議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第5回定例会(第1日目 9月 6日)




平成17年第5回定例会(第1日目 9月 6日)




               目        次


 開 会 時 刻 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 3 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 4 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 5 …………………………………………………………………………  9


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 10


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 11


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 15


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 16


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 23


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 23


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 23


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 26


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 29


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 30


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 30


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 31


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 33


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 33


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 33


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 34


 散 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 35


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 35





          平成17年第5回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


            平成17年9月6日(火)第1日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第1号


            平成17年9月6日午前10時開議





第 1         会期の決定


第 2         会議録署名議員の指名


第 3(承第  8号) 専決処分報告について(平成17年度一般会計補正予算(第5


            号))


第 4(承第  9号) 専決処分報告について(平成17年度一般会計補正予算(第6


            号))


第 5(承第 10号) 専決処分報告について(新潟県市町村総合事務組合を組織する


            地方公共団体の数の減少及び規約の変更について)


第 6(議第189号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少


            及び規約の変更について


第 7(議第180号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


第 8(議第181号) 税条例の一部を改正する条例


第 9(議第182号) 火災予防条例の一部を改正する条例


第10(議第183号) 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を


            改正する条例


第11(議第184号) 小規模地域開放型老人ホーム設置及び管理に関する条例の一部


            を改正する条例


第12(議第185号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に


            関する条例


第13(議第186号) 漁港管理条例の一部を改正する条例


第14(議第187号) 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改正す


            る条例


第15(議第188号) ガス供給条例の一部を改正する条例


第16(議第171号) 平成17年度一般会計補正予算(第7号)


第17(議第172号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


第18(議第173号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第3号)


第19(議第174号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補


            正予算(第1号)


第20(議第175号) 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)


第21(議第176号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)


第22(議第177号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


第23(議第178号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第3号)


第24(議第179号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)


第25(承第 11号) 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)


第26(承第 12号) 決算の認定について(平成16年度水道事業会計)


第27(承第 13号) 決算の認定について(平成16年度西山町水道事業会計)


第28(承第 14号) 決算の認定について(平成16年度西山町工業用水道事業会計)


第29(承第 15号) 決算の認定について(平成16年度西山・刈羽ガス企業団ガス


            事業会計)


第30(承第 16号) 決算の認定について(平成17年度西山町水道事業会計)


第31(承第 17号) 決算の認定について(平成17年度西山町工業用水道事業会計)


第32(承第 18号) 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガス


            事業会計)


第33(議第190号) 公の施設の指定管理者の指定について


第34(議第191号) 公の施設の指定管理者の指定について


第35(議第192号) 公の施設の指定管理者の指定について


第36(議第193号) 友好都市の提携について


第37(議第194号) 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)


第38(議第195号) 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土木・建築)


            工事)


第39(議第196号) 財産の取得について(ロータリ除雪車)


第40(議第197号) 市道路線の廃止について


第41(議第198号) 市道路線の認定について


第42         諸般の報告


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(32人)


                 議 長(26番)霜   田       彰


                 副議長( 4番)高   橋   新   一


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     5番 矢   部   忠   夫


 6番 佐   藤   敏   彦     7番 飯   塚   寿   之


 8番 池   田   千 賀 子     9番 加   藤   愛   子


10番 持   田   繁   義    11番 五 位 野   和   夫


12番 若   井   恵   子    13番 真   貝   維   義


14番 斎   木   裕   司    15番 吉   川   英   二


16番 遠   藤       清    17番 本   間   厚   幸


18番 金   子   錦   弥    19番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 梅   沢       明    23番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 荒   城   彦   一


27番 吉   野   芳   章    28番 入   沢   徳   明


29番 中   村   明   臣    30番 今   井   元   紀


31番 坂   井   隆   雄    32番 戸   田       東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(なし)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長    茂  野  信  之   事務局長代理  阿  部  忠  夫


庶務係長    佐  藤  世志光    議事調査係主任 高  橋  和  行


議事調査係主査 伊  比  寿美恵


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助    役           若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           近 藤 清 信


    産業振興部長           北 原   恵


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             高 橋 敏 郎


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長     布 施   実


    市民活動支援課長         須 田 幹 一


    商工振興課長           三井田   隆


    農林水産課長           内 山   均


    用地対策室長           栗 原 研 爾


    高柳町事務所総務課長       松 田 幸 男


    西山町事務所長          滝 沢 茂 義


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    消防長              前 澤 尚 之


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開会


○議長(霜田 彰)


 ただいまから、平成17年第5回柏崎市議会定例会を開会します。


 直ちに本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は32人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会期の決定


○議長(霜田 彰)


 日程第1 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 今期定例会の会期は、本日から9月21日までの16日間としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、会期は16日間と決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2 会議録署名議員の指名


○議長(霜田 彰)


 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、持田繁義議員及び今井元紀議員を指名します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第3(承第14号) 専決処分報告について(平成17年度一般会計補正予算(第5


            号))


日程第4(承第15号) 専決処分報告について(平成17年度一般会計補正予算(第6


            号))


○議長(霜田 彰)


 日程第3 専決処分報告について(平成17年度一般会計補正予算(第5号))及び日程第4 専決処分報告について(平成17年度一般会計補正予算(第6号))の2件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 おはようございます。


 それでは、承第8号及び承第9号について、一括御説明申し上げます。


 まず、承第8号について御説明申し上げます。


 本案は、去る7月1日に専決処分をさせていただきました、平成17年度一般会計補正予算(第5号)の承認についてでございます。


 この補正予算は、去る6月28日に発生した豪雨災害に対して、早急な復旧作業が必要なことから、関係経費を予算措置させていただいたものであります。


 まず、歳出でありますが、予算書の14ページ、15ページをお開きいただきたいと思います。


 14ページ、15ページ、2款総務費、1項5目財産管理費、市有財産保全整備事業の市有財産災害復旧事業90万円は、旧北条中学校のり面が、今回の豪雨で一部崩れたことから復旧をするものであります。


 4款衛生費、1項4目環境衛生費、環境衛生事業の一般経費62万8,000円は、西之入安住寺地内にある市有地所有の墓地ののり面が崩れたことから、従来の内規により、修繕費の2分の1を支出したいものであります。


 2項2目塵芥処理費、被災廃棄物等経費589万7,000円は、床上浸水の被害に遭った方が復旧をするに際しまして、その建築廃材の処分を市がかわって行うための手数料を措置したほか、水害による廃棄物、流木等の収集委託経費を措置したものであります。


 7款商工費、1項3目観光費、海水浴場管理運営事業の海水浴場環境整備費300万円は、水害によって海水浴場に打ち上げられた漂着物を除去するための経費でございます。なお、鯨波以北の海水浴場にあっては、今回は、県が担当し、市は薬師堂以南の海水浴場及び石地海水浴場の一部の整備を実施したものでございます。交流観光施設管理事業の交流観光施設災害復旧事業195万円は、柏崎市家族旅行村散策路、つまり、じょんのび村のつり橋からファームハウスへ通じる散策路において土手が崩れたことから、復旧工事を実施したいものでございます。


 16ページ、17ページにまいりまして、9款消防費、1項4目水防費、水防事業7万円は、水害時に各所で土のうを積んだ際に使用した砂の購入費であります。


 5目災害対策費、被災者生活再建支援事業5,100万円は、県の3分の2の補助を受けて、床上浸水に遭った被災者を対象として、家財等の買いかえの経費を、上限30万円まで補助をするものであります。6.28梅雨前線豪雨災害対策事業8万2,000円は、被災者への案内文書等を郵送する必要があることから、郵便料を措置したものでございます。


