議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第7回定例会(第4日目12月16日)




平成17年第7回定例会(第4日目12月16日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  4


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  4


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  4


 日 程 第 3 …………………………………………………………………………  4


 日 程 第 4 …………………………………………………………………………  4


 日 程 第 5 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 6 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 7 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 8 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第 9 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第10 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 14


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 17


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 17


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 17


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 22


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 22


 閉 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 22


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 23


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 24





           平成17年第7回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


           平成17年12月16日(金)第4日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第4号


           平成17年12月16日午前10時開議





第 1         会議録署名議員の指名


第 2(議第223号) 部制条例の一部を改正する条例


第 3(議第224号) 人事行政の運営等の状況の公表に関する条例


第 4(議第225号) コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正


            する条例


第 5(議第226号) へき地診療所設置条例の一部を改正する条例


第 6(議第239号) 市営住宅条例の一部を改正する条例


第 7(議第215号) 平成17年度一般会計補正予算(第10号)


第 8(議第216号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)


第 9(議第217号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第5号)


第10(議第218号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補


            正予算(第1号)


第11(議第219号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)


第12(議第220号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)


第13(議第221号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第5号)


第14(議第222号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)


第15(議第227号) 公の施設の指定管理者の指定について


第16(議第228号) 公の施設の指定管理者の指定について


第17(議第229号) 公の施設の指定管理者の指定について


第18(議第230号) 公の施設の指定管理者の指定について


第19(議第231号) 公の施設の指定管理者の指定について


第20(議第232号) 公の施設の指定管理者の指定について


第21(議第233号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少


            及び規約の変更について


第22(議第234号) 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について


第23(議第235号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について


第24(議第236号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分について


第25(議第237号) 市道路線の廃止について


第26(議第238号) 市道路線の認定について


第27(選第 12号) 固定資産評価審査委員会委員の選任について


第28(選第 13号) 固定資産評価審査委員会委員の選任について


第29(議員発案第18号) 総合的なアスベスト対策の実施を求める意見書(案)


第30(議員発案第19号) 議会制度改革の早期実現に関する意見書(案)


第31(議員発案第20号) 真の地方分権改革の確実な実現に関する意見書(案)


第32         閉会中の継続審査の申し出(請第8号柏崎駅南部地区土地利用


            計画に関する請願)


第33         諸般の報告


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(32人)


                 議 長(26番)霜   田       彰


                 副議長( 4番)高   橋   新   一


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     5番 矢   部   忠   夫


 6番 佐   藤   敏   彦     7番 飯   塚   寿   之


 8番 池   田   千 賀 子     9番 加   藤   愛   子


10番 持   田   繁   義    11番 五 位 野   和   夫


12番 若   井   恵   子    13番 真   貝   維   義


14番 斎   木   裕   司    15番 吉   川   英   二


16番 遠   藤       清    17番 本   間   厚   幸


18番 金   子   錦   弥    19番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 梅   沢       明    23番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 荒   城   彦   一


27番 吉   野   芳   章    28番 入   沢   徳   明


29番 中   村   明   臣    30番 今   井   元   紀


31番 坂   井   隆   雄    32番 戸   田       東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(なし)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長    茂  野  信  之  事務局長代理  阿  部  忠  夫


庶務係長    佐  藤  世志光   議事調査係主任 高  橋  和  行


議事調査係主査 伊  比  寿美恵


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助    役           若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           近 藤 清 信


    産業振興部長           北 原   恵


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             高 橋 敏 郎


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    市民活動支援課長         須 田 幹 一


    さざなみ学園長          森 山 茂 実


    農林水産課長           内 山   均


    建築住宅課長           須 田 信 之


    高柳町事務所長          中 村 和 成


    西山町事務所長          滝 沢 茂 義


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    消防長              前 澤 尚 之


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開議


○議長(霜田 彰)


 ただいまから、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は32人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 1 会議録署名議員の指名


○議長(霜田 彰)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、池田千賀子議員及び丸山敏彦議員を指名します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 2(議第223号) 部制条例の一部を改正する条例


