いたしました。


 この内訳は、第1項営業費用、すなわち、原浄水及び配給水費、総係費など264万1,000円、第2項営業外費用は、その他雑支出4万6,000円を、それぞれ計上いたしました。


 したがいまして、3条予算におきましては、収入支出差し引き3万4,000円の残額を生ずると予定しております。


 なお、消費税などを除いた当年度の純利益は、8万3,000円を見込んでいるところでございます。


 次の、第4条から第7条につきましては、説明は省略させていただきます。


 以上のほか、各経費の詳細及び工事内容等につきましては、771ページ以下の、予算に関する説明書に記載のとおりでありますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 以上で、説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほど、お願いいたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第26(議第24号) 職員定数条例の一部を改正する条例


日程第27(議第25号) 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する


             条例


日程第28(議第26号) 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関


             する条例の一部を改正する条例


日程第29(議第27号) 議会の議員その他の非常勤の職員の公務災害補償等に関する


             条例の一部を改正する条例


日程第30(議第28号) 特別職の職員で非常勤のものの報酬、費用弁償及び実費弁償


             に関する条例の一部を改正する条例


日程第31(議第29号) 特別職の給与に関する条例及び教育委員会教育長の給与、勤


             務時間等に関する条例の一部を改正する条例


日程第32(議第30号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


日程第33(議第31号) 合併職員に対する給与支給の特例に関する条例を廃止する条


             例


日程第34(議第32号) 手数料条例の一部を改正する条例


日程第35(議第33号) 国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例


日程第36(議第34号) 国民保護協議会条例


日程第37(議第35号) 地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正する


             条例


日程第38(議第36号) 高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を改正


             する条例


日程第39(議第37号) 認知症老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部


             を改正する条例


日程第40(議第38号) 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する


             条例の一部を改正する条例


日程第41(議第39号) 高齢者等自立支援家事援助サービス事業費用徴収条例を廃止


             する条例


日程第42(議第40号) 高齢者生活支援短期入所事業費用徴収条例の一部を改正する


             条例


日程第43(議第41号) 高齢者等生活支援デイサービス事業費用徴収条例の一部を改


             正する条例


日程第44(議第42号) 養護老人ホーム御山荘設置条例の一部を改正する条例


日程第45(議第43号) 市立季節保育所使用料徴収条例を廃止する条例


日程第46(議第44号) 国民健康保険税条例の一部を改正する条例


日程第47(議第45号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第48(議第46号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理


             に関する条例の一部を改正する条例


日程第49(議第47号) ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正する条


             例


日程第50(議第48号) 喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第51(議第49号) 交流プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第52(議第50号) 公民館条例の一部を改正する条例


日程第53(議第51号) 勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例


日程第54(議第52号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正す


             る条例


日程第55(議第53号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第56(議第54号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第57(議第55号) 柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約の


             制定について


日程第58(議第56号) 二級河川の指定について(石橋川)


日程第59(議第57号) 財産の譲与について(建物)


日程第60(議第58号) 財産の譲与について(建物)


日程第61(議第59号) 市道路線の廃止について


日程第62(議第60号) 市道路線の認定について


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 日程第26 職員定数条例の一部を改正する条例から日程第62 市道路線の認定についてまでの37案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 お疲れの中、恐縮でありますが、それでは、議第24号から議第60号までについて、一括御説明をさせていただきます。


 まず、議第24号について申し上げます。


 本案は、職員定数条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、水道事業の西山町拡張事業に伴う人員を増員するため、ガス水道企業事務部局の定数を1人増とするとともに、消防学校への講師派遣及び、今後、予定されます大量退職に備え、前倒し採用が必要であることから、消防事務部局の定数を3人増とすること、これらに伴う増分4人を市長事務部局定数から削減し、全部局合計の定数は、変えないことといたしたいというものであります。


 次に、議第25号について申し上げます。


 本案は、公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、本年4月1日から、柏崎地域土地開発公社の業務は、市職員が兼務して行うこととすることから、派遣できる法人から当該法人を削除するとともに、学校法人柏専学院に職員を派遣し、同法人が経営する新潟産業大学との連携を緊密にするため、派遣できる法人に当該法人を追加いたしたいというものであります。


