議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第7回定例会(第1日目12月 5日)




平成17年第7回定例会(第1日目12月 5日)




               目        次


 開 会 時 刻 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 3 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 4 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 5 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 28


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 28


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第53 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第54 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第55 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第56 ………………………………………………………………………… 36


 日 程 第57 ………………………………………………………………………… 36


 日 程 第58 ………………………………………………………………………… 37


 日 程 第59 ………………………………………………………………………… 37


 日 程 第60 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第61 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第62 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第63 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第64 ………………………………………………………………………… 39


 日 程 第65 ………………………………………………………………………… 40


 日 程 第66 ………………………………………………………………………… 40


 日 程 第67 ………………………………………………………………………… 40


 日 程 第68 ………………………………………………………………………… 41


 日 程 第69 ………………………………………………………………………… 41


 日 程 第70 ………………………………………………………………………… 42


 日 程 第71 ………………………………………………………………………… 42


 散 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 43


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 43


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 46





          平成17年第7回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


           平成17年12月5日(月)第1日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第1号


           平成17年12月5日午前10時開議





第 1         会期の決定


第 2         会議録署名議員の指名


第 3(承第 19号) 決算の認定について(平成16年度一般会計)(継審案件)


第 4(承第 20号) 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会


            計)(継審案件)


第 5(承第 21号) 決算の認定について(平成16年度老人保健特別会計)(継審


            案件)


第 6(承第 22号) 決算の認定について(平成16年度介護保険特別会計)(継審


            案件)


第 7(承第 23号) 決算の認定について(平成16年度土地取得事業特別会計)


            (継審案件)


第 8(承第 24号) 決算の認定について(平成16年度墓園事業特別会計)(継審


            案件)


第 9(承第 25号) 決算の認定について(平成16年度下水道事業特別会計)(継


            審案件)


第10(承第 26号) 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会


            計)(継審案件)


第11(承第 27号) 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)(継審案


            件)


第12(承第 28号) 決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険特別会


            計)(継審案件)


第13(承第 29号) 決算の認定について(平成16年度高柳町老人保健特別会計)


            (継審案件)


第14(承第 30号) 決算の認定について(平成16年度高柳町介護保険特別会計)


            (継審案件)


第15(承第 31号) 決算の認定について(平成16年度高柳町簡易水道事業特別会


            計)(継審案件)


第16(承第 32号) 決算の認定について(平成16年度高柳町農業集落排水事業特


            別会計)(継審案件)


第17(承第 33号) 決算の認定について(平成16年度高柳町新潟県立こども自然


            王国管理運営事業特別会計)(継審案件)


第18(承第 34号) 決算の認定について(平成16年度西山町一般会計)(継審案


            件)


第19(承第 35号) 決算の認定について(平成16年度西山町国民健康保険特別会


            計)(継審案件)


第20(承第 36号) 決算の認定について(平成16年度西山町老人保健特別会計)


            (継審案件)


第21(承第 37号) 決算の認定について(平成16年度西山町介護保険特別会計)


            (継審案件)


第22(承第 38号) 決算の認定について(平成16年度西山町農業集落排水事業特


            別会計)(継審案件)


第23(承第 39号) 決算の認定について(平成16年度西山町下水道事業特別会


            計)(継審案件)


第24(承第 40号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合一般会計)(継審案件)


第25(承第 41号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)(継審案件)


第26(承第 42号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合消防事務特別会計)(継審案件)


第27(承第 43号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合斎場・ごみ処理事業特別会計)(継審案件)


第28(承第 44号) 決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計)(継審案


            件)


第29(承第 45号) 決算の認定について(平成17年度高柳町国民健康保険特別会


            計)(継審案件)


第30(承第 46号) 決算の認定について(平成17年度高柳町老人保健特別会計)


            (継審案件)


第31(承第 47号) 決算の認定について(平成17年度高柳町介護保険特別会計)


            (継審案件)


第32(承第 48号) 決算の認定について(平成17年度高柳町簡易水道事業特別会


            計)(継審案件)


第33(承第 49号) 決算の認定について(平成17年度高柳町農業集落排水事業特


            別会計)(継審案件)


第34(承第 50号) 決算の認定について(平成17年度高柳町新潟県立こども自然


            王国管理運営事業特別会計)(継審案件)


第35(承第 51号) 決算の認定について(平成17年度西山町一般会計)(継審案


            件)


第36(承第 52号) 決算の認定について(平成17年度西山町国民健康保険特別会


            計)(継審案件)


第37(承第 53号) 決算の認定について(平成17年度西山町老人保健特別会計)


            (継審案件)


第38(承第 54号) 決算の認定について(平成17年度西山町介護保険特別会計)


            (継審案件)


第39(承第 55号) 決算の認定について(平成17年度西山町農業集落排水事業特


            別会計)(継審案件)


第40(承第 56号) 決算の認定について(平成17年度西山町下水道事業特別会


            計)(継審案件)


第41(承第 57号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合一般会計)(継審案件)


第42(承第 58号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)(継審案件)


第43(承第 59号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合消防事務特別会計)(継審案件)


第44(承第 60号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合斎場・ごみ処理事業特別会計)(継審案件)


第45(議第223号) 部制条例の一部を改正する条例


第46(議第224号) 人事行政の運営等の状況の公表に関する条例


第47(議第225号) コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正


            する条例


第48(議第226号) へき地診療所設置条例の一部を改正する条例


第49(議第239号) 市営住宅条例の一部を改正する条例


第50(議第215号) 平成17年度一般会計補正予算(第10号)


第51(議第216号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)


第52(議第217号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第5号)


第53(議第218号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補


            正予算(第3号)


第54(議第219号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)


第55(議第220号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)


第56(議第221号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第5号)


第57(議第222号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)


第58(議第227号) 公の施設の指定管理者の指定について


第59(議第228号) 公の施設の指定管理者の指定について


第60(議第229号) 公の施設の指定管理者の指定について


第61(議第230号) 公の施設の指定管理者の指定について


第62(議第231号) 公の施設の指定管理者の指定について


第63(議第232号) 公の施設の指定管理者の指定について


第64(議第233号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少


            及び規約の変更について


第65(議第234号) 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について


第66(議第235号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について


第67(議第236号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分について


第68(議第237号) 市道路線の廃止について


第69(議第238号) 市道路線の認定について


第70(請第  8号) 柏崎駅南部地区土地利用計画に関する請願


第71         諸般の報告


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(32人)


                 議 長(26番)霜   田       彰


                 副議長( 4番)高   橋   新   一


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     5番 矢   部   忠   夫


 6番 佐   藤   敏   彦     7番 飯   塚   寿   之


 8番 池   田   千 賀 子     9番 加   藤   愛   子


10番 持   田   繁   義    11番 五 位 野   和   夫


12番 若   井   恵   子    13番 真   貝   維   義


14番 斎   木   裕   司    15番 吉   川   英   二


16番 遠   藤       清    17番 本   間   厚   幸


18番 金   子   錦   弥    19番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 梅   沢       明    23番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 荒   城   彦   一


27番 吉   野   芳   章    28番 入   沢   徳   明


29番 中   村   明   臣    30番 今   井   元   紀


31番 坂   井   隆   雄    32番 戸   田       東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(なし)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長    茂  野  信  之   事務局長代理  阿  部  忠  夫


庶務係長    佐  藤  世志光    議事調査係主任 高  橋  和  行


議事調査係主査 伊  比  寿美恵


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助    役           若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           近 藤 清 信


    産業振興部長           北 原   恵


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             高 橋 敏 郎


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    市民活動支援課長         須 田 幹 一


    介護高齢対策課長         猪 爪 一 郎


    観光交流課長           堀   敏 昭


    農林水産課長           内 山   均


    都市整備課長           伊 藤   学


    高柳町事務所長          中 村 和 成


    西山町事務所長          滝 沢 茂 義


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    消防長              前 澤 尚 之


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開会


○議長(霜田 彰)


 ただいまから、平成17年第7回柏崎市議会定例会を開会します。


 直ちに本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は32人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会期の決定


○議長(霜田 彰)


 日程第1 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 今期定例会の会期は、本日から12月16日までの12日間としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、会期は12日間と決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2 会議録署名議員の指名


○議長(霜田 彰)


 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、池田千賀子議員及び丸山敏彦議員を指名します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第3(承第19号) 決算の認定について(平成16年度一般会計)(継審案件)


○議長(霜田 彰)


 日程第3 決算の認定について(平成16年度一般会計)を議題とします。


 第一部決算特別委員長の報告を求めます。金子議員。


○第一部決算特別委員長(金子錦弥)


 おはようございます。


 第一部決算特別委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、承第19号について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 最初に、審査の過程において、総合企画部関係では、不用額について、災害の復旧状況、港湾モニター制度の方向などについて、質疑がありました。


 市民生活部関係では、男女共同参画事業、住基カードの状況、公害対策、そして、地域コミュニティ、不法投棄等の質疑がございました。


 福祉保健部関係では、子育て支援センター、筋力トレーニングの効果、放課後児童クラブの状況などについて、質疑がありました。


 産業振興部関係では、インターンシップ、そして、職場訪問などの質疑がありました。


 都市整備部関係では、佐藤池野球場の工事状況、そして、災害復旧の状況などの質疑がありました。


 なお、審査に当たり、第五中学校プール、春日町地内の街路・まちづくり総合支援事業、荒浜漁港及び北園町市営住宅への現地視察を行いました。


 討論においては、5人の委員から、賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対の討論から申し上げますと、苦しい財政状況の中、財政の硬直化が一層進んだ。市民の暮らしの視点から見ると、わずかな額の高齢者福祉・子育て支援などで前進は見られたが、粗大ごみの有料化、使途目的が決まっていない子ども育成基金の積み立て、キッズマジック支援と言われる事実上のフォンジェへの支援、広域農道整備についての継続があった。また、市民要望の強い道路維持補修費の拡大、教育環境の整備及び救急医療体制の整備等がなされなかったということで、本決算の認定に反対する。


 次に、賛成討論では、国の三位一体改革、長期的な経済状況の中で、財政の硬直化が進み、たび重なる災害復旧事業により、財源の余裕を失いつつある。しかし、主要施策の中で、精いっぱい事業を行ったと評価している。今後、さらなる各種事業の評価・見直しを行いながら、健全かつ効果的な財政運営を要望して、本決算の認定に賛成する。


 別の委員から、水害、地震、そして、市長の交代があり、激動の年度であった。結果として、起債残高の増加、経常収支比率の悪化をどうするか、今後の問題である。余り使われていない広域農道・林道整備、軽井川南製鉄遺跡群の問題は即座に賛成できないが、市長の交代があり、今後において変化の兆しが見られた。また、基金を取り崩さなければならない状況の中で、不用額を少なくする、あるいは、有効活用する方策を考えるべきではないかと思う。消極的であるが、認定できないという要素に乏しいので、本決算の認定に賛成する。


