議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第1回定例会(第6日目 3月22日)




平成17年第1回定例会(第6日目 3月22日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第 3 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第 4 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第 5 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 34


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 35


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 36


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 36


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 38


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 42


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 42


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 42


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 42


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 44


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 44


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 44


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 45


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 45


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 45


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 45


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 45


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第53 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第54 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第55 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第56 ………………………………………………………………………… 49


 日 程 第57 ………………………………………………………………………… 50


 日 程 第58 ………………………………………………………………………… 50


 日 程 第59 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第60 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第61 ………………………………………………………………………… 51


 日 程 第62 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第63 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第64 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第65 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第66 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第67 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第68 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第69 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第70 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第71 ………………………………………………………………………… 54


 日 程 第72 ………………………………………………………………………… 55


 日 程 第73 ………………………………………………………………………… 55


 日 程 第74 ………………………………………………………………………… 56


 日 程 第75 ………………………………………………………………………… 56


 日 程 第76 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第77 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第78 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第79 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第80 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第81 ………………………………………………………………………… 59


 日 程 第82 ………………………………………………………………………… 63


 日 程 第83 ………………………………………………………………………… 65


 日 程 第84 ………………………………………………………………………… 66


 日 程 第85 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第86 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第87 ………………………………………………………………………… 73


 日 程 第88 ………………………………………………………………………… 75


 日 程 第89 (日程削除)………………………………………………………… 77


 日 程 第90 (日程削除)………………………………………………………… 77


 日 程 第91 (日程削除)………………………………………………………… 77


 閉 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 77


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 77


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 82





          平成17年第1回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


           平成17年 3月22日(火)第6日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                 議事日程第6号


           平成17年 3月22日午前10時開議





第 1         会議録署名議員の指名


第 2(議第 29号) 平成17年度一般会計予算


第 3(議第 30号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算


第 4(議第 31号) 平成17年度老人保健特別会計予算


第 5(議第 32号) 平成17年度介護保険特別会計予算


第 6(議第 33号) 平成17年度土地取得事業特別会計予算


第 7(議第 34号) 平成17年度墓園事業特別会計予算


第 8(議第 35号) 平成17年度下水道事業特別会計予算


第 9(議第 36号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算


第10(議第 37号) 平成17年度ガス事業会計予算


第11(議第 38号) 平成17年度水道事業会計予算


第12(議第 39号) 部制条例の一部を改正する条例


第13(議第 40号) 行政手続条例の一部を改正する条例


第14(議第 41号) 情報公開条例の一部を改正する条例


第15(議第 42号) 個人情報保護条例の一部を改正する条例


第16(議第 43号) 職員定数条例の一部を改正する条例


第17(議第 44号) 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正す


            る条例


第18(議第 45号) 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例


第19(議第 46号) 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例


第20(議第 47号) 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例


第21(議第 48号) 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例


第22(議第 49号) 市民会館条例等の一部を改正する条例


第23(議第 50号) 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例


第24(議第 51号) 手数料条例の一部を改正する条例


第25(議第 52号) 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例


第26(議第 53号) 柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査


            結果の縦覧等の手続に関する条例


第27(議第 54号) 斎場条例


第28(議第 55号) 消防本部及び消防署設置条例


第29(議第 56号) 火災予防条例


第30(議第103号) 手数料条例の一部を改正する条例


第31(議第104号) 雪割草保護条例


第32(議第 57号) 知的障害児施設さざなみ学園設置条例


第33(議第 58号) 養護老人ホーム御山荘設置条例


第34(議第 59号) 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例


第35(議第100号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第36(議第 60号) 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例


第37(議第 61号) 文化財保護条例の一部を改正する条例


第38(議第 62号) 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例


第39(議第 63号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する


            条例


第40(議第 64号) ガス供給条例の一部を改正する条例


第41(議第 65号) 上水道事業給水条例の一部を改正する条例


第42(議第 66号) 簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


第43(議第 67号) 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例


第44(議第 68号) 公の施設の指定管理者の指定について


第45(議第 69号) 公の施設の指定管理者の指定について


第46(議第 70号) 公の施設の指定管理者の指定について


第47(議第 71号) 公の施設の指定管理者の指定について


第48(議第 72号) 公の施設の指定管理者の指定について


第49(議第 73号) 公の施設の指定管理者の指定について


第50(議第 74号) 公の施設の指定管理者の指定について


第51(議第 75号) 公の施設の指定管理者の指定について


第52(議第 76号) 公の施設の指定管理者の指定について


第53(議第 77号) 公の施設の指定管理者の指定について


第54(議第 78号) 公の施設の指定管理者の指定について


第55(議第 79号) 公の施設の指定管理者の指定について


第56(議第 80号) 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の


            施設の相互利用に関する協定の廃止について


第57(議第 81号) 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相


            互利用に関する協定の締結について


第58(議第 82号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体


            の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変


            更について


第59(議第 83号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体


            の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変


            更について


第60(議第 84号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方


            公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会


            共同設置規約の変更について


第61(議第 85号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方


            公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会


            共同設置規約の変更について


第62(議第 86号) 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止につ


            いて


第63(議第 87号) 消防に関する事務の受託について


第64(議第 88号) 消防の関する事務の受託について


第65(議第 89号) し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について


第66(議第 90号) ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について


第67(議第 91号) 火葬に関する事務の受託について


第68(議第 92号) 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託に


            ついて


第69(議第 93号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


第70(議第 94号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


第71(議第 95号) 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)


第72(議第 96号) 市道路線の廃止について


第73(議第 97号) 市道路線の認定について


第74(議第101号) 平成16年度一般会計補正予算(第16号)


第75(議第102号) 平成17年度一般会計補正予算(第1号)


第76(議第106号) 平成16年度一般会計補正予算(第17号)


第77(議第107号) 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第5号)


第78(議第108号) 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)


第79(議第109号) 平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)


第80(議第110号) 平成16年度ガス事業会計補正予算(第7号)


第81(議第111号) 平成16年度水道事業会計補正予算(第8号)


第82(議員発案第2号) 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書(案)


第83(議員発案第3号) サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、


             改善を求める意見書(案)


第84(議員発案第4号) 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財政の


             確立と充実を求める意見書(案)


第85(議員発案第5号) 被災者生活再建支援法の改善等を求める意見書(案)


第86(議員発案第6号) 地方鉄道の維持・確保に関する意見書(案)


第87(議員発案第7号) 在日外国人の無年金障害者と、在日外国人及び在外邦人の無


             年金高齢者に対する国による救済措置を求める意見書(案)


第88(議員発案第8号) JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)


第89(請第  1号) サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、改


            善を求める請願


第90(請第  2号) 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財政の確


            立と充実を求める請願


第91(請第  3号) 被災者生活再建支援法の改善等に関する意見書提出を求める請


            願


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程中、日程第89から日程第91を削除


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(29人)


                 議 長(23番)今   井   元   紀


                 副議長(27番)霜   田       彰


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     4番 高   橋   新   一


 5番 矢   部   忠   夫     6番 荒   城   彦   一


 7番 佐   藤   敏   彦     8番 飯   塚   寿   之


 9番 池   田   千 賀 子    10番 持   田   繁   義


11番 五 位 野   和   夫    12番 若   井   恵   子


13番 真   貝   維   義    14番 遠   藤       清


15番 本   間   厚   幸    16番 吉   野   芳   章


17番 金   子   錦   弥    18番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 小   池       寛    24番 三 井 田   孝   欧


25番 中   村   明   臣    26番 入   沢   徳   明


28番 坂   井   隆   雄    29番 戸   田       東


30番 梅   沢       明


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(なし)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長  茂  野  信  之   事務局長代理   阿  部  忠  夫


庶務係長  佐  藤  世志光    議事調査係主任  高  橋  和  行


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長                 会 田   洋


    助    役                 若 山 正 樹


    収 入 役                  伊 藤 要 一


    総合企画部長                 品 田 正 樹


    総合企画部参事(柏崎地域広域事務組合事務局長)北 原   恵


    市民生活部長                 山 田 信 行


    福祉保健部長                 大 谷 正 利


    都市整備部長                 田 村 史 朗


    人事課長                   清 水 紀 彦


    財務課長                   村 木 正 博


    企画政策課長                 山 田   秀


    市町村合併対策室長              須 田 幹 一


    税務課長                   長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長           布 施   実


    市民活動支援課長               高 橋 敏 郎


    環境政策課長                 酒 井   明


    子ども課長                  霜 田 直 幸


    観光交流課長                 堀   敏 昭


    農林水産課長                 内 山   均


    商工振興課長                 三井田   隆


    用地対策室長                 長谷川 靖 夫


    ガス水道局長                 歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長              小 竹 省一郎


    教育長                    小 林 和 徳


    教育次長                   山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長            真 貝 清 一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開議


○議長(今井元紀)


 ただいまから本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は、29人です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会議録署名議員の指名


○議長(今井元紀)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、宮崎栄子議員及び真貝維義議員を指名いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2(議第29号) 平成17年度一般会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第2 平成17年度一般会計予算を議題といたします。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長。高橋新一議員。


○総務常任委員長(高橋新一)


 おはようございます。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第29号、平成17年度一般会計予算の付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果について報告いたします。


 本案は、審査の過程において、市民生活部所管部分については、広域事務組合引継ぎ後の小国町、出雲崎町の消防事務委託、職員派遣について、業務の責任分担、応援協定、職員の振り分け、車両及び職員の定数、定員と充足率、消防署女性職員の登用について、消防団事務の人員・団員不足対策、女性消防団の役割、予防活動、携帯電話不通地域の解消について、地域コミュニティ活動事業の最終目的、行革との関連性、各コミセンの活動にばらつきが出ると思われるが、その指導について、コミセン活動と地域の子供たちの教育、防災、里創プランとの関連性、ポスト里創プランとNPO支援事業の関連性とそのあり方、男女共同参画推進事業の推進審議会、推進条例策定委員会、プラン改定委員会の委員構成、推進市民会議の活動と成果について、条例制定に当たってのアンケート調査結果と今後の取り組みについて、素案づくりと行政のかかわりについて、交通安全協会と交通安全推進協議会の関連性と整合性について、いいねっかによる企業支援について、広報広聴課、移動市長室の必要性と利用者見込み、職員体制について、地盤沈下の現況と対策について、地球温暖化対策の取り組みについて、粗大ごみ有料化の経過と新年度予算の考え方、可燃ごみ19年度有料化の必然性と啓発活動について、企画部所管部分においては、市町合併に伴う給与ベースの違いと調整、合併後の職員数とアウトソーシング等について、行財政改革と17年度予算編成の関連性と流れについて、市長交代と予算編成の関係、17年度予算は、基金取り崩しによって編成されたが、18年度以降の予算規模と市民サービス規模の見通しについて、経常経費と事業費の割合、経常経費削減と民生費との関係、今後の財政運営のあり方について、総合計画策定事業の内容と総合的なイメージ、計画策定に当たっての市民会議の構成と役割分担、同じ顔ぶれとなるのではないかという危惧、市民の役割、行政との協働について、第三次計画の積み残しと反省点を第四次計画にどのように反映するのか、第三次総合計画は、ソフトからハードへの流れの中にあったが、ソフトに偏らず、市民の意見を踏まえて何が必要かを真剣に考えてほしい、行革の概念、総合計画と行革の関連性と考え方、満足度と重要度の見方とその違いについて、電子市役所推進事業予算の積算根拠について、福祉総合システムのデータ保存について、アウトソーシングの委託先、電算システム統合事業の情報公開について、地域生活交通確保調査委託事業の内容、法的規制との関連性について、市町合併記念式典の内容等について、質疑、意見がありました。


 討論におきましては、5人の委員から次のような賛成の討論がありました。


 柏崎市政の大きな変革期、変動期ととらえたい。これからの市政運営がどうなっていくかは、まだまだこれからであるが、変革を求める市民の声に沿っていきたい。前向きな変化を期待していきたい。本予算は、前市政からの引継ぎで予算の大枠が決まっているものの、今後、改革を求める流れに向かっていってほしい。


 予算の特徴としては、災害対策とその財源の手当てということで、並々ならぬ決意で頑張ろうというところは、見守っていきたい。市長の、きらりと光る柏崎をつくるという思いが、広報広聴課の設置を初めとした機構改革の中で、少しずつあらわれている。


 合併特例債などの事業見直しに取り組むとしている、これらは評価したい。


 今後、注視すべき点としては、市町の合併、第四次総合計画策定、行政改革、原発防災、地方分権にかかわっての市民負担の問題などがあるが、万全な対応を求めて賛成する。


 市町合併、市長の交代、予期せぬ大災害、この3つの要素を抱えながらの予算編成であったと思う。


 予算の大部分は前市長の手によるもので、前市長の政策や考え方が色濃く反映された予算といっていいかと思う。実質的には、12億円増の予算というものの、営々と蓄えてきた基金を取り崩している予算である。


 今後の市政、なかんずく財政問題には目をそらすことなく、市民に実情を訴えながら、また、我慢も求めなければならない。事業費が圧縮されていく中で、元気の出る市政をやっていくべきである。市長は改革・見直しと言っているが、後戻りにならないことを強く望む。


 総合計画策定に取り組むが、特色を持ったまちづくりの計画を求めたい。ミニ新幹線、合併特例債事業など、市民の生活に直結した大事な事業であることを忘れないでやってもらいたい。広報広聴の正しい取り組みも出てきたが、有効に生かされるよう望む。環境問題もCO2や地盤沈下などの懸案事項が多くあるが、引き続き粘り強く対応してほしい。市町合併や広域事務組合の解散による事務の承継などがあるが、円滑に広域の行政が行われるよう望みたい。行政の継続性ということを考え、消極的ではあるが、賛成する。


 次に、前年度とほとんど変わらない予算である。市民のために予算はどうあるべきかという観点から反対するわけにはいかない。三位一体改革、非常に財政が厳しい中、基金の取り崩しや災害を念頭に置いての予算編成だったと思う。財政が厳しくなる中、全市民の理解を求めることが必要である。各種審議会等が設置されるが、新しい感覚を持っている人など、広く人材を求め、非常に元気の出る明るいまちづくりの検討が進められるよう求めたい。以上、賛成する。


 次に、確かに行政の継続的なことから言って、例年と余り変わらないという部分はあるが、許される時間の範囲の中で事業の見直し、スクラップ・アンド・ビルドの努力を理解したい。地域生活交通確保調査、広報広聴課の設置、福祉保健総合システムの取り組みなど、市民生活の安心と安全、豊かさを目指したものとして考え、評価し、期待する。今、市政の転換期にきているということを行政も議会も市民も認識しなくてはならず、次世代に負担をかけない行財政を目指していかなければならない。


 そういう中で、第三次行革大綱の策定、第四次総合計画づくりは、その目指すところが明らかになったと思う。その目指すところ、論点に沿って、慎重かつ大胆に作業を進めてほしい。市民の力が引き出される手法で、名実ともに市民参加の形で計画を策定してほしい。市長がゼロベースから事務・事業の見直しを指示したことを歓迎し、評価したい。これまでの市政における行財政のあり方がどうだったのか、これから何が必要か、その基本を念頭に置いて予算執行すべきである。以上のことから賛成する。


 最後に、三位一体改革の影響、水害、地震災害復旧に関連した事業のウエートが大きい、大変厳しい予算編成だったと思う。それに伴って、公共施設維持管理基金を廃止し、新たな基金としたが、これは応急措置と理解したい。広報広聴課の設置については、ワンストップサービスを含めた総合相談的な窓口を一つのコンセプトとして、市民が利用しやすいように対応するとの説明がなされたが、それに見合う課の規模、陣容となっているのか、特に広聴担当が2名というのは心配な部分である。


 今後の市政にとって、一番大事なのは、広報と思う。市民の理解なくしては何事も成功しないということを考えると、やはり広報に重点を置くべきである。以上1点、意見を付して賛成する。


 このような賛成の討論がありました。


 本案は採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 次に、厚生常任委員長。五位野和夫議員。


○厚生常任委員長(五位野和夫)


 おはようございます。


 厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた、議第29号、平成17年度一般会計予算のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の経過において、次のような質疑が行われました。フォンジェで行われるおもちゃ博物館の運営内容について、一時預かり所については、委託料や受け入れる子供は何歳までを想定しているか、授乳やおやつなどについてはどうなっているのか、窓がないところでの行われることについてなど、安全面や衛生面については大丈夫か。なぜキッズマジックの土地の賃料が予算化はなくなったのか。これまでのフォンジェ支援と一時預かりの予算の差額はどれくらいか。福祉課の予算が上がっているが、その要因は何か。また、予算編成の努力点は何か。いわゆる1人9,000円の国保繰出金は、予算の議題にならなかったのか。補助金カットの流れは、全市一律なのか。国保繰出金のシステムが、変更になったものではなかったか。米山診療所の賃料が高いと思うが、料金の算出根拠は何か。