 10款教育費、4項2目文化財保護費、文化財保護管理事業19万3,000円は、豪雨により、北条城跡の土手が崩れるおそれがあることから、立ち木を伐採したいことと、新道鵜川神社の大ケヤキの周囲の木道が流されたことから、修復のため補助金を交付したいものであります。


 11款災害復旧費、1項1目農地災害復旧市費事業3,200万円は、高柳町地区で5件の補助対象災害があることから、設計委託料を措置するほか、旧柏崎市分、高柳町分合わせて90件の被災箇所を、機械借り上げで復旧する経費を措置するものでございます。なお、個人農地の災害復旧に関しては、個人が25%負担、市は75%を負担するものであります。


 2目の農業用施設災害復旧費、農業用施設災害復旧市費事業1億3,395万1,000円は、農業用施設について、旧柏崎市分10件、高柳町分30件の災害査定設計委託料を措置するほか、災害復旧工事費をそれぞれ5件及び10件追加し、その他小規模なものについては、機械借り上げで対応するための経費を計上したものでございます。


 続いて、18ページ、19ページにまいりまして、3目林道施設災害復旧費、林道施設災害復旧事業2,160万円は、補助申請のための設計委託料を旧柏崎市分3件、高柳町分1件を計上したほか、機械借り上げ、災害復旧工事費を措置したものでございます。


 4目治山施設災害復旧費、治山施設災害復旧事業1,500万円は、横山、女谷地内の被災箇所について、県の補助事業として実施したいことから、設計委託料及び工事費を措置するほか、その他の工事、小規模な災害箇所について、機械借上料、復旧工事費を措置したものでございます。


 2項1目漁港施設災害復旧費、漁港施設災害復旧事業209万7,000円は、荒浜、高浜、石地漁港区のごみの除去費及びさけます増殖センターの堆積土砂の処分費用を措置したものでございます。


 2目道路橋りょう災害復旧費、道路橋りょう災害復旧事業3,199万9,000円は、市道11路線及び森近橋の災害査定測量委託料のほか、鵜川地区の災害復旧工事箇所の護岸崩落による応急復旧工事費を措置したものでございます。維持管理課所管の道路橋りょう災害復旧事業4,500万円は、補助採択が困難な小規模災害について、46路線を機械借り上げで対応するほか、33路線については、単独災害復旧事業債により工事費を措置するものであります。高柳町地域振興課所管の道路橋りょう災害復旧市費事業900万3,000円は、高柳町地内の市道の路肩の崩壊修繕が4件、その他70ヵ所以上の被災があることから、機械借上料を措置したものでございます。西山町地域振興課所管の道路橋りょう災害復旧市費事業600万円は、西山町地内の市道6ヵ所の災害復旧工事費を措置したものでございます。


 続いて、20ページ、21ページにまいりまして、3目河川災害復旧費、河川災害復旧事業50万円は、横山川下流域浸水調査を県が実施しているところでありますが、県から隣接する源太川についても調査の依頼がございまして、源太川は準用河川であることから、市の単独費として調査費を支出するものでございます。維持管理課所管の河川災害復旧事業4,800万円は、今回の豪雨で、合計48河川において被害があったことから、機械借上料及び工事請負費を措置するものであります。高柳町地域振興課所管の河川災害復旧市費事業356万2,000円は、高柳町地内の河川における倒木の除去処分経費ほか、25ヵ所の復旧に機械借上料を措置したものでございます。西山町地域振興課所管分の河川災害復旧市費事業230万円は、西山町地内の藤掛川護岸決壊災害復旧工事費を措置したものでございます。


 なお、歳入につきましては、2ページの方に記載してございますが、2ページにありますように、地方交付税の特別交付税1億円、分担金及び負担金72万5,000円、県支出金3,842万円、繰越金1億1,328万7,000円、市債1億6,230万円増額し、歳出との均衡を図っております。


 続いて、地方債補正でございますが、4ページをごらんいただきたいと思います。


 4ページ、今補正に関連して、各種災害復旧事業債を増額をしているものでございます。


 次に、承第9号について御説明申し上げます。


 本案は、去る8月8日に専決処分をさせていただきました、平成17年度一般会計補正予算(第6号)の承認についてでございます。


 この補正予算は、来る9月11日に実施される衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の執行経費について、予算措置させていただいたものでございます。


 予算書の12ページ、13ページをごらんいただきたいと思います。


 2款の総務費、4項9目衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査費5,045万3,000円は、選挙及び国民審査執行経費として、各節に追加したものでございます。


 なお、歳入につきましては、2ページにありますとおり、全額、県支出金を充てておるところでございます。


 何とぞよろしく御審議の上、御承認をいただきますようにお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいまの承第8号及び承第9号の2件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 これより承第8号を採決します。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第8号は、承認することに決定しました。


 次に、承第9号を採決します。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第9号は、承認することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第5(承第10号) 専決処分報告について(新潟県市町村総合事務組合を組織する


            地方公共団体の数の減少及び規約の変更について)


○議長(霜田 彰)


 日程第5 専決処分報告について(新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について)を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 承第10号について御説明申し上げます。


 本案は、新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更の承認についてであります。


 これは、本年9月1日から本組合を組織する地方公共団体である中条町及び黒川村が廃され、その区域をもって胎内市が設置されることに伴い、本年9月1日から、中条町及び黒川村が本組合を脱退し、胎内市が加入することにより、本組合を組織する地方公共団体の数が減少すること、また、これに伴い、規約について所要の変更を行うものであります。


 なお、変更申請に必要な構成団体の議決書謄本については、本組合の事務局への提出期限が8月25日であるため、臨時議会を招集するいとまがないことから、地方自治法の規定により、8月17日付で専決処分をさせていただいたものであります。


 何とぞよろしく御審議の上、御承認いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいまの承第10号は、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより承第10号を採決します。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第10号は、承認することに決定しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第6(議第189号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減


             少及び規約の変更について


○議長(霜田 彰)


 日程第6 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第189号について御説明申し上げます。


 本案は、新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてであります。


 これは、本年10月1日から本組合を組織する地方公共団体である塩沢町が廃され、その区域が南魚沼市に編入され、それに伴い、魚沼地域広域水道企業団が解散し、これらに伴って、本年9月30日限りで、塩沢町及び魚沼地域広域水道企業団が本組合を脱退すること、これらにより、本組合を組織する地方公共団体の数が減少すること、また、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律が施行され、水防法が本年7月1日に改正されたこと、これらに伴い、規約について所要の変更を行うものであります。


 なお、本案は、本組合の事務局への提出期限が9月15日であるため、本日、御議決をいただきたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいまの議第189号は、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 討論を終わります。


 これより議第189号を採決します。


 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第189号は、原案のとおり可決しました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第7(議第180号) 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


日程第8(議第181号) 税条例の一部を改正する条例


日程第9(議第182号) 火災予防条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第7 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から日程第9 火災予防条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題とします。


 なお、議第182号については、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第180号から議第182号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第180号について申し上げます。


 本案は、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、寒冷地手当について、平成16年度の人事院勧告に準拠し、支給対象地域の縮小、支給額の減額、支給方法の変更など、所要の改正を行いたいものであります。


 改正の概要について申し上げます。


 まず、支給対象地域の縮小についてでございますが、従来は、柏崎市全域が支給対象地域になっておりましたけれども、改正後は、柏崎市のうち、高柳町の地域及び寒冷・積雪の度合いを考慮して、別に規則で定める施設に勤務する職員を対象として支給をするものであります。


 次に、支給継続地域における支給額の減額についてでありますが、改正後は、世帯主で扶養家族がいる者に対しては支給額が8万9,000円に、世帯主で扶養家族がいない者に対しては支給額が5万1,000円に、その他の者に対しては3万6,800円に減額いたしたいものであります。