日程第 3(議第224号) 人事行政の運営等の状況の公表に関する条例


日程第 4(議第225号) コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を


              改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第2 部制条例の一部を改正する条例から日程第4 コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3案に対する委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第223号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第223号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第224号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第224号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第225号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第225号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 5(議第226号) へき地診療所設置条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第5 へき地診療所設置条例の一部を改正する条例を議題とします。


 お諮りします。


 本案に対する委員長の報告は省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議第226号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第226号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 6(議第239号) 市営住宅条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第6 市営住宅条例の一部を改正する条例を議題とします。


 お諮りします。


 本案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議第239号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第239号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 7(議第215号) 平成17年度一般会計補正予算(第10号)


○議長(霜田 彰)


 日程第7 平成17年度一般会計補正予算(第10号)を議題とします。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長。武藤司郎議員。


○総務常任委員長(武藤司郎)


 おはようございます。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第215号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、市民生活部所管部分では、市税の動向、防災行政無線整備事業の国の認可のおくれの内容、自主防災組織の状況、総合企画部所管部分では、バス路線確保事業における補助割合、路線のあり方、予定外退職者の退職理由などについて、質疑や意見がありましたが、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長。遠藤 清議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 おはようございます。


 それでは、厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第215号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、健康管理センター整備事業の健康機器整備補助金で購入するマンモグラフィーのデジタル機材の利用方法について、地域包括支援センター設置計画の現在の状況、運営方針、事業費、委託先との審議状況について、西山町独自事業である老人在宅生活支援事業の高齢者生活支援デイサービス事業の委託先・利用人数・今後の方向性について、児童手当の給付人数などについて、質疑・意見がありました。


 本案は、討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長。中村明臣議員。


○文教経済常任委員長(中村明臣)


 おはようございます。


 文教経済常任委員会審査報告をいたします。


 付託を受けました事件、議第215号のうち付託部分につきまして、本委員会の審査の経過及び結果について報告いたします。


 本案は、審査の過程において、産業振興部関係では、高柳町のチャレンジ集落支援事業の内容と経過について、大崎雪割草の湯整備事業及び西山自然体験施設整備事業の内容及び権利購入費の根拠、財源などについてなどの質疑・意見がありました。


 教育委員会関係では、アスベスト対策である給食施設整備事業の工事内容、現状と今後、財源についての質疑がありました。


 討論においては、1人の委員から、アスベストに対して緊急に対応するのは当然であるが、限りある予算であるので、ほかの必要な事務事業・予算に影響のないように、国に対して財源措置を強く求めることを要望して、賛成する。


 このような討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長。吉野芳章議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 おはようございます。


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第215号のうち付託部分について、本委員会の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の経過で、次のような質疑がありました。


 災害復旧費において、南鯖石地区の森近橋復旧の国の査定では、被害を受けた橋脚と橋げた部分のみの原形復旧で、構造上、流木等を受けやすいことや、耐震設計でないことから、取り壊して新たな橋のかけかえを検討中のことであるが、車のすれ違いがしやすいようにできないか、また、災害復旧に関連して、西山事務所と本庁の維持管理課の業務分担は、今後どのようになるのか、質疑がありました。


 次に、下水道事業特別会計繰出金に関して、自然環境浄化センター及び柳橋中継ポンプ場内の、アスベスト除去費の国庫補助率の、さらなる引き上げと除去の方法及び処分場所について、質疑・意見等がありました。


 本案は、討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議第215号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第215号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 8(議第216号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)


日程第 9(議第217号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第5号)


日程第10(議第218号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会


              計補正予算(第1号)


○議長(霜田 彰)


 日程第8 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)から日程第10 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算(第3号)までの3案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第216号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第216号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第217号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第217号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第218号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第218号は、原案のとおり可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第11(議第219号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)


日程第12(議第220号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)


日程第13(議第221号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第5号)


日程第14(議第222号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)