 地域福祉計画策定事業内容について。医療問題懇談会については、この会はエンドレスで続けるのか。懇談での議論のねらいは何か。当局の説明では、焦点がそれているのではないか。市民の要望を議論すべきではないか。地域医療を幅広く議論すべきではないか。懇談会に対する郡病院の態度はどうか。休日急患をもっと郡病院に受け入れてもらうべきではないのか。


 次に、ふれあい給食サービスセンターを公でやることの意味合いは何か。今後、福祉保健部にかかわる事業で、受益者負担をしようとしている事業はあるのか。西部地域に予定していた特別養護老人ホームの事業採択が見送られたが、平成17年度の建設見込みはどうか。また、事業採択のおくれにより、事業者が手を引く可能性はないのか。谷根診療所の移転・改築により、医療体制は充実するのか。そのための医師会との協議はあったのか。米山診療所の医師に谷根診療所を担当してもらえないのか。


 高齢者住宅等安心確保事業については、高齢者への公共住宅のあり方は今後どう考えるか。シルバー人材センターへの補助金は、本来のあり方どおりに指導してほしい。シルバー人材センターは、雇用対策とバッティングしてくるのではないか。


 母子家庭自立支援事業の人数の想定はどれくらいみているか。今後、充実の展望はあるのか。身体障害者用自動車改造等助成事業の支給は額で行うのか、率で行うのか。点字広報等発行事業では、かかわる団体に対する機器の支援はどうなっているのか。また、広報広聴課との連携が必要ではないのか。


 西部地区特養の見送りにかかわって、市内の特養待機者はどれくらいいるのか。進行性筋萎縮症者療養等給付事業について、給付単価や補助率は変わったのか。事業内容の変更はあったのか。


 市立保育園措置委託料がアップした理由は何か。心の健康づくり事業については、市民と触れ合えるスペースはあるのか。プライバシーの確保はどうか。訪問介護利用者負担特別対策給付費のカットについての議論は担当課であったのか。


 軽度発達障害者の義務教育後の取り組みをどう考えているのか。また、障害者の親についても、義務教育後の相談窓口はどうなるのか。シルバーハウジングとケアハウスの違いは何か。高柳のような冬期老人住宅を今後、過疎地につくる可能性はあるのか。病後児保育については、予算では啓発事業としているが、その意味は何か。47人という登録者の数字をどうとらえているのか。このような質疑・意見がありました。


 討論においては、5人の委員から、次のような賛成の討論がありました。


 福祉保健部所管の事業は、会田市長が施政方針で述べている、安心して暮らせるまちに直接つながる事業ばかりであると考えている。厳しい予算編成の中で最大限気配りをされ、また、懸案事項についても幾つか着手された予算であると全体的に評価したい。地域福祉策定事業、医療問題懇談会については、市民の参画を求め、市民の目から課題を引き出していく事業であり、期待、注目をしていきたい。特に、地域福祉策定計画は、計画策定に住民から参加を得、住民の皆さんの行動を喚起していくということを期待するという、これまでは少し困難な事業になるということで、策定のプロセスは難儀な部分も多いかもしれないが、新しいスタイルをつくるという意味からも期待したいと思う。


 元気な高齢者をふやし、高齢者が安心して暮らせるという点では、昨年から始まった、高齢者筋力向上トレーニング事業を平成17年度は通年に拡充させるということ、食事をとるために重要な歯科疾患が予防に欠かせない歯科検診事業への取り組みが評価される。また、議会でも以前から提言の多かった小規模多機能施設を目指す高浜地区デイサービスセンターが開設される。新しい介護サービスの形として、市民に、PRを行っていく必要があると思う。長年経過した事業で利用が伸び悩んでいる事業には、発想の転換を求めたい。例えば、休日急患診療事業は、救急医療としてなくてはならない事業であるが、受診者数は余り多くなく、一方で急患の患者は郡病院に受診しているという実態が見られるということで、このサービスを落とすことなく市民が利用しやすい形に変えていくという考え方も必要と思う。


 新規事業として子育て支援、一時預かり事業が計画されているが、新こども夢ぷらんを策定して子育て支援を充実させていくという考え方はいいが、その中身については、サービスを直接受ける子供にとってどうなのかという点を重視すべきである。本事業については、保育園以外で子供を預かる初めての事業になるということから、児童の安全について最優先してほしいという意見を付したい。以上、評価と意見を付して賛成する。


 全体としては、例年同様の内容であり、削減の努力に期待しつつも精いっぱい取り組んでいることに評価はできると思う。フォンジェのキッズマジックの支援を一気になくしてしまったのは、まさに支援ということだけしか見ていなかったという点で、非常に残念である。心の健康づくり事業を同じ場所で取り組むが、利用者が多くなること、この事業がうまくいくよう願っている。全体として利用者がふえた部分のサービスが十分生かされていると思い、賛成する。


 フォンジェキッズマジックの一部スペースを借り上げて行う一時保育については、中心部における子育て支援の充実となるよう期待している。絵本事業の充実は、合併がらみとはいえ、今後の効果を期待している。母子家庭の自立支援を新たに取り組むが、しっかりと取り組んでほしい。


 新規特別養護老人ホームの事業採択が見送られた点は、非常に残念である。次年度は万全を期して取り組んでほしい。北園町に建設されるシルバーハウジングの生活援助員の配置は、新たな取り組みであるが、今後のシルバーハウジングの方向が明確でない点は、非常に不満である。


 高齢者筋力向上トレーニング事業は、効果も出ているが、今後、対象者を広げていくことについては、かなり制約があるのではないかという気がする。他の自治体で効果の出ている介護予防、寝たきり予防体操等を、地域との協力で展開するよう望む。心の健康相談事業が、本来の目的を達成するには、それなりの仕掛けが必要と考える。発達障害者支援については、当市だけではなかなか難しい課題であると思うが、万全を期して事業に取り組んでもらいたい。医療問題懇談会を設置して地域医療の課題を協議するが、当市を中心とした地域医療の課題は、それなりに問題点が顕在化している。また、方向もそんなに選択肢があるわけではないことは、当局も承知しているはずである。開業医と郡病院を中心とした連携を密にした救急体制の強化こそ早急に取り組む課題と思っている。


 地域福祉計画の策定については、担当課が視察した諏訪市や先進地である八王子市などが目指している、総合福祉からのまちづくりの視点で取り組んでほしい。以上、意見・要望を付して賛成する。


 財政が非常に厳しい中での予算編成であったわけで、目新しいサービスが入っていない中、内容を充実させるということにどれだけ当局が頑張ってくれるかということになる。柏崎の医療問題について、課題もわかっているという考え方もあるが、改めて、きちんとした検討課題として取り組むということ、救急医療体制の充実、高度医療に対する連携プレー等も含めて必要だと思う。医療問題の中には地域医療、とりわけ周辺部、過疎化が進んでいる地域をどうするのかというあたりは、市として大きく考えていってもらいたいと主張してきたが、それらの問題も、この医療問題懇談会の中できちんと議論してもらいたいと期待している。そういう一環として無医地区だった米山地区に診療所を開設すること、谷根の診療所をコミュニティデイホームと一緒に改装するという新しい取り組みを評価したい。子育て支援一時預かりの取り組みは、目的に沿った形で効果を挙げるために努力をしてもらいたい。もともとフォンジェ支援に端を発して3年間過ぎたという経過があるわけで、どういうふうに切りかえるか、非常に心配な部分があるが、あそこのスペースを借りて事業展開を図るということから、様子を見守りたい。


 少子高齢化の真っただ中において、大変な事態にあると思うが、市長も変わったわけであり、新たな仕組みの中で予算をきちんと執行していってもらいたいという意味を込めて賛成する。


 前年度に引き続き、民生費が増額され、一般会計に占める比率がトップにあることは、市民生活直結の予算であることで間違いないと思っている。したがって、経常経費の押し上げの要因になっていることもこれまた認めるところである。新しい事業も余り見受けられず、継続事業が主な予算と思う。厳しい財政運営の中、福祉対策の取り組みも十分検討されることを要望する。行政改革で補助金分担金事業の見直しこそ急務であると考えている。高福祉高負担の原則は当然であり、しっかりと見直される中で、新しい事業への取り組みも要望する。


 そのような中、各担当部局では、しっかりと予算執行を考えながら取り組んでほしい。子育て支援事業の中でキッズマジック事業があるが、一般市民の理解を得られるための取り組みが必要である。3年の事業が終わって、フォンジェの支援なのか、そのための子育て支援対策をそこでやるのかということが、非常にあいまいな気がしてならない。この辺はしっかりと市民にPRしてもらいたい。


 米山町に診療所を開設すること、谷根地区の診療所及びコミュニティデイホームの改装は、地域にとって評価していい事業と思う。福祉保健部所管の中で一番大きな問題は、郡病院の基幹医療のあり方だと思っている。市民が本当に安心できる医療体制をつくるには、それなりの大きな予算が投入されているわけであり、基幹医療として郡病院が役割を果たすよう、当局が努力してもらうことを要望する。以上、意見・要望を付して賛成する。


 このような賛成討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 次に、文教経済常任委員長。笠原議員。


○文教経済常任委員長(笠原浩栄)


 付託を受けた事件、議第29号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、農業振興部所管部分では、ぶどう園振興対策事業におけるぶどう園の今後の経営見通し、増資計画、災害による復旧支援など、設立から10年たち、立ちどまって検証が必要であり、きちんと責任を持って、今後の計画について説明すべきであるという意見がありました。耕蓄連携型農産物地域ブランド化モデル事業の事業内容について、水田農場構造改革対策事業について、農村地域定住促進対策事業の具体的内容について、営農委員会支援事業の対象地区及び補助上限額について、道の駅の今後の整備計画と米山山荘の利用状況について、自然休養村の利用実績と成果及び今後について、水産資源保護培養事業における種苗の内容と実績について、農業振興地域整備事業における農振地域の見直しについて、農業委員の構成と農業委員会の活性化について、松波荒浜保健保安林施設維持管理を地元町内会に委託できないか、造林事業の必要性について、アメリカシロヒトリ防除事業の貸し出し対象者について、森林病害防除事業への無人ヘリオペレーターの要望について、中核後継者育成事業におけるアドバイザーの人選について、情報関連産業育成振興基金積立金の目的と企業の振興について、企業立地推進室の体制及び意気込みについてなどがありました。


 教育委員会所管部分では、国体選手強化事業補助金の交付種目と金額について、感動!学校かがやきプラン創造事業の増額要望について、情報コーディネート事業の委託先について公募できないか、語学指導補助(ALT)の学校配置計画と評価について、科学技術教育事業における一般企業の参加状況について、教科書選定作業について、佐藤池野球場の利用状況と改修費について、週5日制に伴う学力の低下について、ふれあいルーム推進事業における不登校児童・生徒の対象者と評価について、ふるさと人物館の入館者数と評価について、スポーツ医科学室の運営事業の推進について、就学奨励費の件数と傾向について、奨学金応募者の状況について、二中改築基本設計事業の内容と地元の体制について、学校給食の民間委託に伴う安定地産地消の今後の展開について、給食施設の老朽化に伴う設備の改修・改築などについて意見がありました。


 討論においては、4人の委員から、賛成討論として、指導補助員15名を市単独費で措置し、質の確保を図った。国の教育方針の変更で、柏崎の教育内容を総合的な学習時間の中できちんと考える姿勢が見える。


 融資預託事業では、経済景気対策特別資金、中小企業等融資の借りかえが1年間延長されるなど、中小企業向け融資が守られた。新設の企業立地推進室の役割について、期間を決めての目標達成、やる気、意欲は感じられた。ぶどう村については、厳しい状況であるが、しばらく継続する中で、今後の対応を考え、精査して頑張ろうという姿勢が見られる。額は少ないが、少しずつ新市長の方向性と要望が予算の中に出てきている。次に、具体的に、予算としての継続の中で、外に向かって何かをやろうという意気込みが薄い。新市長として予算を十分吟味する時間がなかったと思うが、来年度はゼロベースから考え直すことに期待する。


 次に、例年と大きく変わっていない予算である。ゆとり教育より、学習時間を多くすることが大事である。農業については、担い手不足が心配である。厳しい経営状況であるぶどう村には、増資及び市の支援が必要であり、努力してほしい。


 次に、注目すべき大きな事業は余りなく、従来の予算の枠組みに大きな変化がないと思う。市単独での15名の指導補助員の確保、15名の障害児学級介助員、カウンセリングルーム運営、心の相談事業など、きめ細かさや、教育の充実は評価をする。就学奨励費として一定の金額を計上し、義務教育の機会均等に向けての努力は好感が持てる。ただし、全体として柏崎の教育の向上が見えないのが少し残念である。土地改良事業圃場整備の推進に向けて農業委員会支援事業について注目している。新規就労者をふやし、担い手の育成を念頭に予算執行してほしい。融資預託事業では、他の自治体に比べて力点を置いて取り組んでいることは評価する。働く場づくりに向けての企業立地推進室の設置、工業メッセの継続実施など、積極策は大いに期待をしている。しかし、トルコ文化村の倒産・整理に関連して、市の負担の大きさが懸念されるが、柏崎の観光を考える上で大きな転換であり、合併を控え、2町の観光資源を生かして、観光政策を確立してほしいなどの討論がありました。


 採決の結果、本案は、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 次に、建設企業常任委員長。入沢議員。


○建設企業常任委員長(入沢徳明)


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第29号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告します。


 本案は、審査の過程で、次のような質疑などがありました。


 土木費全般において、過去3年と大幅な減額となっているが、合併及び災害復旧を含め、街路事業の北半田・中浜線の進捗や市街地での道路側溝の老朽化が進んでいるが、今後、都市整備の事業展開はどのようになるのか。維持管理関係においては、通学路の街路灯について、防犯・事故対策として17年度で要望箇所をすべて設置できるようお願いしていたが、どうか。都市公園管理事業で、総合的公園と小規模な公園の管理委託先について、サインシステムについて、除雪車の入れかえでの購入及びリースについては、合併による除雪路線の延長から、効率性、経済性、利便性の観点で、どのような体制で当たるのか、通学路の歩道除雪においての時間帯の配慮についてなどの質疑がありました。


 都市整備関係においては、新橋海岸線の進捗ぐあいはどのようになっているのか、都市景観形成推進事業では駅通りを初めとする市全体の景観で取り組んでいただけるのか、また、合併による両町の懇談会委員メンバーの考えはどうか、都市政策のビジョンモデルプロジェクト事業は柏崎駅周辺を初めとする南北の工場跡地もあわせ、新潟県が主体となって市民協働で検討する事業となるのだが、進め方やあわせてミニ新幹線構想及び日石跡地の赤レンガ倉庫の活用の方向性はどのように考えているのか、港周辺の賑わい再生事業の測量設計委託のイメージと委託先、そして、委託設計において、活性化策や物流面での交通の環境問題による港湾管理者の新潟県から許可及び指示で手戻りはないのか、鵜川に係留しているボートへの警告と柏崎マリーナの受け入れ体制についてなどの質疑がありました。


 下水道関係においては、合併処理浄化槽設置整備補助金新規100基分に、震災で仮設住宅や公営住宅に入居していて、これら取りかえする世帯は少ないとのことであるが、その分も含んだ予算となっているのか。


 建築住宅関係において、災害復興住宅資金貸付金利子補給事業と公営住宅への震災仮設住宅入居者の転居希望や、その対応について、公営住宅における入居希望が多いので、充足率と民間アパートとのバランスにおいての入居基準について、北園町に完成するシルバーハウジングの今後の予定についてなどの質疑がありました。


 学園まちづくり関係においては、フロンティアパーク内の遺跡の記録保存が完成したことから、防災上の観点で工事を進めているが、遺跡の現状保存の拡大は夢の森公園とも連動していることから、市と中小企業基盤整備機構との状況報告を議会開催中にできないか。中小企業基盤整備機構との交渉で、フロンティアパーク事業がなくなることはないのか。また、夢の森公園の整備について、将来の市民負担に係る見直し協議を行っているが、イメージダウンにならないのか。事業運営面では、全国的に活動している山梨県のホールアース自然学校がかかわっているが、位置づけはどうなのか。高柳じょんのび村や地域との競合とならないような明確なビジョンを持った自立への方向性はどうかなどの質疑がありました。