 別の委員から、予算を、ただ執行するだけでなく、潤いのある、心豊かに使う努力・工夫が必要であると思う。委託など、個々の物の管理ができていない。どうしたら市民サービスにつながるのかよく考えて、新たな発想の転換を行っていただきたいという意見を付して、本予算に賛成する。


 別の委員から、不用額について、見積もりが甘かったり、入札差金の額が不明確なものがあるが、経費削減の努力もうかがえる。不用額を十分検討して、新年度の予算編成に反映されることを期待して、本予算に賛成する。


 このような討論がありました。


 本件は、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 宮崎議員。


○2番(宮崎栄子)


 承第19号平成16年度一般会計決算を認定できない立場で討論いたします。


 平成16年度は、国の三位一体改革が先行き不透明の中、引き続く地方交付税の削減、当市においては、課題である原発固定資産の減額等による苦しい財政運営を強いられました。財政力指数は0.925で、前年をさらに下回り、一方で、経常収支比率は91.5%で、前年を4.5ポイント上回り、財政の硬直化が進みました。ただし、平成16年度は、水害・中越大震災という災害に見舞われ、復旧・復興を最優先に取り組まれた御苦労があった年でもありました。国全体では、大企業での景気の回復は見られるというものの、当市の市税収入を見てみますと、法人税が上向き傾向にあるものの、個人市民税は減り、市民にとって苦しい家計状況が引き続いていた年度であります。このような中で、市民が安心・安全に暮らせるまちづくりの市政であったかが問われます。


 まず、平成16年度は、西山町、高柳町との合併に向けて、かなり急いだ事業調整が行われました。そのために、本来であれば、当然、合併前にきちんと処理されなければならなかったことがなされずに、新市になってからの事後処理となり、そのことが、ただでさえ苦しい財政を圧迫する要因になったことを、まず、指摘しなければなりません。


 次に、原発の安心・安全という面では、トラブル隠し事件で停止していた原発を、住民の信頼が回復したとは言えない状態で、次々と再運転が容認されてしまったことも挙げなければなりません。


 個々の事業では、暮らしの問題で、今までも疑問や議論のあった事業が、改善が見られませんでした。将来への方向が不明確であり、使途目的が決まっていない子ども育成基金の積み立て、キッズマジック支援は、子育てを支援するという形はとっているものの、事実上のフォンジェ支援、粗大ごみの有料化などが挙げられます。


 農業の問題では、やはり、従来からのハード面が突出していて、議論してきた林道・広域農道事業は継続され、投資と事業効果の面からも、見直しが必要です。農業は食糧自給率の向上を図るための対策、後継者担い手対策として、ソフト面の充実こそが求められます。


 一方で、もっと力を入れてほしいという要求の強い生活道路の維持管理補修、側溝の改善、教育環境の整備、高齢者・障害者の福祉、医療体制の整備については、課題が残りました。


 そして、最後に指摘することは、平成16年度の不用額13億4,000万で、予算現額に対して2.8%となっています。翌年度へ繰り越すべき財源を控除しても、十分余裕があります。むだな支出は、当然、抑えられるべきではありますが、現年度で、できるだけ市民要望にこたえるための有効な手だてと努力が必要ですが、こういった点でも、市民の要望にこたえたいとする姿勢の弱さを指摘し、反対の討論とします。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより承第19号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第19号は、認定することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 4(承第20号) 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会


             計)(継審案件)


日程第 5(承第21号) 決算の認定について(平成16年度老人保健特別会計)(継


             審案件)


日程第 6(承第22号) 決算の認定について(平成16年度介護保険特別会計)(継


             審案件)


日程第 7(承第23号) 決算の認定について(平成16年度土地取得事業特別会計)


             (継審案件)


日程第 8(承第24号) 決算の認定について(平成16年度墓園事業特別会計)(継


             審案件)


日程第 9(承第25号) 決算の認定について(平成16年度下水道事業特別会計)


             (継審案件)


日程第10(承第26号) 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会


             計)(継審案件)


○議長(霜田 彰)


 日程第4 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会計)から日程第10 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会計)までの7件を一括議題とします。


 第二部決算特別委員長の報告を求めます。遠藤議員。


○第二部決算特別委員長(遠藤 清)


 おはようございます。


 それでは、第二部決算特別委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、承第20号から承第26号、以上7件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 まず、承第20号決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、収納率の上昇と収入未済額増加の関係、国保加入者の傾向、滞納者の年齢構成、滞納改善の取り組み、一般会計からの1人9,000円の繰入金の効果、介護納付金がふえた理由、野田診療所における携帯X線撮影装置整備の効果などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、2人の委員から、賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対の討論では、収納率はアップしていると言いながらも滞納はふえている。申請減免や短期証発行ということで、行政が差し伸べなければならない手当てが見えてこない。ますます滞納がふえていくことが心配される。このようなことから、本決算の認定に反対する。


 次に、賛成の討論では、市民の健康を保ち、健全な家庭などに寄与する予算組みがなされ、着実に執行されている。収納率の向上には十分な対応を望む。総じて、予算が適正に執行されたと認め、本決算の認定に賛成する。


 このような討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第21号決算の認定について(平成16年度老人保健特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、4億円もの不用額、見込みを下回った要因などについて、質疑がありました。


 討論においては、1人の委員から、国保会計と同趣旨で認定に反対する、との討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第22号決算の認定について(平成16年度介護保険特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、介護保険料の収納状況、サービス利用のないケアプラン作成費の請求事例などについて、質疑がありました。


 討論はなく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 次に、承第23号決算の認定について(平成16年度土地取得事業特別会計)でありますが、本件は、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 次に、承第24号の決算の認定について(平成16年度墓園事業特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、災害復旧の進捗状況、使用料及び手数料の収納状況について、質疑がありました。


 討論はなく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 次に、承第25号決算の認定について(平成16年度下水道事業特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、ガス水道管移設補償の減の理由、災害の応急措置後の対応、下水道未接続者への対応などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、2人の委員から、賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対の討論では、公共下水道・農業集落排水・合併処理浄化槽による環境浄化、水の浄化に、住んでいるところに格差があってはいけない。環境権を守り、環境をよくしていくため、加入などについての格差を是正する取り組みが見えないことから、本決算の認定に反対する。


 次に、賛成の討論では、公共下水道の未接続者に対し、接続促進の指導を強化するよう要望して、本決算の認定に賛成する。


 このような討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第26号決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会計)でありますが、加入のための負担金の地域間格差の解消、使用料の下水道との統一、地震による被害と設計・施工との関係などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、1人の委員から、下水道と同様に、住んでいるところによって格差があってはならない。地域間における負担の格差の解消、環境を守る行政の取り組みが見えないことから、本決算の認定に反対するとの討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 五位野議員。


○11番(五位野和夫)


 平成16年度特別会計決算について、国民健康保険事業特別会計・老人保健特別会計・下水道事業特別会計・農業集落排水事業特別会計について、決算を認定できない立場で討論を行います。


 まず、国民健康保険事業特別会計でありますが、国民健康保険は、社会的に弱い立場にある方々、所得の低い方々が多数加入しているだけに、国・県・市、それぞれ住民の命を守るという立場から、責任ある負担が必然的に求められています。


 しかし、国は、財政が困難を理由に、社会保障、医療関係予算を削り落としながら、さらに、被保険者に新たな負担を強いています。また、滞納者に対しては、制裁として、資格証・短期証の発行を行っています。


 平成16年度柏崎市国民健康保険事業特別会計決算から見えることは、国民健康保険加入者数は、市全体の世帯数3万55世帯に対して1万5,806世帯であり、52.59%に達しています。人口比では35.02%、老人保健対象者は10.043%が国保加入者の現状であります。人口の減少などによる数字の変化はあるにしても、世帯加入数が過半数を超えていることは、もはや、この国民健康保険事業は、多くの市民・住民にとって、かけがえのない保険事業といって差し支えないと思います。しかも、国保の新規加入者の理由は、リストラや就職ができない家庭の増加によるという状況でもあります。


 こういう中で、行政の対応は、この分野に必然的に厚く投入しなければならないと思います。現状は、一般会計から1人当たり9,000円の繰り入れがされているわけですが、国保税の収納率は、平成15年度から0.8ポイント上回ったとはいえ、収納率が83.5%であり、依然として低くなっていることが特徴であります。


 その一方で、税負担では、平成16年度は所得割で「5.6%」から「7.3%」に、均等割額を「1万9,6000円」から「2万300円」に、平均割を「2万2,500円」から「2万3,500円」に引き上げられました。このことによって、さらに、市民の負担をふやしていると言わざるを得ません。国保加入者は、低所得者が多く、ゆえに、7割、5割、2割の軽減措置、法的対応がありますが、実質的な国保加入者の負担軽減に対する支援が見えません。しかも、申請減免がゼロという状況であります。この面での工夫が、当市において弱いと言えます。この点を指摘し、決算の認定はできないものとするものであります。


 老人保健特別会計についても、国保と同様に、加入者の加入者負担の軽減に対する支援が見えないため、決算の認定はできない立場であります。


 次に、平成16年度下水道事業特別会計決算、農業集落排水事業特別会計決算について、認定できない立場で討論します。


 公共下水道、農村集落は、汚水・排水事業の目的は、公共事業の公共水域の環境維持向上、市民生活の質的向上、農村集落の生活環境の向上であります。しかし、基本的な目的は同じであるのに対して、暮らしている地域によって、公共下水道・農業集落排水事業・合併処理浄化槽で、市民は環境の維持向上に努めているわけですが、現状は、負担金に大きな格差が生じています。このことは、環境の維持向上を市民の負担で補っていることになり、行政としての責任という点で、弱さを指摘せざるを得ません。まさに、お金のない人、負担できない人は加入できないことになり、市民生活に格差を持ち込むことになります。


 柏崎市では、平成16年度末、水洗確保数は2万25戸、世帯に対する水洗化率は90.4%、戸数では85%となっています。公共下水道・農業集落排水事業は、家庭へのつなぎ込みができてこそ、初めて、その効果があらわれます。


 水洗化向上の手だてや、そのための市民への支援の取り組みの弱さを指摘し、決算の認定はできないとするものであります。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ほかにありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、承第20号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第20号は認定することに決定しました。


 次に、承第21号を採決します。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第21号は、認定することに決定しました。


 次に、承第22号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第22号は、認定することに決定しました。