○議長(霜田 彰)


 日程第11 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)から日程第14 平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)までの4案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本4案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第219号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第219号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第220号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第220号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第221号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第221号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第222号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第222号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第15(議第227号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第16(議第228号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第15及び日程第16 公の施設の指定管理者の指定についての2件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第227号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第227号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第228号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第228号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第17(議第229号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第18(議第230号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第19(議第231号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第20(議第232号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第17から日程第20 公の施設の指定管理者の指定についての4件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本4件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第229号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第229号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第230号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第230号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第231号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第231号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第232号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第232号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第21(議第233号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の


              減少及び規約の変更について


○議長(霜田 彰)


 日程第21 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議第233号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第233号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第22(議第234号) 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について


日程第23(議第235号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について


日程第24(議第236号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分につい


              て


○議長(霜田 彰)


 日程第22 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更についてから日程第24 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分についてまでの3件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議第234号から議第236号までの3件を一括採決します。


 本3件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本3件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第234号から議第236号までの3件は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第25(議第237号) 市道路線の廃止について


日程第26(議第238号) 市道路線の認定について


○議長(霜田 彰)


 日程第25 市道路線の廃止について及び日程第26 市道路線の認定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本2件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議第237号及び議第238号の2件を一括採決します。


 本2件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本2件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第237号及び議第238号の2件は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第27(選第12号) 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第28(選第13号) 固定資産評価審査委員会委員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第27及び日程第28 固定資産評価審査委員会委員の選任についての2件を一括議題とします。


 提出者の説明を求めます。市長。


○市長(会田 洋)


 どうも、おはようございます。


 それでは、選第12号及び選第13号について、一括御説明申し上げます。


 本2案は、いずれも固定資産評価審査委員会委員の選任についてでございます。


 まず、選第12号についてでありますが、固定資産評価審査委員会委員、田中敏男氏の任期が平成17年12月21日に満了いたしますので、後任として、久住 滋氏を選任いたしたいというものであります。


 次に、選第13号についてでありますが、これは、固定資産評価審査委員会委員、中村文子氏の任期が平成17年12月21日に満了いたしますので、同氏を再任させていただきたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本2件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、選第12号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第12号は、同意することに決定しました。


 次に、選第13号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第13号は、同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第29(議員発案第18号) 総合的なアスベスト対策の実施を求める意見書(案)


日程第30(議員発案第19号) 議会制度改革の早期実現に関する意見書(案)


日程第31(議員発案第20号) 真の地方分権改革の確実な実現に関する意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第29 総合的なアスベスト対策の実施を求める意見書(案)から日程第31 真の地方分権改革の確実な実現に関する意見書(案)までの3案を一括議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 持田繁義議員。


○10番(持田繁義)


 おはようございます。


 以下、3点ありますけれども、すべて、議会運営委員会で一致を見たものでございます。読み上げて、提案をさせていただきます。よろしくお願いいたします。


 議員発案第18号 総合的なアスベスト対策の実施を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


                            平成17年12月16日


 柏崎市議会議長 霜田 彰様


        総合的なアスベスト対策の実施を求める意見書(案)


 発がん物質・アスベスト(石綿)は、その粉じんを吸入してから数十年の潜伏期間を経て中皮腫・肺がんなどの恐ろしい病気を引き起こすことから、「静かな時限爆弾」とも呼ばれています。


 尼崎市の一工場をめぐる被害実態が明らかにされたことから始まった今日のアスベスト問題は、アスベストを扱っていた労働者や建設従事者の被害にとどまらず、工場の周辺住民やアスベストを含有した建材その他の製品からのばく露など、公害・環境汚染の拡大を予測させる事態となっています。


 政府がアスベストの危険性を認識しつつも規制が不十分であったこと、先進国での全面禁止からも大きく立ちおくれたこと、企業による十分なアスベスト管理や国民への情報提供がなされなかったことで被害を拡大していることなど、国と企業の責任は極めて大きいと言わざるを得ません。