 災害復旧においては、大規模災害で国の査定後の現状と、17年度中に工事が完成するのかなどの質疑・意見等がありました。


 討論において2人の委員から賛成の討論があり、昨年の7月の水害、10月の地震とダブル災害となり、災害復旧関連事業等が計上されているにもかかわらず、一般会計予算は、前年度に比べて3億3,000万円の減額となり、失望しているが、市民ニーズの多い道路改良や、排水溝の補修には、ぜひとも力を注いでいただきたい。公営住宅建設については、ある自治体において、新築住宅建設を進めるため、奨励金や固定資産税の数年間の免除等を行い、経済効果を期待するなど、行っていることを参考に、当市の公営住宅の建設を考え直す時期にきているのではないかと思うが、これらを要望して賛成する。


 また、災害復旧と財政上厳しいとはいうものの、救急車が入っていけないような道路など、今後実施していかなければならない事業の再度把握を行っていただき、賛成するとの討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、厚生常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、建設企業常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


 池田議員。


○9番(池田千賀子)


 議第29号平成17年度一般会計予算について、会派みらいを代表いたしまして、賛成の立場で討論をいたします。


 17年度予算は、柏崎市政が12年振りに新しい市長、会田市長に交代されて初めての予算であります。市町合併を目前に控え、新市長が昨年の選挙を通じてつかまれた市民ニーズをどう予算に生かすのか、どう変化をつけるのか、あるいは、どう継続をさせるのか、注目の予算であったと思います。


 17年度予算は、国の三位一体の改革が継続している中にあって、国による地方への財源措置はほぼ前年並みであったとはいうものの、当市においては、昨年の中越地震の災害復旧を優先的に取り組むという、大きな課題を背負っての予算編成でありました。このような会田カラーがなかなか出しにくい状況の中で、385億7,000万円の予算は、安心して暮らせるまちづくりと、自主的、主体的まちづくりの第一歩を踏み出そうとするための気配りが感じられる予算であったと、まずは総括的に評価をしたいと思います。


 以下、4つの観点から、評価できる点と若干の意見を申し上げたい点について述べさせていただきたいと思います。


 まず1つ目、市民の皆さんの声の反映という観点から申し上げさせていただきます。


 市民の皆さんが、市政への考えを伝える場があって、みずからの声が生かされているという実感が持てなければ、幾ら行政が求めても協働はあり得ないと思います。市長は施政方針において、同規模の他市に比して、よりよいサービスを享受できる時代は終焉したと述べておられますが、この厳しい時代にあっても、真に行政が行うべき仕事、事業は何かを模索していくときに、十分な情報と市民の皆さんの考えや意見を表明する場は不可欠であると考えます。


 厳しさを増す市の運営に向け、決意と具体的な手段としてあらわしたものの1つが、庁舎1階に設置をするという広報広聴課であると、私は理解したいと思います。また、同様に、多くの市民の皆さんと進める第四次総合計画や地域福祉計画、都市政策ビジョンモデルプロジェクト事業など、そして、関心が高い医療問題を話し合う、医療問題懇談会などを評価をしたいと思います。これらは、市民と行政が互いに目的を共有できる場になるわけでありますから、十分な情報提供と、市民の皆さんが持つ力を最大限引き出せるよう配慮して進めていかれることを要望いたします。


 2つ目の観点としまして、住民自治協働の考え方を事業化したという点から申し上げます。


 地方分権の時代にあって、何と言っても今後の地域の自治の推進のために期待をしたいのがコミュニティ活動であります。各地区では計画に沿って、これから事業が開始されていくわけでありますが、このコミュニティ活動推進事業をまず評価をしたいと思います。また、集落営農委員会支援事業も、角度を変えてみれば、農業集落の地域づくりに対する支援であります。圃場整備の推進とともに、農村集落が手をとりあって発展していくことに期待をしたいと思います。


 また、関心が、市民の皆さんの関心が高い環境整備活動を、行政との協働と位置づけて、支援していくことが必要と、かねてより主張しておりましたが、環境整備事業協力金の創設は、協働という市が目指す方向を具体的に事業化したものであると評価ができると考えております。


 今後は、これらの事業の目的である住民自治、協働が図られるような、行政のかかわりと見守りが必要になってくると思われます。特に、住民自治の第一歩と位置づけているコミュニティ活動推進事業については、今後、その評価も含め、特段の配慮を要望したいと思います。


 3つ目の観点としまして、大きな課題の解決に向けて踏み出された点、そして、厳しい財政の中でサービス低下を来さないように努力をされた点について申し上げたいと思います。


 雇用は最大の福祉であるとも言われます。雇用の充実は、だれもが望む大きな課題であります。企業立地推進室の設置は、企業立地について、短期間に集中的に成果を出したいという考え方によるものと歓迎をしたいと思います。地場の企業が最大限の力を発揮できるような施策とともに、雇用確保に全力で取り組んでいただきたいと思います。また、生活道路の維持・補修は、日々の生活に非常に密着をした課題であります。


 当市の土木費は、平成13年度をピークに減少をしております。しかし、道路維持・補修は、市民の皆さんの要望が高い部分であることから、昨年度より1,000万円減額したものの、2億1,000万円を計上されていることは、市民ニーズに沿ったものと評価をしております。


 また、教育分野では、すべての子供たちへの教育の質を維持するために、非常に要望が高かったのは、指導補助員、介助員制度であります。当市においては、16年度までは緊急雇用対策として事業を取り組んでおりましたが、平成17年度は市独自の取り組みを余儀なくされました。17年度の指導補助員・介助員の配置は15名ずつと縮小したものの、市独自財源の措置は評価できるものと考えております。


 4つ目の観点としまして、今後の施策も含め、意見を付したい点について申し上げさせていただきます。


 1点目は、子育て支援のあり方であります。


 子育て支援の充実は、時代が求めるものであり、新こども夢ぷらんの策定によって、当市に合った施策の推進を図ることには、大いに期待をしたいと思いますが、ここで常に念頭に置かなければいけないのは、直接のサービスの受け手である子供にとって最もふさわしいものになっているかどうかという点であります。


 17年度の新規事業である子育て支援一時預かり事業は、保育園以外の場でお子さんを預かるという初めての事業であることから、児童の安全を最優先に展開すべきものであるし、この点の検証を十分に行っていただくことを要望いたします。


 2点目は、柏崎の農業施策であります。


 農業分野は、ややもすると、保護施策は非常に多い、多いですが、それがどのような評価を生んでいるかの検証や、農業後継者の育成、農業収入の向上など、市を上げて取り組むという考え方がやや希薄であるような印象を受けます。


 農業の活性化は、食料自給率の向上や国土保全だけでなく、農家の生産農業所得の向上が地域経済にも好影響を与える可能性をも秘めております。圃場整備、集落営農への気運が高まりつつ今こそ農業を柏崎の産業基盤の1つの柱と位置づけ、柏崎の農業のあるべき姿を市民皆が共有する時期であるというふうに考えております。


 3点目は、柏崎の観光であります。


 当市の西部地区の観光拠点と位置づけたトルコ文化村が、わずか2年半で経営を断念したことは、まことに遺憾であります。当市が大きなエネルギーを費やして取り組んできたイベントや施設整備について、この機に立ちどまり、一体、人は何を求めてその地に訪れるのか、再考する時期であることを示唆しているように思えてなりません。合併する両町の観光コンセプトを学びながら、また訪れたい町、つまりリピーターが多い観光都市を目指していくことを要望したいと思います。


 以上、大きく4つの観点から意見を述べてまいりましたが、市長は今後、健全財政の維持のために歳出全般をゼロから見直し、真に必要なサービスのあり方の検討の必要性を述べておられます。市民生活への激変を避けるとともに、十分納得のいく形での結論を導き出していかれることを要望いたしまして、賛成の討論といたします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


 戸田議員。


○29番(戸田 東)


 平成17年度一般会計予算につきまして、市民クラブを代表して賛成の討論をいたします。


 我が国の経済は、緩やかな回復基調にあるものの、依然として低迷を来しております。また、財政面においては、国、地方を問わず、厳しい財政難に陥っていることでもあります。


 そうした中、当市の平成17年度予算は、昨年7月の水害、また、10月に発生した中越大地震の災害復旧、復興を最優先とした予算編成がされております。災害の復旧、復興は、市民等しく望むところであります。


 被災された皆様の生活が、一日も早く、もとの生活に戻られることを願っているところでもあります。会田市長にとりましては、就任して初めての予算編成でありましたが、この厳しい財政事情の中、総額385億7,000万円の予算を編成されました。これは前年度389億円に比べて0.8%の減でありますが、前年度は借換債16億2,000万円を含んでいたため、実際には前年度の当初予算を約13億円ほど上回っていることになります。積極的な予算であると評価するものでありますが、以下、何点かの意見・要望を申し上げさせていただきます。


 まず歳入についてでございますが、市民税は、景気が緩やかに回復している動向や実績を踏まえ、また、地震災害の影響なども勘案された上で、個人分として前年度比0.9%の減、法人税については、前年度比5.7%の増の、堅実な見込みをされております。原子力発電所の償却資産分にかかる減額は約5億円となっておりますが、使用済核燃料税が前年度に比べて約3億3,000万円増の4億9,700万円が見込まれたことは、当局の並々ならぬ努力があったこそであると評価するところであります。


 公共用施設維持管理基金は、原発関連の交付金によって毎年積み立てられて、15年度ようやく目標額の50億円に達しましたが、原発関連交付金の利用目的の柔軟化によって、基金、積み立て基金の状況と大きく、状況等大きく変わってきたことによりまして、この財源の有効活用を図る目的で20億円を財政調整基金として積み替えられ、経常経費等の財源不足に充てることになりました。


 せっかく積み立てた50億円を取り崩すことは、一面むなしさも感じられるわけでございます。原子力発電施設等立地地域交付金は、産業団地の整備をすることに対して交付を受けるものであります。この交付金は、原発立地地域固有の交付金であり、こういった財産の取り込みを今後とも積極的に、かつ有効に活用することが必要であります。


 次に、歳出について申し上げます。


 経常費の増加が懸念されるところであります。総体的には、限られた財源の中で経常費の増加は、財政を圧迫する要因であります。今後とも、新規事業の賢明なる選択と人件費の削減、事務の効率化を図って、健全財政の確保を期待するところであります。


 総務費においては、新年度に、第三次行政改革大綱の策定に取り組むことになりました。これまでも行財政全般にわたる総点検が行われ、民間委託の積極的な推進等による職員の削減や組織の見直し、自主財源の確保等に取り組まれてきましたが、今後さらに地方分権時代に対応した自立性、創造性を発揮し、多様な市民ニーズに対応する体制の確立を図っていただきたいと思います。


 次に、上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会負担金18万円が措置されました。市長は就任早々から、ミニ新幹線の実現に否定的であります。しかし、北陸新幹線の開通後は、長岡から柏崎、上越間の鉄道網は、置き去りにされる懸念が十分考えられるところであります。皮肉にも、先日の、皆さんもごらんになったと思いますけども、日本経済新聞には、柏崎は谷底に転落するのか、という記事も出されたところであります。


 今、柏崎から強い声を出していかないと、本当に陸の孤島に転落しかねないという危惧を持っています。この期成同盟会において、強いリーダーシップをとっていただき、鉄道網の機能が低下することのないよう、運動を展開されることを要望いたします。


 次に、バス路線生活交通確保事業でございますが、現状のバス交通、生活交通がどうあるべきかの調査委託費が計上されました。今、車社会といい、高齢化社会にあって、バスに頼らなければならない人たちの足をどう確保するかが大きな課題であります。効率化をどう高めていくかという視点に立って、有効な対策が講じられなければならないと、このことをよろしくお願いを申し上げたいと思います。


 次は、民生費関係でございますが、医療問題懇談会を設置し、医師、歯科医師、薬剤師ほか、各界の代表によって、地域医療のあり方について、検討されるとのことでありますが、健康で元気な生活を送ることは、だれもが望むところであります。柏崎では高度の医療を受けることができないため、長岡、新潟まで行かなければならない現状にあります。市民が安心して生活できるためにも、きちんとした医療体制の構築が図られるよう、期待をいたしております。


 次に、子育て支援事業でございますが、フォンジェのキッズマジックの一部において、市民ニーズの高い一時預かり保育や子育て相談講座、絵本の読み語り等が行われるということであります。市民が利用しやすい市の中心部での開設でありますので、十分に安全に注意し、成果が上がることを期待をいたしております。


 また、同じフォンジェ内で、市民だれでもが立ち寄れる健康相談事業、心の健康づくり事業が実施されますが、柏崎市の高齢化率は24%と高いわけでございます。また、近年は、精神疾患等が増加しておりますので、市民が健康で生きがいを持って暮らせる社会を目指すためにも、精神保健の啓発や健康相談事業に大いに期待をするものであります。


 一方、特別養護老人ホームの新設は、国の補助の採択がされなかったために1年見送りとなりましたが、施設に希望いたしております、待っている人が600人とも言われておりますので、早期の取り組みができますよう、今後とも関係機関への働きかけを一生懸命にやってもらいたいと思います。


 経済部の関係でございますが、企業立地事業として企業立地推進室を独立させ、専任スタッフが東京事務所及び企業立地アドバイザーとともに、首都圏における有力企業の当地への進出、情報の提供、また、地元企業の新規分野への進出等の支援を行うことになりました。昨年、幸運にも岡本硝子の柏崎への進出という、棚からぼたもち的なことがありました。これも当市に、これからが大事なんですよ、これも当市にその受け皿があったからこそであります。そういった意味でもフロンティアパークの一日も早い工事の再開と完成を望むところであります。


 都市整備事業でございますけども、港周辺賑わい再生事業として、県と協働で、港及び、その周辺の活性化について、検討が行われてきたことをもとにいたしまして、3カ年をかけ、新年度、新たに事業に着手されることになりました。昭和46年に特定港として指定を受けて、一時は、12万トンもの木材が輸入されたわけでございますけども、今はセメントも上がってない、ゼロの状態でございます。飛鳥クルーズや、自衛隊の体験航海などありますが、これは一時的なものであります。まことに寂しい港になっていますので、賑わいのある港、賑わいのある海辺として事業が進むことを期待をいたしております。


 それから、教育関係でございますけども、ゆとり教育による学力の低下を来すことのない施策を強く望むところであります。


 以上、幾つか申し述べましたが、ことし5月1日に高柳町、西山町を編入して、新しい柏崎市が誕生します。市長は施政方針で、この合併を契機として、他に伍して活力あるまちづくりを進め、住んでよかったと思える、きらりと光る魅力を持ったまちとして飛躍したいと申し述べられておりました。両町の住民がこぞって合併してよかったと言えるようなまちづくりを目指していただきたいことを強く要望し、平成17年度一般会計予算に賛成の討論といたします。


 以上です。よろしくお願いします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論ございますか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 議第29号、平成17年度一般会計予算について、日本共産党柏崎市議員団を代表いたしまして、討論をいたします。


 初めに、私は、昨年度の一般会計予算の討論の際、最後に、政治は人の気持ちがわからないとできない、市民の声を聞かない政治は長続きしない、政治をとり行うものの共通の問題として教訓にしたいとして、1つは、スペインの政権交代を挙げました。アメリカによる力の政治、言うことを聞かない国への一方的な覇権への痛烈な批判であって、それに追随した政権の敗北でありました。2つは、長野県松本市で、4期目を目指す現職市長が、安定と言われながら、敗れたことを引用して結びました。


 私たちは、西川市政に対峙し、12年間、選挙を戦ってきたわけであります。西川市政を変えてほしいとの市民の思いは、既に2000年の市長選挙で大きくあらわれ、その後の4年間、市政の激動が続く中で、さらに蓄積されてきたと思います。そして、昨年10月23日、中越大震災を経験する中で、市政の激動が加速して、今、市長の交代という、歴史的な局面が生まれたと思います。


 17年度予算に賛成をいたします。


 私たちの基本的な立場について、4つの角度から討論いたします。


 第1の角度は、柏崎市政の大きな激動、変革期ととらえる点であります。市政の新しい流れであります。市民の声を市政に反映させる、届ける、市民とともに歩むとする、この前向きの流れを具体的に住民自治の向上につなげる、促進する立場から、平成17年度の一般会計予算に賛成の立場に立つわけであります。


 平成17年度の一般会計予算の総額は約386億円で、昨年比マイナス0.8%でありますけれども、実質では若干の増額というものであります。


 市長選挙が11月中旬であり、予算の大枠の内容は固まっていたわけです。当然のことながら、いきなり別のものを、その流れをつくるというのは、現実、無理であります。当面、事業の継続性に留意する制約があることは言うまでもありません。


