議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第5回定例会(第4日目 9月21日)




平成17年第5回定例会(第4日目 9月21日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 3 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 4 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 5 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第 6 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第 7 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 12


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 18


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 18


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 18


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 18


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 18


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 19


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 19


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 20


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 20


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 20


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 20


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 20


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 20


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 24


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 25


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 25


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 28


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 28


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 30


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 33


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第53 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第54 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第55 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第56 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第57 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第58 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第59 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第60 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第61 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第62 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第63 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第64 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第65 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第66 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第67 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第68 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第69 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第70 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第71 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第72 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第73 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第74 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第75 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第76 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第77 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第78 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第79 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第80 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第81 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第82 ………………………………………………………………………… 36


 日 程 第83 ………………………………………………………………………… 39


 日 程 第84 ………………………………………………………………………… 40


 閉 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 40


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 40


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 44





          平成17年第5回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


            平成17年9月21日(水)第4日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第4号


            平成17年9月21日午前10時開議





第 1         会議録署名議員の指名


第 2(議第180号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


第 3(議第181号) 税条例の一部を改正する条例


第 4(議第182号) 火災予防条例の一部を改正する条例


第 5(議第183号) 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を


            改正する条例


第 6(議第184号) 小規模地域開放型老人ホーム設置及び管理に関する条例の一部


            を改正する条例


第 7(議第185号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に


            関する条例


第 8(議第186号) 漁港管理条例の一部を改正する条例


第 9(議第187号) 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改正す


            る条例


第10(議第188号) ガス供給条例の一部を改正する条例


第11(議第171号) 平成17年度一般会計補正予算(第7号)


第12(議第172号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


第13(議第173号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第3号)


第14(議第174号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補


            正予算(第1号)


第15(議第175号) 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)


第16(議第176号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)


第17(議第177号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


第18(議第178号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第3号)


第19(議第179号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)


第20(承第 11号) 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)


第21(承第 12号) 決算の認定について(平成16年度水道事業会計)


第22(承第 13号) 決算の認定について(平成16年度西山町水道事業会計)


第23(承第 14号) 決算の認定について(平成16年度西山町工業用水道事業会計)


第24(承第 15号) 決算の認定について(平成16年度西山・刈羽ガス企業団ガス


            事業会計)


第25(承第 16号) 決算の認定について(平成17年度西山町水道事業会計)


第26(承第 17号) 決算の認定について(平成17年度西山町工業用水道事業会計)


第27(承第 18号) 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガス


            事業会計)


第28(議第190号) 公の施設の指定管理者の指定について


第29(議第191号) 公の施設の指定管理者の指定について


第30(議第192号) 公の施設の指定管理者の指定について


第31(議第193号) 友好都市の提携について


第32(議第194号) 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)


第33(議第195号) 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土木・建築)


            工事)


第34(議第196号) 財産の取得について(ロータリ除雪車)


第35(議第197号) 市道路線の廃止について


第36(議第198号) 市道路線の認定について


第37(選第  9号) 教育委員会委員の任命について


第38(選第 10号) 固定資産評価審査委員会委員の選任について


第39(選第 11号) 人権擁護委員候補者の推薦について


第40(承第 19号) 決算の認定について(平成16年度一般会計)


第41(承第 20号) 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会計)


第42(承第 21号) 決算の認定について(平成16年度老人保健特別会計)


第43(承第 22号) 決算の認定について(平成16年度介護保険特別会計)


第44(承第 23号) 決算の認定について(平成16年度土地取得事業特別会計)


第45(承第 24号) 決算の認定について(平成16年度墓園事業特別会計)


第46(承第 25号) 決算の認定について(平成16年度下水道事業特別会計)


第47(承第 26号) 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会計)


第48(承第 27号) 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)


第49(承第 28号) 決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険特別会


            計)


第50(承第 29号) 決算の認定について(平成16年度高柳町老人保健特別会計)


第51(承第 30号) 決算の認定について(平成16年度高柳町介護保険特別会計)


第52(承第 31号) 決算の認定について(平成16年度高柳町簡易水道事業特別会


            計)


第53(承第 32号) 決算の認定について(平成16年度高柳町農業集落排水事業特


            別会計)


第54(承第 33号) 決算の認定について(平成16年度高柳町新潟県立こども自然


            王国管理運営事業特別会計)


第55(承第 34号) 決算の認定について(平成16年度西山町一般会計)


第56(承第 35号) 決算の認定について(平成16年度西山町国民健康保険特別会


            計)


第57(承第 36号) 決算の認定について(平成16年度西山町老人保健特別会計)


第58(承第 37号) 決算の認定について(平成16年度西山町介護保険特別会計)


第59(承第 38号) 決算の認定について(平成16年度西山町農業集落排水事業特


            別会計)


第60(承第 39号) 決算の認定について(平成16年度西山町下水道事業特別会計)


第61(承第 40号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合一般会計)


第62(承第 41号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)


第63(承第 42号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合消防事務特別会計)


第64(承第 43号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合斎場・ごみ処理事業特別会計)


第65(承第 44号) 決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計)


第66(承第 45号) 決算の認定について(平成17年度高柳町国民健康保険特別会


            計)


第67(承第 46号) 決算の認定について(平成17年度高柳町老人保健特別会計)


第68(承第 47号) 決算の認定について(平成17年度高柳町介護保険特別会計)


第69(承第 48号) 決算の認定について(平成17年度高柳町簡易水道事業特別会


            計)


第70(承第 49号) 決算の認定について(平成17年度高柳町農業集落排水事業特


            別会計)


第71(承第 50号) 決算の認定について(平成17年度高柳町新潟県立こども自然


            王国管理運営事業特別会計)


第72(承第 51号) 決算の認定について(平成17年度西山町一般会計)


第73(承第 52号) 決算の認定について(平成17年度西山町国民健康保険特別会


            計)


第74(承第 53号) 決算の認定について(平成17年度西山町老人保健特別会計)


第75(承第 54号) 決算の認定について(平成17年度西山町介護保険特別会計)