 次に、支給方法の変更についてでありますが、従来は、10月31日に一括支給しておりましたけれども、改正後は、11月から翌年3月の5ヵ月に分割をして支給することとしたいものであります。


 次に、所要の経過措置についてでありますが、平成21年度までの経過措置期間として、この期間で段階的に減額することとし、減額後の支給額が改正後の新支給額を下回ったときは、新支給額とするものでございます。


 次に、議第181号について御説明申し上げます。


 本案は、税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、地方税法等の一部を改正する法律が、去る3月25日に公布されたことに伴い、本市税条例等につきましても、3月31日付で専決処分をさせていただき、去る4月11日開催の臨時議会において御承認を得たところでございますが、施行日が平成18年1月1日である規定の内容について、このたび、改正をいたしたいというものであります。


 改正の概要を申し上げます。


 13条においては、65歳以上の者のうち、前年の合計所得金額が125万円以下の者に対する非課税措置を廃止するものであります。


 附則第18条の2は、特定口座で管理されていた株式の無価値化に係る特例を新設するものであります。


 本則においては、その他所要の改正を行っております。


 次に、附則においては、平成18年度分の個人の市民税の均等割に限り、前年の合計所得金額が125万以下であり、かつ、平成17年1月1日現在において、65歳以上であった者については、「3,000円」とあるのは「1,000円」と、平成19年度分の個人の市民税の均等割に限り、前年の合計所得金額が125万円以下であり、かつ、平成17年1月1日現在において、65歳以上であった者については、「3,000円」とあるのは「2,000円」とすることのほか、市民税に関する経過措置を規定いたしております。


 次に、議第182号について御説明申し上げます。


 本案は、火災予防条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部を改正する法律が、去る平成16年6月2日に公布されたことに伴い、所要の改正を行いたいというものであります。


 今回の消防法の改正において、近年の住宅火災における死者数の増加傾向を低減するために、住宅用防災機器の設置及び維持に関する規定が追加されましたことから、これに伴い、第3章の2として、「住宅用防災機器の設置及び維持に関する基準等」の規定を追加したいというものであります。


 なお、附則において、経過措置として、既存住宅等に対する住宅用の防災機器の設置は、平成23年6月1日以降、義務づけられることを規定いたしております。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いをいたします。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第180号から議第182号までの3案は、総務常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第10(議第183号) 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一


              部を改正する条例


日程第11(議第184号) 小規模地域開放型老人ホーム設置及び管理に関する条例の


              一部を改正する条例


日程第12(議第185号) 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管


              理に関する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第10 痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第12 元気館身体・知的障害者デイサービスセンター設置及び管理に関する条例までの3案を一括議題とします。


 なお、議第185号については、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第183号から議第185号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第183号について御説明申し上げます。


 本案は、痴呆性老人グループホーム設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、介護保険法等の一部を改正する法律が、本年6月29日に公布され、「痴呆」が「認知症」に改められたことに伴い、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第184号について御説明申し上げます。


 本案は、小規模地域開放型老人ホーム設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、高柳町の小規模地域開放型老人ホーム(清流苑)に指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 公の施設の指定管理者制度につきましては、平成15年12月議会において、ワークプラザ柏崎に指定管理者制度の導入を図るための条例制定を行って以来、去る平成16年12月議会において、コミュニティセンター、コレクション展示館、伝統文化活用型交流促進施設などに、また、本年6月議会においては、総合福祉センター、モーリエ駐車場、財団法人柏崎市観光レクリエーション振興公社が管理する公の施設などに、同制度を導入するための条例の一部改正を行ってまいりました。


 このたび、9月議会においては、同様に、公募により指定管理者制度を導入するための条例改正を行うための議案を3本提出させていただいております。


 改正の概要を申し上げます。


 第3条は、指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせることについて、第4条は、指定管理者が行う業務について、それぞれ規定しております。その他所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第185号について申し上げます。


 本案は、元気館身体・知的デイサービスセンター設置及び管理に関する条例の制定についてであります。


 これは、元気館身体・知的デイサービスセンターに指定管理者制度を導入するため、新たに条例の制定を行いたいというものであります。


 条例の概要を申し上げます。


 第1条は設置、第2条は定義、第3条は名称及び位置、第4条は元気館身体・知的デイサービスセンターで行う事業について、第5条は指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせることについて、第6条は指定管理者が行う業務、第7条は開館時間、第8条は休館日、第9条は定員、第10条は利用資格、第11条は利用制限、第12条は利用料金、第13条は利用料金の収受、第14条は損害賠償、第15条は委任について、それぞれ規定いたしたいというものであります。


 なお、附則において、元気館の設置及び管理に関する条例第3条の規定中「身体障害者及び知的障害者のデイサービスに関すること。」を削らせていただいております。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第183号から議第185号までの3案は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第13(議第186号) 漁港管理条例の一部を改正する条例


日程第14(議第187号) 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改


              正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第13 漁港管理条例の一部を改正する条例及び日程第14 大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の2案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第186号及び議第187号について、一括御説明申し上げます。


 まず、議第186号について申し上げます。


 本案は、漁港管理条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、本年11月1日に発効を予定している国際海上交通の簡素化に関する条例の批准により、我が国の漁港において、国際航海に従事する船舶の入出港の届け出が8項目に統一されることから、国際航海に従事する船舶に限り、本市漁港条例の規定を適用しないこととするため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第187号について御説明申し上げます。


 本案は、大崎温泉雪割草の湯設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、大崎温泉雪割草の湯に指定管理者制度を導入するため、また、別の場所に改築することから、現条例の全部を改正いたしたいというものであります。


 条例の概要を申し上げます。


 第1条は設置、第2条は名称及び位置、第3条は指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせることについて、第4条は指定管理者が行う業務、第5条は開館時間、第6条は休館日、第7条から第10条までについては入場料等に関することについて、第11条は入場の制限、第12条は入場者の遵守事項、第13条は損害賠償、第14条は委任、別表において入場料等の範囲について、それぞれ規定をいたしたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第186号及び議第187号の2案は、文教経済常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第15(議第188号) ガス供給条例の一部を改正する条例


○議長(霜田 彰)


 日程第15 ガス供給条例の一部を改正する条例を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第188号について御説明申し上げます。


 本案は、ガス供給条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、ガス事業法の改正に伴い、同法第2条第12項に規定する託送供給に係る供給条件、その他必要な事項は、企業管理規定で定めることを規定いたしたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第188号は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第16(議第171号) 平成17年度一般会計補正予算(第7号)


○議長(霜田 彰)


 日程第16 平成17年度一般会計補正予算(第7号)を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第171号について御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度一般会計補正予算(第7号)についてでございます。


 この補正予算の内容を総括的に申し上げますと、職員の年度当初の人事異動に係る人件費の調整、平成16年度事業の国県への精算還付金及び当初予算後における、やむを得ない経費につきまして、総額6億2,587万4,000円を追加するとともに、普通交付税、地方特例交付金の決定に伴う変更及び必要な地方債補正を行うものであります。


 まず、人件費について御説明申し上げます。


 51ページの補正予算給与費明細書、一般職員の総括表の方をごらんいただきたいと思います。51ページでございます。


 一般職の職員人件費につきましては、異動に伴う調整、予定外退職者分の減額、時間外手当の増額、共済組合の使用者負担の増額など、全体を調整した結果、総額2,103万8,000円を減額したいというものであります。