 次に、承第23号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第23号は、認定することに決定しました。


 次に、承第24号を採決します。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第24号は、認定することに決定しました。


 次に、承第25号を採決します。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第25号は、認定することに決定しました。


 次に、承第26号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第26号は、認定することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第11(承第27号) 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)(継審


             案件)


日程第12(承第28号) 決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険特別


             会計)(継審案件)


日程第13(承第29号) 決算の認定について(平成16年度高柳町老人保健特別会


             計)(継審案件)


日程第14(承第30号) 決算の認定について(平成16年度高柳町介護保険特別会


             計)(継審案件)


日程第15(承第31号) 決算の認定について(平成16年度高柳町簡易水道事業特別


             会計)(継審案件)


日程第16(承第32号) 決算の認定について(平成16年度高柳町農業集落排水事業


             特別会計)(継審案件)


日程第17(承第33号) 決算の認定について(平成16年度高柳町新潟県立こども自


             然王国管理運営事業特別会計)(継審案件)


日程第18(承第34号) 決算の認定について(平成16年度西山町一般会計)(継審


             案件)


日程第19(承第35号) 決算の認定について(平成16年度西山町国民健康保険特別


             会計)(継審案件)


日程第20(承第36号) 決算の認定について(平成16年度西山町老人保健特別会


             計)(継審案件)


日程第21(承第37号) 決算の認定について(平成16年度西山町介護保険特別会


             計)(継審案件)


日程第22(承第38号) 決算の認定について(平成16年度西山町農業集落排水事業


             特別会計)(継審案件)


日程第23(承第39号) 決算の認定について(平成16年度西山町下水道事業特別会


             計)(継審案件)


日程第24(承第40号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合一般会計)(継審案件)


日程第25(承第41号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)(継審案件)


日程第26(承第42号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合消防事務特別会計)(継審案件)


日程第27(承第43号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合斎場・ごみ処理事業特別会計)(継審案件)


日程第28(承第44号) 決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計)(継審


             案件)


日程第29(承第45号) 決算の認定について(平成17年度高柳町国民健康保険特別


             会計)(継審案件)


日程第30(承第46号) 決算の認定について(平成17年度高柳町老人保健特別会


             計)(継審案件)


日程第31(承第47号) 決算の認定について(平成17年度高柳町介護保険特別会


             計)(継審案件)


日程第32(承第48号) 決算の認定について(平成17年度高柳町簡易水道事業特別


             会計)(継審案件)


日程第33(承第49号) 決算の認定について(平成17年度高柳町農業集落排水事業


             特別会計)(継審案件)


日程第34(承第50号) 決算の認定について(平成17年度高柳町新潟県立こども自


             然王国管理運営事業特別会計)(継審案件)


日程第35(承第51号) 決算の認定について(平成17年度西山町一般会計)(継審


             案件)


日程第36(承第52号) 決算の認定について(平成17年度西山町国民健康保険特別


             会計)(継審案件)


日程第37(承第53号) 決算の認定について(平成17年度西山町老人保健特別会


             計)(継審案件)


日程第38(承第54号) 決算の認定について(平成17年度西山町介護保険特別会


             計)(継審案件)


日程第39(承第55号) 決算の認定について(平成17年度西山町農業集落排水事業


             特別会計)(継審案件)


日程第40(承第56号) 決算の認定について(平成17年度西山町下水道事業特別会


             計)(継審案件)


日程第41(承第57号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合一般会計)(継審案件)


日程第42(承第58号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)(継審案件)


日程第43(承第59号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合消防事務特別会計)(継審案件)


日程第44(承第60号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合斎場・ごみ処理事業特別会計)(継審案件)


○議長(霜田 彰)


 日程第11 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)から日程第44 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組合斎場・ごみ処理事業特別会計)までの34件を一括議題とします。


 合併関連決算特別委員長の報告を求めます。若井恵子議員。


○合併関連決算特別委員長(若井恵子)


 おはようございます。


 合併関連決算特別委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、承第27号から承第60号まで、以上34件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 まず、承第27号決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)及び承第44号決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計)でありますが、本件は、審査の過程において、決算書に訂正した箇所が見受けられるが、訂正の理由と監査を受けた以後の訂正はないか、財産売払収入の町有地・建物売却の場所はどこか、じょんのび村の株を権利放棄したことについて、節別構成比で、償還金利子及び割引料と負担金補助及び交付金の率が多いが、高柳町の特徴かどうか、過疎地域活性化基盤強化交付金の支払い先と交付金の趣旨について、森林基幹道黒姫山線整備事業の取り組みの必要性について、小規模基盤整備事業の内容と財源内訳、外注した場合の価格の差について、町税の滞納繰越分収納率の推移などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、承第27号については、7人の委員から、次のような賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対の討論では、細かな問題とは言いながら、固定資産税の課税誤り、未登記物件の処理などについては、これを明らかにして決算を当てるべきと考える。


 過疎・少子化の中、また、大雪や地震の中で、苦労があることはわかるが、正確性、厳密性に欠けた決算だと思う。反省を促す意味で、本決算の認定に反対する。


 次に、賛成の討論では、過疎地域活性化基盤強化事業について、地域自治区を育てるという趣旨については理解をするが、2,000万円というお金を16年度末に区長会に一括交付したことの交付の仕方、時期については、もう少し検討する必要があったのではないか。今後、交付された2,000万円については有効に使っていただきたいというお願いをし、本決算の認定に賛成する。


 次に、合併を当然として予算編成され、執行されたことになるが、高柳町という町の生い立ち、また、現在という中で、いたし方ない面もあるが、負担金、補助金、交付金が非常に多い。町をつくるという特徴であるが、補助金関係のあり方について検討をする必要があると感じる。


 本来の林業振興の経過はわからないが、森林基幹道黒姫山線整備事業の事業の積極性を認めがたい部分がある。1つの事業を取り込むときには、もっと慎重に対応した方がよいという意見をつけて、本決算の認定に賛成する。


 次に、決算書の項目・数値に訂正が多いという点は改めてもらいたい。


 未登記物件の処理、固定資産税の取り扱い、延滞金等処理などについては、長い目で見て、処理を行ってほしいという意見をつけて、本決算の認定に賛成する。


 次に、水道事業の水源が4ヵ所あり、その対策が求められるということについては、今後、充実すべきと考える。柏崎市にはない冬季の高齢者住宅をつくっていることは、高齢化対策の面から、先見の明がある施策であると考える。未登記物件の処理については、合併という行為でクローズアップされたが、柏崎市にも、そのような問題があるかが心配であり、実際にある問題で、高柳町の問題も含めて、将来的な課題として、当市も精査をしていくべきと付言をして、本決算の認定に賛成である。


 次に、吸収される方の気持ちはよくわかる。過疎地域活性化基盤強化事業の2,000万円の交付金は、自分たちの歴史・文化・伝統を中央に集中されないように、という大事な事業だと思う。負担金・補助金・交付金の多さは、過疎化・高齢化により、行政が支えてあげないと地域がうまくいかなかったのではないかと思っている。問題点があると思うが、町役場はスタッフも少なく、専門的でなく、1人で幾つもの職務を抱えていて苦労もあった。市の方から見ると、おしかりを受けることもたくさんあると思うが、地震・水害・雪害もあり、いたし方ないと思い、本決算の認定に賛成である。


 最後に、特性のある地域であり、合併という1つの大きなハードルを越えた予算執行をせざるを得なかった。


 さまざまな課題は、今後、継続して審議が必要であるが、決算については適正であると認め、本決算の認定に賛成である。


 このような討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第44号の討論においては、1人の委員から、反対の討論がありました。


 不明瞭な事務処理については、報告するチャンスがあったと思う。じょんのび村の株の取り扱いについては、非常に不正義なことだと思う。公の立場ですることではないことである。やってはいけないことを率先してやっている。減資をしなければならない決算状況ではない。合併をすぐ前に控えて、大急ぎで駆け込みで行ったということ、幾つものことを精査すると、不信感を感じ、決算の立場では、見過ごすことはできないので、本決算の認定には反対である。


 このような討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第28号決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、加入世帯数について、診療所の受診人数と受診疾病の特徴、健康事業の取り組み状況、繰入金の増加の理由、今後の出生見込み数などについて、質疑がありました。


 討論においては、2人の委員から、賛成の討論がありました。


 繰入金が全体の4分の1を占めており、当初の保険料算定が甘い、不十分ではないかという指摘をつけ、本決算の認定に賛成である。


 高齢化で医療費が1割以上増嵩している経過があった。健康事業が不足していたと言わざるを得ない。今後は、医療費の増嵩を見ながら事業を進めなければならないという意見をつけ、本決算の認定に賛成である。


 このような討論がありました。


 本件は、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 次に、承第34号決算の認定について(平成16年度西山町一般会計)でありますが、本件は、審査の過程において、合併前の監査の体制と決算の審議方法、決算書の訂正箇所が多いが、その理由と経緯について、労働費と商工費が、平成15年度より増となっている政策内容と背景について、後谷ダムの遺跡の状況・内容・規模について、いきいき館の業務内容、雪割草の湯新築後のいきいき館のふろの活用方法について、歳入の繰入金・町債が増嵩した背景について、石地小学校の統合問題と跡地利用方法と交付金返還金との関係について、オートキャンプ場の石油やぐら模型作成・パンフレット作成を謝金扱いにした理由、福祉バスの運行状況と路線バスとの関係、集落コミュニティ活動推進交付金の内容について、雪割草の湯の実態と今後の運営について、町税の不納欠損額などについて、質疑・意見がありました。


 討論においては、5人の委員から、賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対の討論では、不明瞭な問題を含んだ本決算の認定に反対である。


 次に、未登記物件の処理の対応について、以前からわかっていなかった部分がある。平成16年度で言えば、もう少し登記をするという処理ができたのではないか、余地があったのではないか、というふうなことを思わざるを得ないような話しか聞けなかった。その処理の対応という部分が不明確であるため、本決算の認定に反対である。


 次に、賛成の討論では、処分未済項目について理解できたので、本決算の認定に賛成である。


 次に、処分未済項目の未登記物件の処理、税の延滞金等未処理、固定資産税の取り扱い等の不手際については、16年度だけでなく、過去にさかのぼってついてきたものと理解している。そのことについての責任、行政上の不手際についての取り扱いについては留保しつつ、本決算の認定には賛成する。


 最後に、旧町議会議員が予算を認めている。合併を前提とした決算が、審議の中から見えてきた。特に、商工会に対する補助金の取り扱いに疑義を持つ。同じ商工会法である北条、黒姫との差別化を感じ、慎重に対応すべきである、という意見をつけたい。未登記物件の処理については、情報開示がなく、双方に問題があり、今後の処理に十分留意し、チェックも必要である。苦しい立場ではあるが、本決算の認定に賛成である。