 次に、議第26号について申し上げます。


 本案は、外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律の中で地方自治法が改正されたことに伴い、職員に支給できる手当のうち、調整手当が廃止され、地域手当が新たに支給できることになったことにより、所要の改正を行いたいものでございます。


 次に、議第27号について御説明申し上げます。


 本案は、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 改正の1点目は、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律が、昨年5月制定されたことに伴い、「監獄」を「刑事施設」に改めたいものであり、2点目といたしましては、障害者自立支援法が昨年11月に制定されたことに伴い、「身体障害者療護施設」等の障害者を支援する施設が「障害者支援室」に移行するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第28号について、御説明申し上げます。


 本案は、特別職の職員で非常勤のものの報酬、費用弁償及び実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、後ほど議第55号で御説明申し上げます、柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約及び、議第34号で御説明いたします、国民保護協議会条例に基づく障害者介護給付費等支給審査会委員及び国民保護協議会委員を別表に位置づけるとともに、スポーツ振興審議会委員については、これまで年額で支給していた報酬を、実態に合わせて、年額から日額に変更したいというものであります。


 次に、議第29号について、御説明いたします。


 本案は、特別職の給与に関する条例及び教育委員会教育長の給与、勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、平成17年度特別職報酬等審議会において、三役における給料に対し、1.4%から1.5%までの引き下げが適当であるとする内容の答申がなされ、当該答申結果を尊重し、三役の給料額の改正をいたしたいというものであります。あわせて、従来から、三役の給料が改正される際は、教育長においても、三役の改定内容に準じて改定してきたところであり、今回も同様の改正を行いたいというものであります。


 改正の概要を申し上げますと、市長については、96万1,000円を94万8,000円に、助役については、75万2,000円を74万1,000円に、収入役については、66万8,000円を65万8,000円に改めるとともに、教育長については、56万7,000円を55万9,000円に改めたいというものであります。


 次に、議第30号について、御説明申し上げます。


 本案は、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、議第26号で御説明申し上げましたことと同様に、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律の中で地方自治法が改正されたことに伴い、職員に支給できる手当のうち、調整手当が廃止され、地域手当が新たに支給できることになったこと、また、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の制定に伴い、既存の災害派遣手当の支給に準じる形で、武力攻撃災害等派遣手当を支給するための規定を追加する必要が生じたこと、これらに伴い、所要の改正を行いたいというものであります。


 なお、人事院勧告による給与構造改革に伴います条例改正については、国からの規則が示されるのが遅く、調整に時間を要しておりましたけれども、このたび、提案できる手順が整いましたので、追加議案とさせていただきたいと考えております。


 次に、議第31号について、御説明申し上げます。


 本案は、合併職員に対する給与支給の特例に関する条例を廃止する条例の制定についてであります。


 本条例は、昭和29年に制定された当時の合併に伴う給与の調整に係る規定であり、現在は、この調整手当を支給する実態はないとともに、議第26号で御説明申し上げましたことと同様に、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律の中で地方自治法が改正されたことに伴い、職員に支給できる手当のうち、調整手当が廃止されたことにより、現在、適用することのない本条例については、廃止をいたしたいというものであります。


 次に、議第32号について、御説明申し上げます。


 本案は、手数料条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、本年4月1日実施の機構改革に伴い、現在、税務課の所管部が市民生活部であるものを財務部に変更するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第33号について、御説明申し上げます。


 本案は、国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定についてであります。


 これは、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の制定に伴い、武力攻撃事態等の発生に際して、内閣総理大臣の指定により設置することとされている、市国民保護対策本部に関し、必要な事項を定めたいというものであります。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は目的、第2条は組織として本部長・副本部長及び本部員等について、次のページ、第3条は会議、第4条は部、第5条は現地対策本部、第6条は準用として、緊急対処事態対策本部については第2条から第5条までの規定を準用することについて、第7条は雑則について、それぞれ規定をいたしております。


 次に、議第34号について申し上げます。


 本案は、国民保護協議会条例の制定についてであります。


 これは、議第33号と同様に、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の制定に伴い、市の区域に係る国民の保護のための措置に関し、広く市民の意見を求め、本市における国民の保護のための措置に関する施策を総合的に推進するために設置する市国民保護協議会に関し、必要な事項を定めたいというものであります。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は目的、第2条は委員及び専門委員、第3条は会長の職務代理、第4条は会議、第5条は部会、第6条は雑則について、それぞれ規定をいたしております。