第76(承第 55号) 決算の認定について(平成17年度西山町農業集落排水事業特


            別会計)


第77(承第 56号) 決算の認定について(平成17年度西山町下水道事業特別会計)


第78(承第 57号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合一般会計)


第79(承第 58号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)


第80(承第 59号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合消防事務特別会計)


第81(承第 60号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組


            合斎場・ごみ処理事業特別会計)


第82(議員発案第17号) 道路特定財源に関する意見書(案)


第83         継続審査の申し出(狭隘道路の拡幅整備について)


第84         継続審査の申し出(常任委員会の所管事項の調査)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(32人)


                 議 長(30番)霜   田       彰


                 副議長( 4番)高   橋   新   一


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     5番 矢   部   忠   夫


 6番 佐   藤   敏   彦     7番 飯   塚   寿   之


 8番 池   田   千 賀 子     9番 加   藤   愛   子


10番 持   田   繁   義    11番 五 位 野   和   夫


12番 若   井   恵   子    13番 真   貝   維   義


14番 斎   木   裕   司    15番 吉   川   英   二


16番 遠   藤       清    17番 本   間   厚   幸


18番 金   子   錦   弥    19番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 梅   沢       明    23番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 荒   城   彦   一


26番 今   井   元   紀    27番 吉   野   芳   章


28番 入   沢   徳   明    29番 中   村   明   臣


31番 坂   井   隆   雄    32番 戸   田       東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(なし)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長    茂  野  信  之  事務局長代理  阿  部  忠  夫


庶務係長    佐  藤  世志光   議事調査係主任 高  橋  和  行


議事調査係主査 伊  比  寿美恵


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助    役           若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           近 藤 清 信


    産業振興部長           北 原   恵


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             高 橋 敏 郎


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長     布 施   実


    環境政策課長           酒 井   明


    福祉課長             赤 川 道 夫


    農林水産課長           内 山   均


    下水道課長            清 水 紀 彦


    高柳町事務所長          中 村 和 成


    西山町事務所長          滝 沢 茂 義


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    消防長              前 澤 尚 之


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開議


○議長(霜田 彰)


 ただいまから本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は、32人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会議録署名議員の指名


○議長(霜田 彰)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、持田繁義議員及び今井元紀議員を指名します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2(議第180号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


日程第3(議第181号) 税条例の一部を改正する条例


日程第4(議第182号) 火災予防条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第2 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から日程第4 火災予防条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3案に対する委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第180号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第180号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第181号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第181号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第182号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第182号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第5(議第183号) 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部


             を改正する条例


日程第6(議第184号) 小規模地域開放型老人ホーム設置及び管理に関する条例の一


             部を改正する条例


日程第7(議第185号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理


             に関する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第5 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第7 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に関する条例までの3案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第183号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第183号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第184号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第184号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第185号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第185号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第8(議第186号) 漁港管理条例の一部を改正する条例


日程第9(議第187号) 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改正


             する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第8 漁港管理条例の一部を改正する条例及び日程第9 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の2案を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第186号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第186号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第187号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第187号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第10(議第188号) ガス供給条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第10 ガス供給条例の一部を改正する条例を議題とします。


 お諮りします。


 本案に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから、議第188号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第188号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第11(議第171号) 平成17年度一般会計補正予算(第7号)


○議長(霜田 彰)


 日程第11 平成17年度一般会計補正予算(第7号)を議題とします。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長、武藤司郎議員。


○総務常任委員長(武藤司郎)


 おはようございます。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第171号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、市民生活部所管部分では、臭気測定器購入に関連して、事業者に対する指導などの対応について、消防本部所管部分では、アスベスト対策としての簡易防じんマスクの配備について、西山町事務所所管部分では、看板の名称修正について、総合企画部所管部分では、森近までのバス路線延長、地方交付税の歳入の計上の仕方などについて質疑がありましたが、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長、遠藤 清議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 おはようございます。


 厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第171号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、石地診療所の位置づけ、地域包括支援センター運営協議会委員の選任方法、地域包括支援センターの圏域設定数の決定の経緯、理由などについて、質疑・意見がありました。


 本案は、討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長、中村明臣議員。


○文教経済常任委員長(中村明臣)


 おはようございます。


 文教経済常任委員会、審査報告を行います。


 付託された事件、議第171号平成17年度一般会計補正予算(第7号)について、本委員会の審査の経過及び結果について報告いたします。


 本案は、審査の過程において、産業振興部関係では、農林水産物加工研究施設の稼働状況及び今後の活用について、経済景気対策特別資金の内容、融資預託の現状及び現在の雇用状況などについて、工業メッセ事業の効果及び今後の展開について、林道の整備状況及び林道災害の進捗状況について、などの質疑・意見がありました。


 教育委員会関係では、小学校施設整備事業のインターホン設置工事の内容及び学校における防犯対策の現状と今後の計画について、などの質疑・意見がありました。


 本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長、吉野芳章議員。


○建設企業常任委員長(吉野芳章)


 おはようございます。


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第171号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程で、市街地治水対策全体計画策定委託料1,000万円の予算案に対して、次のような質疑・意見がありました。


 平成2年度から4年度にかけて、今回と同じ目的で、河川改修基本計画である柏崎市平地部河川改修事業全体計画の概要書を約6,800万円かけて調査・策定されたわけだが、その中でも、よしやぶ川や源太川は、下流が狭いなどの現状、原因、対策が説明され、その後、この計画がどのように生かされてきたのか、それと、今回の計画策定と整合性をどのように考えているのか。


 今回の水害を教訓に、排水機場の内外水位のデータ、集水面積及び排水面積の調査や樋門管理の実態調査、管理責任はどうなっていたのか。特に、源太川、よしやぶ川は、冠水した状況を省み、緊急時の対応として、移動式ポンプのメンテナンスから設置場所の周知とポンプの増設について、県に強く要望する。