 以上により、各款での職員人件費の個々の説明は省かせていただきます。


 それでは、歳出の主な内容について御説明申し上げます。


 予算書の20ページ、21ページをごらんいただきたいと思います。


 予算書の20ページ、21ページでございますが、2款の総務費、1項1目一般管理費、職員人件費の特別職3人、198万5,000円の減額は、2月議会において、特別職の給与に関する条例の一部が改正されたことから、当初段階で措置できなかった今年度の5ヵ月分について、減額措置をしたものであります。行革推進事業21万4,000円は、行政改革推進委員会について、年度当初4回分を予定していたところ、議論の深まりがありますことから、今年度2回分を追加し、年6回開催したいことから、不足分を措置したものでございます。自衛官募集事業3万7,000円は、国から旧高柳町、西山町に係る委託事務費が追加交付されることとなったため、備品を購入するものでございます。一般経費27万4,000円は、4階人事課に設置してあるファックスが故障し、更新が必要なことから、新規に購入するための経費を追加するものでございます。一般経費(西山町)250万円は、西山町地内の各種看板が、合併後も「西山町」の記載のままであることから、「柏崎市」と修正するための経費を措置したものであります。


 5目の財産管理費、庁舎整備工事費504万円は、庁舎第二分館西側の屋上、外壁、サッシ枠等に雨漏りがあることから、防水工事を実施したいものであります。


 7目企画費、生活交通対策事業のバス路線確保事業24万3,000円は、6.28水害により、南鯖石地内の森近橋が破損し、通行不能となり、地区民が国道252号線まで出てバスを利用することが困難な状況となっておりますことから、こうした不便さを解消するために、善根を経由して五中へ行くバス路線を森近集落まで延長したいことから、バス会社への運行契約補償金を措置したいものでございます。


 8目情報化推進費、電子市役所推進事業の県電子申請システム構築基本計画策定事業1,060万円は、県下18市8町村で共同運用する電子申請システム構築のために、柏崎市が代表団体となって基本計画策定のための委託契約を行うものでございます。なお、負担金は、市にあっては50万円、町村にあっては20万円となっておりますので、当市の実質的な負担は50万円でございます。


 続いて、22ページ、23ページをお開きいただきたいと思います。


 13目交通安全対策費、交通安全対策事業(高柳町)24万円は、高柳町地内のカーブミラーについて、水害等で破損があることから、修繕を行いたいというものであります。


 2項1目税務総務費、基幹業務システム管理費73万4,000円は、システム修正委託料について、新潟県中越地震による家屋の建てかえに伴い、減免措置が6年間に延長されるため、評価がえシステムの修正が必要であることから、増額の措置をいたしたいというものであります。


 2目賦課徴収費、資産税業務経費23万円は、償却資産の賦課作業において、非常勤職員の配置が必要なことから、賃金を追加したいというものであります。


 続いて、24ページ、25ページにまいりまして、6款1目監査委員費9万円は、今年度、監査委員の交代があり、1ヵ月分、新旧役員に報酬を支出する必要があることから追加をするものであります。監査委員事務局費1万5,000円は、非常勤職員の雇用保険料に不足が生じることから追加するものであります。


 3款民生費、1項1目社会福祉総務費、国民健康保険事業特別会計繰出金783万7,000円は、保険基盤安定分に係る増額分などにより、繰出金を増額するものであります。


 2目身体障害者福祉費、身体障害者保護費の補装具給付費13万4,000円、重度心身障害者医療費助成事業(県障)852万7,000円、それから、27ページにまいりまして、障害者社会参加促進事業の手話奉仕員等派遣事業14万4,000円及び自動車運転免許取得・自動車改造助成事業10万6,000円は、いずれも、国・県への平成16年度精算還付金であります。


 戻りまして、25ページの下の方、心身障害者通所援護事業272万5,000円の増額及び、27ページの小規模通所授産施設運営事業525万円の減額、これにつきましては、柏崎市身障者福祉作業所が、今年度目指していた社会福祉法人の設立について、当該団体が諸般の事情から設立を断念したことから、従来どおり、小規模作業所での補助形態をとるべく、補助金をそれぞれ増減するものであります。


 続きまして、同じく27ページ、身体障害者デイサービス事業19万5,000円、障害者社会参加促進事業の身体障害者生活訓練事業33万3,000円は、いずれも県に対して、また、3目の知的障害者福祉費、知的障害者デイサービス事業16万3,000円は、国及び県への平成16年度精算還付金であります。


 4目老人福祉費、介護保険特別会計繰出金1,062万8,000円の減額は、給与費の減額のほか、職員給与費分、非常勤職員分、システム改修分の増額分を精査し、結果として、繰出金を減額するものであり、老人医療費助成事業(県老)20万9,000円は、県への平成16年度精算還付金であります。在宅介護支援センター運営事業の地域包括支援センター運営事業57万円は、介護保険法の改正により、平成18年4月から、在宅介護支援センターが地域包括支援センターへ移行し、機能強化を図ることから、その準備のための事前経費を措置するものでございます。


 5目社会福祉施設費、清流苑費の清流苑管理運営費の90万1,000円は、新潟県中越地震及び6月20日の地震により、外壁、テラス等が破損し、雨漏りが発生したことから、防水工事を実施したいというものであります。かたくりの里費のかたくりの里管理運営費の24万2,000円は、西山町にある認知症患者のグループホームにおいて、入所者呼び出し表示装置を移設する修繕及び、玄関の出入り通報装置を設置する修繕を実施したいというものであります。いきいき館費のいきいき館管理運営費26万4,000円は、入浴施設、受水槽ほかの修繕を実施するものでございます。


 続いて、28ページ、29ページをごらんいただきたいと思います。


 2項1目児童福祉総務費、子育て支援事業のファミリーサポートセンター事業7万円は、国への平成16年度精算還付金、2目母子福祉費、ひとり親家庭等医療費助成事業26万9,000円は、県への平成16年度精算還付金であります。


 4目児童福祉施設費、子供の遊び場施設費の子供の遊び場施設整備事業65万7,000円は、山本団地の遊び場にある公衆トイレについて、老朽化していることから、取り壊す予定でいたところ、町内会から、取り壊しの費用で水洗化を実施し、町内に譲渡してほしいとの要望がありまして、今後、維持費等も含めて、町内が負担することを条件に、水洗化工事を実施し、無償譲渡をしたいということから、工事費を措置したものでございます。


 3項2目扶助費、生活保護費1,597万9,000円は、国及び県への平成16年度精算還付金であります。


 続いて、30ページ、31ページをごらんいただきたいと思います。


 4款衛生費、1項1目保健衛生総務費、母子保健事業の1歳6ヵ月児、3歳児健康診査費12万7,000円及び妊産婦、乳児及び幼児医療費助成事業143万5,000円は、いずれも、県への平成16年度精算還付金であります。医療問題懇談会運営費9万3,000円は、懇談会設立に当たり、委員数について、当初予定よりも2名多く委嘱し、また、合併により2名増員をしたことから、不足分の報酬を追加するものでございます。障害者社会福祉参加促進事業の精神障害者支援事業3万3,000円は、県への平成16年度精算還付金であります。


 4目環境衛生費、公害対策事業の騒音・振動・悪臭・大気対策事業34万5,000円は、悪臭に関する苦情が多くなっていることから、予備的に臭気測定をする必要があり、その臭気測定器を購入したいというものであります。なお、この簡易測定により、一定の臭気が測定された場合は、正式な調査委託や、あるいはまた、事業所への指導を実施したいというふうに考えております。