 次に、議第35号について、御説明申し上げます。


 本案は、地区集会施設設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、高柳地区の地区集会施設、石黒地域活動拠点施設、雪室付貯蔵野菜等販売所兼冬期共同車庫及び高齢者活動促進施設については、現在、地方自治法の規定による管理委託を地元の町内会等にお願いをしておりますけれども、指定管理者制度の導入に伴い、その適用の検討を行った結果、地元へは清掃や警備などの委託のみであるので、直営とする方が適当であることから、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第36号について申し上げます。


 本案は、高柳町保健センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、介護保険法等の一部を改正する法律の制定に伴い、現在、在宅介護支援センターが行っている業務を地域包括支援センターで実施することとなるため、高柳町保健センターで実施している在宅介護支援センター事業を廃止いたしたいというものであります。


 次に、議第37号について申し上げます。


 本案は、認知症老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、介護保険法等の一部を改正する法律の制定に伴い、認知症老人グループホームの事業区分が、居宅介護サービスから地域密着型サービスとなり、費用算定基準に係る適用条文が変更されたため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第38号について、御説明申し上げます。


 本案は、西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、介護保険法等の一部を改正する法律の制定に伴い、用語の整理等を行うため、所要の改正を行うものでございます。


 次に、議第39号について、御説明申し上げます。


 本案は、高齢者自立支援家事援助サービス事業費用徴収条例の廃止についてであります。


 これは、当該事業廃止に伴い、本条例を廃止いたしたいというものであります。


 次に、議第40号について、御説明申し上げます。


 本案は、高齢者生活支援短期入所事業費用徴収条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、介護保険法等の一部を改正する法律の制定に伴い、用語の整理等を行うため、所要の改正を行うものでございます。


 次に、議第41号について申し上げます。


 本案は、高齢者等生活支援デイサービス事業費用徴収条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、要支援者及び要支援認定非該当者に係る費用の額を整理するものであり、介護保険法等の一部改正により、要支援者に係る通所介護の費用が月額単位となるため、日額報酬で最も低額である要介護1の1日当たりの費用の2割を、これらの者に対する費用を徴収するに当たって適用をしたいというものでございます。


 次に、議第42号について申し上げます。


 本案は、養護老人ホーム御山荘設置条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、養護老人ホームの入所者が介護保険サービスの利用を可能とするために、老人福祉法の一部改正により、養護老人ホームの目的が一部改正されることに伴い、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第43号について申し上げます。


 本案は、市立季節保育所使用料徴収条例を廃止する条例の制定についてであります。


 これは、園児の減少により、平成18年3月末をもって別俣保育園を閉園し、これをもって季節保育園がなくなるとともに、今後、季節保育園を開設する予定がないことから、本条例を廃止いたしたいというものであります。


 次に、議第44号について、御説明申し上げます。


 本案は、国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、国民健康保険税のうち、医療分については、医療費の増嵩に伴う実質収支の累積赤字を減少させ、国保会計の破綻を未然に防止するための税率改正を行うとともに、介護分については、介護保険事業に要する費用に充てる社会保険診療報酬支払基金への介護給付費納付金見込み額が増額となることから、第2号保険者(40歳から64歳まで)に係る介護納付金分の国保税の税率改正を行いたいというものであります。


 具体的な改正の内容は、議案に記載のとおりでございます。


 次に、議第45号について申し上げます。


 本案は、元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、元気館の実施している事業について、介護保険法等の一部改正に伴い、通所介護を削り、新たに行う地域支援事業を加えるとともに、在宅介護支援センター事業が地域支援事業へ移行するため、在宅介護支援センターに係る条項を削りたいというものであります。また、通所介護の条項を削ることに伴いまして、当該事業に係る使用料の条項を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第46号について、御説明申し上げます。


 本案は、元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、障害者自立支援法の制定に伴い、今までは、身体・知的・精神と障害者別の法令に基づき実施されていた福祉サービスが一本化され、名称も障害者に統一されたため、条例の名称を変更するとともに、サービス利用のための支給決定や利用料金に係る根拠法令が変更になるため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第47号について、御説明申し上げます。


 本案は、ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、難病患者等ホームヘルプサービス事業を必要とする方は、既に身体障害者手帳を所持しており、障害者福祉サービスが利用できることから、難病患者等ホームヘルプサービス事業の対象者を掲げておく必要がないため、当該規定を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第48号について、御説明申し上げます。