 その中にあって、会田市長が、市政の変化、改革を求める市民の意思、思い、期待に、どのようにこたえるのか、その意思と改革への具体的な手立てを見極めることが重要と、私たちは考えているわけであります。


 その点で、行政の継続性にも留意しながら、じっくり腰を落として取り組み、変革すべきところはきめ細かく、しかも、大胆に変革したいとしていること、その前提に市民の声を真剣に聞く、市民とともに考え、市民と力を合わせ、市政に生かすまちづくり、地方自治体が自主的、主体的に物事を決めていくことができる、真の地方自治の確立のために努力するとしていることは、共感するところであります。私たちは、もともと、市民が主人公という立場であり、市政に取り組む市長の基本姿勢に期待し、前向きの是々非々で対応したいと考えております。それは、市民利益にかなうものは応援し、協力して実現する、そのために努力しますが、議論の必要なものは遠慮なくさせていただくということであります。決して変節ではないんです。


 安心・元気・希望ということが言葉だけにならないこと、力強いメッセージとともに勇気を持って具体的な前進を図ることを強く望むものであります。


 第2の角度は、今回の予算編成に係る特徴と前向きの変化についてであります。その1つは、中越大震災を初め、災害対策を緊急、全面的に対応しなければならない。全会計合わせて33億円余り、そして、元利償還においても一般財源の投入は大きな影響となります。その意味で、三役の人件費を削減するなど、並々ならぬ決意、意思がうかがえます。


 2つ目は、新しい前向きの変化と、見直しへの勇気を見たいと思います。予算編成の制約がある中で、市民参加を初め、市民の声を聞く柏崎地域の産業振興への展望を指し示す大きな芽出しが始まったわけであります。具体的には、その1つに、医療問題懇談会の設置が挙げられます。私たちは、緊急医療の充実を初め、柏崎地域の医療問題を重視してまいりました。この懇談会の設置が、理念を明確にして、その任務の遂行で具体的な医療サービス、安心してかかれる保険制度も含め、改善が図られるよう、成長、発展してもらいたいと思います。


 2つは、広報広聴課の新設を挙げたいと思います。


 各種のアンケートや満足度調査においても、市民は、高齢者、障害者の福祉の充実、防災体制の充実、買い物、通院などの交通網の充実、地場産業、農業の支援を重視してほしいことを共通項目に挙げ、また、小・中学生の多くが柏崎に住み続けたいとしております。それだけに、市民が、安心・安全、誇りの持てる柏崎をつくること、住む町に誇りを持ち、自慢できる、夢と希望が語られること、それが活性化への条件になる、こういう観点から、この間、幾つかの問題提起をしてきたところであります。


 市民参加というとき、市民自身が自主的に主体的に取り組むことは、重要なことであります。その条件づくりとしての情報の公開はもとより、市役所にある、ある種の壁をつくらない、市民が身近さを感じられること、その意味でも、政策の決定過程などへの市民参加の仕掛けが必要であります。


 自分たちのまちと言える積極性を引き出すことは、新しい地域の活性化につながるわけであります。この点で、市民の応接室、移動市長室、市長への手紙は、1つの方法として評価するところであります。


 3つは、企業立地推進室の新設を挙げたいと思います。21世紀柏崎産業戦略プランの推進は、現状の商工振興部門では不十分であり、柏崎の産業づくりを調査・分析・誘導する特別室の必要性を以前から強調してまいりました。柏崎地域の歴史、文化、自然、人々の技術と技能など、地域の資源と力を発掘し、生かすこと、持ち味が発揮できる仕組みづくり、女性の参加と活躍、広域連携、人的交流の拡大など、縦割りから複合的にとらえることが重要であります。


 総括質疑で答弁されたように、市役所内を横断的に企画的な立場で産業振興に当たるとしていることは、積極的な変化であります。しかし、内容の充実を図るなら、この名称、単なる企業立地推進室ということでいいのかどうか、再検討してほしいわけであります。


 4つは、営農委員会支援事業であります。農業をやりたい、続けたい、拡張したいとの農業者の思いを正面から受けとめ、農家自身が意欲と希望を持てる地場産業としての農業の生産性の向上、そこにある地元の農産物をどれだけ地元に反映、循環させるかがポイントであります。営農のソフト支援も必然的に求められております。


 5つ目に、障害者福祉への取り組み、精神障害者対策、心の健康づくりは、新しい時代への対応と考えます。そして、学校教育における指導補助事業の継続性であります。国の支援がなくなっても、今まで培ってきた、この事業をなくすことができない、こういう立場から、柏崎地域の教育への支援は、高く評価できるところであります。


 見直しにかかわる事業、これは勇気ある踏み込みだと思います。合併特例債事業の見直しは、健全財政堅持とする立場からすれば当然であります。市民からも、わかりやすく、納得のできるものにする必要があります。環境共生公園、名前を夢の森公園としましたが、この維持管理費にかかわって、決まった事業として遠慮する必要はないと、私は考えます。市民の将来の財政負担を考えるなら、実態にあったもの、財政面からも市民参加が勝ち取らなければならない、そういう点で、この見直しの着手は、当然だと考えるわけであります。


 さて、3つ目の大きな角度は、継続事業の中で、特に留意すべき事業について、3つ述べたいと思います。


 1つはフォンジェにかかわることであります。町中の活性化を否定する人はいません。町中での子育て支援、市民が気軽に寄れるスペースづくりとして、新しい観点からの事業が行われますけれども、市民への説得力は、この事業の成長にあることに留意して取り組むことが重要だと思います。


 2つ目は、ぶどう村への対応であります。ぶどう村の問題は、本当に育てる柏崎農業、柏崎ブランドを売り込む位置づけを強固にする必要があります。ポイントは、柏崎ワインの味であります。そのリレーションシップをどうつくるかにかかっております。


 3つ目は、消防行政のあり方を述べたいと思います。人員体制を現在の五十数%から100%にするというのは現実性がないにしても、長岡圏域に人員派遣するという複雑性は、早急に前向きに解消されなければならない課題だと思います。


 4つ目の大きな角度、今後の幾つかの重要案件について意見を述べます。その1つは、第三次行政改革と第四次総合計画への対応であります。事務・事業の全体をゼロから見直すとする行政改革は、当面の重要案件であります。行政の改革というべき、そのことで、これは単なる行政改革というのではなくて、行政の改革というべきであって、そのことで職員の意識改革も、行政の改革の1つに入るわけであります。


 住民の安全、健康、福祉を保持するという、自治体の仕事を進めるにふさわしい行財政運営と、その体制を確立することにあります。行政の改革の順序はどうするのかが問われるところでありますが、財源の厳しさの原因を総括するところから始めなければなりません。


 総務委員会の質疑で、財務課長は、経常費を重点的にやらなければ、財源は出てこない、事業費も住民の福祉の向上ととらえるならば、一定の手数料をいただくということも必要な事務・事業を進める上で大事なことと、一般論でありますけれども、正直にお答えになりました。今後の議論となることは必至であります。


 今日における行政の改革の順序は、投資的経費の見直しが先であり、次に義務的経費以外の経常費、いわゆる補助費や物件費、そして、義務的経費へと進めるところにあると思います。


 いずれにせよ、市民の要求、優先順位など、総合的なバランスを見て、実態に合わせ、全面的に見た上で、市民に、その実態を公表することが肝心であります。


 第四次総合計画策定に当たって、市民120名が参加し、かかわることになりますけれども、地方自治のイメージづくりも大きなポイントになると思います。その点で、いろいろな角度からの専門家との学習機会が必要であると考えます。


 軽井川南製鉄遺跡問題とフロンティアパークの関係についても述べておきます。もともと学園ゾーンを形にするために始めた公園づくり、工場団地づくりであると思っております。だから市民の理解が薄いんです。これは脇に置くとしても、既に手をつけた事業から後発的に貴重な遺跡が発見されたわけであります。まさに市民の宝、歴史的財産であります。これを軽く扱うというのは、絶対にあってはならないと思います。市政改革の偶然的で今後の柏崎の命運にかかわる課題としてとらえるべきであります。柏崎の持っている特徴をすべて生かし、新しい政策提起もしながら、地元産業育成、成長、活気をつくり、そこに外からのエネルギーの注入で響き合う仕組みづくりをすること、一般質問でも強調しましたように、ここにしかないとの位置づけを強固にしてフロンティアパークと文化史跡の共存を関係者の前向きの理解と納得を得て進めていただきたいのであります。


 3つ目は、原発行政を含む国政とのかかわりであります。


 原子力開発は、日本のエネルギー政策、国策そのものであります。原発の危険から市民の安全を守るというのは、市長の最大の責任であり、明確な自治思想、メッセージを持つことと深くかかわります。また、三位一体改革から来る地方交付税の絞り込み、あるいは、増税路線による市民負担の増大による市民生活と自治体財政への困難の持ち込み、さらには教育基本法の改正から憲法改正論まで飛び出す今日、ただ、内部努力では済まない危険がはびこっています。こういうときこそ憲法と地方自治法の精神に立つこと、そして、柏崎の憲法と言われる市民参加のまちづくり基本条例、ここにきっちり立つことが大事だと思います。


 言うまでもなくて、憲法の地方自治の定義では、地方自治の本旨として、地方的行政のために国から独立した地方公共団体の存在を認め、この団体が、原則として国の監督を排除して、自主・自立的に直接、間接、住民の意思によって、地方の実情に即して、地方的行政を行うべきこととしております。これを確認することが、今日、極めて重要だと考えるわけであります。


 最後に、地方自治体の本来の仕事は、文字どおり市民の命、健康、生活の保障、そして、住民の日常生活の権利を実現することを初め、各種の政治参加システムをつくっていくということに尽きると思います。すべてにおいて到達は難しいとしても、これにどう挑戦していくのかがと問われていると思うわけであります。


 私たちは、こういう原則をきちっと見る中で、議会でも議論いたしますけれども、住民団体や市民とともに、国の横暴な政治にも行使しながら、柏崎自治発展のためにも頑張っていきたいということを最後に申しまして、討論とするところであります。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 討論はありますか。


 高橋議員。


○4番(高橋新一)


 社会クラブを代表いたしまして、議第29号、平成17年度一般会計予算について、不満な部分もあります、これを指摘しながら、また、注文をつけながら、賛成の立場で討論を行います。


 前置きになりますけれども、今から何年か前、私がまだ1期目のときだったと思います。林道黒姫山線、八石山線の新設計画が議論をされた際、私は、これらの林道が今、本当に必要なのか、それよりも生活道路の改良や新設の方が優先されるべきだというふうに主張したことがありました。そして、その後、当局の担当に私は呼ばれました。話をお聞きすると、この2本の林道は1本約10億円で、柏崎市の負担は約1割の1億円ですと、10億円の買い物を1億円でできるのに、議員さんが何で反対されるのか、本当に理解できないというふうに、長時間にわたって諭されたことがありました。


 長い間、このようなことが全国的に行われてきたわけであります。こういった流れが、結果して、国の財政破綻であり、三位一体の改革という手段を講じなければ、どうにもならない、こういう状況になったのだろうと、私は思います。


 17年度の地方財源不足見込額は、7兆5,129億円ということでありますが、この不足分は、国と地方が折半し、地方は臨時財政対策債、つまり借金をさせられるわけであります。これは、国が後年度に調整するというものでありますけれども、国の基本方針は、歳出の総額の抑制が第一義であり、財源移譲というふうに盛んに言ってはおりますけれども、結局は地方に負担をさせるということにほかならないと思うわけであります。一方、柏崎市を取り巻く状況は原発財源の低減が続く中で、トルコ文化村、あるいは、フォンジェ、あるいは、ぶどう村等々にほころびが生じてきた感がいたします。


 また駅前のサイカワ跡地は塩漬け状態が続き、小松跡地も多くの費用をつぎ込んだものの、枇杷島小学校建設予定地以外の3分の2は、まだ使い道が決まっておりません。これらの要因が柏崎市の今後の財政に重くのしかかってくるものと思われます。そして、思いもよらなかった昨年10月の大震災であります。市長は所信表明で、復旧・復興を最優先すると言っておられますが、まさに窮地に立たされていると言っても過言ではありません。


 世界一の原発立地基地でありながら、柏崎市財政の弱さを改めて感じるところであります。柏崎刈羽原発1号機は、ことし20年目となります。2、5号機も15年目を迎えます。この辺で思い切った地場産業支援や企業誘致に本腰を入れ、ポスト原発を考えなければならない時期が来たと痛感するところであります。しかし、このような中、公共施設管理基金、財政調整基金から7億円、その他の基金を合わせ、8億7,000万円の取り崩しを行ったものの、385億7,000万円の新年度予算を計上できたことに、とりあえず安堵しているところであります。


 まず、総務費関連では、男女共同参画推進事業についてでありますが、条例策定委員報酬が計上されました。また、プラン改定委員会も発足するようであります、男女共同参画社会を目指し、着実に事業の推進が図られることを期待いたします。


 次に、広報広聴課の設置であります。市長は選挙において、広く市民の皆さんに意見を聞き、市民とともに新しいまちづくりをしていくというふうに訴えてこられました。この広報広聴課の設置は、その意味では高く評価いたしますけれども、総務委員会等で何人かの委員から、苦情相談室になるのではないか、市長がどれだけの時間、この広報広聴課の席にいられるのかと、心配だというふうな声が聞かれたわけであります。私もそのとおりだと思う1人でありますが、担当職員と市長の緊密な連携のもとに、市民と行政との接点の最先端として、その役割を果たせるよう、努力を願うものであります。


 原子力広報事業については、毎年、原子力の安全面だけを強調する傾向にあると指摘をしてまいりました。10.23の中越地震等も踏まえ、潜在的な危険性についても市民に知らしめるよう、改善を要望いたします。コミュニティ活動支援事業については、15、16年度と各コミセンで策定された地域計画が、いよいよ実践される年であります。各コミセンにおいて、まだ戸惑い、不安がかなり残ったままのようであります。適切な指導のもとに地域自治確立に向けた取り組みの継続を強く望みます。


 民生費に関しては、17年度採択の予定であった新規特養が不採択となりましたが、600人を超す待機者を抱える深刻な状況でありますが、引き続き、18年度採択に向けた努力をお願いするところであります。


 柏崎市に限らず、これらの需要にこたえていくことは、財政上から非常に困難であります。私たち社会クラブでは、今まで民家等空き家施設を利用した地域小規模型多機能型施設の導入を提案してまいりました。待機者が少しでも減少するよう、大胆かつ新たな取り組みをされるよう強く要望いたします。また、水中歩行運動、筋力トレーニング、口腔内疾患の早期発見等、健康増進事業は高く評価いたします。しかし、予算規模からして、まだまだ少人数の取り組みであります。医療費軽減の観点からも、規模拡大を図るよう、一層の努力を願うものであります。新規事業であります、子育て支援一時預かり事業、母子家庭自立支援給付金事業、医療問題懇談会等においても、その事業効果が十分に発揮されるよう、工夫を凝らしていただきたいものであります。米山地区診療所開設についても、評価はいたしますが、鵜川診療所の廃止については、地域性を考慮し、何とか存続する妙案はないものかと思うわけでありますが、もう一度検討をされるよう求めるものであります。


 農林水産費でありますが、集落営農組織の設立に向け、各地域で活発な協議が行われておりますが、かねてより要望の強かった営農組織設立助成金は、時宜を得た事業であると評価いたします。国営土地改良事業の進捗に合わせ、新しい時代の農業基盤確立に向け、気を緩めることなく頑張っていただきたいものであります。


 商工費に関しましては、企業立地推進室の新設、企業立地支援補助金制度の創設、企業立地アドバイザーの配置、労働基準協会連合会の技能研修所の開設等、新たな芽出しが多く見られます。また、岡本硝子の進出は、新たな雇用が期待でき、大変喜ばしいことであります。何といっても健全財政の源は、地域経済の活性化であります。冒頭にも申し上げましたように、原発財源の低減は避けられない事実であり、思い切った変換が求められていますが、新年度予算が有効に機能し、後年度に実績として蓄積され、実を結んでいくよう期待をいたします。


 土木費に関しては、今年度は災害復旧優先とされておりますが、道路の新設や改良は、足踏みをせざるを得ない状況にありますが、市民生活に直結する土木行政でありますので、縮減傾向の続く予算ではありますけれども、効率のよい予算執行となるよう求めるものであります。


 消防費関連でありますが、昨年の大水害、10月の中越地震等、未曾有の災害に遭遇しました。この災害を教訓として、あらゆる観点から、いかにして市民の安心・安全を守るかを真剣に検討する元年ととらえていただきたいと思います。