 5目診療所費、鵜川診療所費の鵜川診療所管理運営費10万2,000円は、非常勤職員の社会保険料が不足することから追加するものであります。西山診療所費の西山診療所管理運営費651万円は、新潟県中越地震により、診療所及び医師住宅が破損したことから、修繕工事を実施したいものであります。石地診療所費の石地診療所管理運営費11万8,000円は、合併時において、診療所施設を医師に譲渡する予定であったことから、警備保障業務を解約いたしましたけれども、再契約することとなったことから、必要な経費を措置したものでございます。西山町保健福祉課の西山診療所費の西山診療所管理運営費2万5,000円の減額及び石地診療所費の石地診療所管理運営費8万円の減額は、この事務について、西山町保健福祉課から国保医療課へ所管替えをすることにより不用となることから、減額をするものであります。


 続いて、32ページ、33ページをごらんいただきたいと思います。


 一番下の欄にあります6款農林水産業費、1項3目農業振興費、農業集落排水事業特別会計繰出金288万4,000円は、建設に係る人件費分の増額分と、西山町中川地区の管路工事に係る一般財源分について、繰り出しを行うものであります。


 続いて、34ページ、35ページにまいりまして、農林水産物加工研究施設管理運営事業11万3,000円は、高柳町月湯女温泉わきにある、どぶろく、漬け物等を加工する施設について、維持管理費の経費の計上漏れがあったため、今回、追加するものであります。


 5目農地費、農村総合整備事業の農村振興総合整備事業、広田は、鹿島集落道工事において用地取得、物件補償が見込まれることから、支出科目を組み替えるものであります。


 6目中山間地域振興費、中山間地域等直接支払制度事業(高柳町)50万9,000円は、全額、県の交付金を受けて、対象地域の高柳町の保全マップをつくりたいというものでございます。


 続いて、36ページ、37ページにまいりまして、7款1項2目商工振興費、融資預託事業の中小企業等融資事業5億7,700万円、これは、経済景気対策特別資金について、今後も融資が見込まれることから、不足額を追加するものであります。なお、経済景気対策特別資金につきましては、当初、31億円程度を予定しておりましたけれども、現状では、総額37億円程度の利用が見込まれるところでございます。工業メッセ事業230万円は、柏崎市の製造業を全国に発信するため、昨年度は工業メッセを開催いたしまして、本年度は工業見本市に参加をしたところでございますが、非常に効果があったことから、平成18年度の参加に向けて早期の取り組みを行うために、6ブース分負担金を措置いたしたいというものであります。ソフトパーク施設整備事業の情報開発センター施設整備事業245万7,000円は、6月20日発生の地震により、駐車場等に亀裂が生じたため、情報関連産業育成振興基金を活用し、修繕工事を実施するものであります。一般経費(高柳町)10万8,000円は、高柳町塩沢にある特産研究施設の借地料及び地域振興課所有の車のスノータイヤ購入費に計上漏れがあったため、追加をするものであります。


 3目観光費、交流観光施設管理事業18万9,000円は、高柳町黒姫キャンプ場トイレの電柱修繕及び月湯女荘の浄化槽修繕を実施したいというものであります。


 続いて、38ページ、39ページをごらんいただきたいと思います。


 8款土木費、2項2目道路維持費、冬期集落保安要員等設置事業15万円は、高柳町岡野町地区において、県補助金で整備した小型除雪機の運転員としての克雪対策員を配置することから、その報酬を追加するものであります。道路維持補修費(西山町)の道路管理費(西山町)17万5,000円は、支出科目の組み替えと、燃料費、電話料の不足分を追加するものであります。


 3目道路新設改良費の道路新設改良市費事業は、災害復旧工事関連で立木補償、物件補償が生じることから、支出科目を組み替えるものでございます。


 5目橋りょう新設改良費、橋りょう新設改良合併特例事業7,770万円の減額は、高柳町の合併特例事業について、本年度2つの橋のかけかえを予定していたところでありますけれども、設計委託料の不足額が出てきたことから、それを措置する一方、年度内発注が困難なことから減額をするものであります。


 3項3目河川改修費、河川改修事業の河川改修市費事業1,000万円は、6.28水害を教訓にして、駅南地域を中心とした市街地の治水対策全体計画を策定したいことから、策定委託料を措置するものであります。


 続いて、40ページ、41ページをごらんいただきたいと思います。


 4目砂防費、砂防事業の小規模急傾斜地崩壊防止事業500万円は、地震で被災した山澗、笠島地内において、県の2分の1の補助を受けて、急傾斜地の崩壊防止工事を実施するものであります。


 下にまいりまして、5項の2目まちづくり事業費、街路事業の街路事業国庫補助事業が、今年度の補助内示額が確定したことから、工事の進捗を図りたく、支出科目を組み替えるものであります。


 続いて、42ページ、43ページでございますが、6項1目住宅管理費、住宅維持管理事業の応急仮設住宅管理費(中越地震)120万円は、全額、県の復興基金からの補助を受けて実施するもので、仮設住宅に入居している45歳以上の人に対して、臨時的な就業の場を確保するために、シルバー人材センターに委託して、仮設住宅入居者を支援するサービスを実施するものでございます。


 9款消防費、1項1目常備消防費、常備消防一般管理費の一般経費291万7,000円は、アスベスト対策としての防じんマスクを整備するほか、通信指令設備を修繕したいというものであります。


 2目非常備消防費、非常備消防一般管理費、消防団員費用弁償886万円は、6.28水害で消防団員の費用弁償経費が不足するため、追加をするものでありまして、また、分団活動費76万1,000円は、アスベスト対策としての簡易防じんマスクを消防団に配備するものでございます。


 5目災害対策費、防災行政無線事業の防災行政無線施設維持管理費1,134万円は、6.28水害により、新規に戸別受信機を希望される方が多くあり、工事費が不足することから、追加をしたいというものであります。自主防災組織育成事業54万円は、当初予算では、5町内分を措置していたものでありますけれども、幾つかの町内で設立の意思がありますことから、その不足分を追加したいというものであります。10.23新潟県中越地震災害対策事業66万1,000円は、災害救助法適用経費のうち、非該当の経費があり、返還金を措置したものでございます。


 続いて、44ページ、45ページをごらんいただきたいと思います。


 10款教育費、1項3目義務教育振興費、教育支援事業の豊かな体験活動推進事業20万円は、県の全額補助を受けて、中通小学校において、17年度及び18年度の事業として、動物の飼育や高齢者との交流を通して、命の大切さを学ぶ事業を実施するものでございます。


 2項3目学校建設費、小学校建設事業の施設整備事業232万円は、防犯対策として、学校の玄関と教務室を結ぶ連絡用インターホンを設置するものであり、また、3項3目学校建設費、中学校建設事業の中学校施設整備事業44万円も、これまた、同様でございます。


 続いて、46ページ、47ページをお開きいただきたいと思います。


 4項2目文化財保護費、文化財保護管理事業の指定文化財災害復旧事業196万5,000円は、市の指定文化財である北条城跡が数回の地震及び水害により、崩落状態になっていることから、復旧工事を実施するものであります。


 5項3目体育施設費、体育施設整備事業の高柳スキー場整備事業83万7,000円は、6月20日の地震により、リフトの支柱及び滑車にずれが生じたため、修正をしたいというものでございます。


 11款災害復旧費、1項3目林道施設災害復旧費、林道施設災害復旧事業(6.28水害)880万4,000円は、林道森近線と林道上南条線において、復旧工事費を計上するものであります。


 次に、48ページ、49ページにまいりまして、2項2目道路橋りょう災害復旧費、道路橋りょう災害復旧事業(6.28水害)2,700万円は、災害査定後、早期に工事着手したいため、女谷地内ほか、3路線の工事費を措置するものであります。道路橋りょう災害復旧事業400万円は、高柳町地内の市道3路線において、8月の豪雨による災害が発生しましたことから、災害査定を受けるための測量委託を実施したいというものでございます。道路橋りょう災害復旧市費事業(高柳町)100万円は、6月の地震により、消雪パイプにふぐあいがあることから、5ヵ所分の修繕費を措置したものでございます。