 計画策定においては、鯖石川、よしやぶ川等に見られるように、下流域の水面の上昇が非常に速い。その原因を考えるに、鯖石川の下流の河口に土砂が堆積し、弊害を起こしているのではないか。鯖石川における県管轄の対応は芳しくない状況である。調整池の設置以上にポンプの能力不足によるものと考え、早急な対策が必要ではないか。この対応は、今回の計画策定以前の問題で、再度、ポンプの増設・改善を早急に要望する。源太川流域にあっては、佐藤池新田の調整池が今年度完成するが、今回の上流流域の豪雨も想定した計画策定が必要ではないか。計画策定地域にあっては、末端の農業用水路にも改善余地があると地域の声を聞いているが、保水機能をもかんがみながら、農業用排水路の改善も図っていく必要があるのではないか。そのために調査エリアは高速道路内側との関連で、高速道路の外側の上流も考慮した調査することの確認でよいのか。また、計画段階から、委託会社には、地域の被害状況や住民が原因等に触れていることに、どのように対応して、生かしていくのか。安全のため、住民が触れている原因に対しても説明をするべきではないか。そのほか、南鯖石の森近橋の全面通行どめでの現状と対応についてなど、質疑・意見がありました。


 本案は、討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、厚生常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、建設企業常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 建設企業常任委員会に付託された1,000万の河川調査について、基本的には賛成でありますけれども、意見を申し上げて、賛成をいたしたいと思います。


 本案につきましては、城東、枇杷島、この辺を中心とした、大変大きな被害が出ておりますので、なかなか、これについて反対をするというのは、言いづらいわけではありますけれども、しかし、今、委員長報告にもありましたように、柏崎市内にある、旧柏崎ですけれども、約300河川にわたって、2年、3年、4年、3ヵ年をかけて、費用は約7,000万でありますけれども、調査をした、この概要版というのが、4期以上の皆さんには渡っているはずであります。非常に詳細に調査がされております。


 今回の、この、なかんずく源太、よしやぶ両川については、早くから非常に危険が多い、排水能力に問題があるということを、指摘をされておったわけであります。


 同年の6月でしょうか、7月、9月でしょうか、ちょっと忘れましたが、越後タイムスの記事に、壮大な計画ではあるけれども、この基本計画については、きちんとやるべきだろうと。そして、その費用は、約430億にもなると。しかし、やらなければ、柏崎市の安全度については、著しく低下をする、という記事が載っておったのであります。そして、当時、市側の回答としては、源太・よしやぶ両川については、2級河川に該当させるように努力をしたいと、こう言っておったわけでありますが、残念ながら、御承知のとおり、両川とも準用河川ということ、2級河川にはなりませんでしたね。


 しかし、けさの読売新聞等によれば、113億の、この6.28豪雨に関する予算がついた、というような記事がありましたけれども、私は、そもそも、この概要版、これだけ詳細にやった調査が、どういうふうに役に立ってきたのかという、大変疑問を持っているものであります。


 平成6年、7年、この2年にわたって、梅沢議員、それから、星野議員、そして、その後の全協では、桜井雅浩議員から、どういうふうに生かされるのか、という質問が前市長に向けて発せられております。その答えは、土合川、源太、よしやぶ両川については、救急内水対策ということでポンプをつけて、緊急的に排水ができるようにしたと。そして、それに要した金額は16億であったというふうに市長は言って、そして、その後も、引き続き調査、7,000万をかけてやった調査に基づいて、粛々と事業は進みますと、こういうふうに答弁をしたわけでありますね。


 それから約10年がたちました。しかし、余り変わってませんと言うよりも、河口部については、ポンプは設置したものの、あるいは、源太川については、貯水池をつくったものの、その河川に対する河川改修と言われるようなものは、ほとんど皆無と言っていいぐらい、なされておりませんでした。ポンプをつけて排水をするのも、もちろん重要なことではありますけれども、しかし、原則は河川改修であります。河川改修を全くやらないで、ただ、ポンプだけをつけるということで、この災害を除去するわけにはいかないというのが、私は原則だろうと、こう思っております。


 したがいまして、きちんとなされた、この調査、これをまずですね、恐らく4期以上の皆さんには渡っているはずでありますけれども、その後、出られた方々には、この説明が全くなされていないはずであります。この説明を、きちんと議会にしてですね、それから、なお、この1,000万の費用が、調査が、どうしても必要なんだという説明がなされるべきであります。


 したがって、そのような努力、そのようなことがなされないまま現在に至っていることに、強く、私は警告を申し上げておきたいと思うんですね。


 これからも、まだまだこの河川改修、この事業は続きますけれども、きちんとした説明を議会側となしながら、その方向に進んでいくことを強く申し上げておきたいと思います。


 私は、この1,000万には賛成でありますけれども、しかし、その前の、平成2年、3年、4年にかけてやった、この調査が、どういうふうに生かされるのかということをきちんと、もう一回、議会に説明をしながら、執行をしていただきたいということを強く申し上げて討論といたします。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 ほかにありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第171号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第171号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第12(議第172号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


日程第13(議第173号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第3号)


日程第14(議第174号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会


              計補正予算(第1号)


○議長(霜田 彰)


 日程第12 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)から日程第14 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算(第1号)までの3案を一括議題とします。


 厚生常任委員長の報告を求めます。遠藤 清議員。


○厚生常任委員長(遠藤 清)


 おはようございます。


 厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第172号から議第174号までの以上3件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 まず、議第172号平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算でありますが、本案は、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議第173号平成17年度介護保険特別会計補正予算でありますが、本案は、審査の過程において、介護保険法改正による負担軽減措置について、質疑・意見がありました。


 討論においては、1人の委員から、この補正予算は、国の制度改正に伴うものが主で、高齢者・サービス利用者の負担増が大きいものの、負担の軽減措置も盛り込まれている。特に、特別養護老人ホーム入所者のほとんどをカバーする補足給付システムがあり、入所者が、余り影響を受けない状況になっている。ただし、老人保健施設に入っている人たちが、今後、負担が大きくなると思われるので、第3次の介護保険計画で配慮が必要である。自治体の裁量でできる施設、地域密着型小規模多機能施設の整備に力を注ぐよう要望し、賛成する。