 特に世界最大の原発基地を抱える柏崎市は、原発のバックエンド対策も含めた安全対策には、今まで以上に留意してほしいものであります。先日の一般質問でも申し上げましたように、地震に対する原子炉設置指針の健全性は、新しい知見により完全に否定される状況になっております。もはや原発賛成、反対の次元を超えた深刻な問題でありますので、事実に目をそむけることなく、地震学会等、専門家の意見を聞く機会をつくられるよう要望するものであります。


 最後に、教育費について申し上げます。合併による学校数の増加に伴い、現場への情報の提供や指導の機会を維持するためとする指導主事の増員、嘱託指導主事の設置、緊急雇用創出事業の打ち切りに対応し、改めて市独自の財源による補助教諭15名の配置は、高く評価できるものであります。しかし、多人数学級、または境界型の学級の解消実現にはほど遠い状況にあります。年度途中にあっても、状況によっては増員を検討するなど、多人数学級の弊害を少しでも少なくするよう努力を願うものであります。


 最後に、市長の所信表明にあります、安心して暮らせるまち、元気の出るまち、希望の出るまちを目指し、全力投球で市政に取り組まれることを強く要望し、賛成討論といたします。


 以上です


○議長(今井元紀)


 討論はありますか。遠藤議員。


○14番(遠藤 清)


 会派民友を代表して、平成17年度一般会計予算に賛成の立場で討論を行いたいと思います。


 討論が続きましたので、簡単に私どもが今予算審議における過程の中で感じた点を申し上げ、討論としたいと思います。


 予算額385億7,000万円は、実質、昨年度並みの予算と言えます。しかし、今予算は三位一体の改革の影響に加え、水害、中越大震災における災害復旧に関連した事業のウエートが高く、新規事業の抑制など、財源不足の中で、大変厳しい予算編成を強いられたものと思います。当面の財源不足に対処するためとして、公共用施設維持管理基金を廃止し、新たな基金に振り分け、それを8億7,000万円取り崩して財源に充当したことは、やむを得ない応急処置として理解するものです。しかし、このような対処は、あくまでも一時的な対応策でなければならないということは言うまでもありません。合併に伴う新たな財政需要の増加も予想されます。この厳しい財政状況は、来年度以降も続くことは明らかであり、それらを見越した施策の展開を今から進めていくことが重要であると思います。


 5月1日に新しい市民を迎え、新柏崎市になるわけですが、お迎えする新しい市民の皆さんにも、現在、柏崎市が抱えている問題、課題を共有してもらうことが必要であると思います。そのためには今まで以上にわかりやすい市民への広報、説明が重要であり、その共通認識のもとで初めて正しい市民の理解が得られるものと思います。


 昨日、2年後の政令指定都市を目指して、新潟市と周辺12市町村が合併し、78万人の新新潟市が誕生しました。10日後の4月1日には、先日の県庁誘致宣言に象徴されるように、30万中核都市を目指して、長岡市、中之島町、越路町、三島町、山古志村、小国町が合併し、新長岡市が誕生します。このように県内の行政地図が大きく変化し、人、モノ、カネ、企業などの流れも大きく変化する中で、今まで以上に自治体間の競争が激化してくるものと思います。


 2010年問題に代表される、今後のこうした状況変化を考えたときに、早急に見直しの先に見えてくる新柏崎市の向かおうとしている方向、ビジョンを明確に示し、その時々に見合った戦略的な施策を、スピード感を持った中で、めり張りをつけて対応していくことが重要であると思います。


 最後に、いろいろな問題の解決策として、折衷案的な問題の解決は、本質を見失う危険性とむだなコスト、労力が発生することになりはしないかと危惧をしていることを申し上げ、討論といたします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


 小池議員。


○22番(小池 寛)


 平成17年度一般会計予算案に、整友会を代表いたしまして、要望を付して賛成討論をいたします。


 17年度予算案を審議の前段に、16年度予算を総括し、厳しかったこの1年間の出来事を全市民の対応で見事乗り越え、新年度に向かって引き続き対処しなければならない重要な17年度と思うところであります。


 16年度国の予算審議は、経済不況、そして、年金問題、拉致、秘書疑惑、そして、鳥インフルエンザ等、政治対応の混乱が国民生活への不安を招き、あわせて構造改革という名のもと、国の財政改革が推し進められました。三位一体という流行語も今は古くなりましたが、いずれにしても地方自治体に大きな負担と痛みを求められた16年度でありました。


 このような国の財源不足から、地方交付税、補助金のカットによる新年度となる16年度に歳入欠陥10億円が生じ、長年にわたり財源の中から積み立ててきた財政調整基金、社会福祉事業基金、減債基金等々を取り崩し、10億4,000万の財源確保による389億円という県内屈指の大型予算が計上され、市民生活向上の願いが図られたのであります。新年度に期待が込められた矢先の7月には西部地区を中心にした大水害、後始末もされないまま迎えた観光柏崎の夏のシーズンの異常気象による観光客の減少、そして、度重なる台風被害、最後は終生忘れられないであろう10月23日の中越大震災でありました。


 数多くの市民の方々が罹災されました。そして、精神的な被害を被られた各位の一日も早い復旧、安心の生活に戻れることを祈るのみです。


 また、年が変わった17年に入り、19年振りと言われた大雪に追い討ちをかけられた異常続きの、16年度は災害の1年でもありました。反面、市民の暖かい支援、行政担当者の昼夜を問わずの献身的な取り組みも評価される16年度でありました。そして、389億円の大型予算の執行も、大災害の復旧、応急対策などなどで、補正に次ぐ補正の予算執行であり、市民から感謝された1年でもあったと総括するところであります。


 このような厳しい現況下の市政運営の柱となります17年度一般会計予算が、施政方針として提示されたのであります。国から地方自治体への交付金、補助金はますます制限され、主力財源であります原子力発電関係にかかわる税の減額等で、大変難儀をされた予算編成だったと理解しております。


 一般会計385億7,000万円は、前年対比0.8%減とされておりますが、実質予算は、金額は、昨年を上回る大型予算と承知しております。特に前段に申し上げましたように、17年度予算は、16年度災害復旧関連事業が重点的に配慮された既存事業の継続が中心となったことは、仕方のないことであり、逆に市民から評価されると信ずるところであります。


 市民生活重視の予算案と、総論では理解いたしますが、市長の主要施策課題における重要事項の各論に入りますと、議会の立場から、必ずしも賛同できない項目があることも事実であり、政策面で譲れない項目は項目として、案件による是々非々は当然、あるいは、行政と対峙することを確認し、要望・意見を付しての討論をいたすものであります。


 それでは、市長の重点施策に対する我が会派との意見の相違点を申し上げ、討論に入らせていただきます。


 1点目の、安心して暮らせるまちづくりでは、今回の中越地震の対応を教訓としての災害復旧の取り組み、市民への防災対策は、評価の施策であります。昨年も申し上げておきましたが、原子力行政には厳しい注文で対処していただくことを希望しておきます。反面、柏崎の基幹産業としての位置づけ、市政への貢献も評価しなければなりません。東京電力との共存共栄は、基本の原点であります。


 市民の安全・安心の原子力行政には、議会ともども原子力安全・保安院の独立等の実現への取り組みを強く要望しておきます。


 2点目の、産業振興と働く場づくりでは、市長の表題には全く同感であり、その実現に全力で取り組んでいただくことは当然であります。若者の定住できないまちの進展はあり得ないと思います。


 岡本硝子の企業進出は、久々の明るいニュースであり、田尻工場団地はもう満杯となりました。そこで問題になるのがフロンティアパーク事業の対応であります。議会審議の経緯では、敷地内の製鉄遺跡との共存にも慎重に慎重の審議を重ねました。その結果が一部保存での議会議決は、御存じのはずであります。夢を追う、ロマンか、21世紀に向かっての柏崎市の活性化に対応すべきか、二分された論議の結果、20対10の採決で今回に至っております。


 市長の取り組みは、選挙公約でもあり、その取り組みは、議会として口出しはできませんが、少なくとも12月議会での議会決議は尊重してもらわなければなりません。


 市長は所信表明で、所期の期間内での整備を進めますと表明されましたが、ぜひ早期建設への円満解決を強く要望するとともに、市長の公約であります雇用確保への企業誘致に全力で対応が責務と考えるところであります。


 産業振興と働く場づくりの所信で、「ミニ新幹線構想の実現性には疑問を持っており  ます」と、市長の所信のかたくなな姿勢はどうしても理解できません。具体的にも具体案も示されないまま、市民の悲願でもあります、この運動に水を差す市長の発言は、絶対譲ることはできないのであります。


 さきの一般質問で、金子議員も申し上げましたが、北陸新幹線開通後の、この中越地区の鉄道網の機能が低下することを懸念して、柏崎市議会が声を出し、長岡市、小千谷市とともに、新潟県市議会議長会に早期実現についての議案を提出したところです。この議案が北信越議長会を経て、全国議長会で採択されることを信じております。


 また、県内各市より、議員同士の交流から、ミニ新幹線への柏崎市の対応に憂慮の声が届いていることを申し添え、市長の期成同盟会への前向きな取り組みを重ねて要求しておきます。


 戸田議員も触れておりましたが、3月11日、日本経済新聞に、谷底へ転落の柏崎市の現況が掲載されておりました。会田市長の必要なきミニ新幹線の対応批判であります。


 重点施策3点目の、自然・歴史・文化を大切にする項目に関連した、柏崎フロンティアパーク敷地内から発掘された軽井川南遺跡に対する取り組みに対してであります。一般質問でも申し上げましたが、中小企業基盤整備機構に誠意ある対応での早期解決を要望します。


 柏崎市議会でも、福島県原町市、東北電力原町火力発電所内の金沢地区製鉄遺跡群及び発掘調査状況の現地調査も実施いたしました。国内最大級の製鉄遺跡と言われる先進地の調査で承知できたことは、電力用地の一部とは申せ、大変な浪費と7年経過した今日、保存にも支障を来す現況報告に、観光と保存の難しさを肌で感じたことも申し添えておきます。


 4点目、自然にやさしいエネルギーのまちづくりの中で、柏崎・夢の森公園の見通しが提示されております。本年1月以降、3回の話し合いがなされたやに聞き及んでおりますが、具体的な経過は全く報告されておりません。1年開園のおくれは既に合意の様子ですが、私たちは承知できないことを申し上げ、早急に議会に報告されるよう要求します。


 5点目の、教育環境の整備と、人づくりでは、本年度の目玉とも言える田尻小学校校舎改築が実現します。1年先送りの末の建設であり、地元校区民の喜びは絶大であります。箱物行政を批判される市長が、国の基準予算での建設か、超過負担も覚悟の上の建設への見直し論か、地域の声を反映された校舎建築に期待をいたします。


 6点目の、身近な生活環境をよくするまちづくりについて意見を申し上げます。


 生活環境の整備は、民生、福祉以上に市民の求める強い要望であります。経常経費の増に対し、事業費の年々低下は、時代の推移で仕方がないとしても、道路整備を中心とした生活環境整備は、当面の課題であると思うところです。都市基盤整備事業での駅前公園脇の北半田・中浜線の中断は、情けない現状です。しっかり対処していただきたいと思います。


 災害に強いまちづくりに河川改修への取り組みも要望しておきます。


 7点目の、市民の声が生かされるまちづくりでは、市長の目玉となりました広報広聴課の新設であります。16年度補正予算にまで前倒しして予算計上の行為は論議を呼びました。市民に期待され、活用される広報広聴課の活躍を見守ってまいりたいと思っております。期待外れの広報広聴課にならないよう祈るのみです。


 本年は、記念すべき世紀の高柳、西山両町との合併元年であります。市長の政治公約であります合併特例債事業、特例債の見直しが先行し、両町民に大きな不安を与えました。10年間の長期にわたる事業でありますから、合意された主事業の中からも見直しは、生ずる可能性は、私も理解をいたします。しかし、具体的な問題点を提起しないままの見直しありきでは、市民は納得できません。慎重に対処され、市民の誤解を招く見直し先行論こそ見直し、円満な市政運営を要望します。


 以上、市長施政方針に対する予算案と関連の深い重点施策を中心に討論いたしました。直接予算案に対する各款項目の討論は、本年は割愛いたします。それぞれ担当委員会での討論での理解いただきたいと思うのであります。


 最後に、本年度は、予算案は災害復旧が最優先された大型予算であり、昨年に続き、公共用施設維持管理基金の名称を変更しての公共施設管理基金、財政調整基金からの取り崩しの財源の投入でありました。本年はやむを得ない災害復旧への事情があり、了解いたしますが、安易の基金の取り崩しは絶対やめるべきことを肝に銘じた予算執行であってほしいと強く要望するところです。


 地方都市の特徴を生かし、柏崎に住んでよかったと市民に評価される17年でありますよう、市長の強いリーダーシップの取り組みを要望し、討論といたします。


 以上。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第29号を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第29号は、原案のとおり可決いたしました。


 ここでしばらく休憩いたします。


               午前11時57分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 1時00分 再開


○議長(今井元紀)


 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第3(議第30号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算


日程第4(議第31号) 平成17年度老人保健特別会計予算


日程第5(議第32号) 平成17年度介護保険特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第3 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算から日程第5 平成17年度介護保険特別会計予算までの3案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本3案に対する委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。宮崎議員。


○2番(宮崎栄子)


 議第30号、平成17年度国民健康保険事業特別会計予算に、反対の立場で討論いたします。


 国民健康保険は、柏崎市民にとっても最大の健康保険です。平成15年度決算ベースで、加入世帯は1万5,644世帯、全世帯数の52.6%に当たります。


 そして、国民健康保険の特徴である、経済的に弱い立場の自営業や高齢者が多く加入しています。世帯の所得は、100万円未満が50%を超えています。老人医療の対象年齢の引き上げ、並びに不況による失業者などの加入による被保険者の増です。したがって、国保会計はますます厳しい環境にあります。


○議長(今井元紀)


 御静粛に。


○2番(宮崎栄子)


 その中で、今年度は国保の税制改正が行われ、所得割額を5.6%から7.3%へ、均等割額を1万9,600円から2万3,000円に、平等割額を2万2,500円から2万3,500円に引き上げられました。国保税の滞納がふえ、制裁措置としての短期保険証、資格証が発行され、病気になったときの医療費の支払いが非常に心配される状況です。


 特に、資格証の場合、保険税を支払えない世帯が、医療費を窓口で10割支払うのは困難です。この状況を改善するには、何と言っても国の負担、国庫負担金を以前の45%に戻すことが重要です。国に、地方から、国保事業に対する責任を果たすよう、強く求めるべきであります。


 さらに保険事業を思い切って展開し、保険給付額を抑えていくことですが、これは新年度、水中歩行推進モデル事業が計画されており、前進面ではあると思います。また、医療費の高騰を抑えるために、今後、同じ薬剤効果で価格の安い薬剤に対する工夫も積極的にすることが必要になってきています。それでも高い保険税を軽減するには、一般会計からの繰り入れによる軽減です。当市は、この繰り入れを1人当たり9,000円を行ってはいますが、出産一時金、職員人件費、国保財政安定支援事業など、定められた義務費を差し引いた実質保険税軽減の助成に当たる額は、本予算では3,703円です。


 医療は市民の命を守る要であり、いざとなったときの医療体制の整備とともに、安心してかかれる保険制度であることがともに必要です。滞納に対する納税相談も行われていますが、法定減免のほかに申請減免の活用がないことは、負担軽減に対する姿勢が弱いことを指摘せざるを得ません。


 国保は社会保障制度の中の社会保険制度であり、憲法25条による生存権保障によって国保がつくられた経過から見ても、住民の福祉の増進を図ることが自治体の大事な役割であること、その点から見ても、平成16年度予算から見て、水中歩行推進モデル事業以外に新たな改善が見られず、政策的な弱さを指摘し、本予算に反対するものです。


 なお、老人保健特別会計も、同様の趣旨ですので、反対をいたします。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終結いたします。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第30号を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数です。


 したがって、議第30号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第31号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数です。


 したがって、議第31号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第32号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第32号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第6(議第33号) 平成17年度土地取得事業特別会計予算


日程第7(議第34号) 平成17年度墓園事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第6 平成17年度土地取得事業特別会計予算及び日程第7 平成17年度墓園事業特別会計予算の2案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本2案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第33号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第33号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第34号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第34号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第8(議第35号) 平成17年度下水道事業特別会計予算


日程第9(議第36号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第8 平成17年度下水道事業特別会計予算及び日程第9 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算の2案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本2案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第35号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第35号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第36号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第36号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第10(議第37号) 平成17年度ガス事業会計予算