 このような討論がありました。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第51号決算の認定について(平成17年度西山町一般会計)でありますが、本件は、審査の過程において、行政事務・事業での課題項目及び2町引継書処分未済項目について、質疑・意見がありました。


 討論においては、2人の委員から、反対の討論がありました。


 合併法定協議会委員、当時の議長、4年前には監査委員でもあったという立場から、流れをよく承知していながら、見過ごすわけにはいかない幾つかの問題を含んでおり、本決算の認定に反対である。


 次に、平成16年度決算の認定に反対である、という同じ理由で、本決算の認定には反対である。


 このような討論がありました。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 承第29号から承第33号、承第35号から承第43号、承第45号から承第50号、承第52号から承第60号、以上29件については、特に御報告申し上げる質疑・意見はなく、討論もありませんでした。


 採決の結果、この29件については、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 今井議員。


○30番(今井元紀)


 おはようございます。


 承第27号平成16年度高柳町一般会計、承第34号平成16年度西山町一般会計、承第44号平成17年度高柳町一般会計、承第51号平成17年度西山町一般会計、以上4案につき、決算の認定に反対であるとの討論をいたします。


 本4案は、今まで私が経験したことのない、特殊な決算でありました。つまり、普通は柏崎市議会で十分に予算審議をし、賛成多数で可決をし、その予算に基づいて執行された結果を決算審査することが常でありました。しかし、この4件の決算は、合併前に柏崎市議会では、その予算審議をしていない、当然ですが、そうなんです。事前に、両町に行って勉強もいたしました。資料もちょうだいいたしました。しかし、予算審議に加わってはいないのです。この4件は、いわゆる合併決算とでも言いましょうか、合併に伴って行わなければならない特殊な決算審査なのです。


 合併に関する議論は、柏崎市と旧西山町と旧高柳町の法定委員が真剣に長い時間をかけて討議をしてまいりました。3当事者合意に至り、本年5月1日をもって合併をいたしました。


 地方自治法という同じ法律のもとにある地方自治体とは言いながら、生まれも、育ちも、歴史にも、全く別なものがあるために、一体となることは並大抵ではない事業でありました。この4件は、合併前の年度である平成16年度決算、それから、平成17年の4月1日から4月30日までの1ヵ月分の審査でありました。私は、合併に当たっての法定委員でありました。合併に関する、あらゆる手続にわたって、議会がチェックをしているわけではありませんし、また、この必要もありません。しかし、幾つかの問題は、いわゆる事務・事業の合意だけで済む問題でもありません。本件の、いわゆる合併決算の中身は、合併全般にわたり、適正な手続が進められたか否かという点から、これを振り返り、チェックをする意味を持つものと思っています。そういう意味で、本件合併決算が、それほど軽いものではないと心得ているところです。


 合併決算の審査に先立ち、平成17年10月24日に、当局から、合併に関する行政事務・事業での課題項目及び2町引継書処分未済項目、いわゆる未処分不適正案件と言われるものが9件示されました。町が買収した土地なのに、従前の所有者に固定資産税を、いまだに負担させている。税の還付については、対象者が多いために、現時点で算出できないと報告されている。税の延滞金、加算金を徴収していないもの、財産台帳が不整合だということ、西山町上水道水源について、平成9年から取水停止をしていながら、補償金をいまだに払っているもの、これらは、いずれも平成16年度、平成17年度決算書の中で明示しなければならないものなのに、これらについて、決算資料のどこにも明示されていない。


 委員会審査の中で、このような小さな不適合、ふぐあいは、多かれ少なかれ、どこの自治体にもあるものだから、大したものではないという意見もお聞きいたしました。本当にそう言えるでしょうか。もとより、あってはならないものであり、仮にあったとしても、理由をちゃんと言えなければならないと思うものです。両町にあっては、その量の多いこと、このことへの取り組みの姿勢が納得できないのです。


 また、本件は、いずれも厳重な監査を経ているから了とするべきだという意見もお聞きしました。決算審査は、一般会計でも、特別会計でも、公企業決算でも、常に監査委員の意見を付して議会審査にかかるものであり、さような主張は、決算審査の制度を否定することにもなり、やはり、賛成し得ないのです。


 また、高柳町平成17年度決算中、高柳町17年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算、並びに基金運用状況審査意見書が監査役から示されております。その9ページの最下段、出資による権利について申し上げます。


 これは、株式会社じょんのび村への町の出資金9,000万円が3,300万円に減ったということです。つまり、5,670万円分の出資金がなくなったということです。なぜ、なくなったか、それは権利を放棄したからということになっている。高柳町は、平成17年4月、つまり合併直前、5,670万円もの高額な財産を放棄できる財産状況であったでしょうか。皆様お手元の高柳町平成16年度決算書によれば、一般会計で実質収支は520万円の赤字、単年度収支は7,056万円の赤字です。では、放棄された5,670万円の財はどこへ行ったのか、それが、さらに問題なのです。株式会社じょんのび村は、合併の直前、17年4月19日に臨時株主総会を開いて、減資の手続をしたのです。それまで、株式会社じょんのび村の資本金は1億1,775万円でありました。町が所有している株のうち、5,670万円分だけ資本金を減らしたのです。町が所有していた株、1,800株のうち、1,134株を減資したのです。会社の資本金というのは、対外的には会社の信用の柱です。上場会社であろうと、非上場会社であろうと、会社の資本金というのは、常に公示されており、外部の人は、その資本金の大きさを見て、会社の資力を判断し、取引をするのです。資本金に相当する財は、常に会社内に存在することが前提であります。ですから、めったなことでは、この資本金を減らすことはできないんです。でも、商法は、この資本金を減少する手続も予定している。でも、よほどの理由がなければ認めないんです。


 1つは、事業の縮小などによって、不要となった会社財産を株主に返還するために行うことが1つです。もう1つは、会社が現在の資本のままでは利益配当ができない状況のときに、資本を減少して、既に減少している会社財産の資本の額を合わせ、これによって、将来の利益配当を可能にし、あわせて新株を発行し、必要な資金を調達するために行われるんです。でも、株式会社じょんのび村は、このいずれの状況でもないのです。


 さらに申し上げれば、資本の減少の手続で、最も大切なのは、株主平等の原則なのです。全株主が平等の割合で、その持ち株数が減ることが原則なのです。不平等な減資の提案は、不平等を受ける株主の反対で可決できないから、一般にはないのです。だから、一般には、そのような状況にはならないのです。ですが、株式会社じょんのび村の減資手続は、一方的に不利益を受ける町からの提案であり、町は、株式総数の76.5%も株式を所有をしているため、苦もなく可決をしたのです。可決に必要な町議会にも、株式会社じょんのび村の社長である町長が提案者となって、これも可決をしたのです。町長の議会に対する提案理由は、そのとき、議会に提出された議第57号という提案者の説明書きがここにあります。理由にこう書いてあります。


 梅雨前線の豪雨被害、大震災、豪雪などのたび重なる災害により、じょんのび村は直接被害を受けるとともに、風評被害で入り込み客も大幅に落ち込み、地域の元気をそぐ要因になっている。厳しい財政状況に加え、5月1日の柏崎市への合併を控え、新たな行政支援は至難であり、出資金の一部を放棄し、その活用によって復旧・復興の機運を高め、再出発に向けた新たな地域共有の夢として、行政、住民が共同して取り組み、地域の民生安定に資したい、こういうふうに書いてあります。この提案は、非常に不十分だと言わざるを得ない。あたかも、減資をすれば、5,670万円が生まれて、その金を使って災害復旧・復興ができるような説明をしています。全くの誤解です。減資の手続は、現金が返ってくるような手続ではないんです。一円も新たなお金を生み出すものではないんです。


 さらに、減資の手続直前の、株式会社じょんのび村の会社の決算状況が問題です。資本金1億1,775万円、損失は641万円、別途積立金が、それを超えて700万円、資本の額に比べれば、赤字は小さく、減資をする理由は全く見当たらない。町所有の株を大きく減らした結果、その価値は、ほかの株主に上乗せとなり、他の株主にある町内企業株主、公共企業団体、町民株主、町外株主、町外企業株主等の株主の株価は、実質的には、約2倍にはね上がった結果になったのです。これは、公である町有財産5,670万円を、個人の利益のために使ったと同じ結果になっているのです。


 町は、柏崎に合併すると、新たな行政支援ができないから、合併前に大急ぎでやる必要がある、と町議会に説明し、町議会も、それに同調しました。でも、この結果は、もっと悪い方向に進んでいるのです。


 一部新聞にも報じられているように、結果的に株価が倍増し、利益を得た株主、または、経理の数字上、利益を得たことになる株式会社じょんのび村協会は、約1,000万円相当の税金を取られるということです。金を生み出すつもりでやったことが、逆に1,000万円もの課税をされることが予想されているのです。課税当局は、課税するか否か検討中だと言っています。なぜ、検討中なのかと聞けば、こんなことは普通はないから、課税しようかどうかということを、今、検討しているんだと、そういう説明です。


 株式会社じょんのび村協会の社長、それと、高柳町の町長は、同一人物です。民法で言う、いわゆる自己契約類似の行為、法律的効力を生じない行為、町の第三セクターが、このような危ういことをやってはいけないんです。76%も町が株を持っていれば、つまり、何でもできてしまう。


 物の本によれば、今、問題になっている第三セクターの、最もやってはいけないことをやっていると言わざるを得ないのです。そして、このような不適切なことをやった大株主たる高柳町の立場は、そのまま柏崎市が引き継ぐことになるんです。そんなことは、ごめんなんです。


 以上の理由で、本4案について、反対であるという旨の討論といたします。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


 斎木議員。


○14番(斎木裕司)


 承第27号平成16年度高柳町一般会計、それとですね、承第34号平成16年度西山町一般会計、それから、承第44号平成17年度高柳町一般会計、それから、承第51号平成17年度西山町一般会計の、決算認定についての賛成の立場で、意見を述べさせていただきます。


 先ほど今井議員からもお話があったんですが、大変、この16年、17年度の西山・高柳の予算については、特に柏崎の議員の皆様には、大変、未決済事項と申しますか、そういう項目が9項目にもわたって、議会資料としてあらわれてきた。また、その内容については、西山の商工会の関係の補助金とか、あるいは、今ほどのじょんのびの問題とか、いろいろ思われたと思っております。