 このような討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議第174号平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算でありますが、本案は、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上。


○議長(霜田 彰)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第172号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第172号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第173号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第173号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第174号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第174号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第15(議第175号) 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)


○議長(霜田 彰)


 日程第15 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。


 お諮りします。


 本案に関する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第175号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第175号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第16(議第176号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)


日程第17(議第177号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


日程第18(議第178号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第3号)


日程第19(議第179号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)


○議長(霜田 彰)


 日程第16 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)から日程第19 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)までの4案を一括して議題とします。


 お諮りします。


 本4案に関する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第176号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第176号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第177号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第177号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第178号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第178号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第179号を採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第179号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第20(承第11号) 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)


日程第21(承第12号) 決算の認定について(平成16年度水道事業会計)


日程第22(承第13号) 決算の認定について(平成16年度西山町水道事業会計)


日程第23(承第14号) 決算の認定について(平成16年度西山町工業用水道事業会


             計)


日程第24(承第15号) 決算の認定について(平成16年度西山・刈羽ガス企業団ガ


             ス事業会計)


日程第25(承第16号) 決算の認定について(平成17年度西山町水道事業会計)


日程第26(承第17号) 決算の認定について(平成17年度西山町工業用水道事業会


             計)


日程第27(承第18号) 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガ


             ス事業会計)


○議長(霜田 彰)


 日程第20 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)から日程第27 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガス事業会計)までの8件を一括議題とします。


 公企業決算特別委員長の報告を求めます。笠原浩栄議員。


○公企業決算特別委員長(笠原浩栄)


 おはようございます。


 公企業決算特別委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、承第11号から承第18号まで、以上8件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 まず、承第11号平成16年度ガス事業会計でありますが、本件は、審査の過程において、災害時におけるマッピングシステムの効果、利益剰余金の減債及び建設改良への積み立て、コスト引き下げの努力や収益率の下降傾向、災害や市町合併などの業務増加と職員体制、原ガス購入価格、企業としての経営状況と民営化の検討などについて、質疑がありました。


 討論はなく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決定しました。


 次に、承第12号平成16年度水道事業会計でありますが、本件は、審査の過程において、利益剰余金の処分、財政計画と料金改定の試算の見込み違い、利益の市民への還元、料金改定と未収金の状況、仕事量と人員体制、企業債の対応、職員の年齢構成などについて、質疑がありました。


 討論においては、2人の委員から、次のような賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対討論を申し上げますと、見込み違いによる大幅な黒字になっているが、料金改定をしなくてもよかったと考えられる。自然災害が重なったこと、合併という政治的課題がある中、これに加えて、行革という大きな流れでの職員の削減が行われてきたが、いざというときの危機管理、職員の健康管理を除外しての対応に問題、業務に当たる上で、安全・安定、あわせて技術者の承継という点からも弱点を持っている。高利率の企業債償還問題についても、理論的に構築し、国に求める姿勢を強めなければならない。自然災害、政治的な合併問題、行革など、こういうところにとらわれて大事な視点が弱いことから、本決算の認定に反対する。


 次に、賛成討論を申し上げますと、料金改定により黒字を計上し、その利益剰余金を減債積立金に1億円、建設改良積立金に6,000万円と、積み立てての対応を評価して、本決算の認定に賛成する。


 このような討論がありました。


 本件は、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、承第13号から承第18号までの6件でありますが、審査の過程において、承第13号平成16年度西山町水道事業会計では、有収水量と供給戸数の推移、未収金の内容、職員の体制、承第14号平成16年度西山町工業用水道事業会計では、企業への優遇策、承第15号平成16年度西山・刈羽ガス企業団ガス事業会計では、企業債の一括処理、承第16号平成17年度西山町水道事業会計では、職員の減について、質疑がありました。


 本6件は、討論なく、一括採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決定しました。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 おはようございます。


 平成16年度柏崎市水道事業会計決算、承第12号に絞って討論させていただきたいと思います。


 16年度の決算を総括的に見ますと、通常の業務に加え、米山大橋付近の水圧調整の改善に伴って、青海川地内改良工事の完了、引き続き老朽管対策が実施されるなど、水道給水事業の安全・安心・安定したライフライン整備が行われたわけであります。そして、16年度に集中したことは、7.16水害に始まり、10月23日の中越大震災という、まれに見る自然大災害の連続と、いわゆる政治課題となっていた西山町、高柳町との市町村合併、さらに、西山・刈羽ガス事業団を含めた、この統合問題というように、極めて繁忙な年度であったということが言えると思います。これらの事業を取り組む関係者の日々の努力については、敬意を持って表したいと思うものであります。


 しかし、決算を認定するかどうかというのは、また、別の問題であり、以下の問題点を述べて、水道事業については、認定できないという立場で討論をいたします。


 大きな1つの問題は、市民生活と経営の面からであります。16年5月に、平均値上げ率10.95%と、水道料金が値上げされました。また、有収水量が想定外ということになっておりますけれども、工業用を中心として5万4,000立米多くなって、予想外を超えて、大幅な黒字を計上することとなりました。もともと不安定な企業会計の中で、値上げによってもたらされた大幅な黒字を、単純によしとすることはできないという立場であります。料金改定におけるシミュレーションも行われたところでありますけれども、この見通しが甘かったと、審議の中で大きな指摘がなされたわけでありますけれども、これは、妥当なことだと思うんであります。


 経営分析上の指標から見ても裏づけられます。総費用に対して、どれだけの総収益を上げたかを見るという、総収益対総費用比率では、16年度は109.4%で、前年度に比較して9.2ポイントも高くなっていること、また、料金単価では、給水収益と有収水量の割合でありますけれども、16年度は185.06円、15年度が168.12円、14年度は168.49円であることからして16.94円、前年度比10.1%アップしておりまして、数字を見れば、好調過ぎると言うとあれですけれども、1割以上の伸び率をしているわけであります。逆に言えば、市民負担が、より以上にふやされたことになるわけであります。予測は難しいことかもしれません。しかし、この数字を見る限り、値上げの幅がどうだったのかという点を疑わなければならないのであります。