日程第11(議第38号) 平成17年度水道事業会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第10 平成17年度ガス事業会計予算及び日程第11 平成17年度水道事業会計予算の2案を一括議題とします。


 お諮りいたします。


 本2案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。本間議員。


○15番(本間厚幸)


 平成17年度ガス事業会計、水道事業会計の予算案に対し、賛成の討論をいたします。


 ガス事業及び水道事業の経営環境は、景気低迷の長期化、節約志向の高まり、ガス事業においては、他燃料との競合激化などにより、いずれも需要の増加が見込まれない状況であります。加えて、経年劣化による維持改良や災害復旧に関する財政需要が増加している中、ガス会計では、収益的収支では、1,800万の利益、水道会計では、4,900万円の利益計上にとどまり、いずれも16年度比、低減する、楽観できない予算編成と言えます。


 しかし、前段の環境下、ガス会計では、経営戦略としての料金値下げ改定を予定し、そして、経営効率を目指す一定の努力をした予算を了とするものであります。


 また、取り巻く環境は、これからも環境の大幅好転の状況にないことは、容易に想定できます。さらに合併後の対応では、大型の事業投資が予定されております。言うまでもなく、公営企業は、公共の福祉を増進し、適正な対価を得て市民の日常生活に必要なサービスを提供するという役目があります。その役割を踏まえつつ、ガス・水道は基礎的なライフラインであり、安全・安心の確保、民間企業との役割分担、経営の効率化、需要者の負担軽減等を図ることが今、求められております。


 審議の過程では、ガス事業の民間化、料金体系については、原価主義に基づき、地域事情にあった見直し等の意見も申し上げました。今後の検討に生かし、一層の経営努力を重ねていただき、市民生活の向上、地域発展に成果が出ることに期待し、賛成といたします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論は。五位野議員。


○11番(五位野和夫)


 議第37号、平成17年度ガス事業会計予算と、議第38号、水道会計予算について、賛成ではありますが、一言意見を申し述べさせていただきます。


 近年、ガスの方ですが、近年、家庭用分野におけるガス事業の状況は、供給区域内の新築住宅のオール電化、改正ガス事業法による大口供給の自由化、住宅の高気密化、人口の減少により、家庭のガスの供給が減少する中、市民からの料金低廉化の要請も受け、経営の効率化と原ガス購入価格の引き下げに努力され、標準熱量も上げながら、供給約款で3.59%引き下げを7月1日から行う予算となっております。


 こういった中でまた、新年度予算では、ガス販売量2.4%の増加を見込んで組まれています。また、環境に配慮し、天然ガス料金も従量料金を引き下げるなどとしています。引き続き、市民に低廉で安心した供給を期待し、賛成といたします。


 次に、水道事業ですが、本来であれば、業務的には黒字への方向が見える中、震災により固定資産除却費が予定外に、大幅に、昨年から7,500万円ほどふえ、支出をふやしています。4,000万円ほどの収入が昨年と比べて減っている中、耐震対応工事や赤坂山浄水場の中央監視設備の改良や水質検査機の入れかえに取り組むなど、市民の暮らしと安全確保、生活復旧のための事業がなされているということは当然であり、維持管理の時代の事業であると思います。また、合併後の事業として、西山町の水道管の延伸については、新市の事業として議論していきたいと思います。


 以上、賛成の討論とします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第37号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第37号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第38号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第38号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第12(議第 39号) 部制条例の一部を改正する条例


日程第13(議第 40号) 行政手続条例の一部を改正する条例


日程第14(議第 41号) 情報公開条例の一部を改正する条例


日程第15(議第 42号) 個人情報保護条例の一部を改正する条例


日程第16(議第 43号) 職員定数条例の一部を改正する条例


日程第17(議第 44号) 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改


              正する条例


日程第18(議第 45号) 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する


              条例


日程第19(議第 46号) 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する


              条例


日程第20(議第 47号) 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例


日程第21(議第 48号) 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例


日程第22(議第 49号) 市民会館条例等の一部を改正する条例


日程第23(議第 50号) 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例


日程第24(議第 51号) 手数料条例の一部を改正する条例


日程第25(議第 52号) 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例


日程第26(議第 53号) 柏崎が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調


              査結果の縦覧等の手続に関する条例


日程第27(議第 54号) 斎場条例


日程第28(議第 55号) 消防本部及び消防署設置条例


日程第29(議第 56号) 火災予防条例


日程第30(議第103号) 手数料条例の一部を改正する条例


日程第31(議第104号) 雪割草保護条例


○議長(今井元紀)


 日程第12 部制条例の一部を改正する条例から日程第31 雪割草保護条例までの20案を一括議題とします。


 お諮りいたします。


 本20案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第39号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第39号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第40号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第40号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第41号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第41号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第42号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第42号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第43号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第43号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第44号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第44号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第45号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第45号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第46号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第46号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第47号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第47号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第48号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第48号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第49号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第49号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第50号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第50号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第51号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第51号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第52号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第52号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第53号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第53号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第54号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第54号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第55号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第55号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第56号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第56号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第103号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第103号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第104号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第104号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第32(議第 57号) 知的障害児施設さざなみ学園設置条例


日程第33(議第 58号) 養護老人ホーム御山荘設置条例


日程第34(議第 59号) 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例


日程第35(議第100号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第32 知的障害児施設さざなみ学園設置条例から日程第35 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの4案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本4案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第57号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第57号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第58号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第58号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第59号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第59号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第100号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第100号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第36(議第60号) 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例


日程第37(議第61号) 文化財保護条例の一部を改正する条例


日程第38(議第62号) 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第36 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例から日程第38 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本3案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第60号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第60号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第61号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第61号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第62号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第62号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第39(議第63号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正す


             る条例


日程第40(議第64号) ガス供給条例の一部を改正する条例


日程第41(議第65号) 上水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第42(議第66号) 簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第43(議第67号) 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第39 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例から日程第43 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例までの5案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本5案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第63号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第63号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第64号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第64号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第65号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第65号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第66号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第66号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第67号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第67号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第44(議第68号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(今井元紀)


 日程第44 公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第68号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第68号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第45(議第69号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第46(議第70号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第47(議第71号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第48(議第72号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第49(議第73号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第50(議第74号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第51(議第75号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第52(議第76号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第53(議第77号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第54(議第78号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第55(議第79号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(今井元紀)


 日程第45から日程第55 公の施設の指定管理者の指定についての11件を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本11件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第69号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第69号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第70号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第70号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第71号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第71号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第72号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第72号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第73号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第73号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第74号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第74号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第75号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第75号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第76号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第76号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第77号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第77号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第78号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第78号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第79号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第79号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第56(議第80号) 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公


             の施設の相互利用に関する協定の廃止について


日程第57(議第81号) 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の


             相互利用に関する協定の締結について


○議長(今井元紀)


 日程第56 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止について及び日程第57 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相互利用に関する協定の締結についての2件を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本2件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第80号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第80号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第81号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第81号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第58(議第82号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団


             体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約


             の変更について


日程第59(議第83号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団


             体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約


             の変更について


日程第60(議第84号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地


             方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委


             員会共同設置規約の変更について


日程第61(議第85号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地


             方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委


             員会共同設置規約の変更について


○議長(今井元紀)


 日程第58 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変更についてから日程第61 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更についてまでの4件を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本4件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第82号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第82号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第83号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第83号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第84号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第84号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第85号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第85号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第62(議第86号) 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止に


             ついて


日程第63(議第87号) 消防に関する事務の受託について


日程第64(議第88号) 消防の関する事務の受託について


日程第65(議第89号) し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について


日程第66(議第90号) ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について


日程第67(議第91号) 火葬に関する事務の受託について


○議長(今井元紀)


 日程第62 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止についてから日程第67 火葬に関する事務の受託についてまでの6件を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本6件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第86号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第86号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第87号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第87号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第88号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第88号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第89号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第89号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第90号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第90号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第91号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第91号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第68(議第92号) 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託


             について


日程第69(議第93号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


日程第70(議第94号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


日程第71(議第95号) 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)


○議長(今井元紀)


 日程第68 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託についてから日程第71 財産の減額貸付及び無償貸付についてまでの4件を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本4件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第92号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第92号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第93号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第93号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第94号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第94号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第95号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第95号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第72(議第96号) 市道路線の廃止について


日程第73(議第97号) 市道路線の認定について


○議長(今井元紀)


 日程第72 市道路線の廃止について及び日程第73 市道路線の認定についての2件を一括して議題といたします。


 お諮りいたします。


 本2件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2件については、委員長の報告を省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第96号及び議第97号の2件を一括して採決いたします。


 本2件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本2件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第96号及び97号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第74(議第101号) 平成16年度一般会計補正予算(第16号)


○議長(今井元紀)


 日程第74 平成16年度一般会計補正予算(第16号)を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第101号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第101号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第75(議第102号) 平成17年度一般会計補正予算(第1号)


○議長(今井元紀)


 日程第75 平成17年度一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に総務常任委員長。高橋新一議員。


○総務常任委員長(高橋新一)


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第102号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく原案どおり可決すべきもの決しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 次に、文教経済常任委員長。笠原浩栄議員。


○文教経済常任委員長(笠原浩栄)


 付託された事件、議第102号、平成17年度一般会計補正予算(第1号)について、本委員会の審査の経過及び結果について報告します。


 本案は審査の過程において、教育委員会関係では、学区等審議会の答申の重みと答申とは異なる処置について、補正予算で急遽計上した経費については、新たなスクールバスの運行をしない中で、既存の活用方法を地元と協議し、ようやくまとまったという答弁がありました。


 他の地域の学区外就学との公平性については、今回の別俣小学校での学区外就学はあくまでも例外処置であるという答弁がありました。野田地区への住民への対応はどうかなどの質問・意見がありました。


 討論において、2人の委員から賛成討論として、いろいろな経過の中で、結果的に児童の安全確保が守れたことは評価する。ただし、両者間で取り交わした前提条件は、守らなければならないと思う。これが前例にならないよう、今後は慎重に対応してほしい。これを教訓として学ぶ必要がある。


 次に、別俣小学校の児童にとってよいことであるが、教育委員会の今までの経緯を考えると、非常に危惧を持っている。教育行政に汚点を残さないように、今後、こういうことのないよう強く要望すると討論がありました。


 本案は、採決の結果、全員異議なく原案を可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


 丸山議員。


○21番(丸山敏彦)


 議第102号、17年度一般会計補正予算について、別俣小問題について、賛成ではありますけれども、意見を付しておきたいと思います。


 別俣地区の皆さんの我が子を思う熱い心情、あるいは、期待を思うときに、なかなか、この件は反対しにくいなというのが率直な意見であります。しかしながら、この問題についての経緯をいろいろ考えてみますと、学区等審議会の検討だけでも3回、つまり昭和59年、平成3年、平成14年、それぞれ同じ答申が出ているわけであります。つまり野田小学校と統合をするべきという答申であります。


 また、平成15年の11月29日、この去年の暮れでありますけれども、別俣地区の区長会に説明をして了解を得たという結果になっているわけでありますが、しかし、これが今回、この補正によって覆されたような感じがいたしております。


 皆さんも御存じのとおり、この問題は非常に古い、時間のたった問題でありまして、例えば、昭和60年か61年だったと思うんですけども、飯塚市長のころ、細越から野田にトンネルが開通しました。11億をかけたトンネルであります。


 私たちは、あそこに、本当にそんなトンネルがいるのかどうか、非常に疑問でありましたので、トンネルにはなかなか賛成できないということを申し上げてまいりましたのですが、このトンネルは将来、野田と別俣が学校統合するときに、子供たちの通学路になるんだと、ぜひ必要なトンネルだということで、我々は渋々賛成をした経緯があります。


 しかし、このような結果を考えてみますときに、一体、あれは何だったのだろうかという気がいたしてなりません。


 この間の委員会でも、私は番外で発言をさせていただきましたけれども、一体、学区等審議会のこの答申は、どのように、これから尊重されるのか、今の委員長報告にもありましたけれども、あくまでも例外的な措置だと、こう申しておりますが、その例外とした理由が、我々にはよくわからん。そして、審議会の会長、副会長には説明をいたしましたという教育長の答弁がありましたけれども、どのような説明をして、どういう回答を会長がしたのかというのを、我々には定かではありません。


 そして、もう1つ重大なことは、置いていかれた感じのする野田小の将来は、一体、これでどうなるのか、これも重大な問題であります。この類似の問題は、たとえ瑞穂中学校の新設の折にも子供たちの通学の問題がありました。そして、比角小学校が現在の場所に移築するときにも、安政町周辺の子供たちの父親や母親から、通学路が非常に長過ぎると、遠いと、しかも、交通の激しいところを子供が通っていくのだから心配だという意見があったのであります。


 しかし、これは、文部省の規定だから、そういう変更はできませんという教育委員会の答弁だったわけですね。


 それがなお、なぜ、今回だけ、これが通るのか、大変な疑問であります。


 このことが将来に対して禍根の残すことのないように、切に教育委員会に要望して、討論といたします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第102号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第102号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第76(議第106号) 平成16年度一般会計補正予算(第17号)


日程第77(議第107号) 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第5号)


日程第78(議第108号) 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)


日程第79(議第109号) 平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)


日程第80(議第110号) 平成16年度ガス事業会計補正予算(第7号)


日程第81(議第111号) 平成16年度水道事業会計補正予算(第8号)


○議長(今井元紀)


 日程第76 平成16年度一般会計補正予算(第17号)から日程第81 平成16年度水道事業会計補正予算までの6案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(若山正樹)


 それでは、議第106号から議第111号まで、一括御説明申し上げます。


 まず、議第106号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第17号)についてであります。


 この補正予算は、歳入の補正に伴う財源振替及び繰越明許費を追加設定いたしたいというものであります。


 それでは、予算書の12ページ、13ページをお開きください。


 10款地方交付税、1項1目地方交付税のうち普通交付税2,635万2,000円は、国税5税の増収に伴い、国が補正予算を計上したことから、このたび追加交付となったものであります。特別交付税3億694万7,000円の減額は、今年度の7・16水害、合併に係る電算システム統合、新潟県中越地震及び除雪費などの財源とするため、全体で12億4,204万8,000円を計上していたところでありますが、結果として9億3,510万1,000円の交付となったことから、その差額分を減額するものであります。


 そこで、昨年の交付額が4億8,817万7,000円でありましたので、92%の増でありますが、今年度は、地震以外でも各地で台風被害、あるいは、水害が相次ぎましたことから、通常分が例年の60%程度の配分しかなく、結果として、見込みより少額となったものでございます。


 15款国庫支出金、2項5目土木費国庫補助金、臨時市町村道除雪事業費国庫補助金3,100万円は、この度の降雪に対し、臨時措置として国が補助金を支出することとなったため、追加するものであります。これにより、次のページにあります、歳出8款土木費、2項2目道路維持費の除雪経費につきまして、財源更正をしてございます。


 18款寄附金、1項1目総務費寄附金2,487万6,000円は、市及び広域事務組合職員による新潟県中越地震の復興に対する寄付金を追加したものであります。


 1つ飛びまして、21款諸収入、5項5目雑入、新潟県中越地震義援金4,311万9,000円は、市内外の皆様からお寄せいただいた義援金を計上したものであります。この義援金につきましては、被災廃棄物等経費などの市単独事業に充当することとしております。多くの方々の御好意に心から感謝を申し上げる次第であります。


 最後に、これらの増減を調整いたしまして、19款繰入金、1項1目財政調整基金繰入金1億8,160万円を追加して均衡を図ったものであります。


 続きまして、予算書の4ページ、5ページの、第2表 繰越明許費補正をごらんいただきたいと存じます。


 4ページの上の方、市有財産保全整備事業は、崩土を安定処理する盛土材について、地質の関係から再検討する必要があるため、事業費の一部を繰り越したいものであります。また、コミュニティセンター災害復旧事業は、南鯖石コミュニティセンターにおいて、3メートルを超える大雪のため、3月末までの工期に間に合わず、やむを得ず繰り越したいものであります。


 被災廃棄物等経費につきましては、被害が中越地区全域に及んだため、収集運搬業者が不足をし、解体・収集がおくれていることから、繰り越したいというものであります。


 広域基幹河川改修事業附帯工事負担金から都市計画費街路事業国庫補助事業までは、いずれも新潟県中越地震で被災したライフラインなどの応急復旧工事を優先したため、発注した各種工事がおくれたことにより、繰り越しをせざるを得ない事業であります。


 消火栓整備事業も、地震の影響により、上水道安全対策工事及び一般改良工事が施工できなかったことから、付随して実施する消火栓の整備も間に合わず繰り越しをしたいものでございます。