 私は、しかしながら、この合併について、私自身として、3年余にわたって、合併協議をしてまいりました。この西山と高柳の吸収される側の、あるいは、西山町、高柳町が消えるという町民の不安、そのことが、やはりこの、特に平成16年度の予算に反映されている。御存じのように、補助金とか、あるいは、いろんな制度の中での負担金とか、そういうことであらわれていると思うわけでございます。


 私自身も、議会での、西山町での報告の中では、皆さんの中に、9項目のうたわれていたわけなんですが、議会に報告のあったのは、大崎、西山の場合は、大崎雪割草の湯の取り扱いの問題、あるいは、上下水道の水源の補償の問題、この関係だけでございます。


 ただ、私の報告受けているのは、継続で、町長から市長に、引き継ぎ事項として渡されたと、そういうように報告を受けております。


 いずれにしても、この9項目が、この新しい予算の中で、どういうような議論になってくるんかと、そういうことは、今後の問題の中で発展するんじゃないかなと、そういうように思っております。


 この16年・17年度の西山町の議会で、あるいは、高柳町の議会で予算が成立し、また、決算の上で、皆さんの前で議論なされたことは、やはり、そういう上での、これからの西山町、高柳町の課題があらわれてきているんじゃないかなと、そういうように思っております。


 そういうことで、これから先の議論の上で、ひとつ、この決算を認定していただきながら、今後の西山町、高柳町のまちづくりに、よろしく協力をお願いしたいと。


 そういうことで、決算認定の賛成の意見として述べさせていただきます。


 以上でございます。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


 遠藤議員。


○16番(遠藤 清)


 承第27号決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)及び承第44号決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計)について、未登記物件の処理について、以前から、この問題に気づき、計画的に処理を進めてきた努力は理解いたしますが、固定資産税の課税誤りなどを含め、厳格さに欠けた決算と言わざるを得ないと思います。


 過疎地域活性化基盤強化事業については、地域自治区を育てるという趣旨は理解しますが、2,000万円という、決して少なくないお金を、特別な運用基準も定めない中で、合併を目前に控えた平成16年度末に、区長会に一括交付するという手法については、適切さを欠くやり方ではなかったか、と強く申し上げたいと思います。


 今後、交付された2,000万円を、適切なルールの中で有効に使っていただくことを強くお願いをし、本決算の認定に、委員会審査では賛成いたしましたが、反対したいと思います。


 次に、承第28号決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険特別会計)については、繰入金が歳入の4分の1を占めており、当初の保険料算定が甘く、不十分なものであったのではないかと強く指摘し、本決算の認定に賛成します。


 次に、承第34号決算の認定について(平成16年度西山町一般会計)及び承第51号決算の認定について(平成17年度西山町一般会計)については、合併を前に、商工会補助金600万円以外に、平成16年度限りの特別な補助金として、商工会活性化事業補助金として1,500万円交付したことは、事業の性格などから考えても、取り扱いについて、疑問を持たざるを得ないと思います。


 雪割草の湯の実態と新築後の運営について、温泉の権利の明確化とあわせて、検討の甘さがあったのではないかと言わざるを得ないと思います。また、ゆうぎの施設内に展示されている、寄附による石油やぐら模型20万円及び、同施設のパンフレット作成10万円が、謝金扱いで処理されていますが、必要なものであれば、少額とは言え、予算計上し、処理する必要があったと思います。


 未登記物件の処理については、今までの監査、並びに決算審査で、なぜわからなかったのか。仮に、合併を前にして、平成16年度になって初めて判明したとするならば、町の総力を挙げて対処する余地があったのではないかと思い、以上、これらのことから反省を求め、本決算の認定に反対します。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


 荒城議員。


○25番(荒城彦一)


 私は、承第27号、第34号、第44号、第51号、高柳・西山両町の平成16年度・17年度一般会計決算に対して、賛成の立場で討論をいたします。


 風薫る5月、柏崎市は西山・高柳両町を編入し、合併をいたしました。正面に日本海を抱き、それに接する海岸線は、県内一を誇る42キロメートルであります。そして、この海沿いに広がる平野と、それに接する、内なる内陸に連なる、山間部からなる442キロ平米は、山海の資源に恵まれた自然の宝庫であります。「合併は1つの手段である。目的は、新しい柏崎市をいかに築き上げるかである」、これは、合併調印式における平山前新潟県知事の言葉であります。天が与えた自然の恵みと、合併で1つになった市民の英知を結び合わせ、9万8,000人市民の幸せと、新柏崎市の持続的発展を築き上げることこそ、合併の大儀であると思うのであります。


 もともと違う家に住んできたものが、1つ屋根の下に住むわけでありますから、そう簡単にいかないことは、当然のことだと思います。3年有余にわたる協議を重ね、それぞれの地域が培ってきた歴史と、風土と、日々生活する課題を持ち寄りながら、数多くの調整項目を乗り越えての大事業でありましたことは、皆様、御承知のとおりであります。これからは、1つの家族、ともに同じ故郷を持つ者同士、未来志向で、新しい地域づくりに力を合わせようと、これが合併の日の決意であったと思います。


 私は、今ほどの反対討論に対し、異論を申し上げるつもりはございません。しかしながら、限られた時間と限られた環境の中で、両町の皆さんは、全力でこの大事業をなし遂げたものであります。


 私は、合併の大儀と1つ家族のきずなのもとに、本決算の認定に賛成の討論をいたしますとともに、皆様にも御賛同をいただきますよう強くお訴えを申し上げまして、終わります。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより採決を行います。


 最初に、承第27号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第27号は、認定することに決定しました。


 次に、承第28号から承第33号までの6件を一括採決します。


 本6件に対する委員長報告は、認定です。


 本6件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第28号から承第33号までの6件は、認定することに決定しました。


 次に、承第34号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第34号は、認定することに決定しました。


 次に、承第35号から承第39号までの5件を一括採決します。


 本5件に対する委員長の報告は、認定です。


 本5件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第35号から承第39号までの5件は、認定することに決定しました。


 次に、承第40号から承第43号までの4件を一括採決します。


 本4件に対する委員長報告は、認定です。


 本4件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第40号から承第43号までの4件は、認定することに決定しました。


 次に、承第44号を採決します。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第44号は、認定することに決定しました。


 次に、承第45号から承第50号までの6件を一括採決します。


 本6件に対する委員長の報告は、認定です。


 本6件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第45号から承第50号までの6件は、認定することに決定しました。


 次に、承第51号を採決します。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第51号は、認定することに決定しました。


 次に、承第52号から承第56号までの5件を一括採決します。


 本5件に対する委員長の報告は、認定です。


 本5件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第52号から承第56号までの5件は、認定することに決定しました。


 次に、承第57号から承第60号までの4件を一括採決します。


 本4件に対する委員長の報告は、認定です。


 本4件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第57号から承第60号までの4件は、認定することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第45(議第223号) 部制条例の一部を改正する条例


日程第46(議第224号) 人事行政の運営等の状況の公表に関する条例


日程第47(議第225号) コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を


              改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第45 部制条例の一部を改正する条例から日程第47 コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題とします。


 なお、議第224号については、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 おはようございます。


 それでは、議第223号から議第225号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第223号について御説明申し上げます。


 本案は、部制条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、これからの市政を取り巻く厳しい状況に、より効率的な体制で取り組むため、平成18年4月1日から組織機構改革を実施することに伴い、所要の改正を行いたいというものであります。


 改正の内容について申し上げます。


 今後、厳しい財政運営が続くことが予想されるため、財政状況に裏打ちされた行政運営が一層求められることから、財政部門を独立させ、新たに財務部を設置したいこと、それに伴い、総合企画部、市民生活部及び都市整備部の事務分掌の一部を財務部に移行すること、また、防犯や雇用労政の事務分掌を新たに位置づけるものでございます。


 次に、議第224号について、御説明申し上げます。


 本案は、人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定についてであります。


 これは、地方公務員法の改正に伴い、人事行政の運営等の状況について、各任命権者からの市長への報告及び市民への公表が義務づけられたことから、本市においても、条例として定めたいというものであります。


 条例の内容について申し上げます。


 第1条は、趣旨、第2条は、報告の時期、第3条は、報告事項、第4条は、公平委員会の報告の時期、第5条は、公平委員会の報告事項、第6条は、公表の時期、第7条は、公表の方法、第8条は、委任について、それぞれ規定しております。


 なお、既に例年10月に広報かしわざきで、職員の給与等の実態について公表いたしておりますけれども、今回、これ、条例として公表を明確にするというものであります。


 最後に、議第225号について、御説明申し上げます。


 本案は、コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、西山町地区の3つのコミュニティセンターにつきましては、平成18年4月1日から指定管理者制度に移行したいため、附則第2項の改正を行いたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第223号から議第225号までの3案は、総務常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第48(議第226号) へき地診療所設置条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第48 へき地診療所設置条例の一部を改正する条例を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第226号について、御説明申し上げます。


 本案は、へき地診療所設置条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、旧谷根保育園跡地に谷根診療所を移転するため、位置を変更すること、その他所要の改正を行いたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第226号は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第49(議第239号) 市営住宅条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第49 市営住宅条例の一部を改正する条例を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第239号について、御説明申し上げます。


 本案は、市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、公営住宅法施行令の一部を改正する政令が、本年12月2日に公布されたことに伴い、本条例第5条第7号を改正するとともに、民間事業者の能力を活用した市街地の整備を促進するための、都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令の公布により、公営住宅施行令が一部改正されたことに伴って、本条例第5条第5号を改正したいというものであります。


 改正の概要を申し上げます。


 第5条第5号の改正は、引用条文の項ずれに伴うものでありまして、同条第7号の改正は、現に公営住宅に入居しているものが、公募によらずに他の市営住宅に入居することができる事由を拡大するものでございます。


 何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願いいたします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第239号は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第50(議第215号) 平成17年度一般会計補正予算(第10号)


○議長(霜田 彰)


 日程第50 平成17年度一般会計補正予算(第10号)を議題とします。


 なお、本案につきましては、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第215号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度一般会計補正予算(第10号)についてでございます。


 この補正予算の内容を総括的に申し上げますと、一般職員の時間外勤務手当や予定外退職者の退職手当等に伴う補正、やむを得ない臨時の経費について、それぞれ補正し、総額4億6,799万4,000円を追加するとともに、継続費、債務負担行為及び地方債について変更の補正を行うものであります。


 まず、人件費について御説明申し上げますが、予算書の40ページ、41ページの補正予算給与費明細書をごらんいただきたいと存じます。


 40ページ、41ページでございますが、一般職については、時間外勤務手当の増加及び予定外退職13人分の退職手当の増等により、職員手当3億5,212万5,000円、共済費3万6,000円を追加し、合計3億5,216万1,000円を増額いたしてございます。