 2つ目の大きな問題は、管理部門の弱点を持っていることが明確になったということであります。自然災害、市町村合併という政治的課題が重なり、あわせて、行革という流れもあって、人員が削減されてきたわけであります。職員皆、休日返上や時間外のやりくりなど、業務過多が随分あるわけであります。その点で、健康面が随分心配されているわけですけれども、こういった対応が積み残しをして、日常業務が行われているわけであります。いざというときの、こういう状態の中で、危機管理の上で、果たして、こういうことがいいのだろうかということを疑問視せざるを得ません。


 さらに、技術者の継承を見るときに、職員平均年齢40歳以上が何と80%を占めるという状況では、本来の安全・安定供給の面からも、弱点を持っているということも明らかになったと思うんです。


 そして、大きな3つ目として、こういう忙殺された業務の中では、市民の利益を真剣に考える余裕も失うことにつながると言わざるを得ないわけです。以前から指摘してまいりましたが、企業債の高利率返済対策、今も水道事業会計の、いわゆる営業外経費として38%を占めてるだけに、この対策は緊急にも必要であるし、今後の水道事業会計の安定性にとっても、極めて重要な課題であると同時に、市民生活に直接かかわってくるものであります。


 政治は、必要に応じて、物すごいお金を使うものであるというのは、あの不良債権処理という名で、日々明らかになっているわけですけれども、おおよその金額で35兆円、公金が使われたと言われているわけであります。法人税は、この10年間でどんどん引き下げられて、ひところの約半分とまで指摘をされている状況です。その分、消費税や所得税、さらには、社会保障財源ということで、負担増が強められてきた、この間であります。


 この高利率企業債をそのままにしておくというのは、地方財政にとっても、市民生活にとっても、大きなしわ寄せするものであります。この改善・改革は待ったなしだと思います。


 そういう意味で、そういう理論的構築を高める部門も、私は必要だと思うし、これは、一自治体だけではないと思いますけれども、そういう立場を強めていくという点で、日々の仕事に忙殺されて、こういう部分が弱いということは指摘しておきたいと思います。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 ほかにありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、承第11号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第11号は、認定することに決定しました。


 次に、承第12号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、承第12号は、認定することに決定しました。


 次に、承第13号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第13号は、認定することに決定しました。


 次に、承第14号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第14号は、認定することに決定しました。


 次に、承第15号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第15号は、認定することに決定しました。


 次に、承第16号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第16号は、認定することに決定しました。


 次に、承第17号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第17号は、認定することに決定しました。


 次に、承第18号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第18号は、認定することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第28(議第190号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第28 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第190号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第190号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第29(議第191号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第29 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第191号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第191号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第30(議第192号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第30 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第192号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第192号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第31(議第193号) 友好都市の提携について


○議長(霜田 彰)


 日程第31 友好都市の提携についてを議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第193号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第193号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第32(議第194号) 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)


日程第33(議第195号) 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土木・


              建築)工事)


○議長(霜田 彰)


 日程第32 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)及び日程第33 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土木・建築)工事)の2件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第194号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第194号は、原案のとおり可決しました。


 次に、議第195号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第195号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第34(議第196号) 財産の取得について(ロータリ除雪車)


○議長(霜田 彰)


 日程第34 財産の取得について(ロータリ除雪車)を議題とします。


 お諮りします。


 本件に対する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議第196号を採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第196号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第35(議第197号) 市道路線の廃止について


日程第36(議第198号) 市道路線の認定について


○議長(霜田 彰)


 日程第35 市道路線の廃止について及び日程第36 市道路線の認定についての2件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本2件に関する委員長の報告は、省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから、議第197号及び議第198号の2件を一括して採決します。


 本2件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本2件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第197号及び議第198号の2件は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第37(選第9号) 教育委員会委員の任命について


○議長(霜田 彰)


 日程第37 教育委員会委員の任命についてを議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 それでは、選第9号について、御説明申し上げます。


 本案は、教育委員会委員の任命についてでございます。


 これは、教育委員会委員の長谷川昌樹氏の任期が、平成17年10月4日で満了いたしますので、同氏を再任いたしたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより選第9号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数。


 したがって、選第9号は、これに同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第38(選第10号) 固定資産評価審査委員会委員の選任について


○議長(霜田 彰)


 日程第38 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 選第10号について、御説明申し上げます。


 本案は、固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。


 これは、固定資産評価審査委員会委員の石橋賢一氏の任期が、平成17年9月30日で満了いたしますので、後任として、大矢淳二氏を選任いたしたいというものであります。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから選第10号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第10号は、これに同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第39(選第11号) 人権擁護委員候補者の推薦について


○議長(霜田 彰)


 日程第39 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 市長。


○市長(会田 洋)


 選第11号について、御説明申し上げます。


 本案は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 これは、人権擁護委員 中澤敏夫氏の任期が、平成17年12月31日に満了いたしますので、後任として、同じ西山町地区の丸山恵子氏を任命させていただきたいため、法務大臣に推薦いたしたいというものでございます。


 よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員会付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから選第11号を採決します。


 本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立総員です。


 したがって、選第11号は、これに同意することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第40(承第19号) 決算の認定について(平成16年度一般会計)


○議長(霜田 彰)


 日程第40 決算の認定について(平成16年度一般会計)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 助役。


○助役(若山正樹)


 承第19号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計の決算の認定についてでございます。


 監査委員の意見を付しまして提出してございますので、御審議の上、認定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、10人の委員で構成する第一部決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、10人の委員で構成する第一部決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