 以上で、歳出の方を終わりまして、歳入について御説明を申し上げます。


 2ページ、3ページの方をごらんいただきたいと思います。


 2ページ、3ページの方、平成17年度地方特例交付金、普通交付税が決定したことから、必要な補正を行っておりますけれども、普通交付税につきましては、当初予算において、3市町ともに堅実に見積もったことによりまして、予算を上回って交付されるものでございます。これらの関係及び歳出に対応する形で、地方特例交付金2,642万8,000円、地方交付税2億2,615万5,000円、県支出金1億2,389万8,000円、財産収入450万4,000円、諸収入5億8,830万円をそれぞれ増額し、国庫支出金9,949万円、繰入金2億72万1,000円、市債4,320万円をそれぞれ減額して、歳出との均衡を図っております。


 次に、7ページの債務負担行為補正について申し上げます。


 7ページでございますが、総合福祉センター管理代行及び自然休養村いっぷく茶屋(道の駅)管理代行につきましては、いずれも平成18年度から指定管理者制度を導入することから、両施設の5年間分の管理代行料について、限度額を設定したいというものであります。新潟県信用保証協会損失補償契約に伴う損失補償(平成17年度契約分)につきましては、今回の補正で、経済景気対策特別資金の貸付金を追加した関係から、損失補償額を変更するものであります。


 次に、8ページの地方債補正について御説明申し上げます。


 橋りょう新設改良合併特例事業の減額に伴い、道路橋りょう整備事業債を減額し、災害復旧事業により、農林水産施設及び公共土木施設災害復旧事業債をそれぞれ増額するほか、普通交付税額の決定に伴い、減税補てん債及び臨時財政対策債につきまして、それぞれ増額の変更をしたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 これより質疑に入ります。


 最初に、総括質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、歳出1款議会費及び2款総務費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、3款民生費及び4款衛生費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、5款労働費、6款農林水産業費及び7款商工費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、8款土木費について。


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 一般質問とかですね、委員会審査で、また、詳しく出てくるんだろうとは思いますが、今回、昨年も含めて、2年間、水害に見舞われたわけであります。そういうようなことからですね、済みません、8款土木費の河川費についてなんですが、河川改修の市費事業ということで1,000万、これ、市街地の治水対策全体計画策定委託料ということになっておりますが、特段の説明がなかったわけでありますが、もう少し、どのようなことを、あるいは、どういうことをですね、委託をし、策定しようとしているのかというあたりの、大まかなところで結構でありますが、御説明いただきたいと思うんです。


○議長(霜田 彰)


 都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 内容につきましては、1,000万円で委託費ということであります。特に6.28の水害におきまして、内水、いわゆる床下、床上浸水がありまして、そういった内水対策を、特に考えたいというふうに思っております。


 大まかなエリアといたしましては、高速道路より内側ということで考えておりまして、今回の降雨強度等をですね、参考に、今後の内水対策を考えていきたいと思います。簡単に言いますと、ポンプの規模とかですね、そういったもの、特に必要な規模等について算定をしていきたいというふうに思っております。


 それから、特に、今まで、農林、河川、その他の関係機関で、それぞれ河川改修、ポンプの設置等をしておりましたけれども、総合的な考え方に立って、今回、計画する必要があるだろうということで、関係各課から集まりまして、部会等をつくりまして、検討していきたいというふうに思っております。当然、この中には、県の方からデータをいただいたり、御指導いただいたりということを考えております。


 それから、その中にはですね、今回、地盤沈下ということについてもですね、その中で、どういう影響があったのかということも含めてですね、検討してまいりたいというふうに思っております。


○議長(霜田 彰)


 ほかにございませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、9款消防費、10款教育費及び11款災害復旧費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、歳入全款について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 次に、第2表 債務負担行為補正及び第3表 地方債補正について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第171号は、議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第17(議第172号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


日程第18(議第173号) 平成17年度介護保険特別会計補正予算(第3号)


日程第19(議第174号) 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会


              計補正予算(第1号)


○議長(霜田 彰)


 日程第17 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)から日程第19 平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算(第1号)までの3案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第172号から議第174号について、一括御説明を申し上げます。


 なお、職員人件費の補正につきましては、先ほどの一般会計の補正理由と同じでありますので、説明を省略させていただきます。


 まず、議第172号について申し上げます。


 本案は、平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 最初に、事業勘定の歳出でありますが、予算書の16ページ、17ページの方をごらんいただきたいと思います。


 1款総務費、1項1目一般管理費、医療費適正化事業31万5,000円は、合併により点検するレセプトの数がふえたことから、レセプトファイルを購入したいというものであります。


 3項1目運営協議会費、国保運営協議会費4万4,000円は、国保運営協議会について、当初、3回見込んでいたところを、もう1回開催する必要があることから、経費を追加したいというものであります。


 2款保険給付費、1項1目一般被保険者療養給付費から、18ページ、19ページの2項1目一般被保険者高額療養費までは、いずれも国庫支出金等についての財源更正を行うものであります。


 18ページ、19ページでありますけれども、3款老人保健拠出金、1項1目老人保健医療費拠出金9,529万7,000円の減額及び、2目老人保健事務費拠出金51万7,000円の減額は、社会保険診療報酬基金への今年度の拠出金が確定したことから、いずれも減額をするものでございます。


 4款の介護納付金、1項1目介護納付金167万1,000円は、今年度の拠出金が確定したことから、追加をするものであります。


 9款諸支出金、1項3目償還金、療養給付費等負担金返納金142万6,000円及び療養給付費等交付金返納金309万円は、いずれも不足分を追加するものであります。


 3項1目直営診療施設勘定繰出金1,144万円は、職員人件費調整分及び高柳診療所の医療機器借り上げ分を措置したものであります。


 歳入につきましては、2ページに記載のとおり、国民健康保険税及び保険料6,404万2,000円、国庫支出金3億1,140万4,000円、療養給付費交付金1億1,116万3,000円をそれぞれ減額し、県支出金3億1,140万4,000円、繰入金6,394万3,000円、繰越金2,900万1,000円をそれぞれ増額して、歳出との均衡を図っております。


 次に、直営診療施設勘定につきましては、28ページ、29ページをごらんいただきたいと思います。


 28ページ、29ページでありますが、1款総務費、1項1目一般管理費、野田診療所運営費6万1,000円は、非常勤職員の社会保険料を追加するものであります。


 2款医業費、1項1目医療用器材器具費、高柳診療所医療機器費28万4,000円は、在宅酸素機器が必要なことから、リースで配備をしたいというものであります。


 歳入につきましては、4ページにありますように、人件費分も含めまして、全額、事業勘定からの繰入金で対応するものでございます。


 次に、議第173号について御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度介護保険特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 まず、歳出でございますけれども、14ページ、15ページをお開きいただきたいと思います。


 1款総務費、1項1目一般管理費、一般経費192万8,000円は、産休及び育児休業を取得する職員がいることから、非常勤職員の賃金等を措置するものであります。


 3項2目認定調査等費232万8,000円は、介護認定支援のためのパソコン、OCRが老朽化したことから、更新をしたいというものであります。


 2款保険給付費、1項1目居宅介護サービス給付費5,416万5,000円の減額及び、3目施設介護サービス給付費1億1,771万4,000円(後に「1億7,771万4,000円」と訂正あり)の減額は、いずれも10月以降、介護保険法の改正により、食費、居住費が自己負担となることから、給付費を減額するものでございます。済みません、私、先ほど「1億1,771万4,000円」と申し上げたようですが、「1億7,771万4,000円」でありますので、訂正させていただきます。