 今日、多くの人々がアスベストによる健康被害の不安を抱いています。


 よって、国会及び政府においては、下記事項について検討を加え、すべての被害者を政府と企業の責任で救済・補償するとともに、子供たちを含めた将来の健康被害を予防し、「ノンアスベスト社会」を実現していくための抜本的・総合的な対策を早期に実施するよう、強く要望します。


                   記


1 アスベスト及びアスベスト含有製品の製造・販売・新たな使用等を速やかに全面禁止


  すること。


2 アスベスト及びアスベスト含有製品の把握・管理・除去・廃棄などを含めた総合的対


  策を一元的に推進するための基本となる法律(仮称・アスベスト対策基本法)を制定


  すること。


3 アスベストにばく露した者に対する健康管理制度を確立すること。


4 アスベスト被害にかかわる労災補償については、時効を適用しないこと。


  アスベスト関係企業の従事者の不安を払拭するため、労働災害について相談窓口の周


  知徹底を図るとともに、適切に労災認定を行うこと。


5 労災補償が適用されないアスベスト被害について、労災補償に準じた療養・所得・遺


  族補償などの制度を早期に確立すること。


6 中皮腫は原則すべて補償の対象とするとともに、中皮腫の数倍と言われるアスベスト


  肺がんなど中皮腫以外のアスベスト関連疾患も確実に補償を受けられるようにするこ


  と。


7 学校、病院、社会福祉施設など公共施設及び公共的施設において、残存アスベストの


  撤去・改修工事が必要となる場合には、こうした施設のアスベスト対策工事に国庫補


  助・融 資制度などの財政的支援措置を講ずること。


8 大気環境へのアスベスト飛散防止措置の対象となる建築物の解体・補修作業の規模要


  件等を撤廃すること。


9 アスベストを取り扱う工場を有する企業に対して、地域住民の健康不安に対する説明


  責任を果たすよう、業界団体などを通じて指導すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成17年12月16日


                                  柏崎市議会


 理由


 総合的なアスベスト対策の実施を求めるため。


 次は、議員発案第19号 議会制度改革の早期実現に関する意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


                            平成17年12月16日


 柏崎市議会議長 霜田 彰様


          議会制度改革の早期実現に関する意見書(案)


 国においては、現在、第28次地方制度調査会において「議会のあり方」について調査・審議を行っており、このような状況を踏まえ、全国市議会議長会は、さきに「地方議会の充実強化」に向けた自己改革への取り組み強化についての決意を、同調査会に対し、表明するとともに、必要な制度改正要望を提出したところである。


 しかしながら、同調査会の審議動向を見ると、全国市議会議長会を初めとした三議長会の要望が十分反映されていない状況にある。


 本格的な地方分権時代を迎え、住民自治の根幹をなす議会がその期待される役割と責任を果たしていくためには、地方議会制度の改正が必要不可欠である。


 よって、国においては、現在検討されている事項を含め、とりわけ下記の事項について、今次地方制度調査会において十分審議の上、抜本的な制度改正が行われるよう強く求める。


                   記


1 議会の招集権を議長に付与すること。


2 地方自治法第96条2項の法定受託事務に係る制限を廃止するなど議決権を拡大する


  こと。


3 専決処分要件を見直すとともに、不承認の場合の首長の対応措置を義務づけること。


4 議会に附属機関の設置を可能とすること。


5 議会の内部機関の設置を自由化すること。


6 調査権・監視権を強化すること。


7 地方自治法第203条から「議会の議員」を除き、別途「公選職」という新たな分類


  項目に位置づけるとともに、職務遂行の対価についても、これにふさわしい名称に改


  めること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成17年12月16日


                                  柏崎市議会


 理由


 議会制度改革の早期実現を求めるため。


 最後であります。


 議員発案第20号 真の地方分権改革の確実な実現に関する意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


                            平成17年12月16日


 柏崎市議会議長 霜田 彰様


        真の地方分権改革の確実な実現に関する意見書(案)