 与三遺跡は、軽井川南遺跡群で多くの遺跡が発見され、そちらの方に集中的に発掘に取り組んだことにより、本遺跡の報告書の刊行が間に合わず、繰り越しをいたしたいというものであります。


 次の、佐藤池野球場災害復旧事業から農林水産施設災害復旧費及び公共土木施設災害復旧費に係る事業は、補助事業においては、国の査定及び内示がおくれたことにより、また、単独事業においては、積雪の関係から、工期内に事業を終了することが難しく、事業費の全額、または一部を繰り越したいものであります。


 続きまして、議第107号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第5号)についてでございます。


 予算書3ページの、第1表 繰越明許費補正をごらんいただきたいと存じます。


 墓園整備事業は、第8区駐車場連絡道整備工事を予定しておりましたが、地震の災害復旧を優先したことから、工期までに完了することができず、事業の一部を繰り越したいというものであります。


 次に、議第108号について申し上げます。


 議第108号でありますが、本案は、平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第7号)についてでございます。


 予算書の3ページの、第1表 繰越明許費補正をごらんいただきたいと存じます。


 記載の事業のうち、公共下水道建設事業の補助事業と単独事業は、新潟県中越地震の影響により2カ月の工事中止を行ったことから、工期内の完了が困難となったものであり、公共下水道災害復旧事業の補助事業と単独事業は、道路管理者との調整及びガス水道管の移設に関する調整に日数を要し、工事発注が3月となり、年度内の完了が困難なことから、いずれも繰り越しをしたいというものであります。


 次に、議第109号についてでございます。


 本案は、平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)についてでございます。


 予算書の3ページの、第1表 繰越明許費補正をごらんいただきたいと存じます。


 農業集落排水災害復旧事業は、公共下水道事業と同様、道路管理者との調整及びガス水道管の移設に関する調整に日数を要し、工事発注が3月となり、年度内の完了が困難なことから、繰り越しをしたいというものであります。


 次に、議第110号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度ガス事業会計補正予算(第7号)についてでございます。


 これは、議第106号で御説明申し上げましたことと同様でありますが、職員による新潟県中越地震災害復興に対する支援金として、収益的収入第1款ガス事業収益、第3項営業外収益に98万2,000円を追加いたしたいというものであります。


 次に、議第111号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度水道事業会計補正予算(第8号)についてであります。


 これは、議第106号で御説明申し上げましたことと同様でありますが、職員による新潟県中越地震災害復興に対する支援金として、収益的収入第1款上水道事業収益、第3項営業外収益に98万2,000円を追加いたしたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をいただきますよう、お願いを申し上げます。


○議長(今井元紀)


 ただいまの説明につき、質疑はございますか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 議第106号ですね、義援金が雑入に入ったわけでありますけれども、これですね、もう少し、雑入に入れた検討のですね、経過内容、もう少し詳しくお聞かせいただきたいわけです。そして、さっき、どこに使うかということで、市単独事業に充当されるというのですが、その前段がちょっと、私の耳が悪かったのか、ごちゃごちゃというふうに、ちょっと聞こえちゃったものですから、そのことをもう少し詳しく。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 お答えいたします。


 さきの3月8日の総務常任委員会のところでも、若干、お話いたしましたが、基本的に義援金、市に入った義援金の使い方なんですけど、義援金を出してくださった方の意向と、それから、国と県の支援策がございます、そのほかに、県からの義援金があるわけですが、そこが及ばないというところについて、私どもの義援金を使いたいという基本的な、本部での考え方をいたしました。


 具体的には、委員会でも報告いたしました、336万という額、これは、アパートとか住宅にお年寄りがいたり、病気の方がおったりして、仮設住宅が、建てるまで待っていられないという方に対しての、1件12万円掛ける28件ですかね、それが336万円ということで、既に、これをお支払いしています。


 そのほかの、いただいた、この336万円を引いた残金について、同じく一部損壊以上の家屋の解体後の収集・運搬処分というのがございますが、市のお金で5億、約4,000万ぐらいなりますけど、そこの一部に充てたいと。それが一部損壊以上の方々に広く行き渡る方法だという判断で、一応、雑入の中に入れますが、具体的には、今ほど言いました、被災家屋の処理費に充てたいということであります。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本6案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本6案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、議第106号を採決いたします。


 本件は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立総員であります。


 したがって、議第106号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第107号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第107号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第108号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第108号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第109号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第109号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第110号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第110号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第111号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第111号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第82(議員発案第2号) 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第82 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書(案)を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。金子錦弥議員。


○17番(金子錦弥)


 議員発案第2号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 平成17年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


        発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書(案)


 自閉症、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群など発達障害への対応が緊急の課題になっています。発達障害は、低年齢であらわれることが多く、文部科学省の調査では、小中学生全体の6%に上る可能性があるとされています。


 平成16年12月に発達障害者支援法が制定され、本年4月から施行されます。この法律には、国及び地方公共団体の責務として、発達障害の早期発見や支援などについて必要な措置を講じられるよう示されています。


 発達障害に対しては、幼児期から学齢期、就労まで一貫した支援策が必要です。それには、教育・福祉・保健・就労などの関係機関が連携して、一人一人の状況に応じた個別指導を行うなどの対応が欠かせません。


 国は、都道府県ごとに発達障害者支援センターを設置するとしていますが、よりきめ細かな支援対策を実施するには市区町村の役割が極めて重要であり、支援ネットワークづくりが求められています。


 そのために、下記の項目を早急に実施するよう強く要望します。


                   記


1 各市町村が関係機関と連携して支援体制を整備する際に、何らかの財政支援を講じる


  こと。


2 発達障害の早期発見に向けて、乳幼児健診の充実と、新たな児童健診制度(5歳児健


  診)や就学時健診制度を確立すること。


3 保育園、幼稚園、放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)における発達障害児


  の受け入れと、指導員の養成・配置すること。


4 発達障害者のための雇用支援コンサルタント・相談員等を配置すること。


5 専門医の養成、並びに人材の確保を図ること。


6 発達障害児(者)への理解の普及、意識啓発を推進すること。


 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出いたします。


 平成17年3月22日


                                 柏崎市議会


 理由


 発達障害に対して、幼児期から学齢期、就労まで一貫した支援を行うため。


 以上。


○議長(今井元紀)


 ただいまの提出者の説明に対し、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議員発案第2号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第2号は、可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第83(議員発案第3号) サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対


               し、改善を求める意見書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第83 サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、改善を求める意見書を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。宮崎議員。


○2番(宮崎栄子)


 議員発案第3号 サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、改善を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


      サービス利用の制限は制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、


      改善を求める意見書(案)


 介護保険制度の見直し時期を迎え、政府は第162通常国会に「見直し」法案を提出します。今でも「利用料が高過ぎて必要なサービスが利用できない」、「生活を圧迫する重い保険料」、「30万人を超える特養ホーム待機者」、「劣悪な労働条件で働く介護労働者」など、改善すべき問題は山積みしています。


 しかし、政府の「見直し」法案は、国の負担を減らすために、介護サービスの利用を制限する、部屋代・食費の利用者負担を大幅にふやす、保険料を引き上げるなど、国民の負担をふやし、高齢者・家族の不安をかきたてるものです。


 よって、政府におかれましては、国庫負担を大幅に増額し、下記の事項を実現されるよう強く要望します。


                   記


1 保険料の減免制度をつくること。低所得者の利用料を3%とすること。


2 特養ホームなど、介護施設の部屋代・食費や通所サービス利用者の食費の全額自己負


  担化をやめること。


3 要支援、要介護1の方のヘルパー利用など従来の介護サービス利用を十分保障するこ


  と。


4 介護予防や老人健診などを介護保険化することをやめ、高齢者保健福祉施策として拡


  充すること。


5 ヘルパーなど介護労働者の労働条件を国の責任で改善すること。


6 施設や居宅サービスの基盤整備を国と自治体の責任で進めること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会


 理由


 国民の負担増となる介護保険の見直しに反対し、改善を求めるため。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 提出者に質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議員発案第3号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立少数です。


 したがって、議員発案第3号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第84(議員発案第4号) 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財


               政の確立と充実を求める意見書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第84 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財政の確立と充実を求める意見書(案)を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。持田議員。


○10番(持田繁義)


 議員発案第4号 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財政の確立と充実を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


          国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、


          地方財政の確立と充実を求める意見書(案)


 人事院はことし8月の人事院勧告に向けて、国家公務員の「給与構造の基本的見直し」と称し、「地域に応じた適切な給与調整」をする「地域別給与」制度の導入を検討しています。この内容は、現在、全国一律の「基本給」を約5%程度引き下げる一方、大都市には今以上に賃金を上積みするものです。


 仮に「地域別給与」制度が実施されると、地方は賃金が引き下げられる反面、大都市では賃金が引き上げられ、現在でもある大都市と地方の賃金格差がさらに拡大することになります。地方では、国家公務員賃金が下がったので、民間労働者も賃金引き下げという悪循環が発生することは、目に見えています。公務労働者や民間労働者の賃金が引き下げられることによる地方自治体の財政への悪影響も避けられません。


 今、首都圏への一極集中や大都市と地方との格差を是正し、均衡ある国土と地域経済の発展を求めているとき、大都市と地方との賃金格差拡大の推進は、地方切り捨てにもつながりかねないと考えます。


 私たちは、「同一労働同一賃金の原則」、「大都市と地方とのあらゆる格差の是正」  、「公務労働者と民間労働者との賃金格差の是正」を求め、もって住民福祉の向上と地域経済の再生・活性化を進め、希望の持てる地域社会の実現をしたいと願っています。


 よって、政府においては、下記の事項のとおり対処されるよう要望します。


                   記


1 2005年度人事院勧告に当たって、大都市と地方との賃金水準の格差拡大となる


  「給与構造の基本的見直し」をしないこと。


2 大都市と地方との格差是正を図る施策を進め、特に地方自治体の必要な財政需要を賄


  う財源確保を行うこと。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会


 理由


 大都市と地方との賃金格差の是正及び地方財政の確立と充実を求めるため。


 以上でありますが、請願に基づいての意見書でありますが、若干説明をさせていただきます。よろしいですか。では、じゃあ。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 議員発案の第4号、国家公務員の「地方別給与」への改悪を行わず、地方財政の確立と充実を求める意見書(案)に賛成の討論をしたいと思います。


 これと同じ請願が提出をされておりまして、委員会で審査もあって、不採択ということになっておりますので、これはどうしたことだという思いがありまして、討論に立たせていただくわけであります。


 本文の中にありましたように、とにかく大都市と地方のその賃金を、格差をつける、こういう話でありまして、我が新潟県、あるいは、柏崎市にとって、このことがプラスに作用するのであるならば、それは構わないことだと思うんですが、以下述べるような形で、これ、大変な問題を含んでいるという思いの中で、提案者も本当は、そこら辺の説明を、補足説明をされたかったんだろうと思いますが、私なりに、そのことについて、若干違う観点でもって討論しておきたいと思います。


 したがいまして、ぜひ、これは、その意見書の本文にあるように、これは大都市と地方の格差をますます広げるもとなんだからという観点を、ぜひ御理解をいただいて、総員で賛成をして、意見を中央に上げたいと、よろしくお願いしたいと思うんです。


 前置き長くなりましたけれども、この人事院による地域給与制が導入されますと、仮に、この新潟県における、その公務員の給与が、本文にあるように、5%程度削減されるとした場合に、新潟県、あるいは、新潟の地方経済にどういうふうな影響を及ぼすかということを、私が研究したんではないんでありますが、このことに危機感を持った新潟県や市町村の職員で構成する自治労新潟県本部が、秋田大学の教育文化学部の島崎という助教授に試算を依頼した、その結果が発表されています。


 それによりますと、県内の公務員、あるいは、公務員に準拠の労働者の賃金が、仮に、この5%削減されると、288億円の削減額になる。この288億円の減少は、一次効果及び、その波及効果を含めると、新潟県の民間最終消費支出を183億円程度減少させ、また、県内総生産を121億4,000万円程度ほど減少させると試算をされています。これは、2005年度の新潟県の民間最終消費支出及び県内総生産をそれぞれ0.39%程度、0.12%程度押し下げることになる。


 この消費の減少額を、平均的な1世帯当たりの消費額、年額に換算しますと、2万6,010円、これは月当たりに直しますと、消費額の7.4%が減少するという、こういう試算が出ております。


 そして、さらに、このことは、県内の消費所得の減少は、今申し上げました減少は、県内の雇用者数を907人程度減少させる、こういう結果が発表されております。この907人の産業別の内訳も試算されているんでありますが、ちょっと内訳を言いますと、製造業が218人、建設業が115人、卸小売業が176人、金融保険業が26人、不動産業が4人、運輸通信業が56人、サービス業が312人、合計907人。こういう具体的な数値でもって検討、試算がされているわけであります。


 というようなことは、繰り返しになって恐縮でありますが、この地域給与の導入は、県内における公務員等の家計ばかりでなくて、波及効果を通じて、県内経済全体の一定規模のマイナス影響を与える。そして、これは当然のことに、景気の下抑え、景気を下げる要因になる、そういうふうに考えられるわけであります。


 また、賃金が削減された部分は、地方交付税も削減をされるということになります。したがって、実際には何の財政的なメリットはない。また、いまだに大きな格差がある、本県の経済水準と東京の経済水準との格差は大変なものであるわけでありますが、これをますます拡大する方向に働く、こういうことになるわけであります。


 したがいまして、県経済にも大きな打撃を与える。そういうような地域別給与制度は、決して許してはならないものであるわけであります。地方分権の立場を考えるならば、当然のこととして、大都市と地方との格差を是正するため、地方自治体に必要な財政需要を賄う税源移譲など、財源確保が先行されなければならないものであるわけであります。


 したがいまして、大都市と地方との格差をますます拡大する、この地域給与制度を何としてもやめさせるために議会、柏崎市議会として、ぜひ総員でもって、この意見書を提出すべきであると、ぜひ御理解をいただき、御賛同くださいますよう、討論をかりてお願いをする次第であります。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議員発案第4号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                 〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立少数であります。


 したがって、議員発案第4号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第85(議員発案第5号) 被災者生活再建支援法の改善等を求める意見書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第85 被災者生活再建支援法の改善等を求める意見書を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。五位野和夫議員。


○11番(五位野和夫)


 議員発案第5号 被災者生活再建支援法の改善等を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


        被災者生活再建支援法の改善等を求める意見書(案)


 昨年、新潟県中越地方を襲った震度6から7の強い地震と、その後のたび重なる余震は、多くの人命と財産を奪い、地域経済を支える商工業や農業などにも甚大な被害を及ぼした。


 阪神・淡路大震災以降、被災者支援のための法律・制度が整備されつつあるとはいえ、今回の中越大地震は、その不十分さを改めて浮き彫りにした。現行の被災者生活再建支援法は、住宅本体の再建を支援の対象としておらず、また、商工業者の店舗や工場、農家の農作業場や農機具等の損壊に対する公的支援(直接補償)制度がないなど、国の支援制度は、被害の実態や被災者の要望からかけ離れたものとなっている。


 全国的には東海、南海、東南海の巨大地震が現実の脅威となっており、新潟県内でも幾つかの地震空白域の存在が指摘されている。被災者支援制度の改善・拡充は、国民・県民共通の緊急課題と言わなければならない。


 よって、国会、並びに政府におかれては、下記事項を実現されるよう強く要望する。


                   記


1 被災者生活再建支援法を改正して、住宅本体の再建を支援の対象とし、支給額の上限


  を大幅に引き上げること。同時に、全壊と大規模半壊だけでなく半壊も支援の対象に


  し、所得制限を取り払うなどにより、被災者すべてに支援が行き渡る制度とすること。


2 店舗、工場、農作業場、農機具等が損壊した場合の公的支援(直接補償)制度をつく


  ること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 2005年3月22日


 柏崎市議会


 理由


 被災者生活再建への制度改善・拡充を求めるため。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終結します。


 ただいまから議員発案第5号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立少数であります。


 したがって、議員発案第5号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第86(議員発案第6号) 地方鉄道の維持・確保に関する意見書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第86 地方鉄道の維持・確保に関する意見書(案)を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。高橋新一議員。


○4番(高橋新一)


 議員発案第6号 地方鉄道の維持・確保に関する意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


          地方鉄道の維持・確保に関する意見書(案)


 地方鉄道は、定時性、安全性、大量輸送の優位性から、通勤・通学者及び交通弱者の足として地域にとって不可欠な交通手段であり、さらに、地球環境問題、地域の社会経済活動やまちづくりの観点からも重要な役割を担っており、欠くことのできない社会基盤です。