 お諮りします。


 ただいま設置されました第一部決算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、宮崎栄子議員、矢部忠夫議員、佐藤敏彦議員、若井恵子議員、斎木裕司議員、吉川英二議員、本間厚幸議員、金子錦弥議員、小池 寛議員及び中村明臣議員を指名したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しました10人の議員を、第一部決算特別委員会委員に選任することに決定しました。


 後ほど、第一委員会室において委員長の互選をお願いします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第41(承第20号) 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会


             計)


日程第42(承第21号) 決算の認定について(平成16年度老人保健特別会計)


日程第43(承第22号) 決算の認定について(平成16年度介護保険特別会計)


日程第44(承第23号) 決算の認定について(平成16年度土地取得事業特別会計)


日程第45(承第24号) 決算の認定について(平成16年度墓園事業特別会計)


日程第46(承第25号) 決算の認定について(平成16年度下水道事業特別会計)


日程第47(承第26号) 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会


             計)


○議長(霜田 彰)


 日程第41 決算の認定について(平成16年度国民健康保険事業特別会計)から日程第47 決算の認定について(平成16年度農業集落排水事業特別会計)までの7件を一括議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 助役。


○助役(若山正樹)


 承第20号から承第26号まで、一括御説明申し上げます。


 本案は、承第20号平成16年度国民健康保険事業特別会計、承第21号平成16年度老人保健特別会計、承第22号平成16年度介護保険特別会計、承第23号平成16年度土地取得事業特別会計、承第24号平成16年度墓園事業特別会計、承第25号平成16年度下水道事業特別会計、承第26号平成16年度農業集落排水事業特別会計の決算の認定についてでございます。


 いずれも、監査委員の意見を付しまして提出してございますので、御審議の上、認定いただきますよう、お願いをいたします。


○議長(霜田 彰)


 本7件に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本7件については、10人の委員で構成する第二部決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本7件については、10人の委員で構成する第二部決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


 お諮りします。


 ただいま設置されました第二部決算特別委員会委員の選任については、委員会条例の規定により、若井洋一議員、飯塚寿之議員、五位野和夫議員、遠藤 清議員、五十嵐直樹議員、梅沢 明議員、荒城彦一議員、入沢徳明議員、今井元紀議員及び坂井隆雄議員を指名したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しました10人の議員を、第二部決算特別委員会委員に選任することに決定しました。


 後ほど、議長応接室において委員長の互選をお願いします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第48(承第27号) 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)


日程第49(承第28号) 決算の認定について(平成16年度高柳町国民健康保険特別


             会計)


日程第50(承第29号) 決算の認定について(平成16年度高柳町老人保健特別会計)


日程第51(承第30号) 決算の認定について(平成16年度高柳町介護保険特別会計)


日程第52(承第31号) 決算の認定について(平成16年度高柳町簡易水道事業特別


             会計)


日程第53(承第32号) 決算の認定について(平成16年度高柳町農業集落排水事業


             特別会計)


日程第54(承第33号) 決算の認定について(平成16年度高柳町新潟県立こども自


             然王国管理運営事業特別会計)


日程第55(承第34号) 決算の認定について(平成16年度西山町一般会計)


日程第56(承第35号) 決算の認定について(平成16年度西山町国民健康保険特別


             会計)


日程第57(承第36号) 決算の認定について(平成16年度西山町老人保健特別会計)


日程第58(承第37号) 決算の認定について(平成16年度西山町介護保険特別会計)


日程第59(承第38号) 決算の認定について(平成16年度西山町農業集落排水事業


             特別会計)


日程第60(承第39号) 決算の認定について(平成16年度西山町下水道事業特別会


             計)


日程第61(承第40号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合一般会計)


日程第62(承第41号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)


日程第63(承第42号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合消防事務特別会計)


日程第64(承第43号) 決算の認定について(平成16年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合斎場・ごみ処理事業特別会計)


日程第65(承第44号) 決算の認定について(平成17年度高柳町一般会計)


日程第66(承第45号) 決算の認定について(平成17年度高柳町国民健康保険特別


             会計)


日程第67(承第46号) 決算の認定について(平成17年度高柳町老人保健特別会計)


日程第68(承第47号) 決算の認定について(平成17年度高柳町介護保険特別会計)


日程第69(承第48号) 決算の認定について(平成17年度高柳町簡易水道事業特別


             会計)


日程第70(承第49号) 決算の認定について(平成17年度高柳町農業集落排水事業


             特別会計)


日程第71(承第50号) 決算の認定について(平成17年度高柳町新潟県立こども自


             然王国管理運営事業特別会計)


日程第72(承第51号) 決算の認定について(平成17年度西山町一般会計)


日程第73(承第52号) 決算の認定について(平成17年度西山町国民健康保険特別


             会計)


日程第74(承第53号) 決算の認定について(平成17年度西山町老人保健特別会計)


日程第75(承第54号) 決算の認定について(平成17年度西山町介護保険特別会計)


日程第76(承第55号) 決算の認定について(平成17年度西山町農業集落排水事業


             特別会計)


日程第77(承第56号) 決算の認定について(平成17年度西山町下水道事業特別会


             計)


日程第78(承第57号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合一般会計)


日程第79(承第58号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合社会福祉施設・し尿処理事業特別会計)


日程第80(承第59号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合消防事務特別会計)


日程第81(承第60号) 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務


             組合斎場・ごみ処理事業特別会計)


○議長(霜田 彰)


 日程第48 決算の認定について(平成16年度高柳町一般会計)から日程第81 決算の認定について(平成17年度新潟県柏崎地域広域事務組合斎場・ごみ処理事業特別会計)までの34件を一括議題とします。


 なお、平成16年度新潟県柏崎地域広域事務組合事務報告書について正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提出者の説明を求めます。


 助役。


○助役(若山正樹)


 承第27号から承第60号まで、一括御説明申し上げます。


 これらは、いずれも高柳町及び西山町の柏崎市への編入、並びに新潟県柏崎地域広域事務組合の解散、それらに伴う柏崎市への事務の承継に伴う決算の認定についてであります。


 地方自治法施行令の規定に基づき、消滅した地方公共団体の決算は、事務を承継した地方公共団体の長において、これを監査委員の審査に付し、その意見をつけて議会の認定に付さなければならない、とされていることから、御提案をするものでございます。