 補正予算書の各款・項に出てまいります3節の職員手当等、あるいは、4節の共済費のうち、これら人件費に係る増減については、詳細の説明を省略させていただきたいと思います。


 それでは、歳出の主な内容について、御説明申し上げますが、予算書の20ページ、21ページをごらんいただきたいと思います。


 20ページ、21ページ、2款総務費、1項7目企画費、生活交通対策事業のバス路線確保事業205万4,000円は、西山経由の柏崎駅から長岡駅までのバス路線が低収益路線となっており、国から経常費の2分の1の補助を受けているところでございますけれども、補助基準年度内の経常収益が経常経費の20分の11に満たないということから、関係市町村で不足部分を負担する必要がございまして、補助金を措置するものでございます。


 8目情報化推進費、電子市役所推進事業の地域イントラネット事業23万1,000円は、高柳小学校の光ファイバー配管の防雪工事を実施したいということであります。


 続いて、22ページ、23ページをお開きいただきたいと思います。


 3款の民生費、1項1目社会福祉総務費、国民健康保険事業特別会計繰出金1,204万7,000円、これは、人件費補正及び保険基盤安定国県負担金の確定により追加するものであります。


 3目知的障害者福祉費、知的障害者支援費の知的障害者居宅生活支援事業44万3,000円は、国及び県への平成16年度精算還付金であります。


 4目老人福祉費、老人在宅生活支援事業の高齢者等生活支援デイサービス事業37万5,000円は、西山町で独自に実施している自立者及び介護保険認定者へのデイサービス事業について、利用が予想以上に上回ったことから、事業費を追加するものでございます。介護保険特別会計繰出金456万7,000円は、特別会計内の人件費ほかの補正に係る繰出金を増額するものでございます。


 在宅介護支援センター運営事業の地域包括支援センター運営事業89万円は、平成18年4月から開設予定の地域包括支援センターについて、職員の研修旅費の追加と、委託を予定している機関の職員研修費を補助金として支出するものでございます。


 次に、6目国民年金事業費、国民年金事務費、基礎年金事務費115万5,000円は、法改正により、社会保険事務所に対して、所得情報の提供が可能となったことから、相互に情報交換を行うためのシステム改修を実施したいというものであります。


 続きまして、24ページ、25ページをお開きいただきたいと思います。


 2項1目児童福祉総務費、児童手当給付事業2,056万2,000円は、法改正により、所得基準等が改定になったことなどから、受給者が見込みより多くなったため、給付費を追加するとともに、国への平成16年度精算還付金を措置するものでございます。


 2目の母子福祉費、児童扶養手当給付事業155万8,000円は、国への平成16年度精算還付金であります。


 3目児童措置費、保育園運営費の保育園措置事業2,225万3,000円は、非常勤職員の賃金が不足するため追加するものでございまして、保育園営繕費132万8,000円は、保育園の調理室で使用している回転がまについて、柏崎保育園2台、田尻保育園1台でアスベストが確認されたことから、取りかえ工事を実施するものでございます。園児送迎バス管理事業(高柳町)でございますが、17万5,000円は、バスの燃料費が不足することから、追加をしたいというものであります。


 続いて、26ページ、27ページをお開きいただきたいと思います。


 4款の衛生費、1項1目保健衛生総務費、一般経費30万7,000円は、国保医療課で産休を予定しております職員の代替職員賃金であります。


 健康管理センター費の健康管理センター整備事業1,087万5,000円は、医師会がマンモグラフィーのデジタル機材を導入するに当たり、国と県が合わせて2分の1の補助をすることから、残りの2分の1を、柏崎市と刈羽村で負担をするものであります。


 精神保健対策事業16万8,000円は、犀潟療養所に附属する精神障害者のグループホーム「ぬくもりの家2」に入所予定者がありますことから、補助金を支出するものでございます。精神障害者在宅福祉事業18万5,000円は、県への平成16年度精算還付金であります。


 3目老人保健費、老人保健事業の基本健康診査費150万6,000円は、個人情報保護の確保のため、基本健康診査希望調査に情報保護シールを導入することから、このシステム改修費ほか必要な経費を追加するものであります。


 4目の環境衛生費、公害対策事業の一般経費13万7,000円は、公害測定車を収納する車庫が老朽化により破損したことから、修理をしたいというものであります。


 2項1目清掃総務費、ごみ対策事業のごみ減量化・リサイクル対策費426万3,000円は、平成18年度から高柳町及び西山町の資源物収集方法を統一するため、コンテナ等の購入費を措置したものであります。


 2目の塵芥処理費、ごみ処理事業530万円は、ごみ処理施設の電気料について、広域事務組合の解散により、1ヵ月分追加するものであります。


 続いて、28ページ、29ページをお開きいただきたいと思います。


 一般経費122万1,000円は、粗大ごみ処理券の利用が予想以上に伸びているため、シール印刷費及び売りさばき手数料を追加するものであります。


 次に、6款農林水産業費、1項1目農業委員会費、標準小作料改訂事業16万4,000円は、高柳町及び西山町の小作料について、改訂後4年が経過したことに伴いまして、それにあわせて、平成18年度分から柏崎方式に統一したいためということ、その改訂する経費を措置したいものであります。


 3目農業振興費、農業集落排水事業特別会計繰出金20万5,000円の減額は、特別会計内の人件費補正の結果、繰出金を減額するものであります。


 5目農地費、農業農村整備事業91万9,000円は、西山町大津、北野、和田のため池補修及び、伊毛の排水路補修に対して、事業費の56%を補助金として支出するものでございます。


 6目中山間地域振興費、中山間地域等直接支払制度事業(高柳町)25万円は、県のチャレンジ集落支援事業を活用し、高柳町岡田、荻ノ島、栃ヶ原、石黒集落で、それぞれ特産品づくりを目指して研修等を行うものでございます。全体の事業費は100万円で、県の4分の1補助をそのまま市が支出し、その他は直接支払協議会、あるいは、集落が負担をするものでございます。


 続いて、30ページ、31ページをお開きいただきたいと思います。


 2項1目林業総務費、一般経費40万円は、官行造林法により、国が市有林に造林した立木を購入したいというものでございます。


 7款商工費、1項3目観光費、登山道遊歩道等管理運営事業の登山道遊歩道整備事業58万2,000円は、米山山頂トイレが積雪のため傾いたことから、今年度、改修が実施をされました。それに対する負担金を措置したいというものであります。西山自然体験施設管理運営事業の西山自然体験施設整備事業43万円の減額は、ログキャビン工事費が入札により減額となった一方、施設備品費の計上が漏れていたことから、措置をしたいというものであります。大崎雪割草の湯整備事業1,313万7,000円は、工事費を減額したほか、源泉の権利購入費、券売機などの備品購入費を措置したものでございます。次に、大崎雪割草の湯整備関連事業229万3,000円は、上下水道加入負担金などが不足することから、追加をするものでございます。一般経費(西山町)61万3,000円は、西山町事務所庁舎周辺除雪について、除雪車が不足しているため、ビーチクリーナーを改造して除雪車としたいことから、修繕料などを追加するものでございます。


 続いて、32ページ、33ページをお開きください。


 8款土木費、2項3目道路新設改良費、道路新設改良事業の道路新設改良市費事業660万円は、災害復旧工事に関連して、市道柏崎泉線ほか2路線において、地盤が悪いことなどから、工事費を追加したいというものであります。道路新設改良過疎対策事業2,250万円の減額は、過疎債申請で認められなかった二田吉田線ほか3路線について委託料を減額するものでございまして、道路新設改良辺地対策事業2,100万円の減額は、高柳町の市道柏崎下原線について、年度内着工が見込めないことから、減額をするものであります。


 5項2目まちづくり事業費、街路事業の街路事業国庫補助事業1,080万円の減額は、10月に専決処分をさせていただいた部分を含めまして、ほぼ事業費が固まったことから、調整をするものでございます。


 3目公共下水道費、下水道事業特別会計繰出金3,366万5,000円(後ほど3,566万5,000円に訂正あり)は、後ほど特別会計でも御説明をいたしますが、自然環境浄化センター等のアスベスト除去工事に係る市費持ち出し分について、一般会計から繰り出しをするものであります。


 続いて、34ページ、35ページでございます。


 失礼いたしました。先ほど3目の公共下水道費、下水道事業特別会計繰出金で「3,566万5,000円」と言うべきところを、ちょっと間違ったそうですが、訂正して「3,566万5,000円」と訂正させていただきます。失礼いたしました。


 続いて、34ページ、35ページでございますが、9款消防費、1項5目災害対策費、防災行政無線事業の防災行政無線整備事業1億900万円の減額は、西山町の防災行政無線のフルデジタル化を図るに当たりまして、国の許可がおくれて、工事の着工が遅くなったことから、今年度事業費を減額するものでございます。自主防災組織育成事業の21万円は、上米山で年度内に組織したいという要望があることから、補助金を追加するものでございます。


 10款教育費、2項3目学校建設費、小学校建設事業の施設整備事業1,500万円は、比角小学校の受水槽が老朽化により破損したことから、改修工事を実施するものであります。


 4項1目社会教育総務費、文化振興費の、桑名市との演劇交流事業30万円は、柏崎演劇研究会が中心となって組織する実行委員会で実施される桑名市との演劇交流に対して、補助金を支出したいというものであります。


 続きまして、36ページ、37ページをお開きください。


 2目文化財保護費、飯塚邸費の飯塚邸災害復旧事業125万円は、8月に発生した地震により、飯塚邸内の十数ヵ所で壁が破損したことから、閉館を待って改修したいというものであります。遺跡発掘調査事業の上原遺跡599万1,000円は、発掘現場に予想以上の堆積土があったことから、処理経費を追加するものであります。


 5項1目保健体育総務費、学校給食(単独校)管理事業の給食施設整備事業820万円は、野田小学校回転がま、二田小学校食器洗浄器、西山中学校消毒保管庫にアスベストが確認されたことから、入れかえを行うものであります。


 4目学校給食共同調理場運営費の給食施設設備整備事業、給食施設整備事業903万4,000円は、高柳調理場の食器洗浄器、中央第2調理場オーブンにアスベストが確認されたことから、入れかえ工事を実施するものであります。


 11款災害復旧費、2項2目道路橋りょう災害復旧費、道路橋りょう災害復旧事業(6.28水害)4,750万円は、森近橋の取り壊し工事ほか4路線について、災害査定の内示があったことから、工事費を追加するものでございます。なお、森近橋は、今年度取り壊しのみを行いまして、18年度に新設工事を予定をしてございます。道路橋りょう災害復旧事業4,000万円は、水害以外の一般災害に係る高柳町石黒地内の3路線について、工事費を追加するものであります。