 本案は、喬柏園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、指定管理者制度の導入により、生涯学習的集会機能も有する市民会館・産業文化会館の設置条例において、使用料金に対する割増料金が改正されたことに伴い、喬柏園においても、施設の使用料を徴する使用に際しては、同様な取り扱いを行うこととしたいため、所要の改正を行いたいというものであります。具体的には、入場料を徴する催しの場合、市民の生涯学習活動を支援するため、現行は、金額に関係なく10割増しとしているものを、2,000円以下の少額入場料の場合の割り増しを5割増しといたしたいというものであります。あわせて、使用の範囲や施設使用料が有料となる場合及び、還付の規定など、所要の改正も行いたいというものであります。


 次に、議第49号について申し上げます。


 本案は、交流プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 改正の趣旨は、議第48号とほぼ同様でありますので、省略をさせていただきたいと思います。


 次に、議第50号について申し上げます。


 本案は、公民館条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 改正の趣旨は、議第48号とほぼ同様でありますので、省略をさせていただきます。


 次に、議第51号について申し上げます。


 本案は、勤労青少年ホーム設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、近年、利用登録者が微減、または、横ばい状況にある勤労青少年ホームの利用者の拡大を図るため、利用対象年齢の下限を15歳からと明記いたしたいというものであります。具体的には、従来は、第2号の市長が適当と認めた者として、高校生や大学生、フリーター・ニートを取り扱っておりましたけれども、今後は、それらの者も勤労者と同様の立場として第1号に位置づけ、取り扱うことといたしたいというものでございます。


 次に、議第52号について、御説明申し上げます。


 本案は、企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、議第30号と同様、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の制定に伴い、既存の災害派遣手当の支給に準じる形で、武力攻撃災害等派遣手当を支給するための規定を追加する必要が生じたことにより、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第53号について、御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてであります。


 これは、西山町の3ヵ所のコミュニティセンターの管理を行う指定管理者を各地区のコミュニティ協議会とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成27年3月31日までといたしたいというものであります。


 なお、コミュニティセンターについては、原則、指定期間を10年間といたしておりますけれども、旧柏崎市のコミュニティセンターについては、平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたした関係で、次回の西山町のコミュニティセンターの更新手続を、旧柏崎市のコミュニティセンターの更新手続と同時にできるようにいたしたいことから、指定期間を9年間といたしたところでございます。


 次に、議第54号について、御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてであります。


 これは、大崎温泉雪割草の湯の管理を行う指定管理者を協栄ビルメンテナンス株式会社とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成21年3月31日までといたしたいというものであります。


 なお、原則、公の施設の指定期間については、5年間といたしておりますけれども、当該施設は新設であるため、観光入り込み等の実績がないことから、当面、3年間とし、施設の管理運営の実績の推移を見守ることといたしたいと考えております。


 次に、議第55号について、御説明申し上げます。


 本案は、柏崎市刈羽村障害者介護給付費等支給審査会共同設置規約の制定についてであります。


 これは、障害者自立支援法の規定による障害者に係る介護給付費等の支給に関する審査判定業務を刈羽村と共同して処理するため、地方自治法第252条の7第1項の規定により、規約の制定をし、審査会を共同設置いたしたいというものであります。


 規約の概要を申し上げます。


 第1条は共同設置、第2条は審査会の名称、第3条は執務場所、第4条は委員の定数、次ページにまいりまして、第5条は委員の選任、第6条は庶務、第7条は経費の負担、第8条は予算、第9条は決算報告、第10条は事務の管理及び執行に関する条例、規則その他の規定、第11条は委員の報酬等に関する条例、規則その他の規定、第12条は委員に対する懲戒処分等、第13条は委任について、それぞれ規定いたしております。


 次に、議第56号について、御説明申し上げます。


 本案は、二級河川の指定について(石橋川)についてでございます。


 これは、国営土地改良事業柏崎周辺地区として計画中の市野新田ダム建設に伴い、鵜川合流点からダム本体及び貯水池となる区域の普通河川を、新潟県知事が二級河川に指定することについて、河川法第5条の規定により、意見を求められていることから、これに同意いたしたいというものであります。