 「三位一体の改革」は、小泉内閣総理大臣が進める「国から地方へ」の構造改革の最大の柱であり、全国一律・画一的な施策を転換し、地方の自由度を高め、効率的な行財政運営を確立することにある。


 地方六団体は、平成18年度までの第1期改革において、3兆円の税源移譲を確実に実施するため、昨年の3.2兆円の国庫補助負担金改革案の提出に続き、政府からの再度の要請により、去る7月20日に残り6,000億円の確実な税源移譲を目指して、「国庫補助負担金等に関する改革案(2)」を取りまとめ、改めて小泉内閣総理大臣に提出したところである。


 政府・与党においては、去る11月30日、「三位一体の改革について」決定され、地方への3兆円の税源移譲、施設整備費国庫補助負担金の一部について税源移譲の対象とされ、また、生活保護費負担金の地方への負担転嫁を行わなかったことは評価するものであるが、「地方の改革案」になかった児童扶養手当や児童手当、義務教育費国庫負担金の負担率の引き下げなど、真の地方分権改革の理念に沿わない内容や課題も多く含まれ、今後、「真の地方分権改革の確実な実現」に向け、「地方の改革案」に沿って平成19年度以降も「第2期改革」として、更なる改革を強力に推進する必要がある。


 よって、国においては、平成18年度の地方税財政対策において、真の地方分権改革を実現するよう、下記事項の実現を強く求める。


                   記


1 地方交付税の所要総額の確保


  平成18年度の地方交付税については、「基本方針2005」の閣議決定を踏まえ、


  地方公共団体の安定的財政運営に支障を来すことのないよう、地方交付税の所要総額


  を確保すること。


  また、税源移譲が行われても、税源移譲額が国庫補助負担金廃止に伴い財源措置すべ


  き額に満たない地方公共団体については、地方交付税の算定等を通じて確実に財源措


  置を行うこと。


2 3兆円規模の確実な税源移譲


  3兆円規模の税源移譲に当たっては、所得税から個人住民税への10%比例税率化に


  より実現すること。


  また、個人所得課税全体で実質的な増税とならないよう適切な負担調整措置を講ずる


  こと。


3 都市税源の充実確保


  個人住民税は、負担分任の性格を有するとともに、福祉等の対人サービスを安定的に


  支えていく上で極めて重要な税であり、市町村への配分割合を高めること。


4 真の地方分権改革のための「第2期改革」の実施


  政府においては、「三位一体の改革」を平成18年度までの第1期改革にとどめるこ


  となく、「真の地方分権改革の確実な実現」に向け、平成19年度以降も「第2期改


  革」として「地方の改革案」に沿った更なる改革を引き続き強力に推進すること。


5 義務教育費国庫補助負担金について


  地方が創意と工夫に満ちた教育行政を展開するため、「地方の改革案」に沿った税源


  移譲を実現すること。


6 施設整備費国庫補助負担金について


  施設整備費国庫補助負担金の一部について税源移譲割合が50%とされ、税源移譲の


  対象とされたところではあるが、地方の裁量を高めるため、「第2期改革」において、


  「地方の改革案」に沿った施設整備費国庫補助負担金の税源移譲を実現すること。


7 法定率分の引き上げ等の確実な財源措置


  税源移譲に伴う地方財源不足に対する補てんについては、地方交付税法の原則に伴い、


  法定率分の引き上げで対応すること。


8 地方財政計画における決算かい離の同時一体的な是正


  地方財政計画と決算とのかい離については、平成18年度以降についても、引き続き、


  同時一体的に規模是正を行うこと。


9 「国と地方の協議の場」の制度化


  「真の地方分権改革の確実な実現」を推進するため、「国と地方の協議の場」を定期


  的に開催し、これを制度化すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成17年12月16日


                                  柏崎市議会


 理由


 真の地方分権改革の確実な実現を求めるため。


 以上であります。


 よろしくお願いします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本3案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本3案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより、議員発案第18号から議員発案第20号までの3案を一括採決します。