 道路橋りょう災害復旧事業(中越地震)は、小規模な修繕が依然として多いことから、工事費の方を減額し、修繕料、機械借上料を増額する組み替えを行うものでございます。


 続いて、38ページ、39ページをお開きいただきたいと思います。


 道路橋りょう災害復旧市費事業(西山町)は、小規模な修繕が多いことから、工事費を修繕料へ組み替えるものであります。


 以上で、歳出の方を終わりまして、歳入について、御説明申し上げます。


 3ページをお開きいただきたいと思います。


 3ページでございますが、市税2億5,000万円、使用料及び手数料7万4,000円、国庫支出金4,733万3,000円、県支出金590万6,000円、繰越金2億7,654万8,000円、諸収入833万3,000円をそれぞれ追加し、市債1億2,020万円を減額し、歳出との均衡を図ってございます。


 なお、市税2億5,000万円の増額は、現時点で増収が確実な個人市民税1億2,000万円、法人市民税1億円、そして、固定資産税3,000万円について措置をしたものでございます。


 次に、6ページの継続費補正について、申し上げます。


 歳出のところでも御説明申し上げましたように、今年度予定をしております西山町の防災行政無線整備事業につきまして、工事の着工がおくれましたことから、年度割を変更したいものであります。


 なお、年度の記載につきましては、正誤表の方を配らせていただいておりますけれども、16・17・18年度と書いてありますが、それぞれ、これは17・18・19年度の誤りでありますので、おわびをして、訂正をさせていただきます。


 次に、7ページの債務負担行為補正について、申し上げます。


 文化施設?、文化施設?、体育施設、元気館身体・知的障害者デイサービスセンター、清流苑につきましては、いずれも18年度から指定管理者制度を導入することに伴い、それぞれの施設の5年間分の管理代行料について、限度額を設定したいというものであります。


 次に、8ページの地方債補正について、申し上げます。


 今回の補正に対応するために、道路橋りょう整備事業費、都市計画事業費、消防施設整備事業費の起債を減額し、公共土木施設災害復旧事業費、観光施設整備事業費の起債について、増額の変更をしたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑に入ります。


 最初に、総括質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、歳出1款議会費及び2款総務費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、3款民生費及び4款衛生費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、5款労働費、6款農林水産業費及び7款商工費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、8款土木費及び9款消防費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、10款教育費及び11款災害復旧費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、歳入全款について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、第2表 継続費補正、第3表 債務負担行為補正及び第4表 地方債補正について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第215号は、議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第51(議第216号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5


              号)


日程第52(議第217号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第5号)


日程第53(議第218号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会


              計補正予算(第3号)


○議長(霜田 彰)


 日程第51 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)から日程第53 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算(第3号)までの3案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第216号から議第218号までについて、一括御説明申し上げます。


 なお、これらのうち、人件費補正については、一般会計の補正理由と同様、時間外勤務手当等の追加でありますので、詳細な説明は省略をさせていただきたいと思います。


 まず、議第216号について申し上げます。


 本案は、平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)についてでございます。


 まず、事業勘定でありますが、予算書の14ページ、15ページをお開きいただきたいと思います。


 1款の総務費、1項1目一般管理費、一般経費97万5,000円は、法改正により、国の各種調査項目が変更となったことから、それに対応するシステム改修経費及び紙折り機購入経費を措置したものであります。


 2款保険給付費、1項2目退職被保険者等療養給付費、療養給付費(退職分)7,493万6,000円は、退職者の医療費が伸びていることから、給付費を増額するものであります。


 3目一般被保険者療養費、療養費(一般分)209万1,000円は、柔道整復、補装具費などの医療費以外の給付がふえていることから増額をするものであります。


 9款の諸支出金、3項1目直営診療施設勘定繰出金282万7,000円は、野田、北条、高柳診療所の人件費補正に係る分の繰出金であります。


 歳入につきましては、2ページにありますけれども、療養給付費交付金7,493万6,000円、それから、繰入金678万2,000円をそれぞれ追加して、対応してございます。


 続きまして、直診勘定でありますが、24ページ、25ページをお開きいただきたいと思います。


 24ページ、25ページでありますが、2款医業費、1項2目医療用消耗器材費、高柳診療所医療用消耗器材費200万円は、合併補正予算時の配分誤りのために、次の3目医薬品衛生材料費、高柳診療所医薬品衛生材料費200万円の減額と組み替えるものでございます。


 歳入につきましては、4ページでございますが、4ページに記載のとおり、人件費補正分について、繰入金を282万7,000円追加して、対応しております。


 次に、議第217号について、申し上げます。


 本案は、平成17年度介護保険特別会計補正予算(第5号)についてでございます。


 歳出でありますが、予算書12ページ、13ページ、お開きいただきたいと思います。


 12・13ページ、1款総務費、1項1目一般管理費、介護保険事務電算処理システム開発事業199万5,000円は、平成18年4月から改正となる、新予防給付など、新たなサービス体系の導入や保険料段階、認定事務の見直しなどに対応して、システム改修を行うものでございます。


 5款諸支出金、1項2目償還金、国庫支出金等返還金1万6,000円は、額の確定により平成15年度・16年度の介護給付費財政調整交付金を返還するものであります。


 歳入につきましては、2ページにございますが、2ページ記載のとおり、繰入金456万7,000円、繰越金6,000円、諸収入1万円をそれぞれ追加して、対応してございます。


 次に、議第218号について、申し上げます。


 本案は、平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 内容は、人件費の補正のみでございまして、2ページ、3ページにありますように、9万3,000円の増額を諸雑入(剰余金)の調整によりまして対応してございます。


 何とぞよろしく御審議いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第216号から議第218号までの3案は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第54(議第219号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)


日程第55(議第220号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4


              号)


日程第56(議第221号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第5号)


日程第57(議第222号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)


○議長(霜田 彰)


 日程第54 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)から日程第57 平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)までの4案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第219号から議第222号までについて、一括御説明申し上げます。


 なお、これらの人件費補正については、一般会計の補正理由と同様、時間外勤務手当等の追加でありますので、詳細な説明は省略をさせていただきます。


 まず、議第219号について、申し上げます。


 本案は、平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)についてでございます。


 歳出につきましては、12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。


 1款下水道費、2項2目公共下水道建設費、公共下水道建設事業の補助事業7,310万円は、柳橋中継ポンプ場及び自然環境浄化センターの中央管理棟、汚泥処理棟にアスベストが確認されたことから、約2分の1の国庫補助を受けて、除去工事を実施したいというものであります。


 歳入につきましては、2ページの方に記載がございますが、国庫支出金3,743万5,000円、繰入金3,566万5,000円を追加して、対応しております。


 次に、議第220号について、申し上げます。


 本案は、平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)についてでございます。


 歳出につきましては、12ページ、13ページにございます。


 12ページ、13ページの1款集落排水費、2項2目農業集落排水事業費、農業集落排水事業の二田地区は、管路移設工事に伴って支障となるガス水道管工事延長が、当初予定に比べて2,100メーター、6,490万1,000円減額となる見込みにつきまして、平成18年度に予定しておりました中継ポンプ9ヵ所の整備など6,490万1,000円を、今年度行いたいというものであります。


 歳入につきましては、2ページの方に記載がございますが、人件費補正分繰入金20万5,000円の減額で対応してございます。


 次に、議第221号について、申し上げます。


 本案は、平成17年度ガス事業会計補正予算(第5号)についてでございます。


 この補正予算は、1点目といたしまして、災害復旧事業に伴う手当の補正でございます。


 2点目といたしましては、農業集落排水事業関連工事が予定を下回る見込みのことから、建設改良事業費を減額いたしたいというものであります。また、事業費の減額に伴いまして、関連する収入も減額をいたしたいというものであります。


 それでは、各条について、御説明申し上げます。


 予算書の1ページの方をお開きいただきたいと思います。


 第2条は、第1款ガス事業費用、第1項営業費用を449万2,000円、第2項営業雑費用4万6,000円をそれぞれ増額いたしまして、合計で453万8,000円増額いたしたいというものであります。


 第3条は、第1款資本的収入、第2項工事負担金について4,748万6,000円減額、第1款資本的支出、第1項建設改良費についても5,216万4,000円減額するとともに、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及び、その補てん財源を補正したいというものであります。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち、職員給与費の増額をあわせて行いたいというものであります。


 次に、議第222号について、申し上げます。


 本案は、平成17年度水道事業会計補正予算(第5号)についてでございます。


 この補正予算は、1点目といたしましては、合併をいたしました旧高柳町の簡易水道事業の消費税及び地方消費税還付金の補正でございます。


 2点目といたしましては、災害負担金事業に伴う手当の補正でございます。


 そして、3点目といたしましては、農業集落排水事業関連工事が予定を下回る見込みであることから、建設改良事業費を減額いたしたいというものでございます。また、事業費の減額に伴いまして、関連する収入も減額をいたしたいというものであります。


 それでは、各条について、御説明申し上げます。


 予算書の1ページ、ごらんいただきたいと思います。


 第2条は、第1款上水道事業収益、第3項営業外収益について17万7,000円増額、第1款上水道事業費用、第1項営業費用680万1,000円を増額し、第2項営業雑費用は7万4,000円減額、第2款簡易水道事業費用、第1項営業費用については7万円を増額し、合計で679万7,000円増額いたしたいというものであります。


 第3条は、第1款資本的収入、第2項工事負担金について1,741万5,000円減額、第1款資本的支出、第1項建設改良費についても1,603万2,000円減額するとともに、資本的収入が資本的支出額に対して不足する額及び、その補てん財源を補正をいたしたいというものであります。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用のすることのできない経費のうち、職員給与費の増額をあわせて行いたいというものであります。


 以上、詳細につきましては、それぞれ補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第219号から議第222号までの4案は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第58(議第227号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第59(議第228号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第58及び日程第59 公の施設の指定管理者の指定についての2件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第227号及び議第228号について、一括御説明申し上げます。


 まず、議第227号について、御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、清流苑の管理を行う指定管理者を社会福祉法人柏崎市社会福祉協議会とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 次に、議第228号について、御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、元気館身体・知的障害者デイサービスセンターの管理を行う指定管理者を社会福祉法人柏崎刈羽ミニコロニーとし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第227号及び議第228号の2件は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第60(議第229号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第61(議第230号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第62(議第231号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第63(議第232号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第60から日程第63 公の施設の指定管理者の指定についての4件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第229号から議第232号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第229号について、申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、海洋センター及び農林漁業資料館の管理を行う指定管理者を財団法人柏崎市観光レクリエーション振興公社とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 次に、議第230号について、申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、市民会館及び産業文化会館の管理を行う指定管理者を財団法人柏崎市観光レクリエーション振興公社とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 次に、議第231号について、申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、市立博物館、ふるさと人物館及び史跡・飯塚邸の管理を行う指定管理者を財団法人柏崎市観光レクリエーション振興公社とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 最後に、議第232号について、御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、陸上競技場を初め、13施設を財団法人柏崎市観光レクリエーション振興公社とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第229号から議第232号までの4件は、文教経済常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第64(議第233号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の