 次に、議第57号について申し上げます。


 本案は、財産の譲与について(建物)であります。


 これは、昭和53年に、電源地域促進対策交付金で建設した西中通東部集会所及び大湊集会所について、それぞれ下大新田町内会及び大湊町内会から譲与の申し込みがありました。両施設とも、それぞれの町内会が、ほぼ専用に利用し、町内会の活動の場として定着していることから、これを適当と認めて、当該町内会に譲与いたしたいというものであります。


 次に、議第58号について申し上げます。


 本案は、財産の譲与について(建物)であります。


 これは、山本団地造成工事に伴い、昭和51年に、柏崎地域土地開発公社から寄附を受けた山本児童公園内のトイレについて、山本町内会から譲与の申し込みがありました。公園は地区住民が利用し、トイレの管理については、当町内会が行っていることから、これを適当と認め、当該町内会に譲与いたしたいというものであります。


 次に、議第59号について申し上げます。


 本案は、市道路線の廃止についてであります。


 柏崎8−111号線、柏崎8−113号線及び柏崎10−246号線は、市が道路改良の施工上必要があり、終点地番を変更し、再認定するため廃止する路線であります。


 柏崎22−8号線、22−31号線、柏崎22−33号線及び柏崎22−34号線は、大字南条地内県営ほ場整備事業に伴い、市道を廃止し、または、一部を廃止し、再認定するため廃止をする路線であります。


 最後になりますが、議第60号について、御説明申し上げます。


 本案は、市道路線の認定についてであります。


 柏崎6−139号線は、国道8号バイパス事業に伴い、新たに認定する路線であります。


 柏崎8−111号線及び柏崎10−246号線は、市が道路改良の施工上、必要があり、終点地番を変更し、再認定する路線であります。


 柏崎22−8号線、柏崎22−31号線及び柏崎22−34号線は、大字南条地内県営ほ場整備事業に伴い、市道の一部を廃止し、再認定する路線であります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願いを申し上げます。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 お諮りします。


 議事の都合により、2月28日から3月2日までの3日間を休会にしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、2月28日から3月2日までの3日間を休会することに決定しました。


 本日は、これで散会します。


               午後 5時13分 散会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


              総務常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 1号 │ 平成17年度一般会計補正予算(第12号)のうち、 │原案可決


       │ 歳入全款、歳出2款、4款2項、9款、12款、並び │


       │ に第2表、第3表                 │


 議第11号 │ 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の │原案可決


       │ 数の減少及び規約の変更について          │


       │                          │


   審査月日      平成18年 2月24日





   出席委員  8人   欠席委員  0人   欠  員  1人





                             平成18年 2月24日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     総務常任委員長  武 藤 司 郎


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              厚生常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 1号 │ 平成17年度一般会計補正予算(第12号)のうち、 │原案可決


       │ 歳出3款、4款1項                │


 議第 2号 │ 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第 │原案可決


       │ 6号)                      │


 議第 3号 │ 平成17年度老人保健特別会計補正予算(第3号)  │原案可決


 議第 4号 │ 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第6号)  │原案可決


 議第10号 │ 診療所の使用料及び手数料条例の一部を改正する条例 │原案可決


       │                          │


   審査月日      平成18年 2月24日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成18年 2月24日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     厚生常任委員長  遠 藤   清


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             文教経済常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 1号 │ 平成17年度一般会計補正予算(第12号)のうち、 │原案可決


       │ 歳出5款、6款、7款、10款、11款1項     │


 議第 9号 │ 企業振興条例                   │原案可決


       │                          │


   審査月日      平成18年 2月23日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成18年 2月23日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                   文教経済常任委員長  中 村 明 臣


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             建設企業常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 1号 │ 平成17年度一般会計補正予算(第12号)のうち、 │原案可決


       │ 歳出8款、11款2項               │


 議第 5号 │ 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第6号) │原案可決


 議第 6号 │ 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第 │原案可決


       │ 5号)                      │


 議第 7号 │ 平成17年度ガス事業会計補正予算(第6号)    │原案可決


 議第 8号 │ 平成17年度水道事業会計補正予算(第6号)    │原案可決


       │                          │


   審査月日      平成18年 2月23日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成18年 2月23日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                   建設企業常任委員長  吉 野 芳 章


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





    柏崎市議会議長   霜  田     彰








    署名議員      加  藤  愛  子








    署名議員      三井田   孝  欧