 しかし、地方鉄道の現状は、道路整備及びモータリゼーションの進展によって収支採算性は極めて厳しいことに加え、交通運輸分野における需給調整規制の廃止などで市場原理にさらされ、路線の廃止や縮小問題が相次いでいます。国鉄の特定地方交通線から転換した第3セクターも、開業後10年以上が経過しましたが、累積欠損が続いています。また、列車衝突事故の発生など経営や安全管理に関係する事例も発生しています。


 こうした状況の中、鉄道事業者は、沿線自治体からの各種助成を受けながら、経営の合理化に努め、収支改善と運行維持のために懸命に努力しているにもかかわらず毎年多額の赤字欠損を計上しているのが実情です。


 地方鉄道は地域住民の足であり、沿線の地域としての連続性を培ってきた重要な社会資本として地域の発展に寄与し、地域性の創出を助けてきた地域の資産とみることができます。


 つきましては、地方鉄道の地域社会における役割の重要性にかんがみ、その存続を図るため、下記事項について特段の措置を講じられるよう強く要望いたします。


                   記


1 地方鉄道事業者の経営安定を図るため、地方鉄道事業者に対する支援措置の充実を検


  討すること。


2 地方鉄道の安全性向上のため、安全対策の補助金を充実すること。


3 第3セクター鉄道会社を構成する自治体、または同会社へ助成する自治体に対する財


  政支援措置を拡充すること。


4 鉄道施設についても道路や橋と同じ地域の基礎的社会インフラとみなし、路線の整備


  ・維持管理を公共で行う仕組みを確立し、そのための財政支援制度を創設すること。


5 地方鉄道に対する「需給調整規制廃止」の見直しを検討すること。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出いたします。


 2005年3月22日


 柏崎市議会


 理由


 通勤、通学、交通弱者の足として不可欠な地方鉄道の経営安定を図るため。


 以上であります。よろしくお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 細かいことで恐縮なんですが、この地方鉄道事業者というものに、例えば、JR東日本等が入るのかどうかが、まず1つ目。


 2つ目として、地方鉄道といったところの定義が、例えば、これを柏崎に置き換えた場合、越後線、もしくは、信越線を地方鉄道とみるとか、この2点だけお聞かせいただけますでしょうか。


○議長(今井元紀)


 高橋議員。


○4番(高橋新一)


 地方鉄道の件でありますけれども、地方の鉄道といいますか、三井田議員さんおっしゃるように、越後線も私はその最たるものだと思います。信越本線というのは、かつてはそうだったのでしょうが、今はもう地方鉄道と言っても、地方の鉄道ですので、そういう意味を抜きにしても地方の鉄道かなというふうに私は思います。


 それから、最初の質問は何だったでしょうか。


○24番(三井田孝欧)


 事業者、事業者。


○4番(高橋新一)


 事業者は、JRも含めて、鉄道の事業者、鉄道会社だと思います。


○議長(今井元紀)


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 なぜ、このような質問をするかといいますと、今、柏崎市は、鉄道網、高速鉄道網に関しても、新潟県、例えば、縦貫鉄道に関しても、強く意見を言わなきゃいけない時期だと、私は、こう認識しておりまして、ここでこういった意見書を上げるときに、言い方はちょっと悪いですけど、全国の政党さん、もしくは、共通の意見だから今上げておくと、こういうことを今やることが本当にいいことかどうかというのが心の中にあります。


 それはなぜかというと、ほかでも通じる同じような文章をぼんと上に上げてしまうということが、今本当に意味のあることかどうかというところで、ここで今構成する地方鉄道の定義をお聞きしたわけであって、じゃあ、この、例えば、今回出してある、この意見書の中身が、柏崎市として越後線、もしくは、信越本線を必ずやる分に、やっていく上で、国も補助してくれと、こういう意味合いを含んでいるかどうかだけ、お聞かせください。


○議長(今井元紀)


 高橋議員。


○4番(高橋新一)


 この意見書の文言の中にあるとおりであります。それで、ミニ新幹線とか、その新幹線も含めて質問されたのかなと思いますが、今御承知のように、その高速交通体系というのは、全く、きょう、私は別のつもりですけれども、こういったもの、新幹線とかそういったものができた場合、信越線なんかもそうなんですが、その後に残された在来線というのは、大変な状況になるわけなんです。高速交通体系、新幹線とかそういったものは、きょう、私は別としますが、いずれにしても、地域の、地方の足といいますか、交通弱者、こういった人たちのためにも地方鉄道の役割というのは、やはり、今以上のものを残しておかなければならない、そういう趣旨だというふうに、こう思っています。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第6号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 賛成13、起立少数であります。


 したがって、議員発案第6号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第87(議員発案第7号) 在日外国人の無年金障害者と、在日外国人及び在外邦人


               の無年金高齢者に対する国による救済措置を求める意見


               書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第87 在日外国人の無年金障害者と、在日外国人及び在外邦人の無年金高齢者に対する国による救済措置を求める意見書(案)を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。笠原浩栄議員。


○3番(笠原浩栄)


 議員発案第7号 在日外国人の無年金障害者と、在日外国人及び在外邦人の無年金高齢者に対する国による救済措置を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


在日外国人の無年金障害者と、在日外国人及び在外邦人の


      無年金高齢者に対する国による救済措置を求める意見書(案)


 第161国会において、「特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律」が成立をした。同法によって、国民年金が任意加入であった時期に年金未加入者であったため、障害基礎年金を受け取れずに無年金障害者となった元学生と専業主婦について、特別障害給付金が、平成17年4月から支給されることになった。


 昨年3月東京地方裁判所、10月新潟地方裁判所において、学生無年金損害賠償訴訟は、いずれも原告が勝訴し、救済を怠った国の責任を認める判決が出された。両判決が本法の成立につながり、「制度の谷間」にやっと光が当てられる。


 しかし、その一方で、国民年金に加入が認められていなかった在日外国人の無年金障害者については、同法附則に検討を記すにとどまっている。また、同様の在日外国人と在外邦人の無年金高齢者についても、衆参両院で出された同法附帯決議に検討が記されているにすぎない。


 在日外国人及び在外邦人の無年金問題は、今回の法的な解決を見た学生無年金問題と同様に、国民年金制度の発展過程で生じた「制度の谷間」であり、国の責任による救済措置が早急に求められている。


 よって、在日外国人の無年金障害者と、在日外国人及び在外邦人の無年金高齢者に対する生活の安定及び福祉の増進を図る立場から下記の事項の実現を求める。


                   記


1 「特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律」附則第2条に基づき、国


  民年金制度に加入が認められなかった在日外国人の無年金障害者に対する福祉的措置


  について、直ちに検討を開始し、国の責任で所要の措置を講ずること。


2 「特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律」の衆参両院附帯決議に基


  づき、国民年金制度に加入が認められなかった在日外国人及び在外邦人の無年金高齢


  者に対する社会保障について、直ちに検討を開始し、必要な措置を講ずること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 2005年3月22日


 柏崎市議会


 理由


 在日外国人及び在外邦人の無年金高齢者の生活の安定及び福祉の増進を図るため。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第7号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立少数であります。


 したがって、議員発案第7号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第88(議員発案第8号) JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)


○議長(今井元紀)


 日程第88 JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。若井洋一議員。


○1番(若井洋一)


 議員発案第8号 JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。


 2005年3月22日


 柏崎市議会議長 今井元紀様


JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)


 JR不採用問題が発生してから実に17年の歳月が流れ、多くの元国鉄不採用職員が解決の日を迎えることなく死亡しています。


 今なお、不採用者とその家族は、経済的、肉体的、精神的苦痛にあえいでおり、人道的・社会的問題となっています。これ以上、このような苦痛は放置されるようなことがあってはなりません。


 このJR不採用問題について、2004年6月18日、ILO理事会は、結社の自由委員会の報告を採択しました。今回の報告は、1999年の中間勧告以来6度目の勧告であり、最高裁判決後の初の報告となります。


 今回の報告は、最高裁が『国鉄が採用候補者名簿の作成に当たり、不当労働行為を行った場合には、国鉄、もしくは、国鉄の法的地位を引き継いだ精算事業団は、使用者責任を免れない』との判断を下したことに留意し、また、本件申し立ての深刻さとともに多くの労働者がこうむっている深刻な社会的・経済的な影響を考慮し、結社の自由委員会は、日本政府に対し、この問題解決のために、一度は大勢となった政治的・人道的見地の精神に立った話し合いを、すべての関係当事者との間で推進するよう勧めています。


 政府を初め、関係当事者がILO勧告を真摯に受けとめ、関係当事者間の話し合いを直ちに開始し、早期に解決が図られることを強く求めます。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出いたします。


 2005年3月22日


 柏崎市議会


 理由


 JR不採用者の家族、生活の早期安定を求めるため。


 以上です。よろしくお願いします。


○議長(今井元紀)


 提出者に対し、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 ただいまから議員発案第8号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立少数であります。


 したがって、議員発案第8号は、否決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 お諮りいたします。


 ただいま採決が終わりました7件の意見書のうち、可決となりました1件の意見書の送付先については、議長に一任願いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、送付先は、議長に一任することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 続いて日程の削除についてお諮りいたします。


 次の日程第89から日程第91までの3件の請願については、今ほどこれと同内容の議員発案第3号から第5号が否決されておりますので、請第1号から請第3号までの3件は不採択とみなし、日程から削除いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、日程第89から日程第91までの3件を日程から削除することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 以上で、今期定例会に付議されました事件は、すべて審議が終わりました。


 これで、平成17年第1回柏崎市議会定例会を閉会いたします。


               午後 2時45分 閉会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


              総務常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 29号│ 平成17年度一般会計予算のうち、歳入全款、歳出1 │原案可決


       │ 款、2款、4款2項、9款、12款、13款、14款、│


       │ 並びに第2条、第3条、第4条、第5条、第6条   │


 議第 33号│ 平成17年度土地取得事業特別会計予算       │原案可決


 議第 34号│ 平成17年度墓園事業特別会計予算         │原案可決


 議第 39号│ 部制条例の一部を改正する条例           │原案可決


 議第 40号│ 行政手続条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第 41号│ 情報公開条例の一部を改正する条例         │原案可決


 議第 42号│ 個人情報保護条例の一部を改正する条例       │原案可決


 議第 44号│ 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を│原案可決


       │ 改正する条例                   │


 議第 45号│ 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正す│原案可決


       │ る条例                      │


 議第 46号│ 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正す│原案可決


       │ る条例                      │


 議第 47号│ 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する│原案可決


       │ 条例                       │


 議第 48号│ 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 │原案可決


 議第 49号│ 市民会館条例等の一部を改正する条例        │原案可決


 議第 50号│ 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例    │原案可決


 議第 51号│ 手数料条例の一部を改正する条例          │原案可決


 議第 52号│ 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条│原案可決


       │ 例                        │


 議第 53号│ 柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影│原案可決


       │ 響調査結果の縦覧等の手続に関する条例       │


 議第 54号│ 斎場条例                     │原案可決


 議第 55号│ 消防本部及び消防署設置条例            │原案可決


 議第 56号│ 火災予防条例                   │原案可決


 議第 68号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 80号│ 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町│原案可決


       │ の公の施設の相互利用に関する協定の廃止について  │


 議第 81号│ 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施│原案可決


       │ 設の相互利用に関する協定の締結について      │


 議第 86号│ 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃│原案可決


       │ 止について                    │


 議第 87号│ 消防に関する事務の受託について          │原案可決


 議第 88号│ 消防に関する事務の受託について          │原案可決


 議第 89号│ し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について│原案可決


 議第 90号│ ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について  │原案可決


 議第 91号│ 火葬に関する事務の受託について          │原案可決


 議第101号│ 平成16年度一般会計補正予算(第16号)のうち、歳│原案可決


       │ 入全款                      │


 議第102号│ 平成17年度一般会計補正予算(第1号)のうち、歳入│原案可決


       │ 全款                       │


 議第103号│ 手数料条例の一部を改正する条例          │原案可決


 議第104号│ 雪割草保護条例                  │原案可決


 請第  2号│ 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財│不採択


       │ 政の確立と充実を求める請願            │


 請第  3号│ 被災者生活再建支援法の改善等に関する意見書提出を求│不採択


       │ める請願                     │


       │                          │


   審査月日      平成17年 3月 8日


   審査月日      平成17年 3月17日





   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   1人


   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年 3月17日


  柏崎市議会議長  今 井 元 紀 様


                     総務常任委員長  高 橋 新 一


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


              厚生常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                    記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 29号│ 平成17年度一般会計予算のうち、歳出3款、4款1項│原案可決


 議第 30号│ 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算     │原案可決


 議第 31号│ 平成17年度老人保健特別会計予算         │原案可決


 議第 32号│ 平成17年度介護保険特別会計予算         │原案可決


 議第 57号│ 知的障害児施設さざなみ学園設置条例        │原案可決


 議第 58号│ 養護老人ホーム御山荘設置条例           │原案可決


 議第 59号│ 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例 │原案可決


 議第100号│ 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条│原案可決


       │ 例                        │


 議第 82号│ 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公│原案可決


       │ 共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同│


       │ 設置規約の変更について              │


 議第 83号│ 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公│原案可決


       │ 共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同│


       │ 設置規約の変更について              │


 議第 84号│ 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普│原案可決


       │ 通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被│


       │ 害調査委員会共同設置規約の変更について      │


 議第 85号│ 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普│原案可決


       │ 通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被│


       │ 害調査委員会共同設置規約の変更について      │


 議第 92号│ 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の│原案可決


       │ 受託について                   │


 議第 93号│ 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について   │原案可決


 議第 94号│ 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について   │原案可決


 議第 95号│ 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)│原案可決


 議第101号│ 平成16年度一般会計補正予算(第16号)のうち、歳│原案可決


       │ 出3款                      │


 請第  1号│ サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対│不採択


       │ し、改善を求める請願               │


       │                          │


   審査月日      平成17年 3月 2日


   審査月日      平成17年 3月14日





   出 席 委 員 6人   欠 席 委 員 0人   欠員 1人


   出 席 委 員 6人   欠 席 委 員 0人   欠員 1人





                             平成17年 3月14日


  柏崎市議会議長  今 井 元 紀 様


                     厚生常任委員長  五位野 和 夫


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             文教経済常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                    記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 29号│ 平成17年度一般会計予算のうち、歳出5款、6款、 │原案可決


       │ 7款、10款、11款(2項除く)         │


 議第 60号│ 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例  │原案可決


 議第 61号│ 文化財保護条例の一部を改正する条例        │原案可決


 議第 62号│ 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例   │原案可決


 議第 69号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 70号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 71号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 72号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 73号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 74号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 75号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 76号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 77号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 78号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第 79号│ 公の施設の指定管理者の指定について        │原案可決


 議第101号│ 平成16年度一般会計補正予算(第16号)のうち、歳│原案可決


       │ 出7款                      │


 議第102号│ 平成17年度一般会計補正予算(第1号)のうち、歳出│原案可決


       │ 7款、10款                   │


       │                          │


   審査月日      平成17年 3月 3日


             平成17年 3月15日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   0人


   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   1人





                             平成17年 3月15日


  柏崎市議会議長  今 井 元 紀 様


                   文教経済常任委員長  笠 原 浩 栄


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             建設企業常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                    記


       │                          │


 事件の番号 │    件              名      │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 議第 29号│平成17年度一般会計予算のうち、歳出8款、11款  │原案可決


       │2項                        │


 議第 35号│平成17年度下水道事業特別会計予算         │原案可決


 議第 36号│平成17年度農業集落排水事業特別会計予算      │原案可決


 議第 37号│平成17年度ガス事業会計予算            │原案可決


 議第 38号│平成17年度水道事業会計予算            │原案可決


 議第 63号│企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改 │原案可決


       │正する条例                     │


 議第 64号│ガス供給条例の一部を改正する条例          │原案可決


 議第 65号│上水道事業給水条例の一部を改正する条例       │原案可決


 議第 66号│簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例      │原案可決


 議第 67号│工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例     │原案可決


 議第 96号│市道路線の廃止について               │原案可決


 議第 97号│市道路線の認定について               │原案可決


       │                          │


   審査月日      平成17年 3月 4日


   審査月日      平成17年 3月16日


   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   0人


   出 席 委 員   7人     欠 席 委 員   0人





                             平成17年 3月16日


  柏崎市議会議長  今 井 元 紀 様


                     建設企業常任委員長  入 沢 徳 明


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





   柏崎市議会議長   今  井  元  紀








   署名議員      宮  崎  栄  子








   署名議員      真  貝  維  義