              減少及び規約の変更について


○議長(霜田 彰)


 日程第64 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第233号について、申し上げます。


 本案は、新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更の承認についてであります。


 これは、平成18年1月1日から、本組合を組織する地方公共団体である栃尾市、与板町、和島村及び寺泊町が廃され、その区域が長岡市に編入され、それに伴い、三島郡清掃センター組合が解散すること、これらに伴って、本年12月31日限りで、栃尾市、与板町、和島村、寺泊町及び三島郡清掃センター組合が本組合を脱退するとともに、当日限りで、上越地方広域事務組合が本組合の共同処理する事務中、別表2の1の項に規定する事務、具体的には、退職手当の支給事務でありますが、ここの事務から脱退をすること、また、平成18年1月1日から、本組合を組織する地方公共団体である五泉市及び村松町が廃され、その区域をもって五泉市が設置されること、これらに伴って、平成18年1月1日から、五泉市及び村松町が本組合から脱退し、五泉市が加入すること、これらに伴って、本組合を組織する地方公共団体の数が減少すること、また、これに伴い、規約について所要の変更を行いたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第233号は、総務常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第65(議第234号) 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更について


日程第66(議第235号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散について


日程第67(議第236号) 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分につい


              て


○議長(霜田 彰)


 日程第65 長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更についてから日程第67 長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分についてまでの3件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第234号から議第236号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第234号について、申し上げます。


 本案は、長岡地区旧伝染病院管理組合規約の変更についてであります。


 これは、本組合が平成18年3月31日限りで解散することから、規約の変更を行いたいものであります。


 変更の概要を申し上げます。


 本組合の解散に伴い生じる事務及び解散前において処理した事務は、長岡市が承継することを附則に追加してございます。


 次に、議第235号について、申し上げます。


 本案は、長岡地区旧伝染病院管理組合の解散についてであります。


 これは、平成11年4月1日に、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律が施行されたことに伴い、伝染病予防法が廃止され、感染症予防に関する事務が、市町村から県の事務として移管されたこと、この時点で、本組合は、隔離病舎の設置・運営をする必要がなくなったことから、長岡赤十字病院に、当分の間、起債の償還額で貸し付け、その後、同病院に有償譲渡をし、平成12年12月をめどに解散をする予定であったこと、しかしながら、同病院からは、財政的理由により、買い取りは困難との意思表示がされたために、隔離病舎を合築したことによる財産管理及び起債の償還が課題として残ってまいりまして、本組合を、その時点では解散することができなかったこと、そして、現在、本組合は実質的な活動を全く行っておらず、形式的に設置されているに過ぎない状況でございますが、一部事務組合が存在する限り、議会、監査等の設置、予算、決算等の形式的な事務処理が必要となっていることがございます。


 市町村合併により、構成市町村数が大きく減少し、広域処理をする必要性が薄れていること、ほかの一部事務組合でも解散が進められていること、以上、述べたことから、設置目的がなく、形式的な設置となっていること、あるいはまた、23あった構成市町村を合併により、現在、12市町村に減少していること、また、これが平成18年1月1日の合併後は、8市町村に減少するということから、平成18年3月31日限りで、本組合を解散することとしたいというものであります。


 最後に、議第236号について、申し上げます。


 本案は、長岡地区旧伝染病院管理組合の解散に伴う財産処分についてであります。


 これは、本組合解散に伴う財産処分を、別紙協議書のとおり行いたいというものであります。


 協議の概要について申し上げますと、本組合の財産は、すべて長岡市に帰属をさせたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第234号から議第236号までの3件は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第68(議第237号) 市道路線の廃止について


日程第69(議第238号) 市道路線の認定について


○議長(霜田 彰)


 日程第68 市道路線の廃止について及び日程第69 市道路線の認定についての2件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第237号及び議第238号について、御説明申し上げます。


 まず、議第237号について、申し上げます。


 本案は、市道路線の廃止についてであります。


 柏崎10−49号線から柏崎11−186号線までの5路線は、国道8号バイパス事業に伴い、起点地番、または終点地番を変更し、再認定するため廃止をする路線であります。


 次に、議第238号について、御説明申し上げます。


 本案は、市道路線の認定についてであります。


 柏崎10−49号線から柏崎11−186号線までの5路線は、国道8号バイパス事業に伴い、起点地番、または終点地番を変更し、再認定する路線であります。


 柏崎18−143号線は、地元町内会長の申請によるものであり、住民の生活道路として重要な路線であるため、認定をする路線でございます。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第237号及び議第238号の2件は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 お諮りします。


 次の日程の請願については、先例に従い、紹介議員の説明を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、紹介議員の説明は、省略することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第70 柏崎駅南部地区土地利用計画に関する請願


○議長(霜田 彰)


 日程第70 柏崎駅南部地区土地利用計画に関する請願を議題とします。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの請第8号は、文教経済常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第71 諸般の報告


○議長(霜田 彰)


 日程第71 諸般の報告です。


 職員に朗読させます。事務局長。


○事務局長(茂野信之)


 1 陳情 お手元に配付のとおり


  ・ 平成18年度税制改正及び行財政改革に関する要望


  ・ 安全でゆきとどいた看護職員の配置を求める陳情


 2 監査委員の報告


  ・ 現金出納検査結果報告


    平成17年度10月分の一般会計、並びに特別会計


  ・ 定期監査結果報告


    高柳町事務所総務課、福祉保健課、地域振興課、県立こども自然王国管理課


 3 閉会中の継続審査事件の報告


  ・ お手元に配付のとおり


    総務常任委員会、厚生常任委員会、文教経済常任委員会及び建設企業常任委員会


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいま報告させましたうち、陳情は所管の常任委員会で御研究をお願いします。


 監査報告は、事務局でごらんください。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 本日はこれで散会します。


               午後 0時12分 散会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


            第一部決算特別委員会審査結果報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 承第19号 │ 決算の認定について(平成16年度一般会計)    │ 認定


       │                          │


   審査月日      平成17年10月26日


   審査月日      平成17年10月27日


   審査月日      平成17年11月 7日





   10月26日   出席委員10人  欠 席 委 員   0人


   10月27日   出席委員10人  欠 席 委 員   0人


   11月 7日   出席委員 8人  欠 席 委 員   2人





                             平成17年11月 7日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                  第一部決算特別委員長  金 子 錦 弥


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             第二部決算特別委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 承第20号 │ 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業 │ 認  定


       │ 特別会計)                    │


 承第21号 │ 決算の認定について(平成16年度老人保健特別会計)│ 認  定


 承第22号 │ 決算の認定について(平成16年度介護保険特別会計)│ 認  定


 承第23号 │ 決算の認定について(平成16年度土地取得事業特別 │ 認  定


       │ 会計)                      │


 承第24号 │ 決算の認定について(平成16年度墓園事業特別会計)│ 認  定


 承第25号 │ 決算の認定について(平成16年度下水道事業特別会 │ 認  定


       │ 計)                       │


 承第26号 │ 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業 │ 認  定


       │ 特別会計)                    │


       │                          │


   審査月日      平成17年10月24日





   出 席 委 員  10人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年10月24日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                  第二部決算特別委員長  遠 藤   清


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


            合併関連決算特別委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 承第27号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計) │ 認  定


 承第28号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険│ 認  定


       │ 特別会計)                    │


 承第29号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町老人保健特別│ 認  定


       │ 会計)                      │


 承第30号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町介護保険特別│ 認  定


       │ 会計)                      │


 承第31号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町簡易水道事業│ 認  定


       │ 特別会計)                    │


 承第32号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町農業集落排水│ 認  定


       │ 事業特別会計)                  │


 承第33号 │ 決算の認定について(平成16年度高柳町新潟県立こど│ 認  定


       │ ども自然王国管理運営事業特別会計)        │


 承第34号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町一般会計) │ 認  定


 承第35号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町国民健康保 │ 認  定


       │ 険特別会計)                   │


 承第36号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町老人保健特 │ 認  定


       │ 別会計)                     │


 承第37号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町介護保険特 │ 認  定


       │ 別会計)                     │


 承第38号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町農業集落排 │ 認  定


       │ 水事業特別会計)                 │


 承第39号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町下水道事業 │ 認  定


       │ 特別会計)                    │


 承第40号 │ 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合一般会計)               │


 承第41号 │ 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)  │


 承第42号 │ 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合消防事務特別会計)           │


 承第43号 │ 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合斎場・ごみ処理事業特別会計)      │


 承第44号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計) │ 認  定


 承第45号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町国民健康保 │ 認  定


       │ 険特別会計)                   │


 承第46号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町老人保健特 │ 認  定


       │ 別会計)                     │


 承第47号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町介護保険特 │ 認  定


       │ 別会計)                     │


 承第48号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町簡易水道事 │ 認  定


       │ 業特別会計)                   │


 承第49号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町農業集落排 │ 認  定


       │ 水事業特別会計)                 │


 承第50号 │ 決算の認定について(平成17年度高柳町新潟県立こ │ 認  定


       │ ども自然王国管理運営事業特別会計)        │


 承第51号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町一般会計) │ 認  定


 承第52号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町国民健康保 │ 認  定


       │ 険特別会計)                   │


 承第53号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町老人保健特 │ 認  定


       │ 別会計)                     │


 承第54号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町介護保険特 │ 認  定


       │ 別会計)                     │


 承第55号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町農業集落排 │ 認  定


       │ 水事業特別会計)                 │


 承第56号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町下水道事業 │ 認  定


       │ 特別会計)                    │


 承第57号 │ 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合一般会計)               │


 承第58号 │ 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)  │


 承第59号 │ 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合消防事務特別会計)           │


 承第60号 │ 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広 │ 認  定


       │ 域事務組合斎場・ごみ処理事業特別会計)      │


       │                          │


   審査月日      平成17年11月 4日


             平成17年11月 8日





   11月 4日   出席委員10人  欠 席 委 員   0人


   11月 8日   出席委員 9人  欠 席 委 員   1人





                             平成17年11月 8日


 柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                 合併関連決算特別委員長  若 井 恵 子


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





    柏崎市議会議長   霜  田     彰








    署名議員      池  田  千賀子








    署名議員      丸  山  敏  彦