 5目の居宅介護福祉用具購入費から7目居宅介護サービス計画給付費までは、財源更正であります。以下、財源更正の表記のあるものにつきましては、同様でありますので、説明を省略させていただきます。


 続いて、16ページ、17ページにまいりまして、2項1目居宅支援サービス給付費128万4,000円の減額は、10月の法改正により減額となるものであります。


 4項1目高額介護サービス費1,382万4,000円は、10月の法改正以降、自己負担額が大きくなるため、利用者の負担軽減の措置が実施され、高額介護サービス費が2万4,600円から1万5,000円に引き下げる関係で、保険給付は、逆に増となることから、今回、補正をさせていただくものであります。


 5項1目特定入所者介護サービス費9,520万5,000円は、法改正により、施設入所者及びショートステイ利用者等の自己負担が大きくなることから、低所得者対策として、負担上限額が設けられることとなりました。このために、それを超える分は保険給付となり、新たに給付費が生じることから措置をしたものでございます。


 続きまして、18ページ、19ページにまいりまして、2目特例特定入所者介護サービス費8万円は、考え方は同様でありまして、対象が特例ということで、要判定前の方を対象としているものでございます。


 3目特定入所者支援サービス費61万1,000円及び4目特例特定入所者支援サービス費2万円も、考え方は同様であり、いずれも要支援者を対象とした給付費を措置したものでございます。


 5款諸支出金、1項2目償還金、国庫支出金等返還金4,689万円は、平成16年度の精算還付金であります。


 2項1目一般会計繰出金413万7,000円は、両町では、従来、一般会計からの繰入金を翌年度の途中で精算していたことから、それに相当する分を、今回、一般会計に繰り入れをするものでございます。


 歳入につきましては、2ページにあります記載のとおり、国庫支出金2,965万2,000円、支払基金交付金3,949万4,000円、県支出金1,533万6,000円、繰入金3,423万3,000円をそれぞれ減額し、繰越金3,763万5,000円、諸収入1,340万2,000円をそれぞれ増額して、歳出との均衡を図っております。


 次に、議第174号について申し上げます。


 本案は、平成17年度新潟県立こども自然王国管理運営事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。


 まず、歳出についてでありますが、予算書の12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。


 2款の事業費、1項1目事業費、こども自然王国体験プログラム運営事業91万5,000円は、自然王国内の排煙装置の修繕及びキャンプ場炊事施設の屋根の修繕を実施したいというものであります。


 歳入につきましては、2ページにありますように、全額雑入、つまり、従前からの剰余金をもって対応するものでございます。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第172号から議第174号までの3案は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第20(議第175号) 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)


○議長(霜田 彰)


 日程第20 平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第175号について御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度墓園事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。


 まず、歳出でありますけれども、予算書の12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。


 1款事業費、1項1目墓園管理費、墓園管理事業33万3,000円は、墓地の不使用による返還希望者が多く出たことから、永代使用料、管理料に係る返還金を追加するものであります。


 歳入につきましては、2ページにありますとおり、全額、繰越金にて対応してございます。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第175号は、総務常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第21(議第176号) 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)


日程第22(議第177号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


日程第23(議第178号) 平成17年度ガス事業会計補正予算(第3号)


日程第24(議第179号) 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)


○議長(霜田 彰)


 日程第21 平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)から日程第24 平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)までの4案を一括議題とします。


 なお、議第179号については、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第176号から議第179号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第176号について申し上げます。


 本案は、平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 職員人件費は、一般会計同様でありますので、省略をさせていただきます。


 まず、歳出でありますが、12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。


 1款下水道費、1項1目下水道総務費、一般経費1,373万4,000円は、当初、消費税については還付される予定でしたけれども、新潟県中越地震で多くの管路工事が繰り越されたことに伴いまして、消費税を納付する必要があることから、必要額を措置するものでございます。


 3目管渠維持費、マンホール補修事業360万円は、新潟県中越地震の影響で、マンホールすりつけ補修工事が増加し、工事費に不足が生じることから追加をするものであります。


 歳入につきましては、2ページ記載にありますとおり、繰越金720万2,000円、諸収入177万4,000円をそれぞれ増額して、歳出との均衡を図っております。


 次に、議第177号について申し上げます。


 本案は、平成17年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてでございます。


 歳出について、14ページ、15ページをごらんいただきたいと思います。


 1款集落排水費、2項2目農業集落排水事業費、農業集落排水事業の中川地区1,300万円は、西山町中川地区の管路工事について、本年度、市道改良工事が施工されることとなり、これとあわせて、来年度工事を前倒しで実施したいことから、工事費を措置するものでございます。


 2款公債費、1項2目利子につきましては、起債償還に係る県補助金の補助率が減少したことから、一般財源に振り替える財源更正を行うものであります。


 歳入につきましては、2ページに記載のとおりでありますが、2ページの方をお願いいたします。


 県支出金の災害復旧費県補助金につきまして、当初、8割補助を見込んでいたものが、9割補助を受けられることとなったことから増額をしてございます。結果として、県支出金1億8,388万1,000円、繰入金288万4,000円、諸収入5,211万9,000円をそれぞれ増額し、市債2億2,400万円の減額により、歳出との均衡を図っております。


 次に、議第178号について申し上げます。


 本案は、平成17年度ガス事業会計補正予算(第3号)についてでございます。


 この補正予算は、1点目といたしまして、9月から開始をいたしました検針票有料広告収入の補正でございます。


 2点目といたしましては、当初予算及び合併補正予算で定めた人件費について、人事異動、今後の所要見込み額を精査しました結果、補正をいたしたいというものであります。


 それでは、各条について御説明を申し上げます。


 まず、予算書の1ページの方をごらんいただきたいと思います。


 第2条は、第1款ガス事業収益、第2項営業雑収益について31万5,000円を増額し、第1款ガス事業費用、第1項営業費用は2,968万6,000円減額、第2項営業雑費用は64万7,000円を増額し、合計で2,903万9,000円減額いたしたいというものであります。


 第3条は、第1款資本的支出、第1項建設改良費について、人件費の補正といたしまして2,878万円増額し、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及び、その補てん財源を補正したいというものであります。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち、職員給与費の減額をあわせて行いたいというものであります。


 次に、議第179号について御説明申し上げます。


 本案は、平成17年度水道事業会計補正予算(第3号)についてでございます。


 この補正予算は、ガス事業会計と同様に、1点目といたしましては、検針票有料広告収入の補正でございます。


 2点目といたしましては、当初予算及び合併補正予算で定めた人件費について、人事異動、今後の所要見込み額を精査した結果、補正をしたいというものであります。


 それでは、各条について御説明申し上げます。


 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。


 第2条は、第1款上水道事業収益、第2項営業雑収益について31万5,000円を増額し、第1款上水道事業費用、第1項営業費用338万4,000円を減額、第2項営業雑費用398万9,000円を増額、第2款簡易水道事業費用、第1項営業費用777万9,000円を減額し、合計で717万4,000円を減額いたしたいというものであります。


 第3条は、第1款資本的支出、第1項建設改良費について、人件費の補正といたしまして908万3,000円増額し、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及び、その補てん財源を補正したいというものであります。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費について、職員給与費の増額をあわせて行いたいというものであります。


 以上、詳細につきましては、それぞれの補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第176号から議第179号までの4案は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第25(承第11号) 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)


日程第26(承第12号) 決算の認定について(平成16年度水道事業会計)