 いずれも、監査委員の意見を付しまして提出してございますので、御審議の上、認定いただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 本34件に対する質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本34件については、10人の委員で構成する合併関連決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本34件については、10人の委員で構成する合併関連決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


 お諮りします。


 ただいま設置されました合併関連決算特別委員会委員の選任については、委員会条例の規定により、笠原浩栄議員、佐藤敏彦議員、持田繁義議員、若井恵子議員、斎木裕司議員、吉川英二議員、遠藤 清議員、入沢徳明議員、今井元紀議員及び戸田 東議員を指名したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しました10人の議員を、合併関連決算特別委員会委員に選任することに決定しました。


 後ほど、第一委員会室において委員長の互選をお願いします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第82(議員発案第17号) 道路特定財源に関する意見書(案)


○議長(霜田 彰)


 日程第82 道路特定財源に関する意見書(案)を議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 丸山敏彦議員。


○21番(丸山敏彦)


 それでは、本案につきましては、朗読をもって提案にかえさせていただきます。


 議員発案第17号 道路特定財源に関する意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 平成17年9月21日


 柏崎市議会議長 霜田 彰様


            道路特定財源に関する意見書(案)


 道路は、地方の生活を支える最も重要な社会基盤として、地域の交通の円滑化に資するほか、都市部と地方部の交流広域基盤として、その必要性はますます大きくなっております。


 特に当市においては、昨年に引き続き、ことし6月に柏崎駅南の市街地住宅地の多くが冠水する梅雨前線豪雨に見舞われ、市内を貫く主要幹線である国道8号までもが冠水のため、市民生活はもとより、産業活動の機能が一時とまりました。災害に強い道路網の整備のため、国道8号柏崎バイパスの整備・促進等が強く求められております。


 市民の日常生活に欠かせない生活道路の整備、災害に強い道路の整備、安全性向上のための交通安全対策の充実、高齢者や障害者等に配慮した歩行者空間の整備等が強く求められており、今後とも道路整備を強力に推進していく必要があります。


 これらの道路整備の財政的基盤である道路特定財源制度は、受益者負担の原則のもとに成り立っている制度であり、依然として、非常に大きい道路整備の必要性にかんがみ、その使途については、あくまでも道路に関する事業に充てることが適当と考えております。


 よって、政府におかれては、地方における道路網整備の実態と、その必要性を認識され、その財源を確保する道路特定財源制度を堅持し、地方の道路整備がおくれることのないよう強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 平成17年9月21日


                                    柏崎市議会


 理由


 道路整備を強力に推進していくため。


 以上であります。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 ただいま提案されました道路特定財源に関する意見書(案)でありますけれども、今までの経過もあるわけですが、あわせて、所見を述べまして、反対の討論をさせていただきたいというふうに思います。


 道路が持っている社会的な役割、大きな意味での福祉の増進に寄与しているという、これはもう否定するものではありません。むしろ、地方における道路整備、特に原発立地をする私たち柏崎市においては、道路整備に関する仕組みそのものを改善・改革をして、防災力向上へ特段の配慮がなされ、具体的にも、市民相互の協力のもとに整備が促進されるべきである、この点は、私たちも、旧国土庁や通産省等に強く申し入れてきた経過があるということも、皆さん御承知おきいただきたいと思います。


 ただ、意見書(案)にありますように、道路特定財源制度は、受益者負担の原則のもとに成り立っている制度であるということで、だから、使い道は、あくまでも道路に関する事業に充てることが適当だとしておりますけれども、一般論では正しいのかもしれません。しかし、歴史的な経過や道路特定財源を使っての事業の実態を正しく見ていかなければならないと思います。


 道路特定財源制度は、御案内のとおり、ガソリンに係る揮発油税、そして、自動車重量税、これらを中心とした財源収入で約5.7兆円、これ、先般も一般質問いたしましたが、今年度では5兆7,336億円となっております。内訳は、国の分が約3.5兆円、地方が2.2兆円ということであります。この金額の規模というのは、地方交付税が約20兆円前後でありますから、大体3分の1に匹敵する膨大な金額ということであります。


 もともと、この道路特定財源の創設は1953年、今から52年前に、国県道の道路舗装率が5%以下だった時点で創設されたものだということは、御案内のとおりだと思います。そういう整備を促進するためにつくられた道路特定財源でありますけれども、52年たちますと、現在は、もう96%を超えて舗装がなされているわけであって、この制度の根拠を失っているわけであります。使途が限定されているために、税収がふえればふえただけ道路をつくるということになり、むだな事業を拡大する要因の一つになっているということもひどく指摘もされています。


 実際、この数年間、公共事業の予算は減少傾向にありますけれども、内容を見ますと、コスト削減が中心であって、巨大開発事業というのは温存されております。その中に、高速道路、都市再開発などが多く含まれているわけであります。逆に、住民生活に密着した地方の事業は、全体として予算が削減されているという状況であります。


 一般質問で、この道路特定財源が、高速道路の遮音壁に使われているんだろうかということを、確認と学習の意味で調査してほしいということで資料をいただきました。一般国道では、遮音壁に一部使われているということで、国土交通省道路局高速道路課から照会がなされておりますし、日本道路公団長岡管理事務所での照会では、高速道路には使われていないということがわかりました、などなど、いろいろ資料をいただきまして見ておりますと、やはり、どちらかというと、都市再開発大型事業が多いなということは否めない事実であります。現実には、地方への配分が少ないというのが、先ほど申したように、そういう実態となっております。


 私たちは、道路特定財源、こういった制度は、今日的には廃止することが望ましいというふうに考えております。道路優先の固定的配分を改めて、負担と環境に配慮した下水道事業だとか、合併浄化槽だとか、生活道路などの、いわゆる生活関連施設、水路の確保だとか側溝事業ですね、こういった維持管理にかかわっての事業に多く充てるとか、また、学校などの耐震化対策、災害に強いまちづくりなどにも、やはり、使われるように、考え方、制度も含めて変える必要があるというふうに考えているわけであります。