 本3案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第18号から議員発案第20号までの3案は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 お諮りします。


 ただいま採決が終わりました3件の意見書の送付先については、議長に一任願いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、送付先は議長に一任することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第32 閉会中の継続審査の申し出(請第8号柏崎駅南部地区土地利用計画に関する


      請願)


○議長(霜田 彰)


 日程第32 閉会中の継続審査の申し出(請第8号柏崎駅南部地区土地利用計画に関する請願)を議題とします。


 お諮りします。


 文教経済常任委員長から、お手元に配付のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。


 文教経済常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第33 諸般の報告


○議長(霜田 彰)


 日程第33 諸般の報告です。


 職員に朗読させます。


○事務局長(茂野信之)


 市長の報告


 ・専決処分報告(道路上の事故による和解及び損害賠償額の決定について)


 以上です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 以上で、今期定例会の会議に付議された事件は、すべて審議を終わりました。


 これで、平成17年第7回柏崎市議会定例会を閉会します。


               午前10時42分 閉会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


              総務常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第215号│平成17年度一般会計補正予算(第10号)のうち、歳入│原案可決


       │全款、歳出1款、2款、4款2項、9款、並びに第2表、│


       │第3表、第4表                   │


 議第223号│部制条例の一部を改正する条例            │原案可決


 議第224号│人事行政の運営等の状況の公表に関する条例      │原案可決


 議第225号│コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を│原案可決


       │改正する条例                    │


 議第233号│新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の│原案可決


       │減少及び規約の変更について             │


       │                          │


   審査月日      平成17年12月14日





   出 席 委 員 8人  欠 席 委 員 0人  欠 員 1人





                             平成17年12月14日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     総務常任委員長  武 藤 司 郎


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              厚生常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第215号│平成17年度一般会計補正予算(第10号)のうち、歳出│原案可決


       │3款、4款1項                   │


 議第216号│平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号│原案可決


       │ )                        │


 議第217号│平成17年度介護保険特別会計補正予算(第5号)   │原案可決


 議第218号│平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会│原案可決


       │計補正予算(第3号)                │


 議第226号│へき地診療所設置条例の一部を改正する条例      │原案可決


 議第227号│公の施設の指定管理者の指定について         │原案可決


 議第228号│公の施設の指定管理者の指定について         │原案可決


 議第234号│長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について    │原案可決


 議第235号│長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について      │原案可決


 議第236号│長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分につい│原案可決


       │て                         │


       │                          │


   審査月日      平成17年12月13日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年12月13日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     厚生常任委員長  遠 藤   清


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             文教経済常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第215号│平成17年度一般会計補正予算(第10号)のうち、歳出│原案可決


       │5款、6款、7款、10款              │


 議第229号│公の施設の指定管理者の指定について         │原案可決


 議第230号│公の施設の指定管理者の指定について         │原案可決


 議第231号│公の施設の指定管理者の指定について         │原案可決


 議第232号│公の施設の指定管理者の指定について         │原案可決


 請第  8号│柏崎駅南部地区土地利用計画に関する請願       │継続審査


       │                          │


   審査年月日     平成17年12月9日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年12月9日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                   文教経済常任委員長  中 村 明 臣


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             建設企業常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第215号│平成17年度一般会計補正予算(第10号)のうち、歳出│原案可決


       │8款、11款                    │


 議第219号│平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)  │原案可決


 議第220号│平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4 │原案可決


       │号)                        │


 議第221号│平成17年度ガス事業会計補正予算(第5号)     │原案可決


 議第222号│平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)     │原案可決


 議第237号│市道路線の廃止について               │原案可決


 議第238号│市道路線の認定について               │原案可決


 議第239号│市営住宅条例の一部を改正する条例          │原案可決


       │                          │


   審査年月日     平成17年12月12日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年12月12日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                   建設企業常任委員長  吉 野 芳 章


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





    柏崎市議会議長   霜  田     彰








    署名議員      池  田  千賀子








    署名議員      丸  山  敏  彦