日程第27(承第13号) 決算の認定について(平成16年度西山町水道事業会計)


日程第28(承第14号) 決算の認定について(平成16年度西山町工業用水道事業会


             計)


日程第29(承第15号) 決算の認定について(平成16年度西山・刈羽ガス企業団ガ


             ス事業会計)


日程第30(承第16号) 決算の認定について(平成17年度西山町水道事業会計)


日程第31(承第17号) 決算の認定について(平成17年度西山町工業用水道事業会


             計)


日程第32(承第18号) 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガ


             ス事業会計)


○議長(霜田 彰)


 日程第25 決算の認定について(平成16年度ガス事業会計)から日程第32 決算の認定について(平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガス事業会計)までの8件を一括議題とします。


 なお、承第16号については、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、承第11号から承第18号までについて、一括御説明申し上げます。


 本案は、承第11号平成16年度ガス事業会計、承第12号平成16年度水道事業会計、承第13号平成16年度西山町水道事業会計、承第14号平成16年度西山町工業用水道事業会計、承第15号平成16年度西山・刈羽ガス企業団ガス事業会計、承第16号平成17年度西山町水道事業会計、承第17号平成17年度西山町工業用水道事業会計、承第18号平成17年度西山・刈羽ガス企業団ガス事業会計の決算の認定についてでございます。


 いずれも、監査委員の意見を付しまして提出してございますので、御審議の上、御認定いただきますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 お諮りします。


 本8件については、9人の委員で構成する公企業決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本8件については、9人の委員で構成する公企業決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定しました。


 お諮りします。


 ただいま設置されました公企業決算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、笠原浩栄議員、池田千賀子議員、加藤愛子議員、持田繁義議員、武藤司郎議員、丸山敏彦議員、三井田孝欧議員、吉野芳章議員、戸田 東議員、以上9名を指名したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名いたしました9人の議員を公企業決算特別委員会委員に選任することに決定しました。


 後ほど、第一委員会室において委員長の互選をお願いします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第33(議第190号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第33 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第190号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、総合福祉センターの管理を行う指定管理者を社会福祉法人柏崎市社会福祉協議会とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第190号は、厚生常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第34(議第191号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第34 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第191号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、自然休養村管理センター、産業研修センター及び自然休養村いっぷく茶屋の管理を行う指定管理者を柏崎農業協同組合とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第191号は、文教経済常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第35(議第192号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(霜田 彰)


 日程第35 公の施設の指定管理者の指定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第192号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 これは、モーリエ駐車場の管理を行う指定管理者を柏崎商工会議所とし、その指定期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までといたしたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第192号は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第36(議第193号) 友好都市の提携について


○議長(霜田 彰)


 日程第36 友好都市の提携についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第193号について御説明申し上げます。


 本案は、友好都市の提携についてであります。


 これは、柏崎市と旧高柳町は、中華人民共和国四川省峨眉山市と柏崎宮川海岸に流れ着いた峨眉山下橋杭を縁としまして、平成6年8月、青少年を中心とする教育・文化の交流を通して、日中両国3市町が友好を深め、発展するための努力を続ける旨の友好交流宣言に調印し、その後、相互訪問などを通し、友好交流を行ってきましたけれども、これまで築き上げてきました友好交流関係を引き継ぎ、友好都市関係を樹立するため、本市と峨眉山市とが友好都市関係樹立協定書を締結するものであります。


 なお、昨年、この交流が10年を迎えることを機に、友好都市の締結をしようといたしましたけれども、嵯眉山市側で国の許可を得る手続が間に合わなかったために、友好都市の提携の議案を提出することができなかったところでございます。このたび、中国側の国の許可がおりましたため、議案を提出するものでございます。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第193号は、文教経済常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第37(議第194号) 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)


日程第38(議第195号) 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土木・


              建築)工事)


○議長(霜田 彰)


 日程第37 契約の締結について(佐藤池野球場改修整備工事)及び日程第38 契約の締結について(中川地区汚水処理施設建設(土木・建築)工事)の2案を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第194号及び議第195号について、一括御説明申し上げます。


 まず、議第194号について申し上げます。


 本案は、契約の締結についてであります。


 これは、佐藤池野球場改修整備工事につきまして、鹿島建設株式会社北陸支店と2億1,000万円で契約を締結いたしたいというものであります。


 次に、議第195号について申し上げます。


 本案は、契約の締結についてであります。


 これは、中川地区汚水処理施設建設(土木・建築)工事につきまして、株式会社植木組柏崎支店と2億9,400万円で契約を締結いたしたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第194号及び議第195号の2件は、総務常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第39(議第196号) 財産の取得について(ロータリ除雪車)


○議長(霜田 彰)


 日程第39 財産の取得について(ロータリ除雪車)を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 議第196号について申し上げます。


 本案は、財産の取得についてであります。


 これは、藤元町除雪基地で使用するロータリ除雪車1台を、株式会社コバリキから2,782万5,000円で取得したいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第196号は、総務常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第40(議第197号) 市道路線の廃止について


日程第41(議第198号) 市道路線の認定について


○議長(霜田 彰)


 日程第40 市道路線の廃止について及び日程第41 市道路線の認定についての2件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第197号及び議第198号について、一括御説明申し上げます。


 まず、議第197号について申し上げます。


 本案は、市道路線の廃止についてであります。


 柏崎9−201号線は、夢の森公園事業に伴い、終点地番を変更し、再認定するため廃止をする路線であります。


 柏崎11−197号線は、鯖石川及び別山川河川改修事業に伴い、旧橋梁を撤去するため廃止をする路線であります。


 柏崎13−76号線は、第二赤坂山区画整理事業の事業計画変更に伴い、市道の一部を廃止し、再認定するため廃止をする路線であります。


 次に、議第198号について御説明申し上げます。


 本案は、市道路線の認定についてであります。


 柏崎9−201号線は、夢の森公園事業に伴い、終点地番を変更し、再認定する路線であります。


 柏崎13−76号線及び柏崎13−86号線は、第二赤坂山区画整理事業の事業計画変更に伴い、市道の一部を廃止し、再認定する路線であります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(霜田 彰)


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第197号及び議第198号の2件は、建設企業常任委員会に付託します。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第42 諸般の報告


○議長(霜田 彰)


 日程第42 諸般の報告です。


 職員に朗読させます。


○事務局長(茂野信之)


 1 市長の報告 お手元に配付のとおり


  ・ 専決処分報告について(自動車事故による和解及び損害賠償額の決定について)


  ・ 平成16年度水道事業会計継続費精算報告書


  ・ 平成16年度一般会計継続費精算報告書


  ・ 平成16年度下水道事業特別会計継続費精算報告書


  ・ 平成17年度高柳町一般会計継続費精算報告書


  ・ 平成17年度西山町一般会計継続費精算報告書


  ・ 株式会社じょんのび村協会経営状況報告書


 2 監査委員の報告


  ・ 現金出納検査結果報告


     平成16年度5月分及び平成17年度5月分から7月分の一般会計、並びに特


     別会計


     同じく、平成17年度5月分及び6月分のガス水道事業会計


  ・ 定期監査結果報告


     福祉保健部福祉課及び元気支援課


 以上です。


○議長(霜田 彰)


 ただいま報告のありました監査報告は、事務局でごらんください。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(霜田 彰)


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 お諮りします。


 委員会審査のため、9月7日は休会にしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(霜田 彰)


 御異議なしと認めます。


 したがって、9月7日を休会とすることに決定しました。


 本日はこれで散会します。


               午前11時45分 散会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





   柏崎市議会議長   霜  田     彰








   署名議員      持  田  繁  義








   署名議員      今  井  元  紀