 こういうふうに変えることは、結局、地方の経済にも大きく波及効果があって、中小建設業者、地元業者に大きな仕事が発注できる、このことも言えるんではないかなと思っているわけであります。そういう道に、必ずつながるというふうに思っております。


 したがって、この意見書(案)では、この道路特定財源、この制度を維持をする、堅持をするとして、使途も限定をするということでは、実態にもそぐわないし、今後の公共事業全般、特に生活密着型の公共事業を見るとき、必要性を見るときに、その先々の展望をも、とめることになっているというふうに言わざるを得ないわけであります。


 そういう点で、この意見書については、残念ながら、反対をさせていただきたいと思います。


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第17号を採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(霜田 彰)


 起立多数です。


 したがって、議員発案第17号は、可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 お諮りします。


 ただいま可決されました意見書の送付先については、議長に一任願いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、送付先は、議長に一任することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第83 継続審査の申し出(狭隘道路の拡幅整備について)


○議長(霜田 彰)


 日程第83 継続審査の申し出(狭隘道路の拡幅整備について)を議題とします。


 建設企業常任委員長から、目下、委員会において調査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申し出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。


 お諮りします。


 建設企業常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、建設企業常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第84 継続審査の申し出(常任委員会の所管事項の調査)


○議長(霜田 彰)


 日程第84 継続審査の申し出(常任委員会の所管事項の調査)を議題とします。


 総務常任委員長、厚生常任委員長、文教経済常任委員長及び建設企業常任委員長から、目下、所管常任委員会において審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申し出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。


 お諮りします。


 総務常任委員長、厚生常任委員長、文教経済常任委員長及び建設企業常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、総務常任委員長、厚生常任委員長、文教経済常任委員長及び建設企業常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 以上で、今期定例会に付議された事件はすべて審査を終わりました。


 これで、平成17年第5回柏崎市議会定例会を閉会します。


               午前11時20分 閉会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


              総務常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第171号│ 平成17年度一般会計補正予算(第3号)のうち、歳 │原案可決


       │ 入全款、歳出1款、2款、4款2項、9款、並びに第 │


       │ 2表、第3表                   │


 議第175号│ 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)  │原案可決


 議第180号│ 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例    │原案可決


 議第181号│ 税条例の一部を改正する条例            │原案可決


 議第182号│ 火災予防条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第194号│ 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)  │原案可決


 議第195号│ 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土 │原案可決


       │ 木・建築)工事)                 │


 議第196号│ 財産の取得について(ロータリ除雪車)       │原案可決





   審査月日      平成17年 9月16日





   出 席 委 員 8人  欠 席 委 員 0人  欠     員 1人





                             平成17年 9月16日


  柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     総務常任委員長  武 藤 司 郎


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              厚生常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第171号│ 平成17年度一般会計補正予算(第7号)のうち、歳 │原案可決


       │ 出3款、4款1項                 │


 議第172号│ 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第 │原案可決


       │ 3号)                      │


 議第173号│ 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第3号)  │原案可決


 議第174号│ 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特 │原案可決


       │ 別会計補正予算(第1号)             │


 議第183号│ 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例 │原案可決


       │ の一部を改正する条例               │


 議第184号│ 小規模地域開放型老人ホーム設置及び管理に関する条 │原案可決


       │ 例の一部を改正する条例              │


 議第185号│ 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及 │原案可決


       │ び管理に関する条例                │


 議第190号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


       │                          │





   審査月日      平成17年 9月14日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年 9月14日


  柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                     厚生常任委員長  遠 藤   清


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             文教経済常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第171号│ 平成17年度一般会計補正予算(第7号)のうち、歳 │原案可決


       │ 出5款、6款、7款、10款、11款1項      │


 請第186号│ 漁港管理条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第187号│ 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部 │原案可決


       │ を改正する条例                  │


 議第191号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第193号│ 友好都市の提携について              │原案可決


       │                          │





   審査月日      平成17年 9月15日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年 9月15日


  柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                   文教経済常任委員長  中 村 明 臣


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             建設企業常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第171号│ 平成17年度一般会計補正予算(第7号)のうち、歳 │原案可決


       │ 出8款、11款2項                │


 議第176号│ 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号) │原案可決


 議第177号│ 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第 │原案可決


       │ 2号)                      │


 議第178号│ 平成17年度ガス事業会計補正予算(第3号)    │原案可決


 議第179号│ 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)    │原案可決


 議第188号│ ガス供給条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第192号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第197号│ 市道路線の廃止について              │原案可決


 議第198号│ 市道路線の認定について              │原案可決


       │                          │





   審査月日      平成17年 9月13日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年 9月13日


  柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                   建設企業常任委員長  吉 野 芳 章


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


            公企業決算特別委員会審査結果報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 承第11号 │ 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)  │認  定


 承第12号 │ 決算の認定について(平成16年度水道事業会計)  │認  定


 承第13号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町水道事業会 │認  定


       │ 計)                       │


 承第14号 │ 決算の認定について(平成16年度西山町工業用水道 │認  定


       │ 事業会計)                    │


 承第15号 │ 決算の認定について(平成16年度西山・刈羽ガス企 │認  定


       │ 業団ガス事業会計)                │


 承第16号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町水道事業会 │認  定


       │ 計)                       │


 承第17号 │ 決算の認定について(平成17年度西山町工業用水道 │認  定


       │ 事業会計)                    │


 承第18号 │ 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企 │認  定


       │ 業団ガス事業会計)                │


       │                          │





   審査月日      平成17年 9月 7日





   出 席 委 員   9人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年 9月 7日


  柏崎市議会議長  霜 田   彰 様


                  公企業決算特別委員長  笠 原 浩 栄


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





   柏崎市議会議長   霜  田     彰








   署名議員      持  田  繁  義








   署名議員      今  井  元  紀